TOPページ > 検索結果

検索結果 【急速充電器】

宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置

 宮崎県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮崎県庁舎への太陽光発電システムのパネル設置と、電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が完成し、完工式が開催された。宮崎県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台を導入し、太陽光発電システムのパネル発電で得た電気を電気自動車(EV)の充電や宮崎県庁舎内で活用していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環となっているという。この構想に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電システムパネル120枚を宮崎県議会棟屋上に設置し、その太陽光発電システムの出力規模は、10.2kwhとなっている。さらに、宮崎県庁本館玄関前に太陽光発電システムからの発電量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減状況を表示する液晶モニターも設置し、宮崎県庁を訪れる県民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRしていく考えだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、「リーフ」を15~30分でフル充電でき、宮崎県庁舎本館前庭の場所に設置している。電気自動車(EV)は、宮崎県企業局と知事部局がそれぞれ1台ずつ所有し、日常の公用利用や太陽光発電システムをPRするイベントにも活用していくという。完工式では、電気自動車(EV)を生産した日産自動車の常務執行役員が「日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるほか、車内は大人5人が十分にくつろげる広さがある。これをきっかけとして、今後、宮崎県での電気自動車(EV)の普及に貢献したい」と挨拶を行った。これに対して、東国原英夫宮崎県知事が実際に電気自動車(EV)に試乗し「電気自動車(EV)の乗り心地は最高。技術の進化はすばらしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置はこちら

東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都国立市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として電気自動車(EV)の普及拡大を推進するため、2011年4月から、東京都国立市役所北東端の空き地に電気自動車用の急速充電器を設置し、東京都国立市民向けに5年間無料で提供すると発表した。電気自動車(EV)用の電力はすべて、東京都国立市役所屋上に設置予定の太陽光発電パネルで発電した電力で賄う。東京都国立市は、本年度、東京都の補助金を受けて、東京都国立市内の介護事業者に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の購入費を一部補助する事業を始めた。東京都のモデル事業のため対象は一介護事業者のみで、既に選定を終えている。今後、東京都国立市は、この事業者の協力を得て、電気自動車(EV)の走行距離などのデータを収集・分析し、バッテリーの小型化による価格低減など普及策を自動車メーカーに提案するという。東京都国立市は、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みで、東京都国立市役所敷地内に出力50kw程度の急速充電器と、容量5kwの太陽光発電パネルを設置することにした。太陽光発電システムの電力は、東京都国立市庁舎内で使用し、急速充電器の電力供給は別にするが、差し引きで太陽光発電量が上回れば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電力を賄ったことにする。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルの発電量などを表示するモニターも東京都国立市役所ロビーに設置する予定をしており、東京都国立市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電の効果を市民に実感してもらうとともに、東京都国立市民のニーズに応じた新たな電気自動車(EV)の車種や、市民が買いやすい価格の電気自動車(EV)の開発につながれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

佐世保重工業SSKが長崎県佐世保市で電気自動車(EV)タクシーによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 佐世保重工業SSK(東京都中央区日本橋浜町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、長崎県佐世保市電気自動車(EV)を短時間で充電できるネットワークの構築に向けた実証実験を始めたと発表した。タクシーを運行するラッキー自動車(長崎県佐世保市城山町)などの協力で2年間にわたって、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の運行を行い、電気自動車(EV)の使用頻度や電力量などのデータを収集したうえで、実用化を目指すという。電気自動車(EV)を通常に充電する場合、160キロ程度走行するには充電に7~8時間の時間を要する。そのため、タクシーなどの営業車で電気自動車(EV)の本格導入を推進し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくためには、電気自動車(EV)を短時間で充電できるインフラ整備が急務となっている。佐世保重工業SSKはここに注目し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、同社の佐世保造船所(長崎県佐世保市)に、電気自動車(EV)を20分程度でほぼフル充電できる急速充電器を設置した。ラッキー自動車と佐世保重工業SSKの子会社が電気自動車(EV)各1台を近距離輸送用の営業車として導入し、この急速充電器を利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、燃費などの面でガソリン車と比較することにした。佐世保造船所で電気自動車(EV)の出発式があった後、充電の模様などが公開された。佐世保重工業SSK事業開発室は「電気自動車(EV)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ事業として成り立つかどうか見極め、ガソリンスタンドに変わるモデル事業を構築したい。電気自動車(EV)が普及する呼び水になれば」と期待しているという。ラッキー自動車も「今後、急速充電器の展望が開ければ、液化石油ガス(LPG)車を順次、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電気自動車(EV)に代えていきたい」と話した。長崎県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2013年度までに500台の電気自動車(EV)の普及を目標にしており、長崎県長崎市内でも既に電気自動車(EV)タクシーが導入されている。佐世保重工業SSKの実証実験について、長崎県電気自動車(EV)プロジェクト推進室では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の先進的な取組みに期待している」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 佐世保重工業SSKが長崎県佐世保市で電気自動車(EV)タクシーによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニ

 愛媛県松山市・北土居に、カフェ併設型のコンビニエンスストア「サークルK松山インター店」(愛媛県松山市北土居町4、TEL 089-957-6262)で、電気自動車(EV)用急速充電器を設置して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する店がオープンした。コンビニエンスストアと独自ブランドのカフェが融合し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与する店舗は業界初になるという。サークルケイ四国(愛媛県松山市勝山町1)は、2003年10月から、独自ブランド「K’s CAFE」の商品販売コーナーを四国4県下の店舗内に設置している。2008年には、愛媛県松山市に「K’s CAFE大街道店」、高知県高知市に「K’s CAFEよさこい咲都店」を立ち上げた。カフェの席数は36席で、コーヒーはハマヤ(大阪市中央区)と共同開発したものを提供し、メニューとしては「K’sブレンドコーヒー」、「K’sアイスコーヒー」、「パスタセット K’sミートパスタ」などがある。サークルK松山インター店では、松山インターに近い立地を生かし、愛媛県や松山市の土産や地産商品も置いている。今年から南予の高速道路が無料化されたことに合わせ、主に南予地方の特産品を取り扱う愛媛県西予市の「どんぶり館」とコラボした売り場も展開する。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛媛県下の小売店では初となる電気自動車(EV)用急速充電器も設置した。愛媛県と締結した「連携と協力に関する包括協定」の一環で、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の普及、店舗ロケーションを活用した電気自動車(EV)用充電インフラ整備に貢献していく考えだといい、電気自動車(EV)用急速充電器は、当面、無料で利用できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のコンビニはこちら

日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の「リーフ」の発売に向けて、日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店のうち、電気自動車(EV)のリーフ用の急速充電器を設置する181店舗を発表した。日産自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発した走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)のリーフは今年12月に発売予定となっている。電気自動車(EV)のリーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものの、フル充電しても航続距離が130km程度と短いことが普及のネックになっている。日産自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)のリーフを快適に運転してもらうために、全国の日産自動車系―ディーラーを活用して半径40km円に、30分~1時間程度で充電できる急速充電器を電気自動車(EV)のリーフ用に整備して日本全国をカバーするという。日産自動車の電気自動車(EV)のリーフを予約した顧客に自宅周辺の急速充電器を設置している日産自動車の店舗を教えて、安心して電気自動車(EV)のリーフに乗ってもらうというものだ。電気自動車(EV)用の充電器としては、急速充電器のほかにも、充電時間が5~6時間程度の200Vの普通充電器も用意する予定をしており、12月の電気自動車(EV)のリーフ発売までに日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店に2基ずつ設置され、合計約4400基として条件整備を図る予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、山形県内初となる電気自動車(EV)用の急速充電器が山形県庁に設置されるという。これは、NPO法人環境ネットやまがた(山形県山形市、松村倭男代表)が、山形県の「やまがた社会貢献基金」から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての助成金を受けて整備し、今年12月から運用を始める予定だという。山形県では上山市の上山温泉でも走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を活用した環境対応型の観光プロジェクトが計画されており、電気自動車(EV)の両拠点による山形県内の連携なども想定される。山形県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、山形県内の自動車団体や自動車ディーラー、電力会社、山形県などが山形県地球温暖化対策会議を組織し、今年6月から何度も議論を重ねてきた。この中で、メンバーの環境ネットやまがたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「充電インフラ整備による走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の導入促進・ゼロエミッション型観光まちづくり」を提案し、「やまがた社会貢献基金」から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として事業費の一部となる135万円を受けることが決まった。山形県のように県庁舎に電気自動車(EV)用の急速充電器を置くのは東北地方でも初めてのことだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、山形県庁の正面玄関付近に設置予定をしている。山形県によると、電気自動車(EV)用の急速充電器は15~20分間で8割程度の充電ができ、電気自動車(EV)の走行可能距離は120キロ前後という。電気自動車(EV)用の急速充電器は一般開放し、1回当たり200円程度の協力金を求める方針だという。山形県は「山形県庁は高速道路のインターチェンジに近く、移動ルートとしても利便性が高いため、電気自動車(EV)用の急速充電器を設置する」と説明している。また、山形県地球温暖化対策会議には山形県内の上山市観光物産協会が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、温泉旅館などに電気自動車(EV)用の普通充電器を設ける構想を提案しており、観光客が走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)をレンタルして、自然環境を守りながら周辺観光を楽しめるような仕組みづくりを目指していくという。一方、山形県地球温暖化対策会議では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、電気自動車(EV)の導入が山形県内で進んでいないことから、「電気自動車(EV)の充電器の統一規格が不透明な中で、時期尚早ではないか」との指摘や、「山形県庁だけの設置では電気自動車(EV)の移動範囲が限られる。広がりのある支援が必要だ」などの意見も出されており、今後も協議を重ねるという。走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、全国的にも地方自治体が電気自動車(EV)の普及に乗り出しており、例えば、神奈川県は2014年までに神奈川県内で100基の電気自動車(EV)用の充電器整備を計画している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県と神奈川県タクシー協会及び日産自動車(神奈川県横浜市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みとして、神奈川県内のタクシーへの電気自動車(EV)の普及構想に神奈川県内タクシー会社24社が参加することになったと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の国内販売の時期に併せて今年の12月から計42台をタクシーに導入し、来年までの2年間で電気自動車(EV)導入数を100台に広げていく予定だという。神奈川県は電気自動車(EV)普及への参加企業に対し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、電気自動車(EV)導入や電気自動車(EV)用急速充電器の整備への補助金を支出する。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す国内排出量取引クレジット制度を活用し、電気自動車(EV)導入で生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減効果をクレジット化する手法をモデルとして思考的に実施するという。電気自動車(EV)に係る神奈川県が採用している地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算方式を国が認証しており、大企業などに売却した二酸化炭素(CO2)排出量取引のクレジットの収益は環境関連基金等に寄付する手法などの枠組みを考えているという。神奈川県タクシー協会は、2013年3月までの期間に限って、電気自動車(EV)タクシーに係る障害者割引制度を従来の1割から2割に拡大するとともに、乗務員向けにケア講習を開くなどして、電気自動車(EV)タクシーの接客サービスを磨くと話している。日産自動車は、地元に本社や開発拠点を持つ特性を生かし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する電気自動車(EV)車両のアフターサービスを強化していく。神奈川県内のタクシー向け整備拠点を電気自動車(EV)の重点整備工場として位置づけており、電気自動車(EV)を導入するタクシー会社への巡回担当者も置くという。電気自動車(EV)タクシーのデザインを神奈川県内で共通化することも検討することとしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら