TOPページ > 検索結果

検索結果 【太陽の黒点】

アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクル

 「DAILY TECH」によると、地球温暖化の原因は人間の活動による温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量の増大にあるのではなく、太陽活動サイクルによってもたらせるものであるということが、アメリカNASAの研究によって証明されたというニュースが報じられている。地球温暖化の原因が、現在は人間の産業活動による温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が増加したためという説が一般的になっている。そのため、世界的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みが行われており、再生可能クリーンエネルギーの開発や二酸化炭素(CO2)排出量取引制度、グリーン証書などが注目されている。しかし、これまでのアメリカのNASA研究データでは、太陽活動サイクルによる太陽の黒点の数の変化は地球の温暖化又は寒冷化の傾向と完全に一致していることが見て取れるという。太陽活動サイクルでは、20世紀は太陽活動が活発な時期に当たることから、地球は温暖化の傾向を示しているという。実際、最近のNASAの研究においても、非常に長い期間の気象データを見ると、地球の温暖化と寒冷化は周期的なものであると認められるという。NASA Study Acknowledges Solar Cycle, Not Man, Respansible for Past Warming.以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクルはこちら