TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化の原因】

神奈川県横浜市がブルーカーボンによる地球温暖化の原因の環境問題対策

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、海域での二酸化炭素(CO2)排出量の吸収効果に着眼した脱温暖化プロジェクトである「ブルーカーボン」の取組を神奈川県横浜市金沢区の横浜・八景島シーパラダイスでスタートさせると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策には、神奈川県横浜市金沢区に本部、キャンパスを置く横浜市立大学、関東学院大学のほか神奈川県横浜市内の企業も参加しているという。将来的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、温室効果ガスの排出量を相殺する「カーボンオフセット」の仕組も目指すという。神奈川県横浜市によると、ブルーカーボンは国連環境計画が打ち出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の一つの手法である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの仕組を見据えた産官学による実証実験は、今回の神奈川県横浜市の取組が国内初のケースだという。神奈川県横浜市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験では、シーパラダイスのセントラルベイに実験海域を確保し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する貝類や藻類を育てる試験区を数か所にわたって設置するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する温室効果ガスの吸収、削減、固定効果のデータを得るとともに、海域の環境浄化も行うという。海洋は森林や大気への拡散よりも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収固定効果が高い。このため、近年、カキ、ムラサキイガイ、コンブ、アカモクなどの海洋生物を活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策が注目されている。神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、この4月に、横浜・八景島シーパラダイス、2大学、神奈川県横浜市内企業、専門家による「ブルーカーボン検討委員会」を設置するという。神奈川県横浜市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る実験海域にはシーパラダイスが桟橋を設け、「自然の海の水族館」として実験の状況を見えるようにするという。神奈川県横浜市民に開かれた環境教育の場としても位置づけ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験の意義や狙いを直接見て理解してもらうという。神奈川県横浜市は、2012年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の結果をまとめる予定をしている。将来的には、他地域にも広げながら、海洋生物による温室効果ガス吸収量の買取など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するカーボンオフセットの仕組みも構築したいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市がブルーカーボンによる地球温暖化の原因の環境問題対策はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因対策のカーボンオフセット

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策としての脱温暖化へ向けた国際貢献できる具体的取組みとして、国際協力機構(JICA)がフィリピンの風力発電事業から取得したオフセットクレジット(二酸化炭素(CO2)排出権)を購入したと発表した。他の場所で実施した地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減量を購入する「カーボンオフセット」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の手法であり、購入原資には神奈川県横浜市のオフィシャルウオーター「はまっ子どうし」の売上の一部を充当したという。神奈川県横浜市によると、今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組は2010年11月に開催された「アジア太平洋経済協力会議(APEC)」期間中に排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺するとともに、開発途上国の脱温暖化の取組を支援する狙いがあるという。11月7日から14日までのAPEC開催による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は616トンであり、今回はこれを上回る762トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を相殺することができたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの原資として、2010年7月から11月までの間の「はまっ子どうし」の売上の一部を活用することで、行政と神奈川県横浜市民の協力による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の推進及び国際貢献をアピールする。JICAは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、世界銀行炭素基金への出資を通じて、民間ではリスクの取りにくい開発途上国での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策事業を支援している。神奈川県横浜市とJICAは今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の枠組みをモデルケースに、今後も連携して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組んでいく方針だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のカーボンオフセットの仕組みは、1997年に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)の京都議定書で国際的に認められたものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因対策のカーボンオフセットはこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策のフォーラム

 神奈川県横浜市の主催による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を目的とした家庭や職場でできる地球温暖化対策の普及を目的としたフォーラムが、神奈川県横浜市西区みなとみらいの「はまぎんホールヴィアマーレ」で開催された。神奈川県横浜市民ら約400人が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の講演やパネルディスカッションを通じて省エネ電化製品の活用など、身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組に理解を深めたという。神奈川県横浜市のフォーラムでは、産学官民で構成している「ヨコハマ・エコ・スクール」の名誉顧問で三菱総合研究所理事長の小宮山宏氏が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策について講演し、「エネルギー効率は20年前と比べて飛躍的に向上した。家計への負担をかけずに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できる」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策には、従来型から新たな省エネ家電への買い替えも効果的であるとコメントした。また、「住宅、オフィス、運輸などの分野では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてエネルギー効率改善の余地がある。今後はものづくり以外の分野の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に注力すべきだ」と話した。このほか、神奈川県横浜市のフォーラムでは、俳優の別所哲也さんを進行役に、事業者や市民が参加した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するパネル討論が行われたほか、資源リサイクルなどの神奈川県横浜市民らの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組を紹介するコーナーも開設されていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策のフォーラムはこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する高炉

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に積極的に取組むJFEスチール(東京都千代田区内幸町)、新日本製鉄(東京都千代田区丸の内)、神戸製鋼所(兵庫県神戸市中央区脇浜町)などで構成する鉄鋼6社は、製鉄の際に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減するため、広島県福山市にあるJFEスチール西日本製鉄所内に実験装置を設けた。これによって、排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の回収技術を2030年を目途に実用化し、その後、2050年までに国内すべての製鉄会社の高炉に設置するほか、海外への技術の売り込みも検討するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する装置は、「圧力スイング吸着法」を採用しているという。製鉄の際に発生する高炉ガスを高圧にして、特殊な吸着剤を入れた大型タンク内を通過させる際に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させる仕組みとなっている。その後、真空ポンプで大型タンク内を減圧することによって、吸着剤から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を分離、回収するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸着材には、微細な穴が無数に存在するゼオライトと活性炭を使用するという。この技術は、既に実用化されているところであるが、高炉等で大規模で実施するケースではコストが莫大になるため、新装置の開発によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を効率的に回収できる温度や圧力などのデータを得るために実験を繰り返していくという。JFEスチールによると、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る研究開発プロジェクトから委託を受け、地球温暖化の原因防止対策のために2008年度から開発を進めている。鉄鉱石の還元に水素を使用する等の技術と組み合わせ、製鉄の際の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する高炉はこちら

JR東日本の東京駅に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム

 JR東日本・東日本旅客鉄道(東京都渋谷区代々木)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、東京駅(東京都千代田区丸の内)のホームに設置した太陽光発電システムを稼働したと発表した。この太陽光発電システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、東京駅東海道線ホームとなる9番線及び10番線に設置されており、2010年1月からホーム改造工事が開始されていた。JR東日本では、既に東京駅の新幹線ホームや高崎駅新幹線ホームにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、太陽光発電システムを設置している。今回、東京駅において稼働開始した太陽光発電システムは、JR東日本最大規模であり、太陽光発電システムによる年間の発電量は約340MWhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は約101トンとなっている。これは、東京駅全体の電力使用量の約0.3%に相当する。この太陽光発電システムによって供給され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる電力は、東京駅の照明や空調機用の電力として使用されるという。今回のの太陽光発電発電システムの導入は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、東京都千代田区との共同事業として実施されたものだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> JR東日本の東京駅に地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムはこちら

静岡県掛川市が地球温暖化の原因の環境問題対策の催し

 静岡県掛川市が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として実施する「環境を考える市民の集い」が静岡県掛川市文化会館シオーネで開催され、静岡県掛川市民約500人が発表や展示を通じ、環境問題対策にやさしい生活について改めて考える機会となった。この催しは、静岡県掛川市内の15の環境保全団体でつくる静岡県掛川市エコ・ネットワーキングが主催して開催したものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の発表では、静岡県掛川市立栄川中学校の生徒が、環境問題対策として廃油せっけんを作って学校内の清掃に利用したことなどを発表したほか、静岡県掛川市立土方小学校の児童は、通学路でのごみ拾いなど身近な環境問題対策の活動を発表した。「静岡県掛川市市長と語ろう」では、松井三郎静岡県掛川市長と小中生や主婦ら5人が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する森林保全活動や太陽光発電などについて意見交換をした。松井静岡県掛川市長は、静岡県掛川市名産の掛川茶の効能を例に挙げ、「お茶の木も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する。環境問題対策に限らず、静岡県掛川市で取組んだ効果的な成果は静岡県掛川市周辺市町にも広げていきたい」と話していた。静岡県掛川市文化会館シオーネの会場では、団体や企業が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関する計33ブースを出展し、雨水タンクや生ごみ処理器を展示するなどして環境問題対策の大切さを訴えていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 静岡県掛川市が地球温暖化の原因の環境問題対策の催しはこちら

栃木県地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減量

 栃木県も積極的に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に取組んでいるところである。今般、栃木県地球温暖化対策課が公表した平成22年度の「とちぎ発ストップ地球温暖化アクション」の実施結果において、栃木県内で排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は928.4トンとなったと発表があった。栃木県の平成21年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は、17万35.6トンで、見かけ上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量が大幅減になった。これに関して、栃木県では「リーマン・ショックによる景気後退で企業が生産活動を縮小し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも努力した平成21年度と比較すると、平成22年度は景気がやや持ち直したことや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果が表れにくかったためではないか」と話している。栃木県の「とちぎ発ストップ地球温暖化アクション」への平成22年度の延べ参加者は、18万1,355人にものぼり、平成22年度より2万8,794人も増加したという。今回、栃木県地球温暖化防止コンテストも実施された結果、学校、業務、産業の3部門でそれぞれ最優秀賞、優良賞、特別賞が決定し、表彰式が行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減量はこちら

アサヒビールとシャープが地球温暖化の原因の出前授業

 アサヒビール(東京都墨田区吾妻橋)とシャープ(大阪府大阪市阿倍野区)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、出前授業を行っている。発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電ソーラーシステムが贈呈された東京都中野区上高田の区立白桜小学校で、その仕組みを知って身近に地球環境問題の大切さを理解してもらう環境学習「森と太陽の教室」が行われ、アサヒビールとシャープ社員が講師として出向いた。同校では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林の役割などについて、4~6年生140人ほどが学習した。授業では、「温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は多すぎると地球の熱が宇宙へ放出されなくなることから、地球の気温が上がる」と地球温暖化の原因のメカニズムを説明した。また、森林が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収する仕組みを実験し、呼気を吹き込んだ直後のポリ袋内の二酸化炭素(CO2)の濃度は4660ppmだったが、観葉植物のドラセナの植木鉢を入れると、その数値が約1時間後には576ppmまで減少した。「太陽光は、発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を出さないとってもクリーンな自然エネルギーなので、世界中の研究者が実用化する方法を研究中」と説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> アサヒビールとシャープが地球温暖化の原因の出前授業はこちら

廃油を再生して地球温暖化の原因防止対策

 エイコー(大阪府大阪市中央区)は、事務機器販売を行っている会社であるが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、製造過程で排出され廃棄されていた廃油を石油類と混合することによって、燃料として再生可能な廃油燃料化装置の販売を開始したと発表した。これによって、従来廃棄していた廃油の再利用と、石油類の削減が可能になるという。エイコーは販売総代理店として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減抑制に貢献する地球温暖化の原因防止対策製品であることをPRして販売していくという。今回の装置で再生できる廃油は、食品加工時の廃食用油のほか、自動車・船舶などの廃潤滑油や機械油まで幅広く対応することができるという。再生してできあがった燃料は、ボイラーの燃料や、船舶や重機、車両などのディーゼルエンジンに使用可能だという。廃油を処分するには産業廃棄物として処分費用が発生するが、今回の装置を導入すると廃棄費用がなくなるだけでなく、石油類の使用減少により燃料コスト削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策が可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 廃油を再生して地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置

 宮崎県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮崎県庁舎への太陽光発電システムのパネル設置と、電気自動車(EV)用の急速充電器の設置が完成し、完工式が開催された。宮崎県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台を導入し、太陽光発電システムのパネル発電で得た電気を電気自動車(EV)の充電や宮崎県庁舎内で活用していくという。こうした取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた宮崎県の「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環となっているという。この構想に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電システムパネル120枚を宮崎県議会棟屋上に設置し、その太陽光発電システムの出力規模は、10.2kwhとなっている。さらに、宮崎県庁本館玄関前に太陽光発電システムからの発電量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減状況を表示する液晶モニターも設置し、宮崎県庁を訪れる県民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策をPRしていく考えだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、「リーフ」を15~30分でフル充電でき、宮崎県庁舎本館前庭の場所に設置している。電気自動車(EV)は、宮崎県企業局と知事部局がそれぞれ1台ずつ所有し、日常の公用利用や太陽光発電システムをPRするイベントにも活用していくという。完工式では、電気自動車(EV)を生産した日産自動車の常務執行役員が「日産自動車の電気自動車(EV)リーフは、走行中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるほか、車内は大人5人が十分にくつろげる広さがある。これをきっかけとして、今後、宮崎県での電気自動車(EV)の普及に貢献したい」と挨拶を行った。これに対して、東国原英夫宮崎県知事が実際に電気自動車(EV)に試乗し「電気自動車(EV)の乗り心地は最高。技術の進化はすばらしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 宮崎県は地球温暖化の原因として太陽光発電システムと電気自動車(EV)用の急速充電器を設置はこちら

大阪府大阪市のJR大阪駅で地球温暖化の原因対策

 大阪府大阪市北区にあるJR大阪駅の全面改装が4月から始まる。改装に当たっては、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を講じ、環境問題に配慮した「エコステーション」になるという。トイレなど雑用水の約9割に雨水を再利用し、太陽光発電システムで発電した電力で大阪駅の消費電力の約25%をまかなう性能を持たせるという。全国のJRの駅舎の中でも最大の雨廃水利用となり、トップレベルの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策対応の駅となるという。大阪駅を覆うドーム屋根に降った雨水や、大阪駅北側に建設中のビル「ノースゲートビルディング」に入居する飲食店などから出る廃水を雑用水に再利用する。地下に設置する約1万トンの貯水槽で雨水等をろ過し、トイレ用水として1日当たり777トンを作る。これによって、大阪駅と「ノースゲートビルディング」のトイレ用水の約9割をまかなうほか、新ビル低層階屋上に設ける「天空の農園」の散水などに使用するという。大阪駅ホームの屋根の一部に太陽光発電システムのパネルを設置し、年間で9万kwhを発電する。小型の風力発電設備も設置する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 大阪府大阪市のJR大阪駅で地球温暖化の原因対策はこちら

宮城県の地球温暖化対策の「みやぎ環境税」の使途

 宮城県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、来年度から独自に導入する「みやぎ環境税」の宮城県内市町村への配分額である年間3億円に関して、市町村の事業を公表した。 宮城県では、「みやぎ環境税」の「メニュー選択型」の事業を2011年2月までに決定し、「市町村提案型」は2011年4月に公募を始め、6月ごろに決定するという。宮城県の集計によると、宮城県の示す環境問題対策の6分野から、宮城県内の市町村が選択するメニュー選択型交付金には、34市町村が119項目を提案したという。この中では、太陽光発電システムのパネル設置や電気自動車(EV)の新たな導入経費の計上など、公共施設や学校における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が最も多くなっており、20市町村が計46事業を提案している。このほか、省エネルギー対策となる照明の発光ダイオード(LED)化には、27市町村が防犯灯や街路灯の切り替えを提案している。自然環境保全では、12市町村が環境問題の学習活動支援などに取組む事業を提案しているという。一方、独自の環境問題対策を提案している市町村に配分する「市町村提案型交付金」は、19市町が提案しており、内容としては、電気バスの導入や絶滅危惧種の保存活動、小水力発電設備の整備などがあった。これらの事業費の総額は、市町村支出分も含め約1億3600万円となっている。宮城県による「みやぎ環境税」の課税期間は、201年度までの5年間の時限地方税となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県の地球温暖化対策の「みやぎ環境税」の使途はこちら

愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「ピコア21」(愛媛県松山市三津)に、NPO法人「衣サイクル研究会」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と「服育」の啓発機能を兼ねたモデル店舗として、古着のユーズドショップ「e-cycle」がオープンした。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)の「循環型社会地域支援事業」の受託事業であり、衣類も人も地球で活かされ循環するというコンセプトで、持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験の実証店舗となっている。古着からの収益は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための社会貢献事業に使うという。同店では古着の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を啓発するとともに、服をキーとして環境・安全・健康・社会性・国際性のある子どもたちを育むことを目的にした「服育」を愛媛県松山市全域に広げる。古着約1万点を取り扱い、古着の販売価格は古着が100円から、着物が500円からと激安価格に設定されており、併せて、衣類の回収も行うという。しかし、資源化実験が目的であるため、古着の買い取りは行わないという。利用者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)ポイントカードを発行する。持ち込んだ古着の衣類や購入した衣類の重さを量り、衣類をゴミとして燃やさないことで削減できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を記録する。また、店舗で使用するレジ袋は有料化し、マイバッグ持参を呼び掛けるという。このレジ袋を販売した収益は、「服育セミナー」で使用する電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力」として購入するための費用の一部に充てる。、NPO法人「衣サイクル研究会」では、「衣類は誰にとっても身近なもの。これからも衣服を通じて環境問題を考え、市民一人ひとりの『もったいない』の気持ちを育むきっかけづくりをしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
古着リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府宇治市は家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 京都府宇治市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭から排出される地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを削減するため、環境にやさしい生活を実践する「エコファミリー」事業を今年度、夏季の3か月間の実施に加え、冬季の3か月間にも拡充したと発表した。京都府宇治市が行うエコファミリーは、これまで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や環境問題についてあまり考えたことがないという人にも取組みやすい内容となっており、参加した世帯の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、京都府宇治市の平均的な世帯の排出量を下回るなど、事業導入の効果が出てきている。全国で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)のうち、家庭が占める割合は2割といわれ、産業部門では二酸化炭素(CO2)排出量が減少しているにもかかわらず、家庭部門は増加し続けている。このため、京都府宇治市は2004年度、環境問題に関心を持つ家庭のすそ野を広げようと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるエコファミリー事業を始めた。公募で集まった京都府宇治市民のエコライフ度をアンケートでチェックし、その回答を元に、地球環境問題に配慮した生活を具体的にアドバイスするという。京都府宇治市によると、エコファミリーの参加世帯と一般的な家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を比較したところ、2009年度はエコファミリー世帯の方が一般的な家庭(413.2キロ)よりも123.9キロ少なかったという。京都府地球温暖化防止活動推進センターは「各家庭での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の省エネ活動を広めるためには、家庭の状況に合わせて的確なアドバイスができる人材を育成することが求められる」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府宇治市は家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として製造している同社の電動バイク「タッソ」1台を岩手県庁(岩手県盛岡市、達増拓也知事)に寄贈すると発表した。岩手県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する乗り物として、岩手県庁の公用車として岩手県職員が近距離出張を行う際の交通手段として使用するという。テラモーターズが電動バイクのタッソを地方自治体へ寄贈するのは今回が初めてのケースになるという。岩手県庁では、政策として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、公用車についても可能な限りハイブリッド車等の二酸化炭素(CO2)排出量の極めて少ない環境対応車への切り替えを図っている。こうした岩手県庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みと電動バイクの相性が良いことや、岩手県知事の名前がテラモーターズの電動バイクと同じ「たっそ」であることから寄贈することになったという。電動バイクのタッソは、走行時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるだけではなく、1充電約30円で40Km走ることができるほか、最高速度も50Km/h出る実用的な仕様になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

岩手県釜石市はオフセットクレジット(J-VER)制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岩手県釜石市の釜石地方森林組合は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境省(東京都千代田区霞が関)が主導する「オフセットクレジット(J-VER)制度」を通じ、間伐などによる森林の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量の一部を、キヤノンのグループ企業に販売する。売却益は岩手県釜石市の造林や間伐費用に充てられ、持続的な森林経営の維持に活用されるという。オフセットクレジット(J-VER)制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出削減・吸収量を、市場で取引できる「クレジット」として認証し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減困難な企業に売却することで、企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する仕組みである。販売見込みの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は年間2084トンんいなるという。2004~2012年の間に同組合が岩手県釜石市内で集約化した人工林483・85ヘクタールで、間伐などの森林管理によるもので、12月末に開かれる国の認証委員会で認められる予定だという。オフセットクレジット(J-VER)制度を利用して、キヤノンマーケティングジャパン(東京都港区)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量250トン分を買い取り、自社製品のインクカートリッジなどの回収時に輸送トラックから排出される二酸化炭素(CO2)排出量と相殺する。岩手県内では岩泉、葛巻両町が連携して進めている間伐促進プロジェクトが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、オフセットクレジット(J-VER)制度を取得している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岩手県釜石市はオフセットクレジット(J-VER)制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として政府が大企業を対象に2013年度の導入を目指す二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度について、導入後の対象企業の経費総額を明らかにした。環境省によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の省エネ技術の導入などで鉄鋼やセメント、化学、自動車など産業部門は、年間600億~700億円の負担増になるが、オフィスビルなど業務部門は、逆に、同約400億~500億円の負担減になるという。環境省はこの日の中央環境審議会小委員会に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度の最終案を提示した。環境省は経済産業省(東京都千代田区霞が関)などと調整して年内にも政府方針を固めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を確実に削減するため、年1万トン以上の二酸化炭素(CO2)を排出する約4000事業所を対象に二酸化炭素(CO2)排出上限を定める仕組みである。国内で2020年に1990年比15~25%の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために必要な、企業による省エネ対策などの投資費用の総額を環境省が今回推計したものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県川崎市はJEL801蛍光灯型LEDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県川崎市環境技術情報センターでは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、9月から橘処理センター(神奈川県川崎市高津区)と川崎地下街アゼリア(神奈川県川崎市川崎区)で、JEL801LED照明の実証試験を継続している。神奈川県川崎市が地域の環境課題の解決や環境技術を活用していくために、神奈川県川崎市内の企業や研究機関等と行う「産学公民連携公募型共同研究事業」の一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への貢献度の検証を、神奈川県川崎市高津区内の(株)近藤工芸と共同で進めている。JEL801蛍光灯型LEDは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、電球型に比べ設置に電気工事士の資格が必要なことや家電量販店で取り扱っていないことなどから、一般的な普及はまだ少ない状況にある。今回は従来型の蛍光灯の代替で、川崎ものづくりブランド認定製品でもある近藤工芸の「JEL801蛍光灯型LED」を橘処理センターの2階制御室に24本、川崎地下街アゼリアのショーウインドーに6本設置し、7か月間にわたって電力や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果、照度の効果検証を行っていくという。神奈川県川崎市の橘処理センターは24時間体制で稼動していることや、川崎市内の小学校が環境教育の一環で見学に訪問していることからJEL801蛍光灯型LEDの設置場所に選定された。また、制御室内には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目で見えるように、従来の蛍光灯とJEL801蛍光灯型LEDを比べた現在の消費電力が表示された液晶パネルも設置している。神奈川県川崎市の環境技術情報センターの担当者によると、制御室内でJEL801蛍光灯型LEDを1年間使用した場合、約2.8トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県川崎市はJEL801蛍光灯型LEDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府門真市のパナソニックと東京都港区のNECが共同輸送で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 パナソニック(大阪府門真市大字門真)とNEC(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、NECの全国輸配送網を利用して、パナソニックのデジタル家電とNECの情報通信機器の共同輸送を開始したと発表した。両社は3月から試験運行を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の成果が確認できたため、10月12日から正式運行を開始した。共同輸送によって、走行距離の削減や積載率の向上によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境負荷低減を目指すという。両社の共同輸送は、両社が参画する特定非営利活動法人ITS Japanで、道路と自動車間の情報の受発信、事故や渋滞、環境対策など、様々な課題をクリアする取組みを検討したことがきっかけになったという。具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、パナソニック福島工場(福島県福島市)で生産しているデジタル家電製品の関西圏への自社輸送に関して、NECの全国輸送網の車両を使用するというもの。NECが生産している情報通信機器と混載し、関東・関西地区への共同輸送を行う。これによって、両社が運用するトラックの便数が半減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が57t削減でき、交通渋滞の緩和、トラックの騒音低減などの効果も期待できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 







 

> 大阪府門真市のパナソニックと東京都港区のNECが共同輸送で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 プリンター用リサイクルトナーなどを製造販売しているゼネラル(東京都台東区台東)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、滋賀事業所(滋賀県甲賀市水口町)にクリーンエネルギーの大規模な太陽光発電システムを導入し、このほど運用を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの発電容量353kwと滋賀県内の工場で最大規模といい、同事業所で消費する電力の3分の1をまかなうことが可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組む滋賀県の方針を受け、事業活動の低炭素化を図るため、太陽光発電システムを初めて導入した。滋賀県甲賀市の事業所内にある滋賀物流センターとトナー製造子会社エコロテック本社工場の屋根に計1,500枚の太陽光発電システムのパネルを敷設し、その設置面積は2500平方メートルにも及んでいる。太陽光発電システムの年間発電量は31万kwh時になり、一般住宅120戸分の年間電力消費量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

北海道カーボン・アクション・フォーラムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 北海道における地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「北海道カーボン・アクション・フォーラム」が、環境省北海道地方環境事務所は、北海道、経済産業省北海道経済産業局等と共に設立される。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフォーラムは、カーボンオフセットの取組を一体的に普及推進し、森林やバイオマスなどの多様な資源が豊富に存在する北海道の地勢を活用しながら、カーボンアクションを加速することによって、北海道らしい地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進することを目的としている。「北海道カーボン・アクション・フォーラム」は、平成22年11月12日に京王プラザホテル札幌(北海道札幌市)2階エミネンスホールにおいて設立大会と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する記念シンポジウムを開催する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策記念シンポジウムでは、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区大手町)事業開発部CSR支援室長の竹ヶ原敬介氏による基調講演「北海道における低炭素社会の実現に向けて~環境ビジネスの振興と地域活性化~」のほか、「北海道の特性を活かしたカーボン・オフセットの推進について」をテーマにパネルディスカッションを実施する。問い合わせ先は、北海道環境生活部環境局地球温暖化対策室(TEL:011-204-5189 FAX:011-232-1301E-mail:kansei.ontai@pref.hokkaido.lg.jp)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 北海道カーボン・アクション・フォーラムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

川崎重工業、関西電力、日新電機はギガセル多機能電力貯蔵装置で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 川崎重工業(兵庫県神戸市中央区)、関西電力(大阪府大阪市北区中之島)、日新電機(京都府京都市右京区)は、日本で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献可能な、中小規模のビルや工場向けの多機能電力貯蔵装置を開発した。川崎重工業のニッケル水素充電池「ギガセル」を使用しており、既に中小ビルで普及している鉛充電池よりも半分の面積に収まり、電気料金の抑制や停電対策など複数の機能を実現し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。この多機能電力貯蔵装置は、2015年4月の販売開始を目指すという。現在、契約電力2千キロワット以上の大規模ビルや工場向けの多機能電力貯蔵装置としては、大容量ナトリウム硫黄電池があるが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用するには、それ以下の中小施設向けの多機能電力貯蔵装置としては大きすぎるという。川崎重工業、関西電力及び日新電機は、2010年7月、日新電機の本社敷地内に出力50kwの試験装置を設置して実証実験を開始した。多機能電力貯蔵装置は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力使用量が少ない夜間等の時間帯に電気を溜め、多い時間帯に使う「ピークシフト」による電気料金の抑制や停電時や落雷などによる瞬間的な電圧低下時の送電確保といった基本的な性能を確認できた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、商品化する多機能電力貯蔵装置の出力は、最小50kwとしており、50kw単位で容量を増やすことができるという。多機能電力貯蔵装置の販売価格は、ナトリウム硫黄電池並みの出力1kw当たり30万円以下を検討している。ギガセルは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する技術として、川崎重工業が独自開発し、路面電車や路線バス、太陽光発電システムなど向けの電力貯蔵装置として普及を目指している。川崎重工業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電力貯蔵装置向けも含め、用途拡大を図っていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 川崎重工業、関西電力、日新電機はギガセル多機能電力貯蔵装置で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、11月から、第2・第4水曜日にマイカー使用を控えて公共交通機関の利用を促す「ノーマイカーデー」を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目的で、10月26日に福岡県北九州市小倉北区室町のリバーウォーク北九州でキックオフイベントを開催し、福岡県北九州市民や企業を巻き込んだ取組みにしたいという。福岡県北九州市環境モデル都市推進室によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2007年度からノーマイカーデーのキャンペーンを福岡県北九州市内のイベントに合わせて数日間実施することはあったが、恒常的なノーマイカーデーを設定するのは初めてのことだという。ノーマイカーデーは来年3月までの実施で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等の効果を調査・分析を行った後に2011年度中に再度実施する。ノーマイカーデーを水曜日に設定したのは、定時に退社する「ノー残業デー」を水曜日に実施する企業が福岡県北九州市で多いのが理由だという。福岡県北九州市内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門が66%と最も排出量多いが、自動車や電車などの運輸部門も9%あり、ノーマイカーデーでマイカーの通勤利用を減らすことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進めたい考えだ。ノーマイカーデーには、現在、福岡県北九州市役所の職員以外に福岡県北九州市内の企業約50社の参加が決まっている。ノーマイカーデー参加者には、福岡県北九州市内で飲食や買い物で割引などの特典が受けられるような仕組みも設ける予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県日光市は冬の“うちエコ”コンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 栃木県日光市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、環境問題に優しい生活を心がけてもらおうと、家庭の省エネ対策度を競う「冬の“うちエコ”コンテスト」の参加者を募集すると発表した。栃木県日光市環境課によると、栃木県日光市では寒さの厳しい冬場に、家庭で使う暖房などで地球温暖化の一因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が増える傾向があるという。栃木県日光市の各家庭でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気の使用量を減らすことにチャレンジしてもらい、環境保全への意識の向上につなげたいという。栃木県日光市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策コンテストは、栃木県日光市内の各家庭が昨年と比較して電気使用量をどれだけ削減できたかを競う「二酸化炭素(CO2)排出量削減賞」と、栃木県日光市内の家族1人当たりの電気使用量の少なさを競う「エコライフ賞」の2つの省エネ対策度の部門となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の両部門とも、11及び12月の2か月分の東京電力の検針票「電気使用量のお知らせ」を栃木県日光市の応募用紙に添付するだけで参加することが可能だという。両部門の最優秀賞(1世帯)及び優秀賞(2世帯)には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したとして、栃木県日光市から図書券が贈呈され、応募締切は2011年2月4日となっている。本件の問合せは、栃木県日光市環境課(電)0288・21・5152まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県日光市は冬の“うちエコ”コンテストで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林保全のREDD+(レッドプラス)で温暖化対策

 国境を超えて森林保全地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を同時に進める新たな仕組みである「REDD+(レッドプラス)」を推進していくため、日本やアメリカ、イギリスなど17の先進国は2012年までに、発展途上国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定している森林保全事業に40億ドル規模の出資をすることで合意したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のREDD+(レッドプラス)は、「森林減少と劣化の防止による温室効果ガスの排出削減策」の略語である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林は、破壊されると木や土の中から二酸化炭素(CO2)を放出するが、REDD+(レッドプラス)の保全事業でこれを防ぐと二酸化炭素(CO2)排出を減らしたとみなされ、出資者に二酸化炭素(CO2)排出枠に相当する資産が付与される国際的な仕組みとなっている。REDD+(レッドプラス)はグローバル規模の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとともに、発展途上国にとっては森林に新たな価値を創造して保全資金を確保できるのがメリットとなり、森林に生息する生物多様性保全にも役立つ取組みになる。REDD+(レッドプラス)は、京都議定書で定められていない2013年以降の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の国際枠組みでも大きな要素になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のREDD+(レッドプラス)推進組織の「REDD+(レッドプラス)パートナーシップ」には、途上国を含め69か国が参加しており、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催に合わせて10月26日に愛知県名古屋市で閣僚級会合を開催し、2012年までの森林保全計画を議論するという。京都議定書だ定める期間以降については、各国の利害が対立し、新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の枠組みは姿が見えていないが、既に一部の地域でREDD+(レッドプラス)の試行事業が始まっている。REDD+(レッドプラス)では、主に先進国が発展途上国の森林保全事業に出資するのを想定されるが、発展途上国が自ら森林保全事業を行う構想もある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林保全のREDD+(レッドプラス)で温暖化対策はこちら

東京都港区の清水建設は次世代型省エネオフィスで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 清水建設(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するシステムとして、センサーで人を検知し、照明及び空調を自動的にオンオフ制御可能なオフィス向けの次世代型省エネオフィスシステムを開発した。個人の席の在席の有無による制御に加え、会議用の共用スペースも制御可能とすることで、一般的なオフィスに比べ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を6割削減できるという。次世代型省エネオフィスは大手ゼネコン各社も開発しており、社員のいる部分だけに照明を当てたり、冷暖房できるなど自動制御による大幅な省エネ対策実現をうたっている。清水建設が開発した次世代型省エネオフィスシステムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、清水建設技術研究所(東京都江東区)内で10月から実証実験を開始した。電気をためる蓄電池を使い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、再生可能エネルギーを制御できる次世代送電網(スマートグリッド)に対応させたのが大きな特徴となっている。次世代送電網(スマートグリッド)対応型の次世代型省エネオフィス制御システムは大手ゼネコンでは初めてのシステムとなる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーの太陽光発電システムで発電した電気を蓄電池にためて使用するほか、人のいる部分のみ照明・空調を稼働させることで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減でき、電力会社から購入する年間の電気代も1割ほど削減できる。財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)によると、オフィスの消費電力の約7割が空調・照明となっており、これを抑制することが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のポイントとなる。大手ゼネコンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などエコ意識の高まりを背景として、オフィスにおいてもエネルギー制御システム需要が高まると判断し、独自の次世代型省エネオフィス制御システム開発・導入を進めている。次世代型省エネオフィス制御分野で最も先行しているのが鹿島建設(東京都港区元赤坂)で、2007年以降、鹿島建設の本社ビルや研究所内などに自社開発の省エネシステムを採用し、外部ビル向けにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、数件の受注を獲得している。竹中工務店(大阪府大阪市中央区本町)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、照度や温度などのセンサーを統合制御する省エネシステムを関連会社の本社ビルで導入している。大成建設(東京都新宿区西新宿)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東京都内のオフィスビルでシステム運用を始めたほか、大林組(東京都港区港南)は研究所内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の制御システムを導入している。オフィス部門の省エネ対策は家庭部門と並んで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が大きな課題となっている。鹿島建設では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、省エネシステムを採用したビルは、近い将来当たり前になると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の清水建設は次世代型省エネオフィスで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県平塚市の湘南ベルマーレはキングベルのマイバッグで二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策

 神奈川県平塚市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた身近な取組みの一環として、「湘南ひらつかマイバッグ推進本部」と平塚市商店街連合会が「湘南ひらつかマイバッグキャンペーン」で、レジ袋を削減してマイバッグを持参しようと推進している。神奈川県平塚市を地元とするサッカーチームの湘南ベルマーレのイメージカラーを施したマイバッグを作成して販売している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に繋がる「マイバッグ」の普及を目指す湘南ひらつかマイバッグ推進本部は、今般、3作目となるオリジナルマイバッグを作成した。1作目のマイバッグからおなじみの湘南ベルマーレカラーはそのままに、チームマスコットである「キングベル」のロゴがあしらわれている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として作成した前作のマイバッグと比較すると、横幅に余裕を持たせた設計(タテ31センチ×ヨコ35センチ、両サイドと底に14センチのマチ)となっており、コンパクトに折りたむこともできる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のマイバッグの材質はポリエステルで、11月1日から450円で限定5千個を販売するという。マイバッグは10月25日までは400円で予約販売しており、さらに、100個以上の予約購入の場合は1個350円になる。希望者は「新マイバッグ申込み」、氏名、住所、電話番号、個数を明記し、湘南ひらつかマイバッグ推進本部ファクス(電話兼用)0463-21-1090まで申し込みを。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県平塚市の湘南ベルマーレはキングベルのマイバッグで二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)と三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)は、ベトナムに原子力発電所を輸出した場合、どの程度の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出削減効果があるかを調査する事業を経済産業省(東京都千代田区霞が関)から受託したと発表した。国際的に売買できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を生み出す2国間オフセットクレジット制度の仕組み作りを目指すという。フランスや韓国などと競争しているベトナムにおける原子力発電所プロジェクト受注で優位に立ちたい考えだ。東京電力と三菱総合研究所は、ベトナムのエネルギー事情などについて2011年3月まで調査を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の算定の手法などをまとめ経済産業省に報告する。ベトナムで出力100万kwの原子力発電所を建設した場合に、既存の火力発電所を使い続ける場合と比較して年間で500万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があるという。先進国が途上国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力し、二酸化炭素(CO2)排出枠を得る国連のクリーン開発メカニズム(CDM)は、原子力発電所の建設を対象として認めていないが、日本は2国間オフセットクレジット制度の枠組みを新たに作り、新興国で需要が高まっている原子力発電所を対象とする方針だという。経済産業省などは今回の調査結果を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度の仕組みを適用したい考えだという。日本が得た原子力発電所の二酸化炭素(CO2)排出枠を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標達成のために使ったり他国に売却できれば、その分、輸出する原子力発電所の価格を引き下げることもできる。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2国間オフセットクレジット制度の排出量取引制度のあるヨーロッパ諸国などとも協調していくことも必要になるだろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

佐世保重工業SSKが長崎県佐世保市で電気自動車(EV)タクシーによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 佐世保重工業SSK(東京都中央区日本橋浜町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、長崎県佐世保市電気自動車(EV)を短時間で充電できるネットワークの構築に向けた実証実験を始めたと発表した。タクシーを運行するラッキー自動車(長崎県佐世保市城山町)などの協力で2年間にわたって、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の運行を行い、電気自動車(EV)の使用頻度や電力量などのデータを収集したうえで、実用化を目指すという。電気自動車(EV)を通常に充電する場合、160キロ程度走行するには充電に7~8時間の時間を要する。そのため、タクシーなどの営業車で電気自動車(EV)の本格導入を推進し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくためには、電気自動車(EV)を短時間で充電できるインフラ整備が急務となっている。佐世保重工業SSKはここに注目し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、同社の佐世保造船所(長崎県佐世保市)に、電気自動車(EV)を20分程度でほぼフル充電できる急速充電器を設置した。ラッキー自動車と佐世保重工業SSKの子会社が電気自動車(EV)各1台を近距離輸送用の営業車として導入し、この急速充電器を利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、燃費などの面でガソリン車と比較することにした。佐世保造船所で電気自動車(EV)の出発式があった後、充電の模様などが公開された。佐世保重工業SSK事業開発室は「電気自動車(EV)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ事業として成り立つかどうか見極め、ガソリンスタンドに変わるモデル事業を構築したい。電気自動車(EV)が普及する呼び水になれば」と期待しているという。ラッキー自動車も「今後、急速充電器の展望が開ければ、液化石油ガス(LPG)車を順次、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電気自動車(EV)に代えていきたい」と話した。長崎県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2013年度までに500台の電気自動車(EV)の普及を目標にしており、長崎県長崎市内でも既に電気自動車(EV)タクシーが導入されている。佐世保重工業SSKの実証実験について、長崎県電気自動車(EV)プロジェクト推進室では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の先進的な取組みに期待している」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 佐世保重工業SSKが長崎県佐世保市で電気自動車(EV)タクシーによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

長崎県長崎市でエコライフ・ウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策長崎県長崎市民に呼びかける「ながさきエコライフ・ウィーク」で、環境について考えるイベント「ながさきエコライフ・フェスタ」が長崎県長崎市常磐町の長崎水辺の森公園で開かれた。エコライフ・ウィークを提唱する長崎県長崎市などの主催で、これほど大規模な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策イベントを長崎県長崎市で開催するのは初めてのことだという。エコライフ・ウィーク会場では、長崎県内で最大規模になったガレッジセールや電気自動車(EV)の試乗会が行われたほか、長崎県長崎市の企業や市民団体などが、太陽光発電システムのソーラーパネルの展示やリサイクルグッズ作りなど合計で54のブースを出した。その中の一つの長崎大学(長崎県長崎市文教町)の教員や学生らでつくる「エネルギー環境教育研究会」のブースでは、自転車をこいで電気を発電して、明かりをつける実験を実施している。藤本登長崎大学准教授は「自分の力で発電することで、発電の大変さや電気の大切さを知ってほしい」と話していた。長崎県長崎市では、エコライフ・ウィーク期間中、長崎県長崎市民に対し、専用のチェックシートで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減量を調べ提出するようお願いしている。期間終了後、長崎県長崎市は、全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減量を公表する予定にしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長崎県長崎市でエコライフ・ウィークによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、電気自動車(EV)などに使用され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主要製品となるリチウムイオン電池の先端電池事業で、アメリカの自動車部品大手のジョンソン・コントロールズ(JCI)と提携すると発表した。今後、電気自動車(EV)など車載用やスマートグリッド(次世代送電網)向けの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるリチウムイオン電池を中心に、開発や生産及び販売などで協力していくという。アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池の世界市場で3分の1以上のシェアを誇る企業であり、アメリカだけでなく世界約150か国で自動車向け鉛蓄電池事業を展開している。ジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池以外にも内装部品なども手がけている。日立製作所は、こうしたジョンソン・コントロールズ(JCI)が持つ大手自動車メーカーとの取引関係を生かし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の販売網の拡大を図りたいとしている。日立製作所は2000年には、日産自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるハイブリッド車(HV)にリチウムイオン電池を供給するなど技術で先行していたが、韓国勢を含む電機各社のリチウムイオン電池への参入で値引き競争が激化しているという。既に、日立製作所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リチウムイオン電池の供給を決めているアメリカゼネラル・モーターズやいすゞ自動車に加え、新たなリチウムイオン電池の供給先の確保が課題となっている。日立製作所は、今後、アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)とさらに新たな次世代電池の開発も進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の売上高を2009年度の1400億円から2014年度には2500億円まで引き上げたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 千葉県木更津市は、共栄運輸(千葉県木更津市潮浜)と共栄海運(千葉県木更津市潮見)から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献してほしいと、三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」2台の寄贈を受けたとは発表した。共栄運輸と共栄海運の平井譲二会長から三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」のゴールデンキーを受け取った水越勇雄千葉県木更津市長は「千葉県木更津市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、走行中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)は環境行政推進の原動力となる」と感謝した。三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、8時間の充電で約100キロの走行が可能なため、市内を巡回する車としてはちょうどいいという。千葉県木更津市は環境部と消防本部でパトロールや防災などに活用していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岐阜県海津市は寄付された太陽光発電システム設備で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 岐阜県海津市南濃町田鶴にある石山保育園で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ソニー損害保険(東京都大田区)から贈られた太陽光発電システム設備の「そらべあ発電所」の贈呈式が行われた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指してグリーン電力普及啓発活動を行っているNPO法人「そらべあ基金」(東京都千代田区)の「そらべあスマイルプロジェクト」では、地球温暖化の原因防止活動に賛同する企業・個人からの寄付金によって、全国の幼稚園や保育園に太陽光発電システム設備を抽選で贈っており、今回で17基目の太陽光発電システム設備となる。保育園の屋根に太陽光発電システムの太陽電池パネル28枚が設置され、保育園の年間消費量の約11%を賄うことができるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するという。太陽光発電システムの贈呈式には、松永清彦岐阜県海津市長や保護者も出席し、ソニー損害保険の代表者が記念のプレートを贈呈した。保育園では、北極グマの兄弟キャラクター「そら」と「べあ」の紙芝居が子供たちに向けて上演された。松永岐阜県海津市長は「電気の付けっぱなしや水道の流しっぱなしをしないようにしましょう」と園児に呼び掛け、園長は礼を述べた。NPO法人そらべあ基金は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムなどによる自然エネルギー普及及び啓発のための寄付を受け付けている。振込先は郵便振替口座00180-5-262290そらべあ基金となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県海津市は寄付された太陽光発電システム設備で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

兵庫県加西市の北条鉄道はバイオディーゼル燃料(BDF)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 兵庫県加西市で運行している北条鉄道と兵庫県加西市が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、使用済み廃食用油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)だけで走行する列車の営業運転を開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)100%の燃料を使用しての営業運転は、全国でも初めてのケースだという。この日は廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)列車が、北条町駅(兵庫県加西市)から粟生駅(兵庫県小野市)までの13.6キロの区間を6往復した。北条鉄道では、今後、週末を中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)列車を運行するという。兵庫県加西市の北条鉄道は、加西市などが出資する第三セクターが運営しているが、近年、利用者数が落ち込んできている。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)の費用は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するというものの、北条鉄道が通常利用する免税軽油より3割ほど割高になるが、兵庫県加西市の北条鉄道を「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に優しい鉄道」として観光客を取り込むことによって、利用者の増加につなげたい考えだ。兵庫県加西市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリサイクル活動として、兵庫県加西市内の飲食店や家庭から天ぷらなどに使った廃食用油を集め、年間約10万リットルものバイオディーゼル燃料(BDF)を精製している。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)を使用すると、加速力や燃費及び二酸化炭素排出量とも軽油とほぼ同程度であるが、黒煙の量は3分の1程度に低減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するという。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)だけで走行する列車の初めての営業運転は、兵庫県加西市の「北条鉄道まつり」の開幕に合わせてスタートし、バイオディーゼル燃料(BDF)の客車1両に、軽油で動く1両を連結させて運行した。また、この日、兵庫県加西市の北条鉄道の北条町駅でニホンザルの小猿2匹が駅長に就任し、北条鉄道社長である中川暢三兵庫県加西市長から就任の辞令交付が行われた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県加西市の北条鉄道はバイオディーゼル燃料(BDF)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチ

 新潟県上越市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンエネルギーの新潟県上越市市内への普及を目的に進めている風力発電事業の累積赤字が、2009年度で約1億5600万円に上ると発表した。新潟県上越市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで4基のクリーンエネルギーの風力発電施設を新潟県上越市内で管理・運営しているが、落雷による故障が相次いでいた。しかも、新潟県上越市の風力発電施設4基のうち3基が外国製であることから、故障した風力発電の部品取り寄せや修理にかなりの時間がかかり、その間、風力発電は休止している。新潟県上越市は風力発電施設の落雷対策の強化に乗り出したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいうものの、抜本的な風力発電事業に伴う赤字解消策は見えていない。新潟県上越市の風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンボルとして、「三の輪台いこいの広場」(新潟県上越市国府)に2基、直江津港の「港公園」(新潟県上越市大字直江津)と「道の駅うみてらす名立」(新潟県上越市名立区名立大町)に各1基が、建設費は1基当たり約1億6600万円~約2億6400万円をかけて整備されている。2001年4月から2003年11月にかけて、風力発電は順次発電を開始し、販売先の東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の設備に向けて送電されている。新潟県上越市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設の最大の敵は、冬季に多い落雷となっている。新潟県上越市の港公園にあるドイツ製の風力発電施設が昨年1月に落雷で故障し、修理して発電を再開するまでに1年もの期間がかかった。昨年度は新潟県上越市の風力発電施設全4基が、345~32日間故障して発電が止まった。このため、新潟県上越市の東北電力への売電額は約1,000万円と伸び悩み、風力発電による売電と維持管理費の収支差だけで約3,800万円の赤字となったという。今年度、新潟県上越市は直江津港の港公園の施設で、風力発電施設の風車の羽根の装置を改良して避雷針としての機能を高めた。また、三の輪台いこいの広場のデンマーク製の風力発電施設については、2基を接続しているケーブルを交換して落雷による被害を防ぐ対策を講じたという。新潟県上越市環境保全課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設の売電収入と維持管理費の支出が同額程度になるのが目標」としているが、イニシャルコストの回収は頭にないようである。新潟県上越市の風力発電施設は起債で整備したことから、2017年度までに毎年度約2,700万円の借金を返済する必要がある。そのうえ、東北電力による風力発電からの余剰電力買取価格が低額に設定されており、改善は簡単にはいかない。新潟県上越市議会からは、「新潟県上越市の財政が窮迫する中で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、大きな赤字を出しながらも風力発電を継続していく意義はあるのか」と指摘されている。しかし、風力発電施設の耐用年数に到る前に中止すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電施設建設費などに対して約3億円の補助金を拠出した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、補助金返還を求められる可能性がある。風力発電については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の象徴になるとはいえ、イニシャルコストが莫大な割にはそれに見合う発電量が少なく、しかも、故障が多く、そのうえバードストライクや騒音による苦情もあるなど、導入に当たっては検討する事項が非常に多い。新潟県上越市のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金も出るからと、安易に風力発電施設を導入すると、後々大変なことになるという先例を残してくれたといえる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県上越市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電事業が赤字でピンチはこちら

早稲田大学や昭和飛行機工業等は埼玉県本庄市で先進電動マイクロバスIPSによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 早稲田大学環境総合研究センター(東京都新宿区早稲田鶴巻町)は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「地域産学官連携環境先端技術普及モデル策定事業」により開発された先進電動マイクロバスの新型「WEB-3(ウェブスリー:WEBはWaseda advanced Electric micro Bus)」の説明会及び試乗会を早稲田大学本庄キャンパス(埼玉県本庄市西富田)で開催した。先進電動マイクロバスの説明会及び試乗会は、研究代表の早稲田大学環境総合研究センター教授の大聖泰弘、環境省環境研究技術室室長の秦康之があいさつを行った。続いて、早稲田大学環境総合研究センター教授の紙屋雄史によるWEB-3の説明と、昭和飛行機工業(東京都昭島市田中町)特殊車両総括部EVP事業室技師長の高橋俊輔による非接触充電器(IPS)の技術説明があり、さらに、財団法人本庄国際リサーチパーク研究推進機構(埼玉県本庄市西富田大久保山)による先進電動マイクロバスの実証実験に関する説明が行われた後、先進電動マイクロバスの試乗会へと進んだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、先進電動マイクロバスの研究開発は、早稲田大学や昭和飛行機工業が中心となって2004年から実施されている。先進電動マイクロバスのバッテリーの搭載量を意識的に最小限とすることで、短距離走行及び高頻度充電というコンセプトに基づき、先進電動マイクロバスの車両重量低減とコストの大幅削減を目指していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実用化に近づいている。さらに、先進電動マイクロバスの高頻度充電を快適に行えるように、マイクロバスの運転席から簡単なボタン操作だけで充電池への充電を可能とする非接触充電装置(IPS)を独自に開発しており、充電池への充電効率は同タイプの電動車両用としては世界最高水準の92%を達成しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発している、先進電動マイクロバスのWEBとしては5代目に進化したWEB-3では、エンジンやクラッチ、フライホイール等不必要な装置をはずすことで走行効率を高めるとともに、高電圧絶縁型エアヒーターや電動コンプレッサー型クーラーを採用することで実用化には必須の空調性能を向上させている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2012年度から施行される予定になっている電動車両用安全基準も完全に満たしているほか、非接触充電装置(IPS)は、先進電動マイクロバスの地上側を路面と面一とするなど大幅に改良されている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する先進電動マイクロバスのWEB-3は、10月9日から23日まで、JR本庄早稲田駅(埼玉県本庄市北堀字山ノ根)、本庄駅(埼玉県本庄市銀座3丁目)と本庄市役所(埼玉県本庄市本庄3丁目)を結ぶルート、そして、11月8日から12月6日まではJR熊谷駅(埼玉県熊谷市筑波2丁目)周辺と熊谷サティ(埼玉県熊谷市本石2丁目)・八木橋百貨店(埼玉県熊谷市仲町)周辺を循環するルートで実証実験を実施するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 早稲田大学や昭和飛行機工業等は埼玉県本庄市で先進電動マイクロバスIPSによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクル

 「DAILY TECH」によると、地球温暖化の原因は人間の活動による温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量の増大にあるのではなく、太陽活動サイクルによってもたらせるものであるということが、アメリカNASAの研究によって証明されたというニュースが報じられている。地球温暖化の原因が、現在は人間の産業活動による温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が増加したためという説が一般的になっている。そのため、世界的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みが行われており、再生可能クリーンエネルギーの開発や二酸化炭素(CO2)排出量取引制度、グリーン証書などが注目されている。しかし、これまでのアメリカのNASA研究データでは、太陽活動サイクルによる太陽の黒点の数の変化は地球の温暖化又は寒冷化の傾向と完全に一致していることが見て取れるという。太陽活動サイクルでは、20世紀は太陽活動が活発な時期に当たることから、地球は温暖化の傾向を示しているという。実際、最近のNASAの研究においても、非常に長い期間の気象データを見ると、地球の温暖化と寒冷化は周期的なものであると認められるという。NASA Study Acknowledges Solar Cycle, Not Man, Respansible for Past Warming.以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのNASAのデータでは地球温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)排出量ではなく太陽活動サイクルはこちら

兵庫県神戸市は下水汚泥のバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 兵庫県神戸市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、バイオガスの実証試験を行っている。従来は産業廃棄物として処分していた下水汚泥をガスの原料とする「バイオガス」の一般家庭への供給が、兵庫県神戸市東灘処理場(兵庫県神戸市東灘区)で開始された。兵庫県神戸市と環境装置メーカーの神鋼環境ソリューション(兵庫県神戸市中央区)、大阪ガス(大阪府大阪市中央区平野町)が協力し、国内で初めて都市ガスの導管に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオガスを注入した。兵庫県神戸市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として2020年度までの10年間にわたって実証実験を続け、下水汚泥のバイオガス普及に向けて採算性の向上などを検証する。兵庫県神戸市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、これまで「こうべバイオガス」の商品名で、2008年から路線バスや宅配トラックの燃料として供給していた。バイオガスの家庭向けは、都市ガス基準に合うよう成分を調整する必要があることから、兵庫県神戸市東灘処理場内の約200平方メートルにバイオガスの二次精製設備を新設して実証実験を重ねていたという。兵庫県神戸市によると、1年間に約2千世帯分に相当する約80万立方メートルを送る能力があり、これによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間1,200トン削減する効果がある。矢田立郎兵庫県神戸市長は「人類が存続する限り枯渇しない下水汚泥からの再生可能エネルギーのバイオガスで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策やエネルギー自給に貢献する先進地にしたい」と話した。今後、兵庫県神戸市垂水区や長田区の下水処理場でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、下水汚泥からのバイオガス製造に乗り出し、都市ガス供給を検討する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市は下水汚泥のバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大分県別府市の大分みらい信用金庫は電動スクーターで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策に貢献

 大分県別府市の大分みらい信用金庫は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につなげようと、電動スクーター5台を導入し、先般、納入式があった。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入したのは、タイセイエンター(大分県大分市)とEV-KIMOTO・LABORATORY(大分県大分市)が共同開発したもので、中国で部品を生産し日本で最終組立を行った電動スクーターである。電動スクーターは高性能リチウムイオンバッテリーを搭載しており、1回の充電で約100キロ走行することが可能であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は原付きバイクの7分の1程度に削減することができるという。大分みらい信用金庫は、渉外担当職員用に原付きバイクなど全部で約150台を所有している。電動スクーターは1台36万円で、従来のバイクより15万円ほど高いが、燃料費の電気代がガソリンの10分の1程度で済むため、数年間で元を取れるとみているほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるというお金に返られない大きな効果がある。大分みらい信用金庫では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電動スクーターの状況をしばらく見ながら、電動スクーターの台数を増やすかどうかを検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大分県別府市の大分みらい信用金庫は電動スクーターで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策に貢献はこちら

栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備で出る間伐材製のベンチを栃木県内の公的施設に無料配布しようと希望を募ったところ、栃木県が当初予定していた100脚を大幅に上回り、27倍の2700脚に達したと栃木県環境森林部が発表した。栃木県はニーズに応えて配布数を拡大するため、事業費660万円の追加補正予算案を、開会中の栃木県議会9月定例会に提出した。栃木県は配布数を500脚に増やし、来年2月から栃木県内公共施設などに配布を始めたい考えだ。栃木県が無料で配るのは、長さ約1.3メートルの木製ベンチである。これは、栃木県の「とちぎの元気な森づくり栃木県民税事業」で森林整備した奥山から出た主にスギの間伐材を利用して製作したもので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定しており、配布先は栃木県内の市町庁舎や病院などとなっている。栃木県は2008年から毎年、森林整備で出る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定した間伐材製の学習机を栃木県内の小中学校に配布してきたという。今回の栃木県の木製ベンチ配布は、栃木県内の幅広い世代や層に森林整備による間伐材利用と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を呼びかける狙いがあるという。栃木県林業振興課は「温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定した、森林整備による間伐材を利用した環境問題にとても優しい製品であり、使い勝手もよいので好評だったのではないか。間伐材利用製品に興味を持ってくれれば、間伐材利用が進み、結果的に奥山の森林整備も進む」と波及効果に期待を寄せており、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるうえ、要望も多いので、次年度以降の配布数の増加などを検討したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は森林整備の間伐材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催

 株式会社リサイクルワン(東京都渋谷区渋谷)は、平成22年10月20日(水)10:00からWTCコンファレンスセンターRoomB1(東京都港区浜松町二丁目4番1号)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するセミナーを無料で開催すると発表した。プログラムでは、「加速する地球温暖化政策の動向と企業経営への活かし方」と題して、株式会社リサイクルワン 温暖化対策事業部マネージャー田之畑聡氏が講演を行う。国内排出量取引制度環境税新エネ全量買取制度など、企業を取り巻く地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係わる政策は今まさに激しく動いている。これらの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の動向は今後の企業経営に大きく影響することから、本セミナーでは最近の政策動向を俯瞰しつつ、単なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への法規制対応だけでなくコスト削減やマーケティングへの活かし方も、事例を交えて考える。次に、「地球温暖化への対応とビジネスへの活用方法」と題して、日本興亜損害保険株式会社(東京都千代田区霞が関)CSR部長伊東正仁氏が講演を行う。東京都環境確保条例を始めとして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の規制強化への動きが進む中、各企業の地球温暖化の原因防止対策への取組みが、より一層求められてきている。大手保険会社の日本興亜損保では、カーボンニュートラル企業を目指し、様々な取組みを行っている。今回は、既に実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンマネジメントの取組みに加えて、新たに展開された企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減支援サービス等について講演する。次に、「電気自動車関連ビジネスの最前線」と題して、兼松株式会社(東京都港区芝浦)事業推進部チーフビジネスコーディネーター五ノ坪良輔氏が講演を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)の普及が本格化しようとしている状況で、電気自動車(EV)関連ビジネス市場も拡大が確実視されている。電気自動車(EV)の販売から通信ネットワークにまで広くパートナー企業との連携を築きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)ビジネスの立ち上げを推進しているのが、総合商社兼松である。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえて、電気自動車(EV)ビジネスの現場の最前線で活躍中の講師が、電気自動車(EV)の市場動向や事業展開の内容及びヒントについて講演する。最後に、「低炭素社会で勝ち抜く環境ビジネス ~政策動向と事業化の見方、考え方~」と題して、株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部マネージャー藤平慶太氏が講演を行う。スマートグリッド、電気自動車(EV)、二酸化炭素(CO2)排出権、新エネルギー全量買取制度など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、次世代の環境問題に関する事業に対してのシーズが次々に芽ばえてきている中で、環境問題事業への進出や新規事業戦略の構築を検討されている企業が急増している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先行事例を紹介しながら、環境問題ビジネス戦略の視点、考え方のヒントを講演する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都渋谷区のリサイクルワンは港区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ビジネスのセミナーを開催はこちら

長野県駒ケ根市のネクストエナジー・アンド・リソースは大阪府大阪市の大阪ガスと業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システム関連やグリーン電力証書の売買サービスを行うネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、店舗やオフィスビルなど向けに太陽光発電システムを設置して電力供給する事業で大阪ガス(大阪府大阪市中央区)と提携した。ネクストエナジー・アンド・リソースの太陽光発電システムのサービス利用者は、太陽光発電システムを所有せず電気だけを購入することになるので、初期投資なしで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策が可能になる。ネクストエナジー・アンド・リソースと大阪ガスは互いの営業エリアで太陽光発電システムのサービス事業を拡大していくという。ネクストエナジー・アンド・リソースが設置する太陽光発電システムは、日本政策投資銀行などが出資するファンドが所有することになる。ファンドには太陽光発電システムのサービス利用者から電気料金が入る仕組みになっている。ネクストエナジー・アンド・リソースと大阪ガスがそれぞれ営業活動を展開する。太陽光発電システムのサービスに係る電気料金は割高に設定されているが、利用者は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用可能なグリーン電力証書を得ることができる。グリーン電力証書は市場を通じ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として販売することができるほか、利用者自らの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減分として取り込むこともできる。ネクストエナジー・アンド・リソースは、インターネット上で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のグリーン電力証書を取引する専門サイトを開設している。また、サービス利用者が太陽光発電システムで発電した電気を使い切れない場合は、電力会社に売電することも可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、2010年4月に施行された改正省エネルギー法では、大規模なビル所有者だけでなく小規模の店舗を複数所有する企業にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出する化石燃料を使ったエネルギー消費を削減する目標を義務付けている。地方自治体でも東京都を始めとして、二酸化炭素(CO2)排出関連の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の規制強化が進んでいる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県駒ケ根市のネクストエナジー・アンド・リソースは大阪府大阪市の大阪ガスと業務提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

群馬県桐生市でセグウェイによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 群馬県桐生市職員の自主研究グループ「kiryu-kiryu」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、低炭素型の観光都市づくりを目指し、10月16日(土)に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動式立ち乗り二輪車「セグウェイ」のモニター試乗会を無料で開催すると発表した。アメリカで開発されたセグウェイは電気モーターで駆動するため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出せず、環境に負荷をかけない電動二輪車の乗り物として注目されている。しかし、セグウェイは国内で公道での走行を認められていない。このため、セグウェイの試乗会は、JR両毛線桐生駅前(群馬県桐生市末広町)の「末広歩行者天国」(午前10時~午後16時)において行われる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実感するため、用意されるセグウェイは計5台で、1人約5分間のセグウェイの試乗ができる。群馬県桐生市の研究グループは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するセグウェイは、それだけでなく、群馬県桐生市の観光の移動手段として利用できるのではないか。セグウェイ試乗後のアンケート結果を参考しながらセグウェイの活用策を模索したい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のセグウェイの試乗は無料だが、整理券が必要で、同日午前9時から桐生駅構内にある群馬県桐生市の市民活動推進センター「ゆい」で配布される。セグウェイの試乗は先着90人を予定している。セグウェイの試乗の条件は、飲酒していない20歳以上の者で体重45~118キロの者となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県桐生市でセグウェイによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策

 川崎重工業(兵庫県神戸市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する取組みとして、同社の熱水式バイオエタノール製造技術を活用することによって、廃棄物である稲わらを原料とした自動車燃料として使用可能な再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造に成功したと発表した。川崎重工業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県農業公社(秋田県秋田市中通)とともに、2009年1月から稲わらを原料とした自動車燃料のバイオエタノールの製造の実証実験に取り組んできた。川崎重工業がバイオエタノールの製造と走行実証を行い、秋田県農業公社がバイオエタノールの原料の収集運搬について役割分担している。川崎重工業は2009年11月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県潟上市で1日当たり200リットルのバイオエタノールの生産能力を持つ製造実証プラントでバイオエタノールを製造している。再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造では、稲わらの糖化工程に熱水式バイオエタノール製造技術を採用したという。このバイオエタノール製造技術は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新たな手法を採用し、熱水を使って糖化処理を行うもので、回収設備が必要となる硫酸やコスト高となる酵素が不要なため、バイオエタノールの製造コストを抑えることができるという。また、熱水の条件を適切に設定することで、稲わら以外のソフトセルロースについてもバイオエタノールの糖化処理が可能になるという。今回、プラントで製造したバイオエタノールを使って、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使えるのかどうか、大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)で実車による走行実証試験を行い、自動車の安定走行とこのエタノールが自動車燃料としての基準を満たしていることを確認した。川崎重工業は、この秋田県潟上市のバイオエタノールのプラントで製造コストの一層の低減を目指した実証試験を継続し、現実的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるよう、バイオエタノールの商用化に向けて1リットル当たり40円以下の製造コストを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 愛知県名古屋市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取組むコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験が、10月1日に愛知県名古屋市の栄エリアと名駅エリアで開始された。10月2日には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3)前でオープニングセレモニーが開催され、河村たかし愛知県名古屋市長や名古屋おもてなし武将隊から豊臣秀吉、徳川家康、前田利家が駆け付け、愛知県名古屋市のコミュニティーサイクルシステムで走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない「名チャリ」をPRした。当日は、愛知県名古屋市を拠点とするプロ野球の中日ドラゴンズが優勝を決めたこともあり、愛知県名古屋市の久屋大通北ステーションで自転車を借りた河村愛知県名古屋市長は「燃えよドラゴンズ」を熱唱しながら上機嫌で来場した。続いて、武将隊の秀吉さんが、今年から導入したICカードで管理される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコミュニティーサイクル自転車の取り出しを実際に行った。意外と簡単な便利なシステムを目の当たりにした家康さんは「わしは400年も前から馬を貸し出すことをやっておった。それと同じじゃな、名チャリは」などと話した。今年は愛知商業高校(愛知県名古屋市東区徳川)の生徒らが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の名チャリとコラボする形で観光地の円頓寺マップを作成した。マップを見た河村愛知県名古屋市長は「愛知県名古屋市という都会にある古き良き時代を掲載しているのはええこと。」とエールを送った。愛知県名古屋市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施する栄エリア(愛知県名古屋市中区栄)の名チャリステーションは、名古屋テレビ塔、中区役所前、電通中部支社前、松坂屋南館前、矢場公園、栄広場、ナディアパーク前、白川公園、でんきの科学館前などとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら

滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 滋賀県栗東市では、東海道新幹線新駅誘致は中止したが、その用地に進出を予定しているリチウムエナジージャパン(京都府京都市南区)は、新工場の起工式を行うことを滋賀県と栗東市に通知した。リチウムエナジージャパンのリチウムイオン電池を製造する滋賀県栗東市の新工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高い、主に電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池を製造する予定をしており、2012年の本格稼働を目指すという。リチウムエナジージャパンは2010年10月の着工を条件に、滋賀県栗東市の土地開発公社から約5.6ヘクタールの用地の買収を決め、滋賀県栗東市の公社が造成を急いでいた。嘉田滋賀県知事は「滋賀県栗東市の新駅用地の後継事業は、栗東市政と滋賀県政の大きな政策課題となっている。進出用地はまだ5分の1程度でしかなく、滋賀県と栗東市でインフラ整備を推進したい」と話している。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大分県が二酸化炭素(CO2)削減認定事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 大分県は、地球温暖化の原因防止に向けた二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量削減対策のため、二酸化炭素(CO2)削減認定事業を実施している。大分県内の事業所が実施するオフィスでのエコ活動やOA機器の省エネタイプへの更新、冷暖房の設定温度の見直し、エコドライブの徹底などの地球温暖化の原因防止対策につながる取組みについて、その実績を二酸化炭素(CO2)の排出削減量として表示した「CO2削減証書」を発行し、大分県のホームページなどで名称などを公表するという。二酸化炭素(CO2)削減認定事業へ応募する事業所は、まず二酸化炭素(CO2)削減認証の対象とする期間(1か月以上12か月以内)や二酸化炭素(CO2)削減のための取組み内容などを記載して大分県へ応募し、取組み期間終了後に、期間中の二酸化炭素(CO2)削減実績と前年度の二酸化炭素(CO2)削減実績などの比較による二酸化炭素(CO2)削減量などの結果を実績報告書で大分県へ報告する必要がある。二酸化炭素(CO2)削減認定事業の応募期間は2011年3月までとなっている。応募できるのは、大分県内の事業所オフィス、学校、ホテル・旅館、店舗、病院などが対象となる。問い合わせは、大分県生活環境部地球環境対策課(TEL:097-506-3034)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大分県が二酸化炭素(CO2)削減認定事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

パリモーターショーは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)出展

 世界有数の先進的な自動車ショーであるパリモーターショーが9月30日から開催されている。今回のパリモーターショーの特徴は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を反映して、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)や排出量が少なく燃費がよい省エネ対策のハイブリッド車(HV)が数多く出展され、環境問題の技術を巡る自動車メーカー間の開発競争の激しさをこれまで以上に反映しているといえる。我が国の日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区宝町)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年12月に発売する電気自動車(EV)「リーフ」に続く新型電気自動車(EV)「タウンポッド」のコンセプト車を出展している。日産自動車はヨーロッパでスポーツ用多目的車(SUV)などの販売が好調であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた新型電気自動車(EV)で攻勢を強める作戦だという。ホンダ(東京都港区南青山)も、パリモーターショーで欧州向けの小型車「ジャズ」(日本名フィット)の新型電気自動車(EV)を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として発表している。トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)は、日本で2011年当初から販売を開始する高級ブランド「レクサス」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策車である小型ハイブリッド車(HV)「CT200h」を展示している。消費者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への意識の高まりを反映したパリモーターショーの一般公開期間は、10月2~17日となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パリモーターショーは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)出展はこちら

オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組み、環境問題に配慮した自動車関連サービスを推進する一環として、10月1日から沖縄県本島で、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車レンタル「eチャリ」を始めている。オリックス自動車では、昨今の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への意識の高まりや健康志向による自転車の積極活用が見込まれることから、カーシェアリング及びレンタカーを始めとするオリックス自動車のサービスの一つとして、首都圏及び近畿圏を中心に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車のレンタル「eチャリ」事業を開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、沖縄県本島にあるオリックスのレンタカー店舗6店に電動アシスト自転車を20台導入し、レンタルを開始した。導入する自転車は、パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市片山町)の電動アシスト自転車「リチウムビビ・ラッテ」である。この沖縄県の6店舗間では乗り捨てが可能なワンウェイ利用ができるという。オリックス自動車では、今回の沖縄県本島への電動アシスト自転車レンタルの導入に当たり、10月14日からレンタルサービス開始記念キャンペーンを実施するという。電動アシスト自転車レンタル料金を特別料金で実施する、電動アシスト自転車専用のパーソナルナビゲーションシステムのレンタル料金を一律50%割引の250円で行うほか、レンタカードライブマップなどをプレゼントする。オリックス自動車は、これまで沖縄県内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に配慮した取組みとして、2月から沖縄県西表島で三菱自動車工業の電気自動車(EV)「i-MiEV」6台を導入してオリックス自動車初となる電気自動車(EV)のレンタカーを始めたほか、西表島において7月から電動アシスト自転車レンタルの「eチャリ」も行っている。オリックス自動車では、今後とも自社の事業活動における環境問題対策を推進するとともに、環境負荷低減に対する活動を関連サービス事業を通じてサポートしながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとした環境問題に取り組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

映画「ビューティフル・アイランズ」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策を考える

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について問題を訴えかけ、現に地球温暖化の原因で環境が変化してきている3つの島の現状を描いた環境問題のドキュメンタリー映画「ビューティフル・アイランズ」(海南友子監督)が10月2日から10月15日まで、「シネマテークたかさき」(群馬県高崎市あら町)で上映される。10月3日午後4時の回の上映後に、海南監督による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関しての舞台あいさつも予定している。映画「ビューティフル・アイランズ」が取り上げたのは、地球温暖化が原因で大きな環境問題を抱えている南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカ最西端のシシマレフ島となっている。「ビューティフル・アイランズ」によると、海抜1.5メートルしかないツバルでは、地球温暖化の原因が進むことによって「海に沈む島」として水没が懸念されている現状がある。イタリアのベネチアでは、地球温暖化が原因と思われる高潮による浸水が異常な頻度で起こっており、また、シシマレフ島では、地球温暖化の原因で海が凍らず、永久凍土が溶けてシシマレフ島民の約2割が家を失っているという。「ビューティフル・アイランズ」では、美しい自然豊かな環境の中で生きる人々の暮らしと、地球温暖化の原因による深刻な環境問題の状況の両面を丁寧に映し出すことで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかけている。海南友子監督は1971年東京都生まれで、大学在学中に是枝裕和監督のテレビドキュメンタリー番組に出演したのをきっかけに映像の世界に入った。その後、NHKに入社し、主に環境問題を取り上げた番組などに携わった経歴がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 映画「ビューティフル・アイランズ」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策を考えるはこちら

大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 パナソニック電工(大阪府門真市大字門真)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するため、屋外設置可能な一戸建て住宅用の電気自動車(EV)充電スタンド「ELSEEV mine(エルシーヴマイン)」を発売する。既にパナソニック電工は、パブリックスペース用や壁面取付タイプの屋外コンセントを発売しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)充電スタンドのエルシーヴマインは、自立スタンドタイプで住宅などのプライベートエリアでの使用ニーズに適したものとなっている。一戸建て住宅のガレージなどに設置場所を広げることができるという。新たな電気自動車(EV)充電スタンドは、200Vと100V電源の両方に対応していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電動バイクなどで採用されている100Vコンセントを標準で搭載し、車両の「オール電化」に対応できる。また、対応してコンセントユニットの増設も可能なので、複数の電気自動車(EV)の充電にも対応することができる。コンセントをつないでも、扉を閉めないと電気が流れないインターロック機構があり、万が一の感電事故を防ぐようになっている。いたずら防止のダイヤルキーや夜間にユニット内を照らすLED照明も付いている。千葉県千葉市の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN」(10月5日~9日)に電気自動車(EV)充電スタンドのコンセプトモデルが展示されるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニック電工は電気自動車(EV)充電スタンドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、全国にある290棟のすべての住宅展示場を対象に、その運営で使用する電気・ガスにより1年間に排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を自社社有林で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、カーボンオフセットを実施すると発表した。住友林業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境省(東京都千代田区霞が関)が推進するオフセット・クレジット(J-VER)制度の「持続可能な森林経営促進型プロジェクト」において、昨年7月、宮崎県山瀬地区の住友林業社有林を対象とした「住友林業株式会社 社有林管理プロジェクトⅠ」が「持続可能な森林経営促進型」の第1号として登録された。今回の取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自社のオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、事業活動における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを決定した。住友林業では、今後とも環境問題への配慮の取組みを更に推進していくという。今回は自社で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、展示場の運営で使用する電気・ガスにより排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を相殺することとし、事業所でも更なる環境配慮への取組みを進めていくとのこと。これらは、2009年から住友林業が推進する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」の取り組みの一環である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」は、山林環境事業で培った植林ノウハウを活かし、環境保全、生物多様性に配慮した二酸化炭素(CO2)を固定する森林整備を推進するとともに、住まいづくりの過程で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットする山林事業から住関連事業に至るまで、そのすべてをグローバルに展開する取組みである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)、オリックス(東京都港区芝)、オリックス自動車(東京都港区芝)の4社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)が搭載する蓄電池の電気を家庭などで利用するためのシステムの開発に着手したと発表した。これには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO:神奈川県川崎市幸区)の補助金も決定している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)を、さらに「走る蓄電池」と位置付ける取組みで、電力需給を自動調整する次世代送電網のスマートグリッドの一つとしても期待されている。電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオンなどの蓄電池を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる社会インフラと位置付け、家庭や地域社会で利用する仕組み作りを検討していくという。日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)リーフの蓄電池から家庭やビルに電気を流す技術を開発する。12月に発売する電気自動車(EV)リーフの蓄電容量は、一般家庭の2日分の消費電力に相当するという。現在の仕組みでは、一度電気自動車(EV)の蓄電池に蓄えた電気を、再び、家の中の家電製品などの電気として使用できないが、これを可能にする仕組みを検討するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムを備えた住宅も徐々に増えているが、この自宅で発電した電気を電気自動車(EV)の蓄電池に蓄え、走行しない時や災害時に家庭用電力として利用する方法なども研究するという。日産自動車では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、これまで電気自動車(EV)は走ることだけしか考えてこなかった、それ以外の役割も果たすことができるようになる」と話している。また、今後、電気自動車(EV)の普及に合わせ、充電スタンドの整備も進むとみられているため、日立製作所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電と蓄電池を利用した効率的な電気自動車(EV)の充電システムなどを検討する。オリックス自動車は電気自動車(EV)のカーシェアリングシステムなどを研究するという。今回の取組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「蓄電複合システム化技術開発の対象事業」として8月に採択された。同事業による研究費などに対する補助金を受け、神奈川県横浜市において実証実験を行う予定で、2012年度までに成果を上げたいという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の蓄電複合システム化技術開発の対象事業には、東京電力(東京都千代田区内幸町)や東芝(東京都港区芝浦)など9社によるスマートグリッドの蓄電池制御の最適化へ向けた「リチウムイオン電池データの標準化」なども採択されている。電力会社や電機メーカーはもちろん、電気自動車(EV)や家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する自動車メーカーにとっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するスマートグリッド市場は大きな市場になる。このため、トヨタ自動車も愛知県豊田市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池の電気を家電製品などに供給する実証実験を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

大阪府大阪市の積水化学工業が高機能断熱材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 積水化学工業(大阪府大阪市北区西天満・東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する商品として販売している高機能断熱材の販売対象を従来の木造住宅や鉄骨造りの店舗に加え、規模の大きなビルやマンション等の鉄筋コンクリート造りの建物にも拡大する。積水化学工業は、建材メーカーのツヅキ(大阪府東大阪市)と協力し、積水化学の板状断熱材「フェノバボード」と断熱材をコンクリートに固定する金属製部品や外壁材を組み合わせてシステムとして販売する。ツヅキがシステムの販売を担当し、積水化学はフェノバボードを供給する。積水化学工業は、これまで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる断熱材のみを販売してきたが、鉄筋コンクリートの建物では他の建材と合わせて販売するのが一般的であることから、販売対象に含めていなかった。フェノバボードはコンクリートの構造材と外壁の間に断熱材を挟む「外断熱工法」に対応できるため、住民が住んだまま改修も施工できる。建物を外気や紫外線から守り寿命を延ばせるほか、冷暖房費に係る高熱水費を減少させることができ、高機能サッシを併用した場合で3~5割の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になるという。積水化学工業によると、鉄筋コンクリート製建物の外断熱材市場は約120億円の規模があり、毎年30%程度の拡大が見込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の積水化学工業が高機能断熱材で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 大手サッシメーカーが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する製品として、オフィスビルやマンション向けに断熱性能や遮音性を高めた環境性能の高い高機能サッシを相次いで発売している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策などに対するエコ意識の高まりに伴い、企業や消費者が環境問題配慮型のビルやマンションを選ぶ傾向を強めるなか、ビルや集合住宅のオーナー向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を抑えられる高機能サッシの特徴をアピールしている。住生活グループ傘下のトステム(東京都江東区大島)及び新日軽(東京都江東区南砂)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、共同開発したビル用高機能サッシを10月1日から発売している。トステムが「プローゼ100」、新日軽は「RMG-100」の名称で売り出している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する環境性能が高いとされるペアガラスのすき間が12ミリの複層ガラス専用で、両社の技術を組み合わせることで開口部の断熱性を一段と高めた高機能サッシが特徴となっている。この高機能サッシは、エアコンの室温を冬は低めに、夏は高めに設定することが可能になり、エネルギー消費量削減による省エネ対策のほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高機能サッシの参考価格は、幅170センチ、高さ180センチのタイプが12万3000円で、従来品と同程度に据え置いた。また、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中低層オフィスとマンション向けに、断熱性能を高めながら低コストを実現した高機能サッシとして「EXIMA31」を販売している。この高機能サッシは、全製品を中間空気層12ミリの複層ガラスに対応させつつ、価格は4万8200からに抑えた。このほか、三協立山アルミ(富山県高岡市早川)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高機能サッシを使った「MTG-70 HOOK工法」を5月に売り出しており、不二サッシ(神奈川県川崎市幸区)も「コンフォート CF」を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として6月から販売している。社団法人日本サッシ協会(東京都港区西新橋)によれば、2010年度のアルミサッシ需要は、前年度比1.5%減の20万2000トンに縮小する見通しで、このうち、ビル用サッシは12.4%減の7万8000トンと減少する見込みだという。このため、市場が縮む中で各社間の顧客争奪戦が一段と激化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の機能の競争も激しくなると予想している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「雪利用住宅」について、モデル事業として設備の工事費に補助金を出している。「雪利用住宅」は、住宅の高床部分を雪室にするなどして、冬季の雪を溜め込み、住宅での夏期の冷房等に利用できるようにしたものである。新潟県魚沼市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業として毎年1棟の雪利用住宅の建築に対して補助金の支出を行っており、補助金の希望者を募集している。新潟県魚沼市ならではの快適で環境にやさしい雪冷房の家は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新しい提案であり、新潟県魚沼市では平成21年度に1棟の補助を行っている。雪冷房の特徴は、クーラーのように冷えすぎる感じがなく、夏の冷房運転にかかる電気代がわずかとなり、省エネ対策と共に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になり、環境問題に対応したものとなっている。さらに、雪冷房の家は、雪で冷えた貯蔵室が重宝になるだけでなく、部屋の湿気やホコリ、臭いを雪が取ってくれるという家の中の環境問題も解決してくれるものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている新潟県魚沼市の雪冷房の家補助金の対象者は、新潟県魚沼市内に居住している個人又は事業所がある法人で、雪利用住宅を新潟県魚沼市内に建築する場合となっている。さらに、雪冷房の家補助金の条件として、雪利用住宅に関する技術を研究、改良し、地域へ普及・還元する意欲があることと、完成後、使用実績や効果等についての調査や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発事業等に協力することを求められる。補助対象設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、雪を保存するための雪室(高床式の基礎を利用する場合は躯体を除く。)、貯蔵した雪を利用した冷房設備、貯蔵した雪を利用した低温室及び冷蔵設備となっており、仕様は新潟県作成の「雪冷熱エネルギー住宅建築のためのガイドライン」に準じた物とする。補助金額は300万円を限度として助成する。問い合わせは、魚沼市市役所市民課環境対策室まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県魚沼市は雪冷房の家補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を話し合う、愛知県岐阜県三重県の東海3県と愛知県名古屋市の知事市長会議が岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館で開催された。企業や市民が削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、二酸化炭素(CO2)削減事業に投資することで相殺するカーボンオフセット制度の推進へ向けて、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と愛知県名古屋市の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をデータベース(DB)化していくことで合意した。10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)後に作業部会を設け、1年以内に二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をDB化するという。企業や市民が愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業から選び、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減のカーボンオフセットを推進する仕組みづくりを目指すという。会議は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策での連携がテーマで、岐阜県の古田肇知事が「愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で吸収するという意識が必要」と指摘し、DB化によるカーボンオフセット制度の推進を提案した。愛知県の神田真秋知事は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムの普及が進んでいる愛知県内の状況を紹介した上で「カーボンオフセットは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に有効だが、十分知られていない。愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の情報共有は意義がある」と賛同した。三重県の野呂昭彦知事も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収固定量の確保に力を入れている三重県の制度を挙げ「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、カーボンオフセット制度による広域的な取り組みを進める必要がある」と同調した。愛知県名古屋市の河村たかし市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、カーボンオフセット制度など、生活に密着した環境政策が大切」と述べた。また、会議では、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市にあるモノづくりの研究開発施設の連携を進めることでも合意を得た。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

滋賀県守山市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 滋賀県守山市は10月から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、守山市職員を対象に続けている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出する自家用車での出勤を控える「ノーマイカーデー」を毎月第2金曜日から原則週1回に増やすと発表した。9月29日の市長定例記者会見で、山田亘宏守山市長が発表した。滋賀県守山市のノーマイカーデーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するため、1998年5月から開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層取り組んでいくため、守山市民や守山市内事業所への啓発を大きくしていこうと週1回のノーマイカーデーに踏み切った。守山市総務課によると、対象となる守山市職員は嘱託職員を含めて約880人になる。年間50日ノーマイカーデーを実施すると、4万4,800kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減でき、滋賀県守山市役所の2日分の電気使用量に相当するという。山田守山市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して、守山市役所が率先して啓発活動をしていくことは行政の役割の一つ」とし「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車の専用道の整備を進める端緒としても取り組んでいきたい」と話している。守山市議会も年4回開かれる定例会の一般質問初日を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自家用車を利用しない「守山市議会議員ノーマイカーデー」としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県守山市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

リデュース・リユース・リサイクルの3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都など9都県市首脳会議の廃棄物問題検討委員会は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、3R(廃棄物等の発生抑制リデュース再使用リユース再生利用リサイクル)推進月間である10月にキャンペーンを展開する。マイボトルの利用促進のほか、容器包装の削減、廃テレビの適正リサイクルのほか「エコ宿泊」をテーマに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する住民の意識向上と取組みを促進する。9都県市首脳会議は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の4都県と横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の5政令市の首長で構成している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるマイボトルの持参は、9都県市で営業するコーヒーチェーン店など21の飲食事業者に協力を求め、マイボトル持参の受け入れを促進する。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる3Rへの協力事業者は、前年と比較して7社増えており、今年の参加予定店舗も約130店増の1804店舗となるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ宿泊とは、宿泊施設に備付の使捨て用品をなくすため、歯ブラシやひげそりなど使い捨てのものを宿泊客が持参すると割引などのサービスが受けられる宿泊プランを設定している。大手の宿泊情報サイトの「じゃらんnet」、「楽天トラベル」、「るるぶトラベル」が約355プランを用意しているが、さらにプランを増やしていくという。また、2011年7月のアナログ放送終了に伴い、アナログテレビの大量廃棄が予想されるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、テレビリサイクルの促進をPRしていくという。既に、容器包装の削減に取り組んでいる企業76社の取組みも紹介し、より多くの企業に容器包装の削減の取組みを促していく。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リデュース・リユース・リサイクルの3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

ペルー共和国の森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量吸収固定対策

 日本は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペルー共和国が取り組んでいる「森林保全計画」に対し、9億円の無償資金協力を行うことを決定し、ペルー共和国の首都リマにおいて交換文書の署名式が行われた。日本の今回の協力は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、ペルー共和国全土の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林の保全・管理を目的として、各地の森林の植生状況の調査、関連基礎情報の収集・分析・管理等の活動に必要な機材等を供与するものとなっている。この計画によって、ペルー共和国における二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林資源情報の収集・分析能力等を強化することにより、ペルー共和国の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林保全計画の立案、森林面積の維持・拡大等に貢献するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待されている。この計画は、平成21年12月に発表した、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の気候変動対策に関する2012年までの途上国支援の一環となるものとなっている。政府は、すべての主要国による公平かつ実効性のある枠組みの構築と意欲的な目標の合意を目指して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を定めたコペンハーゲン合意への賛同に向けた働きかけも含め、ペルーと引き続き気候変動対策の分野で連携していくとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ペルー共和国の森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量吸収固定対策はこちら

静岡県静岡市の清水エスパルスがカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 環境省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「チャレンジ25キャンペーン」が、9月25日(土)に静岡県静岡市のアウトソーシングスタジアム日本平において開催された「エスパルス エコチャレンジマッチ2010」(Jリーグ 清水エスパルス対名古屋グランパス戦 鈴与グループデー)に特別協力し、チャレンジ25キャンペーンへの参加を呼びかけた。清水エスパルス(静岡県静岡市)は2007年12月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じる「カーボンオフセットクラブ化」を宣言し、紙コップのリサイクルやゴミの分別回収、グリーン電力の利用等を実行している。また、清水エスパルスの年間20試合のホームゲーム開催によるスタジアムの電力消費、ゴミ処理、シャトルバスの運行、乗用車での来場によって排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量年間約360トンの相殺に取り組んでいる。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコチャレンジマッチにおいても、清水エスパルスは、エコチャリティうちわの販売を通じた校庭芝生化のサポートや一般から公募した「クリーンサポーターズ」による試合終了後のスタジアムの清掃活動など様々な取組を実施した。試合当日は、「チャレンジ25キャンペーン」と清水エスパルスの連携した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、来場サポーターにチャレンジャー登録を呼びかけるほか、大型ビジョンでの紹介、パンフレットの配布等を行い、「チャレンジ25キャンペーン」を実施した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県静岡市の清水エスパルスがカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 イオン(千葉県千葉市美浜区)は、三菱自動車(東京都港区芝)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のデザインを活用した新しい電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」を10月1日からイオングループ211店舗で発売すると発表した。イオンは、包括業務提携を締結している三菱商事(東京都千代田区丸の内)とともに自転車部門の新たな商品展開を検討した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、顧客の「エコ」意識が高まる商品を開発することで合意したことから、電気自動車(EV)開発で先行する三菱自動車とイオンのコラボレーションによる走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」が実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動アシスト自転「e-bike i-MiEV」は、三菱自動車の電気自動車(EV)のi-MiEVのコンパクトなイメージを20型サイズの車輪を採用することで表現しているほか、カラー展開でもi-MiEV車体と同じ色を配色している。また、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車を利用する主要ユーザーである女性を意識してコンパクトで小回りが効き、小径タイプながら安定感の高い乗り心地を目指したという。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、前かごにぴったりと入るi-MiEVのロゴを配したオリジナルのエコバッグも標準装備し、価格は9万9,800円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、情報通信技術(ITS)による環境問題解決の東京都モデルを作る試みを実現する「グリーン東京研究会」が発足し、9月28日に設立総会が東京都千代田区の三菱総合研究所で開催された。これまでの環境問題の取組みといえば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を国や地方自治体が掲げて、その二酸化炭素(CO2)排出量削減計画に基づいて民間セクターが努力するというのがほとんどだった。しかし、グリーン東京研究会は行政に頼らず、民間レベルで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題改善プラン「グリーン東京モデル」をとりまとめ、継続的に行政に提案していくことを活動目標としている。グリーン東京研究会の発起人代表は、三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)理事長の小宮山宏氏である。前東京大学総長の下に、東京都内の主たる大学の有識者を始め、情報通信技術(ITS)に携わる業界団体の代表約40人が集まったという。東京都のC地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の主たる要因は、オフィスと家庭、さらに自家用と事業用の移動手段で約9割を占めている。小宮山氏は会長選任の挨拶で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の問題では、誰が汚染者で誰が被害者かわからないということがよく言われる。しかし、東京都の場合は明確にわかる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)による汚染者は我々自身。実は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の9割が生活から排出されているということを、みんな納得しているだろうか」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する問題点を指摘した。その上で「日本で今まで十分に活用されていない情報通信技術(ITS)を使うことが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する様々な問題を解決していく鍵がある」と述べて、グリーン東京研究会の方向性を示した。グリーン東京研究会では、来年1月に第2回の研究会を開催し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する提案作成に向けた議論を交わし、年度末にかけて提案書をとりまとめる予定をしている。また、2011年度以降は、提案に基づいた具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクト体制を整えるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量算出方法の見直し

 栃木県地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、毎年度推計する際に使用している「二酸化炭素(CO2)排出量速報値」に関して、算出方法を2009年度分から見直すと発表した。2008年度分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をめぐり、速報値が確定値よりも約235万トンという1割超も上回る大きな誤差が生じたためだという。二酸化炭素(CO2)排出量の精度が高くなければ、適切な地球温暖化の原因防止対策を実施することは難しいのは当然のことだ。栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の算出に利用する統計データを大幅に増やし、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値に対する信頼性を向上させる。栃木県は毎年、夏から秋にかけて、前年度の栃木県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を推計し、二酸化炭素(CO2)排出量速報値として公表している。栃木県が栃木県下の二酸化炭素(CO2)排出量の傾向をつかむことを大きな目的として、2003年度二酸化炭素(CO2)排出分の積算から始めている。栃木県が二酸化炭素(CO2)排出量の速報値の算出に使用してきた統計データは、これまで10数種類であった。二酸化炭素(CO2)排出量の計算で使用するエネルギー使用量の推計では、消費量のデータ集計に時間を要するため、化石燃料である石油製品などの生産量で代替してきた。こうしたケースでは、当然、栃木県外で使用される分も含むため、積算の精度がかなり下がるという。一方、栃木県の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの栃木県内二酸化炭素(CO2)排出量の確定値は、算出するために50種類以上の統計データを基にするため詳しい値が得られるものの、経費が増えるというジレンマがあった。こうした事情の中、栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を毎年算出する一方で、二酸化炭素(CO2)排出量の確定値は2003~2008年度の6年度分を一括して算出したことで、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値と確定値の差が大きいことを把握した。栃木県は二酸化炭素(CO2)排出量の速報値の算出方法の見直しに当たり、製造品出荷額やオフィスの延べ床面積などの統計データを新たに使うことを検討している。国の二酸化炭素(CO2)排出量の積算マニュアルの改定で、より精度の高い二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を算出できる環境が整った点も栃木県の追い風になった。国は毎年11月に前年度の国内二酸化炭素(CO2)排出量の速報値を公表し、その半年後には二酸化炭素(CO2)排出量の確定値を公表している。2008年度分の誤差は、二酸化炭素(CO2)排出量の速報値が確定値よりも約390万トンと0.3%上回った程度だった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量算出方法の見直しはこちら

リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、東京都港区の秩父宮ラグビー場で9月18日のラグビー・トップリーグ公式戦である、リコーブラックラムズと福岡サニックスブルースの対戦試合で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで発電するグリーン電力を利用した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力証書システム」を活用し、ナイター照明などに必要な電力を賄ったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、グリーン電力証書の発行事業を手掛ける日本自然エネルギー(東京都中央区)からリコーが購入しているグリーン電力証書を使用した。この試合に際して、ラグビー場の大型映像装置やナイター用照明などが消費する電力約2,000kWh分をグリーン電力で賄ったとみなした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境活動の一環として、外部で使用する電力による環境負荷を減らすことを目的にグリーン電力証書システムの活用を決め、今回のラグビーの公式戦を地球温暖化の原因防止対策の第1弾にした。リコーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境保全と利益を同時に実現する「環境経営」を推進しており、2050年までに環境負荷を8分の1にする目標を掲げ、環境保全活動に積極的に取り組んでいる。グリーン電力は、太陽光発電システムや風力発電など自然エネルギーで発電された電力のことをいう。グリーン電力には、電力そのものの価値と、化石燃料節減による省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境付加価値があると考え、付加価値に価格を設定して販売するのがグリーン電力証書システムとなっている。グリーン電力証書を購入すると、通常使う電力と組み合わせることで、当該グリーン電力を使用したものとみなされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> リコーはグリーン電力で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県川崎市は菜の花プロジェクトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県川崎市多摩区で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の活動を続けている「かわさきかえるプロジェクト多摩区連絡会」は、10月20日(水)午前9時から午後1時まで、川崎市多摩区役所や川崎市生田出張所、川崎市道路公園センターにおいて、菜の花プロジェクトとして家庭の使用済みてんぷら油を回収すると発表した。消費期限切れの未使用てんぷら油も回収するという。てんぷら油の持参者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の資源循環のシンボルである菜の花の種をプレゼントするという。神奈川県川崎市多摩区のてんぷら油の回収活動は、全国的な広がりを見せている「菜の花プロジェクト」との連携事業と位置づけている。菜の花から採取したナタネ油でリサイクル石鹸や軽油代替のバイオ燃料を製造するもので、川崎市多摩区の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の助成金事業にも選ばれており、本年度は2,000リットルのてんぷら油回収を目指すという。川崎市多摩区内で回収された廃食油はリサイクル石鹸「きなりっこ」に生まれ変わる。「水環境に負荷をかける合成洗剤と異なり、自然に優しく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果がある。グリセリンを多く含み、肌が荒れることなく使えるのも魅力」と同会は話している。リサイクル石鹸「きなりっこ」は、菜の花の種同様に希望者に配布する予定だという。12月3日(金)には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、人と環境に配慮したシンプルで簡単なお掃除体験講座「ナチュラルクリーニング」を川崎市多摩市民館(神奈川県川崎市多摩区登戸1775?1
)で実施する。講座では、リサイクル石鹸「きなりっこ」や汚れを落とす効果のある重曹やクエン酸などを使いながら、鍋のしつこい汚れやレンジフードなどの環境問題に優しい掃除方法を教えるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市は菜の花プロジェクトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、ベトナム子会社の東芝産業機器アジアが、ホーチミン市近郊のドンナイ省のアマタ工業団地に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する産業用高効率モーターの新工場を竣工し、操業を開始した。新工場は東芝最大規模の産業用高効率モーターの生産拠点で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる100馬力以下の産業用高効率モーターを製造するという。2015年度に完成品ベースで年産120万台を製造し、グローバル市場に出荷する予定であり、2015年の従業員数は約500人を見込んでいる。消費電力を抑えることで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減できる高効率モーターに対するニーズが非常に高まっている状況にある。今年12月には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカを始め世界各地で所定基準以上の高効率モーターの製造・販売が法律で義務化される予定となっており、高効率モーターの需要は急増する見通し。新工場で生産する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターは、当面、北米市場向け輸出が中心となるが、その後、中国、東南アジア、日本、欧州、豪州などに販路を拡大するという。東芝は、ベトナムの新工場の稼動によって、既存製造拠点である東芝産業機器製造(三重県三重郡朝日町)、米国の東芝インターナショナル米国、中国の東芝大連社の3拠点とともに、全世界に4極体制で供給できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高効率モーターの生産体制が確立した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝が高効率モーターで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

岩手県八幡平市の岩手山焼走り国際交流村が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するボイラーを導入

 岩手県八幡平市は岩手県内でも有数の林業が盛んな地域であるが、岩手山焼走り国際交流村(岩手県八幡平市平笠24地割728)に、岩手県八幡平市内の製材の過程で出る樹皮を燃料にできる給湯ボイラーが導入され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献している。岩手山焼走り国際交流村の施設内の「焼走りの湯」の給湯と暖房に使用されるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のボイラーはオーストリア製で、岩手県八幡平市の製材業者が排出した樹皮と木質チップを容積約50立方メートルのサイロからベルトコンベヤーで自動的に供給し、それを燃焼させて湯を沸かす仕組みになっている。ボイラーの設置費用は計約1億4600万円かかったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策補助金として国が2分の1を負担した。今回のボイラーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、樹皮は木質チップと比較して水分含有率が高く燃やしにくいのが欠点であったが、広い燃焼室で樹皮を乾燥させてから燃やせるタイプを選んだという。焼走りの湯では、昨年度、重油約25万リットルを消費し、燃料費は約1700万円かかったという。厳冬期には重油ボイラーを一部併用する必要があるが、それでも400万円程度の燃料費用を圧縮できるという。9月21日には、関係者が出席して岩手県八幡平市の現地で完工式が開かれ、田村正彦岩手県八幡平市長が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や林業再生の一助になれば」と期待のあいさつをした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県八幡平市の岩手山焼走り国際交流村が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するボイラーを導入はこちら

新聞配達専用電動バイクも二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区宇田川町)は新聞広告の自動挿入機を手掛けるプレッシオ(東京都港区港南)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月中旬から、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない新聞配達専用電動バイク「フリーノ・プレス」の販売を全国で開始すると発表した。新聞配達専用電動バイクの大規模な事業展開は、全国でテラモーターズが初めての事例となる。新聞配達専用電動バイク「フリーノ・プレス」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と同時に、新聞配達に特化して徹底的に商品開発を行った電動バイクで、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を一切排出せず、騒音がなく静かなことが最大の特長となっている。これまでに販売されていた電動バイクは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には貢献するものの、その弱点でもあったパワーも、高出力モーターの搭載によって業務用原付一種(排気量50cc)と同じ程度の性能と実用性を兼ね備えているのが特徴となっている。新聞配達専用電動バイクの最高速度は45km/hで、1回の充電で約35km走ることが可能で、新聞配達専用電動バイクの荷台には20kgまでの荷物を積載できる。新聞配達専用電動バイクの販売価格は30万円前後になる見通しで、年間に1,000台の販売を目標としている。同社は、今後も、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を一切排出しない電動バイクやシニアカーの普及を進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新聞配達専用電動バイクも二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 新潟県見附市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、見附市内の全13の小学校及び中学校にクリーンエネルギー太陽光発電システムのパネルを設置し、通電を開始したと発表した。クリーンエネルギー導入などによって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が重要とはいえ、全小中学校にクリーンエネルギーの太陽光発電システムの装置を設置するのは新潟県内では初めてで、全国的にも珍しい環境問題への取組みだという。新潟県見附市によると、クリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備に係る総事業費は約2億5,000万円であったが、約9割が国からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金を充当している。新潟県見附市内の全校の太陽光発電システムで最大電力量は1時間当たり約195kwになり、平均で学校の消費電力の14.8%を太陽光発電システムからのクリーンエネルギーの発電で賄えるという。太陽光発電システムの完成による通電式は、新潟県見附市立葛巻小学校であり、5、6年生が出席して行われた。児童たちがカウントダウンを行い、クリーンエネルギーの太陽光発電システムに通電を始めると、モニター画面に学校の発電量が表示されると児童から歓声が上がり、通電から10分後には計9.4kwの発電量になったという。久住時男見附市長は「環境問題にやさしい学校づくりは見附市の地域の中でとても重要。この先進的な取組みが『エコのまち、新潟県見附市』の一翼を担えればと思う」とあいさつした。太陽光発電システムの公開授業も開かれ、児童たちは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対するクリーンエネルギーの太陽光発電システムのメリットなどについて学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県見附市は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験

 高岳製作所(東京都中央区入船)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高岳製作所の小山市工場(栃木県小山市)に建設を進めていた配電ネットワーク実証試験場が完成し、稼働を始めたと発表した。また、高岳製作所では、新たに電圧を断絶する断路器工場の拡張も完了した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検証する試験場は、1,314平方メートルの敷地に6.6キロボルトの架空配電線と変圧器、配電用自動電圧調整器などを配置しており、クリーンエネルギー自然エネルギーなどの実用化を検証する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するクリーンエネルギー・自然エネルギーの太陽光発電や風力発電で発電した電力が、系統電圧にどういった影響を与えるかなどの実証研究を行い、次世代送配電網に対応可能なシステムや機器の技術開発に役立てるという。一方、断路器はこれまで、高岳製作所小山市工場にある変電機器工場の一部で生産していたが、専用工場を設けることによって、生産効率は3割以上アップしたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 高岳製作所が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電力網実験はこちら

静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 鈴与商事(静岡県静岡市清水区)と損害保険ジャパン(東京都新宿区西新宿)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、校庭に芝生を植える校庭緑化の取組みを進めるNPO「静岡県地球温暖化防止活動推進センター」に協力すると発表した。損保ジャパンの静岡県内の社有車50台が鈴与商事のガソリンスタンドで給油する都度、一定額を静岡県地球温暖化防止活動推進センターに寄付するというもので、静岡県地球温暖化防止活動推進センターが発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、芝生には周辺の温度が上がるのを防ぐ効果があり、静岡県地球温暖化防止活動推進センターは現在、静岡県下の静岡市立大川中学校(静岡県静岡市葵区)と私立ふたば保育園(静岡県焼津市)の校庭・園庭の芝生化を援助している。損保ジャパンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月以降に1リットル当たり約10円を上乗せした価格で鈴与商事が提供するガソリンを買い、同社はこの一部を校庭緑化の寄付金として静岡県地球温暖化防止活動推進センターに提供するという。残りは、直接、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業に活用する。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは、寄付金を芝刈り機の購入や校庭緑化の植え付けなどの経費に充てるという。静岡県地球温暖化防止活動推進センターは「静岡県下における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に強力なパートナーを得た。今後も校庭緑化の支援先の学校を増やしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県で校庭緑化による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福岡県久留米市は10月1日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、久留米市内の自治会が防犯灯を設置する際の工事等に要する費用の全額補助を始めると発表した。久留米市内の現在の防犯灯に多く使われている蛍光灯や白熱球などから、消費電力が少ないLED照明(発光ダイオード)の普及を促し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指すという。これまで久留米市による市内の防犯灯設置に対する補助金の支出は、合併前の旧市町によって補助率に格差があった。このため、久留米市では標準的な設置費用の全額相当の補助金を支出することを決め、去る6月久留米市議会で関連議案を可決していた。久留米市の補助金額は、既設の電柱にLED照明(発光ダイオード)を取り付ける場合は1基当たり3万4,000円、電柱を新設して取り付ける場合は7万3,000円を上限に補助するものとなっている。また、LED照明(発光ダイオード)では防犯灯としての光量が足りず、従来の蛍光灯や水銀灯を設置する場合も久留米市から補助金を受けることができるという。今年度の久留米市の防犯灯設置補助に係る総事業費2,850万円は国の補助金と久留米市の予算で支出する。久留米市によると、白熱球の40wを1年間使用した場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は62.4kgであるが、LED照明(発光ダイオード)8.5wに交換すると13.26kgに二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるという。久留米市道路課は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ対策のためにLED照明(発光ダイオード)を普及させ、地域の防犯活動の意識付けにしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

長寿命LED道路灯(発光ダイオード)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 LED照明(発光ダイオード)などの照明器具の製造及び販売を行っている岩崎電気(東京都中央区日本橋馬喰町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、設計寿命を水銀灯の約5倍となる6万時間まで延ばすことに成功したLED照明(発光ダイオード)道路灯「レディオックロード」を発売したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にはなるとはいえ、課題であった熱に弱いというLED照明(発光ダイオード)の特性に対応するため、新たに放熱効果の高い専用筐体を開発することによって、その保護効果で従来のLED照明(発光ダイオード)道路灯よりも1.5倍の長寿命化を実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するLED照明(発光ダイオード)道路灯は、連続照明用及び交差点照明用で、それぞれ水銀灯250~400wに相当する明るさの14種類をラインアップに揃えている。LED照明(発光ダイオード)道路灯の販売価格は、水銀灯の3倍程度にも高くなるが、交換などのメンテナンス費用を大幅に抑える効果や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への効果が期待できるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のLED照明(発光ダイオード)道路灯は、年間5,000台の販売を目標としている。同社によると、道路灯におけるLED照明(発光ダイオード)の割合は、現在のところ全体の5~10%程度でしかない。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として地方自治体などでLED照明(発光ダイオード)道路灯の採用が進んでおり、今後5年以内に大半の道路灯がLED照明(発光ダイオード)になると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長寿命LED道路灯(発光ダイオード)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設

 総務省は、自動車関係の税制を検討する「自動車関係税制に関する研究会」の審議結果を発表した。報告書によると、現在の地方税の自動車税と国税の自動車重量税を一本化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に資する地方税として環境自動車税の創設を提言しているのが特徴である。総務省は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカー減税が期限切れとなる2012年度の創設を目指して調整を始めるという。「自動車関係税制に関する研究会」は、総務大臣の指示の下、2010年3月に発足したもので、座長には東京大学(東京都文京区本郷)の神野直彦名誉教授を迎え、地球温暖化の原因防止対策等に資する観点から温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する車体課税の在り方とともに、複雑な現在の自動車関係税の簡素化について検討してきた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、創設が提言された環境自動車税は、地方税にふさわしいとの結論となり、また、自動車税及び自動車重量税は一般財源であり、一本化後も引き続き一般財源とすべきだとしている。このほか、軽自動車と小型自動車の格差を合理的に説明することは困難との考えが示され、税率を上げるときには、段階的に行うことも考えられるとしたが、今後更に検討する必要があるとした。自動車取得段階に課せられている自動車取得税は、当面は維持すべきと結論付けられた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設はこちら

兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 兵庫県三田市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでおり、三田内の全小中学校で太陽光発電設備の整備が完了し、各校の設備は今月中にすべて稼働する予定だという。三田市立松が丘小学校では、4年生が太陽光発電設備を使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の学習を行った。太陽光発電設備の発電状況などを専用のカラーモニターで常時確認できることから、児童たちは刻々と変化する数値を興味深そうに見ていた。太陽光発電設備については、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)排出量を削減するとともに、省エネルギー対策や環境保全対策に対する子供たちの意識を高めるため、兵庫県三田市教育委員会が三田市内の各校に設置したもので、設計・工事費約5億6千万円は、国からの交付金を活用したという。兵庫県三田市内の各校の屋根や屋上に、1.5平方mの太陽光発電パネルが96枚取り付けられ、最大で約20kwを発電することが可能であり、校内で使用される電力の約2割を賄うことが可能だという。このため、太陽光発電設備によって1年間で、東京ドーム1個分の森林が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減できるという。学校内には太陽光発電のモニターが置かれ、発電されている電力や校内で使われている電力量、さらには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量などを表示することができるため、これらを環境問題の学習に役立てるという。この日は総合学習の一環で、三田市教育委員会の職員が、三田市立松が丘小学校の子供たちに太陽光発電の仕組みや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることなど環境問題への影響を話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県三田市の学校が太陽光発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省中部地方環境事務所(愛知県名古屋市中区三の丸)は、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者及び農畜水産物の生産者を対象に愛知県を中心とする地域循環圏の食品リサイクルモデル事業への参画者を募集すると発表した。同事務所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、平成20年度からスーパー等の小売店や外食店から発生する食品残さの食品リサイクル事業を中心に、愛知県を中心とする中部地方において適切な規模の地域循環圏の構築に向けた検討を続けてきている。今年度は食品リサイクルモデル事業の実施を通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の愛知県を中心とする中部地方における食品リサイクルの実施体制の構築に向けた考え方や可能性を具体的に示すとともに、制度的・技術的な課題への検討を実施するという。愛知県を中心とする中部地方で実施予定の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業内容は、次のとおりとなっている。
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県を中心とする中部地方において、複数の小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者、農畜水産物の生産者によるコンソーシアム(共同体)により食品リサイクル事業を行う。
(2)食品リサイクルの内容は、愛知県を中心とする中部地方における飼料化、肥料化及び熱回収等を主な対象とする(ただし熱回収等のみの事業は対象としない。)。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、食品リサイクル事業によって生産された農畜水産物等の一部を愛知県を中心とする中部地方の小売業者等の店舗で利用する
(4)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業の実施期間は、平成22年度から平成23年度の2か年とする。
 なお、平成22年9月17日に愛知県名古屋市中区の環境省中部地方環境事務所第1会議室において公募説明会を開催する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

兵庫県が個別訪問で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 兵庫県は各家庭の実際のライフスタイルに応じ、効果的で具体的な地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減対策を提案する「うちエコ診断」の全県展開を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減チェックは、兵庫県下の研究機関が開発した専用ソフトを利用したもので、簡易版はネット上で利用でき、希望すれば兵庫県の診断員が家庭を訪問して無料で診断するという。兵庫県の「うちエコ診断」は、地球環境戦略研究機関関西研究センター(兵庫県神戸市中央区)が経済産業省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に係る補助事業として平成20年から開発に取り組み、兵庫県内の阪神間の100軒で実証実験を繰り返して開発したソフトであるという。ソフトは、居住地や家の広さ、電気やガス、ガソリンの使用量、家電製品の使用方法などを基に、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を自動的に算出し、地球温暖化の原因防止に必要となる削減レベルや有効な対策案が図などで分かりやすく表示される。兵庫県では、「ひょうご環境創造協会」がこのソフトを活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策としてエコ診断員を育成してきた。現時点で46人が養成講座を修了したため、今月から兵庫県内の各家庭を個別訪問してエコ診断を始めることが可能になった。これまで「ひょうごエコプラザ」(兵庫県神戸市中央区)で実施していた窓口でのエコ診断も継続するほか、兵庫県民局や兵庫県下の市町で集団診断及び民間企業などでの団体向け診断も実施する。また、兵庫県のホームページ上でWEB版診断ソフトの公表も始めており、電気料金や電気器具の使い方などを入力すると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に対する簡単な自己診断もできる。兵庫県では、センターなどと連携して開発した小学生版「うちエコ診断」ソフトを今後、兵庫県内の小学校の環境教育でモデルとして利用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県が個別訪問で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策

 マツダ(広島県安芸郡府中町)は、広島県と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定による削減と社会貢献活動の一環として、森林保全及び管理協定を締結し、広島県広島市東区の公園・緑地、広島県緑化センター内の「マツダの森」と愛称を付けた区画を中心に、地域の地球温暖化の原因防止対策の森林保全活動に協力すると発表した。マツダの社員がボランティアで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備を進め、広島県緑化センター内の天然林の維持、育成を進めていくといい、協定期間は2013年8月までの3年間となっている。広島県緑化センターは125haの広さがあり、マツダの本社のすぐ北東に広がっている。そのうち5.85haをマツダの森と名付け、広島県緑化センターの管理者と連携して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林の保全活動を展開していく。同社の社員らが、同センターの職員、地域の森林整備団体の指導を受けながら、ボランティアで下草刈りの森林整備や遊歩道の修繕を行い、広葉樹の天然林を保全するという。マツダは広島県と協定を結ぶと同時に、広島県内で企業の森づくりを推進する団体「ひろしまの森林づくりフォーラム」に参加する。同フォーラムは2006年に設立され、広島県内の企業や森林関係団体が相互に協力・連携し合って、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森づくりを進めている。マツダの森での取組みは、創立90周年を記念した社会貢献活動の一環であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林保全活動を通して社員の環境問題への意識を高めるとともに、森林整備に参加している広島県民らと交流を深めることを狙いとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> マツダは広島県と森林保全で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収固定による削減対策はこちら

沖データOKIが海外省エネ活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減対策

 複写機メーカーの沖データOKI(東京都港区芝浦)は、海外拠点の省エネ活動を強化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減対策で成果をあげているという。沖データの2009年度の国内外主要52拠点の消費電力ベースでは、2007年度比13%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現した。さらに、海外でも特に細かな二酸化炭素(CO2)削減対策を取り入れることでイギリス工場が同17%、アメリカ工場が同21%と大きな効果をあげたという。沖データでは、世界の全拠点で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2012年度中に2007年度比で6%削減する目標を掲げており、特に、沖データの全二酸化炭素(CO2)排出量のうち約8割を占める電力消費削減対策を今後も強化するという。沖データは国内外に工場6か所、支社、支店、販売子会社など主な拠点は52か所ある。このうち、イギリススコットランドで主にトナーなどの消耗品を製造するイギリス工場では、消費電力を2007年度比で17%減の300万kwhまで削減した。同工場では、2005年に新工場建て直しの際に、自然光を取り入れて照明器具を大幅削減するなどの最新の環境配慮設計を採用し、省エネルギー化を図った。さらに、製造ラインのエリア別に照明のオン・オフを徹底したほか、自動倉庫の照明使用量を4分の1に削減した。また、工場での全作業終了時に中央管理室で一括消灯することや、自動販売機の照明も人感センサーにより消灯するなど、細かな点まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を取った。さらに、データセンターのサーバーを大型化して台数を半減することによって、発熱量も削減させたことから、空調に要する電力も削減することができたという。一方、アメリカのニュージャージー州で販売、開発などを行う米国事業拠点「OKI・USA」では、2009年度に2007年度比21%減の567万kwhまで削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減した。一般的に、アメリカは電気代が安いことから、省エネルギー対策を実施するのは難しいといわれているが、倉庫や製造現場の夜間及び週末消灯などの徹底のほか、倉庫や作業スペースのレイアウトを工夫することで照明や空調の効率化を実現し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を取ったという。沖データでは、国内や中国及びタイの拠点が先行して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への環境対応を実践しているが、遅れていた英米などでも二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みを強化することで、グループ全体での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を加速させたい考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖データOKIが海外省エネ活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)大幅削減対策はこちら

宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 宮崎県宮崎市では、環境問題に貢献するクリーンエネルギーを積極的に利用するまちづくりを推進し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出防止を図ることを目的として住宅用及び事業者用太陽光発電システム設置費の一部に補助金を支出している。補助金を支出の対象者は、宮崎市内の居住する戸建住宅及び共同住宅に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムシステムを設置する予定の方及び対象太陽光発電システム付建売住宅購入予定の方、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在居住している方。あるいは、宮崎市内に住所を有し、所有する宮崎市内の共同住宅に太陽光発電システムを設置し、発電した電力をその共用部分に使用する予定の方、又は太陽光発電システム設置工事が既に完了している方。又は、宮崎市内の事務所等に太陽光発電システムを設置する予定の宮崎市内の事業者、又は太陽光発電システムの設置が既に完了し現在事務所等として使用している事業者、ただし、1事業者は年度内に1か所の設置を対象としている。申請者は宮崎市税に滞納がないことが条件となる。平成22年4月1日以降に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムの設置工事を開始、あるいは、太陽光発電システム付建売住宅を購入し、平成23年3月31日までに電力会社への売電が開始できる場合が対象になる。宮崎市内の施工業者(法人の場合は宮崎市市民税課に法人登録をしている者、個人事業者の場合は宮崎市に住民登録をしている者)との太陽光発電システム設置工事契約の場合が対象となる。ただし、平成22年6月30日以前の太陽光発電システム設置契約の場合は、宮崎市外の施工業者も対象となる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システム設置補助金額は、住宅用で1kwあたり2万円(上限8万円)、事業者用で1kwあたり10万円(上限100万円)となっているが、支出(予定)金額から他の機関の補助金を引いた額の2分の1を超えない額となる。宮崎県宮崎市では、上記のとおり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電システムに対して補助金を支出しているが、個人向けは予算超過のため締め切っており、事業者向けについて追加募集をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮崎県宮崎市が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡山県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岡山県内の民間事業者が太陽光発電システムと省エネ設備を併せて設置する場合に限り、費用の一部に補助金を支給する制度を設け、岡山県県地球温暖化対策室で申し込みを受け付けている。岡山県が国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「地域グリーンニューディール基金」を活用した事業で予算額は5000万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムに対しては、400万円を上限に補助対象経費の5分の1以内か発電設備のキロワット当たり20万円のいずれか低い額の補助金を岡山県が支出し、省エネルギー設備には100万円を上限に3分の1以内の補助金を支出する。岡山県では、昨年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として太陽光発電システムの設置に補助金を支出したが、今回は両方設置が補助金支出の条件となる。応募が予算額を上回る場合は抽選となるが、詳しくは岡山県地球温暖化対策室ホームページに掲載中である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県が太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 岡村製作所(神奈川県横浜市西区)は、改正省エネ法に対応し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する店舗向けとして初めて、電気・ガス・水道の消費量を計測し、水光熱消費量を「見える化」させた「STORE NAVI(ストアナビ)」を発売した。この製品は店舗における水光熱の省エネ最適化を目指し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策として、電気・ガス・水道の消費エネルギーを人の目に「見える化」するシステムである。2010年4月に地球温暖化の原因防止対策の改正省エネ法が施行されたことにより、規制対象となる企業・店舗が拡大したことによって、規定に該当すれば運用データの定期報告書と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための計画書の提出が必須となっている。この「ストアナビ」の計測センサーを分電盤とガス・水道メーターに取り付けることで、改正省エネ法に対応した水光熱消費量をモニター画面で数値化、グラフ化することができ、二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の見直しも随時行うことができるものとなっている。店舗での無駄な電力使用量の部分が明らかになり、店舗運営における環境意識が向上し、更なる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をたてることが可能だという。「ストアナビ」は、水光熱消費量の測定・把握・対策をたてることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネルギー対策を確実に推進すると同時に快適な環境をつくりだす、拡張性にも優れた環境・省エネソリューションシステムである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡村製作所が水光熱消費量を「見える化」で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 栃木県は、県内全市町と協力して9月1日に「エコ通勤統一行動」を実施した。マイカーから公共交通などへ通勤方法を変えることによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すために実施したという。栃木県のエコ通勤統一行動に参加した市町村は、栃木県職員のほか、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡上三川町、上都賀郡西方町、芳賀郡益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、下都賀郡壬生町、野木町、岩舟町、塩谷郡塩谷町、高根沢町、那須郡那須町、那珂川町となっている。エコ通勤は栃木県が2009年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として取り組んでいる「エコ通勤プロジェクト」の一つとなっている。今回は栃木県職員に加えて、すべての栃木県下の市町職員計約2万2000人を対象に行われた。これに先立ち、栃木県は今年4月1日から6月30日までのうち8日間、栃木県職員約6000人がエコ通勤を実施し、全体で21.8トンもの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を達成したという。福田富一栃木知事は「エコ通勤の取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を検証しながら、将来的には栃木県内の事業所や企業等への取組みを働きかけていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 ツバルの森(東京都千代田区)は環境コンサルティング会社であるが、今般、セリタ建設(佐賀県武雄市)と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロまで削減する地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルを開発したと発表した。セリタ建設は、S-RCクレーグランド工法というメンテナンス不要の土壌改良技術を実用化しており、樹皮と砂利を交ぜて炭素と窒素の比率をうまく保ち、草が生えにくいグラウンドや鉄塔周辺などの地質を変えることを行っている。新たな地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルでは、樹皮が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を固定化する環境特性を生かし、二酸化炭素(CO2)排出削減量が数値で認定される京都クレジットを付加することにした。これによって、固定化された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を明確化にすることが可能となった。一方、ツバルの森では、セリタが地球温暖化の原因防止対策の事業モデルを着実に運用するためのガイドラインを策定するなど側面から支援していくという。ツバルの森では「相手先と取引を行う場合、『地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境に良いことをやっているのか』と聞かれるケースが増えており、選定基準を満たすには地球温暖化の原因防止に向けた環境対策が不可欠となりつつある。その意味で、今回の地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルは重要」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

北海道札幌市は札幌市営地下鉄の物流で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止対策

 北海道札幌市は、トラック輸送の代わりに札幌市営地下鉄を使って宅配便などの貨物を運ぶ社会実験を始めたと発表した。これは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や道路の渋滞緩和が目的で全国初の試みとなるという。社会実験は、15日まで続けるが、条件を変えて、積雪のある冬季の実験も検討しているという。札幌市と地球温暖化の原因防止対策や物流の専門家や物流業者らがつくる「札幌市都市型新物流システム研究会」が実施している。社会実験ではヤマト運輸(東京都中央区銀座)が札幌市中央区と札幌市厚別区の区間約13キロで走行しているトラック輸送3便を、札幌市営地下鉄東西線の大通~新さっぽろ間の鉄道利用と徒歩での輸送に切り代えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。実験初日の9月2日は、ヤマト運輸の配達員が宅急便の荷物を載せた台車(長さ70cm、幅50cm、高さ90cm)を押して札幌市営地下鉄に乗り込んだ。車両内では車いす用のスペースを活用することとしているが、スペースに乗客がいる場合には次の地下鉄で運ぶことにしているという。研究会メンバーの兵藤哲朗東京海洋大学(東京都港区港南)教授(交通計画)は「特に、道路に積雪のある季節は、札幌市営地下鉄の交通網を生かした物流が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や道路の渋滞緩和に効果を発揮すると思う」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北海道札幌市は札幌市営地下鉄の物流で二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工

 IHI(東京都江東区豊洲)と三菱地所(東京都千代田区大手町)は、東京都江東区豊洲で開発を進めてきた豊洲3丁目の街区ビルを竣工させ、「豊洲フロント」と命名した。豊洲フロントの延べ床面積は10万6860平方メートルで、今年国内で供給されるオフィスビルとしては最大級であり、1フロアのオフィス床面積が5000m2超と広く、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減したビルだという。1階の商業施設にはコンビニや飲食店などを幅広く誘致しているた。新ビルは、東京メトロ有楽町線「豊洲駅」から徒歩2分の位置に立地している。環境性に配慮して、屋上緑化をはじめ敷地面積の36%を緑化したほか、吹き抜けを利用し外気を取り込んだり、自然光を有効活用することによって、東京都内の一般的なビルに比べ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約26%削減した。すでにマルハニチロホールディングス(東京都千代田区大手町)や住商情報システム(東京都中央区晴海)など大手企業の入居が決まっている。会見した三菱地所の豊洲開発推進室副室長は「オフィスワーカーのみならず、近隣住民の方々にも利用して欲しい」とアピールしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工はこちら

神戸製鋼所が新型製鉄施設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 神戸製鋼所(兵庫県神戸市中央区)がインドの国営会社と開発した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型製鉄施設を合弁で建設する方向で検討していると発表した。通常は使用されない低品位で格安の鉄鉱石を利用できるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を高炉より2割程度削減できるメリットがあるため、米国で商用施設が稼働しているが、インドのほかベトナムでも導入が検討されているという。建設が検討されているのは、神戸製鋼所が平成8年から開発を始めた地球温暖化の原因防止対策の「ITmk3(アイ・ティ・マークスリー)」と呼ばれる製鉄施設であり、高品位の鋼材を製造する高炉では利用しない低品位の鉄鉱石と石炭を使いながら、高品位の鉄の塊であるアイアンナゲットを製造することができるという。神戸製鋼所では、インド国営の鉄鉱石会社大手のNMDCと覚書を交わし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる「ITmk3」を活用した製鉄所を合弁で設立する方向で検討しており、同じく、国営の鉄鋼大手SAILとも合弁での製鉄所建設を協議しているという。現時点では、どの鉱山の鉄鉱石を利用するかなど詳細は決まっていないが、年産能力50万トンの「ITmk3」1~2基を200~400億円程度で建設するという。神戸製鋼所では、今年1月に、アメリカのミネソタ州において米大手電炉メーカーであるスチールダイナミクス社と共同で年産50万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型製鉄施設1基を稼働させている。ベトナムでは、来年1月の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型製鉄施設プラント建設開始に向けて、年産60万トンの施設4基を建設する方向で事業化の可能性を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神戸製鋼所が新型製鉄施設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 群馬県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、9月下旬にマイカー通勤に代えてバスや電車、自転車を利用する「エコ通勤」の推進を実施すると発表した。昨年、群馬県前橋市で試験的にエコ通勤を1週間限定で実施したが、参加した73事業所で計2トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できたといい、今年は「より多くのエコ通勤への参加を募り、さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて効果を上げたい」と群馬県全域の参加を募っている。群馬県交通政策課では、昨年11月2~8日を「エコ通勤ウイーク」と位置付け、事前に参加を募った群馬県内の73の事業所に勤務する12,699人の従業員に対し、バスや電車、マイカーの相乗り、又は自転車や徒歩での通勤を依頼した。事前に調べた従業員の通勤手段の「車・バイク」が67.8%から7.5ポイント減って60.3%となり、32.2%だったエコ通勤が増えた。群馬県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)約2トンの排出削減に成功した」と評価していた。樹齢50年の杉の木が1日に吸収する二酸化炭素(CO2)量に換算すると杉の木約51万本分に相当するという。参加した群馬県内の事業所からも「車を運転する必要がないので、会社の同僚と飲み会をした」、「自転車や徒歩は健康にいい」、「ガソリン代が抑えられた」などの前向きな評価があった一方で、「バスや電車の運行本数が少ないので不便」、「通勤に時間がかかる」といった消極的な声もあったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に関しては、電化製品の節約で電気消費量を抑えることでもできるが、車を使わないことによる排出削減効果は大きいという。東京工業大学(東京都目黒区大岡山)が環境省のデータを元に算出したところ、1世帯が1日1時間テレビを控えた場合には、年間13キロの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるが、車の利用を1日あたり10分だけ控えた場合では、年間の二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は588キロにもなるという。これは、テレビの場合の約45倍の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減に匹敵する。今年の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤は、9月21日から30日までの10日間にわたって実施される。群馬県では、「群馬県は自動車中心の社会で、公共交通の便の悪さは大きな都市課題」としながらも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、長い目でエコ通勤者が増えれば、バスや電車の運行本数が増え、運賃も安くなる」と話している。群馬県のエコ通勤への参加事業所は、9月20日まで募集している。問い合わせは、群馬県交通政策課(027-26-2382)へ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県はエコ通勤で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

青森県は木質バイオマスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 青森県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、道路舗装用のアスファルト混合物を製造するプラントなどと連携し、街路樹の剪定枝を燃料として活用する研究に取りかかると発表した。調査に当たる青森県と民間企業の地球温暖化の原因防止対策の「グリーンアスファルトシステム研究会」を9月中にも設置し、ごみとして燃やされている剪定枝をリサイクルによって有効活用し、プラントの重油消費量を減らして地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の排出削減を目指すという。青森県によると、青森県が管理する県道の街路樹の剪定で不要となった枝や撤去された雑木は産業廃棄物として焼却処分され、エネルギー源にもなる大量の木質バイオマスが未利用となっている。一方で、アスファルト混合物製造の現場では、アスファルトに混ぜる岩石や砂利を乾燥させるため、約160度の温度になるまで加熱する際には、重油を使用するため、建設業界では大きな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出源となっている。地球温暖化の原因防止対策の研究会は青森県やプラントの関係者、建設業者で構成され、剪定枝の回収量見込みやボイラーの改修の必要性などを検証し、新しいビジネスモデルづくりに取り組むという。青森県監理課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となり、環境に優しいアスファルト混合物が造れるように、しっかり検証したい」と話している。青森県は青森県内のプラントと建設業者に研究会への参加を呼び掛けている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 青森県は木質バイオマスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

群馬県高崎市では屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JR高崎駅(群馬県高崎市八島町)の駅ビル屋上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する屋上緑化のミニ庭園「グリーンガーデン高崎モントレー」がオープンした。この屋上緑化は、高崎ターミナルビル(群馬県高崎市)とJR東日本(東京都渋谷区代々木)高崎支社(群馬県高崎市)が地球温暖化の防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などを目的に設置したものであり、パーゴラやベンチなどが用意されており、午前10時から夕方まで自由に利用できるという。地球温暖化の防止対策の屋上緑化に隣接して整備された会員制貸菜園も同様に地球温暖化の防止対策の効果を持つものであり、9月にオープンする第1期分20区画は、人気が高く既に空きがない状態になっているという。現在は、来春新たにオープンする予定の15区画分の会員制貸菜園の申し込みを受け付けているという。買い物帰りに地球温暖化の防止対策の屋上緑化の庭園を訪れたという安中市の女性は「風が涼しくて気持ちいい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県高崎市では屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

島根県は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 連日にわたって猛暑の夏が続いているが、日本には昔から、よしずやすだれの日陰で、夏の暑さや日差しをしのぐ知恵の取組みがあった。最近では、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収削減するゴーヤやひょうたんなどのツル性植物で日陰をつくり、電力消費の抑制と地球温暖化防止を両立させる「緑のカーテン」に取り組むところが多くなってきている。島根県においても邑南町の島根県立矢上高産業技術科農業クラブが昨年、土から伸びたサツマイモの葉やつるを高さ約2メートルの「緑のカーテン」のネットに伝わせて、取り付けたミズゴケ袋の養分で育てる空中栽培の新たな技術を考え出した。今年は、島根県邑南町と連携し、サツマイモの緑のカーテンの普及に取り組んでいる。現在、町役場の窓際で緑のカーテンの空中栽培が始まり、実証実験中だという。同じく島根県の美郷町都賀地域の婦人会では、ゴーヤーで緑のカーテンを作り、猛暑の中で涼しさをかもし出している。両方の活動の緑のカーテン作りは、電気がいらず省エネに貢献するほか、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収削減したうえ、ゴーヤなどの野菜の収穫物も食べることができる一石三鳥の環境に優しい取組みである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

ソニーがアルカリ乾電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ソニー(東京都港区港南)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境問題や安全性に配慮したアルカリ乾電池として新「STAMINA(スタミナ)」シリーズ全20種類を発売すると発表した。ソニーの電池事業は、2009年に発売した無水銀アルカリボタン電池や4月に発売したくり返し使える充電池(サイクルエナジーシリーズ)など環境配慮型の商品と、環境保全活動の「そらべあ基金」の設置などを通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減を推進している。今回発売するアルカリ乾電池は、電池性能を向上させることによって、より長く使うことができるようになり、使用済みの電池を廃棄する量を少なくすることで、環境への配慮を実現しているという。また、電池の液もれ防止効果を高めるなど安全性にも一層の配慮が行われている。同じ電池容量を確保するための生産量がソニーの従来品電池に比べて少なくなるため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も30%削減することができたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ソニーがアルカリ乾電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

福岡県はLED電球促進で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 福岡県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として、省エネ性能が高い発光ダイオードLED)電球の購入促進のキャンペーンを始めると発表した。二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLED電球を1個購入すると、抽選で1,000円相当の図書カード又はお米券が計10,000万枚当たるというものである。福岡県においては、近年、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が増加しており、福岡県は「LED電球の購入促進で、家庭で身近に取り組める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のエコ活動を支えたい」と話している。福岡県環境政策課によると、10年間で家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は23.6%も増加しているといい、そのうち、家庭での電気使用量の約16%が照明によるものだという。このため、福岡県では、消費電力量が白熱電球より約87%も削減することができるLED電球に着目し、県民の買替を促進して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したい考えだという。二酸化炭素(CO2)排出量の少ないLED電球は白熱電球より高価だが、寿命は約4万時間もあり、白熱電球の約40倍にもなる。また、LED電球は消費電力も少ないため、福岡県は約2.4年でLED電球の方が得になると試算している。LED電球購入促進キャンペーンへの参加は、福岡県の「エコファミリー」へ参加することが条件になっている。福岡県内の決められた販売店で対象のLED電球を購入した後、店頭にある応募用紙にレシートなどを張って郵送する。問合わせ先は福岡県環境政策課まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県はLED電球促進で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

神奈川県の森林再生で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 富士通エフ・アイ・ピー(東京都江東区青海)は、神奈川県の北西部にある丹沢大山地域の森林再生を支援する。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収量の増加による削減対策に加えて、森林から渓流への土砂流出の防止にもつなげたい考えだという。富士通エフ・アイ・ピーは、神奈川県と協働で二酸化炭素(CO2)を吸収する森林再生に取り組む内容の覚書を締結し、神奈川県の「森林再生パートナー」となった。具体的には、神奈川県内の丹沢湖畔の約9ヘクタールを「富士通エフ・アイ・ピーの森」と命名し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収量の増加による削減対策として、森林整備のボランティア活動に取り組むほか、神奈川県産間伐材の活用や情報技術を生かした自然環境保全活動などを推進する。神奈川県は、その面積の約4割が二酸化炭素(CO2)を吸収する森林に覆われているが、間伐などの手入れの行き届かない森林の増加が問題になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県の森林再生で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 栃木県は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の普及を目指しており、民間事業者が電気自動車(EV)の急速充電設備を設置する場合には、整備費用に対して一部を補助する「栃木県電気自動車充電設備設置事業費補助事業」を始めたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、電気自動車(EV)の充電機本体と設置費用の合計のうち、100万円を上限に3分の1の補助金を支給するという。栃木県では、電気自動車(EV)急速充電設備15基の設置を想定した予算を組んでいる。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因対策の事前調査で栃木県内の各市町の道の駅やガソリンスタンド、カーディーラーなどが二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車(EV)の急速充電設備の設置を考えていることが分かった。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、電気自動車(EV)を普及させていくためには、栃木県内20キロ圏内ごとに電気自動車(EV)の充電設備があるのが理想であり、15基は1か所に1基、栃木県内にうまくばらつくように設置する計画になっているという。また、1キロ走行当たり1円かかる電気自動車(EV)への充電料金は、設置業者の意向次第で無料になる可能性が高いという。この電気自動車(EV)の急速充電設備の補助金の申請には、事業計画書を栃木県に提出し、採択される必要がある。事業計画書の受け付けは9月7日までであり、郵送か持参で栃木県地球温暖化対策課へ提出すること。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県が電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策

 長野県では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、改造電気自動車(EV)の製作に取組んでいる団体がある。これは中古の自動車を電気自動車(EV)に改造する「ちょい乗り電気自動車(EV)」の普及活動に、長野県高森町などの市民グループが取り組んでいるという。改造電気自動車(EV)の製作には、約100万円の改造費がかかるというが、中古車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立つ電気自動車(EV)に生まれ変わる。6月末に高森町で開かれた「手作り電気自動車(EV)セミナー」は、「使わなくなった自動車の改造で自動車の寿命を延ばすとともに、二酸化炭素(CO2)排出量を削減することで地球温暖化の原因防止に役立つ地域の足にしたい」と、地球環境問題の保護に取り組む地元の「たかもり環境塾」など3グループが主催したものである。長野県飯田・下伊那だけでなく、岐阜県や三重県など長野県外からも含めて約60人の参加があり、講師の電気自動車(EV)コーディネーターである本田さんが、約100万円でできる電気自動車(EV)の改造車づくりを自身の体験談を交えて説明した。9月には、長野県飯田市内で3台の軽自動車を実際に電気自動車(EV)へ改造する技術セミナーも開催する。社団法人「優良電気のりもの普及促進技術協会」が設立され、電気自動車(EV)への改造ノウハウを希望者や業者に提供、希望者へ改造業者を紹介、改造車のメンテナンスを行うことなどを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県では改造電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)削減と地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因でクマゼミが神奈川県藤沢市へ北上

 温暖な地域を棲家とするクマゼミがこの夏、神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市辻堂西海岸)で大量に見つかったことがわかった。地球温暖化の原因によってクマゼミの生息域が北上・東進を続けていることは過去から知られているが、藤沢市内で生息が確認されたのは初めてだという。クマゼミは繁殖力が強いため、元々生息しているアブラゼミなどを駆逐する可能性もある。日本自然保護協会の指定する自然観察指導員の大谷さん(神奈川県藤沢市辻堂)がこの夏、約130匹の抜け殻を採取した。2004年ごろに神奈川県内の茅ケ崎市立茅ケ崎中央公園(神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎)でクマゼミの大量の抜け殻が見つかった時から、茅ケ崎市境を接する藤沢市への侵入は時間の問題と考えられていた。クマゼミは西日本から東海地方にかけて生息し、北上・東進の最前線は、神奈川県平塚市、茅ケ崎両市、横須賀市南部、北陸地方の石川県金沢市あたりとされてきた。平塚市には、1990年代にクマゼミが北上してきたが、相模川を越えるのに時間がかかったという。茅ケ崎市へ入ってきた後、藤沢市でもクマゼミの雄の鳴き声は聞けたが、雄は飛(ひ)翔(しょう)力があるので一時的に越境した可能性も考えられ、生息の確認には至らなかった。「今夏の大量のクマゼミの抜け殻の発見により、雌が卵を産んで生息したことが証明された」と大谷さん。藤沢市にはアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシなど5種類のセミが生息しているが、体も鳴き声も大きなクマゼミが最も繁殖力が強いという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 地球温暖化の原因でクマゼミが神奈川県藤沢市へ北上はこちら

ヴィヴィアン・ウエストウッドが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球環境問題に積極的に取り組んでいる「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するため、数量限定のテーブルクロスをオンラインにて発売した。このテーブルクロスは、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる環境保護チャリティー団体「Cool Earth」への活動支援を目的として制作されたものであり、売り上げからの収益の全てを同団体に寄付するという。ブランドアイコンでもあるデザイナーのVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)本人自らが手がけたサイン入りの今回の地球温暖化の原因防止対策のテーブルクロスは、近年発表したGold Label(ゴールドレーベル)をイメージにした20種類のデザイン展開をしている。地球温暖化の原因防止対策のテーブルクロスは、全てイギリス製のハンドメイドであるため、商品の受注後、発送までに30日程度の期間を要するという。インターネット上のVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)のサイトでは、この地球温暖化の原因防止対策のテーブルクロスは日本向けには販売されていないが、イギリスやアメリカなどを対象として販売している。「Vivienne Westwood」では、オーガニック素材を使ったライン「CHOICE by Vivienne Westwood Red Label」をスタートするなど、人類が直面している地球温暖化の危機について、その原因防止対策など地球環境問題について世間に訴え続けている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ヴィヴィアン・ウエストウッドが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

日本製粉がモーダルシフトによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減でエコレールマーク認定

 日本製粉(株)(東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、国土交通省から物流を変更することによって、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する企業として、「エコレールマーク取組企業」の認定を受けるとともに、オーマイお好み焼粉・オーマイ天ぷら粉・オーマイホットケーキミックスの3品目で「エコレールマーク商品」の認定を受けた。国土交通省のエコレールマーク認定は、製粉業界としては初めての取得となるという。エコレールマークは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するエコ輸送で地球環境に貢献する商品や企業を表示するマークである。エコレールマークの目的は、地球環境に優しい鉄道貨物輸送を一定以上利用している商品又は企業に対してエコレールマークの表示を許可し、商品表示やメディア媒体を通じて、消費者に該当商品を購入しもらい、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に協力・貢献してもらうことにある。日本製粉では、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、従来から地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題に取り組んでいるという。物流においても、小麦粉を始めとした各種製品の輸送などでモーダルシフトに取り組み、環境負荷の低減を推進している。モーダルシフトとは、鉄道・内航海運等の環境負荷の小さい輸送方法を利用することによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減等の環境負荷軽減を図ることをいう。1トンの貨物を1km輸送した時に排出される二酸化炭素(CO2)排出量は、営業用トラックによる輸送と比較して、鉄道では7分の1、内航海運では4分の1になるといわれている。今後は、エコレールマークを日本製粉の商品等に表示することで、流通過程において鉄道輸送を活用して地球環境問題に貢献していることを消費者に理解してもらうとともに、地球温暖化の原因対策の地球環境に配慮した様々な活動にも継続して取組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本製粉がモーダルシフトによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減でエコレールマーク認定はこちら

愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 株式会社プロスタッフ(愛知県一宮市)は、10月に愛知県で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議」の支援実行委員会に、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない地球に優しい電動スクーター「プロッツァ EV-R55」3台を協賛して提供すると発表した。実行委員会では、2010年10月16日に、愛・地球博記念公園でCOP10関連イベント「ナチュラスロン2010 The Course of the World(COP10会議参加者と市民が公園内10kmのコースを走るジョギング大会)」を実施する。この先導車として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない電動スクーターが使用されることで、参加者がよりクリーンな環境でジョギングできるとともに地球環境問題を感じてもらうのが狙いである。また、ナチュラスロンのスタート地点周辺には、電動スクーターの実物を展示し、地球温暖化の原因対策を含めた環境問題に優しい次世代の乗り物への関心を深めてもらうという。ナチュラスロンの終了後、3台の電動スクーターは、開催地の愛・地球博記念公園(愛知県愛知郡長久手町)において、スタッフの移動手段として使用するという。今回導入する電動スクーター「プロッツァ EV-R55」は、100%電気の力だけで走る電動スクーターで、当然、第一種原動機付自転車として公道を走行可能であり、家庭用AC100Vコンセントから手軽にプラグイン充電することができ、600Wのインホイールモーターで後輪をダイレクトに駆動する仕組みとなっている。「プロッツァ EV-R55」は、同社が製造販売している電動スクーターの中でも、スピード性能やパワーバランスに優れたモデルであるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶ

 神奈川県横浜市西区の三菱みなとみらい技術館では、地球温暖化の原因の一つとされる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の性質や排出量削減の必要性などを紹介する特別展「CO2チャレンジ・ラボ」が開催されている。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減について、てんびんを使った体験など遊びながら学ぶことができ、三菱みなとみらい技術館は「夏休みの宿題にも利用してほしい」と来館を呼び掛けており、期間は11月28日まで開催されている。「CO2チャレンジ・ラボ」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスという理由でマイナスイメージを持たれることの多い二酸化炭素(CO2)が、実は地球に欠かせない物質であることを知ってもらおうと企画したものであり、館内の展示を見ながら二酸化炭素(CO2)削減に係る問題をワークシートに解答を書き込んでいく方式になっている。「二酸化炭素(CO2)は空気に比べてどれくらい重い?」という質問の展示ブースでは、空気と二酸化炭素(CO2)をそれぞれ詰めたペットボトルを使って、てんびんで実験ができるようになっている。「二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスがないと地球の温度はどうなる」との質問には、会場内のあちらこちらに張られた温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減に関するヒントを活用し、「マイナス18~19℃」との答えを導き出すようになっている。同館では「二酸化炭素(CO2)の特徴について学び、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策への意識を持ってほしい」と話している。開館時間は午前10時~午後5時までで、月曜日が休館となっており、入場料は大人300円、中高生200円、小学生100円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市で遊びながら地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減を学ぶはこちら

豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーがディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 豊田自動織機トヨタL&Fカンパニー(愛知県刈谷市豊田町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する能力のあるディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフト「ジェネオ・ハイブリッドシリーズ」に4.0tと4.5t積みを追加して販売を開始したと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や省エネ化への機運の高まりを受け、フォークリフトの環境性能向上に対する市場ニーズも自動車などと同様に高まっており、2009年の国内フォークリフト市場の電動車の比率は57%まで上昇したという。しかし、積載荷重3.5t以上においては、電動ではバッテリーの問題から連続稼働時間に技術的な課題があるため、いまだに電動車の比率が6%にとどまっている。そのような状況の中、豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーでは、中・大型クラスフォークリフトに環境性能の高いハイブリッドシステム搭載モデルのフォークリフトのラインナップを拡充し、環境性能を求める大きなニーズに対応していくという。ジェネオ・ハイブリッドシリーズは、これまで3.5t積みフォークリフトだけだったが、4.0t、4.5t積みフォークリフトを追加する。今回の新型ジェネオ・ハイブリッドシステムは、独自開発のハイブリッドシステムを搭載することによって、ディーゼル車フォークリフトと同等の作業性能を確保しながら燃料消費量・地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ともに半減させることができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーがディーゼルエンジンハイブリッドフォークリフトで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。三菱地所(東京都千代田区大手町)と東京都建設局(東京都新宿区西新宿)は合同で、先月から夏場の路面温度の上昇を抑えるため、東京駅丸の内口から日比谷通りまでの行幸通りで地球温暖化の原因対策打ち水を始めている。他の地域で行われている地球温暖化の原因対策のイベント的に浴衣姿で打ち水を行うのではないが、打ち水用の散水設備を設置し、打ち水と同じようにのように水が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化熱の性質を利用して行うものである。この打ち水を行うことによって、路面温度の上昇を最大で10度程度抑えることができるという。三菱地所では、東京都心部の気温が上昇するヒートアイランド対策と地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として9月まで散水を続ける予定だという。打ち水の散水に使う水は、上水を使用するのではなく、丸の内ビルディングの厨房からの排水や雨水を適切に処理した再生水を利用するという。打ち水の方法としては、行幸通りの道路脇から水を流し、道路の傾斜に沿って道路全面に打ち水が広がる仕組みとなっており、打ち水の散水は天候や気温を見ながら行うという。

> 三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減に大きく寄与する住宅向け太陽光発電システムの販売店「京セラソーラーFC京都西」を京都府京都市にオープンさせた。京セラのフランチャイズ店は全国で114店舗目となるという。京都府では、京都議定書が同地で採択されたこともあって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に積極的に取り組んでいる。その対策の一環として、住宅用太陽光発電システムなどの設置者に対し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減量に応じたエコポイントを付与する新エネルギーの導入促進事業を実施しいる。こうしたことから、京都府京都市において住宅向け太陽光発電システムの需要が高まると判断した京セラは、新店舗でニーズの取り込みを図るという。住宅向け太陽光発電システムの販売店の新店舗の営業時間は、午前9時から午後6時までとなっている。京セラでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への機運の高まりを受け、住宅向け太陽光発電システムのフランチャイズ店舗を、現在の114店舗から2011年3月末には150店舗に拡大する計画を持っているという。

> 京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 大成建設(株)(東京都新宿区西新宿)と東光電気(株)(東京都千代田区有楽町)は、「次世代型人検知センサ」を共同開発したと発表した。これは、社員のオフィスへの在席状況に応じてゾーン単位で空調及び照明を自動制御し、快適性を保ちながらエネルギー消費を最小化し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。現在のオフィスビル全体の電力などの消費エネルギーの約70%が、基本的に空調及び照明設備による消費となっている。本年度から施行された改正省エネ法や東京都環境確保条例に基づく地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の実効を上げるためには、空調・照明設備のエネルギー消費をいかに抑えるかにかかっており、各種設備機器の省エネ対応化のための技術開発に各社がしのぎを削っている状況にある。今回、大成建設と東光電気が開発した「T-Zone Saver」は、空調設備の制御に関しては、社員が在席している場所には通常のエアコンと同じような空調環境を提供するが、一方、社員がいない場所では、エアコンの設定温度を高めたり運転モードの軽減したりと同時に、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減する仕組みとなっている。ほとんどのビルが採用している中央熱源方式の空調システムは、ヒートポンプ式ビル用マルチエアコン方式に、この制御システムを導入することで更なる省エネ効果と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減が期待できるという。また、このシステムによる照明設備の制御に関しては、社員がいる場所には必要な照度を確保するが、不在の場所では照度を低く自動設定する。さらに、一定の距離が離れている誰もいない場所では消灯する等の制御を行うことで快適性と照明負荷の低減、及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減を行う。本システムの中核技術は、人体だけを確実に認識することができる「次世代型人検知センサ」である。従来使用されていた人感センサでは、人の移動の際の温度変化とタイマー機能によって作動するものであったことから、人が静止している状況では高い精度で認識することができなかったので、人がいても照明を消灯してしまう誤作動が多いことから、事務所等へ導入することはできなかったという。これに対して、今回、大成建設と東光電気がが開発したセンサーは、人体が発する温度そのものを高い精度で認識することから、これまでセンサーが認識することの難しかった熱源であるPCの発熱や太陽の日照による温度変化との識別も確実にできるため、静止体も含めた人を認識することができるという。また、同システムでは多段階にわたる調光が可能であることから、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することによって、建物全体で約50%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減効果が見込まれるという。このシステムは、新築だけでなく既存ビルにも導入可能であり、オフィスの他にも病院や生産施設への適用もでき、更に、セキュリティや防災面に活用することが可能となっている。大成建設では、トップランナーモデルとして、ハーフ・カーボン建築を達成した「スーパーエコビル」を更に進化させ、2020年までに「ゼロ・カーボン建築」の実現を目指している。こうした最先端環境技術を適用することで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をマイナス55~60%は実現可能であるという。

> 大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 財団法人電力中央研究所(東京都千代田区大手町)は、火力発電、原子力発電、再生可能エネルギー発電など電源別発電の地球温暖化の原因対策の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量について、2009年版の評価結果を公表した。水力発電(中規模ダム水路式)を除いた8電源が前回(2000年調査)評価と比べて1キロワット時当たり二酸化炭素(CO2)排出量が減少しており、高効率発電の開発など発電技術向上が寄与している結果となった。1キロワット時当たりの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が最も多い石炭火力発電は943グラムと、前回の975グラムから3.3%減少した。これには、火力発電用のタービン入口の温度の高温化することによって、熱効率が向上した超々臨界圧石炭火力の導入が進んだことが理由である。LNG複合火力発電は、1300度級、1500度級の高温タイプのLNG複合火力の普及が進み、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量474グラムと519グラムから8.7%減ったという。原子力発電については、過程であるウラン濃縮工程でエネルギー効率の高い遠心分離法の割合が増加したことによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が減少し、排出量は20グラムと、前回の24グラムから16.7%削減した。再生可能エネルギーの風力発電による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量は25グラムであり、太陽光発電による二酸化炭素(CO2)排出量は38グラムであり、前回と同様に二酸化炭素(CO2)排出量は原子力発電の方が少なかった。最も地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が少ないのは、水力発電の11グラムだが、前回と同水準で排出量の変化はなかった。この評価は、発電時の燃料使用による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量だけでなく、燃料調達や設備建設などライフサイクルベースの二酸化炭素(CO2)排出量を測定した結果の数値となっているのが特徴である。

> 発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための制度として、家庭や企業が太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気を電力会社がすべて買い取り、それに要する費用をすべての家庭における電気料金に上乗せする新制度について、新制度導入から10年後の標準的な家庭(月300KW時使用)の家庭負担額を、月額150~200円程度とする案をまとめた。この案を新制度の枠組みを検討している有識者会合に提示し、年内をめどに価格設定などの詳細を詰めるという。再生可能エネルギーで発電された電気を全量買い取る新制度は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と新産業の育成が大きく期待されている。しかし、電気買い取りにかかる費用がすべての利用者の電気料金に転嫁されることになることから、家庭や企業の負担がこれまでよりも重くなるという欠点を有している。現在のところ、電力会社は、昨年11月から家庭などの太陽光発電の余剰電力だけを買い取っている。国で検討されている新制度案では、太陽光発電のほか、発電技術が実用化されている風力発電、中小水力発電、バイオマス発電、地熱発電についても、家庭や企業などを問わず買い取り対象にするという内容になっている。買い取り価格は太陽光発電を除いた各エネルギーについて、1KW時につき15~20円を想定しており、買い取り期間は15~20年であるが、太陽光発電は10年で調整しているという。電力の買い取りについては、制度制定後に導入した発電設備が対象となるが、既存設備についても買い取り価格を下げるなどの対応を行うという。すべて合わせると、電気の買い取り費用は4600億~6300億円となり、制度導入後の10年には最大2900万トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が抑制できる計算になるという。経済産業省は3月に、家庭の月額負担が10年後に150~500円程度となる4つの選択肢を公表し、パブリックコメントで国民から意見を募り、費用対効果などを踏まえて作業を進めてきた。この結果、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとはいえ、電気料金の大幅な負担増には反発が強いと判断した。

> 電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会

 東北経済産業局は、このほど、「国内クレジット制度」の普及及び、排出削減プロジェクトの発掘を目的に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための取組みの一つである「国内(CO2)クレジット制度」の説明会を福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県の東北6県各地で開催すると発表した。本説明会では、国内クレジット制度の概要の説明のほか、実際に国内クレジット制度に携わったことのある企業からの実例紹介等も行うという。いずれの内容も、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための省エネルギー活動に取り組まれる中小企業等の皆様にとって有益な情報となっている。
7月13日(火) 福島県郡山市 13:30~15:30 郡山ビューホテル (5Fプリエール)
福島県郡山市中町3-1 電話:024-924-1111 50人
7月15日(木) 山形県山形市 13:30~15:30 山形テルサ (2Fリハーサル室)
山形県山形市双葉町1-2-3 電話:023-646-6677  50人
7月21日(水) 岩手県盛岡市 13:30~15:30 岩手県産業会館 (7F6号・7号会議室)
岩手県盛岡市大通1-2-1 電話:019-626-8152 50人
7月23日(金) 宮城県仙台市 13:30~15:30 ハーネル仙台 (2F松島A)
宮城県仙台市青葉区本町2-12-7 電話:022-222-1121 100人
7月27日(火) 秋田県秋田市 13:30~15:30 秋田地方総合庁舎 (4F第2会議室)
秋田県秋田市山王4丁目1-2 電話:018-860-1573 50人
7月29日(木) 青森県青森市 13:30~15:30 青森県観光物産館アスパム (6F 甲田)
青森県青森市安方1丁目1番40号 電話:017-735-5311 50人
問い合わせ先
東北緑化環境保全株式会社環境事業部コンサルグループ 山本、大利)(TEL : 022-263-0918 FAX : 022-223-5237 E-mail: consulgroup@tohoku-aep.co.jp)
東北経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー課 伊藤、大友(TEL: 022-221-4932)

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会はこちら

京都府長岡京市ではクールアース・デーに地産地消や省エネPRで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因防止対策を考える日である「クールアース・デー」に、京都府長岡京市では、地元長岡京市の農家が野菜の直売で地産地消による地球温暖化の原因防止対策をアピールしたり、商業施設などが電飾を消灯して温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を広く呼び掛ける取組みを行った。クールアース・デーは、国の地球温暖化の原因対策推進本部が、洞爺湖サミットの開幕日にちなみ、7月7日を地球温暖化の原因防止対策の行動日と位置付けており、国民に幅広く地球温暖化の原因防止対策活動への取組みを促している。京都府長岡京市友岡にある「コープながおか」では、長岡京市地産地消推進協議会の構成員や、朝市や同店に出荷している地元長岡京市農家が、店頭で臨時の野菜市を開き、安全な食材で輸送にかかるコストやエネルギーも節約できる地産地消をPRし、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減になることを訴えかけた。長岡京市の朝採りのナスやキュウリなど新鮮な野菜を手ごろな価格で販売し、メンバーは「地元長岡京市の野菜の味の良さを知ってもらえれば。そしてそれが、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減という環境問題解決に少しでもつながれば幸いだ」と話していた。この日には併せて、コープながおか、JR長岡京駅前のバンビオ1・2番館や西口広場などで看板の電飾や照明を消すライトダウンを行い、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減についての市民啓発を行った。
った。

> 京都府長岡京市ではクールアース・デーに地産地消や省エネPRで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力

「マツダオールスターゲーム2010」を協賛しているマツダは、ゲーム開催時の福岡県及び新潟県の球場のナイター照明には、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させない自然エネルギーで発電されるグリーン電力を提供すると発表した。セ・パ両リーグのプロ野球のオールスターゲームは7月23日に福岡県の福岡Yahoo!JAPANドーム及び7月24日に新潟県のHARD OFF ECOスタジアム新潟で開催される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないグリーン電力の提供では「グリーン電力証書システム」を活用するという。このシステムは、太陽光発電システムなどの自然エネルギーで発電された電気の環境付加価値を「グリーン電力証書」というかたちで売買取引し、証書を保有する企業・団体が記載されている発電電力量相当分の自然エネルギーの普及に貢献したとみなされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与したものとされる仕組みである。このシステムに基づき、プロ野球オールスターゲームのナイター照明で使用される1万2000kWh分のグリーン電力証書を主催者であるマツダが購入する。このことで、間接的にオールスターで使う球場のナイター照明用に係る電力は自然エネルギーを使うことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)発生による環境負荷を与えないとみなされるという。このオールスターのグリーン電力証書購入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約6.6tを見込んでいるという。

> プロ野球オールスターのナイター照明は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のないグリーン電力はこちら

福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるということで、福岡県福岡市東区にある人工島の岸壁で導入が進められていた国内初の電動コンテナ用クレーンのテスト運用が行われた。国土交通省九州地方整備局などが整備していたもので、これまでのディーゼルエンジンに比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減や省エネに寄与するものになるという。国土交通省九州地方整備局によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型のクレーンの整備に当たっては、福岡県福岡市東区で4月から門型のクレーン(高さ約20メートル、幅約30メートル)4基に集電装置を取り付ける改造に着手してきたという。コンテナヤード内では、新型クレーンの電力源となる給電線(長さ約310メートル)を新設する工事を併せて進めてきた。今回完成した新型のクレーン以外の残り9基のクレーンの改造と、給電線の増設は11月末までに終える予定だといいう、本件に係る総事業費は約20億円となっている。国土交通省九州地方整備局では、クレーンの動力を軽油から電気へと切り替えることで、エネルギーコストがクレーン1基当たり年間約180万円、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量は126トンそれぞれ削減できると試算している。今後、他施設での新型クレーン導入を進めていくため、今年度中に福岡県福岡市のデータを分析し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の検証結果を取りまとめることにしているという。この日のテスト運用には関係者ら約50人が出席し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を排出しない排出エンジン音のない新型クレーンが、運搬用トラックに船からコンテナを積んだり、降ろしたりと稼動していた。

> 福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

兵庫県篠山市の県立高校が地産地消で地球温暖化の原因防止

 兵庫県篠山市にある兵庫県立篠山産業高東雲校においてヤマノイモの研究に取り組む「しののめ山の芋チーム」が、兵庫県大気環境保全連絡協議会から温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして第11回あおぞら大賞を受賞した。兵庫県篠山市の特産のヤマノイモの栽培面積を増やすことによって、地産地消の地元消費に取り組んでいることが、地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)削減に貢献したと評価された。同賞は、大気環境保全に功績のあった兵庫県内の団体などを毎年表彰しており、今回は地産地消に取り組む同校と太陽光発電メーカーなど5団体が受賞した。篠山市内の団体の受賞は、第7回の篠山市地球温暖化防止活動推進連絡会の受賞に続いて2回目となった。兵庫県立篠山産業高東雲校の同チームは、3年生3人と2年生7人で構成し、地元篠山市内の農家の協力を得てヤマノイモの優良な種芋を生産し、地産地消となる新メニューを開発してきた。取組みの中では、化学肥料の使用を減らして地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する取組みも進め、ヤマノイモの葉を建物の壁に茂らせて日差しを遮ることによって地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する「緑のカーテン」も試験的に設置している。代表の3年井関さんは「篠山市内の地域と連携して活動した地産地消が認められてうれしい。受賞を励みに地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する『緑のカーテン』と地産地消の取り組みを成功させたい」と話していた。

> 兵庫県篠山市の県立高校が地産地消で地球温暖化の原因防止はこちら

三重県の地球温暖化の原因防止に向けた四日市港グリーン物流促進補助事業

 三重県四日市港では、数多くコンテナが積まれており、まさに地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の溜まり場となっている。しかし、最近、四日市港を最寄り港にしている企業では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献する企業が増加しているという。三重県の四日市港管理組合が2008年度に独自に導入した地球温暖化の原因防止対策の「四日市港グリーン物流促進補助事業」の対象は、今年度は67社77事業で、前年度実績(34社36事業)からほぼ倍増している。四日市港管理組合では「地球温暖化の原因防止対策という環境問題への配慮だけでなく、コスト削減の面からも企業の関心が高まっている」と手応えを感じ、事業の継続を検討しているという。昨年度から参加する東芝物流三重輸送センター(三重県四日市朝日町)は、中国・大連港から運ぶ工作機械の荷揚げの50%程度を名古屋港から四日市港に移し、標準サイズの20フィートコンテナ換算で418本分を荷揚げした。工場との距離は、名古屋港からが26キロに対し、四日市港からは10キロで、トラック輸送の距離を約16キロ短縮することができることから、年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減量は34トンになり、61.5%減らせたという。今年度は、貨物量の四日市港シフト比率を70%まで高める計画で、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減量も19.5トン上乗せを目標に掲げる。このことによって、東芝グループ全体の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減に大きく貢献できているという。四日市港管理組合の補助制度は、荷主企業が最寄り港を他港から四日市港に替えて、トラック輸送の距離を短縮することで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減した場合に、20フィートコンテナ1個当たり5000円の補助金を1年間だけ交付する。コンテナ量の多い名古屋港の方が荷物の積み出し料金が四日市港より安いが、この差額分がほぼ補助金と同額になるという仕掛けだという。地球温暖化の原因防止に寄与するという社会的なイメージが良い環境対策といえども、コスト高になっては、企業は三重県の四日市港までやっては来ないことから、四日市港の補助金は荷揚げ港変更の大きな呼び水となっていると好評だ。2009年の輸出入コンテナ取扱量は、リーマンショック後の景気後退の影響で、名古屋港は約205万個と、前年比22%の大幅減だったが、地球温暖化の原因防止対策の補助制度を持つ四日市港は約16万個で、同6%減にとどまっている。このうち、補助制度の対象は約1万個と、全体の約6%を占めていることから、四日市港管理組合は「地球温暖化の原因防止対策の補助制度は、取扱量が下げ止まった要因の一つ」と評価し、今年度は1万4000個を見込んでいるという。このように、企業が簡単に変えられない荷揚げ港を部分的にせよ変更し、地球温暖化の原因防止対策の補助制度を有している四日市港を評価し始めている。今年度、初参加した下着メーカーの美成産業(滋賀県彦根市)は、大阪港の年間コンテナ量100個のうち20個程度を振り分けた。中国からの輸送時間は半日余分にかかるが、担当者は「地球温暖化の原因防止対策になるうえ、トラックの手配がしやすい四日市港は納期を守るのに心強い」と話している。この地球温暖化の原因防止対策の事業は3年間の予定で始まり、今年度が最終年となるが、四日市港管理組合は「参加企業が増えて、地球温暖化の原因防止対策の知名度も上がっているので、来年度以降も継続させたい」と意欲的だ。四日市港グリーン物流促進補助金は、初年度の2008年度に、三重県内の事業所に声をかけ、21社が参加したのが始まりだという。2010年度は、三重県内や岐阜県、滋賀県の67社に補助金を計6077万円交付した。その結果、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の見込みは年間約1240トンで、森林約191ヘクタール(ナゴヤドーム約40個分)の吸収量にも相当することになる。地球温暖化の原因防止対策への参加企業が急速に増えた背景には、2008年の省エネルギー法改正もあるという。物流量の多い特定荷主は、地球温暖化の下人防止対策のため、省エネルギー計画やエネルギー使用量の報告義務が課されたからである。

> 三重県の地球温暖化の原因防止に向けた四日市港グリーン物流促進補助事業はこちら

環境省が地球温暖化の原因防止に寄与する家庭用省エネ機器リース業者を支援

 環境省は家庭からの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出を減らすため、家庭用の太陽光発電装置などの省エネ機器について、リース業者を支援する方針を発表した。環境省は、政府の地球温暖化の原因防止に係る新成長戦略に位置づけられるよう働きかけるとともに、来年度の概算要求に盛り込む考えだという。環境省によると、2008年度の家庭部門からの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量は1990年に比べ34.2%増となっており、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを25%削減するという政府の目標達成には、家庭部門の対策が欠かせない。しかし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出抑制に大きく寄与する太陽光発電装置や省エネ型給湯器などの機器導入は初期投資額が大きいという現状がある。そこで、地球温暖化の原因防止となる太陽光発電装置や省エネ型給湯器などの機器リースを行う業者が機器を購入する資金を国が支援し、リース料を低く抑えられれば、普及に弾みがつくと判断した。助成対象となる機器は、今後企業へのヒアリングを通じて決定するという。

> 環境省が地球温暖化の原因防止に寄与する家庭用省エネ機器リース業者を支援はこちら

福岡県行橋市のJR行橋駅前で地球温暖化の原因防止の環境啓発チラシ配布

福岡県では地球温暖化の原因防止対策の一環の取組みとして、京築保健福祉環境事務所(福岡県行橋市)が22日、JR行橋駅一帯で地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題の街頭キャンペーンを行った。この6月が福岡県の環境月間になっているのに合わせた取組みで、産業廃棄物の不法投棄防止や地球温暖化の原因防止に寄与する省エネルギー・省資源の生活を呼びかけた。当日は、JR行橋駅一帯で緑色ジャンパーを着た福岡県職員約10人が、福岡県の地球温暖化の原因防止対策マスコット「エコトン」とともに、啓発チラシ入り布製エコバッグ約200枚を乗客らに配布した。地球温暖化の原因防止対策が掲載されているチラシを受け取った人たちはチラシを手に、「テレビの主電源をこまめに切る」などの省エネルギー方法のほか、電気や水道、ガス使用による各家庭の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を毎月記録できるインターネットのホームページなどの紹介に見入っていた。福岡県では、こうした小さな取組みの積み重ねが、少しでも地球温暖化の原因防止に寄与することができればと話している。

> 福岡県行橋市のJR行橋駅前で地球温暖化の原因防止の環境啓発チラシ配布はこちら

NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究

 地球温暖化の原因防止対策に関連して、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と電源開発(Jパワー)は、石炭火力発電で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を回収する新技術の確立を目指して共同研究を行うと発表した。地球温暖化の原因対策のために、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を地中に閉じこめるCCS技術確立に重要な研究であり、温室効果ガスを発生させている石炭火力発電のゼロエミッション実現を目指すという。地球温暖化の原因防止対策の共同研究は、Jパワーが福岡県北九州市に持つ研究施設で今年度から2014年度まで行うといい、この施設はすでにNEDOとJパワーが、石炭からガスを生成し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を分離する技術を確立している。二酸化炭素(CO2)をイオン結合で液体に取り込んで回収する「化学吸収法」の研究も進められているが、今回は、圧力をかけて二酸化炭素(CO2)を液体に溶け込ませる「物理吸収法」の試験に取り組むという。温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の物理吸収法に着目するのは、化学吸収法と比べて次世代型の石炭ガス化複合発電(IGCC)のプラントで、二酸化炭素(CO2)を効率的に回収できると見込まれるためである。IGCCの発電効率は48~50%で、現在の最新鋭の石炭火力発電設備よりも10ポイント程度高く、IGCCの研究開発も同じ設備で行われている。NEDOは、平行してCCSの事業化可能性調査を行っており、政府の2030年までのエネルギー基本計画では、既存の石炭火力発電設備を建て替える際は、すべてCCSを併設すること定めている。CCSは、石炭火力発電所などで発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を回収して、地下の帯水層や枯渇したガス・油田などに閉じこめる技術で、地球温暖化の原因対策の切り札として、欧米でも研究が進められている。日本では、北海道苫小牧市沖の海底などが地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)埋設の候補地になっている。

> NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究はこちら

石川県金沢市で地球温暖化の原因対策の定期積金

 石川県金沢市にある金沢信用金庫では、加入者に直接的・間接的に地球温暖化の原因対策に寄与する環境保全活動に参加できる「金融商品」としては、全国の銀行・信用金庫で初のスキームとなる社会貢献型定期積金「きんしんエコロジー積金」を発売している。具体的には、定期積金の金利を店頭表示金利+プレミアム金利とし、金利面でお客が加入しやすくしている。そして、加入したお客に「環境保全活動取組みチェックシート」を渡し、家庭又は事業所で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減に取組んでもらい、そのチェックシートを提出した方にエコ記念品を進呈している。また、その給付契約高合計の0.02%を金庫収益金から拠出し、地球温暖化の原因防止対策などに取り組んでいる環境団体に寄付し、地域の環境保全活動の展開を側面から支援している。この地球温暖化の原因防止対策に寄与する定期積金の発売期間は平成19年10月1日~平成20年12月30日の15か月間としており、発売後2か月間で契約件数5,707件、契約高83億64百万円で、チェックシートによる環境保全活動に1,758件の参加があり、12,347kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減となっている。日本の金融機関では、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素を削減するなどの環境に配慮した金融商品(エコファンドなど)が発売されているが、自らが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減の取組を実施するように促す金融商品としては初のスキームである。この石川県金沢市の信用金庫の取組は、積金の収益金中から地球温暖化の原因防止対策などに取り組んでいる環境活動団体に寄付するほか、一人ひとりが自らの意思で地球温暖化の原因防止対策の活動を取り組んでいくようになっているのが特徴である。今年10月1日から始めたところ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2の1年の目標削減量の半分が1ヶ月半ですでに達成したという報告があり、この取組の石川県金沢市地域での拡がりが窺えるものとなっている。また、この取組は、特に、家庭や事業所において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減の取組を実施するにあたっての簡単なところから始めることができるという「気づき」や「認識」を持たせるものとなっているのが特徴である。 

> 石川県金沢市で地球温暖化の原因対策の定期積金はこちら

宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップ

 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題、エネルギー問題について学んだ成果を音楽劇で披露する「エコ&エネルギーワークショップ2010」発表会が宮城県仙台市青葉区にあるエル・パーク仙台で開催された。地球温暖化の原因や省資源、省エネルギー問題をテーマに「オズの魔法使い」を上演するなかで、一人一人が身近なところから地球温暖化の原因対策を始めとする環境配慮の行動を起こす大切さを訴えた。地球温暖化の原因対策に係るワークショップは、東北電力仙台営業所が2004年度から毎年開催しているものである。今回は、宮城県仙台市周辺にある7大学の学生約50人が3月から、宮城県内の資源リサイクル施設や発電所を見学したり、地球温暖化の原因対策の専門家の話を聞いたりして環境問題やエネルギー問題を学習してきた。この学習の成果を踏まえ、演劇部や合唱部に所属する約20人が地球温暖化の原因対策に関する音楽劇を演じた。50年後から現代に来た少女とかかし、ブリキのきこり、ライオンが資源やエネルギーの現状を学び、無駄や無関心を乗り越え、地球温暖化の原因対策として何をなすべきかを考えていくストーリーとなっている。大学生約100人がグループに分かれ、地球温暖化の原因対策の音楽劇を題材に意見を交わす交流会も開催された。

> 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップはこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策で環境省が市民らと対話

 宮城県仙台市において環境省は、地球温暖化の原因防止対策の取り組み状況を説明し、意見を聞く「国民対話」を開催した。参加者からは、地球温暖化の原因防止対策の強化に伴う国民負担の増大や温室効果ガスの排出削減規制に伴う国内産業への悪影響を懸念する声が上がったという。まず、環境省の寺田地球環境局長らが、2020年度までに地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量を1990年比で25%削減する中期目標を盛り込んだ地球温暖化原因対策基本法案などを解説した。しかし、地球温暖化原因対策基本法案が16日に閉会した国会で成立が見送られて廃案となったことから、参院選後に同じ内容で法案の成立を目指す方針を示した。地球温暖化の原因防止対策に関する質疑応答では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の大きな削減目標を不安視する意見が目立った。寺田局長は「将来は地球温暖化の原因防止対策費用よりはるかに多額の被害がのし掛かってくると考えられ、金がかかってもやらなければならない。実際の負担は今後の地球温暖化の原因防止対策制度設計で変わってくる」などと理解を求めた。会場からは、政府一体で国民向けの地球温暖化の原因防止対策の説明を強化し、理解度を上げる必要性を指摘する意見も出た。この国民対話を前に、地球温暖化の原因防止対策に係る環境ビジネスや省エネ活動に取り組む企業と地元企業が交流する「マッチングフォーラム」も開かれた。この地球温暖化の原因防止対策に係る国民対話は5月開催の東京都を皮切りに全国7カ所で開催されているものである。

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策で環境省が市民らと対話はこちら

東京都港区の日比谷花壇が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット導入

 東京都港区にあるフラワーショップの日比谷花壇は、7月1日~8月31日の期間に宅配サービスによって顧客に届ける商品について、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素カーボンオフセットの仕組みを使い、1商品あたり400グラムの二酸化炭素排出(CO2)削減を行う。配送時に発生する地球温暖化の原因となるCO2を相殺することで、地球温暖化の原因防止への取り組みの姿勢をアピールする考えだという。地球温暖化の原因防止対策のカーボンオフセットの対象となるのは、パソコンや携帯電話のショッピングサイトや電話、店頭、夏のギフトカタログを通じて注文を受け付ける配送を伴う260種類以上の商品が該当するという。日比谷花壇の商品を宅配サービスで届ける場合、平均で約400グラムの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2が発生するという。このため、期間中に発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の総量に相当する二酸化炭素排出権を同社が購入し、二酸化炭素発生分と相殺する仕組みになっているという。商品には「配送時に発生した地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をカーボンオフセットします」というメッセージを添え、受け取った人にも地球温暖化の原因防止対策をPRして分かるようになっている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出権は、ブラジルの小規模水力発電工場プロジェクトにより創出され、国連が認証したものだという。日比谷花壇では、昨年の夏、冬のギフトや今年の母の日・父の日ギフトのカタログ商品について、カーボンオフセットの方式で配送時の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減を行ってきた。今夏は「より多くの人に地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境問題に関心を持ってもらいたい」と考えて対象を大幅に拡大したといい、地球温暖化の原因防止対策など環境問題に対する意識が高まる中、「対象商品を検討した上で9月以降も継続していきたい」と話している。

> 東京都港区の日比谷花壇が地球温暖化の原因防止のカーボンオフセット導入はこちら

地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量取引検討部会が初会合

 地球温暖化の原因となる二酸化炭素国内排出量取引の制度設計を検討する産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)の作業部会の初会合が開催された。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の重要な手法だが、欧州連合(EU)で不正行為が横行していることや国内における温室効果ガス削減義務を避けて、国内産業が海外流出する恐れがあるなど、「導入ありきの議論は避けるべきだ」と慎重意見が出された。排出量取引作業部会は、EUなど諸外国で導入されている地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量取引制度を参考にして、温室効果ガス削減に向けた技術革新を促し、経済と環境対策を両立させる制度のあり方を検討するものであり、有識者のヒアリングや海外調査を経て、今秋までには複数の制度案を示す予定になっている。ただ、初会合では、国内排出量取引制度導入に否定的な意見が相次いだ。先進地のEUでは、金融関係者の投機的な取引で地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出権価格が乱高下し、二酸化炭素削減量の計量でも不正が相次ぐなどトラブルが多くあるからである。目に見えない温室効果ガスの排出権をめぐって膨大な金が動くことから、「温室効果ガスの取引している当人も実際には何を扱っているか分からない。後で大きな副作用が起きる」との懸念も上がった。国内にも懸念材料は多く、地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減義務を逃れるために、「企業が国際的な地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減の枠組みに入らない国に流出する」と心配する声が出た。また、世界最高水準の省エネ技術を持つ日本企業には、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減の短期的な技術力向上は難しいことから、政府目標の1990年比25%削減目標の期限である2020年までには、「地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減の画期的な新技術の実用化が見込めない」として、温室効果ガス排出量取引を導入しても目標達成に貢献できる技術革新は期待できないとの指摘も出た。国内の温室効果ガス排出量取引は、企業に温室効果ガスの排出削減を義務づけたうえで削減量の過不足を売買する制度であり、今国会で審議されている地球温暖化対策基本法案に、「1年以内に創設する」と明記された。

> 地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量取引検討部会が初会合はこちら

三洋電機が地球温暖化の原因防止に寄与する次世代太陽光発電電池セルを欧米で量産へ

 三洋電機は、親会社であるパナソニックとの共同開発で、平成24年度末にも量産化する地球温暖化の原因防止に寄与する次世代型太陽光発電電池の基幹部品を海外でも生産する方針を明らかにした。太陽光発電のセルは現在、国内でのみ生産しているが、地球温暖化の原因防止対策や太陽光発電補助金など優遇策が充実した欧米での量産を検討した結果、いわゆる地産地消を基本路線として収益率向上を図ることとした。同社は地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電電池の生産能力を、今年度に20年度の約1.7倍の600万キロワット(出力換算)へ、27年度には150万キロワットへする計画を有している。三洋電機は、現在の太陽光発電電池製品「HIT」での追加投資は今年度でやめ、その後の投資は、さらに地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電の変換効率(光エネルギーを電力に変える効率)の非常に高い次世代型の増産で進める方針を示した。地球温暖化の原因防止対策となる次世代型太陽光発電の生産については、兵庫県尼崎市に立地するパナソニックのテレビ用プラズマパネル工場の一部を転用する方向を表明しており、三洋電機では、「尼崎市で地球温暖化の原因防止対策となる次世代型太陽光発電の開発と設備のノウハウをつくり上げた後、地球温暖化の原因防止対策として世界的な需要の拡大に応じて、欧米を中心に海外での生産も考えないといけない」と語った。

> 三洋電機が地球温暖化の原因防止に寄与する次世代太陽光発電電池セルを欧米で量産へはこちら

秋田県秋田市で地球温暖化の原因防止に向けた秋田県菜の花ネットワーク

 地球温暖化の原因防止に向けた秋田県秋田市の秋田県菜の花ネットワークには、農家や運送会社、行政、大学教授などが参加している団体である。団体では、地球温暖化の原因防止に向けて、菜の花を使った食用油、料理、飼料、バイオディーゼル燃料BDF)などを研究している。秋田県内における菜の花作付面積は、転作作物として作付けが広がり、昨年の80haから今年では約120haまでに拡大し、遊休地、耕作放棄地、休耕田を対象に地元農家の菜の花栽培に協力している。また、菜の花の連作障害対策として、3年に1年はソバを植える「天ぷらそば」構想などもある。こうした取組みは、地球温暖化の原因防止に寄与する一方、満開の菜の花が地域に知られ、たくさんの人が秋田県の畑を観光がてらに訪れるようになった。地球温暖化の原因防止に寄与する搾油した菜種油は今年度からビジネス化に動き出し、秋田県小坂町、美郷町、秋田県立大学等で販売している。地球温暖化の原因防止に寄与するBDF作りはプラント方式ではなく、使用済み廃食油などの廃棄物使用が中心の手作りで、秋田県内では運送会社、町村、産廃業者で実用化されている。BDF製造工程で約20%発生するグリセリンを秋田県内のハウス農家の地球温暖化の原因防止に寄与する燃料として活用して2年目だが、順調に推移しています。秋田県で応募された14件の取組みのうち、最優秀賞の秋田菜の花ネットワーク以外で実に4団体が、ネットワークに加盟している団体であり、そのほとんどが菜の花の菜種油を多段階利用し、地球温暖化の原因防止に寄与するバイオディーゼル燃料(BDF)を作っていた。そのため、ストップ温暖化大作戦~CO2削減「一村一品プロジェクト」~選考委員会では、この5つすべての取組をまとめた総合的な取組みとして秋田菜の花ネットワークを秋田県代表に選出した。また、秋田県流の地球温暖化の原因防止に寄与する循環型社会作りに向けた菜の花の多段階利用方式の開発と実証を行うために、秋田県有地(秋田県秋田市飯島:秋田湾産業新拠点)を対象に限界条件における菜の花栽培の可能性検証と活用手法の研究を実施している。具体的には、冬の塩を含んだ風の強い秋田湾産業新拠点の秋田県有地10haに今秋菜の花を植え、冬の塩害にどれだけ耐えうるのかの実証実験中であり、成功すれば都市近郊での地球温暖化の原因防止に寄与する環境教育の素材、さらには地方都市在住市民への啓蒙素材としての活用可能性がでて、活動に大きな広がりが出るものと期待されている。

> 秋田県秋田市で地球温暖化の原因防止に向けた秋田県菜の花ネットワークはこちら

青森県の小学校で地球温暖化の原因防止活動

 青森県五戸町立南小学校の児童は、全学年が地球温暖化の原因防止を始めとするエネルギー環境問題について系統的に学んできた。その成果として、地球温暖化の原因防止を始めとするエネルギー環境問題の解決については、一人一人が具体的な地球温暖化の原因防止活動を始めることが大事で、特に、地域に働きかけて地域ぐるみの活動にしていくことが効果的であることがわかった。そこで、3・4年生は、親子で「ミニミニエネルギーサミット」を開催してどんな地球温暖化の原因防止に寄与する省エネ対策を行うか話し合った。地球温暖化の原因防止を始めとする省エネのキーワード「3R」を学習発表会で「宇宙人の宿題」と題して劇化、発表したり、地球温暖化の原因防止を始めとする省エネを呼びかけるポスターを作って地域に掲示してきた。また、5・6年生は、地球温暖化の原因防止に寄与する新エネルギーについて学び、実際に風力発電と太陽光発電を行い電飾などに活用している。さらに、京都議定書に基づく地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を達成するために、環境家計簿の記帳を勧める「エコライフ出前講座」を子どもたちが地域に出向いて開催している。2008年3月には、地球温暖化の原因防止を考える「地域子どもエネルギーサミット」を開催し、それぞれの地域に根ざした地球温暖化の原因防止に寄与する省エネ活動を広げていく予定である。五戸南小の地球温暖化の原因防止対策への取組みは、学校内のみにとどまらず、地域住民を巻き込んだ活動としているところが高い評価を得た。全国でさまざまな先進的な地球温暖化の原因防止の取り組みが行われている中、実は毎日の暮らしの中でできることを地域住民に広げていくことが最も効果的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減につながるということを改めて考えさせてくた。彼らの実行していることを全国民が実行したらなら、京都議定書に基づく地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標達成など簡単にクリアできてしまうでしょう。

> 青森県の小学校で地球温暖化の原因防止活動はこちら

三井住友銀行が地球温暖化の原因防止の排出権付国債を販売

 三井住友銀行は、販売するすべての個人向け国債に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出権を付けると発表した。国債の購入者1人につき、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)100キロ分の排出権を同行が取得し、これを政府に無償譲渡し、日本のCO2排出削減にあててもらうという。国債購入者が増えれば日本の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減量が増える形で、同行は環境貢献をアピールするとともに、低金利で人気が低迷している国債の購入者のすそ野を広げたい考えだ。同行はこれまで、販促キャンペーンの一環で不定期に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出権付き国債を販売していたが、財務省が個人向け国債の新商品「固定金利型3年債」を発売するのに合わせて定番化し、3年債のほか、変動金利型10年債と固定金利型5年債の購入者にも、1人につき100キロの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出権を付ける。同行が定期的に購入者数を集計し、国債販売の収益の一部から、世界各国での温室効果ガス削減事業によって生み出された排出権を購入する仕組みで、国債の販売価格に購入費は上乗せしないという。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出権は政府に譲渡し、日本の削減分としてカウントしてもらうという。なお、排出権とは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを排出する権利のことである。先進国の温室効果ガス削減目標を定めた京都議定書に基づき、日本は2008~2012年の5年間に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量の1990年比6%減が義務づけられている。省エネルギーなど国内だけで目標達成が困難な場合、目標を達成した国から余った地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出権を購入することで、自国の削減として認められる仕組みとなっている。

> 三井住友銀行が地球温暖化の原因防止の排出権付国債を販売はこちら

東京都品川区で地球温暖化の原因対策の環境配慮型オフィスビル誕生

 ソニーの旧本社跡地は東京都品川区にあるが、2011年2月に地球温暖化の原因防止対策に寄与する超省エネ型LED照明や大規模緑化などを採用した国内初の環境配慮型オフィスビルが誕生する。この地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルを建築するのは、大手住宅メーカーの積水ハウスである。同社がソニーの旧本社ビル跡地でオフィスビルや賃貸マンションからなる複合開発を行っている「御殿山プロジェクト」内で、最大の面積を占めるAブロックに建設するという。地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルの最大の特徴としては、地球温暖化の原因防止対策に寄与する発光効率が高い最新の超省エネ型LEDグリッド照明を大規模に採用しているところにあり、従来型のLED照明は一般的な蛍光灯照明に比べて消費電力の削減率が約20%であったのに対し、今回採用されるLED照明は約41%の電力削減ができるという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明機器の寿命も蛍光灯照明に比べ約3.3倍もあり、省メンテナンス化が図れるという。また、これ以外にも地球温暖化の原因防止対策に寄与する技術として、地中の恒温性を利用する「クールピット」や、在室人員に応じて室内のCO2濃度を検知し必要外気量のみをオフィス内に導入する「自動CO2制御システム」、さらには、外気温が室温より低い時に外気を建物に導入して冷房を行う「外気冷房」など最先端の省エネ技術を採用し、エネルギーの消費量を低減することで、地球温暖化の原因防止に貢献するという。さらに、敷地内には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を吸収する樹木が17,480本も植樹され、ヒートアイランド抑制効果の高い芝生や地被類を植樹した屋上緑化も採用するなど43%もの高い敷地緑化率を実現しているという。積水ハウスでは、この最先端の省エネ技術を採用し、地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境配慮型オフィスビルで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の年間排出量を大幅に削減することで、4月1日から施行された東京都改正環境確保条例におけるトップ事業者の認定を受けることを目指しているという。

> 東京都品川区で地球温暖化の原因対策の環境配慮型オフィスビル誕生はこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット説明会

環境省では、平成20年11月に、地球温暖化の原因防止対策として木質バイオマスの利活用や間伐等の森林管理等の国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度を創設している。地球温暖化の原因防止対策のJ-VER制度を活用したカーボン・オフセットの取組を推進するため、平成21年6月・11月に、J-VER制度に関する全国説明会(第1回・第2回)を開催し、多数の方に参加した。この度、第2回に引き続き、地方公共団体及び事業者等を対象に、新たな地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出削減プロジェクト等の開拓と支援事業(補助金)の公募について、説明会を全国10箇所で開催すると発表した。いずれも事前申込なので、希望の会場の開催日の5日前までに申し込む必要がある。なお、会場の席に限りがあるため、定員になり次第申込みを締め切るとのことである。
開場13:30、開始14:00、終了17:00 日時 場所 会場
6月17日(木) 大阪 新梅田研修センター
大阪府大阪市福島区福島6-22-20
6月22日(火) 福岡 福岡国際会議場 中会議室
福岡県福岡市博多区石城町2-1
6月23日(水) 東京 学術総合センター 一橋記念講堂
東京都千代田区一ツ橋2-1-2
6月28日(月) 広島 広島国際会議場 コスモス
広島県広島市中区中島町1-5
6月30日(水) 名古屋 名古屋国際会議場 234会議室
愛知県名古屋市熱田区熱田西町1-1
7月2日(金) 高松 高松商工会議所 大ホール
高知県高松市番町二丁目2-2
7月14日(水) 金沢 石川県地場産業振興センタ- 第5研修室
石川県金沢市鞍月2-1
7月15日(木) 埼玉 浦和ロイヤルパインズホテル ロイヤルクラウン
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1
7月22日(木) 盛岡 ホテル東日本盛岡 鳳凰の間
岩手県盛岡市大通り3-3-18
7月23日(金) 札幌 TKP札幌ビジネスセンター (ヒューリック札幌ビル5階)
北海道札幌市中央区北三条西3丁目1-44

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット説明会はこちら

群馬県太田市が地球温暖化の原因対策として防犯灯をすべてLEDに

 群馬県太田市は今年度中に、太田市内の防犯灯約1万8000灯を地球温暖化の原因対策の一環として白色蛍光灯から青色LED灯に全面的に切り替えると発表した。これには、地球温暖化の原因防止対策のノウハウを持つ「ESCO(エネルギー・サービス・カンパニー)事業者」との間で、地球温暖化の原因対策に係る初期投資から維持管理まで包括的な長期契約を結びコスト削減を目指すもので、7月に入札を行って契約事業者を選定するという。ESCO事業は民間のノウハウを活用して、地球温暖化の原因対策に寄与する光熱費削減や省エネを図る手法の一つとなっている。太田市によると、地球温暖化の原因対策のLED灯の設置費などは、将来にわたって浮く電気代やメンテナンス経費のコスト削減分で賄われるという。防犯灯の電気代は年間約5000万円に上っていたが、LED灯の導入で約1250万円削減できるほか、LED灯は蛍光灯に比べ寿命が長く、年間約2000万円の修繕費もカットでき、削減効果は年間で計約3250万円になるという。ESCO事業者との間で、地球温暖化の原因対策として10年間の包括的な「パフォーマンス契約」を結んだ場合、10年間で浮く計算になる約3億2500万円の経費を初期投資やメンテナンスに回すことができるほか、節約によって利益も見込めるという。ESCO事業は、民間の資金や経営、技術的能力を公共サービスに活用する「PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)事業」の環境版であり、ビルや工場の施設改修などに活用されてきたが、LED灯設置への応用について「あまり例はない」(太田市危機管理室)という。清水太田市長は「地球温暖化の原因対策の新しいビジネスモデルにもなるのではないか」と話している。

> 群馬県太田市が地球温暖化の原因対策として防犯灯をすべてLEDにはこちら

神奈川県内の地球温暖化の原因のCO2排出量が前年比5.8%減

 神奈川県は1、2008年度に神奈川県内で排出された地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量は7278万トンで、前年比5.8%減少したとする推計結果を発表した。しかし、京都議定書基準年(1990年)との比較では11.9%増となっており、「2020年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を基準年比25%削減」とする削減目標の達成は依然として厳しい状況になっている。神奈川県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量推計は、国の総合エネルギー統計などに基づいて算定しており、部門別では、廃棄物部門を除くすべての部門が前年を下回ったという。中でも、産業部門(9.7%減)とエネルギー転換部門(5.7%減)は大幅に減少している。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の減少は、景気悪化の影響で製造業などのエネルギー消費量が減少し、全体の排出量を押し下げる主要因になったとみられる。一方、基準年との地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量比較では、業務部門と家庭部門の伸び率は高水準のまま推移しており、構成比が最も大きい産業部門は前年比11.3ポイント減少したものの、5.6%増えているという。神奈川県は「地球温暖化の原因防止対策などの施策効果は現段階では不透明」としており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量25%削減の目標達成は大変厳しい状況にあると説明している。神奈川県が3月に策定した神奈川県地球温暖化対策計画に基づき、大規模事業所のCO2排出量削減計画書提出、太陽光発電や電気自動車の普及などに全力で取り組む方針だという。国の環境省の調査では、国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(約12億トン)は前年比6.6%減っており、神奈川県内の減少率を上回っている。この地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)国内排出量に神奈川県内の排出量が占める割合は6.0%だったという。

> 神奈川県内の地球温暖化の原因のCO2排出量が前年比5.8%減はこちら

京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少

京都府京都市の門川大作市長は、京都市内の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素の総排出量の2008年速報値が、京都市地球温暖化対策条例が目標とする基準年(1990年)比10.0減を上回る11.7%減となったことを明らかにした。京都市地球温暖化対策条例制定後、目標を達成したのは初めてのことになる。しかし、この理由としては不況による生産活動の低下が大きな要因であることから、引き続き京都市民や事業者に抑制努力を求めた。京都市は2010年までに基準年比10%減となる695万トンまで減らすことを京都市地球温暖化対策条例に明記している。2008年速報値の京都市内総排出量は682万トンで、既にこの目標を達成したという。しかし、原油価格高騰や金融危機の影響に伴う産業・運輸部門のエネルギー消費量の減少が主な原因で、家庭や事業所からの排出量は基準年を上回ったという。こうしたことからも、来年4月に予定している京都市地球温暖化対策条例改正で2030年に40%削減する新目標を盛り込む方針を固めており、門川京都市長は「まだ通過点にすぎない。地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスの二酸化炭素排出量を減少させるには、太陽光発電システム電気自動車の普及などが必要」と強調した。

> 京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少はこちら

愛知県豊橋市職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤

 昨今は、自治体職員自らが地球温暖化の原因防止対策に取り組みところが増えている。愛知県豊橋市がこの4月からスタートさせた職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤運動が、好調な滑り出しを見せていると発表した。豊橋市本庁舎で勤務する豊橋市職員は、当面の目標の「エコ通勤率50%」を早くもクリアしたという。豊橋市は、最終目標である「10年後に病院や消防、出先機関も含めた全職員の50%参加」達成を目指すとコメントした。この豊橋市職員によるエコ通勤は、地球温暖化の原因防止対策や交通渋滞緩和、職員の健康増進などの目標を掲げて始まったものだという。通勤手段として自転車や徒歩、公共交通機関で通勤する職員に対して職員互助会が毎月500円のプリペイドカードを支給している。また、通勤用自転車の購入には1万円を限度に半額を補助する制度となっている。一方で、マイカー通勤者の通勤手当を減額したほか、自転車通勤者には1000円を増額する奨励策を導入している。さらに、条件整備の一環として、自転車増に備え、本庁舎の駐輪場は140台分増やし、約400台を止められるようにした。この結果、豊橋市全職員でみると、今年2月時点で19%だったエコ通勤者は、4月以降に28%へアップした。本庁舎に限ってみれば、昨年4月時点の39%から56%と増加が顕著だという。特に、自転車通勤は、ブームにも乗り、最も人気があり、昨年4月には全職員のうち393だったが、今年4月には702人と8割も増えたという。豊橋市人事課は「地球温暖化の原因防止対策として予想外に好調だ。1月からPRしてきた結果ではないか。今後は病院や消防といった不規則勤務の職場で、どう普及させていくかが課題である」とコメントしている。

> 愛知県豊橋市職員の地球温暖化の原因防止対策としてのエコ通勤はこちら

熊本県熊本市で地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を1560万枚削減

 熊本県熊本市では、ごみ減量化地球温暖化の原因防止対策として、買い物用レジ袋の削減を呼びかけて続けているが、昨年9月~今年3月のレジ袋の有料化などの取り組みで、レジ袋約1560万枚を減らしたとコメントした。この結果には、地球温暖化の原因防止対策としてドラム缶約1430本分の原油を節約し、約5万3520本の杉の木が1年間に吸収する二酸化炭素量に相当する温室効果ガスの排出が抑制できたのと同じことになるという。熊本市は昨年2月に設立した有識者らによる「熊本市レジ袋削減推進協議会」の提案を受け、同年9月にレジ袋有料化に向けた社会実験をスタートさせており、熊本市内や近隣のスーパー、百貨店などの協力を得て協定を結び、11月から本格的に取り組んできていた。現在は37事業者の85店舗と4市民団体がレジ袋の削減協定に参加している。その方式は二種類あり、スーパーなどはレジ袋の無料配布をやめて3~10円で販売するA方式を採用しており、百貨店や商店街などは袋が必要かどうかを客に確認するB方式でレジ袋の削減を目指している。熊本市によるとA方式には31事業者85店舗が参加しており、スーパー21事業者71店舗のほか、クリーニング店や自然食品店なども賛同して取り組んでいる。また、店のマイバッグ持参の客の割合はこの3月時点で、A方式が82.3%、B方式が40.0%で共に目標を上回ったという。一方、客減少を理由にレジ袋削減への参加を一時中断したり、熊本市の地球温暖化の原因防止対策の趣旨には大いに賛同するが、競合店と同時でないと踏み切れないと断った事業者もいるという。

> 熊本県熊本市で地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を1560万枚削減はこちら

九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減

 地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の九州7県は、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店舗は、レジ袋の有料化やレジ袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告する仕組みとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減の強化月間に位置づけられた10月の1カ月間にわたって、各県から送付されたポスターやステッカーを店舗に掲示してレジ袋削減に取り組むという。この地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減は、九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組みとなっている。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載して各県の担当課へ提出することで参加できる。各県は、実施後に各店舗から提出されたレジ袋を削減の報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化するという。昨年度は全県で5898店が参加し、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量約3934t分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約された。地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減に関しての各県の問い合わせ先は次の通りである。福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)・佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)・長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)・熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)・大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)・宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)・鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

> 九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減はこちら

ごみの分別が進み地球温暖化の原因防止対策の発電量が減少

 環境省によると、環境への市民の意識の高まりなどを背景に、家庭や事務所などから排出されるごみである一般廃棄物の量が年々減少し、平成20年度は19年ぶりに5千万トンを下回ったという。これに伴い、地球温暖化の原因防止対策に役立つとして進められてきたごみ発電量も減少したという。全国の一般廃棄物の総排出量はピークの12年度の約5483万トンから漸減し、20年度は4811万トンにまで減少してきている。8年間で、1割強のスリム化に成功し、国は24年度に約5千万トンに減らすという整備計画をたてているが達成した。この理由としては、資源のリサイクルが進み、家庭や会社でごみを減らす取り組みが進んだことに加え、景気の低迷によって企業活動や消費活動が鈍くなっていることが背景となったようだという。同じく政府が推進してきた、地球温暖化の原因防止対策のごみの発電量が減少し、20年度には、前年比約3%減の6935ギガワット時となった。この量は、日本の総発電量の0.6%にしかならないが、21年度はさらにごみ排出量の減少が見込まれており、発電も減ると予測されている。ごみ発電は、ごみ焼却で生じる熱を活用して発電するため、エネルギーを有効に使え、それを自分の施設で使う電力をまかなうほか、余剰分は電力会社に売り、地域で使用することが可能な地球温暖化の原因防止対策にも寄与する「一石三鳥」の策であるため導入する自治体が増加してきた。地球温暖化の原因防止対策にも寄与する発電施設は、10年度には全国で201施設しかなかったが、20年度には300施設に増えており、発電効率も改善されてきた。ごみが減少していることに加えて、ごみの回収の方法の変化が、総発電量が伸びない原因となっているとみられている。家庭のごみの6割を占めていた容器包装を減らすため、国は生産者であるメーカーに処理の責任を担わす容器包装リサイクル法を制定した。このことにより、発泡スチロールやペットボトルといった容器や包装が、分別の徹底によってリサイクルが進んだ。しかし、プラスティックなどは熱カロリーが高いため、これがリサイクルされて焼却に回されなくなることから、ごみ発電量はマイナスになっている。京都議定書で課せられた2012年までに温室効果ガス排出量を6%削減を到達するため、地球温暖化の原因防止対策にも寄与するごみ発電量を増加させる方針をたてているが、現実には減少している。環境省では、目標達成は厳しいと見ている。

> ごみの分別が進み地球温暖化の原因防止対策の発電量が減少はこちら

富山県黒部市の宇奈月温泉で地球温暖化の原因防止の電気自動車でエコ観光

富山県黒部市の宇奈月温泉で電気自動車や電動アシスト自転車などを一般客に無料で貸し出すレンタル事業が始まった。黒部市では、この地球温暖化の原因防止にも寄与する取組みが「観光の起爆剤になれば」と期待している。無料で貸し出された電気自動車は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素を排出しない「ゼロスポーツ」(岐阜県各務原市)のエレクシードRSと「CQモーターズ」(千葉県いすみ市)のキューノ計2台で富山県黒部市内の宇奈月温泉周辺の8・5キロ・メートルと7・4キロ・メートルの2コースで走行可能だという。この電気自動車以外にも、電動アシスト自転車20台と電動カート1台も貸し出された。試乗した観光客によると「エンジンが静かで環境に優しい。温泉の景色も楽しめた」と話した。富山県黒部市の富山地鉄宇奈月温泉駅前で開かれた記念式典で堀内黒部市長は、「環境に負荷をかけない考え方はすばらしい。黒部市としても地球温暖化の原因防止の新エネルギーの導入に努めたい」と延べた。

> 富山県黒部市の宇奈月温泉で地球温暖化の原因防止の電気自動車でエコ観光はこちら

地球温暖化の原因防止対策に寄与するガス業界の太陽熱住宅

 地球温暖化の原因防止対策の一つとして脚光を浴びる太陽光発電であるが、さらに効率的であるにもかかわらず、その陰に隠れていた太陽熱利用システムが、現在注目されてきており、表舞台に立つ可能性が高まってきた。現在注目されているのが、住宅に太陽の熱を集めて温水をつくり給湯などに使う仕組みで、地球温暖化の原因防止対策に寄与することから、環境省が家庭用システムの普及に向けた支援策を開始しており、都市ガス業界も、家庭用で太陽熱利用システムの統一ブランドを掲げる方向で検討に乗り出した。環境省の支援策は、地球温暖化の原因防止対策に寄与する家庭用太陽熱利用システムをリース方式で住宅に設置しようとする事業者を後押しするものとなっており、予算規模は15億円となっている。その補助の内容は、太陽熱利用システムリース事業者を対象に、システム設置に必要な費用の2分の1を上限に補助するものとなっており、リース期間は6年以上で、リース事業者は住宅に取り付けたシステムの保守管理も行う必要がある。環境省は、この仕組みを利用して当面、8件の太陽熱利用システムリース事業を支援し、この支援を通じて、設置者に安心感を与え普及につなげたい(地球環境局)考えだという。
 地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽熱利用システムは、石油危機を契機に省エネ意識が高まった1980年に年約80万台が設置されたが、それをピークに設置する家庭は下降してきており、現在の販売台数は年間約5万台と低調に推移している。その原因は、原油価格の下落以外にも、機能とデザイン面で魅力的な商品がなかったことや、未熟な修理体制などだといわれている。地球温暖化の原因防止対策に寄与するため、この現状を打破する動きが民間主導でも広がりつつある。都市ガスやLPG(液化石油ガス)など業界の枠を超えて昨年6月に設立された地球温暖化の原因防止対策を検討する「ソーラーエネルギー利用推進フォーラム」は、商品力向上など普及に向けた課題に取り組んでいる。日本ガス協会業務部が普及の推進役の一つとして期待を寄せるのが、東京ガスが2月に発売した「SOLAMO(ソラモ)」と呼ぶ地球温暖化の原因防止対策に寄与する太陽熱利用の温水システムだ。集合住宅のバルコニーの手すりに設置した「集熱パネル」で太陽熱を吸収。その熱を伝える液体を循環させて「お湯をためるタンク」内の水を温め、給湯や風呂に使う仕組みとなっている。ただ、手すりと一体となったパネルは垂直に取り付けられているため、日射状況などによって熱を集める効率が左右されることから、瞬間的に必要なお湯をつくるガス給湯器を組み合わせている。都市ガス業界では「ソラモ」ブランドで統一することを検討中で、今夏にも一定の方向を示すという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するソラモを武器に、広告塔になる分譲マンションへの攻勢を強め、太陽熱の存在感を高めたいとの思惑がある。都市ガス業界などが認知させたい点は、日光を電気や温水に変えるエネルギー利用効率だ。太陽光発電は効率が10%台だが、太陽熱だと3倍以上の40~60%。それだけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減効果も大きくなる。このため、一戸建ての屋根に集熱パネルを置く面積も小さくでき、一般家庭で約4~6平方メートルのスペースがあればパネルの設置が可能。設置コストも約30万~90万円と比較的安価で、投資回収期間も太陽光発電に十分以上に対抗できるとしている。諸外国においては、費用対効果に着目した中国では助成策を充実させて太陽熱導入量を急拡大させているほか、ドイツなどでも導入機運が高まっている。

> 地球温暖化の原因防止対策に寄与するガス業界の太陽熱住宅はこちら

パナソニックが兵庫県尼崎市に地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電工場建設へ

 パナソニックが兵庫県尼崎市の臨海部に立地しているプラズマテレビ用パネル工場の周辺地域を候補に、地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電の太陽電池の工場建設を検討していることが分かった。地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電の新工場は、2009年に株式公開買い付け(TOB)でパナソニックが子会社化した三洋電機が運営する見込みだという。太陽光発電工場の建設が正式に決まれば、両社の統合成果が初めて具体化することになる。これが実現すれば、兵庫県尼崎市の尼崎市臨海部はパナソニックの薄型テレビと世界最高レベルの変換効率を誇る三洋の地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電の太陽電池という近代化の主力事業が揃うことになる。地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電の太陽電池は世界的な需要拡大が見込まれ、関西では、国内最大手のシャープが堺市で新工場を既に稼働させている状況にある。また、カネカの子会社が豊岡市で太陽光発電の生産能力の増強を図っており、京セラなども太陽光発電で追随している。パナソニックはかつて太陽光発電の太陽電池の生産から撤退したが、子会社化した三洋を通じて再び、本格的な太陽光発電の事業拡大を目指している。一方、三洋は15年度に太陽電池部門で世界トップ3入りする目標を掲げ、年間生産能力を現在の565メガワットから1500メガワットへと引き上げる計画を打ち出している。太陽光発電の工場予定地の候補となっている兵庫県尼崎市の臨海部は、阪神高速湾岸線のインターもあり、さらには、太陽光発電の太陽電池部門の研究開発拠点であるアドバンストエナジー研究所(神戸市西区)や、生産拠点の二色の浜工場(大阪府貝塚市)に近いという利点がある。

> パナソニックが兵庫県尼崎市に地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電工場建設へはこちら

東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信

 東京都地球温暖化の原因防止対策として、4月から東京都内のビルや工場などの大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減を義務付ける国内初の制度をスタートさせた。東京都自身も地球温暖化の原因防止に範を示すため、平成32年度までに12年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量を25%削減する目標を掲げている。東京都庁の中でもとりわけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減を迫られているのが、東京都のCO2総排出量の4割を占める東京都下水道局だ。東京都下水道局は今年、「アースプラン2010」を策定し、下水道事業としては全国初となる最新技術を駆使した対策を取っている。東京都下水道局の事業活動で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスの約4割は1300万東京都民の生活を陰で支える下水処理で発生しており、その大半は雨水や下水をくみ上げるポンプの電力や汚泥の焼却によるものとなっている。東京都下水道局の20年度CO2総排出量は87.6万トンであり、これは六本木ヒルズの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の年間排出量の15倍以上で、地下鉄やバスなどを有する東京都交通局の3倍にもなる。しかも、地球温暖化の原因によるゲリラ豪雨対策で排水ポンプの増設を迫られるなど、下水道事業における電力消費量は増加し、地球温暖化の原因による負のスパイラルに陥っている。しかし、石原慎太郎知事が「東京都から日本の地球温暖化の原因防止対策をリードする」と宣言し、民間に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減義務を課した以上、東京都自らが手をこまねいているわけにはいかない。そこで、東京都下水道局は「アースプラン2010」で、最新技術の導入で目標を達成する方針を打ち出した。
 それによると、例えば、汚泥焼却の際に発生するガスや熱を再利用するガス化炉や、炉内の圧力を上げて燃焼効率を高める第2世代焼却炉を導入する。汚泥焼却の際には、CO2の約310倍もの地球温暖化の原因となる温室効果を持つ一酸化二窒素が発生するため、それを大幅に抑制できる新型炉にはとりわけ大きな期待が集まる。このほか、太陽の動きに合わせパネル角度が変わる新型太陽光発電も導入することにした。これらはすべて下水道事業で全国初となる技術だという。導入に伴うコストだが、東京都下水道局は「設備の寿命時期に合わせて新技術を採用した機器を導入するためコストは大きく増えない。省エネ型の機械に入れ替わることで電力や燃料消費量が減少し、トータルするとコストは増えない」と自信を見せる。

> 東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信はこちら

京都府宇治市で地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンの相談所

 京都府宇治市役所で月1回開設されている地球温暖化の原因防止対策としての家庭の省エネ相談所があるが、新たに、商業施設や別の公共施設で開くことも企画しているという。発足1年を過ぎた宇治市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議(eco(エコ)ット宇治)が活発な活動を続けている。本年度も地球温暖化の原因防止対策としての家庭の省エネ相談所を月1回開くほか、新たに緑のカーテン相談所を併設し、緑化で地球温暖化の原因防止対策に取り組む宇治市民を手助けしている。ecoット宇治は昨年3月、宇治市民と事業所、行政が協働で地球温暖化の原因防止対策に取り組むこと目的に結成されたエコ組織である。宇治市役所で昨年9月から開設する地球温暖化の原因防止対策としての省エネ相談所では、日常生活に関するアンケートや月間の光熱費などから温室効果ガスである二酸化炭素排出量などのエコライフ取り組み度を算定している。各家庭の状況に応じた地球温暖化の原因防止対策としての省エネアドバイスを行い、毎回30人ほどの市民が訪れている。また、宇治市内の小学校での環境学習支援やごみが出にくい料理法を説明するエコクッキング講座も開催している。本年度は、新事業として4月と5月に地球温暖化の原因防止対策としての緑のカーテン講習会を催す予定となっている。すでに、ほぼ定員に達しており、省エネ相談所の横に緑のカーテン相談所を設け、ネットの取り付け方や肥料の与え方など栽培のコツを伝授する。今後、地球温暖化の原因防止対策としての省エネ相談所は商業施設や公共施設などでも開く予定だという。一方、一般会員は発足から約20人増えたが、事業所の加入はいまだゼロの状態だという。関心を示している事業所はあるといい、宇治市は「一般会員と事業所が一緒にできる地球温暖化の原因防止対策としての取り組みを検討したい」とする。ecoット宇治は5月30日午後1時半から、地球温暖化の原因防止対策としてのエコドライブ講習会を開く。地球温暖化の原因防止対策としての温室効果ガス排出に影響を及ぼす車の適切な省エネに寄与する運転方法を学んでもらうという。

> 京都府宇治市で地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンの相談所はこちら

車のタイヤも地球温暖化の原因防止対策

 最近では、地球温暖化の原因防止対策を背景として、ハイブリット車をはじめとするエコカーの普及で車にエコ性能を求める流れが強まっている。タイヤを履き替えることで地球温暖化の原因防止対策に寄与する燃費を減らすことができる「低燃費タイヤ」の表示制度が今般スタートした。この表示は、一定の基準を満たしていると認定されたタイヤだけが表示でき、メーカー各社は販売に力を入れている。この制度は、「低燃費タイヤ等の普及促進に関する表示ガイドライン(ラベリング制度)」といい、経済産業省や国土交通省などの主導による「低燃費タイヤ等普及促進協議会」での論議を受け、国内タイヤメーカー5社でつくる日本自動車タイヤ協会(東京都港区)が制定したものである。具体的な基準としては、乗用車の夏用タイヤを対象に、燃料消費に密接な関係があるタイヤの転がり抵抗係数を5段階、雨などでぬれた路面でのウエットグリップ性能を4段階で評価することになる。販売される製品の評価をラベル表示し、消費者にそのタイヤが持つ性能情報を開示することによって、購入の際の評価基準の一つとしてもらい、適正な低燃費タイヤの普及促進を図る。「地球温暖化の原因防止対策、省エネルギー対策という視点で自動車の燃費向上にタイヤが貢献できることに注目が集まる中で、業界としてできる施策として今年1月から運用を開始した」と同協会は話す。5社は、既に、この表示制度に基づいた地球温暖化の原因防止対策の「低燃費タイヤ」をラインアップしており、表示したタイヤを増やしていく構えだ。協会は地球温暖化の原因防止対策の低燃費タイヤについては今年末、スポーツ性能を高めたタイヤなど低燃費タイヤ以外のモデルについては来年末までの表示をそれぞれ目標としている。2つの性能を等級分けしてラベル表示するのは、タイヤの転がり抵抗とウエットグリップ性能は密接な関係を持つからであり、転がり抵抗が小さいほど自動車が走行する際の抵抗が減って燃料消費は少なくなる。しかし、逆に、濡れた路面では転がり抵抗の小さいタイヤはグリップ力が低下する傾向にある。タイヤが燃費に与える地球温暖化の原因防止対策への寄与率を試算すると、一般市街地での走行時には7~10%、加速抵抗が減少する一定速度での走行では20~25%となり、タイヤの転がり抵抗を10%減らすと燃費は約1%向上するという。転がり抵抗を低減することで、地球温暖化の原因防止対策の燃費に貢献できる潜在的可能性は相当ある。一方、転がり抵抗とともに燃費に大きな影響を及ぼすのがタイヤの空気圧である。低燃費タイヤを使用していても空気圧が不足すると走行抵抗が増え、肝心の性能が生かせない。タイヤの空気は自然と抜けていくので、1か月に1度はガソリンスタンドなどで空気圧のチェックをして、適正な空気圧での走行を心がけてほしいと呼びかけている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 車のタイヤも地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会(約1200世帯)では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出量を記入する「環境家計簿」を各家庭に配布し、地域ぐるみで地球温暖化の原因対策としてCO2削減への意識を高めている。環境家計簿への取組みは、3か月間、横浜市の地球温暖化の原因対策の省エネ実践モデル事業に参加し、町内会の約50世帯がモデル的に環境家計簿を付けたところ、地球温暖化の原因のCO2排出が前年同期比で平均約10%減ったことに始まった。「一人ひとりの意識改革で地球温暖化の原因のCO2は削減できる」と考えた町内会長らは、今度は戸塚区が主催する地球温暖化の原因対策事業に応募し、区から得た10万円の活動資金などを元に、全戸へ家計簿を配布し、昨年7~12月の半年間、記録してもらうことにした。独自に作った地球温暖化の原因対策の環境家計簿に記入するのは、電気、ガス、水道の毎月の使用量で、これに排出係数を掛けて温室効果ガスのCO2排出量を計算する。さらに、検針票などを基に前年同月の使用量と比較し、努力の成果を検証するものとなっている。半年分の地球温暖化の原因対策の環境家計簿は2月上旬までに約400世帯から回収され、区幹部は「地域ぐるみの取り組みであり、評価できる」と語っている。このうち、約20%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量削減に成功した家庭もあった。テレビの電源をこまめに消し、不在の部屋の明かりに気を配った。夫婦が風呂に続けて入ることで追いだきを減らしてガス使用量も削減したという。世帯全体の削減率は現在計算中だが、昨年8月の1か月間であっても、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量は、前年同月比で14.3%(1万4217キロ・グラム)減っていた。町内会では、温室効果ガスのCO2排出量削減率が高かった世帯を、電気、ガス、水道、総合の計4部門で表彰する予定だという。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿はこちら

地球温暖化の原因による気候変動を現実と考えるアメリカ人が57%に低下

 地球温暖化の原因による気候変動を、「現実に起こっていること」と考える米国人が57%に減少していることが、米イェール大学などの調査結果で明らかになった。約2年前の2008年10月の調査では、地球温暖化の原因による気候変動を71%が現実に起こっていると考えていたことからすると、かなり減少したことになる。イェール大学とジョージ・メイソン大学の研究者が米国の成人1000人以上を対象に、09年末から2010年にかけて実施した調査であった。その結果、科学者を信頼する割合は83%から74%に低下し、ニュースメディアへの信頼は47%から36%に減っていた。また、2008年の調査時には、地球温暖化の原因対策への対応を訴えたアル・ゴア元米副大統領を信頼する回答者が58%と過半数を超えていたが、今回の調査では47%に大きく低下した。一方で、オバマ大統領に対する信頼度は大統領候補だった前回調査時は53%、今回の調査では51%と、大きな変動はなかったという。調査を実施した研究者は、地球温暖化の原因による気候変動に対する意識の変化の原因として、出口の見えない不況と、地球温暖化の原因データのねつ造報道の2つを指摘している。自分の生活がままならない経済状況では、地球温暖化の原因による気候変動問題に意識を振り向ける余裕がなく、さらに昨年から地球温暖化の原因データがねつ造されたとの報道から、科学者への信頼度が低下したと分析している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因による気候変動を現実と考えるアメリカ人が57%に低下はこちら

地球温暖化の原因でヒマラヤの氷河消失報告書は誤り

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2007年の第4次報告書で「地球温暖化の原因ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝する声明を発表した。地球温暖化の原因に関して世界中の科学者が協力して作成した国連の気候変動に関する政府間パネル報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元アメリカ副大統領と共に2007年にノーベル平和賞を受賞した。しかし、この声明の発表を受けて地球温暖化の原因懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。欧米の気象学者らが独自に発表した分析によると、国連の気候変動に関する政府間パネル報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用していた。このWWFはイギリスの一般市民向けの科学雑誌「ニュー・サイエンティスト」が1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用していたが、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかったという。「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという非常にお粗末な結果を呈している。地球温暖化の原因に係る氷河消失の分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」でかなりお粗末な内容だと指摘している。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因でヒマラヤの氷河消失報告書は誤りはこちら

シャープの地球温暖化の原因等の「小学校環境教育」の受講児童数が10万人を突破

 シャープは、同社とNPO法人気象キャスターネットワークが社会貢献活動の一環として共同で実施している地球温暖化の原因等を解説する特別授業プロジェクト「小学校環境教育」を受講した国内児童数が、2010年1月で累計10万人を突破したと発表した。地球温暖化の原因等を解説する「小学校環境教育」は、地球環境を思いやる心を育むことによって、子供たちが環境を意識した生活習慣を身につけることを目的にしたプロジェクトである。2006年10月に全国で開始し、2010年1月現在で受講児童数は累計10万人、実施校数が延べ1500校を超えたという。授業では、地球温暖化の原因の実態と地球環境保護の重要性をはじめ、限りある資源を有効活用するためのリサイクルの必要性や、太陽光発電に基づいた新エネルギーなどについて、実験などを交えて分かりやすく子供たちに伝えている。2008年度からは、アメリカや中国を中心にした海外でも地球温暖化の原因等を解説する「小学校環境教育」活動を展開しているという。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> シャープの地球温暖化の原因等の「小学校環境教育」の受講児童数が10万人を突破はこちら

富山県で全国初の地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バス試験運行

 富山県富山市では、北陸電力などが開発した地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を排出しない電気バスを2月中旬から富山市内で運行するコミュニティ路線バスに試験導入すると発表した。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は、発電時などで出る分を換算してもディーゼル車の3分の1になるという。日本バス協会(東京都)によると、電気エネルギーを動力源とする路線バスは全国初の取組みとなる。地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスについては、経済産業省の「低炭素社会実証モデル事業」として、北陸電力が富山地方鉄道、富山市の第三セクター「まちづくりとやま」などと開発を進めてきたものである。北陸電力によると、車両は高齢者も利用しやすい低床型で乗客定員は28人であり、急速充電できるリチウムイオン電池を4台搭載しており、これをフル充電すると68キロ走行することが可能であり、最高時速は84キロとなっているとのことである。地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスの対象となる路線は、富山地鉄が運行するコミュニティバス「まいどはや」の一部ルート(約7キロ)であり、現行の1日31便のうち、9便分とする予定であり、運賃は100円となっている。富山県富山市などは1か月間にわたって地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バスを試験的に走行させ、費用や耐久性などをみて、富山県富山市内の路線バスとして定着させる考えだと説明している。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 富山県で全国初の地球温暖化の原因防止に寄与する路線電気バス試験運行はこちら

JICAが地球温暖化の原因防止対策として途上国インフラ整備でCO2削減へ

 国際協力機構(JICA)は、フランス開発庁(AFD)などと協力し、途上国へのインフラ整備支援事業がどの程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を伴うか予測する手法を2月にも策定すると発表した。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を調べたうえで、鉄鋼やセメントなど原材料の節約、工法の工夫などを促し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減につなげるという。途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減は、地球温暖化対策の重要課題の一つとなっていることから、この取組みが省エネ、省資源で先行する日本企業の製品や技術の採用が広がるきっかけとして期待できる。商品の製造から消費、廃棄まで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を明記する「カーボンフットプリント」と同じ考え方が採用されている。カーボンフットプリントは、消費者には地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の少ない商品の購入を、企業には商品製造過程での地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を促すのが狙いで、インフラ整備に応用すれば、開発援助を通じて途上国、先進国の双方に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を促す効果が期待できる。AFDは、既にインフラ整備による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を予測する計算プログラムを持っており、途上国の開発援助に応用している。ただし、このプログラムは、フランス国内でのプロジェクトを想定した内容であることから、経済基盤が異なる途上国にそのまま適用すると、誤差が大きくなる問題があるという。JICAは、AFDから計算プログラムの提供を受け、法政大の協力で新しいプログラム作成を進めている。作業は、日本の援助でタイ・バンコクで完成した地下鉄事業の環境影響評価も基礎資料にし、2月には完成する見込みだ。今後予定されている開発プロジェクトで、どの程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するかを予測し、設計や施工にあたって排出削減できる部分を提案する。JICAとAFDは、各国に活用を促すとともに、さまざまなデータを収集し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の予測の精度を高めていく方針だという。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出する際には、材料の製造段階まで検討することが想定されており、日本製の鉄鋼などの素材が採用される機会が増える可能性もあるそうだ。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> JICAが地球温暖化の原因防止対策として途上国インフラ整備でCO2削減へはこちら

地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組み

 2010年は、世界規模で地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題への意識が益々高まっていくことが予測される。特に、我が国は、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス1990年比で25%削減するという極めて高い目標を掲げており、各企業の地球温暖化の原因となるCO2削減に向けた今後の取り組みも注目されている。住宅メーカーの積水ハウスは、住宅業界初の地球温暖化の原因防止対策に取り組む「エコ・ファースト企業」として、環境に配慮した次世代の住まい環境を積極的に提案している。2009年から展開している環境配慮型住宅「グリーンファースト」では、地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電システム家庭用燃料電池を積極的に提案することで着実に受注を伸ばし、今年度の受注目標である太陽光発電システム搭載住宅6,000棟、家庭用燃料電池1,000台をいずれも前倒しで達成したという。また、大阪ガスと共同で地球温暖化の原因防止対策に関連する情報技術を使用し、エネルギー利用の最適化を図るスマートハウスの実証実験や、三洋電機と共同でリチウムイオン電池を搭載した住宅の研究を本格的に開始するなど、次世代の住宅における地球温暖化の原因防止対策の環境に配慮した新エネルギー技術の研究も積極的に行っている。
 2009年12月には、積極的に地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境への取り組みを推進する「エコ・ファースト企業」23社が、企業の地球環境問題に対する取組みをさらに充実させるために「エコ・ファースト推進協議会」を設立し、地球温暖化の原因防止対策に向けて参加企業間の連携強化を表明したところである。この協議会の活動とのシナジー効果を図るかのように「エコ・ファースト推進協議会」の議長・副議長を務める企業6社の代表者が揃って参加した地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフイベントが、1月14日に総理官邸で行われた。同イベントは、鳩山内閣総理大臣をリーダーに、地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減を進めていく国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のスタートを記念して実施されたものである。イベントには、鳩山首相、小沢環境大臣をはじめ、加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら多くの著名人が出席して行われた。国民運動のスーパーアドバイザーとして前東大総長の小宮山宏・三菱総研理事長が就任し、タレントやお天気キャスターなどが「応援団」に任命された。イベント中、「エコ・ファースト推進協議会」副議長を務める積水ハウスの和田会長は、「鳩山総理も『家庭部門は地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減余地がまだまだあり、この対策が一番大事』とおっしゃっております。当社は地球温暖化の原因防止対策の環境配慮住宅「グリーンファースト」の普及に力を入れており、今では戸建受注の6割以上を占めるまでになりました。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電と燃料電池を搭載し、CO2を100%削減できる「CO2オフ住宅」も2009年だけで800棟も供給しています。もちろん、既存住宅への地球温暖化の原因防止対策も重要です。お客様の環境意識も高まっているので、今後も一つ一つ地球温暖化の原因防止対策のCO2オフの取り組みを広げていきたい」と意気込みを語った。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組みはこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら

上海万博で日本が地球温暖化の原因防止をアピール

 中国で5月に開幕される上海国際博覧会(いわゆる上海万博)で、日本政府と企業・団体が共同出展するパビリオン「日本館」に、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しない未来の都市「ゼロエミッションタウン」が登場する。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの防止のため、太陽光発電パネルの設置や環境対応車(エコカー)の使用など日本の先端技術のほか、下水を飲用水に処理する最新の水システムも紹介している。地球温暖化の原因防止対策に取り組む「環境の日本」を世界にアピールして、今後世界的に需要が高まる地球温暖化の原因防止対策の環境関連技術や水ビジネスの国際展開につなげることを目指す方針だという。この地球温暖化の原因防止対策が施された日本館の名前は「紫蚕島(日本語愛称・かいこじま)」という。敷地面積600平方メートルで、政府のほかキヤノン、トヨタ自動車、パナソニックなど約20の企業・団体が「こころの和・わざの和」を共通テーマとして出展する。「地球温暖化の原因防止問題など人類が直面するさまざまな課題を、日本と中国が技術や人の協力によって解決しよう」とのメッセージを込めた内容になるという。展示の目玉の一つが地球温暖化の原因防止対策のゼロエミッションタウンになっている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を排出しない2020年の街の姿をセットなど実物大で表現している。発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2を排出しない風力発電や次世代型送電網(スマートグリッド)、燃料電池自動車に水素ガスを供給する「水素ステーション」などが立ち並ぶ風景を写真で立体的に作り出しているほか、さらにはエコカーや省エネ家電を配置しているという徹底振りだ。窓ガラスに張り付けて発電する「太陽光発電窓ガラス」、人や車が通る圧力で電気を生む「発電床」など、実用化に向けて開発が進む地球温暖化の原因防止対策の先端技術の実物も展示するという。また、下水を日本のろ過膜技術などで浄化し、飲用水として供給するシステムも紹介する。中国では急激な工業化で水需要が急増する一方、湖水の汚染が社会問題化している。日中両政府は昨年11月に北京で開かれた「日中省エネルギー・環境総合フォーラム」で、水質浄化などに関する協力で合意したばかりであり、日本側は、技術を広く紹介し、中国での技術導入やビジネス展開に弾みをつけたい考えだという。
 上海万博で最新の環境技術を展示する日本側の動きの背景には、地球温暖化の原因防止対策に係る環境技術を有力な「輸出産業」に育て上げたいという政府の思いがある。政府は昨年12月に公表した成長戦略の基本方針で地球温暖化の原因防止対策の環境分野を柱に据え、日本の技術で2020年までに世界の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を13億トン削減するという目標を設定した。アジアでのインフラ整備協力や「システム」の輸出に力を入れる方針も掲げ、とりわけ水ビジネスは、途上国の経済発展による水需要の急増で、2025年には市場が100兆円に拡大するとみられる有力な成長分野だ。日本は個々の水処理技術で世界トップクラスにあるものの、プラントの建設や運営まで一貫して受注する体制がなく、欧米の「水メジャー」に国際市場を奪われている。政府は企業が持つ技術と、行政が持つ水道施設運営ノウハウを一体化させて「システム」として国際展開することを目指している。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 上海万博で日本が地球温暖化の原因防止をアピールはこちら

環境省が地球温暖化の原因対策として自治体の「25%削減」を支援

 環境省は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出を抑えた公共交通機関の利用促進や未利用エネルギーの活用などを通じて、地域ぐるみで「地球温暖化の原因対策として温室効果ガス25%削減」に取り組む自治体を支援する「チャレンジ25地域づくり事業」を実施すると発表した。政府は、2020年までの国全体の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する方針を決めている。これを踏まえ同省は、自治体の地球温暖化の原因となる温暖化対策支援を強化するという。地球温暖化の原因防止対策モデル事業を通じて、地域でどのような対策を取れば「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量25%削減」を実現できるかを探り、地球温暖化の原因対策の成功事例を他の自治体にも広げたい考えだ。地球温暖化の原因対策の対象自治体は公募で決め、3月上旬までに5、6自治体を選定する予定にしている。応募する自治体には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガス削減策を盛り込んだ計画を提出するよう求め、実現可能性や費用対効果などを基準に選定し、総事業費は40億円となる。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 環境省が地球温暖化の原因対策として自治体の「25%削減」を支援はこちら

地球温暖化の原因防止にCIAが偵察衛星で協力

 米国では、現在、軍事用の偵察衛星の画像を地球温暖化の原因気候変動の研究に活用する計画が進んでいる。このことによって、科学研究用の機器だけではとても集められないきめ細かいデータを使えるようになり、地球温暖化の原因の現象の解明に向けて有力な道具となりそうだという。具体的には、米中央情報局(CIA)と米科学アカデミー(NAS)が共同で地球温暖化の原因防止対策の準備に当たっており、既に2009年には、偵察衛星がとらえた北極海の海氷データの分析も始まっている。偵察衛星の情報を地球温暖化の原因防止対策に利用する計画は1990年代にもあったが、地球温暖化の原因防止対策に後ろ向きだったブッシュ前政権の発足後に中断していたという。2008年、地球温暖化の原因防止対策に積極的なアル・ゴア元副大統領らの働きかけで復活し、オバマ大統領の下で、CIAも積極的に協力しているという。特に、北極海の海氷の縮小は、国際的な海底資源の争奪戦を引き起こす可能性を秘めており、海氷の挙動の詳細な把握は、安全保障上の観点からも重要性を増している。それだけに、情報当局も地球温暖化の原因防止対策の研究者との協力を重視しているようだという。ただ、偵察衛星の画像を地球温暖化の原因防止対策の研究用に提供する際には、機密扱いの衛星の具体的な性能を知られないよう配慮して、解像度が落とされているそうだ。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止にCIAが偵察衛星で協力はこちら

福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガス削減達成が困難に

 福島県は、2007年度の福島県内の地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガス排出量が前年度比4.3%増の2225万5000トンとなり、過去最高を記録したと発表した。福島県は2010年度までに地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年度比8%削減を目標に掲げているが、逆に同28.7%も増え、計画達成はほとんど不可能で危機的な状況となっている。地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出量については、福島県環境共生課が電力・ガス使用量やゴミ焼却量などの統計を基に算出した。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の93.6%を占める二酸化炭素(CO2)が前年度比4.2%、1990年度比では38.3%の大幅増となった。その他の地球温暖化の原因の温室効果ガスのメタンやフロン類は技術の進歩で減少した。部門別の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量では、発電などの「エネルギー転換」が前年度比17.0%増。2007年度の新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が停止し、火力発電所の稼働率が増したためとみられる。電力消費量も微増しており、「産業」「民生家庭」「民生業務」部門も同4.3~8.8%増えたが、運輸部門は燃料高の影響などで同6.9%減となった。福島県では1999年に地球温暖化の原因防止対策の「地球温暖化の原因対策地域推進計画」を策定し、「京都議定書」の6%削減よりも厳しい地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量削減の目標を掲げた。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の増加に歯止めがかからず、昨年7月には外部有識者による検討会を設置し、計画の見直しを進めており、今年度中には中間報告される見込みだ。福島県では「地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量削減の目標達成は厳しいが、企業などが温室効果ガスの削減計画を定める『福島議定書』やエコドライブの取り組みが進んでおり、2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量は減るのではないか」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガス削減達成が困難にはこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

熊本県が建築で地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減

 熊本県は、建物を新築・増改築する際、省エネルギー省資源化地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減などの取り組みと評価をまとめた「建築物環境配慮計画書」を建築主に提出してもらう制度の導入の検討を進めている。環境立県に向け策定中の「熊本県地球温暖化の原因防止対策の推進に係る条例」(仮称)に盛り込み、2月熊本県議会に条例案を提出する。熊本県環境立県推進室によると、事業所を含む業務その他部門と住宅を含む家庭部門の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は熊本県全体の約3割を占めており、しかも、毎年のように上昇している。このため、地球温暖化の原因防止対策を配慮した制度の導入で、建築物の環境対応促進を図るとしている。計画書では、クリーンエネルギーである太陽光発電や雨水利用システムの導入、再利用できる資材の使用、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出の監視などの取り組み状況をまとめるほか、国土交通省主導で開発された「建築環境総合性能評価システム」に基づいて、地球温暖化の原因防止対策の取り組みを評価した結果を記載する。地球温暖化の原因防止対策の計画書は床面積2000平方メートル以上の建物の新築や増改築、大規模改修に提出を義務付け、それ以外は任意で提出する。既存の建築物も同様の内容の「地球温暖化の原因防止対策の環境性能届出書」を任意で提出してもらう。熊本県建築課は「評価結果にこれなら合格というものはないが、できるだけ高い評価を取れるよう、地球温暖化の原因防止対策などの環境に配慮した設備導入や設計などの努力をお願いしたい。高い意識で地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減に取り組んでほしい」と期待している。既に12都道府県がこうした熊本県と同様の地球温暖化の原因防止対策の制度を導入しているという。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 熊本県が建築で地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減はこちら

地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機

 南極の氷塊が観光客急増に伴う地球温暖化の原因の影響で、解氷の危機にさらされているという。中国ニュースサイト「網易探索」が伝えた。オランダ人研究者のメイチェル・ラメルス氏によるオランダ科学研究機構(NWO)の調査報告をもとに、「南極における観光業の活発化によって、地球温暖化の原因がさらに進行している」としたうえで、「南極観光ブームが、紛れもなく地球温暖化の原因による解氷の元凶にもなっている」と指摘した。地球最後の秘境・南極は、観光スポットとして世界的に注目されており、20年前にはわずか数百人程度だった観光客も、今や毎年4万人以上が訪れるまでのブームを呈している。3500ポンド(約50万円)もあれば、気軽に2週間の南極クルーズを楽しめるそうだ。南極クルーズの魅力は、海面に浮かぶ氷塊やペンギンを始めとする野生動物を間近で体感できることだ。しかし、観光客の急増と、クルーズにより快適さと刺激を求める観光客のニーズに伴い、南極における地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの発生と環境破壊への懸念はより切実となっている。さらには、クルーズ船が吐き出すガスやゴミによって汚染や破壊、地球温暖化の原因が進むだけでなく、野生動物のストレスも相当なはずだという。南極ブームは、観光業界に多大な利益をもたらしているが、「南極における観光業の活発化が、地球温暖化の原因に拍車をかけている」と同報告は結論づけている。同氏は、「南極クルーズは、地球温暖化の原因の周辺環境を破壊するだけでなく、全地球的な地球温暖化の原因を始めとする環境の悪化にも直結している」と厳しく指摘している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機はこちら

地球温暖化の原因である温室効果ガス排出量を1990年比25%削減に高い支持

 鳩山総理は、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量1990年比25%削減する目標を国際公約している。このことに対して、60%が支持していることがNTTレゾナントの地球温暖化の原因対策の調査で分かった。鳩山政権の野心的な地球温暖化の原因対策に高い支持となっている。NTTレゾナントがインターネットを利用して行った地球温暖化の原因対策の環境意識調査で、こんな結果が浮き彫りになった。地球温暖化の原因対策の調査は、408万人の登録モニターが参加する市場調査サービス「gooリサーチ」を用いて実施された。2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を国際公約した政府の姿勢について、回答者(4万2224人)の約60%が支持をしているという結果がでた。中でも約20%が「強く支持する」と答えた。一方、地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量削減に対する不支持は約15%だった。また、「イノベーションを起こして新しい経済社会モデルを構築する」という目標の達成手段については、56%が賛同していた。地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を削減するという低炭素革命に対する理解の浸透を示した形だ。しかし、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を達成するために必要となる具体策や負担額などが明確に示されていない中での調査であり、理念的に賛同を得ているに過ぎないといえる。今後、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を達成するための具体策が明らかになってくる中で、総論賛成、各論反対という状況が起きてくる可能性は非常に高い。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因である温室効果ガス排出量を1990年比25%削減に高い支持はこちら

環境家計簿で地球温暖化の原因防止を

 地球温暖化の原因温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)は、家庭から排出されるCO2は長期的に見ると大幅に増加している傾向にある。目に見えない日常生活での地球温暖化の原因のCO2排出量をおおまかに把握しようと、インターネットのウェブサイト上に「地球温暖化の原因の環境家計簿」が登場している。買い物カゴの中身や、水道、ガスなどの使用量を書き込むだけで自動的に地球温暖化の原因のCO2排出量を割り出し、記録できるというものである。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用者はまだまだ少なく、サービス提供者は利用拡大を目指している。ウェブサイトで利用できる地球温暖化の原因の環境家計簿「えこ花」は、購入した食材や日用品の名称や金額、光熱費などを書き込めば自動的に大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出し、家計管理のついでに地球温暖化の原因の対策を意識できる。地球温暖化の原因の環境家計簿を開発したのは「ビジネスオンライン」(東京都中央区)である。地球温暖化の原因の環境家計簿の「えこ花」は誰でも無料で使え、千葉県や沖縄県の一部スーパーでは精算時に自分の「地球温暖化の原因の環境家計簿」へ自動的に記帳できるシステムの実証実験も行っている。全国で約900人が地球温暖化の原因の環境家計簿を利用しており、お金のやりくりが必要な子育て世代が目立つそうである。
 東京電力の地球温暖化の原因の環境家計簿である「CO2家計簿」(利用者5万4千人)や環境省の地球温暖化の原因の環境家計簿である「えこ帳」(同12万世帯)もウェブページ上に、水道やガス、電気など毎月のエネルギー使用量や料金を入力すれば大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出す環境家計簿を無料公開している。環境省によると、昨年度の国内の家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は京都議定書の基準年(1990年度)に比べ、34.7%増えている。国別の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は、世界で日本は5番目に多い状況にある。東京電力(東京都千代田区)が自社サイトの登録者約2300人を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測できる「環境家計簿」について聞いたところ、認知度は約80%に達したが、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測している人は約16%にとどまった。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用拡大は課題の一つとなっており、便利な機能を備えることで主婦の利用を広げようとの動きがある。地球温暖化の原因の「えこ花」は今秋、記録したリストの中から底値の価格と購入した店舗を商品ごとに表示する「底値リスト」の機能を加えた。「えこ帳」でも今後、地球温暖化の原因のポイント制度の拡充を検討している状況にあるという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 環境家計簿で地球温暖化の原因防止をはこちら

ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化

 ブラジル政府は、先に表明した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力を持たせる方針を示した。今月開催された国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減義務付けが先送りされたが、同国のミンク環境相は、ルラ大統領と会談後、「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減に関して、COP15では期待通りの成果が出なかったが、目標は完全に順守する」と述べた。ルラ大統領は、議会を通過した環境関連法案のうち、3条項については拒否権を発動するが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減目標は維持する方針だという。ブラジルは今後10年間で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を2020年の推定排出量から最大39%削減する方針を示している。2005年比の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減としては約20%の削減になる。ルラ大統領は、環境関連法案のうち、小規模な水力発電所の建設を制限する条項や化石燃料の利用縮小を義務付ける条項に拒否権を発動する予定としている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化はこちら

来年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の予測

 平成22年度の国内のエネルギー消費は前年度比1.9%増えることが見込まれており、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量も2.6%増えるとの見通しを日本エネルギー経済研究所がまとめた。今年度は世界的な景気悪化でエネルギー消費の減少に伴い、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が2年連続で減少したが、来年度には景気の緩やかな回復が見込まれ、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は増加すると見込んでいる。日本は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を2020(平成32)年に1990年比25%削減する目標を掲げているが、見通しでは22年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は2年度比4.9%の増加になる。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を削減していくためには、一層の省エネ技術の開発や導入を急ぐ必要があるといえる。ただし、この積算の条件としては、日本経済が緩やかに回復し、22年度の実質国内総生産(GDP)が前年度比1.3%増とプラス成長に転じることが前提となっている。これによって、鉄鋼、自動車、電気機械などの需要の伸びから、生産部門のエネルギー消費は4.5%増となり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量が増加する。運輸部門は輸送効率の改善や燃費改善から、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量は2.0%減となる。家庭などの民生部門は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量が1.0%増の見込みとなっており、社会全体のエネルギー消費、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量も増えるという。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 来年度の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の予測はこちら

茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地

 東京ガスは、地球温暖化の原因防止対策の遺憾として、平成29年度の稼働を目標に検討を進めていた茨城県日立市の液化天然ガス(LNG)基地の建設計画について、計画を前倒しして27年度にも稼働を目指すと発表した。茨城県庁で記者会見を開き、計画の早期推進を発表した東京ガスは「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の流れが加速している」と理由を説明した。茨城県日立市から栃木県真岡市までの約90キロをパイプラインでつなげ、首都圏への供給にも活用する考えだという。東京ガスは今年1月に発表した平成21~25年度のグループ中期経営計画では、地球温暖化の原因防止対策のガス田開発や国内の備蓄基地整備など、5年間で約9千億円の設備投資を行うとしていた。その地球温暖化の原因防止対策の一環として、東京湾内にある既存の3つのLNG備蓄基地に加え、茨城県日立市の茨城港日立港区に備蓄基地を建設することが盛り込まれていた。また、茨城県と同社は地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現への貢献と、産業振興と雇用拡大による地域経済の活性化のために、天然ガスインフラを協力して整備することなどを合意している。東京ガスは計画の前倒しについて、「地球温暖化の原因防止対策に対する社会的、国際的な関心の高まりや地元からの要請を踏まえた」と理由を説明している。また、今後の地球温暖化の原因防止対策の取り組みとしては、安全確保を最優先として早期具体化の検討を進めていくほか、経済産業省などの関係各省と調整を進める。地元へは「適切なタイミングで地球温暖化の原因防止対策を説明したい」としている。茨城県日立市の日立港区に建設予定の地球温暖化の原因防止対策のLNG備蓄基地は、備蓄量20万キロリットルクラスのLNGタンクを備える。また、同基地から栃木県真岡市までの約90キロを直径60センチのパイプラインを設置し、ここから既存のパイプラインなどに接続する計画だという。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 茨城県日立市に地球温暖化の原因防止対策のLNG基地はこちら

スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税

 地球温暖化の原因とされる温室効果ガス二酸化炭素に関して、国民一人あたりの二酸化炭素排出量は、アメリカは19.1トン、日本は9.7トンに対して、環境先進国であるスウェーデンでは5.0トンの排出に止まっている。スウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出にかかる税としての環境税が制定されているため、温室効果ガスの二酸化炭素の削減が進んでいるとされている。スウェーデンでは、市民は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出量に応じた環境税を支払っているという。環境税の課税額は、1トンあたり約1万3650円となり、個人の場合であれば、環境税は電気代やガソリン代などに含まれている。例えば、ガソリンの場合、1リットルあたりの環境税は約29円となっている。しかし、国民の間では、環境税のことは考えたこともない。安いので請求書を見たこともないし、ただ払うだけですと、環境税の存在を意識することはほとんどないらしい。環境税負担が直接重くのしかかるのは企業だが、化石燃料の使用を減らせば税額も減るため、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の削減に向けて多くの企業努力が行われているという。都市部で普及した地域暖房システムもその一つであり、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を排出する石炭や石油を使わずに、木くずを燃やした熱で電気や温水を作り、家庭まで届けるものとなっている。木くずは伐採される前に地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を吸収しているため、燃やしても二酸化炭素の排出量が増えたとみなされないからだ。こうした地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素削減のシステムの開発によって、企業からすれば税金が減るのに加え、環境への負荷も少なくなるという。環境税の導入などによってスウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出を1990年比で10%削減したそうである。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税はこちら

地球温暖化の原因防止対策の国家予算は力不足

 環境関連予算の最重点テーマの1つが、地球温暖化の原因防止対策だといえよう。地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を「2020年までに1990年比で25%削減」という中期目標を視野に、経済産業省が住宅用太陽光発電設備や電気自動車などのエコカーの普及に向けた予算増額を要求し、ほぼ認められた。ただ、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス25%削減という削減目標への道筋をつける意味で鍵を握る低炭素技術の開発予算については迫力不足といえる。政府全体のエネルギー対策費は、今年度当初予算比1.2%減の5812億円となっており、中身重視で国民生活の地球温暖化の原因防止対策に繋がる省エネ行動に直結する自動車と住宅関連分野の施策を手厚くした格好だといえる。地球温暖化の原因防止対策としての住宅用太陽光発電への補助制度は、行政刷新会議の「事業仕分け」で22年度予算案への計上が求められた。太陽光発電の補助金は1キロワットあたり7万円で、標準的な太陽光発電のパネルの場合で25万円程度となる。太陽光発電に対して補助制度を復活した今年1月からの申請件数は既に10万件を突破しており、経産省はこれに弾みをつけることを目指している。さらに、政府は11月に、電力会社に対して太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で買い取ることを義務づける新制度を発足させている。その対象を風力にも拡大し、余剰分を含む「全量」を買い取る制度拡充に向けた検討に乗り出した。こうした施策の相乗効果を狙った地球温暖化の原因防止対策を急ぐことになりそうだ。ただ、地球温暖化の原因防止対策の技術革新を促す予算配分は力不足で、エネルギー革新技術に着目した経産省の研究開発事業は4.8%増の8.6億円にとどまった。環境省のエネルギー対策特別会計を含む予算総額(公共予算除く)も3.9%増の1373億円を計上し、技術開発・普及で31.7%増の50億円を確保したものの、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素などの温室効果ガスの25%削減の裏付けという点では物足りなさが目立った来年度予算といえる。
太陽光発電ソーラーシステム情報貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策の国家予算は力不足はこちら

地球温暖化の原因防止対策の新しい協議

 デンマークのコペンハーゲンで12月7~19日に開かれ、地球温暖化の原因防止対策を協議してきた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)で2013年以降の地球温暖化の原因防止対策(ポスト京都議定書)を打ち出せなかったことで、全会一致を原則とする国連方式の限界が露呈したことから、協議の枠組みを見直す動きが欧米などで出始めている。だが、今回、主要国主導で地球温暖化の原因防止対策の政治合意をまとめた経緯に一部途上国が反発しており、国際協議の場を早急に作り出せるかどうかが焦点となっている。地球温暖化の原因防止対策を協議するCOP15には193か国・地域が参加したが、先進国と途上国の地球温暖化の原因防止対策の利害対立で交渉がまとまらず、結局、主要28か国で討議した政治合意「コペンハーゲン協定」を元に米国が中印など新興4カ国から最終的に同意を取り付けた。しかし、この政治合意による地球温暖化の原因防止対策さえ、スーダンと中南米諸国のわずか5か国が反対したため「承認」にとどまったという苦い経緯がある。地球温暖化の原因防止対策で世界をリードしてきた欧州連合(EU)には、今回の地球温暖化の原因防止対策の結果については大失敗との思いが強いようである。イギリスのブラウン英首相は「地球温暖化の原因防止対策の合意が一握りの国によって身代金要求の人質に取られるような事態を再発させてはならない」と指摘し、地球温暖化の原因による被害の深刻な島しょ国と先進国が手を組む有志国連合を形成すべきだとの考えを示した。地球温暖化の原因防止対策は近年、主要8カ国(G8)首脳会議でも討議され、新興国を含む主要二酸化炭素排出国で作る主要経済国フォーラム(MEF)も発足した。コペンハーゲン協定の内容の多くは過去に開催されたG8、MEFで合意済みの内容に過ぎない。このため、米シンクタンクなどからは「MEFの役割を強化すべきだ」との声も上がっている。だが、これに対して、国連や、自国の意見が反映されやすい全会一致方式の継続を望む途上国からは「地球温暖化の原因防止対策の交渉から特定国を排除はできない」として、主要国主導の枠組み作りをけん制する意見が出ている。国連の枠組みを維持しつつ事態沈静化をはかる折衷案として浮上しているのが、地球温暖化の原因防止対策のコペンハーゲン協定に賛成する国々だけで非公式協議の場を設ける構想だという。今回の地球温暖化の原因防止対策の協定では、先進国と途上国は来年1月末までにそれぞれ、地球温暖化の原因である温室効果ガスの削減目標を申告することになっており、協定参加国が事実上の有志国連合として機能し始める可能性があり、相当数の国が参加するとみられる。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の新しい協議はこちら

北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策

 北海道で生活協同組合活動を展開する「コープさっぽろ」(北海道札幌市)は、地球温暖化の原因防止対策として所有している240台のバイオディーゼル燃料BDF)を使った宅配トラックについて、「世界最多保有」としてイギリスのギネスブックに登録申請したと発表した。コープさっぽろは、昨年5月に、地球温暖化の原因防止策として、家庭から回収した廃食油を委託工場でトラック燃料に精製し、軽油の代わりに宅配トラックの燃料に充てる実験を開始した。燃料の冬場の凍結問題がクリアされたことから、地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックを順次増やし、今年9月には、使用する全配送トラックの約3割に当たる240台が地球温暖化の原因防止対策のBDFトラックとなった。この結果、地球温暖化の原因となる年間440トンの温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減が見込めるという。この地球温暖化の原因防止対策のトラックがギネスに登録されるかどうかの回答は、2~3か月後になる見通しなので、コープさっぽろでは、朗報を待ちたいとしている。
 一方、地球温暖化の原因防止対策を栃木県政の最重要課題の一つに掲げる栃木県は来年1月6日から、毎月第1水曜日を「栃木県庁ライトダウン・デー」として、栃木県の本庁舎を午後6時半に一斉消灯することを決めた(栃木県民利用エリアは除く)。福田富一栃木県知事は「栃木県を地球温暖化の原因防止対策を考えた環境にやさしいライフスタイルへ変えるきっかけにしたい」と栃木県の取り組みの意義を語っている。栃木県によると、栃木県施設が排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量のうち、約6割を電気使用が占めているという。栃木県は、これまでも毎週水曜日を定時退庁日としているが、地球温暖化の原因防止対策の省エネの取り組みを更に徹底するために、ライトダウン・デーを設けたという。この取り組みで、地球温暖化の原因防止対策として年間7.2トンのCO2削減へとつながる。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 北海道と栃木県で地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を市民レベルでもコツコツと少しずつでも削減してもらおうと、「CO2CO2(コツコツ)減らしていいもの当てようキャンペーン」(宮城県仙台市、仙台市地球温暖化の原因対策推進協議会など主催)が行われている。リデュース(ごみ減量)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再生使用)の3Rを実践した仙台市民計500人に抽選で秋保温泉のホテルペア宿泊券や携帯音楽プレーヤーなどのプレゼントが贈られるという。宮城県仙台市では「楽しみながら地球温暖化の原因防止対策の3Rに取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンは、仙台市在住か仙台市内に通勤、通学している人が対象で、実施期間は来年2月21日までとなっている。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンには、ウェブ参加と、キャンペーン参加店(31事業者212店舗)での店頭参加の2通りの参加方法がある。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンのウェブ参加の場合はホームページで参加登録し、「暖房の設定温度を低く抑えた」「冷蔵庫の設定温度を適切に調節した」など、地球温暖化の原因防止対策として実践した項目を選んでポイントを獲得することになる。地球温暖化の原因防止対策へのキャンペーンへ参加する友人を紹介したり、3R行動の画像を投稿するとボーナスポイントがもらえるという。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンで10ポイント以上ためるとプレゼントに応募できる仕組みになっている。応募期間は地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン終了後の来年2月23日から3月2日までとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンの店頭参加の場合は、大型スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのキャンペーン参加店で買い物した際に応募券をもらい、実践した3Rを選んで応募箱に入れることになるという。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンはこちら

地球温暖化の原因防止対策のワークショップの開催

環境省と気象庁は、『地球観測連携拠点(地球温暖化分野)平成21年度ワークショップ「統合化された地球温暖化の原因観測を目指して -雪氷圏における観測の最前線-」』を開催すると発表した。このワークショップは、地球温暖化の原因に関する統合的な観測を関係府省・機関の連携により推進するために環境省と気象庁が共同で設立した地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局(地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁)の主催で、平成22年1月29日に、千代田放送会館 ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)で開催するものとなっている。地球温暖化の原因の影響が最も現われやすい領域の一つである極域および雪氷圏を取り上げ、最新の観測技術や観測成果を紹介するとともに、極域及び雪氷圏における観測研究の今後の展望についても講演を行う。また、観測研究の連携に関する総合討論も実施する。参加者を先着順で定員200名募集、参加希望者は事前に地球温暖化観測推進事務局ホームページ(http://occco.nies.go.jp/100129ws/index.html)から登録する必要がある。
地球温暖化の原因防止対策のワークショップの案内」
 地球温暖化の原因防止対策に関する統合的な観測を関係府省・機関の連携により推進するために環境省と気象庁が共同で設立した地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局(地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁)が主催する、研究者から一般の方までを対象とした平成21年度のワークショップを下記のとおり開催します。今回のワークショップでは、地球温暖化の原因の影響が最も現われやすい領域の一つである極域および雪氷圏を取り上げ、最新の地球温暖化の原因の観測技術や地球温暖化の原因の観測成果についてご紹介するとともに、極域および雪氷圏における観測研究の今後の展望についてもお伝えします。また、地球温暖化の原因の観測研究の連携に関する総合討論も行います。
1 期日平成22年1月29日 (金) 13時~17時15分
2 場所千代田放送会館 ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)
3 実施体制
主催 地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁 後援 内閣府、文部科学省
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所
独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター
4 実施内容
タイトル「統合された地球温暖化の原因観測を目指して」-雪氷圏における観測の最前線- 基調講演「地球温暖化の原因から地球を守る雪氷圏」 中尾正義(人間文化研究機構) 講演 [1] 「北極域の海氷と地球温暖化の原因」榎本浩之(北見工業大学) [2] 「アジアの氷河・氷河湖と地球温暖化の原因」藤田耕史(名古屋大学) [3] 「極域の氷床と地球温暖化の原因」東久美子(国立極地研究所) [4] 「日本の海氷・降雪・積雪と地球温暖化の原因」高野清治(気象庁) [5] 「雪氷圏における地球温暖化の原因影響研究の今後」大畑哲夫(海洋研究開発機構) 総合討論「雪氷圏における地球温暖化の原因観測研究の今後の展望」
5 その他
定員  200名(事前登録制、入場無料)
※ 参加につきましては、下記ホームページからお申し込みください。
 http://occco.nies.go.jp/100129ws/index.html (本件に関する問合せ先)
環境省 地球環境局 総務課 研究調査室 電話03-3581-3351(内線6735) 気象庁 地球環境・海洋部 地球環境業務課 電話03-3212-8341(内線4739)
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のワークショップの開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇

 欧州の非政府組織(NGO)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減実績や地球温暖化の原因防止対策の政策などを国別に評価する「地球温暖化の原因防止対策による気候変動パフォーマンスインデックス(CCPI)」を発表した。それによると、地球温暖化の原因防止対策としてブラジルが新興国としては初めて最高位(1~3位は該当なし)になり、日本は35位で昨年の43位から順位を上げた。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)会場で公表された。
 CCPIはNGO「ジャーマンウオッチ」と気候行動ネットワーク(CAN)ヨーロッパが毎年公表しているもので、地球温暖化の原因防止対策として今年で5回目となる。130人以上の地球温暖化の原因防止対策の専門家が参加し、発電や交通など分野別の1990年以降の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増減傾向、人口1人当たりのエネルギー消費量など地球温暖化の原因防止対策に関する国内・国際政策の三つの基準で先進・新興国57か国を採点した。1~3位は「地球温暖化の原因防止対策が十分な国はない」として該当はなく、最高位の4位がブラジル(昨年8位)、5位スウェーデン(同4位)、6位英国(同9位)など。COP15議長国デンマークは17位(同10位)、米国は地球温暖化の原因防止対策に前向きなオバマ政権の政策が評価されたが53位(同58位)にとどまった。地球温暖化の原因防止対策としての最下位(60位)はサウジアラビアだった。CANヨーロッパは「ブラジルのような新興国が地球温暖化の原因防止対策の順位を上げたことは大変評価できる」とし、新興国の地球温暖化の原因防止対策による二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制の取り組みが注目されるCOP15で、この結果が交渉を後押しすることを期待しているという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇はこちら

地球温暖化の原因によって北極の氷山が氷冠消滅

 地球温暖化の原因による気候変動が進むデンマーク領のグリーンランドで、氷床が解けて海に流出する氷山が10年間で約30%も増えたことが北欧や米国、カナダ、ロシア8か国でつくる北極評議会の調査でわかった。北極は地球温暖化の原因による影響を受けやすく、他地域に比べると気温上昇は倍以上になるという。このまま地球温暖化が進むと、2020年夏には北極点の氷冠が消滅するとの予測もでてきている。北極評議会が、国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議CPO15)で公表したもので、グリーンランドから北大西洋などに流出した氷山は1995年には3300億トンだったが、地球温暖化の原因によって2005年に4300億トンに急増した。わずか20年前には、絶妙のバランスを保っていた氷床は1995~2000年に年平均500億トンずつ失われ、2003~2006年には年平均1600億トンずつ消失した計算になる。このまま地球温暖化が進むと、グリーンランドの氷床が解けて、2100年までに海面が5~10センチ上昇する可能性があり、最悪のケースでは20センチ上昇するという。地球温暖化の原因による南極やアルプスなどの氷床や氷河の融解分を加えると、海面上昇は約1メートルに達する。グリーンランドの氷床がすべて解けるのには3千年かかるが、海面を7メートル押し上げると考えられている。調査を総括したコペンハーゲン大のドータ・ダルジェンソン教授は「12万年前、グリーンランドの平均気温は現在より5度高かく、氷床は20%少なく、海面を2メートル分押し上げた。地球全体では気温は2度高く、海面は5メートル高かった。これは数千年かけて起きた気候変動で、それと同じことが次の百年で起きようとしている」と語った。このまま地球温暖化の原因が進み、地球全体で気温が4度上昇すれば北極圏では8~10度の気温上昇となり、その影響は想像を絶するとダルジェンソン教授はいう。1971年から6回にわたり英潜水艦による北極調査に参加した北極研究の権威である英ケンブリッジ大のピーター・ワダムス教授のグループの調査によれば、地球温暖化の原因によって2004~2008年に氷の厚さは68センチ薄くなり、「2020年夏には北極点まで船で航行できるようになる」と予測している。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因によって北極の氷山が氷冠消滅はこちら

兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始

 兵庫県などは2009年度から、家庭から排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を専門の診断員が調べる「うちエコ診断」を一般家庭を対象に始めると発表した。車や暖房器具などから出る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2の量を正確に知ってもらうことで、効果的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減につなげてもらう狙いだという。兵庫県では来年2月22日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減モニターを募集している。この取組みは、兵庫県や環境省の外郭団体「地球環境戦略研究機関関西研究センター」(兵庫県神戸市)や民間企業などでつくる「兵庫県うちエコ診断協議会」の主催で実施される。2008年度、協力企業の社員らが自宅で試験的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の測定を実施したところ、85%の家庭で診断が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動につながったという。兵庫県の認定を受けた診断員が対象の家庭を訪問し、専用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減診断ソフトで診断することになるという。家電製品の形式や年式、利用時間などを詳しくアンケート調査し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2量などを算出する。その調査結果に基づいて、各家庭の無駄使いに応じて、例えば冷蔵庫の温度設定の変更などといった地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減策を提案する。本年度は200世帯を対象に実施するという。そのうち、尼崎市では市長や職員、市民の計50世帯で診断を実施するなど尼崎市を上げて取り組むという。家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定への応募は太陽光発電相談指導センターTEL078・371・6000まで。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始はこちら

地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機

 日本でも大ヒットした映画である「ファインディング・ニモ」の主人公でもあり、一躍人気者になったカクレクマノミが、地球温暖化の原因による海水の酸性化などにより、絶滅に近づいているというショッキングな内容が報告された。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているデンマークの首都コペンハーゲンで14日、国際自然保護連合(IUCN)が報告した。報告の内容によると、地球温暖化の原因による気候変動で海水の酸性化や水温の上昇によって、棲家である珊瑚礁が破壊されるほか、カクレクマノミが隠れ場所として共生しているイソギンチャクを探すための嗅覚が影響を受けているという。この報告では、地球温暖化の原因で最も打撃を受けた動植物10種も明らかにされた。地球温暖化の原因による気候変動で絶滅の危機にあるのは、カクレクマノミのほかに、シロイルカやオサガメ、コウテイペンギン、コアラなどが挙げられている。地球温暖化の原因による気候変動の報告書を取りまとめたウェンディ・フォーデン氏は、記者団に「動植物は環境に適応するが、地球温暖化の原因による気候変動の速度は遅くなければならない。各国の政府が力強くタイムリーな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の達成に全力を傾け、気候変動の速度を落とすことができれば、これらの種に生き延びるチャンスを与えることができる。」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機はこちら

地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力

 日本は途上国に対して膨大な金額の資金援助を行っているところであるが、今般、地球温暖化の原因による気候変動対策に対して資金援助を行うことを決定した。政府はスリランカの太陽光発電システムの導入計画に対して、8億6,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。スリランカでは、1990年代以降、エネルギー需要が増加しており、今後ますます高まると予想される電力需要に対し、太陽光発電システムの再生可能エネルギーを利用した電力供給の方向性を探っていくことが必要になっている。今回、供与される太陽光発電システムにより、スリランカにおける火力発電用の原油使用量が低減し、それに伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量が削減されることが期待されている。
 一方、政府は、ケニア共和国政府が取り組んでいる「地球温暖化の原因による気候変動への適応のためのニャンド川流域コミュニティ洪水対策計画」に対し、総額4億8,300万円を限度とする環境プログラム無償資金協力を行うことを決定し、ケニア共和国首都ナイロビにおいて交換文書の署名式が行われた。この協力は、日本クールアース・パートナー国であるケニア共和国に対して、地球温暖化の原因による気候変動の影響等により洪水が頻発しているニャンド川流域の洪水対策施設の整備や住民の組織化訓練等のプログラムを実施するのに必要な資金を供与するものとなっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因による気候変動対策に資金協力はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)の進行が現在もめている状況にある。というのもCOP15の下に置かれている二つの特別作業部会の議長がまとめた報告書案に、先進国だけに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を課した京都議定書の枠組みをそのまま延長させることが盛り込まれたことを受け、先進各国は11日、こうした地球温暖化の原因防止対策の取り組み方に一斉に反発の声を上げた。京都議定書で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を負っていない米国や中国などに対しても、同一の枠組みの下で地球温暖化の原因防止対策に取り組む仕組みにすべきだと主張している。特別作業部会の報告案では、京都議定書が定めていない2013年以降の先進国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標を新たに決め、京都議定書を改正して法的に地球温暖化の原因防止対策の達成を義務付けるものとしている。一方で、京都議定書を離脱した米国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の設定や、現在温室効果ガスの削減義務を負っていない途上国の今後の行動については、法的な温室効果ガスの削減順守義務を課さない形での決定にとどめる考え方が示された。日本や欧州連合(EU)などの先進各国は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスで世界の排出量の4割を占める米中などの目標に法的拘束力を持たせない内容となっている報告書案について、「地球温暖化の原因防止対策としての実効性がまったく担保されていない。」と強く批判している。日本政府は「このような地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減への内容では合意できない」と反発を強めている。他方で、中国やブラジルなどの途上国は、従来から先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出責任を主張してきたため、京都議定書の延長を盛り込んだ議長提案に対して「評価する」と賛意を表明している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減方法に関しては、先進国と途上国の対立が鮮明になっている状況にある。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発はこちら

地球温暖化の原因で巨大氷山が漂流

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているさなか、香港の地域よりも大きな氷山が南極海からオーストラリア大陸に向かって漂流していることが、米航空宇宙局(NASA)の衛星写真ではっきりと確認された。南極大陸から南極海へ向かって、先月から大量の氷山の流出が起きており、地球温暖化の原因ではないかと指摘も出ている。流れ出したのを確認された氷山の面積は約140平方キロで、日本の伊豆大島の約1.5倍、香港島の約1.7倍もの大きさの氷山だという。オーストラリアの南方1700キロ付近の洋上を現在漂流しているという。オーストラリア南極局の専門家によると、「これほど巨大な氷山の漂流は恐らく大型帆船の時代(19世紀)以来になるはずだ」と話している。南極海では先月中旬から大量の氷山流出が発生しており、ニュージーランド方向に漂流する数百の氷山が観測されている。オーストラリア南極局では「地球温暖化が今のまま進めば、こうした温暖化を原因とする現象が続くだろう」と指摘している。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因で巨大氷山が漂流はこちら

COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が始まった。その会議の中で、地球温暖化の原因による海面上昇の被害を受けている島嶼国は9日、京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策に係る議定書案の交渉を進めるよう要求した。これに対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制義務が課されることを警戒する中国やインドが反対を表明した。地球温暖化の原因による被害を受けやすい開発途上国と、経済発展に伴い温室効果ガスの排出量が増加している新興国との間の意見対立が表面化したかたちとなった。南太平洋の島国であるツバルは島嶼国を代表して、地球温暖化の原因による被害に苦しむ国への支援拡充を柱とする「コペンハーゲン議定書」を提案している。地球温暖化の原因となる大気中の温室効果ガス濃度を二酸化炭素(CO2)換算で350ppm以下に抑えるよう主張し、世界の中でも最も厳しい態度で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減に取り組むよう各国に求めている。ツバルは9日の本会議で、地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案を交渉するための会議の場をつくるよう提案した。これに対し、中国やインド、サウジアラビアは「地球温暖化の原因防止対策に関しては京都議定書で十分だ」として会議設置案を拒否している。一方で、ソロモン諸島やクック諸島、セネガル、ケニアなどが地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案の策定に相次いで賛意を示し、途上国側であっても意見が二つに分かれる格好となった。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議については、当初、先進国と途上国との意見対立が予想されていたが、途上国内の対立も見られるようになった。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立はこちら

地球温暖化の原因とされるデータねつ造疑惑

 イギリスやアメリカの気候研究者らが、地球温暖化の原因とされることを示すデータをねつ造したとされる騒ぎが拡大している。国連が取り組むポスト京都議定書後の枠組みにも、影響を及ぼしかねない事態となっている。これがもし事実であるならば、地球温暖化の原因とされる温室効果ガス25%削減の民主党の政策も見直す必要も出てくるかもしれない。地球温暖化の原因とされるデータねつ造疑惑は、英米のメディアで、米ウォーターゲート事件をなぞらえて「クライメートゲート事件」と呼ばれている。地球温暖化の原因とされるデータがネット上で2009年11月中旬、匿名の誰かによって公開されたことだった。流出したのは、地球温暖化の原因研究の世界的拠点である英イースト・アングリア大学の気候研究ユニットCRUのデータである。このデータには、1996~2009年の1000通以上の電子メールや3000以上の文書が含まれており、CRUのコンピューターにハッカーが侵入して、これらが盗まれてしまったという。CRUの研究は、国連の地球温暖化の原因の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、報告書で「地球温暖化の原因は人為的な可能性が強い」と結論づける有力な根拠になったとされる。ところが、CRUのフィル・ジョーンズ所長が1999年、メールで60~70年代の平均気温低下をトリックでごまかしたなどと明かしていたというのだ。地球温暖化の原因議論の先駆けとなる「ホッケースティック曲線」と同様なものだったという。80年代以降の地球の平均気温上昇を過大に見せるという手口だという。メールのあて先は、この曲線を編み出した米ペンシルベニア州立大のマイケル・マン教授らだった。これが事実であるならば、これまで大騒ぎされてきた地球温暖化の原因に係る議論は何だったのかということにもなりかねない。アメリカでは、地球温暖化の原因懐疑論が保守派などに根強いだけに、懐疑論者による陰謀ではないかとのうわさも流れている。京都議定書後を考える国連の気候変動枠組条約会議(COP15)が09年12月7日から始まったことも背景にあるようだ。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因とされるデータねつ造疑惑はこちら

大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェック

 家庭で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素CO2)の削減に取り組んでもらおうと、枚方市のNPO法人「ひらかた環境ネットワーク会議」などは、地球温暖化の原因防止キャンペーン「ひらかたエコチェックDAY」を実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の分かる日常生活の点検シートを配布し、各家庭で記入してもらう。地球温暖化の原因防止対策の取り組み後には商品が当たる抽選も予定しており、枚方市内だけでなく幅広く参加を呼びかけている。地球温暖化の原因防止対策チェックシートでは、「部屋を出るときはあかりを消す」「シャワーや水道はこまめに止めながら使用する」などの地球温暖化の原因防止対策となる10項目について、13日以前と13日のそれぞれで実施できたかどうかを○×で記入してもらう。項目横には、実施した場合の1日当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量も明記されている。NPOは地球温暖化の原因防止対策チェックシートを5万枚用意し、枚方市役所や生涯学習センターなど枚方市内60か所以上で配布する。取り組みに参加し、地球温暖化の原因防止対策チェックシートに付いたはがきをNPOに返送すると、抽選で40人に折りたたみ自転車や地酒などが当たるという。問い合わせは同ネットワーク((電)072・847・2286)。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェックはこちら

アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇

 アメリカで地球温暖化の原因が事実なのかどうか疑問視する人が増えてきており、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素などの温暖化ガス排出量削減を支持する人は減っていることが、CNNとオピニオン・リサーチの最新世論調査で分かった。この調査は7日、地球温暖化の原因防止対策について話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)の開幕に合せて発表された。それによると、「地球温暖化の原因は証明された事実」と考える人は全体の3分の2となり、2008年6月の調査に比べて8ポイント減った。支持政党別に見ると、民主党支持者は横ばいだったが、共和党支持者は11ポイント減少している。地球温暖化は事実だと答えた人のうち、原因は工業生産による温室効果ガスである二酸化炭素の排出など人間の活動にあるとする回答は45%となり、前年の54%から9ポイント減少した。地球温暖化の原因は人間ではなく自然界に原因があるとの回答が約3分の1を占めた。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスの排出量削減については「たとえほかの国が地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスを削減しなくても、米国は削減すべき」と答えた人が、07年調査の66%から、今回調査では58%に減っている。地球温暖化の原因をめぐっては、一部科学者がデータを故意に操作したともとれる電子メールの存在がCOP15の開幕を前に暴露され問題となった。しかし、ほかの調査機関が11月に実施した地球温暖化の原因の世論調査でも今回と同様の結果が出ており、データ操作疑惑の直接的な影響はないと見られる。地球温暖化の原因の調査は12月2―3日にかけて、米国の成人1041人を対象に電話で実施したものである。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇はこちら

官民一体で地球温暖化の原因の国内CO2削減「オフセット・クレジット」

 国内の地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため環境省が昨年創設した「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を活用する動きが広がり始めている。同制度を使って地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠を売り出す地方自治体と購入側の企業との間で取引が活発化し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)に関連する新市場の開拓と企業イメージのアップにつながると期待されている。J-VERは、国内プロジェクトで実現した地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の排出削減・吸収量を排出枠として認証する制度である。現在は、間伐材を代替燃料にした発電を進める高知県の事業のみに適用されている。企業は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠を高知県から購入し、高知県はその収益で発電に必要な間伐を実施し、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減や森の再生を目指す仕組みになっている。高知県とは日本百貨店協会や日立建機など6社・団体が取引してきたが、11月には企業向け衣料メーカーの福島ミドリ安全(福島県郡山市)が地方企業として初めて契約した。ホテル向けユニホームの製造過程で出た地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)のうち1トン分を、購入した地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠でオフセット(相殺)した。全国初のJ-VER付きユニホームについて「着るだけで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減でき、企業イメージも向上する」とアピールする。以前の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出枠は開発途上国などから購入したものが中心で、国連認可の排出枠(CER)付き商品も全国で流通している。だが、CERで削減するのはあくまで国外のCO2でしかなく、国内の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)は削減されないことになる。環境省地球温暖化対策課は「消費者が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献している実感を持てず、国内のCO2も減っていない。」と指摘している。その点、国内独自事業に基づくJ-VERは「地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減効果を身近に感じやすい。」という。 
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 官民一体で地球温暖化の原因の国内CO2削減「オフセット・クレジット」はこちら

海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法

 海が吸収する地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素量を調べる手法を、イギリスのイーストアングリア大学の研究者らが作る国際研究チームが開発したと発表した。これは、商業用船舶にも装着できる地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計る装置で、より多くの船舶から二酸化炭素量のデータを収集することで、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の状態について、より詳しく調べることができるとしている。大気中に含まれている地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素は、海洋や熱帯雨林が吸収することで知られる。特に、人間が排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の半分は、海洋と熱帯雨林が吸収しており、気温や海水温は地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の貯蔵状態に大きく関係している。イギリスのイーストアングリア大学らの研究者は、海中の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を測定する化学センサーと、海水表面の温度を測る衛星のデータを組み合わせて、より正確に海洋の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の動向について調べる装置を開発した。これまでに、北大西洋で過去数年間にわたって地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査を実施し、気候と海洋が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量との関係が浮かび上がってきたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計測する装置は商業用の船舶にも簡単に装着できるもので、世界の海を広く航行する船舶に協力してもらうことで、より正確に地球の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素について、調べることができると期待している。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法はこちら

地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かす

 中国新聞社によると、中国気象局の鄭国光局長は雑誌「求是」に掲載した地球温暖化の原因に関する論文の中で、地球温暖化の原因は中国の食糧安全保障に明らかな影響を与えており、今後、主要食物の生産力減少、不安定性の増加などを引き起こすだろうと主張した。同論文によると、地球温暖化の原因の影響を受け、世界的な食糧供給は不安定性を増すと考えられる。地球温暖化の原因による気候変動により、中国の主要作物に対しては水不足が発生し、自然災害が増加、食糧生産は多大な影響を受ける。さらに、地球温暖化の原因による気候変動により、広い範囲で長期的な干ばつが発生すると見られている。例年、中国では地球温暖化の原因による気候変動による干ばつにより3000万トンの損失が出ており、自然災害による損失の60%を占める。地球温暖化の原因による気候変動により、30年間続く華北地区での干ばつ問題が、今後10年間で緩和されるとは考えられず、南部でも季節的な干ばつが頻発している。さらに現在と同じ栽培制度が続き、栽培品目と生産水準が変化しないと仮定した場合、2030年までに生産力は地球温暖化の原因による気候変動により、5~10%減少すると見られ、特に春小麦は大幅に減少すると見られる。2071年から2100年には、地球温暖化の原因による気候変動により、冬小麦が10~30%、稲作が10~20%、とうもろこしが5~10%それぞれ地球温暖化の原因による気候変動により、減少すると考えられている。また、もし政府が> 地球温暖化の原因による気候変動による気候変動に関して積極的な対応を取らなかった場合には、21世紀後半には中国の主要農作物である小麦、稲作、とうもろこしで年産最大37%の減産が起こる可能性があると指摘している。同論文は、地球温暖化の原因による気候変動による食糧生産とその安全性を保障することが気候変動に対して最も大切なことだとし、災害発生を未然に防ぐための対策を科学的かつ計画的に立てる必要があると提案している。しかしながら、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の削減に関して、最も消極的な国が中国であるのも事実である。しかも、世界的に見て、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の巨大な量の排出量である国にもかかわらずである。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かすはこちら

神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニュー

 神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドは、デンマークで開催される気候変動枠組条約の第15回締約国会議(COP15)に合わせて、7日から18日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を抑えた「エコメニュー」を提供する。スカンディナビア政府観光局の要請で、老舗ホテルにふさわしく、かつ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2)排出量の少ない料理を考案したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない料理のメニューとしては、「地場野菜の菜園風仕立て」「本日入荷の魚のココット(厚手のふた付き両手鍋)蒸し」「豚料理のバリエーション」「小田原ミカンのムース」の4品から成るランチ・コースとなっている。これらの料理は、タワー棟5階のフレンチレストラン「ル・ノルマンディ」において5000円で提供する。フードマイレージ(食料の輸送距離)の短い横浜産や県内産の食材を主体にすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を大幅に削減したという。調理の際に火を入れる場合でも、ココットなどを用いエネルギー消費量を抑えCO2排出量を大幅に削減した。さらには、廃棄物処理に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量削減のため、食品残さも減らすよう、皮付きの野菜、豚の皮やのど肉なども使った。神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドのシェフは「ニューグランドの伝統料理とエコの要素との両立に苦労した。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減は時代の要請でもあるので、これを機に環境に優しい料理を継続的に追求していきたい。」と話している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニューはこちら

地球温暖化の原因による生態系の変化

 地球温暖化がこのまま進んでいくと、2100年ごろには地球温暖化の原因によって東南アジアなど熱帯や亜熱帯の海域を中心に、場所によっては漁獲量が最大40%も減る可能性があるとのシミュレーション結果をカナダ・ブリティッシュコロンビア大などの研究チームがまとめた。日本沿岸も地球温暖化の原因によって現在よりも5%ほどの減少が予想された。漁業に地球温暖化の原因による影響を地球規模で調べた研究はこれまでほとんどなく、グループは「地球温暖化の原因による漁獲量減少はインドネシアや中国など人口が多く、食料を魚介類に依存している発展途上国の周辺海域で目立つ。」と指摘している。「地球温暖化の原因は世界の食糧安全保障に大きな影響を与える。」と警告した。逆に、ノルウェーやグリーンランド、カナダ周辺などの高緯度海域では地球温暖化の原因による漁獲量の大幅増が予想され、地球温暖化の原因は漁業をめぐる世界の格差を大きく広げることになりそうだ。
 一方、イタリアの民間非営利団体(NPO)「イタリア鳥類保護連盟」は、地球温暖化の原因による影響で、同国北部ピエモンテ州などのアルプス地方に生息するライチョウの数が減少し、絶滅の危機にあるとの報告をまとめた。地球温暖化の原因ににより、寒冷な気候に順応したライチョウが生息できない環境となっているためで、同連盟はさらに地球温暖化が進めば絶滅は避けられないと警告している。報告は、もともと生息数の少ないライチョウについて、1970年代後半の少なくとも1万4千羽から、現在は同1万羽に減少したと指摘している。さらに、同地方の気温は19世紀末と比べ平均2度上昇しており、さまざまな要因の中で考察しても、地球温暖化の原因が最も関連がある可能性が高いとしている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因による生態系の変化はこちら

地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度

 世界気象機関(WMO)がまとめた、2008年の地球温暖化の原因の「温室効果ガス年報」で、二酸化炭素メタン、一酸化二窒素の07年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである世界年平均濃度が統計を開始した1983年以降の最高値を記録していたことが、09年11月24日の気象庁発表で明らかにされた。地球温暖化に最も影響度が大きいとされている二酸化炭素の世界平均濃度は、この10年間 年平均2.0ppmずつ増加しており、08年は385.2ppmに達した。地球温暖化の原因の二酸化炭素の濃度は、産業革命以前(1750年)の濃度である約280ppmと比較すると約38%の増加となっており、一酸化二窒素は、321.8ppbで同じく約19%の増加と発表されている。また、近年増加傾向が緩やかになっていた地球温暖化の原因のメタン濃度は1,797ppbに達し、2007年に続いて2008年も1998年以来の高い増加量となったが、地球温暖化の原因のメタンが再び増加傾向に転じたかどうかははっきりしないとしている。さらに、気象庁が綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3地点で行っている日本上空の大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素濃度の2008年の結果も同時に公表されたが、3地点の二酸化炭素の平均濃度は386.6~388.5ppmで、こちらも温室効果ガスの過去最高値を記録した。3地点の地球温暖化の原因の温室効果ガスの平均濃度は、この10年間で年平均1.9ppmの割合で増加を続けているという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度はこちら

EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討

 EUは11月30日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを1990年と比べて20%削減から30%削減に数値目標を引き上げることを検討していると明らかにした。EU議長国・スウェーデンのラインフェルト首相は、11月30日の記者会見で、「私たちEUは地球温暖化の原因に責任を取ります。2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスについては1990年比20%削減の目標としていたが、30%削減を目標とすることを考えています。」と述べ、新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減数値目標を明らかにした。国連・気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)が開催されるのを前に、EU側の考えをアピールした形となった。これに先だって行われたEUと中国の首脳会談で、中国側は「2020年までにGDP(=国内総生産)の単位当たりの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を、2005年に比べて40~45%減らす。」という目標を説明し、EU側もこれを評価している。ただ、EUの新たな考えに対してはさらなる地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力を行うよう促した。COP15の開催が来週に迫る中、EU側が新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減の考えを示したことで、ほかの先進国や途上国は地球温暖化の原因防止に向けたさらなる努力を求められることになる。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討はこちら

地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップ

 国際物流の9割以上を担う輸送船の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、日本の海運大手が太陽光発電などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型のエコシップの開発を急ピッチで進め、地球温暖化の原因防止対策の「環境対策」への意欲をアピールしている。地球温暖化の原因防止対策のエコシップは、風を推進力に変えるため翼のように伸びた8枚の帆や、甲板を覆う太陽光発電パネル-を備えている。日本郵船では、「近未来の太陽光発電などの省エネ技術を結集させた化の原因防止対策のエコシップ」としてコンテナ船の模型を公表している。2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」(全長352メートル)では、従来の大型船とはかけ離れた独創的な外観が特徴となっている。主要動力源には、取り外し可能なコンテナ式の燃料電池を採用して、船体重量を約2割減らすなどして、重油のディーゼルエンジンで動く現在の船と比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を69%削減できるという。船底の外側に空気を送ることで海水との摩擦抵抗を減らす最先端技術を導入する一方で、コンテナ積み降ろしの邪魔にならないよう太陽光発電パネルや帆は格納可能とするなど実用性も重視した設計となっている。ライバルの商船三井は、船舶維新をキーワードに、外洋航行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を5割に減らすなど「環境に配慮した」自動車運搬船のデザインを公表した。太陽光発電パネルの利用や改良型スクリューの装着が特徴で、港湾内の航行や荷役中には地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出ゼロを実現できるという。
 海外でもエコシップに注目が集まる。北欧の大手海運会社は、波のうねりなどの自然エネルギーを利用した輸送船の開発を独自に進める。開発競争の背景には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量規制の導入を検討している国際海事機関(IMO)の動きもある。海運各社が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に応じた経済負担を強いられる可能性が高まっており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減が緊急課題になっているからだ。IMOによると、船舶が出す地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2は年間10.5億トン(2007年)で、世界の総排出量の3.3%を占める。これはドイツ1カ国分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を上回り、日本の8割以上に相当する量になっている。2008年度には日本郵船が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素1674トン、商船三井は約1800万トンを出すなど、製鉄やセメント会社と並び日本有数の排出源になっているのが現実だ。中国やインドなど新興国の経済成長で貨物量は増加傾向にあり、国際海運の総排出量は2050年までに2007年の最大2.5倍に増えるとの試算もある。スーパーエコシップ開発を担った日本郵船子会社「MTI」の技監は「新船開発は、2050年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をまったく排出しないゼロエミッション船を実現するための第一歩と考えている。夢を夢で終わらせないとの思いを込めた。」と強調する。商船三井は「今後はフェリーやタンカーなどの新型エコシップを順次発表する」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップはこちら

地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催

 来月の12月7日にデンマークで開幕される気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)を前に、地球温暖化の原因の専門家と市民が地球温暖化の原因防止対策の今後を考える集会「市民が進める地球温暖化の原因防止2009」が28日、京都府京都市上京区の同志社大新町キャンパスで始まった。NPO法人(特定非営利活動法人)気候ネットワーク(中京区)が主催した。「政権交代と地球温暖化の原因防止対策」をテーマに話した気候ネットワークの浅岡美恵代表は、鳩山政権が地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素などの温室効果ガス削減の中期目標を麻生政権より引き上げた対応について「先進国の地球温暖化の原因防止のための温室効果ガスの削減目標も引き上げさせる一翼を担った。」と評価しながらも、「地球温暖化の原因防止対策の国内制度の整備を急ぐべき」と課題を指摘した。続いて、福山哲郎外務副大臣が気候変動枠組条約第15回締約国会議COP15の見通しを説明し、「地球温暖化の原因防止対策は厳しい交渉になるが、日本が重要なプレーヤーとなる。」と強調した。このほか、涌井史郎桐蔭横浜大特任教授が生物多様性をテーマに講演し、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会・経済」と題したパネル討論もあった。29日は自治体の地球温暖化の原因防止対策への取り組みや再生可能エネルギーなどに関する分科会が開かれる。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入

 土浦市民へ地球温暖化の原因防止対策として環境問題への取り組みをアピールしようと、茨城県土浦市は茨城県内の自治体で初めて公用車に電気自動車を購入し、27日に納車された。購入した電気自動車は三菱自動車の軽自動車「アイミーブ」1台となっている。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の定員は4人で、外装デザイン経費も含め482万3千円で購入した。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車は、100ボルトで14時間、200ボルトで7時間充電することで約160キロ走行できる。地球温暖化の原因防止対策の電気自動車の車体には成長をイメージする植物の芽と空や水をイメージする青でデザインとなっているが、電気自動車をアピールするためコンセントを描いた。茨城県土浦市では購入した地球温暖化の原因防止対策の電気自動車のをさまざまなイベントで展示するほか、職員が日常の業務で利用して地球温暖化の原因防止対策をPRする。中川清土浦市長は「土浦市民や事業者の皆さんに地球温暖化の原因防止対策や環境の重要性をPRする土浦市のフラッグシップカーとして活用したい」と話している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として茨城県土浦市が公用車に電気自動車導入はこちら

環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー

 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットとは、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が自らの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)による温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減困難な部分の温室効果ガス排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること等により、その温室効果ガス排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。環境省では、平成20年度に地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドライン等の整備を行い、本年3月には地球温暖化の原因防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」を公表、本基準に基づき、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター)において、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証制度を創設し、5月よりカーボン・オフセットの案件の認証を開始しております。この度、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するため、全国3箇所でセミナーを開催いたします。本セミナーは事前申込制となっておりますので、御希望の会場の開催日の5日前までに、下記の申込ページからご登録ください。会場のお席に限りがあるため、定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。
環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー「低炭素社会に向けた企業の取り組みとカーボン・オフセット」を全国3箇所で開催すると発表した。このセミナーは、カーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、カーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するためのもの。各会場とも、開場13:30、開始14:00、終了16:00を予定しており、参加費は無料。参加希望者は、希望の会場の開催日の5日前までに、申込HPで登録する必要がある。
開催日・開催場所
・12/4(金) TKP名古屋ビジネスセンター(愛知県名古屋市中村区)
・12/7(月) 発明会館ホール(東京都港区)
・12/8(火) 新梅田研修センター(大阪府大阪市福島区)
申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/biz_seminar.html
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナーはこちら

地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切り

 地球温暖化の原因防止対策として、4月から新たに始めた大阪府大阪市の「太陽光発電補助制度」に当初予算の予想より多い応募があり、大阪市は年度途中であるにもかかわらず太陽光発電補助制度申請の受け付けを打ち切った。大阪市の地球温暖化の原因防止対策を目的とする太陽光発電補助制度は1キロワットあたり10万円と国の太陽光発電補助(7万円)よりも手厚く、太陽光発電の余剰電力を電力会社が倍額で買い取る太陽光発電に係る政府の新しい制度が11月に開始されたことも太陽光発電補助申請の後押しをしたもようだ。大阪市の太陽光発電補助額は戸建てで最大40万円にもなり、事業所などで太陽光発電補助額は200万円となっている。太陽光発電補助の申請件数は家庭533件、事業所など8件の計541件となり、予定よりも2カ月早く太陽光発電補助予算の1億6800万円に達した。大阪市によると、太陽光発電補助を受けた太陽光発電によって、大阪市の大阪城公園の1.5倍の広さの育成林による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に相当するという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切りはこちら

中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表

 12月に開催される国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)での地球温暖化の原因防止対策の首脳合意に向け、主要国が大きく動き出した。中国政府は26日夜、温家宝首相の会議出席と、2020年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスの40~45%削減という数値目標を発表した。日本時間26日午後9時半ごろ、中国政府は「政府は2020年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を2005年比で40~45%に削減することを決定した」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を示すことに消極的だった中国が突然、発表した狙いについて、東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「中国がこの交渉に対して仕掛けてきたということは言えると思います。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標を発表することによって、自分たちもやるから、その代わりに先進国ももっとやってくれと」と話した。この会見の少し前には、アメリカのオバマ大統領がCOP15に出席することと、2005年比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの17%を削減という目標をアメリカが発表した。25日、気候変動枠組み条約のデブア事務局長は「オバマ大統領がコペンハーゲンの気候変動サミットに出席するのは、大変、大きな意味を持つ」と語った。地球温暖化の原因防止対策に消極的だったブッシュ政権からの大きな方針転換で、アメリカの積極的な姿勢をアピールした。鳩山首相は「それぞれの国が、本来なかなか言い切れないなと思っていた地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値的な目標を示したということは、これは大変、大きな意味がある」と述べた。しかし、それらの数値には、カラクリがある。アメリカの17%は2005年比で、これを1990年比に換算すると、数%程度の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減とみられる。一方、中国は2005年の総排出量ではなくGDP(国内総生産)比で、経済成長を続ければ、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大きな削減にはならない。東京工業大学大学院の蟹江憲史准教授は「先進国が言っているような絶対目標よりは、まだ緩い目標ということは言えるんですが」と語った。中国政府は、今回の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減幅について、「地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減は、国内の自主目標で、国際公約にしない」などとしている。70近い国の首脳級が集まるCOP15では、先進国から地球温暖化の原因となる温室効果ガスを削減すべきと主張する中国やインドといった新興国と先進国との間で、激しい駆け引きが予想される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 中国が地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の数値目標を発表はこちら

地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転を

 来日中の国際エネルギー機関(IEA、本部パリ)の田中伸男事務局長は、日本記者クラブで会見し、日本は省エネルギー再生可能エネルギーに関する技術を各国に移転することを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献できると指摘した。IEAの試算では、地球温暖化の原因防止対策のため2020年までに日本に求められる温室効果ガスの二酸化炭素CO2)削減率は1990年比10%で、鳩山由紀夫首相の掲げる25%削減はこれを大きく上回る。田中事務局長は、日本の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減率の目標を高く評価したうえで、世界の温室効果ガスの二酸化炭素排出量に占める比率が小さいことに触れ、「各国の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減を手伝うのがあるべき貢献の姿」と述べた。米国が「2005年比で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の17%削減」を表明する方針を示したことについては「12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の交渉を進める上で重要なステップだ」とした。また、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減技術への投資は30年までに世界で10兆ドル必要だが、8.6兆ドルのエネルギーコストが節約できると指摘した。民間資金が地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の削減対策にうまく流れるように、「環境税や温室効果ガスの二酸化炭素排出量取引制度などインセンティブをきちっと付けるべきだ。COP15で明確なメッセージを発する必要がある」とした。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転をはこちら

環境省が熊本県熊本市で地球温暖化の原因防止対策の「EPO九州環境政策セミナー2009in熊本」を開催

 環境省九州地方環境事務所は、平成21年12月17日に地球温暖化の原因防止対策の環境政策セミナー「環境政策セミナー2009 in 熊本」を熊本県熊本市国際交流会館ホールにおいて開催すると発表した。当セミナーは、九州・沖縄地方で起きている地球温暖化の原因による影響の現状に関する最新の知見を紹介するとともに、市民、行政、NPOなどの各セクターの方々が参加した地球温暖化の原因防止対策に関してのパネルディスカッションを実施することで、地球温暖化の原因の影響やそれに対する適応策に対して関心を持ってもらうことを目的としている。また、各主体の参加による地球温暖化の原因防止対策のための環境パートナーシップの必要性について認識を深めることも目的としている。地球温暖化の原因防止対策の「EPO九州環境政策セミナー2009in熊本」への参加希望者は、平成21年12月15日までに環境省九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)にプレスリリースの添付の所定用紙を用いて、FAXまたはE-Mailにて登録が必要となっている。
○九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)〒860-0806 熊本県熊本市花畑町4-8 熊本市国際交流会館2階 FAX:096-312-1894(TEL:096-312-1884)E-mail:info@epo-kyushu.jp
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 環境省が熊本県熊本市で地球温暖化の原因防止対策の「EPO九州環境政策セミナー2009in熊本」を開催はこちら

兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設

 兵庫県では、地球温暖化の原因を助長する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するため、住宅用の太陽光発電システムの導入を支援する「太陽光発電相談指導センター」をひょうごエコプラザに開設しています。太陽光発電相談指導センターでは、太陽光発電の専門家により太陽光発電システムの導入について技術的な助言をする他、家庭からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減状況を「見える化」 して温室効果ガスの排出削減のための効果的な対策の提案を行う「うちエコ診断」なども 実施します。また、大規模事業者が中小事業者に 技術・資金を支援し、共同で削減した地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大規模事業者に移転することにより兵庫県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出の抑制を促す事業についての相談を受ける「CO2削減協力事業相談センター」も開設しました。ひょうごエコプラザは、これらセンター設置に伴いフロア内で場所を移転し、リニューアルしました。また、これまでどおり、環境学習コーディネーターが、環境学習や活動の取り組みなどの相談に対応し、お手伝いをしています。
 環境学習コーディネーターが、地球温暖化やリサイクル、自然保護、環境汚染などの環境問題について、みなさんの様々な取り組みや学習のお手伝いをさせて頂いています。
【環境学習の支援】兵庫県民の方、グループ・団体の方、事業所の方、市町の方、等
・ひょうご出前環境教室や、エコツーリズムバス制度など、環境学習のための助成金制度をご用意し、適切なプログラムの紹介や申請受付を行っています。
・環境学習を行うための、分野・内容・ニーズに合った講師やサポーターをご紹介しています。
・パネルや紙芝居・環境DVD・ビデオ、実験キットなどの学習や教育のツールの貸し出しをしています。
【環境活動の支援】兵庫県地球温暖化防止活動推進員・ナチュラルウオッチャー・ナチュラルウオッチャーリーダーなどの登録ボランティアの方、こどもエコクラブサポーター・環境NPOなど各種ボランティアの方々、事業所や市町の環境の担当窓口の方等
・活動に際しての相談や情報や啓発ツールの提供・紹介を行っています。
・環境ボランティアの方々の研修・交流事業を行っています。
・環境ボランティアの方々の活動紹介や情報発信、他の団体等との連携や協働のお手伝いをしています。
・環境活動ボランティアの方々への助成制度をご用意、ご紹介しています。
・イベントなどへの後援、共催、協賛などの受付、ご相談に対応しています。
【環境情報の発信】
・ひょうごエコプラザE-mail通信の配信・・・各団体が実施する環境関係のイベント等に関する情報や協会からのお知らせのメールマガジンを週に1回発信しています。
・ホームページ「ひょうごの環境学習ひろば」の運営・・・環境活動団体や各種環境関連機関などが行うイベント情報の提供や、県内環境学習施設の紹介などを行っています。
・環境関連冊子等の発行や、環境図書や各種パンフレットなどの環境関連資料を取り揃えています。
・タイムリーな話題を気軽に学び、考えることのできる、ひょうごエコプラザミニフォーラムを開催しています。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設はこちら

京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回る

 京都府地球温暖化対策課はこのほど、京都府内277の大規模事業者の2008年度の地球温暖化の原因温室効果ガスの排出量が計424.8万トンで、各事業者が設定した基準年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量合計と比較すると、3年計画の地球温暖化の原因の温室効果ガスの目標削減率1.0%を上回る6.7%の削減となったと発表した。これは、京都府内の地球温暖化の原因の温室効果ガスの全排出量の約3分の1を占めるが、各事業者の取り組みが進んだ上に景気悪化も影響したという。業種別にみると、製造業の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減率は9.7%であった。景気悪化の影響に加え、省エネ型設備の更新・導入や生産の効率化、燃料転換などにより地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標(1.6%)を大幅に上回った。商業・サービス業は店舗新設やテナント増などがあったものの、節電や空調適正化などの「エコオフィス」活動推進や省エネ型設備更新などで目標(0.5%)を上回る3.5%の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標が0.4%増だった運輸業も、アイドリング・ストップやハイブリッド、排出ガス規制適合などの省エネ車両導入、エコドライブの実践などで1.7%地球温暖化の原因の温室効果ガスを削減した。これらは京都府地球温暖化対策条例に基づき、事業活動に伴うエネルギー使用量が原油換算で1500キロリットル以上などの基準を超える事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量削減計画や実績報告書を提出するもので、京都府同課のホームページ(http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/)で事業者ごとに来月1日から公表される。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回るはこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会東京都港区で追加開催

 環境省は、国内の地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会(第2弾)を、追加開催すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の説明会は、地方公共団体及び事業者等を対象に、東京都(11/12)など、全国7箇所で開催される予定だが、東京会場では、当初の予想を上回る参加申し込みが合ったため、追加開催を行う。追加開催は、発明会館ホール(東京都港区)で、12月16日(水)、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料。希望者多数の場合には事務局で調整する。参加希望者は、12月9日(水)までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能となっている。
(1)第1部
地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の概要説明
地球温暖化の原因防止対策のクレジット活用事例と市場動向
(2)第2部
地球温暖化の原因防止対策のJ-VER制度 申請書書き方講座
地球温暖化の原因防止対策の個別相談会(事前登録制)
※個別相談会では、環境省、海外環境協力センター(OECC)のほか、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度を活用する事業者の皆様への支援事業を環境省より受託している三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社・株式会社三菱総合研究所のほか山村再生支援センターなどが、各種お問い合わせに直接対応いたします。なお、本説明会と合わせて、地方公共団体等の参加者向けに、(1)地域におけるカーボン・オフセット等の地球温暖化対策の取組に関するリーダー育成のための研修会、(2)環境省が昨年6月に設置した地球温暖化の原因防止対策の「日本カーボンアクション・プラットフォーム(JCAP)」のブロック会合を開催する予定です。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会東京都港区で追加開催はこちら

地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新

世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスに関する年次報告書を公表した。それによると、主要な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの大気中の濃度は2008年も過去最高を更新し、地球温暖化に歯止めが掛からない実態が改めて確認された。地球温暖化の元凶の原因である二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出が増加し続ける現状が科学的データで裏づけられたことで、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約の締約国会議(COP15)の場では、実効性ある地球温暖化の原因防止対策を求める声が高まりそうだ。年次報告書によると、08年の地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、二酸化炭素CO2の平均濃度は化石燃料の使用や森林の伐採などを背景に、07年比2.0ppm(ppmは100万分の1)上昇の385.2ppmとなった。また、地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、メタン濃度は同7ppb(ppbは10億分の1)上昇の1797ppb、同じく地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、一酸化二窒素(N2O)濃度は同0.9ppb上昇の321.8ppbだった。 
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス削減中期目標に関わる世論調査結果

 独立行政法人国立環境研究所では、平成21年4月~7月上旬に、地球温暖化の原因温室効果ガス削減に関わる中期目標に関する世論調査を数次に亘り実施した。その結果、地球温暖化の原因の中期目標値についての国民の認知度は高く、国民は地球温暖化の原因の温暖化対策を重要と考えており、早期の対応を求めていることが明らかになった。また、先進国の責任を明確にした基本姿勢が重要視され、さらに将来的・国際的な協調の方向としては、経済成長が見込まれる国々にも削減義務を負うべきとの意見が多い結果となった。
1.調査の目的
地球温暖化の原因の温室効果ガス削減中期目標が、平成21年度前半を目途に決定されることを踏まえ、この地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の目標値が国民生活に大きな影響を与えることが推測された。そのため、その中期目標の設定の「基本的考え方」について、国民の声を聞くことを目的として実施した。
2.「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の4月調査」結果の概要
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標設定に当たっての基本的な考え方について
「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の最先端の技術の導入や国内制度の整備などで最大限努力する」(約65%)が最も支持され、「今までのやり方」(15%)、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の他の先進国を目安」(11%)となり、国内において最大限努力することが最も国民の支持を集める結果となった。
(2)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の国際的な協調について
日本の国際協調の原則について聞いたところ、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の削減率一定」が38%と最も高く、つぎに「他の先進国以上の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の目標値」(25%)、「費用が各国と同程度の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減」(25%)となった。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減も含めた日本の温暖化問題に対する取り組み姿勢について
地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の問題に対する全般的な取り組みについて聞いたところ、「地球温暖化は深刻である」ことを前提とした選択肢に支持があった。「経済的な負担が大きくても地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の最大限の手を打つべき」(35.5%)、「経済的な負担があまり大きくない程度の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減」(35.4%)の二つである。
3.「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の6月調査」結果の概要
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標設定に当たっての基本的な考え方について
「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の先進国の責任」(34.4%)が最も支持され、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の経済的な格差を勘案」が31.1%とこれに次いだ。「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の追加的費用が同程度」(17.6%)は、これらの半分程度の支持となった。

(2)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減のも含めた日本の温暖化問題に対する取り組み姿勢について(自然災害への言及追加)
地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の問題についての全般的な取り組みについて、4月調査の選択肢3の一部を変更し、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の自然災害についての言及を追加した。その結果、この選択肢3についての支持は35.5%(4月)から、8.4%(6月)と減少し、選択肢2が20.0% →32.4%、選択肢4が35.5%→43.2%と増加した。増加した選択肢はどちらも、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の早めの対応を支持するものである。
4.「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の7月調査」結果の概要
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標認知度について
地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標値の6月10日の発表から1ヶ月経っての調査であるが、14.5%が「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の発表されたことも数字も知っている」、50.9%が「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の発表されたことは知っているが数字は知らない」と回答し、65%以上が地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標の発表について認知していた。約3割が発表されたことも数字も知らない、と回答したのに対して、高い数字であると考えられる。
(2)今後の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の国際的な協調のあり方
6月に発表された地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の数値目標は、いわゆる「真水(国内対策のみ)の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減」の数字である。既にG8サミット等でも先進各国は地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の積極的な対応を行っていくことが確認されている。そこで、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の国際社会との連携をどう取っていく際の考え方について聞いた。最も多い支持は、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の経済的な格差を勘案」(30.3%)であり、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の先進国の責任」(23.2%)、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の長期的排出量の公平」(18.3%)と続く。「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の産業部門毎共通目標」は11.3%と低い支持にとどまった。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の科学者の提案に対する対応
長期的な地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の安定化の目安として、「気温上昇2度」のIPCCの第4次報告書での目安に関しての意見を聞いた。52.8%が、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の経済成長が見込まれる国々も削減義務を負うべき」に賛成し、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の負担が大きすぎ、現実的に対応できる範囲」14.2%、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の先進国で負担」17.5%の2つを大きく上回った。
(4)温室効果ガス削減も含めた日本の温暖化問題に対する取り組み姿勢について(自然災害への言及あり)
6月調査と同じ設問であり、結果もほとんど同じ分布になった。国民の態度は、「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の早めに対応」で一貫していると考えられる。
5.まとめ
今回の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の調査は、麻生政権下での地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の中期目標値策定についての調査である。6月に発表された地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の数値目標についての国民の認知度は高く、国民は温暖化対策を重要と考えており、早期の対応を求めていることが明らかになった。また、先進国の責任を明確にした地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の基本姿勢が重要視され、さらに将来的・国際的な協調の方向としては経済成長が見込まれる国々にも地球温暖化の原因の温室効果ガス削減の義務を負うべきとの意見に賛成が多い結果となった。
調査の概要は以下のとおりである。毎月の集計結果は別添1~3に示す。

(1)調査対象者の抽出と有効回答の状況
調査は、全国の層化副次(三段)無作為抽出法によって抽出された満20歳以上の男女4,000名を対象に、調査員による個別面接聴取法で実施した。実査は、社団法人中央調査社が行った。調査日程及び有効回答は、以下のようである。
(1) 4月調査:平成21年4月3日~13日、有効回答数1,299(有効回答率32.5%)
(2) 6月調査:平成21年5月30日~6月9日(麻生首相(当時)による15%削減目標の発表前日まで)、有効回答数1,244(有効回答率31.1%)
(3) 7月調査:平成21年7月9日~20日、有効回答数1,305(有効回答率32.6%)。
(2)調査項目
設問の作成にあたっては、数字よりも温室効果ガス削減にかかわる基本的な考え方が重要であるとの考えに基づき、以下のように設定した。
(1) 4月調査:ア)基本的な考え方、イ)国際的な協調、ウ)日本の温暖化問題に対する取り組み全般的姿勢について(自然災害への言及なし)。
(2) 6月調査:ア)基本的な考え方、イ)日本の温暖化問題に対する取り組み全般的姿勢について(自然災害への言及あり)。
(3) 7月調査:ア)中期目標値認知度、イ)今後の国際的な協調のあり方、ウ)科学者の提案に対する対応、エ)日本の温暖化問題に対する取り組み全般的姿勢について(自然災害への言及あり)。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス削減中期目標に関わる世論調査結果はこちら

和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置

 和歌山県田辺市は、和歌山県田辺市内の小中学校5校に地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備を設置する。これは、地球温暖化の原因防止となる温室効果ガス二酸化炭素排出の抑制や電気代の節減を図るとともに、クリーンエネルギー教育の教材として活用する。和歌山県田辺市が学校に導入するのは初めてで、真砂充敏和歌山県田辺市長は「子どもたちにとって地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題を考える教材になれば」と話している。和歌山県田辺市は26日開会の12月市議会に、教育施設整備事業費8185万円を提案する。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置するのは旧和歌山県田辺市町村単位に1校ずつで稲成小、栗栖川小、龍神中、大塔中、本宮中の5校となっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電設備は、縦15メートルと横4・5メートルの太陽光パネル、発電モニター、架台設置、コンクリート基礎を整備する。1校当たりの太陽光発電の発電能力は10キロワットで、電気代に換算すると年間約18万円になる。これは、五つか六つの教室の年間電気代に相当するという。地球温暖化の原因防止となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減量は年間約5・5トンになるという。太陽光発電事業費のうち、1キロワット(整備費120万円)単位で国からの太陽光発電補助金と太陽光発電交付金があり、実質的に和歌山県田辺市が負担するのは5%になる。和歌山県田辺市の施設で現在、太陽光発電設備を導入しているのは和歌山県田辺市市民総合センター(和歌山県田辺市湊)のみとなっている。この太陽光発電は20キロワットの設備で、1995年から電気代の節減につなげているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報

> 和歌山県田辺市が地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電を設置はこちら

地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?in High School

 地球温暖化の原因防止対策のチーム・マイナス6%環境省)が特別協力する「Re-Style Talk Show Tour 2009『地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?』in High School」の、第5校~第7校目が決定した。「Re-Style Talk Show Tour 2009『地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?』in High School」は、次世代を担う高校生に向けた地球温暖化の原因防止対策の普及啓発活動として行われる。地球温暖化の原因防止対策のチーム・マイナス6%のチーム員であるJFN(株式会社ジャパンエフエムネットワーク)がJFN全国38局ネットで生放送(毎週月曜日~木曜日 25:00~27:00)している「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」の主催で行われ、その様子は、このラジオ番組で紹介される予定となっている。番組DJであり、地球温暖化の原因防止対策の「うちエコ!」特命大使でもあるやまだひさしさんが、この企画に賛同したアーティストとともに全国の高校を巡り、「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?」をメインテーマに、各地における地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会に関する話題や取組などを、わかりやすく楽しく紹介していくものとなっている。地球温暖化の原因防止対策の参加高校募集は引き続き行われており、参加を希望される高校は「やまだひさしのラジアンリミテッド DX」のHP(http://www2.jfn.co.jp/dx/restylet_2009/index.html)を参照のこと。
○第5校目「岐阜県立恵那農業高等学校」
 日時:11月10日(火)13:30~(約70分)
 会場:岐阜県立恵那農業高等学校 体育館(岐阜県恵那市)
 ※学校側の御協力により、課外授業の一環として実施される。
○第6校目「岡山県立津山工業高等学校」
 日時:11月13日(金)14:00~(約70分)
 会場:岡山県立津山工業高等学校 体育館(岡山県津山市)
 ※文化祭の一環として実施される。
○第7校目「栃木県立栃木農業高等学校」
 日時:11月21日(土)12:40分~(約70分)
 会場:栃木県立栃木農業高等学校 体育館(栃木県栃木市)
 ※文化祭の一環として実施される。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?in High Schoolはこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる

 文部科学省、経済産業省及び環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「学校太陽光発電推進」ロゴマーク及びキャッチフレーズについて平成21年11月19日に学校太陽光発電推進最優秀作品賞等を決定し公表した。学校が地球温暖化の原因防止対策の防止対策の太陽光発電を設置し、地域の地球温暖化の原因防止対策の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、全国の小中高等学校の児童生徒や一般の方から地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク及びキャッチフレーズを全国から広く11月まで募集していたもので、応募総数、学校太陽光発電推進ロゴマーク297作品、学校太陽光発電推進キャッチフレーズ387作品の中から、学校太陽光発電推進最優秀作品として、東京都世田谷区立松沢小学校5年古河泉水さんのロゴマークと埼玉県さいたま市立大宮東中学校3年古岩井零大さんのキャッチフレーズが選ばれたほか、学校太陽光発電推進優秀作品についてもそれぞれ2作品が選ばれた。今後、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進最優秀作品賞を受賞したロゴマーク及びキャッチフレーズについては、太陽光発電を推進する学校、民間企業、関係団体等のホームページや地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進事例集、地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進パンフレット等の広報媒体に広く活用する予定となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進のロゴとキャッチフレーズが決まる はこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市で

 (独)国立環境研究所は、平成21年11月16日に東京都千代田区の東京国際フォーラムにおいてグローバルカーボンプロジェクト(GCP) 、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構との共催で、地球温暖化の原因防止対策の国際シンポジウム「都市とカーボンマネージメント:科学と政策の連携強化に向けて」を開催すると発表した。本シンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策の科学と政策の架け橋を目指して、日米欧加及びアジア諸国の著名な研究者、地方自治体の担当者、国際機関の関係者による3部構成の討論会を行い、地球温暖化の原因防止対策の低炭素型都市づくりに向けた世界各国の研究と政策の現状をレビューするとともに、今後の地球温暖化の原因防止対策の研究と政策の連携、国際協力のあり方などについて討論する。参加希望者は、参加登録フォーム(https://project.nies.go.jp/events/gcp2009/)から事前に登録する必要がある。問い合わせ先 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター GCP国際オフィス担当:尾島ojima.yukako@nies.go.jpTel: 029-850-2672FAX: 029-850-2960
 一方、環境省は、宮城県保健環境研究所との共催により、平成21年11月27日に、宮城県仙台市で、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と地域の産学等が連携して環境研究・技術開発等を進めるため、環境省が今年度より実施している地球温暖化の原因防止対策の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による地球温暖化の原因防止対策の連携手法を広く普及するために開催される。開催日時は、平成21年11月27日(金)13:30~16:45(開場13:00)、開催場所は、ホテルモントレ仙台(仙台市青葉区)。主催は、環境省、宮城県保健環境センター。参加費は無料。定員は100人。参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、電子メール、またはFAXで申し込む必要がある。申し込み先・問い合わせ先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部担当:加山・佐々木・桜井・斉藤E-mail:sgk@murc.jpFAX:03-6711-1289TEL:03-6711-1243
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市ではこちら

京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策

 京都府京都市では、地球温暖化の原因防止対策の一環として清涼飲料水を量り売りするなど環境に優しい「エコ・コンビニ」を、京都市役所内に2009年6月23日から3カ月限定で設置している。地球温暖化の原因防止対策としてのマイボトルの普及に取り組む京都市民団体が運営しており、食料品や飲料など150~200種類の商品を販売するが、缶やペットボトル飲料は置かず、客のマイボトルに店員がジュースやお茶などの中身だけを機械から注いで販売する形態をとっている。飲料用の大型冷蔵庫が不要で地球温暖化の原因防止対策のエネルギーの削減につながるほか、ゴミ減量にも役立てる狙いとしている。京都市は地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルとして成り立つのかを検証し、京都市以外に全国に拡大したい考えのようである。 
 また、栃木県宇都宮市が地球温暖化の原因防止対策の一環として展開する「もったいない運動」に、自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」がチームを挙げての参画を表明した。選手たちは地球温暖化の原因防止対策のロゴが入ったユニホームでレースに参戦することになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは左肩にプリントされているため、自転車競技ではメディアなどへの露出効果が非常に高いことになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは物を大切にし、人を思いやる心を大きなハートで表現しており、節約や倹約など栃木県宇都宮市の環境対策への取り組みに賛同したブリッツェンが、無償の掲示を決めた。また、選手、スタッフ全員は地球温暖化の原因防止対策やゴミ減量に取り組むことを誓う「もったいない宣言」に登録し、実践面でも運動に協力していくとしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT) 観測データの一般提供

 (独)宇宙航空研究開発機構、(独)国立環境研究所及び環境省は、平成21円10月30日地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT:平成21年1月23日打上げ)について輝度スペクトルデータ及び画像データの一般提供を開始すると発表した。10月30日現在取得可能なデータは、地球温暖化の原因の温室効果ガス観測センサにより観測される輝度スペクトルデータとなっており、当面は10月29日以降のデータに限られる予定としている。また、雲・エアロソルセンサによる地球観測画像データについては初期校正作業が完了し、11月中旬の一般提供に向けた準備を進めている。なお、今後、さらにデータの校正・検証作業等を進め、平成22年1月末を目処に、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素、メタン濃度データの一般提供を開始する予定としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスデータの取得は、利用希望者が国立環境研究所のウェブサイト(http://data.gosat.nies.go.jp/)よりユーザ登録を行ったうえで、データベースの中から希望する地点、日時の地球温暖化の原因の温室効果ガスデータを検索・選択のすることによりダウンロードが可能となる。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT) 観測データの一般提供はこちら

京都府の地球温暖化の原因防止対策の条例と温室効果ガス削減目標

 来年度までの京都府地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガス削減目標を設定している京都府地球温暖化対策条例の見直しと、京都府低炭素社会づくり計画(仮称)策定を審議する京都府環境審議会地球環境部会が京都府庁で開かれた。京都府知事の諮問を受けた初会合となる。京都府は11年4月の改正京都府条例施行・計画実施を目指している。現行京都府条例は、10年度に90年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を10%削減が目標となっている。これに対して、改正京都府条例では、20年度(中期)と50年度(長期)の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減目標を設定する方針で、国(20年25%減、50年60%超減)と京都市(30年40%減、50年60%減)の各目標も考慮する。「地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減長期目標は80%以上減と考えざるを得ない。」(浅岡美恵・気候ネットワーク代表)、「京都府が国などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減目標を先取りをするよう腹をくくればいい。」(黄瀬謙治・京都工業会専務理事)などの意見が出され、審議会会長で部会長も兼ねる内藤正明・佛教大教授も「京都府なら地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減で一歩前に出てもいいのではないか。」と述べた。京都府の方針では10年4月に中間案・改正骨子をまとめ、7月にパブリックコメントを募集したい考えだ。8月に京都府条例改正の答申を受け、9月京都府議会への提案を目指している。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都府の地球温暖化の原因防止対策の条例と温室効果ガス削減目標はこちら

地球温暖化の原因防止対策に関しての日米首脳会談

 鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領は、「地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出量の80%削減」で合意し、ともに政権発足から看板に掲げてきた環境政策を内外にアピールした。地球温暖化の原因防止対策として協調を演出できる数少ないテーマだったことから、環境に関する共同声明も発表した。ただ、先の話である地球温暖化の原因防止対策として長期目標では一致したが、2013年以降の地球温暖化の原因防止対策として国際的枠組み(ポスト京都議定書)の中期目標では日米の隔たりが大きいものとなっている。コペンハーゲンで12月7~18日に開かれる国連気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)の最終日に地球温暖化の原因防止対策の首脳会議が開かれることが13日決まったが、両首脳がその場でも、地球温暖化の原因防止対策で協調するのは難しといえる。今回合意した地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の温室効果ガス排出量の80%削減は、今年7月の主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)の宣言を踏襲したものにすぎない。このほか、途上国の温室効果ガス排出削減を促すことや最貧国への温室効果ガス排出削減支援の重要性を確認した。次世代送電網「スマートグリッド」、二酸化炭素(CO2)を回収して地中に貯留するCCS技術、原子力発電などの分野での協力でも一致した。しかし、いずれも地球温暖化の原因防止対策の既定路線の延長線上に過ぎない。一部には「年内合意が絶望的になっているCOP15の交渉を前進させるチャンス」との期待もあったが、両首脳は新たな地球温暖化の原因防止対策に関するメッセージを発信することはできなかった。
 その背景には、両国の交渉スタンスの違いとそれぞれの国内事情がある。日本は鳩山首相が「地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比25%削減」との高い中期目標を国際公約に掲げ、産業界の反発を受けながらもトップダウンで国内対策を進める構えだ。これに対し米国は、産業界や国民生活への影響が大きい急速な地球温暖化の原因防止対策ではなく、長期的な温室効果ガス排出量の削減を重視する姿勢だ。また、地球温暖化の原因防止対策関連法案審議が議会でもたついており、対外的に実のある約束ができないという事情もある。COP15では世界の温室効果ガス排出量の20%を占める米国とともに、最大の21%に達する中国の動向が焦点となることは間違いない。COP15関係者は、日米首脳会談よりも、今後のアジア歴訪で行われる米中首脳会談に注目しているが、先進国に温室効果ガス排出量の大幅削減を求める中国との溝も深く、大きな成果は期待できそうもない。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策に関しての日米首脳会談はこちら

地球温暖化の原因防止対策の冬の温暖化対策「WARM BIZ」

 チーム・マイナス6%環境省)では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減のため、暖房時の室温20℃で快適に過ごせるライフスタイル「WARM BIZ(ウォームビズ)」と、家庭でできるエコアクション「うちエコ!」を提唱しており、今年のテーマを「いっしょに あったまろう。~ウォームシェア~」と定め、より一層、活動の推進を行っていくとのことである。ウォームビズとは、地球温暖化の原因防止対策の一環として、秋冬のオフィスの暖房設定温度を省エネ温度の20度にし、暖かい服装を着用する秋冬のビジネススタイルのことである。「ビズ」はビジネスの意味で、ここでは暖房に頼りすぎず、暖かく効率的に働くことができる新しいビジネススタイルの意味が盛り込まれている。2005年に地球温暖化の原因防止対策として大きな話題を呼んだ「クールビズ」の冬版の地球温暖化の原因防止対策として、環境省によって提唱されたものである。暖房設定温度を21℃から20℃にした場合、年間で1家庭あたり約25.7kgの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素を削減することができるとしている。なお、平成21年3月に行われた調査によれば、「WARM BIZ」の認知率は、85.8%であった。
 また、チーム・マイナス6%(環境省)は、三越本店ビッグツリー点灯式イベント「ウォームシェア@日本橋 ~いっしょに あったまろう~」に特別協力する。開催日時は、平成21年11月2日(月)11:00~11:15である。開催場所は、日本橋三越本店1F中央ホールである。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の冬の温暖化対策「WARM BIZ」はこちら

地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の『二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』の案件を決定したと発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因となる二酸化炭素等の温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減効果を調査し、これらの普及を促進させるため、このモデル事業を実施するとのことである。10月8日に開催された地球温暖化の原因防止対策の『温室効果ガス「見える化」推進戦略会議 事業者の提供する商品・サービスに係る温室効果ガスの「見える化」に関する分科会』での審査が行われ、合計19件の応募から、5件の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業が採択された。

申請者名 モデル事業の名称 機器提供者名 機器使用者名 案件の概要
日本電気株式会社 オフィスPC等IT機器のCO2見える化推進事業 日本電気株式会社 日本大学法学部、 株式会社大塚商会、千代田区役所(予定) PCの電力消費量をソフトウェアによりリアルタイムに見える化。CO2削減ポテンシャルを推定し、より高度な電源管理により削減する。社会的インパクトを評価し、更なる普及に向けた方策を検討。
ケイテイシステムコンサルティング株式会社 車版フライトレコーダを利用した運転習慣に関する数値化による環境負荷低減 ケイテイシステムコンサルティング株式会社 国分株式会社 営業用乗用車の位置情報、加速度をリアルタイムに見える化。ドライバーの運転特性(クセ)を把握、数値化した上で、データを分析し、具体的な「エコドライブ」などの改善策に繋げる。
株式会社早稲田環境研究所 小学校におけるエネルギーの「見える化」「見せる化」による実践的環境学習の展開 株式会社NTTファシリティーズ 横浜市内の公立小学校 小学校におけるエネルギー消費量をリアルタイムに見える化。体験的環境学習プログラムにより、環境配慮行動の変容を定量的に評価。家庭への波及を企図した普及啓発も実施。
日本テクノ株式会社 電気を「見える化」し、「理解る化」し、定着させることで、省エネ行動を促進 日本テクノ株式会社 トステム株式会社 オフィス及びショールームの電力使用状況データを事業場内モニターでリアルタイムに見える化。過去データによる検証と定期的な訪問及び電話にて電気使用に関するアドバイスを実施し、省エネ行動の定着化を図る。
東芝キヤリア株式会社 「見える」エネルギーモニター&リモコンで「参加する省エネ」はじめましょう 東芝キヤリア株式会社 特定非営利活動法人ソフトエネルギープロジェクト エアコンの電力消費量をリアルタイムに見える化。見える化の前後で省エネ行動の変化を把握するとともに、省エネ意識の形成過程や省エネ実践行動への見える化の影響について把握。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の応募を、11月1日(10:00)から2009年12月24日(18:00)まで行うと発表した。これは、地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいるDESIGN ASSOCIATION NPOが、「2020年までに温室効果ガスであるCO2等の排出量25%削減」という目標を実現するために、世の中にデザインの力で地球温暖化の原因防止対策の低炭素型ライフスタイルを大胆に提案していくデザインアワードを環境省と共同開催していくものとなっている。対象は主にデザイナー(プロ・アマ・学生・企業問わず)。グランプリ(環境大臣賞)1点と、準グランプリ(DESIGN ASSOCIATION賞)1点、佳作20点程度が選ばれる予定となっている。グランプリ作品については、2010年1月下旬に開催予定である地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」表彰式後に立体化し、展示発表するとのことである。地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」の詳細については、11月1日から公開されるサイト(http://www.design-channel.jp/special/co2-25/)を参照のことである。また、10月30日~11月3日の5日間(11:00~20:00)、地球温暖化の原因防止対策の「隈研吾氏によるインスタレーション展示とデザイン界を代表する著名人からのメッセージ展示」が、明治神宮外苑中央会場で開催される「東京デザイナーズウィーク 100% Design Tokyo テント内」で開催される。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「Low Carbon Life-design Award 2009」はこちら

青森県が地球温暖化の原因防止対策の環境出前講座

 青森県では、地球温暖化の原因防止対策のための省エネルギーや3R(リデュース、リユース、リサイクル)、ポイ捨て防止などを学習する「環境出前講座」が2009年6月に開講した。初日には地球温暖化の原因防止対策の出前講座に導入する「地球温暖化の原因防止対策の環境教育専用車」の出発式を開催した。青森県知事が、地球温暖化の原因防止対策の出前講座の業務委託先である青森県内のNPO法人(特定非営利活動法人)「循環型社会創造ネットワーク(CROSS)」に、環境教育専用車(ハイブリッド車)と環境出前講座のシンボル「カンキョマン」の紙芝居を引き渡した。地球温暖化の原因防止対策の出前講座では、ものを大切にする気持ちを育む環境紙芝居「環境戦士カンキョマン~救え!ゴミの街」のほか、環境を意識した「買い物」ゲームや、ゴミから環境を考える「どっちかな?」ゲームなど、地球温暖化の原因防止対策の「エコ」を楽しく学べるプログラムを用意している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 青森県が地球温暖化の原因防止対策の環境出前講座はこちら

自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用

 自動車の内装に、リサイクル素材など地球環境に優しい素材を使う動きが広がっている。トヨタ自動車は、今年12月に発売する新型ハイブリッド車(HV)の内装に植物由来のリサイクル素材プラスチックを室内面積の6割使用している。ホンダもリサイクル可能素材の再利用を進めるほか、マツダも植物由来のリサイクル素材プラスチックを開発するなど、生産過程からの対策を進め、総合的な環境対策を進めている。トヨタが内装への使用拡大を進めるのは、植物由来リサイクル素材を使った「エコプラスチック」である。通常のプラスチックは石油由来だが、エコプラスチックは一部または全部にケナフやひまし油などのリサイクル素材を使い、ライフサイクル全体で見た場合、地球温暖化の原因となっている温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑えることができるという。12月7日に発売する新型HV「SAI」では、ルーフやピラーといった内装にリサイクル素材を使用している。リサイクル素材の比率は室内面積の60%まで高めており、「今後の新車投入にあわせ、リサイクル素材を100%にまで高めたい」としている。ホンダは、2008年からリース販売している燃料電池車「FCXクラリティ」に植物由来リサイクル素材のシートを使用している。樹脂製バンパーなどのリサイクルを進め、9日発売されたミニバン「新型ステップワゴン」の一部部品にリサイクル素材を再利用している。マツダも2006年、植物由来リサイクル素材を9割近く使った「バイオプラスチック」を開発した。2009年3月にリース販売を始めた水素自動車「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」にリサイクル素材を採用した一方、2008年からはトウモロコシなど食糧になる素材は使わないリサイクル素材バイオプラスチックの開発を進め、2013年の量産化を目指している。燃費アップや排ガス削減といった性能面の向上だけでなく、環境に優しいリサイクル素材を使うことは時代の流れでもあるが、リサイクル素材によって価格が割高になる側面も否めない。自動車不況の中、価格に敏感なユーザーが増えているだけにメーカー側のさらなる努力が求められており、トヨタは「他の部分の原価低減努力を徹底し、リサイクル素材によって全体の価格が上がらないようにしたい」としている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報子供服リサイクルショップブランド買取販売情報

> 自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用はこちら

地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)開催

 平成21年10月12日から13日にかけて、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)」第1回年次会合がイタリアのボローニャで開催された。この地球温暖化の原因防止対策のネットワークは、平成20年5月のG8環境大臣会合(神戸)における日本の地球温暖化の原因防止対策の提案を受けて、今年4月のG8環境大臣会合(シラクサ)において発足が了承されたものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の会合には、17カ国36機関55名が出席した。日本からは、環境省、国立環境研究所、(財)地球環境戦略研究機関(LCS-RNet事務局)が出席した。出席者による各国の地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会関連研究に関する発表等を踏まえ、温室効果ガスである二酸化炭素の削減による低炭素社会研究の情報交換や推進について議論が行われた。今回の成果は、地球温暖化の原因防止対策の気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)のサイドイベント及び来年度のG8環境大臣会合にて報告される予定となっている。第2回年次会合は、平成22年10月にドイツのベルリンで開催される予定となっている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業で、支援の対象となる事業者(第2陣)計18件を決定したと発表した。地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を一層促進するため、活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、申請書作成支援、モニタリング報告書作成・検証受検支援を行う事業を今年5月から開始し、募集を行っていた。8月7日に発表された地球温暖化の原因防止対策の第1陣に引き続き、第2陣として、申請書作成支援の対象となる3件と、モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる15件が決定した。なお、環境省では申請書作成支援に限り、12月11日まで募集を延長するとのことである。
○今回地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度申請書作成支援の対象となるプロジェクトの代表事業者
・国分株式会社・智頭町芦津財産区・富山BDF株式会社
○今回地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となるプロジェクトの代表事業者
・高知県・下川町・滝上町・足寄町・梼原町・特定非営利活動法人 森のライフスタイル研究所/長野県・小国町・環境NPOオフィス町内会・高知県・森林バイオマス吸収量活用推進協議会・(株)トライウッド・新潟県・諸塚村・佐川林業・当別町地域公共交通活性化協議会
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度はこちら

地球温暖化の原因防止対策に寄与する家電リサイクル工場における高純度リサイクル技術

 経済産業省は、10月の3R推進月間にちなみ、地球温暖化の原因防止対策に寄与する家電リサイクル工場における最新の地球温暖化の原因防止対策に寄与するリサイクル技術について広くご紹介するため、地球温暖化の原因防止対策に寄与するリサイクル装置の模型の展示するロビー展を開催すると発表した。家電リサイクル工場における高純度リサイクル技術の実施期間は、10月19日~30日、同省本館1階ロビーに、混合破砕片から鉄のみを分別する磁力選別リサイクル機、銅・アルミニウムとプラスチックとを分別する非鉄選別リサイクル機、プラスチックに混入する銅を分別する乾式比重選別リサイクル機、ポリプロピレン(PP)を分別する湿式比重選別リサイクル機、ポリスチレン(PS)とアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)を分別する静電選別リサイクル機を展示するほか、地球温暖化の原因防止対策に寄与する家電リサイクル工場におけるリサイクル処理工程や臭素含有物除去リサイクル設備の紹介する映像を上映する。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報子供服リサイクルショップブランド買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策に寄与する家電リサイクル工場における高純度リサイクル技術はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラック

 地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減への取組みは喫緊の課題となっており、トラック運送事業においても、CNG自動車等の低公害車や低燃費自動車の導入を促進するほか、地球温暖化の原因防止対策のエコドライブの推進等の取組みを進めているところです。こうした状況の中、トラックの荷台の上部に軽量の薄膜太陽光発電装置を搭載し、春から秋における冷房の電源を太陽光発電により賄うことにより、走行中の燃費を改善し、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減しようとする研究が行われています。国土交通省は、平成21年10月22日に同省第3号館正面玄関駐車場において三菱化学グループが研究中の太陽光発電冷房システムを搭載したトラック試作車両を展示すると発表した。従来、運転席の冷房のためには、エンジンを駆動させて発電した電気を供給することが必要であったため、納品待ちや休憩中においてもエンジンを切ることが出来なかったが、今回のシステムが実用化されれば、無駄なアイドリングが無くなるため、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出が抑制される効果が期待されている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは家庭を中心に広がりを見せている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは新型プリウスの一部の車両にも搭載されているが、その太陽光発電システムはあくまでも補助電源扱いであり、今回の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックの試みは始めてである。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックはこちら

地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催

 気象庁は平成21年11月18日の14時~16時30分、沖縄県那覇市のおきでんふれあいホールで、地球温暖化の原因防止対策の気候講演会「ストップ地球温暖化、減らそう温室効果ガス」を開催すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の気象講演会は、同庁が地球環境問題に関する最新の科学的知見やその対策に関する知識を普及するために、平成元年から毎年日本各地で開催しているものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の講演会では、加納裕二沖縄気象台長による「沖縄における地球温暖化の原因と異常気象」、山崎秀雄 琉球大学理学部教授による「地球温暖化の原因の温室効果ガス、海もあぶない」、高平兼司沖縄県地球温暖化防止活動推進センター事業統括部長による「地球温暖化の原因防止対策のへの沖縄の取り組み」私たちがしなければならないことの3つの講演が行われる。地球温暖化の原因防止対策の講演会の入場は無料となっている。申込方法は郵送及びインターネットで、参加定員は250名で定員になり次第締め切る。郵送による申込の場合、往復ハガキに代表者の氏名、住所、年齢、職業、入場希望人数を明記の上、平成21年11月17日(必着)まで申し込むことが必要となっている。宛先は沖縄気象台業務課気候・調査室(TEL:098-833-2186、FAX:098-833-8081、E-mail:okinawa@jma-net.go.jp)。なお、Webからの申込方法や講演会の詳細については、特設サイト(http://www.jma-net.go.jp/okinawa/h21kouen/oubo.htm)を参照のこと。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の気候講演会が沖縄県那覇市で開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権

 ニチユMHIフォークリフト(京都府長岡京市)と三菱UFJリースは地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付きフォークリフトのリース事業を始めた。政府への寄付金を通じて地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献し、フォークリフトから排出される地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を相殺する仕組みであり、建機業界では初の取り組みとなるという。2010年3月末までの期間限定で、政府への寄付金の負担は2社が負い、顧客にはリース代金以外の費用はかからない。4月以降は、顧客の反応などを見たうえで、顧客にも費用負担してもらう地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出権付きリースの本格展開を検討していく。
 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減の対象となるのは、三菱重工業と日本輸送機製のフォークリフトである。1台当たり年1トンの地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するための資金を政府に寄付する。政府は、寄付金を国内で行う地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減対策に使い、フォークリフトの排出分と相殺する。顧客には「オフセット(相殺)証明書」が発行され、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素削減に貢献していることを証明する。ニチユMHIの地域販売会社9社がリースの営業活動を行う一方で、政府への寄付や相殺手続き、証明書の発行などの手続きは三菱UFJリースが行う。ニチユMHIフォークリフトは、三菱重工と日本輸送機の国内のフォークリフトなど物流機器販売事業を統合し、今年4月に発足した。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権はこちら

愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース

 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーが広がる街」をアピールするとともに、地球環境問題や地球温暖化の原因防止対策の新エネルギーである太陽光発電への関心を高めるため、第1回目となる太陽光発電ソーラーラジコンカーによる国内唯一の耐久レース「サンシャイン松山レース」を2009年8月に開催した。愛媛県松山市の温暖少雨な瀬戸内海気候を活かし、豊富で有効な太陽エネルギーの太陽光発電活用で地球温暖化の原因防止対策の「脱温暖化」と「産業創出」を目指す「松山市サンシャインプロジェクト」の一環として行われた。  地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンレースは、U-18部門(18歳以下の学生で編成するチーム)15チームと、一般部門8チームの2つのカテゴリーで行った。

予選Aグループ
 
グリッド

チーム名

高校名

学校所在地

unknown

松山工業

愛媛県松山市

群馬県立前橋工業高校
電気研究部

前橋工業

群馬県前橋市

ZERO

水島工業

岡山県倉敷市

群馬県立太田工業高校

太田工業

群馬県太田市

スパーキング

水島工業

岡山県倉敷市

I・SO・号

生野工業

大阪府大阪市

予選Bグループ
 
グリッド

 チーム名

 高校名

 学校所在地

福井工業大学付属福井
高等学校
ものづくり同好会 

福井工業大学
付属福井高校

福井県福井市

お先にどうぞ

洛陽工業

京都府京都市

ZOOM ZOOM GT

総合技術高校

広島県三原市

広島総合技術高校

総合技術高校

広島県三原市

高知県立高知東工業
高校  自動車工作部

高知東工業

高知県南国市

西脇工業環境科学部

西脇工業

兵庫県西脇市

予選Cグループ
 
グリッド

チーム名

学校・企業名等

所在地

新居浜高専 皆本研

新居浜高専

愛媛県新居浜市

福井工業大学
SSLプロジェクト

福井工業大学

福井県吉田郡
永平寺町

愛大プラズメン

愛媛大学

愛媛県松山市

Team 匠

愛媛大学

愛媛県松山市

Team.B

福井工業大学OB、同好会

福井県あわら市

CELCO SOLAR
ENERGY

CELCO JAPAN

愛媛県松山市

エコロジーエネルギー
フォーラム

エコロジーエンタープライズ

愛媛県新居浜市

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛媛県松山市で地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラーラジコンでレース はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」が決定

 チーム・マイナス6%環境省)が特別協力する地球温暖化の原因防止対策の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」の、第2校~第4校目が決定した。地球温暖化の原因防止対策の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」は、次世代を担う高校生に向けた地球温暖化の原因防止対策のの普及啓発活動として行われる。チーム・マイナス6%のチーム員であるJFN(株式会社ジャパンエフエムネットワーク)がJFN全国38局ネットで生放送(毎週月曜日~木曜日 25:00~27:00)している「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」の主催で行われ、その様子は、このラジオ番組で紹介される予定となっている。番組DJであり、「うちエコ!」地球温暖化の原因防止対策の特命大使でもあるやまだひさしさんが、この企画に賛同したアーティストとともに全国の高校を巡り、「地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会って何だ?」をメインテーマに、各地における地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会に関する話題や取組などを、わかりやすく楽しく紹介していくものとなっている。地球温暖化の原因防止対策の参加高校募集は引き続き行われており、参加を希望される高校は「やまだひさしのラジアンリミテッド DX」のHP(www2.jfn.co.jp/dx/restylet_2009/index.html)を参照のこと。
第2校目「長崎日本大学高等学校」
 日時:10月20日(火)14:10~(約70分)
 会場:長崎日本大学高等学校 体育館(長崎県諫早市)
 ※学校側の御協力により、課外授業の一環として実施されます。
第3校目「山形県立置賜農業高等学校」
 日時:10月24日(土)13:30~(約70分)
 会場:山形県立置賜農業高等学校 体育館(山形県東置賜郡川西町)
 ※文化祭の一環として実施されます。
第4校目「岩手県立盛岡農業高等学校」
 日時:10月25日(日)15:45分~(約70分)
 会場:岩手県立盛岡農業高等学校 体育館(岩手県岩手郡滝沢村)
 ※文化祭の一環として実施されます。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「Re-Style Talk Show Tour 2009『低炭素社会って何だ?』in High School」が決定 はこちら

京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域に

 環境省は、京都府福岡県を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、温室効果ガス二酸化炭素の削減による低炭素社会づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものとなっている。平成21年9月7日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策事業の2次公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、2つの地域が選定された。今回選定された地球温暖化の原因防止対策の対象地域は、「阪急電鉄京都本線及び嵐電(京福電鉄嵐山線)沿線、京都市右京区及び西京区」(京都府)と、「福岡市内地区、箱崎九大前駅地区、梅林駅地区、姪浜駅地区」(福岡県)となっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域にはこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマーク

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果・表示方法に係る第一号案件の検証の結果、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークを貼付した製品を市場に流通させることが可能となった公表した。カーボンフットプリントとは、製品の原材料調達から廃棄・リサイクルに至るライフサイクル全体において排出される地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスCO2量に換算してわかりやすく製品に表示する制度である。同省では、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークの付与を希望する事業者からの申請に基づき、地球温暖化の原因防止対策の試行事業における第一号案件として、うるち米(ジャポニカ米)、菜種油、衣料用粉末洗剤に関する地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果及び表示方法について検証を行った結果、その内容が適当と判断した。これを受けて、事業者は、今回検証を受けた地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントの算定結果及び表示方法に基づき、地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークを貼付した製品を市場に流通させることができるようになったという。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボンフットプリントマークはこちら

地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響

 文部科学省・環境省・気象庁は、日本を対象とした地球温暖化の原因温暖化の観測・予測・影響評価に関する知見をとりまとめた統合レポート「地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響」を平成21年10月9日までにとりまとめて公表した。地球温暖化の原因の報告書によると、日本の平均気温は地球温暖化の原因のため、1898年以降100年あたり約1.1度の割合で上昇しており、全世界で地球温暖化の原因防止対策の追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は世界平均(注)の予測値を0.3~0.6度上回ると予測している。地球温暖化の原因による結果、洪水、土砂災害、ブナ林の適域の喪失、砂浜の喪失、西日本の高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクの被害額の合計は、年あたり約17兆円(現在価値)と試算している。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素の排出の大幅な削減により、産業革命時から21世紀末までの気温上昇を約2度に抑えた場合には、地球温暖化の原因による被害も相当程度に減少すると見込まれるが、一定の地球温暖化の原因による被害が生じることは避けられず、その影響に対処するためには、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素の温室効果ガス排出削減と併せて、適応策の実施が不可欠であるとしている。IPCC第4次評価報告書に示されている温室効果ガス排出シナリオ(A2、A1B、B1)では、気温の世界平均上昇量は、それぞれ3.4℃、2.8℃、1.8℃とされている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響はこちら

地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009

 チーム・マイナス6%環境省)は、チーム員であるNPO法人環境会議東北が10月15日~17日に開催した東北最大級の地球温暖化の原因防止対策の環境総合展「エコプロダクツ東北2009」に特別協力した。チーム・マイナス6%(環境省)は、会場内に地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースを設置し、ブース内では株式会社佐善工務店協力のもと、身近な生活空間が再現された中で、1人1日1kgの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減「私のチャレンジ宣言」に掲載されている各種二酸化炭素削減アクションを紹介する展示を行い、チャレンジ宣言への参加を呼び掛けた。また、地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場において「私のチャレンジ宣言」をして下さった方に対し、チーム員であるミズノ(株)の協力により、抽選で地球温暖化の原因防止対策のプレゼントが進呈された。なお、会期中、地球温暖化の原因防止対策の「エコプロダクツ東北2009」会場内ではエコクイズラリーが実施され、地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースは、クイズラリールート上の拠点の一つとなっていた。地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場は、夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)展示棟(仙台市宮城野区)で行われた。開催時間は、10:00~17:00(最終日は16:30終了)で、入場無料であった。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009はこちら

「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を開催

 国立環境研究所は、地球温暖化の原因防止対策の普及活動の一環として、一般公開シンポジウム「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を平成21年11月17日に東京・築地の浜離宮朝日ホールにおいて開催すると発表した。今回の「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」のシンポジウムは、平成17年度より開催された環境省地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクトS-4(地球温暖化影響総合予測研究チーム)の地球温暖化の原因防止対策の研究活動の一環として、プロジェクトの地球温暖化の原因防止対策の研究成果の紹介と、IPCCを始めとする最新の地球温暖化の原因防止対策に関する国際的知見の紹介を行うことを目的に開催するものである。地球温暖化の原因防止対策に関するシンポジウムへの参加希望者は、地球温暖化の原因防止対策に関するシンポジウムホームページ(http://www.s4-impact.org/)から申し込み手続きを行う必要がある。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 「地球温暖化『世界と日本への影響』-長期的な気候安定化レベルと影響リスクの見通し-」を開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「2009地球温暖化防止展&世界環境共生都市博」が開催

 環境省は、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)で10月14日(水)から16日(金)に開催される地球温暖化の原因防止対策の「2009地球温暖化防止展&世界環境共生都市博」に、「環境技術実証事業」のブースを出展すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的として行う事業である。平成15年に始まり、これまでに地球温暖化の原因防止対策の計11分野、200以上の技術を実証試験している。出展するブースでは、環境技術実証事業の概要に関するパネル展示や、これまでに実証を行った技術に関するパネル・映像・実物などによる展示、技術担当者などによる説明が行われる。出展日時は、10月14日~16日の、午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。地球温暖化の原因防止対策の「2009地球温暖化防止展&世界共生都市博」への入場には、入場料500円又は招待券が必要である。今回展示する地球温暖化の原因防止対策の技術分野は、下記の7分野である。
[1]ヒートアイランド対策技術分野(建築物外皮による空調負荷低減等技術)
[2]山岳トイレ技術分野
[3]湖沼等水質浄化技術分野
[4]閉鎖性海域における水環境改善技術分野
[5]VOC処理技術分野(中小事業所向けVOC処理技術)
[6]小規模事業場向け有機性排水処理技術分野
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「2009地球温暖化防止展&世界環境共生都市博」が開催はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換

 外務省は、デンマーク首相府において行われた鳩山総理とラスムセン・デンマーク首相の日デンマーク首脳会談の概要を発表した。会談では、地球温暖化の原因温室効果ガスによる気候変動問題についても触れられ、鳩山総理より、すべての主要国が参加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減の枠組みの構築と意欲的な目標の合意を前提として、日本は1990年比で2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量を25%削減を目指すといった先のNYでの演説の内容を再度説明した。また、今後、我が国政府としてもCOP15の成功のために貢献していきたい。COP15の議長を努める貴国及び貴首相のリーダーシップに敬意を示すとともに、COP15での合意を目指し議長国デンマークとの一層の緊密な協力を約束した。ラスムセン首相よりは、鳩山総理の地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動に対する力強いコミットメントを歓迎すると述べるとともに、デンマークとしてもCOP15の成功のため日本と緊密に協力していきたい、COP15まで残された時間は短いので、今後、より頻繁に関係主要国と連絡を取っていきたいので、日本にもよろしくお願いしたいと述べた。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換 はこちら

地球温暖化の原因防止対策がテーマの「グローバルフェスタJAPAN2009」開催

 外務省は、独立行政法人国際協力機構(JICA)、NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)との共催により、2009年10月3・4日の両日、東京の日比谷公園で地球温暖化の原因防止対策がテーマの「グローバルフェスタJAPAN2009」を開催した。グローバルフェスタは、10月6日の「国際協力の日」を記念して毎年開催されていた「国際協力フェスティバル」を05年に改称したものである。今回は統一テーマを地球温暖化の原因防止対策の「環境・気候変動問題~地球と世界の今を、楽しみながら知る2日間~」として、国際協力への関心が比較的薄い層、特に、20代、30代の若い世代にも地球温暖化の原因防止対策に目を向けてもらうことを目指している。10月3日には、女優の岸本加世子さん他が出演する地球温暖化の原因防止対策がテーマのパネルディスカッション「環境・気候変動問題について語ろう!~ひとりひとりがストップ地球温暖化」、NHKの道傳愛子さんをモデレーターに、パネリストにフジテレビの中野美奈子さん他が出演し、アフリカ支援について考える「アフリカについて語ろう!~これからのアフリカ支援~」、歌手の河口恭吾さんによるステージを行った。また、10月4日には、ジャーナリストの池上彰さんによる「グローバル教育コンクール・ワークショップ」やタレントの知花くららさんによるトークショー等、多数のイベントが行われた。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止対策がテーマの「グローバルフェスタJAPAN2009」開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施しているチーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この応援キャンペーンは、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンとして実施している温室効果ガスである二酸化炭素削減のための国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、常晴株式会社である。 常晴株式会社の取り組みは、大阪府堺市南区のショッピングセンター「クロスモール」D館ライフスタイリングショップの店頭へ「私のチャレンジ宣言カード」を持参いただいたお客様に、店頭表示価格から10%割引で販売させていただくというものとなっている(一部超特価品を除く)。実施期間は、平成21年10月15日(木)まで(定休日:木曜日)。問い合わせ先 常晴株式会社 担当:営業部TEL:072-967-6484FAX:072-965-5757E-mail:yoshida@jyousei.com
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンはこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度太陽光発電ソーラー環境価値買取事業で、平成21年7月14日から8月28日まで行った2次公募の結果を公表するとともに、平成21年9月24日から10月23日(17時必着)まで、3次公募を行うと発表した。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業は、太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とし、環境省の事務事業から発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスCO2排出量を順次オフセットするため、民間事業者が大半を自家消費する業務用太陽光発電施設を整備する際に、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援するものである。太陽光発電ソーラー環境価値買取事業の2次公募の結果、太陽光発電設置者9件の合計設備容量372kW分が採択された。
 環境省では平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体向け)のうち、太陽光発電ソーラー環境価値買取事業について、太陽光発電公募要領に基づき事業者を3次募集することとしましたので、お知らせいたします。応募に当たってはこれら書類を熟読していただくようお願いします。2次公募までは1施設で太陽光発電20kW以上を対象としていましたが、3次公募では、1事業者あたりの設備容量の合計が太陽光発電20kW以上の場合(1事業者が太陽光発電10kWを2つの店舗に導入する場合など)も認めることとし、太陽光発電の対象を拡大いたします。なお、1次及び2次公募の全案件において、総事業費に対する補助金の割合は、平均39%でした。電力事業者との電力供給契約が特定高圧連系もしくは高圧連系(みなし低圧連系を含む)することとなっている民間事業者が、国内において業務用太陽光発電設備(設備容量の合計が太陽光発電20kW以上で太陽光発電500kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。
・当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に太陽光発電を設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した太陽光発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。
・当該太陽光発電設備から生じる電力を系統連系し、全量自家消費と見なせること(売電しないこと)。
・グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者(以下、「証書発行事業者」という。)と共同で申請すること。
太陽光発電の補助金の交付を申請できる者(補助事業者)は、次に掲げる者とします。
・民間事業者
・その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としません)
・ESCO事業を活用した参加に際して、シェアード・セイビングス契約方式のESCO事業の場合には、排出削減実施事業者とESCO事業者との共同申請とし、また、リース等を利用する場合は、排出削減実施事業者とリース事業者との共同申請とします。いずれの場合にも、両者ともに太陽光発電補助事業者(財産管理の義務を有する者)となります。
・太陽光発電の共同申請の場合、太陽光発電の補助金を受ける補助対象設備所有者を代表事業者として申請してください。(一般に、シェアード・セイビングス契約の場合はESCO事業者が、リース利用の場合はリース事業者がそれぞれ代表事業者となります。)財産管理の責任については代表事業者・共同事業者のすべてが負うこととしますが、環境省との連絡・調整については代表事業者が一元的に責任を負うこととします。注:リース等を利用する場合、太陽光発電リース料から補助金相当分が減額されていることを証明できる書類の提示を条件に、太陽光発電リース会社等との共同申請事業を認めます。太陽光発電リース等については、導入設備の処分制限期間(複数の場合は最長のもの)使用することを前提とした契約であることを原則とします。なお、太陽光発電割賦契約はリース等には含みません。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電ソーラー環境価値買取事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引

 環境省は、自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)で、平成21年8月末で終了した「第3期(2008年度目標)」の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減実績と取引結果を発表した。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、自主参加型の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の国内排出量取引制度(JVETS)を2005年度から開始しており、これまでのところ、のべ288の事業者が目標保有参加者として地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減に取り組んでいる。第3期(2008年度目標)の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の目標保有参加者は61社となっている。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の基準年度排出量の合計は、1,661,251 t‐CO2。排出削減量の実績は、382,625 t‐CO2(基準年度排出量の23%)となった。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の結果は、2008年4月から2009年8月末までの取引期間に、合計23件の取引が行われ、取引量の合計は、34,227 t‐CO2。平均取引単価は、概ね800円 /t‐CO2となった。なお、この地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の自主参加型国内排出量取引制度は、第3期から「地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の国内統合市場の試行的実施」の参加類型の一つとなり、現在、第5期の追加公募が9月30日まで行われている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引はこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベルを取得

 環境省は、環境省の地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット第三者認証基準に基づく認証ラベルが、2案件で認められたと発表した。環境省は、信頼性のある地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組を推進・普及するため、平成21年3月18日に「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」を公表している。この地球温暖化の原因防止対策の認証基準を受け、気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)が、カーボン・オフセット認証制度を創設し、5月14日から案件募集を開始している。有識者によって構成される地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証委員会が9月7日に開催され、審査を経て、今回の2案件が認証された。今回認証され、地球温暖化の原因防止対策のラベリングを受けるのは、郵便事業株式会社の「平成21年度販売分 カーボンオフセットはがき」、株式会社アサツーディ・ケイと社団法人日本学生陸上競技連合による「「秩父宮賜杯第41回全日本大学駅伝対校選手権大会運営のカーボン・オフセット実施」の2案件となっている。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベルを取得はこちら

地球温暖化の原因対策の一環として地域における容器包装廃棄物のリサイクル等3R推進モデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因対策の一環として行われている「平成21年度 地域における容器包装廃棄物リサイクル等3R推進モデル事業」として、7地域の事業を採択したと発表した。この地域における容器包装廃棄物のリサイクル等3R推進モデル事業は、レジ袋の削減やリターナブルびんの普及、簡易包装商品の普及促進など、地域の協働と連携による先進的なリサイクル等の取組について、その効果を検証し広く紹介することで全国的なリサイクル等の取組を推進し、容器包装廃棄物に係る3R(排出抑制:Reduce、再使用:Reuse、再生利用:リサイクルRecycle)活動が促進されることを目的としている。平成21年度は、7月7日から8月14日まで公募が行われ、特に排出抑制や再使用に役立つリサイクル等の事業を優先的に採択することを基本に、事業の意義や地域連携性などを総合的に検討して選考したとしている。採択された地域における容器包装廃棄物のリサイクル等3R推進モデル事業は、次のとおりである。
(1)ガラスびんリサイクル促進協議会(東京都港区)『外食チェーン店のガラスびんリユースシステムの構築事業』
(2)茅ヶ崎市商店会連合会(神奈川県茅ヶ崎市)『商店街・個店の「エコ・シティ茅ヶ崎宣言」で3Rの推進 ~ハレの日パッケージとノーパッケージで容器包装を減らそう!~』
(3)NPOさんじょう(新潟県三条市)『地域通貨「らて」を活用した詰め替え商品の販売促進実証実験及び揚げ物等の個売り容器の削減実証実験』
(4)北陸グリーンエネルギー研究会(富山県高岡市)『北陸地域の住民との協働によるアルミニウム付き紙パックの回収・再生事業』
(5)西濃環境NPOネットワーク(岐阜県揖斐郡揖斐川町)『お総菜バイキング・マイパック持参制度構築事業』
(6)京都エコ容器包装・商品推進協議会(京都府京都市)『「風呂敷包みで京の街歩き&お買い物」プロジェクト』
(7)リターナブルびん普及促進協議会(大阪府八尾市)『学生と行うリターナブルびん普及促進事業』
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因対策の一環として地域における容器包装廃棄物のリサイクル等3R推進モデル事業はこちら

平成20年地球温暖化の原因影響調査レポート

 農林水産省は、平成20年2月~11月を調査対象期間とした「地球温暖化に伴う農業生産への影響に関する実態調査」の調査結果について取りまとめた「平成20年地球温暖化影響調査レポート」を作成して公表した。この平成20年地球温暖化影響調査レポートは、平成18年度から毎年、農林水産省が各都道府県を通じて実施している地球温暖化に伴う農業生産への影響実態調査の結果をとりまとめたもので、品目ごとの地球温暖化の影響及びそれら影響に対して生産現場で実際にとられている主な地球温暖化に伴う農業生産への影響適応策について各地方ブロックごとに整理して掲載しているものとなっている。農林水産省では、、農業生産現場において、地球温暖化に伴う農業生産への影響適応策を講じようとする農業者及び農業指導者の営農参考資料、行政関係者の業務用参考資料として活用してもらうことを期待している。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 平成20年地球温暖化の原因影響調査レポートはこちら

地球温暖化の原因防止の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル状況の立入検査

 環境省と経済産業省は、地球温暖化の原因を少しでも減少するために取り組んでいる家電リサイクル法に基づき、平成20年度に実施した家電リサイクル状況の立入検査の結果をまとめ、平成21年9月8日付けで公表した。家電リサイクル状況の公表内容によると、両省は平成20年度に小売業者に対する家電リサイクル状況の立入検査を459件実施し、うち271件に対しては家電リサイクル状況の改善のための指導(うち1件は勧告)を行った。家電リサイクル状況の指導等件数の合計は、のべ533件にのぼり、もっとも多い分野は「家電リサイクル券の取扱い」についての231件であった。同一事業者に家電リサイクル状況の複数件指導を行ったケースがあるため、家電リサイクル状況の指導件数は立入検査結果件数に比べ多くなっている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル状況の立入検査はこちら

容器包装リサイクル法プラスチック製容器包装の結果を公表

 環境省は、地球温暖化の原因を少しでも減少するために取り組んでいる容器包装リサイクル法に基づくプラスチック製容器包装の再商品化に伴う環境負荷削減効果のLCA分析(ライフサイクルアセスメントによる分析)を昨年に引き続いて実施して結果を公表した。今回の分析結果は、現行の容器包装リサイクル制度の効果や、排出側の取組による効果、容器包装以外のプラスチックを含めた場合の効果等についてLCA分析を行い、その結果を取りまとめたものとなっている。 その結果、現行の容器包装リサイクル制度の効果については、昨年の分析でも検討した分別せずに現行技術で焼却した場合との比較のみならず、全量高効率のごみ発電施設で焼却発電を行う場合と比べてもなお、容器包装リサイクルを行った方がCO2排出量が少ないことなどが明らかとなった。環境省では、今後も様々なリサイクルシナリオに係るLCA分析を継続する予定とのことである。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 容器包装リサイクル法プラスチック製容器包装の結果を公表 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として取り組む『二酸化炭素などの温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集すると発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような地球温暖化の原因防止対策の商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの地球温暖化の原因防止対策普及を促進させるため、このモデル事業を実施すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体などで、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」応募事業者は、自らが提供する商品やサービスについてリアルタイムな地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」に関するモデル事業を実施し、その効果を調査するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスの見える化の同商品やサービスの普及方策に関する検討などを実施する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募方法の詳細は、プレスリリース添付の公募要領や株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://rt-mieruka.mri.co.jp/)を参照のこと。株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)で、8月28日10時から、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の公募説明会も開催される予定である。募集窓口 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ 担当:永村、馬場、葦津、中塚 TEL:03-3277-4595 FAX:03-3277-0512 E-mail:mieruka-mp@mri.co.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始はこちら

地球温暖化の原因防止対策として期待される太陽光発電

 地球温暖化の原因防止対策としてHEVと並んで、地球温暖化の原因防止対策の環境関連ワードとしての想起率が高いのが太陽光発電である。特に米国の「グリーンニューディール政策」や日本の低炭素革命、「スクールニューディール政策」によって、地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の導入に向けた動きが活発化している。世界の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の市場が急激に拡大している。日本における地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の導入促進策として、平成20年度からは「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」がスタートしたほか、独自に太陽光発電の助成金制度を持つ自治体も300を超えており、現在では多くの人が、住宅の新築やリフォームの際に太陽光発電の導入を検討するようになっている。三洋電機が開発した太陽光発電のHIT太陽電池には、変換効率が高く、太陽光発電の高温時の出力低下が少ないので、一般的な太陽光発電の結晶タイプと比べて、年間平均の太陽光発電の発電量を約 40%も向上できる。そのため、太陽光発電のHIT太陽電池は、住宅の屋根置き太陽光発電システム等の高効率志向市場での普及が期待されており、現在の三洋電機の太陽光発電の太陽電池事業の顔となっている。太陽光発電のHIT太陽電池セルの生産能力は、2006年度165MW 、2007年度に260MW、2008年度には340MWへと拡大している。さらに、2010年には島根三洋電機の太陽光発電の生産能力を130MWから220MWに拡充するなど太陽光発電の600MW程度の生産体制を確立する太陽光発電の計画を着実に進め、今後の世界的な太陽光発電システムの旺盛な需要に対応していくという。
 一方、将来の拡大が期待されているのが、太陽光発電のメガソーラーをはじめとした太陽光発電の中・大規模市場(電力需要家など)向けに開発されている太陽光発電の薄膜太陽電池である。同社では2009年1月に、新日本石油(株)との合弁で「三洋ENEOSソーラー(株)」を設立した。太陽光発電の10%以上の高変換効率、高信頼性、低コストを実現した太陽光発電の次世代薄膜太陽電池を開発して2010年度に太陽光発電の事業をスタートし、急拡大が見込まれる太陽光発電の薄膜太陽電池市場においても、世界の太陽光発電のリーディングカンパニーを目指している。三洋電機では、生産技術面で類似性が高い太陽光発電のHIT太陽電池のノウハウを投入することにより、太陽光発電の薄膜太陽電池の生産を、2015年に1GW規模、2020年度に2GW規模に拡大する計画を有している。また、同社では、2020年の太陽光発電の太陽電池市場の規模を、世界で約40GWと予測しており、太陽光発電のHITと薄膜を合わせ、現状の約約10倍弱、HIT単独で現状の約5倍弱の太陽光発電の生産・供給体制を構築し、太陽光発電のHITと薄膜の合計で太陽光発電の世界シェア10%の獲得を目指すという。地球温暖化の原因防止対策として地球環境との共生が不可欠な、これからの社会には、移動手段にもクリーンさが求められており、その本命は、太陽光発電のクリーンエネルギーで充電を行う電気自動車になるといわれている。三洋電機は、エネルギーを「創」る太陽光発電の太陽電池と、エネルギーを「蓄」える太陽光発電の二次電池というキーテクノロジーの開発と生産能力の拡張を着実に進め、さらに太陽光発電の太陽電池と二次電池を融合できるエナジーソリューションを提供することにより、「環境・エナジー先進メーカー」としての大きな使命を果たしていくとしている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策として期待される太陽光発電はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として、埼玉県地球温暖化防止活動推進センター、横浜市地球温暖化対策推進協議会、沼津市静岡県地球温暖化防止活動推進センター、三洋ホームズ株式会社の協力を得て、家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」に関するモデル事業を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業は、家庭における主要なエネルギー消費機器である、エアコン、冷蔵庫、テレビに電力計測器(省エネナビ)を設置して、電力消費量や地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を見える化し、これらが見える化されることによる地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果を調査する。また、一部の世帯においては、エアコンの設定温度の変更やテレビ画面の明るさの変更といった簡単な省エネ行動を実践してもらい、これらの行動による地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の削減効果等も調査する。地球温暖化の原因の調査の実施は、夏季実験が平成21年8月、秋季実験が平成21年10月、冬季実験が平成22年1月を予定している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の「見える化」モデル事業はこちら

沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議

 環境省那覇市自然環境事務所は、第5回沖縄県地域エネルギー地球温暖化の原因防止対策推進会議を開催したと発表した。第5回沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議は、沖縄地域におけるエネルギー・地球温暖化の原因防止対策に関する情報交換・共有や、エネルギー需給構造に関する実態把握等を図り、地方公共団体をはじめ地域の地球温暖化の原因防止対策に関する自主的な取組を促進することを目的とするものである。今回は、本年6月10日の内閣総理大臣による地球温暖化の原因防止対策の中期目標の発表を受け、沖縄県地域の地球温暖化の原因防止対策の現状認識の共有及び今後の地球温暖化の原因防止対策の取組に向けた意見交換を行った。 また、地球温暖化の原因防止対策のための「沖縄県地域・低炭素社会づくりへのメッセージ」を採択し、以下の3つの地球温暖化の原因防止対策の行動を提案した。
[1]ライフスタイルの見直し
エネルギー依存型の生活を見直し無駄なエネルギーの使用を減らしていく。
[2]公共交通機関の利用促進
自家用車等の利用から公共交通機関の利用へシフトしていく。
[3]エコドライブの励行
省エネ、安全のための運転を心がける。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 沖縄県地域エネルギー・地球温暖化の原因防止対策推進会議 はこちら

文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」

 文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の切り札として「文部科学省低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」を決定して公表した。地球温暖化の原因防止対策については、平成20年7月に「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定され、今年6月には、2020年の地球温暖化の原因である二酸化炭素温室効果ガス排出量の削減目標を、2005年を基準として15%削減とすることが総理大臣から発表されている。また、今年7月に開催されたラクイラサミットのG8首脳宣言において、地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量を、1990年又は最近の複数の年と比して2050年までに先進国全体で80%以上の地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量の削減を行うとの目標を支持することなどが盛り込まれた。
 こうした内外の状況を受け、文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会づくりの取組の更なる充実強化を図るべく、今回の行動計画及び研究開発戦略を決定した。地球温暖化の原因防止対策の行動計画では、[1]地球温暖化の原因防止対策の研究開発の推進、[2]低炭素社会や持続可能な社会について学ぶ仕組みづくりの推進、[3]環境を考慮した学校施設(エコスクール)の推進、[4]文部科学省のグリーン化を明記した。地球温暖化の原因防止対策の研究開発戦略では、[1]地球温暖化の原因防止対策の戦略的社会シナリオ研究の実施、[2]社会システムにおける地球温暖化の原因防止対策の技術的検証、[3]先進的地球温暖化の原因防止対策の低炭素化技術開発(緩和策)の推進、[4]将来的なエネルギー技術開発の推進、[5]地球温暖化の原因防止対策の環境変化に対する実効性のある適応策の検討、[6]地球環境を継続的に把握するための体系的観測の推進、[7]地球温暖化の原因防止対策の研究者の自由な発想に基づく独創的なアプローチの探索や新しい発想によってブレークスルーを引き起こしうる技術シーズの創出、[8]我が国の優れた環境科学技術による国際協力・科学技術外交の展開を戦略として掲げている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」はこちら

地球温暖化原因防止対策の環境省のペットボトルリサイクルリユース実証実験結果

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」を公表した。 環境省は、平成20年8月から平成21年3月まで、デポジット制を利用したリターナブルペットボトルの販売・回収・洗浄に係る実証実験や、消費者の誤用に係る実証実験を、神奈川県横浜市と柏市で実施し、地球温暖化原因防止対策の環境負荷分析や消費者に対するアンケート調査を行った。今回、これらの結果を取りまとめ、ペットボトルのリサイクルやリユースについて現時点での取りまとめを行った。「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」は、プレスリリースの添付資料として公開されている。「ペットボトルリサイクルリユース実証実験結果の取りまとめ」によると、オープンシステム(地域店舗店頭販売)については、現時点では、85%、90%といった高い回収率を確保することが全体的には難しいため、リユースに比べリサイクルの方が環境負荷が低いこととなる。一方、クローズドシステム(宅配販売)については、概して高い回収率が見込まれるため、充填工場から販売拠点までの輸送距離を概ね100km未満等に限定すれば、リサイクルに比べリユースの方が、地球温暖化原因防止対策の環境負荷が低いこととなる。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化原因防止対策の環境省のペットボトルリサイクルリユース実証実験結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催

 環境省は、「地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009」を東京と大阪で開催すると発表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減の効果が期待されるCDM(クリーン開発メカニズム)やJI(共同実施)に関する新規プロジェクトを発掘・支援するため、環境省では平成11年度から地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査(実現可能性調査)を実施している。今回の地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムでは、平成20年度に調査を実施した民間事業者からの地球温暖化の原因防止対策の結果報告とともに、専門家の意見を交えながら議論を行うとしている。また、地球温暖化の原因防止対策のCDMの最新動向についても情報提供が予定されている。地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムへの参加希望者は、9月3日までに、ホームページ、Eメール、またはFAXで申し込む必要がある。
(1)東京会場 9月10日(木)13:00~17:00 東京国際交流館 3階 国際交流会議場(東京都江東区)
(2)大阪会場 9月11日(金)13:00~17:00 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)1001,1002(大阪府大阪市中央区)
申し込み・問い合わせ先 (財)地球環境センター「CDMシンポジウム」係 ホームページ:http://gec.jp/jp/ Eメール:cdm-fs@gec.jp FAX:06-6915-0181
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催はこちら

リサイクル等3R分野におけるエコポイントシステムの意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の一環として取り組んでいる「リサイクル等3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会」において取りまとめられた「リサイクル等3R分野におけるエコポイントシステムの論点整理(中間取りまとめ)(案)」に対して、8月7日から28日まで意見募集を行うと発表した。リサイクル等3R活動全般の取組を進めるため、経済的な手法、特に、ポイント付与システムという経済面でのインセンティブを活用できるケースについて、基本的な考え方、可能な選択肢及びその導入に伴う課題等を整理することを目的として、「リサイクル等3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会」が、これまで4回開催され、今回の中間取りまとめ(案)が取りまとめられた。リサイクル等の意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出先 環境省 大臣官房 廃棄物・リサイクル対策部 企画課 循環型社会推進室 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3593-8262 E-mail:junkan@env.go.jp
 なお、3Rとは、ごみを出さない、一度使って不要になった製品や部品を再び使う、出たごみはリサイクルするという廃棄物処理やリサイクルの優先順位のことをいう。「リデュース(Reduce=ごみの発生抑制)」「リユース(Reuse=再使用)」「リサイクル(Recycle=再資源化)」の頭文字を取ってこう呼ばれる。「循環型社会形成推進基本法」は、この考え方に基づき、廃棄物処理やリサイクルの優先順位を(1)リデュース、(2)リユース、(3)リサイクル、(4)熱回収(サーマルリサイクル)、(5)適正処分―と定めている。3Rに「リフューズ(Refuse=ごみになるものを買わない)」を加えて「4R」、さらに「リペア(Repair=修理して使う)」を加えて「5R」という場合もある。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> リサイクル等3R分野におけるエコポイントシステムの意見募集はこちら

地球温暖化の原因防止対策のエコポイント交換商品が追加

 環境省、経済産業省及び総務省は、地球温暖化の原因防止対策の「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業」で、地球温暖化の原因防止対策のエコポイントを利用して交換できる商品や商品提供事業者の2次募集の結果を発表した。また、地球温暖化の原因防止対策のエコポイントを利用して環境寄附を行う場合の対象団体を発表した。交換商品の取得と同じ手続きで、団体名・一定の寄附金額を指定して地球温暖化の原因防止対策の寄附を行うことができるようになる予定となっている。地球温暖化の原因防止対策の交換商品や商品提供事業者の第2次募集は、7月6日から23日まで行われ、485件の応募から412件が選定された。今回選定された交換商品や商品提供事業者の内訳は、【1】「商品券・プリペイドカード」が346件(公共交通機関カード:58件、一般商品券:36件、地域型商品券:252件)、【2】「地域産品提供事業者」が56件(全国型事業者:10件、都道府県型事業者:46件)、【3】「環境配慮製品等の提供事業者」が10件となっており、地球温暖化の原因防止対策の交換商品や商品提供事業者は、1次と合わせて683件となる。
 地球温暖化の原因防止対策の環境寄附対象団体の募集は、6月26日から7月15日まで行われ、189件の応募から、(財)環境情報普及センターの『環境情報提供事業(「EICネット」及び「エコナビ」)』など181件が選定された。なお、エコポイントの交換商品提供事業者のうち、地球温暖化の原因防止対策の環境寄附を行うことが要件となっている商品券提供事業者の中でまだ地球温暖化の原因防止対策の寄附先を決めていない事業者は、今回の環境寄附対象団体から選ぶこともできる。今後、9月上旬には、地球温暖化の原因防止対策の第2次交換商品のリストを公表し、申し込みを受け付けるとともにエコポイントを利用した地球温暖化の原因防止対策の環境寄附の申し込みができるように準備を進めていくとのこと。お問い合わせ先 エコポイント事務局 TEL:0570-064-322(一般のお問い合わせ) TEL:0570-064-993(交換商品提供事業者用) 受付時間:9~17時(土日祝日含む)
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のエコポイント交換商品が追加はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「二酸化炭素回収・貯留(CCS)研究会」が取りまとめた、「CCS実証事業の安全な実施にあたって」を公表した。
 二酸化炭素回収・貯留は、発電所や工場などの大規模排出源から分離回収した地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素を地層や海中に貯留する技術である。2005年に公表されたIPCCの二酸化炭素回収・貯留特別報告書では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「大気中温室効果ガス濃度安定化における主要対策の1つ」と位置付けられており、欧米諸国・産油国でも、商業レベル、研究レベルの具体的な二酸化炭素回収・貯留プロジェクトが進行してきている。
 今回公表したのは、我が国においてCCSの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである大規模な二酸化炭素回収・貯留実証事業を実施する際に、安全面・環境面から守るべき事項について検討することを目的として、平成20年10月に再開した二酸化炭素回収・貯留研究会(産業技術環境局長の私的研究会)の2つのワーキンググループ「二酸化炭素回収・貯留実施に係る安全基準検討WG」「長期的な安全性確保WG」の検討結果を取りまとめたものである。同省では、今回の取りまとめについて、二酸化炭素回収・貯留実証を行う候補地に関しての地質面からの検討事項や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスであるCO2の回収・輸送に関する事項、貯留後のモニタリング項目、異常事態が発生した場合の対応措置など、二酸化炭素回収・貯留実証事業の一連の工程に対応した安全面・環境面からの基準と位置づけ、今後実施される二酸化炭素回収・貯留の大規模実証において適切に活用され、事業が的確かつ円滑に実施されることにより、二酸化炭素回収・貯留実用化へ向けた環境整備に貢献するとしている。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件

 経済産業省は、日本政府に申請されていた地球温暖化の原因防止対策のクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)に係るプロジェクトが「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されと発表した。今回発表されたのは、J-TEC有限会社、ローディアジャパン株式会社など14社から申請されていた中国、東南アジア諸国等における地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトである。今回の承認分を含めると、全体で日本の正式な地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム承認案件数は515件となった。地球温暖化の原因防止対策のCDM事業及びJI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された二酸化炭素の温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の温室効果ガス削減量として充当することを認める制度である。日本政府の正式な地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトとなるためには、地球温暖化対策を実施している関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となる。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件 はこちら

チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業

 環境省が主催する地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の排出防止対策に取り組んでいるチーム・マイナス6%は、「平成21年度地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の事業案件として15件を決定した。この地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業は、チーム・マイナス6%が、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による地球温暖化の原因防止対策活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を、支援するというものである。民間団体が行う地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素の排出防止対策活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化の原因防止活動の実践を促すことを目的としている。今年度は、平成21年6月5日から30日まで公募が行われ、121件の応募の中から、有識者からなる選考委員会で審議した結果、採択された。地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業の採択案件に対しては、1案件あたり最大500万円が支援される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗り

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに4社からの参加申し出があったと発表。この応援キャンペーンは、温室効果ガスである二酸化炭素を減らし、地球温暖化の原因防止対策を行う国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、株式会社オフィス・タカハシ、株式会社 シモダ設備工業、株式会社 鯖江村田製作所、株式会社 イーネット関西の4団体である。このうち、株式会社 シモダ設備工業の取り組みは、「私のチャレンジ宣言カード」をメールに添付してお送り頂いた方に、オリジナルエコバックと季節の花(野菜・ハーブを含む)をプレゼントするというものである。実施期間は2009年8月1日からで、先着200名様になり次第終了とのこと。送付先メールアドレス:office@shimodasetubi.com
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗りはこちら

地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの循環型社会地域支援事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策とリサイクル循環型社会の形成に向けた地域の取組を支援する「循環型社会地域支援事業」で、平成21年度の地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの実証事業として7件を採択した。この地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの事業は、NGO・NPOや事業者が地方公共団体と連携して行うリデュース、リユース、リサイクルやグリーン購入などの循環型社会の形成に向けた取組で、他の地域のモデルとなるような先進的な事業を公募して、実証事業として実施することにより、地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの循環型社会の形成に向けた地域からの取組を発掘・支援するものである。平成21年2月10日から3月19日まで地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの公募が行われ、全国から応募のあった54件から外部学識経験者による審査の結果、7件の地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの事業が採択された。今回採択された地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの事業は次のとおりである。
NPO法人霧多布湿原トラスト(北海道浜中町)の「廃棄自転車のリユース、リサイクルとレンタル自転車での観光振興」
東北公益文科大学市田研究室(山形県酒田市)の「リモネンを溶解剤とする漂着発泡スチロールの回収」
みやぎ・環境とくらしネットワーク(宮城県仙台市)の「プロスポーツによるエコシティ仙台創造プロジェクト」
NPO法人町田発・ゼロ・ウェイストの会(東京都町田市)の「首都圏における生ごみ全量堆肥化による地域内・循環型社会の形成:市民、行政、企画の連携」
四日市大学エネルギー環境教育研究会(三重県四日市市)の「竹鶏物語~3Rプロジェクト~」
かんでらmonzen亭(愛知県名古屋市)の「大学、職人、商店街と地域が育む古着再利用事業「かさでらR」プロジェクト」
沖縄リサイクル運動市民の会(沖縄県那覇市)の「沖縄の特性を生かした生ごみループ形成事業-食品循環養豚と堆肥化によるトータルな生ごみ循環システムの構築」
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策とリサイクルの循環型社会地域支援事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」

 国土交通省は、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度「国土交通省新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」について4モデルを選定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、民間事業者等による先進的な地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を掘り起こし、人や企業の行動原理の変革に働きかける取組を広めるため、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス削減環境事業モデルを募集し、優れた取り組みについて支援・調査し、モデルの普及を目指すものである。今回の地球温暖化の原因防止対策の募集では、建設業、運輸業、不動産業など国土交通分野の民間事業者等から、環境に配慮した経済活動上の先進的提案24件の応募があり、事業モデルによる地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの削減効果、先進性・モデル性、実現可能性・持続性等の観点から以下の4つのモデルを選定した。
・鹿島建設(株)「工事現場用プレハブ事務所における太陽光発電活用普及モデル事業」
・名古屋鉄道(株)「非接触型交通系ICカードを活用した地域連携型コミュニティサイクル・カーシェアリング事業構築によるインターモーダル推進事業モデル」
・三井不動産(株)「柏の葉キャンパスタウンにおける不動産開発事業に併せた自転車活用モデル」
・(株)メックecoライフ「集合住宅における一括高圧受電導入と併せた太陽光発電普及モデル」
 今後、これらの地球温暖化の原因防止対策の事業モデルの調査・検討、実証実験的な活動の実践、報告書作成等の費用について1件当たり500万円を上限として支援が行われる予定となっている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」はこちら

和歌山県と長野県の地球温暖化の原因防止対策のクールビズとリサイクル

 和歌山県では、地球温暖化の原因防止対策としてノーネクタイなど夏の軽装スタイル「クールビズ」を披露する「わかやまクールビズ&うちエコファッションショー」が和歌山近鉄百貨店で開催された。和歌山県職員と和歌山市職員らがモデルで参加し、地球温暖化の原因防止対策につながる今夏のエコファッションをアピールした。官民が協力して、クールビズを紹介し、軽装に対する心理的要因や商習慣を払拭しようというものである。南国である和歌山県では、全国共通である6月からのクールビズ期間を前倒しして、2009年も5月21日から「クールビズ・ビフォー」を実施している。
 一方、長野県では、分野に限らず連携と協力に関する包括協定を結んでいるサークルKサンクス(東京都中央区)と、地球温暖化の原因防止対策の「レジ袋削減県民スクラム運動」店頭キャンペーンをサークルK長野駅前店で実施した。同社は、旧ユニフォームをリサイクルして作成したオリジナルマイバッグの配布を全国のサークルK店舗で同時に行ったほか、長野県内の店舗にはレジ袋不要カードを設置した。長野県では、地球温暖化の原因防止対策の観点からマイバッグ持参率60%以上を目標に、事業者と消費者団体、長野県の3者が協定を締結し、レジ袋削減長野県民スクラム運動として店頭啓発などさまざまな取り組みを行っている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 和歌山県と長野県の地球温暖化の原因防止対策のクールビズとリサイクルはこちら

地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」結果

 内閣府は全国20歳以上の男女3,000人を対象に行った地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」の結果について平成21年8月3日までに取りまとめ公表した。今回の調査では、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの循環型社会に関する意識と自然共生社会に関する意識についての2項目に関する意識・関心について調べたもので、平成21年6月4日~6月14日にかけて実施された。有効回答数は1,919人(64.0%)であった。このうち、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの循環型社会に関する意識についてでは、「ごみの問題への関心」の度合いは「関心がある」とする意見は92.4%(前回平成13年7月の89.8%と比べて2.6ポイントの上昇)、「リサイクルやリユースなどの3Rの言葉の認知度」では、「聞いたこともない」と回答した割合が45.0%と最も高かった、「普段の暮らしの中でのごみとの関わり方」については、「ごみの問題は深刻だと考え、ごみを少なくする配慮やリサイクルを多少意識して実施している」を挙げた割合が52.2%と最も高かった。「ごみを少なくするために行っていること」では、「詰め替え製品をよく使う」を挙げた割合が63.3%と最も高かった。「再使用や再生利用のために行っていること」では、「家庭で出たごみはきちんと種類ごとに分別して、定められた場所に出している」を挙げた割合が84.1%と最も高かった。「環境にやさしい製品の購入(グリーン購入)の意識」については、「意識している」とする割合が81.8%であった。
 また、地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「循環型社会の形成についての意識」については、「現在の生活水準(物質的な豊かさや便利さ)を落とさず、大量生産、大量消費は維持しながら、廃棄物の再使用(リユース)や再生利用(リサイクル)を積極的に進めるなど、できる部分から循環型社会に移行するべきである」との割合が39.1%であった。「ごみの問題の具体的な認知度」では、「野山や河原等への不法投棄が大きな社会問題となっている」との割合が76.1%であった。「国の施策の方向性についての意識」では「リサイクルや焼却をする前に、まず、ごみの発生を減らすこと(リデュース)に取り組むべきだ」との割合が47.0%と最も高かった。「国の具体的な施策についての意識」では、「企業の側で,長期間利用が可能となるような製品やリサイクルが容易な製品の開発を進めるための制度の構築」との割合が29.7%と最も高かった。自然共生社会に関する意識についてでは、「自然に対する関心」の度合いは、「関心がある」とする回答の割合が91.7%(前回平成18年6月の85.7%と比べて6.0ポイントの上昇)であったのに対して、「生物多様性の言葉の認知度」については、「聞いたこともない」が61.5%で最も高く、「生物多様性国家戦略の認知度」でも77.8%が「聞いたこともない」と回答、さらに、「生物多様性条約締約国会議の認知度」では84.2%が「聞いたこともない」と回答した。なお、「生物多様性に配慮した生活のためのこれまでの取組」では、「節電や適切な冷暖房温度の設定など地球温暖化対策に取り組んでいる」を挙げた回答者の割合が62.8%と最も高かった。また、「生物多様性に配慮した生活のための今後の取組」でも「節電や適切な冷暖房温度の設定など地球温暖化対策に取り組む」を挙げた者の割合が63.2%と最も高かった。「生物多様性に配慮した企業活動への意識」では、「生物多様性に配慮している」と表明している企業を評価するか聞いたところ、「評価する」と答えた者の割合が82.4%であった。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策やリサイクルなどの「環境問題に関する世論調査」結果はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立

 滋賀県では、滋賀県内の企業が、それぞれ地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減目標を設定し、目標が達成できなかった場合、その分の資金を拠出する地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を産官学の共同で創設した。参加企業は、地球温暖化の原因防止対策となる事業活動に伴う二酸化炭素CO2の年間排出量を自ら設定し、それを超えた場合には二酸化炭素1t当たり3,000円を炭素基金に拠出するというものである。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に積み立てられた資金は、補助か貸し付けを行うことによって、太陽光発電や森林緑化整備などの環境関連の地球温暖化の原因防止対策の新しい技術開発などを行う企業の支援に充てる。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金には、既に市が県内の23社が参加を決定している。初年度となる2009年は、滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に300万円を拠出する。このほか市が県内の参加企業から計3000万~5000万円を目標に集めるとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立はこちら

地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査

 環境省は、平成21年度の地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業の調査案件として、計23件の地球温暖化の原因対策のプロジェクトを採択したと発表した。環境省のCDM/JI事業調査は、将来的に地球温暖化の原因対策の「クリーン開発メカニズム(CDM)」、「共同実施(JI)」として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの排出削減や二酸化炭素の吸収源強化につながると考えられる効果の高い地球温暖化の原因対策のプロジェクトを発掘するとともに、CDM等の仕組みに関する国内・国際ルールづくりに必要な知見を蓄積することを目的として、平成11年度から実施されている。平成21年度の地球温暖化の原因対策は、6月2日~6月25日までの間、日本の企業、非政府組織(NGO)等を対象に、調査対象プロジェクト案件が募集され、41団体から59件の応募があり、その中から23件が採択された。
地球温暖化の原因対策の採択案件の内訳は22件がCDM事業調査となっている。1件が排出削減(REDD)事業調査。分野別では、廃棄物管理が7件、省エネが6件、バイオマス利用が5件、再生可能エネルギーが3件、交通が1件、その他1件。対象国では中国の8件、ベトナムの3件、インドネシアの3件などが多かった。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査はこちら

奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験

 奈良公園(奈良市)へのアクセスとなる電動バスの奈良県の導入計画が、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を削減する経済産業省のモデル事業に採択され、導入計画が大きく前進した。奈良県は2008年11月、平城遷都1300年祭を機に、奈良公園までの移動を便利にするため、早稲田大学などが開発した電動バスで若草山や奈良国立博物館などを巡るコースを設定し、試験走行する1回目の社会実験を実施した。今秋に実施する2回目の社会実験では、距離を延ばせば地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスのCO2削減効果も大きいとして、コースの追加も検討している。奈良県は早稲田大学と協働連携の基本協定を締結しましたが、その第1号の事業を進めるというものです。また、経済産業省が公募していた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの削減となる低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業という100%補助事業に立候補し、厳しい競争であったと思いますが、当選しました。2月25日付で採択されましたが、早稲田大学との協働連携による第1号の事業ですので、改めて発表させていただきます。
 この経産省の地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス削減の低炭素に向けた事業は、平成20年度の一次補正による社会新規事業です。全国で117件の応募に対して、37件採択されており、競争率は3倍強ということです。近畿では8件採択されました。内容ですが、奈良市内における電動バスを用いた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの低炭素型観光システムの実証実験を行います。奈良公園で昨年11月に電動バスを使った実証実験をしましたが、その継続という面もありますが、電動バスを奈良公園、奈良市内、公園の回りを走らせる社会実験で、それに伴って奈良公園を中心とした地域の交通のあり方、流れ、交通利用の変更も考えたいと思っています。事業費は1億4,000万円です。奈良公園は週末よく混みます。これは、外から来られた方が駐車場に入られるので渋滞をすることが多いわけですが、この事業は、その排気ガス等燃料消費を削減できるということを目標にした事業になります。和歌山県、奈良県、滋賀県などで採択されており、バイオ、電気のようなものが多くなっています。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験はこちら

地球温暖化の原因防止対策のクールビズトレイン

 チーム・マイナス6%(環境省)は、チーム員である江ノ島電鉄株式会社が地球温暖化の原因防止対策として実施する冷房時の車内温度を通常より1℃高くした試験的取組(クールビズトレイン)に特別協力すると発表した。今回の地球温暖化の原因防止対策の「クールビズトレイン」は、江ノ電の501号、551号(2両1編成)で1日8往復程度の運行となる。実施期間は平成21年8月3日から7日までであった。8月3日は、6月に発表された地球温暖化の原因防止対策の「小田急電鉄クールビズトレイン」の運行初日であり、片瀬江ノ島駅で9時50分から10時30分頃まで、一番列車の到着式が開催され、鏡割りや打ち水、フォトセッション、「低炭素夏休みin湘南」の紹介などが行われた。
 一方、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素夏休みin湘南」は、小田急電鉄株式会社や江ノ島電鉄株式会社などの協力、チーム・マイナス6%(環境省)の特別協力のもと、8月2日~16日に開催されるキャンペーンである。期間中、ライブやビーチバレーイベントなど様々なイベントを通じ、参加者に地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の構築に向けた行動の実践を促す。江の島においては、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会への取組に協賛した店舗や観光施設に「チーム・マイナス6%風鈴」と「ポスター」が掲げられる。さらに、江ノ島展望灯台は8月2日から31日の間、チーム・マイナス6%のカラーである緑色でライトアップされる。また、小田急電鉄(新宿駅、成城学園前駅、藤沢駅、片瀬江ノ島駅)、江ノ島電鉄(藤沢駅・江ノ島駅・長谷駅、鎌倉駅)、FM横浜auビーチカフェには、地球温暖化の原因防止対策キャンペーンのスタンプ台が設置され、スタンプ台でチーム・マイナス6%のチーム員宣言をし、スタンプカードを作れば、割引などのサービスが受けられるとのことである。「低炭素夏休みin湘南」キャンペーン問い合わせ先 「チーム・マイナス6%」運営事務局 E-mail:info@team-6.net
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策のクールビズトレインはこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベル

 環境省は、環境省の地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット第三者認証基準に基づく認証ラベルが、3案件で初めて認められたと発表した。環境省は、信頼性のある地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組を推進・普及するため、平成21年3月18日に「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」を公表している。この認証基準を受け、地球温暖化の原因防止対策の気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)が、カーボン・オフセット認証制度を創設し、5月14日から案件募集を開始していた。6月24日に有識者によって構成される地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証委員会が開催され、第1回締め切りまでに申請のあった4件から、今回の3件が認証された。今回認証され、地球温暖化の原因防止対策のラベリングを受けるのは、株式会社ルミネの「株式会社ルミネ主要店舗社員等における通勤活動に対するカーボン・オフセット」、株式会社カウネットの「カウネットカタログセットのカーボン・オフセット」、株式会社フロンテッジの「Green image in Karuizawaにおけるカーボン・オフセット」の3案件となっている。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベルはこちら

群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策

 群馬県前橋市では、市役所から排出される地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減を目指す「ECOプロジェクト」で、職員向け地球温暖化の原因防止対策ガイドブックを作成した。地球温暖化の原因防止対策ガイドブックでは、ゴミ排出量の削減、燃料使用量の削減、電気使用料の削減の3点について、節約目標を設定した。ゴミの排出量では、2007年度に市本庁舎で2万4745kgだった排出量を2009年度には2万2270kgにするとしている。燃料使用量は10%削減し、電気使用料は100万円削減を目指すとしている。また、コピー用紙の節約のため、地球温暖化の原因防止対策ガイドブックは群馬県前橋市の職員に配布せず、ネットを利用した喚起にとどめた。
 一方、徳島県では、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電のソーラー駐輪場実証実験を始めている。三洋電機(大阪府守口市)が、「太陽光発電のソーラー駐輪場システム」の実証実験を徳島県庁で行うこととなり、2009年3月には開始式を行われれている。徳島県知事は太陽光発電の開始式の後、太陽光発電のシステムにより充電したリチウムイオン電池搭載の電動ハイブリッド自転車に試乗した。徳島県庁職員の公用自転車として活用するとともに、世界の環境問題や地球温暖化の原因防止対策に貢献できる取り組みとして、徳島県内外に発信したい考えを示した。太陽光発電のソーラー駐輪場の太陽光発電の容量は630Wで、太陽光発電の年間発電量は約690kWhを見込んでいる。太陽光発電のソーラー駐輪場ではmACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器への電源供給もできる。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電パネル緊急導入事業

 農林水産省は、NPO法人日本プロ農業総合支援機構が平成21年7月27日から、太陽光発電パネル緊急導入事業について公募を開始すると発表した。この事業は、太陽光発電パネルの導入により、農山漁村の潜在力を最大限発揮させ、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現と農山漁村の活性化に資する取組みとして農林水産業に関連する施設等への太陽光発電パネルの設置費用等について補助を行うものである。10kW以上の太陽光発電パネルを設置する場合に限り、設置費用等の1/2以内(民間事業者については1/3以内)を補助する制度である。太陽光発電パネル緊急導入事業の応募方法等詳細に関しては、次のとおりである。
1 太陽光発電パネル緊急導入事業の趣旨
 農山漁村には太陽光などの自然エネルギーをはじめ、稲わら・間伐材等の未利用のバイオマスが豊富に存在するなど、食料供給のみならず地球温暖化の原因防止対策の資源供給の面でも大きな潜在力を有しています。このような潜在力を発現させ、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の実現と農山漁村の活性化を同時にかつ緊急に達成するためには、未利用資源の有効活用に必要な施設等の導入や製品の利用体制の整備が不可欠となっています。このような状況に加え、平成20年7月に閣議決定された地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会づくり行動計画」において、太陽光発電世界一の座を再び獲得することを目指し、太陽光発電導入量の大幅拡大を進めることとされる等、太陽光発電のさらなる普及が進むことが見込まれる中で、農作物の保冷倉庫や畜舎、バイオマス変換施設など、農林水産業に関連する施設等に積極的な太陽光発電の導入を図る必要があります。このような太陽光発電の状況を踏まえ、本事業では、農山漁村の潜在力を最大限発揮させ、低炭素社会の実現と農山漁村の活性化に資する取組みとして農林水産業に関連する施設等への太陽光発電パネルの設置の支援を行います。なお、太陽光発電の補助率は1/2以内(民間事業者にあっては1/3以内)とします。また、設置する太陽光発電パネルの規模は10kW以上とします。
2 太陽光発電の募集期間
 平成21年7月27日から随時受け付けます。(土曜日、日曜日及び祝日等の休日を除く毎日、10時00分から17時00分まで随時とします。)
3 太陽光発電の応募先
 特定非営利活動法人日本プロ農業総合支援機構 〒114-0024 東京都北区西ヶ原1丁目26番3号 農業技術会館別館5F 電話番号:03-5907-6191 FAX番号:03-5907-6193 担当者:尾野村、中田
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電パネル緊急導入事業はこちら

平成21年度「省エネ大賞」と地球温暖化の原因防止対策キャンペーン

 (財)省エネルギーセンターでは、地球温暖化の原因防止対策に寄与する省エネルギー性等に優れた民生用機器・システムを公募・表彰する平成21年度「省エネ大賞」の募集を開始した。この表彰は、地球温暖化の原因防止対策の省エネルギーの推進に貢献した個人及びグループ、工場、事業場又は企業等並びに機器・システムを表彰することにより、地球温暖化の原因防止対策と省エネルギー意識の浸透と省エネルギー機器・システムの普及促進を図るとともに、省エネルギー産業の発展と省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的とするもの。今年度からは、従来の民生用「機器・システム」に加え、新たに「人材部門」、「組織部門」が創設された。応募締切は、「機器・システム部門」が8月31日、「人材部門」「組織部門」は9月28日となっている。応募案件は、各部門の審査委員会の評価を踏まえ、全体の委員会で受賞者を決定し、毎年2月の省エネルギー月間に、表彰式を実施する予定としている。
 一方、環境省は、地球温暖化防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この地球温暖化の原因防止対策応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで温暖化防止の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、有限会社ひろせである。有限会社ひろせの取り組みは、有限会社ひろせ運営のwebサイト「コモドコモン」で商品を購入し、Eメールで「チャレンジ宣言カード」の画像又はpdfファイルを提示頂いた方に、もれなく「衿芯(えりしん)」(着物の小物・着付け用品)をプレゼントするというもので、実施期間は、2009年7月1日~8月31日となっている。購入の際には、必ず入力フォーム備考欄に「1人、1日、1kg CO2削減 衿芯プレゼント希望」と記入する必要がある。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 平成21年度「省エネ大賞」と地球温暖化の原因防止対策キャンペーンはこちら

神奈川県と福島県福島市の地球温暖化の原因防止対策のレジ袋削減

 地球温暖化の原因防止対策の「クールネッサンス宣言」を行い、レジ袋の削減の取り組みを進めている神奈川県では、マイバッグの使用をアピールするキャッチフレーズとイメージキャラクターを決定した。地球温暖化の原因防止対策のキャッチフレーズは、「持っています エコの心と マイバッグ」に決定した。地球温暖化の原因防止対策のイメージキャラクターには、マイバッグを擬人化した「心太(しんた)」を採用した。「ところてん」の読み仮名からは、ダイエットを連想でき「レジ袋の削減=ダイエット」と結びつくことから命名したという。また、キャッチフレーズの「心」にもつながる。作品はレジ袋削減に関する神奈川県のポスター、チラシなどに活用する。
 一方、福島県福島市は2009年3月、市内のスーパー・百貨店10事業者33店舗及び福島市消費者団体懇談会と地球温暖化の原因防止対策の観点から「レジ袋無料配布中止に関する協定」を締結し、マイバッグ運動を推進している。レジ袋の無料配布中止をはじめ、3R(リディース・リユース・リサイクル)の推進など循環型社会の構築と地球温暖化の原因防止対策を図るとしている。今後は、福島県福島市のホームセンターやドラッグストアなどとも協定を結び、取り組みを拡大したい考えだという。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 神奈川県と福島県福島市の地球温暖化の原因防止対策のレジ袋削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集

 政府は、全国の学校が地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電を設置し、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、ロゴマーク及びキャッチフレーズを平成21年9月30日まで募集する。
 太陽光発電のロゴマーク及びキャッチフレーズのコンセプトとしてはいずれも、地域の誰もが親しみを持てる地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電を表現したものや、日本の未来を担う児童・生徒が学ぶ「21世紀の学校」らしさを表現した太陽光発電のもの求めている。太陽光発電の応募作品は、関係省及び有識者による審査委員会の審査を経て、最優秀作品賞として太陽光発電のロゴマーク及び太陽光発電のキャッチフレーズそれぞれ1作品、優秀作品賞としてそれぞれ2作品が選ばれ、賞状と副賞が贈られる予定となっている。太陽光発電の応募希望者は、文部科学省公募情報から専用の応募票をダウンロードして必要事項を記入し、作品を添付して郵送で申し込む必要がある。太陽光発電の応募受付・問い合わせ先は以下のとおり。文部科学省大臣官房文教施設企画部施設助成課指導係
 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 TEL:03(5253)4111(内2463)
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の屋上緑化・壁面緑化施工面積調査結果

 国土交通省は、全国の地球温暖化の原因防止対策の屋上緑化壁面緑化施工面積に関するアンケート調査の結果を発表した。この調査は、屋上緑化及び壁面緑化の施工に関わっている主な企業等を対象に施工面積の実績について郵便書面にて調査したものである。調査対象は410社で、回収は222社(回答率54.1%)となった。調査結果概要は以下の通り。
 平成20年中に、新たに約33.6ヘクタールの屋上緑化がなされた(サッカーコート約47面分)。平成19年の屋上緑化の実績と比べると、屋上緑化の施工面積は約1割減少したが、屋上緑化の施工件数は同程度であった。また、屋上緑化に加えて、平成20年中に、新たに約7.5ヘクタールの壁面緑化がなされた(サッカーコート約11面分)。平成19年の実績と比べると、施工面積は約5割増加した。これにより、累計施工面積は、平成12年から平成20年の9年間で、屋上緑化は約242ヘクタール、壁面緑化は約24ヘクタールになった。屋上緑化・壁面緑化は、地球温暖化の原因防止対策や都市におけるヒートアイランド現象の緩和、美しく潤いのある都市空間の形成等の観点から近年大いに注目されている。
屋上緑化情報

> 地球温暖化の原因防止対策の屋上緑化・壁面緑化施工面積調査結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域

 環境省は、全国の5地域を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素地域づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものである。平成21年4月27日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策の公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、5つの地域が選定された。 今回選定された対象地域は、東京都千代田区(東京都)、京都都市圏(京都府)、大阪府摂津市(大阪府)、大阪府茨木市箕面市(大阪府)、鹿児島県霧島市(鹿児島県)となる。各地域それぞれの取組み内容は次のようになっている。
東京都千代田区(東京都)大手前・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会株式会社グランドパーキングセンターによる電気自動車用急速充電器ネットワーク化事業
「千代田区環境モデル都市行動計画」にもとづき、千代田区大丸有地区等で低炭素地域づくりを推進するため、東京駅付近に電気自動車用の急速充電器を設置し、充電器のネットワーク化を図り、電気自動車利用を推進するものである。
京都都市圏(京都府)
低炭素社会を実現する交通のあり方を考える協議会オリックス自動車株式会社による京都都市圏カーシェアリング事業
京都市内を中心に、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会を実現するための車利用として、カーシェアリング事業を行うための設備整備等を行うものである。本事業では、携帯電話からの予約やICカードを使用した管理システムを構築するとともに、複数の貸出拠点をネットワーク化することで、カーシェアリングの利便性を高め、さらに鉄道やバス等公共交通機関の利用度を向上させるものである。
大阪府摂津市(大阪府)摂津市南千里丘低炭素型まちづくり協議会阪急電鉄株式会社による阪急電鉄京都線摂津市駅におけるレンタサイクル整備事業
地球温暖化の原因防止対策の環境配慮をコンセプトとした「摂津市南千里丘低炭素まちづくり計画」をふまえ、公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、環境負荷の低い交通手段であるシェア形態のレンタサイクル事業を実施する。このため、阪急京都本線にあらたに設置される「摂津市」駅前に、レンタサイクル駐輪場を設置するとともに、主たる電源を地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電により確保する。
大阪府茨木市・箕面市(大阪府)彩都低炭素タウン推進協議会株式会社フルタイムシステムによるコミュニティサイクルの公共交通化促進事業
大阪府彩都地域において、地球温暖化の原因防止対策として自動車から自転車・公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、大阪モノレール 彩都西駅前にレンタサイクル施設を整備する。本施設では、電動補助付き自転車を24時間体制でレンタルするとともに、公共交通機関のカードシステムと連携し、登録・貸し出し及び車両管理を無人で行うシステムを導入する。
鹿児島県霧島市(鹿児島県)
鹿児島都市圏地球温暖化防止交通対策協議会九州旅客鉄道株式会社によるJR国分駅パーク&ライド整備事業
輸送部門の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素排出量を削減するため、市街地への自動車流入を抑制する。このため、JR九州 国分駅前にパーク&ライド用設備を整備し、主要幹線道路を利用するマイカー通勤者の公共交通機関への転換を促す。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域はこちら

地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業

中長期的に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大幅削減を実現するためには、公共交通機関の利用促進によるコンパクトシティへの取組や、未利用エネルギーの活用、緑地の保全や風の通り道の確保などの自然資本の活用等、面的な対策群の実施により、都市構造や社会経済システムを集約型・低炭素型に転換する取組を進めることが重要です。平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するものです。 環境省は、平成20年度環境保全型の地域づくりの推進支援事業の選定結果(第二次)を発表した。 この事業は、内閣官房が選定した環境モデル都市である地方公共団体が、環境保全の観点から実施する集約型・低炭素型の都市づくりにつながる先進的な事業に対して、必要とする施設や設備の整備を集中的に支援するもの。今回選定されたのは、高知県梼原町の2事業と、北海道帯広市、富山県富山市、沖縄県宮古島市の各1事業となっている。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因対策の環境保全型の地域づくりの推進支援事業はこちら

福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収

 福岡県大牟田市では、環境省と経済産業省による「使用済み小型家電製品の回収モデル事業」の採択を受け、2009年1月から「大牟田都市鉱山開発プロジェクト」をスタートさせている。これは、家電製品リサイクル法による家電4品目のリサイクルの仕組みとは別で、家電製品リサイクル法では対象となっていない使用済み小型家電製品の回収事業を大牟田市と協働で始めたものである。この取組みによって、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素などの温室効果ガスの減少に資すると共に、小型家電製品のリサイクルによって希少金属を再利用するために取り出すものである。福岡県大牟田市では、市内のスーパーや公共施設など約30カ所に回収ボックスを設置し、ゲーム機や携帯電話などの不用品となった廃棄小型家電製品を回収するものである。小型家電製品の回収は、有料や買取で行うものではなく、無料回収を行う。このモデル事業により効率的な回収リサイクル手法を確立し、市以外の地域にも普及させたいとしている。無料回収した小型家電製品は、「レアメタルリサイクル産学官連絡会議」のメンバー企業でレアメタルの抽出リサイクルに関する実証研究に活用する。


不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報家電製品家具レンタルリース情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 福岡県大牟田市が廃棄小型家電製品不用品の回収はこちら