TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化】

京都府福知山市がみどりのカーテンで地球温暖化の原因の環境問題対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として「みどりのカーテン」普及活動に取り組む環境ボランティア団体の福知山環境会議と京都府福知山市は、京都府福知山市を「みどりのカーテン」実施率日本一にする取り組みをスタートさせた。みどりのカーテンのまち京都府福知山市を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として全国にPRしていくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「みどりのカーテン」は、ゴーヤなどつる性の植物を窓際に植えることによって、夏場の日差しを和らげて室温を下げることができることから、エアコンの使用を控えるなど環境問題対策に優しい効果があるという。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、京都府福知山市の公共施設での「みどりのカーテン」の実施率は既に42%に達しているという。京都府福知山市役所1階ホールに京都府福知山市職員や環境会議のメンバーらが集まる中、松山正治京都府福知山市長が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRする京都府福知山市みどりの親善大使のキャラクター・ゴーヤ先生に「みどりのカーテン普及の先頭に立ち、京都府福知山市の公共施設において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として実施率90%を達成すること」、「全国にみどりのカーテンのまち京都府福知山市を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組町としてPRすること」との指令を出した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府福知山市がみどりのカーテンで地球温暖化の原因の環境問題対策はこちら

大阪府大阪市のパーキングで地球温暖化の原因対策

 大阪府大阪市北区にある環境問題配慮型駐車場「MID中之島パーキング」が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として注目されている。関西電力グループが運営する関電本店東側の敷地に開設したこの駐車場は、駐車スペースの全面に芝生を植生したり、夏季の温度を下げるためのドライ型ミスト発生装置を導入するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策と都心部におけるヒートアイランド対策技術の普及の拠点として活用されているという。さらに2010年12月24日のクリスマスイブの日には電気自動車(EV)用の給電システムを整備して、大阪府大阪市北区の環境問題にやさしい駐車場として話題となっている。このMID中之島パーキングは、関電グループでビル建設を得意とするMID都市開発(大阪府大阪市北区)が運営しているものである。駐車場としては約2,200平方メートルの駐車スペースがあり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策約400平方メートルの植栽エリアがあり、1日平均約100台の自動車が駐車しているという。この駐車場を含む大阪府大阪市北区の「中之島3丁目共同開発計画」区域は、国が推進している「クールシティ中枢街区パイロット事業」として採択されている。これは、ヒートアイランド現象が生じている都市部のエリアにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果がある施設緑化や保水性建材、ミスト霧噴射装置、緑地などの整備といった複数の対策技術で一体的に実施する事業に補助金が支出されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府大阪市のパーキングで地球温暖化の原因対策はこちら

2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス国内排出量

 環境省(東京都千代田区霞が関)は12月27日、2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の国内排出量の速報値を好評した。温室効果ガス国内排出量は、2008年秋のリーマンショック後の大幅な景気後退を理由とする企業の生産活動が落ち込んだことが主要因となって、二酸化炭素(CO2)排出量で前年度比5.7%減の12億900万トンと、京都議定書で定めた基準である「マイナス6%」を達成できた。しかし、民間シンクタンクによる予想では、翌年の2010年度は若干の景気回復や夏の猛暑などの影響によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が増えると試算している。2009年度は、京都議定書で定めた目標期間の2年目になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、1990年度比で毎年6%減らす必要があった。これには、森林による二酸化炭素(CO2)吸収固定分や外国から購入した二酸化炭素(CO2)排出権を削減分と見なすことができることから、実際の排出量は0.6%削減で目標が達成できるという。09年度の速報値はこれをクリアした。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のうち、産業部門及び家庭部門における燃料・電力使用による「エネルギー起源」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は前年度比5.6%減となった。特に、産業部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が7.9%減と激減していることから、1990年度比では19.9%もの大幅な削減量となった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス国内排出量はこちら

パナソニックは二酸化炭素(CO2)排出権購入してカーボンオフセットによる地球温暖化の原因対策

 パナソニック(大阪府門真市)は、住友信託銀行(大阪府大阪市中央区)と共同で、電子部品を基板に取り付ける産業用機械(実装装置)に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)の排出量を事実上ゼロにできる「カーボンオフセット」を組み合わせたサービスを実施すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットに関して、実装装置での導入は日本国内で初めてのケースとなる。パナソニックは、パソコンや携帯電話メーカーなど電子機器の実装装置を使う企業向けに対して、15日から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットサービスを開始するという。パナソニックサービスは、住友信託との共同出資会社「住信・パナソニックフィナンシャルサービス(SPFC)」(大阪府大阪市北区)と共同で実施する。SPFCは、パナソニック子会社製の実装装置のリースや割賦販売の契約を企業と締結する。同装置の稼働により生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に見合う二酸化炭素(CO2)排出権を、外部から購入して顧客に割り当てることによって、1台当たり年7~8トン程度発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、実質的にゼロにするカーボンオフセットを実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実装装置は、各企業のパソコンや携帯電話、薄型テレビなど電子機器の製造に幅広く使われており、市場規模も大きい。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権に関する証明書の発行や手続きなどはSPFCが担当する。SPFCは、住友信託銀行が購入した大口の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を、排出権信託の手法を使って小口にして顧客に割り当てる。メーカーでは、自社商品のイメージ向上を目的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)として、環境負荷の少ない材料や部品、製造装置を使う「グリーン調達」の動きも活発化している。パナソニックは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)よして、顧客企業の環境負荷低減につながるカーボンオフセットを活用し、販売拡大を図るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> パナソニックは二酸化炭素(CO2)排出権購入してカーボンオフセットによる地球温暖化の原因対策はこちら

日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止

 日本マクドナルド(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市北区にある梅田茶屋町店を省エネ技術を駆使した「エコ店舗」に改装してオープンした。改装前と比べ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が25%以上削減できるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生自然エネルギーの太陽光発電システムを導入したほか、消費電力の少ない発光ダイオード(LED)照明や廃熱の再利用装置などの省エネ機器も取り入れた。入り口付近に設置されたカラー液晶モニターには、店舗の消費電力が表示されるほか、外光の明るさに合わせて自動で照明を調光するようにもした。日本マクドナルドでは、大阪府大阪市の同店を含め、大阪府内の4店舗で2011年3月まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を行い、二酸化炭素(CO2)排出量削減効果などが確認できれば他地域の日本マクドナルドの店舗でも活用していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止はこちら

神奈川県藤沢市とパナソニックはサスティナブル・スマート・タウンで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 神奈川県藤沢市とパナソニック(大阪府門真市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、神奈川県藤沢市辻堂元町の旧松下電器産業工場跡地に、省エネ・創エネ・蓄電技術を取り入れた「サスティナブル・スマート・タウン」を官民連携で整備すると発表した。神奈川県藤沢市とパナソニックによると、更地に環境創造街づくりをするのは世界で初めての事例であり、19ヘクタールもの敷地を活用して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の整備は日本最大になるという。サスティナブル・スマート・タウンの場所は神奈川県藤沢市のJR藤沢駅と辻堂駅中間の東海道線南側になる。神奈川県藤沢市によると、一戸建て755戸と中高層住宅300戸が建ち、人口約3000人規模の街で、特別養護老人ホームや商業施設も検討中だという。パナソニックの説明では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ソーラー太陽光発電システムと燃料電池で得たエネルギーを蓄電池に保存し、使用電力は自区内でまかなうことが可能になるという。2013年は再生エネルギーからの電力で70%をまかない、随時100%に近付け、究極の省エネエリアを目指す。神奈川県藤沢市の跡地を巡る両者の協議の中で、パナソニックが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの暮らしを街ごと進めるために打ち出したビジョンが、神奈川県藤沢市の低炭素型社会を目指す「環境行動都市」構想に一致した。合意書に海老根靖典神奈川県藤沢市長と桂靖雄・同社副社長が調印した。スマート・タウン構想は、今年度、国が神奈川県横浜市など4地域で実験中だが、いずれも既存の市街地で省エネを図るもので、神奈川県藤沢市のように新街区の整備は初めてとなる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県藤沢市とパナソニックはサスティナブル・スマート・タウンで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)は、石炭を燃料とする原町(福島県南相馬市)と能代(秋田県能代市)の二つの火力発電所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、樹皮や木片などの木質バイオマス燃料(木質チップ)を石炭に混ぜて発電する。石炭燃焼に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や、森林資源の有効活用が狙いであり、東北電力の木質チップ導入は初めてのケースになる。木質チップは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、既に国内6つの電力会社の7火力発電所の14基で使用されている。福島県南相馬市の原町では当面、木質チップを年間で約6トン使用する見込みで、国産チップの使用規模としては国内最大になるという。原町では、チップ導入により、石炭の年間消費量が約2万トン抑制され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は約5万トンの排出削減が見込まれ、これは一般家庭約1万世帯の二酸化炭素(CO2)年間排出量に相当するという。原町でのチップの調達については、福島県内のチップ加工業者が周辺又は宮城県南部の森林資源を確保・加工し、発電所に運搬するという。東北電力は「当社がチップを安定的に消費することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、間伐の実施・森林の荒廃防止や林業振興にもつながる」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 







 

> 東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岡山県瀬戸内市は自転車通勤で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策

 岡山県瀬戸内市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岡山県瀬戸内市の一部職員らの通勤手段を自動車やバイクから自転車に変更することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を調べる取り組みを始めた。岡山県環境保全事業団などが認定する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の仕組み「ホワイト証書」で企業に売却することも計画しているという。協賛する買い手企業を現在募集中で、岡山県瀬戸内市は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で、岡山県瀬戸内市の財布を少しでも温かくできれば」と期待する。岡山県瀬戸内市は、自転車を活用したまちづくりを、総務省(東京都千代田区霞が関)の「緑の分権改革調査事業」に提案して選定された。このため、瀬戸内市bikebiz(バイクビズ)推進協議会を立ち上げ、自転車ツアーなども企画しているという。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として自転車通勤するのは、武久顕也岡山県瀬戸内市長と岡山県瀬戸内市職員15人のほか、趣旨に賛同した瀬戸内警察署員3人も参加する。先月19日から開始し、12月17日まで片道約2~10キロをバイクから自転車に切り替えて通勤する。自転車にはメーターを取り付け、走行距離を集計し、同じ距離を自動車で走ると、どれくらい地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を出すかを換算する。さらに、岡山県瀬戸内市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分の売却も目指す。同事業団と、自治体などで作る「備前みどりのまほろば協議会」は昨年、省エネ事業として「ホワイト証書」を始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を認定し、賛同する企業に買い取ってもらう制度である。しかし、ホワイト証書は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算基準などの違いから、経済産業省(東京都千代田区霞が関)や環境省(東京都千代田区霞が関)の二酸化炭素(CO2)排出権取引には使えない。ホワイト証書購入の協賛企業を募るまほろば協議会は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つのは確かなので、地域の環境活動を評価、賛成してくれる企業を待っています」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 岡山県瀬戸内市は自転車通勤で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策はこちら

東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 山武(東京都千代田区丸の内)、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)、三菱オートリース(東京都港区芝)が共同で運営する電気自動車(EV)を利用した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2削減クレジット創出事業が、国内クレジット認証委員会で経済産業省(東京都千代田区霞が関)から事業承認を受けたと発表した。電気自動車(EV)のリース顧客を集めてコミュニティーを組織し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を創出する。国内クレジット制度を活用した電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトの事業承認は、初めてという。3社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減創出事業は、電気自動車(EV)リースを利用する顧客が任意参加するコミュニティーを設立し、電気自動車(EV)の使用で削減される二酸化炭素(CO2)排出量を三菱オートリースが集計、管理して取りまとめ、二酸化炭素(CO2)国内クレジット認証委員会の認証を受ける。認証申請は、二酸化炭素(CO2)国内クレジット制度に関するノウハウを持つ山武と連携する。認証された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は三菱UFJリースが買い取り、二酸化炭素(CO2)排出枠関連サービスを提供する。事業を始めるに当たり、事業計画書を8月の第14回国内クレジット認証委員会に提出し、10月の第15回国内クレジット認証委員会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として承認された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の承認を受けて、三菱オートリースが電気自動車(EV)コミュニティーの会員の入会受け付けを開始し、入会を希望する企業の資格確認を山武と実施する。第1回の入会企業の確定は11月上旬を予定している。電気自動車(EV)に装備されている情報提供サービス機器でデータを収集し、そのデータを基に各電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を算出し、指定機関の審査の後、2010年度内をめどにクレジット認証を申請する。三菱UFJリースは買い取った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠代金を電気自動車(EV)コミュニティーに支払い、電気自動車(EV)コミュニティーは電気自動車(EV)普及活動や環境貢献事業にあてる。電気自動車(EV)利用企業をコミュニティーとしてまとめることで、電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を国内クレジット事業として提案できたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 神奈川県横浜市の「みなとみらい21(MM21)地区」において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アジア太平洋経済協力会議(APEC)のリーダーズウイーク(7~14日)に合わせ、会議参加者及びメディア関係者を対象に最先端の省エネ技術や再生可能エネルギーを導入したスマートグリッド(次世代送電網)モデル住宅のデモンストレーション展示が行われる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、スマートグリッド(次世代送電網)の実用化を先導する神奈川県横浜市のスマートシティプロジェクトを見える形で示す狙いだ。神奈川県横浜市みなとみらい21地区にある住宅展示場「横浜ホームコレクション」において、先行してお披露目会・内覧会が行われた。神奈川県横浜市の林文子市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は差し迫った大きな課題となっている。神奈川県横浜市の街全体を『環境ショーケース』として事業を展開していく」とあいさつした。神奈川県横浜市と連携し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートグリッド(次世代送電網)プロジェクトを進める民間企業7社(東京ガス、東京電力、東芝、日産自動車、パナソニック、明電舎、アクセンチュア)と、住友林業、大和ハウス工業などの協力企業が、それぞれのスマートグリッド(次世代送電網)に関する技術・ノウハウを紹介したクラブハウス、モデルホーム、電気自動車(EV)を展示した。再生可能エネルギー利用設備、家庭内で快適なエネルギー管理を行うシステム、地域内のエネルギー利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を「見える化」するスマートグリッド(次世代送電網)技術などを導入した「スマートハウス」を体験することができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市はスマートグリッド(次世代送電網)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、福井県の若狭地域で太陽光発電設備を設置するため、2010年11月1日から研究を開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果的な太陽光発電設備のメガソーラー発電に関して、日照条件の研究や太陽光発電パネルへの積雪や塩分付着の発電への影響のほか、福井県という日本海側の厳しい条件を踏まえ、パネルの傾斜角度やコーティングをそれぞれ3種類に分け組合せてデータを集めてメガソーラー発電に最適なものを探し出す。関西電力では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの整備を平成24年度を目処に整備を進め、出力1千キロワットのメガソーラー発電を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルは、関電原子力研修センター(福井県大飯郡高浜町)と嶺南変電所(福井県三方郡美浜町)の2か所に設置し、平成24年3月まで研究を続ける。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネル1枚の大きさは横1.3メートル、縦約1.0メートルで2か所で計21枚を使用し、パネルの傾斜角度は25度、45度及び60度の3種類に設定する。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルの積雪の滑落や塩分付着の低減効果を探るコーティングは、パネルの表面に付着した水が広がる親水性、水滴状になる撥水性、コーティングなしのほか、ガラスサンプルも使用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として効果的なものを検証する。また、太陽の動きを追尾する可動式パネルを嶺南変電所に設置した。太陽光発電のメガソーラー発電は、福井県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのエネルギー研究開発拠点化計画の取組みの一環として、関西電力の嶺南新エネルギー研究センター(福井県三方郡美浜町)が2009年11月から準備を進めていた。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福井県美浜町から高浜町までの嶺南地区に設置するが、具体的な設置場所は現在のところ未定だという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝三丁目)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダ(東京都港区南青山)のハイブリッドカー(HV)のフィットハイブリッドHVをオリックス自動車のレンタカー用及びカーシェアリング用に合計743台導入すると発表した。オリックス自動車のレンタカーとカーシェアリング用の車両としてハイブリッドカー(HV)の品ぞろえを増やすことで、利用者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と燃料コストの削減に貢献する。オリックス自動車は、これまでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダのハイブリッドカー(HV)インサイトをレンタカーとして400台導入したほか、カーシェアリング全車両に二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットを導入するなど、環境問題に配慮した取り組みを強化してきている。フィットハイブリッドHVのレンタカーでは、オリックス自動車全国457拠点に643台を配備し、11月12日からレンタルを開始するという。フィットハイブリッドHVのカーシェアリングは、12月中旬から首都圏・中部エリアで、2011年1月から大阪エリアで、の合計70拠点に100台を配備するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフィットハイブリッドHV導入を記念して、オリックス自動車では、キャンペーンを11月12日から2011年3月31日まで実施する。期間中、オリックス自動車の対象店舗では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策キャンペーンとして、フィットハイブリッドHVのレンタル料金を通常料金の20%割引でレンタルする。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

JTB西日本大津支店が滋賀県大津市で電動アシスト自転車ECO旅で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 滋賀県大津市において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「旅チャリ」を利用し、滋賀県大津市の琵琶湖周辺を散策する日帰り旅行「電動アシスト自転車で新たなECO旅」の販売を、JTB西日本大津支店(滋賀県大津市梅林)が開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考える「地域資源∞全国展開プロジエクト」の一環の取組みで、滋賀県大津市の琵琶湖・大津市地域の観光資源開発に取組む大津商工会議所(大津商工会議所)と共同で企画したという。自然豊かな滋賀県大津市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電動アシスト自転車利用を主体としたエコツーリズムと電動アシスト自転車「旅チャリ」を利用し琵琶湖・大津市の地域活性化に取組むJTB西日本大津支店との思いが一致し実現した。滋賀県大津市のJR大津駅から電動アシスト自転車で膳所城跡公園、唐橋焼窯元、石山寺と「旅チャリ」で散策し、京阪石山寺駅から京阪電車に電動アシスト自転車を積み込み京阪坂本駅まで乗車、下車後は電動アシスト自転車で日吉大社や旧竹林院を散策し、JR大津駅に戻る「秋彩の坂本・石山爽やかサイクルツアー」コースがある。また、滋賀県大津市の大津港から近江舞子港まで船で移動し、比良げんき村や比良とぴあ、ほっとすていしょん比良を電動アシスト自転車「旅チャリ」で散策する「近江の郷 自然満喫!地元の魅力再発見ECOツアー」の2コースがある。JTB西日本大津支店では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献でき、貸切列車に電動アシスト自転車ごと乗車して車内イベントを楽しんだり、貸切船で琵琶湖クルーズを楽しんだり、企画商品ならではの滋賀県大津市の観光要素を盛り込んである。気持ちのいい季節に秋の紅葉を愛でながら電動アシスト自転車で滋賀県大津市の旅を楽しんでもらえれば」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の旅の催行日は、「秋彩の坂本・石山爽やかサイクルツアー」が11月17日・20日、「近江の郷 自然満喫!地元の魅力再発見ECOツアー」が11月6日・10日となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> JTB西日本大津支店が滋賀県大津市で電動アシスト自転車ECO旅で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策気候変動対策で推奨されるバイオディーゼル燃料(BDF)について協議した。先進国が有効性を主張したのに対し、アフリカ諸国は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、森林がバイオディーゼル燃料(BDF)の燃料用農地に転換され生態系破壊につながる」として反対を表明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と生物多様性という大きなテーマの狭間で、バイオディーゼル燃料(BDF)が矛盾を抱えている状況が鮮明になった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広く実用化されているバイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールは、サトウキビやアブラヤシなどを発酵させて精製する。材料となる植物は大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収して育つため、燃やして二酸化炭素(CO2)が排出されても環境的には「カーボンニュートラルの中立」として排出量に計算されない。バイオディーゼル燃料(BDF)のエタノールに関しては、現在、ブラジル及びインドが原料の主要生産国となっている。アメリカオバマ政権は、グリーン・ニューディール政策の中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)を再生可能エネルギーの目玉として推進してきている。日本においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自動車メーカーにバイオディーゼル燃料(BDF)対応車の比率を高めるよう要請している状況にある。しかし、アフリカなどでは、トウモロコシ農場がバイオディーゼル燃料(BDF)用のサトウキビ畑に転換することで、人間や家畜の食糧不足が発生しているのも事実である。協議ではキューバが「バイオディーゼル燃料(BDF)は食料価格の高騰を招く」と、バイオディーゼル燃料(BDF)の拡大利用を見直すよう求めた。これに対し、バイオディーゼル燃料(BDF)大国のブラジルは「バイオディーゼル燃料(BDF)はクリーンなエネルギーであり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、途上国の農村部の発展にもつながる」とバイオディーゼル燃料(BDF)のメリットを強調した。日本も「生物多様性条約事務局が示した案は、バイオディーゼル燃料(BDF)の悪い面が強調されている」と主張し、議論は進みそうにない。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策のバイオディーゼル燃料(BDF)で対立はこちら

ヨーロッパにおける自動車の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量

 イギリスの自動車市場調査会社であるJATOダイナミクスは、2010年上期(1~6月)にヨーロッパ各国で販売された量産自動車の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を発表した。ブランド別の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量平均値、はトヨタ自動車が2位で2015年のEU(欧州連合)目標値もクリアしているという。将来的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が基準値を超えた自動車メーカーは罰金を科されるので、各社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない車の販売戦略の見直しを迫られる可能性があるという。排出量は車が1km走行する場合にどのくらいの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するかを表しており、この数値が低い方が環境性能が高い車ということになる。ブランド別の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の平均値は、ヨーロッパで販売した車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をすべて加算し、1台当たりの平均値を割り戻して計算した。ブランド別では、フィアットが1km当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量平均値が123.5グラムで首位にたった。これは車種別で首位だった「フィアット500」など小型車の販売が多いことが影響したといえる。2位はトヨタ自動車で128.0グラムで、これは、5人乗り乗用車としては最も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないハイブリッド車(HV)「プリウス」や、低燃費の小型車「ヤリス(ヴィッツ)」の販売がヨーロッパで好調なことが影響した。ヨーロッパでのハイブリッド車HVの販売が少ないホンダは146.8グラムだった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の多いSUV(スポーツ用多目的車)のシェアが高い日産自動車も147.2グラムだった。EUの行政執行機関である欧州委員会は2020年までに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の平均値が95グラムを達成しなかったメーカーに対しては、超過分と台数に応じた罰金を科す予定をしている。2015年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の目標値を130グラムに設定しており、規制の時期が前倒しされる可能性も少なくないといわれている。販売台数が少ない自動車メーカーはコストに合わず、ヨーロッパ市場から閉め出される可能性もあるという。JATOダイナミクスがによる9月のヨーロッパの新車販売台数は、各国の買替補助金支給の終了で前年同月比9.1%減の125万7102台だったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ヨーロッパにおける自動車の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量はこちら

東芝は北陸電力の富山県富山市のメガソーラー発電受注で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、北陸電力(富山県富山市牛島町)が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として整備する発電出力1MWのクリーン電力メガソーラー発電プラントを受注したと発表した。東芝が今回受注したのは、北陸電力のクリーン電力の富山太陽光発電所で、東芝が電気事業用メガソーラー発電プラントを受注するのは、10月に受注した中国電力(広島県広島市中区)の広島県福山市にある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の福山太陽光発電所メガソーラー発電に続いて6件目となる。これまでに東芝は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京電力(東京都千代田区内幸町)や中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)、東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)及び中国電力の電気事業用メガソーラー発電所を受注してきた。東芝は地球環境問題が深刻化する中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくため、クリーン電力であるメガソーラー発電などの太陽光発電事業を強化している。富山太陽光発電所は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、富山県富山市婦中町に新設する北陸電力初の電気事業用メガソーラー発電で、2011年2月に運転開始する予定をしている。クリーン電力のメガソーラー発電による年間の推定発電電力量は約100万kWhになり、一般家庭約250世帯分の年間使用電力量に相当し、大きく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する。東芝は、クリーン電力のメガソーラー発電の基本設計を含むエンジニアリング全般と主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注した。富山県富山市のメガソーラー発電のプラントには、東芝グループによる世界最高クラスの直交変換効率97.5%の250kWのパワーコンディショナと京セラ製の高効率多結晶太陽電池モジュールを採用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝は北陸電力の富山県富山市のメガソーラー発電受注で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

島根県松江市で一斉ノーマイカーウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 島根県松江市などは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、18~24日までの7日間にわたって、マイカー通勤などの自動車運転を控え、自転車や公共交通に乗り換える「一斉ノーマイカーウィーク」を実施する。島根県松江市民や事業者に呼び掛け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や通勤渋滞を緩和し、島根県松江市の公共交通機関の利用を促進する目的だという。島根県松江市の一斉ノーマイカーウィークは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年に引き続き2回目の取組みとなる。一斉ノーマイカーウィーク期間中には、島根県松江市内の路線バスとコミュニティーバスの運賃を大人100円、小学生以下50円に引き下げている。JR西日本(大阪府大阪市北区芝田)もこの期間、島根県松江市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力し、JR山陰線では、朝の通勤時間帯に島根県松江市内にある宍道駅(島根県松江市宍道町)と玉造温泉駅(島根県松江市玉湯町湯町)で、特急列車などが臨時停車する。両駅から乗車し、松江駅(島根県松江市朝日町)で下車すると特急料金が無料になるという。また、島根県松江市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、マイカーから公共交通機関に乗り換える「パークアンドライド」用に、無料駐車場を12か所設置する。さらに、JR松江駅近くなど島根県松江市内の4か所で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の無料レンタルの貸し出しも行うという。島根県松江市による昨年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一斉ノーマイカーウィークは5日間の開催で、延べ3200人が参加した。その結果、島根県松江市内の自動車の交通量が約1割減少し、約15.4トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減の効果があったという。通勤時間帯の渋滞も大幅に緩和し、宍道湖大橋北詰交差点では70%に減り、JR松江駅東では50%減少した。一斉ノーマイカーウィークは、島根県松江市や国土交通省中国地方整備局松江国道事務所(島根県松江市西津田)などが実施する。実施後は、参加者にアンケートし、今後の島根県松江市内の公共交通の整備計画に反映するという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県松江市で一斉ノーマイカーウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県小田原市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県小田原市と水産海洋学会、相模湾水産振興事業団の共催で、神奈川県が後援する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考える「相模湾の環境保全と水産振興シンポジウム」が10月19に、神奈川県西湘地域県政総合センター(神奈川県小田原市荻窪)で開催される。「相模湾の海洋環境と生物相の長期変動について」をテーマに専門家らが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について議論を交わす。シンポジウムの開催時間は午前9時半から午後2時半までで、入場は無料となっている。日本周辺海域では、大型クラゲの大量出現や海草の消滅など「海の温暖化」にかかわるような現象が頻発し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が求められている。このため、シンポジウムでは、日本周辺の海洋環境と気候変動(温暖化)、相模湾と湾外の海洋環境のかかわりなどについて議論を重ね、相模湾の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や、海洋環境・生態系保全とモニタリングのあり方を考える。シンポジウムは、東北大学(宮城県仙台市青葉区片平)名誉教授の近藤純正氏が「気候変動と私たちの暮らし」をテーマに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基調講演を行う。その後、日本周辺海域に起こった海況の長期変化、相模湾に起こった海況の長期変動の特徴、相模湾における水質環境・プランクトンの長期変動、相模湾における魚類相の長期変化の順に話題提供しながら進行する。最後に、相模湾定置網漁業者ら現場の意見を踏まえて討論するという。「相模湾の環境保全と水産振興シンポジウム」の問い合わせは神奈川県小田原市水産海浜課(0465-22-9227)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県小田原市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策

 福岡県福岡市と福岡都市高速道路公社は今月下旬、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公社敷地内(福岡県福岡市東区東浜2)に電気自動車(EV)の急速充電器1台を設置し、無料で充電サービスを提供する実証実験を始めると発表した。これは、福岡県福岡市が進める「次世代自動車」の普及促進に向けた取組みで、利用者に使い勝手などのアンケートに協力してもらい、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出しない電気自動車(EV)の利用動向や課題などを探るという。この福岡県福岡市の電気自動車(EV)の無料充電サービスの実験期間は、今のところ1年間を予定しているという。電気自動車(EV)の普及は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されているものの、走行可能な距離が比較的短いことから充電環境の整備が不可欠とされる。福岡県福岡市に設置される急速充電器は、素早く充電できるのが大きな特徴であり、電気自動車(EV)の電池が空の状態からフル充電まで15~30分程度で行うことができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)の急速充電器の利用時間は、午前9時~午後5時間での間で、福岡県福岡市の都市高速道路に限らず一般道利用者も充電でき、ETC利用者には乗り継ぎ無料のサービスも実施するという。吉田宏福岡県福岡市長は「福岡県福岡市で次世代の環境に優しい自動車の普及に弾みがつく」と期待している。詳しくは、福岡都市高速道路公社企画課(092-631-3291)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)の急速充電器設置で地球温暖化の原因防止対策はこちら

山梨県は山梨県国内クレジット制度ネットワークで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 山梨県内で排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、山梨県は二酸化炭素(CO2)の排出量取引を行いたい山梨県内の企業や事業所を仲介する「山梨県国内クレジット制度ネットワーク連絡会議」を設立したと発表した。経済産業省(東京都千代田区霞が関)と山梨県の共同事業で、山梨県国内クレジット制度ネットワークには、山梨県、甲府市や山梨県商工会連合(山梨県甲府市飯田)会、東京電力山梨支店(山梨県甲府市丸の内)、東京ガス山梨(山梨県甲府市北口)など約20の山梨県内自治体や企業、団体が参加する。山梨県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引には、経済産業省が2008年10月から始めた地球温暖化の原因防止対策の「国内クレジット制度」を活用するという。国内クレジット制度は、例えば、山梨県内の中小企業が事業で使う電気を太陽光発電システムや小水力発電システムなどの自然再生可能エネルギーでまかなえるように転換した場合、転換して削減できた年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を計算し、二酸化炭素(CO2)排出削減量(クレジット)として認証してもらう。一方、山梨県は計画で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量の多い大規模工場を持つ山梨県内企業などに、二酸化炭素(CO2)排出抑制計画書の提出と二酸化炭素(CO2)排出量の報告を義務付けている。そうした企業などは二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを購入することで、購入した分の二酸化炭素(CO2)を自社の削減分としてカウントできる。山梨県の中小企業側は、二酸化炭素(CO2)排出削減の環境問題への対策を行うことが新たな資金獲得になり、大企業側は二酸化炭素(CO2)排出削減のイメージアップにもつながるメリットがある。山梨県で二酸化炭素(CO2)排出削減の国内クレジット制度を活用した事例としては、2009年4月に山梨県小菅村が出資する財団法人が運営する温泉施設の重油ボイラーを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないヒートポンプに換える際に活用したものがある。東京電力が二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを購入し、財団法人は東京電力から得た資金を施設の維持管理費などに充当している。二酸化炭素(CO2)排出削減量の国内クレジット制度を利用するためには、二酸化炭素(CO2)排出削減量クレジットを売買する相手を企業自らが探し出す必要があった。そこで山梨県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量クレジットを売る側と買う側を募集して、両者を引き合わせるマッチングができるように、山梨県国内クレジット制度ネットワークを設立した。今後、国内クレジット制度の課題を整理して年度内にもネットワークによる二酸化炭素(CO2)排出削減量の取引成立を目指すという。山梨県としては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、重油ボイラーからガスボイラーへの省エネ設備への転換のほか、太陽光発電システムや木質バイオマスなど自然エネルギーを活用した二酸化炭素(CO2)排出量取引を期待しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県は山梨県国内クレジット制度ネットワークで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた、福岡県久留米市にある久留米市工場内の第1工場建て替え工事が完了したと発表した。福岡県久留米市はブリヂストンの発祥の地で、久留米市工場はブリヂストンで最も長い歴史を持つマザープラントとなっていた。ブリヂストンは福岡県久留米市の工場の中でも最も古い1934年に建設した第1工場について、建替え工事を昨年から行っており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた新たな工場が10月12日に竣工した。ブリヂストンの久留米市工場では、小型トラック用ラジアルタイヤと乗用車用スペアタイヤであるトラコンパ、航空機用タイヤ、レーシング用タイヤなど、幅広い種類のタイヤの製品を生産している。また、久留米市工場では、タイヤの骨格となるナイロンやポリエステルなどのタイヤコードに係る工場もあり、福岡県久留米市からブリヂストンの西日本の各工場にも供給している。福岡県久留米市の工場では、こうしたタイヤ関連製品の製造に伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も増えていることから、工場の建替えに当たっては二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に考慮した。このため、今回、ブリヂストンの久留米市工場の建て替えに伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に配慮した設備を積極的に導入したという。具体的には、久留米市工場内には高効率照明、自然採光窓を設置したほか、断熱仕様の屋根の採用、太陽光発電システムの設置などにより、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 山陰地方の島根県及び鳥取県においては、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する、廃食油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)の四輪駆動車で世界一周を果たした写真家山田周生さん(東京都練馬区)が学校を訪問している。島根県益田市では小学校を訪ね、児童に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を披露した。山田さんは2007年12月から約1年をかけて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を使って世界中を巡った。島根県益田市の益田市立益田小学校(島根県益田市本町)では、17か国の地元の家庭やレストランで分けてもらった廃食油計6500リットルを燃料にして、バイオディーゼル燃料(BDF)車で約4万8千キロを走破したことを、4・5年生137人に話をした。また、実際にサハラ砂漠やシベリアの凍土も走行したバイオディーゼル燃料(BDF)車を益田市立益田小学校の校庭に持ち込み、車の後部に積み込んだ廃食油の精製機を紹介し、児童は持参した廃食油を給油した。このバイオディーゼル燃料(BDF)車は他からバイオディーゼル燃料の供給を受けるのではなく、車内の自前の設備で廃食油を燃料に精製してしまうという、究極の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された車である。山田さんは島根県及び鳥取県に滞在し、島根県松江市の小学校などで講演する。山田さんは「地球はあちこちで傷んでいる。島根県益田市から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や、身近な環境保護に取り組んでほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 財団法人日本環境協会(東京都中央区日本橋馬喰町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、エコマーク事業開始21年目を迎えた今年、エコマークとして初めての表彰制度として「エコマークアワード」を創設した。エコマーク商品を始めとする環境配慮型商品の製造、販売あるいは普及啓発を通じて、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体等の特に優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを表彰するという。それらの優れた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを広く公表するとともに、エコマーク商品等のより一層の普及拡大を通じて、持続可能な社会の実現に寄与することを目的とするものとなっている。なお、受賞企業・団体は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一環として開催する「エコマークコミュニケーションフォーラム」(2月上旬東京都内で開催予定)にて表彰する予定をしている。「エコマークアワード」の募集期間は、2010年10月18日(月)~11月30日(火)となっている。「エコマークアワード」の応募要項及び応募書類等の詳細については、エコマーク事務局ホームページ(URL: http://www.ecomark.jp/award2010.html)を参照のこと。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区の日本環境協会はエコマークアワードで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三協立山アルミ(富山県高岡市早川)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンな自然エネルギー太陽光発電システムモジュールをカーポート屋根に組み込んだ「太陽光発電システム・ソーラスター」を12月から発売すると発表した。「太陽光発電システム・ソーラスター」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置したいものの、躯体の強度や家屋・屋根形状から太陽光発電システムの設置が難しい住宅や、より多くの発電量を確保するカースペースでの発電を提案するもので、太陽光発電システムの電力は自宅で使用するという。三協立山アルミは、2009年8月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムを上乗せしたカーポート「M.シェード」及び「G-1」を発売した。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新発売する商品は、太陽光発電モジュールをカーポートの屋根に一体化して組み込んであり、従来の太陽光発電システムの上乗せ型の商品と比較して、デザイン性や施工性の向上を図ったという。また、三協立山アルミでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として普及が見込まれる電気自動車(EV)の充電に対応できる「電気自動車対応プラグインスタンド・電気ためちゃいます」を2010年6月に発売している。新製品のソーラスターと同時に営業活動を展開し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電したクリーン電力で電気自動車EVを充電するプランを提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 広島県北広島町は、北広島町営の道の駅「舞ロードIC千代田」に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、クリーンな自然エネルギーである太陽光発電システムを屋上に設置した。消費電力の削減による省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的としており、道の駅という人が集まる施設であることから、太陽光発電システムで発電する自然エネルギーの活用を広くアピールするという。「舞ロードIC千代田」では、管理棟の屋上の約300平方メートルに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、合計54枚の太陽光発電システムのパネルを設置した。この太陽光発電システムの最大出力は、10.26kwで、年間発電量は1万1645kwhになり、道の駅の年間の使用電力の7%を賄うことができる見込みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間6トン、光熱費は約22万円の削減になると試算している。広島県北広島町は、太陽光発電システムの設置工事と同時に、管理棟内にある30台の蛍光灯などを発光ダイオード(LED)照明に切り替えたことから、年間約9万円の光熱費の削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるという。総事業費は計約1600万円で、広島県の省エネ支援事業の補助金を活用して整備した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

日本コカ・コーラが東京都目黒区自由が丘で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の自販機設置

 日本コカ・コーラ(東京都渋谷区渋谷)は、社会的関心が高まりつつある地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に配慮した新たな自動販売機として、「ルーフ緑化自動販売機」を東京都目黒区の自由が丘に設置すると発表した。この「ルーフ緑化自動販売機」は、自動販売機ルーフ部分を緑化シートで加工することによって、表面部の温度上昇を抑制することできることから、冷却効率の向上による消費電力の削減効果と併せて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への効果が期待できるという。コカ・コーラシステムでは、世界共通の事業指針「Live Positively -世界をプラスにまわそう-」のもと、社会と共に持続的に成長していくことを目指して、各事業プロセスにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ向けて様々な取り組みを行っている。これまでも、日本国内の自動販売機において、冷媒のノンフロン化、省エネ性能NO.1の次世代自動販売機の展開、ノンフロン・ヒートポンプ機能を搭載した「ecoる自動販売機」、2010年から設置を開始した「eco/ソーラー自動販売機」など、清涼飲料業界におけるリーダーとして、環境保全に対して様々な取り組みを行ってきた。東京コカ・コーラボトリングが、都会でありながら数多くの樹木が残されている東京都目黒区の自由が丘の街並みを街全体で守る取組み「自由が丘森林化計画」に賛同し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ルーフ緑化自動販売機」を2台自由が丘の中にに設置するという。ここからの売上金の一部を自由が丘森林化計画緑化基金に寄附するとともに、自由が丘駅前及びスイーツフォレスト前で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題への啓発を行う。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本コカ・コーラが東京都目黒区自由が丘で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の自販機設置はこちら

兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県尼崎市において、排煙窓の開閉装置でトップシェアを持つ「豊和」(兵庫県尼崎市猪名寺)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる環境問題関連事業を推進している。自然風を利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるビル用換気装置を開発し、東京都において超高層ビル建設事業者向けの受注が好調だという。同社では、政府系金融機関から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する資金融資を得るなど、これまでの防災関連事業中心から、地球温暖化の原因対策などの環境問題分野への拡大を目指しているという。同社は2005年、省エネルギー対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がとられたビル用の自然換気装置「マドコンエコ エコロベェ」を商品化して人気を呼んでいる。この自然換気装置は、高層ビルに吹く自然風の量で自動的に開口面積を調整する機能を持っており、ビル内に取り込む風を一定に保てるタイプなど3種類が揃っている。これを空調システムと連動することで、快適な換気を行うことができるため、空調コストを抑えたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したりする環境問題に対応した効果がある。東京都内では、近年、大規模オフィスビルの建設計画が相次いでいることから、2008年には東京支店(東京都江東区新大橋)に専門の営業チームを配置して営業を強化した結果、東京都千代田区の「新飯野ビル」などに採用されており、知名度をさらに向上させて、2010年度は前年度比8倍の売上高を見込んでいるという。同社は、日本政策金融公庫神戸支店から劣後ローン「挑戦支援資本強化特例制度」で5,000万円の融資を受けており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る知的財産とアイデアを生かし、付加価値の高い環境問題対応のオンリーワン製品にしたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県横浜市は一般廃棄物処理基本計画に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 神奈川県横浜市は、ごみ処理にかかわる2010~2025年度を計画期間とする「横浜市一般廃棄物処理基本計画」の素案を発表した。ごみ処理計画としては横浜市で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による削減目標値を明記したという。横浜市の計画素案によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、2025年度までに2009年度比で50%の二酸化炭素(CO2)約11万トン以上削減との数値を設定しており、中期的目標の2013年度で、同10%の二酸化炭素(CO2)約2万トン以上削減と記載している。横浜市のごみ総排出量の削減目標は、2025年度までに2009度比10%(約13万トン)以上の削減としている。従来の横浜市の計画では、ごみの排出量だけを計上していたが、今回は、ごみを出さないというリデュース(発生抑制)を推進するため、資源も含めた総排出量で目標を設定しており、2013年度の目標は、2009年度比3%以上の削減になっている。横浜市が基本計画で取組む地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする具体的施策としては、(1)環境学習及び普及啓発(2)リデュース(発生抑制)の推進(3)家庭系ごみ削減対策(4)事業系ごみ削減対策(5)ごみの処理及び処分(6)きれいな横浜市づくりの6点を掲げている。横浜市中期4か年計画の中では、収集事務所や工場の横浜市職員による出前講座を拡充するなど情報発信したり、横浜市民や事業者がリデュースに関する情報を共有する場として「ヨコハマR(リデュース)ひろば」を設置したりする。横浜市の素案は、9月15日から10月14日までパブリックコメントを実施し、12月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策による削減目標値を明記した横浜市一般廃棄物処理基本計画を策定する予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市は一般廃棄物処理基本計画に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県丹波市の屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 屋上緑化は、ヒートアイランド対策地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、急速に広まりつつある。兵庫県内においても屋上緑化は、約30ヘクタールと甲子園球場の23個分にも達しており、屋上緑化専門の栽培農家も現れている。例えば、兵庫県丹波市柏原町田路の農家グループ「ウエダエコファーム」(上田勝正代表)は、休耕田を活用して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化用の植物のメキシコマンネングサを栽培している。屋上緑化用の植物栽培を始めてから6年で当初の15倍、約5千平方メートルを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として出荷しているという。上田さんは過去にビニールハウスに照明やヒーターを取り入れる仕事に携わったことがあり、その時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化というものを知ったという。退職後、田んぼも自分も遊んでいては仕方がない。チャレンジのつもりでやってみようと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化用の植物栽培を始めたという。栽培グループを結成して、屋上緑化の会社「ブルー・ジー・プロ」(兵庫県神戸市)と契約し、温度変化や強風に強い多肉植物「メキシコマンネングサ」の栽培を始めたという。水やりの手間がいらないメキシコマンネングサは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化の環境に最適であり、栽培面積は当初の315平方メートルから、年々増加したという。春と秋にメキシコマンネングサの株分けし、縦横50センチのパレットを休耕田に敷き詰めると、約3か月で出荷時期を迎えるという。上田代表は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境問題に貢献でき、休耕田も使えるので、本当に気持ちがいい仕事です」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県丹波市の屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策

 国際航業ホールディングス(東京都千代田区)は、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎県実験線跡高架上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を始めた。地球温暖化の原因防止対策のメガソーラー発電所に要する総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定だという。メガソーラー発電所の都農第2発電所は、宮崎県の誇る日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカーの宮崎県実験線跡高架上の約3.6kmにわたって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる太陽光発電パネル架台を縦列に配置して発電する世界でも珍しい形状の太陽光発電施設となる。国際航業グループが出力1mwの大規模太陽光発電所を宮崎県に建設するのは初めてのケースとなる。宮崎県のメガソーラー発電所の第2発電所では、既に今年4月から稼働している太陽光発電所の都農第1発電所で採用されているものと同じCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用して建設する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は、年間約670tの削減を見込んでいる。メガソーラー発電所の年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所の施設は、国際航業ホールディングスの100%子会社である宮崎ソーラーウェイ(宮崎県宮崎市橘通東)が建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営するという。設置予定場所の宮崎県にある旧リニア宮崎実験線は、鉄道技術分野で世界でも画期的な技術を世に送り出した我が国の誇るべき施設であり、その施設跡を二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所として再利用することで、日本の技術風土が地球温暖化の原因防止対策という新たなテーマに向けて引き継がれていくことになる。太陽光発電所で発電する電気は電力系統を通じて売電する予定で、その環境価値はRPS法上の新エネルギー等電気相当量として日本の電力供給における新エネルギー導入義務量に供することが可能であり、又は、グリーン電力証書として宮崎県地元産品の付加価値として活用することも検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策はこちら

NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 NTTテレコン(東京都港区新橋)は、国内で削減した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を流通可能なクレジットにする環境省J-VER制度を利用し、情報通信技術を使った地球温暖化の原因防止対策を促進すると発表した。NTTテレコンは、LPG(液化石油ガス)販売事業者11社と連携し、LPGを集中的に監視するシステムを構築し、例えば、車両で顧客宅を回りエネルギー使用量を調べる従来の方式を集中監視システムからの遠隔操作で効率的に検針する方式に変更している。これに伴い、検針用車両の燃料消費量を大幅に削減しているほか、ガス輸送も効率化することによって、全体で年間320トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいる。今後、そこで達成した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減量を、環境省のJ-VER制度に基づくクレジットとするための申請手続きを行う計画だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NTTテレコンがJ-VER制度で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

メルシャンが最軽量ワイン瓶で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策

 キリンホールディングス子会社のワイン国内最大手のメルシャン(東京都中央区京橋)は、国産ワイン用の瓶で重さが284gと最軽量の720ml瓶を採用すると発表した。他社製品も含めても、従来の最軽量ワイン瓶よりも15g軽く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を従来よりも削減することができるという。メルシャンでは、720mlの最軽量瓶を同社の国産ワインの主力ブランドである「ビストロ」シリーズや「ボン・ルージュ」シリーズなどで使用するという。最軽量ワイン瓶による実際の出荷は10月以降であるが、同時に500、360、300mlの各ワイン瓶も従来より軽量化し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。こうしたワイン瓶の軽量化を実施することで、同社の製造及び輸送時にかかる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が、従来比で年間約168トン削減できると試算している。また、今回の軽量ワイン瓶には、お酒を表示する点字表記を採用するなど、消費者にも環境問題にも優しい商品づくりを目指したとしている。メルシャンは、これまでもワイン容器では珍しいペットボトルを採用するなど、ワイン商品の軽量化に力を入れて、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> メルシャンが最軽量ワイン瓶で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県豊橋市は省エネコンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛知県豊橋市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、家庭から排出される二酸化炭素(CO2)の削減量を豊橋市民同士で競う「豊橋市省エネコンテスト」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の一環として、一般家庭での取組みに焦点を当て、豊橋市民の省エネ意識の向上を目的としている。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストは、年末に締め切り、来年の2月に優秀者に対して表彰を予定しているという。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストに応募できるのは、豊橋市内に在住する者で、環境問題に配慮した生活を実践する「エコファミリー宣言」への登録が条件となっている。地球温暖化の原因防止対策の省エネコンテストの内容は、電力会社からの電気使用量の「お知らせ」を基に、今年7月以降の連続した3か月間にわたって、電気使用量を前年同期と比べてどれだけ削減したかを競うものとなっている。省エネコンテストの応募者は、専用の応募用紙の記載欄に前年3か月、今年3か月の電気使用量と、使用量に二酸化炭素(CO2)排出係数「0.46」をかけた二酸化炭素(CO2)排出量を記入し、指定された計算式で地球温暖化の原因の「二酸化炭素(CO2)排出削減ポイント」を算出して記入する。省エネコンテストの応募用紙は、豊橋市環境政策課に置くほか、豊橋市のホームページからもダウンロードできるという。省エネコンテストで高ポイントを獲得した世帯には、表彰状とエコグッズを贈り、応募全世帯にコンセントに差すだけで使用中の消費電力を測定できる簡易電力計をプレゼントするという。豊橋市環境政策課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、より多くの豊橋市民の世帯の参加を期待している」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊橋市は省エネコンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

埼玉県熊谷市で植樹による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 埼玉県熊谷市は、日本一暑い都市として有名であるが、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とクヌギの木を植樹して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と木陰をつくろうと、熊谷市内の市民グループの「くまがや市民活動ふれあいネットワーク(長島利夫代表)」は、園芸用のポットにドングリを育てるイベントを開催すると発表した。大きくなれば熊谷市の街中に植え直し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と緑化による憩いの場を増やす取組みであり、熊谷市内の親子連れを中心に参加を呼びかけている。同ネットワークは、熊谷市内の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境問題や文化活動などにかかわっている20団体ほどが連携してできた組織である。元々、熊谷市の大原地区にはクヌギの木が多く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の固定化による削減に貢献してきたが、ドングリは子供たちにも親しみがあることなどから、元副代表の依田さんが企画し、2007年は試験的に、仲間約10人と300個程度のドングリを発芽させ環境問題イベントなどで配ったという。今回は10月9日に熊谷市内の荒川大麻生公園で実施し、先ずは、熊谷市内の造園業者が話を行い、その後、会場に用意した約1000個のドングリを1ポットに1個ずつ撒き、2013年3月に熊谷市内に植樹する計画だという。木には育てた人のネームプレートをつけ、10年ほどすれば立派な成木になるという。依田さんは「地球温暖化の原因対策や二酸化炭素(CO2)対策にもなる。子供たちのために熊谷市内の住み良い環境づくりに協力してほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県熊谷市で植樹による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 石川県金沢市は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴ」1台を公用車に導入したと発表した。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として公用車に電気自動車(EV)を導入するのは、石川県内の地方自治体で初めてのことになるという。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の公用車にかかる費用は、5年間のリース契約で月5万2710円になるという。電気自動車(EV)の公用車は、金沢市役所の環境政策課の職員が日常業務で使用するほか、地域の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の啓発活動などで役立てる予定をしているという。電気自動車(EV)の公用車は、白をベースにした車体に、梅の花をモチーフにした梅鉢と雪つりをあしらった金沢市らしい外観で、これは金沢美術工芸大学の志知さんがデザインしたものである。金沢市役所であった電気自動車(EV)の出発式では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に対する理解を深めるために活動している「金沢市こども環境キャラバン隊」の小学生20人ほどが参加し、金沢市役所の職員の説明を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策

 三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)と住友商事(東京都中央区晴海)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、岐阜県において岐阜県森林組合連合会と連携して森林・林業再生プロジェクトを立ち上げたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、民間企業と森林組合が共同で一般民有林の森林・林業再生を行う試みは、岐阜県はもちろんのこと日本でも初めてのことだという。プロジェクトでは、岐阜県の森林再生に企業の経営手法を積極的に取り入れ、科学データを利用して持続可能な森林経営を実現することに加えて、木材の伐採・搬出を含む生産管理や工程管理を効率化する。さらに、岐阜県産の木材の新規需要開拓や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権移転なども計画しているという。岐阜県の業者への資金繰りや林業機械のリースといった面からも支援することも予定しており、これによって岐阜県内の林業衰退による森林の管理不足問題を解決し、これを岐阜県の環境保全対策に役立てるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

日立グループはカーボンオフセットのリサイクルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 日立グループは、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減カーボンオフセットを付けたパソコンとサーバーのリサイクルを東京都の首都圏で始めたと発表した。地球温暖化の原因防止対策として、廃棄物を資源として循環させるためのトラック輸送の燃料と、分解作業などのエネルギー消費で発生する二酸化炭素(CO2)排出量を、取得済みの二酸化炭素(CO2)排出権を使って相殺(カーボンオフセット)するというもので、使用済みの製品に関しての地球温暖化の原因防止対策のカーボンオフセットによる削減は日立グループとしては初めての取組みになるという。この地球温暖化の原因防止対策としての二酸化炭素(CO2)のカーボンオフセットによる削減の取組みは、ブラジルにおける亜酸化窒素(N2O)排出削減プロジェクトでの温室効果ガス排出権を利用するといい、このN2Oは地球温暖化の原因防止対策の京都議定書が対象とする6種類の温室効果ガスの1つとなっている。今回は、まず、三菱UFJ信託銀行(東京都千代田区丸の内)において廃棄するパソコン及びサーバーを地球温暖化の原因防止対策のカーボンオフセットによる削減でリサイクルするという。三菱UFJ信託銀行は地球温暖化の原因防止対策としてカーボンオフセットによる削減で処理したことが過去にあり、環境問題への貢献度が非常に高いと判断して、この方法による地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を選択したという。地球温暖化の原因防止対策のカーボンオフセット作業に関しては、全体のとりまとめを日立製作所(東京都千代田区丸の内)のトータルソリューション事業部が受け持ち、パソコン及びサーバーの廃棄物の収集運搬作業とカーボンオフセットの実行及び証書発行を日立物流(東京都江東区東陽)が行うという。また、東京エコリサイクル(東京都江東区若洲)が収集されてきたパソコン及びサーバーを分解・分別してリサイクルするとともに、国に対する地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出権償却手続きを日立キャピタル(東京都港区西新橋)が行うなど、日立グループが役割を分担して地球温暖化の原因防止対策に取り組むという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のカーボンオフセットは、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減努力をしたうえでも、なお、排出される温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)について、二酸化炭素(CO2)削減活動への投資で埋め合わせるというものである。日立グループは、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のカーボンオフセットについて、データセンター、林業機械、高効率モータ、使用電力最適化システムなどの製品やサービスにこれまで適用してきたが、今回リサイクルにもカーボンオフセットを拡大したという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のカーボンオフセットの適用範囲は「収集運搬」及び「収集運搬+分解・分別」の2分野になるが、リサイクルに加えてリユースにも対応するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日立グループはカーボンオフセットのリサイクルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

石川県金沢市は屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 石川県金沢市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、金沢市東部クリーンセンター管理棟(石川県金沢市鳴和台)の屋上に屋上緑化用の緑化材を設置したと発表した。金沢市東部クリーンセンター管理棟の地球温暖化の原因対策の屋上緑化の緑化材は、特殊なセラミックス基盤の上に客土を行い、そこに乾燥に強い植物であるセダム四種類を植栽しており、広さは約45平方メートルあるという。地球温暖化の原因対策の屋上緑化が施された真下にある管理棟二階の会議室には、屋上に緑化材が設置された部分と屋上のコンクリートに日射を受ける部分の温度を計測している。地球温暖化の原因対策の屋上緑化による影響を比較する温度調査は、7月20日から開始し、21日の管理棟の最高気温は午前11時で33.7度だったが、屋上緑化部分の下部は32.2度で、緑化されていない部分は38.4度だったという。地球温暖化の原因対策の屋上緑化の専用の緑化材を開発した企業によると、保水性が高く水やりが不要という特徴を持ち、夏は断熱効果、冬は保温効果を発揮するという。金沢市では、屋上緑化の地球温暖化の原因対策の効果や植物の耐暑性を把握するため、7月22日以降は毎日午前11時と午後11時に温度を測定している。屋上緑化部分と緑化されていない部分の温度差を来年3月まで調査を続け、断熱性などの地球温暖化の原因対策の屋上緑化の効果が分かれば、今後、金沢市内の学校や西部クリーンセンター(石川県金沢市東力町)など公共施設への導入も検討していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

宮崎県小林市の活亜興が省エネボイラーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減

 (株)活亜興(宮崎県小林市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる省エネボイラー「エコ・アイ」を発売している。この省エネボイラーは、まったく新しい発想から開発されたものであり、水を電気分解して発生させた水素・酸素混合ガスを利用した新燃料燃焼システムである。開発時の実験による実測値では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)濃度は重油12%に対して6.0%しか排出しないという、クリーンで優れた燃焼力を発揮するボイラーである。また、従来の化石燃料を使うボイラーと比較すると、重油・LPG共に大幅なコストダウンが図れるほか、使用時に必要量だけ自らガスを生成して燃焼させる方式であるため、燃料の補完や備蓄も必要ないうえに、常に安定したエネルギーを供給することが可能であることからイニシャルコストへの投資も短期間で回収できるという。実際に、このボイラーを設置している長崎県長崎市高島町のトマト園では、設置後の燃料費が55%削減できたという。また、ボイラーが生成する低炭化水素酸素ガスは、ガス内に酸素を含んでいることから、外部からの空気を必要とせずにほぼ完全燃焼し、SOxを排出することもないという優れた性能を有している。一方、経済産業省は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、「カーボンフットプリント制度の実用化・普及推進研究会」を設置し、エコプロダクツを経て企業の製品・サービスにおけるカーボンフットプリント表示などの積極的な取組みを行っている。このボイラーは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)に加えてNOxも削減できるエコエネルギー生成燃焼システムとして大きく貢献できるものとなっている。このボイラーの活用先としては、農業用ハウスの暖房、製茶・乾物等の加工場、銭湯・スパなどの温浴施設やゴルフ場、温水プール、介護・福祉施設、クリーニング、コンクリート2次製品、タービンによる自家発電、産業廃棄物処理燃焼施設ほか、さまざまなケースでの応用が期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県小林市の活亜興が省エネボイラーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減はこちら

東北電力が原子力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、2009年度の地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が3695万トンとなり、前年度と比較して107万トン(2.8%)減少したと発表した。原子力発電の稼働率の上昇や景気低迷に伴う販売電力量減少などが要因となったという。また、地球温暖化の原因防止対策として国外から調達した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映させた調整後の二酸化炭素(CO2)排出量は2547万トンとなり、前年度の調整後と比較しても213万トン(7.7%)の減少となった。東北電力のCSR(企業の社会的責任)の取組状況で公表した。それによると、発電時に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電4基の2009年度の稼働率は、前年度実績と比較して5.4ポイント高い71.1%だ。東北電力の販売電力量は産業用需要が下がったことなどから2.6%減少したことから、火力発電所の稼働水準が大きく下がったという。電力量1キロワット時を発電する際に排出される地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)量(排出原単位)は、二酸化炭素(CO2)排出枠による調整後で0.322kgであり、前年度と比較して0.018kg減少した。東北電力は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に対して、電力業界の削減目標に合わせて2008~2012年度の平均で0.322kgに下げる二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を掲げているが、単年度では地球温暖化の原因防止対策の目標水準に達したことになるという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を活用せずに算出すると前年度を0.001kg下回る0.468kgであった。また、産業廃棄物のリサイクルによる有効利用率は82.5%と前年度実績より1.3ポイント低下しており、目標としていた95%以上を下回ったことになる。東北電力が出す産業廃棄物の約70%を占めるのは、火力発電所の石炭灰であるが、これはセメント原料として主に利用されているという。しかし、景気低迷によって関連企業のセメント需要の減少が有効利用率の低下に影響した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東北電力が原子力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 日本興亜損害保険(東京都千代田区霞が関)と日立ソフトウェアエンジニアリング(東京都品川区東品川)は、日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング及びリサイクルワンと企業活動に伴い排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定して、コストの管理をすることができる独自開発の「CO2&コスト見える化システム」を利用した「CO2&コスト見える化サービス」を8月から始めた。日本興亜損害保険は、地球温暖化の原因対策の気候変動の影響を受けやすい損保会社であることからも、環境関連ビジネスに参入し、地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境保護への貢献を目指すという。「CO2&コスト見える化システム」は、日本興亜損害保険が環境省の協力を得て策定した「CO2排出量算定にかかる日本興亜基準」を元に、日本興亜損害保険と日立ソフトが共同開発したものである。このソフトでは、電力などの化石エネルギーの使用だけでなく、社員の営業・出張・通勤から紙・印刷物の使用・廃棄、物流に至るまで企業活動全般から排出される部署別の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定できるのが大きな特徴となっている。また、リポート機能が付いていて、改正省エネ法で義務付けられている定期報告書の作成や部署別の二酸化炭素(CO2)排出量削減ランキングの表示など、企業の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量管理を支援することができるものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与すると期待されている電気自動車(EV)をめぐる動きが活発になっている。伊藤忠商事(東京都港区北青山・大阪府大阪市中央区)は、ノルウェーの電気自動車(EV)専業メーカーであるシンクホールディングスと資本・業務提携を行った。同社が製造した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)及び駆動システムを日本を含むアジアで販売する権利を獲得するという。シンクの筆頭株主は、伊藤忠商事が出資するアメリカの地球温暖化の原因対策のクリーンエネルギーホールディング会社であるエナール・ワンであり、シンクはエナール・ワンの100%子会社エナデルのリチウムイオン電池システムを地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に取り入れている。シンクはノルウェーのオスロに本社があり、1991年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)の開発・製造を行ってきている。これまでにヨーロッパ、北米などで9000台以上の電気自動車(EV)の生産・販売実績がある。地球温暖化の原因対策の新しい電気自動車(EV)の生産拠点を2011年に米国インディアナ州に設け、2012年には世界で2万2000台の地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)販売を予定している。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)生産に加え、電気自動車(EV)の駆動に必要なモーターのほかバッテリーマネジメントユニット、インバーターなど電力をコントロールして動力に変換する総合ドライブシステムの販売も手掛けることになるという。シンクとの資本・業務提携によって伊藤忠商事は、シンクが開発・設計・製造する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)と電気自動車(EV)用ドライブシステムの日本市場での独占販売権とアジア市場での優先販売権を獲得し、アジア以外の市場においても、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の戦略的パートナーとして販売をサポートするという。伊藤忠商事は、今後、シンクの地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)技術を活用するために自動車メーカーとの提携を積極的に進めていくほか、シンクのドライブシステムと、エナデルのリチウムイオン電池をパッケージにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の提案も始めるという。伊藤忠商事は、茨城県つくば市で2010年5月から行っている地球温暖化の原因対策の「低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクト」で、マツダの「デミオ」をベースにした地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)に、既にシンクのドライブシステムとエナデルのリチウムイオン電池を搭載しているという。 伊藤忠商事は地球温暖化の原因対策として進展の著しいリチウムイオン電池事業を強化を推進し、リチウム資源の確保から生産、販売、二次利用まで展開する体制の構築を目指しており、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)のシンクとの資本・業務提携もその一環の取組みだという。

> 伊藤忠商事が電気自動車(EV)業務提携で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

兵庫県の丹波市役所が今年こそ緑のカーテンで地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減

 兵庫県丹波市春日町黒井の丹波市役所春日庁舎で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減のため、ゴーヤーやアサガオなどを壁に沿って育てることによって、夏の日差しを遮る「緑のカーテン」づくりが今年も進んでいる。丹波市役所が初めて挑戦した昨年は、花の開花直前にすべて切り取られる悪質ないたずらに遭って実を結ぶことができなかった。丹波市の職員らは、緑のカーテン周辺で夜間は防犯灯をつけて成長を見守っているという。しかし、防犯灯を点灯し続けているということは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減のための取組みとしては、いかがなものであろうかと疑問に感じるのは私だけであろうか。丹波市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減するとともに、市役所内の冷房効果や清涼感を高めようと、2008年から丹波市の各庁舎で緑のカーテンづくりに取り組んでいる。丹波市春日庁舎でも昨年、高さ約4メートル、幅20メートルにわたってゴーヤーとアサガオ計30株を植え、緑のカーテンになるよう網に沿わせて育てていた。しかし、緑のカーテンが約2メートルまで成長した7月下旬、夜間に茎と根を切り離されてしまい、すべてが枯れてしまったという。丹波市春日庁舎の緑のカーテンは、丹波市の6庁舎の中でも最大のものとなっている。今年も同規模で緑のカーテンを育てており、再発防止策として夜間は防犯灯を点灯しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減のため緑のカーテンづくりに取り組む丹波市地域振興課は「昨年は緑のカーテンが残念な結果に終わったので、今年は緑のカーテンを開花や結実まで見届け、丹波市の地域のみなさんとゴーヤー収穫を楽しみたい」と話しているが、防犯灯点灯による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増加に関してはコメントはなかった。

> 兵庫県の丹波市役所が今年こそ緑のカーテンで地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球温暖化の原因となる企業からの温室効果ガスの二酸化炭素排出量が6.2%減

 環境省と経済産業省は、企業などから報告された2008年度の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量の集計結果を公表した。これによると、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量の合計は、二酸化炭素(CO2)換算で6億1039万トンと、同年9月のリーマン・ショック以後の景気後退が影響し、07年度より4001万トン(6.2%)も地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量が減少したという。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に関しては、発電分の多くを自家消費ではなく供給に回す電力業界を除くと、最も多かったのは2年連続で新日本製鉄となった。以下、JFEスチール、住友金属工業と鉄鋼各社が続き、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に関しては、上位10社が前年度と同じ顔ぶれとなった。業種別では、鉄鋼業が1億8562万トン、化学工業が8254万トン、セメントなど窯業・土石製品が6638万トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を排出した。また電力業界の、供給と自家消費の電力を合わせた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量は4億1258万トンだった。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量の報告は、一定規模以上の工場などを持つ事業者を対象に地球温暖化対策推進法で求めているものの集計結果である。2008年度に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を報告したのは9221事業者であり、報告分は国内の排出量の約半分を占めるという。 

> 地球温暖化の原因となる企業からの温室効果ガスの二酸化炭素排出量が6.2%減はこちら

千葉県佐倉市ユーカリが丘で地球温暖化の原因防止の街づくり

 千葉県佐倉市のユーカリが丘では、地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題と少子高齢化問題を一体の問題としてとらえ、2007年夏に1か月間開催した「ユーカリが丘親子の日」をスタートに、「エコを楽しみながら考える」街づくりに取り組んでいるという。約3万人が参加する千葉県佐倉市の「ユーカリ祭り」では、地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして、山万ユーカリが丘線を無料開放して自家用車に乗らないノーカー実践を図ったり、地球温暖化の原因となる化石燃料を使用するレジ袋削減のため「ユーカリまちエコ宣言!『お買い物にはマイバッグを持とう!』」を呼びかけたり、身近にできる地球温暖化の原因防止対策への佐倉市民の意見や取り組みを募集して「まちエコ宣言」を行ったりしている。地球温暖化の原因防止の佐倉市のイベントには、太陽光発電システムなどのグリーン電力を一部利用し、佐倉市の商店会や佐倉市立学校も巻き込んだ街づくりを展開している。また、「少子高齢化対策」は全国のまちづくりの大きなテーマであることから、これだけを狭くとらえるのではなく、千葉県佐倉市のユーカリが丘では、地球温暖化の原因を始めとする環境問題と少子高齢化問題を一体の問題として長期的な視点で見すえ、「ユーカリ親子の日 まちエコ宣言!」のイベントを通した活動を実践しているという。都市部における希薄になりつつある親子間を見つめ直し、地球温暖化の原因や地域環境を親子で考えようというものとなっている。「親子エコツアー」「親子縁日」「エコ工作(廃材利用の帽子やこま作り)」「昔遊び(竹とんぼ作り)」といったイベントを通して、年配者から次世代の子供達へ大切なものを伝えていこうと取り組んでいる。また、主体となっている実行委員会には、千葉県佐倉市の商店会が加入しており、買い物に来た佐倉市民にスタンププレゼント等のイベントを実施する計画もある。こうした取組みは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減効果を継続的に期待できるとともに、市民協働の環境対策、そして地域活性化なども図られているという。

> 千葉県佐倉市ユーカリが丘で地球温暖化の原因防止の街づくりはこちら

三重県津市の三重大学で地球温暖化の原因防止対策で排出CO2を学生らの家庭と取引

 三重県津市にある三重大学では、地球温暖化の原因防止対策として大学内の温室効果ガスである二酸化炭素を削減するため、学内で排出する二酸化炭素(CO2)と、学生や教職員らの家庭での地球温暖化の原因となるCO2削減量を相殺する「カーボン・オフセット」の取り組みを始めると発表した。家庭の地球温暖化の原因となるCO2削減量に対してエコポイントを与え、その替わりに学内の温室効果ガスの削減量とする仕組みだという。環境省によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減量の取引は企業間が一般的であり、家庭の温室効果ガス削減量を取引するのは珍しいという。三重大学では、この地球温暖化の原因防止対策を今秋から試験的に始め、来年4月から導入するプリペイド方式の電子マネー対応の学生証、教職員証のIC化に合わせて本格的に取り組むという。三重大学では、省エネルギー法に基づき、毎年、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減に取り組み、さらなる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に向けて昨年11月、教授やガス会社、スーパーの関係者らでつくる省エネルギー計画検討委員会を発足させ、2020年度までの地球温暖化の原因防止対策中長期計画を策定した。同計画では、学内の節電や最新の省エネ設備の導入などで、2020年度には、1990年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガスを30%削減する方針で、その一環として「カーボン・オフセット」の導入を盛り込んだという。大学の卒業生や三重大学周辺の地域住民にも協力を求めることにしており、エコポイントは学内の生協やコンビニエンスストアに加え、学外のスーパーで利用できないか検討中だという。エコポイントの換算額などの詳細はこれから具体的に決めるという。例えば、学生らが自宅で節電などに取り組み、電気やガス、水道料金の明細書を基に、前年より減少したことが確認されれば、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減量に応じてエコポイントを付与することを考えている。学生や卒業生らの半数にあたる約6000人が地球温暖化の原因防止対策に協力すると想定した場合、削減目標(30%)の1割にあたる3・2%の削減が見込まれる。CO21キロ・グラムあたり、学生2円、卒業生1円と換算すると、エコポイント費用は年間約400万円となる試算であるが、三重大学が全額負担するという。IC化する学生証には、エコポイント機能も加えて利便性を高め、電子マネーはイオンの「WAON(ワオン)」の学生証では初の対応が検討されている。世界一の環境先進大学を目指す三重大学は「学生に対して環境教育を実践できる。さらに、三重大を拠点に地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減の取り組みが地域に浸透すれば、環境問題に対する学生や住民の意識改革にもつながるのではないか」と話している。

> 三重県津市の三重大学で地球温暖化の原因防止対策で排出CO2を学生らの家庭と取引はこちら

地球温暖化の原因に対してアメリカで懐疑論

 地球温暖化の原因に対して懐疑派の拡大に危機感を抱いた地球温暖化の原因防止対策の推進派や科学界は反撃を始めたものの、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の失策が続く中、苦戦を強いられている。地球温暖化の原因に対して懐疑論を勢い付かせるきっかけとなったのは、昨年11月、英イーストアングリア大のコンピューターから大量の電子メールが盗まれ公開された「クライメート(気候)ゲート事件」。IPCC第4次報告書の作成にかかわった有力研究者がデータを粉飾したとも取れるやりとりが暴露され、「科学スキャンダル」を追及するキャンペーンが広がった。今年に入っても、同報告書の記述に「ヒマラヤの氷河が2035年までに消える」など明らかな間違いが次々と見つかり、オバマ政権が成立を急ぐ地球温暖化の原因防止対策法案に反対する議会の勢力が、地球温暖化の原因自体を否定するのが効果的とみて攻勢に出た。地球温暖化の原因に対して懐疑派の代表格であるジェームズ・インホフ上院議員(共和党)は、同事件についての報告書を環境・公共事業委員会に提出し、関係した米欧の17人の気象学者の実名を挙げ、「科学者による非倫理的かつ違法な可能性がある行為」を指弾した。地球温暖化の原因防止対策法が成立しない場合に備え、米環境保護局(EPA)による立法措置抜きの地球温暖化の原因防止対策の温暖化ガス排出規制を探るオバマ政権をけん制するとともに、地球温暖化の原因防止対策論議を支える科学界に警告を発した形だ。名指しされた科学者には、嫌がらせの電子メールが殺到、「捜査をちらつかせて科学者に圧力をかけるとは恥知らず」(環境団体)と魔女狩りのような手法を懸念する声も上がっている。IPCCとノーベル平和賞を共同受賞したアル・ゴア元副大統領は2月28日付の米紙ニューヨーク・タイムズに論考を寄せ、「私も地球温暖化の原因防止対策の気候変動が幻想だったら良いと願うが、事実として、危機は増大している」と、守勢に回った地球温暖化の原因防止対策の推進派を援護した。IPCCは2月27日、外部専門家委員会を設け第5次報告書の作成過程を見直すことを発表した。米石油大手コノコフィリップスなど3社は2月、地球温暖化の原因防止対策を推進する企業団体から離脱するなど、地球温暖化の原因防止対策懐疑派へ合流する動きが強まっている。

> 地球温暖化の原因に対してアメリカで懐疑論はこちら

地球温暖化の原因による津波の影響

 地球温暖化の原因による津波の影響を今回の地震から考えてみることにする。地球儀の南極と北極が経線で結ばれているように、チリ発の津波は、球面上を進むと自動的に対極点に近い日本列島へ集まりやすいという性質がある。 津波は、地震を起こした海底地形の上下変動によって発生する。M8クラスの巨大地震なら断層面は、縦横数百キロの広がりを持っている。水深5000メートルでも、断層面の広さに比べると、海水の厚みは、ごくわずかだ。だから海底での上下方向の変動は、そのまま海面まで伝わる。せり上がった海水塊は、次に沈む。この海面の上下動が津波の源だ。発生場所の海が深いほど上下に動く海水の体積が膨大になるので、津波の運動エネルギーも非常に大きなものとなる。日本の大陸棚に到達して海が浅くなると津波の速度は新幹線並みになる。海岸線ではもっと遅くなるが、それでも乗用車の速度は保っている。港の岸壁を50センチの海水で覆った程度でも、津波の流れは強いので、逃げ遅れた人は足元をすくわれる。津波は、高波とはまったく違う異質の波である。だから英語でも「ツナミ」と呼ばれて区別される。現在は地球温暖化の時代だ。地球温暖化の原因による海面上昇が心配されている。その原因は、北極の氷がとけるからではない。北極海の氷が全部とけても、海面の高さは変わらない。氷が浮かぶのは、凍ったために体積が増えて、比重が水より小さくなる。とければ、氷は元の水の体積に縮むので、海水面が上昇することはないわけだ。海面の上昇は、温度上昇で海水が膨張する結果であるという。地球温暖化の原因で水没を心配している島国にとって、津波は何より警戒すべき対象だ。

> 地球温暖化の原因による津波の影響はこちら

地球温暖化の原因による生態系の変化

 地球温暖化がこのまま進んでいくと、2100年ごろには地球温暖化の原因によって東南アジアなど熱帯や亜熱帯の海域を中心に、場所によっては漁獲量が最大40%も減る可能性があるとのシミュレーション結果をカナダ・ブリティッシュコロンビア大などの研究チームがまとめた。日本沿岸も地球温暖化の原因によって現在よりも5%ほどの減少が予想された。漁業に地球温暖化の原因による影響を地球規模で調べた研究はこれまでほとんどなく、グループは「地球温暖化の原因による漁獲量減少はインドネシアや中国など人口が多く、食料を魚介類に依存している発展途上国の周辺海域で目立つ。」と指摘している。「地球温暖化の原因は世界の食糧安全保障に大きな影響を与える。」と警告した。逆に、ノルウェーやグリーンランド、カナダ周辺などの高緯度海域では地球温暖化の原因による漁獲量の大幅増が予想され、地球温暖化の原因は漁業をめぐる世界の格差を大きく広げることになりそうだ。
 一方、イタリアの民間非営利団体(NPO)「イタリア鳥類保護連盟」は、地球温暖化の原因による影響で、同国北部ピエモンテ州などのアルプス地方に生息するライチョウの数が減少し、絶滅の危機にあるとの報告をまとめた。地球温暖化の原因ににより、寒冷な気候に順応したライチョウが生息できない環境となっているためで、同連盟はさらに地球温暖化が進めば絶滅は避けられないと警告している。報告は、もともと生息数の少ないライチョウについて、1970年代後半の少なくとも1万4千羽から、現在は同1万羽に減少したと指摘している。さらに、同地方の気温は19世紀末と比べ平均2度上昇しており、さまざまな要因の中で考察しても、地球温暖化の原因が最も関連がある可能性が高いとしている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因による生態系の変化はこちら

「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を開催

 国立環境研究所は、地球温暖化の原因防止対策の普及活動の一環として、一般公開シンポジウム「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を平成21年11月17日に東京・築地の浜離宮朝日ホールにおいて開催すると発表した。今回の「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」のシンポジウムは、平成17年度より開催された環境省地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクトS-4(地球温暖化影響総合予測研究チーム)の地球温暖化の原因防止対策の研究活動の一環として、プロジェクトの地球温暖化の原因防止対策の研究成果の紹介と、IPCCを始めとする最新の地球温暖化の原因防止対策に関する国際的知見の紹介を行うことを目的に開催するものである。地球温暖化の原因防止対策に関するシンポジウムへの参加希望者は、地球温暖化の原因防止対策に関するシンポジウムホームページ(http://www.s4-impact.org/)から申し込み手続きを行う必要がある。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を開催はこちら

平成20年地球温暖化の原因影響調査レポート

 農林水産省は、平成20年2月~11月を調査対象期間とした「地球温暖化に伴う農業生産への影響に関する実態調査」の調査結果について取りまとめた「平成20年地球温暖化影響調査レポート」を作成して公表した。この平成20年地球温暖化影響調査レポートは、平成18年度から毎年、農林水産省が各都道府県を通じて実施している地球温暖化に伴う農業生産への影響実態調査の結果をとりまとめたもので、品目ごとの地球温暖化の影響及びそれら影響に対して生産現場で実際にとられている主な地球温暖化に伴う農業生産への影響適応策について各地方ブロックごとに整理して掲載しているものとなっている。農林水産省では、、農業生産現場において、地球温暖化に伴う農業生産への影響適応策を講じようとする農業者及び農業指導者の営農参考資料、行政関係者の業務用参考資料として活用してもらうことを期待している。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 平成20年地球温暖化の原因影響調査レポートはこちら

地球温暖化「日本への影響」長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価

 国の環境省と独立行政法人国立環境研究所は、地球環境研究総合推進費の戦略的研究プロジェクト「地球温暖化影響総合予測プロジェクト」の研究成果として「地球温暖化「日本への影響」-長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価-」を公表した。今回の成果は、「地球温暖化影響総合予測プロジェクトチーム」(茨城大学、国立環境研究所、東北大学、農業環境技術研究所、森林総合研究所などの14機関)がとりまとめたもので、平成21年4月14日に内閣官房が開催した「地球温暖化問題に関する懇談会中期目標検討委員会(第7回)」に報告された地球温暖化の研究概要の詳細版となっている。今後、国民生活に関係する広範な分野で一層大きな地球温暖化の影響が予想されること、世界的に温室効果ガス排出が大幅に削減された場合、日本に対する被害も相当程度減少すると見込まれるが、温室効果ガス濃度を450ppmに安定化した場合でも一定の被害が生じることは避けられないことが明らかになった。今回の成果は、気候安定化レベルに応じた日本への地球温暖化の影響及び地球温暖化の被害コストに関する総合的な知見を提供するものとなっている。

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化「日本への影響」長期的な気候安定化レベルと影響リスク評価はこちら

佐賀県佐賀市などが地球温暖化原因防止対策バイオマスタウン構想を策定

 農林水産省は地球温暖化原因防止対策に寄与する「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、4市町の取り組み内容を平成21年5月29日付けで公表した。応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。今回の公表は35回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、佐賀県佐賀市、佐賀県唐津市熊本県山鹿市鹿児島県屋久島町である。このうち、佐賀県佐賀市の構想は、佐賀市に広く分布する家畜排せつ物や下水汚泥などを堆肥や肥料化するとともに、メタン発酵や下水汚泥から発生するガスを熱や電気に変換し、施設内でエネルギー利用する。また、廃食用油をBDF化、建設廃材や林地残材をチップ、ペレット化して輸送用燃料やボイラー燃料として利用するなど、市民及び企業、行政等が、効率的かつ一体的なバイオマス利活用施設整備等を促進し、循環型社会の形成を図るというもの。なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は213件となった。

子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 佐賀県佐賀市などが地球温暖化原因防止対策バイオマスタウン構想を策定 はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星観測データ

 環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構は、地球温暖化原因となる温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクトを推進しており、今回、陸上の晴天域における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素及びメタン濃度の初の解析結果が得られたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、平成21年1月23日に種子島宇宙センターから打上げられ、現在データの初期校正検証中となっている。今回、「地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(カラム平均濃度)の初解析結果」や「メタン(カラム平均濃度)の初解析結果」が公表された。今後は、さらに、データの校正・検証等を行った上で、順次、観測データ及び解析結果等を一般に配布していくとのこと。GOSAT第2回研究公募(2nd Research Announcement)は、今年4月7日に発出し、E-mail、URL-Webサイトなどを通じて説明・ご案内をして参りました。お陰様で、これまでに何件かの応募をいただいておりますが「校正」、「データ処理アルゴリズム」、「検証」各研究分野の登録・応募期限が6月1日(日本時間)に迫ってまいりました。 現在、応募が増加傾向にあり、また、何名かの方々からは、締切延長のご要望を頂戴している次第です。この状況に鑑み、本公募を実施している三者の同意を得て、応募の締切時期を一週間延長し6月8日(月)(日本時間)とすることに致しました。ご関心をお持ちで、まだご応募頂いていない研究者の方には、この機会に是非ご応募頂きますようお願い申し上げます。温室効果ガス観測技術衛星GOSATプロジェクトは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立環境研究所(NIES)、環境省(MOE)の共同プロジェクトです。国立環境研究所では、平成16年4月から、GOSAT研究チームを立ち上げ、GOSAT(愛称”いぶき”)に関する研究開発にあたっています。

ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星観測データはこちら

日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高に

 気象庁は、平成21年5月19日 国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)の、大気中の地球温暖化につながる温室効果ガスの二酸化炭素濃度の観測結果について公表した。公表によると、2008年の年平均値は3地点でそれぞれ388.5ppm、386.6ppm、388.0ppmとこれまでで過去最高となった。ここ10年間では1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、37.3ppm濃度が増加している。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年3月~4月の観測値は、それぞれ395.3ppm(綾里、4月)、390.8ppm(南鳥島、3月)、393.2ppm(与那国島、4月)と、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録した。

貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高にはこちら

地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値

 環境省は、2007年度(平成19年度)の日本の地球温暖化温室効果ガス総排出量速報値を、二酸化炭素換算で計算すると13億7,400万トンになったと発表した。京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年、HFCs、PFCs、SF6は1995年)地球温暖化の温室効果ガスの総排出量と比べると、エネルギー起源二酸化炭素については、業務その他部門、家庭部門、運輸部門などからの排出量が増加したことなどにより、地球温暖化の温室効果ガス総排出量としては9.0%上回っている。前年度の地球温暖化の温室効果ガス総排出量と比べるても、約2.4%(約3,200万トン)増加している。また、各国が参加して締結した京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量は、2007年度は4,070万トン(うち森林4,000万トン、都市緑化等70万トン)。これは、地球温暖化の温室効果ガス基準年総排出量の3.2%に相当する。こうしたことから、地球温暖化の温室効果ガスの削減目標については、その達成が非常に困難になってきているといえる。一方、アメリカ環境保護庁(EPA)は、「アメリカ 温室効果ガス排出量および吸収源目録:1990-2007年」と題する報告書(最終版)を公表した。報告書は、各界からのコメントを踏まえたもので、気候変動枠組条約事務局に提出された。2007年の温室効果ガス排出量(6種類のガスの合計)はCO2換算で71億5000万トンとなり、2006年から1.4%増加した。1990年から2007年にかけては、17.2%の増加であった。増加の主な原因は、燃料・電力消費に伴ってCO2排出量が増加したこと。具体的には、(1)2006年に比べ、2007年は、冬が寒く、夏が暑かったため、燃料や電気の需要が増加した、(2)発電用化石燃料の消費量が増加した、(3)水力発電が減少(14.2%減)したことが主な要因とされている。さらに、ドイツ連邦環境省は、2008年の温室効果ガス排出量予測値を発表。排出量は1990年比23.3%減となり、京都議定書における目標値21%減をクリアしたことが明らかになった。ドイツには、京都議定書の目標として、2008年から2012年までの温室効果ガス平均排出量を1990年比21%減とすることが求められている。これらの予測値の算出は連邦環境庁が担当し、詳細結果は、2010年初めに公表される。概要は下記の通り。2007年比では1.2%減。この減少の大部分はCO2によるもので、1.1%減に相当する940万t減であった。CO2排出量は、2008年の温室効果ガス排出量の88%を占めている。トローゲ連邦環境庁長官は、「CO2排出量が減少した要因としては、石炭と褐炭の需要が減ったことと、天然ガスと再生可能エネルギーの利用が増えたことが挙げられる」とコメントした。2008年の一次エネルギー需要は約1%増加したにも関わらず、CO2排出量は1.1%減となったことが注目に値する。これは、液体系燃料の使用が増加する一方で、石炭や褐炭の売り上げ量が減少したことが要因にある。企業や一般家庭における発電や熱生産に天然ガスの利用が増え、更に発電所や鉄鋼産業などにおける石炭の役割が減少している。実際には、2007年比で、石炭の利用は7%減、褐炭の利用は3.5%減となっている。再生可能エネルギー源は、1次エネルギー需要の7.4%を供給している。2008年のメタン排出量は、変化なし。廃棄物処理からのメタン排出量は5%減だが、家畜の飼育に伴う排出量は増加している。農業や化学産業から多く排出されるN2Oの排出量は、2007年比5%減である。PFCは、特にアルミニウムと半導体の生産で減少、5.3%減。HFC排出量は、冷却関係の利用増で4.5%増となっている。SF6は、2.8%増となっている。


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値はこちら

小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」

 環境省中部地方環境事務所は、小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」を作成、公表した。この小冊子は、地球温暖化や生物多様性の減少など様々な環境問題等の改善を図るために必要な「持続可能な社会」づくりを推進するため、中学生程度を対象として「日常生活で、世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動すること」を呼びかけるものとなっている。冊子は全8ページ、カラー印刷となっている。環境教育活動などに広く利用していただけるよう、中部7県(富山県石川県福井県長野県岐阜県愛知県三重県)の環境教育担当行政機関に配布するとともに、希望者にも送料実費負担で配布するとのこと。また、環境省中部地方環境事務所ホームページ(http://chubu.env.go.jp/earth/mat/m_2.html)でも、小冊子の画像が公表されている。問い合わせ先 環境省中部地方環境事務所 環境対策課 企画係 TEL:052-955-2134 FAX:052-951-8889

袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」はこちら

地球温暖化原因対策の学習教材障害者向け版

 社会福祉法人聴力障害者情報文化センタ-と環境省は、環境省が制作した地球温暖化原因対策の教育教材『地球温暖化 今、私たちにできること』(DVD)のダイジェスト版(22分)に、字幕スーパーを付けた聴覚障害者向け映像資料を編集制作した。この映像資料では、地球温暖化問題に関する最新の科学的知見や温暖化防止に向けた国内外の取組を、様々な映像資料を通じて分かりやすく伝えている。全国の聴覚障害者向け映像ライブラリー機関で、3月30日から貸し出しを開始した。ストップおんだん館や、各都道府県地球温暖化防止活動推進センターにおいては、4月上旬から貸し出しを開始する。このことによって、健常者のみならず、聴力障害の方にも地球温暖化原因対策の学習を広めることを狙いとしている。


LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化原因対策の学習教材障害者向け版はこちら

地球温暖化に起因する気候変動に対する港湾政策のあり方

 国土交通省は、「地球温暖化に起因する気候変動に対する港湾政策のあり方」について、交通政策審議会会長より国土交通大臣に対して答申がなされましたと発表した。「地球温暖化に起因する気候変動に対する港湾政策のあり方」については、平成19年11月22日に同省が交通政策審議会に対して、諮問していたもので、以来港湾分科会、防災・保安分科会の各分科会において審議が行われてきた。今回の答申では、気候変動の影響に関する知見の確認などの基本的認識を確認したうえで、港湾政策の基本的方向性を打ち出している。更に、海面水位の上昇に対応した柔軟な防護能力の向上策などの適応策に関する擬態的施策を示すと共に、低環境負荷の物流システムの構築などの緩和策に関する具体的施策についても示している。


カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化に起因する気候変動に対する港湾政策のあり方はこちら

茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブ

 茨城県では、大気汚染と地球温暖化の防止に効果的なエコドライブの周知を図り、取り組みの実践につなげるため、2008年11月から乗合バス事業者が運行するバス車内にエコドライブポスターを掲示している。茨城県バス協会を通じて行っているもので、協会加盟のバス事業者18社の全車両、約1200台にエコドライブポスターを掲示した。また、エコドライブ推進月間の初日である11月1日には、茨城県といばらきエコドライブ推進協議会が街頭キャンペーンを実施し、車利用者が多い集客施設で、エコドライブの実践を呼びかけた。エコドライブを一人ひとりが心がけることによって、大幅な省エネルギーが達成され、二酸化炭素の削減など地球温暖化防止対策に資するとしている。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブはこちら

国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」

 気象庁は、平成21年3月3日に東京都・千代田区の同庁講堂において、国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」を開催すると発表した。
 この国際シンポジウムでは、地球温暖化予測における海洋CO2の重要性について、第一線で活躍する国内外の研究者からわかりやすく解説が行われる予定。
 現在進行中の地球温暖化の主な原因であるとされている人為起源温室効果ガスCO2の約3割は、海洋に吸収されており、これによって地球温暖化が緩和されていると考えられている。
 しかし、今後も海洋が同じペースでCO2を吸収し続けるかは明らかでなく、地球温暖化の予測や対策のためには、海洋のCO2吸収に関する更なる科学的知見が不可欠な状況にある。
 なお、本シンポジウムへの参加には事前登録は不要で、参加費も無料

> 国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」はこちら

新千歳空港で「みんなの地球展2009」を開催 「温暖化防止スクール」も

 環境省は、チーム・マイナス6%のチーム員である北海道空港株式会社等と連携して、新千歳空港センタープラザで、1月31日~2月11日に開催される「WHITE DREAM FESTA2009~未来の子供たちに雪まつりを!そして笑顔を!」において、「みんなの地球展2009」と「温暖化防止スクール」を開催すると発表した。
 1月31日~2月11日(10:00~20:00)には、センタープラザ内のブース「みんなの地球展2009」で、地球温暖化の影響を伝える写真パネルの展示、ウォームビズ20℃プロジェクトなどのパネル展示、電子ジオラマ「低炭素でオドロイTown!」体験コーナー、省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」体験コーナー、環境映像の放映 が行われる。
 2月11日(14:30~)には、センタープラザ内の特設ステージで、さかなクンを先生として招き、地球温暖化について考える「温暖化防止スクール」などが開催される予定。
 また、FMノースウエーブによる環境特別番組放送や、ecoメッセージを発信するイベントも開催される。

> 新千歳空港で「みんなの地球展2009」を開催 「温暖化防止スクール」もはこちら

世界中の地球温暖化の二酸化炭素濃度の分布

 気象庁は、約20年間にわたる世界中の二酸化炭素濃度の分布や変化について「二酸化炭素分布情報」として、同庁ホームページで公開すると発表。
 地球温暖化の原因となる二酸化炭素分布情報は、世界各地で観測された二酸化炭素濃度のデータをもとに、過去20年以上にわたる世界の二酸化炭素濃度の分布を解析したもので、このような長期にわたる情報の公開は世界で初めて。
 これにより、二酸化炭素の濃度が年々増加していく様子や、森林等の光合成に伴う季節変化、人間活動や自然による特徴的な地理的分布などが、わかりやすく示すことができるとしている。
 情報の内容は、1985年1月~2007年12月の期間の地表面付近の二酸化炭素の月別濃度分布を、分布図、変化のグラフや動画など。
 同庁ホームページの「温室効果ガス監視情報」のページから公開。

> 世界中の地球温暖化の二酸化炭素濃度の分布はこちら

農業機械の省エネ性能に関する研究会

 農林水産省は、「農業機械の省エネ性能に関する研究会」を1月14日(水曜日)に開催すると発表。
 同研究会は、地球温暖化の要因の一つとされている二酸化炭素の排出抑制及び最近の原油価格変動に伴う生産コストへの影響緩和のため、農業生産における燃料等の消費の削減をめざして、農業機械の省エネ性能について効果的に情報提供を進めていくための方策等を検討することを目的としている。
 開催日時は、平成21年1月14日(水曜日)10時00分~12時00分。場所は、東京都千代田区霞が関1-2-1の農林水産省生産局第2特別会議室(ドア番号467)。会議は公開で、撮影は冒頭カメラ撮りのみ可能。
 議題は、(1)検討会におけるこれまでの検討結果報告、(2)今後の検討の進め方とスケジュールについて、(3)その他 としている。
 傍聴希望者は、下記の要領で1月9日(金曜日)13時必着で申込みが必要。希望者多数の場合は抽選により決定。
 申込方法は、FAXまたはインターネットで、「農林水産省生産局農業生産支援課宛」に、標題「農業機械の省エネ性能に関する研究会(平成21年1月14日開催)の参加」と、傍聴希望者の氏名(フリガナ)、連絡先住所、電話/FAX番号、勤務先、所属団体等を明記の上、FAX:03-6744-2523またはインターネットhttps://www.contact.maff.go.jp/maff/form/a1e3.html より申し込むこと。

> 農業機械の省エネ性能に関する研究会はこちら

地球環境研究総合推進費公開シンポジウム「地球温暖化の日本への影響」開催

 環境省は、公開シンポジウム『地球温暖化の日本への影響 ~現状と将来予測、その対策と賢い適応へ向けて~』を開催すると発表。開催日は平成20年10月30日、会場は東京都港区のニッショーホール。
 公開シンポジウムは、地球環境研究総合推進費(注1)による研究成果を一般に広く公開することを目的として、平成10年度から毎年度開催されているもの。
 今回は、地球温暖化に伴って起こり得る私たちの生活への影響と、その適応策として考えられることなどについて、第1部講演会では、水災害、森林影響、農業影響、沿岸域災害、健康影響の各分野における最新の科学的知見を紹介。第2部では、環境ジャーナリストの枝廣淳子氏や第1部の講演者によるパネルディスカッションが実施される。
 参加費は無料、定員約600名。参加申込は、ハガキ、FAX、ホームページにより受付。住所、氏名、年齢、職業、電話番号、FAX番号、E-mailアドレスを明記の上、10月23日(木)までに申し込むこと。


○申込先
(社)国際環境研究協会
 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-13
 FAX: 03-3432-1975
 TEL: 03-3432-1844
 URL:http://www.airies.or.jp/suishinhi/


(注1)学際的、省際的、国際的な観点から総合的に地球環境保全に資する調査研究を推進することを目的とし、環境省が平成2年度に設立した研究費。平成20年度には約32億円の総予算で31の研究課題が実施されている。

> 地球環境研究総合推進費公開シンポジウム「地球温暖化の日本への影響」開催はこちら

地球温暖化の影響等による「異常気象リスクマップ」

 気象庁は、平成20年9月26日 地球温暖化の影響等による「異常気象リスクマップ」を拡充した。
 今回は、全国約1,300のアメダス地点における30年に1回および50年に1回の大雨の値を示すリスクマップなどが追加された。
 気象庁では、従来から過去100年以上にわたる気象庁の観測データを用いて推定した全国51地点における「100年に1回の大雨」やアメダスの平年値を用いた「10年に1回の少雨」などをわかりやすい図表形式で公表してきたもので、今後もユーザーからの要望等を踏まえて、対象要素を増やしていくとしている。

> 地球温暖化の影響等による「異常気象リスクマップ」はこちら

地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査

 地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査の結果が公表された。これは、欧州議会及び欧州委員会の委託により、欧州統計局が行ったもの。EU27カ国及びクロアチア、トルコ、マケドニア、北キプロスの3万170人を対象に、2008年3月から5月にかけて行われた。
 調査結果によると、現在、世界が直面している深刻な問題の1位が貧困(68%)、2位に気候変動が挙げられた(62%)。気候変動について、その深刻さが理解される一方、これを阻止することができるとする人は60%となっている。また、気候変動に対処することは経済的に有意義と考える人は56%に上った。
 EUが2020年までに掲げる3つの目標、(1)温室効果ガスを1990年比20%削減、(2)他の先進国が同等の削減を約束した場合には30%削減、(3)再生可能エネルギーの割合を20%に増大させることについて、適正及び低めであると答えた人は、それぞれ(1)68%、(2)61%、(3)69%となった。
 また、半数以上の欧州市民が気候変動の原因と結果、対策について、情報が与えられているとしているものの、情報が不十分だとした市民も4割以上に上った。
 気候変動対策が十分でないと考える市民は、企業の活動については76%、市民自身67%、各国政府64%、EU58%となっている。61%の人が気候変動に対する何らかの行動をとっているが、その行動はゴミの分別や省エネ・節水など個人的であまりお金のかからない行動が多い。一方、行動をとっていない理由としては、政府、企業、産業界がその行動を改めるべきだからとされている。
 なお、約44%の人が、より温室効果ガス排出の少ないエネルギー源のためにさらなる支出をする準備があるとしている。

> 地球温暖化による気候変動に関する欧州市民の意識調査はこちら

地球温暖化学習教材『地球温暖化 今、私たちにできること』DVD作成

 環境省は、地球温暖化教育教材「地球温暖化 今、私たちにできること」(DVD)を作成した。
 このDVDでは、IPCC第4次評価報告書などの地球温暖化に関する最新の科学的知見や国内外の先進的な温暖化防止の取組などを、様々な映像資料を通じて分かりやすく伝えている。
 ストップおんだん館や、45都道府県に設置されている地球温暖化防止活動推進センターにおいて、9月12日(金)からDVDの貸し出しを開始する。
 また、チーム・マイナス6%のホームページにおいても、9月12日(金)から視聴できるようになる。

> 地球温暖化学習教材『地球温暖化 今、私たちにできること』DVD作成はこちら

第3回エコドライビングコンテスト

 全国121大学の自動車部が加盟する国内最大の学生モータースポーツ運営組織「全日本学生自動車連盟」は平成20年9月1日に、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで「第3回全日本学生対抗チーム・マイナス6%エコドライビングコンテスト」を開催する。時間は7時から17時まで。
 この大会は、全日本学生自動車連盟が、チーム・マイナス6%のプロジェクトに賛同し加盟校自動車部と共に地球温暖化環境問題に対して積極的に取り組むために、それに必要となる知識や技術などを身につけ、その集大成として開催するもの。
 3回目の開催となる今年は50チームの193名が出場予定で、「ふんわりアクセル“eスタート”のステッカーをつけた競技車で、走行タイムと消費燃料によるポイント制でエコドライビングを競としている。。コンテストは、高速走行、一般走行、貨物走行の3ステージで実施され、タイムと消費燃料によるポイント制でグランプリが決定する。
 また、エコドライブの講習会や、モータージャーナリストの竹岡圭氏とレーシングドライバーの道上龍氏による「エコドライブ・トークイベント」が実施されるなど、エコドライブの普及による地球温暖化防止の推進を呼びかける予定。

> 第3回エコドライビングコンテストはこちら

「いきものみっけ~100万人の温暖化しらべ~」 キックオフサイト

 近な自然や生きものに起きている地球温暖化による影響について調べるため、市民参加の調査である「いきものみっけ」プロジェクトを平成20年度からスタートさせる環境省生物多様性センターは、平成20年5月21 「いきものみっけ」告知サイトを開設した。
 このサイトは、事業の趣旨やロゴデザインに込めた意味を紹介するとともに、「いきものみっけ」で調べたい内容や、20年度の調査対象の自然事象一覧を公表する予定。
 なお、同センターでは20年7月1日にオフィシャルサイトを開設し、プロジェクトを本格的にスタートさせるとしている。

> 「いきものみっけ~100万人の温暖化しらべ~」 キックオフサイトはこちら

いきものみっけ~100万人の温暖化しらべ~

 環境省生物多様性センターは、身近な自然や生きものに起きている地球温暖化による影響について調べるため、市民参加の調査である「いきものみっけ」をスタートさせると発表。
 本事業では、実際に「いきものみっけ」に参加する人を「みっけにん」と呼び、国民的行事として全国で延べ百万人規模の参加を得ることで、地球温暖化問題が身近な地域の問題でありまた自分の暮らしに直接関わる問題(=自分ごと)であることを認識し、日常生活の中で二酸化炭素排出削減の取り組んでいくよう呼びかけていくとしている。
 一般への参加PRのため、タレントのルー大柴さんと女優の中嶋朋子さんが「みっけにん」代表として参加することや、ルー大柴さんによる鴨下環境大臣の表敬訪問(平成20年5月21日)などが予定されている。

> いきものみっけ~100万人の温暖化しらべ~はこちら

今までの気象とこれからの気象-地球温暖化を考えよう-

 気象庁は、平成20年6月20日 東京・大手町の日経ホールにおいて気象記念日講演会「今までの気象とこれからの気象-地球温暖化を考えよう-」を開催する。
 20年7月7日に開催される北海道・洞爺湖サミットでは地球温暖化対策が中心議題となる予定で、これを機に、地球温暖化に関する正しい知識の普及を推進するとともに、地球温暖化対策の必要性について周知すること目的に気象記念日のイベントのひとつとして開催するもの。
 実施内容は以下のとおり予定されている。
(1)「地球温暖化に関する最新の科学的知見」(講師:高野清治 気象庁地球環境・海洋部気候情報課長)
(2)「地球温暖化の影響と社会を守る対策」(講師:三村信男 茨城大学教授・地球変動適応科学研究機関長)
(3)「温暖化克服へ向かうメタルカラーの日本力」(講師:山根一眞 ノンフィクション作家)
 参加希望者は、葉書に郵便番号、住所、お名前、年齢、職業(在学中の方は学年)を明記し、気象庁「気象記念日講演会予約係」(住所:170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティ 私書箱2186号)まで(6月13日(金)必着)申し込むか又はインターネット専用サイト(http://setup-co.com/cgi-bin/mf/index.cgi)から登録することが必要。

> 今までの気象とこれからの気象-地球温暖化を考えよう-はこちら

地球温暖化対応のための経済的手法研究会(第6回)

 経済産業省では、第6回地球温暖化対応のための経済的手法研究会を開催すると発表。
 この会議は、委員各位の率直かつ自由な意見交換を確保するため非公開で開催されるが、後日議事要旨等を公開するとしている。
 開催概要は以下の通り。
 ◆日時 平成20年5月20日(火) 10:00~12:00
 ◆場所 経済産業省別館3階346第4特別会議室
 ◆議題
  ・論点整理等に関する討議
  ・その他
 ◆問合先
  経済産業省産業技術環境局環境経済室 高岡、村上
  TEL:03-3501-1679 FAX:03-3501-7697
  E-MAIL:takaoka-hiroaki@meti.go.jp

> 地球温暖化対応のための経済的手法研究会(第6回)はこちら

「気候変動と水災害」をテーマにシンポジウム

 国土交通省は、日本水フォーラム(JWF)とともに平成20年5月24日東京・千代田区の千代田放送会館において「気候変動と水災害」をテーマにシンポジウムを開催すると発表した。
 本シンポジウムは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新レポート、世界や日本で発生している水災害について紹介され、既に顕在化しつつある地球温暖化に伴う気候変動による水災害の凶暴化に対する「適応策」について幅広い視点から議論することを目的とされている。
 参加希望者は、郵送、FAX又はE-mailにて気候変動と水災害シンポジウム事務局(〒107-0062東京都港区南青山5-9-15共同ビル新青山8F、FAX:03-5468-0557、mizu-saigai@mpc-inc.co.jp)に平成20年5月19日まで申込みが必要。

> 「気候変動と水災害」をテーマにシンポジウムはこちら

平成19年度国土交通白書は地球温暖化がメイン

 国土交通省は、平成19年度国土交通白書を5月9日の閣議で配布、公表したと発表。
 今回の白書は、第1部「進行する地球温暖化とわたしたちのくらし」、第2部「国土交通行政の動向」の2部構成。
 第1部は、近年深刻化が指摘され、また関心が高まってきている「地球温暖化」に対する国土交通行政の展開として、住まいやまちのありよう、交通ネットワークや防災などにおける私たちの暮らしと地球温暖化との関わりや、暮らしの中で温暖化を緩和するための対策と課題、また地球温暖化時代における国土交通行政の方向性について記している。長期にわたって地球温暖化対策を継続するため、暮らしの質をできるだけ犠牲にすることなくできることという観点を重視しているとしている。
 また第2部では、国土交通行政の各分野における動向を政策課題別にまとめている。
 この白書は、国土交通省のホームページで閲覧・ダウンロードできるほか、『国土交通白書2008』として市販される。

> 平成19年度国土交通白書は地球温暖化がメインはこちら

地球温暖化対応のための経済的手法研究会

 経済産業省では、第5回地球温暖化対応のための経済的手法研究会を開催すると発表。
 この会議は、委員各位の率直かつ自由な意見交換を確保するため非公開で開催されるが、後日議事要旨等を公開するとしている。
 開催概要は以下の通り。
 ◆日時 平成20年5月13日(火) 15:00~18:00
 ◆場所 経済産業省別館3階346第4特別会議室
 ◆議題
  ・京都クレジットの活用について外部有識者からヒアリング
  ・海外調査報告
  ・その他
 ◆問合先
  経済産業省産業技術環境局環境経済室 寺岡、高岡
  TEL:03-3501-1679 FAX:03-3501-7697
  E-MAIL:teraoka-yu@meti.go.jp

> 地球温暖化対応のための経済的手法研究会はこちら

港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会

 国土交通省では、「港湾物流の変革」による地球温暖化対策について検討を行うため「港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会」を開催すると発表。
 国際物流システムにおける港湾は、海運・鉄道・道路を結びつける役割を果たしており、港湾を中心とした物流システムの変革の促進によって、港湾から排出される温室効果ガスだけでなく、物流システム全体での排出削減に貢献する点などについて把握、分析を行うとしている。検討会では、ポスト京都議定書やクールアース50などの議論を踏まえて、国内外のCO2削減のための中長期的な政策について検討するとしている。

日時:平成20年4月23日(水)16:00~18:00
場所:アジュール竹芝(16階 曙の間) 東京都港区海岸1-11-2 TEL:03-3437-5566
検討内容:
・港湾における地球温暖化対策を巡る状況
・港湾におけるCO2排出構造の把握
・港湾背後圏との貨物輸送に起因するCO2排出構造の把握
・想定される対策とその効果
・今後の施策展開の方向性

取材等:
 報道関係者に限り取材を認めている。希望する報道関係者は、事前の登録を必要としている。
 また、カメラ撮りは会議の冒頭(議事に入る前まで)のみ可能としている。
 
 後日、議事概要を国土交通省ホームページにて公開するとしている。

〈取材申込連絡先〉 港湾局 国際・環境課 担当:大城
  直通:03-5253-8684 FAX:03-5253-1653
  電子メール:ooshiro-s83ab@mlit.go.jp

> 港湾からの温室効果ガス削減に関する検討会はこちら

2008新宿御苑みどりフェスタ

 環境省は「みどりの月間」(2008年4月15日~5月14日)」期間中の4月29日に、「2008新宿御苑みどりフェスタ」を新宿御苑で開催する。当日の入園は無料。
 「みどりの月間」は、07年から「みどりの日」が5月4日に移行したことを受けて、「みどりの日」についての国民の関心と理解を促すために設置された月間。「みどりの日」の趣旨にもとづき、自然に親しみ、その恩恵に感謝する心をはぐくむことを目的としたイベントなどが全国で開催される予定になっている。
 「2008新宿御苑みどりフェスタ」は、自然観察会、ウォーキング、ネイチャーゲームなど、新宿御苑の豊かな自然とふれあうプログラムを実施する「みどりフェア」と全国の国立公園の紹介、観光情報の提供、民芸品を始めとした特産物の販売などを行う「国立公園フェア」が併せて開催されるほか、G8北海道洞爺湖サミットの開催を控え、「環境問題を学ぼう!」と題して、生物多様性、地球温暖化、3Rなどの自然環境との関わりに関する展示を行うブースが設置される予定

> 2008新宿御苑みどりフェスタはこちら

動物園で学ぼう こども地球温暖化影響展

 チーム・マイナス6%では、札幌市円山動物園等と連携し、2月2日から11日まで、札幌市円山動物園動物センター情報ホール及び動物科学館にて、地球温暖化の現状やその影響等をナショナル ジオグラフィック誌や国際NGOツバルオーバービューなどの写真等を通じて分かりやすく伝える「こども地球温暖化影響展」を実施する。
 初日には、「こども地球温暖化影響展」を皮切りに、全国で開催を予定するこども向け環境イベント会場等で、子どもによる地球温暖化防止メッセージを募る「ストップ!温暖化 こどもメッセージリレー」のキックオフイベントを開催。
 キックオフイベントでは、チーム員であり、クールアース・アンバサダーのさかなクンによる「こども地球温暖化教室」が開催されるほか、並木正芳環境大臣政務官、近藤光雄北海道副知事、上田文雄札幌市長、さかなクンと親子約80組(160人)によるセレモニーが行われる予定。
 なお、キックオフイベントが行われる初日の2月2日は、札幌市円山動物園の協力により、動物園の入場料が無料となっている(通常は中学生までが無料)。
 また、2月5日(火)から2月11日(月・祝)まで開催される「第59回さっぽろ雪まつり」の会場に、「こども地球温暖化影響展」のサテライトブースを設置し、来場者に向けて地球温暖化防止活動の普及啓発を図る予定

> 動物園で学ぼう こども地球温暖化影響展はこちら

環境技術実証モデル事業 山岳トイレ技術シンポジウム

 環境省は、平成20年2月26日にミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)において、平成15年度より進めてきた環境技術実証モデル事業山岳トイレ分野の成果等の報告、環境技術実証事業「山岳トイレ技術分野」が今後果たしていくべき役割についての意見交換などを目的としたシンポジウムを開催する。
  環境技術実証モデル事業は、既に適用可能な段階にあって、地球温暖化対策に有用と思われる先進的環境技術でありながら環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために、ユーザーが安心して使用することができず、普及が進んでいない技術を対象に、当該技術の実証を行っているもの。
 今回は、「山岳トイレ技術分野」における平成19年度までのモデル期間の成果である「山岳トイレ技術分類」及び「技術選定方法」を提案するとともに、これまでに明らかとなった山岳トイレの現状と課題及び今後の技術開発の方向性、また、本「山岳トイレ技術分野」が今後果たしていくべき役割について行政、山小屋、研究者やメーカーが一堂に交いし、意見の交換等を行いたいとしている。
 参加希望者は、NPO法人山のECHO(住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-11-7第2文成ビル3F、TEL:03-3580-7179、FAX:03-3580-7176、E-mail:n_tanaka@yama-echo.org)に、平成20年2月18正午までに申込みが必要。なお、参加費は無料

> 環境技術実証モデル事業 山岳トイレ技術シンポジウムはこちら

動物園で学ぼう こども地球温暖化影響展

 チーム・マイナス6%は、2月2日から11日まで、札幌市円山動物園の動物センター情報ホール及び動物科学館にて、地球温暖化の現状やその影響等をナショナルジオグラフィック誌や国際NGOツバルオーバービューなどの写真等を通じて分かりやすく伝える地球温暖化影響展を実施する。
 また、写真や映像による展示の他、毎日1回、飼育員による温暖化影響解説レクチャーが実施され、ホッキョクグマやペンギンがなぜ温暖化の影響によって絶滅する可能性があるのか、動物の生態から見た、温暖化の影響等についての解説も行われる。
 併せて、情報ホールでは、ウォームビズを普及推進するために、現在北海道を中心に展開している室温調査及びウォームビズアイデアのアンケート調査への協力を呼びかけます。
 さらに、影響展初日の2月2日は、東京海洋大学客員准教授のさかなクンを招き、こども地球温暖化教室を開催するなどキックオフイベントを開催する。
 なお、キックオフイベントの詳細については1月29日に発表の予定

> 動物園で学ぼう こども地球温暖化影響展はこちら

地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素

 二酸化炭素(CO2)は、温室効果ガスの一つで、常温常圧では無色無臭の気体で、分子量 44.01 g/mol、密度 1.98 kg/m3(25℃)、 融点 ?56.6 ℃ (5.2 atm)、沸点 ?78.5 ℃ (760 mmHg)。水への溶解度 0.145 g(水 100 mL あたり)。常圧では液体にならず、? 79 ℃ で昇華して固体(ドライアイス)となり、水溶液(炭酸)は弱酸性です。

 二酸化炭素は現在の大気中にはおよそ 370ppm(0.037%)ほど含まれていますが、氷床コアなどの分析から産業革命以前はおよそ 280ppm(0.028%)であったと見積もられています。この濃度の増加は主に化石燃料の大量消費が原因と考えられています。(ただし、気温が上がったことによって、海中に溶けていた二酸化炭素が空気中に放出され、その結果として二酸化炭素濃度が増えているという研究報告もあります。)

 二酸化炭素は、火山活動や自然的発火による山火事など、自然現象に起因して発生する広域自然火災によっても大量に発生します。人為的に発生する二酸化炭素量は、炭素を含む物質(石油、石炭、木材など)の燃焼によって発生し、石炭を用いた火力発電や自動車の排気ガス、工場の排気など化石燃料の燃焼がもっとも多くなっています。

 逆に植物の光合成によって二酸化炭素は様々な有機化合物へと固定されたり、また、二酸化炭素は海中にも直接取り込まれ、降雨に溶け込み湖沼に流れ込み、最終的に海洋にも流れ込みます。

 環境省や一部の環境団体、科学者は、この二酸化炭素の増加が地球温暖化の最大の原因として、現在、積極的に削減のキャンペーンを行っています。

 しかし、気候変動の大きな要因は、水蒸気の影響や太陽活動、地磁気の影響であり、その割合は80%~90%と見込まれています。残りの部分を水蒸気以外の温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)、つまり、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、フロンなどが占めています。

 このため、温室効果ガスのうち、たった数パーセントしか占めていない二酸化炭素を単に数パーセント削減したとしても、地球温暖化にストップがかかるとは考えられません。少なくとも、人為的にコントロール可能な二酸化炭素を削減しようと考えるべきでしょう。


ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素はこちら

地球温暖化・環境問題:気候変動の原因

 最近、地球温暖化が語られる時には、二酸化炭素が諸悪の根源のように言われていますが、地球規模の温暖化は、そのような簡単な話ではありません。

 気候が変化する原因には内部因子と外部因子があります。内部因子は地球の気候システムの内部で起こる相互作用であり、外部因子は気候の駆動力とも呼ばれ、太陽活動、火山噴火、海塩粒子、土壌性エアロゾル(ダスト)などの自然起源ものと、人間活動によってもたらされた人為起源のもの(温室効果ガスなど)があります。

 科学者間で一般的に合意されている具体的な「気候変動の結果とその要因」としては次のとおりです。

■10万年の氷期/間氷期サイクルは地球軌道要素(日射量の季節性や地理的な変化)と総合的な日射量の変化に支配されている(主に外部因子の変化)。

■氷床コアで発見された最終氷期の間に起こった急激な温度変化(ダンスガード・イベント)はおそらくローレンタイド氷床とこれによって引き起こされた内的要因の変化に関係すると考えられる(内部因子の変化)。

■小氷期は太陽放射か火山活動の変化、もしくは両方の複合によって起こったものと思われる(主に外部因子の変化)。


袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:気候変動の原因はこちら

地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数

 水蒸気(H2O)を除く地球温暖化の原因に影響を与える温室効果ガスは次のとおりで、右の数値が各ガスの影響度です。(地球温暖化対策の推進に関する法律施行令第4条)

 このように、地球温暖化の原因として、二酸化炭素自体の影響度は極めて小さいのですが、CO2が水蒸気を除く温室効果ガスの排出量の約9割を占めています。

二酸化炭素

メタン

21

一酸化二窒素 

310

トリフルオロメタン

11,700

ジフルオロメタン

650

フルオロメタン

150

1,1,1,2,2-ペンタフルオロエタン

2,800

1,1,2,2-テトラフルオロエタン

1,000

1,1,1,2-テトラフルオロエタン

1,300

10

1,1,2-トリフルオロエタン

300

11

1,1,1-トリフルオロエタン

3,800

12

1,1-ジフルオロエタン

140

13

1,1,1,2,3,3,3-ヘプタフルオロプロパン

2,900

14

1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロプロパン

6,300

15

1,1,2,2,3-ペンタフルオロプロパン 

560

16

1,1,1,2,3,4,4,5,5,5-デカフルオロペンタン 

1,300

17

パーフルオロメタン

6,500

18

パーフルオロエタン

9,200

19

パーフルオロプロパン

7,000

20

パーフルオロブタン

7,000

21

パーフルオロシクロブタン

8,700

22

パーフルオロペンタン

7,500

23

パーフルオロヘキサン

7,400

24

六ふっ化硫黄 

23,900

> 地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数はこちら