TOPページ > 検索結果

検索結果 【太陽光発電システム補助金】

京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチ

 京都府京都市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システム設置者への補助金を設けているが、京都府内で太陽光発電システムを設置する住宅が急増し、補助金が底をつく事態が発生している。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策拡充策として、昨年から国の太陽光発電システム設置者への支援制度が拡大したことによるが、財源がないとの理由で京都府が太陽光発電システムへの補助金を打ち切ったのに対し、京都市は太陽光発電システム補助金の補正予算を組む方針だという。京都府京都市内の太陽光発電システム設置者に対し、京都府京都市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2003年度から1kw当たり8万円(景観規制区域外は5万円)の太陽光発電システム補助金を支給しているが、京都府も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2008年度から同5万5千円相当の商品券などを太陽光発電システム設置者に補助してきた。国も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年1月から、同7万円の太陽光発電システム補助金制度を復活させ、太陽光発電の電力会社への売電価格も2009年11月から2倍に引き上げた。この結果、太陽光発電システムの補助金申請が本年度に入って急増しているという。京都府京都市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金に係る本年度予算を前年度から倍増の1億円に増額していたが、2010年8月末で約290件で7100万円と前年度比1.6倍のペースで補助金の申請があり、今月中にも太陽光発電システム補助金の財源が底をつくという。京都府京都市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を続けていくため、太陽光発電システム補助金を継続するため補正予算を組み、12月京都府京都市議会に補正予算案を提出する。京都府京都市地球温暖化対策室は、「太陽光発電システム補助金の予算がないからといって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む京都府京都市民の環境意識に水を差すことはできない。なんとか財源を確保する」と話している。一方、京都府は前年度と同額の8500万円を太陽光発電システム補助金として本年度予算に計上したが、すべて使い切り、7月9日に補助金申請を打ち切った。太陽光発電システム補助金のうち、財源の半額は国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策補助金で、京都府地球温暖化対策課は「国に補助金増額を求めたが断られた。太陽光発電システム補助金の補正予算を組む財源がない」と話している。京都府内の自治体の太陽光発電システム補助金については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宇治市が6月で打ち切った単独の補助金を11月から復活させるほか、舞鶴市や福知山市も補正予算で継続を検討しているという。京都府京都市関係者から「財政難はどこの地方自治体も同じ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた住民の環境問題への意識が向上しつつあるときに、京都府の太陽光発電システム補助金の打ち切りはとても残念だ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチはこちら

和歌山県は田辺市で太陽光発電システムによる二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、和歌山県田辺市新庄町にある和歌山県立情報交流センター「ビッグ・ユー」の玄関近くに設置した再生可能エネルギーの太陽光発電システムの設備が順調に稼働している。和歌山県環境生活総務課は「和歌山県民に田辺市の太陽光発電システムについて身近に感じてもらい、和歌山県内への再生可能エネルギーの太陽光発電システムの普及啓発につなげたい」と話している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムの田辺市への設置事業費は約1400万円で、太陽光発電パネルの下の空間は、25台ほどが利用できる駐輪場になっている。太陽光発電パネルの面積は、74平方メートルで、瞬間最大出力は10kw/hとなり、田辺市の和歌山県立情報交流センタービッグ・ユーの消費電力の0.7%程度が再生可能エネルギーで賄える計算になるという。和歌山県立情報交流センタービッグ・ユーの玄関ロビーには、再生可能エネルギーの太陽光発電システムの発電量を表示するモニターを設置し、「見える化」で来館者にPRしており、申し出があれば、同館の和歌山県職員が設備の簡単な説明をしているという。和歌山県の再生可能エネルギーの太陽光発電システム設置事業は、全国でも年間日照時間が長い和歌山県の特性を生かした、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環としての取組みである。経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業を活用し、和歌山県和歌山市の和歌山県庁東別館、和歌山県立図書館とともに田辺市に整備したもので、総事業費は約3700万円であった。なお、和歌山県は太陽光発電システムの設置を促進しており、和歌山県民に対しても補助金を出すなどして、再生可能エネルギーの住宅用太陽光発電設備設置を奨励している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県は田辺市で太陽光発電システムによる二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 宮崎県宮崎市では、環境問題に貢献するクリーンエネルギーを積極的に利用するまちづくりを推進し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出防止を図ることを目的として住宅用及び事業者用太陽光発電システム設置費の一部に補助金を支出している。補助金を支出の対象者は、宮崎市内の居住する戸建住宅及び共同住宅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムシステムを設置する予定の方及び対象太陽光発電システム付建売住宅購入予定の方、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在居住している方。あるいは、宮崎市内に住所を有し、所有する宮崎市内の共同住宅に太陽光発電システムを設置し、発電した電力をその共用部分に使用する予定の方、又は太陽光発電システム設置工事が既に完了している方。又は、宮崎市内の事務所等に太陽光発電システムを設置する予定の宮崎市内の事業者、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在事務所等として使用している事業者、ただし、1事業者は年度内に1か所の設置を対象としている。申請者は宮崎市税に滞納がないことが条件となる。平成22年4月1日以降に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムの設置工事を開始、あるいは、太陽光発電システム付建売住宅を購入し、平成23年3月31日までに電力会社への売電が開始できる場合が対象になる。宮崎市内の施工業者(法人の場合は宮崎市市民税課に法人登録をしている者、個人事業者の場合は宮崎市に住民登録をしている者)との太陽光発電システム設置工事契約の場合が対象となる。ただし、平成22年6月30日以前の太陽光発電システム設置契約の場合は、宮崎市外の施工業者も対象となる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システム設置補助金額は、住宅用で1kwあたり2万円(上限8万円)、事業者用で1kwあたり10万円(上限100万円)となっているが、支出(予定)金額から他の機関の補助金を引いた額の2分の1を超えない額となる。宮崎県宮崎市では、上記のとおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電システムに対して補助金を支出しているが、個人向けは予算超過のため締め切っており、事業者向けについて追加募集をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金

 太陽光発電システムを販売している営業担当者のセールストークは、基本的に「家庭の月々の電気代が無料になり、しかも、使わずに余った電気は売却してお金が入る」という内容なので、一般の人にとってはとても魅力的に感じる言葉だ。しかも、太陽光発電システムは、発電時には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しないという環境問題に対しても優れた製品である。しかし、実際に太陽光発電システムを設置しようとすると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するとはいうものの、初期費用がかなりかかるのがネックなので、国と地方自治体が行っている太陽光発電システムの補助金制度を活用することになる。太陽光発電システムを検討するに当たって、ソーラーパネルを含めた太陽光発電システムは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいるシャープや京セラ、サンヨーなどさまざまなメーカーが提供しているが、太陽光発電システムの価格はメーカーごとに異なっており、太陽光発電システム1kw当たりの価格は、ほぼ70万円前後になっている。一般的な家庭の電気使用量に合わせた太陽光発電システムの場合には4kwを設置することが多いことから、太陽光発電システムにかかる初期費用はおよそ280万円前後になる。これに補助金が適用でき、国からは、1kw当たり7万円の太陽光発電システム補助金を受け取ることができるので、4kwなら28万円となる。地方自治体からの太陽光発電システム補助金もあり、例えば、東京都千代田区では、東京都から1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金が支給され、千代田区からも1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金を受けることができるので、出費は172万円まで抑えることが可能である。しかし、東京都中野区の場合であれば、中野区には太陽光発電システムの補助金制度がないため、国と東京都からの補助金て68万円しか受けることができない。神奈川県横浜市では、神奈川県と横浜市からの太陽光発電システム補助金を合わせても、1kw当たり4万円(上限15万円)しかない。千葉県の場合は、千葉県に太陽光発電システムの補助金制度自体がない。あとは市町村が独自に実施している太陽光発電システム補助制度を利用するしかないが、千葉市のように、既に予算額に達しているため、補助金の募集を締め切っている自治体もある。このようなケースでは、国からの補助金28万円しか受け取ることができない。国をあげて球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいるものの、太陽光発電システムに関する補助金制度については、自治体によって、かなりバラツキがある。こうしたいずれの太陽光発電システム補助金に関しても、設置する太陽光発電システムの機器によって補助対象が細かく決められているほか、申請期限や予算額もあるので、太陽光発電システムの導入を検討する場合は、居住地の自治体の太陽光発電システム補助金制度を確認しよう。

> 自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金はこちら