TOPページ > 検索結果

検索結果 【宇都宮市】

栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、個人が住宅に太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用の一部に対して補助金を支給する栃木県の制度が栃木県民に大好評なことを受け、本年度の太陽光発電システム補助金枠を当初予定の2000件から1000件増やして計3000件に補助金を支給する方針を固めた。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である太陽光発電システム補助金は9月末の時点で既に、1700件の補助金支給申請が出されているという。栃木県は栃木県議会9月定例会最終日の10月15日に、太陽光発電システム補助金関係経費として1億2000万円の補正予算案を提出するという。栃木県の太陽光発電システム補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年11月から開始されている。栃木県の補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層効果的に推進するため、太陽光発電システムと高効率給湯器を同時に設置することが支給条件となっており、最大で12万円の補助金が支給される。太陽光発電システムと高効率給湯器の設備の設置費用は一般的に250万円ほどになるという。栃木県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に推進していくため、補助金と併せて利用できる長期・低利の融資制度も設けている。福田富一栃木県知事は、先日開催された栃木県議会予算特別委員会において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する栃木県民意識の高まりと、余剰電力買取制度が相まって太陽光発電システムの普及が進んだ」と好調の要因を挙げた上で、「太陽光発電システム補助金を追加補正予算案に盛り込み、栃木県民ニーズに迅速に対応していく」と述べている。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金は今月末にも申請が2000件になる見通しだという。2009年度は11月から3月までの間において、6803件の太陽光発電システム補助金の申請があったことから、本年度も同時期に同程度の申請があるのではないかとみている。栃木県の太陽光発電システム補助金制度の財源としては、2009年度に国の緊急経済対策で約7億9000万円を積んだ栃木県の地域環境保全基金を充当している。栃木県地球温暖化対策課によると、栃木県内の22市町でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システム補助金として上限8~28万円の補助金制度を実施しているという。このうち、7市町では本年度の当初予算額に達しており、栃木県宇都宮市や栃木県大田原市など4市が9月定例議会などで太陽光発電システム補助金に係る予算を追加補正で増額するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のまちづくりを進める栃木県宇都宮市は、JR宇都宮駅西口にある宇都宮市営駐輪場にシャワー室や故障修理、自転車のレンタサイクルなどの総合的な機能を備えた「宮サイクルステーション」(栃木県宇都宮市川向町)を開設したと発表した。オープンのイベントには自転車のプロロードレースチームの「宇都宮市ブリッツエン」の選手らも訪れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、栃木県宇都宮市の自転車愛好家や観光客に利用を呼び掛けた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するレンタサイクルなどを行う栃木県宇都宮市のサイクルステーションは、地元のNPO法人宇都宮まちづくり推進機構(栃木県宇都宮市中央)が運営することになった。サイクルステーションの面積は、約55平方メートルの平屋で、レンタサイクルのほか男女別のシャワーやトイレ、修理工具などが2012年3月までは無料で利用することができるという。また、レンタサイクルとしてはロードバイクなど高速走行できるレンタル自転車も15台用意され、1日1,000円でレンタルで貸し出しすることが可能だ。平日夜などに「宇都宮市ブリッツエン」のプロロードレース選手から直接自転車の乗り方や健康作りを教わることができる講座も予定している。オープニングセレモニーに出席した佐藤栄一栃木県宇都宮市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も含めて、車と公共交通の共存のため二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車が果たす役割は大きい」と新しい栃木県宇都宮市の姿に期待を込めた。宇都宮市ブリッツエンの廣瀬佳正キャプテンは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題と人間の健康に良い自転車を使って、栃木県宇都宮市の皆さんの生活に変化が生まれればいいと思う」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策

 京都府京都市では、地球温暖化の原因防止対策の一環として清涼飲料水を量り売りするなど環境に優しい「エコ・コンビニ」を、京都市役所内に2009年6月23日から3カ月限定で設置している。地球温暖化の原因防止対策としてのマイボトルの普及に取り組む京都市民団体が運営しており、食料品や飲料など150~200種類の商品を販売するが、缶やペットボトル飲料は置かず、客のマイボトルに店員がジュースやお茶などの中身だけを機械から注いで販売する形態をとっている。飲料用の大型冷蔵庫が不要で地球温暖化の原因防止対策のエネルギーの削減につながるほか、ゴミ減量にも役立てる狙いとしている。京都市は地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルとして成り立つのかを検証し、京都市以外に全国に拡大したい考えのようである。 
 また、栃木県宇都宮市が地球温暖化の原因防止対策の一環として展開する「もったいない運動」に、自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」がチームを挙げての参画を表明した。選手たちは地球温暖化の原因防止対策のロゴが入ったユニホームでレースに参戦することになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは左肩にプリントされているため、自転車競技ではメディアなどへの露出効果が非常に高いことになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは物を大切にし、人を思いやる心を大きなハートで表現しており、節約や倹約など栃木県宇都宮市の環境対策への取り組みに賛同したブリッツェンが、無償の掲示を決めた。また、選手、スタッフ全員は地球温暖化の原因防止対策やゴミ減量に取り組むことを誓う「もったいない宣言」に登録し、実践面でも運動に協力していくとしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら