TOPページ > 検索結果

検索結果 【太陽光発電】

東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都国立市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として電気自動車(EV)の普及拡大を推進するため、2011年4月から、東京都国立市役所北東端の空き地に電気自動車用の急速充電器を設置し、東京都国立市民向けに5年間無料で提供すると発表した。電気自動車(EV)用の電力はすべて、東京都国立市役所屋上に設置予定の太陽光発電パネルで発電した電力で賄う。東京都国立市は、本年度、東京都の補助金を受けて、東京都国立市内の介護事業者に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の購入費を一部補助する事業を始めた。東京都のモデル事業のため対象は一介護事業者のみで、既に選定を終えている。今後、東京都国立市は、この事業者の協力を得て、電気自動車(EV)の走行距離などのデータを収集・分析し、バッテリーの小型化による価格低減など普及策を自動車メーカーに提案するという。東京都国立市は、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みで、東京都国立市役所敷地内に出力50kw程度の急速充電器と、容量5kwの太陽光発電パネルを設置することにした。太陽光発電システムの電力は、東京都国立市庁舎内で使用し、急速充電器の電力供給は別にするが、差し引きで太陽光発電量が上回れば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電力を賄ったことにする。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルの発電量などを表示するモニターも東京都国立市役所ロビーに設置する予定をしており、東京都国立市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電の効果を市民に実感してもらうとともに、東京都国立市民のニーズに応じた新たな電気自動車(EV)の車種や、市民が買いやすい価格の電気自動車(EV)の開発につながれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都国立市は電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

山形県は山形県内のクリーンエネルギー資源量調査で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 山形県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の資料とするため、山形県内の太陽光発電や風力発電、バイオマスなど地域に眠る再生可能クリーンエネルギーの資源量を市町村別に把握する調査を行っている。山形県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る調査は、1997年度にまとめて以来13年振りとなる。再生可能クリーンエネルギーの最新状況を把握することで、山形県として重点的に導入すべき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能クリーンエネルギーを明らかにし、将来的な活用に役立てたい考えだという。再生可能クリーンエネルギーの調査は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する山形県内の地熱発電、太陽光発電、風力発電、雪氷熱発電、波力発電などに係る11項目となっており、山形県内の地域に眠る潜在的なエネルギー量(潜在的賦存量)や、山形県内の地理的条件や実現コストなど条件を加味して現実的に利用でる再生可能クリーンエネルギー量(期待可採量)を発電量などに換算して試算していく。また、山形県内における各市町村別のエネルギー消費量と再生可能クリーンエネルギー導入量を比較し、山形県内の市町村別のエネルギー自給率を算出するという。1997年度の調査では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる山形県全体の再生可能クリーンエネルギー自給率はたったの2.3%だった。このほか、山形県内の東根市、最上町、飯豊町など7市町を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、木質ペレット、風力発電、バイオマスなど再生可能クリーンエネルギー各事業の採算性や運営方法などを検討する。事業は、総務省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「緑の分権改革推進事業」で山形県を含む34道府県で実施する。調査は、民間シンクタンク「循環社会研究所」(東京都新宿区)に委託し、2010年度中に調査結果をまとめ、山形県が策定中の「山形県地球温暖化対策実行計画」に盛り込む方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県は山形県内のクリーンエネルギー資源量調査で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPR

 アメリカのオバマ大統領は、グリーン・ニューディール政策を進めているが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する再生可能エネルギー促進計画の一環として、ホワイトハウスの屋根に太陽光発電パネル2枚を設置すると発表した。アメリカを象徴するホワイトハウスが率先して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電パネルを取り入れることで、アメリカ国民の間で再生可能エネルギー導入の機運を高めるのことを目的としている。アメリカのスティーブン・チューエネルギー長官によると、ホワイトハウスへの太陽光発電パネル納入業者は入札で決定するという。ホワイトハウスではかつて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ジミー・カーター元大統領が在任時に太陽光発電パネルを設置したが、次に就任したロナルド・レーガン元大統領が撤去させている。また、アメリカの国有地のほとんどを管理する内務省は、アメリカカリフォルニア州南部の砂漠地帯で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、半導体技術テセラと石油シェブロンが進める太陽エネルギー開発プロジェクトへの認可を発表した。オバマ大統領は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを促進しながら経済を発展させるグリーン・ニューディール政策を掲げている。2009年の景気刺激対策として、政策促進と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指して、太陽エネルギーなどの再生利用可能エネルギーの促進を盛り込んでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPRはこちら

大阪府門真市のパナソニックは環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 パナソニック(大阪府門真市大字門真)は、創業100周年を迎える2018年に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境エネルギー事業の売上高を現状の5400億円から、3兆円以上に引き上げることなどを盛り込んだ環境戦略を発表した。家電の省エネ化を推進するほか、太陽光発電リチウムイオン電池などの普及推進によって、事業活動での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進める。パナソニックの大坪文雄社長は、「パナソニックは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境貢献と事業成長を一体化して取り組む。家電製品がつながり、知らず知らずに地球温暖化の原因防止対策のエコになる暮らしを提供する」と説明した。「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する家電製品から太陽光発電、住宅設備をまるごとで提供できるのはパナソニックだけ」と述べ、完全子会社化する三洋電機(大阪府守口市京阪本通)及びパナソニック電工(大阪府門真市大字門真)との相乗効果発揮を急ぐという。パナソニックの環境行動計画「グリーンプラン2018」では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減貢献量を2005年度基準で1億2,000万トンに引き上げ、業界トップクラスとなっている省エネ製品が総売上高に占める割合も2009年度と比較して約2倍の30%とすることも盛り込んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の目標達成のため、パナソニックの工場等で使われている再生資源の再活用を一層推進し、産業廃棄物のリサイクル率を99.5%にまで引き上げる。さらに、事業活動に伴う水や化学物質の地球環境問題への負荷を最小化するため、積極的に法規制に対応していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニックは環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 シャープ(大阪府大阪市阿倍野区長池町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するアメリカの太陽光発電プラント開発会社、リカレント(アメリカカリフォルニア州サンフランシスコ)を買収することで合意した。買収を機に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーンニューディール政策」でソーラー関連市場が拡大しているアメリカで、再生可能エネルギーの太陽光発電事業への本格的な進出を目指すという。買収金額は今後交渉し、年内には買収を完了させる見込みだという。リカレントは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電プラントの開発及び販売専門業者で、北アメリカで再生可能エネルギーの太陽光発電所の開発案件を多数手がけている。現在はアメリカ、カナダを中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、出力合計約200万kwの太陽光発電所の開発を計画しており、欧州でも太陽光発電事業を展開している。シャープによると、アメリカでの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再生可能エネルギーの太陽光発電事業は、発電所を開発、設置する事業者、発電所に太陽電池パネルなど部材を供給する事業者など分業態勢となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電事業への進出には、発電所開発を担う事業者の買収が不可欠だったという。シャープは発電所への太陽電池パネル納入に加え、アメリカでの太陽光発電事業へ本格参入する態勢を整えた。シャープは7月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イタリアの電力大手エネルグループと再生可能エネルギーの太陽光発電事業の合弁会社を設立している。欧州での太陽電池パネル生産に加え、再生可能エネルギーの発電所建設を検討するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する海外事業を強化している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催

 埼玉県川口市のNPO法人「川口市民環境会議」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月16日に開校する「かわぐち自然エネルギー学校」の参加者を募集している。来年2月まで毎月1回計5回の自然エネルギーに関する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する授業を行うという。川口市民環境会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、これまでさまざまな省エネ対策などの活動を続けてきた。さらに活動を一歩進めてクリーンな自然エネルギーを作る活動にも力をいれたい」と話している。自然エネルギーによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対に関心のある人や自宅に太陽光発電システムの設置を検討している川口市民などが受講対象になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基礎知識を学ぶほか、実際に太陽光発電システムのパネル製作も予定しているという。定員は先着順で30人で参加費は5回分3500円となっている。会場は、リリア(川口総合文化センター:川口市川口3-1-1)、川口市婦人会館(川口市上青木西1-2-19)、川口市朝日環境センター(川口市朝日4-21-33)で行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催はこちら

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書

 神奈川県川崎市幸区にある新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する白書として、初めて「再生可能エネルギー技術白書」をまとめた。クリーンエネルギーである太陽光発電風力発電などの再生可能エネルギーと、その導入拡大を支えるスマートグリッド(次世代送電網)技術の現状と今後のロードマップ(技術開発目標)を記載している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる再生可能エネルギーの中でも、特に、太陽熱発電は普及の可能性が高く、諸外国への輸出に期待がかかる。再生可能エネルギーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、新たな産業創出にもつながるものである。国のエネルギー基本計画では、2020年までにエネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合を1割まで増やすことを目指している。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の白書では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、主力の太陽光発電、風力発電、バイオマス発電を始め、新たなクリーンエネルギー技術として注目される太陽熱発電や波力発電など17種類の再生可能エネルギーを取り上げている。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの中で重視しているのは、太陽熱発電だといい、これは太陽熱で作った蒸気・高温ガスでタービンを回して発電するクリーンエネルギーである。世界的には、アフリカ、中東、インド北西部、アメリカ南西部など日射量が多く乾燥した地域が適地であるといえ、実際にアメリカやスペインでは、既にクリーンエネルギーの太陽熱発電の実用設備が稼働しており、その他の国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から再生可能エネルギーの太陽熱発電の導入計画が相次いでいる。太陽熱を集める再生可能エネルギーの太陽熱発電の方式の主流はトラフ型太陽熱発電であり、次いでフレネル型太陽熱発電、タワー型太陽熱発電となっている。トラフ型太陽熱発電は、太陽の光を樋の形をした鏡で集めて蒸気や高温ガスを作る仕組みとなっている。フレネル型太陽熱発電はトラフ型の変形で平面の鏡を使って熱を集める。タワー型太陽熱発電は、塔の上部に設けた集熱器の周囲に多くの鏡を配置し、光を集めることによって熱を取り出す仕組みとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、再生可能エネルギーの太陽熱では夜間や曇天時に発電できないが、晴天時の熱を蓄えられれば一日中運転が可能なことから、今後、蓄熱技術の進歩と大幅なコスト削減が太陽熱発電の導入拡大の重要なキーになる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることからも、再生可能エネルギーの太陽熱発電の国際市場は急拡大中である。日本は太陽熱発電の実績はないが、再生可能エネルギーの技術力がある」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書はこちら

風力発電と太陽光発電の街灯で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 自動車部品メーカーである有馬技研(静岡県掛川市)の関連会社の日本エネルギー開発が風力発電太陽光発電という2種類の自然エネルギーで発電し、発電時に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない街灯「エコ・ファニチャー」を開発したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にやっと取り組み始めている中国を始めとする海外企業との提携も進めながら展開し、100台の販売を目指す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーの風力発電用の風車の素材には、軽いアルミニウムを採用している。静岡県掛川市で長年にわたって自動車部品製造で培った加工技術を生かし、風車は1枚板で強度の高いきれいなカーブを成形している。また、環境問題へ配慮して、全体を濃い茶色に塗装することで家具(ファニチャー)のように周辺の景観に溶け込むように工夫したほか、自然エネルギーの太陽光発電パネルの面積は既存のエコ街灯に比べて小さめとし、デザインを電灯部分と一体化させているのも特徴となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に細やかに対応するため、太陽光発電量の変化によって昼夜を識別し、街灯の点灯・消灯は太陽光センサータイマーで自動的に管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電と太陽光発電という自然エネルギーの独立電源であることから、電線のない場所にも設置でき、災害による停電時でも点灯することができる。照明部には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果があるLED(発光ダイオード)を使用しており、寿命は約10年で従来の水銀灯と比較すると3.3倍にまでになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の街灯の高さは5.5メートルで最大出力は315wとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 風力発電と太陽光発電の街灯で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

北陸電力がリチウムイオン電池蓄電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策

 北陸電力(富山県富山市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、自然エネルギー太陽光発電風力発電による電力を安定供給するための課題でもあったリチウムイオン電池蓄電システムの具体的な実証試験を開始したと発表した。3年程度かけて、北陸電力ではリチウムイオン電池蓄電システムの性能を見極め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実用化を目指すという。北陸電力の実証試験では、エナックス(東京都文京区音羽)が開発した蓄電容量50kwhのリチウムイオン電池2台を北陸電力の自然エネルギーである「志賀風力・太陽光発電センター」(石川県志賀町)の風力発電設備に接続して、風力発電の発電量が多い場合は充電し、少ない場合は放電することで風力発電の電力供給量の安定を目指すという。北陸電力は2006年からリチウムイオン電池を使った自然エネルギーの蓄電の研究を始めており、蓄電池の性能を継続して検証してきたが、実際の自然エネルギーの風力発電設備に接続するのは初めてであり、今後、太陽光発電にも応用して実験を行っていくという。国は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境対策の一環で自然エネルギーによる発電を促しているが天候に左右されるため電力供給を一定に保つ技術が課題。北陸電力の研究は、経済産業省の外郭団体である「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る委託事業であり、電力関連業界では九州電力(福岡県福岡市中央区)もリチウムイオン電池蓄電システムの研究を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北陸電力がリチウムイオン電池蓄電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

青森県で風力発電所のスマートグリッドによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 日本風力開発(東京都港区新橋)、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)、パナソニック電工(大阪府門真市・東京都港区東新橋)、日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、青森県六ヶ所村において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界初の大規模蓄電池併設型風力発電所を活用した住民居住型のスマートグリッド実証実験を始めたと発表した。「スマートグリッド」は、計測機器等を内蔵した装置とICTを駆使し、電力需給を自動調整及び最適化できるようにした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した次世代電力網のことである。スマートグリッドには、風力発電などの新エネルギーによる発電設備、電気自動車・プラグインハイブリッド車や蓄電池、蓄熱機器などの蓄エネルギー機器を導入する必要がある。今般、日本風力開発、トヨタ自動車、パナソニック電工、日立製作所は、風況に恵まれおり、風力発電導入量が国内最大の青森県六ヶ所村において、東北電力による系統電力から完全に独立した電力網のクローズドグリッドを構築し、実際に居住する人間の需要と供給の連動を支える技術開発と共同での実証実験を行う。実験には既に設置されている青森県六ヶ所村二又風力発電所を利用し、六ヶ所村の分譲地である「青森県尾駮レイクタウン北地区」内に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験棟として「スマートハウス」6棟を新設し、スマートグリッドによる実生活環境を構築するという。さらに、スマートハウスには、3種類のホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)のほか、スマートメーター、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設備などを設置する。使用する乗用車としては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるトヨタ自動車のプリウスプラグインハイブリッド8台を利用する。このスマートグリッド電力網は、世界初の大規模蓄電池併設型風力発電所を活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものとなっており、風力発電と太陽光発電の自然エネルギー発電を電源として電力供給側と需要側を協調させ、実証する青森県六ヶ所村地域全体でエネルギーマネジメントを行い、エネルギー効率の最適化を実証するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 青森県で風力発電所のスマートグリッドによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 兵庫県三田市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでおり、三田内の全小中学校で太陽光発電設備の整備が完了し、各校の設備は今月中にすべて稼働する予定だという。三田市立松が丘小学校では、4年生が太陽光発電設備を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の学習を行った。太陽光発電設備の発電状況などを専用のカラーモニターで常時確認できることから、児童たちは刻々と変化する数値を興味深そうに見ていた。太陽光発電設備については、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)排出量を削減するとともに、省エネルギー対策や環境保全対策に対する子供たちの意識を高めるため、兵庫県三田市教育委員会が三田市内の各校に設置したもので、設計・工事費約5億6千万円は、国からの交付金を活用したという。兵庫県三田市内の各校の屋根や屋上に、1.5平方mの太陽光発電パネルが96枚取り付けられ、最大で約20kwを発電することが可能であり、校内で使用される電力の約2割を賄うことが可能だという。このため、太陽光発電設備によって1年間で、東京ドーム1個分の森林が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減できるという。学校内には太陽光発電のモニターが置かれ、発電されている電力や校内で使われている電力量、さらには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量などを表示することができるため、これらを環境問題の学習に役立てるという。この日は総合学習の一環で、三田市教育委員会の職員が、三田市立松が丘小学校の子供たちに太陽光発電の仕組みや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることなど環境問題への影響を話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)は、今般、平成32年度までの経営計画を公表した。その中で、東京電力は地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、10年間で原子力発電所建設及び火力発電所の効率化に2.5兆円を投資することに加えて、アジアを中心とする海外の発電事業を地球温暖化の原因防止対策に係る成長事業と位置づけ最大1兆円を投資することを表明している。東京電力の新たな収益源とする海外を含む成長事業の経常利益は、32年度に21年度比約2.2倍の1200億円に引き上げる計画となっている。清水正孝東京電力社長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減問題やアジアでのエネルギー消費の増大などエネルギーの環境をめぐる情勢は大きく変化している。経営環境の変化をこれまで築き上げてきた東京電力の事業活動を展開するチャンスととらえ、東京電力グループの成長にしたい」と話している。東京電力の経営計画によると、東京電力は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、原子力発電所増設、火力発電所の高効率化以外にも太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの活用も推進するという。国内外で大規模太陽光(メガソーラー)発電所を設置するなどして、発電電力量に占める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電力量の割合を21年度の33%から50%以上に高める目標を定めている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、国内では空調や給湯など電気を使用していない割合が多い分野の対策として電化を働きかける。今後10年間で300億kw時の電化を目指し、32年度に1千万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する考えだという。一方、東京電力の海外事業は発電事業への出資を進め、出資分の発電出力を現状の約3倍の1千万kwを目指し、中国やインドなどアジア市場では火力発電を中心に展開していくこととしている。今年度中にアメリカ及びイギリスに次ぐ海外拠点として、中国北京に東京電力の事務所を設ける。海外の原子力発電所では、東京電力が豊富な実績を有する改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を売り物に、原子力発電所導入済みの先進国の原子力発電所事業などに参画するという。燃料調達も強化し、ウラン及び液化天然ガス(LNG)については、東京電力の参画事業からの調達比率を32年度までにそれぞれ引き上げる計画を有している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 東京エレクトロン(東京都港区赤坂)、JSR(東京都港区東新橋)及びイビデン(岐阜県大垣市神田町)の3社は、技術開発を目的にした団体「次世代LICリチウムイオンキャパシター)総合技術研究組合」を設立したと発表した。各社が得意とする地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する技術を持ち寄り、今後エネルギーの有効活用で重要となる蓄電装置であるLICの次世代型を開発するという。リチウムイオンキャパシター(LIC)の適用範囲を拡大して、成長が見込まれる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境問題・エネルギー分野で事業強化を図る方針だという。リチウムイオンキャパシター(LIC)は、負極にリチウムイオン電池と同じ材料を使った蓄電装置である。蓄電装置はリチウムイオン電池(LIB)が知られているが、LICは徐々にではなく瞬時に大電力を蓄積・放出できることが特長となっていることから、エネルギー回生用途に向くとされ、産業機械への供給電圧を一定に保って誤動作や故障を防ぐ瞬時電圧低下補償装置に利用されている。次世代LIC総合技術研究組合の幹事会社はJSRで、理事長はJSRから、副理事長は東京エレクトロンから就任している。次世代LIC総合技術研究組合は、2012年度まで約7億円の予算で活動し、従来にないセル構造や新しい素材を使用した組立技術を確立することによって、エネルギー密度が現在の約5倍となるコンパクトな製品を開発することを目標としている。JSRは高エネルギー密度化のための材料及び材料評価技術並びにセル・モジュールの設計及び設計評価技術、東京エレクトロンは生産コストの削減可能な製造装置システム、イビデンは高エネルギー密度化パッケージ及びセル実装技術をそれぞれ担当するという。LCIはLIBと併用できることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る電気自動車、太陽光発電、風力発電など幅広い環境問題の分野への応用が可能となっている。3社は次世代型のLCIが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る環境・エネルギー部門の事業拡大になると判断し、同組合を組織し、共同で開発することにしたという。次世代LIC総合技術研究組合の活動は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代戦略技術実用化開発助成事業」で採択されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リチウムイオンキャパシター(LIC)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策

