TOPページ > 検索結果

検索結果 【改正省エネ法】

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三機工業はポイント制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 三機工業(東京都中央区日本橋室町)は、同社の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の設備工事で実現した省エネルギーの量に応じて、その一部を地球環境問題保全活動の助成に充てる「SANKI YOUエコ貢献ポイント制度」を発足させると発表した。三機工業が顧客に提案した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策案が採用された場合、二酸化炭素(CO2)削減量1トン当たり100円に換算し、1年分を集計して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでいる非営利団体(NPO)などに寄付するというものである。国内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門では減少傾向にあるが、業務用ビルや公共施設などの業務部門では今なお増大し続けているという。2008年度の業務部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、1990年度との比較で43%増加しており、その勢いは止まらない。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の強化策として、今年4月から施行された改正省エネ法では、フランチャイズチェーンなど、これまで対象でなかった事業者にまで二酸化炭素(CO2)排出量の規制対象が広がった。三機工業では、拡大した規制対象に対して、同社のノウハウを生かした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三機工業はポイント制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 早稲田大学(東京都新宿区西早稲田)発のベンチャー企業である早稲田環境研究所(東京都新宿区西早稲田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した低炭素社会の構築に向けたコンサルティング業務を始め、環境対応型モビリティーや省エネ対策に係るシステム構築やソフトウエアの提供、人材の育成など幅広い商品やサービスを提供しているのが大きな特徴となっている。例えば、早稲田環境研究所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコンサルティング業務で対応している分野についても、改正省エネ法(正式名称:エネルギーの使用の合理化に関する法律)への対応から廃棄物やリサイクルに関するもの、製品の製造・流通・廃棄といったライフサイクル全体を通して環境負荷を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)までと幅広い業務に対応している。大学発のベンチャー企業というと、研究成果や技術を基にして、特定の分野の事業を展開するのが通例であるが、早稲田環境研究所では、あえて手広くやっていて、個別の商品やサービスに固執していないところが、ほかの大学発ベンチャー企業とは異なる部分であり、事業がうまくいっている理由でもあるという。早稲田環境研究所の設立は2003年8月であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計量化モデルであるLCAの研究で有名な早稲田大学永田勝也教授の研究室の出身である小野田氏が、LCA解析のためのソフトなどが実際の社会に役立つと起業した。その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のノウハウは、ウェブサイト上で消費エネルギーの「見える化」ができるエネルギー・モニタリングシステムや、家庭での二酸化炭素(CO2)排出量削減をゲーム感覚で楽しめる「シロクマランド」のウェブサービス、改正省エネ法対応ソフトの「省エネ顧問」などがある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 早稲田環境研究所はLCAなど全方位の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡村製作所(神奈川県横浜市西区)は、改正省エネ法に対応し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する店舗向けとして初めて、電気・ガス・水道の消費量を計測し、水光熱消費量を「見える化」させた「STORE NAVI(ストアナビ)」を発売した。この製品は店舗における水光熱の省エネ最適化を目指し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策として、電気・ガス・水道の消費エネルギーを人の目に「見える化」するシステムである。2010年4月に地球温暖化の原因防止対策の改正省エネ法が施行されたことにより、規制対象となる企業・店舗が拡大したことによって、規定に該当すれば運用データの定期報告書と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための計画書の提出が必須となっている。この「ストアナビ」の計測センサーを分電盤とガス・水道メーターに取り付けることで、改正省エネ法に対応した水光熱消費量をモニター画面で数値化、グラフ化することができ、二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の見直しも随時行うことができるものとなっている。店舗での無駄な電力使用量の部分が明らかになり、店舗運営における環境意識が向上し、更なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をたてることが可能だという。「ストアナビ」は、水光熱消費量の測定・把握・対策をたてることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー対策を確実に推進すると同時に快適な環境をつくりだす、拡張性にも優れた環境・省エネソリューションシステムである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

神奈川県が地球温暖化対策大賞創設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 神奈川県地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取り組み実績などを表彰する「かながわ地球温暖化対策大賞」を創設し、9月1日から募集を始めた。「かながわ地球温暖化対策大賞」は、神奈川県内の企業や団体及び個人を対象としており、11月末まで応募を受け付けるという。神奈川県内の2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の速報値は7278万トンで、基準年である1990年と比較すると11.9%増加している。神奈川県では、表彰制度を導入することで、改正省エネ法によって今年4月から大規模事業所に義務付けられた二酸化炭素(CO2)排出削減計画書の提出を促進するとともに、先進的な地球温暖化の原因防止対策の取組みの普及を図ることを目的としている。神奈川県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減実績を評価する部門と省エネ技術の開発実績を評価する計2部門で優良事例を募る。地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減部門では、新エネルギーや省エネ設備の導入、環境性能が高い建築物の新増改築などの方策による二酸化炭素(CO2)排出量削減量を算出し、独自性や経済的持続可能性及び波及効果といった内容も評価対象で学識経験者らが審査して受賞者を決定することになる。神奈川県地球温暖化対策課は、「表彰制度が地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量対策を進める企業の励みになれば幸いだ。二酸化炭素(CO2)排出削減計画書の提出義務がない中小事業所も積極的に地球温暖化対策大賞へ応募してほしい」と話している。問い合わせは神奈川県地球温暖化対策課(電話045-210-4076)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県が地球温暖化対策大賞創設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、マンションなどの光熱水等の実際に使用したエネルギーや地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を数字として示す「見える化」によって、省エネルギーにつなげる地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。東急不動産では、オフィスビルや商業、リゾート施設などにエネルギー使用量を把握できる「見える化」システムを導入し、今月から稼働させたと発表した。「見える化」の対象は、東急不動産が全国に保有又は使用するほぼ全部の施設で、その数は約200に達し、東京都渋谷区の東急不動産本社ビルのほか、渋谷東急プラザ(東京都渋谷区)などの施設や全国のゴルフ場などに導入されたという。施設の管理者がインターネットを通じて電気やガス、水道など項目別に使用したエネルギーデータを入力すると、東急不動産の本社で集計して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを算出する仕組みとなっている。集計した二酸化炭素(CO2)排出量などのデータは、削減目標値や前年同月などと比較分析したり、改正省エネ法に対応したデータとして閲覧することができるという。エネルギー使用量や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量についての現状を効率的に分析することができ、省エネルギーにつなげる仕組みとしていきたいという。導入した地球温暖化の原因防止システムは、ソフトをネットを通じて利用者に貸し出すASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式を採用しており、東京電力(東京都千代田区内幸町)等が出資する日本ファシリティ・ソリューション(東京都新宿区)がシステムを提供したものである。東急不動産は、このシステムとは別に、首都圏で供給するマンションに複層ガラスや断熱サッシなどの導入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を、1990年当時の平均的なマンションと比較して表示している。年間のエネルギー消費量を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出し、1年間に吸収する天然林の面積に置き換えて表示している。今年3月に完成したマンション「ブランズ六義園」(東京都文京区)では、ブナの天然林約8.5ヘクタールが1年間に吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したと表示し、省エネルギー効果を「見える化」しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策はこちら

日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 日本興亜損害保険(東京都千代田区霞が関)と日立ソフトウェアエンジニアリング(東京都品川区東品川)は、日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング及びリサイクルワンと企業活動に伴い排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定して、コストの管理をすることができる独自開発の「CO2&コスト見える化システム」を利用した「CO2&コスト見える化サービス」を8月から始めた。日本興亜損害保険は、地球温暖化の原因対策の気候変動の影響を受けやすい損保会社であることからも、環境関連ビジネスに参入し、地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境保護への貢献を目指すという。「CO2&コスト見える化システム」は、日本興亜損害保険が環境省の協力を得て策定した「CO2排出量算定にかかる日本興亜基準」を元に、日本興亜損害保険と日立ソフトが共同開発したものである。このソフトでは、電力などの化石エネルギーの使用だけでなく、社員の営業・出張・通勤から紙・印刷物の使用・廃棄、物流に至るまで企業活動全般から排出される部署別の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定できるのが大きな特徴となっている。また、リポート機能が付いていて、改正省エネ法で義務付けられている定期報告書の作成や部署別の二酸化炭素(CO2)排出量削減ランキングの表示など、企業の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量管理を支援することができるものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東レが環境物流構築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 東レ(東京都中央区日本橋)は、物流部門における地球温暖化の原因対策温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組において、東レが自主的に設定していた「2010年度までに地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出原単位を2006年度比でマイナス5%削減する」という目標に対して、2009年度末までにマイナス15%の大幅削減を達成した。2006年4月の「改正省エネ法」が施行されることによって、東レの物流部門において、地球温暖化の原因対策として特定荷主に対して「物流部門における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量に係るエネルギー消費原単位を中長期的にみて年平均1%以上低減する」ことが義務付けられた。これをきっかけとして、東レでは自主的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を設定し、地球温暖化の原因対策としてこれまでの物流体制を再構築する物流改革を推進し、これまでに地方港の活用による国内輸送の効率化と輸出入港の全面見直しのほか、モーダルシフトの推進、消費地倉庫の導入と地方倉庫の活用、顧客との往復循環物流構築など、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んできたという。こうした地球温暖化の原因対策の結果が幸いし、2007年度からの3か年の累計で、地球温暖化の原因対策の改正省エネ法の目標を大幅に上回る二酸化炭素(CO2)原単位マイナス15%削減を達成するとともに、二酸化炭素(CO2)総排出量についても2006年度の42.5千トンから2009年度は29.4千トンとマイナス32%の二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減を達成したという。東レでは今後、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)排出量のさらなる削減を目指して、東レ本体で確立した環境物流の取り組みを国内関係会社に拡大することによって、連結ベースにおいても地球温暖化の原因対策の環境問題に対応した物流体制を構築していきたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東レが環境物流構築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 大成建設(株)(東京都新宿区西新宿)と東光電気(株)(東京都千代田区有楽町)は、「次世代型人検知センサ」を共同開発したと発表した。これは、社員のオフィスへの在席状況に応じてゾーン単位で空調及び照明を自動制御し、快適性を保ちながらエネルギー消費を最小化し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。現在のオフィスビル全体の電力などの消費エネルギーの約70%が、基本的に空調及び照明設備による消費となっている。本年度から施行された改正省エネ法や東京都環境確保条例に基づく地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の実効を上げるためには、空調・照明設備のエネルギー消費をいかに抑えるかにかかっており、各種設備機器の省エネ対応化のための技術開発に各社がしのぎを削っている状況にある。今回、大成建設と東光電気が開発した「T-Zone Saver」は、空調設備の制御に関しては、社員が在席している場所には通常のエアコンと同じような空調環境を提供するが、一方、社員がいない場所では、エアコンの設定温度を高めたり運転モードの軽減したりと同時に、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減する仕組みとなっている。ほとんどのビルが採用している中央熱源方式の空調システムは、ヒートポンプ式ビル用マルチエアコン方式に、この制御システムを導入することで更なる省エネ効果と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減が期待できるという。また、このシステムによる照明設備の制御に関しては、社員がいる場所には必要な照度を確保するが、不在の場所では照度を低く自動設定する。さらに、一定の距離が離れている誰もいない場所では消灯する等の制御を行うことで快適性と照明負荷の低減、及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減を行う。本システムの中核技術は、人体だけを確実に認識することができる「次世代型人検知センサ」である。従来使用されていた人感センサでは、人の移動の際の温度変化とタイマー機能によって作動するものであったことから、人が静止している状況では高い精度で認識することができなかったので、人がいても照明を消灯してしまう誤作動が多いことから、事務所等へ導入することはできなかったという。これに対して、今回、大成建設と東光電気がが開発したセンサーは、人体が発する温度そのものを高い精度で認識することから、これまでセンサーが認識することの難しかった熱源であるPCの発熱や太陽の日照による温度変化との識別も確実にできるため、静止体も含めた人を認識することができるという。また、同システムでは多段階にわたる調光が可能であることから、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することによって、建物全体で約50%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減効果が見込まれるという。このシステムは、新築だけでなく既存ビルにも導入可能であり、オフィスの他にも病院や生産施設への適用もでき、更に、セキュリティや防災面に活用することが可能となっている。大成建設では、トップランナーモデルとして、ハーフ・カーボン建築を達成した「スーパーエコビル」を更に進化させ、2020年までに「ゼロ・カーボン建築」の実現を目指している。こうした最先端環境技術を適用することで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をマイナス55~60%は実現可能であるという。

> 大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら