TOPページ > 検索結果

検索結果 【太陽光発電システム】

JR東日本の東京駅に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム

 JR東日本・東日本旅客鉄道(東京都渋谷区代々木)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、東京駅(東京都千代田区丸の内)のホームに設置した太陽光発電システムを稼働したと発表した。この太陽光発電システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、東京駅東海道線ホームとなる9番線及び10番線に設置されており、2010年1月からホーム改造工事が開始されていた。JR東日本では、既に東京駅の新幹線ホームや高崎駅新幹線ホームにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、太陽光発電システムを設置している。今回、東京駅において稼働開始した太陽光発電システムは、JR東日本最大規模であり、太陽光発電システムによる年間の発電量は約340MWhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は約101トンとなっている。これは、東京駅全体の電力使用量の約0.3%に相当する。この太陽光発電システムによって供給され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる電力は、東京駅の照明や空調機用の電力として使用されるという。今回のの太陽光発電発電システムの導入は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、東京都千代田区との共同事業として実施されたものだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> JR東日本の東京駅に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムはこちら

京都府京都市の京セラが太陽光発電システムのモニター

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、住宅に設置した太陽光発電システムの発電状況などをグラフィック表示でわかりやすく確認できる太陽光発電モニターの新製品『エコノナビット』を地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として開発したと発表した。太陽光発電システムモニタの新製品は、2011年3月1日から京セラソーラーコーポレーションを通じて発売開始するという。2009年11月から日本国内においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電力会社による余剰電力の買取制度が始まったことから、売電に関心を持つ人が増えているという。こうしたことから、太陽光発電システムの発電状況や、どれだけ売電しているのかを目で見て確認したいと思っている人が増えているという。京セラでは、住宅用太陽光発電システムのモニタとして、「エコノナビット」を2003年6月に発売したが、2006年10月には機能を充実した「エコノナビットii」を発売していた。今回、京セラでは、機能の充実とシンプルなデザインを採用した太陽光発電システムモニタの新製品を発売することになった。太陽光発電システムの発電電力や消費電力及び売電電力の量を液晶モニターによってリアルタイムで確認できるという。さらに、1日、1か月、1年と期間別の太陽光発電システムによる発電状況の把握もでき、どれだけの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したかもチェックできる。また、太陽光発電システムの売電電力量などを金額換算した目安値を接続したパソコンで表示できる。さらに、太陽光発電システムモニターの搭載機能をよりシンプルに分かりやすくしたほか、モニタのデザインも一新している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府京都市の京セラが太陽光発電システムのモニターはこちら

岡山県倉敷市が太陽光発電システムによる国内クレジット制度

 岡山県倉敷市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、太陽光発電システムを設置した一般家庭を対象に、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出削減分を金額に換算して岡山県倉敷市内の企業へ販売する制度を平成23年度から導入する。二酸化炭素(CO2)排出量の排出削減分の販売による代金は岡山県倉敷市に寄付し、岡山県倉敷市の環境保全施策に利用するという。今回の岡山県倉敷市のような地方自治体の二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の導入は全国で5例目で中国地方では初めての事例だという。岡山県倉敷市の制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた京都議定書をきっかけに、二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を設けた大企業などが中小企業などの二酸化炭素(CO2)排出量削減分を買い取り、自社の二酸化炭素(CO2)排出量削減分として換算できる「国内クレジット制度」を利用したものとなっている。太陽光発電システムを設置する際に、岡山県倉敷市の公費補助金を利用した一般家庭に対して、岡山県倉敷市が管理運営する「くらしきサンサン倶楽部」に加入してもらい、同倶楽部が各家庭の二酸化炭素(CO2)排出量削減分を集めて国の認証機関に二酸化炭素(CO2)排出枠として申請し、水島コンビナートなど岡山県倉敷市内の企業へ売却するという地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の仕組みになっている。岡山県倉敷市によると、岡山県倉敷市の補助金を活用して太陽光発電システムを導入したのは、現在、岡山県倉敷市内で約3,200世帯にのぼっている。太陽光発電システムを設置した1世帯当たりで年間約1トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が見込めており、二酸化炭素(CO2)排出枠の売却単価は1トン当たり1000~1500円が相場になっているという。2012年度までの2か年間で、岡山県倉敷市内の計2,000世帯を加入目標としており、累計2,554トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を見込むという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内クレジット制度は、大分県や長崎県のほか岐阜県岐阜市などが導入しているという。岡山県倉敷市内の水島コンビナート地区には、鉄鋼や化学などの製造業が集積していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出枠の潜在的ニーズがあると判断したという。岡山県倉敷市による国内クレジット制度の問い合わせは、岡山県倉敷市地球温暖化対策室(086-426-3394)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岡山県倉敷市が太陽光発電システムによる国内クレジット制度はこちら

宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置

 宮崎県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮崎県庁舎への太陽光発電システムのパネル設置と、電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が完成し、完工式が開催された。宮崎県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台を導入し、太陽光発電システムのパネル発電で得た電気を電気自動車(EV)の充電や宮崎県庁舎内で活用していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環となっているという。この構想に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電システムパネル120枚を宮崎県議会棟屋上に設置し、その太陽光発電システムの出力規模は、10.2kwhとなっている。さらに、宮崎県庁本館玄関前に太陽光発電システムからの発電量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減状況を表示する液晶モニターも設置し、宮崎県庁を訪れる県民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRしていく考えだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、「リーフ」を15~30分でフル充電でき、宮崎県庁舎本館前庭の場所に設置している。電気自動車(EV)は、宮崎県企業局と知事部局がそれぞれ1台ずつ所有し、日常の公用利用や太陽光発電システムをPRするイベントにも活用していくという。完工式では、電気自動車(EV)を生産した日産自動車の常務執行役員が「日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるほか、車内は大人5人が十分にくつろげる広さがある。これをきっかけとして、今後、宮崎県での電気自動車(EV)の普及に貢献したい」と挨拶を行った。これに対して、東国原英夫宮崎県知事が実際に電気自動車(EV)に試乗し「電気自動車(EV)の乗り心地は最高。技術の進化はすばらしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置はこちら

横浜ゴムが地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムを設置

 横浜ゴム(東京都港区新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、中国における乗用車用タイヤ生産及び販売子会社「杭州横浜輪胎」において2011年2月に太陽光発電システムによる発電を開始すると発表した。横浜ゴムによる海外グループ会社への太陽光発電システムの導入は初めての事例になるという。今回の太陽光発電システムは、横浜ゴムの中国拠点の事務棟と守衛所に設置している。太陽光発電システムは、1枚当たり100wの発電能力のあるパネル729枚を設置し、事業所が消費する年間電力量の0.3%に当たる6万7,000kwhを賄うことが可能になるという。その結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は年間で94トンになる。横浜ゴムは、国内の事業所においては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、神奈川県平塚市にある平塚製造所などに太陽光発電システムを導入しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 横浜ゴムが地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムを設置はこちら

鹿児島県霧島市の鹿児島空港に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム

 鹿児島県霧島市にある鹿児島空港の国内線ターミナルビルに、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、設置された太陽光発電システムが2011年1月1日に稼働を始めた。これは、鹿児島空港ビルディング(鹿児島県霧島市)が省エネ対策及び屋上緑化対策などと併せて実施する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の一環の取り組みとなっている。国内線ターミナルビルの展望デッキ北側に、50kwhの太陽光発電システムを設置していた。太陽光発電システム設備の導入は、鹿児島空港ビルディングと九州電力(福岡県福岡市中央区)の関連会社で太陽光発電の開発を進める「キューデン・エコソル」(福岡県福岡市)の共同事業として取組んだものである。事業の仕組みとしては、キューデン・エコソルが発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電システムの発電設備の所有者となり、太陽光発電システムの設計、施工及び保守管理などの業務を担当し、鹿児島空港ビルディングに対して太陽光発電システムからのクリーン電力を提供するというものになっているという。鹿児島空港ビルディングによると、太陽光発電システムの設備で発電する電力は、国内線ターミナルビルで消費し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は年間で約16トンにもなると試算している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 鹿児島県霧島市の鹿児島空港に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムはこちら

大阪府大阪市のJR大阪駅で地球温暖化の原因対策

 大阪府大阪市北区にあるJR大阪駅の全面改装が4月から始まる。改装に当たっては、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を講じ、環境問題に配慮した「エコステーション」になるという。トイレなど雑用水の約9割に雨水を再利用し、太陽光発電システムで発電した電力で大阪駅の消費電力の約25%をまかなう性能を持たせるという。全国のJRの駅舎の中でも最大の雨廃水利用となり、トップレベルの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策対応の駅となるという。大阪駅を覆うドーム屋根に降った雨水や、大阪駅北側に建設中のビル「ノースゲートビルディング」に入居する飲食店などから出る廃水を雑用水に再利用する。地下に設置する約1万トンの貯水槽で雨水等をろ過し、トイレ用水として1日当たり777トンを作る。これによって、大阪駅と「ノースゲートビルディング」のトイレ用水の約9割をまかなうほか、新ビル低層階屋上に設ける「天空の農園」の散水などに使用するという。大阪駅ホームの屋根の一部に太陽光発電システムのパネルを設置し、年間で9万kwhを発電する。小型の風力発電設備も設置する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府大阪市のJR大阪駅で地球温暖化の原因対策はこちら

京セラが滋賀県東近江市の工場に太陽光発電システムを設置

 地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、京セラ(京都府京都市伏見区)は、滋賀県東近江市に立地している同社の滋賀蒲生工場に太陽光発電システムを設置した。太陽光発電システムの発電量は141kwの出力であり、一般家庭の年間消費電力量として約27.7世帯分の発電量が見込まれるという。太陽光発電システムは発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、二酸化炭素(CO2)排出量の年間削減量は44トンとなり、滋賀蒲生工場の環境問題への負荷を大きく低減することになるという。京セラは、これまでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に積極的に取組んでおり、同社の生産拠点に自然クリーンエネルギーの太陽光発電システムが設置されるのは、今回で9工場目になるという。京セラでは、2011年3月までに国内の全生産拠点の10工場への太陽光発電システムの設置を目標としており、滋賀野洲工場(滋賀県野洲市)についても近く太陽光発電システムを設置するという。京セラでは、今後も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、国内外の各拠点に積極的に太陽光発電システムを設置し、地球環境保護に貢献していくと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京セラが滋賀県東近江市の工場に太陽光発電システムを設置はこちら

和歌山県和歌山市が和歌山市庁舎に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境にやさしい太陽光発電システムをPRするために和歌山県和歌山市が進めていた和歌山市庁舎への太陽光発電パネルの設置工事が完了した。太陽光発電システムの総工費約2860万円の元をとるには、100年以上かかる計算となるが、庁舎1階には太陽光発電システムの発電量などがデジタル表示され、和歌山県和歌山市は「和歌山県和歌山市役所の来庁者に見てもらい、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの普及につなげたい」としている。和歌山県和歌山市市役所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、今年8月から太陽光発電システムの工事を始め、和歌山県和歌山市本庁舎3、5、7、8、9階の南壁面に、太陽光発電システムのソーラーパネル180枚を設置した。太陽光発電システムからの年間発電量は2万4400キロ・ワットで、本庁舎使用量の0・7%をまかない、年間9トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減される計算になるという。当初、太陽光発電システムパネルは太陽光を効率よく受けられるように上向きに傾斜をつけて設置する予定だったが、強風時の強度などに配慮して、壁に張りつける形で設置したため、太陽光発電システムの想定発電量は3割程度減少したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの設置によって年間38万円を見込んでいた電気料金の節減額は、26万6000円に減り、電気代の節約で太陽光発電システム設置事業費を回収するには107年かかる計算となった。11月25日には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム表示装置の除幕式が行われ、大橋建一和歌山県和歌山市市長は「太陽光発電システムのメーターを見て、太陽光という自然の恵みで生きていることを実感してもらいたい」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 和歌山県和歌山市が和歌山市庁舎に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムはこちら

東京都品川区のローソンが京都府京田辺市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗

 ローソン(東京都品川区大崎)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、店舗の消費電力量を2割削減するなど、環境問題に配慮した最新型の店舗を12月1日に京都府京田辺市にオープンする。新店舗は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として青いLED(発光ダイオード)照明を採用したほか、屋上には自然再生エネルギーの太陽光発電システムを搭載している。その発電した電力をリチウムイオン電池に蓄えるなどして、店舗の電力消費量を削減することができるという。また、雨水を活用して省エネ対策となる室外機や太陽光パネルを冷却するシステムや、夏季などの熱が店舗内に流入するのを抑制する高機能ガラスなどの設備を取り入れている。ローソンは、京都府京田辺市の最新店舗に導入された各システムについて、約1年かけて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の検証を行った上で、2012年3月以降にオープンするローソンの新店舗については、すべて同じ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境配慮型店舗にする方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都品川区のローソンが京都府京田辺市に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗はこちら

日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止

 日本マクドナルド(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市北区にある梅田茶屋町店を省エネ技術を駆使した「エコ店舗」に改装してオープンした。改装前と比べ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が25%以上削減できるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生自然エネルギーの太陽光発電システムを導入したほか、消費電力の少ない発光ダイオード(LED)照明や廃熱の再利用装置などの省エネ機器も取り入れた。入り口付近に設置されたカラー液晶モニターには、店舗の消費電力が表示されるほか、外光の明るさに合わせて自動で照明を調光するようにもした。日本マクドナルドでは、大阪府大阪市の同店を含め、大阪府内の4店舗で2011年3月まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を行い、二酸化炭素(CO2)排出量削減効果などが確認できれば他地域の日本マクドナルドの店舗でも活用していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止はこちら

東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 プリンター用リサイクルトナーなどを製造販売しているゼネラル(東京都台東区台東)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、滋賀事業所(滋賀県甲賀市水口町)にクリーンエネルギーの大規模な太陽光発電システムを導入し、このほど運用を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの発電容量353kwと滋賀県内の工場で最大規模といい、同事業所で消費する電力の3分の1をまかなうことが可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組む滋賀県の方針を受け、事業活動の低炭素化を図るため、太陽光発電システムを初めて導入した。滋賀県甲賀市の事業所内にある滋賀物流センターとトナー製造子会社エコロテック本社工場の屋根に計1,500枚の太陽光発電システムのパネルを敷設し、その設置面積は2500平方メートルにも及んでいる。太陽光発電システムの年間発電量は31万kwh時になり、一般住宅120戸分の年間電力消費量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県紫波町のラ・フランス温泉館で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 岩手県紫波町の第三セクター「紫波まちづくり企画」は、経営する温泉施設「ラ・フランス温泉館」のエネルギー利用を、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるよう、太陽光発電システム温泉排水熱利用などに切り替えると発表した。紫波まちづくり企画は、環境企業の環境エネルギー普及(岩手県盛岡市)とNPO法人紫波みらい研究所(岩手県紫波町)から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる太陽光発電システムや温泉排水熱利用設備を、保守点検業務付きで18年間有料で借りる契約を締結した。紫波まちづくり企画によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をさらに推進するため、将来はラ・フランス温泉館に木質ボイラーの導入も検討し、環境教育の拠点として新エネルギー利用促進の啓発につなげたいと意向を示している。岩手県紫波町は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、資源循環型のまちづくりに力を入れており、今回、総合的なクリーンエネルギーの導入にラ・フランス温泉館で取り組むことにしたという。ラ・フランス温泉館の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業の特徴は、環境エネルギー普及社から太陽熱温水システムと50kwの太陽光発電設備を借りるほか、NPO法人紫波みらい研究所から温泉排水の熱を給湯や温泉加温に利用するヒートポンプを借りて設置する。自前で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策設備を導入するより、リース契約で保守点検を受けながら利用する方が、設備の寿命も稼働効率も良いと見込んでいる。これによって、ボイラーに使う重油代が年間約8割で940万円、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量380トンを削減できる。総事業費は約2億円になるが、経済産業省からの補助金計約8000万円を充当する。岩手県紫波町は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、設備レンタルの手法もあることなど、岩手県紫波町内の家庭への普及にもつなげていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岩手県紫波町のラ・フランス温泉館で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

和歌山県は二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電システムに寄付金配布

 和歌山県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する和歌山県内の学校の太陽光発電に特別な「環境価値」がある認めて、使用電力量に応じて和歌山県への寄付金を配布する「学校グリーン電力事業」を導入している。和歌山県への寄付金は、学校での環境教育に使用することによって、子供の環境保全意識を高めるとともに、企業などの寄付を通じた環境貢献促進を図る目的がある。太陽光発電システムで発電した電気は、電力会社の電気と比べ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量抑制や化石燃料である石油資源の節約といった「環境価値」があると和歌山県では位置づけた。太陽光発電システムで発電した電気を電力会社に売電する場合は、通常の電気代に環境価値分が上乗せされて買取ってもらえる。しかし、自己消費されている太陽光発電システムで発電した電気の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献しているのに、これまで評価の仕組みがなかった。和歌山県による寄付金の配布対象は、学校で太陽光発電システムで発電し、校内で使用した電力で、環境価値は1kw/h当たり10円程度にするという。和歌山県によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの設備を設置している学校は、和歌山県内の市町村立小中学校と高等学校など和歌山県立学校を合わせ69校になる。これらの学校の太陽光発電システムによる年間発電量は推計120万kw/hで、うち9割を学校で自己消費しており、環境価値は1080万円になる計算だという。和歌山県への寄付金は、和歌山県地域環境保全基金に学校グリーン事業目的のメニューを新設して対応し、寄付者には和歌山県がグリーン電力証書を発行する。証書は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献した証明として利用できる。10月17日には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、レジ袋無料配布を中止した和歌山県内の15事業所が、レジ袋販売代金の約795万円を和歌山県地域環境保全基金に寄付した。和歌山県では今後、寄付金の使途を分かりやすく提示して、広く寄付を募る予定だという。和歌山県が各学校の発電量を計測し、環境価値分の寄付金を所管の和歌山県教育委員会に配布する。和歌山県教育委員会は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境学習の教材や備品の購入し、各学校に配布するという。和歌山県環境生活総務課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みが見えるようにすることで、環境価値を教育に還元したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県は二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電システムに寄付金配布はこちら

和歌山県田辺市は小中学校への太陽光発電システム設置で電気代の二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県田辺市龍神村安井にある田辺市立龍神中学校では、和歌山県田辺市教育委員会による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、屋上に太陽光発電システムのパネルが設置された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出抑制や電気代の節減の省エネ対策を図るとともに、環境教育の教材として活用してもらいたいとして、和歌山県田辺市教育委員会が合併前の旧市町村単位で1校ずつ計5小中学校で太陽光発電システムの導入を進めている。和歌山県田辺市教育委員会によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システムパネルは、和歌山県田辺市の市立施設では和歌山県田辺市湊の和歌山県田辺市立市民総合センターなどに設置しているが、和歌山県田辺市内の教育施設で導入したのは今回が初めてのケースになるという。龍神中学校の太陽光発電システムの設備の発電能力は、最大10kwで、電気代に換算すると年間約18万円を削減でき、省エネ対策にもなるという。同校の場合は、年間に必要となる電気代の1割強を賄える計算になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は年間約5・5トンにもなるという。太陽光発電システム設置に掛かる経費は1校当たり約1,600万円になるが、国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システム補助金と交付金などで充当できるという。同校では校舎の屋上に3枚の太陽光発電システムパネルが設置されており、玄関ホールには、太陽光発電システムの発電量などを見ることができるカラーモニターが設置されている。和歌山県田辺市教育委員会によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システムは、同校のほか、大塔中学校と本宮中学校で9月末までに完了したという。残る稲成小学校と栗栖川小学校への太陽光発電システムの設置については、耐震補強工事と同時に実施していることから、完成は2011年2月になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県田辺市は小中学校への太陽光発電システム設置で電気代の二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

山梨県は山梨県国内クレジット制度ネットワークで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 山梨県内で排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、山梨県は二酸化炭素(CO2)の排出量取引を行いたい山梨県内の企業や事業所を仲介する「山梨県国内クレジット制度ネットワーク連絡会議」を設立したと発表した。経済産業省(東京都千代田区霞が関)と山梨県の共同事業で、山梨県国内クレジット制度ネットワークには、山梨県、甲府市や山梨県商工会連合(山梨県甲府市飯田)会、東京電力山梨支店(山梨県甲府市丸の内)、東京ガス山梨(山梨県甲府市北口)など約20の山梨県内自治体や企業、団体が参加する。山梨県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引には、経済産業省が2008年10月から始めた地球温暖化の原因防止対策の「国内クレジット制度」を活用するという。国内クレジット制度は、例えば、山梨県内の中小企業が事業で使う電気を太陽光発電システムや小水力発電システムなどの自然再生可能エネルギーでまかなえるように転換した場合、転換して削減できた年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を計算し、二酸化炭素(CO2)排出削減量(クレジット)として認証してもらう。一方、山梨県は計画で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量の多い大規模工場を持つ山梨県内企業などに、二酸化炭素(CO2)排出抑制計画書の提出と二酸化炭素(CO2)排出量の報告を義務付けている。そうした企業などは二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを購入することで、購入した分の二酸化炭素(CO2)を自社の削減分としてカウントできる。山梨県の中小企業側は、二酸化炭素(CO2)排出削減の環境問題への対策を行うことが新たな資金獲得になり、大企業側は二酸化炭素(CO2)排出削減のイメージアップにもつながるメリットがある。山梨県で二酸化炭素(CO2)排出削減の国内クレジット制度を活用した事例としては、2009年4月に山梨県小菅村が出資する財団法人が運営する温泉施設の重油ボイラーを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないヒートポンプに換える際に活用したものがある。東京電力が二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを購入し、財団法人は東京電力から得た資金を施設の維持管理費などに充当している。二酸化炭素(CO2)排出削減量の国内クレジット制度を利用するためには、二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを売買する相手を企業自らが探し出す必要があった。そこで山梨県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量クレジットを売る側と買う側を募集して、両者を引き合わせるマッチングができるように、山梨県国内クレジット制度ネットワークを設立した。今後、国内クレジット制度の課題を整理して年度内にもネットワークによる二酸化炭素(CO2)排出削減量の取引成立を目指すという。山梨県としては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、重油ボイラーからガスボイラーへの省エネ設備への転換のほか、太陽光発電システムや木質バイオマスなど自然エネルギーを活用した二酸化炭素(CO2)排出量取引を期待しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県は山梨県国内クレジット制度ネットワークで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた、福岡県久留米市にある久留米市工場内の第1工場建て替え工事が完了したと発表した。福岡県久留米市はブリヂストンの発祥の地で、久留米市工場はブリヂストンで最も長い歴史を持つマザープラントとなっていた。ブリヂストンは福岡県久留米市の工場の中でも最も古い1934年に建設した第1工場について、建替え工事を昨年から行っており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた新たな工場が10月12日に竣工した。ブリヂストンの久留米市工場では、小型トラック用ラジアルタイヤと乗用車用スペアタイヤであるトラコンパ、航空機用タイヤ、レーシング用タイヤなど、幅広い種類のタイヤの製品を生産している。また、久留米市工場では、タイヤの骨格となるナイロンやポリエステルなどのタイヤコードに係る工場もあり、福岡県久留米市からブリヂストンの西日本の各工場にも供給している。福岡県久留米市の工場では、こうしたタイヤ関連製品の製造に伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も増えていることから、工場の建替えに当たっては二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に考慮した。このため、今回、ブリヂストンの久留米市工場の建て替えに伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に配慮した設備を積極的に導入したという。具体的には、久留米市工場内には高効率照明、自然採光窓を設置したほか、断熱仕様の屋根の採用、太陽光発電システムの設置などにより、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

インテルIntelがLEEDで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 アメリカのインテルIntelは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、グローバル規模で環境負荷を減らす取組みを行っている。環境問題への活動の中枢となるのがインテルのエコ・テクノロジー本部である。インテルは自分たちの活動で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出総量の「気候フットプリント」削減計画の最優先行動として、再生可能エネルギーの利用を行っている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の1つの柱が「グリーン電力の購入」であり、2008年には1年間で13億kwhの再生可能エネルギー証書を購入しているという。インテルによるグリーン電力の大量購入が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のグリーン電力市場を活性化すると述べる。インテルのもう1つの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の柱は、代替エネルギーの導入であり、既に複数のインテル拠点に太陽光発電システムを導入しているが、2010年1月にアメリカの4つの州で8基の太陽光発電システムの導入計画を発表し、2010年中に280万ワットが生成される予定だという。インテルでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減数値目標として、1チップ当たりの生産で発生する温室効果ガスの排出量を2004年から2010年の間に30%削減すると設定している。インテルでは、既に2009年の時点で40%以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現した。新しい数値目標として業務で発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、2008年から2012年にかけて20%削減する目標を設定したが、こちらも、2007年から2009年にかけて45%以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を達成しているという。インテルが新規に拠点を新設する場合には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増加による環境問題への負荷を低減するため、工事着工前に「環境評価設計」を取り入れている。アメリカのグリーンビルディング協議会では、建築物の設計、建設、運営、保守の各段階で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増加による環境問題への負荷を測定する枠組みとして「Leadership in Energy and Environmental Design」(LEED)認証システムを設定している。インテルが2010年に建設したイスラエルのインテルデザインセンターや、最近、改修したマレーシア工場でLEED認証を取得した。Intelが行う拠点施設の再設計では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、LEEDの取得基準やIntel独自のエネルギー保護目標を取り入れるとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> インテルIntelがLEEDで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、個人が住宅に太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用の一部に対して補助金を支給する栃木県の制度が栃木県民に大好評なことを受け、本年度の太陽光発電システム補助金枠を当初予定の2000件から1000件増やして計3000件に補助金を支給する方針を固めた。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である太陽光発電システム補助金は9月末の時点で既に、1700件の補助金支給申請が出されているという。栃木県は栃木県議会9月定例会最終日の10月15日に、太陽光発電システム補助金関係経費として1億2000万円の補正予算案を提出するという。栃木県の太陽光発電システム補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年11月から開始されている。栃木県の補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層効果的に推進するため、太陽光発電システムと高効率給湯器を同時に設置することが支給条件となっており、最大で12万円の補助金が支給される。太陽光発電システムと高効率給湯器の設備の設置費用は一般的に250万円ほどになるという。栃木県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に推進していくため、補助金と併せて利用できる長期・低利の融資制度も設けている。福田富一栃木県知事は、先日開催された栃木県議会予算特別委員会において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する栃木県民意識の高まりと、余剰電力買取制度が相まって太陽光発電システムの普及が進んだ」と好調の要因を挙げた上で、「太陽光発電システム補助金を追加補正予算案に盛り込み、栃木県民ニーズに迅速に対応していく」と述べている。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金は今月末にも申請が2000件になる見通しだという。2009年度は11月から3月までの間において、6803件の太陽光発電システム補助金の申請があったことから、本年度も同時期に同程度の申請があるのではないかとみている。栃木県の太陽光発電システム補助金制度の財源としては、2009年度に国の緊急経済対策で約7億9000万円を積んだ栃木県の地域環境保全基金を充当している。栃木県地球温暖化対策課によると、栃木県内の22市町でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システム補助金として上限8~28万円の補助金制度を実施しているという。このうち、7市町では本年度の当初予算額に達しており、栃木県宇都宮市や栃木県大田原市など4市が9月定例議会などで太陽光発電システム補助金に係る予算を追加補正で増額するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府大阪市の近畿日本鉄道と近鉄不動産が奈良県奈良市あやめ池で環境配慮型住宅による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 近畿日本鉄道(大阪府大阪市天王寺区上本町)と近鉄不動産(大阪府大阪市天王寺区上本町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮して整備中の住宅地「近鉄あやめ池住宅地」(奈良県奈良市あやめ池北)で、分譲住宅の第1期分が完成し販売を開始したと発表した。近鉄あやめ池住宅地は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減設備などを配した環境配慮型住宅地で、国土交通省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に、宅地開発事業としては全国で初めての採択になるという。近鉄あやめ池住宅地で今回販売されたのは戸建住宅8棟などとなっている。これらの戸建住宅には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用コージェネレーション熱電併給)システム及び発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電システムを導入している。また、宅地内の池の水面には、太陽光発電システムのパネルを浮かべてあり、集会場など共用施設の電源として利用するという。販売担当者は、「さまざまな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じており、一般の戸建住宅に比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量を約7割削減できる」とPRしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の近畿日本鉄道と近鉄不動産が奈良県奈良市あやめ池で環境配慮型住宅による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

長野県駒ケ根市のネクストエナジー・アンド・リソースは大阪府大阪市の大阪ガスと業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システム関連やグリーン電力証書の売買サービスを行うネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、店舗やオフィスビルなど向けに太陽光発電システムを設置して電力供給する事業で大阪ガス(大阪府大阪市中央区)と提携した。ネクストエナジー・アンド・リソースの太陽光発電システムのサービス利用者は、太陽光発電システムを所有せず電気だけを購入することになるので、初期投資なしで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策が可能になる。ネクストエナジー・アンド・リソースと大阪ガスは互いの営業エリアで太陽光発電システムのサービス事業を拡大していくという。ネクストエナジー・アンド・リソースが設置する太陽光発電システムは、日本政策投資銀行などが出資するファンドが所有することになる。ファンドには太陽光発電システムのサービス利用者から電気料金が入る仕組みになっている。ネクストエナジー・アンド・リソースと大阪ガスがそれぞれ営業活動を展開する。太陽光発電システムのサービスに係る電気料金は割高に設定されているが、利用者は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用可能なグリーン電力証書を得ることができる。グリーン電力証書は市場を通じ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として販売することができるほか、利用者自らの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分として取り込むこともできる。ネクストエナジー・アンド・リソースは、インターネット上で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のグリーン電力証書を取引する専門サイトを開設している。また、サービス利用者が太陽光発電システムで発電した電気を使い切れない場合は、電力会社に売電することも可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、2010年4月に施行された改正省エネルギー法では、大規模なビル所有者だけでなく小規模の店舗を複数所有する企業にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出する化石燃料を使ったエネルギー消費を削減する目標を義務付けている。地方自治体でも東京都を始めとして、二酸化炭素(CO2)排出関連の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の規制強化が進んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県駒ケ根市のネクストエナジー・アンド・リソースは大阪府大阪市の大阪ガスと業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

香川県高松市は二酸化炭素(CO2)排出量削減のための地球温暖化の原因防止対策計画を策定

 香川県高松市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2020年度までに香川県高松市内の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する数値目標を柱とした香川県高松市地球温暖化対策実行計画案を発表した。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車に乗りやすい香川県高松市内の環境の整備などに取り組むとしている。香川県高松市は計画案を公表し、11月に市民の意見を聞くパブリックコメントを行い、今年度中に香川県高松市地球温暖化対策実行計画として策定する。香川県高松市によると、1990年に香川県高松市内で排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約270万トンで、2020年度までに203万トン程度にまで削減したいとしている。香川県高松市の地球温暖化の原因防止対策計画案では、太陽光発電など再生可能なエネルギーの促進、省エネ対策など環境問題の負担の少ないライフスタイルの促進、二酸化炭素(CO2)の排出を抑制・削減する低炭素社会の実現、ゴミのリサイクル・資源化など循環型社会の構築の四つの基本施策を提案している。その上で、香川県高松市内の2007年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の部門別内訳で、運輸部門からの二酸化炭素(CO2)排出量が全体の35%を占めていることから、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車に乗りやすい環境の整備や、バスなどの公共交通の利用なども推進していくとしている。また、香川県高松市では降雨量が少ない地域特性を生かし、太陽光発電システムの設置などを推進し、学校などの香川県高松市の公営施設に太陽光発電システムの導入などを積極的に進めるとしている。香川県高松市は、学識経験者や市民団体のメンバーによる「香川県高松市地球温暖化対策実行計画推進協議会」をつくり、香川県高松市地球温暖化対策実行計画案をまとめてきた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県高松市は二酸化炭素(CO2)排出量削減のための地球温暖化の原因防止対策計画を策定はこちら

イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市立神戸中学校へ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イオン環境財団(千葉県千葉市美浜区中瀬)から再生可能エネルギー太陽光発電システムが寄贈された。イオン環境財団では、設立20周年記念事業として、再生可能エネルギーの有効利用を積極的に推進するため、2009年から5か年計画で全国の中学校に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを寄贈している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムを三重県鈴鹿市の地域の中心である神戸中学校に設置することで、太陽光発電システム設置の普及及び推進を図るとともに、中学生に対しては地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題を学ぶ教材の一つとして活用してもらうという。三重県鈴鹿市立神戸中学校への太陽光発電システムの設置は、三重県内では初めての寄贈となり、全国では6校目になるという。三重県鈴鹿市立神戸中学校は先月に移転改築されたばかりであるが、出力10キロワットの再生可能エネルギーの太陽光発電システムが北側敷地内に設置された。太陽光発電システムは、一般家庭2世帯が1年間に消費する電力を再生可能エネルギーで発電する能力があり、同校で消費する照明などの電力の一部として供給されるという。太陽光発電システムの贈呈式には、同校体育館で行われ、イオン環境財団の岡田理事長を始め、野呂昭彦三重県知事や向井正治三重県教育長、川岸光男鈴鹿市長、鈴鹿市教育委員会の関係者らが出席した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岩手県岩泉町は、岩泉町内の全20の小中学校に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの導入を行った。太陽光発電システムは、岩手県岩泉町の児童たちの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題エネルギー教育の一環の取組みであり、学校で使用する以外で余った電気は東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)に売電し、そのお金は岩手県岩泉町の教育関係費に充てようという一石二鳥の取り組みになっている。岩手県岩泉町立岩泉小学校(岩手県岩泉町岩泉)では、岩手県内の学校としては最大の発電量を誇る太陽光発電システムが稼働した。岩手県岩泉町は2009年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩手県岩泉町内の13小学校と7中学校で太陽光発電システムの導入を始めた。児童たちに太陽光発電のメカニズムや現状を知ってもらうことで電気のありがたみを理解し、省エネ対策による節電が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるということを理解してほしいというのが狙いとなっている。太陽光発電システム整備に係る総事業費は3億5000万円であった。岩手県岩泉町のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市町村内の全小中学校に太陽光発電システムを導入するのは岩手県内で初の試みという。太陽光発電システムは、1時間当たり約300キロワットの発電が可能で、既に設置した学校から東北電力への売電額は、7,8月の2か月で約33万円になったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩泉小学校に設置された太陽光発電システムは、一般住宅にも使用されている太陽光発電パネルが計1200枚あり、岩手県内の学校では最大規模となるもので、校舎の屋上5か所に並べられ、1時間当たり100キロワットの発電を行う能力がある。学校の職員玄関の場所には、太陽光発電システムによって蛍光灯換算で何本分の発電が行われているかなど、発電量やメカニズムを表示したモニターが設置してある。川村淳校長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減対策に関係する電気やエネルギーについて学び、将来は地球環境問題に優しい活動をできる大人になってほしい」と児童たちに話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)向けや太陽光発電システムなどの定置用蓄電システム向けに、蓄電池のセルの容量を60Ahに高めた二次電池「SCiB」を開発し、今年度中に発売すると発表した。今回新たに開発したセルは、新材料の採用と充填技術の開発によって、急速充電性能、長寿命、低温特性など、二次電池としてのSCiBの特性は維持しながら、体積エネルギー密度を従来比約1.3倍の約230~270Wh/Lに高めることで高容量化を実現したことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大いに貢献するという。セルの高容量化で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電所やスマートグリッドなどで利用される大規模蓄電システムへの適用などのほか、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の航続距離の延長に貢献することができる。東芝が今回開発した高容量セルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として急速に開発競争となっている電気自動車(EV)向けに供給するのに加え、東芝グループの社会インフラ事業である電力貯蔵分野、太陽光発電システム分野、交通分野、産業分野などにシナジー効果を生かして展開していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は二次電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三協立山アルミ(富山県高岡市早川)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンな自然エネルギー太陽光発電システムモジュールをカーポート屋根に組み込んだ「太陽光発電システム・ソーラスター」を12月から発売すると発表した。「太陽光発電システム・ソーラスター」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置したいものの、躯体の強度や家屋・屋根形状から太陽光発電システムの設置が難しい住宅や、より多くの発電量を確保するカースペースでの発電を提案するもので、太陽光発電システムの電力は自宅で使用するという。三協立山アルミは、2009年8月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムを上乗せしたカーポート「M.シェード」及び「G-1」を発売した。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新発売する商品は、太陽光発電モジュールをカーポートの屋根に一体化して組み込んであり、従来の太陽光発電システムの上乗せ型の商品と比較して、デザイン性や施工性の向上を図ったという。また、三協立山アルミでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として普及が見込まれる電気自動車(EV)の充電に対応できる「電気自動車対応プラグインスタンド・電気ためちゃいます」を2010年6月に発売している。新製品のソーラスターと同時に営業活動を展開し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電したクリーン電力で電気自動車EVを充電するプランを提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 広島県廿日市教育委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廿日市内の金剛寺小学校(広島県廿日市市地御前2丁目22-1)と大野東中学校(広島県廿日市市佐伯郡大野町中山414)に廿日市立学校で初めてとなる太陽光発電システムを導入した。電気代を削減して省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にするとともに、子供たちの環境問題への意識向上にもつなげるという。廿日市立金剛寺小学校では、校庭の一角に縦約3メートル、横約12メートルの太陽光発電システムの発電用パネルを取り付けられ、児童用の校舎入り口に太陽光発電システムのモニターを設置している。このモニターでは、その日の太陽光発電システムの発電量と電力を賄える蛍光灯の本数、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量などの数値を表示することができ、児童の環境問題の学習に利用するという。廿日市立大野東中学校も同サイズの太陽光発電システムのパネルを校舎横に設置しており、いずれも太陽光発電システムの最大出力は5kwとなっている。太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を最大で年間2.3トン削減することができ、さらに、年間約200万~400万円かかる電気代のうち、6万円程度が節約でき省エネ対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県廿日市の学校は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 長谷工コーポレーション(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、建設現場の仮囲いに太陽光発電システムを設置し、夜間でも明るく安全に歩ける空間を提供する活動を始めたと発表した。東京都千代田区で建設中の「富士見1丁目計画新築工事」(オフィス・賃貸マンション、事業主=住友不動産)に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを設置するという。今年度中に東京都内など首都圏の60カ所で順次導入し、地域防犯に寄与しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題にも配慮した活動を推進していく方針だという。近畿圏及び中部圏でも主要な物件において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置も検討している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電した電気は、リチウムイオン電池に蓄電され、仮囲いに設けた夜間のLED(発光ダイオード)防犯灯、LEDロゴサイン、LEDフットライトの照明に使用するという。長谷工コーポレーションの試算では、1日4時間の日照があった場合、太陽光発電システムの太陽光パネル1枚当たりの発電量は349w/日になり、年間発電量にすると127kw/年になる。年間約70kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ができる。富士見1丁目計画の現場では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの太陽光パネル4枚、LEDロゴサイン1基、LED防犯灯2基、LEDフットライト5基を設置している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府門真市のパナソニック電工はパナホームで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 家庭における地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、エアコンや照明など家電製品の電気使用量と、太陽光発電システムのパネルの発電量を集約して住宅設備の省エネ制御を支援するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が注目されたいる。大手ハウスメーカー各社が、住宅建設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として一戸建てへの搭載を積極的に進めている。パナソニック電工(大阪府門真市大字門真)の「ライフィニティECOマネシステム」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応したシステムとなっている。2007年に発売したパナソニック電工のホームネットワークシステム「ライフィニティ」のメニューの一つとして、ECOマネシステムを発売しているが、この年秋には、電気だけでなく、水道やガスの使用量も管理し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検討できる商品も発売する予定になっている。愛知県名古屋市緑区鳴海の住宅展示場に、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検討できる最新システムを搭載したパナホームのモデルハウスがオープンした。ECOマネシステムの操作には、リビングのテレビを利用する形態になっている。ただ、ECOマネシステムは、太陽光発電システムや風力発電システムなどのいわゆる省エネ対策設備と違い、利用すれば省エネ対策になるというものではない。エネルギーをどれだけ使っているか、使い過ぎているかを居住者に伝え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる省エネ対策への取り組みを促すための仕組みだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニック電工はパナホームで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都新宿区の大成建設は最適化で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 大成建設(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、街区全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを基準に、最適な地球温暖化の原因防止計画が立案ができる「低炭素街区・都市総合シミュレータ」を開発したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システム風力発電システムを設置する建築物がある場合に、建物の配置や形状によって変化する日射、風の流れなどを計算して、街区全体で最適化できる能力を有しているという。太陽光発電や風力発電システムといった再生可能エネルギーの設備だけではなく、建物の配置や形状についてまで、最適な条件を見出せるシミュレータとなっている。大成建設によると、街区全体で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の最適化や太陽光発電パネルの配置などをシミュレーションできるシステムは、国内では初めてだという。大成建設は、当面は、地方自治体やデベロッパーなどから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果の検証依頼を受けた場合などに自社で活用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に影響を及ぼす大規模な再開発計画やエネルギー消費量の多い大型データセンター、既存街区へのスマートグリッド導入計画などでの利用を想定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の大成建設は最適化で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県高座郡寒川町にあるキリンビバレッジ(東京都渋谷区神宮前)の湘南工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、工場の壁面に整然と並ぶ約500枚のクリーンエネルギーの太陽光発電システムのパネルが大きな特徴となっている。この60kWの太陽光発電システムの稼動は2006年3月からであるが、神奈川県高座郡寒川町の近隣でも評判であるばかりか、取引先や工場見学に訪れる市民などからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や地球環境問題に力を入れている企業なんですね」と言われることが増えたという。キリンビバレッジ湘南工場が太陽光発電システムの導入を検討し始めたのは、キリンビバレッジの行動指針として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するために「クリーンエネルギーの導入」や「従業員、見学者、取引先への啓蒙」を掲げているからである。これを実現するためには、太陽光発電システムの設置が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、誰にでも視覚的にわかりやすく最適だと判断したという。太陽光発電システムの重さに対する構造計算では、多くの建物で強度不足が判明し、強度を満たす建物屋上には、テニスコートがあった。これを避けると、設置場所は壁面しかなく、建物が南に向いているため、太陽光発電システムの発電効率の低下は最小限に抑えられることから壁面への設置が決まった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての太陽光発電システムの発電量は、年間平均5万4000kWh程度であることから、出力60kWの太陽光発電システムとして平均的だという。現在、湘南工場の事務部門で使用する電力量の約4%をクリーンエネルギーの太陽光発電システムで賄っているという。湘南工場に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、壁面に太陽光発電システムを設置して以来、地方自治体などから地球環境問題をテーマにしたセミナーの一環として工場見学させてほしいという申込が増加したという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する地球環境問題に係るセミナーを湘南工場自ら企画するなど、湘南工場としても環境問題への取組みをアピールしやすくなったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県のキリンビバレッジの工場は太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福島県で太陽光発電システム設置による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 段ボール・板紙の製造において業界で首位のレンゴー(大阪府大阪市北区中之島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、約8億3300万円をかけて、福島県矢吹工場(福島県西白河郡矢吹町)に出力1,535kWの「メガソーラー」級の太陽光発電システムを導入している。3分の1の費用を国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金で賄い、太陽光発電システムの性能向上などで1kW当たりの価格は54万~55万円と、京都府京都市に太陽光発電システムを導入したときの経費よりも2割ほど下がったという。レンゴーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に配慮した工場で作った段ボールの環境性能をアピールし、競争力を強化したい考えだ。レンゴーは系統連携し余剰電力を売電し、福島県矢吹工場の年間発電量は約145万kWhを見込む。最大出力なら、平日の昼間は工場が使用する全電力を賄える。工場が休みの土日に太陽光発電システムが発電した電気は、RPS法(新エネルギー等電気利用法)に基づいて東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)に1kWh当たり11円で売電しているという。ただ、東北電力の系統電力網へ流すことが可能な電力が600kWまでに制限されているので、太陽光発電システムの出力がこれを上回る場合は7台あるパワーコンディショナーの一部を停止して調節している。レンゴーでは、リチウムイオン蓄電池の導入も考えたが、値段が高くて現実味がなかったという。代わりに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの補助金の対象としても認めてもらえたので、太陽光発電システムのパワーコンディショナーを自動で台数制御する仕組みを導入したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福島県で太陽光発電システム設置による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三井物産が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、モザンビークに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる太陽光発電システムを動力源にした灌漑用水ポンプ設備建設の地域貢献プログラムを実施すると発表した。三井物産は、このプログラムの実施に際して、国連開発計画(UNDP)との間で協定書を交わし、太陽光発電システムを動力源にした灌漑用水ポンプ設備建設の予算総額は約200万ドルの予定で、三井物産が全額を寄付する。太陽光発電システム設備の設置工事を進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、1年以内の稼働開始を目指すという。このプログラムは、モザンビークの首都マプトから北へ約200kmのガザ州チブト村で、地域の自立につながるミニインフラを提供する社会貢献事業に位置づけられている。三井物産とUNDPが協力して貧困解消のための開発援助を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる太陽光発電システムを動力源にした灌漑用水ポンプ設備を設けることによって、パイロットファームの一部約60haを灌漑し、自家消費に加え換金できる作物であるメイズ、米、野菜などを生育できるようにする。太陽光発電システムの発電容量は約30kWで、灌漑ポンプの揚水量は、1日当たり1000m3となっている。社会貢献事業のプログラムは、世界の貧困を半減することなどを掲げた国連の「ミレニアム開発目標」達成への協力を目的に展開している。三井物産は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による社会貢献として、プログラムを行うことをUNDPと同意していた。三井物産は今後も積極的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする社会貢献活動にかかわっていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三井物産が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 コンビニエンスストア「スリーエフ」の都筑大棚店(神奈川県横浜市都筑区大棚町)と都筑勝田橋店(神奈川県横浜市都筑区勝田町)の2店舗で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)を無料で充電できる「グリーン充電サービス」の試験運用が行われている。スリーエフ(神奈川県横浜市中区)とコスモ石油(東京都港区)、エナジーグリーン(東京都新宿区)の3社が共同で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として提供するグリーン充電サービスとなっている。エナジーグリーンがコスモ石油のサービスステーションにある太陽光発電システムによる電力(環境付加価値)を買い取り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる「グリーン電力証書」を発行している。同社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2店舗に設置された電気自動車(EV)充電器の充電使用量と同量のグリーン電力証書をエナジーグリーンから購入することで、間接的に電気自動車(EV)を太陽光発電システムで充電できることになっている。両店には走行中に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用の200V充電器を1基ずつ設置している。充電器1基で同時に2台の電気自動車(EV)を充電することができ、充電量を把握する電力計や通信モジュールが内蔵されている。電気自動車(EV)の充電にはコスモ石油の発行する「コスモEV会員カード」が必要となるが、非会員にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として店頭で同カードを無料で貸し出すという。神奈川県下で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の充電機器を設置しているコンビニエンスストアは、現在同社のほかに2社ある。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのグリーン電力での充電機器提供は同社が初めてとなる。同社広報グループでは「スリーエフでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の普及を促進するため、両店に自然エネルギーを利用した電気自動車(EV)の充電設備を設置した。この電気自動車(EV)用充電器は現在市販されているどの電気自動車(EV)でも充電が可能なので、この機会にぜひ利用してほしい」と話している。両店とも24時間営業しており、電気自動車(EV)の充電サービス提供は来年6月30日までを予定している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市のコンビニが電気自動車(EV)用充電器で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開

 オートバックスセブン(東京都江東区豊洲)は、同社のFC店のオートバックス大和が運営するオートバックスいかるが店を移転し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など新しい店舗改革の考え方を新規店舗に導入した実験店舗を奈良県大和郡山市小林町西に「オートバックス大和郡山」としてオープンすると発表した。オートバックスセブンは、既存店改革として、2009年11月に「オートバックス千葉幕張店」(千葉県千葉市美浜区)で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの実験を開始し、その成果を基に、グループ内のオートバックスのすべての既存店で売場改装を実施している。奈良県大和郡山市の店舗は、電気自動車向け充電スタンドや太陽光発電パネルなどエコ設備を併設した全店初の環境配慮型店舗となっている。環境設備は奈良県内にある5つのオートバックスで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、初となる電気自動車(EV)のプラグインハイブリッド用倍速急速充電スタンドを駐車場に開設し、無料で利用することが可能となっている。また、環境問題に配慮するため、太陽光発電システムのパネルや壁面緑化システムを配備したほか、看板と一部照明にLED(発光ダイオード)照明を採用することによって、従来店舗の年間消費電力量に対して約30%削減することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となっているという。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの新店舗の実験結果を、オートバックスセブングループで新規オープンする店舗に反映させていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オートバックスは奈良県大和郡山市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新店舗展開はこちら

二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 大手ハウスメーカーの間で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、計算上の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを実現したエコ住宅の開発競争が過熱している。大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)が、自然のクリーンエネルギーである太陽光発電システムの搭載や環境問題への対応技術を使って、「二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅」を販売したのに続き、年内にはミサワホーム(東京都新宿区西新宿)も「二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅」の販売で追随する。来年には、住友林業(東京都千代田区大手町)とパナホーム(大阪府豊中市新千里西町)も「二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅」を投入する計画だという。いずれの住宅も、生活時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロという環境性能に加え、自然のクリーンエネルギーである太陽光発電システムで生み出した電気の売電で光熱費を減らせる経済的メリットをアピールしている。「二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅」は、自然のクリーンエネルギーである太陽光発電システムの設置だけではなく、発電も給湯もできる家庭用燃料電池、電気をためるリチウム電池などの蓄電池機能によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に減らした個人向け住宅である。大手ハウスメーカーでは、大和ハウスが7月に売り出した「ジーヴォ・ユウ」が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先駆けとなる。最大9.6キロワットの自然のクリーンエネルギーである太陽光発電システムを搭載できるうえ、住宅の気密性を高め冷暖房の使用をかなり抑えられる外断熱機能の外壁、高効率給湯器を標準装備している。「ジーヴォ・ユウ」では、4人住まいの場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量はゼロ以下になる。価格は3.3平方メートル当たり55万6,000円で、通常物件より4万円割高になるが、自然のクリーンエネルギーである太陽光発電システムから電力会社への売電による光熱費の削減分を含めるとトータルで黒字になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)ゼロ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 太陽光発電システムはクリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるのであるが、良質な蓄電設備がないことから、電気を使うか電力会社に売電するしか利用方法がないのが課題であった。住友林業(東京都千代田区大手町)は2011年中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用蓄電池を装備した住宅を発売すると発表した。この住友林業の家庭用蓄電池には電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーを利用するという。今年11月には、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる家庭用蓄電池搭載住宅のコンセプトモデルハウスをオープンするという。クリーンエネルギーの太陽光発電システムで電気エネルギーを創出し、家庭用蓄電池で電気エネルギーを貯留し、これらを専用の電気エネルギー制御システムによって家庭内の消費エネルギーをコントロールし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。将来的な目標としては、住宅の建設から廃棄までライフサイクルにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の収支がマイナスとなる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の開発を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

千葉県市原市のエコ店舗が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 住生活グループでホームセンターを展開するトステムビバ(埼玉県上尾市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じ、地球環境問題に配慮した店舗づくり・運営を行うエコストア1号店を千葉県市原市に「スーパービバホームちはら台店」としてを開店した。トステムビバのホームセンターとしては80店目になるという。同店の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、太陽光発電システムのパネルを搭載することによって、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を5トン削減し、杉の木では357本分になる。水を全く使わない無水小便器の設置によって、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を0.365トン削減し、杉の木では26本分になる。LED(発光ダイオード)照明の設置によって、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を0.94トン削減し、杉の木では671本分になる。この他にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、初期照度補正型照明、高効率ビルマルチ空調、人感センサー、屋根の打ち水散布、植樹、レジ袋削減といった地球環境問題に配慮した店舗とした。同店の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のトータルで、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を254トン削減し、杉の木では18773本分にもなるという。また、利用客のエコ活動を推進して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、エコ商品の積極販売や資源回収ボックスの設置のほか、センチ単位の切り売りやばら売りなどを採用している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県市原市のエコ店舗が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 新潟県見附市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、見附市内の全13の小学校及び中学校にクリーンエネルギー太陽光発電システムのパネルを設置し、通電を開始したと発表した。クリーンエネルギー導入などによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が重要とはいえ、全小中学校にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの装置を設置するのは新潟県内では初めてで、全国的にも珍しい環境問題への取組みだという。新潟県見附市によると、クリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備に係る総事業費は約2億5,000万円であったが、約9割が国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金を充当している。新潟県見附市内の全校の太陽光発電システムで最大電力量は1時間当たり約195kwになり、平均で学校の消費電力の14.8%を太陽光発電システムからのクリーンエネルギーの発電で賄えるという。太陽光発電システムの完成による通電式は、新潟県見附市立葛巻小学校であり、5、6年生が出席して行われた。児童たちがカウントダウンを行い、クリーンエネルギーの太陽光発電システムに通電を始めると、モニター画面に学校の発電量が表示されると児童から歓声が上がり、通電から10分後には計9.4kwの発電量になったという。久住時男見附市長は「環境問題にやさしい学校づくりは見附市の地域の中でとても重要。この先進的な取組みが『エコのまち、新潟県見附市』の一翼を担えればと思う」とあいさつした。太陽光発電システムの公開授業も開かれ、児童たちは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対するクリーンエネルギーの太陽光発電システムのメリットなどについて学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三重県玉城町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、玉城町立の小中学校5校すべてにクリーンエネルギー太陽光発電システムの設備を設置したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーの太陽光発電システムによる自然エネルギーの発電出力は年間約20万kwhで、一般家庭50世帯の1年分の消費電力を賄えるという。三重県玉城町によると、公立の全小中学校にクリーンエネルギーで自然エネルギーの太陽光発電システムの設備を備えたのは、三重県内で三重県玉城町初めてのことだという。これは、国が進めている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーで自然エネルギーの「太陽光発電システム設備導入事業」によって、三重県玉城町が国の自然エネルギー補助金を受けて設置したもので、総事業費は1億6,000万円であった。三重県玉城町の玉城中学校には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、縦1メートル、横1.5メートルのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネルを屋上に288枚を設置した。小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムとしては三重県内最大規模の60kwhを発電可能だという。また、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、田丸及び外城田の両小学校には40kwhのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネル192枚、有田及び下外城田の両小学校には30kwhの太陽光発電システムのソーラーパネル144枚が取り付けられた。各校には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーの太陽光発電システムを紹介するモニターを設置し、クリーンエネルギーの発電システムの説明や気温、電力、二酸化炭素(CO2)排出量削減量などの数値を示している。三重県玉城町によると、全小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムで年間63トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムなど再生可能エネルギーの技術を社会にどう生かすかを考えるシンポジウム「低炭素技術が築くアジア太平洋地域の未来」が、宮城県仙台市青葉区の「東北大学片平さくらホール」で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の今回のシンポジウムは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の第3回高級事務レベル会合(SOM3)の開催を記念し、宮城県仙台市などが主催したもので、APEC参加者や大学及び企業の研究者ら約100人が参加した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するパネル討論では、経済産業省資源エネルギー庁スペシャルアドバイザーの小井沢和明氏が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムは初期投資にコストはかかるが、膨大な市場である中国やインドなどは導入に積極的だ。太陽光発電システムの高い技術を持つ日本は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として各国に貢献できる」と強調した。東京大学先端科学技術センター(東京都目黒区駒場)の富田孝司特任教授は、「技術の進展で太陽光発電システムは近い将来、最も安い自然エネルギー源になる可能性がある」との見方を示した。会場には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる次世代太陽光発電システムの試作機や電気自動車(EV)も展示され、参加者らの関心を集めていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウムはこちら

栃木県足利市はグリーンニューディール基金の活用で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 栃木県足利市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を配慮した環境問題に優しい街づくりを目指している。このため、足利市役所に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる太陽光発電システムを導入したり、照明設備に省エネ機能を取り入れたりしている。足利市は国の補助金制度(グリーンニューディール基金)を活用して、足利市役所の正面玄関前に太陽光発電システムを利用した外灯などを設置したほか、一部の照明器具を省エネ性能に優れたLED照明(発光ダイオード)電球に変更した。足利市役所の太陽光発電システムは、太陽光発電発電パネル4基と外灯1基、足元灯9基で構成されており、太陽光発電パネルは足利市役所を訪れる足利市民の目に留まるように足利市役所正面玄関前の植え込みの中などに設置されている。太陽光発電システムには蓄電機能を備えていることから、曇天時や雨天時でも太陽光で発電した電力でLED照明(発光ダイオード)をつけることが可能になっている。また、足利市役所がLED照明(発光ダイオード)に交換した照明器具は218個で、出口を示す人の動きを模した緑色のLED照明(発光ダイオード)誘導灯96個のほか、来客用トイレのダウンライト60個などをLED照明(発光ダイオード)切り替えたという。足利市環境政策課によると、今回の足利市役所の改修で年間、約6.3ン分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を抑制・削減可能だという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、樹齢50年の杉の木約700本が1年間で吸収する二酸化炭素(CO2)の量に匹敵するという。足利市役所の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の改修工事費用は約1,500万円を要したが、地球温暖化防止対策推進が目的である国の地域グリーンニューディール基金の補助金を全額充当したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県足利市はグリーンニューディール基金の活用で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

栃木県矢板市はエコモデルハウスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 栃木県矢板市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した「道の駅やいた」敷地内に建設したエコモデルハウスが注目を集めている。同モデルハウスは木造2階建て264平方メートルで1階は和室、LDK、ギャラリーなどがあり、2階には個室、トイレなどが設けられており、工事に要した費用は8,405万円であるが全額国の補助金で建設した。2008年度に環境省が実施していた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境共生型住宅モデル事業に選定された全国20か所のうちの1つが矢板市のものであった。これは矢板市の需要創出とともに矢板市内の工務店や造園業者などに対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する最新エコ技術を習得してもらうことも狙いとしているという。太陽光発電システム、太陽熱利用、自然風や雨水利用などあらゆる最新省エネ技術が集積されたエコモデルハウスである。また、エコモデルハウスは、たかはら材を活用し、木造では栃木県内で初めての建築工法「ささら板壁構法」が用いられ、高い耐震性能が確保されている。矢板市は「家庭で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、栃木県矢板市民に直接目に触れてもらい需要、普及にも寄与する施設にしたい」と話している。エコモデルハウスは矢板市民に限らず一般の見学が可能となっており、駐車場は矢板市文化会館前の利用をお願いしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県矢板市はエコモデルハウスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 広島県北広島町は、北広島町営の道の駅「舞ロードIC千代田」に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、クリーンな自然エネルギーである太陽光発電システムを屋上に設置した。消費電力の削減による省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的としており、道の駅という人が集まる施設であることから、太陽光発電システムで発電する自然エネルギーの活用を広くアピールするという。「舞ロードIC千代田」では、管理棟の屋上の約300平方メートルに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、合計54枚の太陽光発電システムのパネルを設置した。この太陽光発電システムの最大出力は、10.26kwで、年間発電量は1万1645kwhになり、道の駅の年間の使用電力の7%を賄うことができる見込みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間6トン、光熱費は約22万円の削減になると試算している。広島県北広島町は、太陽光発電システムの設置工事と同時に、管理棟内にある30台の蛍光灯などを発光ダイオード(LED)照明に切り替えたことから、年間約9万円の光熱費の削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるという。総事業費は計約1600万円で、広島県の省エネ支援事業の補助金を活用して整備した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

JX日鉱日石エネルギーがエネルギーモニターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する住宅用エネルギーモニター「エネウインドウ」を10月1日から発売する。エネウインドウは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入する太陽光発電システム及び家庭用燃料電池エネファーム」それぞれの運転状況を一つのモニターで把握できるものとなっている。エネウインドウでは、家庭の電気ガスなどのエネルギー使用状況をいろいろな切り口から「見える化」できるため、何をどうすれば地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるのかを知ることができる。太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファーム導入による経済的効果を表示できる住宅用エネルギーモニターは、エネウインドウが世界で初めての製品となる。これを利用して、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファームの発電量や消費電力量などのデータを収集・蓄積し、エネルギー収支や節電目標達成状況を確認し、家庭における節電・省エネ行動を促進し、もって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とするのが狙いだという。エネウインドウの表示モニター内には、太陽光発電システム及び家庭用燃料電池エネファームの発電量と現在の貯湯率のほか、光熱費概算料金、余剰電力の売電価格を表示することができる。さらに、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファームの導入前と後の経済性・二酸化炭素(CO2)削減量の比較が表示される。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> JX日鉱日石エネルギーがエネルギーモニターで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、大阪府吹田市の北大阪急行線桃山台駅から徒歩5分の場所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「環境配慮」をテーマとした分譲マンション「BRANZ(ブランズ)千里桃山台」を11月中旬から販売開始すると発表した。マンションの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、太陽光発電、壁面緑化、住宅版エコポイント対応仕様、雨水再利用装置の導入のほか、「エネルギーの見える化」といったソフト面の取組みも行うことで、入居者の省エネ活動と地球温暖化の原因防止対策が可能なものとなっている。自然エネルギーの太陽光発電システムは、マンションの屋上部分に約10kw/hのソーラーパネルを設置し、太陽光発電システムによって発電されたクリーンエネルギーの電力はエレベーターや共用部の一部の電力を賄い、余った分は関西電力(大阪府大阪市北区中之島)へ売電することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量換算で年間約3,145kg、石油換算で年間約2,270リットルの省エネ効果になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「エネルギーの見える化」では、マンションの各戸ごとに省エネ効果をパソコン画面などで確認できる「エネルックPLUS」を導入していることから、日、週及び月ごとにガス、電気及び水道使用量が表示され、「省エネ診断」や「省エネアドバイス」を受けることができるという。さらに、この機器によって、暖房、冷房、給湯、電力など用途別の各家庭における使用傾向や、時間帯のエネルギー消費の傾向分析もでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎データーになる。住設機器では、複層ガラス、保温浴槽、超節水便器、高効率給湯器など設置し、省エネ効果を高めている。建築物の環境性能を評価する「CASBEE」では、上から2番目にあたるAランクを取得する予定だという。完璧なまでに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施されたマンションの物件の所在地は、大阪府吹田市桃山台5丁目で、敷地面積は4389平方メートル、地上8階地下1階建てとなっている。総戸数は83戸で、間取りタイプは3LDK~4LDKであり、販売価格は4,000万円台前半からとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産が大阪府吹田市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策マンションを販売はこちら

NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 NPO法人「北海道グリーンファンド」(北海道札幌市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んできており、市民によるクリーンエネルギーの風力発電所の建設を進めているが、今般、地球温暖化の原因防止対策を一層推進するため、家庭へのクリーンエネルギーの太陽光発電システム装置の普及活動として補助金の支給に乗り出すと発表した。クリーンエネルギーの太陽光発電システムへの補助金は50戸を対象として、1戸当たり10万円を補助するという。北海道グリーンファンドによると、NPO法人による太陽光発電システム装置の補助金制度は全国で初めてという。北海道グリーンファンドは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市民からの出資を募り、これまで全国各地に12基のクリーンエネルギーの風力発電所を設置してきた。最近は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネルギー対策として、住宅用太陽光発電システム装置が普及し始め、行政も支援していることから、「市民の力でさらにクリーンエネルギーの太陽光発電システムを増やそう」と補助事業を決めたという。太陽光発電システムの補助金の支給対象は、北海道の道央や道南、旭川以北の道北、十勝地方の住民で、(1)太陽光発電システムを新規に設置し、最低10年以上使用する(2)年1回、太陽光発電システムの発電量を測定して連絡する(3)北海道グリーンファンドの調査に協力するなどが条件となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する住宅用の太陽光発電システム装置は、最大出力3~4KWで200万~300万円の設置費用がかかる。国は1kw当たり7万円、北海道の札幌市では5万円の補助金を支給する。他の地方自治体でも太陽光発電システム装置設置への補助金制度があるところが多い。仮に、北海道で札幌市民が3kwの太陽光発電システム装置を設置した場合、国と札幌市北海道グリーンファンドを合わせて46万円の補助金が支給される。北海道グリーンファンドは、札幌市環境プラザ(北海道札幌市中央区北8西3札幌エルプラザ2階)で太陽光発電システム補助金の説明会を開催した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NPO法人北海道グリーンファンドが太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置

 滋賀県東近江市瓜生津町の住民らでつくる瓜生津ソーラー発電協議会の太陽光発電システムプロジェクトが農林水産省の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金対象事業に採択されたことから、集落全体で太陽光発電システムを設置することになった。計画では、東近江市瓜生津町内の公民館や営農組合の倉庫など5か所に太陽光発電システムパネルを設置するという。太陽光発電システムの合計最大出力は195kwで、年間推定発電量は18万5848kwhで余剰電力は電力会社に売電するという。売電による450万円を見込む収益は、東近江市瓜生津町のコミュニティー活動に充当するという。この太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間58トン削減できるという。総事業費は1億4,000万円で2分の1が農林水産省から補助金が支給される。滋賀県東近江市瓜生津町の地元公民館や農業倉庫などを管理する「瓜生津共有財産権利者会」の62世帯が中心となって太陽光発電システムプロジェクトを立ち上げ、昨年4月から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながる太陽光発電システムの勉強会などを繰り返してきた。自治会規模で太陽光発電システムに取組むのは全国的にも珍しく、農林水産省の補助事業の認定には、農村集落の再生が評価されたという。同協議会は早ければ10月にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置工事に着手するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置はこちら

二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方

 富士経済(東京都中央区日本橋)は、省エネルギー対策と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となることから、市場の急拡大が見込まれている太陽光発電システムに関連する市場調査結果を発表した。調査結果によると、太陽光発電システム市場は、2009年は1兆6801億円であったが、2010年には2兆1187億円に成長する見通しであり、2025年には8兆9978億円と、2009年の5倍以上に成長すると試算している。世界的に見ると、ベルギー、チェコ、イタリア、アメリカ及びフランスなどで太陽光発電システムの需要が増加してきており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの普及によって値段が下がってきたこともあって、これら新興需要地が太陽光発電システムの市場を拡大すると予想している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に対する意識が高いヨーロッパを中心とする太陽光発電システムの単年導入量トップ5か国であるドイツ、イタリア、日本、アメリカ、チェコで世界需要量の8割を占めているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みの強化から、5か国の太陽光発電システムの需要が拡大傾向にある上に、中国やインドが太陽光発電システムの導入量増加に動いている。また、アフリカや南米及び中東など、赤道に近く日照条件が良好で太陽光発電システムに適した地域でも中長期的に需要が拡大するとみている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、現在主流となっている結晶シリコン太陽光発電システムは、販売価格の下落でさらに増加する見通しだが、中長期的にはコスト削減余地の大きい薄膜太陽光発電システムとの競争が激化する。薄膜シリコン太陽光発電システムは製造コストが安く、レアメタルを使用していないことから変換効率の向上とさらにコストダウンが進めば、立場が逆転するであろう。CIGS(Copper Indium Gallium DiSelenide)太陽光発電システムは変換効率が高く、幅広い用途に応用できるは、普及していくためには製造コストの低減が課題である。CdTe(カドミウムテルル半導体:CdTe)太陽光発電システムは、製造コストは安いものの、有害物質のカドニウムを含むことが普及の壁になっており、今後もシェアを高めることは難しいであろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方はこちら

羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区)は、羽田空港旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港3)などの屋根に設置する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自然エネルギーの「無鉛はんだ太陽光発電システムモジュール」7,946枚を同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)に納入した。自然エネルギーの太陽光発電システムの設置は、日本空港ビルデングが進める同空港施設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境対策の一環である。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムモジュールの設置場所は、国内線・第1旅客ターミナルビル屋上4か所、第2旅客ターミナルビル屋上2か所、P4立体駐車場屋上1か所の計7か所で、太陽光発電システムの面積はテニスコート36面分に相当する約2,847坪にもなっている。稼働後は年間約1,157MWhの電力を発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間約364トンになるしている。羽田空港ターミナルでは、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで作られた「グリーン電力」による館内エスカレーターの運用や、国際線地区に太陽光及び地熱を積極的に活用するエネルギー供給システムを採用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた環境対策が進められてきた。ターミナルビル屋上への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる大規模な太陽光発電システムの導入は、公共施設としての空港ビルでの自然エネルギーの活用をさらに進めるものと位置づけている。今回納入された太陽光発電システムモジュールは、9月からの稼働させての発電を予定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県洲本市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった最新の環境問題省エネルギー対策に関心を高めてもらうため、洲本市立小中学校で、クリーンエネルギー太陽光発電システムの整備を進めている。兵庫県洲本市のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備には、文科省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「スクールニューディール構想」のエコ改修事業に位置づけられ、事業費は約3億6000万円であるが、国から2分の1の補助金が兵庫県洲本市に入ってくる。洲本市立小学校は由良小学校を除く12校で、洲本市立中学校は中川原中学校を除く5校で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するクリーンエネルギーの太陽光発電システムが整備されている。太陽光発電システムの出力は、19.2kw、18kw、9.6kwの3種類で、一般家庭で消費される電力の3~6倍を発電することができる能力がある。洲本市立洲本第二小学校では、9月7日に全校児童が参加する太陽光発電システムの完成式が行われた。洲本市立洲本第二小学校の校舎屋上にクリーンエネルギーの出力200wの太陽光発電モジュールと呼ばれる太陽光発電発電パネルが48枚並べられており、一般家庭で消費される電力の約3倍をクリーンエネルギーとして発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をその分削減することができる。同校の2階ピロティ部分には、42インチのカラーモニターを設置しており、太陽光発電システムの1日の発電量及び1か月の発電量、削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などが一目で分かる仕組みとなっている。児童は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、日常生活の中で電気を節約するなど省エネルギーを心がけたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

名門大洋フェリーが太陽光発電システム等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 名門大洋フェリー(大阪府大阪市西区)は、大阪南港(大阪府大阪市住之江区)と新門司港(福岡県北九州市門司区)間でフェリーを運航しているが、同社のフェリー「ふくおか2」に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システムと陸上電力受電システムをに試験的に搭載したと発表した。新型フェリーの設計・施行を行ったのは寺崎電気産業(大阪府大阪市阿倍野区)で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる船舶向けの太陽光発電システムとしては世界最大級の規模であり、陸上電力受電システムは国内で初めてのことだという。今回の船舶への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システム及び陸上電力受電システムの試験搭載は、国土交通省による2009年度「内航運航合理化・利便性改善実証実験」として計画されたものである。フェリー「ふくおか2」に搭載された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システムは、発電出力50kwで船内電気系統に直結して消費電力の一部をまかなう仕組みになっている。陸上電力受電システムは、停泊中は船内発電機を完全停止し、陸上から供給される最大650キロワット、AC6600ボルトの高圧電力を甲板に設置されたケーブルリール経由で受電して荷役作業などに使用するというもので、船内発電の電力と陸上電力とを無停電で切り替えることができる仕組みになっている。これらの設備によって、船内発電機の燃料消費量を年間約9万9000リットル、約6.8%削減できるという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間約290トン削減できるとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 名門大洋フェリーが太陽光発電システム等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

京セラが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因防止対策を推進

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境活動を推進するため、年度内に国内の京セラ全工場にクリーンエネルギー太陽光発電システムを導入すると発表した。京セラは、現在、国内生産拠点の4工場にクリーンエネルギーの太陽光発電システムを導入しているが、年度内に残る6工場に京セラ製の太陽光発電システムを導入し、クリーンエネルギーを積極的に活用して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するという。京セラが今年度にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの導入を計画しているのは、北海道北見工場(北海道北見市豊地)、福島棚倉工場(福島県東白川郡棚倉町)、長野岡谷工場(長野県岡谷市長地小萩)、滋賀蒲生工場(滋賀県東近江市川合町)、滋賀野洲工場(滋賀県野洲市市三宅)、鹿児島川内工場(鹿児島県薩摩川内市高城町)の6工場となっている。クリーンエネルギーの太陽光発電システム導入によって得られる年間発電量は、一般家庭の年間電力消費量換算で125世帯分となる59万1000kWhを見込んでおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の年間予測削減量は234tとなっている。京セラは太陽電池メーカーとしてクリーンエネルギーの太陽電池の普及に貢献していくとともに、グループ各拠点にも太陽光発電システムの導入や増強を進め、事業活動での地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減対策を始めとする環境負荷低減を推進していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京セラが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因防止対策を推進はこちら

大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムによる売電のほか、複層ガラスや通風扉、雨水再利用システムなどを導入し、環境問題に配慮した次世代型エコマンション「プラウドエコビジョン」シリーズを、関西で初めて大阪府豊中市新千里西町に建設している。最近では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムパネルを屋上に搭載したマンションは増えつつあるが、野村不動産のマンションのように余剰電力の売電までできるものは珍しいという。野村不動産のマンションは、地上5階建ての全55戸で、9月上旬から販売を開始し、販売価格は3千万円台後半から7千万円台を予定しているという。マンションは来年2月下旬に完成し、同3月下旬に入居を開始する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、屋上に発電電力量8kwhの太陽光発電パネルを設置ており、日中に発電した電力は共用部の照明や機械式駐車場のゲートなどに使用する。しかし、これらの消費電力量は6.7kwhしかないので、余剰電力分を電力会社への売電に回せるという特徴を持ったマンションである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府豊中市のマンションが太陽光発電の売電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 分譲マンション大手が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策省エネルギーをメリットとして、新築物件に自然エネルギー太陽光発電システムを搭載するものが増えてきている。三菱地所(東京都千代田区大手町)は、今後、自社開発する中・大型のマンション全棟に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー機能を備える自然エネルギーの太陽光発電パネルを設置すると発表した。三井不動産(東京都中央区日本橋室町)は、建設中のマンション6棟に太陽光発電システムを設置するほか、東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)も東京都内の2棟のマンションに自然エネルギーの太陽光発電システムを導入する。太陽光発電システムが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない特性をアピールし、環境問題に対する意識の高い消費者に購入を促す。地球温暖化の原因防止対策や省エネルギー対策につながるとして、一戸建て住宅では半数程度まで普及してきた自然エネルギーの太陽光発電システムが、マンションにも広がりつつある。三菱地所のマンションでは、屋上に設置した太陽光発電システムから生み出された電力を共用部分の廊下やエレベーターなどで使用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置対象は、1棟当たり40戸以上の中・大型の新築マンションで、全棟に太陽光発電システムを設置するのは主要マンション開発・販売会社では初めてのことだという。既に同社が販売したマンションの管理組合にも、地球温暖化の原因防止対策と省エネルギー対策になる太陽光発電システムの導入を呼びかけ採用拡大を促すという。同社は、太陽光発電システム搭載マンションとして、東京都豊島区に建設中のマンションに設置し、2011年度には新築マンションの20~30物件に導入すると話している。三井不動産は、現在建設中の東京都内と大阪府内の6棟のマンションのほか、4棟に新たに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを導入する計画であり、他のエコ素材と組み合わせながら、太陽光発電システムの搭載をを拡大するとしている。一方、東急不動産は太陽光発電システム搭載マンションでは先行しており、完売した東京都荒川区南千住のマンションで導入したほか、分譲中の東京都世田谷区のマンションにも搭載を予定している。東京都世田谷区のマンションは、「地球温暖化や環境問題への意識の高いお客さまが太陽光発電システム搭載という点に着目して購入されている」と、同社は引き合いの高さに目を見張り、今後、開発するマンションへの太陽光発電システムの導入拡大を検討しているという。一方、野村不動産(東京都新宿区西新宿)は、現在販売中の東京都豊島区の大型マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを搭載している。地球温暖化の原因防止対策のエコへの配慮なども評価され、即売ラッシュが続くなど販売は絶好調だという。同社は、今後の開発マンションに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電や風力発電などエコ対応を加速するとしており、大手各社で自然エネルギー導入が急速に進むような状況となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都内の太陽光発電マンションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡山県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岡山県内の民間事業者が太陽光発電システムと省エネ設備を併せて設置する場合に限り、費用の一部に補助金を支給する制度を設け、岡山県県地球温暖化対策室で申し込みを受け付けている。岡山県が国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「地域グリーンニューディール基金」を活用した事業で予算額は5000万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムに対しては、400万円を上限に補助対象経費の5分の1以内か発電設備のキロワット当たり20万円のいずれか低い額の補助金を岡山県が支出し、省エネルギー設備には100万円を上限に3分の1以内の補助金を支出する。岡山県では、昨年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムの設置に補助金を支出したが、今回は両方設置が補助金支出の条件となる。応募が予算額を上回る場合は抽選となるが、詳しくは岡山県地球温暖化対策室ホームページに掲載中である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策

 京都府立北稜高等学校(京都府京都市左京区)は、普通科高校としては全国で初めて環境規格「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード」の認証を取得しているが、今般、京都府内の公立学校では最大の太陽光発電システムが整備された。このほかにも、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、4割も削減できる新設備や「ミミズで生ゴミ堆肥化」、「緑のカーテン」、「エコキャップ活動」などの環境問題にも意欲的に取り組んでいる。京都府立北稜高等学校の環境問題に対応した新設備は、国の地域活性化臨時交付金を活用して導入され、総事業費は2億4369万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムとして太陽光電池モジュール336枚を設置し、システム容量は60kwとなっており、教室30室に相当する全電灯の電力の発電が可能になっている。さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、窓には断熱遮光フィルムが貼られており、蛍光灯は省エネ型のインバーター式に変更され、冷暖房も新たにガス方式に変更したという。その結果、年間地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約72トン削減でき、これは一般家庭約14軒分の年間における二酸化炭素(CO2)排出量相当になり、年間電気料金は約160万円節減できる省エネルギー仕様になったという。太陽光発電システムの発電量は校内3か所に設置されているディスプレーにリアルタイムで表示される。同校で環境問題への意識が高まったのは1990年代である。学校近くの一条山が違法造成によってモヒカン刈りの状態となり、景観破壊の象徴として社会的環境問題になった。竹山教諭は「近くではゴミ処理場建設反対の運動も起こり、環境問題を意識するようになったのではないか」と話す。それ以降の同校の代表的な環境問題への取組みは、ミミズによる生ゴミの堆肥化であった。学校内で出る生ゴミを約2万匹のミミズの餌として食べさせて分解すると、臭いのない堆肥ができるので、学校内で幅広く活用されている。職員室の外壁前では、堆肥を土に混ぜて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「緑のカーテン」としてゴーヤを栽培しており、夏場になるとカーテン状に大きく茂り、職員室内の温度を下げる効果もある。これには、生徒らが結成した「ゴーヤクラブ」が日々の水やりから夏場の収穫までを担当している。堆肥を使って育てた花は、同校近くの叡山電鉄木野駅や老人保健施設に届けられている。生徒たちが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や環境問題を意識するようになったのは生徒会活動を通じてだという。7月からは、環境問題の取組みとしてペットボトルのキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを贈る「エコキャップ活動」も推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策はこちら

タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 タカラレーベン(東京都新宿区西新宿)は、埼玉県和光市において、各住戸に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減省エネルギーを実現することができる太陽光発電システムを導入したマンション「レーベンハイム光が丘公園」の販売を開始すると発表した。JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)が開発した二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのパワーコンディショナを利用しており、マンションの屋上に1戸当たり6枚の各戸専用の地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムのソーラーパネルを設置している。このため、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムで発電した余剰電力は、電力会社に買い取ってもらう売電が可能になっている。マンションの各戸のリビングには、発電量や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量が一目で分かるモニターが設置されており、居住者の省エネルギー意識を高める工夫も施されている。マンションで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネルギーを実現することができる個別の太陽光発電システムが搭載されているのは珍しいという。マンションの規模は、地上6階建て・総戸数112戸で、都営大江戸線光が丘駅徒歩16分(埼玉県和光市白子1)の立地にある。住戸タイプは、2LDK~4LDK(専有面積62~86平方メートル)となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 KDDI(東京都千代田区飯田橋)と沖縄セルラー(沖縄県那覇市久茂地)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、太陽光発電システムと蓄電池を有機的に連携させるとともに、深夜電力も活用するトライブリッド方式電力制御技術の実証実験を沖縄県で行うと発表した。沖縄県は、台風が多く、日本本土とは日照時間も異なるため、沖縄県のau携帯電話基地局でトライブリッド方式電力制御技術の実験を行う。トライブリッド基地局における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するリチウムイオン電池やアモルファス太陽電池についても実験を行うという。KDDIは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるトライブリッド基地局を新潟県2局、栃木県1局、茨城県1局の計4か所に設置して性能実験を繰り返して行っている。これまでの実験結果で各基地局とも消費電力・CO2排出量が最大約30%、電力料金では最大約40%削減を行うことができたという。この地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の大きな結果を受け、今回、KDDIと沖縄セルラーは共同で、沖縄県内においてトライブリッド基地局を新設し、太陽光発電パネルの架台部分の環境負荷低減とコスト削減を目的に2種類の太陽光架台で実験を行うという。また、蓄電池の小型・軽量化や長寿命化及び鉛金属削減による環境負荷の低減を図るため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる三洋電機製のリチウムイオン電池を用いた検証を埼玉県と愛媛県のトライブリッド基地局で実施する。さらに、高知県では、既存基地局設備の省電力化と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、アンテナ鋼管柱鉄塔に軽量、フレキシブルな三菱化学製のアモルファス太陽電池を直接巻き付け、鉄塔への影響や垂直敷設による発電効率を検証する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> KDDIと沖縄セルラーは沖縄県で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

徳島県徳島市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の親子教室開催

 徳島県徳島市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する太陽光発電などの新エネルギーへの理解を深めるための「夏休み親子新エネルギー教室」を徳島市役所で開催した。参加者は庁舎に設置された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムを見学したり、太陽光で動くミニチュアソーラーカーを組み立てることによって、地球温暖化の原因防止対策を学んだ。夏休み親子新エネルギー教室は、地球温暖化の原因防止対策を徳島市民に啓発していくため、徳島市が2008年から毎年開催しているものであり、今年は15組33人の親子が参加して二酸化炭素(CO2)排出量削減などを学んだ。最初に地球温暖化の原因防止対策や太陽光発電システムの仕組みなどを学んだ後、本庁舎南館に設置されている二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムを見学した。その後、太陽光発電システムで走行するミニチュアソーラーカー作りを行った。参加した子供たちは、太陽光発電システムで走行するミニチュアカーに光を当てると動き出す様子に驚き、屋外に出て猛暑の日差しの下で勢いよく走らせていたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 徳島県徳島市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の親子教室開催はこちら

経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 太陽光発電システムについては、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、様々な設置促進策が講じられている。今般、経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、住宅の屋根に太陽光発電システムを取付る技術者として「PV(フォト・ボルテック)施工士」の制度を来年度に創設すると発表した。太陽光発電システムメーカーや太陽光発電関連事業者で構成している太陽光発電協会(JPEA)と共同で共通の太陽光発電システムの施工カリキュラムを作成し、その課程を修了した人材を施工士として認定するというものである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札となる太陽光発電を広く浸透させるためには、消費者からの信頼獲得に直結する太陽光発電システムの施工品質の安定化が必要だからである。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムの普及促進には、施工時の品質確保と導入コストの低減が必要である。太陽光発電システムの施工士養成制度は、施工業者が太陽光発電システムを安全かつ簡易に設置するための指針「太陽光発電システム設計・施工ガイドライン」の作成作業と並行して行うという。取り上げる項目は、地球温暖化の原因対策の太陽光発電モジュールを始めとする機器を屋根に設置する工事や、取り付けた機器の電気配線工事など多岐にわたる予定だという。この教材を活用した研修で太陽光発電システムの基礎知識と技能を身に付けた個人が試験を受験し、一定の能力を備えたと認められた者を太陽光発電システム施工士として認定するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

大和ハウス工業が2世帯同居型住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや意見については次のとおりである。大和ハウス工業(大阪府大阪市北区)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献することができる低炭素型の一戸建て住宅として軽量鉄骨造りの「xevo YU(ジーヴォ・ユウ)」の発売を始めた。この住宅では、地球温暖化の原因対策及び省エネルギーに寄与する太陽光発電システムや高効率給湯器などによってエネルギー消費を差し引きゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を実現したという。しかも、家族構成の変化で暮らし方を替えることが可能な2世帯同居型住宅である注文住宅xevoシリーズの新たなラインアップとして投入するという。ジーヴォ・ユウは地球温暖化の原因対策を最大限生かすことができるように切妻屋根の屋根面積を一層拡大することによって、二世帯でも十分な容量となる最大9.6kWの太陽光発電システムを搭載可能にした。太陽光発電システムと、省エネ性能のあるオリジナルの外壁システムの外張り断熱通気外壁、高効率給湯器を標準採用することによって、政府の新省エネ基準の一般住宅と比べ、年間の光熱費を最大で約169%、地球温暖化の原因対策で温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を最大で約106%削減することができる超高機能住宅となっている。地球温暖化の原因対策が施されている住宅のジーヴォ・ユウは、国が2020年を目標にしているネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを早々と達成したことになる。さらに、屋根の棟違い部分の壁面には、地球温暖化の原因対策として風の流れをつくるサイドウインドーを設置しており、可能な限りエアコンに頼らない自然の風による快適な暮らしを送ることが可能だ。空調システムにも地球温暖化の原因対策を施し、生活パターンに合わせた省エネ型のため、プログラムパターンの選択によって部屋の温度を自動的にコントロールでき、従来型のシステムと比べて、地球温暖化の原因対策で温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量と年間の光熱費を約半分に抑えることができるという。

> 大和ハウス工業が2世帯同居型住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減に大きく寄与する住宅向け太陽光発電システムの販売店「京セラソーラーFC京都西」を京都府京都市にオープンさせた。京セラのフランチャイズ店は全国で114店舗目となるという。京都府では、京都議定書が同地で採択されたこともあって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に積極的に取り組んでいる。その対策の一環として、住宅用太陽光発電システムなどの設置者に対し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減量に応じたエコポイントを付与する新エネルギーの導入促進事業を実施しいる。こうしたことから、京都府京都市において住宅向け太陽光発電システムの需要が高まると判断した京セラは、新店舗でニーズの取り込みを図るという。住宅向け太陽光発電システムの販売店の新店舗の営業時間は、午前9時から午後6時までとなっている。京セラでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への機運の高まりを受け、住宅向け太陽光発電システムのフランチャイズ店舗を、現在の114店舗から2011年3月末には150店舗に拡大する計画を持っているという。

> 京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 コスモ石油(東京都港区芝浦)は、コンビニチェーン店であるスリーエフ(神奈川県横浜市中区)とグリーンエネルギー証書事業を行うエナジーグリーン(東京都中野区中野)と共同で、神奈川県横浜市にあるスリーエフの2店舗に電気自動車EV)向けの200V充電器を設置し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン電力証書を活用した200V充電サービス「グリーン充電サービス」を7月23日から開始すると発表した。電気自動車(EV)向けの200V充電器を設置するのは、神奈川県横浜市内にあるスリーエフの都筑大棚店と都筑勝田橋店となっている。スリーエフは、神奈川県内の営業車の一部に電気自動車(EV)を既に導入しており、これに加えてコスモEV会員及び同店舗に来店する消費者に向けて200V充電サービスを提供するという。200V充電サービスの利用料金は無料であるが、これを利用するにはコスモ石油が発行するコスモEV会員カードが必要となる。しかし、カードを持っていない人に対しても充電器のあるスリーエフでカードを貸し出すので利用できるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーン充電サービスは、コスモ石油系列のサービスステーションに設置した太陽光発電システムから発電して生じた環境付加価値をエナジーグリーン社が地球温暖化の原因対策のグリーン電力証書として発行し、スリーエフが充電した電力量と同量の証書を購入することで実現した。利用者はこの充電器を利用する事で、電気自動車(EV)をまったく化石燃料を使用しない100%クリーンなグリーン電力で充電することになるという。コスモ石油では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギー発電設備で発電した電力を、グリーン電力証書を活用して電気自動車(EV)の充電に活用する取り組みを試験的に実施することで、自動車から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献していく仕組みを構築していく方針だという。

> コスモ石油が神奈川県横浜市で200Vグリーン充電サービスによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減

 大阪府大阪市北区梅田に本社がある大和ハウス工業は、太陽光発電システムリチウムイオン蓄電池を組み合わせて装備することによって、一般的な住宅に比べ地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を65%削減できる一戸建住宅を発売すると発表した。2011年春の商品化を目指し、7月10日から同システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の実証試験を開始するが、リチウムイオン電池付きの一戸建住宅を建設販売するのは国内で初めてのことだという。昼間の太陽光発電システムによる電力と夜間の割安な電力を蓄電池に蓄え、太陽光発電システムの余剰電力は売電することによって、双方を利用しない一般住宅と比べると、光熱費は102%削減することが可能であり、当然、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をより多く削減できるという。住宅の価格は現在のところ未定であるが、リチウムイオン電池の価格と寿命を考慮した上で、値ごろ感のある価格設定を目指しており、初年度は100棟の販売を目指すという。また、LED(発光ダイオード)照明を採用しており、消費エネルギーも抑えるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も少なくなっている。同住宅では、原油価格の高騰などによる電気代上昇の影響を抑えられるほか、自然災害などによる停電リスクも低減できるものとなっている。大和ハウス工業は、リチウムイオン蓄電池と太陽光発電システムを最適制御する独自のシステムを採用し、太陽光発電システムによる電力を家庭で優先的に消費する「ECOモード」と、発電量すべてを売電して電気代を抑えるタイプの「おサイフモード」を選択できる設定となっている。太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池の実証試験は埼玉県春日部市愛知県名古屋市昭和区の2か所にある実際の住宅展示場で行うという。実証試験では、これまでの鉛蓄電池やニッケル水素蓄電池と比べて寿命が長く、充放電効率が高いリチウムイオン電池と、太陽光発電システムとの連動動作などを検証する予定となっている。合わせて、電力を多く消費する家電製品機器の重複使用によるピーク電力の制御なども確認する。大和ハウスでは、今後も研究開発を進めるとしており、2020年にはエネルギーを100%自給でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない住宅の発売を目指している。

> 大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減はこちら

太陽光発電システムで進む地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 大阪湾に突き出た大阪府堺市西区の埋め立て地で、関西電力の事業主体による地球温暖化の原因対策に寄与する大規模太陽光発電所の建設が急ピッチで進んでおり、10月に稼働するという。1年後に予定しているの太陽光発電所のフル稼働時には、阪神甲子園球場5個分に相当する大きさに敷き詰められた太陽光発電電池パネル約7万枚が約3000世帯分の1万KWの電気を作るという地球温暖化の原因対策に寄与する計画だという。そもそも、この大阪府堺市の埋め立て地は、1974年から31年の間に生じた大阪府内の産業廃棄物を埋め立てることによってできたものである。太陽光発電所の整備に併せて、発電所の周囲で地球温暖化の原因対策に寄与するクヌギやヤマモモなどで埋め尽くす大阪府の大がかりな「共生の森」の整備も進んでいる。大阪府内の大量の廃棄物が最先端の環境配慮型地域(大阪府新エネルギー産業課)に変わろうとしている。これは、地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題を考え、自然が元々持っている力を生かそうとする大阪府民の意識の変化ともいえる。
 一方、地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電に係る国の制度が変更された。これは、2009年11月から太陽光発電の余剰分を従来の2倍の価格で電力会社に買い取らせる仕組みとなった。それに先立つ2009年1月には、地球温暖化の原因対策に寄与する住宅向け太陽光発電システムの購入費用の一部を国が補助する制度を3年ぶりに再開していた。国民の地球温暖化の原因対策に関する意識の向上や補助制度の充実もあり、2009年度の国内の住宅向け太陽光発電システムの出荷量は、前年度の約2.8倍の54KWに急増したという。新築住宅の場合には、太陽光発電システムを設置するとなると百数十万円の追加費用がかかるが、積水ハウスによると「4月以降に受注した住宅の7割は地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電システム付き」だという。ただ、こうした地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電の余剰分の電力買取費用は、2011年4月以降、電力会社がすべての家庭の電気代に毎月数10~100円程度を電気料金に上乗せして回収するという。民主党政権は今後、余った電力だけでなく、地球温暖化の原因対策の観点から発電全量を固定価格で買い取る制度に移行させる方針を持っている。化石燃料等で発電した電力会社の安い電気を使い、太陽光発電で作った地球温暖化の原因対策に寄与するクリーンエネルギーの分を高く売ることが可能になるので、これが実現化すれば住宅用太陽光発電の導入が一層進むのは確実である。しかし、国の試算では制度開始から10年目の電気料金の上乗せ分は、最大で月額522円以上になり、国民全体で1兆6000億円超の負担増につながる。こうしたことから、経済産業省には2009年11月以降、太陽光発電に係る現行制度に5400件もの問い合わせがあり、その中には「地球温暖化の原因対策とはいえ、太陽光発電を設置していない人が負担するのはおかしい」「太陽光発電システムを設置できる金持ち優遇だ」という声もあった。日本鉄鋼連盟は「地球温暖化の原因対策とはいえ、太陽光発電システムからの発電の全量買い取りの費用が電気料金に転嫁されると、鉄鋼業界の負担は最大1260億円にもなり、国際競争力を奪う」と反発している。

> 太陽光発電システムで進む地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球温暖化の原因対策に寄与する蓄電池を国際標準へ成長戦略

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策に寄与することで、今後大いに期待されている太陽光発電システムで発電した電気を溜めておく蓄電池を住宅やオフィスビルに普及させるため、2030年までに蓄電池の寿命を現在の4倍の20年に延ばし、製造コストを10%程度に引き下げる戦略目標を発表した。今後、官民一体で蓄電池の研究開発体制を作り、規格の国際標準化を目指すことを政府が6月にまとめる新成長戦略に盛り込むという。政府は地球温暖化の原因対策のため、今後10年で太陽光発電システムによる発電量を現在の約20倍となる年2800万KWにする計画を立てている。しかし、太陽光発電システムで発電できない夜間や悪天候時にも電力を安定供給し、地球温暖化の原因対策に寄与するためには、住宅やビル、変電所などに蓄電池の設置が欠かせないものとなっている。蓄電池は携帯電話やパソコン、電気自動車などに使われているニッケル水素電池やリチウムイオン電池が知られているが、小型化と大容量化が大きな課題であり、研究をさらに進める必要がある。住宅用の蓄電池としては、三洋ホームズが昨年に国土交通省の地球温暖化の原因対策の補助を受けて蓄電池が付いた住宅の販売を始めているが、1戸あたりの価格は240万円程度高いことから、普及の大きな障害となっている。積水ハウスと大阪ガスも共同で太陽光発電電池と燃料電池で発電し、蓄電池で電気をためる住宅の実証実験を行っているが、本格普及はまだ先になりそうだ。地球温暖化の原因対策の蓄電池の研究開発では、リチウム以外の新素材による技術革新にも取り組むという。

> 地球温暖化の原因対策に寄与する蓄電池を国際標準へ成長戦略はこちら

北海道稚内市で地球温暖化の原因防止に風力発電や太陽光発電システム

 北海道稚内市は日本最北端に位置する風の強いマチとして知られ、1年を通して平均風速7.5mの風が吹いている。この強風は稚内市の基幹産業である漁業において海産物の寒干しなど加工に利用されてきたが、稚内市に暮らす人々にとっては厄介ものだった。これを逆手にとり、地球温暖化の原因防止にも寄与する地域の資源として活用したのが風力発電への取組みである。風力発電については、2006年に民間企業が1000kW級風車57基を持つ宗谷岬ウインドファームを稼動させたほか、稚内市内には17基の風車がある。これらを合わせた総発電量は76,000kW/hに達し、稚内市の総需要電力の7割に相当するという。稚内市民の動きとして地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電などの新エネルギーの導入を進め、地球環境にやさしいマチづくりをしようと2005年に設立されたのが「稚内新エネルギー研究会」である。構成メンバーは稚内市、50企業・団体、市民などの個人会員150人であり、人口が減少し高齢化・過疎化が稚内市で進む中、稚内市の再生を「風」にかけたさまざまな地球温暖化の原因防止にも寄与するプロジェクトを推進している。まず、取り組んだのが風力を利用した地球温暖化の原因防止にも寄与する寒冷地型燃料電池システムの開発への取組みだ。風力や太陽光などの新エネルギーは地球温暖化の原因防止にも寄与するとはいえ発電量が天候に左右され不安定なのが弱点だが、このエネルギーを一旦水素エネルギーに変換し燃料電池として貯蔵することで安定して熱と電気の2つのエネルギーが利用できるという。さらに、不安定さゆえに一度電力会社に売電しなければならなかった風力発電による電力を市民が直接使えるメリットもある。この事業は環境省が公募する地球温暖化の原因防止にも寄与する「平成のまほろば事業」(環境と経済の好環境のまちモデル事業)に2005年度採択された。この交付金を活用して、稚内公園にある風車と開発した燃料電池を連携させ、「新エネルギーサテライト」としてオープンしたものとなっている。施設内のゲストハウスで燃料電池のシステムを公開し、稚内市の学校の総合学習や一般市民への新エネルギーの啓発にも活用している。また、地球温暖化の原因防止に寄与する燃料電池で暖めた湯を使ったエコ足湯をつくり、無料開放して稚内市民に好評を得ているという。2007年には研究会有志が地球温暖化の原因防止にも寄与する環境学習施設「風のがっこう・稚内」を建設した。これは風力発電の先進地デンマークでケンジ・ステファン・スズキ氏が創設したもので、日本では京都府、栃木県に次いで3番目の開校となる。スズキ氏のサポートを受けながら地域の資源を生かした地球温暖化の原因防止活動の拠点となるべく研修活動を行っている。地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして、風力発電だけでなく、太陽光発電システムへの取り組みもスタートさせた。2008年には研究会の誘致活動によって独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主管する「大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究」(完成時発電量5,000kW/h)を北海道電力と稚内市が委託先となって実施することが決定し、現在施設設備の建設が進んでいるが、すでに洞爺湖サミットの会場にグリーン電力という形で電力を供給した実績がある。この施設が地球温暖化の原因防止に寄与すると注目されるにつれ、一般市民の太陽光発電システムへの意識も向上し、電力会社の買い取り価格の引き上げもあいまって、太陽光発電システムのソーラーパネルを屋根に設置する家庭も増えているという。稚内市の地元企業とパネルメーカーの代理店契約が成立し、それが企業誘致活動にもつながっていることから、「稚内太陽エネルギー協会(仮称)」を立ち上げる準備も進めている。また、稚内市民ファンド方式により稚内北星学園大学のキャンパスに地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムのソーラーパネルを設置し、エコキャンパス化する事業も予定している。 目指すは「地球環境にやさしい暮らし」と「心の豊かさ」を実感できる新エネルギー最先端都市だという。関連企業や研究機関の注目を集め、それらを稚内市に誘致することで地域の活性化も合わせて目指している。

> 北海道稚内市で地球温暖化の原因防止に風力発電や太陽光発電システムはこちら

京都府宇治市で地球温暖化の原因防止に向け灯籠にLEDの照明

 京都府宇治市にある「宇治源氏タウン銘店会」と地元企業、宇治市観光協会が連携して、地球温暖化の原因防止に寄与し、宇治市内の夜景を環境に優しく楽しんでもらう取り組みを始めた。地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムによるソーラー発電で点灯し、さらに、省エネルギー性能に優れたLED(発光ダイオード)照明を宇治神社境内(京都府宇治市宇治)に設置しており、ろうそくのように輝く明かりが「エコ時代」をPRしている。この実施主体となっている銘店会は、京都府宇治市の宇治橋東詰めの茶店や飲食店など20店舗で構成されており、これまでも源氏物語の絵柄を付けたエコバッグを作るなど地球温暖化の原因防止に向けた環境に配慮した活動を行ってきているという。京都府宇治市内では毎秋、多数の灯籠を並べる「京都・宇治灯り絵巻」が開催されているが、電球を使い電気代も嵩むため、銘店会は銘店会オブザーバーを務めるLED照明製造「エーシック」(京都府宇治市広野町)会長の神野さんに相談したところ、エーシックは地球温暖化の原因防止に寄与するソーラー発電の灯籠用照明を開発し、銘店会が20個を購入した。灯籠用照明はろうそく型で、地球温暖化の原因防止に寄与するソーラーパネルが太陽光で発電し、バッテリーに充電する仕組みとなっている。周囲が暗くなると自動で放電してLEDが点灯し、点灯時間は約5時間持続し、電気代もかからないなど地球温暖化の原因防止に寄与するものとなっている。さらに、LEDは電球に比べ電力消費を抑えられ、地球温暖化の原因防止に効果的だという。銘店会は2日夜、この地球温暖化の原因防止に寄与する灯籠用照明を宇治神社の石灯籠20基に取り付けた。日没後、照明が赤と黄色の光を交互に放ち、まるで炎が揺らめくように輝いた。銘店会の通円亮太郎会長は「灯籠を見て、多くの人が地球温暖化の原因防止に寄与するエコの気持ちを高めてくれれば」と期待を込めた。エーシックは、この他灯籠用照明を使った円筒型路地あんどんも試作した。源氏物語の絵柄で、銘店会では今後あんどんを購入し、今年の灯り絵巻に並べる予定となっている。絵巻を主催する京都府宇治市観光協会も「これからは地球温暖化の原因防止に寄与するエコの時代を迎えつつある。灯籠に地球温暖化の原因防止に向けたLED照明を使うことも検討したい」と話している。

> 京都府宇治市で地球温暖化の原因防止に向け灯籠にLEDの照明はこちら

宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システム

 宮城県利府町役場の庁舎屋上に、地球温暖化の原因対策として公共施設では全国初という「追尾式」の太陽光発電システムが稼働している。「利輝丸くん」の愛称が付けられた太陽光発電システムは、これだけで庁舎使用電力の1割以上を賄うことが可能になっているという。この太陽光発電システムは、地球温暖化の原因対策効果も大きいことから、利府町は「エコ庁舎」を積極的にPRしていくという。地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムは、太陽の向きや光の強さを発電パネルが感知して自動的に効率的よく動くため、発電能力は通常の固定式の太陽光発電システムの1.65倍あるとされている。この> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムは、航空宇宙技術振興財団が技術開発し、利府町役場の敷地内で5年間の実証実験を行ったものとなっている。庁舎屋上に4メートル×3メートルの太陽光発電システムパネル22基を設置しており、年間の予定発電量は約10万キロワット時で、庁舎で使う電力の約12%を賄うとともに、年間で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出量を約49トン、石油換算で約2万3000リットル削減できるという。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム総事業費は1億800万円で、うち9割が国の交付金でまかなわれている。庁舎には、リアルタイムで地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムの発電量などを示す液晶モニターを設置し、来庁者に理解を呼び掛ける。同町では、2002年の庁舎建設時に雨水を活用した空調システムも導入しており、「地球温暖化の原因対策に寄与する環境にやさしい庁舎を全国に発信したい」としている。

