TOPページ > 検索結果

検索結果 【愛知県】

豊田合成の環境問題対策の環境取組プラン

 豊田合成(愛知県清須市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、2011年度から2015年度のグループの環境問題への取組みの実行計画である「第5次環境取組プラン」を公表した。豊田合成では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、1993年に「第1次環境取組プラン」を策定して以降、環境保全活動を全社を挙げて積極的に取組んできており、同社の2010年度までの計画を定めた「第4次環境取組プラン」では、全項目において目標値を達成できる見込みになったことから、今回、新しい第5次環境取組プランを取りまとめたという。豊田合成が今回定めた第5次環境取組プランの内容としては、10年後の2020年を見据え、中長期的に環境問題にやさしいものづくりと製品の提供行うことによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる低炭素・循環型社会の構築と自然共生社会の構築に貢献するため、「環境負荷低減」及び「環境経営」の2つの柱で取組を推進することを定めている。このうち、環境負荷低減では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、CO2排出量、5ガスの低減、資源の有効利用、水使用量の低減及び環境負荷物質の低減に高い目標を設定し、実現に向けて取組んでいくという。環境経営では、工場の森づくり、環境意識の向上、環境問題に優しい取り組みを行うLED製造販売メーカーとして貢献していくことを掲げ、実現に向けて取組んでいくという。特に、2011年から5年間で、現在設置してある工場及び事務所内外の全蛍光灯約5万本をLED照明に変更するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 豊田合成の環境問題対策の環境取組プランはこちら

愛知県は家庭の省エネ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛知県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めようと、愛知県内の家庭のエネルギー消費の改善策を提案する「省エネ診断」への参加世帯を募集している。愛知県は2010年度末までに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度比マイナス6%を目標とする地球温暖化防止戦略を推進している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、産業部門で減少が進んでいるが、家庭では増加傾向にあるため、省エネ診断によって家計にも優しい生活スタイルを提案して目標に近づける目的で実施される。愛知県が行う省エネ診断は、財団法人「省エネルギーセンター東海北陸支部」の職員らが愛知県内の各家庭を訪問し、冷暖房機器や冷蔵庫の使用状況、ガス料金のデータなどを調査する。調査結果に基づき、住宅の構造などを考慮し、それぞれの家庭に応じた改善リポート「家庭でできる省エネ指南書」を作り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をアドバイスするという。愛知県が行う省エネ診断は無料で、対象は一戸建て住宅か集合住宅かは問わない。募集は先着100件となっており、12月17日までに、所定の用紙で郵送やファクス、電子メールで申し込む必要がある。問い合わせ先は、省エネルギーセンター東海北陸支部(052-232-2216)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 愛知県は家庭の省エネ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県は間伐材利用で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 愛知県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、建築用に適さない愛知県内の間伐材を細かく砕き、ハウス栽培の燃料として使う実験を始めた。地球温暖化防止と愛知県内林業振興の一石二鳥を狙った取組みであり、全国でも珍しいという。愛知県豊橋市天伯町のバラ農家に先月、愛知県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、専用ボイラーを無償貸与し、半年間、ハウス内の温度を安定させられるかなどを調査する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる燃料用の木材は、愛知県森林組合連合会の協力を得て、三河地区の山林からの間伐材を実費で調達する。間伐目的で伐採したスギの木やヒノキの木の中から、商品化できない太くなかったり曲がっている木材を粉砕、チップ化して使用する。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に要する2625万円の事業費全額を総務省(東京都千代田区霞が関)の補助金でまかなうという。愛知県内のハウス栽培農家では、通常、燃料に多量の石油を使うため、この農家から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年換算で約60トン削減できるという。木材は近年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に貢献できる再生可能なエネルギー「木質バイオマス」として注目されており、環境問題の意識の高い製紙工場や火力発電所などで補助燃料として使われている。しかし、規模が小さい農業では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、燃焼効率が落ちることやボイラーの価格が石油用の数倍になることから、普及は進んでいない。ただ、石油価格の高騰でコスト差が縮まっていることや、ハウス栽培が盛んな愛知県三河・常滑地域は山間部に近く、木材の輸送コストも少ないメリットがある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、不要木材の活用方法が増えれば、愛知県内の林業振興にもつながる。愛知県農林水産部では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、将来的に有望な事業」として調査研究を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 愛知県は間伐材利用で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策

 欧州連合(EU)によると、自動車メーカーによる昨年の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての二酸化炭素排出量(CO2)の削減幅は、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)が1位を獲得するなるなど上位を日本のメーカーが占めたという。欧州連合(EU)のデータによると、トヨタ自動車は昨年、トヨタ自動車の自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平均で10%削減しており、前年のトップだったドイツBMWの削減幅の5倍超に達したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の2位は、日本のスズキ(静岡県浜松市南区)で削減幅は9.1%であり、3位はマツダ(広島県安芸郡府中町)で削減幅5.4%と続いた。昨年のトヨタ自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1キロメートルあたり132グラムであった。欧州連合(EU)は、2015年の二酸化炭素(CO2)排出量を平均130グラムとすることを目標にしているが、トヨタ自動車は、フランスプジョー・シトロエンやイタリアフィアットとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の目標の達成が可能となった。欧州連合(EU)で販売された自動車による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2009年、平均で1キロあたり145.7グラムで、2015年の目標を11%上回った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、原料の3割を石油からサトウキビに転換した新型プラスチックを、車両の内装に順次採用する。石油の消費を抑えるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する植物の使用で地球温暖化防止に貢献する狙いがあるという。トヨタ自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用する新型プラスチックは、バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)である。これは、現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペットボトルの容器包装には使用されているが、量産型自動車への採用は世界で初めてのケースだという。トヨタ自動車はバイオPETを、平成23年発売予定の高級ブランド「レクサス」の小型ハイブリッド車「CT200h」のトランク部分に採用する。平成23年には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、バイオPETなど植物由来の素材が内装の8割を占める車種も発売する。トヨタ自動車はこれまで、トウモロコシを原料にした別の素材を一部車種の内装に使っていたが、それに比べるとバイオPETは摩耗や熱への耐久性が大幅に向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも一層貢献するものになっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

愛知県尾張旭市のクリオンはコンクリート廃材リサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させて地球温暖化の原因防止対策

 建築資材メーカーのクリオン(愛知県尾張旭市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、コンクリート廃材に二酸化炭素(CO2)を吸収させて、新素材にリサイクルして生まれ変わらせる「二酸化炭素固定技術」を開発した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するリサイクル新素材は、舗装のインターロッキングブロックや内装材などに活用可能だという。二酸化炭素(CO2)を吸収するリサイクル新素材は、コンクリートと同等の強度や消臭機能などの特性を持ち、性質は中性又は弱アルカリ性を示すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立つ原理としては、コンクリート廃材中の水酸化カルシウムや珪酸カルシウムが二酸化炭素(CO2)に反応して、発熱と同時に炭酸カルシウムと水が発生するというもので、炭酸カルシウムを硬化したものがリサイクル新素材となるという。セメントは炭酸カルシウムを成分とする石灰石を高温で焼成して製造し、二酸化炭素が排出される。原理的には、セメント製造の過程で放出したCO2と同等の量を吸着することになる。二酸化炭素固定技術によるリサイクル新素材の具体的な製造方法は、コンクリート製品の廃材から骨材を分離した微粉末に加水し、湿潤状態になった粉末を型に入れて加圧・脱型して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸着後、乾燥させればリサイクルが完成するという。普通ポルトランドセメントであれば、廃材重量の25~30%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸着してリサイクルすることが可能であるという。二酸化炭素固定技術を利用することで、廃材の再利用化リサイクルはもちろんのこと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる。今後、電力会社や鉄鋼メーカーなどから高濃度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を回収し、コンクリート廃材を集めてリサイクル事業を進めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県尾張旭市のクリオンはコンクリート廃材リサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させて地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、愛知県名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議COP10)」(10月18~29日)と、同じく愛知県名古屋市で開催される遺伝子組換え生物等(LMO)の「カルタヘナ議定書第5回締約国会議COP/MOP5)」(10月11~15日)において、会議に使われるドキュメントの出力運用管理業務を受託したと発表した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する省エネ技術を搭載したデジタル複合機やプリンターを導入して実行する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなり、効率的なドキュメントの出力環境「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)」を提供することによって、ドキュメントの出力運営品質の維持を継続して実施する。ドキュメントの出力環境は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として消費電力量を抑制したデジタル複合機及びプリンター合計114台で構成されている。会議で不要となった機密文書の回収及び溶解サービス行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題とセキュリティの両方に配慮して安全に運用し、24時間にわたって保守サポートも行うという。リコーのMDSの仕組みは、ドキュメント入出力状況を詳細に分析し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても最適になるような機器の配置や効率的なワークフローを提案し、さらに、運用及び管理を請け負うサービスとして、リコーが世界的に展開しているものである。リコーグループの企業姿勢として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境経営を掲げて環境問題への負荷の削減を積極的に進め、生物多様性の保全にもいち早く取り組んでいることが大いに評価されたことによって、愛知県名古屋市で開催されるCOP10及びCOP/MOP5の出力業務の委託事業者に選ばれたという。さらに、リコーの製品が備えている環境性能だけではなく、原材料の調達から製品の生産、販売活動、廃棄処分に至るまで、製品のライフサイクル全体で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への負荷を削減する姿勢が認められ委託に至ったという。リコーグループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、1999年から二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林生態系保全プロジェクトや、社員らの自主的な環境問題への活動を推進する「環境ボランティアリーダー養成プログラム」など、生態系を保全する環境問題への活動に積極的に取り組んできた。リコーでは、「リコーグループ生物多様性方針」を2009年3月に策定しており、企業の事業活動においても生物多様性に配慮する方向性を打ち出してきている。リコーでは、自社製品及びサービスによる愛知県名古屋市のCOP10及びCOP/MOP5会議の運営サポートを契機として、生物多様性の保全と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県安城市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ診断モニターを募集

 愛知県安城市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策に積極的に取り組んでいる。今般、愛知県安城市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の30%削減を目指して、愛知県安城市民モニターを募って家庭のエコ診断を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、「あんじょうダイエット30チャレンジうちエコ診断」と名付け、愛知県安城市内の各家庭で取り組んでいる電気ガスの節約など省エネ対策の現状を把握するとともに、効果的な地球温暖化の原因防止対策の提案などを行うという。具体的な内容としては、愛知県安城市内のモニターとして登録された家庭へ、愛知県安城市内のから調査票を送る。家庭では、調査票に基づき、家の間取りや建築年数、1か月のガス代及び電気代、風呂の熱源や浴槽の大きさ、1日に使うシャワーの時間など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関連した省エネ対策の細かい項目をそれぞれ記入し、愛知県安城市役所へ送り返す。愛知県安城市では、家庭から送付されてきたデータをパソコンに入力して分析し、効果的地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を示す。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電装置や省エネ対策の電気給湯器「エコキュート」を仮に購入したケースで、光熱費の節約と設置費を比較して何年かかれば採算がとれるかなどを具体的に示して、家庭における地球温暖化の原因防止対策の取組みを選択してもらうという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の診断は、愛知県安城市在住か通勤している人が対象で、募集人員は300人となっている。愛知県安城市では10月23日から12月4日までに6日間、愛知県安城市内の6会場で開く「エコ診断会」で、モニターに診断結果を伝えるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の診断に関する申し込みや問い合わせは、愛知県安城市環境首都推進課(0566-71-2206)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ診断モニターを募集はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 愛知県名古屋市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取組むコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験が、10月1日に愛知県名古屋市の栄エリアと名駅エリアで開始された。10月2日には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3)前でオープニングセレモニーが開催され、河村たかし愛知県名古屋市長や名古屋おもてなし武将隊から豊臣秀吉、徳川家康、前田利家が駆け付け、愛知県名古屋市のコミュニティーサイクルシステムで走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない「名チャリ」をPRした。当日は、愛知県名古屋市を拠点とするプロ野球の中日ドラゴンズが優勝を決めたこともあり、愛知県名古屋市の久屋大通北ステーションで自転車を借りた河村愛知県名古屋市長は「燃えよドラゴンズ」を熱唱しながら上機嫌で来場した。続いて、武将隊の秀吉さんが、今年から導入したICカードで管理される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコミュニティーサイクル自転車の取り出しを実際に行った。意外と簡単な便利なシステムを目の当たりにした家康さんは「わしは400年も前から馬を貸し出すことをやっておった。それと同じじゃな、名チャリは」などと話した。今年は愛知商業高校(愛知県名古屋市東区徳川)の生徒らが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の名チャリとコラボする形で観光地の円頓寺マップを作成した。マップを見た河村愛知県名古屋市長は「愛知県名古屋市という都会にある古き良き時代を掲載しているのはええこと。」とエールを送った。愛知県名古屋市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施する栄エリア(愛知県名古屋市中区栄)の名チャリステーションは、名古屋テレビ塔、中区役所前、電通中部支社前、松坂屋南館前、矢場公園、栄広場、ナディアパーク前、白川公園、でんきの科学館前などとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県刈谷市のトヨタ車体はダカールラリーでバイオディーゼル燃料使用して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 トヨタ車体(愛知県刈谷市)は、南米大陸で2010年1月に開催されたクロスカントリーラリーの最高峰「ダカールラリー」の市販車部門で、トヨタランドクルーザーによって史上初の5連覇を成し遂げた。トヨタ車体は、来年1月のダカールラリーに出場するディーゼルエンジン車「トヨタランドクルーザー」2台の燃料のすべてに、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、植物などから精製したバイオディーゼル燃料を使うことを決定したと発表した。これまではバイオディーゼル燃料20%と軽油80%の混合燃料を使用してきたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、地球環境問題への配慮を一段と重視したという。トヨタ車体は2005年からダカールラリーの市販車部門に出場しており、大会が中止となった2008年を除いて5連覇している。2007年からは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みとして、ラリー車2台の燃料にバイオ燃料20%と軽油80%の混合燃料を使用して出場していた。2007年は市販のバイオ燃料400リットルを購入したが、2008年からは、全社一体となって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組むため、従業員の家庭やトヨタ車体の食堂を始め、愛知県刈谷市の地域住民や取引先などから使用済みの廃食用油を集めてバイオディーゼル燃料を精製していた。バイオディーゼル燃料の精製量は、ダカールラリー大会中止の2008年が2,000リットル、2009年1,500リットル、今年は3,500リットルと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するものとなっている。バイオディーゼル燃料の100%をバイオ燃料で賄う場合に必要となる廃食用油の量は、約7,000リットルに上ることから、このほど大規模な廃食用油の回収活動を始めた。トヨタ車体では、呼びかけ範囲を愛知県刈谷市内外に大幅に広げて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る地球環境問題を考えるキャンペーンとして展開していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、バイオ燃料の精製にはコストがかかるうえ、車両の馬力が落ちる欠点があるが、トヨタ車体は「地球環境問題のことを一番に考えて決定した」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県刈谷市のトヨタ車体はダカールラリーでバイオディーゼル燃料使用して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を話し合う、愛知県岐阜県三重県の東海3県と愛知県名古屋市の知事市長会議が岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館で開催された。企業や市民が削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、二酸化炭素(CO2)削減事業に投資することで相殺するカーボンオフセット制度の推進へ向けて、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と愛知県名古屋市の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をデータベース(DB)化していくことで合意した。10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)後に作業部会を設け、1年以内に二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をDB化するという。企業や市民が愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業から選び、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減のカーボンオフセットを推進する仕組みづくりを目指すという。会議は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策での連携がテーマで、岐阜県の古田肇知事が「愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で吸収するという意識が必要」と指摘し、DB化によるカーボンオフセット制度の推進を提案した。愛知県の神田真秋知事は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムの普及が進んでいる愛知県内の状況を紹介した上で「カーボンオフセットは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に有効だが、十分知られていない。愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の情報共有は意義がある」と賛同した。三重県の野呂昭彦知事も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収固定量の確保に力を入れている三重県の制度を挙げ「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、カーボンオフセット制度による広域的な取り組みを進める必要がある」と同調した。愛知県名古屋市の河村たかし市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、カーボンオフセット制度など、生活に密着した環境政策が大切」と述べた。また、会議では、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市にあるモノづくりの研究開発施設の連携を進めることでも合意を得た。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施している「チャレンジ25キャンペーン」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県名古屋市が実施するコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」に特別協力を行うと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用は「チャレンジ25キャンペーン」が推奨する25のアクションの一つでもあり、チャレンジ25キャンペーンとして応援するものである。平成22年10月2日(土)には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15)において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」のオープニングセレモニーが行われ、チャレンジ25キャンペーン事務局からチャレンジ25キャンペーンの説明を行うほか、ステーションマップ、ホームページ、広報ポスター等へのチャレンジ25キャンペーンのロゴ掲出等による普及啓発を実施する予定となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーの詳細については、名古屋市プレスリリース(http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=16301&hou_id=12968)を参照のこと。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーに関する問い合わせ先は、愛知県名古屋市緑政土木局道路部自転車利用課TEL:052-972-2858となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 政府のエコカー補助金制度は9月の途中で終了したが、愛知県安城市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的として、安城市独自のエコカー補助金制度を10月から導入すると発表した。愛知県安城市では、来年3月までの半年間に限り、これまでの国のエコカー補助金制度と同様に普通・小型車に10万円、軽自動車には5万円のエコカー補助金を支給するという。ただし、愛知県安城市内の販売店で新車を買うことが支給条件となっている。ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)に限らず、「ガソリンや軽油1リットルで20km以上走ることが可能」な低燃費車がエコカー補助金の対象としており、2,200台にエコカー補助金を支給するという。愛知県安城市内にはトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)系列の部品メーカーが多く、自動車産業の業績が安城市の財政を左右する。安城市の法人市民税のうち、企業業績に連動する部分の税収は、2008年度は27億円あったが、トヨタ自動車の業績が悪化すると2009年度はゼロになった。愛知県安城市独自のエコカー補助金制度で、国の補助金制度終了後の新車販売の落ち込みを緩和して、安城市の税収の確保も目指す目的となっている。神谷学安城市長は「愛知県安城市内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する低燃費のクルマや部品を作る機運を盛り上げたい」と話している。トヨタ自動車の本拠地である愛知県豊田市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)20台を豊田市役所の公用車として購入した。既に、豊田市内11か所にある急速充電スタンドも増設し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエコカーに対する豊田市民の意識を高めようと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減

 中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、碧南市火力発電所(愛知県碧南市)で実施してきた木質バイオマス(生物資源)燃料と石炭による混焼発電の実証試験を終え、本格運用を始めると発表した。年間30万tの木質バイオマスを使う予定で、石炭の使用量に対し3%の木質バイオマスを使うことになる。これによって、石炭の使用量を減らせることから、年間で20万~30万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木質バイオマス混焼発電は、木材チップを石炭と混ぜて細かく粉砕し、燃料に利用して発電する方式のことをいう。碧南市火力発電所では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、2009年5月から1~5号機の各設備で木質バイオマス混焼発電の本格運用に向けた実証試験を行ってきた。今回、最後になっていた1号機での試験ですべての発電機での実証試験を終えたことから、本格運用を始めることにしたという。碧南市火力発電所は愛知県名古屋市の南約40kmの位置で衣浦湾に面し、発電所用地約160万m2に出力70万kWの発電機3機と100万kWの発電機2機を備えている。1~5号機を合わせた発電の出力は410万kWで国内最大で、世界でも最大級の火力発電所であり、年間発電量は2億~3億kWhにもなる。中部電力は、2003年施行の「電気事業者による新エネルギーなどの利用に関する特別措置法」(RPS法)で電気事業者が環境負荷の低い新エネルギー利用が義務付けられたことを受け、碧南市火力発電所で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる木質バイオマス混焼発電を導入してきた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減はこちら

愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 愛知県岡崎市にあるタクシー会社「岡陸タクシー」(愛知県岡崎市上六名3)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)によるタクシー営業運行を開始した。電気自動車(EV)タクシーは、愛知県内はもちろんのこと東海3県でも初めての導入となるほか、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)タクシーとしては初めて自動開閉機構を取り付けた」と同社の浅岡社長は得意げに話す。タクシー用車両は、燃料をガソリンではなく液化石油ガス(LPG)で走行するため、燃費や経済性の面ではハイブリッド車(HV)にも引けを取らないことから、同社ではこれまでハイブリッド車(HV)導入は見合わせていた。しかし、地球環境問題に優しい電気自動車(EV)タクシーの場合、エンジンはないことから何も燃料を使わずに、リチウム電池とモーターだけで走行し、しかも、走行中は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)などの排気ガスを一切出さないという特徴がある。このため、燃費面だけでなくクリーンであることからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策対策として環境問題を重視する世相に対して当社にできることを行う」として電気自動車(EV)タクシーを導入したという。社用車としては、既に2009年秋から三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」をテスト導入していた。「電気自動車(EV)のi-MiEV(アイミーブ)は、三菱自動車岡崎工場がある愛知県岡崎市にとって言わば地元産の電気自動車(EV)。実はテスト用でなく電気自動車(EV)のタクシー営業車として導入する予定だった。陸運局認可の機会を様子見していた」という。電気自動車(EV)タクシーの運行予定は、平日の8時~19時としている。待機拠点は名鉄東岡崎駅と三菱自動車岡崎工場の2箇所を予定している。現在、電気自動車(EV)の充電設備は愛知県岡崎市内の同工場と同社岡陸タクシー、さらに、岡崎市役所の3か所となっており、1回約7時間のフル充電で最大160kmの走行ができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、静岡県静岡市清水区において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する大規模太陽光発電システムの施設であるクリーンな自然エネルギーメガソーラー発電所の「メガソーラーしみず」(仮称)の開発計画を発表した。中部電力の計画は、静岡県静岡市清水区三保の中部電力所有地に、発電出力8,000kW(8MW)で一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当し、中部電力管内最大となる太陽光発電所を2014年度(平成26年度)の運転開始を目指し建設するものとなっている。太陽光発電のメガソーラー発電所の建設によって、年間約4,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいるという。中部電力は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量になる太陽光発電のメガソーラー発電所として、これまでに「メガソーラーたけとよ」(愛知県知多郡武豊町)、「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市川路城山)の開発を先行して進めており、静岡県静岡市清水区における開発は、中部電力として3地点目の太陽光発電のメガソーラー発電所となる。今後、中部電力は、静岡県静岡市と相互に協力し、静岡市清水区の地元に理解と協力に努めるとともに、太陽光発電のメガソーラー発電所計画について、静岡県や静岡市を始めとした関係各所に説明して協議を進めていくという。中部電力は、太陽光発電のメガソーラー発電所や風力発電などの再生可能エネルギーの開発・導入及び原子力発電の推進など、引き続き、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所はこちら

長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 長野県北佐久郡軽井沢町の軽井沢商工会、軽井沢観光協会及び軽井沢環境ネットワークで構成されている「軽井沢エコ・モビリティタウン実証実験実行委員会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、最新のエコ・モビリティの環境性能を体感できる環境プロジェクト「エコ・モビリティタウン軽井沢プロジェクト」を実施している。「Let's E-mo!」という愛称が付けられたこの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の試みは、同実行委員会が、長野県軽井沢町の後援を受け、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)やヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)といった環境問題に対応している最新企業の協力を得て、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないという今後のエコ・モビリティ普及につなげていくことを目的としている。今回のエコ・モビリティのプロジェクトで用意された最新車両は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)とハイブリッド車の性能持つトヨタ自動車の「プリウス プラグインハイブリッド」と、ヤマハ発動機の電動二輪車「EC-03」の2車種である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を誇るどちらの車種も家庭用のコンセントから車に充電することが可能であり、優れた最新技術によって高い環境性能を誇る、次世代の交通手段となることが期待されているエコ車両である。別荘が立ち並ぶ長野県軽井沢は、毎年多くの人で賑わっており、これまでも自然に囲まれた街の良きイメージを守るために、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる環境活動を積極的に推進してきている。今回、自然豊かな日本を代表するリゾート地である「長野県軽井沢」と、世界的な環境先進企業が連携することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見据えて、環境問題にやさしいエコ・モビリティへの認識が高まることが期待される。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県軽井沢町でエコ・モビリティによる二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

中部電力が最新火力発電所で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因防止対策

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、長野県、岐阜県(飛騨市、郡上市、関ヶ原町の一部を除く)、静岡県富士川以西(富士市の旧富士川町域も含む。また富士宮市の旧芝川町域の一部を除く)、愛知県、三重県(熊野市の一部を除く)を対象とする電力会社である。中部電力は、今般、愛知県飛島村に立地する西名古屋火力発電所の設備を地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応したものに全面刷新すると発表した。既設の火力発電設備を廃止及び撤去して、新たに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる液化天然(LNG)ガスを燃料とした最新型の火力発電設備を導入し、愛知県で2014年に着工して、2019年には発電を始める計画だという。愛知県の火力発電所への投資額は2000億~3000億円で、出力は現行の火力発電所の約2倍の220万kw級となるという。火力発電の設備を何機設置するかなど詳細については検討中だという。中部電力が火力発電所の設備を新たに整備するのは14年ぶりのことになるが、現在の火力発電所の設備は、重油を燃料としているうえ、稼働から約40年が経過し、老朽化が進んでいるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても全面的に刷新する必要があったという。愛知県の火力発電所には最新鋭のガスタービンを採用し、発電設備の熱効率は60%と世界最高水準にあり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するとともに、燃料使用量も減らすことが可能になるという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が最新火力発電所で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクト

 愛知県豊田市とトヨタ自動車(愛知県豊田市)、中部電力(愛知県名古屋市東区)を始めとする民間企業19社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、豊田市で「家庭・コミュニティ型の低炭素都市構築実証プロジェクト」を推進している。先月に行われた会合において、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを推進するための組織「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立するとともに、今後5年間の具体的な地球温暖化の原因防止対策の実行計画を決めた。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトは、省エネルギーなどによる一般消費者のエネルギー利用の最適化を目指し、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取組みから着手し、そこから豊田市内のコミュニティ単位で拡げていくとともに、豊田市から展開する交通システムや生活者のライフスタイルの変革といった領域への取組みも進めるという。豊田市内の各家庭に生活の低炭素化を追求した各種機器・システムを導入し、家庭でのエネルギー利用状況やライフスタイルを踏まえて、電力やガスなどの系統と連携しながら、豊田市民が無理なく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組み、豊田市が低炭素化社会へ移行することを目的としている。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトでは、豊田市内の家庭で20%、豊田市の交通セクターで40%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を追求する。これらの地球温暖化の原因防止対策の取組みを通じて、生活者・豊田市・企業の3者が共生する地方型低炭素社会システムのモデルケースを模索していく。今後、協議会の会員が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計画に沿って、導入機器・システムの設計・開発を加速させ、地球温暖化の原因防止対策の実証実験に向けた準備を進め、2011年春頃から豊田市内で本格的な実証実験を開始するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクトはこちら

愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省中部地方環境事務所(愛知県名古屋市中区三の丸)は、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者及び農畜水産物の生産者を対象に愛知県を中心とする地域循環圏の食品リサイクルモデル事業への参画者を募集すると発表した。同事務所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、平成20年度からスーパー等の小売店や外食店から発生する食品残さの食品リサイクル事業を中心に、愛知県を中心とする中部地方において適切な規模の地域循環圏の構築に向けた検討を続けてきている。今年度は食品リサイクルモデル事業の実施を通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の愛知県を中心とする中部地方における食品リサイクルの実施体制の構築に向けた考え方や可能性を具体的に示すとともに、制度的・技術的な課題への検討を実施するという。愛知県を中心とする中部地方で実施予定の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業内容は、次のとおりとなっている。
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県を中心とする中部地方において、複数の小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者、農畜水産物の生産者によるコンソーシアム(共同体)により食品リサイクル事業を行う。
(2)食品リサイクルの内容は、愛知県を中心とする中部地方における飼料化、肥料化及び熱回収等を主な対象とする(ただし熱回収等のみの事業は対象としない。)。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、食品リサイクル事業によって生産された農畜水産物等の一部を愛知県を中心とする中部地方の小売業者等の店舗で利用する
(4)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業の実施期間は、平成22年度から平成23年度の2か年とする。
 なお、平成22年9月17日に愛知県名古屋市中区の環境省中部地方環境事務所第1会議室において公募説明会を開催する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいるコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験の登録受け付けを開始したと発表した。今年で4回目の実験となる名古屋市のコミュニティーサイクルは、レンタサイクルとは異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての短距離及び短時間での利用を繰り返す自転車共有システムのことである。昨年は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果を計るため、「名チャリ」というコミュニティーサイクルの利用方法を知ってもらう目的と利用ニーズを把握することを目的として、貸出及び返却を行う「ステーション」に名古屋市の職員を配置して、二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車を無料で貸し出していた。今年度は一歩進めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、貸出及び返却を利用者自身だけで行えるように、ICカードを導入したセルフサービスとして実施した。これは、登録料や利用料などを有料化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、名古屋市の本格実施を見据えた次の段階の実験となる。自転車利用の会員登録は2,000円で、利用料は30分以内は無料、以降30分ごとに200円が課金され、利用時間は8時~20時となっている。名古屋市では、実験の実施期間は10月1日~11月30日の2か月間を予定している。今回の名古屋市の取組みでは、公共交通と「名チャリ」を組み合わせて使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指している。それとともに、自転車を使用することで名古屋市内での移動範囲が広がり、名古屋市の街のにぎわいの創出につながることや、共有することで自転車の総量を抑え名古屋市内の放置自転車の削減につながることを目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「名チャリ」のステーションの範囲は、名古屋市内の名古屋駅エリアから栄エリアの全30か所に設置している。現在、名古屋市は「名チャリ」のテレビCMを制作しており、「名チャリに乗ろう!」というセリフで、河村たかし名古屋市長と名古屋おもてなし武将隊のメンバーが「名チャリ」に乗り出演しており、9月下旬からテレビ愛知で名古屋市を中心に放送予定となっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

NEDOのSOFCで二酸化炭素(CO2)排出量を削減し地球温暖化の原因防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町)とアイシン精機(愛知県刈谷市朝日町)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環としての「固体酸化物形燃料電池実証研究事業」向けに「家庭用固体酸化物形燃料電池(SOFC)」コージェネレーションシステム約60台を提供する。トヨタ自動車とアイシン精機が提供する家庭用燃料電池のコージェネレーションシステムは、大阪ガス(大阪府大阪市中央区)及び京セラ(京都府京都市伏見区)とともに4社で共同開発し、トヨタ自動車とアイシン精機が製造しているものである。今回のNEDOの家庭用燃料電池実証研究事業には、北海道ガス(北海道札幌市中央区)、東京ガス(東京都港区海岸)、東邦ガス(愛知県名古屋市熱田区)、大阪ガス及び西部ガス(福岡県福岡市博多区)のガス会社5社が参画している。トヨタ自動車とアイシン精機は、昨年度に実施された実証研究事業にも家庭用燃料電池の機器を提供しており、SOFCが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ性能に優れた性能を有する機器であることを確認した。2010年度は、これまでの実証研究事業で判明した家庭用燃料電池の技術開発課題を克服するため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ性能が一層図れるように、家庭用燃料電池の発電ユニットの低出力時の負荷効率の向上を図るとともに、貯湯タンクの容量を増やして排熱の有効利用度の向上を図るという。また、家庭用燃料電池の商品性を向上させるため、耐久性・メインテナンス関連も改善した。トヨタ自動車とアイシン精機は、今年度の実証研究事業に家庭用燃料電池の機器を提供することで、家庭用SOFCコージェネレーションシステムの開発・実用化を加速したい意向だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NEDOのSOFCで二酸化炭素(CO2)排出量を削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

NEXCO中日本が環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 NEXCO中日本(中日本高速道路:愛知県名古屋市中区)は、グループ会社の中日本エクシス(愛知県名古屋市中区)が運営する5つのサービスエリアにおいて、「EXPASA(エクスパーサ)」のブランドネームで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した商業施設を展開すると発表した。新ブランドが採用されるのは、東名高速道路・足柄SA(上下線)、東名阪高速道路・御在所SA(上下線)、名神高速道路・多賀SA(下り線)の5つのサービスエリアとなっている。オープンスケジュールとしては、まず、御在所SA(上下線)が9月17日にオープンし、一部リニューアルオープンしている東名高速道路EXPASA足柄(上下線)、名神高速道路EXPASA多賀(下り線)においても、2010年内にグランドオープンする予定になっているという。EXPASAでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した施設設備となっており、電気自動車(EV)用の急速充電スタンドの設置のほか、二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指したLED照明(発光ダイオード照明)、節水型便器、ヒートポンプ空調設備、複層ガラス・屋上緑化・遮熱性舗装、アイドリングストップ給電スタンドなどを採用する省エネルギー施設となっている。新しいブランド名の「EXPASA」は、現在のSA・PAの概念を超えるという意味を込めたEXCEED・EXCELSIORの「EX」とパーキングエリアの「PA」、サービスエリアの「SA」を組み合わせたものだという。また、9月17日にオープンするEXPASA御在所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策以外の特徴として、東海地区の名産・味覚を取り揃えた31店舗(上り線:15店舗、下り線:16店舗)によって、デパ地下感覚を味わえるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NEXCO中日本が環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、製品と環境との調和を目指す2011~2015年度の5か年計画を発表し、2010年代初頭に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数を500万台とする目標を盛り込んでいる。国内生産で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比較して25%削減する方針も明記し、トヨタ自動車は国の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標に歩調を合わせた形となっている。トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の累計販売台数は、1997年の発売開始から今年7月末までに約268万台となっており、今後数年間で販売台数を倍以上に増やす計画になっている。トヨタ自動車の計画には、このほか、さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を2012年から販売することや、同じく走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、水素を燃料にする燃料電池車を2015年度までに市場投入することなどが盛り込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力

 岐阜県愛知県三重県及び名古屋市の首長で構成されている「東海3県1市知事市長会議」が、岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」で開催された。愛知県名古屋市で今年の10月に開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を控え、3県知事と名古屋市長が地球温暖化の原因防止対策を主題に話し合い、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減事業などで生じた二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、排出分を相殺する「カーボンオフセット」に岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市で取り組むことで合意した。岐阜県の古田肇知事が3県1市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けた「カーボンオフセット推進ワーキンググループ」を設置し、情報共有を図りながらカーボンオフセットに取り組むことを提案した。愛知県の神田真秋知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減のカーボンオフセット制度がまだ知られておらず、二酸化炭素(CO2)排出権の売り手と買い手のマッチングにも課題がある」と指摘したうえで「カーボンオフセットの情報共有を図り、協調関係を築くのが重要」と賛同した。野呂昭彦三重県知事も「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減については、国のカーボンオフセット制度との整合など課題はあるが、各地方自治体の取り組みについて具体的に情報共有したい」と支持を表明したという。古田岐阜県知事は会議後の会見で「岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市といった広域的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権の売り手と買い手をつなぐことを目指し、実務的に進めていきたい」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市は、「名チャリ」と名付け、レンタル自転車利用の拡大によって温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。レンタル自転車の名チャリの目的は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量削減、放置自転車の削減、回遊性の向上であり、名古屋大学大学院環境学研究科(愛知県名古屋市千種区)の竹内恒夫教授の研究室が2007年に名古屋市内で実験を始めた。長距離移動は地下鉄などの公共交通で行い、その後の足を二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車が担えれば、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出する車の利用を削減できるからだ。初回の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、名古屋市の矢場町周辺に13日間、5か所のステーションを設置し、1台が1日に利用された回数は平均1.16回であり、昼借りて夕方返すというレンタサイクル的な利用だったという。2008年からは、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する取組みであることから名古屋市が協力を始めており、2009年は2か月間にわたってレンタル自転車の実験を行った。今年の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、採算の合う事業としてレンタル自転車が成り立つかどうかを検証するため、登録料を徴収し、一定時間を過ぎたら課金するものであるが、ICカードを使用したセルフサービス方式で行うという。名古屋市自転車利用課では「有料にしてもレンタル自転車の利用が多ければ、二酸化炭素(CO2)排出量を削減可能な地球温暖化の原因防止対策としても本格導入を検討していく」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 イオンモール(千葉県千葉市)とオリックス自動車(東京都港区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、大型ショッピングモールを拠点としたカーシェアリングサービスを共同で展開すると発表した。まずは、9月からイオンモール新瑞橋(愛知県名古屋市南区)及びイオンモール鶴見リーファ(大阪府大阪市鶴見区)において、10月から京都ファミリー(京都府京都市右京区)においてショッピングモール駐車場を地球温暖化の原因防止対策としてカーステーション化を実施するという。イオンモールでは、パンフレットの設置やポスター掲示などを通じて、カーシェアリングサービスをPRしていくという。イオンモールでは、低炭素社会への移行が全世界的な課題となっている中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていくことがリーディングカンパニーとしての責務と考えている。これまでも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、太陽光発電用パネルや氷蓄熱システムの導入のほか、屋上緑化、壁面緑化、サインや照明へのLED(発光ダイオード)照明の採用など、エコロジーを考えた設備の導入及び自然エネルギーの活用に力を入れてきた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減に役立つカーシェアリングをショッピングモールに導入することで、周辺エリアの車の台数を減らす予定である。さらに、イオンモールでは、地球温暖化の原因防止対策に加えて、地域で生活する人々の、より豊かで彩りある暮らしの実現に貢献し続けることを存在意義と考えており、「コミュニティ機能の充実」及び「地域に根ざしたモールづくり」に貢献できると考えたという。また、オリックス自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、2002年からカーシェアリング事業を全国的に展開しており、現在は、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中部(愛知県、三重県)、近畿(京都府、大阪府、兵庫県)の各エリアにカーステーションを設置している。カーシェアリングに使用する自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全てを自社でオフセットして計上している。カーシェアリング用の自動車には、カーナビゲーションには走行時の燃費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が表示され、エコドライブ度も5段階で表示される専用車載システムを備えるなど、環境問題に配慮したカーシェアリングを積極的に推進している。地球温暖化の原因防止対策に貢献するカーシェアリングは、利用者が必要な時に必要な分だけクルマを使う仕組みであるため、保有時に係る車両代金や駐車場代金、税金、保険料金、車検代金などの維持費が不要となり、大幅なコスト削減に繋がる。また、カーシェアリングが普及すると、自動車利用が抑制され、環境負荷の低減にも繋がることから、ショッピングモール周辺に住む人々にカーシェアリングを利用してもらうことによって、車にかかる費用の節約と周辺エリアの地球温暖化の原因防止対策など環境負荷低減に貢献できるものと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

愛知県豊橋市は省エネコンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、家庭から排出される二酸化炭素(CO2)の削減量を豊橋市民同士で競う「豊橋市省エネコンテスト」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の一環として、一般家庭での取組みに焦点を当て、豊橋市民の省エネ意識の向上を目的としている。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストは、年末に締め切り、来年の2月に優秀者に対して表彰を予定しているという。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストに応募できるのは、豊橋市内に在住する者で、環境問題に配慮した生活を実践する「エコファミリー宣言」への登録が条件となっている。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストの内容は、電力会社からの電気使用量の「お知らせ」を基に、今年7月以降の連続した3か月間にわたって、電気使用量を前年同期と比べてどれだけ削減したかを競うものとなっている。省エネコンテストの応募者は、専用の応募用紙の記載欄に前年3か月、今年3か月の電気使用量と、使用量に二酸化炭素(CO2)排出係数「0.46」をかけた二酸化炭素(CO2)排出量を記入し、指定された計算式で地球温暖化の原因の「二酸化炭素(CO2)排出削減ポイント」を算出して記入する。省エネコンテストの応募用紙は、豊橋市環境政策課に置くほか、豊橋市のホームページからもダウンロードできるという。省エネコンテストで高ポイントを獲得した世帯には、表彰状とエコグッズを贈り、応募全世帯にコンセントに差すだけで使用中の消費電力を測定できる簡易電力計をプレゼントするという。豊橋市環境政策課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、より多くの豊橋市民の世帯の参加を期待している」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊橋市は省エネコンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛知県安城市は、国のエコカー補助金制度が9月30日で終るのに合わせて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と産業振興対策として、10月1日から安城市独自によるエコカー購入者への補助金を交付すると発表した。国のエコカー補助金制度終了による自動車販売の落ち込みを回避し、安城市の中核産業である自動車関連業界を下支えと地球温暖化の原因対策に貢献することが目的だという。地方自治体による独自のエコカー補助金は、豊田市、岡崎市、碧南市、刈谷市、知立市などの愛知県内各市が国の補助制度に上乗せして実施しており、10月以降も安城市独自の補助を続ける。安城市の補助金額は、国の現行補助金の額と同じ普通車10万円及び軽自動車5万円としており、期間は来年3月末までを予定している。安城市では、普通車1,000台、軽自動車1,2000台の補助金申請を見込んでおり、9月1日に開会する安城市議会に、補助金約1億6,000万円を計上する補正予算案を提出するという。安城市によると、補助金の支給対象は、安城市民又は安城市内に事業所を持つ法人で、安城市内の自動車販売店からエコカーの新車を購入することが条件となる。また、安城市が補助金対象とする二酸化炭素(CO2)排出量削減するエコカーは、ガソリン又は軽油1リットル当たりの燃費が20キロ以上の普通車と軽乗用車のほか、電気自動車や天然ガス車が対象となるが、これは国が補助金対象にしているエコカーの基準より厳しいものとなっている。補助金の支給は個人が1人1台、法人は1事業所で5台までと制限がある。安城市には、豊田市のトヨタ自動車関連の部品会社などが数多くあり、こうした会社からの税収の依存度も高いことから、国の補助金終了後の自動車購入者の負担増を避け、安城市内の各社の業績を下支えするという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献しているハイブリッド車の国内での販売台数が7月末で100万台を超えたと発表した。地球温暖化の原因対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の発売は、1997年8月にまで遡り、トヨタ自動車で初めてとなるハイブリッド車(HV)「コースターハイブリッドEV」を発売した。続く、1997年12月には世界初の量産型ハイブリッド(HV)乗用車「プリウス」を発売している。その後、トヨタ自動車では、地球温暖化の原因対策に貢献するミニバン、SUV、FRセダンなどハイブリッドカーのラインナップを拡充し、2009年に発売した3代目プリウスや、レクサスブランドからも「HS250h」、トヨタブランドの「SAI」のハイブリッド車(HV)専用車を2車種を発売するなど、地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド車(HV)のラインナップを充実させてきた。特に、3代目となった現行プリウスは、低価格と燃費性能の良さ、デザインなどが評価され、政府による地球温暖化の原因対策のエコカー補助金制度もあって爆発的なヒットとなっている。現在、トヨタ自動車では、国内で9車種の地球温暖化の原因対策に貢献するハイブリッド(HV)乗用車及び3車種のハイブリッド(HV)商用車を市販している。海外では、8車種のハイブリッド(HV)乗用車を約80の国と地域で販売しており、国内外合わせた累計台数は268万台を突破したという。トヨタ自動車では、7月末までに販売したハイブリッド車(HV)の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、車両サイズや動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車の二酸化炭素(CO2)排出量と比較した場合、国内で約400万t、国内・海外を合わせて約1500万tの二酸化炭素(CO2)排出抑制効果があったと試算している。トヨタ自動車は、2020年代の早い時期には、ハイブリッド車(HV)技術を全モデルに展開する方針で、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量低減に貢献していくとコメントを出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立

 愛知県豊田市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、トヨタ自動車(愛知県豊田市)や中部電力(愛知県名古屋市)などと、電力需給を戸別のIT(情報技術)機器で調整するスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験の推進母体となる「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立した。今般設立された「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」は、豊田市、トヨタ自動車、中部電力、コンサルティング会社であるドリームインキュベータ(東京都目黒区)が幹事会社となって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動を推進していくという。全体では20ほどのの企業や団体が共同で、愛知県豊田市に新たに造成する住宅団地で2014年度までの5年間にわたって地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験を実施するという。地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験では、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)など次世代環境車を、動く蓄電池として利用していくという。地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)を太陽光発電や住宅用燃料電池など新しいエネルギー装置と組み合わせて、住宅から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の70%削減することを目標に設定する。また、豊田市は、豊田市内の公共施設など約20か所に地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドを順次設置していく。さらに、豊田市の路線バスに化石燃料を使用しない燃料電池車を導入し、交通分野における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で40%の削減を目指すという。実証実験では、今年度中に約4千台になる次世代環境車など必要な機器を整備して、来年春頃から本格的に実証実験を始めることになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立はこちら

愛知県豊橋市は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛知県豊橋市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、「緑のカーテン」を育てている。今般、緑のカーテンが成長し、豊橋市庁舎に設置された緑のカーテンで育ったゴーヤを、豊橋市役所を訪れた豊橋市民に無料でプレゼントした。この緑のカーテンは、豊橋市が2009年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施しているものである。緑のカーテンは、窓をツル性植物で覆って日差しを遮り、葉の蒸散作用もあることから建物を涼しくする夏の省エネ対策となっている。豊橋市では、昨年から地球温暖化の原因対策の緑のカーテンとして豊橋市庁舎のほか、豊橋市立小中学校などでもゴーヤやアサガオ、フウセンカズラなどを植えている。今年は、地球温暖化の原因対策として豊橋市内の全小中学校に対象を拡大して二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいるという。豊橋市役所では5月末に、庁舎西館の市民課前あたりにゴーヤの苗を植え、豊橋市職員が丹精込めて育成してきた結果、今では10mほどにまで育った。緑のカーテンの中で収穫が可能になった鮮やかな緑色のゴーヤ約150本、大きさは10~20cmのものを、豊橋市職員が朝一番で収穫し、一人1~3本が東館ロビーで市民にプレゼントされた。これからもゴーヤの収穫が見込まれるため、豊橋市では毎週火曜日の13時から先着順で配布する。豊橋市では、緑のカーテンで育ったゴーヤを通じて、豊橋市民の方に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に少しでも興味を持ってもらえればと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊橋市は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛知県名古屋市では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 愛知県名古屋市の名古屋駅地区街づくり協議会では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策ヒートアイランド対策をPRする環境問題啓発の一環の取組みとして打ち水を行った。「名古屋駅地区打ち水大作戦」が行われたのは、ミッドランドスクエア(愛知県名古屋市中村区名駅4)前、名古屋ビルデイング(愛知県名古屋市中村区名駅4)前、名鉄百貨店前(愛知県名古屋市中村区名駅1)などの名駅エリアの歩道で打ち水が行われた。愛知県名古屋市の打ち水の会場には、名古屋駅地区街づくり協議会、駅地区振興会、名古屋市副市長、名古屋モード学園の生徒、仮装してゴミ拾いを行う活動を行っている「ア∞ス戦隊ゴミ拾いレンジャー」による「打ち水レンジャー」ら合わせて約200人が参加して行われ、会場となった歩道には、涼しげな浴衣姿の女性、法被姿の男性、5色のレンジャーが並んで打ち水イベントを盛り上げた。名古屋市ミッドランドスクエア前で行われた打ち水イベントセレモニーでは、「打歓人」による和太鼓の大きな響きで始まった。主催者挨拶では「昨年の打ち水への参加者は100人だったが今年は200人もの人数で開催することができた。法被に浴衣、和太鼓と打ち水に最高のシチュエーションだ。日本古来に風習にのっとって、球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策とヒートアイランド対策のエコ大作戦だが、天気に負けないように頑張りましょう」とあいさつがあった。その後、一斉に歩道に打ち水を開始し、参加者らは和太鼓の演奏にのせて名古屋駅一帯に水をまいた。戦隊者に扮した「打ち水レンジャー」は「地球を冷ませ!」という決めぜりふとともに水鉄砲で打ち水を行っていた。この打ち水には、人口滝の水や愛知県名古屋市が保管していた期限切れの備蓄飲料水などの二次利用水を使ったという。打ち水を行う前には53.3度だった路面の温度は、打ち水後には43.8度となり、9.5度下げる効果があった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 株式会社プロスタッフ(愛知県一宮市)は、10月に愛知県で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議」の支援実行委員会に、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない地球に優しい電動スクーター「プロッツァ EV-R55」3台を協賛して提供すると発表した。実行委員会では、2010年10月16日に、愛・地球博記念公園でCOP10関連イベント「ナチュラスロン2010 The Course of the World(COP10会議参加者と市民が公園内10kmのコースを走るジョギング大会)」を実施する。この先導車として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない電動スクーターが使用されることで、参加者がよりクリーンな環境でジョギングできるとともに地球環境問題を感じてもらうのが狙いである。また、ナチュラスロンのスタート地点周辺には、電動スクーターの実物を展示し、地球温暖化の原因対策を含めた環境問題に優しい次世代の乗り物への関心を深めてもらうという。ナチュラスロンの終了後、3台の電動スクーターは、開催地の愛・地球博記念公園(愛知県愛知郡長久手町)において、スタッフの移動手段として使用するという。今回導入する電動スクーター「プロッツァ EV-R55」は、100%電気の力だけで走る電動スクーターで、当然、第一種原動機付自転車として公道を走行可能であり、家庭用AC100Vコンセントから手軽にプラグイン充電することができ、600Wのインホイールモーターで後輪をダイレクトに駆動する仕組みとなっている。「プロッツァ EV-R55」は、同社が製造販売している電動スクーターの中でも、スピード性能やパワーバランスに優れたモデルであるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーがディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 豊田自動織機トヨタL&Fカンパニー(愛知県刈谷市豊田町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する能力のあるディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフト「ジェネオ・ハイブリッドシリーズ」に4.0tと4.5t積みを追加して販売を開始したと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や省エネ化への機運の高まりを受け、フォークリフトの環境性能向上に対する市場ニーズも自動車などと同様に高まっており、2009年の国内フォークリフト市場の電動車の比率は57%まで上昇したという。しかし、積載荷重3.5t以上においては、電動ではバッテリーの問題から連続稼働時間に技術的な課題があるため、いまだに電動車の比率が6%にとどまっている。そのような状況の中、豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーでは、中・大型クラスフォークリフトに環境性能の高いハイブリッドシステム搭載モデルのフォークリフトのラインナップを拡充し、環境性能を求める大きなニーズに対応していくという。ジェネオ・ハイブリッドシリーズは、これまで3.5t積みフォークリフトだけだったが、4.0t、4.5t積みフォークリフトを追加する。今回の新型ジェネオ・ハイブリッドシステムは、独自開発のハイブリッドシステムを搭載することによって、ディーゼル車フォークリフトと同等の作業性能を確保しながら燃料消費量・地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ともに半減させることができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーがディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減

 東京電力(東京都千代田区内幸町)を始めとする電力各社は、工場やオフィスの省エネルギー及び地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減の設備の売り込みに、ガス会社に対抗して懸命になっている。その中でも、産業用ヒートポンプは、使用する電力エネルギーの3~6倍ものエネルギーを生み出すことができることから、地球温暖化の原因対策の切り札として普及が期待され、相次いで製品化している。食品工場などにもヒートポンプで供給する温水をメリットとして対象を拡大してきた。産業用ヒートポンプ機器の営業機能も強化し、都市ガスボイラーに比べて地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメリットを強調して、産業用ヒートポンプで都市ガス設備からの切り替えを狙っている。東京電力は、東京都江東区有明にある東京ビッグサイトで開幕した省エネルギー機器見本市「エネルギーソリューション&蓄熱フェア’10」で三菱重工業(東京都港区港南)と共同で開発した産業用温水ヒートポンプの新機種を発表した。産業用温水ヒートポンプは、これまで60~80度程度までしか湯温が上がらなかったため、その用途が電子部品洗浄などに限られていたが、今回発表した産業用温水ヒートポンプの機種では温度を90度まで引き上げることができるので、導入先が食品工場の殺菌工程にも拡大した。また、産業用温水ヒートポンプは、都市ガスボイラーに比べ、年間のエネルギーコストで38%、地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量で56%削減することが可能だという。東京電力は、産業用温水ヒートポンプでは、三菱重工業に加えて神戸製鋼所などとの共同開発製品も含めて品揃えを増やしていくという。こうした東京電力の動きに加えて、中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)及び関西電力(大阪市北区中之島)も都市ガス会社との競争を優位に進めるために法人営業機能を強化してきている。中部電力は技術開発拠点(愛知県名古屋市緑区)に産業用ヒートポンプの開発拠点を設置しており、その態勢を充実させているほか、関西電力も工場電化のデモ施設の設置を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減はこちら

大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロに

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が各方面で強く求められている中、化石燃料ではなく自然エネルギーを特に有効活用する「エコ住宅」の建築が各住宅メーカーにおいて取り組まれている。これには、新築住宅やリフォームを対象に「住宅エコポイント制度」が始まったことや、太陽光発電設備の設置や高効率給湯器設備の設置に対する国の補助金、さらには住宅減税が行われたことなどで経済的(エコノミー)かつ環境に配慮(エコロジー)というエコ意識が浸透し始めたからである。そのような状況の中、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)では、国内初の家庭用リチウムイオン蓄電池付き高機能住宅を来春に発売する予定をしており、7月から埼玉県さいたま市及び愛知県名古屋市の同社の住宅展示場で実証実験を開始しており、2020年までには地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ及び光熱費ゼロの「エネルギー自給自足」住宅の実現を目指している。とはいうものの、自然エネルギーは、天候や時間に大きく左右されることから、これを効率よく使うために各社とも蓄電池投入をしたいのだが、イニシャルコストが非常に高くつき、その高額な金額を消費者に受け入れてもらえるかどうかが問題になっている。大和ハウスが採用する家庭用蓄電池は、同社が出資するエリーパワー(東京都品川区)で製造しているものであり、平成24年には、神奈川県川崎市内の新工場で5倍の家庭用リチウムイオン蓄電池の量産体制をとり、家庭用蓄電池のコストダウンが可能になると見込んでいる。また、高機能携帯電話(スマートフォン)を利用することによって、住宅内の照明やエアコンなどさまざまな家電製品を一元管理することも可能であり、配電盤に設置するスマートメーターにおいて電力使用量や電気料金を表示することで、省エネ行動を促すという。

> 大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロにはこちら

大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減

 大阪府大阪市北区梅田に本社がある大和ハウス工業は、太陽光発電システムリチウムイオン蓄電池を組み合わせて装備することによって、一般的な住宅に比べ地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を65%削減できる一戸建住宅を発売すると発表した。2011年春の商品化を目指し、7月10日から同システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の実証試験を開始するが、リチウムイオン電池付きの一戸建住宅を建設販売するのは国内で初めてのことだという。昼間の太陽光発電システムによる電力と夜間の割安な電力を蓄電池に蓄え、太陽光発電システムの余剰電力は売電することによって、双方を利用しない一般住宅と比べると、光熱費は102%削減することが可能であり、当然、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をより多く削減できるという。住宅の価格は現在のところ未定であるが、リチウムイオン電池の価格と寿命を考慮した上で、値ごろ感のある価格設定を目指しており、初年度は100棟の販売を目指すという。また、LED(発光ダイオード)照明を採用しており、消費エネルギーも抑えるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も少なくなっている。同住宅では、原油価格の高騰などによる電気代上昇の影響を抑えられるほか、自然災害などによる停電リスクも低減できるものとなっている。大和ハウス工業は、リチウムイオン蓄電池と太陽光発電システムを最適制御する独自のシステムを採用し、太陽光発電システムによる電力を家庭で優先的に消費する「ECOモード」と、発電量すべてを売電して電気代を抑えるタイプの「おサイフモード」を選択できる設定となっている。太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池の実証試験は埼玉県春日部市愛知県名古屋市昭和区の2か所にある実際の住宅展示場で行うという。実証試験では、これまでの鉛蓄電池やニッケル水素蓄電池と比べて寿命が長く、充放電効率が高いリチウムイオン電池と、太陽光発電システムとの連動動作などを検証する予定となっている。合わせて、電力を多く消費する家電製品機器の重複使用によるピーク電力の制御なども確認する。大和ハウスでは、今後も研究開発を進めるとしており、2020年にはエネルギーを100%自給でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない住宅の発売を目指している。

> 大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減はこちら

愛知県犬山市で交通ゲームによる地球温暖化の原因防止啓発

 愛知県犬山市では、少し変わった地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減に係る啓発活動が行われている。これは、愛知県犬山市内の企業の枠を超えた技術者ネットワークというユニークな場を通じ、ゲームというツールを使う中で「環境にやさしい交通選択」を市民に訴え、地球温暖化の原因防止へ協力を求めている。犬山市民が日常利用している交通手段の選択によっては、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)び排出量を増やすことも減らすこともできる。地球温暖化の原因防止の交通ゲームを通じて、個々人がそれぞれ普段利用している交通手段に関して一度考えてみるという普段ではあまりない経験や思考が、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減に係る交通手段選択に影響すると考えて実施されている。その内容としては、愛知県犬山市内の技術士が企業の枠を超えて、実務をヒントに「分かりやすくて楽しい」コミュニケーションツール(交通ゲーム)を開発し、地球温暖化の原因防止に係る学術的な信頼性と妥当性を確認しつつ、市民へのアウトリーチ活動をボランティアとして実践・継続するとともに、開発したコミュニケーションツール(交通ゲーム)のマニュアル、ノウハウを公開、無償配布しているという取組みである。全国的には地球温暖化の原因防止活動の普及活動は数多く実施されているが、当グループのように、学術的な研究をも同時平行し、信頼性と妥当性を確認しつつ、市民にとって「分かりやすく」「楽しい」社会コミュニケーションツールである「ゲーム」の開発と実践を試みている事例は他に類をみない。特に、地球温暖化の原因防止活動の中でも交通分野において、「ゲーム」をコミュニケーションツールとして取り上げた最初の事例だ。

> 愛知県犬山市で交通ゲームによる地球温暖化の原因防止啓発はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備

 愛知県名古屋市中区栄のエンゼルパーク駐車場の南館地下1階に、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車向けの充電スタンドが開設され、名古屋市の栄地区では初めての設置となる。これは、自動車メーカーから、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)が数多く発売されるような状況になり、今後、PHV車(プラグインハイブリッド車)の本格的な市場導入も予定されているなど、電気自動車(EV)の充電設備の普及に弾みをつけることを目的としている。これは、愛知県が地球温暖化の原因防止対策として主催する「あいちEV・PHV普及ネットワーク」のモデル事業の一つとなっている。今回整備された愛知県名古屋市中区栄のスタンドには電気自動車(EV)用充電器2基が設置されており、同駐車場の利用者は、無料で最大135分間充電ができるという。愛知県地球温暖化対策室によると、地球温暖化の原因防止対策としての普及ネットワークに参加する企業が設置し、一般公開されている充電器は、愛知県内で63基あり、名古屋市内には34基あるという。駐車場を運営するエンゼルパークは「駐車の間に、電気自動車(EV)充電施設で気軽に充電してほしい。これを機に栄地区に、もっと電気自動車(EV)充電スタンドが増えれば」とコメントしていた。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備はこちら

愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテン

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因対策として、つる性植物で校舎の直射日光を遮り、教室の室温の上昇を抑える「緑のカーテン」の設置を、今年度から豊橋市内の全小中学校などで本格的に導入することになり、緑のカーテンを作るための苗やネットなどの資材の配布を始めた。緑のカーテンは、豊橋市が3月にまとめた地球温暖化原因対策地域推進計画で取り組む都市緑化プランの一つと位置づけれれている。昨年、豊橋市立向山小学校など計25校と豊橋市役所西館でアサガオなどを植えたところ、夏の暑い時期、最大で5度も室温が低下する省エネ効果があることがわかった。このため、今年度は、豊橋市内の全小中学校74校、豊橋市内の福祉施設の7か所などへ取組みを拡大し、アサガオ、ゴーヤ、フウセンカズラの苗を植え、9月末まで緑のカーテンを設置することにし、事業費は約540万円となっている。豊橋市環境政策課では「緑のカーテンの普及を通して、市民や子どもたちが地球温暖化の原因などの環境問題に関心を持ってもらえれば幸いだ」とコメントしている。

> 愛知県豊橋市が全小中学校に地球温暖化の原因対策の緑のカーテンはこちら

愛知県名古屋市のビルが地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」

 都市緑化基金(東京都)が地球温暖化の原因対策の観点から選定している「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」に、愛知県名古屋市北区清水の屋上に菜園を設けている牧村さんのビルが選ばれた。このビルは、屋上菜園や壁面緑化を多用した地球温暖化の原因対策に寄与する環境共生型ビルであり、菜園ではキイチゴなどが実を付け、野鳥や昆虫が集う都会のオアシスになっているという。ビルを所有するのは、緑化コンサルタント会社の経営者の自宅と会社が入る鉄骨5階建で、約20平方メートルの屋上菜園には、ジネンジョやチョコレートベリーなど約40種類の植物が育ち、鳥が種を運んで勝手に育っている植物もあり、地上の庭園にもタブノキやフジバカマなどが植えられている。これらの植物には農薬を一切使用していないため、ヒヨドリやスズメなどの鳥が果物を食べ尽くすこともあるという。また、壁にはツタが覆っており、涼しさの演出とともに実際にも効果があるという。ビルは1997年に建設され、太陽光発電施設や雨水を再利用するシステムも備えているため、完成した頃は地球温暖化の原因対策の好例として大いに注目された。都市緑化基金の地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」は生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて、地球温暖化の原因対策に寄与する企業の緑化活動を盛り上げようと実施されたものである。この100選には、愛知県内から、「東邦ガス知多緑浜工場」(知多市)、「トヨタの森フォレスタヒルズ」(豊田市)、「幸田サイトソニーの森」(幸田町)も選ばれた。

> 愛知県名古屋市のビルが地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」はこちら

愛知県豊橋市職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤

 昨今は、自治体職員自らが地球温暖化の原因防止対策に取り組みところが増えている。愛知県豊橋市がこの4月からスタートさせた職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤運動が、好調な滑り出しを見せていると発表した。豊橋市本庁舎で勤務する豊橋市職員は、当面の目標の「エコ通勤率50%」を早くもクリアしたという。豊橋市は、最終目標である「10年後に病院や消防、出先機関も含めた全職員の50%参加」達成を目指すとコメントした。この豊橋市職員によるエコ通勤は、地球温暖化の原因防止対策や交通渋滞緩和、職員の健康増進などの目標を掲げて始まったものだという。通勤手段として自転車や徒歩、公共交通機関で通勤する職員に対して職員互助会が毎月500円のプリペイドカードを支給している。また、通勤用自転車の購入には1万円を限度に半額を補助する制度となっている。一方で、マイカー通勤者の通勤手当を減額したほか、自転車通勤者には1000円を増額する奨励策を導入している。さらに、条件整備の一環として、自転車増に備え、本庁舎の駐輪場は140台分増やし、約400台を止められるようにした。この結果、豊橋市全職員でみると、今年2月時点で19%だったエコ通勤者は、4月以降に28%へアップした。本庁舎に限ってみれば、昨年4月時点の39%から56%と増加が顕著だという。特に、自転車通勤は、ブームにも乗り、最も人気があり、昨年4月には全職員のうち393だったが、今年4月には702人と8割も増えたという。豊橋市人事課は「地球温暖化の原因防止対策として予想外に好調だ。1月からPRしてきた結果ではないか。今後は病院や消防といった不規則勤務の職場で、どう普及させていくかが課題である」とコメントしている。

> 愛知県豊橋市職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤はこちら

三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度

 三重県が3月から始めた地球温暖化の原因防止対策と林業振興を目的に「三重県木材CO2固定量認証制度」で、三重県産材を店舗づくりに取り入れた3社が初めて三重県から認定された。三重県庁で授与式が行われ、野呂昭彦三重県知事がそれぞれの代表者に認定証を手渡した。地球温暖化の原因防止の同制度は三重県産のヒノキやスギを店舗・事業所の内外装や備品などに使用した企業・団体、三重県産材の住宅や家具を購入した個人を、申請に基づいて認証する制度となっている。地球温暖化の原因防止対策として三重県から認証されると、公募で選ばれた認証マークが使用できる。個人の認定者は鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の遊園地やフレックスホテル(三重県松阪市)で割引が受けられる。地球温暖化の原因防止の認定証を受けたのは、イオンタウンディベロップメント中部(愛知県名古屋市)、マックスバリュ中部(三重県松阪市)、モビリティランド鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)となっている。イオンタウンディベロップメント中部とマックスバリュ中部は、地球温暖化の原因防止対策として5月1日に三重県津市に開店するショッピングセンターやセンター内の店舗の内装などに三重県産材を使用している。モビリティランド鈴鹿サーキットは、地球温暖化の原因防止対策として3月に開店したレストランに三重県産材を利用している。

> 三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果

 風力発電については、地球温暖化の原因防止に寄与する設備として大いに期待されている。一方で、風力発電の稼動によって、苦情の件数も増えてきている。このような状況の中、環境省では、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設に関して低周波音の苦情が寄せられている愛知県豊橋市田原市愛媛県伊方町において騒音・低周波音の実態把握のための調査を行い、解析結果を公表した。公表された内容によると、愛知県豊橋市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約680m)では、風力発電設備の稼働・停止による明確な騒音・低周波音の変化は確認できず、また、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音は測定されなかった。愛知県田原市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約350m)では、稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された160~200Hzに特徴のある騒音が測定された。また、愛媛県伊方町の苦情者宅内(風力発電設備[1000kW]からの距離:約210m、240m)では、風力発電の稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音が測定された。環境省では、引き続き、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電に関連する調査・解析を実施し、実態の解明に努めていくこととしている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果はこちら

地球温暖化の原因防止に愛知県豊橋市がエコ通勤運動を奨励

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因防止のために職員の通勤手段を車から環境に優しい公共交通や自転車、徒歩などに切り替える「とよはしeco2kin(エコ通勤)運動」に4月から取り組むと発表した。地球温暖化の原因の防止や交通渋滞の緩和、職員の健康増進などが狙いだとしている。地球温暖化の原因防止の取り組みは、各課にエコ通勤管理者を置き、各職場でエコ通勤を奨励する。地球温暖化の原因防止として、職員互助会の積立金を活用し、エコ通勤の実践者に月500円を配るエコ通勤報奨制度を設けるのを始め、通勤自転車の購入者やパークアンドライド駐車場の使用者に、購入金や使用料の一部を補助するという。また、現在、通勤距離が2~8キロの通勤手当は車でも自転車でも同額だが、車は金額を減らして自転車は増やすという。さらに、愛知県豊橋市庁舎に130台分の駐輪場を増設するほか、公用車の一部を電動自転車に切り替えることによって、自転車での市内出張を増やす。こうした取組みによって、愛知県豊橋市は、10年後に職員のエコ通勤率50%を目指す。愛知県豊橋市によると、110人がエコ通勤に切り替えると、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量を年30トン(一般家庭5世帯分)削減でき、50%を達成すると年300トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を削減できるという。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止に愛知県豊橋市がエコ通勤運動を奨励はこちら

愛知県安城市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金申請者が殺到

 愛知県安城市地球温暖化の原因防止対策太陽光発電施設を設置した市民に太陽光発電補助金を出す制度が好評になっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金については、今年度3回も予算化したが、いずれも申請者が殺到し、短期間で予算を使い果たした。愛知県安城市は2日までに、2010年度予算案にも地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金を計上することを決めた。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金制度は2002年度に始まり、2008年度まで出力1キロワット当たり2万4000円を支給し、計529件の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金の申請があった。2009年度から6キロワットを上限に太陽光発電補助金の支給額を約4倍の同10万円にしたところ太陽光発電補助金の申請が殺到した。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金は、当初予算に6840万円を盛り込んだが、受け付け開始から20日間ほどで172件の太陽光発電補助金の申請があり、当初予算は尽きた。6月補正予算で5000万円の太陽光発電補助金を計上したが、受け付け開始日当日の127件だけで使い切った。9月補正予算も9800万円の太陽光発電補助金のを用意したが、受け付け開始からほぼ1カ月の245件で底を突いた。愛知県安城市は2010年度も地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金を予算化することにし、予算要求前の実施計画に1億4000万円を計上した。ただし、1キロワット当たりの太陽光発電補助金の補助額は7万円に減らすという。愛知県安城市の環境首都推進課は「太陽光発電補助金が好評なのは、太陽光発電補助額が愛知県内一高く、電力会社への売電額が上がったうえ、太陽光発電設置業者が積極的に働きかけたためではないか。」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛知県安城市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金申請者が殺到はこちら

地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象

 中央環境審議会の専門委員会は、環境影響評価(アセスメント)法の対象事業に地球温暖化の原因防止対策風力発電を追加することを検討すべきだとの中間報告をまとめた。27日の総合政策部会に提出する。風力発電は地球温暖化の原因防止対策として注目を集め、各地で建設が進んでいる。風力発電による騒音被害や鳥の衝突事故などを巡るトラブルの増加が懸念される一方、都道府県の条例でアセスメントを実施する自治体は一部にとどまり、専門委は全国で統一した風力発電への対応が必要とした。環境省によると、地球温暖化の原因防止対策の国内の風力発電は1990年代に建設が本格化した。アセス法が制定された1997年には約90基(総設備容量約2万キロワット)の風力発電だったが、2008年度末には1517基(同約185万キロワット)に増えた。そのうち、9割近くの風力発電が1000キロワット級以上と大型化が進んでいる。今年1月に行われた環境省による聞き取り調査によると、地球温暖化の原因防止対策の風力発電による騒音や低周波に対する苦情が、静岡県東伊豆町、愛知県田原市、豊橋市、愛媛県伊方町、兵庫県南あわじ市で上がっている。また、日本野鳥の会によると、絶滅危惧種のオジロワシやイヌワシなどが風力発電の羽根にぶつかる事故が起きている。こうした地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセスの対象として条例で明文化しているのは4県3政令市にとどまっている。このほか、地球温暖化の原因防止対策の風力発電を高層工作物や工場ととらえて条例でアセス対象にしているのが2県となっている。これらの自治体で条例に基づき実施された風力発電のアセスは計11件にとどまる。風力発電の事業者が自主的に実施しているケースもあるが、対象の風力発電の規模や評価項目などにバラつきがある。中環審は年度内にも最終報告をまとめる予定となっている。この最終報告を受け、環境省は来年の通常国会に風力発電のアセス法改正案の提出を目指す。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象はこちら

大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出

 環境省は、平成21年度地球温暖化原因防止対策太陽光発電の「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」を実施する委託先として、12地方公共団体を採択した。「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」は、地域における自立的な地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の普及拡大につなげることを目的とし、全国の地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデルとなるような、住宅用太陽光発電由来グリーン電力証書の供給と、オフセットを実施する地元企業等需要を結びつけ、その地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の販売代金を発電設備の設置費用回収に充当するものとなっている。採択された地方公共団体が地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデル事業を行う推進協議会を設置・運営し、環境省は運営に必要な経費を支援する。今回採択されたのは、札幌市青森県愛知県京都市大阪府北九州市富山市都留市松本市小諸市大垣市掛川市の12府県市となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出はこちら

愛知県・名古屋市のリサイクル等のゴミ減量

 愛知県では、循環型社会の形成に向けて県民、事業者、行政が相互に協力、連携した取り組みに広く使用しようと、3R(リデュース、リユース、リサイクル)推進月間にシンボルマークを募集したところ、2360点もの応募があった。募集区分(小学校の部、中学校の部および一般の部)ごとに、最優秀賞と優秀賞を2009年2月に決定した。愛知県のシンボルマークには、青いゴミ袋に漢字の「少」を顔に見立てたシンプルで分かりやすい山田武和さんの作品を採用した。ゴミ減量推進シンボルマークとして、今後、ゴミ減量の啓発などに使用する。一方、愛知県の名古屋市では、リサイクル等の推進をうたったゴミ非常事態宣言10周年 「ごみ非常事態宣言」から10周年を記念する「誓いのモニュメントGrowbe」が完成し、2009年2月に除幕式を行った。モニュメントは、「未来に向けてゴミを減らしていく」という誓いを、緑の地球(Globe)を表す約2mの球体そのものが環境に溶け込み、成長(Grow)していく姿(be)で表現している。名古屋市の地元への感謝と10年間の市民の取り組みを記す碑とともに設置した。「ごみ非常事態宣言」では、2年間で2割(20万t)のゴミ減量という目標を実現しており、現在、ゴミ処理量は3割、埋め立て量は6割の削減を達成した。

薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 愛知県・名古屋市のリサイクル等のゴミ減量 はこちら

国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催

 経済産業省は、東京都、大阪府で開催する地球温暖化原因防止対策の「国内クレジット制度に関する先進事例セミナー」が大好評であるのを受けて、地方都市である福岡県福岡市愛知県名古屋市及び北海道札幌市においても開催すると発表した。セミナーでは、国内クレジット制度の概要と現状説明のほか、クレジット制度の先進事例報告が行われる。また、併せて先進事例報告者による意見交換会や質疑応答も行われる予定となっている。各会場の日程は以下のとおりとなっている。
【福岡会場】
 日時:平成21年6月25日(木)14:30~17:10
 場所:グランドハイアット福岡ザ・グランド・ボールルーム
    福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 キャナルシティ博多内
【名古屋会場】
 日時:平成21年6月26日(金)13:30~16:10
 場所:名古屋ガーデンパレス「明倫」
    愛知県名古屋市中区錦3丁目11-13
【札幌会場】
 日時:平成21年7月2日(木)13:30~16:10
 場所:センチュリーロイヤルホテル「真珠の間」
    北海道札幌市中央区北5条西5丁目
参加申込及び問い合わせ先
「排出量取引の国内統合市場の試行的実施及び国内クレジット制度普及セミナー事務局」担当:森、岡田(TEL : 03-3581-9060 / FAX : 03-3581-9062 / E-mail : kokunai-credit@togou.jp)

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催はこちら

家電リサイクル法の引渡義務

環境省と経済産業省は、家電リサイクル法に基づく小売業者の引渡義務違反で、ハローフーヅ株式会社(本社:愛知県名古屋市)に対し、勧告を行ったと発表した。ハローフーヅ株式会社は、平成20年10月5日まで、ビッグワンなどの店舗名でディスカウントストアを展開し、家電販売を行っていた。今回の処分は、ハローフーヅ株式会社が、平成15年4月~平成20年9月の間に計42,083台の廃家電を運搬費を支払って製造業者等以外の者に引き渡していたことが判明したことによるもの。ハローフーヅ株式会社は、排出者から無償で引き取った廃家電を、運搬費を支払って製造業者以外の者に引き渡すことが、家電リサイクル法違反に該当するとは認識していなかったとのこと。平成20年10月に、ハローフーヅ株式会社においてディスカウントストア事業を実施していたビッグワン事業部は、会社分割により同社の100%子会社ビッグワン株式会社となり、さらに、ビッグワン株式会社の全株式は、ハローフーヅ株式会社から別会社に譲渡された。平成21年3月には、ビッグワンのすべての店舗で、廃家電の引取り・引渡しが適正に行われていることが確認されている。

不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報家電製品家具レンタルリース情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 家電リサイクル法の引渡義務はこちら

小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」

 環境省中部地方環境事務所は、小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」を作成、公表した。この小冊子は、地球温暖化や生物多様性の減少など様々な環境問題等の改善を図るために必要な「持続可能な社会」づくりを推進するため、中学生程度を対象として「日常生活で、世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動すること」を呼びかけるものとなっている。冊子は全8ページ、カラー印刷となっている。環境教育活動などに広く利用していただけるよう、中部7県(富山県石川県福井県長野県岐阜県愛知県三重県)の環境教育担当行政機関に配布するとともに、希望者にも送料実費負担で配布するとのこと。また、環境省中部地方環境事務所ホームページ(http://chubu.env.go.jp/earth/mat/m_2.html)でも、小冊子の画像が公表されている。問い合わせ先 環境省中部地方環境事務所 環境対策課 企画係 TEL:052-955-2134 FAX:052-951-8889

袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」はこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

 チーム・マイナス6%環境省)は、2月6日から本格運用を開始した省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」の普及促進を図るためのイベントを、全国で展開していくと発表した。
 「しんきゅうさん」は、家庭での消費電力量の最も多い、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビの4品目を対象として、携帯電話やパソコンを利用して、店頭や自宅などで省エネ製品への買換えによるCO2削減効果やランニングコストの低減効果などを簡単に把握できるシステム。
 イベントには、うちエコ!応援団の林マヤさん、堀ちえみさん、東京海洋大学客員准教授のさかなクン--などが、出演する予定。
 既に、青森県、長崎県、北海道でイベントが開催され、今後は、神奈川県、兵庫県、東京都、静岡県、福岡県、愛知県、広島県--で、3月15日までに順次開催される予定。


○今後開催されるイベント会場・日程
 東京都:三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲(3月1日)
 神奈川県:三井ショッピングパーク ららぽーと横浜(2月22日)
 静岡県:エスパルスドリームプラザ(3月7日~8日)
 愛知県:イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター(3月15日)
 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ(2月28日)
 広島県:イオンモール広島府中ソレイユ(3月15日)
 福岡県:キャナルシティ博多(3月8日)

> 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」はこちら

あかりから始める地球温暖化対策

 環境省は、「省エネ照明シンポジウム~あかりから始める地球温暖化対策~」開催情報の(第2報)を発表した。
 このシンポジウムは、CO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ照明導入を促進することを目的に開催されている。
 12月に広島と高松で開催され、今後、富山県(1/15)、沖縄県(1/19)、東京都(1/27)、愛知県(1/29)、福岡県(2/2)、宮城県(2/12)、大阪府(2/23)で開催される予定。
 富山会場は、北日本新聞ホール、基調講演「東西光文化と都市施設照明の省エネ動向」(日本大学生産工学部 電気工学科 専任講師 山家 哲雄 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員200名。
 那覇会場は、てんぶす那覇(てんぶすホール)、基調講演「地球環境と省エネ照明と技術革新」(伊藤達男照明デザイン事務所代表 伊藤 達男 氏)やパネルディスカッションが予定されている。定員100名。
 入場料無料。参加希望者は、事前にホームページ(http://shoene-shomei.jp/symposium)より申し込む必要がある。

LEDライト電光サイン看板情報

> あかりから始める地球温暖化対策はこちら