TOPページ > 検索結果

検索結果 【宮崎県】

宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置

 宮崎県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮崎県庁舎への太陽光発電システムのパネル設置と、電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が完成し、完工式が開催された。宮崎県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台を導入し、太陽光発電システムのパネル発電で得た電気を電気自動車(EV)の充電や宮崎県庁舎内で活用していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環となっているという。この構想に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電システムパネル120枚を宮崎県議会棟屋上に設置し、その太陽光発電システムの出力規模は、10.2kwhとなっている。さらに、宮崎県庁本館玄関前に太陽光発電システムからの発電量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減状況を表示する液晶モニターも設置し、宮崎県庁を訪れる県民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRしていく考えだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、「リーフ」を15~30分でフル充電でき、宮崎県庁舎本館前庭の場所に設置している。電気自動車(EV)は、宮崎県企業局と知事部局がそれぞれ1台ずつ所有し、日常の公用利用や太陽光発電システムをPRするイベントにも活用していくという。完工式では、電気自動車(EV)を生産した日産自動車の常務執行役員が「日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるほか、車内は大人5人が十分にくつろげる広さがある。これをきっかけとして、今後、宮崎県での電気自動車(EV)の普及に貢献したい」と挨拶を行った。これに対して、東国原英夫宮崎県知事が実際に電気自動車(EV)に試乗し「電気自動車(EV)の乗り心地は最高。技術の進化はすばらしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置はこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策

 国際航業ホールディングス(東京都千代田区)は、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎県実験線跡高架上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を始めた。地球温暖化の原因防止対策のメガソーラー発電所に要する総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定だという。メガソーラー発電所の都農第2発電所は、宮崎県の誇る日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカーの宮崎県実験線跡高架上の約3.6kmにわたって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる太陽光発電パネル架台を縦列に配置して発電する世界でも珍しい形状の太陽光発電施設となる。国際航業グループが出力1mwの大規模太陽光発電所を宮崎県に建設するのは初めてのケースとなる。宮崎県のメガソーラー発電所の第2発電所では、既に今年4月から稼働している太陽光発電所の都農第1発電所で採用されているものと同じCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用して建設する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は、年間約670tの削減を見込んでいる。メガソーラー発電所の年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所の施設は、国際航業ホールディングスの100%子会社である宮崎ソーラーウェイ(宮崎県宮崎市橘通東)が建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営するという。設置予定場所の宮崎県にある旧リニア宮崎実験線は、鉄道技術分野で世界でも画期的な技術を世に送り出した我が国の誇るべき施設であり、その施設跡を二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所として再利用することで、日本の技術風土が地球温暖化の原因防止対策という新たなテーマに向けて引き継がれていくことになる。太陽光発電所で発電する電気は電力系統を通じて売電する予定で、その環境価値はRPS法上の新エネルギー等電気相当量として日本の電力供給における新エネルギー導入義務量に供することが可能であり、又は、グリーン電力証書として宮崎県地元産品の付加価値として活用することも検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策はこちら

宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 宮崎県宮崎市では、環境問題に貢献するクリーンエネルギーを積極的に利用するまちづくりを推進し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出防止を図ることを目的として住宅用及び事業者用太陽光発電システム設置費の一部に補助金を支出している。補助金を支出の対象者は、宮崎市内の居住する戸建住宅及び共同住宅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムシステムを設置する予定の方及び対象太陽光発電システム付建売住宅購入予定の方、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在居住している方。あるいは、宮崎市内に住所を有し、所有する宮崎市内の共同住宅に太陽光発電システムを設置し、発電した電力をその共用部分に使用する予定の方、又は太陽光発電システム設置工事が既に完了している方。又は、宮崎市内の事務所等に太陽光発電システムを設置する予定の宮崎市内の事業者、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在事務所等として使用している事業者、ただし、1事業者は年度内に1か所の設置を対象としている。申請者は宮崎市税に滞納がないことが条件となる。平成22年4月1日以降に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムの設置工事を開始、あるいは、太陽光発電システム付建売住宅を購入し、平成23年3月31日までに電力会社への売電が開始できる場合が対象になる。宮崎市内の施工業者(法人の場合は宮崎市市民税課に法人登録をしている者、個人事業者の場合は宮崎市に住民登録をしている者)との太陽光発電システム設置工事契約の場合が対象となる。ただし、平成22年6月30日以前の太陽光発電システム設置契約の場合は、宮崎市外の施工業者も対象となる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システム設置補助金額は、住宅用で1kwあたり2万円(上限8万円)、事業者用で1kwあたり10万円(上限100万円)となっているが、支出(予定)金額から他の機関の補助金を引いた額の2分の1を超えない額となる。宮崎県宮崎市では、上記のとおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電システムに対して補助金を支出しているが、個人向けは予算超過のため締め切っており、事業者向けについて追加募集をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

宮崎県小林市の活亜興が省エネボイラーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減

 (株)活亜興(宮崎県小林市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる省エネボイラー「エコ・アイ」を発売している。この省エネボイラーは、まったく新しい発想から開発されたものであり、水を電気分解して発生させた水素・酸素混合ガスを利用した新燃料燃焼システムである。開発時の実験による実測値では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)濃度は重油12%に対して6.0%しか排出しないという、クリーンで優れた燃焼力を発揮するボイラーである。また、従来の化石燃料を使うボイラーと比較すると、重油・LPG共に大幅なコストダウンが図れるほか、使用時に必要量だけ自らガスを生成して燃焼させる方式であるため、燃料の補完や備蓄も必要ないうえに、常に安定したエネルギーを供給することが可能であることからイニシャルコストへの投資も短期間で回収できるという。実際に、このボイラーを設置している長崎県長崎市高島町のトマト園では、設置後の燃料費が55%削減できたという。また、ボイラーが生成する低炭化水素酸素ガスは、ガス内に酸素を含んでいることから、外部からの空気を必要とせずにほぼ完全燃焼し、SOxを排出することもないという優れた性能を有している。一方、経済産業省は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会」を設置し、エコプロダクツを経て企業の製品・サービスにおけるカーボンフットプリント表示などの積極的な取組みを行っている。このボイラーは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)に加えてNOxも削減できるエコエネルギー生成燃焼システムとして大きく貢献できるものとなっている。このボイラーの活用先としては、農業用ハウスの暖房、製茶・乾物等の加工場、銭湯・スパなどの温浴施設やゴルフ場、温水プール、介護・福祉施設、クリーニング、コンクリート2次製品、タービンによる自家発電、産業廃棄物処理燃焼施設ほか、さまざまなケースでの応用が期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県小林市の活亜興が省エネボイラーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減はこちら

宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 宮崎交通(宮崎県宮崎市)は、省エネと地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として、従来導入していた中型バスに代えて小型ノンステップバス11台を導入した。小型バスの導入は、2009年に続き2回目で、8月1日から運行を始めた。宮崎交通では、「燃料の節約による省エネや地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる」と期待しているという。宮崎交通が導入した小型バスは、日野自動車(東京都日野市)の「日野ポンチョ」で、全長約7メートル、幅約2メートルで乗車定員は35人となっており、従来の中型バスと比較すると約2メートル短く、軽油1リットル当たり3キロほど燃費効率が良いという。一部は国や宮崎県の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する補助金を受けて購入した。宮崎、日南、西都など宮崎県内の5地区で、市町村をまたいで運行する生活維持路線や一般路線で運行するという。今回のように中型バスから小型バスに変更することで、1台当たり年間約200万円の燃料費が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ

 環境省九州地方環境事務所は、九州管内で管理している国立公園について「自然公園クリーンデー」を展開すると発表した。国立公園には樹木が多く、これらは温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、地球温暖化の原因防止対策にも大きな役割を果たしている。自然公園クリーンデーは、毎年にわたって夏休み期間中でもある8月の第1日曜日に開催しているもので、周辺地域の市民や事業者、行政が一体となって、自然公園内においてゴミの持ち帰りを呼びかけるとともに、一斉清掃等の他、地域の特性に応じて創意工夫を凝らした地球温暖化の原因対策を始めとする美化清掃運動を実施するものとなっている。自然公園クリーンデーの日程は次のとおりとなっている。
(1)瀬戸内海国立公園(関門海峡地域)行事名称:平成22年度自然公園クリーンデー
主催:九州地方環境事務所 福岡事務所 共催:北九州市
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~10時30分
場所:和布利(めかり)公園内(福岡県北九州市門司区)
内容:清掃活動
連絡先:九州地方環境事務所 福岡事務所 担当:蒲池TEL:092-437-8851参加申込:7月21日(水)までに下記連絡先へ事前申込みが必要。九州地方環境事務所 福岡事務所(092-437-8851)又は北九州市環境局 環境モデル都市推進室自然共生係(093-582-2239)
(2)雲仙天草国立公園(雲仙地域)行事名:全国一斉自然公園クリーンデー&セイタカアワダチソウ除去活動
主催:環境省九州地方環境事務所、雲仙旅館ホテル組合 共催:雲仙を美しくする会
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~12時30分
場所:雲仙温泉街(長崎県雲仙市小浜町雲仙)とその周辺
内容:清掃活動とセイタカアワダチソウ除去作業を同時に実施
連絡先:雲仙自然保護官事務所 担当:石田TEL:0957-73-2423参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(3)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーン高千穂河原
主催:霧島市観光課、(財)自然公園財団高千穂河原支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月1日(日)
場所:高千穂河原一帯、国道223号線(御池~丸尾)、高千穂峰・中岳登山道
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(4)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーンえびの高原
主催:えびの市観光商工課、(財)自然公園財団えびの支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月8日(日)
場所:えびの高原一帯、池巡り観察路、県道小林・えびの高原線県道えびの・えびの高線原等
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(5)西海国立公園(五島地域)行事名称:平成22年度「クリーン五島」清掃作戦
主催:五島市、長崎県自然公園協議会福江支部 後援:九州地方環境事務所
日時:平成22年7月25日(日)
場所:鬼岳園地、鐙瀬園地(長崎県五島市)
内容:クリーンハイクの形態での清掃活動
連絡先:五島市管理課 担当:簗脇TEL:0959-72-6371参加申込:参加希望者は、上記連絡先まで問い合わせてください。

> 環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ はこちら

宮崎県宮崎市では官民のバイオマス利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 宮崎県宮崎市では、官民が力を合わせたバイオマス利用によるバイオディーゼル燃料精製で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。宮崎県宮崎市内の地域に根ざした自治会等の任意の団体が、廃食用油回収拠点などを決めた上で登録し、家庭から排出される植物性の廃食用油を団体回収している。この回収の際に必要となる容器は、宮崎市が貸与し、団体ごとに1か月に1度回収を行っている。宮崎市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、このようにして収集した家庭からの廃食用油をバイオディーゼル燃料に再資源化し、宮崎市のごみ収集車の燃料として利用している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、廃食用油回収に協力する団体に対しては、1リットル当たり70円の報償金を交付している。また、民間団体であるバイオマス研究会では、廃油の回収、バイオディーゼル燃料を作るための自作精製装置の製作、バイオマス燃料の精製作業と研究、燃料の使用と車両への影響の研究、副産物であるグリセリンの有効利用への研究、原料となる植物の栽培研究などを行っている。地球温暖化の原因対策に関する宮崎県代表を選考する地球温暖化の原因対策審査委員会では、「宮崎市」と「バイオマス研究会」の2団体が同点1位となった。さらに、どちらの団体もバイオマス燃料という取り組みであったので、官民それぞれの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組を併せて「宮崎県代表」として選出した。官民それぞれのできるところ、できないところがあり、それを補う形の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組のコラボレーションになった。

> 宮崎県宮崎市では官民のバイオマス利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら

九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減

 地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の九州7県は、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店舗は、レジ袋の有料化やレジ袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告する仕組みとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減の強化月間に位置づけられた10月の1カ月間にわたって、各県から送付されたポスターやステッカーを店舗に掲示してレジ袋削減に取り組むという。この地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減は、九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組みとなっている。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載して各県の担当課へ提出することで参加できる。各県は、実施後に各店舗から提出されたレジ袋を削減の報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化するという。昨年度は全県で5898店が参加し、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量約3934t分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約された。地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減に関しての各県の問い合わせ先は次の通りである。福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)・佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)・長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)・熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)・大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)・宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)・鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

> 九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業で、支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策の事業者(第3陣)計7件を決定した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を一層促進するため、活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、[1]申請書作成支援、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援を行う事業を今年5月から開始し、募集を行っていた。10月19日に発表された地球温暖化の原因防止対策の第2陣に引き続き、地球温暖化の原因防止対策の第3陣として、[1]申請書作成支援の対象となる5件と、[2]モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる2件が、決定した。なお、この度の地球温暖化の原因防止対策の採択で、[1]については合計27事業者、[2]については合計16事業者者が選定された。
○今回申請書作成支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・内子町(愛媛県喜多郡内子町)
・王子製紙株式会社(神奈川県足柄上郡山北町)
・鹿島建設株式会社(宮崎県延岡市)
・愛媛県(愛媛県松山市ほか)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)
○今回モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの代表事業者
・鳥取県(鳥取県)
・バイオソリッドエナジー株式会社(山形県新庄市)

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者(第3陣)計7件が決定はこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら

群馬県富岡市等9市町がバイオマスタウン構想

 農林水産省は「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、9市町の取り組み内容を平成21年2月27日付けで公表した。
 応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。
 今回の公表は32回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、群馬県富岡市、埼玉県秩父市、千葉県市原市、新潟県十日町市、富山県射水市、静岡県浜松市、熊本県多良木町、大分県佐伯市、宮崎県えびの市。
 このうち、群馬県富岡市の構想は、廃棄物系バイオマスである、家畜排せつ物、事業系・家庭系生ごみ堆肥化を図り、有機肥料として活用することによる土づくりを促進し、農業における自然循環機能の維持増進と農業の活性化を目指すと共に、廃食油や未利用バイオマスを始め資源作物の活用によるバイオ燃料化事業を推進し、富岡市の地域特性を活かした循環型社会の構築を目指すというもの。
 なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は172件となった。


袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 群馬県富岡市等9市町がバイオマスタウン構想はこちら