TOPページ > 検索結果

検索結果 【太陽光発電設備】

関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、福井県の若狭地域で太陽光発電設備を設置するため、2010年11月1日から研究を開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果的な太陽光発電設備のメガソーラー発電に関して、日照条件の研究や太陽光発電パネルへの積雪や塩分付着の発電への影響のほか、福井県という日本海側の厳しい条件を踏まえ、パネルの傾斜角度やコーティングをそれぞれ3種類に分け組合せてデータを集めてメガソーラー発電に最適なものを探し出す。関西電力では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの整備を平成24年度を目処に整備を進め、出力1千キロワットのメガソーラー発電を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルは、関電原子力研修センター(福井県大飯郡高浜町)と嶺南変電所(福井県三方郡美浜町)の2か所に設置し、平成24年3月まで研究を続ける。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネル1枚の大きさは横1.3メートル、縦約1.0メートルで2か所で計21枚を使用し、パネルの傾斜角度は25度、45度及び60度の3種類に設定する。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルの積雪の滑落や塩分付着の低減効果を探るコーティングは、パネルの表面に付着した水が広がる親水性、水滴状になる撥水性、コーティングなしのほか、ガラスサンプルも使用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として効果的なものを検証する。また、太陽の動きを追尾する可動式パネルを嶺南変電所に設置した。太陽光発電のメガソーラー発電は、福井県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのエネルギー研究開発拠点化計画の取組みの一環として、関西電力の嶺南新エネルギー研究センター(福井県三方郡美浜町)が2009年11月から準備を進めていた。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福井県美浜町から高浜町までの嶺南地区に設置するが、具体的な設置場所は現在のところ未定だという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロに

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が各方面で強く求められている中、化石燃料ではなく自然エネルギーを特に有効活用する「エコ住宅」の建築が各住宅メーカーにおいて取り組まれている。これには、新築住宅やリフォームを対象に「住宅エコポイント制度」が始まったことや、太陽光発電設備の設置や高効率給湯器設備の設置に対する国の補助金、さらには住宅減税が行われたことなどで経済的(エコノミー)かつ環境に配慮(エコロジー)というエコ意識が浸透し始めたからである。そのような状況の中、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)では、国内初の家庭用リチウムイオン蓄電池付き高機能住宅を来春に発売する予定をしており、7月から埼玉県さいたま市及び愛知県名古屋市の同社の住宅展示場で実証実験を開始しており、2020年までには地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ及び光熱費ゼロの「エネルギー自給自足」住宅の実現を目指している。とはいうものの、自然エネルギーは、天候や時間に大きく左右されることから、これを効率よく使うために各社とも蓄電池投入をしたいのだが、イニシャルコストが非常に高くつき、その高額な金額を消費者に受け入れてもらえるかどうかが問題になっている。大和ハウスが採用する家庭用蓄電池は、同社が出資するエリーパワー(東京都品川区)で製造しているものであり、平成24年には、神奈川県川崎市内の新工場で5倍の家庭用リチウムイオン蓄電池の量産体制をとり、家庭用蓄電池のコストダウンが可能になると見込んでいる。また、高機能携帯電話(スマートフォン)を利用することによって、住宅内の照明やエアコンなどさまざまな家電製品を一元管理することも可能であり、配電盤に設置するスマートメーターにおいて電力使用量や電気料金を表示することで、省エネ行動を促すという。

> 大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロにはこちら

地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備

 大手住宅メーカーが、地球温暖化の原因防止のため太陽光発電設備を備えたアパートを相次ぎ投入している。太陽光発電設備については、戸建て住宅では環境意識の高まりや政府の補助金効果などで、太陽光発電の導入が進んでいる。アパートを売り出している各社は太陽光発電設備でつくった電気をアパート入居者に分配し、余剰分は電力会社に売って各戸の光熱費を抑えられる点を積極的に訴え、賃貸住宅市場を活性化したい考えだ。ミサワホームは4月、太陽光発電設備を備える「Belle Lead eco(ベルリードエコ)」を発売した。太陽光発電による省エネに加え、テレビ画面付きドアホンを設置するなど、防犯面も配慮している。同社は「太陽光発電設備による光熱費削減で住民の満足度向上が期待でき、高い入居率を維持できる。」と、家主にとっても魅力があることを強調し、初年度は200棟の販売を計画している。積水化学工業も7月、太陽光発電設備を備える「レトアおひさまスタイル」の販売を開始した。同社は「大型の屋根で太陽光発電設備の太陽光パネルを多く乗せられ、発電効率が高い。」と利点を説明する。11月に電力会社が従来の2倍の価格で太陽光発電の余剰電力を買い取る制度が始まったのも追い風になっているという。2009年度に1000戸の販売目標は達成可能と自信を見せる。大和ハウス工業が11月に売り出した太陽光発電設備を備える「セジュールエコハ」は、自然の風や光の通り道を室内につくり、空調機器になるべく頼らない工夫を盛り込んだことも売り物の一つとしている。太陽光発電や断熱性が高い窓ガラスの採用などで地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素(CO2)排出を減らせるとアピールし、年間500棟の販売を目指すのを目標としている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備はこちら

平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業4次公募

 環境省は、平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業で、平成21年9月24日から10月23日まで行った3次公募の結果を公表するとともに、平成21年11月5日から11月26日まで、4次公募を行うと発表した。ソーラー太陽光発電環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するものである。3次公募の結果、太陽光発電設置者2件の合計設備容量70kW分が採択された。4次公募の応募の詳細は、環境省Webサイト(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html)を参照のこと。環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、ソーラー太陽光発電環境価値買取事業を行うこととしています。本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は、この公募要領に記載するとおりですので、応募される方は、公募要領を熟読いただくようお願いいたします。なお、補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)交付要綱」(以下、交付要綱という。)及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)実施要領」(以下、実施要領という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、大半を自家消費する業務用太陽光発電施設の整備に際し、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に支援するものであり、低炭素社会の構築に欠かすことのできない太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とします。電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(設備容量の合計が20kW以上で500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量自家消費と見なせること(売電しないこと)。グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。(1)補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。・民間事業者・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)※ ESCO 事業・リース等の活用について・ESCO 事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO 事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO 事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。・共同申請の場合、補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO 事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。リース等を利用する場合、リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、リース会社等との共同申請事業を認めます。リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、割賦契約はリース等には含みません。(2)補助の年数原則として単年度とします。(1)一般公募を行い、選定します。(2) 応募者より提出された実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い、予算の範囲内で補助事業者を選定します。なお、応募要件を満たす提案であっても、規模や見込まれる発電量等によっては、補助額を減額、または不採択とする場合もありますのでご了承ください。審査結果に対するご意見は対応致しかねます。また、予算残額が.なくなった時は、産業部門(製造業)における申請より、業務部門(病院、ホテル、商店など)における申請を優先する場合がありますので、ご了承ください。(1)補助対象経費について事業を行うために直接必要な以下の経費が補助対象経費であり、当該事業で使用されたことを証明できるものに限ります。<経費の区分>事業を行うために必要な本工事費(材料費、労務費、直接経費、共通仮設費、現場管理費、一般管理費)、付帯工事費、機械器具費、測量及び試験費、事務費(2)交付額太陽光発電設備1kW当たり30万円を上限とします。(設置事業者は、別途5年分のグリーン電力証書の手数料を、証書発行事業者に支払うことになります。)(3)維持管理導入した設備は、事業主体の責任のもとで適切な維持管理が行われるものであることとします。(4)二酸化炭素の削減量の把握事業の実施による二酸化炭素の削減量の把握を行っていただく必要があります。また、環境省の求めに応じて、事業の実施に係るこれらの情報を提供していただくことがあります。(5)事業報告書及び評価報告書について補助事業者は、補助事業に係る設備の使用開始の日からその年度末まで、及びその後の5年間の期間について、事業の概要及び事業による温室効果ガスの削減量、事業による効果、影響等を毎年とりまとめた事業報告書を作成し、当該年度の翌年度の4月末までに提出するものとします。なお、グリーン電力証書は、同期間について連携する証書発行事業者が当該年度の翌年度の6月末(例:平成22年度分については平成23年6月末)までに提出するものとします。認証されてから本年度末(平成22年3月31日)までのグリーン電力証書については、提出する必要はありません。平成22年度4月1日からのグリーン電力証書を、確実に提出いただく必要があります。また、補助事業者は、5年間の期間終了後には、当該事業の費用対効果、当該事業以外に補助事業者が他の施設等において実施した省CO2対策の内容など水平展開の実績及び今後の見込み等をとりまとめた評価報告書を作成し、翌年度の4月末までに提出するものとします。(6)発電量を計測する電力量計について、太陽光発電によるグリーン電力証書化には、計量法(平成4年法律第51号)第16条第1項第2号に規定する電力量計の設置が必要となります。電力量計の設置場所については、太陽光発電設備により発電された電力の使用量を正確に計測する必要があるため、電力需要側に近い場所に設置することが必要です。証書発行事業者並びにグリーンエネルギー認証センターと協議した上で、確実に証書化できる場所に設置してください。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 平成21年度ソーラー太陽光発電環境価値買取事業4次公募はこちら