TOPページ > 検索結果

検索結果 【広島県】

広島県地球温暖化防止地域計画案の答申

 広島県から地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策について諮問を受けていた広島県環境審議会(会長・岡田光正放送大教授)は、広島県の温暖化対策の新たな指針となる広島県地球温暖化防止地域計画案(2011~20年度)を湯崎英彦広島県知事に答申した。広島県の現行の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策計画では、二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標を掲げる産業部門で方針転換をすることにしたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、同じ工業製品を製造する場合のエネルギー消費量については、2020年度に2007年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を13%削減させる新たな広島県の目標を設定した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標が、広島県内の産業活動を大きく制約する可能性があると判断したことから、新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としては、消費エネルギーの効率化の指標に切り替え、効率化による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の抑制を目指すことになった。その他の部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策では、2007年度を基準年度とし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減目標を算出した。具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としては、広島県内の公共交通などの輸送部門23.9%減、一般家庭などの民生家庭部門及び民生業務部門各41.5%減、廃棄物部門10.0%減としたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を協議した京都議定書で定められた基準年度である1990年度より16~6%を削減する数値となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 広島県地球温暖化防止地域計画案の答申はこちら

広島県広島市が地球温暖化対策の環境問題クラウドサービス実証実験

 広島県広島市と広島市立大学(広島県広島市)及び三井情報(東京都港区愛宕)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、総務省(東京都千代田区霞が関)が公募していた環境負荷軽減型地域ICTシステム基盤確立のための環境問題クラウドサービス実証実験に参加し、今般、エネルギーデータの収集を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る「地域内エネルギー供給等に係る管理・制御」及び「都市部における施設のエネルギー管理・制御」のテーマに取り組み、広島県広島市内に立地する商業施設や宿泊施設、交通機関などの協力を得て、2010年7月からのサービス提供を目標に実証実験を行っているという。広島県広島市内のエネルギー消費特性の異なる施設、太陽光発電システム、EV(電気自動車)インフラなど地域内でのエネルギー供給を管理するシステムを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の観点から構築していくという。収集したデータは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、環境負荷軽減への取組や普及啓発のため、広島県広島市役所や広島電鉄路面電車車内に設置されたデジタルサイネージに随時配信していくという。これには、広島県広島市の広島市立大学の学生がコンテンツの制作を役割分担しているという。広島県広島市では、「カーボンマイナス70」を目標に掲げており、広島県広島市立大学とともに実証実験での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を見えるようにしていくという。三井情報は、広島県広島市の環境クラウドサービス基盤構築を担当しており、2か所のデータセンターにおいてサービスを運用する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 広島県広島市が地球温暖化対策の環境問題クラウドサービス実証実験はこちら

広島県尾道市はリサイクル自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策

 広島県尾道市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、仕事で尾道市職員が近距離を移動する際、広島県尾道市がリサイクルした自転車を利用する「バイクビズおのみち」運動を実施している。自動車でのガソリン代など移動経費の削減や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のほか、肥満化している広島県尾道市職員の健康増進を目的として取り組んでいる。広島県尾道市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ちょっとした運動とエコ」をスローガンに、広島県尾道市職員以外にも広島県尾道市全体への波及効果も狙っているという。バイクビズは「バイク」(自転車)とビジネスの短形「ビズ」を合わせた造語で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「クールビズ」の自転車版という位置づけになっている。広島県尾道市本庁舎勤務の職員が公務で広島県尾道市内エリアを移動する際には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、原則として徒歩や自転車で移動することを義務付けた。リサイクル自転車のエリアは、東側が広島県尾道市尾道大橋下、西側は広島県尾道市しまなみ交流館(JR尾道駅前)、南側は広島県尾道市向島支所(渡船)、北側は広島県尾道市尾道南高校で、広島県尾道市役所から1キロ前後の距離になっている。しかし、広島県尾道市は坂の多い町であることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といえども、距離が近くても坂道の多い広島県尾道市の地域は対象外とした。使用するのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、放置自転車をリサイクルした車両で、広島県尾道市本庁舎などに計12台を配置している。前かごにプレートを取り付け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や自転車の利用推進もPRしている。広島県尾道市の試算では、公用車を使った場合と比較すると、年間6万円のガソリン代が節約でき、千kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減になるという。広島県尾道市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年度は840台の放置自転車を撤去しており、廃棄分などを除く100台をリサイクルして有料で販売している。今回の実施効果を検証したうえで、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リサイクル自転車の台数を増やすことを検討するという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
家電製品リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 広島県尾道市はリサイクル自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策はこちら

広島県尾道市は割りばし・間伐材ストーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 広島県尾道市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広島県尾道市役所のロビーに尾道市内の飲食店の使用済み割りばしなどを燃料にしたストーブが設置された。ストーブの燃料は、割りばしや間伐材なを粉砕、乾燥させ、長さ2センチ程度に固めた木質バイオマスを使用しているという。ストーブ燃焼時に発生する二酸化炭素(CO2)は、元々、樹木が光合成で吸収固定したものなので、化石燃料と違って新たに空気中に排出されるものではないことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。広島県尾道市役所に設置されたストーブは、バイオマス事業に携わる広島県尾道市内の会社が貸与した。この日は、広島県尾道市尾道市の最高気温が16.8度と、11月中旬並みの暖かさだったため、試運転を行うだけだった。広島県尾道市役所では、3月中旬頃まで使用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 広島県尾道市は割りばし・間伐材ストーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県のマツダは燃費30km/Lの直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-Gで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅削減

 エコカーといえば、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)が注目されているが、マツダ(広島県安芸郡府中町)は、少し違った路線を歩いている。マツダは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する技術として、2011年から発売するモデルに搭載する次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用した商品の第一弾として、世界初のガソリンエンジンの圧縮比14.0を実現し、電動アシストなしで驚異的な10・15モード燃費30km/Lを達成した次世代直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」を開発したと発表した。電動アシストなしの量産エンジンの燃費性能では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、世界最高水準のエンジンである。新たに開発したガソリンエンジンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも対応した新型デミオに搭載する予定で、日本国内では2011年前半に販売するという。SKYACTIV-Gは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する次世代直噴ガソリンエンジンとして、4-2-1排気システムやキャビティ付ピストン、マルチホールインジェクターなどの新技術の採用で量産用ガソリンエンジンとして世界で初めて圧縮比14.0の高圧縮を達成したという。エンジンの効率を大幅に高めた結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献でき、従来比で燃費・トルクをともに15%向上した。SKYACTIV-Gは、燃費がよいだけでなく、低中速トルクを増大したことから、町乗りなどの実用域で使いやすいエンジンとなっている。マツダは、地球環境問題への対応では、ハイブリッド化よりも、まず、エンジンやトランスミッションなどの改良によるベース技術の革新に力を注いでいる。SKYACTIVエンジンの技術について、マツダの山内社長は「世界の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の原動力になる新技術であると確信している」と語っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県のマツダは燃費30km/Lの直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-Gで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅削減はこちら

東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は中国電力(広島県広島市中区)と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広島県福山市に発電出力約3MWのクリーンエネルギーメガソーラー発電所プラント「福山太陽光発電所」の建設契約を締結したと発表した。東芝はこれまで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の八戸太陽光発電所(青森県八戸市)など国内で4件のクリーンエネルギーの電気事業用メガソーラー太陽光発電所プラントの受注を受けてきており、今回は、広島県福山市箕沖にクリーンエネルギーのメガソーラー発電所プラントを設立する。中国電力初の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気事業用メガソーラー太陽光発電所である福山太陽光発電所建設で契約した。2011年度に稼動するメガソーラー太陽光発電所のクリーンエネルギーの年間発電量は約334万KWhで、一般家庭約900世帯分の年間使用電気量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる。これらのメガソーラー太陽光発電所の基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注した。また、今回受注したメガソーラー太陽光発電所プラントには、東芝グループで開発した世界最高クラスの直交変換効率98.1%を誇る500KWのクリーンエネルギーのパワーコンディショナ及び長州産業株式会社(山口県山陽小野田市新山野井)の高効率多結晶太陽電池モジュールを採用する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ世界的な意識が高まる中、電力・産業用のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの市場は2015年に2.2兆円になると見込まれており、今後も拡大する傾向にある。これらを踏まえ、東芝では、今後も高効率なクリーンエネルギーのパワーコンディショナやスマートグリッドなどのシステム技術、大規模メガソーラープラント向けシステムエンジニアリングなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実績を生かした事業展開を図り、ワールドワイドなメガソーラー発電プラントの受注を目指していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーとしては、ハイブリッド車や電気自動車(EV)に注目が集まっているが、最近、拡大しているのがマツダ(広島県安芸郡府中町)などが積極的に展開するアイドリングストップ機能を搭載した自動車である。これは、自動車の信号待ちなどの停車時にエンジンを完全に停止させることによって、燃料の消費を抑える機能を搭載し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するものとなっている。アイドリングストップ車が削減することができる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、停車中に排出される分に限定されるというものの、ハイブリッド車や電気自動車(EV)、あるいはクリーンディーゼル車などと比較して、ガソリンエンジン車に部品を追加するだけなのでコストを抑えることができ、さらに、間違いなく燃費を向上させることができる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるアイドリングストップ車については、従来、路線バスなど一部の業務用車両でしか採用されていなかったが、最近になって乗用車にも採用されるようになってきた。環境省(東京都千代田区霞が関)の試算によれば、ガソリンエンジン乗用車では10分間のアイドリングにおける燃料消費量は平均0.14リットルとされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)に換算すると約90gの排気ガスが排出されることになる。東京都内で登録されている約400万台の自動車が、毎日、アイドリングを10分ずつ短縮したとすると、1年間で約13万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できることになる。これは、日本全体の1年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の約5万人分に相当する。また、都市部などの混雑した道路では自動車の走行時間のうち47%は停車しているという、財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)の調査結果があり、自動車の走行時間のうちの25%程度はアイドリングストップが可能で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。このアイドリングストップを実施すれば、約14%の燃費改善効果があり、停止からエンジン始動時の燃料消費増加分を考慮しても、5秒以上のアイドリングストップができれば、省エネ効果と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

広島県呉市で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動スクーターによる環境問題対策

 もみじ銀行(広島県広島市中区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、もみじ銀行の渉外担当者の移動用に走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動スクーター1台を導入した。今後、電動スクーターの実用性を見極める中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため導入を進めていく方針だという。もみじ銀行が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入したのは、電動スクーターの開発及び製造を手掛けるタイセイエンター(大分県大分市)の電動スクーターである。電動スクーターの座席下に蓄電用のバッテリーがあり、家庭用の電源コンセントを使って5時間でフル充電でき、約100キロを走行することが可能だという。電動スクーターは販売代理業のL&A(広島県呉市)から36万円で購入した。従来の排気量50CCの原付バイクの約1.5倍にもなる価格であるが、5万キロ走行した場合では、燃料代は約4%、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約14%に削減できるという。走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動スクーターは、もみじ銀行呉中央支店(広島県呉市)の営業で企業などを回る時に利用し、広島県呉市内における上り坂での走行性能などを確かめるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県呉市で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動スクーターによる環境問題対策はこちら

広島県広島市はノーマイカーデーで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策

 広島県では広島市や広島市内の交通事業者などでつくる「ノーマイカーデーひろしま実行委員会」が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用して買い物をした人に抽選で景品を贈るキャンペーンを開始した。地球温暖化防止に向け、車の利用抑制を促すのが目的だという。「ノーマイカーデーひろしま実行委員会」が運営している「マイカー乗るまぁデーくらぶ」の会員が対象になるが、ノーマイカーデーによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という趣旨に賛同する人なら誰でも、同くらぶのホームページなどから会員登録できる。抽選へは参加登録が必要であり、ICカード乗車券PASPY(パスピー)でバスや電車を利用した日に、ノーマイカーデー協賛店で千円以上の買い物をすることが条件となっている。抽選は11月に行われ、商品券や折り畳み自転車などが当たるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するノーマイカーデーの協賛店は、天満屋広島八丁堀店(広島県広島市中区八丁堀)、東急ハンズ広島店(広島県広島市中区八丁堀)、フジグラン広島(広島県広島市中区宝町)、ゆめタウン広島(広島県広島市南区皆実町)、アルパーク(広島県広島市西区草津新町)となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県広島市はノーマイカーデーで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策はこちら

広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 広島県福山市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、地球温暖化防止や環境保全などの活動に取り組む福山市の団体などを表彰する「ふくやま環境賞」の対象団体・事業者の募集を始めた。応募対象者は、自薦・他薦は問わず、団体部門は福山市内で活動する団体、事業所部門は福山市内に所在する事業所で、福山市内において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や3R推進活動(ごみの発生抑制、再使用及びリサイクル)又は環境保全活動を積極的に取り組んでいることが条件になっている。募集期間は10月29日までとなっている。応募のあった団体及び事業所の中から、福山市の審査会において特に優秀と認められる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策活動を実施しているものを選定し表彰する。表彰式は平成23年2月を予定している。申し込みは、福山市役所が用意している「ふくやま環境賞申込書」に、実行している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など必要事項を記入し、郵送又はEメールで提出する。問い合わせ・申込書提出先は、〒721-0956広島県福山市箕沖町107番地2 福山市役所環境啓発課(084-954-2619)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 広島県廿日市教育委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廿日市内の金剛寺小学校(広島県廿日市市地御前2丁目22-1)と大野東中学校(広島県廿日市市佐伯郡大野町中山414)に廿日市立学校で初めてとなる太陽光発電システムを導入した。電気代を削減して省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にするとともに、子供たちの環境問題への意識向上にもつなげるという。廿日市立金剛寺小学校では、校庭の一角に縦約3メートル、横約12メートルの太陽光発電システムの発電用パネルを取り付けられ、児童用の校舎入り口に太陽光発電システムのモニターを設置している。このモニターでは、その日の太陽光発電システムの発電量と電力を賄える蛍光灯の本数、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などの数値を表示することができ、児童の環境問題の学習に利用するという。廿日市立大野東中学校も同サイズの太陽光発電システムのパネルを校舎横に設置しており、いずれも太陽光発電システムの最大出力は5kwとなっている。太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を最大で年間2.3トン削減することができ、さらに、年間約200万~400万円かかる電気代のうち、6万円程度が節約でき省エネ対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 広島県北広島町は、北広島町営の道の駅「舞ロードIC千代田」に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、クリーンな自然エネルギーである太陽光発電システムを屋上に設置した。消費電力の削減による省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的としており、道の駅という人が集まる施設であることから、太陽光発電システムで発電する自然エネルギーの活用を広くアピールするという。「舞ロードIC千代田」では、管理棟の屋上の約300平方メートルに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、合計54枚の太陽光発電システムのパネルを設置した。この太陽光発電システムの最大出力は、10.26kwで、年間発電量は1万1645kwhになり、道の駅の年間の使用電力の7%を賄うことができる見込みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間6トン、光熱費は約22万円の削減になると試算している。広島県北広島町は、太陽光発電システムの設置工事と同時に、管理棟内にある30台の蛍光灯などを発光ダイオード(LED)照明に切り替えたことから、年間約9万円の光熱費の削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるという。総事業費は計約1600万円で、広島県の省エネ支援事業の補助金を活用して整備した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

広島県広島市は削減した二酸化炭素(CO2)を買取って地球温暖化の原因防止対策

 広島県広島市は、家庭からでる地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分を広島市自らが買い取って、広島県広島市内の企業に転売する広島市独自の二酸化炭素(CO2)排出量取引を始めると発表した。電気及びガスの使用量を減らし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献した広島市内の家庭に、対価として現金を支給する仕組みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取組む家庭を募集しており、対象期間は11月及び12月の2か月間となっている。二酸化炭素(CO2)排出量の削減分を広島市が買取る対象は、20歳以上で1年以上広島市内の同じ住所に住み、電気か都市ガスの契約を続けていることが条件となっている。二酸化炭素(CO2)排出量の削減制度への参加家庭は、2か月分の電気及び都市ガスの検針票を広島市に提出する。前年同期の使用量と比べ、削減できた二酸化炭素(CO2)排出量1kg当たりが5円に換算されて支給される。ただし、広島市は二酸化炭素(CO2)排出量削減が200円以上になった場合に限って、現金を指定口座に振り込むという。200円未満の場合は、広島市内の協賛店で使える100円相当のサービス券を1枚支給し、参加した全家庭に二酸化炭素(CO2)削減量にかかわらずサービス券を2枚渡すという。広島市が、過去の広島市が実施した省エネ対策事業に参加した広島市内の家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を基に試算した結果、2か月間で支給額は数百円になる見込みだという。家庭が削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、広島市地球温暖化対策推進条例に基づき削減目標を設定した広島市内の企業などに広島市が直接転売し、これを購入した企業はその分を二酸化炭素(CO2)排出量削減量とみなすことができるという。申し込みは、広島市区役所や公民館にある応募用紙や広島市ホームページから申し込む。受付締め切りは10月29日で、先着千人を対象としており、広島市が事務局を委託する広島県環境保健協会が取り扱っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県広島市は削減した二酸化炭素(CO2)を買取って地球温暖化の原因防止対策はこちら

マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策

 マツダ(広島県安芸郡府中町)は、広島県と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定による削減と社会貢献活動の一環として、森林保全及び管理協定を締結し、広島県広島市東区の公園・緑地、広島県緑化センター内の「マツダの森」と愛称を付けた区画を中心に、地域の地球温暖化の原因防止対策の森林保全活動に協力すると発表した。マツダの社員がボランティアで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備を進め、広島県緑化センター内の天然林の維持、育成を進めていくといい、協定期間は2013年8月までの3年間となっている。広島県緑化センターは125haの広さがあり、マツダの本社のすぐ北東に広がっている。そのうち5.85haをマツダの森と名付け、広島県緑化センターの管理者と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林の保全活動を展開していく。同社の社員らが、同センターの職員、地域の森林整備団体の指導を受けながら、ボランティアで下草刈りの森林整備や遊歩道の修繕を行い、広葉樹の天然林を保全するという。マツダは広島県と協定を結ぶと同時に、広島県内で企業の森づくりを推進する団体「ひろしまの森林づくりフォーラム」に参加する。同フォーラムは2006年に設立され、広島県内の企業や森林関係団体が相互に協力・連携し合って、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森づくりを進めている。マツダの森での取組みは、創立90周年を記念した社会貢献活動の一環であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林保全活動を通して社員の環境問題への意識を高めるとともに、森林整備に参加している広島県民らと交流を深めることを狙いとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策はこちら

環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制や再資源化などの資源循環活動を行う消費者に対して、商品やサービスの割引や特典に交換できる「エコポイント」を与えることを検討している。環境省は、資源循環活動によるエコポイントの導入手順などを示したガイドラインを来年2月にも策定するという。今回のエコポイントの指針は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の「3R運動」への消費者の参加意欲を高めることを狙いとしている。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「3Rエコポイント」制度の創設に向けて、企業や自治体などが制度を導入しやすいよう指針を作成するため、有識者による検討会が指針の議論を本格化させた。3Rエコポイント制度は、特定の3R活動を行う消費者に対して、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策の活動内容に応じたポイントを付与し、そのポイントを商品割引券交換など幾種類もの還元メニューを用意して利用できるようにすることを検討しているという。3Rエコポイント制度の指針は、制度の概要や二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与することなどの導入意義などを明確にし、導入の手順を「準備」、「計画」、「実施」、「評価」という区分を行う。検討会では、3R活動に伴って削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量などを測定する手法や、3Rの地球環境への負荷低減効果に応じてエコポイントを付与する方策も議論する予定で、ポイントの原資を負担する企業などにコスト削減効果を示すことも検討している。指針策定に向けて環境省は、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与する3Rと企業活動の両立で知恵を絞る先進企業の事例も参考にするという。青山商事(広島県福山市)は紳士服専門店「洋服の青山」を運営しているが、1998年から、着なくなったウール製品を各店舗で引き取り、産業用資材として有効活用しており、持ち込んだ消費者には、1着につき1枚の商品割引券を渡しているという。オンワード樫山(東京都中央区日本橋)は昨年5月から、百貨店特設会場でリサイクルとして引き取り、衣料1点につき1,050円相当のオンワードグリーンチケットを渡している。回収した衣料は、原料化してリサイクル糸に再生しており、毛布や軍手を作って環境団体や難民キャンプに寄贈している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

福山通運は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減する流通センター着工

 福山通運(広島県福山市)は今年の11月に、神奈川県藤沢市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を可能な限り削減する流通センターを着工すると発表した。流通センターの規模は敷地面積3万3393㎡、建物の延床面積3万1699㎡となっており、竣工予定は2011年11月末となっている。流通センターを着工するにあたり、福山通運では、神奈川県の地球温暖化対策推進条例の規定に基づく地球温暖化対策計画書制度による特定開発事業地球温暖化対策計画書を神奈川県に提出した。特定開発事業地球温暖化対策計画書によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を可能な限り抑制していくため、一時保管庫へLEDの高効率照明の採用、必要最低限の車路の確保、敷地周囲への植栽、駐車場を建物内に十分に確保することによる道路での待機を無くことなどを予定している。さらに、接道フェンス(神奈川県道側)への緑化及び建物の壁面緑化を実施、低燃費型建設機械の積極的な導入、トラックのアイドリングストップの励行を実行していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福山通運は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減する流通センター着工はこちら

広島県広島市が地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)削減分購入

 広島県広島市は、広島市内の各家庭から地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減分を購入し、それを企業に転売する二酸化炭素(CO2)排出量取引を始めると発表した。各家庭の努力によって二酸化炭素(CO2)排出の元となる電気とガスの使用量を減らした家庭に、広島市が努力への対価として現金を支給する仕組みであり、広島市民の省エネ活動を後押しするのが狙いだといい、家庭に現金を支給するという二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の創設は、全国の地方自治体の中で初めてのことである。広島市は各世帯単位で事前に登録することによって現金支給制度を運用することとしており、本年度は約千世帯を募集するという。二酸化炭素(CO2)排出量の削減の対象とする期間は秋以降の2か月間を予定しており、電気と都市ガスの使用量を前年同期と比較し、削減量に応じて広島市が現金を支給するという。現金で購入した各家庭が削減した分の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、広島市地球温暖化対策推進条例に基づいて、二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を設定した広島市内の企業などに広島市が転売し、それを購入した企業は、その分を二酸化炭素(CO2)排出量削減量とみなされるという。広島市の試算によると、各家庭の省エネ活動で1か月の電気及びガス料金を計3032円節減すれば、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は73kg削減することができ、広島市からの現金支給額は2か月分として計730円になるという。二酸化炭素(CO2)排出量買取り制度に参加する家庭は、広島市が定めた二酸化炭素(CO2)排出量削減量を達成できなければ現金支給を受けられないといい、達成条件は広島市が今後決めて発表するという。広島市は、二酸化炭素(CO2)排出量買取り制度を達成する省エネの具体策として、省エネタイプのエアコンへの買い替えや控えめの温度設定、不要な電化製品のコンセントを抜くことや風呂の追い炊きをしないことなどを例示として紹介している。家庭からの二酸化炭素(CO2)排出量購入金額については、広島市は1トン当たり5000円程度を予定しており、企業へは価格を3割程度上乗せし、6500円で販売するという。また、広島市は二酸化炭素(CO2)排出量削減の現金支給とは別に、二酸化炭素(CO2)排出量削減制度に応募する全世帯に広島市内の協賛店で商品割引やポイント加算を受けられるサービス券を2枚配るという。広島市では、二酸化炭素(CO2)排出量削減の参加家庭の募集は秋ごろを予定しており、詳しくは広報誌やホームページで伝えるという。環境省によると、京都府などが二酸化炭素(CO2)排出量削減の家庭に京都府内の協賛店での商品と引き換えができるエコポイントを支給しているが、二酸化炭素(CO2)排出量削減の現金化は国内では広島県広島市が初めてだという(環境省地球温暖化対策課)。 広島市エネルギー・温暖化対策部では「1世帯当たりの二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は小さいかもしれないが、現金買取制度をきっかけとして広島市民全体に省エネ意識や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減の取組みが広がってほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県広島市が地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)削減分購入はこちら

Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 Jパワー(電源開発株式会社:東京都中央区銀座)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減と火力発電の効率化を目指して、石炭ガス化複合発電(IGCC)を中国電力(広島県広島市中区)と共同開発を進めている。この石炭ガス化で生成したガスの用途を発電以外に広げるため、鉄鋼、化学、ガス、石油業界と共同で研究を始めると発表した。石炭による火力発電は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に逆行するものとして新たな発電方式が求められている。一方、石炭は世界各地に広く埋蔵されており、安定的かつ安価で調達できるため、将来にわたる主要なエネルギー源と位置付けている。石炭ガス化を発電のみならず、産業分野でも応用する技術が確立できれば、エネルギーの安定供給と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながるという。現在、Jパワーなどが開発を進めている技術は、簡単に説明すると、石炭に酸素を吹き付けて蒸し焼きにし、水素及び一酸化炭素(CO)などの可燃性ガスを生成するものであり、その際同時に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)も分離して回収することができるものとなっている。生成したガスは、火力発電以外にも応用でき、生成される水素は燃料電池に利用可能であり、鉄鉱石から鉄を取り出す際の還元剤にも使えるという。現在、鉄鉱石の還元剤には石炭が使用されているが、水素に代えれば地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能だという。さらに、一酸化炭素(CO)は、メタンに変換するなどして燃料に活用できるという。Jパワーは今月末からこうした検討をスタートし、各関係者に有識者も交えて商業ベースでの実現可能性を探るという。石炭ガス化複合発電(IGCC)の研究は、Jパワーの実証プラントで行われているが、中国電力と2年間かけて発電と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)回収技術を実証する計画を策定するという。このため、中国電力が瀬戸内海の大崎上島の発電施設内に出力17万KWの石炭ガス化複合発電設備を建設し、2016年度から3年間発電する。発電効率は既存の石炭火力発電より10ポイントほど高い50%程度に向上し、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も15%程度削減することが可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 広島県広島市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に資するため、広島市内の地域の街灯を省エネ効果の高いLED(発光ダイオード)へ切り替えるのに伴い、切り替えを希望する町内会を募っている。LED(発光ダイオード)の街灯の設置費用は広島市が国の地球温暖化の原因対策の基金を財源に活用するため、地元負担はまったくないが、日常の管理はこれまで通り町内会が受け持つことになるという。ただ、LED(発光ダイオード)は長寿命であることから、日常のメンテナンスも必要なく手間がかからない街灯だといえる。広島市内には現在約2千の町内会があるが、それぞれが平均約10基の街灯を管理し、電気代などを負担している。今回は地球温暖化の原因対策モデル地域用としてLED(発光ダイオード)の街灯千基分を募集する。LED(発光ダイオード)の街灯は、蛍光ランプに比べ長持ちで消費電力も極端に少ないことから電気代も非常に安くなり、結果的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながっていくという。広島市は地球温暖化の原因対策としてLED(発光ダイオード)の街灯の切り替え費用を本年度予算に7800万円を計上していおり、12月から順次切り替えていくという。申し込みは、8月16日締め切り(消印有効)で、応募用紙は広島市役所と広島市内の各区役所に置いてある。応募多数の場合は抽選となる。問い合わせ先は、広島市エネルギー・温暖化対策部企画課:電話082-504-2185まで。

> 広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

ニッポンレンタカーが広島県で電気自動車(EV)レンタルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 広島県地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために進めている「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」にニッポンレンタカーサービスが参画し、2010年10月から広島県内の営業所7か所で電気自動車(EV)のレンタルサービスを開始する。ニッポンレンタカーが広島県において実施する電気自動車(EV)レンタルサービスは、三菱自動車のi-Mi電気自動車(EV)を5台のほか、今年度発売予定の日産自動車リーフ2台の計7台を、広島県の広島駅前営業所や福山営業所など主なニッポンレンタカー営業所7か所でレンタルで貸し出しを行う。電気自動車(EV)のレンタカーのレンタルでの貸し出しは、神奈川県横浜駅東口営業所、長崎県五島福江営業所に続くもので、電気自動車(EV)配備台数、営業所数がこれまでの中で最大規模となる。電気自動車(EV)のレンタル料金は、三菱自動車i-Mi電気自動車(EV)の12時間利用で4120円で、日産リーフのレンタル料金については現在検討中だという。広島県は温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化対策の一環として、「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」を立ち上げ、電気自動車(EV)の普及に力を注いでいる。「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」は、広島県と民間補助事業者が協力し、電気自動車(EV)の貸し出しや充電器の整備など、広島県民に対し電気自動車(EV)の性能を実感できる機会を提供することを目的として実施されている。ニッポンレンタカーでは、2012年度までにレンタル車両のうち電気自動車(EV)など環境対応車両の占める比率を乗用車のレンタカー全体の90%以上に引き上げることを目標にしており、その一環として「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」への参画を行っている。広島県内では、ニッポンレンタカーが中心となり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための企業グループ「ゼロエミッションで動こう!ひろしま」を組織しており、電気自動車(EV)の充電器の整備を行う地元広島県の企業ウインドカー中国東や観光事業者などと協力しながら、電気自動車(EV)普及の促進を目指している。

> ニッポンレンタカーが広島県で電気自動車(EV)レンタルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

広島県東広島市は市民版CO2排出量取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 広島県東広島市では、市民版CO2排出量取引という非常にユニークな取組みで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。これは、グループで取り組む市民版CO2排出量取引Group Emissions Trading System=GETS(ゲッツ)という新たに作った仕組みを活用した、地域ぐるみの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減運動である。GETSは、広島県東広島市内のグループ・地域で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引を行うことで、地域ぐるみで助け合える仲間「環境家族」をつくり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標の達成をみんなで目指している。「ひがしひろしま環境家族」は、2007年広島県東広島市に設立された地域協議会であり、親子で取り組める地球温暖化の原因など環境問題の学習を行っている団体である。GETSの実施に当たっては、広島県東広島市が学園都市という地域特性や、親子をつなぐ世代が大学生であろうと、学生の視点を取り入れた取組みを行い、地域に密着した脱温暖化のまちづくりを目指して、GETSによるコミュニティ活動を展開した。脱温暖化センターひろしま (財団法人広島県環境保健協会) は、「わが町の地球温暖化の原因対策“エコレシピ”オーディション」というテーマの下、地域のシンボル的な一品を活用した地球温暖化の原因防止対策のための環境に優しいライフプラン&エコレシピを募集した。エコレシピは食べ物ではなく、地球温暖化の原因防止対策のための具体的な取組みを示すものであり、それを見た人がレシピのようにまねしやすい手順を示すという意図がある。今回の地球温暖化の原因防止対策の募集に当たっては、これまで実践してきたものではなく、新しい取組みであることを重要視し、一次選考後、通過した事業の検証・実践を支援してきた。地球温暖化の原因防止対策としてグランプリに選ばれた「ひがしひろしま環境家族」のエコレシピは、「市民版のCO2排出量取引」の取組みが描かれており、地球温暖化の原因防止対策活動の定量的効果測定のしやすさや、広島県東広島市の大学生という若い世代を巻き込んだ点、将来的な広がりの可能性が高く評価された。個人レベルでもCO2排出量を数値的に把握・評価しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量という温暖化問題を捉えることが必要になっており、脱温暖化センターひろしま (財団法人 広島県環境保健協会)としても「GETS」という新たな取り組みが、地球温暖化の原因防止を目的とするあらゆる主体・活動に幅広く取り入れることが可能であると確信していると話している。

> 広島県東広島市は市民版CO2排出量取引で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度の追加説明会

 環境省は、2月27日から公募を開始している地球温暖化防止対策の「平成21年度自主参加型国内排出量取引制度の第5期事業」の参加者公募における公募説明会を、香川県高松市と広島県広島市で追加開催すると発表した。自主参加型国内排出量取引制度は、温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、平成17年度から開始されたもの。高松説明会はサンポートホール高松(香川県高松市)で、4月9日開催(登録は4月8まで、定員150名)。広島説明会は広島商工会議所(広島市中区)で、4月10日開催(登録は4月8日まで、定員200名)。開催時間は、いずれも13:00~17:00。参加希望者は、[1]希望する説明会日程、[2]法人名、[3]参加人数、[4]参加者の氏名、[5]参加する代表者の連絡先--を明記の上、電子メールで申し込む必要がある。登録は先着順で、定員に達し次第締め切り。
○申込窓口 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 担当:佐藤、岸本 E-mail:kyotomecha@env.go.jp TEL:03-3581-3351(代表)(内線6781)

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化防止対策の自主参加型国内排出量取引制度の追加説明会はこちら

省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」

 チーム・マイナス6%環境省)は、2月6日から本格運用を開始した省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」の普及促進を図るためのイベントを、全国で展開していくと発表した。
 「しんきゅうさん」は、家庭での消費電力量の最も多い、エアコン、冷蔵庫、照明器具、テレビの4品目を対象として、携帯電話やパソコンを利用して、店頭や自宅などで省エネ製品への買換えによるCO2削減効果やランニングコストの低減効果などを簡単に把握できるシステム。
 イベントには、うちエコ!応援団の林マヤさん、堀ちえみさん、東京海洋大学客員准教授のさかなクン--などが、出演する予定。
 既に、青森県、長崎県、北海道でイベントが開催され、今後は、神奈川県、兵庫県、東京都、静岡県、福岡県、愛知県、広島県--で、3月15日までに順次開催される予定。


○今後開催されるイベント会場・日程
 東京都:三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲(3月1日)
 神奈川県:三井ショッピングパーク ららぽーと横浜(2月22日)
 静岡県:エスパルスドリームプラザ(3月7日~8日)
 愛知県:イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター(3月15日)
 兵庫県:阪急西宮ガーデンズ(2月28日)
 広島県:イオンモール広島府中ソレイユ(3月15日)
 福岡県:キャナルシティ博多(3月8日)

> 省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」はこちら