TOPページ > 検索結果

検索結果 【愛媛県】

愛媛県の久万広域森林組合が森林整備で国内オフセットクレジット制度(J-VER)

 愛媛県久万高原町久万で活動する「久万広域森林組合」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、森林整備による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量を、国内オフセットクレジット制度(J-VER)として販売する愛媛県内初の取り組みを開始する。環境省(東京都千代田区霞が関)が2009年に創設した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「国内オフセットクレジット制度(J-VER)」に基づき実施したものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、温室効果ガスの削減に取り組んでいる企業は、国内オフセットクレジット制度(J-VER)で購入することによって、自身の企業活動で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と相殺する「カーボン・オフセット」に用いることができる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内オフセットクレジット制度(J-VER)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備によって、一定の温室効果ガスを削減した事業者が、その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量に応じてオフセットクレジットを取得する。そのオフセットクレジットを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出事業者に販売できるという仕組みになっている。愛媛県の同組合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組は、環境省が設置した「気候変動対策認証センター」(東京都)の認証運営委員会で2010年12月に国内オフセットクレジット制度(J-VER)として認証されて登録された。今後、愛媛県の久万広域森林組合では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への取組の執行体制や、登録通りの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収する森林面積があるかどうかの検証作業を行い、4、5月ごろに始めるという。対象となる森林は、愛媛県久万高原町の二名、笠方の両地区の森林計400ヘクタールとなっている。2008年度及び2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収量1,009トンをクレジットとして発行するという。このクレジットを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組む企業に販売し、得られた資金は愛媛県の森林の保全や整備に使用するという。愛媛県の同組合によると、「国内では木材価格が低迷しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のクレジットを販売することで、組合員の森林を守り、さらには、愛媛県から温暖化防止にも貢献したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県の久万広域森林組合が森林整備で国内オフセットクレジット制度(J-VER)はこちら

愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクル

 愛媛県松山市では、古着リサイクルという不要になった衣類の販売・回収と、古着をキーワードとして環境問題などを学ぶ「服育」を提案する店舗「ユーズドショップe-cycle」が、松山市三津3の商業施設「ピコア21」に開店した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、古着のリサイクルで燃やさないことに取組むNPO法人「衣サイクル研究会」が、環境省(東京都千代田区霞が関)のモデル事業として運営することになったという。NPO法人「衣サイクル研究会」は「古着は捨てるところなくリサイクルして資源化できる。店に来て、『もったいない』の思いを持ってリサイクルしてほしい」と話している。NPO法人「衣サイクル研究会」によると、国内では年間約100万トンの古着がリサイクルされることなく廃棄されており、そのうち9割が焼却処分となっている。愛媛県松山市でも、年間4,000~5,000tの古着がリサイクルされることなく焼やされている。中でも化学繊維の古着は、焼却してしまうと多くの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するという。NPO法人「衣サイクル研究会」は昨春の設立以降、愛媛県松山市内で不要となった古着を回収して資源化工場に送るリサイクル(再利用)活動を行ってきた。今回、新たに、古着販売といったリユース(再使用)にも取り組むことによって、愛媛県松山市内における古着衣類循環の輪を完成させ、服育も進めて廃棄量のリデュース(削減)作業にも取り組んでいく基幹店としてモデル店舗を開設したという。販売コーナーには、まだまだ十分に着ることができるリサイクル古着約1万点が並んでいる。回収コーナーでは、古着を集め、資源化リサイクルなどに回すという。販売・回収によって削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はポイントを発行し、集めれば商品券と交換してもらえるという。服育コーナーでは、古着のリサイクル資源化の過程を紹介しており、古着リメイクの相談も行っている。週末にはミニイベントも開催することによって、古着を通じた「リサイクル」、「リユース」、「リデュース」の衣類の3Rや環境問題を伝えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県松山市でNPO法人「衣サイクル研究会」が古着リサイクルはこちら

香川県高松市のカーボンゼロ四国が排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策

 香川県高松市にあるカーボンゼロ四国は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)の排出権取引を仲介しているが、今冬に四国4県(徳島県・愛媛県・高知県・香川県)で行われるクリスマスイルミネーションイベントに二酸化炭素(CO2)排出枠を販売し、イルミネーションの点灯などで排出される二酸化炭素(CO2)排出枠に充当し、二酸化炭素(CO2)排出枠排出ゼロの環境配慮型のイベントとしてアピールすると発表した。10月に発足したカーボンゼロ四国が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として仲介する二酸化炭素(CO2)排出枠排出権取引は初めてのケースになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として活用する二酸化炭素(CO2)排出枠は、製材業のサイプレス・スナダヤ(愛媛県西条市)が拠出した90tを活用するという。この二酸化炭素(CO2)排出枠を、カーボンゼロ四国が無償で譲り受け、一部をイベント主催者に有償で売却する。二酸化炭素(CO2)排出権取引に参加するイベントは、高松冬のまつり(香川県高松市)やイルミネーションフェスタ(高知県高知市)などが予定されている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するため、各イベントの主催者が計10トン分の二酸化炭素(CO2)排出枠を買い取り、それぞれイルミネーションの電力などから発生する二酸化炭素(CO2)(計約5・8トン)のカーボンオフセットに充当する。カーボンゼロ四国は「イベントで排出される二酸化炭素(CO2)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として排出権取引で相殺できることを広く知ってほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 香川県高松市のカーボンゼロ四国が排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策はこちら

愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「ピコア21」(愛媛県松山市三津)に、NPO法人「衣サイクル研究会」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と「服育」の啓発機能を兼ねたモデル店舗として、古着のユーズドショップ「e-cycle」がオープンした。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)の「循環型社会地域支援事業」の受託事業であり、衣類も人も地球で活かされ循環するというコンセプトで、持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験の実証店舗となっている。古着からの収益は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための社会貢献事業に使うという。同店では古着の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を啓発するとともに、服をキーとして環境・安全・健康・社会性・国際性のある子どもたちを育むことを目的にした「服育」を愛媛県松山市全域に広げる。古着約1万点を取り扱い、古着の販売価格は古着が100円から、着物が500円からと激安価格に設定されており、併せて、衣類の回収も行うという。しかし、資源化実験が目的であるため、古着の買い取りは行わないという。利用者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)ポイントカードを発行する。持ち込んだ古着の衣類や購入した衣類の重さを量り、衣類をゴミとして燃やさないことで削減できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を記録する。また、店舗で使用するレジ袋は有料化し、マイバッグ持参を呼び掛けるという。このレジ袋を販売した収益は、「服育セミナー」で使用する電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力」として購入するための費用の一部に充てる。、NPO法人「衣サイクル研究会」では、「衣類は誰にとっても身近なもの。これからも衣服を通じて環境問題を考え、市民一人ひとりの『もったいない』の気持ちを育むきっかけづくりをしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
古着リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛媛県東温市は太陽光発電装置の二酸化炭素(CO2)排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県東温市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電装置を設置する愛媛県東温市内の家庭が削減した二酸化炭素(CO2)排出量を「二酸化炭素(CO2)排出権取引」として取りまとめ、愛媛県東温市内の企業に提供する試みを開始したと発表した。一般家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分を地方自治体が集約して、二酸化炭素(CO2)排出権取引を実施するのは、全国で大分県に次いで2例目となる。愛媛県東温市は「これまで眠っていた太陽光発電装置による二酸化炭素(CO2)排出権取引という環境価値を掘り起こし、官民協働で環境都市東温市を目指したい」と話している。愛媛県東温市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電の設置へ独自の補助金制度を設けており、その結果、持ち家世帯での太陽光発電装置の普及率が3.54%と愛媛県内20市町でトップとなっている。愛媛県東温市は、全国平均の太陽光発電装置の普及率1.57%も大きく上回っている状況にある。愛媛県東温市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権取引が愛媛県東温市民に環境問題に貢献しているというきっかけとなり、愛媛県東温市内の企業も環境問題への取組をアピールできるとして、二酸化炭素(CO2)排出権取引事業を企画という。愛媛県東温市は、二酸化炭素(CO2)排出権取引を「とうおん太陽の恵みスマイルプロジェクト」と名付け、10月1日、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を認証する国の機関「国内クレジット認証委員会」から事業の承認を受けた。具体的な二酸化炭素(CO2)排出権取引の仕組みとしては、愛媛県東温市が事務局を務める「東温市環のまちづくり推進会」に、太陽光発電システムを導入した家庭が年1回、太陽光発電による発電量を申請することから始まる。愛媛県東温市は、電力会社への販売分を除く自家消費の電力量から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出し、全家庭分を集約して二酸化炭素(CO2)排出権化した後、愛媛県東温市商工会に譲渡するという。愛媛県東温市商工会は、愛媛県東温市内の会員企業の中から、希望企業に二酸化炭素(CO2)排出権を提供し、環境問題への配慮をPRできるカーボンオフセット商品の販売などに役立ててもらうという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減に協力した家庭には、その対価として、愛媛県東温市商工会から愛媛県東温市の特産品詰め合わせや地酒と温泉利用券が贈られることになる。二酸化炭素(CO2)排出権取引には、愛媛県東温市の補助金を受けて太陽光発電装置を設置した家庭が参加の対象となり、11月末まで募集し、今年度末に二酸化炭素(CO2)排出削減量をまとめる。今年度は50家庭で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を97トンと見込み、2011年度は201トン、2012年度は331トンを目標としている。二酸化炭素(CO2)排出権取引についての問い合わせは、愛媛県東温市市民環境課「新エネ推進室」(089・964・4415)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 愛媛県東温市は太陽光発電装置の二酸化炭素(CO2)排出権取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県はミカンジュースの生産量が日本一であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ミカンの搾りかすからガソリンの代替燃料バイオエタノールを製造する取組みを、愛媛県とポンジュースで知られる「えひめ飲料」(愛媛県松山市安城寺町)などと進めている。愛媛県によると、これは全国初の試みであり、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策委託事業として、平成20年からバイオエタノール製造の研究を開始した。えひめ飲料によると、ジュース用のミカン1個のうち約半分が搾りかすになってしまい、愛媛県内において1年間に出る量は約2万トンにもなり、これは運搬用大型トレーラー約2千台分になるが、大半は乾燥させて愛媛県内の家畜の飼料にしていた。ミカンの搾りかすを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に活用しようと、愛媛県松山市郊外で総事業費約15億円をかけ、実証実験プラントの建設し、発酵タンクや蒸留装置などを備え、ミカンの搾りかすから糖分を含む液体をさらに搾り出し、これを発酵及び蒸留してバイオエタノールを製造している。平成22年度から年間で最大500キロリットルのバイオエタノールを生成し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、えひめ飲料の社用自動車や工場用ボイラーの燃料の一部に利用していくという。これによって、えひめ飲料はガソリンや重油の消費量が削減できるため、年間最大約640トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。バイオエタノール製造で価格が高騰したトウモロコシの代用としても期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策

 愛媛県は、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、地元愛媛県の産業の活性化を狙っている。既に中核となる「愛媛県電気自動車(EV)開発センター」を設立している。これは、愛媛県内の中小企業でも、市販車にモーターや電池を組み込んで、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に改造する事業ならば参入できるからだという。第1弾として、愛媛県内の整備工場の整備士らが集まり、ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)製の軽自動車「コペン」の電気自動車(EV)化に取り組んでいる。初の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない「愛媛県産電気自動車(EV)」は、1回の充電での走行距離は100km、最高時速は190kmになるという。ただ、今回の愛媛県産電気自動車(EV)には、韓国製の高性能電池などを使用しており、改造に必要な部品代だけで約500万円もかかり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、実用化に向けては大幅なコストダウンが大きな課題としてのしかかっている。愛媛県では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動の新聞配達用バイクや小型電動漁船も開発中だという。愛媛県産業創出課は、「地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる先進の電気自動車(EV)分野には、愛媛県内の企業の関心も高いものがある。電気自動車(EV)の技術を蓄積し、新たな愛媛県の産業振興対策につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策はこちら

長崎県対馬市で電動船による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、エンジンの代わりに電動モーターを搭載した漁業用の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動船の実用実験が長崎県対馬市の海域で行われている。水産庁によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、漁業用の電動船の開発は全国で初めてのことで、早ければ来年中の実用化を目指すという。漁業用の電動船は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加え、燃油高にあえぐ離島の漁師の支援にもつながるとして大いに期待されている。漁業用の電動船は小型の定置網用で、全長6メートル、幅2メートル、重量0.9トンで、後部に推進用の電動モーターを取り付け、船底にバッテリー4個を積んでいる。漁業用の電動船は、約10時間充電すると連続4時間の航行でき、速度は時速15~20kmとこれまでの船とほぼ同じ能力がある。漁業用の電動船は、愛媛県宇和島市に本社がある「アイティオー」が開発した。漁業用の電動船は、エンジン船と違って水中に排ガスや二酸化炭素(CO2)を放出せず、海面を滑るように進むのが特長となっている。また、同規模の漁船の燃料のガソリン代は、年間50万~60万円かかるが、漁業用の電動船の電動モーターの電気代はその5分の1程度ですむという。実験は国の委託事業で、約1,600万円の経費は国や長崎県などが負担する。今回は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、「長崎県の離島での実験が望ましい」として、長崎県対馬市の厳原町漁協が選択されたという。乗船した対馬市の漁師は「今まではエンジン音が大きく、仲間との会話が聞こえにくかった。この電動モーターを使った漁業用の電動船はとても静かで乗り心地は快適だ。スピードもほとんど変わらないので使いやすい」と話していた。同漁協が省エネ対策効果や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果などのデータをまとめ、それを基に改良を重ねるという。同社では「魚船は水の抵抗が大きく、いかに効率良く電気をモーターの推進力に変えるかに腐心した。エコカーが普及しているが、海からも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による環境保護に寄与したい」と話している。長崎県漁政課は「長崎県の離島は九州本土よりガソリン代が高い。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる電動船が普及すれば、長崎県の離島の漁業者の収益向上にもつながる」と期待しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長崎県対馬市で電動船による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニ

 愛媛県松山市・北土居に、カフェ併設型のコンビニエンスストア「サークルK松山インター店」(愛媛県松山市北土居町4、TEL 089-957-6262)で、電気自動車(EV)用急速充電器を設置して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する店がオープンした。コンビニエンスストアと独自ブランドのカフェが融合し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与する店舗は業界初になるという。サークルケイ四国(愛媛県松山市勝山町1)は、2003年10月から、独自ブランド「K’s CAFE」の商品販売コーナーを四国4県下の店舗内に設置している。2008年には、愛媛県松山市に「K’s CAFE大街道店」、高知県高知市に「K’s CAFEよさこい咲都店」を立ち上げた。カフェの席数は36席で、コーヒーはハマヤ(大阪市中央区)と共同開発したものを提供し、メニューとしては「K’sブレンドコーヒー」、「K’sアイスコーヒー」、「パスタセット K’sミートパスタ」などがある。サークルK松山インター店では、松山インターに近い立地を生かし、愛媛県や松山市の土産や地産商品も置いている。今年から南予の高速道路が無料化されたことに合わせ、主に南予地方の特産品を取り扱う愛媛県西予市の「どんぶり館」とコラボした売り場も展開する。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛媛県下の小売店では初となる電気自動車(EV)用急速充電器も設置した。愛媛県と締結した「連携と協力に関する包括協定」の一環で、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の普及、店舗ロケーションを活用した電気自動車(EV)用充電インフラ整備に貢献していく考えだといい、電気自動車(EV)用急速充電器は、当面、無料で利用できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニはこちら

愛媛県松山市ではエコチャリレンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛媛県松山市では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する放置自転車の修理・販売・レンタルを行う「エコチャリ松山北店」(松山市平和通り2)が環境問題の観点からも注目されている。エコチャリ松山北店を運営する三福グループ(愛媛県松山市湊町4)は、主となる不動産事業のほかに、家電のレンタルサービスやカーシェアリング事業などを行っている。今年6月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、放置自転車をリサイクルする「エコチャリ」にフランチャイズ加盟し、松山市内や愛媛県内ではもちろんのこと西日本で初となるエコチャリ店を開いた。同店に並ぶレンタル自転車は、不動産仲介業を行う自社物件内に放置されたものや買い取ったものを店内で修理・再生したものを貸し出しており、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車のレンタルだけではなく、自転車の修理のみも受け付けているという。中古自転車というと敬遠する人もいるが、レンタルに当たっては洗車・整備をきちんと行っており、安全性にも気を使っている。松山市内の店の近辺には大学などの教育機関が多いので、学生や地域の人に気軽に使ってもらい、それが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながっていけば嬉しいと話している。エコチャリレンタルの普及で、松山市内の放置自転車問題の解決や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコ活動がもっと浸透すればとも話している。自転車のレンタルは月額590円からで、営業時間は10時~19時となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市ではエコチャリレンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

ユニ・チャームが国内クレジット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の対策

 ユニ・チャーム(愛媛県四国中央市金生町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、同社のベビー用紙オムツ「ムーニー」を対象にカーボンオフセットキャンペーンとして販売した「CO2排出権付ベビー用紙おむつ」について、地球温暖化の原因防止対策の「国内クレジット制度」を活用してカーボンオフセットを実施したと発表した。また、ユニ・チャームの国内事業所のバイオマスによるCO2排出量削減事業によって約2300tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットして削減した。国内クレジット制度を活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットは日本初だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットは、生産活動などで排出された二酸化炭素(CO2)を、他の事業者等の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業への協力で相殺することをいう。ユニ・チャームのカーボンオフセットキャンペーンでは、期間内の紙オムツ販売量に応じて1パックにつき地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1kgオフセットする二酸化炭素(CO2)排出権を購入しており、これは2008年から毎年実施し、今回は3回目として1月19日~2月28日の間で展開したものである。1、2回目のユニ・チャームのカーボンオフセットキャンペーンでは、海外で排出削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を対象にしていたが、3回目の今回は国内の環境問題改善を目的に、国内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献することにしたという。ユニ・チャームのカーボンオフセットキャンペーンの1~3回でオフセットした二酸化炭素(CO2)の合計は、3回目の2300tを加え、杉の木約70万本が1年間に吸収する二酸化炭素(CO2)排出量に相当する約1万tに達したという。国内クレジット制度は、日本国内の中小事業者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減事業を支援するため創設されたものである。その内容は、大企業から資金又は技術提供を受けて共同で地球温暖化の原因防止対策に取り組み、国内で発生する温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を直接削減するというものである。ユニ・チャームは、今回、バイオマスを主な燃料にするボイラーの新設と、灯油などからバイオマス燃料に転換するボイラー更新事業で削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量によってオフセットした。 ユニ・チャームは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、商品の薄型化や環境問題配慮商品の提案、廃棄資源の再利用、モーダルシフトなど環境負荷低減活動を推進しており、カーボンオフセットキャンペーンも地球温暖化の原因防止対策と位置づけている。ユニ・チャームは、商品販売を通して消費者がエコ活動に参加する機会を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策に積極的に取組む企業の姿勢をアピールしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ユニ・チャームが国内クレジット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の対策はこちら

国土交通省が四国の国道で省エネと地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 国土交通省四国地方整備局(香川県高松市)は、四国の国道の一部区間8か所で道路照明の減灯・減光を試行すると発表した。来年3月末まで試行で減灯・減光し、年間ベースで約130万円の維持管理費節減の省エネルギーと約30トンの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるという。減灯・減光を行う箇所は、交差点がない高架橋や橋を対象として、夜間に歩行者や自転車の通行が少なくなる区間を中心に実施される。実施区間には看板を設置し、「早めのライト点灯」「より一層の安全運転」を呼びかける。安全面で問題がなければ、試行期間後も継続し、省エネルギーと地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与するため、他の区間への拡大実施も検討する予定だという。試行区間は次の通りとなっている。
徳島県内:国道11号・吉野川大橋(徳島市)
香川県内:同・原田高架橋(丸亀市)○同・多度津高架橋(善通寺市-多度津町)○国道32号・祓川大橋(まんのう町)○同・三坂山高架橋(同)
愛媛県内:国道56号・松山市小栗5丁目-藤原2丁目
高知県内:国道55号・新物部川橋(香南市-南国市)○国道56号・渡川大橋(四万十市)
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が四国の国道で省エネと地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

愛媛県松山市内の学生が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動

 愛媛県松山市内の大学・専門学校の学生で構成されている「地球温暖化の原因防止まつやまネットワーク」学生ワーキンググループ(WG)は、学校内のキャンパスライフにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動に取り組んでいるという。松山市学生WGでは、キャンパスライフの中で最も効果的で身近な地球温暖化の原因防止行動として、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減少させるため、「冷房は28℃、暖房は20℃」「紙は両面印刷」「ごみは少なく、分別はしっかり」「エレベーターの使用は控えめに」「NO!レジ袋」の5項目を提案している。また、昨年度、キャンパス内でこれらの各項目に対するテーマとしたエコ川柳を一般公募し、各テーマの入選作品を掲載した地球温暖化の原因防止啓発用ステッカーを作成した。この作成したステッカーを松山市内の大学、専門学校等に設置し、学生たちに対してキャンパスライフにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少のための行動を促している。この取組は、多くの学生に環境問題への気づきを与え、行動を促すという間接的な地球温暖化の原因防止対策である。今重要なことは、地球温暖化の原因防止に無関心な人や行動していない人に、自分のこととして認識してもらい、こつこつと行動してもらうことである。さまざまな条件のもとでしか成立しない地球温暖化の原因防止の取組であれば、愛媛県内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動の取組の環を広げることはできないといえる。数少ない優れた意識を持って行動する人よりも、むしろ、数多くの地球温暖化の原因防止に対して少し関心を持って行動する人を増やすことの方が効果的であるといえる。愛媛県地球温暖化の原因防止センターでは、優れた地球温暖化の原因防止対策の選定に当たり、容易性を考慮した。「地球温暖化の原因防止まつやまネットワーク」の取組は、誰もが簡単に取り組める地球温暖化の原因防止対策として、多くの愛媛県民が評価したものである。学校、会社、団体などいろいろなグループで取り組むことができできるので、無限大の可能性を秘めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量減少活動であるといえる。

> 愛媛県松山市内の学生が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動はこちら

愛媛県立上浮穴高等学校で地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動

愛媛県にある高校が地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動に取り組んでいる。愛媛県立上浮穴高等学校がある愛媛県久万高原町は、西日本最高峰の石鎚山の麓にある小さな山間の町だ。主要産業である久万林業は、強度が高く、良質なスギ・ヒノキを生産していることで全国的に知られている。しかし、輸入木材の増加、木材価格の低迷、林業従事者の高齢化により、放置森林が多くなり、森の持つ環境保全能力が失われている。また、農業においても高齢化が進み、耕作放棄地も増えているのが現状だ。そこで、愛媛県立上浮穴高等学校 森林環境科では、地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして、久万材の植林・利用促進と幻の久万大豆栽培による木材と農産物の地産地消運動に取り組んでいる。木工品製作、久万大豆の普及活動や交流会など地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減を目標に愛媛県内はもちろん全国に発信していきたいと考えているという。先人が守ってきたふるさとの山をこれからも残していくため取り組んでいる。愛媛県立上浮穴高等学校は、愛媛県代表の地球温暖化の原因防止対策の選考会において、郷土ヒノキ品種「神光2号」及び「久万大豆」という木材と農産物の地産地消をアピールし、生徒を中心とした地道な活動と地域との活発な連携により、温暖化の原因対策を地域で実践し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2を実際に削減する取組として、愛媛県代表を勝ち取った。間伐材利用だけにとどまらず、栽培が途絶えていた幻の「久万大豆」を復活させ、栽培から加工までの地域ぐるみの普及啓発が、特に評価された。愛媛県の久万高原町という、人口約1万人の林業を中心とした町にある高校だが、木材と農産物の地産地消運動は、地元の地域振興にも一役かっているとともに、イベントや出前授業など、さまざまな事業を通じて、地域を丸ごと巻き込み、まちづくりの拠点としての役割も果たしている。若さ溢れる彼らの活躍が、愛媛県地元で評価され、地球温暖化の原因対策、まちづくりに活かされ、その環が着実に広がっている。

> 愛媛県立上浮穴高等学校で地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果

 風力発電については、地球温暖化の原因防止に寄与する設備として大いに期待されている。一方で、風力発電の稼動によって、苦情の件数も増えてきている。このような状況の中、環境省では、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設に関して低周波音の苦情が寄せられている愛知県豊橋市田原市愛媛県伊方町において騒音・低周波音の実態把握のための調査を行い、解析結果を公表した。公表された内容によると、愛知県豊橋市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約680m)では、風力発電設備の稼働・停止による明確な騒音・低周波音の変化は確認できず、また、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音は測定されなかった。愛知県田原市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約350m)では、稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された160~200Hzに特徴のある騒音が測定された。また、愛媛県伊方町の苦情者宅内(風力発電設備[1000kW]からの距離:約210m、240m)では、風力発電の稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音が測定された。環境省では、引き続き、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電に関連する調査・解析を実施し、実態の解明に努めていくこととしている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業で、支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策の事業者(第3陣)計7件を決定した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を一層促進するため、活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、[1]申請書作成支援、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援を行う事業を今年5月から開始し、募集を行っていた。10月19日に発表された地球温暖化の原因防止対策の第2陣に引き続き、地球温暖化の原因防止対策の第3陣として、[1]申請書作成支援の対象となる5件と、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる2件が、決定した。なお、この度の地球温暖化の原因防止対策の採択で、[1]については合計27事業者、[2]については合計16事業者者が選定された。
○今回申請書作成支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・内子町(愛媛県喜多郡内子町)
・王子製紙株式会社(神奈川県足柄上郡山北町)
・鹿島建設株式会社(宮崎県延岡市)
・愛媛県(愛媛県松山市ほか)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)
○今回モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・鳥取県(鳥取県)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定はこちら

地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象

 中央環境審議会の専門委員会は、環境影響評価(アセスメント)法の対象事業に地球温暖化の原因防止対策風力発電を追加することを検討すべきだとの中間報告をまとめた。27日の総合政策部会に提出する。風力発電は地球温暖化の原因防止対策として注目を集め、各地で建設が進んでいる。風力発電による騒音被害や鳥の衝突事故などを巡るトラブルの増加が懸念される一方、都道府県の条例でアセスメントを実施する自治体は一部にとどまり、専門委は全国で統一した風力発電への対応が必要とした。環境省によると、地球温暖化の原因防止対策の国内の風力発電は1990年代に建設が本格化した。アセス法が制定された1997年には約90基(総設備容量約2万キロワット)の風力発電だったが、2008年度末には1517基(同約185万キロワット)に増えた。そのうち、9割近くの風力発電が1000キロワット級以上と大型化が進んでいる。今年1月に行われた環境省による聞き取り調査によると、地球温暖化の原因防止対策の風力発電による騒音や低周波に対する苦情が、静岡県東伊豆町、愛知県田原市、豊橋市、愛媛県伊方町、兵庫県南あわじ市で上がっている。また、日本野鳥の会によると、絶滅危惧種のオジロワシやイヌワシなどが風力発電の羽根にぶつかる事故が起きている。こうした地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセスの対象として条例で明文化しているのは4県3政令市にとどまっている。このほか、地球温暖化の原因防止対策の風力発電を高層工作物や工場ととらえて条例でアセス対象にしているのが2県となっている。これらの自治体で条例に基づき実施された風力発電のアセスは計11件にとどまる。風力発電の事業者が自主的に実施しているケースもあるが、対象の風力発電の規模や評価項目などにバラつきがある。中環審は年度内にも最終報告をまとめる予定となっている。この最終報告を受け、環境省は来年の通常国会に風力発電のアセス法改正案の提出を目指す。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象はこちら

愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース

 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーが広がる街」をアピールするとともに、地球環境問題や地球温暖化の原因防止対策の新エネルギーである太陽光発電への関心を高めるため、第1回目となる太陽光発電ソーラーラジコンカーによる国内唯一の耐久レース「サンシャイン松山レース」を2009年8月に開催した。愛媛県松山市の温暖少雨な瀬戸内海気候を活かし、豊富で有効な太陽エネルギーの太陽光発電活用で地球温暖化の原因防止対策の「脱温暖化」と「産業創出」を目指す「松山市サンシャインプロジェクト」の一環として行われた。  地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンレースは、U-18部門(18歳以下の学生で編成するチーム)15チームと、一般部門8チームの2つのカテゴリーで行った。

予選Aグループ
 
グリッド

チーム名

高校名

学校所在地

unknown

松山工業

愛媛県松山市

群馬県立前橋工業高校
電気研究部

前橋工業

群馬県前橋市

ZERO

水島工業

岡山県倉敷市

群馬県立太田工業高校

太田工業

群馬県太田市

スパーキング

水島工業

岡山県倉敷市

I・SO・号

生野工業

大阪府大阪市

予選Bグループ
 
グリッド

 チーム名

 高校名

 学校所在地

福井工業大学付属福井
高等学校
ものづくり同好会 

福井工業大学
付属福井高校

福井県福井市

お先にどうぞ

洛陽工業

京都府京都市

ZOOM ZOOM GT

総合技術高校

広島県三原市

広島総合技術高校

総合技術高校

広島県三原市

高知県立高知東工業
高校  自動車工作部

高知東工業

高知県南国市

西脇工業環境科学部

西脇工業

兵庫県西脇市

予選Cグループ
 
グリッド

チーム名

学校・企業名等

所在地

新居浜高専 皆本研

新居浜高専

愛媛県新居浜市

福井工業大学
SSLプロジェクト

福井工業大学

福井県吉田郡
永平寺町

愛大プラズメン

愛媛大学

愛媛県松山市

Team 匠

愛媛大学

愛媛県松山市

Team.B

福井工業大学OB、同好会

福井県あわら市

CELCO SOLAR
ENERGY

CELCO JAPAN

愛媛県松山市

エコロジーエネルギー
フォーラム

エコロジーエンタープライズ

愛媛県新居浜市

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース はこちら

愛媛県松山市がリサイクル資源ゴミの持ち去り禁止

 愛媛県松山市では、地球温暖化原因対策及び資源のリサイクルによって無駄をなくしていこうという観点から、資源ごみを愛媛県松山市が回収して、リサイクル工場での選別を経て、リサイクル業者に販売して、愛媛県松山市の収入にもしているところである。しかし、近年、愛媛県松山市のゴミ収集車が回収する時間帯より前に、資源ゴミをゴミ集積場所から無断で持ち去る行為が多発しており、通学時間帯などの乱暴な運転やゴミ集積場所の散らかしなどの不安感を訴える声も多数寄せられていた。このため、愛媛県松山市では、ゴミ集積場所から資源ゴミの持ち去り行為を禁止する条例を2008年7月に公布して2009年1月から施行していた。ゴミ収集車が回収する時間帯より前に、資源ゴミをゴミ集積場所から無断で持ち去る行為を発見した場合は、愛媛県松山市が行為者に禁止命令を行い、禁止命令にも従わない場合は警察へ告発、20万円以下の罰金を科すものとなっている。愛媛県松山市では、市内各地のゴミ集積場所に持ち去り行為を禁止する看板を設置したほか、愛媛県松山市民らの情報を基に早朝・夜間のゴミ集積場所のパトロールを行った。愛媛県松山市では、今後も引き続き、こうしたことを随時繰り返して行い、地球温暖化原因対策及び資源のリサイクルによって無駄をなくしていこうという観点からの資源ごみのリサイクルを、確実なものとして定着させていきたいとしている。


貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 愛媛県松山市がリサイクル資源ゴミの持ち去り禁止はこちら