 東京ガス(東京都港区海岸)と大阪ガス(大阪府大阪市中央区)は、太陽光発電や太陽熱、電気が補完し合う次世代型の地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」を構築するため、実証事業を共同で実施している。化石エネルギーや自然エネルギーを効率的に使い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する目的の経済産業省の補助事業で、今年度から東京都と大阪府、兵庫県などに地球温暖化の原因防止対策のシステムを構築して3か年をめどに実証実験を続けている。実証実験では、太陽光発電設備や太陽熱で温水装置、ガスを使用して発電と熱供給をする地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションシステムを一定のエリア内に設置する。エリア内には、既存の送電網に加え温水を運ぶ配管を敷設し、エネルギーの流れをITで制御するという。地球温暖化の原因防止対策になるとはいえ太陽光発電や太陽熱は、出力及び熱量が天候に左右されて不安定なため、コージェネレーションによって出力を調整するが、電力会社が主体となって研究する「スマートグリッド」の大型蓄電池よりも低コストにできる可能性があるという。東京ガスは、東京都荒川区にある東京ガスの研究施設などビル2棟と特別養護老人ホームで実証を行う。両施設には既に地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションや太陽光発電置などを備えているが、より高性能なものに更新する。大阪ガスは、東京ガスと同様の地球温暖化の原因防止対策のエネルギーネットワークを備えるエリアを大阪府や京都府などにつくり、また、小規模な太陽光発電所を兵庫県などに設け、既存の送電網を使って各エリア間で電力を融通し合うという。これらの事業で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できる見込みという。東京ガスと大阪ガスは地球温暖化の原因防止対策の実験データを共有し、どのような設備配置が二酸化炭素(CO2)排出量削減に効率的かを検証している。これに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、政府は事業費の2分の1最大6億円まで補助金を支給するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスと大阪ガスが二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因対策はこちら

パナホームはエコ住宅で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 パナホーム(大阪府豊中市)は、省エネルギー地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、エコ住宅の提供に積極的に取り組んでいる。パナホームは、7月には滋賀県東近江市の工場に、太陽光発電や家庭用燃料電池による発電装置を備えるほか、蓄熱材や発光ダイオード(LED)照明の採用による省エネルギー化によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を計算上ゼロに削減するエコ住宅を完成させ、平成23年度中の商品化を視野に実証実験を繰り返している。このエコ住宅は、パナソニックグループと東京大学(東京都文京区本郷)の産学連携による地球温暖化の原因防止対策の開発だという。エコ住宅には、蓄熱機能を持つ床や部屋間で熱を融通できるシステムを備え、空調や照明はパナソニックグループの最新の省エネ製品を使用している。エコ住宅がいくら地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、省エネルギー対策の性能に優れた環境問題に配慮した商品であっても、価格が高いと売れない時代なので、コストダウンは厳しくし、現在のパナホームの標準的な住宅の価格帯から大きく外れないようにしていくという。太陽光発電などで昼間に発電した電力を蓄え、夜間に使用可能なリチウムイオン蓄電池の搭載計画もあり、数か月以内に実験住宅に搭載して検証を開始するという。1年間の実験データを集めて、信頼性や経済性を確認し、商品化の道を探り、採用する電池はパナソニック製のほか、子会社の三洋電機製も選択肢として最適化を図るという。エコ住宅にチウムイオン蓄電池を取り入れると、より効率的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量ゼロを実現できるので、パナソニックグループの総力を結集して実現させたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナホームはエコ住宅で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電バイオマスなどの分散型の新エネルギーと天然ガスの熱電併給のコージェネレーションシステムを組み合わせ、省エネルギーと二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する「スマートエネルギーネットワーク」を実用化すると発表した。まずは、2016年度の竣工を目指すJR田町駅東口芝浦再開発(東京都港区)にスマートエネルギーネットワークを導入し、ガス、電力、熱の最適なエネルギーを供給するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電であるが、天候に左右されるという欠点がある。供給が不安定な太陽光発電を燃料電池やコージェネレーションなどの分散型電源を組み合わせることで、それを補い、大規模なエネルギー供給システムとして一元管理し、省エネルギーや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげるのが目的の技術である。東京都港区で行われている芝浦再開発は、東京ガスと三井不動産(東京都中央区日本橋室町)、三菱地所(東京都千代田区大手町)との共同開発を予定しており、オフィスビルや店舗などで構成される複合施設で、敷地面積は約2万8000平方メートルと大規模である。東京ガスでは、複数のビルの地域冷暖房プラントを連結することによって、最新の高効率機器を導入した単体のビルに比較しても10%超の省エネルギーと、25%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。熱供給能力は24,000~28,000kwで、コジェネシステム(4,000~5,000kw)、燃料電池(100~300kw)などを導入し、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電や太陽熱エネルギーなどの再生可能エネルギーも利用するという。東京ガスは東京ガス横浜研究所(神奈川県横浜市鶴見区)で、2006年から地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」の実証試験をスタートしているが、政府の補助金を活用した二酸化炭素(CO2)を排出しないフィールド実証試験や、既存のオフィスビルや商業施設を含めた再開発地区にも地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を応用する考えだという。東京都の築地市場の移転予定先の豊洲地区(東京都江東区)の東京ガス所有地の再開発でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した低炭素社会を実現する「スマートエネルギーネットワーク」による街づくりを検討しているという。豊洲再開発は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーの活用も検討し、エネルギープラントの投資額は100億円を超える規模になる見通しだ。電力会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、IT(情報技術)を活用し、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーの導入を進める次世代電力網「スマートグリッド」の実現に向け、技術開発を進めている。これに対して、都市ガス会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、分散型電源を活用することで、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーと組み合わせた「地産地消」型の地域エネルギーインフラの整備を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省・資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、離島マイクログリッドの実証事業を推進しており、沖縄県の離島4島の総事業費約70億円のうち3分の2が補助金として支出される。太陽光発電と風力発電、蓄電用リチウムイオン電池などを組み合わせた小規模電力供給網であるマイクログリッドの実用化に向けた取り組みが、沖縄県の離島で本格化し始めた。沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は今月から10月にかけて、沖縄県内の4島で試験的に電力供給を開始する。管内に離島が多い九州電力(福岡県福岡市中央区)も6島で電力供給しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての環境問題への対応や離島の発電コスト低減を実現する手段として期待されている。敷地内で生み出す自然エネルギーで電力消費をまかなう省エネビルなどへの応用も進むことだろう。沖縄電力は、多良間島に新たに設置した太陽光発電システム設備は250kwで、多良間島の最大出力に対する太陽光発電の割合は22%にのぼるという。ただ、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電システムは日照などの自然環境に大きく左右されるため、電源が出力不安定という課題を抱えている。このため、実証試験では、太陽光発電システムからの電力の安定供給を確保するため、太陽光発電の出力制御、蓄電用リチウムイオン電池を活用した余剰電力対策、周波数の変動抑制などを行うという。多良間島では、2014年3月までこうした試験を続け、太陽光発電システムと既設の風力発電システムとも組み合わせ、電力系統に影響を与えない運用方法を探るという。10月には、最大規模となる宮古島での試験を始め、電力会社として初めての運転となる出力1000kw以上の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置する計画だという。これまでの離島における電力供給は、重油を燃料として内燃力機関を動かし、接続している発電機を回す方法が主流となっており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は多くなっている。離島では、火力発電所や原子力発電所から送電される電力系統とは異なる独立した電力系統となっており、同じ独立電力系統型のマイクログリッドの実用化にめどがつけば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進めるためにマイクログリッドに全面移行し、離島内のエネルギー消費をすべて再生可能な自然エネルギーでまかなうことも可能だという。また、マイクログリッドは再生可能エネルギーを活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロにすることを目指した省エネビルや工場などにも応用ができるため、導入を建設会社などに提案することもあり得る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄電力と九州電力がマイクログリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

鳥取県はグリーン・ニューディールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 鳥取県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「鳥取県グリーン・ニューディール」の方針を掲げている。これは、鳥取県が環境を大きなキーワードとして、鳥取県内で培ってきた技術や企業誘致などにより、鳥取県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現させるというものである。具体的な取組みとしては、鳥取県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電や太陽光発電システムなどの自然エネルギーの活用とスマートグリッドの実現などを目指している。このような状況の中、「ガイナーレ・ソーラープロジェクト」を先導するナノオプトニクス・エナジー(京都府京都市左京区)の代表取締役社長の藤原洋氏は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について、鳥取県は大きな目標を立てている。ナノオプトニクス・エナジーは、民間企業としてその地球温暖化の原因防止のための具体策を提示していく」と鳥取県を初めとした地元地方自治体との連携を強調している。藤原氏は、鳥取県について、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模風力発電所のメッカであり、太陽光発電システムが最も普及しやすい場所だと考えている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラープロジェクトでは、電力供給最適化のスマートグリッドも組み合わせ、鳥取県を最先端のクリーンエネルギー地域にしたい」と話している。ガイナーレ・ソーラープロジェクトが展開される鳥取県は、人口が約59万人で、世帯数は21万であり、そのうち、16万世帯が一戸建てだが、この16万世帯がターゲットになるという。鳥取県の家庭用太陽光発電システム設備の設置状況は、1990件で合計7807kWになるが、都道府県別では43位と低位に位置している。こうしたことから、鳥取県も家庭用太陽光発電システム設備の設置の余力はかなりあるといえる。しかし、太陽光発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与するとはいえ、初期投資が大きいという大きなハードルがある。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム設備に対して、国や地方自治体の補助金が支給されるとはいえ、一戸建てでは200万円程度、地方自治体や企業の施設設備では数千万円の初期投資が必要になる。そこで、鳥取県の地元を中心とした金融機関と共同で売電収入を返済に充てることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム設備の初期費用が借りられる「ソーラーシステムローン」も展開する。鳥取県では、10年間で2万世帯相当に家庭用太陽光発電ソーラー設備を設置することを目標にしているが、ガイナーレ・ソーラープロジェクトで10年で10万世帯に設置できると予測も示した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラーの収益の一部を、鳥取県を本拠地とするサッカークラブ「ガイナーレ鳥取」にブランド使用料として支払うという。このまま行けば来シーズンはJリーグに昇格できる位置にいる。「ガイナーレ鳥取は鳥取県の夢。しかし、財源は潤沢ではないので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のガイナーレ・ソーラープロジェクトで資金を集めたい。最終的には、J1に上がれるくらいの支援をしたい」と話している。ナノオプトニクス・エナジーは、鳥取県米子市の旧JTの工場で電気自動車(EV)の製造を始めることも発表している。「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の関連事業として、事業規模は電気自動車(EV)が一番大きく、太陽光発電の10倍の規模になるのではないか。しかし、電気自動車(EV)は立ち上げに時間がかかるので、まずは太陽光発電システム設備から手がける」とする。ガイナーレ・ソーラーの製造は、旧JT米子工場を使い、9月中旬から製造を開始し、ガイナーレ・ソーラーの第一号設置は11月ごろになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 鳥取県はグリーン・ニューディールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 住友林業(東京都千代田区大手町)は家庭でエネルギーを作り出すことで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減し、使用せずに余った電力の売却でエネルギーコストを低減できる木造住宅「NewSolabo」(ニュー「ソラボ」)の販売を沖縄県を除く全国で開始したと発表した。住友林業の家の地球温暖化の原因対策に係る環境性能はそのままに、新たに太陽光発電や家庭用燃料電池などのユーザーの選択枝を増やすなど、住宅設備を大きくグレードアップしているのが特徴である。選択可能な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのバリエーションを拡大し、新たに発電効率が高い太陽光発電システムを導入した。住宅の外装材に使用する「シーサンドコート」は、ホタテ貝の貝殻から作ったもので、海中の二酸化炭素(CO2)からできる炭酸カルシウムを主成分としていることから、地球温暖化の原因の炭素の固定にも貢献しているという。設備は、エネルギー効率の高い保温浴槽を採用したバスルームや、水の使用量が少ない食器洗い乾燥機などを装備している。また、ガスを燃焼させて発電と熱でお湯を作る「エコウィル」、ガスによる熱を給湯や暖房に利用できる家庭用燃料電池「エネファーム」も組み合わせることができるという。これを太陽光発電システムと併用することで、天候の影響を受けることなく太陽光発電システムの発電量を補うことが可能であり、さらに大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費の削減の省エネになるという。また、住友林業の家では、国産材を積極的に活用しており、木の伐採と植林を行うことで森林を活性化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の促進につなげている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

積水ハウスが神奈川県で二酸化炭素(CO2)削減住宅による地球温暖化の原因対策

 積水ハウス(大阪府大阪市北区)神奈川営業本部は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策を講じた神奈川県内における新しい商品として、発光ダイオード(LED)照明、電気自動車(EV)充電設備、太陽光発電及び家庭用燃料電池のW発電設備の3点を備えた環境配慮住宅「グリーンファーストLED―かながわ」を発売すると発表した。積水ハウスによると、この温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策を講じた住宅をセットで販売するのは、全国で初めてのことだという。地球温暖化の原因対策の環境配慮住宅は、敷地面積40坪程度で、家族4人のケースを想定しており、5.68kwの太陽光発電システムを屋根に設置することで、日常生活で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をゼロにすることができるという。当初、地球温暖化の原因対策の環境配慮住宅は、一般住宅に比べて400万円程度上乗せした初期投資が必要になるが、売電や省エネによって約10年で減価償却できる。積水ハウスが神奈川県から地球温暖化の原因対策の環境配慮住宅の販売を開始するのは、LEDやEVの普及を進める神奈川県の方針に賛同することや、神奈川県民の地球温暖化の原因対策への意識が高いと判断したことなどが理由だという。神奈川県内での地球温暖化の原因対策の環境配慮住宅の年間販売目標は200棟であるが、3年目は500棟の販売を目指している。松沢成文神奈川県知事は「温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、神奈川県としても大変心強い取組みである。他の住宅メーカーにも地球温暖化の原因対策が波及するように働き掛けていきたい」などとコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 積水ハウスが神奈川県で二酸化炭素(CO2)削減住宅による地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に寄与する太陽電池パネルの生産競争

 日本は地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に大きく寄与する太陽電池パネルの世界市場において、2005年に生産量トップ5のうち4社を独占していた地球温暖化の原因対策の国内太陽電池パネルメーカーが、2010年にはすべて脱落することが、ドイツの調査会社の調べで分かった。地球温暖化の原因対策の太陽電池パネルについては、世界的に広がっている太陽光発電事業として、米独のほか中国など新興国のメーカーも積極的に投資を行い、太陽電池パネルの生産能力を増強し安値攻勢をかけているからだという。日本を含めて各国とも太陽電池パネルなどの地球温暖化の原因対策の環境分野を今後の成長産業と位置づけており、官民一体の取組を強化している。そのような状況下で、国内勢の太陽電池パネルのシェア低下は、日本の産業競争力の低下を招き、将来の雇用喪失にもつながりかねない恐れがある。日本勢は、1970年代の2度にわたるオイルショックを契機として、地球温暖化の原因対策の太陽電池パネルを産業として発展させた。しかし、現在は、太陽電池パネルの製造技術の普及に加え、地球温暖化の原因防止対策問題で太陽光発電が次世代エネルギーとして脚光を浴びる状況下で、新たに参入する外国企業が増え、日本勢の太陽電池パネルのシェア低下が続いているという。ドイツフォトン・インターナショナルが各国の太陽電池パネルのメーカーの2010年の生産計画を調査した結果、1位には中国のサンテックパワー、インリーソーラーが3位、JAソーラーも4位に入り、米独勢も5位内を維持している。逆に、前年3位のシャープは6位に後退する。シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)は、今年3月に100万kwの生産能力を持つ堺工場の稼働を始めたほか、年内に英国工場の地球温暖化の原因対策の太陽電池パネルの生産能力を倍増させたほか、イタリアで太陽電池パネルの合弁工場も立ち上げる。京セラ(京都府京都市伏見区)は、7月に米国の太陽電池パネルの新工場を稼働させるなどで、前年度に比べ生産量を50%増加させる計画だという。コスト競争力でかなわない日本勢が地球温暖化の原因対策の太陽電池パネルの分野で生き残るためには、太陽電池パネルの発電効率や耐久性など品質で対抗するしかない状況に追い込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に寄与する太陽電池パネルの生産競争はこちら

再生可能エネルギーの普及で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年に新たに設置・整備された太陽光発電所や風力発電所など化石エネルギーに依存しない再生可能エネルギーによる発電容量は、世界各国の合計で約4800万kwに達し、2008年と比較あうると約22%の増加したとの調査報告書を「21世紀の再生可能エネルギーネットワーク(REN21)」が発表した。国連環境計画(UNEP)も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電所や風力発電所など再生可能エネルギー開発への投資に関する各国を調査した結果を発表した。地球温暖化の原因帽子対策やエネルギー安全保障の観点から、稼動時に二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所や風力発電所など再生可能エネルギーによる発電に対しての関心は高く、全世界的な経済不況下にもかかわらず、民間企業などの再生可能エネルギーへの投資は堅調だったと報告している。一方、日本の太陽光発電の新設容量は増えたものの、1位のドイツの約8分の1でしかなかったという。また、日本では、各国で急成長している風力発電の新設はきわめて少なく、2009年末での再生可能エネルギーの総設備容量は、1位の中国の約7分の1でしかなく、世界6位にとどまった。REN21によると、2009年に新たに設置された風力発電の容量は3800万kwで過去最高の数値となったという。そのうち、1380万kwが中国における設置であり、再生可能エネルギー設備の整備は急拡大している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 再生可能エネルギーの普及で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

ホンダソルテックは住宅用太陽光発電モジュールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 本田技研工業株式会社(東京都港区南青山)の太陽光発電分野の子会社であるホンダソルテック(熊本県菊池郡)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく期待されている最大出力130Wと120Wの住宅用太陽光発電モジュールと定格容量5.5kWのパワーコンディショナを新たに発売したと発表した。最大出力130Wの住宅用太陽光発電モジュールは、国内で市販されているCIGS系太陽光発電モジュールのエネルギー変換効率としては最高数値である11.6%を達成しており、これは太陽光発電層の品質の向上や生産技術の進化で対応したという。ホンダソルテックの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する太陽光発電装置は、インジウム、ガリウム、銅、セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で作られている。同社では、2007年から地球温暖化の原因対策の住宅用の太陽光発電モジュールの製造・販売を開始しており、2008年からは、公共産業用の地球温暖化の原因対策の太陽光発電モジュールの製造・販売を開始している。これまでホンダソルテックの地球温暖化の原因対策の住宅用太陽光発電モジュールは、最大出力125Wと115Wの2種類だけで、また、太陽光発電パワーコンディショナは4.0kWだけだった。住宅用の太陽光発電モジュールは地球温暖化の原因対策と省エネ対策として、これまでに約2250軒に採用されているほか、公共産業用の太陽光発電モジュールは、阪神タイガースのホームグラウンドである阪神甲子園球場や物流センターの倉庫や病院等約120の建物に設置された。今後、地球温暖化問題などから太陽光発電の需要の増加が見込まれる国内外での営業を進めていくとのことである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ホンダソルテックは住宅用太陽光発電モジュールで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、2009年度の電力量1kWh当たりの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(CO2排出係数)が0.265kgになると国に報告したと発表した。関西電力では、発電時に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が極めて少ない原子力発電設備の利用率向上や水力発電による発電量が増えたことなどから、CO2排出係数が前年度比で11%減ったという。この関西電力データは暫定値であり、正式には政府が12月上旬をめどに電気事業者別に公表することになっている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のCO2排出係数の0.265kgは、実際の二酸化炭素(CO2)排出量から関西電力が取得した京都議定書の定めによる二酸化炭素(CO2)排出枠などを控除した調整後の数字となっており、控除前の実二酸化炭素(CO2)排出係数は0.294kgだった。前年度では72.4%しかなかった原子力発電の利用率が77.0%に向上したことが、2009年度の二酸化炭素(CO2)排出量の低減に大きく貢献した形となっている。2009年度における実際の二酸化炭素(CO2)排出量は4161万tであり、購入した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映すると3757万tにまで減少し、販売電力量は1416億kWhとなった。二酸化炭素(CO2)排出係数は、二酸化炭素(CO2)排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量を販売電力量で割って算出することになる。この計算で算出すると、前年度の排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量は4360万t(二酸化炭素(CO2)排出枠の反映前は5173万t)、販売電力量は1459億kWhで、二酸化炭素(CO2)排出係数は0.299kg(同0.355kg)だったという。関西電力では、2008~2012年度の5年平均で二酸化炭素(CO2)排出係数を0.282kgまで低減させる目標を持っている。2008年度と2009年度の平均二酸化炭素(CO2)排出係数は0.282kgであり、2年間では目標を達成している。今後も関西電力では、原子力発電の利用率を高めるとともに、火力発電所の熱効率向上改善、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入拡大を図るほか、二酸化炭素(CO2)排出枠を積極的に外部から購入して目標達成を目指すという。

> 関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、太陽光発電燃料電池を組み合わせて電気を発電することによって、省エネ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現させた総合エネルギーシステムを岐阜県郡上市にある商業施設「クックラひるがの」に設置している。JX日鉱日石エネルギーが太陽光発電や燃料電池の総合エネルギーシステムを外部に設置するのは初めてであるが、経費は明らかにしていない。総合エネルギーシステムは、単に太陽光発電や燃料電池で発電を行うだけではなく、施設の消費電力量に応じて発電などを自動制御する機能を有しており、従来型の給湯器や電力を使った場合に比べて、年間6.8トン分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる能力があるという。今回の総合エネルギーシステムでは、停電時でも電気やお湯を供給できるようガスのコージェネレーション(熱電併給)システムも導入しており、施設内に設置したモニター画面で太陽光発電の発電状況や、施設のお湯の使用状況などが分かる仕組みとなっているという。また、太陽光発電では天候に左右され不安定な電源供給となることから、施設エリア内の送電に悪影響を及ばさないように、太陽光発電パネルで発電した電力を一旦、蓄電池に蓄えることで送電の安定化も図っているという。JX日鉱日石エネルギーは、今後、省エネと地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現する総合エネルギーシステムを商業施設を中心に販売していく考えだという。JX日鉱日石エネルギーでは、神奈川県横浜市に「ENEOS創エネハウス」を設置し、水素を使った家庭用燃料電池や太陽光発電を組み合わせた省エネ設備の実証試験を続けている。

> 岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための制度として、家庭や企業が太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気を電力会社がすべて買い取り、それに要する費用をすべての家庭における電気料金に上乗せする新制度について、新制度導入から10年後の標準的な家庭(月300KW時使用)の家庭負担額を、月額150~200円程度とする案をまとめた。この案を新制度の枠組みを検討している有識者会合に提示し、年内をめどに価格設定などの詳細を詰めるという。再生可能エネルギーで発電された電気を全量買い取る新制度は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と新産業の育成が大きく期待されている。しかし、電気買い取りにかかる費用がすべての利用者の電気料金に転嫁されることになることから、家庭や企業の負担がこれまでよりも重くなるという欠点を有している。現在のところ、電力会社は、昨年11月から家庭などの太陽光発電の余剰電力だけを買い取っている。国で検討されている新制度案では、太陽光発電のほか、発電技術が実用化されている風力発電、中小水力発電、バイオマス発電、地熱発電についても、家庭や企業などを問わず買い取り対象にするという内容になっている。買い取り価格は太陽光発電を除いた各エネルギーについて、1KW時につき15~20円を想定しており、買い取り期間は15~20年であるが、太陽光発電は10年で調整しているという。電力の買い取りについては、制度制定後に導入した発電設備が対象となるが、既存設備についても買い取り価格を下げるなどの対応を行うという。すべて合わせると、電気の買い取り費用は4600億~6300億円となり、制度導入後の10年には最大2900万トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が抑制できる計算になるという。経済産業省は3月に、家庭の月額負担が10年後に150~500円程度となる4つの選択肢を公表し、パブリックコメントで国民から意見を募り、費用対効果などを踏まえて作業を進めてきた。この結果、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとはいえ、電気料金の大幅な負担増には反発が強いと判断した。

> 電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

新エネルギー法(RPS法)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 資源エネルギー庁は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などを目的として制定された「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)」の平成21年度1年間の施行状況をまとめたものを公表した。「RPS法」は、電力会社に年間小売電力量の一定割合を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与することができる新エネ発電でまかなうことを義務づけるとともに、義務枠を満たさない事業者に対しては、義務枠以上の発電量がある事業者の発電分などの一定量を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する「新エネルギー等電気相当量」として購入するか、あるいは、他の事業者から新エネにより発電された電気を購入するかして、義務を果たすことを求めている法律である。発表によると、平成21年度は8万3,562件の設備が法に基づく地球温暖化の原因対策の新エネ発電設備の基準に適合していると認定され、新エネルギー法施行以降、平成21年度末までの地球温暖化の原因対策の新エネ発電設備の総認定数は51万9,966件となった。また、これらの地球温暖化の原因対策の認定設備で発電された電気供給総量は88億7,316万2,050kWhで、20年度の79億1,810万7,841kWhより増加したという。地球温暖化の原因対策のされた発電種類ごとの電気供給量は、風力発電が37億3,439万7,573kWh、バイオマス発電が32億2,323万1,093kWh、水力発電が9億5,338万4,201kWh、太陽光発電が6億8,121万9,881kWh、地熱発電が1,078万5,000kWh、複合型発電が532万1,071kWhの順となっているという。なお、地球温暖化の原因対策の特定太陽光発電(注3)からの電力供給量は、2億6,482万3,231kWhであった。一方、新エネ発電による地球温暖化の原因対策の義務が課せられた電気事業者は計42社となっており、その義務発電量総量は91億7,007万kWhにのぼったが、42社すべてが21年度の義務を履行することができたという。42社のうち21社が次年度に63億1,572万2,000kWh分を新エネ法に基づきバンキング(注2)したという。なお、このバンキングとは別に、地球温暖化の原因対策の義務が課せられた新エネ発電事業者12社が9,000万9,000kWh分をバンキングしていることから、21年度にバンキングされた総量は、64億573万1,000kWhとなっているという。なお、一般電気事業者は、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力となっている。(注1)新エネ発電設備の基準に適合していることの認定に関する規定は、平成15年4月からの法律の全面施行に先立ち、14年12月6日から施行されていたものである。
(注2)その年度の義務発電量以上に新エネ発電による電気を供給した場合には、義務超過分を次年度の義務履行のため持ち越すことができ、また、新エネ発電事業者が次年度まで「新エネルギー等電気相当量」を持ち越すことをいう。
(注3)太陽光発電設備による新エネルギー等電気のうち、「太陽光の新たな買取制度」により電気事業者に買取義務のある電気であり、RPS法の義務履行に充当できないもののことをいう。平成21年度の特定太陽光発電の供給量は、「太陽光の新たな買取制度」開始以降(平成21年11月1日~平成22年3月31日の間)のものであり、制度開始以前(平成21年4月1日~平成21年10月31日)は太陽光発電の供給量に含まれる。

> 新エネルギー法(RPS法)で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当

 京都府京都市は、京都市指定ごみ袋から得られる財源の活用方法などを検討するワーキングチームの会合を開催した。会議の中では、地球温暖化の原因防止のために実施している1リットル当たり1円の袋価格(処理手数料)を妥当と再確認したほか、財源を生かした助成事業の現状が報告された。8月中旬ごろまでに制度の改善点をまとめ、京都市に提言するという。京都市指定ごみ袋の収入から経費を引いた財源は毎年10億円前後となり、2010年度は9億6千万円を予算に計上した。京都市は2006年10月の制度導入以来、収入を一般財源になるにもかかわらず、「ごみ減量・まちの美化・地球温暖化の原因対策」に限定した財源とし、生ごみ堆肥化モデル事業や環境ベンチャーへの助成など、毎年約20の地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題の事業を展開している。京都市の会合では、有料化で家庭ごみが2割減った効果や、他都市で袋価格引き下げ後にごみ量が増えた事例が紹介され、袋価格を維持する方向性を再確認した。京都市の財源活用事業では、地域で古紙や古着を回収するリサイクルコミュニティ回収や、太陽光発電によるランタン開発など、これまでに助成を受けた団体が実績を報告した。その報告の中では、地球温暖化の原因防止や環境問題に寄与しているにもかかわらず、京都市への煩雑な申請手続きや制度の周知不足を課題とする指摘が相次いだという。

> 京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当はこちら

神奈川県厚木市の商店街が地球温暖化の原因ストップで地球に優しい街づくり

 神奈川県厚木市では、地球温暖化の原因防止対策として、厚木市なかちょう商店街の中に設置したエコステーションに、会員が生ごみを持ち込んでおり、この持ち込まれた生ごみは重量計で計測し、百グラムにつき一ポイントをポイントカードに加算している。生ごみを処理機で乾燥し、東京農業大学厚木キャンパス(神奈川県厚木市)に持ち込み、混入している不純物を除去している。これを、契約農家で堆肥として利用し、有機野菜を栽培している。この有機野菜は、ブランド「なかちょう野菜」として商店街で販売しており、循環サイクルを作っている。この他にも、厚木市なかちょう商店街には、地球温暖化の原因防止対策として、風力発電太陽光発電のハイブリッド街路灯が27基設置されているほか、空き缶・ペットボトルの回収機も設置している。厚木市なかちょう商店街では、地球温暖化の原因防止に寄与するため、平成13年に空き缶・ペットボトル回収機を設置してリサイクルによる商店街の活性化を開始した。さらに、発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素を排出しない太陽光発電と風力発電のハイブリット照明27基を設置し、エネルギーのエコ化も実施している。平成17年からはエコマネーを活用した生ごみリサイクル事業を本格的に実施し、エコポイントを発行して商店街で活用する仕組みを確立し、エコロジーな商店街として神奈川県内はもとより全国に発信している。さらには、その堆肥を農家と連携して活用し「なかちよう野菜」ブランドを作っている。この野菜は商店街で住民へ販売され、創作料理コンテストも実施されているほか、厚木市の飲食店でメニューとして商品化するといった取り組みを進めている。地域内での循環の仕組みを確立し、商店街の活性化に繋げていること、早くから地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素の削減の実践を進めていたこと、全国の商店街の地球温暖化の取り組みのモデルとなり得る取組みといえる。

> 神奈川県厚木市の商店街が地球温暖化の原因ストップで地球に優しい街づくりはこちら

日立がカナダ州と地球温暖化の原因防止の二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術で協力合意

 日立製作所は、カナダのサスカチュワン州政府と地球温暖化の原因防止対策として火力発電所の排出する温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)技術の実証実験やスマートグリッド(次世代送電網)など5分野で協力することに合意したと発表した。日立の中西宏明社長は2020年までにカナダでの地球温暖化の原因防止対策としての環境・エネルギーの累積事業規模を1000億円にまで高めるとともに、シンガポールなどでも同様の協力事業を展開したい考えを示した。日立はカナダサスカチュワン州の電力公社と2月、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素回収・貯留(CCS)の実証実験と石炭火力発電所の効率化で協力することに合意し、既に事業を始めているという。州政府との合意で、地球温暖化の原因防止対策として2つのプロジェクトの継続が確実になるとともに、太陽光発電や風力発電などの分野でも事業が進められる。中西社長とブラッド・ウォール州政府首相は調印式後に会見した。首相は同州で既に始めた地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)実証実験が実績を積んでいることを強調したうえで「二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)は地球温暖化の原因防止対策の必要性から計り知れない可能性がある」と、日立との協力関係に大きな期待を寄せた。中西社長も「日立でも地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)の技術開発は進めているが、実証実験に参加し、ビジネスモデルを提示できることには大きな意義がある。今後の地球温暖化の原因防止対策としてのビジネス展開でも共同で行うことはあり得る」と述べ、州政府や電力公社と北米などで地球温暖化の原因防止対策として事業化したい考えを示した。また、州政府と協力関係を結ぶ意義について「地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)のような事業は長期間にわたる。資源価格の乱高下で計画がストップするようでは技術が進まないので、政府の関与が重要だと述べた。日立では昨年11月にも、中国で経済政策を担う国家発展改革委員会と、地球温暖化の原因防止対策や省エネルギーなどで事業協力することに合意した。3月には北京で政府関係者ら450人が参加した地球温暖化の原因防止対策の交流会が開かれ、具体的には高効率発電やスマートグリッド、地下鉄などの分野で事業の具体化に向けた話し合いを進めた。5月には天津市の塩田跡地を活用した大規模環境都市プロジェクト「地球温暖化の原因防止対策の天津エコシティ」でも協力することが決定している。さらには、日立がスマートグリッドや電気自動車の充電システムなどで協力する予定であり、地球温暖化の原因防止対策に寄与する事業拡大への布石とする。

> 日立がカナダ州と地球温暖化の原因防止の二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術で協力合意はこちら

地球温暖化の原因防止対策に寄与するガス業界の太陽熱住宅

 地球温暖化の原因防止対策の一つとして脚光を浴びる太陽光発電であるが、さらに効率的であるにもかかわらず、その陰に隠れていた太陽熱利用システムが、現在注目されてきており、表舞台に立つ可能性が高まってきた。現在注目されているのが、住宅に太陽の熱を集めて温水をつくり給湯などに使う仕組みで、地球温暖化の原因防止対策に寄与することから、環境省が家庭用システムの普及に向けた支援策を開始しており、都市ガス業界も、家庭用で太陽熱利用システムの統一ブランドを掲げる方向で検討に乗り出した。環境省の支援策は、地球温暖化の原因防止対策に寄与する家庭用太陽熱利用システムをリース方式で住宅に設置しようとする事業者を後押しするものとなっており、予算規模は15億円となっている。その補助の内容は、太陽熱利用システムリース事業者を対象に、システム設置に必要な費用の2分の1を上限に補助するものとなっており、リース期間は6年以上で、リース事業者は住宅に取り付けたシステムの保守管理も行う必要がある。環境省は、この仕組みを利用して当面、8件の太陽熱利用システムリース事業を支援し、この支援を通じて、設置者に安心感を与え普及につなげたい(地球環境局)考えだという。
 地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽熱利用システムは、石油危機を契機に省エネ意識が高まった1980年に年約80万台が設置されたが、それをピークに設置する家庭は下降してきており、現在の販売台数は年間約5万台と低調に推移している。その原因は、原油価格の下落以外にも、機能とデザイン面で魅力的な商品がなかったことや、未熟な修理体制などだといわれている。地球温暖化の原因防止対策に寄与するため、この現状を打破する動きが民間主導でも広がりつつある。都市ガスやLPG(液化石油ガス)など業界の枠を超えて昨年6月に設立された地球温暖化の原因防止対策を検討する「ソーラーエネルギー利用推進フォーラム」は、商品力向上など普及に向けた課題に取り組んでいる。日本ガス協会業務部が普及の推進役の一つとして期待を寄せるのが、東京ガスが2月に発売した「SOLAMO(ソラモ)」と呼ぶ地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽熱利用の温水システムだ。集合住宅のバルコニーの手すりに設置した「集熱パネル」で太陽熱を吸収。その熱を伝える液体を循環させて「お湯をためるタンク」内の水を温め、給湯や風呂に使う仕組みとなっている。ただ、手すりと一体となったパネルは垂直に取り付けられているため、日射状況などによって熱を集める効率が左右されることから、瞬間的に必要なお湯をつくるガス給湯器を組み合わせている。都市ガス業界では「ソラモ」ブランドで統一することを検討中で、今夏にも一定の方向を示すという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するソラモを武器に、広告塔になる分譲マンションへの攻勢を強め、太陽熱の存在感を高めたいとの思惑がある。都市ガス業界などが認知させたい点は、日光を電気や温水に変えるエネルギー利用効率だ。太陽光発電は効率が10%台だが、太陽熱だと3倍以上の40~60%。それだけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減効果も大きくなる。このため、一戸建ての屋根に集熱パネルを置く面積も小さくでき、一般家庭で約4~6平方メートルのスペースがあればパネルの設置が可能。設置コストも約30万~90万円と比較的安価で、投資回収期間も太陽光発電に十分以上に対抗できるとしている。諸外国においては、費用対効果に着目した中国では助成策を充実させて太陽熱導入量を急拡大させているほか、ドイツなどでも導入機運が高まっている。

> 地球温暖化の原因防止対策に寄与するガス業界の太陽熱住宅はこちら

地球温暖化の原因にならない太陽光発電によるソーラー飛行機

 飛行中にガソリンなどをまったく消費しない、地球温暖化の原因にならない太陽光発電を利用した航空機のテスト飛行が7日、スイスの田園地帯で行われた。両翼に計1万2000枚の太陽光発電の電池パネルが組み込まれたソーラー飛行機の「ソーラー・インパルス」は、2012年に世界中を燃料なしで飛行することを目指した試作機である。この日、太陽光発電によるソーラー飛行機は、ドイツ人のMarkus Scherdel氏の操縦によって、スイス西部の高度1200メートルを87分間にわたって飛行したという。太陽光発電によるソーラー飛行機は、当地の軍用基地に着陸後、Scherdel氏はロイターテレビに対し「太陽光発電によるソーラー飛行機は、順調な飛行だった」とコメントした。太陽光発電によるソーラー飛行機に使用されているカーボンファイバー(炭素繊維)製の同機の製造には6年の歳月を要した。欧州航空機メーカー、エアバスのA340型と同じ翼幅(約60メートル)で、重さは中型車(約1600キログラム)とほぼ同程度となっている。太陽光発電によるソーラー飛行機は、地球温暖化の原因にならないことから大きな期待が寄せられており、最終的に平均時速70キロで、最大高度8500メートルでの飛行目指している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因にならない太陽光発電によるソーラー飛行機はこちら

地球温暖化の原因防止の太陽光発電の太陽電池展が開幕

 地球温暖化の原因防止対策となるアジア最大規模の太陽光発電太陽電池展示会「PV EXPO 2010」が3月3日、東京都・有明の東京ビッグサイトで開幕した。太陽光発電パネル国内首位のシャープは、初公開の発電効率世界最高の太陽光発電の太陽電池セル(発電素子)を展示している。太陽光発電パネル2位の京セラは車載用太陽光発電の太陽電池パネルを、4位の三菱電機が自社最高の高効率のセルをそれぞれ出展するなど、各社が成長が期待できる太陽光発電パネルの有望市場で改めて日本企業の技術の高さを示した。シャープが初公開した太陽光発電の太陽電池セルは、発電効率が35.8%(開発ベース)と、米国の研究機関が持つ記録を2ポイント塗り替えた。発電層にインジウムやガリウムなどレアメタル(希少金属)を使った化合物太陽光発電の太陽電池で、現在主流で品薄になっているシリコンを原料に使わないタイプとなっている。2012年に人工衛星向けなどで実用化を目指すという。開発した太陽光発電パネルのセルは3層構造となっており、最下層は従来ゲルマニウムだったものをインジウムガリウムヒ素に変え、取り出せる電力量を増やせたという。今後、この太陽光発電パネルは宇宙用途以外にも、集光レンズを使った大規模発電所向けの実用化も探るという。政府が昨年、住宅用に太陽光発電パネルの設置補助金制度を復活させたほか、地方自治体も独自の補助金制度を導入するなど、太陽光発電の国内市場は急拡大している状況にある。これに伴い、今回の太陽光発電パネルの展示会には海外メーカーも含め、前回を127社上回る579社が出展するなど関心の高さを示したといえる。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止の太陽光発電の太陽電池展が開幕はこちら

日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力

 日本政府は、ブルンジ共和国政府が取り組んでいる地球温暖化の原因対策の「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」の太陽光発電に係る設備整備に対し、総額5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力を行うことを決定したと発表した。去る2010年1月18日、ブルンジ共和国首都ブジュンブラにおいて交換文書の署名式が行われた。この地球温暖化の原因対策の協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、地球温暖化の原因対策の太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものとなっている。この太陽光発電装置の整備協力の実施により、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出量が削減されるとともに、ブルンジが今後、地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれているという。本件に関する外務省発表の資料は次のとおりである。
1月18日(月曜日)(現地時間同日)、ブルンジ共和国の首都ブジュンブラにおいて、我が方岩谷滋雄駐ブルンジ国大使(ケニアにて兼轄)と先方オーギュスタン・ンサンゼ外務・国際協力大臣(S.E.M. Augustin Nsanze, Ministre des Relations Extrieures et de la Coopration Internationale)との間で、5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」(le Projet de Promotion de l’nergie Propre en Utilisant le Systme Solaire Photovoltaque)に関する書簡の交換が行われました。
ブルンジは、その電力供給を水力発電に依存しており、また、長年続いた内戦の影響による設備劣化等のため、電化率は2%以下と極めて低い状況です。このような状況の中、降雨量の変動により影響を受ける水力発電を補完する電力として、太陽光を活用したクリーンエネルギーの普及が急務となっています。
本件協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものです。本件協力の実施により、二酸化炭素の排出量が削減されると共に、ブルンジが今後太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれます。
我が国は、2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)等において、アフリカ諸国の気候変動対策における取組への協力を強化することを表明しており、本件協力はその支援策を具体化するものです。
(参考) ブルンジ共和国はアフリカ中部に位置し、面積は2.78万平方キロメートルを有し、人口は約807万人(世銀、2008)、一人当たりGNI(国民総所得)は約140米ドル(世銀、2008)。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力はこちら

神奈川横浜市開港記念会館で地球温暖化の原因防止の「太陽光発電フォーラム」

 地球温暖化の原因防止に大きく寄与する太陽エネルギーの活用時代に向けた太陽光発電導入説明・相談会「太陽光発電フォーラム神奈川2010」が1月23日、「横浜市開港記念会館」(神奈川県横浜市中区本町1)で開催される。「太陽光発電フォーラム神奈川2010」のプログラムは午前・午後に分かれており、第1部は地球温暖化の原因防止の「太陽光発電の導入説明・相談会」を実施する予定となっている。地球温暖化の原因防止の太陽光発電の有効性及び日本や世界における導入の現状、太陽光発電システムの設置方法、技術開発の動向と今後について説明し、導入に関する各種相談を受け付ける。第2部は、フォーラム「普及拡大の太陽光発電そのトラブル対策」が開催される。地球温暖化の原因防止の太陽光発電の大量普及で生じる具体的な問題について基調講演を行う予定になっている。産業技術総合研究所主任研究員の加藤和彦さんが「地球温暖化の原因防止の太陽光発電トラブルの状況とその対策」をテーマに、太陽光発電所ネットワーク事務局長の都筑建さんが地球温暖化の原因防止の太陽光発電買取制度導入を巡り「大量普及時代を迎えた市民の役割」について講演する。イベントを主催する太陽光発電所ネットワーク 神奈川地域交流会代表の横谷公雄さんは「第1部の太陽光発電説明・相談会では、太陽光発電が地球温暖化にいかに有効であるのかを分かりやすく説明しさまざまな相談に応じます。2部では利用者が実際に太陽光発電のトラブルに遭遇した体験談を発表します」と話す。開催時間は第1部=10時~12時(受付9時30分)、第2部=13時~16時(受付12時30分)で、会場は1階1号室、参加費無料となっている。太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)神奈川地域交流会は、NPO法人「太陽光発電所ネットワーク」の神奈川県の地域組織であり、神奈川県内の太陽光発電設備設置者の交流と設備の普及を目的とした地球温暖化の原因防止の環境教育・環境学習活動などを行っている。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 神奈川横浜市開港記念会館で地球温暖化の原因防止の「太陽光発電フォーラム」はこちら

九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工

 地球温暖化の原因防止対策としてクリーンエネルギーに期待がかかっているが、九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田太陽光発電所」が福岡県大牟田市新港町の九電港発電所跡地で着工した。九州電力の太陽光発電所建設は初めてのことであり、関係者ら約40人が参加し安全祈願祭を行った。地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電所は、ヤフードームとほぼ同じ面積の敷地約8万平方メートルに、太陽光発電パネル1万4000枚を設置するものとなっている。太陽光発電の発電出力は3000キロワットで、年間発電量は約320万キロワットにのぼるという。これは、一般家庭2200世帯が昼間利用する電力量に相当し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2(二酸化炭素)排出量では約1200トンの抑制効果があるという。メガソーラー大牟田太陽光発電所の総事業費は約20億円を見込んでいる。九州電力では、地球温暖化の原因問題への対応や国産エネルギー活用の観点から、新エネルギーによる発電の導入を進めており、2017年度に太陽光発電による発電量を100万キロワットに拡大することを目指している。メガソーラー大牟田太陽光発電所安全祈願祭に出席した瓜生九州電力常務は「地球温暖化の原因防止対策として再生可能なエネルギーの活用に力を入れており、それを推進していく起爆剤と考えている。地域に親しまれる地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所にしたい」と話していた。
 古賀福岡県大牟田市長は「地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所が新エネルギーを推進する施設として、高い評価が得られるよう、福岡県大牟田市としても力を入れていく。一日も早い完成を期待している」と述べていた。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工はこちら

シャープの地球温暖化の原因等の「小学校環境教育」の受講児童数が10万人を突破

 シャープは、同社とNPO法人気象キャスターネットワークが社会貢献活動の一環として共同で実施している地球温暖化の原因等を解説する特別授業プロジェクト「小学校環境教育」を受講した国内児童数が、2010年1月で累計10万人を突破したと発表した。地球温暖化の原因等を解説する「小学校環境教育」は、地球環境を思いやる心を育むことによって、子供たちが環境を意識した生活習慣を身につけることを目的にしたプロジェクトである。2006年10月に全国で開始し、2010年1月現在で受講児童数は累計10万人、実施校数が延べ1500校を超えたという。授業では、地球温暖化の原因の実態と地球環境保護の重要性をはじめ、限りある資源を有効活用するためのリサイクルの必要性や、太陽光発電に基づいた新エネルギーなどについて、実験などを交えて分かりやすく子供たちに伝えている。2008年度からは、アメリカや中国を中心にした海外でも地球温暖化の原因等を解説する「小学校環境教育」活動を展開しているという。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> シャープの地球温暖化の原因等の「小学校環境教育」の受講児童数が10万人を突破はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電やLEDなど市場規模が拡大

 民間調査会社の富士経済の調査結果によると、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電LED発光ダイオード)などグリーンエネルギーの部材「グリーンエネルギーマテリアル」の市場規模は2008年度が3兆1380億円と前年度比14.6%増加したと発表された。地球温暖化の原因防止を始め地球環境問題対策が世界的な課題となる中、地球環境への負荷軽減が期待でき、地球温暖化の原因防止に寄与するグリーンエネルギーの需要が高まっており、部材市場も急成長しているという。調査は地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電部材18品目、蓄電池部材15品目、燃料電池部材6品目、LED部材16品目、有機EL部材5品目を対象に実施した。世界的な景気低迷の影響を受け、地球温暖化の原因防止に寄与する部材は、2009年度は前年度比18.5%減の2兆5565億円に落ち込む見込みだが、2010年度以降は回復に向かい、2015年度には6兆1436億円と2008年度の2倍近い規模にまで達すると予想される。地球温暖化の原因防止に寄与する部材別にみると、2008年度の太陽光発電部材の市場規模は前年度比27.7%増の1兆9758億円で全体の63.0%を占める。2009年度は一転して同31.1%減の1兆3613億円の見込みだが、2015年度には2008年度の2倍弱の3兆89.6億円となる見通しだという。2008年度の地球温暖化の原因防止に寄与するLED部材市場は前年度比5.4%減の7760億円で全体の24.7%となっており、2009年度も同2.5%減の7566億円の見込みに止まる。ただ、エネルギー効率の高く地球温暖化の原因防止に寄与するLEDは照明分野などで急成長が期待されており、部材市場も2015年度には2008年度比85%増の1兆4356億円に拡大する見通しだと予測している。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電やLEDなど市場規模が拡大はこちら

茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験

 伊藤忠商事(東京港区)は来年3月、茨城県つくば市などと共同で地球温暖化の原因防止低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクトに乗り出すと発表した。茨城県つくば市内のコンビニエンスストアやガソリンスタンドに電気自動車を配置し、車の共同利用であるカーシェアリングをすることにより地球温暖化の原因防止の低炭素交通システムの実証を目指すという。同社などはつくば市の研究機関から助言を受けた上でシステムの最適化を図る予定だという。地球温暖化の原因防止の実験は茨城県つくば市の公用車とコンビニエンスストア「ファミリーマート」の社用車、地域住民や出張者用の電気自動車をカーシェアリング車両として配備するという。電気自動車はマツダのデミオをベースに米国製の車載リチウムイオン電池システムを搭載したものを利用する。茨城県つくば市の新庁舎に最も近いコンビニエンスストア「ファミリーマートつくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りSC店」に急速充電器と定置用蓄電池、太陽光発電を設置する。ここでは、地球温暖化の原因防止の太陽光で発電した電力を電気自動車に給電するほか、店内の照明などにも使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指すという。エリア内には、さらに地球温暖化の原因防止対策を進めるため、定置用蓄電池を設置することにより、昼間の太陽光で発電した電力を夜間に使うことも可能になる。同社などではこれらの一連の地球温暖化の原因防止対策による車載電池と定置用電池の放電・充電状態や劣化状況などをリモート監視して、車載電池などの2次利用の研究に役立てることにしている。さらに、電池システムの使用状況の履歴やカルテを作成し、性能評価と製品保証の仕組みを構築することで、地球温暖化の原因防止対策の二次利用市場への普及促進と価格の低減を目指すという。研究には産業技術総合研究所や日本自動車研究所など茨城県つくば市内の研究機関が参加し、それの立場から助言することになっている。茨城県つくば市やファミリーマートでは、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを進める中で、電気自動車を市民へ貸し出すことも計画しており、取り組みを広く市民に知ってもらい、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の考え方をPRする考えだという。市原健一茨城県つくば市長は「茨城県つくば市の街はこうした社会実験に向いている。茨城県つくば市での地球温暖化の原因防止対策の実験成果を全国に発信したい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験はこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力

 日本政府は、ミクロネシアの地球温暖化の原因防止対策として実施される「太陽光発電を活用したクリーンエネルギー導入計画」に対して、5億3,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。この地球温暖化の原因防止対策の計画は、大洋州地域における地球温暖化の原因による気候変動対策支援の一環として、太陽光発電関連機材を供与し、ミクロネシアにおけるディーゼル発電の一部を自然再生可能エネルギーに代替することにより、地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の削減を図るものである。日本政府は、これまで一貫してミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するものとなっている。
 一方、国土交通省は、バングラデシュのダッカにおいて、同国における地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害対策を推進するための日・バングラデシュ気候変動ワークショップを開催すると発表した。バングラデシュでは、地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっているという。このため、同省では、両国における水災害への影響としての地球温暖化の原因による気候変動問題への取り組みや、日本から地球温暖化の原因防止対策として提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行い、バングラデシュの防災能力の向上を図るとともに、両国の一層の協力関係を推進していきたいとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギー

 電気事業連合会は、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気の全量買い取り制度の導入を検討する政府のプロジェクトチームに対して、買い取り負担を回収するには、地球温暖化の原因防止対策として広く薄く負担する税金もしくは「再生可能エネルギー買取基金」の創設が適当だと提案した。新基金は、電力だけでなく、ガスや石油などの利用者が幅広く負担し、電力会社やガス会社などが代行して徴収する仕組みを考えている。「地球温暖化の原因防止の政策であり、すべてのエネルギー利用者が公平に負担すべき」(森本宜久副会長)と主旨を説明した。地球温暖化の原因防止対策として本年11月に太陽光発電の余剰電力に限定した固定価格買い取り制度がスタートし、この買い取りコストは、電気代に上乗せする形で回収している。電事連の試算によると、2020年に太陽光発電を2800万キロワット導入した場合のコストは、年間1兆円で、これに風力発電や水力発電、バイオマス発電などを含めると3000億円分が加算されるという。いくら地球温暖化の原因防止対策としても、これをすべて電気代に上乗せすることは「消費者間で不公平が生じる」と指摘した。
 一方、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで作った電気をすべて電力会社に買い取らせる地球温暖化の原因防止対策としての新制度を検討する経済産業省のプロジェクトチームは、電気事業者など関係団体からヒアリングした。地球温暖化の原因防止対策として再生可能エネルギーによる電気の全量買い取りは、民主党政権の目玉政策の一つだが、買い取り費用は国民に転嫁される。同党の支持組織である全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)は「地球温暖化の原因防止対策といえども、厳しい経済情勢のなか、国民への追加負担は慎重であるべき」と反対意見を表明し、早急な制度設計に疑問符が付いた形だ。電力総連が反対したのは、11月に始まった地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の余剰電力買い取り制度について、効果や課題の検証が済んでいないからだ。この地球温暖化の原因防止対策の制度では、太陽光発電の買い取り費用の電気代への上乗せが当初は微増に留まるものの、2011年度には月30円程度まで増加する試算となっている。さらに地球温暖化の原因防止対策として買い取り対象を余剰から全量に変更した場合、太陽光発電だけでも国民負担額は約1.8倍に膨らむ見込みだという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギーはこちら

地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きい

 地球温暖化の原因防止対策について各国で活発に議論されている状況にある。省エネルギー化の先進国である日本は、既に最先端の地球温暖化の原因防止対策が講じられており、ここからさらに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを一層削減していくには高コストな最新技術を積極的に使わなければならず、鳩山政権の掲げる「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減」は他国と比べて重い目標でもあり、現実には達成不可能に近い目標といえる。地球温暖化の原因防止対策は、太陽光発電風力発電を始めとする再生可能エネルギーの拡充や、省エネルギー技術の導入拡大が必要になってくる。地球温暖化の原因防止対策は、新規産業の創出や、エネルギーコストの削減ができるメリットがあるが、負担も大きく、短期的には経済成長が鈍化するのは避けられない。2008年度の国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、12億8600万トン。景気悪化で生産活動が低調だったことから前年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は6.2%減っている。しかし、1990年度と比べると1.9%多くなっており、温室効果ガス排出量の25%削減目標を達成するためには、経済成長を維持しながら26.9%削減を行う必要があり、これを達成するのは現実問題としては不可能といえる。
 国立環境研究所や日本エネルギー経済研究所、日本経済研究センターの試算では、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減するを、実質国内総生産(GDP)は現状の対策を単純に継続するよりも3.1~6.1%、1世帯当たりの可処分所得は16万~76万5000円目減りするという。ただ、海外から地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠を購入した場合は、影響はやや緩和する。省エネの進んだ日本で地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を削減するよりも、海外で削減する方がコストが安く、その分排出枠も安く買えるからだ。仮に、15%分を地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠購入でまかなうと、実質GDPの目減りは0.8~1.3%、1世帯当たりの可処分所得の目減りも3万~28万円にとどまる。一方、1990年比20%削減を掲げる欧州連合(EU)は、GDPの目減りは0.35%、2005年比17%削減の米国は0.13~0.57%という試算がある。これに対し、日本の目標は野心的で、負担も大きいことが分かる。世界各国が歩調を合わせて地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を強化すれば、日本の先端技術が各国に輸出され、経済成長にもつながることも予想されるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減のために環境税導入や規制強化が行われれば、製造業が負担を嫌って海外に流出する恐れも否めない。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きいはこちら

阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備

 阪神電車の甲子園駅から南に歩いてすぐのところにある阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の内野席を覆う「銀傘」上で、地球温暖化の原因対策となる太陽光発電を行う太陽電池パネルの設置作業が進んでいる。「地球温暖化の原因対策の環境エコ」をテーマの一つに進められている球状の全面改修の一環の取組みとなっている。阪神電鉄によると、プロ野球の本拠地球場で太陽光発電設備を設置するのは国内初という。甲子園球場の全面改修は来春完成予定となっている。太陽光発電電池は、横140センチ、縦80センチのパネル1600枚で構成されているが、これを年内にも内野席の屋根の上に取り付ける。太陽光発電が完成すると、年間約19万3000キロワット時を太陽光発電することができ、この電気は甲子園球場内で利用するという。太陽光発電の蓄電はできないが、甲子園球場全体の電力量の5.3%を賄うことができ、年間約133トンの温室効果ガスである二酸化炭素排出を削減できるという。また、改修工事で取り除かれていた名物のツタも再生させて、甲子園球場の壁面緑化にも取り組み、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素を削減する。来春には、このような地球温暖化の原因対策が施された「環境に優しい」ニュー甲子園球場が誕生することになる。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備はこちら

地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップ

 国際物流の9割以上を担う輸送船の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、日本の海運大手が太陽光発電などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型のエコシップの開発を急ピッチで進め、地球温暖化の原因防止対策の「環境対策」への意欲をアピールしている。地球温暖化の原因防止対策のエコシップは、風を推進力に変えるため翼のように伸びた8枚の帆や、甲板を覆う太陽光発電パネル-を備えている。日本郵船では、「近未来の太陽光発電などの省エネ技術を結集させた化の原因防止対策のエコシップ」としてコンテナ船の模型を公表している。2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」(全長352メートル)では、従来の大型船とはかけ離れた独創的な外観が特徴となっている。主要動力源には、取り外し可能なコンテナ式の燃料電池を採用して、船体重量を約2割減らすなどして、重油のディーゼルエンジンで動く現在の船と比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を69%削減できるという。船底の外側に空気を送ることで海水との摩擦抵抗を減らす最先端技術を導入する一方で、コンテナ積み降ろしの邪魔にならないよう太陽光発電パネルや帆は格納可能とするなど実用性も重視した設計となっている。ライバルの商船三井は、船舶維新をキーワードに、外洋航行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を5割に減らすなど「環境に配慮した」自動車運搬船のデザインを公表した。太陽光発電パネルの利用や改良型スクリューの装着が特徴で、港湾内の航行や荷役中には地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出ゼロを実現できるという。
 海外でもエコシップに注目が集まる。北欧の大手海運会社は、波のうねりなどの自然エネルギーを利用した輸送船の開発を独自に進める。開発競争の背景には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量規制の導入を検討している国際海事機関(IMO)の動きもある。海運各社が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に応じた経済負担を強いられる可能性が高まっており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減が緊急課題になっているからだ。IMOによると、船舶が出す地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2は年間10.5億トン(2007年)で、世界の総排出量の3.3%を占める。これはドイツ1カ国分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を上回り、日本の8割以上に相当する量になっている。2008年度には日本郵船が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素1674トン、商船三井は約1800万トンを出すなど、製鉄やセメント会社と並び日本有数の排出源になっているのが現実だ。中国やインドなど新興国の経済成長で貨物量は増加傾向にあり、国際海運の総排出量は2050年までに2007年の最大2.5倍に増えるとの試算もある。スーパーエコシップ開発を担った日本郵船子会社「MTI」の技監は「新船開発は、2050年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をまったく排出しないゼロエミッション船を実現するための第一歩と考えている。夢を夢で終わらせないとの思いを込めた。」と強調する。商船三井は「今後はフェリーやタンカーなどの新型エコシップを順次発表する」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップはこちら

地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備

 大手住宅メーカーが、地球温暖化の原因防止のため太陽光発電設備を備えたアパートを相次ぎ投入している。太陽光発電設備については、戸建て住宅では環境意識の高まりや政府の補助金効果などで、太陽光発電の導入が進んでいる。アパートを売り出している各社は太陽光発電設備でつくった電気をアパート入居者に分配し、余剰分は電力会社に売って各戸の光熱費を抑えられる点を積極的に訴え、賃貸住宅市場を活性化したい考えだ。ミサワホームは4月、太陽光発電設備を備える「Belle Lead eco(ベルリードエコ)」を発売した。太陽光発電による省エネに加え、テレビ画面付きドアホンを設置するなど、防犯面も配慮している。同社は「太陽光発電設備による光熱費削減で住民の満足度向上が期待でき、高い入居率を維持できる。」と、家主にとっても魅力があることを強調し、初年度は200棟の販売を計画している。積水化学工業も7月、太陽光発電設備を備える「レトアおひさまスタイル」の販売を開始した。同社は「大型の屋根で太陽光発電設備の太陽光パネルを多く乗せられ、発電効率が高い。」と利点を説明する。11月に電力会社が従来の2倍の価格で太陽光発電の余剰電力を買い取る制度が始まったのも追い風になっているという。2009年度に1000戸の販売目標は達成可能と自信を見せる。大和ハウス工業が11月に売り出した太陽光発電設備を備える「セジュールエコハ」は、自然の風や光の通り道を室内につくり、空調機器になるべく頼らない工夫を盛り込んだことも売り物の一つとしている。太陽光発電や断熱性が高い窓ガラスの採用などで地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素(CO2)排出を減らせるとアピールし、年間500棟の販売を目指すのを目標としている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備はこちら

地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切り

 地球温暖化の原因防止対策として、4月から新たに始めた大阪府大阪市の「太陽光発電補助制度」に当初予算の予想より多い応募があり、大阪市は年度途中であるにもかかわらず太陽光発電補助制度申請の受け付けを打ち切った。大阪市の地球温暖化の原因防止対策を目的とする太陽光発電補助制度は1キロワットあたり10万円と国の太陽光発電補助(7万円)よりも手厚く、太陽光発電の余剰電力を電力会社が倍額で買い取る太陽光発電に係る政府の新しい制度が11月に開始されたことも太陽光発電補助申請の後押しをしたもようだ。大阪市の太陽光発電補助額は戸建てで最大40万円にもなり、事業所などで太陽光発電補助額は200万円となっている。太陽光発電補助の申請件数は家庭533件、事業所など8件の計541件となり、予定よりも2カ月早く太陽光発電補助予算の1億6800万円に達した。大阪市によると、太陽光発電補助を受けた太陽光発電によって、大阪市の大阪城公園の1.5倍の広さの育成林による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に相当するという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切りはこちら

兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設

 兵庫県では、地球温暖化の原因を助長する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するため、住宅用の太陽光発電システムの導入を支援する「太陽光発電相談指導センター」をひょうごエコプラザに開設しています。太陽光発電相談指導センターでは、太陽光発電の専門家により太陽光発電システムの導入について技術的な助言をする他、家庭からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減状況を「見える化」 して温室効果ガスの排出削減のための効果的な対策の提案を行う「うちエコ診断」なども 実施します。また、大規模事業者が中小事業者に 技術・資金を支援し、共同で削減した地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大規模事業者に移転することにより兵庫県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出の抑制を促す事業についての相談を受ける「CO2削減協力事業相談センター」も開設しました。ひょうごエコプラザは、これらセンター設置に伴いフロア内で場所を移転し、リニューアルしました。また、これまでどおり、環境学習コーディネーターが、環境学習や活動の取り組みなどの相談に対応し、お手伝いをしています。
 環境学習コーディネーターが、地球温暖化やリサイクル、自然保護、環境汚染などの環境問題について、みなさんの様々な取り組みや学習のお手伝いをさせて頂いています。
【環境学習の支援】兵庫県民の方、グループ・団体の方、事業所の方、市町の方、等
・ひょうご出前環境教室や、エコツーリズムバス制度など、環境学習のための助成金制度をご用意し、適切なプログラムの紹介や申請受付を行っています。
・環境学習を行うための、分野・内容・ニーズに合った講師やサポーターをご紹介しています。
・パネルや紙芝居・環境DVD・ビデオ、実験キットなどの学習や教育のツールの貸し出しをしています。
【環境活動の支援】兵庫県地球温暖化防止活動推進員・ナチュラルウオッチャー・ナチュラルウオッチャーリーダーなどの登録ボランティアの方、こどもエコクラブサポーター・環境NPOなど各種ボランティアの方々、事業所や市町の環境の担当窓口の方等
・活動に際しての相談や情報や啓発ツールの提供・紹介を行っています。
・環境ボランティアの方々の研修・交流事業を行っています。
・環境ボランティアの方々の活動紹介や情報発信、他の団体等との連携や協働のお手伝いをしています。
・環境活動ボランティアの方々への助成制度をご用意、ご紹介しています。
・イベントなどへの後援、共催、協賛などの受付、ご相談に対応しています。
【環境情報の発信】
・ひょうごエコプラザE-mail通信の配信・・・各団体が実施する環境関係のイベント等に関する情報や協会からのお知らせのメールマガジンを週に1回発信しています。
・ホームページ「ひょうごの環境学習ひろば」の運営・・・環境活動団体や各種環境関連機関などが行うイベント情報の提供や、県内環境学習施設の紹介などを行っています。
・環境関連冊子等の発行や、環境図書や各種パンフレットなどの環境関連資料を取り揃えています。
・タイムリーな話題を気軽に学び、考えることのできる、ひょうごエコプラザミニフォーラムを開催しています。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設はこちら

世界最大級メガソーラー太陽光発電所の関西電力が起工式

 関西電力は、大阪府堺市の臨海部で、堺市と共同で建設する太陽光発電所の起工式を行った。一般家庭向けに電力を供給する太陽光発電所は国内初で、主力太陽光発電は一般家庭の電気約3千戸分に当たる1万キロワットとなっている。隣接するシャープの液晶工場の屋根に設置予定の太陽光発電施設と合わせた出力は2万8千キロワットで、世界最大級の太陽光発電施設となる。関西電力では平成22年11月の太陽光発電の一部運用開始を目指している。太陽光発電所は大阪府から約20ヘクタールの土地を借り受け、太陽光発電パネルを敷き詰めて建設する。太陽光発電の総事業費は50億円となっている。自社の既存の電力系統を利用して、堺市内の工場や一般家庭に電力を供給するという。関西電力は太陽光発電所の運営を通じて太陽光発電の課題を十二分に検証し、太陽光発電推進普及への試金石にする考えだ。一方、シャープの太陽光発電施設は、臨海部の各工場の屋上や壁面に自社製の薄膜シリコン太陽電池を設置して発電する。太陽光発電からの電力は主に臨海部の工場で使用し、設備の保守・管理は関西電力が担当するという。平成23年3月までに太陽光発電の稼働開始を目指している。太陽光発電所の起工式には、関西電力の神野榮副社長や堺市の竹山修身市長らが出席し、くわ入れや神事で太陽光発電工事の無事を祈った。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 世界最大級メガソーラー太陽光発電所の関西電力が起工式はこちら

和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置

 和歌山県田辺市は、和歌山県田辺市内の小中学校5校に地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備を設置する。これは、地球温暖化の原因防止となる温室効果ガス二酸化炭素排出の抑制や電気代の節減を図るとともに、クリーンエネルギー教育の教材として活用する。和歌山県田辺市が学校に導入するのは初めてで、真砂充敏和歌山県田辺市長は「子どもたちにとって地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題を考える教材になれば」と話している。和歌山県田辺市は26日開会の12月市議会に、教育施設整備事業費8185万円を提案する。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置するのは旧和歌山県田辺市町村単位に1校ずつで稲成小、栗栖川小、龍神中、大塔中、本宮中の5校となっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備は、縦15メートルと横4・5メートルの太陽光パネル、発電モニター、架台設置、コンクリート基礎を整備する。1校当たりの太陽光発電の発電能力は10キロワットで、電気代に換算すると年間約18万円になる。これは、五つか六つの教室の年間電気代に相当するという。地球温暖化の原因防止となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減量は年間約5・5トンになるという。太陽光発電事業費のうち、1キロワット(整備費120万円)単位で国からの太陽光発電補助金と太陽光発電交付金があり、実質的に和歌山県田辺市が負担するのは5%になる。和歌山県田辺市の施設で現在、太陽光発電設備を導入しているのは和歌山県田辺市市民総合センター(和歌山県田辺市湊)のみとなっている。この太陽光発電は20キロワットの設備で、1995年から電気代の節減につなげているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報

> 和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる

 文部科学省、経済産業省及び環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「学校太陽光発電推進」ロゴマーク及びキャッチフレーズについて平成21年11月19日に学校太陽光発電推進最優秀作品賞等を決定し公表した。学校が地球温暖化の原因防止対策の防止対策の太陽光発電を設置し、地域の地球温暖化の原因防止対策の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、全国の小中高等学校の児童生徒や一般の方から地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク及びキャッチフレーズを全国から広く11月まで募集していたもので、応募総数、学校太陽光発電推進ロゴマーク297作品、学校太陽光発電推進キャッチフレーズ387作品の中から、学校太陽光発電推進最優秀作品として、東京都世田谷区立松沢小学校5年古河泉水さんのロゴマークと埼玉県さいたま市立大宮東中学校3年古岩井零大さんのキャッチフレーズが選ばれたほか、学校太陽光発電推進優秀作品についてもそれぞれ2作品が選ばれた。今後、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進最優秀作品賞を受賞したロゴマーク及びキャッチフレーズについては、太陽光発電を推進する学校、民間企業、関係団体等のホームページや地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進事例集、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進パンフレット等の広報媒体に広く活用する予定となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる はこちら

平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業4次公募

 環境省は、平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業で、平成21年9月24日から10月23日まで行った3次公募の結果を公表するとともに、平成21年11月5日から11月26日まで、4次公募を行うと発表した。ソーラー太陽光発電環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するものである。3次公募の結果、太陽光発電設置者2件の合計設備容量70kW分が採択された。4次公募の応募の詳細は、環境省Webサイト(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html)を参照のこと。環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、ソーラー太陽光発電環境価値買取事業を行うこととしています。本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は、この公募要領に記載するとおりですので、応募される方は、公募要領を熟読いただくようお願いいたします。なお、補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)交付要綱」(以下、交付要綱という。)及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)実施要領」(以下、実施要領という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、大半を自家消費する業務用太陽光発電施設の整備に際し、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に支援するものであり、低炭素社会の構築に欠かすことのできない太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とします。電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(設備容量の合計が20kW以上で500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量自家消費と見なせること(売電しないこと)。グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。(1)補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。・民間事業者・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)※ ESCO 事業・リース等の活用について・ESCO 事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO 事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO 事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。・共同申請の場合、補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO 事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。リース等を利用する場合、リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、リース会社等との共同申請事業を認めます。リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、割賦契約はリース等には含みません。(2)補助の年数原則として単年度とします。(1)一般公募を行い、選定します。(2) 応募者より提出された実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い、予算の範囲内で補助事業者を選定します。なお、応募要件を満たす提案であっても、規模や見込まれる発電量等によっては、補助額を減額、または不採択とする場合もありますのでご了承ください。審査結果に対するご意見は対応致しかねます。また、予算残額が.なくなった時は、産業部門(製造業)における申請より、業務部門(病院、ホテル、商店など)における申請を優先する場合がありますので、ご了承ください。(1)補助対象経費について事業を行うために直接必要な以下の経費が補助対象経費であり、当該事業で使用されたことを証明できるものに限ります。<経費の区分>事業を行うために必要な本工事費(材料費、労務費、直接経費、共通仮設費、現場管理費、一般管理費)、付帯工事費、機械器具費、測量及び試験費、事務費(2)交付額太陽光発電設備1kW当たり30万円を上限とします。(設置事業者は、別途5年分のグリーン電力証書の手数料を、証書発行事業者に支払うことになります。)(3)維持管理導入した設備は、事業主体の責任のもとで適切な維持管理が行われるものであることとします。(4)二酸化炭素の削減量の把握事業の実施による二酸化炭素の削減量の把握を行っていただく必要があります。また、環境省の求めに応じて、事業の実施に係るこれらの情報を提供していただくことがあります。(5)事業報告書及び評価報告書について補助事業者は、補助事業に係る設備の使用開始の日からその年度末まで、及びその後の5年間の期間について、事業の概要及び事業による温室効果ガスの削減量、事業による効果、影響等を毎年とりまとめた事業報告書を作成し、当該年度の翌年度の4月末までに提出するものとします。なお、グリーン電力証書は、同期間について連携する証書発行事業者が当該年度の翌年度の6月末(例:平成22年度分については平成23年6月末)までに提出するものとします。認証されてから本年度末(平成22年3月31日)までのグリーン電力証書については、提出する必要はありません。平成22年度4月1日からのグリーン電力証書を、確実に提出いただく必要があります。また、補助事業者は、5年間の期間終了後には、当該事業の費用対効果、当該事業以外に補助事業者が他の施設等において実施した省CO2対策の内容など水平展開の実績及び今後の見込み等をとりまとめた評価報告書を作成し、翌年度の4月末までに提出するものとします。(6)発電量を計測する電力量計について、太陽光発電によるグリーン電力証書化には、計量法(平成4年法律第51号)第16条第1項第2号に規定する電力量計の設置が必要となります。電力量計の設置場所については、太陽光発電設備により発電された電力の使用量を正確に計測する必要があるため、電力需要側に近い場所に設置することが必要です。証書発行事業者並びにグリーンエネルギー認証センターと協議した上で、確実に証書化できる場所に設置してください。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業4次公募はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラック

 地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減への取組みは喫緊の課題となっており、トラック運送事業においても、CNG自動車等の低公害車や低燃費自動車の導入を促進するほか、地球温暖化の原因防止対策のエコドライブの推進等の取組みを進めているところです。こうした状況の中、トラックの荷台の上部に軽量の薄膜太陽光発電装置を搭載し、春から秋における冷房の電源を太陽光発電により賄うことにより、走行中の燃費を改善し、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減しようとする研究が行われています。国土交通省は、平成21年10月22日に同省第3号館正面玄関駐車場において三菱化学グループが研究中の太陽光発電冷房システムを搭載したトラック試作車両を展示すると発表した。従来、運転席の冷房のためには、エンジンを駆動させて発電した電気を供給することが必要であったため、納品待ちや休憩中においてもエンジンを切ることが出来なかったが、今回のシステムが実用化されれば、無駄なアイドリングが無くなるため、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出が抑制される効果が期待されている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは家庭を中心に広がりを見せている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは新型プリウスの一部の車両にも搭載されているが、その太陽光発電システムはあくまでも補助電源扱いであり、今回の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックの試みは始めてである。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックはこちら

愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース

 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーが広がる街」をアピールするとともに、地球環境問題や地球温暖化の原因防止対策の新エネルギーである太陽光発電への関心を高めるため、第1回目となる太陽光発電ソーラーラジコンカーによる国内唯一の耐久レース「サンシャイン松山レース」を2009年8月に開催した。愛媛県松山市の温暖少雨な瀬戸内海気候を活かし、豊富で有効な太陽エネルギーの太陽光発電活用で地球温暖化の原因防止対策の「脱温暖化」と「産業創出」を目指す「松山市サンシャインプロジェクト」の一環として行われた。  地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンレースは、U-18部門(18歳以下の学生で編成するチーム)15チームと、一般部門8チームの2つのカテゴリーで行った。

予選Aグループ
 
グリッド

チーム名

高校名

学校所在地

unknown

松山工業

愛媛県松山市

群馬県立前橋工業高校
電気研究部

前橋工業

群馬県前橋市

ZERO

水島工業

岡山県倉敷市

群馬県立太田工業高校

太田工業

群馬県太田市

スパーキング

水島工業

岡山県倉敷市

I・SO・号

生野工業

大阪府大阪市

予選Bグループ
 
グリッド

 チーム名

 高校名

 学校所在地

福井工業大学付属福井
高等学校
ものづくり同好会 

福井工業大学
付属福井高校

福井県福井市

お先にどうぞ

洛陽工業

京都府京都市

ZOOM ZOOM GT

総合技術高校

広島県三原市

広島総合技術高校

総合技術高校

広島県三原市

高知県立高知東工業
高校  自動車工作部

高知東工業

高知県南国市

西脇工業環境科学部

西脇工業

兵庫県西脇市

予選Cグループ
 
グリッド

チーム名

学校・企業名等

所在地

新居浜高専 皆本研

新居浜高専

愛媛県新居浜市

福井工業大学
SSLプロジェクト

福井工業大学

福井県吉田郡
永平寺町

愛大プラズメン

愛媛大学

愛媛県松山市

Team 匠

愛媛大学

愛媛県松山市

Team.B

福井工業大学OB、同好会

福井県あわら市

CELCO SOLAR
ENERGY

CELCO JAPAN

愛媛県松山市

エコロジーエネルギー
フォーラム

エコロジーエンタープライズ

愛媛県新居浜市

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の販売で消費者を保護へ

 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の販売で最近苦情が増えてきている。経済産業省は、消費者相談が増加傾向にある地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の訪問販売について消費者保護に向けた対策を実施すると発表した。具体的には、(社)太陽光発電協会に対し、文書による注意喚起を行うとともに、特定商取引法や景品表示法、消費者契約法といった法令について、法令遵守を内容とする研修を、地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の販売関係者に対して本年度から実施することを要請する。また、11月1日より開始する地球温暖化の原因防止対策の「太陽光発電の新たな買取制度」といった太陽光発電の普及促進制度に関する周知徹底を図るために、「地球温暖化の原因防止対策のソーラータウンミーティング」の全国展開等を実施する予定としている。同省では、今後、消費者庁とも十分連携しつつ、これらの取組を通じて、地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の普及が健全な形で促進されるよう努めるとしている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電装置の販売で消費者を保護へ はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度太陽光発電ソーラー環境価値買取事業で、平成21年7月14日から8月28日まで行った2次公募の結果を公表するとともに、平成21年9月24日から10月23日(17時必着)まで、3次公募を行うと発表した。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するものである。太陽光発電ソーラー環境価値買取事業の2次公募の結果、太陽光発電設置者9件の合計設備容量372kW分が採択された。
 環境省では平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体向け)のうち、太陽光発電ソーラー環境価値買取事業について、太陽光発電公募要領に基づき事業者を3次募集することとしましたので、お知らせいたします。応募に当たってはこれら書類を熟読していただくようお願いします。2次公募までは1施設で太陽光発電20kW以上を対象としていましたが、3次公募では、1事業者あたりの設備容量の合計が太陽光発電20kW以上の場合(1事業者が太陽光発電10kWを2つの店舗に導入する場合など)も認めることとし、太陽光発電の対象を拡大いたします。なお、1次及び2次公募の全案件において、総事業費に対する補助金の割合は、平均39%でした。電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(設備容量の合計が太陽光発電20kW以上で太陽光発電500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。
・当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に太陽光発電を設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した太陽光発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。
・当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量自家消費と見なせること(売電しないこと)。
・グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。
太陽光発電の補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。
・民間事業者
・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)
・ESCO事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに太陽光発電補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。
・太陽光発電の共同申請の場合、太陽光発電の補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。注:リース等を利用する場合、太陽光発電リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、太陽光発電リース会社等との共同申請事業を認めます。太陽光発電リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、太陽光発電割賦契約はリース等には含みません。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策として期待される太陽光発電

 地球温暖化の原因防止対策としてHEVと並んで、地球温暖化の原因防止対策の環境関連ワードとしての想起率が高いのが太陽光発電である。特に米国の「グリーンニューディール政策」や日本の低炭素革命、「スクールニューディール政策」によって、地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の導入に向けた動きが活発化している。世界の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の市場が急激に拡大している。日本における地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の導入促進策として、平成20年度からは「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」がスタートしたほか、独自に太陽光発電の助成金制度を持つ自治体も300を超えており、現在では多くの人が、住宅の新築やリフォームの際に太陽光発電の導入を検討するようになっている。三洋電機が開発した太陽光発電のHIT太陽電池には、変換効率が高く、太陽光発電の高温時の出力低下が少ないので、一般的な太陽光発電の結晶タイプと比べて、年間平均の太陽光発電の発電量を約 40%も向上できる。そのため、太陽光発電のHIT太陽電池は、住宅の屋根置き太陽光発電システム等の高効率志向市場での普及が期待されており、現在の三洋電機の太陽光発電の太陽電池事業の顔となっている。太陽光発電のHIT太陽電池セルの生産能力は、2006年度165MW 、2007年度に260MW、2008年度には340MWへと拡大している。さらに、2010年には島根三洋電機の太陽光発電の生産能力を130MWから220MWに拡充するなど太陽光発電の600MW程度の生産体制を確立する太陽光発電の計画を着実に進め、今後の世界的な太陽光発電システムの旺盛な需要に対応していくという。
 一方、将来の拡大が期待されているのが、太陽光発電のメガソーラーをはじめとした太陽光発電の中・大規模市場(電力需要家など)向けに開発されている太陽光発電の薄膜太陽電池である。同社では2009年1月に、新日本石油(株)との合弁で「三洋ENEOSソーラー(株)」を設立した。太陽光発電の10%以上の高変換効率、高信頼性、低コストを実現した太陽光発電の次世代薄膜太陽電池を開発して2010年度に太陽光発電の事業をスタートし、急拡大が見込まれる太陽光発電の薄膜太陽電池市場においても、世界の太陽光発電のリーディングカンパニーを目指している。三洋電機では、生産技術面で類似性が高い太陽光発電のHIT太陽電池のノウハウを投入することにより、太陽光発電の薄膜太陽電池の生産を、2015年に1GW規模、2020年度に2GW規模に拡大する計画を有している。また、同社では、2020年の太陽光発電の太陽電池市場の規模を、世界で約40GWと予測しており、太陽光発電のHITと薄膜を合わせ、現状の約約10倍弱、HIT単独で現状の約5倍弱の太陽光発電の生産・供給体制を構築し、太陽光発電のHITと薄膜の合計で太陽光発電の世界シェア10%の獲得を目指すという。地球温暖化の原因防止対策として地球環境との共生が不可欠な、これからの社会には、移動手段にもクリーンさが求められており、その本命は、太陽光発電のクリーンエネルギーで充電を行う電気自動車になるといわれている。三洋電機は、エネルギーを「創」る太陽光発電の太陽電池と、エネルギーを「蓄」える太陽光発電の二次電池というキーテクノロジーの開発と生産能力の拡張を着実に進め、さらに太陽光発電の太陽電池と二次電池を融合できるエナジーソリューションを提供することにより、「環境・エナジー先進メーカー」としての大きな使命を果たしていくとしている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策として期待される太陽光発電はこちら

太陽光発電などの次世代エネルギーパーク計画

 太陽光発電風力発電などの新エネ設備を直接見たり触れたりできる「次世代エネルギーパーク」の整備を推進している資源エネルギー庁は、平成21年5月7日から6月5日にかけて地方自治体等の計画を公募した結果、8月5日までに以下の12件の計画が認められた。「次世代エネルギーパーク」は、太陽光発電等の新エネルギー設備や体験施設等を整備し、新エネルギーをはじめとした次世代エネルギーについて実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて地球温暖化の原因防止対策と地球環境に調和した将来の次世代エネルギーの在り方について国民の理解の増進を図ることを目的としたもで、平成20年度に7件、平成19年度では6件の計画が認められていた。
【宮城県】宮城県次世代エネルギーパーク計画
【岐阜県】岐阜県次世代エネルギーパーク
【東近江市(滋賀県)】東近江市次世代エネルギーパーク構想
【三重県】三重県次世代エネルギーパーク
【洲本市(兵庫県)】エネルギーパーク洲本
【土庄町(香川県)】土庄町次世代エネルギーパーク計画
【北広島町】北広島町次世代エネルギーパーク計画
【大牟田市(福岡県)】大牟田市次世代エネルギーパーク
【熊本県】くまもと次世代エネルギーパーク計画
【大分県】大分県次世代エネルギーパーク構想
【糸満市(沖縄県)】糸満市次世代エネルギーパーク
【宮古島市(沖縄県)】宮古島次世代エネルギーパーク計画
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電などの次世代エネルギーパーク計画はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」

 国土交通省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度「国土交通省新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」について4モデルを選定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、民間事業者等による先進的な地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を掘り起こし、人や企業の行動原理の変革に働きかける取組を広めるため、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減環境事業モデルを募集し、優れた取り組みについて支援・調査し、モデルの普及を目指すものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の募集では、建設業、運輸業、不動産業など国土交通分野の民間事業者等から、環境に配慮した経済活動上の先進的提案24件の応募があり、事業モデルによる地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの削減効果、先進性・モデル性、実現可能性・持続性等の観点から以下の4つのモデルを選定した。
・鹿島建設(株)「工事現場用プレハブ事務所における太陽光発電活用普及モデル事業」
・名古屋鉄道(株)「非接触型交通系ICカードを活用した地域連携型コミュニティサイクル・カーシェアリング事業構築によるインターモーダル推進事業モデル」
・三井不動産(株)「柏の葉キャンパスタウンにおける不動産開発事業に併せた自転車活用モデル」
・(株)メックecoライフ「集合住宅における一括高圧受電導入と併せた太陽光発電普及モデル」
 今後、これらの地球温暖化の原因防止対策の事業モデルの調査・検討、実証実験的な活動の実践、報告書作成等の費用について1件当たり500万円を上限として支援が行われる予定となっている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立

 滋賀県では、滋賀県内の企業が、それぞれ地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減目標を設定し、目標が達成できなかった場合、その分の資金を拠出する地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を産官学の共同で創設した。参加企業は、地球温暖化の原因防止対策となる事業活動に伴う二酸化炭素CO2の年間排出量を自ら設定し、それを超えた場合には二酸化炭素1t当たり3,000円を炭素基金に拠出するというものである。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に積み立てられた資金は、補助か貸し付けを行うことによって、太陽光発電や森林緑化整備などの環境関連の地球温暖化の原因防止対策の新しい技術開発などを行う企業の支援に充てる。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金には、既に市が県内の23社が参加を決定している。初年度となる2009年は、滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に300万円を拠出する。このほか市が県内の参加企業から計3000万~5000万円を目標に集めるとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立はこちら

群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策

 群馬県前橋市では、市役所から排出される地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減を目指す「ECOプロジェクト」で、職員向け地球温暖化の原因防止対策ガイドブックを作成した。地球温暖化の原因防止対策ガイドブックでは、ゴミ排出量の削減、燃料使用量の削減、電気使用料の削減の3点について、節約目標を設定した。ゴミの排出量では、2007年度に市本庁舎で2万4745kgだった排出量を2009年度には2万2270kgにするとしている。燃料使用量は10%削減し、電気使用料は100万円削減を目指すとしている。また、コピー用紙の節約のため、地球温暖化の原因防止対策ガイドブックは群馬県前橋市の職員に配布せず、ネットを利用した喚起にとどめた。
 一方、徳島県では、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電のソーラー駐輪場実証実験を始めている。三洋電機(大阪府守口市)が、「太陽光発電のソーラー駐輪場システム」の実証実験を徳島県庁で行うこととなり、2009年3月には開始式を行われれている。徳島県知事は太陽光発電の開始式の後、太陽光発電のシステムにより充電したリチウムイオン電池搭載の電動ハイブリッド自転車に試乗した。徳島県庁職員の公用自転車として活用するとともに、世界の環境問題や地球温暖化の原因防止対策に貢献できる取り組みとして、徳島県内外に発信したい考えを示した。太陽光発電のソーラー駐輪場の太陽光発電の容量は630Wで、太陽光発電の年間発電量は約690kWhを見込んでいる。太陽光発電のソーラー駐輪場ではmACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器への電源供給もできる。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電パネル緊急導入事業

 農林水産省は、NPO法人日本プロ農業総合支援機構が平成21年7月27日から、太陽光発電パネル緊急導入事業について公募を開始すると発表した。この事業は、太陽光発電パネルの導入により、農山漁村の潜在力を最大限発揮させ、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現と農山漁村の活性化に資する取組みとして農林水産業に関連する施設等への太陽光発電パネルの設置費用等について補助を行うものである。10kW以上の太陽光発電パネルを設置する場合に限り、設置費用等の1/2以内(民間事業者については1/3以内)を補助する制度である。太陽光発電パネル緊急導入事業の応募方法等詳細に関しては、次のとおりである。
1 太陽光発電パネル緊急導入事業の趣旨
 農山漁村には太陽光などの自然エネルギーをはじめ、稲わら・間伐材等の未利用のバイオマスが豊富に存在するなど、食料供給のみならず地球温暖化の原因防止対策の資源供給の面でも大きな潜在力を有しています。このような潜在力を発現させ、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現と農山漁村の活性化を同時にかつ緊急に達成するためには、未利用資源の有効活用に必要な施設等の導入や製品の利用体制の整備が不可欠となっています。このような状況に加え、平成20年7月に閣議決定された地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会づくり行動計画」において、太陽光発電世界一の座を再び獲得することを目指し、太陽光発電導入量の大幅拡大を進めることとされる等、太陽光発電のさらなる普及が進むことが見込まれる中で、農作物の保冷倉庫や畜舎、バイオマス変換施設など、農林水産業に関連する施設等に積極的な太陽光発電の導入を図る必要があります。このような太陽光発電の状況を踏まえ、本事業では、農山漁村の潜在力を最大限発揮させ、低炭素社会の実現と農山漁村の活性化に資する取組みとして農林水産業に関連する施設等への太陽光発電パネルの設置の支援を行います。なお、太陽光発電の補助率は1/2以内(民間事業者にあっては1/3以内)とします。また、設置する太陽光発電パネルの規模は10kW以上とします。
2 太陽光発電の募集期間
 平成21年7月27日から随時受け付けます。(土曜日、日曜日及び祝日等の休日を除く毎日、10時00分から17時00分まで随時とします。)
3 太陽光発電の応募先
 特定非営利活動法人日本プロ農業総合支援機構 〒114-0024 東京都北区西ヶ原1丁目26番3号 農業技術会館別館5F 電話番号:03-5907-6191 FAX番号:03-5907-6193 担当者:尾野村、中田
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電パネル緊急導入事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集

 政府は、全国の学校が地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電を設置し、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、ロゴマーク及びキャッチフレーズを平成21年9月30日まで募集する。
 太陽光発電のロゴマーク及びキャッチフレーズのコンセプトとしてはいずれも、地域の誰もが親しみを持てる地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電を表現したものや、日本の未来を担う児童・生徒が学ぶ「21世紀の学校」らしさを表現した太陽光発電のもの求めている。太陽光発電の応募作品は、関係省及び有識者による審査委員会の審査を経て、最優秀作品賞として太陽光発電のロゴマーク及び太陽光発電のキャッチフレーズそれぞれ1作品、優秀作品賞としてそれぞれ2作品が選ばれ、賞状と副賞が贈られる予定となっている。太陽光発電の応募希望者は、文部科学省公募情報から専用の応募票をダウンロードして必要事項を記入し、作品を添付して郵送で申し込む必要がある。太陽光発電の応募受付・問い合わせ先は以下のとおり。文部科学省大臣官房文教施設企画部施設助成課指導係
 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 TEL:03(5253)4111(内2463)
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集 はこちら

太陽光発電のソーラー環境価値買取事業の公募結果と2次公募

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の平成21年度太陽光発電のソーラー環境価値買取事業で、平成21年5月26日から6月30日まで行った太陽光発電の1次公募の結果を公表するとともに、平成21年7月14日から8月28日まで、太陽光発電の2次公募を行うと発表した。太陽光発電のソーラー環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に太陽光発電の設備整備を支援するものとなっている。太陽光発電の1次公募の結果、太陽光発電設置者12件の合計設備容量800kW分が採択された。
 環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)に
より、太陽光発電のソーラー環境価値買取事業を行うこととしています。太陽光発電の本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は、この公募要領に記載するとおりですので、応募される方は、公募要領を熟読いただくようお願いいたします。なお、太陽光発電の補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)交付要綱」(以下、交付要綱という。)及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)実施要領」(以下、実施要領という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。
1 太陽光発電の補助対象事業の概要及び目的
 環境省の事務事業から発生する地球温室効果ガスの二酸化炭素排出量を順次オフセットするため、大半を自家消費する業務用太陽光発電施設の整備に際し、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に支援するものであり、地球温暖化原因防止対策にむけた低炭素社会の構築に欠かすことのできない太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とします。
2 公募する事業の対象
 電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(20kW以上で500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。
・当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した太陽光発電の発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。
・当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量太陽光発電の自家消費と見なせること(売電しないこと)。
・グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。
3 太陽光発電の補助事業者及び補助事業の年数
(1)太陽光発電の補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。
・民間事業者
・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)
※ ESCO 事業・リース等の活用について
・ESCO 事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO 事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。
・太陽光発電の共同申請の場合、補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO 事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)太陽光発電の財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。注:太陽光発電のリース等を利用する場合、リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、太陽光発電のリース会社等との共同申請事業を認めます。リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、割賦契約はリース等には含みません。
(2)太陽光発電の補助の年数
原則として単年度とします。
4.太陽光発電の補助対象事業の選定
(1)一般公募を行い、選定します。
(2) 応募者より提出された太陽光発電の実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い、予算の範囲内で太陽光発電の補助事業者を選定します。なお、応募要件を満たす提案であっても、規模や見込まれる太陽光発電の発電量等によっては、補助額を減額、または不採択とする場合もありますのでご了承ください。太陽光発電の審査結果に対するご意見は対応致しかねます。また、予算残額が少なくなった時は、産業部門(製造業)における申請より、業務部門(病院、ホテル、商店など)における申請を優先する場合がありますので、ご了承ください。
5.太陽光発電の応募に当たっての留意事項
(1)太陽光発電の補助対象経費について
 太陽光発電の事業を行うために直接必要な以下の経費が補助対象経費であり、当該事業で使用されたことを証明できるものに限ります。
<経費の区分>
 太陽光発電の事業を行うために必要な本工事費(材料費、労務費、直接経費、共通仮設費、現場管理費、一般管理費)、付帯工事費、機械器具費、測量及び試験費、事務費
(2)太陽光発電の交付額
太陽光発電設備1kW当たり30万円を上限とします。(太陽光発電の設置事業者は、別途5年分のグリーン電力証書の手数料を、証書発行事業者に支払うことになります。)
(3)太陽光発電の維持管理
 導入した太陽光発電の設備は、事業主体の責任のもとで適切な維持管理が行われるものであることとします。
(4)二酸化炭素の削減量の把握
 太陽光発電の事業の実施による二酸化炭素の削減量の把握を行っていただく必要があります。また、環境省の求めに応じて、太陽光発電の事業の実施に係るこれらの情報を提供していただくことがあります。
(5)太陽光発電の事業報告書及び評価報告書について
 太陽光発電の補助事業者は、補助事業に係る設備の使用開始の日からその年度末まで、及びその後の5 年間の期間について、太陽光発電の事業の概要及び事業による温室効果ガスの削減量、太陽光発電の事業による効果、太陽光発電の影響等を毎年とりまとめた事業報告書を作成し、当該年度の翌年度の4 月末までに提出するものとします。なお、グリーン電力証書は、同期間について連携する証書発行事業者が当該年度の翌年度の6 月末(例:平成22 年度分については平成23 年6 月末)までに提出するものとします。太陽光発電の認証されてから本年度末(平成22 年3 月31 日)までのグリーン電力証書については、提出する必要はありません。平成22 年度4 月1 日からのグリーン電力証書を、確実に提出いただく必要があります。また、太陽光発電の補助事業者は、5年間の期間終了後には、当該事業の費用対効果、当該事業以外に補助事業者が他の施設等において実施した省CO2 対策の内容など水平展開の実績及び今後の見込み等をとりまとめた評価報告書を作成し、翌年度の4月末までに提出するものとします。
(6)太陽光発電の発電量を計測する電力量計について
 太陽光発電によるグリーン電力証書化には、計量法(平成4年法律第51号)第16 条第1項第2号に規定する太陽光発電の電力量計の設置が必要となります。電力量計の設置場所については、太陽光発電設備により発電された電力の使用量を正確に計測する必要があるため、電力需要側に近い場所に設置することが必要です。証書発行事業者並びにグリーンエネルギー認証センターと協議した上で、確実に証書化できる場所に設置してください。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電のソーラー環境価値買取事業の公募結果と2次公募はこちら

学校への太陽光発電システム導入ガイドブック

 文部科学省は、国立教育政策研究所文教施設研究センターと共同で、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制するため、「太陽光の恵みを子どもたちが学び育むために」~学校への太陽光発電導入ガイドブック~を作成した。全国規模で実施される太陽光発電設備の導入を円滑に進めるとともに、技術水準の確保を図るため、太陽光発電導入による効果、太陽光発電導入までの手順、太陽光発電設計・施工上のチェックポイント、維持管理方法等について必要な情報を精選して掲載するとともに、太陽光発電の整備事例や関連する国の財政支援制度等を紹介している。また、環境教育への太陽光発電の活用事例についても掲載している。
「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。太陽光発電などのハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 学校への太陽光発電システム導入ガイドブックはこちら

太陽光発電のための次世代送配電ネットワーク

 経済産業省は、地球温暖化原因対策にも寄与する太陽光発電のための次世代送配電ネットワークの実証試験を鹿児島県竹島、沖縄県与那国島など10の離島で実施すると発表した。今回の実証試験は、独立した系統となっている離島において、相当量の太陽光発電等を導入するとともに、蓄電池等を活用した系統システムの制御を実証的に行い、今後の太陽光発電の大量導入に対応した、次世代太陽光発電の送配電ネットワーク構築に向けての課題を整理することを目的とするものとなっている。経済産業省では、離島における太陽光発電の次世代送配電ネットワークの構築を見据えた太陽光発電の実証試験(マイクログリッド)の補助事業者について平成21年6月22日まで公募を実施し、九州電力(株)と沖縄電力(株)の提案を採択、両社が設置する太陽光発電施設、風力発電施設、蓄電池、制御装置及び内燃力発電からなるマイクログリッドシステムの実証設備に対して2/3を補助を実施する予定となっている。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電のための次世代送配電ネットワークはこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら

神奈川県の地球温暖化防止対策の太陽光発電施策と補助金

 神奈川県では、2008年1月に行った地球温暖化防止対策の「クールネッサンス宣言」のリーディング・プロジェクトのうち「県庁エコ化プロジェクト」の一環として、県庁新庁舎屋上に太陽光発電システムを設置し、2009年2月から稼働している。太陽光発電システムの年間想定発電量は4600kWhとなっており、太陽光発電システムで発電した電力は、神奈川県庁舎の事務室の照明などに使用する。この太陽光発電システムにより、年間で約1.4~1.5tの地球温暖化の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。また、太陽光発電システムの発電状況がわかるよう、屋上のソーラーパネル付近と1階ロビーに太陽光発電システムの表示装置を設置している。太陽光発電システムの発電電力、本日の発電電力量、本日のCO2削減量などを表示している。一方、神奈川県では太陽光発電システムに対する設置補助金を行っている。神奈川県による補助(3.5 万円/kW、上限12 万円)は、市町村を通じて行うので、太陽光発電システム補助金の申請窓口は市町村になる。市町村に太陽光発電システム補助金の申請すれば、県の太陽光発電システム補助金もあわせて受け取ることができるようになっている。 国の太陽光発電システム補助金7万円/kW、10kW未満の設備が対象もあわせて受けることができる。詳しくは、社団法人神奈川県土地建物保全協会 電話045-201-9967 へお問い合わせください。太陽光発電システム補助金は、新築住宅だけでなく、既存の住宅への設置も対象になる。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 神奈川県の地球温暖化防止対策の太陽光発電施策と補助金 はこちら

青森県の地球温暖化防止対策の太陽光発電ソーラーシステム活用

 地球温暖化防止対策の一環の取組みとして太陽光発電ソーラーシステムの活用が注目されている。青森県においても、地球温暖化防止対策の太陽光発電ソーラーシステム活用に注目し、2009年1月、第4回目となる地球温暖化防止対策の太陽光発電ソーラーシステム活用策定委員会を開き、「青森県太陽光発電エネルギー活用推進アクションプラン」をまとめた。青森県太陽光発電エネルギー活用推進アクションプランでは2020年度を到達目標年として、青森県内の公共施設への率先導入や、1施設当たり1000kW以上の大規模太陽光発電所の誘致を目指す。青森県では東京より日射量が多い地域もあり、太陽発電ソーラーシステムエネルギーの可能性はあるものの、東北の地域イメージからか青森県民自身の太陽発電ソーラーシステムエネルギーに対する注目度は低いという。太陽光発電システムの設置事業所が増えれば、意識改革が図れるのではと、現在の10倍増を目標に設定した。住宅用太陽光発電システムは1万戸、約3.6kW導入することが目標としている。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 青森県の地球温暖化防止対策の太陽光発電ソーラーシステム活用はこちら

大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出

 環境省は、平成21年度地球温暖化原因防止対策太陽光発電の「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」を実施する委託先として、12地方公共団体を採択した。「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」は、地域における自立的な地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の普及拡大につなげることを目的とし、全国の地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデルとなるような、住宅用太陽光発電由来グリーン電力証書の供給と、オフセットを実施する地元企業等需要を結びつけ、その地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の販売代金を発電設備の設置費用回収に充当するものとなっている。採択された地方公共団体が地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデル事業を行う推進協議会を設置・運営し、環境省は運営に必要な経費を支援する。今回採択されたのは、札幌市青森県愛知県京都市大阪府北九州市富山市都留市松本市小諸市大垣市掛川市の12府県市となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出はこちら

太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出モデル事業

 環境省は、平成21年度の「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」で、委託を受けて太陽光発電のモデル事業を行う地方公共団体の公募を開始した。この太陽光発電のモデル事業は、地域における自立的な太陽光発電の普及拡大につなげることを目的とし、全国のモデルとなるような、住宅用太陽光発電由来グリーン電力証書の供給と、オフセットを実施する地元企業等需要を結びつけ、その販売代金を発電設備の設置費用回収に充当するものである。太陽光発電の対象は、地方公共団体(都道府県及び市町村)で、地方公共団体同士が共同して実施することも可能としている。また、広報活動および、グリーン電力証書化に関する手続き等を第三者に再委託して実施することも可能である。公募期間は、平成21年4月21日(火)から5月15日(金)消印有効。応募方法の詳細は、応募要領を参照。連絡先 環境省総合環境政策局総務課 環境研究技術室 TEL:03-3581-3351(内6266,6245)

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出モデル事業はこちら

地球温暖化防止対策の太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン

 環境省、経済産業省、国土交通省及び文部科学省など関係9省庁は、平成20年11月に公表した「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」の「進捗状況フォローアップと今後の取組」を取りまとめて発表した。太陽光発電は発電時にはまったくCO2を発生させないクリーンな発電装置であることから、地球温暖化防止対策の一環になることで、積極的に推進していくものである。「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」は、太陽光発電の導入拡大を図るべく、太陽電池メーカーや導入を予定する国民や企業等、関係者の迅速な取組を促すためのもの。公表以降、平成21年度政府予算案がとりまとめられ、環境省でも業務用太陽光発電に環境価値分の支援を行うなど、新たな取組を実施していくこととなったほか、学校、病院や社会福祉施設、警察署など、各省が所管の建物への太陽光発電の導入が検討され始めるなど、新たな取組が見られてきている。


太陽光発電ソーラーシステム情報家電製品家具レンタルリース情報格安激安プロジェクターレンタル情報

> 地球温暖化防止対策の太陽光発電の導入拡大のためのアクションプランはこちら

本丸歴史館でグリーン電力(佐賀県)

 佐賀県では、地球温暖化防止対策の一環として、地球温暖化問題を身近に感じてもらおうと、佐賀城本丸歴史館(佐賀市)で、環境にやさしい「グリーン電力」の使用を始めた。使用期間は2008年12月から2009年11月までの1年間。2006年度から実施している、住宅用太陽光発電への助成事業「太陽光発電トップランナー推進事業」を通して、住宅用太陽光発電を設置した県民から「環境価値」を購入。この環境価値を歴史館の電力に活用することで、環境にやさしい太陽光で発電したグリーン電力を使用しているとみなすことができる。歴史館が1年間に使用する電力量は約40万kWhもある。

イラストレーターの求人募集転職ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職

> 本丸歴史館でグリーン電力(佐賀県)はこちら

海上標識の灯火がLED普及率100%達成

 海上保安庁は、全国に設置している1,390基の海上標識全てのLED発光ダイオード)化が完了すると発表した。
 同庁では、平成6年度から従来の白熱電球に代わる光源として視認性の良いLEDを導入していたもので、平成21年2月14日の東京湾中ノ瀬西方第一号灯浮標の整備をもって完了する予定。
 LEDは、長寿命、省エネルギーであることから経済的であるとともに地球環境にもやさしい光源として注目されている。
 また、これら海上標識の電源はすべて、太陽光発電波力発電の自然エネルギーが利用されている。

LEDライト電光サイン看板情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 海上標識の灯火がLED普及率100%達成 はこちら

地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議

 環境省は、平成21年2月20日に、環境省第一会議室(東京都千代田区)で、地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業 採択校全国会議」を開催すると発表した。
 「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。ハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴。
 採択校の事業成果の報告と今後の取り組みに向けた情報交換のために、今回の全国会議が開催される。
 なお、この会議は公開で実施されるので、傍聴希望者は、「エコ改修全国会議傍聴希望」と明記し、氏名、住所、電話番号、勤務先、傍聴券の送付先(emailアドレス又はFAX番号)を記入し、2月13日午前中必着で、申し込みが必要。
 一般の傍聴可能人数は20名。傍聴希望者が多数の場合は抽選。


○傍聴申し込み
 エコフローサポート本部
 E-mail:info@ecoflow.jp
 FAX:03-5681-7785

> 地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議はこちら

住宅用太陽光発電の導入補助

 経済産業省資源エネルギー庁は、住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金の補助事業を行う者となった有限責任中間法人太陽光発電協会(JPEA)が、平成21年1月13日から3月31日まで補助金交付の募集をすることになったと発表。 対象者は、自らが住んでいる住宅に太陽光発電システムを設置する個人で、補助金の額は太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり7万円となっている。 なお、対象とする太陽光発電システムは、JPEAが定める補助金交付規定の要件を満たす必要がる。 応募説明会は、全国9箇所で開催される予定。説明会に関する問い合わせ先は、以下の通り。

○問い合わせ先
JPEA内 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)
TEL:043-239-6200


太陽光発電ソーラーシステム情報

> 住宅用太陽光発電の導入補助はこちら

ソーラー・システム産業戦略研究会

 経済産業省資源エネルギー庁は、太陽光発電関連産業の競争力強化に向けた今後の展開について検討を行う、「ソーラーシステム産業戦略研究会」を立ち上げると発表。
 同省では、太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも特に潜在的な導入可能量が多く、エネルギー源の多様化や地球温暖化対策の観点から、エネルギー自給率の低い日本にとって国産エネルギーとして重要であると位置づけている。
 また、我が国の太陽電池産業は、将来我が国の産業の一翼を担うことへの期待が高く、産業政策上の重要な意義を有しているとしており、施策のイメージを具体的に描きつつ、幅広い関係者の参画を得て集中的な検討を深めていくことが不可欠であるとしている。
 本研究会では、本年12月より検討を開始し、来年2月を目途にとりまとめる予定。

> ソーラー・システム産業戦略研究会はこちら

環境ビジネス参入のための勉強会 ~太陽光発電システムについて~

9月25日(木)開催 
環境ビジネス参入のための勉強会
 ~『太陽光発電システム事業』への参入~

 地球温暖化防止や原油価格高騰に伴い「自然エネルギー」の活用への関心が高まっています。
今回の勉強会では、今後高い需要が見込まれる住宅向「太陽光発電システム」に焦点を当て、異業種からの新規事業参入について解説いたします。
<主な講座内容>
・太陽光発電システム事業の実態と将来性   
・異業種から太陽光発電システム事業に新規参入して成功するポイント  
・太陽光発電パネル設置実績1万台を突破した企業の事例 他
--------------------------------------------------
日時/2008年9月25日(木) 13:00~15:00(開場12:45)
会場/東京・船井総合研究所 セミナールーム 
   (JR東京駅 丸の内北口徒歩2分)
地図http://www.funaisoken.co.jp/access.html
主催/(株)船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループ  

講師/菊池功(株)船井総合研究所 執行役員他ゲスト講師

参加料/無 料(1社1名様一回限定)
参加希望の方は事前にメールにてお申込ください。
--------------------------------------------------
<お申込方法>
メールにてお申込ください。送付先アドレス>tono@funaisoken.co.jp

メール本文には下記項目をご記入ください。
氏名/会社名/部署・役職/住所/TEL/
メールアドレス/「9月25日太陽光発電 勉強会参加希望」

<お問合せ>
(株)船井総合研究所 担当:トノウチ
tono@funaisoken.co.jp
TEL03‐6212-2933(月~金9:30~17:30)

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境ビジネス参入のための勉強会 ~太陽光発電システムについて~はこちら

グリーン・エネルギー・パートナーシップ設立総会

 資源エネルギー庁は、平成20年6月30日東京港区の第一ホテル東京においてグリーン・エネルギー・パートナーシップ設立総会を開催する。
 このパートナーシップは、企業製品の製造時等におけるグリーン・エネルギーの活用促進や消費者の認知度向上を図り、製造・小売事業者、グリーン電力発電事業者、グリーン電力証書発行事業者などの関係者が連携しながら、国民運動として、グリーン・エネルギーの導入を促進することを目的として設立されるもの。
 太陽光発電風力発電バイオマス発電等のグリーン・エネルギー導入を促進するためには、ビジネス・産業活動におけるグリーン・エネルギー利用の活性化、消費者の一層の参画等による更なる普及拡大が必要となていた。

> グリーン・エネルギー・パートナーシップ設立総会はこちら

平成20年度「次世代エネルギーパーク」計画

 太陽光発電風力発電などの新エネルギー設備を直接見たり触れたりできる「次世代エネルギーパーク」の整備を推進している資源エネルギー庁は、平成20年4月1日から4月30日にかけて地方自治体等の計画を公募した結果、20年6月3日までに以下の7件の計画が認められた。
(1)札幌市「札幌市次世代エネルギーパーク」
(2)六ヶ所村「六ヶ所村次世代エネルギーパーク」
(3)太田市「太田市次世代エネルギーパーク」
(4)山梨市「山梨市次世代エネルギーパーク」
(5)愛知県「あいち臨空新エネルギーパーク」
(6)出雲市「出雲市次世代エネルギーパーク」
(7)阿南市「阿南市次世代エネルギーパーク」
(1)茨城県「茨城県次世代エネルギーパーク構想」
 「次世代エネルギーパーク」は、太陽光等の新エネルギー設備や体験施設等を整備し、新エネルギーをはじめとした次世代エネルギーについて実際に国民が見て触れる機会を増やすことを通じて地球環境と調和した将来の次世代エネルギーの在り方について国民の理解の増進を図ることを目的としたもで、19年度の第1回の公募では6件の計画が認められていた。

> 平成20年度「次世代エネルギーパーク」計画はこちら

ソーラー・マイレージクラブ(太陽光発電)全国大会

 環境省は平成19年度「ソーラー・マイレージクラブ全国大会」を平成20年2月23日に、東京・千代田区の在日韓国YMCAで開催することにした。時間は13時30分から16時45分。
 この全国大会は、平成19年度に「ソーラー・マイレージクラブ事業」を実施する全国8か所の地域協議会の取組み状況報告などを行うためのもの。
 「ソーラー・マイレージクラブ事業」とは、環境省が平成18年度から実施しているもので、地域協議会を組織した地域の家庭からの二酸化炭素排出削減量の目標値を設定した上で、太陽光発電設備などの再生可能エネルギー利用設備(ハード)導入、省エネルギー対策の普及啓発活動(ソフト)実施などに取組む事業。
 今回のプログラムとしては、国連環境計画金融イニシアティブ特別顧問末吉竹二郎氏の基調講演「地球温暖化をめぐる世界の流れ」、各ソーラー・マイレージクラブの取組み紹介、ソーラー・マイレージ分析結果発表、家庭での省エネ取組み事例発表、今後の展望の紹介--が予定されている。 
 参加希望者は、所定の参加申込書に記入の上、平成20年2月21日までに電子メールかFAX、郵送のいずれかで申し込むことが必要。宛先は特定非営利活動法人太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)(住所:〒113-0034東京都文京区湯島1-9-100湯島ビル202、FAX番号:03-5805-3588、電子メールアドレス:info@greenenergy.jp)

> ソーラー・マイレージクラブ(太陽光発電)全国大会はこちら

地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのか

太陽光発電

 太陽光発電については、ソーラーパネルを生産し、設置するエネルギーと太陽光発電で取り出すエネルギーを比較する必要がありますが、安井至教授(東京大学生産技術研究所)のLCA試算では、大規模な架台をコンクリートや鉄骨で造らずに、屋根の上に設置するなら15~20年スパンで見るとCO2削減に貢献するとしています。

 また、(財)電力中央研究所のLCAデーターでは、3KWの屋根設置型で主に生産時に53gCO2を発生させるとしていますが(電中研レビュー第45号2001.11)、生産に関しての効率化が年々進んでいることや発電効率が高まっていることから、ますます効率的にCO2削減に貢献していくことでしょう。

 唯一の難点は、(財)新エネルギー財団や一部の自治体で補助金が出るとはいえ、一般の人が簡単に手が届く金額ではないというところでしょう。以前に比べると設置費用は格段に安くなっており、メーカー間の競争も厳しいことから、今後、性能は上がり、価格はさらに下がると予想できます。

 4人家族程度の家庭では、3~4KWのシステムが必要になってきます。これが安く設置できるようになれば、ますます普及に弾みが出るでしょう。

 ドイツでは、「再生可能エネルギー法」が2000年にでき、太陽光、風力、バイオマスなど再生可能なエネルギーで発電される電気の買取を電力会社に義務付けています。その後、より普及を推進する方向で改正され、発電内容によって異なりますが、太陽エネルギーによる電力買取価格は1KW当たり、5.7セント=約60円(2002年以降5%ずつ減少)となっています。この結果、太陽光発電など資源を利用しない発電が大幅に普及しています。

 日本においても、2003年4月1日から「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」(通称RPS法)施行されましたが、実態としては、余剰電力の買取価格は電力会社が決定していることや、RPS法の代行申請(環境価値の電力会社への転換)に応じない場合は、余剰電力の買取を拒否あるいは非常に低い単価での買取価格とするなど、法の趣旨を逸脱したような運用がなされている問題があります。

 この結果、買取価格は電力料金単価と同等(20数円程度)となっており、ドイツと比べるとかなりの開きがあります。もっとも、日本の太陽光発電システムの普及は世界でトップですが、RPS法が趣旨どおり運用されれば、一層の普及が進むことでしょう。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化・環境問題:太陽光発電は地球環境にいいのかはこちら