TOPページ > 検索結果

検索結果 【山形市】

山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、山形県内初となる電気自動車(EV)用の急速充電器が山形県庁に設置されるという。これは、NPO法人環境ネットやまがた(山形県山形市、松村倭男代表)が、山形県の「やまがた社会貢献基金」から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての助成金を受けて整備し、今年12月から運用を始める予定だという。山形県では上山市の上山温泉でも走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を活用した環境対応型の観光プロジェクトが計画されており、電気自動車(EV)の両拠点による山形県内の連携なども想定される。山形県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、山形県内の自動車団体や自動車ディーラー、電力会社、山形県などが山形県地球温暖化対策会議を組織し、今年6月から何度も議論を重ねてきた。この中で、メンバーの環境ネットやまがたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「充電インフラ整備による走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の導入促進・ゼロエミッション型観光まちづくり」を提案し、「やまがた社会貢献基金」から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として事業費の一部となる135万円を受けることが決まった。山形県のように県庁舎に電気自動車(EV)用の急速充電器を置くのは東北地方でも初めてのことだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、山形県庁の正面玄関付近に設置予定をしている。山形県によると、電気自動車(EV)用の急速充電器は15~20分間で8割程度の充電ができ、電気自動車(EV)の走行可能距離は120キロ前後という。電気自動車(EV)用の急速充電器は一般開放し、1回当たり200円程度の協力金を求める方針だという。山形県は「山形県庁は高速道路のインターチェンジに近く、移動ルートとしても利便性が高いため、電気自動車(EV)用の急速充電器を設置する」と説明している。また、山形県地球温暖化対策会議には山形県内の上山市観光物産協会が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、温泉旅館などに電気自動車(EV)用の普通充電器を設ける構想を提案しており、観光客が走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)をレンタルして、自然環境を守りながら周辺観光を楽しめるような仕組みづくりを目指していくという。一方、山形県地球温暖化対策会議では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、電気自動車(EV)の導入が山形県内で進んでいないことから、「電気自動車(EV)の充電器の統一規格が不透明な中で、時期尚早ではないか」との指摘や、「山形県庁だけの設置では電気自動車(EV)の移動範囲が限られる。広がりのある支援が必要だ」などの意見も出されており、今後も協議を重ねるという。走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、全国的にも地方自治体が電気自動車(EV)の普及に乗り出しており、例えば、神奈川県は2014年までに神奈川県内で100基の電気自動車(EV)用の充電器整備を計画している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PR

 走行中に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、地球温暖化の原因対策にもなる電動バイクで日本全国を巡る「電動バイクキャラバン」が山形県入りし、環境問題に優しい電動バイクが披露された。電動バイクキャラバンは、社団法人全国産業廃棄物協会(東京都港区六本木)が、地球温暖化の原因対策として、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を訴えるために、2009年11月から行っているものである。この日は、山形県山形市松波の山形県庁前に吉村山形県知事や山形県職員らが集まり、電動バイクキャラバンのバイクの到着を祝した。電動バイクは、出力が600ワットで、家庭用の電源で8時間充電すると約45kmを走行することができるという。27日まで山形県内の各市町村や天童市の舞鶴山、新庄まつりなどを巡回し、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減を啓発した後、秋田県に向かう予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を排出しない電動バイクキャラバンが山形県山形市で地球温暖化の原因対策PRはこちら

山形県は二酸化炭素(CO2)排出量ゼロのエコハウスで地球温暖化の原因対策

 山形県は、環境省地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する住宅として取組みを推進している「21世紀環境共生型住宅のモデル整備による建設促進事業」に選定されており、山形県山形市産の木材を使った地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロのエコハウスを、東北芸術工科大学(山形県山形市)の敷地に山形県が主体で建設した。地球温暖化の原因対策のエコハウスの設計を手助けした東北芸術工科大学の竹内昌義建築・環境デザイン学科教授(建築設計)は「鉄骨やコンクリートの家であれば、建築する際に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が発生する。この意味でも未来の住宅は二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの木造であるべきだ。寒暖の差が激しい山形県から、快適でエコな住宅モデルを発信したい」とコメントしている。山形県のエコハウスは、木造2階建てで延べ床面積約208平方メートルで、太陽光発電システムで5kwの事故発電の電力をまかない、間伐材など不要木材で作った木質ペレットが燃料のボイラーで給湯と暖房をまかなう仕組みとなっている。また、エコハウスは、窓の方向や屋根の形を工夫したほか、壁を少なくしたことことによって通風がよく、夏でも冷房を使わず快適に過ごせる性能を持っている。また、山形県山形市の山林からのスギの木とカラマツの木を建築材として使用することによって、安い外国産木材に押され、間伐されずに荒れてしまった山形県の山林を再生するとともに、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収力を上げる効果も見込まれるという。試算では、4人家族で住宅からの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年4.8トンあるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県は二酸化炭素(CO2)排出量ゼロのエコハウスで地球温暖化の原因対策はこちら

山形県では山形エコハウスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 環境省では、エコハウスモデル事業として、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる。エコハウスモデル事業は、地域の気候風土や敷地の条件に加えて、住まい方に応じて自然エネルギーが最大限に活かされることと、身近に手に入る地域の材料を使うなど、地球環境に負担をかけない方法で建てられることが基本となる。環境省エコハウスモデル事業では、「環境基本性能の確保」「自然・再生可能エネルギー活用」「エコライフスタイルと住まい方」の3つのテーマを基本的な考えとして、地域の特性を十分に活かした家づくりを目指している。環境基本性能を確保した上で、必要なエネルギーは自然エネルギーを最大限利用することによって、化石燃料に頼らない生活ができることがエコハウスに求められる。このため、地域の特徴をよく読み取り、太陽光発電、太陽熱利用、風力発電、地中熱利用、水、バイオマス、温度差を上手に生かす技術や工夫が求められる。「山形エコハウス」は、山形県が環境省のエコハウスモデル事業の補助金を受け、東北芸術工科大学と連携し、平成22年3月に山形市内で建設したモデルハウスであり、全国に20のモデル住宅が建設されたが、その中の一つである。ここでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減された低炭素社会における住宅の未来形はいかなるものかを追求している。山形エコハウスは山形県山形市内の上桜田に完成しており、山形県の杉材を外壁に用いた山形県ならではのエコハウスである。低炭素社会の実現には、再生可能エネルギーの活用が前提であり、さらに、木質系バイオマスによる技術を効率的に利用するためには、山形県の地場の林業の振興が不可欠となる。山形県での林業を発展させるためには、地場産の木材を使ったエコハウスを普及させる必要があり、エコハウスはそれだけで成立するのではなく、システムとして位置づける必要がある。エコハウスのコンセプトとして、「木で家をつくる」を掲げ、山形県産材(山形市有林)を活用している。地域の木材を使用することは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながる。次に、「住宅を省エネルギー化する」を掲げ、高度な断熱対策を行っている。山形県のような寒冷地では、壁、天井、床、窓など住宅の高度な断熱対策をし、暖房エネルギーの消費を抑えることが地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながる。次に、「自然のエネルギー(再生可能エネルギー)を使う」を掲げ、太陽光のエネルギーや木質バイオマスの活用で、電気や暖房、給湯などのエコハウスで使用するエネルギーを賄い、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減している。「山形エコハウス」では、次の時間帯で一般の見学を受け付けている。・平日の10:00~16:00・毎月第3土曜日の10:00~16:00。なお、山形エコハウスの問い合わせ先は、「住まいの温暖化対策やまがた協議会 事務局 特定非営利活動法人環境ネットやまがた」TEL:023-679-3340FAX:023-679-3389となっている。

> 山形県では山形エコハウスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会

 東北経済産業局は、このほど、「国内クレジット制度」の普及及び、排出削減プロジェクトの発掘を目的に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための取組みの一つである「国内(CO2)クレジット制度」の説明会を福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県の東北6県各地で開催すると発表した。本説明会では、国内クレジット制度の概要の説明のほか、実際に国内クレジット制度に携わったことのある企業からの実例紹介等も行うという。いずれの内容も、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための省エネルギー活動に取り組まれる中小企業等の皆様にとって有益な情報となっている。
7月13日(火) 福島県郡山市 13:30~15:30 郡山ビューホテル (5Fプリエール)
福島県郡山市中町3-1 電話:024-924-1111 50人
7月15日(木) 山形県山形市 13:30~15:30 山形テルサ (2Fリハーサル室)
山形県山形市双葉町1-2-3 電話:023-646-6677  50人
7月21日(水) 岩手県盛岡市 13:30~15:30 岩手県産業会館 (7F6号・7号会議室)
岩手県盛岡市大通1-2-1 電話:019-626-8152 50人
7月23日(金) 宮城県仙台市 13:30~15:30 ハーネル仙台 (2F松島A)
宮城県仙台市青葉区本町2-12-7 電話:022-222-1121 100人
7月27日(火) 秋田県秋田市 13:30~15:30 秋田地方総合庁舎 (4F第2会議室)
秋田県秋田市山王4丁目1-2 電話:018-860-1573 50人
7月29日(木) 青森県青森市 13:30~15:30 青森県観光物産館アスパム (6F 甲田)
青森県青森市安方1丁目1番40号 電話:017-735-5311 50人
問い合わせ先
東北緑化環境保全株式会社環境事業部コンサルグループ 山本、大利)(TEL : 022-263-0918 FAX : 022-223-5237 E-mail: consulgroup@tohoku-aep.co.jp)
東北経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー課 伊藤、大友(TEL: 022-221-4932)

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会はこちら

山形市で地球温暖化防止対策のため百貨店でレジ袋有料化

 山形県の山形市では、地球温暖化防止対策の一環の取組みとして、市内の百貨店2店が、2009年2月からレジ袋の有料化を開始した。日本百貨店協会によると、同協会に加盟する百貨店での本格的な有料化は全国初という。有料化するのは、大沼山形本店と中合十字屋山形店の2店となる。大沼山形本店では、平日には約7割の来店客がマイバッグを持参しており、レジ袋の有料化には、ほとんど支障はないと見ている。同店の食品売り場にある集中レジで行っているレジ袋無料配布を廃止する。山形市は2008年、既に市内の大型スーパーとレジ袋削減の協定を結び、7月から無料配布を廃止している。レジ袋削減協定を結んだスーパーの店舗でのマイバッグ持参率は約92%(12月現在)とかなり効率に及んでいる。


介護福祉士の求人募集転職ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報

> 山形市で地球温暖化防止対策のため百貨店でレジ袋有料化はこちら