> 宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムはこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの出荷が1.5倍に

 太陽光発電協会によると、地球温暖化の原因防止に寄与する2009年度の太陽光発電システム太陽電池出荷統計によると、太陽光発電システムの総出荷量は出力換算166万8531キロワットで、前年度比約1.5倍となり、太陽光発電システムの総出荷量の過去最高を更新したと発表した。太陽光発電システムの輸入を含む国内向け出荷は2.6倍の62万3127キロワットになったという。太陽光発電協会は、太陽光発電システムの取り付け工事などを含む国内の関連市場は、前年度比2.4倍の3900億円になったとみている。太陽光発電システムの調査は国内22社を対象に行ったものだ。家庭などに設置した地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電設備でつくった電気のうち、使い切れなかった余剰分を電力会社が従来の2倍の価格で買い取る制度が需要を牽引した。住宅用太陽光発電システムは前年度比2.7倍の54万3708キロワットとなった。1~3月期は前年同期比約2.9倍の伸びとなっている。政府は、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムによる電力の買い取り対象の拡大を検討しており、今後の議論次第ではさらに需要を喚起する可能性があるという。このほか、国内では地球温暖化の原因防止に寄与する標識や街灯の太陽光発電システムの電源用が3.3倍に増加し、学校や市庁舎、病院など地方自治体の関連施設でも地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの大幅に伸びて3.9倍となった。地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの輸出も18.3%増の104万5404キロワットと堅調だったという。欧州向け地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムが18.4%増の73万4116キロワット、アメリカ向けが42.1%増の23万6487キロワット。輸出でも足元の伸びが大きく、1~3月期は前年同期比で欧州向け、アメリカ向けとも1倍近い伸び率になっている。世界的な景気低迷が続いているが、地球温暖化の原因防止対策への投資が堅調であることを裏付けた。国内22社の地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの生産能力は、2009年度末で計253万キロワットと、前年度から約4割増となった。各社の計画によれば、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムは1年後は約1.6倍の計405万キロワットになる見通しだという。太陽光発電協会では、「地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの生産能力は、政府の支援策で国内需要はさらに伸びる。海外では、欧米以外でも新興国などが期待できる」としている。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの出荷が1.5倍にはこちら

ヤナセが地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムの紹介販売

自動車販売会社のヤナセは、新たに日本エコシステムと地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムの販売パートナー契約を締結し、同社が保有する輸入車オーナーリストへ向けて、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの紹介活動を始めた。5月から東京都内26のヤナセグループ新車・中古車販売店で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムの紹介販売を開始し、その後順次、他エリアにも拡大し、2012年春までに北海道エリアを除くグループ直営全店に地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムの紹介を行うという。太陽光発電システムは、地球温暖化の原因防止に対する関心の高まりや電力買取制度によって、今後も大きな普及が見込まれている。また、日本エコシステムは、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システム業界で国内トップクラスの販売・施工会社であり、これまでの太陽光発電システムの販売・施工実績は、既築住宅を中心に国内1万4000棟にのぼるという。ヤナセが現在取り扱っているメルセデスベンツやキャデラックなどの高級輸入車を保有するユーザーは、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システムに関心を持つケースも多いという。こうしたことから、自動車販売部門の営業担当者が商品知識を習得し、顧客ニーズに対応したコミュニケーションが図れるよう、地球温暖化防止に寄与する太陽光発電システムの紹介販売を開始することにしたという。ヤナセでは7月にリニューアル開設する「ヤナセ杉並支店」整備工場の屋根に同社初の地球温暖化防止に寄与する太陽光発電システムも設置する予定であり、同社としても地球温暖化の原因防止を始めとする地球環境対策に取り組むという。

> ヤナセが地球温暖化の原因防止の太陽光発電システムの紹介販売はこちら

地球温暖化の原因防止でモルディブ共和国の太陽光発電システムへ無償資金協力

 地球温暖化の原因防止対策については、地球規模の全世界で取り組む必要があるといえる。しかし、発展途上国においては、どうしても地球温暖化の原因防止対策に関しては、他の切実な施策が優先されるような状況にある。そのような中、日本政府は、モルディブ共和国政府が取り組んでいる「太陽光発電システムによるマレ島におけるクリーンエネルギー促進計画」による地球温暖化の原因防止対策に対し、10億円の環境プログラム無償資金協力を行うことを決定した。先般の、2010年3月25日、スリランカのコロンボにおいて交換文書の署名式が行われた。この計画によって供与される太陽光発電システムにより、モルディブにおける火力発電用の原油使用量が低減し、それに伴い地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量が削減されることが期待されている。なお、今回の地球温暖化の原因防止対策への無償資金協力は、「鳩山イニシアティブ」の一環として実施することとしたもので、すべての主要国による公平かつ実効性のある枠組みの構築と意欲的な目標の合意を目指して、コペンハーゲン合意への賛同に向けた働きかけも含め、モルディブと引き続き地球温暖化の原因防止対策に係る気候変動分野で連携していくとしている。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止でモルディブ共和国の太陽光発電システムへ無償資金協力はこちら

地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組み

 2010年は、世界規模で地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題への意識が益々高まっていくことが予測される。特に、我が国は、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス1990年比で25%削減するという極めて高い目標を掲げており、各企業の地球温暖化の原因となるCO2削減に向けた今後の取り組みも注目されている。住宅メーカーの積水ハウスは、住宅業界初の地球温暖化の原因防止対策に取り組む「エコ・ファースト企業」として、環境に配慮した次世代の住まい環境を積極的に提案している。2009年から展開している環境配慮型住宅「グリーンファースト」では、地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電システム家庭用燃料電池を積極的に提案することで着実に受注を伸ばし、今年度の受注目標である太陽光発電システム搭載住宅6,000棟、家庭用燃料電池1,000台をいずれも前倒しで達成したという。また、大阪ガスと共同で地球温暖化の原因防止対策に関連する情報技術を使用し、エネルギー利用の最適化を図るスマートハウスの実証実験や、三洋電機と共同でリチウムイオン電池を搭載した住宅の研究を本格的に開始するなど、次世代の住宅における地球温暖化の原因防止対策の環境に配慮した新エネルギー技術の研究も積極的に行っている。
 2009年12月には、積極的に地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境への取り組みを推進する「エコ・ファースト企業」23社が、企業の地球環境問題に対する取組みをさらに充実させるために「エコ・ファースト推進協議会」を設立し、地球温暖化の原因防止対策に向けて参加企業間の連携強化を表明したところである。この協議会の活動とのシナジー効果を図るかのように「エコ・ファースト推進協議会」の議長・副議長を務める企業6社の代表者が揃って参加した地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフイベントが、1月14日に総理官邸で行われた。同イベントは、鳩山内閣総理大臣をリーダーに、地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減を進めていく国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のスタートを記念して実施されたものである。イベントには、鳩山首相、小沢環境大臣をはじめ、加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら多くの著名人が出席して行われた。国民運動のスーパーアドバイザーとして前東大総長の小宮山宏・三菱総研理事長が就任し、タレントやお天気キャスターなどが「応援団」に任命された。イベント中、「エコ・ファースト推進協議会」副議長を務める積水ハウスの和田会長は、「鳩山総理も『家庭部門は地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減余地がまだまだあり、この対策が一番大事』とおっしゃっております。当社は地球温暖化の原因防止対策の環境配慮住宅「グリーンファースト」の普及に力を入れており、今では戸建受注の6割以上を占めるまでになりました。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電と燃料電池を搭載し、CO2を100%削減できる「CO2オフ住宅」も2009年だけで800棟も供給しています。もちろん、既存住宅への地球温暖化の原因防止対策も重要です。お客様の環境意識も高まっているので、今後も一つ一つ地球温暖化の原因防止対策のCO2オフの取り組みを広げていきたい」と意気込みを語った。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組みはこちら

山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設

 天然の蜂蜜で有名な山田養蜂場は、自然エネルギーの利用推進と地球温暖化の原因防止の一環として本社や工場棟に設置している太陽光発電システムが、今回の増設により791.61kWとなったことを発表した。これにより、年間約200万円のコスト削減と地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減が見込まれ、中四国地方最大規模のシステムとなる。「自然との調和」を理念に掲げる同社は、自然環境に対して、地球温暖化の原因防止に寄与する負荷の少ないエネルギーを活用することが企業の使命であると考え、2000年3月から太陽光発電システムを積極的に導入し、以来十数回の太陽光発電システムの増設を行ってきた。今回は第二工場の屋上に99cm×150cmの太陽光発電システムパネルを450枚設置した。これによって100kWの電力を増発することができ、最大電力が791.61kW、年間発電量が79万kWh(予測)となった。この電力は、本社屋および、隣接工場棟電灯の電力全てをカバーするだけの数値に相当する。また、政府系機関である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や、新エネルギー導入促進協議会などと共同で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システム当のフィールドテストを実施しており、今後のエネルギー開発の一助となる活動を積極的に行っている。2009年11月から、地球温暖化の原因防止対策の一環として太陽光発電電力の買取新制度が始まるなど、太陽光発電導入量の拡大は、エネルギー源の多様化や温暖化対策、経済発展など大きな期待が寄せられている。同社は、今後も地球温暖化の原因を防止し、自然と共生できる企業を目指していく考えだという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職太陽光発電ソーラーシステム情報

> 山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設はこちら

地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力

 日本は途上国に対して膨大な金額の資金援助を行っているところであるが、今般、地球温暖化の原因による気候変動対策に対して資金援助を行うことを決定した。政府はスリランカの太陽光発電システムの導入計画に対して、8億6,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。スリランカでは、1990年代以降、エネルギー需要が増加しており、今後ますます高まると予想される電力需要に対し、太陽光発電システムの再生可能エネルギーを利用した電力供給の方向性を探っていくことが必要になっている。今回、供与される太陽光発電システムにより、スリランカにおける火力発電用の原油使用量が低減し、それに伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量が削減されることが期待されている。
 一方、政府は、ケニア共和国政府が取り組んでいる「地球温暖化の原因による気候変動への適応のためのニャンド川流域コミュニティ洪水対策計画」に対し、総額4億8,300万円を限度とする環境プログラム無償資金協力を行うことを決定し、ケニア共和国首都ナイロビにおいて交換文書の署名式が行われた。この協力は、日本クールアース・パートナー国であるケニア共和国に対して、地球温暖化の原因による気候変動の影響等により洪水が頻発しているニャンド川流域の洪水対策施設の整備や住民の組織化訓練等のプログラムを実施するのに必要な資金を供与するものとなっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力はこちら

佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金

 佐賀県では、地球温暖化原因防止対策と森林の整備や地域に密着した緑化の推進を目的に、全国運動の展開にあわせて、2009年3月から5月末まで春期「緑の募金」運動を実施した。この運動の一環として、スーパーやJR駅前で、街頭募金を行った。佐賀県では、2007年度、地球温暖化原因防止対策の緑の募金として約6383万円の収入があり、緑の普及啓発や緑化ボランティアの育成、こだまの森林づくり事業、市町村緑化の推進などに活用している。今後、2010年の「国際生物多様性年」を控え、地球温暖化原因防止対策や国民の緑化への関心が一層高まることが予想されるという。
 一方、沖縄県では、地球温暖化原因防止対策の一環として新エネルギーの導入を促進し、普及を図る目的で、住宅用太陽光発電システムを設置する際、費用の一部に対し補助を行っている。沖縄県では既に2009年4月から募集を開始している。住宅用太陽光発電システムの補助金額は定額2万円で、国が実施する「住宅用太陽発電導入支援対策費補助金」を受けている県内居住の個人が対象となる。4月末では、23件の住宅用太陽光発電システム補助の申し込みがあり、3カ月から半年のペースで住宅用太陽光発電システム補助件数300人に達する見込みだという。沖縄県が率先して地球温暖化原因防止対策の住宅用太陽光発電システムという新エネルギーに対する補助を行うことで、沖縄県内の他の市町村が後に続く契機になればと期待している。

太陽光発電ソーラーシステム情報屋上緑化情報

> 佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金はこちら

太陽光発電ソーラーシステム設置工事の研修事業

 経済産業省資源エネルギー庁は、地球温暖化原因対策に寄与するクリーンエネルギーのエコ省エネ事業となる「太陽光発電システム設置工事に関する研修事業」を有限責任中間法人太陽光発電協会(JPEA)を通じて実施すると発表した。クリーンエネルギーである太陽光発電システム設置工事に関する研修事業は、太陽光発電システムの設置工事等に携わる人材の確保を容易にすることで、太陽光発電産業の発展に貢献するとともに、人材需要の増加に応えていくことで、クリーンエネルギー関連の雇用の拡大を図ることを目的として実施されるものである。太陽光発電システム設置工事に関する研修内容は、太陽光発電システムの設置工事等を行おうとする者を対象に、クリーンエネルギーである太陽光発電システムに関する基礎知識、設置工事に関する基礎知識について講習を行う。太陽光発電システム設置工事に関する講習会の予定は、各都道府県及び地域毎の拠点都市を対象に、年間60回程度の開催を予定している。本件に関する問い合わせ先は次のとおりとなっている。有限責任中間法人太陽光発電協会 〒105-0004 東京都港区新橋4-29-6 寺田ビル8 階TEL:03-3459-6351 FAX:03-3459-6595URL:http://www.jpea.gr.jp


詳しくは太陽光発電ソーラーシステム情報

> 太陽光発電ソーラーシステム設置工事の研修事業はこちら

住宅用太陽光発電の導入補助

 経済産業省資源エネルギー庁は、住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金の補助事業を行う者となった有限責任中間法人太陽光発電協会(JPEA)が、平成21年1月13日から3月31日まで補助金交付の募集をすることになったと発表。 対象者は、自らが住んでいる住宅に太陽光発電システムを設置する個人で、補助金の額は太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり7万円となっている。 なお、対象とする太陽光発電システムは、JPEAが定める補助金交付規定の要件を満たす必要がる。 応募説明会は、全国9箇所で開催される予定。説明会に関する問い合わせ先は、以下の通り。

○問い合わせ先
JPEA内 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)
TEL:043-239-6200


太陽光発電ソーラーシステム情報

> 住宅用太陽光発電の導入補助はこちら