TOPページ > 検索結果

検索結果 【大台町】

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

三重県大台町は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を売却

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林による二酸化炭素(CO2)の吸収固定は大きな役割を果たしている。今般、大台が原で有名な三重県大台町は、町有林の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を企業などに売却し、収益を地域振興に役立てる基金を設立すると発表した。環境省の「オフセット・クレジット制度」の活用を申請中で、まもなく認証される見通しだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を企業などに売却する方法は、北海道の足寄町など4町や高知県及び鳥取県などが既に認証を受けて取組みを始めているが、中部地方の地方自治体では初めてのこととなる。三重県大台町は、約1,600haの町有林のうち、平成2年以降に間伐して整備した144haについて、平成20年度及び21年度の2年間に森林が吸収固定した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2,389トンと算定し、環境省所管の「オフセット・クレジット制度」認証運営委員会に申請している。三重県大台町には、既に企業から数件問い合わせが来ているといい、三重県大台町では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を山村振興や森林整備を担う人の増加につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を売却はこちら