TOPページ > 検索結果

検索結果 【宮崎市】

国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策

 国際航業ホールディングス(東京都千代田区)は、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎県実験線跡高架上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を始めた。地球温暖化の原因防止対策のメガソーラー発電所に要する総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定だという。メガソーラー発電所の都農第2発電所は、宮崎県の誇る日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカーの宮崎県実験線跡高架上の約3.6kmにわたって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる太陽光発電パネル架台を縦列に配置して発電する世界でも珍しい形状の太陽光発電施設となる。国際航業グループが出力1mwの大規模太陽光発電所を宮崎県に建設するのは初めてのケースとなる。宮崎県のメガソーラー発電所の第2発電所では、既に今年4月から稼働している太陽光発電所の都農第1発電所で採用されているものと同じCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用して建設する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は、年間約670tの削減を見込んでいる。メガソーラー発電所の年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所の施設は、国際航業ホールディングスの100%子会社である宮崎ソーラーウェイ(宮崎県宮崎市橘通東)が建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営するという。設置予定場所の宮崎県にある旧リニア宮崎実験線は、鉄道技術分野で世界でも画期的な技術を世に送り出した我が国の誇るべき施設であり、その施設跡を二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所として再利用することで、日本の技術風土が地球温暖化の原因防止対策という新たなテーマに向けて引き継がれていくことになる。太陽光発電所で発電する電気は電力系統を通じて売電する予定で、その環境価値はRPS法上の新エネルギー等電気相当量として日本の電力供給における新エネルギー導入義務量に供することが可能であり、又は、グリーン電力証書として宮崎県地元産品の付加価値として活用することも検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策はこちら

宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 宮崎県宮崎市では、環境問題に貢献するクリーンエネルギーを積極的に利用するまちづくりを推進し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出防止を図ることを目的として住宅用及び事業者用太陽光発電システム設置費の一部に補助金を支出している。補助金を支出の対象者は、宮崎市内の居住する戸建住宅及び共同住宅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムシステムを設置する予定の方及び対象太陽光発電システム付建売住宅購入予定の方、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在居住している方。あるいは、宮崎市内に住所を有し、所有する宮崎市内の共同住宅に太陽光発電システムを設置し、発電した電力をその共用部分に使用する予定の方、又は太陽光発電システム設置工事が既に完了している方。又は、宮崎市内の事務所等に太陽光発電システムを設置する予定の宮崎市内の事業者、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在事務所等として使用している事業者、ただし、1事業者は年度内に1か所の設置を対象としている。申請者は宮崎市税に滞納がないことが条件となる。平成22年4月1日以降に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムの設置工事を開始、あるいは、太陽光発電システム付建売住宅を購入し、平成23年3月31日までに電力会社への売電が開始できる場合が対象になる。宮崎市内の施工業者(法人の場合は宮崎市市民税課に法人登録をしている者、個人事業者の場合は宮崎市に住民登録をしている者)との太陽光発電システム設置工事契約の場合が対象となる。ただし、平成22年6月30日以前の太陽光発電システム設置契約の場合は、宮崎市外の施工業者も対象となる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システム設置補助金額は、住宅用で1kwあたり2万円(上限8万円)、事業者用で1kwあたり10万円(上限100万円)となっているが、支出(予定)金額から他の機関の補助金を引いた額の2分の1を超えない額となる。宮崎県宮崎市では、上記のとおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電システムに対して補助金を支出しているが、個人向けは予算超過のため締め切っており、事業者向けについて追加募集をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 宮崎交通(宮崎県宮崎市)は、省エネと地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として、従来導入していた中型バスに代えて小型ノンステップバス11台を導入した。小型バスの導入は、2009年に続き2回目で、8月1日から運行を始めた。宮崎交通では、「燃料の節約による省エネや地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる」と期待しているという。宮崎交通が導入した小型バスは、日野自動車(東京都日野市)の「日野ポンチョ」で、全長約7メートル、幅約2メートルで乗車定員は35人となっており、従来の中型バスと比較すると約2メートル短く、軽油1リットル当たり3キロほど燃費効率が良いという。一部は国や宮崎県の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する補助金を受けて購入した。宮崎、日南、西都など宮崎県内の5地区で、市町村をまたいで運行する生活維持路線や一般路線で運行するという。今回のように中型バスから小型バスに変更することで、1台当たり年間約200万円の燃料費が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県の宮崎交通が小型ノンステップバスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

宮崎県宮崎市では官民のバイオマス利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 宮崎県宮崎市では、官民が力を合わせたバイオマス利用によるバイオディーゼル燃料精製で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。宮崎県宮崎市内の地域に根ざした自治会等の任意の団体が、廃食用油回収拠点などを決めた上で登録し、家庭から排出される植物性の廃食用油を団体回収している。この回収の際に必要となる容器は、宮崎市が貸与し、団体ごとに1か月に1度回収を行っている。宮崎市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、このようにして収集した家庭からの廃食用油をバイオディーゼル燃料に再資源化し、宮崎市のごみ収集車の燃料として利用している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、廃食用油回収に協力する団体に対しては、1リットル当たり70円の報償金を交付している。また、民間団体であるバイオマス研究会では、廃油の回収、バイオディーゼル燃料を作るための自作精製装置の製作、バイオマス燃料の精製作業と研究、燃料の使用と車両への影響の研究、副産物であるグリセリンの有効利用への研究、原料となる植物の栽培研究などを行っている。地球温暖化の原因対策に関する宮崎県代表を選考する地球温暖化の原因対策審査委員会では、「宮崎市」と「バイオマス研究会」の2団体が同点1位となった。さらに、どちらの団体もバイオマス燃料という取り組みであったので、官民それぞれの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組を併せて「宮崎県代表」として選出した。官民それぞれのできるところ、できないところがあり、それを補う形の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組のコラボレーションになった。

> 宮崎県宮崎市では官民のバイオマス利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら