TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化の原因防止対策】

山梨県の山梨中央銀行が地球温暖化の原因防止対策に融資

 山梨中央銀行(山梨県甲府市丸の内)は、財団法人日本環境協会(東京都中央区日本橋馬喰町)の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に係る利子補給金交付事業を受けて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策で設備資金を必要とする企業向けに、2011年3月から山梨県内の金融機関として初めて「環境格付融資制度」を開始した。山梨県内において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を実践する企業や国際規格のISO14001などを取得している企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策関連大型設備投資計画をバックアップする融資だといえる。山梨県内の企業が実施する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の環境経営実践状況を山梨中央銀行が評価した結果、ランク付けを行い、S、A、B、Cの4段階中のB以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組だと最高30億円の融資を受けることが可能になり、しかも最大3%の利子補給を受けることができるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る同融資制度を利用できる具体的条件は、融資日から3年以内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を6%、5年以内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量10%削減する誓約が可能であることが条件になっている。また、日本環境協会に対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の削減計画を提出し、年1回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の履行状況の報告などが求められるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 山梨県の山梨中央銀行が地球温暖化の原因防止対策に融資はこちら

滋賀県の地球温暖化の原因防止対策に反対意見

 滋賀県議会の温暖化対策特別委員会が開催され、滋賀県が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、2030年に1990年比で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の半減を目指す滋賀県条例案について、出席した滋賀県内の企業側の代表者から「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策といえども、これ以上のハードルはクリアできない」などと、滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に対して異論が相次いだ。滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の条例案は、滋賀県内の事業所に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の提示を求める内容となっており、滋賀県では県議会に提案し、可決されれば事業所の訪問を始める計画をしているという。この日、滋賀県議会に参考人として招かれた日本電気硝子の専務執行役員は、滋賀県内の4工場などで取り組む地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を説明した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の内容としては、ガラスを溶かす燃料を重油から天然ガスなどに転換し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を毎年1%ずつ減らしているとして、「これ以上の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減は採算が合わず、工場を滋賀県外移転せざるを得ない」と主張した。また、滋賀県トラック協会の種村馨専務理事は、滋賀県が2030年までに貨物輸送で47万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減目標を掲げている点に関して、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として掲げている電気自動車は、トラックには不向きだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の目標設定が安易すぎではないか」と述べた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 滋賀県の地球温暖化の原因防止対策に反対意見はこちら

地球温暖化の原因防止対策には家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出対策が必要

 日本全体の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の4分の1近くが家庭部門からの排出であるという。こうした家庭内のエネルギー消費を考え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に役立てようと、「家庭のエネルギーを考え直そう」と題したシンポジウムが3月4日に東京都内で開かれた。国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の「日本の部門別二酸化炭素排出量(間接排出量)」(2008年)によると、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、1億7,100万トンで全体の14.1%を占めており、これに自家用の自動車を加えると、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約20%にものぼるという。2008年の「エネルギー・経済統計要覧」によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の目安となる一般家庭の消費エネルギー割合は、給湯が30%、暖房が22%、厨房が9%であることから、電力消費だけではなく、熱分野における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組が重要となっている。大阪ガス(大阪府大阪市中央区)では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する「スマートエネルギーハウス」の実現に向けて、2011年2月に実際に居住しての実験を開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験住宅には、燃料電池、太陽電池及びリチウムイオン蓄電池を搭載し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量差し引きゼロを目指しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の太陽光発電とエネファームの「ダブル発電」を導入すれば、従来システムに比べて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が、約63%削減可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 地球温暖化の原因防止対策には家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出対策が必要はこちら

冷凍トラックに電気を供給して地球温暖化の原因防止対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)と中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)は、ニチレイ(東京都中央区築地)の物流会社と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、駐車中の冷凍トラックに電気を供給することによって、アイドリングをなくす事業の実証実験を行うと発表した。これまで、冷凍トラックは駐車中であっても、荷室の冷却のためにエンジンのアイドリングをしていたが、電気供給によって燃料の節約と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現させるという。実証実験は、愛知県清須市と千葉県船橋市にあるニチレイグループのロジスティクス・ネットワークの物流センターの2か所に冷凍トラックへの給電システムを設置し、2014年までを行うという。これによって、年間で約35トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減になるという。現在使用されている大型の冷凍トラックは、フェリー乗船時に給電するための電源口を備えたものが多いため、物流業者側に新たな投資は必要ないという。電力会社側は、月額1,050円の基本料金と給電1kwh当たり36円を徴収するという。冷凍トラック1台が1日当たり6時間この電力システムを利用したケースでは、年間で13万円程度の燃料費の削減効果があるほか、アイドリングをやめることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策や騒音を抑制効果もあるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 冷凍トラックに電気を供給して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 福島県矢祭町では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の一環の取組みとして、地元福島県の農産物を買ってシールを集め、福島県での植樹に結び付ける活動が始まった。これは、福島県矢祭町商工会青年部の「ポコポイント事業」で、福島県矢祭町における農産物の地産地消と環境保護の両立を図る。福島県矢祭町青年部のメンバーは「福島県矢祭町の地域ぐるみで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取り組み、地元の環境問題を整備したい」と張り切っている。「ポコポイント」は食品の量と輸送距離で環境問題への負荷を測る指標「フードマイレージ」の一つで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量を示すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のポイント事業には、福島県矢祭町内の農産物直売所や商店など23店が参加し、11月から始まった。福島県矢祭町の地元産の野菜などを購入額200円で「ポコシール」1枚をもらえ、50枚集めると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するツツジの苗木1本が植樹されるという。福島県矢祭町青年部は来年2月末までシールを張った台紙を受け付け、提出された分の苗木を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として矢祭山公園などに植える。希望者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の植樹に参加してもらうことも検討しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の苗木は1本1000円程度であり、総事業費は約70万円で、青年部の予算に加え、福島県や町の補助を受けて実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 福島県矢祭町はフードマイレージの植樹で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

新日本製鉄は岩手県釜石市で木質バイオマスの二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策

 新日本製鉄(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、釜石製鉄所(岩手県釜石市)にある石炭火力発電所で、森林整備で排出される間伐材を活用した木質バイオマスの石炭混焼試験を開始したと発表した。木質バイオマスの混焼は鉄鋼業界として初めて。来年3月まで実証実験を続け、2011年度から石炭との混焼率を2%にすることによって、年間約7,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込む。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある「エコ発電」として、各方面への利用拡大を検討するという。新日本製鉄の線材生産と電力卸売り事業を展開する釜石製鉄所では、製鉄用の熱量を得るため、年間25万トンの石炭を消費しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を年間35万トン排出している。この石炭使用量の2%を木質バイオマスに換えることで、年7000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になる。半製品(ビレット)を釜石製鉄所の炉内で加熱する際に使われる重油の代替燃料としての活用も検討するという。これまで、廃棄されていたり、放置されてきた伐採後の枝葉や間伐材は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出増につながらない未利用資源として注目されてきたが、安定した調達先が確保できないことや運搬コストがネックとなり、活用が進んでいなかったという。今回、新日本製鉄とリサイクル業者が出資する「三陸バイオマス」が岩手県釜石市の森林組合から間伐材などを調達したうえ、木材を乾燥及び破砕後、バイオマス燃料として活用し、年間で5000トンの岩手県釜石市の木材を使用する方針だという。岩手県や釜石市などの地方自治体などと連携することで調達コストの低減を図り、さらなる利用の拡大を目指していきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 新日本製鉄は岩手県釜石市で木質バイオマスの二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策はこちら

北海道小樽市の北海道ワインはヒートポンプで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 北海道ワイン(北海道小樽市朝里川温泉)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、北海道電力(北海道札幌市中央区大通東)と協力し、ワイン製造過程で出る排水を利用して、冷暖房などのエネルギーを作り出すヒートポンプを導入すると発表した。ヒートポンプを導入することによって、従来、北海道ワインが使用していた灯油ヒーターやボイラーと比較して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が年間で92トンの16%の削減、使用エネルギーが16%削減の省エネ対策になるという。北海道ワインでは、ワイン発酵時の温度上昇を防ぐため、1日約400トンの10~12度の地下水を常時汲み上げて吹きかけて冷却している。この排水をヒートポンプによって回収して加熱したものを、機械の洗浄用や事務所及びギャラリーの冷暖房の熱に利用する仕組みで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する。ヒートポンプの工事は2011年1月に完成予定で、総工事費は約7000万円となっており、北海道内のワイン製造会社で、ヒートポンプを導入して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行うケースは初めてだという。北海道ワインでは、「省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を環境保全につなげることで社会貢献をしていきたい。いずれは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したものを二酸化炭素(CO2)排出量取引につなげていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 北海道小樽市の北海道ワインはヒートポンプで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

広島県のマツダは燃費30km/Lの直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-Gで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅削減

 エコカーといえば、電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HV)が注目されているが、マツダ(広島県安芸郡府中町)は、少し違った路線を歩いている。マツダは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する技術として、2011年から発売するモデルに搭載する次世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」を採用した商品の第一弾として、世界初のガソリンエンジンの圧縮比14.0を実現し、電動アシストなしで驚異的な10・15モード燃費30km/Lを達成した次世代直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」を開発したと発表した。電動アシストなしの量産エンジンの燃費性能では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、世界最高水準のエンジンである。新たに開発したガソリンエンジンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも対応した新型デミオに搭載する予定で、日本国内では2011年前半に販売するという。SKYACTIV-Gは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する次世代直噴ガソリンエンジンとして、4-2-1排気システムやキャビティ付ピストン、マルチホールインジェクターなどの新技術の採用で量産用ガソリンエンジンとして世界で初めて圧縮比14.0の高圧縮を達成したという。エンジンの効率を大幅に高めた結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献でき、従来比で燃費・トルクをともに15%向上した。SKYACTIV-Gは、燃費がよいだけでなく、低中速トルクを増大したことから、町乗りなどの実用域で使いやすいエンジンとなっている。マツダは、地球環境問題への対応では、ハイブリッド化よりも、まず、エンジンやトランスミッションなどの改良によるベース技術の革新に力を注いでいる。SKYACTIVエンジンの技術について、マツダの山内社長は「世界の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の原動力になる新技術であると確信している」と語っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県のマツダは燃費30km/Lの直噴ガソリンエンジンSKYACTIV-Gで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅削減はこちら

京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策

 京都府木津川市木津川台にある関西学研都市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小型の電気自動車(EV)を地域住民で共同利用する実証実験が10月16日始まった。実証実験は2011年1月中旬まで行い、電気自動車(EV)普及への課題を探る。この実証実験は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が電気自動車(EV)普及のため、全国6か所で行う実証実験の一つであり、京都府や木津川市などが参加して実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)普及の実証実験には、4人乗りの電気自動車(EV)2台を使用して行う。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない排出実証実験用の電気自動車(EV)は、家庭用電源で2時間充電すると約60キロの距離を走ることができるという。京都府木津川市では、まず、地域の防犯パトロールで電気自動車(EV)を使用することにしており、京都府木津川市の住民による共同利用は11月上旬から始めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)のレンタル希望者は、事前に予約すれば、1週間で最大12時間借りることができる。電気自動車(EV)の利用者には、アンケートに答えてもらい、使用目的や運転操作の問題点などを調査するほか、それを基にして、電気自動車(EV)に適した京都府木津川市内の道路整備にも生かすという。京都府木津川市では、「電気自動車(EV)の共同利用が進めば既存の車の数も減り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減にもつながる」と期待している。この日は、京都府木津川市の木津川台中央公園で電気自動車(EV)の共同利用の説明会があり、京都府木津川市民約150人が参加して熱心に話を聞いていた。10月26日から来年2月までは、京都府相楽郡精華町のシルバー人材センターにも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)1台を配置し、同様の実証実験を行うという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府木津川市は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)普及で地球温暖化の原因防止対策はこちら

建設業の環境自主行動計画では地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が削減

 日本建設業団体連合会(東京都中央区八丁堀)、日本土木工業協会(東京都中央区八丁堀)、建築業協会(東京都中央区八丁堀)の3団体は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関連して、「建設業の環境自主行動計画」に関する第13回の調査結果を発表した。それによると、2009年度の施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は、1990年度比で11.2%減少した。2012年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値である13%には届かなかったものの、2008年度と比較して改善した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の調査期間は2009年10月~2010年4月であり、建築工事1252件及び土木工事1150件を調査対象とし、工事現場における電力、灯油、軽油、重油の使用量を把握し、施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出した。2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は1990年度比で12.3%減少しており、2009年度の11.2%は前年度から悪化したかのように見える。ただし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量原単位は建築工事と比較すると土木工事の方が大きくなり、全施工高に占める土木工事の割合が2008年度から2.4%増加したことが、全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率を悪化させていることになる。実際の施工高1億円当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、土木工事が2008年度の6万3600kgから6万1670kgへ減少しており、建築工事においても2008年度の1万3961kgから1万3792kgへと減少している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)総排出量は、1990年度との比較で50.8%減少したが、施工高も1990年度から44.7%減少しているため、3団体の地球温暖化原因防止対策ワーキンググループの見解は「実際の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率は6%程度」ではないかとみている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減率を項目別に見ると、高効率照明の採用やエアコン暖房への切り替えなどは率が高いが、省燃費運転研修は極めて実施率が低かった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 建設業の環境自主行動計画では地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量が削減はこちら

千葉県千葉市のセイコーインスツルはセンサーネットワークで地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 セイコーインスツル(千葉県千葉市美浜区)は、地球環境問題に対応し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策関連事業として、無線によるセンサーネットワーク「Mr.匠エネ」シリーズ新製品の電力測定装置と二酸化炭素(CO2)センサー装置を2010年11月に発売すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するMr.匠エネの電力測定装置は、瞬時・積算電力使用量を計測するという。Mr.匠エネは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、オフィスビルや工場、店舗の環境や、エネルギー使用量のデータを計測して制御するシステムとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に必要となる各種のセンサーを内蔵した測定装置や測定データを受信する親機と無線中継機、さらに、空調システムや照明機器などを制御することができるジェネレーターで構成されている。データの送受信には無線を使用するため、後付では面倒な配線工事が不要になるほか、装置の電池交換の手間を省くため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽電池パネルを搭載しているのが特徴となっている。発売する電力測定装置は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として利用でき、配電盤や分電盤に設置して瞬時・積算の電力使用量、電流、力率、周波数などを測定する。二酸化炭素(CO2)センサー装置は、ビル管理法で義務付けられている空気環境測定での二酸化炭素(CO2)濃度を自動的に測定し、管理システムと組み合わせて二酸化炭素(CO2)の分布を可視化するほか、ジェネレーターと連動させることによってビル内部の換気の自動制御も可能だという。セイコーインスツルは、改正省エネ法の施行や環境意識の高まりを受け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるセンサーネットワークの需要が急増すると考え、Mr.匠エネを製品化したという。環境問題の基本となる温度・湿度・照度の測定装置に加え、電力関連データと二酸化炭素(CO2)濃度の測定機能を追加して販売拡大を図る考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県千葉市のセイコーインスツルはセンサーネットワークで地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都世田谷区の住友スリーエムはカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 住友スリーエム(東京都世田谷区玉川台)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として効果的な窓ガラスから室内に入る日差しを遮断する機能性フィルムに、二酸化炭素(CO2)排出を二酸化炭素(CO2)排出権で削減する手法「カーボンオフセット」を取り入れたと発表した。建築材料として、カーボンオフセットによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減は初めてのケースになるという。カーボンオフセットによる二酸化炭素(CO2)削減を適用したのは、住友スリーエムの窓ガラスに張りつける日射調整フィルム「ウインドウフィルム」の一部製品だという。ウインドウフィルムは、日差しの熱を抑制できるため、冷房時の電力消費の抑制につながり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。しかし、ウインドウフィルムの製造や輸送時に1平方メートル当たり1.18~1.29kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量があるという。このため、インドの風力発電から生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入することにより、フィルム事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットで相殺することについて、気候変動対策認証センターによる第三者認証を取得したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都世田谷区の住友スリーエムはカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

愛知県安城市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ診断モニターを募集

 愛知県安城市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策に積極的に取り組んでいる。今般、愛知県安城市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の30%削減を目指して、愛知県安城市民モニターを募って家庭のエコ診断を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、「あんじょうダイエット30チャレンジうちエコ診断」と名付け、愛知県安城市内の各家庭で取り組んでいる電気ガスの節約など省エネ対策の現状を把握するとともに、効果的な地球温暖化の原因防止対策の提案などを行うという。具体的な内容としては、愛知県安城市内のモニターとして登録された家庭へ、愛知県安城市内のから調査票を送る。家庭では、調査票に基づき、家の間取りや建築年数、1か月のガス代及び電気代、風呂の熱源や浴槽の大きさ、1日に使うシャワーの時間など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関連した省エネ対策の細かい項目をそれぞれ記入し、愛知県安城市役所へ送り返す。愛知県安城市では、家庭から送付されてきたデータをパソコンに入力して分析し、効果的地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を示す。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電装置や省エネ対策の電気給湯器「エコキュート」を仮に購入したケースで、光熱費の節約と設置費を比較して何年かかれば採算がとれるかなどを具体的に示して、家庭における地球温暖化の原因防止対策の取組みを選択してもらうという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の診断は、愛知県安城市在住か通勤している人が対象で、募集人員は300人となっている。愛知県安城市では10月23日から12月4日までに6日間、愛知県安城市内の6会場で開く「エコ診断会」で、モニターに診断結果を伝えるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の診断に関する申し込みや問い合わせは、愛知県安城市環境首都推進課(0566-71-2206)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコ診断モニターを募集はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱商事(東京都千代田区丸の内)では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、市場メカニズムを使った「地球環境問題と経済の共生」が必要であるとの認識の下、いち早く二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスに取り組んでいるが、この度、京都議定書が定める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトのCDM案件の国連登録件数が日本企業で初めて50件に到達したと発表した。三菱商事の地球温暖化の原因防止対策のCDM案件開発は、2006年3月に国連登録されて以来、2010年9月24日付で50件目の国連登録を達成した。その間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の年間削減量は、二酸化炭素(CO2)排出量換算で累計約24百万トン/年となった。これら以外にも現在CDM案件の約30件が国連登録手続き中にあり、登録済みCDM案件の50件との合計の年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は約29百万トン/年となる見込みだという。また、京都議定書第一約束期間である2012年末までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権の創出総量は約9千万トン分を予定している。三菱商事では、引き続き、総合商社の強みを生かし、世界各国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減プロジェクトの立ち上げや、多岐にわたる需要家への二酸化炭素(CO2)排出権の着実な受け渡しなど、二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府大阪市の関西電力は二酸化炭素(CO2)排出権購入で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、吉本興業(大阪府大阪市中央区難波千日前)の子会社「よしもとデベロップメンツ」(大阪府大阪市中央区難波千日前)が所有する劇場「なんばグランド花月」(大阪府大阪市中央区難波千日前)の空調設備をガス式から電気式に変更することによって、削減が見込まれる地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出権を購入すると発表した。2013年3月末までに生じる全量560トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を対象にする。国内での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権取引は「国内クレジット制度」に基づいて行われるため、国に報告する二酸化炭素(CO2)排出削減量の数字には反映されないが、電化によるメリットなどが得られるという。また、関西電力では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みの一環として、中国の河南省メタン回収利用プロジェクトから地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権を購入すると発表した。2012年末までにプロジェクトで生じる全量約16万トン分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入するという。関西電力はこれまでに中国、チリ、ベトナムなどから約500万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入しており、グループ経営計画に掲げる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減目標達成に寄与させたいという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の関西電力は二酸化炭素(CO2)排出権購入で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 広島県福山市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、地球温暖化防止や環境保全などの活動に取り組む福山市の団体などを表彰する「ふくやま環境賞」の対象団体・事業者の募集を始めた。応募対象者は、自薦・他薦は問わず、団体部門は福山市内で活動する団体、事業所部門は福山市内に所在する事業所で、福山市内において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や3R推進活動(ごみの発生抑制、再使用及びリサイクル)又は環境保全活動を積極的に取り組んでいることが条件になっている。募集期間は10月29日までとなっている。応募のあった団体及び事業所の中から、福山市の審査会において特に優秀と認められる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策活動を実施しているものを選定し表彰する。表彰式は平成23年2月を予定している。申し込みは、福山市役所が用意している「ふくやま環境賞申込書」に、実行している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など必要事項を記入し、郵送又はEメールで提出する。問い合わせ・申込書提出先は、〒721-0956広島県福山市箕沖町107番地2 福山市役所環境啓発課(084-954-2619)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業

 三重県四日市市では、四日市市内の事業所の社員を地球温暖化の原因対策の講師に招いた「こどもよっかいちCO2ダイエット作戦」が、四日市市立塩浜小学校(三重県四日市市塩浜町)で開かれ、4年生34人の児童が環境問題や地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について学習した。同作戦は、家族が協力して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでもらおうと、四日市市や三重県、四日市市内の事業所が協力して昨年から始めたものである。同小では児童の家庭で使用する電気と水道の使用量削減を目指す。この日は、三重県四日市市川尻町の石油化学メーカーのJSR四日市市工場環境保安部環境課の社員2人が講師として同校を訪問した。「地球温暖化の原因」や「オゾン層破壊」、「森林破壊」などの地球が抱える大きな環境問題などについて説明し、「一人一人が努力することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策効果が表れる」などと話した。続いて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の作戦を進めるため、電気と水道のメーターの見方や使用量削減のヒントなどについて説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業はこちら

東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 長谷工コーポレーション(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、建設現場の仮囲いに太陽光発電システムを設置し、夜間でも明るく安全に歩ける空間を提供する活動を始めたと発表した。東京都千代田区で建設中の「富士見1丁目計画新築工事」(オフィス・賃貸マンション、事業主=住友不動産)に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを設置するという。今年度中に東京都内など首都圏の60カ所で順次導入し、地域防犯に寄与しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題にも配慮した活動を推進していく方針だという。近畿圏及び中部圏でも主要な物件において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置も検討している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電した電気は、リチウムイオン電池に蓄電され、仮囲いに設けた夜間のLED(発光ダイオード)防犯灯、LEDロゴサイン、LEDフットライトの照明に使用するという。長谷工コーポレーションの試算では、1日4時間の日照があった場合、太陽光発電システムの太陽光パネル1枚当たりの発電量は349w/日になり、年間発電量にすると127kw/年になる。年間約70kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ができる。富士見1丁目計画の現場では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの太陽光パネル4枚、LEDロゴサイン1基、LED防犯灯2基、LEDフットライト5基を設置している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

秋田県秋田市のエコホテルが二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 秋田県秋田市中通にある秋田キャッスルホテルは、来年1月から全館のリニューアル工事に着手する。耐震補強とともに空調及び暖房システムも一新し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた「エコホテル」を目指すという。リニューアルグランドオープンは、来年の12月上旬を予定している。秋田キャッスルホテルは、1970年に前身の秋田第一ホテルとして開業した。今回の秋田キャッスルホテルのエコホテルへのリニューアル工事は、本館と1980年建設の新館で実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、外装は本館をタイル張りにするという。耐震補強も行い、これは1981年法改正の新耐震基準に併せたも改修で、震度6以上の地震にも耐えるようにするという。空調システムはこれまでのA重油と電気の熱源を電気に一元化し、窓に遮熱フィルムを張るなどして冷暖房効率をさらに高め、大幅な省エネ対策を図ることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は25%の削減を目指すエコホテルにするという。秋田キャッスルホテルの客室は、現在、シングルとツインの比率が半々だが、室内面積を広げた上で4対6にし、客室数は178から150に減少するが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた快適なエコホテルになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県秋田市のエコホテルが二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車エネループバイクで地球温暖化の原因防止対策

 三洋電機(大阪府守口市京阪本通)の子会社の三洋アジアは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する充電式電池を搭載した電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」をシンガポールで本格普及させる取組みを始めた。現行規定では、この電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」は公道で利用できる最大出力を上回っているものの、安全性や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への有効性を実証することで認可取得を目指すという。電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、シンガポールが環境配慮型の乗り物を推進する取組みの「Eモビリティー・ソリューション」に適合する乗り物として政府に普及を訴えるという。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」のレンタルやシェアリングといった形態での利用促進を目指していく。シンガポールでは国内道路の渋滞が悪化していることから、「自動車から電動ハイブリッド自転車のエネループバイクへの乗り換えが進めば、渋滞緩和策に加えて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても有効である点もアピールできる」とコメントしている。シンガポール政府は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの中で、クリーンな交通手段の利用拡大に向けてディーゼルやハイブリッドといったバス車両、電気自動車(EV)、ディーゼル車の排ガスフィルターなどの実証実験を行ってきている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車専用道の整備に対しても、今後5年で4,300万Sドルを投資する計画だという。三洋アジアは、今年から、シンガポールのセントーサ島で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動立ち乗り二輪車「セグウエイ」のレンタルを手掛けるゴーグリーン社の店舗に、レンタル用の電動ハイブリッド自転車エネループバイク20台を設置している。これを1時間16Sドルで貸し出すほか、電動ハイブリッド自転車エネループバイクを利用して歴史的観光名所をめぐるツアーも提供している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないとはいうものの、電動ハイブリッド自転車エネループバイクのモーター出力は250ワットあることから、シンガポール政府が公道用電動自転車に対し認めている最大出力200ワットを上回っている。セントーサ島での電動ハイブリッド自転車エネループバイクのレンタルを通じて安全性や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への有効性が実証できれば、公道での利用が認められる可能性もあると交渉を進めているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車エネループバイクで地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県川崎市でNPO法人が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウム

 NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター(神奈川県川崎市幸区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と産業活性化をテーマに10月15日(金)、川崎市産業振興会館(神奈川県川崎市幸区)で「臨海コンビナート都市連携シンポジウム」を開催すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウムの開催時間帯は午後2~5時となっており、参加無料であるが、定員は150人となっている。シンポジウムは、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターの呼びかけで、今回初めて、神奈川県川崎市に加え福岡県北九州市、三重県四日市市、東京都、千葉県の各地区の自治体や企業担当者が一堂に会してパネルディスカッションが行われるという。各地区で推進する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策やまちづくりなどへの取組みを紹介し、各都市間の情報共有と今後の連携の可能性を考える。神奈川県川崎市からは、製品のライフサイクル全体(LCI)での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を評価する川崎モデルも紹介される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のパネルディスカッションに先駆け、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターの足立理事長による基調講演「地球温暖化防止と産業活性化の好循環に向けた工業都市への期待」が、また、終了後の午後5時からは交流会が参加費2千円で行われる。参加希望者は氏名、会社名、連絡先(電話、メール)、交流会への出欠を明記し、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターへファクス送信する(FAX044-522-5455。ホームページからの応募もできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市でNPO法人が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウムはこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県は、和歌山県内の自然環境や公害、環境行政、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について取りまとめた平成22年度版和歌山県環境白書が発刊された。近く和歌山県のホームページでも公開する予定だというが、和歌山県庁で1冊1,600円で販売している。和歌山県環境白書の第1部では和歌山県の気温や降水量など基礎データを紹介している。和歌山県土面積の77%を森林が占め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定に貢献している。和歌山県の森林のうち61%が民有の人工林で占められている。また、和歌山県民の環境意識の高まりなどから、和歌山県内で1人1日あたりのごみ排出量が年々減少し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立っていることを記載している。和歌山県環境白書の第2部では、和歌山県の環境行政の現状と課題については解説している。森林や農地、沿岸域などの保全と公益的機能の維持・増進に関して「木材価格の低迷に加え、生活のなかで薪や炭の需要が少なくなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する里山の維持管理が十分行えなくなったことなどから、放置された森林や里山が増加している」と指摘している。農村地帯でも遊休農地の増加や集落機能の低下などの問題をあげ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の面からも森林整備の必要性を訴えている。このほか地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の推進についても触れている。クリーンな自然エネルギーの太陽光発電システム設備の導入促進や和歌山県の公用車への二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッド車の導入、民間資本を導入しての二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の「企業の森事業」などの実績について説明している。平成22年度版和歌山県環境白書の販売は和歌山県庁情報公開コーナー(和歌山県和歌山市小松原通り1-1)で行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

石川県輪島市で風力発電による二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 石川県輪島市門前町サビヤ山に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として期待される自然エネルギー風力発電施設「輪島もんぜん市民風車」が3月に完成し、6月から商業運転しているが、その完成記念式典が9月18日に風力発電の風車前で開催され、「のとりん」という風力発電施設の愛称が披露された。この風力発電施設は、北陸地方では初という市民出資によって整備されたものとなっている。全国の個人、法人合わせて約500人・団体が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、石川県輪島市の自然エネルギーの風力発電施設に出資して完成したもので、輪島市での式典当日は出資者など150人が参加して行われた。風力発電施設完成記念式典を主催したNPO法人「市民環境プロジェクト」(石川県金沢市湖陽)の三国千秋代表理事が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために何ができるか。石川県輪島市の風力発電施設をきっかけに自然エネルギーを大切に使っていくのが我々の願い」と挨拶を行った。石川県輪島市の大下泰宏副市長は「自然エネルギーの風力発電施設が石川県輪島市の地域に活力をもたらしてくれる」と祝辞を述べた。風力発電施設の「のとりん」の愛称は、輪島市門前町の小学生や出資者から募集した中から選ばれたもので、「能登」と「輪島市」の「輪」を合わせ「風力発電が、りんとして回り続けてほしい」と願いを込めて命名したという。式典後、輪島市門前町の電動アシスト自転車を貸し出している「禅の里交流館」に場所を移し「市民による自然エネルギーの活用」をテーマとしたシンポジウムがあった。三国さんと鈴木亨・輪島もんぜん市民風車代表理事、富岡敏夫・NPO法人「グリーンシティ」(青森県八戸市)理事長の3人のパネリストが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として化石燃料に頼らない風力発電などの自然エネルギーの活用を訴えた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県輪島市で風力発電による二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

戸田建設は低炭素施工システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 建設施工現場の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を建設受注や企業イメージの向上につなげようとする建設会社が増加している。戸田建設(東京都中央区京橋)では「TO-MINICA(トミニカ)」という独自の低炭素施工システムを構築して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行っている。2010年4月から40以上の建築現場に導入して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果を確かめているという。戸田建設は、TO-MINICAを使うことで、工事中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年と比較して40%削減する目標を掲げている。戸田建設では、同じ建設設計図でも、戸田建設が施工すると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を最も少なくできることを発注者に訴えて、受注につなげたいと考えている。目標とする地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は、施工高1億円当たりの原単位で比較する。戸田建設の建築工事の場合では、1990年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は施工高1億円当たり19.2tだったが、2020年までに11.5tに抑えるという。2008年の実績は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量16.5tだったので、残りの約10年でさらに3割ほど削減しなければならない計算だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 戸田建設は低炭素施工システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

静岡県静岡市で国内クレジット制度による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 静岡ガス(静岡県静岡市駿河区)は、国の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業である「国内クレジット制度」を使って、静岡県内の2企業から購入した二酸化炭素(CO2)排出枠40トン分を静岡銀行(静岡県静岡市葵区)に売却したと発表した。静岡ガスによると、静岡県内で作り出した二酸化炭素(CO2)排出枠を国内クレジットを利用して静岡県内の企業に売却したのは初めてのことだという。国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業である「国内クレジット制度」は、中小企業が実現した二酸化炭素(CO2)排出量の削減分を大企業が二酸化炭素(CO2)排出枠として購入する仕組みであり、大企業は代わりに、中小企業に二酸化炭素(CO2)排出量削減のための技術や資金を提供する仕組みとなっている。静岡ガスは、静岡県静岡市内の食品会社と電気メッキ加工会社の2社の重油ボイラーを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として優れた天然ガスに転換する技術を提供した。このことによって2社は計371トンの地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減できたため、静岡ガスがこの分の二酸化炭素(CO2)排出枠を購入し、このうち二酸化炭素(CO2)排出枠40トンを静岡銀行に売却した。静岡銀行は2009年度に削減できなかった二酸化炭素(CO2)排出分40トンをこれで埋め合わせるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県静岡市で国内クレジット制度による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策

 福島県環境共生課は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として、子供たちに環境問題への関心を持ってもらおうと、福島県下の4小・中学校に、水道の流水量を減らす「節水コマ」を近く取り付ける工事を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への反応や削減効果をみて、来年度以降、福島県下の他の学校に節水コマを拡大するかどうかを検討するという。福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環としての節水コマを設置するのは、福島県二本松市立安達太良小学校、福島県郡山市立大島小、福島県郡山市立湖南小学校・中学校、福島県飯舘村立飯舘中学校を予定している。この福島県下の学校の水道の使用回数が多いトイレや給食配ぜん室に節水コマを取り付ける工事は、9月中に完了する見込みだという。福島県では、2006年度から地球温暖化の原因防止対策を定めた「福島議定書」事業において、福島県下の企業や学校に地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出削減目標を定めてもらい、それを達成するよう促している。今回の節水コマの取付けは、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方

 富士経済(東京都中央区日本橋)は、省エネルギー対策と地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となることから、市場の急拡大が見込まれている太陽光発電システムに関連する市場調査結果を発表した。調査結果によると、太陽光発電システム市場は、2009年は1兆6801億円であったが、2010年には2兆1187億円に成長する見通しであり、2025年には8兆9978億円と、2009年の5倍以上に成長すると試算している。世界的に見ると、ベルギー、チェコ、イタリア、アメリカ及びフランスなどで太陽光発電システムの需要が増加してきており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの普及によって値段が下がってきたこともあって、これら新興需要地が太陽光発電システムの市場を拡大すると予想している。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に対する意識が高いヨーロッパを中心とする太陽光発電システムの単年導入量トップ5か国であるドイツ、イタリア、日本、アメリカ、チェコで世界需要量の8割を占めているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みの強化から、5か国の太陽光発電システムの需要が拡大傾向にある上に、中国やインドが太陽光発電システムの導入量増加に動いている。また、アフリカや南米及び中東など、赤道に近く日照条件が良好で太陽光発電システムに適した地域でも中長期的に需要が拡大するとみている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、現在主流となっている結晶シリコン太陽光発電システムは、販売価格の下落でさらに増加する見通しだが、中長期的にはコスト削減余地の大きい薄膜太陽光発電システムとの競争が激化する。薄膜シリコン太陽光発電システムは製造コストが安く、レアメタルを使用していないことから変換効率の向上とさらにコストダウンが進めば、立場が逆転するであろう。CIGS(Copper Indium Gallium DiSelenide)太陽光発電システムは変換効率が高く、幅広い用途に応用できるは、普及していくためには製造コストの低減が課題である。CdTe(カドミウムテルル半導体:CdTe)太陽光発電システムは、製造コストは安いものの、有害物質のカドニウムを含むことが普及の壁になっており、今後もシェアを高めることは難しいであろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因防止対策になる太陽光発電システムの行方はこちら

長野県はノーマイカー通勤で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 長野県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、マイカー通勤者がマイカー利用を自粛し、公共交通機関や徒歩又は自転車といった二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境問題に配慮したノーマイカー通勤手段へ転換してもらうきっかけとして、6月7~13日まで実施した2010年度第1回「長野県下一斉ノーマイカー通勤ウィーク」の実施状況をとりまとめて発表した。長野県における参加事業所数は、228事業所(長野県下小中学校及び長野県はそれぞれ1として計上)となり、参加人数は1万7428人、延べ参加人数は4万3461人に上った。マイカー通勤から転換した延べ距離数は37万532kmと地球約9.3周分にもなり、削減した燃料使用量は3万8199Lとなった。削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は88.6t-CO2となり、約6420世帯が1日に排出する二酸化炭素(CO2)排出量に相当する。マイカー通勤から切り替えた通勤手段は、車の相乗り(27.2%)、自転車(22.7%)、徒歩(19.9%)となっており、電車及びバスの公共交通機関に切り替えた参加者は計約20%だった。長野県では、実施結果が好結果で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与したことから、今年度に第2回目を9月6~12日まで実施する予定だという。問い合わせは、長野県環境部環境政策課TEL:026-235-7022まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県はノーマイカー通勤で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

千葉県市原市は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減防止対策

 千葉県市原市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、家庭や事業所などで身近に取り組むことができる「緑のカーテン」のコンテスト参加者を募集している。2010年度に市原市内にある住宅又は事業所において、ゴーヤや瓢箪、朝顔などのツル性植物を使用して「緑のカーテン」を設置している個人又は団体が対象となる。市原市が用意している応募用紙に必要事項を記入のうえ、「緑のカーテン」の状況が分かるカラー写真(画像)を2枚添付し、郵送又はは電子メールで千葉県市原市環境部環境管理課へ提出する。「緑のカーテン」の応募期間は9月15日までとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる「緑のカーテン」の生育状況や効果、地球温暖化の原因防止対策の創意工夫などを基に審査し、優秀者を表彰するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる「緑のカーテン」の入賞者及び応募作品は、市原市のホームページで公表するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県市原市は緑のカーテンで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減防止対策はこちら

揚土船の屋上緑化などで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策

 海洋土木建設会社の関門港湾建設(山口県下関市細江新町)が、沿岸の埋め立て工事で使う揚土船「オーシャン5号」を公開した。揚土船としては初めて船の屋上に芝生を敷き詰めた屋上緑化スペースを設け、船内の温度上昇を抑えるなど作業員の居住や環境を配慮したほか、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策を考慮した船体設計となっている。地球温暖化の原因防止対策を考慮したオーシャン5号は、全長65メートル、幅26メートルで、総トン数2700トンであり、護岸工事や海上空港の建設などで埋め立て作業用の台船として使用され、1時間で土砂約2000立方メートルの埋め立て能力があるという。特徴としては、乗員の居住区と操船室の屋上に約170平方メートルの屋上緑化スペースを設けており、屋上緑化の芝生を敷くことで、冷房を使わずに室温を数度下げる効果があり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策にもなっているという。また、作業船としては珍しく、海水を淡水に変える設備も備えている。一般的に揚土船の作業員は、遠洋の際など数か月は下船することなく作業を続ける場合があり、揚土船単独で居住環境を整える必要性があることや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策に貢献するために建造したという。このほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ない軽油を使用するなど環境問題を重視した船となっている。船は三菱重工の関連会社が建造した。完成した船は、9月11日~13日の間、山口県下関市長府港町の長府工場で一般公開し、10月から山口県下関市と福岡県北九州市を隔てる関門海峡周辺で稼働する予定になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 揚土船の屋上緑化などで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減防止対策はこちら

家庭用コージェネレーションによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 社団法人日本ガス協会(東京都港区虎ノ門)によると、2009年度末時点の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく寄与する熱電併給による都市ガスコージェネレーションの稼働実績の累計設置件数は、9万6626件と前年同期比19.7%増と大幅に伸びているという。これは、地球温暖化の原因防止対策の家庭用コージェネレーションが20.9%増となったことが要因だが、地球温暖化の原因防止対策の産業用コージェネレーションは景気低迷の影響で減少したという。集計の対象は、都市ガスを使い電気と熱を作るガスエンジンや燃料電池などで、エネルギーを効率的に利用するため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとされる。家庭用では、ガス業界が地球温暖化の原因防止対策のガスエンジン給湯器を「エコウィル」、地球温暖化の原因防止対策の燃料電池を「エネファーム」の名称でそれぞれ販売している。地球温暖化の原因防止対策の家庭用コージェネレーションの累計は9万620万件(9万kw)で、前年同期より約1万5600件の増加となっており、大半がエコウィルだが、エネファームも3000台程度あった。一方、地球温暖化の原因防止対策の産業用コージェネレーションは0.7%減の875件であり、ビルや商業施設など業務用は5131件と5.5%増えたものの、容量は102.7万kwで1.1%減少した。初期投資を抑えることのできる比較的小型の地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーション設備が増えたとみられる。地球温暖化の原因防止対策のコージェネレーションの発電容量は計448.7万kwとなり、電力会社の発電所を含む全国の発電容量の1.62%となったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 家庭用コージェネレーションによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

中国が低炭素セメントで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 中国は世界一のセメント生産国であるが、その製造過程で地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を従来に比べて50%以上も削減できる「低炭素セメント」の開発目前になったと中国新華網が発表した。この地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素セメントについては、中国が国家プロジェクトとして推進する国家重点基礎研究発展計画の中間報告会で明らかになった。南京工業大学の沈暁冬教授率いる「低炭素セメント」の開発チームが、製造過程で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を50%以上削減できるセメントの生産技術をほぼ確立したと発表したという。中国は現在世界一のセメント生産国であり、世界総生産量の50%以上を占めており、2位のインドの13.8倍と大きく差が開いている。セメントの製造過程で排出される地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は中国の二酸化炭素(CO2)排出量全体の5分の1に上るため、中国科学技術部主導で二酸化炭素(CO2)の排出量が大幅に少ない「低炭素セメント」の開発プロジェクトが進められていたという。地球温暖化の原因防止対策の「低炭素セメント」の開発プロジェクトへの参加機関は、南京工業大学のほか、中国建築材料科学研究総院、清華大学、同済大学、華南理工大学などであったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中国が低炭素セメントで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県が地球温暖化対策大賞創設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 神奈川県地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取り組み実績などを表彰する「かながわ地球温暖化対策大賞」を創設し、9月1日から募集を始めた。「かながわ地球温暖化対策大賞」は、神奈川県内の企業や団体及び個人を対象としており、11月末まで応募を受け付けるという。神奈川県内の2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の速報値は7278万トンで、基準年である1990年と比較すると11.9%増加している。神奈川県では、表彰制度を導入することで、改正省エネ法によって今年4月から大規模事業所に義務付けられた二酸化炭素(CO2)排出削減計画書の提出を促進するとともに、先進的な地球温暖化の原因防止対策の取組みの普及を図ることを目的としている。神奈川県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減実績を評価する部門と省エネ技術の開発実績を評価する計2部門で優良事例を募る。地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減部門では、新エネルギーや省エネ設備の導入、環境性能が高い建築物の新増改築などの方策による二酸化炭素(CO2)排出量削減量を算出し、独自性や経済的持続可能性及び波及効果といった内容も評価対象で学識経験者らが審査して受賞者を決定することになる。神奈川県地球温暖化対策課は、「表彰制度が地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量対策を進める企業の励みになれば幸いだ。二酸化炭素(CO2)排出削減計画書の提出義務がない中小事業所も積極的に地球温暖化対策大賞へ応募してほしい」と話している。問い合わせは神奈川県地球温暖化対策課(電話045-210-4076)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県が地球温暖化対策大賞創設で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市は、「名チャリ」と名付け、レンタル自転車利用の拡大によって温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。レンタル自転車の名チャリの目的は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量削減、放置自転車の削減、回遊性の向上であり、名古屋大学大学院環境学研究科(愛知県名古屋市千種区)の竹内恒夫教授の研究室が2007年に名古屋市内で実験を始めた。長距離移動は地下鉄などの公共交通で行い、その後の足を二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車が担えれば、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出する車の利用を削減できるからだ。初回の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、名古屋市の矢場町周辺に13日間、5か所のステーションを設置し、1台が1日に利用された回数は平均1.16回であり、昼借りて夕方返すというレンタサイクル的な利用だったという。2008年からは、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する取組みであることから名古屋市が協力を始めており、2009年は2か月間にわたってレンタル自転車の実験を行った。今年の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、採算の合う事業としてレンタル自転車が成り立つかどうかを検証するため、登録料を徴収し、一定時間を過ぎたら課金するものであるが、ICカードを使用したセルフサービス方式で行うという。名古屋市自転車利用課では「有料にしてもレンタル自転車の利用が多ければ、二酸化炭素(CO2)排出量を削減可能な地球温暖化の原因防止対策としても本格導入を検討していく」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

茨城県水戸市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策

 茨城県水戸市千波町の茨城県民文化センター大ホール西側の外に設置しているトイレの外壁一面が、地球温暖化の原因防止対策の「緑のカーテン」としてゴーヤなどのツル植物が作り出す緑に覆われて、夏のひと時の涼しさをかもし出している。緑のカーテンは、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取り組みであり、今年で3回目となるという。今年は、地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンの準備として6月に幅約25メートル、高さ約3メートルのネットを設置した。そこへ、昨年の落ち葉を堆肥にして土を肥やし、ゴーヤの苗約20本と昨年収穫されたゴーヤの種に加えて、朝顔、フウセンカズラの3種類のつる性植物の種を植えたという。職員が朝夕の2回水をまいて大切に育ててきた結果、8月初旬になると地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンはトイレ全体を覆うまでに大きく成長した。6月初旬まではトイレの室温が外気を10度程度上回っていたが、地球温暖化の原因防止対策の緑のカーテンが完成した後は室温の方が0.1度低くなり、緑のカーテンの冷却効果が証明されたという。茨城県民文化センターでは「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、来年もぜひ実施したい。今度は収穫したゴーヤの種だけで緑のカーテンに挑戦したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策はこちら

東京都足立区が打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京都足立区では、6年前から8月を打ち水月間として指定しており、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のために、また、雨水の有効利用を呼びかけている。前日の7月31日16時から、北千住駅西口ぺディストリアンデッキで打ち水月間をPRするキャンペーンを行った。打ち水に参加した8団体、約300人が、東京都足立区が庁舎で貯めた雨水1000リットルをヒシャクでまいた。打ち水から約30分経過後、地表温度は△4.4度、気温は△0.4度下がり、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策として一定の効果があったという。足立区の打ち水担当者は「曇天なので、昨年のように地表温度が13.2度も下がらなかったが、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のための打ち水のよいPRになった」と打ち水の効果のあった現場で話していた。今後は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及びヒートアイランド対策のために、足立区内の町会・自治会や商店街で自主的に打ち水を行ってもらえるように、足立区では、打ち水キャンペーン用の旗やヒシャク等用具の貸出や参加者向けのクーラーバッグの記念品を用意し、打ち水月間をアピールしていくという。打ち水キャンペーン当日の参加団体は、北千住マルイ、ルミネ北千住店、東京城北ライオンズクラブ、潤徳女子高校、都立足立工業高校、氷川ラジオ体操会、太郎山ラジオ体操会、千住花花会であった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都足立区が打ち水大作戦で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府が視察受け入れで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減策を伝授

 京都府内の自治体で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減策などに関する環境施策を学ぶため、イギリスとオランダの地方自治体の職員9人が京都府庁(京都府京都市上京区)を訪れ、山田啓二京都府知事を表敬訪問した。2日まで、京都府内の京都市や亀岡市で地球温暖化の原因防止対策の取組などを視察するという。これは、地方自治体間の国際交流を支援する財団法人自治体国際化協会(東京都千代田区麹町)の招きで、ロンドンの環境行政担当者らが来日し京都を訪問した。総合地球環境学研究所(京都府京都市北区)や、京都府亀岡市が進める「カーボンマイナスプロジェクト」などを視察するという。この日、地球温暖化の原因防止対策の視察団の一行は山田京都府知事と懇談し、スコットランドからやってきた地方公共団体のボブ・スチュワート環境サービス部長は「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減策など地方自治体に環境問題政策のアドバイスを行う者の立場として、京都議定書の制定の地である京都府の地球温暖化の原因防止対策の取組を学べるのは素晴らしい機会だ」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府が視察受け入れで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減策を伝授はこちら

低速電動コミュニティバスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 一般社団法人「蓄電型地域交通推進協会」が設立され、早稲田大学(東京都新宿区)で設立発表会が行われた。同法人は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる低速電動コミュニティバスを用いた環境対応・地域密着型交通システムによって、商店街や観光地及び中山間地域などの地域活性化を図り、地方自治体の赤字体質を改善していくことを目的とするものである。協会の発起人は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関心の高い群馬大学(群馬県前橋市)、東京農工大学(東京都府中市)、富山国際大学(富山県富山市)、龍谷大学(京都府京都市伏見区)、広島経済大学(広島県広島市)、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(千葉県柏市)、NPO法人地域再生機構(岐阜県岐阜市)、早稲田大学の有志からなる独立法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター(東京都千代田区)研究開発領域「地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会」関係者と国内17番目の自動車メーカーであるゼロスポーツ(岐阜県各務原市)といったメンバーで構成されている。地球温暖化の原因防止対策の活動の核となる低速電動コミュニティバス(通称E-コミバス)は、3815×1600×1990mmとコンパクトなボディサイズの9人乗りで、運転時に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない乗り物である。最高速度は20km/hしか出ない仕様で、満充電での走行距離は40kmであり、バッテリーに使用する4個の鉛電池は充電して使用するほか、簡単に交換できるようにもして使用するという。地球温暖化の原因防止対策のため、低速電動コミュニティバスは、必要かつ十分な性能にとどめることで、地方自治体が導入しやすい車両価格を実現し、地域交通の安全性を高めるとともに、人々を運ぶのではなく、繋ぐ交通手段であることを強調するものにしていきたいという。また、電力には、太陽光発電、水力発電、風力発電など地球温暖化の原因防止対策になる自然エネルギーを活用することで、エネルギーの地産地消化も進めていく。同協会では、地球温暖化の原因防止対策の低速電動コミュニティバスの供給だけでなく、運行管理などのシステムも開発する予定であり、希望に応じて鉄道などの蓄電型地域交通システムも組み合わせ、パッケージとしての提案も行っていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 低速電動コミュニティバスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 IHI(東京都江東区豊洲)と東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な原子力発電所向けタービン用機器(ケーシング・ノズル等)の製造を目的とする合弁会社の設立について最終合意に至ったため、IHI・東芝パワーシステムを平成23年1月に設立すると発表した。合弁会社設立の目的として、現在、世界各国において、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減とエネルギーセキュリティ確保の観点から、原子力発電への期待が急速に高まっている状況にある。IHIと東芝は、沸騰水型原子力発電所の建設及び運転保守ビジネスにおいて、密接な協力関係を構築しており、また、アメリカウェスチングハウス社に出資して、加圧水型原子力発電市場への参入についても鋭意取り組んでいる。そのような状況の中、設立する新会社では、IHI横浜事業所内を拠点として、東芝が手掛けるBWRおよびPWR原子力発電所向け蒸気タービンのケーシング・ノズル等の製造を行う。IHIは、これまでの原子炉圧力容器や格納容器の製造に加えて、タービン機器製造という新たな製造領域に踏み込む。東芝では、これまで以上にタービンの生産能力を拡大することが可能となることから、原子力発電事業のサプライチェーン強化を図るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや関連する意見である。

> IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」を募集開始

 環境省は、「チャレンジ25キャンペーン」に取り組んでいるチャレンジャーの日本百貨店協会において、地域社会との繋がりと地球温暖化の原因防止対策等につながるエコロジーをかけあわせたテーマで地球温暖化の原因防止対策による温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減にかける思いを川柳に読み込む「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」の募集を平成22年7月20日~8月31日まで実施すると発表した。環境省のチャレンジ255キャンペーンでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた気持ちを表すこの川柳の募集に特別協力を行い、募集に合わせたチャレンジ25キャンペーンの個人チャレンジャー募集などを行っていく予定だという。日本百貨店協会による「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」募集実施概要は次のとおりである。【実施期間】募集期間:7月20日(火)~8月31日(火)発表期間:10月1日(金)~10月31日(日) 【募集お題】「美しいわがまち、エコライフ賛歌」※「地域社会の繋がり」と地球温暖化の原因防止対策等につながる「エコロジー」を掛け合わせたテーマ設定とする。【応募方法】各百貨店店頭設置の「川柳応募専用ハガキ」又は「郵便ハガキ」を使用すること。 応募方法等詳細に関しては、日本百貨店協会(TEL:03-3272-1666/FAX:03-3281-0381)(担当:西田、高橋、森、長柴)まで問い合わせのこと。

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」を募集開始はこちら

神奈川県海老名市の神奈川県立高で地球温暖化の原因防止の環境教育の成果発表

 神奈川県立海老名高校(神奈川海老名市中新田)は、神奈川県教育委員会から「環境教育推進拠点校」の指定を受け、地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題環境教育に取り組んでいる。先般、同校において、1年生や保護者、海老名市の地域住民ら約380人が参加して地球温暖化の原因防止対策を学ぶ「省エネ共和国地域学習会」が開かれた。学習会では地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題についての講演と、学内で取り組んでいる地球温暖化の原因防止の省エネ共和国の活動・成果を発表した。2005年から進めている省エネ共和国の活動では、牛乳パックやペットボトルキャップ及びアルミ缶の回収に取り組み、タイの体の不自由な子どもたちへ車いすや歩行器、途上国の子どもへポリオワクチンを寄付している。また、校内には、地球温暖化の原因防止対策を考えるきっかけとなる太陽光発電や風力発電施設も備え付けてある。こうした取り組みについて、6代目の同共和国大統領らがパワーポイントを使いながら地球温暖化の原因防止対策を保護者らに説明した。また、1年生を対象にした元国連職員、上村雄彦さん(神奈川県横浜市立大准教授)の地球温暖化の原因防止対策に係る講演「持続可能なグローバル福祉社会の実現」も行われた。

> 神奈川県海老名市の神奈川県立高で地球温暖化の原因防止の環境教育の成果発表はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の講師派遣

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として行われているオフセット・クレジットJ-VER)制度の効率的な活用を促進するため、J-VER制度に関する講習会等を実施する地方自治体を対象にオフセット・クレジット(J-VER)制度の講師の派遣支援を行うこととし、平成22年6月8日から講師派遣を希望する地方自治体を募集している。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するために平成20年11月に同省が創設したものである。この事業は、オフセット・クレジット(J-VER)制度を活用して、地球温暖化の原因防止対策の推進や地域活性化等の事業を行おうとする地方自治体を対象に、J-VER制度に関する講師を派遣というものである。地球温暖化の原因防止対策の支援機関は、次のとおりとなっている。


> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度の講師派遣はこちら

地球温暖化の原因防止に向けた温暖化対策新メカニズム

 経済産業省は、途上国の地球温暖化の原因防止対策に対する日本の貢献度を評価し、自国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減計画に反映するメカニズムの実現を目指し、2011年度から調査を本格化すると発表した。地球温暖化の原因防止の新メカニズムを取り入れた排出削減事業の発掘や国際貢献の評価手法を構築する作業を進め、2012年度以降にも先行的なモデル事業を開始する予定としている。従来の国連の地球温暖化の原因防止対策技術移転の仕組み「クリーン開発メカニズム(CDM)」の欠点を補う新たな仕組みの確立を目指すという。地球温暖化の原因防止に向けた2013年以降の国際枠組み「ポスト京都議定書」をめぐり対立する先進国と途上国の溝を埋める一助としたい考えだ。今回の地球温暖化の原因防止の途上国支援メカニズムは、温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減に役立つ技術・製品やインフラを途上国に移転する日本の貢献活動を評価する仕組みで主な支援対象は東アジアになるという。投資国側の日本がインドネシアとの間で2国間協定を締結し、両国が温室効果ガスのCO2削減プロジェクトを共同で進め、温室効果ガス削減事業に伴う二酸化炭素排出削減量を測定し、第三者審査機関が検証と認証を実施し、そこで認められた二酸化炭素排出削減量に相当する「クレジット(排出枠)」を2国間で分配したり、日本の温室効果ガスである二酸化炭素排出量の目標達成に利用したりするというものになる。移転を目指すインフラは、低炭素型の発電技術であり、米中印のすべての石炭火力発電所に高効率の発電技術を適用した場合、日本1国分の温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量(約13億トン)の削減が可能になる。原子力発電所では、1基当たりの年間CO2削減効果が約600万トンに達するといい、鉄鋼やセメント産業の環境調和型生産技術を移転することなども想定される。日本はこれまでも、国連の制度を通じて技術移転を行ってきた。先進国に温室効果ガスの二酸化炭素排出削減を義務づける京都議定書に定められた地球温暖化の原因防止対策のCDM制度がその一つであり、途上国でのCO2削減事業から生まれた排出枠を先進国に移転する考え方は地球温暖化の原因防止対策の新メカニズムと同じだが、国連主導によるこの制度には問題点が多かった。その1つが、地球温暖化の原因防止対策のCDM制度手続きの煩雑さだ。国連による統一的で厳格な審査を経る必要があり、事業計画の策定から国連の地球温暖化の原因防止対策のCDM事業として登録するまでに2年以上もの歳月を要する。さらなる問題は、地球温暖化の原因防止対策のCDMの対象分野に偏りがあることだという。これまでに約2000件の地球温暖化の原因防止対策のCDM事業が国連に登録された。それを分野別にみると水力発電が最も多く27%を占め、メタンガスの回収や風力発電などが続き、日本が得意とする地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素排出量の削減に繋がる省エネ事業は6%にとどまる。これは、地球温暖化の原因防止対策のCDMでなければ温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減事業が実現できないという「追加性」の証明と排出削減量の検証が難しいことによる。また、原発や石炭火力発電所などからのCO2を回収・貯留する技術「CCS」も得意分野だが実質的には対象外となっている。こうした国連による地球温暖化の原因防止対策のCDMの限界を打開するため、経産省は、国連に頼らない2国間協定などに基づく地球温暖化の原因防止対策の仕組みを検討しており、政府が6月にまとめる新成長戦略に地球温暖化の原因防止対策を盛り込むという。その上で、2010年度予算を活用した先行調査を実施し、さらに、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素排出量の新メカニズムの予算を拡充し、来年度から本格的調査を立ち上げる予定となっている。この新しい地球温暖化の原因防止対策支援メカニズムは今年12月に開かれる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)に向けた交渉でも提案し、地球温暖化の原因防止対策の海外貢献の独自認定の仕組みを法案に盛り込む米国とタッグを組む可能性もあるという。

> 地球温暖化の原因防止に向けた温暖化対策新メカニズムはこちら

日立がカナダ州と地球温暖化の原因防止の二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術で協力合意

 日立製作所は、カナダのサスカチュワン州政府と地球温暖化の原因防止対策として火力発電所の排出する温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)技術の実証実験やスマートグリッド(次世代送電網)など5分野で協力することに合意したと発表した。日立の中西宏明社長は2020年までにカナダでの地球温暖化の原因防止対策としての環境・エネルギーの累積事業規模を1000億円にまで高めるとともに、シンガポールなどでも同様の協力事業を展開したい考えを示した。日立はカナダサスカチュワン州の電力公社と2月、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素回収・貯留(CCS)の実証実験と石炭火力発電所の効率化で協力することに合意し、既に事業を始めているという。州政府との合意で、地球温暖化の原因防止対策として2つのプロジェクトの継続が確実になるとともに、太陽光発電や風力発電などの分野でも事業が進められる。中西社長とブラッド・ウォール州政府首相は調印式後に会見した。首相は同州で既に始めた地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)実証実験が実績を積んでいることを強調したうえで「二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)は地球温暖化の原因防止対策の必要性から計り知れない可能性がある」と、日立との協力関係に大きな期待を寄せた。中西社長も「日立でも地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)の技術開発は進めているが、実証実験に参加し、ビジネスモデルを提示できることには大きな意義がある。今後の地球温暖化の原因防止対策としてのビジネス展開でも共同で行うことはあり得る」と述べ、州政府や電力公社と北米などで地球温暖化の原因防止対策として事業化したい考えを示した。また、州政府と協力関係を結ぶ意義について「地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)のような事業は長期間にわたる。資源価格の乱高下で計画がストップするようでは技術が進まないので、政府の関与が重要だと述べた。日立では昨年11月にも、中国で経済政策を担う国家発展改革委員会と、地球温暖化の原因防止対策や省エネルギーなどで事業協力することに合意した。3月には北京で政府関係者ら450人が参加した地球温暖化の原因防止対策の交流会が開かれ、具体的には高効率発電やスマートグリッド、地下鉄などの分野で事業の具体化に向けた話し合いを進めた。5月には天津市の塩田跡地を活用した大規模環境都市プロジェクト「地球温暖化の原因防止対策の天津エコシティ」でも協力することが決定している。さらには、日立がスマートグリッドや電気自動車の充電システムなどで協力する予定であり、地球温暖化の原因防止対策に寄与する事業拡大への布石とする。

> 日立がカナダ州と地球温暖化の原因防止の二酸化炭素回収・貯留(CCS)技術で協力合意はこちら

鉄鋼業界が地球温暖化の原因防止対策に技術革新

 わが国の鉄鋼業界が鉄の生産過程で排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2)を抜本的に減らす技術の開発に向け、本格的に動き出したようだ。国内製造業で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量が最も多いものの、現行の技術では温室効果ガスの削減余地が乏しく、技術革新で成長と地球温暖化の原因防止対策の両立を図りたい考えだ。国内の新日本製鉄など鉄鋼大手5社と新日鉄エンジニアリング、日本鉄鋼連盟が参加するプロジェクト「COURSE50」の一環として取り組んでいく。現在の鉄鋼生産の過程で排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の削減技術を2030年までに確立した上で、2050年までに新たな技術を実用化し、業界全体で温室効果ガスの二酸化炭素CO2の排出量の30%削減を目指している。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2大量排出の原因になっている炭素の代わりに水素を使う新製鉄法の関連技術を試す設備を2010年度中に新日鉄君津製鉄所(千葉県君津市)で建設するほか、4月には高炉の排出ガスから温室効果ガスの二酸化炭素CO2を分離・回収する技術の実験を始めたという。新しい製鉄設備では、石炭を蒸し焼きにしたコークスの生産工程で発生するガス中の水素を増やす技術の実証を進めている。製鉄の際、水素を取り出して鉄鉱石から酸素を除く還元剤として使う技術の開発に成功すれば、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の大幅削減につながるという。

> 鉄鋼業界が地球温暖化の原因防止対策に技術革新はこちら

地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例

 京都府では、今年度までの京都府内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を設定した京都府地球温暖化対策条例に関し、一部見直しなどを審議している京都府環境審議会・地球環境部会が京都府京都市上京区で開催された。京都府では、今回のこの会合において、地球温暖化の原因防止対策に係る条例の一部改正に関する中間案を初めて提案した。現行の京都府条例は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを2010年度に1990年度と比べ10%削減するのが目標としている。しかし、中間案は新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標達成のため、中小企業や家庭で削減した二酸化炭素(CO2)分を大規模排出事業者が購入する「京都発CO2排出量取引制度」を構築することや特定建築物を新築する際に一定量以上の京都府内産木材の利用を義務化することなどを盛り込んだ。会議に出席した委員からは「大規模排出業者同士が地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を取引できる制度も構築してはどうか」「京都府内産木材が安定して供給できる仕組みづくりを急ぐべきだ」などの貴重な意見が出された。京都府では6月府議会に中間案を報告後、7月に京都府民向けのパブリックコメントを実施する予定となっている。意見を集約した上で9月京都府議会への改正京都府地球温暖化対策条例案の提案を目指すという。

> 地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例はこちら

中小企業白書で地球温暖化の原因防止対策に言及

 政府は、地球温暖化の原因防止対策に言及した2010年版の中小企業白書を発表した。この中で、中小企業の地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの排出実態を初めて詳しく分析し、国内のエネルギー使用に伴う二酸化炭素排出量全体に占める中小企業の割合を12.6%(2007年度)と推計した。政府が掲げる「2020年までに1990年比で25%削減」の中期目標達成に向け、中小企業にも地球温暖化の原因防止対策を促すのが狙いだという。白書によると、飲食・宿泊業などの業務部門では、中小企業の地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温室効果ガスの排出は全体の43%で、大企業の57%に迫っている。このうち、業界別に中小企業の占める割合をみると、飲食・宿泊業が59%に達し、商業は44%にのぼった。製造業や建設業などの地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温室効果ガスの排出量に係る産業部門では、中小企業の割合は11%にとどまり、大企業の89%を大きく下回ったが、業界別では、農林水産業などの非製造業で、中小企業が75%を占めた。中小企業へのアンケートでは、地球温暖化の原因防止対策として発光ダイオード(LED)照明の導入など省エネ投資に消極的な理由について、「投資費用が大きい、「コスト削減につながらない」などの声が上がった。

> 中小企業白書で地球温暖化の原因防止対策に言及はこちら

長崎県南島原市の保育所へ、地球温暖化の原因防止のそらべあ太陽光発電所贈呈式

 長崎県南島原市西有家町にある長野保育園に対して、ソニー損保(本社・東京都)から地球温暖化の原因防止対策に大きく寄与する太陽光発電施設「そらべあ発電所」が贈られ、その贈呈式が22日同園で行われた。これは、地球温暖化の原因防止の太陽光発電などグリーン電力の啓発活動をしているNPO法人そらべあ基金(本部・東京都)が企業・個人からの寄付を基に、希望する全国の幼稚園・保育園に抽選で贈っており、今回が12園目となるものである。贈られた設備は、屋根に設置する太陽光発電の太陽電池パネルと、室内に置く発電量表示器など計350万円分となっている。今回の太陽光発電設備では、年間3149キロワットを発電し、同保育園の年間消費電力の約20%を生み出すことができるという。太陽光発電贈呈式では、園児たちは、氷が解けて母親とはぐれたホッキョクグマの「そら」「べあ」が母親を捜しに旅に出る紙芝居を観賞した。その後、「無駄な電気は使わない」と地球温暖化の原因防止を約束した。最後は、同基金やソニー損保の代表、そら、べあのぬいぐるみと共に記念撮影をした。松本園長は「園児はごみを減量化し、生ごみを堆肥にして菜園を育ててきた。太陽光発電の設置で環境問題にますます関心が高まる」と大いに期待していた。

> 長崎県南島原市の保育所へ、地球温暖化の原因防止のそらべあ太陽光発電所贈呈式はこちら

三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度

 三重県が3月から始めた地球温暖化の原因防止対策と林業振興を目的に「三重県木材CO2固定量認証制度」で、三重県産材を店舗づくりに取り入れた3社が初めて三重県から認定された。三重県庁で授与式が行われ、野呂昭彦三重県知事がそれぞれの代表者に認定証を手渡した。地球温暖化の原因防止の同制度は三重県産のヒノキやスギを店舗・事業所の内外装や備品などに使用した企業・団体、三重県産材の住宅や家具を購入した個人を、申請に基づいて認証する制度となっている。地球温暖化の原因防止対策として三重県から認証されると、公募で選ばれた認証マークが使用できる。個人の認定者は鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の遊園地やフレックスホテル(三重県松阪市)で割引が受けられる。地球温暖化の原因防止の認定証を受けたのは、イオンタウンディベロップメント中部(愛知県名古屋市)、マックスバリュ中部(三重県松阪市)、モビリティランド鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)となっている。イオンタウンディベロップメント中部とマックスバリュ中部は、地球温暖化の原因防止対策として5月1日に三重県津市に開店するショッピングセンターやセンター内の店舗の内装などに三重県産材を使用している。モビリティランド鈴鹿サーキットは、地球温暖化の原因防止対策として3月に開店したレストランに三重県産材を利用している。

> 三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度はこちら

地球温暖化の原因防止でモルディブ共和国の太陽光発電システムへ無償資金協力

 地球温暖化の原因防止対策については、地球規模の全世界で取り組む必要があるといえる。しかし、発展途上国においては、どうしても地球温暖化の原因防止対策に関しては、他の切実な施策が優先されるような状況にある。そのような中、日本政府は、モルディブ共和国政府が取り組んでいる「太陽光発電システムによるマレ島におけるクリーンエネルギー促進計画」による地球温暖化の原因防止対策に対し、10億円の環境プログラム無償資金協力を行うことを決定した。先般の、2010年3月25日、スリランカのコロンボにおいて交換文書の署名式が行われた。この計画によって供与される太陽光発電システムにより、モルディブにおける火力発電用の原油使用量が低減し、それに伴い地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量が削減されることが期待されている。なお、今回の地球温暖化の原因防止対策への無償資金協力は、「鳩山イニシアティブ」の一環として実施することとしたもので、すべての主要国による公平かつ実効性のある枠組みの構築と意欲的な目標の合意を目指して、コペンハーゲン合意への賛同に向けた働きかけも含め、モルディブと引き続き地球温暖化の原因防止対策に係る気候変動分野で連携していくとしている。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止でモルディブ共和国の太陽光発電システムへ無償資金協力はこちら

福島県福島市の土湯温泉が温泉熱で地球温暖化の原因対策

 福島県福島市の土湯温泉を地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組む「エコ温泉地」としてPRしようと、同温泉観光協会など8団体が12日、プロジェクトチームを発足させた。福島県福島市の土湯温泉の豊富な温泉熱を暖房や調理に利用し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量を削減させるというものだ。新年度の4月1日に地球温暖化の原因対策の「エコ温泉地宣言」をし、活動を本格化させる。同温泉は源泉温度が約140度もあり、旅館や家庭に供給される時点でもなお65度の高熱を保っている。この温泉熱をコタツや床暖房、給湯などに使用すれば燃料使用量の大幅な削減が期待でき、地球温暖化の原因防止対策に寄与できるという。源泉を管理する「湯遊つちゆ温泉協同組合」は昨年11月、温泉熱の多目的活用に改修費2万円を補助する制度を導入しており、この温泉熱の活用による地球温暖化の原因防止対策を旅館や家庭に呼び掛ける。女将(おかみ)会も温泉熱で調理可能な新メニューの開発を進めるという。旅館には冷房28度、暖房20度を原則としたクールビズとウォームビズの推進や、割りばし使用抑制のため再利用可能なプラスチック製はしの利用を要請する。ゴミを拾いながら周辺の湖沼を散策する「エコハイキング」の実施や、資源ゴミ回収所「エコセンター」の開設、エコを呼び掛けるキャラクターの作成なども実施する。観光協会の渡辺和裕会長は「福島県福島市の土湯温泉は、エコ資源が豊富だ。地域全体で活用し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減を進めるのが今後の進むべき道だ」と話している。

> 福島県福島市の土湯温泉が温泉熱で地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温暖化対策法案が閣議決定先送り

 政府は4日、当初5日を予定していた地球温暖化の原因防止対策の「地球温暖化対策基本法案」の閣議決定を来週に先送りすることを決めた。法案での原子力発電の扱いをめぐり連立を組む社民党との調整が難航していたという。非公開会合の密室で検討されてきた法案づくりのやり方にも、民主党の支持基盤である連合に加え、与党議員らからも強い批判が出た。政府の調整能力不足が露呈した形だ。政府は、改めて12日に法案の閣議決定を目指すことになった。官邸では、平野博文官房長官や小沢鋭仁環境相ら地球温暖化対策の関係閣僚と連合との意見交換会を実施した。経済産業省や環境省も相次いで、同法案に関する与党政策会議を開くなど、慌てて公開議論の体裁を整え出した。会合に出席した連合の南雲弘行事務局長は、終了後に記者団の質問に応じ、2020年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する政府目標の実現に向けて「地球温暖化の原因防止対策にむけて国民や企業が果たす役割分担が示されていない」と、問題点を指摘している。「地球温暖化の原因防止対策の責任を明確化した上で、国民対話をすべきだ」と述べ、今後の具体的な温暖化対策づくりに注文を付けた。一方、産業界から電気事業連合会や日本鉄鋼連盟など5業界団体の代表者を招いた経産省の政策会議では、増子輝彦副大臣が「(法案づくりが)透明性に欠けたことは反省し、おわびする」と謝罪し、国民を置き去りにした法案づくりの不手際を認めた。

> 地球温暖化の原因防止対策の温暖化対策法案が閣議決定先送りはこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度支援事業者募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策オフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を希望する事業者に対し、地球温暖化の原因防止対策の申請書の作成支援を行うため、平成22年2月26日まで支援事業を実施する事業者を募集すると発表した。地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減・吸収量カーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するために平成20年11月に同省が創設したものである。この事業は、原則として3月末までに申請予定の事業者を対象として、20事業者程度を採択、プロジェクトの種類毎に、担当する支援機関が実施するものとなっている。
地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度支援機関
(1)三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
 担当:地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマスプロジェクト以外の排出削減プロジェクトに関する問い合わせ・支援 担当部署:環境・エネルギー部(竹田、邉見、小沼) TEL:03-6711-1243 E-mail:offset@murc.jp
(2)株式会社三菱総合研究所
 担当:地球温暖化の原因防止対策の木質バイオマスプロジェクトに関する問い合わせ・支援 担当部署:環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ(奥村、真野) TEL:03-3277-3402 E-mail:jver@mri.co.jp
(3)社団法人海外環境協力センター
 担当:地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度利用に関する問い合わせ 担当部署:業務部(担当:小野、針生) TEL:03-5472-0144 E-mail:offset@oecc.or.jp
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度支援事業者募集はこちら

九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工

 地球温暖化の原因防止対策としてクリーンエネルギーに期待がかかっているが、九州最大となる九州電力の太陽光発電施設「メガソーラー大牟田太陽光発電所」が福岡県大牟田市新港町の九電港発電所跡地で着工した。九州電力の太陽光発電所建設は初めてのことであり、関係者ら約40人が参加し安全祈願祭を行った。地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電所は、ヤフードームとほぼ同じ面積の敷地約8万平方メートルに、太陽光発電パネル1万4000枚を設置するものとなっている。太陽光発電の発電出力は3000キロワットで、年間発電量は約320万キロワットにのぼるという。これは、一般家庭2200世帯が昼間利用する電力量に相当し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2(二酸化炭素)排出量では約1200トンの抑制効果があるという。メガソーラー大牟田太陽光発電所の総事業費は約20億円を見込んでいる。九州電力では、地球温暖化の原因問題への対応や国産エネルギー活用の観点から、新エネルギーによる発電の導入を進めており、2017年度に太陽光発電による発電量を100万キロワットに拡大することを目指している。メガソーラー大牟田太陽光発電所安全祈願祭に出席した瓜生九州電力常務は「地球温暖化の原因防止対策として再生可能なエネルギーの活用に力を入れており、それを推進していく起爆剤と考えている。地域に親しまれる地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所にしたい」と話していた。
 古賀福岡県大牟田市長は「地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電所が新エネルギーを推進する施設として、高い評価が得られるよう、福岡県大牟田市としても力を入れていく。一日も早い完成を期待している」と述べていた。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 九州電力が福岡県大牟田市で地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設着工はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備

 滋賀県は新年度、地球温暖化の原因防止対策として電気自動車の充電設備を滋賀県内に約30か所整備する事業の予算化を検討している。フル充電1回当たりの走行距離が琵琶湖半周程度と短い欠点を補い、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出が少ない電気自動車の普及を目指す。設置するのは、電圧200ボルトの充電設備で、1時間で走行距離約20キロ分を充電でき、滋賀県立施設のほか、民間商業施設などでの設置を想定している。電気自動車のフル充電1回あたりの走行距離は百数十キロであることから、滋賀県内各地で充電できるよう、分散して配置する計画となっている。重電料金は滋賀県立施設では当面無料とし、民間で料金を徴収するかどうかは各施設に任せる方針だという。滋賀県内ではマイカーからの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量が全体の12%を占め、滋賀県は2030年において地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減を目指しており、電気自動車への買い替え促進の一環として計画した。滋賀県の地球温暖化の原因担当課では「滋賀県が充電設備を先駆け、CSR(企業の社会貢献活動)の一環で民間駐車場などに広まれば、利便性が高まる。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減のため、電気自動車普及の呼び水にしたい」としている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として電気自動車充電設備30か所整備はこちら

地球温暖化の原因防止にCIAが偵察衛星で協力

 米国では、現在、軍事用の偵察衛星の画像を地球温暖化の原因気候変動の研究に活用する計画が進んでいる。このことによって、科学研究用の機器だけではとても集められないきめ細かいデータを使えるようになり、地球温暖化の原因の現象の解明に向けて有力な道具となりそうだという。具体的には、米中央情報局(CIA)と米科学アカデミー(NAS)が共同で地球温暖化の原因防止対策の準備に当たっており、既に2009年には、偵察衛星がとらえた北極海の海氷データの分析も始まっている。偵察衛星の情報を地球温暖化の原因防止対策に利用する計画は1990年代にもあったが、地球温暖化の原因防止対策に後ろ向きだったブッシュ前政権の発足後に中断していたという。2008年、地球温暖化の原因防止対策に積極的なアル・ゴア元副大統領らの働きかけで復活し、オバマ大統領の下で、CIAも積極的に協力しているという。特に、北極海の海氷の縮小は、国際的な海底資源の争奪戦を引き起こす可能性を秘めており、海氷の挙動の詳細な把握は、安全保障上の観点からも重要性を増している。それだけに、情報当局も地球温暖化の原因防止対策の研究者との協力を重視しているようだという。ただ、偵察衛星の画像を地球温暖化の原因防止対策の研究用に提供する際には、機密扱いの衛星の具体的な性能を知られないよう配慮して、解像度が落とされているそうだ。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止にCIAが偵察衛星で協力はこちら

埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減

 埼玉県は、大規模事業所に県が定めた目標に従って二酸化炭素(CO2)の排出量削減を求める地球温暖化の原因防止対策として「目標設定型排出量取引制度」を2011年度から開始すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は埼玉県内に約600か所あり、埼玉県は各事業所に省エネ対策の計画を提出させるという。地球温暖化の原因防止対策を達成できない場合、他の事業者などから温室効果ガスの二酸化炭素の削減量を買い取る「排出量取引」も制度化する。埼玉県温暖化対策課によると、地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は、エネルギー使用量が原油換算で3年連続して年1500キロリットルを超える工場などとなる。新たな計画では、事業者が自主的に地球温暖化の原因防止対策の目標を定めて取り組む現行の「彩の国エコアップ宣言」より企業にとって厳しくなるうえ、罰則はないものの毎年、埼玉県がホームページを通じて結果を公表する。業種ごとの温室効果ガスの二酸化炭素の削減率は未定だが、2010年度から同様の制度を始める東京都の6~8%が温室効果ガスの二酸化炭素の削減の目安になるという。埼玉県は、2020年度までに2005年度比で25%の二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目標に掲げている。2006年度の埼玉の二酸化炭素(CO2)排出量3981万トンのうち、約52%が工場や事業所など事業活動に伴う排出であることから、この温室効果ガスの削減に目をつけた取組みとなっている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として無償で中小企業に専門家を派遣

 滋賀県内の中小企業の地球温暖化の原因防止対策を支援しようと、滋賀県は温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減策を助言する専門家を無償で派遣する事業を始めた。地球温暖化の原因防止対策モデル企業として滋賀県が公募で選んだ建設業などの6社が滋賀県庁を訪れ、嘉田由紀子滋賀県知事と排出削減に関する協定書を取り交わした。2030年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を1990年比で半減する目標を掲げる滋賀県は、省エネ診断の専門家を単独で依頼することが難しい中小企業にも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減を進めてもらおうと、専門家の派遣を決めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素削減の専門家は各事業所の設備を点検し、機械の運用方法や設備更新などを助言する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減の達成状況を滋賀県のホームページで公表していく予定で、他の企業にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の排出削減の参考にしてもらいたいとしている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素削減のモデル企業の一つ、滋賀県の特別養護老人ホーム「淡海荘」の岡村勝美荘長は「これまでも節電など光熱費の削減に取り組んできたが、温暖化の原因防止対策の視点で更に経費縮減を進め、滋賀県に協力していきたい」と話している。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策として無償で中小企業に専門家を派遣はこちら

地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資

 日本政策投資銀行は、地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組む企業への国の利子補給制度を活用し、大王製紙へ実質無利子の融資を実施したことを明らかにした。大王製紙を含む製紙大手は、2年前に年賀はがきに端を発した再生紙の古紙配合比率を偽装した問題で、社会的な批判を浴びた。だが、政投銀は「再発防止策も進んだ」と判断し、実行されたが、製紙業界への利子補給制度適用は初めてのケースとなる。企業の地球温暖化の原因防止対策資金として、融資額100億円を上限に3年間で3%の利子を補給する環境省の地球温暖化の原因防止対策制度を使って、大王製紙に融資するという。政投銀が、独自に環境配慮企業へ金利優遇する格付けで大王製紙を最高位にランク付けたことで、利息は実質ゼロとなるが、融資実行額は非開示とした。大王製紙は、利子補給制度を受けるため、地球温暖化の原因防止対策として3年以内に二酸化炭素CO2)排出量を6%以上削減すると誓約した。地球温暖化の原因防止対策融資資金は、木材チップから紙原料の繊維を取り出す際の樹脂廃液を燃料化するボイラー設備に充てるという。政投銀は「不祥事の徹底した原因究明と各種再発防止策で、信頼を回復しつつある」と判断し、大王製紙の地球温暖化の原因防止対策としての環境対応を「特に先進的」と評価した。具体的には、大王製紙が(1)平成2年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大幅に削減した(2)廃水処理技術に優れている(3)業界平均を上回る古紙利用率を達成していることなどを認定したという。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資はこちら

地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として制定されている「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に対して、平成22年2月3日までの間、意見募集を行うと発表した。今回の改正の概要は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素他の温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策としての意見は、郵送、FAX、電子メールで環境省が受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。
○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp
今回意見を求めている地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案の概要は次のとおりである。
1 改正の趣旨
地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律117号)に規定する地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量の算定方法及び地球温暖化の原因となる温室効果ガス算定排出量の算定方法について、インベントリで用いられている算定方法の見直しや総合エネルギー統計の数値の更新等を踏まえ、地球温暖化の原因対策の推進に関する法律施行令(平成11年政令143号)に規定する温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものである。
2 改正の内容
以下の項目に係る見直しを行う。


3 施行期日
平成22年4月1日
改正後の本施行令別表第8(廃棄物の埋立処分に係る算定方法)の規定は、平成22
年度以降の報告について適用する。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集はこちら

京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組み

 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素の削減で合意した京都議定書採択の地として環境先進地を目指しているのが京都府と京都市である。しかし、現実には地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置はあまり進んでいない。その原因の一つとして、2007年度から厳しくなった景観規制の影響が指摘されているが、京都市は2009年度に地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を増額し、普及を図ろうとしている。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金については、京都市は2003年から設置への補助を始めており、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの導入件数は2003年度173、2004年度155、2005年度172、2006年度224、2007年度191、2008年度103件と心もとない数値に終わっている。これには、景観規制により地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの普及が遅れている面はあると京都市地球温暖化対策室は話している。京都市の景観規制区域は京都市内の9割にも及んでおり、歴史的風土特別保存地区や伝統的建造物群保存地区などでは、原則として地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムとはいえ設置することができなくなっている。京都市では屋根も含めて文化財の扱いであるので、少しでも異質なものは認められないようになっている。美観地区などでは地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置は可能だが、それでも屋根材の色彩と調和させる必要がある。地区により濃淡はあるが、規制のない自治体よりも京都市では地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの費用と手間がかかる。京都市は「京都市民や業者からすれば設置許可や届け出などの手続きが面倒で、敬遠する傾向があるかもしれない」と認めながらも、「そんなに難しいことを言っているつもりはない。京都は京都らしく景観とマッチさせながら地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムを普及させる。規制緩和ではなく、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金の増額で対応している」と話している。最大出力1キロワット当たり4万5000円だった地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を、2009年度から規制区域外で5万円、規制区域内では8万円に引き上げた。京都市の規制区域内に3.4キロワットを設置するモデルケースでは総費用は238万円になる。これに対して補助金は、京都市が27万2000円、京都府が8万5000円(エコポイント)、国から23万8000円が出るので計59万5000円となり、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの自己負担額は178万5000円となる。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金がなければ30年とされる設置費回収にかかる年数は、補助金で20年余りに短縮されることになる。さらに、2009年11月からの余剰電力固定価格買い取り制度で十数年に短縮されたという。京都市には2009年度は前年度を上回るペースで申請があり、京都市は2009年度予算5474万円をほぼ使い切っており、設置件数が過去最多になるのは確実だという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組みはこちら

地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数

 環境省と経済産業省は、各電気事業者から提出された平成20年度の地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数を官報に掲載し、環境省WEBサイトの報道発表資料でも公表した。これは、地球温暖化の原因防止対策のために制定されている地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づく地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量排出する事業者(特定排出者)は、毎年、年度ごとの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を国に報告することが義務付けられている。特定排出者における電気の使用に伴う地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量の算定にあたっては、特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(算定省令)第2条第4項に基づく、実排出係数及び代替値(0.000561 t-CO2/kWh)を、調整後温室効果ガス排出量の算定にあたっては、温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令(報告命令)第20条の2に基づく調整後排出係数を用いることとされている。この係数を乗じることによって、各年度の電気等の使用に係る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出量を計算することができるようになる。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数はこちら

地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策国内クレジット認証委員会あてに新規で87件の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出削減事業の計画案の提出があったと発表した。今後、審査機関等の審査を経た後、事業者からの承認申請に基づいて、年明け以降に開催される国内クレジット認証委員会において、順次、その承認のための審議を行う。なお、今回の87件を含めた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減事業の計画案の累計提出件数は234件、年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減見込量は151,076t-CO2となった。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素削減の国内クレジット制度は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みである。中小企業等における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減の取組みを活発化、促進することを目的としている。京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)の抜粋は次のとおりである。大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等(いずれの自主行動計画にも参加していない企業として、中堅企業・大企業も含む。)が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組による排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みを構築し、その目標引き上げ等を促していく。その際、参加事業者が自主的に取り組むことを前提としつつ、我が国全体での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減につながるよう、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減量の認証に当たっては、民間有識者からなる第三者認証機関が京都メカニズムクレジットに適用される簡便な認証方法に倣った基準により認証を行うことにより、一定の厳格性及び追加性を確保するとともに、中小企業等の利便性確保の観点から手続の簡素化等を行う。さらに、既存の関連制度(地球温暖化対策推進法の算定・報告・公表制度や省エネルギー法の定期報告制度)との連携・整合性のとれた制度とする。なお、本制度の運用に当たっては、中小企業等がこの仕組みの下で得られる収入のみでは事業が成立しない場合に限り、設備導入補助等既存の中小企業支援策を最小限受けることができるようにする。また、創出された地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の「国内クレジット」の管理体制・システムについては、例えば中小企業等と大企業等が協働(共同)で事業計画を策定、申請し、その認可を受けるといった仕組みなど、可能な限り簡便なものとする。本制度は、京都議定書目標達成計画の内容に沿って策定された国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)運営規則(平成20年10月21日 経済産業省、環境省、農林水産省)に基づき、運営されている。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表 はこちら

地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動

 地球温暖化の原因防止対策が世界的な課題となるなか、温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を大きく吸収する森林の地球温暖化の原因防止対策としての価値が改めて注目されている。群馬県内では、みなかみ町北部に広がる国有林「赤谷の森」を舞台に地球温暖化の原因防止対策と自然林の再生、生態系の回復を目指す「赤谷プロジェクト」が進んでいる。地元住民と自然保護団体、林野庁の三者が、森林管理の計画段階から手を携え、地球温暖化の原因防止対策を含めて森のあるべき姿を追い求めるという全国に先駆けた取り組みだ。

地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生


 地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの核となるエリアでの取組みである。最も自然林が豊富に残っており、希少な生物が数多く生息している。一方で人工林となっている場所もあり、地球温暖化の原因防止対策として自然林の再生と多様な生態系の回復が図られている。

地球温暖化の原因防止対策の水源機能の回復


 法師山から法師沢やムタコ沢を経て、下流部の集落の水源・温泉源になっており、地球温暖化の原因防止対策として水源機能の回復が図られている。1980年代にはスキー場建設が計画されたが、水質汚染を懸念した地元住民が反対運動を起こした。

地球温暖化の原因防止対策の森と歴史の交流


 豊かな自然が残る一方で、長い歴史の中で人々に親しまれてきた三国峠や旧三国街道が残る。地球温暖化の原因防止対策の森と人とが共生する歩道を目指し、エコツーリズム実践の場として期待される。また、渓流環境復元を目指し、治山ダムの中央部が撤去された。

地球温暖化の原因防止対策の人工林の活用


 人工林の割合が最も高く、林道の敷設もエリア全域に及んでいる。人工林の森で、地球温暖化の原因防止対策のほか、生物の多様性を高めるための取り組みが進められている。

地球温暖化の原因防止対策の赤谷プロジェクト


 舞台は1万ヘクタールの国有林であり、2004年に始まった地球温暖化の原因防止対策を踏まえたプロジェクトの正式名称は「三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画」である。イヌワシやクマタカなどの猛きん類が生息し、豊かな自然をはぐくむ天然のブナ林などが広がる国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)が舞台で、「AKAYA(赤谷)プロジェクト」の略称で呼ばれる。森を六つのエリアに分け、それぞれに地球温暖化の原因防止対策のテーマを設けたほか、新潟県境に広がる「緑の回廊・三国線」も活動範囲に加えた。「地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生」などを掲げたエリア1、2では、約3000ヘクタールの人工林を、実験的に数カ所で伐採した。さまざまな動植物が生息・生育する自然林に復元しようと、人為的な植樹などは行わず、自然の力による回復に委ねているが、5年経過して、ブナやミズナラなどの広葉樹の生育が見られる。エリア4では、09年10月から11月にかけて、治山ダムによって阻害された渓流の連続性を復元しようと、全国で初めて治山ダム中央部の撤去も行われた。今後は、魚類の生息分布や土砂の流況などを調べる。プロジェクトは、ダムやスキー場開発計画への反対運動を展開した地元住民や自然保護団体が、計画の頓挫後に敵だった林野庁に参加を呼び掛けるという、ユニークな過程を経て実現した。バブル経済期の1988年、林野庁が地域振興などを目的に、国有林にスキー場などのレクリエーション施設建設を掲げた「ヒューマン・グリーン・プラン」を策定し、赤谷川では1980年代から首都圏の渇水対策として川古ダムの建設計画も進んでいた。地域住民が1990年、開発の危機にさらされた自然を守ろうと「新治村の自然を守る会」を結成し、日本自然保護協会とともに反対運動を展開した結果、ダムとスキー場は2000年、いずれも計画が中止になった。その後、残された自然を保護するため、協会が林野庁に働きかけ、企画運営会議などを経て2004年に地球温暖化の原因防止対策も踏まえたプロジェクトがスタートしたという経過がある。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動はこちら

地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界

 鉄鋼業界にとって2010年は2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組み(ポスト京都議定書)がどう決着するかが大きな焦点になる状況といえる。昨年暮れにデンマークのコペンハーゲンで開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では結論が2010年に持ち越され、先進国は同年1月中に20年までの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を提示することに決まった。鉄鋼業界は「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%減」という日本の削減目標を引き下げるよう求めているが、鳩山政権が世界で最も厳しい地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%減を見直さなければ、鉄鋼業界としては生産拠点の海外移転を余儀なくされることもある。「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%削減ありきではなく、国際的公平性、実現可能性、国民負担の妥当性の観点から早急に再検討してほしい」と、日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は定例会見で、COP15の結果を受けて、政府に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の見直しを要望した。元々、国内の主要産業で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスのを最も多く排出する鉄鋼業界では、今回のCOP15で日本のみが世界でも突出した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を背負い込むことになりかねないとの危機感が強かった。鳩山由紀夫首相は2009年9月の国連演説で「すべての主要国の参加による意欲的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の合意」を条件として25%削減目標を表明したが、条件が棚上げされて25%減だけが独り歩きする危険性を否定できない。COP15では最終的にこうした事態は避けられた格好だが、鉄鋼業界は地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの警戒感を解いていない。実際、鳩山首相は地球温暖化の原因問題に関する閣僚委員会で、10年1月末の目標提示に向け「前提条件付きで地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%をはっきり書き入れるべきだ」と改めて強調している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力はないが、一度世界に明示すれば、前提条件が満たされていないからといって取り下げるのは容易でない。
 鉄鋼業界が焦るのは、世界の主要な鉄鋼メーカーのうち、2012年に期限が切れる京都議定書によって実質的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減義務を負っているのは日本だけだったという苦い経験があるからだ。日本の鉄鋼業界は世界最高水準のエネルギー効率を誇るだけに、京都議定書には「各国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標が政治的に決められた」と業界内で反発が強い。現在においては、鉄鋼業界の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力は限界に近く、25%減には国内の粗鋼生産量を約2割も減らす必要があるとの試算もある。現時点で海外に高炉を含む一貫製鉄所を持つメーカーはないが、ポスト京都による地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の行方次第では、抜本的な生産体制の変革を迫られる可能性もある。日本の鉄鋼業は主要な省エネ設備の普及率がほぼ100%で、他国と大きな差がある。国際エネルギー機関(IEA)の試算では、最先端技術を導入した場合であっても、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減余地は、粗鋼生産1トン当たり0.07トンと世界最小となっている。さらには、国内外に供給している高機能鋼材も最終製品として使用される段階においては、CO2削減に大きく貢献している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量削減に繋がる高強度で軽量な自動車向けの高張力鋼板(ハイテン)など5品種には、2008年度に797万トン供給し、一般の鋼材を使った場合よりも年間1487万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減効果があったとしている。また、日本の鉄鋼業が培ってきた省エネ技術を海外に普及させることでも、これまでに年間3300万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与してきた。将来的にも全世界で年間3.4億トン、日本の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量の25%相当分を削減できる。これらを通じて地球温暖化の原因対策に積極的に取り組むのが日本の目指す方向だといえよう。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界はこちら

地球温暖化の原因防止対策のワークショップの開催

環境省と気象庁は、『地球観測連携拠点(地球温暖化分野)平成21年度ワークショップ「統合化された地球温暖化の原因観測を目指して -雪氷圏における観測の最前線-」』を開催すると発表した。このワークショップは、地球温暖化の原因に関する統合的な観測を関係府省・機関の連携により推進するために環境省と気象庁が共同で設立した地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局(地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁)の主催で、平成22年1月29日に、千代田放送会館 ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)で開催するものとなっている。地球温暖化の原因の影響が最も現われやすい領域の一つである極域および雪氷圏を取り上げ、最新の観測技術や観測成果を紹介するとともに、極域及び雪氷圏における観測研究の今後の展望についても講演を行う。また、観測研究の連携に関する総合討論も実施する。参加者を先着順で定員200名募集、参加希望者は事前に地球温暖化観測推進事務局ホームページ(http://occco.nies.go.jp/100129ws/index.html)から登録する必要がある。
地球温暖化の原因防止対策のワークショップの案内」
 地球温暖化の原因防止対策に関する統合的な観測を関係府省・機関の連携により推進するために環境省と気象庁が共同で設立した地球観測連携拠点(温暖化分野)の事務局(地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁)が主催する、研究者から一般の方までを対象とした平成21年度のワークショップを下記のとおり開催します。今回のワークショップでは、地球温暖化の原因の影響が最も現われやすい領域の一つである極域および雪氷圏を取り上げ、最新の地球温暖化の原因の観測技術や地球温暖化の原因の観測成果についてご紹介するとともに、極域および雪氷圏における観測研究の今後の展望についてもお伝えします。また、地球温暖化の原因の観測研究の連携に関する総合討論も行います。
1 期日平成22年1月29日 (金) 13時~17時15分
2 場所千代田放送会館 ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)
3 実施体制
主催 地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁 後援 内閣府、文部科学省
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所
独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター
4 実施内容
タイトル「統合された地球温暖化の原因観測を目指して」-雪氷圏における観測の最前線- 基調講演「地球温暖化の原因から地球を守る雪氷圏」 中尾正義(人間文化研究機構) 講演 [1] 「北極域の海氷と地球温暖化の原因」榎本浩之(北見工業大学) [2] 「アジアの氷河・氷河湖と地球温暖化の原因」藤田耕史(名古屋大学) [3] 「極域の氷床と地球温暖化の原因」東久美子(国立極地研究所) [4] 「日本の海氷・降雪・積雪と地球温暖化の原因」高野清治(気象庁) [5] 「雪氷圏における地球温暖化の原因影響研究の今後」大畑哲夫(海洋研究開発機構) 総合討論「雪氷圏における地球温暖化の原因観測研究の今後の展望」
5 その他
定員  200名(事前登録制、入場無料)
※ 参加につきましては、下記ホームページからお申し込みください。
 http://occco.nies.go.jp/100129ws/index.html (本件に関する問合せ先)
環境省 地球環境局 総務課 研究調査室 電話03-3581-3351(内線6735) 気象庁 地球環境・海洋部 地球環境業務課 電話03-3212-8341(内線4739)
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のワークショップの開催はこちら

日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援

 地球温暖化の原因防止対策を議論している国連会議気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)に出席している小沢環境相はデンマークで会見し、途上国を対象に、今後3年間で地球温暖化の原因防止対策費用としておよそ1兆7,500億円の支援を行うと発表した。小沢環境相は「国際社会において、地球温暖化の原因防止対策に重要な責任を担う国の1つとして、約1兆7,500億円、おおむね150億ドル規模の地球温暖化の原因防止対策費用の支援を実施していくことを、本日決定いたしました」と述べた。小沢環境相は、途上国の地球温暖化の原因防止対策を支援する「鳩山イニシアチブ」として、1兆7,500億円の提供を発表し、各国の首脳会合を前に、政治的合意に向けて途上国に歩み寄りを促す狙いとしている。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの排出枠組みのあり方をめぐっては、日本やEUなどは当初、すべての国が参加する地球温暖化の原因防止対策に係る議定書を作ることを求めてきたが、15日になって、合意に向けたわずかな前進が見られた。アメリカや中国が別の新たな枠組みに参加することを条件に、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の延長の交渉に応じる姿勢を見せた。このため閣僚級会合では、京都議定書の延長と、米中が加わる新しい枠組みとを「セット」にする案も浮上している。17日以降は、鳩山首相やオバマ大統領ら、世界のリーダーたちが続々と現地入りし、COP15は、政治的合意に向けて重大な局面に入るといえそうだ。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 日本が途上国対象に地球温暖化の原因防止対策費用1兆7,500億円の支援はこちら

京都府の地球温暖化の原因防止対策のコンテスト

 全国各地で地球温暖化の原因防止対策の取組みが盛んになってきている。京都府地球温暖化防止活動推進センターが主催する環境コンテスト「きょうとECO-1グランプリ2009」では、省エネルギーの発光ダイオード(LED)のランプの街灯設置に取り組む京都府長岡京市の長岡中央商店街振興組合がグランプリを受賞した。西山森林整備推進協議会も準グランプリで、長岡市内の二つの地球温暖化の原因防止活動が上位を独占し、両団体の関係者がこのほど長岡市役所を訪れて喜びを報告した。商店街は昨年から、電気代や地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2の削減を狙い、街灯の84基の水銀灯をLEDにする活動を始めた。併せて、地球温暖化の原因防止対策の環境学習の一環として小学生がランプを組み立てるなど地域ぐるみで取り組んでいる。一方、協議会は2005年から地権者や企業や大学、行政、市民グループなどが連携し、人工林の間伐など西山の再生を進めてきた。本年度のコンテストでは、応募32団体のうち、10団体が決勝大会に進み、今月6日に京都市内で活動を発表した。審査の結果、商店街と協議会の取り組みがグランプリと準グランプリを独占した。商店街は小中学生も加わって活動をPRし、参加者が選考する会場賞も受賞することとなった。来年2月には東京での全国大会に出場する。商店街の中小路貴司理事長は「地味な活動だが、みんなで少し頑張れば地球温暖化の原因防止対策を守ることができる。地域を巻き込めたのがうれしい。市内にも地球温暖化の原因防止対策が広がればよいが」と喜んでいる。協議会の南紘之副会長も「全国的に少ない産官学民の連携で、西山が地球温暖化の原因防止対策としてCO2削減に貢献していることが認められた。整備箇所は私有地が中心で、今後も行政や関係者とうまくスクラムを組むことが大切」と話している。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報LEDライト電光サイン看板情報

> 京都府の地球温暖化の原因防止対策のコンテストはこちら

京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表

 日本からは京都府の京都市をはじめとする世界79都市の自治体のトップがデンマークに集まり、地球温暖化の原因防止対策に向けて連携を進める「コペンハーゲン市長気候サミット」が15日に始まり、国の枠組みを超えて先進的な地球温暖化の原因防止対策の取り組みで協力するために意見を交わした。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目的に世界40か国の首都を中心につくるグループ「C40」などとデンマークのコペンハーゲン市が主催し、市役所の会議室で開催した。初日は地球温暖化の原因防止対策に係る円卓会議があり、クリーンエネルギーやごみ行政、建物のエネルギー効率といったテーマごとに5人前後の市長がテーブルを囲んで発表し、その後話し合った。日本からは京都府の京都市の門川大作市長が地球温暖化の原因防止対策として低炭素の交通システムがテーマの会議で発表した。京都市における家庭での使用済みの食用油でつくるバイオ燃料をごみ収集車などに使っている事例を紹介し、「地球温暖化の原因防止対策のためには京都市民の関与は非常に重要」と強調した。隣席に座っていたフランス・ナント市のジャンマルク市長も「地球温暖化の原因防止対策を解決するためには、市民を引き込むことが大事だ」と指摘した。このほかに、ロンドンや香港、ヨハネスブルクなどの市長も出席し、地球温暖化の原因防止対策の一環として、都心への自動車流入を減らすための課税や温室効果ガスを排出しない電気自動車の導入などをめぐって熱心に議論をした。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表はこちら

地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力

 日本政府は、ミクロネシアの地球温暖化の原因防止対策として実施される「太陽光発電を活用したクリーンエネルギー導入計画」に対して、5億3,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。この地球温暖化の原因防止対策の計画は、大洋州地域における地球温暖化の原因による気候変動対策支援の一環として、太陽光発電関連機材を供与し、ミクロネシアにおけるディーゼル発電の一部を自然再生可能エネルギーに代替することにより、地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の削減を図るものである。日本政府は、これまで一貫してミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するものとなっている。
 一方、国土交通省は、バングラデシュのダッカにおいて、同国における地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害対策を推進するための日・バングラデシュ気候変動ワークショップを開催すると発表した。バングラデシュでは、地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっているという。このため、同省では、両国における水災害への影響としての地球温暖化の原因による気候変動問題への取り組みや、日本から地球温暖化の原因防止対策として提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行い、バングラデシュの防災能力の向上を図るとともに、両国の一層の協力関係を推進していきたいとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力はこちら

地球温暖化の原因防止対策と家庭用燃料電池

 最近、地球温暖化の原因防止対策の切り札になるのではないかと家庭用燃料電池が注目されています。日本はポスト京都議定書で2050年に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2009年度比で60~80%削減、中期計画となる2020年には2005年度比で15%削減を打ち出しています。しかし、現実には削減できているどころか、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温暖化ガスの総排出量は毎年増加の一途をたどっています。このことは、家庭に限ってみても、2007年の地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量は1990年比でプラス40%を超えており、確実に増加傾向にあります。もっとも、各家庭から出る温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減率は25%と最も高く設定されており、実現には省エネ家電や断熱効果などでの従来の手法では達成できないほどハードルが高いものとなっています。そこで地球温暖化の原因防止対策として期待を集めているのが家庭用燃料電池なのです。
 家庭用燃料電池はエネファームと呼ばれています。「エネルギー」と「ファーム(農場)」を組み合わせたこの造語は、水素と酸素から電気と熱を作る仕組みとなっています。これまで家庭は、電気・ガス・灯油などのエネルギーを「使う」だけの場所でしたが、エネファームの登場により、エネルギーを「作る」場所へと変えようとしているのです。水と大地で農作物を作るのと同様に、必要な場所で必要なだけのエネルギーを作るという分散型エネルギーの発想が注目を集めているのです。
 エネファームでは、天然ガス、LPG(液化石油ガス)、灯油を燃料にオンサイト(使用場所)発電を行う熱電併給機器(コージェネレーション)です。一般的には、天然ガスの主成分(メタン)から効率よく水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで電気を生み出す燃料電池方式を採用しています。エネファームの仕組みは、水の電気分解の逆の原理を利用しています。化学反応の際発生する熱は、排熱回収装置で回収し、お湯として貯湯タンクに貯め、必要なときにお湯を供給します。従来の火力発電のシステムでは無駄になっていた熱を給湯や暖房に活用することで、高いエネルギー利用効率を実現しているのです。さらに、エネファームの一次エネルギー利用効率は、電気として35%、熱として45%と約80%が利用できますが、これは火力発電所の電気を利用していた従来の方式と比べると約2倍の効率となっています。また、発電時には地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを大きく削減できるのも特徴です。燃料から水素を取り出す「改質」の際に地球温暖化の原因となる二酸化炭素が多少発生しますが、エネファーム1台で削減できる地球温暖化の原因となる二酸化炭素は年間に約1.3トンであり、2800平方メートルもの森が1年間に吸収する量に相当します。エネファームは、使う場所でエネルギーを作り出すので、従来の方式と比べて配電時のロスも抑えることができます。日本における家庭用燃料電池は、4年間の大規模実証事業を踏まえ、2009年から実用化はじめたところです。パナソニック、ENEOSセルティック、東芝燃料電池システムが商品を発売しており、新日本石油、東京ガスといった燃料企業や、積水ハウス、ミサワホームといったハウスメーカーなども加わってきています。世界の共通課題である地球温暖化の原因防止対策には、低炭素社会の実現が欠かせません。低炭素社会の実現に向けて今最も熱い視線が注がれているエネルギーシステムがエネファームです。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策と家庭用燃料電池はこちら

京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレード

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているコペンハーゲンや東京と連携し、京都府京都市内で実施された地球温暖化の原因防止対策のパレード「クールな地球へ! 京都アクション2009」が賑わっていた。COP3が開かれた1997年の地球温暖化の原因防止対策のパレードに比べれば小規模なものとなったが、参加者は地球温暖化の原因防止対策の京都議定書が生まれた地から強いメッセージを発信しようと「京都から地球温暖化の原因防止の声を」と訴えた。COP15は前半の会議を終え、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書を基盤とする国際的な枠組みを決める作業はこれからが正念場となるところである。パレードの実行委員会は、日本は1990年比30%以上の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を目指せ、先進国は野心的な温室効果ガス削減目標と支援を目指せ、途上国も温室効果ガス削減の枠組みに参加をなどを共通スローガンとして掲げた。気候ネットワークや地球温暖化の原因防止京都ネットワーク、関西NGO協議会など多数の団体や市民ら約150人のパレードは午後2時、京都府京都市中京区の京都市役所を出発し、、参加者にはベビーカーを押す外国人男性をはじめ、白クマのかぶり物や牛の着ぐるみに身を包んだ参加者もいた。一行はシュプレヒコールを上げながら「STOP地球温暖化」「地球温暖化の原因防止対策によって守りたい私の地球」のプラカードと共に行進し、御池通から烏丸通、四条通、河原町通と市街の目抜き通りを約2時間かけて歩いた。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレードはこちら

ファミリーマートが地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットを実施

 コンビニエンスストアのチェーン展開をしているファミリーマート(本社:東京都豊島区)は、2010年2月15から28日まで地球温暖化の原因防止対策の「カーボン・オフセット・キャンペーン」を全国約7,600店舗で実施すると発表した。これは、ファミリーマートの環境配慮型プライベートブランド「We Love Green」商品の日用品15種類の原料から製造、廃棄までの工程で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの推計二酸化炭素CO2排出量を削減するため、同量の二酸化炭素CO2排出枠を日本政府に譲渡することでカーボンオフセットするものである。国連が認証するインドの水力発電プロジェクトによって削減された地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠を利用するため、カーボンオフセットに係る費用に関して消費者の負担は生じないという。今回のキャンペーン期間中における対象商品の販売数量からは、約96トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2がオフセットできると見込まれ、対象商品には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2オフセット排出量が記載された販促物を設置し、この取り組みがひと目で分かるようにする予定となっている。「We Love Green」商品は、1999年に「この地球に生きている一人ひとりが自然を愛し、環境を守っていこう」という思いを込めてファミリーマートが開発し、独自の基準(素材、製造時・使用時・破棄時の環境負荷の低減)をクリアした環境配慮型のプライベートブランドであり、現在、トイレットペーパーや紙コップなどの日用品を中心に約20種類の商品を展開している。今回は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量削減のため、年末年始に需要の高まる15種類を選定した。ファミリーマートは、2009年9月にはコンビニエンスストア業界で初の試みとなるカーボン・オフセット付きレジ袋を期間限定で導入した。これまでもレジ袋の使用量削減の普及啓発活動など、地球温暖化の原因防止対策への取り組みを進めてきたが、「カーボン・オフセット・キャンペーン」を行うことによって、地球温暖化の原因防止対策への取り組みを協力に推進していく方針であるとのことである。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> ファミリーマートが地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットを実施はこちら

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法

 12月7日からデンマークの首都コペンハーゲンで国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されている。2012年に期限が切れる京都議定書に続く、地球温暖化の原因防止対策の政治合意を目指している。地球温暖化の原因となる温室効果ガスは京都議定書で定められており、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCS)、パーフルオロカーボン類(PFCS)、六ふっ化硫黄(SF6)の計6種類とされている。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法は、実際にどれだけ排出されたのかを実際に測定するわけではなく、さまざまなデータから計算式を使って推測する理論値計算で行っている。つまり、温室効果ガス排出量=活動量×排出係数×温暖化係数となる。活動量とは、燃焼するとCO2を排出する石油、石炭、天然ガスといった化石燃料の消費量や、げっぷをした際にCH4をはき出すウシやヒツジなど家畜の頭数など、温室効果ガスを生み出す量となる。それぞれ、一定の単位当たりでどれだけの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出するかを算出する「排出係数」が定められている。排出係数は、国連の下部組織である「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が定めた数値もあるが、審査を通れば各国がその国の実情に合わせて決めることもでき、日本も独自の温室効果ガス係数を使用している。例えばガソリンでは、1リットルあたり2.32キロのCO2を生み出すとされているので、日本国内の1年間のガソリン消費量をリットル換算して、排出係数をかければ、ガソリンの1年間のCO2排出量が出てくることになる。また、ヒツジは年間1頭当たり4.1キロのCH4を排出するとされているので、日本のヒツジの頭数に排出係数をかければ、どれだけCH4を排出しているかが分かることになるという。ただ、温室効果ガスの排出量は、CO2以外の5種類のガスが温暖化に与える影響をすべてCO2に換算したもの、いわゆる「CO2換算の数値」が使用されている。その換算に使われるのが地球温暖化係数である。CO2が温暖化に与える影響を1とした場合、CH4は21、N2Oは310などと規定しており、それを温暖化係数としている。排出されたと推定される6種類のガスの排出量に温暖化係数をかけ、CO2に換算した数字を合わせたものが各国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量になるという。
 鳩山由紀夫首相は地球温暖化の原因となる温室効果ガスについて、今年9月の国連会合で「1990年比で2020年までに温室効果ガスを25%削減することを目指す」と表明している。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の基準として出てくるのが1990年比である。関係者や地球温暖化の原因となる温暖化研究のマイケル・グラブ氏によると、最初に使われたのは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国際連合会議」で採択された気候変動枠組み条約だったという。1990年を世界が気候変動を深刻な問題と認め、地球サミットにつながる交渉を始めた記念すべき年として、条約締結国に対し「1990年代末までに1990年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量に戻す」とする法的拘束力を持たない目標を定めた。その後、1997年に京都で開かれたCOP3で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量削減に法的拘束力を持つ議定書を締結する際、EU諸国が「1990年以降の年を基準年とした場合、条約で定めた地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減の努力をしていない国が有利になる」と主張したことなどから、京都議定書でも1990年を地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標の基準年として採用されたという経緯がある。環境意識の薄かった1980年代は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を推定するデータも乏しいことなどから、以降も地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量基準年として1990年が使われるようになったのである。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法はこちら

EUが途上国の地球温暖化の原因防止対策に支援

 欧州連合(EU)首脳会議は11日、コペンハーゲンで開催中の気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)の協議を後押しするため、新たな地球温暖化の原因防止対策の議定書(ポスト京都議定書)策定に向けての呼び水として2010~2012年に、途上国に対し計72億ユーロ(約9400億円)の地球温暖化の原因防止対策に係る支援を行うことなどを決めて閉幕した。議長総括で、COP15で拘束力のある「政治合意」文書を結び、2012年で期限が切れる京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策の議定書を今後6か月以内に完成させるよう呼びかけた。また、2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量の削減目標については「(米国や中国など)他国が十分な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減実施」を表明することを条件に、現在の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の目標である1990年比20%減を同30%減に引き上げる方針を改めて強調した。地球温暖化の原因により途上国の一部は海面上昇による水没や森林破壊、飲料水不足など深刻な危機に直面しているところが増えてきている。途上国に対し72億ユーロを前倒し支援することで急激な地球温暖化の原因の影響を緩和するとともに、COP15で政治合意に向けて途上国の地球温暖化の原因防止対策への協力を取り付ける狙いがあるという。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> EUが途上国の地球温暖化の原因防止対策に支援はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「一村一品・知恵の環づくり」表彰式が神奈川県横浜市で開催

 地球温暖化の原因防止対策のアイデアと実効性を競う「ストップ温暖化大作戦かながわ『一村一品・知恵の環づくり』」の表彰式が神奈川県横浜市中区の横浜情報文化センターで開かれた。これは神奈川県地球温暖化防止活動推進センターが主催し、神奈川県が協力して開催されたものである。地球温暖化の原因防止対策の最優秀賞を受賞したのは、西武郊外マンション・マボリシーハイツ第三期管理組合(横須賀市)の「次世代型かぶせ工法による高性能サッシ・高遮熱断熱Low―E複層ガラス導入モデル事業」であった。1977年に完工したマンションの大規模改修工事の中で、団地住民全員参加で開口部や窓のすべてに複層ガラスを導入し、二酸化炭素(CO2)削減に取り組み、地球温暖化の原因防止対策という地域社会への貢献と同時に、住民の環境問題に対する意識も向上したことが評価された。地球温暖化の原因防止対策の選定委員会特別賞には5団体が受賞した。地球温暖化対策実行計画(京都議定書目標達成)の実践活動と成果を上げた地球温暖化の原因防止対策の「湯河原町温室効果ガス削減プロジェクト」(湯河原町)、市民からの募金を中心に太陽光発電所を設置し発電して得た電気のグリーン電力の証書化による地球温暖化の原因防止対策の「ちがさき自然エネルギーネットワーク(REN)」、市民と行政の循環型社会に向けたまちづくりに取り組む地球温暖化の原因防止対策の「藤沢小学校生ごみ堆肥(たいひ)化事業運営協議会」(藤沢市)、子供と親への地球温暖化の原因防止対策の教育を推進した「子供と親の環境教室『地球っ子ひろば』」(平塚市)、未利用資源を活用した循環型地域社会を目指す地球温暖化の原因防止対策の「県立相原高等学校畜産部 相こっこプロジェクトチーム」(相模原市)が表彰された。このほか、地球温暖化の原因防止対策の優秀賞には19団体、地球温暖化の原因防止対策の奨励賞には65団体が表彰された。同時にかながわ地球環境賞の表彰式も実施され、5団体が表彰を受けた。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「一村一品・知恵の環づくり」表彰式が神奈川県横浜市で開催はこちら

日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画

 日本経団連は、日本経済界の地球温暖化の原因防止対策として、2020年に向けて最先端技術を最大限導入することを盛り込んだ地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会実行計画」を発表した。具体的な地球温暖化の原因防止対策の数値目標は今後詰めるが、最新技術を最大限導入した場合でも鳩山由紀夫首相が掲げた中期目標「2020年までに地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素CO2を1990年比25%削減」を達成するのは難しいとしている。経団連は同計画の英訳版を開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)参加者に配布し、日本の産業界の実績を訴えると同時に、高い地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標値の合意を牽制したい考えだ。経団連はこれまで、京都議定書に合わせ、鉄鋼や電力など34業界が参加した産業界独自の地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画を実行しているが、今回は行動計画に次ぐものとして、地球温暖化の原因防止対策の実行計画をまとめた。同計画策定に参加する業界は最先端技術を最大限に導入することを前提として、2020年段階の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減目標を設定する。地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標は「国内外への約束」として従来の地球温暖化の原因防止対策自主行動計画よりも強制度合いを高め、目標未達の場合は海外の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減事業で生まれる排出枠購入などを検討する。地球温暖化の原因防止対策実行計画の対象業種は産業部門に加え、スーパーなどの業務部門や運輸部門にも拡大しているのが大きな特徴となっている。革新的な技術や途上国での地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減支援などにも取り組み、「2050年の世界の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減という目標達成に中核的役割を果たす」としている。ただ、産業界では従来以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいとの見方が一般的となっている。地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画は京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)に「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を1990年度レベル以下の排出量に抑える」との思い切った目標値を設定している。これに沿って参加業界が努力を積み重ね、期間中の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は1990年度比7.5%減と目標を大きく上回って達成できる計画だという。これは、生産量当たりの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量である原単位を大幅に減らせたことだ。208年度の原単位を1990年度比で88%も低下させたガス業界の場合、生産時に地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を多く発生する石炭・石油系ガスから、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2をほとんど出さない天然ガスに転換したことが大きい。しかし、転換はほとんど終了し、これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいのが現状だ。また、原単位を1990年度比で18%削減した製紙業界の場合、製造時の燃料を化石燃料から廃木材などを使ったバイオマスへの切り替えた効果が大きかった。ただ、バイオマス利用も他業界に広がり、日本製紙連合会の二瓶啓常務理事は「手ごろな廃木材の入手はもはや困難である。これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2大幅な削減はかなり難しい。」と訴える。経団連の椋田哲史常務理事は「地球温暖化の原因防止対策実行計画以上の削減を求められると、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠購入か生産縮小の二者択一になる。」と、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減努力が限界に近づいていることを強調した。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画はこちら

地球温暖化の原因防止対策で大分県が全県的対策

 大分県地球温暖化の原因防止対策に対して危機感を持ち始めた。というのも、大分県内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量は、工場だけでなく、家庭などでも増え続けていることが、大分県がまとめた2007年度温室効果ガス排出量速報で分かった。地球温暖化の原因防止月間の12月を迎え、大分県は、「地球温暖化の原因防止対策の地域における取り組みを大分県全県に拡大する」ということで、大分県内22団体による大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会を設立した。鳩山由紀夫首相は2020年の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減とする方針を打ち出している。しかし、2007年度の大分県の排出量は4351万トンで、1990年度の3706万トンはもちろん、2006年度の4262万トンをも上回っているという目標達成には危機的な状況にある。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の総量では、工場など産業部門の温室効果ガスの増加が主因となっているが、家庭部門、ビル管理など業務部門ともに温室効果ガス排出量が前年度比10%増になっている。家庭、業務両部門で大分県は2002年度比それぞれ6.3%減、11.4%減の2010年度目標を立てている。大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会の設立会議は大分市内で開催された。設立会議では、給食残飯をたい肥にして菜の花を植え、食用油を採取したり、ライフスタイル再考のために江戸古民家を再現した「中津市地球温暖化対策協議会」の取組みや、ごみ問題の小学生教育に熱心な「杵築市環境ネットワーク」が活動報告を行った。こうした事例紹介を参加団体が取り組みの参考にしたようである。次回の大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会は来年6月に開催される予定となっている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策で大分県が全県的対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕

 2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組みを話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)が7日、デンマークのコペンハーゲンで開幕した。会議期間は2週間で世界各国・地域の首脳が地球温暖化の原因防止対策について協議する。イボ・デブア国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局長は開幕に先立ち、同会議を地球温暖化の原因防止対策の将来へ向けた転換点の1つとしなければならないと述べた。COP15には、世界100か国近くの首脳が出席する予定となっている。参加申し込み者は3万4000人余りと、会場のベラ・センターの定員の2倍以上に達した。非政府組織(NGO)メンバーの一部は場外での待機を余儀なくされている。報道関係者も登録者が3500人を超え、受け付けが早々と締め切られた。デブア事務局長は、開幕前の記者会見で、「もう時間がない。」と、地球温暖化の原因防止対策への危機感を表明した。「今後2週間の会議で、各国政府はこの地球温暖化の原因防止対策問題に対し、力強く長期的な取り組みを示す必要がある。」と述べた。そのうえで、今回の会議を前に、多数の先進国や途上国が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を表明していると説明した。「地球温暖化の原因防止対策の気候変動をめぐる過去17年間の交渉で、これほどの数の国がこれほど明確な温室効果ガスの削減目標を示したことはない」と語った。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減をめぐっては、世界の排出量の約5分の1ずつを占める米国、中国が、相次いで削減目標を発表している。国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)では、2012年に期限切れとなる京都議定書に続く新たな枠組みで、現実性のある地球温暖化の原因防止対策の政治合意が達成できるかどうかが焦点となる。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギー

 電気事業連合会は、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気の全量買い取り制度の導入を検討する政府のプロジェクトチームに対して、買い取り負担を回収するには、地球温暖化の原因防止対策として広く薄く負担する税金もしくは「再生可能エネルギー買取基金」の創設が適当だと提案した。新基金は、電力だけでなく、ガスや石油などの利用者が幅広く負担し、電力会社やガス会社などが代行して徴収する仕組みを考えている。「地球温暖化の原因防止の政策であり、すべてのエネルギー利用者が公平に負担すべき」(森本宜久副会長)と主旨を説明した。地球温暖化の原因防止対策として本年11月に太陽光発電の余剰電力に限定した固定価格買い取り制度がスタートし、この買い取りコストは、電気代に上乗せする形で回収している。電事連の試算によると、2020年に太陽光発電を2800万キロワット導入した場合のコストは、年間1兆円で、これに風力発電や水力発電、バイオマス発電などを含めると3000億円分が加算されるという。いくら地球温暖化の原因防止対策としても、これをすべて電気代に上乗せすることは「消費者間で不公平が生じる」と指摘した。
 一方、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで作った電気をすべて電力会社に買い取らせる地球温暖化の原因防止対策としての新制度を検討する経済産業省のプロジェクトチームは、電気事業者など関係団体からヒアリングした。地球温暖化の原因防止対策として再生可能エネルギーによる電気の全量買い取りは、民主党政権の目玉政策の一つだが、買い取り費用は国民に転嫁される。同党の支持組織である全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)は「地球温暖化の原因防止対策といえども、厳しい経済情勢のなか、国民への追加負担は慎重であるべき」と反対意見を表明し、早急な制度設計に疑問符が付いた形だ。電力総連が反対したのは、11月に始まった地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の余剰電力買い取り制度について、効果や課題の検証が済んでいないからだ。この地球温暖化の原因防止対策の制度では、太陽光発電の買い取り費用の電気代への上乗せが当初は微増に留まるものの、2011年度には月30円程度まで増加する試算となっている。さらに地球温暖化の原因防止対策として買い取り対象を余剰から全量に変更した場合、太陽光発電だけでも国民負担額は約1.8倍に膨らむ見込みだという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギーはこちら

地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きい

 地球温暖化の原因防止対策について各国で活発に議論されている状況にある。省エネルギー化の先進国である日本は、既に最先端の地球温暖化の原因防止対策が講じられており、ここからさらに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを一層削減していくには高コストな最新技術を積極的に使わなければならず、鳩山政権の掲げる「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減」は他国と比べて重い目標でもあり、現実には達成不可能に近い目標といえる。地球温暖化の原因防止対策は、太陽光発電風力発電を始めとする再生可能エネルギーの拡充や、省エネルギー技術の導入拡大が必要になってくる。地球温暖化の原因防止対策は、新規産業の創出や、エネルギーコストの削減ができるメリットがあるが、負担も大きく、短期的には経済成長が鈍化するのは避けられない。2008年度の国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、12億8600万トン。景気悪化で生産活動が低調だったことから前年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は6.2%減っている。しかし、1990年度と比べると1.9%多くなっており、温室効果ガス排出量の25%削減目標を達成するためには、経済成長を維持しながら26.9%削減を行う必要があり、これを達成するのは現実問題としては不可能といえる。
 国立環境研究所や日本エネルギー経済研究所、日本経済研究センターの試算では、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減するを、実質国内総生産(GDP)は現状の対策を単純に継続するよりも3.1~6.1%、1世帯当たりの可処分所得は16万~76万5000円目減りするという。ただ、海外から地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠を購入した場合は、影響はやや緩和する。省エネの進んだ日本で地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を削減するよりも、海外で削減する方がコストが安く、その分排出枠も安く買えるからだ。仮に、15%分を地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠購入でまかなうと、実質GDPの目減りは0.8~1.3%、1世帯当たりの可処分所得の目減りも3万~28万円にとどまる。一方、1990年比20%削減を掲げる欧州連合(EU)は、GDPの目減りは0.35%、2005年比17%削減の米国は0.13~0.57%という試算がある。これに対し、日本の目標は野心的で、負担も大きいことが分かる。世界各国が歩調を合わせて地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を強化すれば、日本の先端技術が各国に輸出され、経済成長にもつながることも予想されるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減のために環境税導入や規制強化が行われれば、製造業が負担を嫌って海外に流出する恐れも否めない。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きいはこちら

京都府京都市で地球温暖化の原因防止対策の「きょうとECO-1グランプリ」

 地球温暖化の原因防止対策の取り組みのコンテスト「きょうとECO(エコ)-1(ワン)グランプリ2009」の決勝大会が6日午後1~4時、京都府京都市南区の京都市アバンティホールで開催される。政府の「事業仕分け」で「廃止」とされた環境省事業「一村一品・知恵の環づくり」の地方大会で、主催する京都府地球温暖化防止活動推進センターは「地球温暖化の原因防止対策としても有意義な事業で、廃止すべきかどうか実際に見て判断して」と来場を呼びかけている。「きょうとECO-1グランプリ」は、地球温暖化の原因防止対策の身近な取り組みを紹介して、地球温暖化の原因防止対策の活動の輪を広げるのが狙いで、3回目の今回はNPOや学校、企業など32団体の応募があった。1次選考を通過した10団体が決勝大会でそれぞれの地球温暖化の原因防止対策の取り組みを発表する。グランプリ受賞団体は来年2月の地球温暖化の原因防止対策の全国大会に出場することになるという。京都府地球温暖化防止活動推進センターによると、地球温暖化の原因防止対策の取り組み例としては、つる性植物で夏の日差しをさえぎり省エネを促進する「緑のカーテン」は一昨年まで京都府南部が中心だったが、コンテストをきっかけに京都府北部まで普及したという。また、07、08年度は京都府代表団体が全国1位に輝いている。
No01. 「ノーテレビ・ノーゲーム」+ちょっとエコ活動
京都市立幼稚園PTA連絡協議会
毎月16日に園児の家庭で、TV等を消し省エネにチャレンジ。
CO2は削減、親子の会話は増加!
No02. 老CO2(コツ)パワーで”エコ交通”
株式会社 ジーエス・ユアサ パワーサプライ 新事業開発グループ
ゆっくり電動車「らくりん」は、後ろ3輪の安定性と自転車並みの手軽さが魅力。
前後輪モーターで登り坂も楽々!
No03. 京都・西山森林整備の取り組み
西山森林整備推進協議会
森林所有者・NPO・企業・大学・行政が力を集結。
多くの市民ボランティアたちが、森の再生に向け活躍中!
No04. 電力の見える化での中小企業の省エネ支援
NPO法人 京都シニアベンチャークラブ連合会(省エネ研究会)
企業OBたちが立ち上がった!中小企業を無料省エネ診断し、
投資実質ゼロでエネルギー消費を約15%削減。
No05. 小さな生物が地球を救う!
~増加する屋上緑化への警鐘!~
京都府立桂高等学校 TAFF「地球を守る新技術の開発」研究班
都市のヒートアイランド軽減のため、高校生が在来種ノシバで屋上緑化。
新技術で水使用量が3分の1に!
No06. 中学校から始まるグリーンニューディール
(私たち電気を創り出しています)
京都市立雲ヶ畑中学校
昨年度全国大会グランプリ校、今年もやります!
太陽光パネルで発電し、自動散水・照明などに活用。
No07. 家庭からでる生ゴミの減量化、緑のカーテンの育成
福知山市東野町自治会
全190世帯のうち約3分の1が参加し自治会でエコ活動。
この夏はマイコップ&マイ箸持参のエコ地蔵盆も!
No08. 長岡中央商店街(アゼリア通り)エコチャレンジ
~自作LEDランプでCO2削減~
長岡中央商店街振興組合
子どもたちの手作りLED街灯がアゼリア通りを照らす!
従来の水銀灯に比べ使用電力量は10分の1に。
No09. 葵ECOプロジェクト
京都市立葵小学校PTA
月に1度、エコライフチェック『DO YOU AOI?』を呼びかけ、
家族ぐるみで地球にやさしい活動を展開!
No10. 府内産食材を活用した府庁生協の「地産地消フェア」
京都府庁生活協同組合
京野菜のおばんざい・丹波栗の栗ごはんetc・・・
府庁生協食堂で、府職員に地産地消メニューを提供! 
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都府京都市で地球温暖化の原因防止対策の「きょうとECO-1グランプリ」はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝

 地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)を話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が7日から、コペンハーゲンで開かれる。地球温暖化の原因防止対策のポスト京都議定書の採択は困難なものの、地球温暖化の原因防止対策の大枠について政治合意を目指すことになりそうだ。先進国と開発途上国の間には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減・抑制の分担をめぐる対立が続いており、これを打開できるかがカギとなる。地球温暖化の原因防止対策の政治合意には、(1)先進国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標(2)途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制策(3)地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策に取り組む途上国向け資金支援(4)地球温暖化の原因防止対策の新議定書採択など法的合意の期限を盛り込むことを想定している。これまでの交渉では、途上国は先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出責任を指摘してきた。2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比40%削減することや、地球温暖化の原因防止対策に必要な資金や技術の供与を要求してきた。一方で先進国は、経済発展に伴って地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を増大させている新興国を念頭に、相応の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制を迫っている。このためCOP15では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに係る対立打開に向け、先進国と途上国が温室効果ガス削減・抑制についてどこまで歩み寄れるか、先進国が途上国向け地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策の資金支援をどれだけ用意できるかなどが議論になる。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝はこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減

 地球温暖化の原因防止対策チーム・マイナス6%では、ホームページに特設サイト「目指せ!1人、1日、1kg 、CO2削減」を設け、「私のチャレンジ宣言」の受付等を行っています。このチーム・マイナス6%の取組に多くの方々が参加していただけるよう、地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンを開始しました。この地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンに御参加いただける協賛企業を募集したところ、新たに3社から地球温暖化の原因防止対策の協賛の申し出がありましたので、お知らせいたします。引き続き、地球温暖化の原因防止対策に協賛いただける企業の皆様からの御連絡をお待ちしています。
「『1人1日1kgのCO2削減』応援キャンペーン」は、「私のチャレンジ宣言」に参加する人々に種々のメリットを提供すること等を通じて、地球温暖化の原因防止対策のための国民運動の飛躍的拡大を目指すものです。今般、さがみ化学物質管理ワークス(神奈川県藤沢市)、株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル(京都府京都市)、株式会社フォレスト(東京都中央区)から協賛の申し出がありましたので、その地球温暖化の原因防止対策の取り組みいただける内容をお知らせします。なお、本キャンペーンの協賛を御検討いただける企業の皆様には、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンの趣旨等を御説明いたしますので、以下の連絡先まで御連絡ください。
『1人1日1kg CO2削減運動』事務局 協賛企業係 〒104-8411 東京都中央区築地1-11-10TEL : 03-3545-1231 FAX : 03-5551-9045 E-mail : info@1kg-co2.jp
【参加方法】チーム・マイナス6%のホームページ内の特設サイト(www.team-6.jp/try-1kg/)から入力 [1]アクセスした個人が、チャレンジメニューから自分が実践する項目を選択 [2]何グラムのCO2削減となるかが算定され、「私のチャレンジ宣言カード」がダウンロードできる。(打ち出して各人が携帯する。)
新規協賛企業
◎さがみ化学物質管理ワークス
 さがみ化学物質管理ワークスは地球温暖化の原因防止対策の「 1人、 1日、 1kg CO2削減」応援キャンペーンに協賛し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引いたします。受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引しております。地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただき、かつ、受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より2%を割引いたします。ペーパーレスに御協力いただいたお客様・・・御見積書、御注文書、御請求書などの発行・送付を、 pdfファイルによりネット上のやりとりで御了承いただける方
実施期間 : 2009年 11月1日~2010年 3月31日
<お問い合わせ先>
さがみ化学物質管理ワークス
担当: 代表  林 宏   TEL: 050-1152-2542
E-mail:hiroshi.hayashi@chem-support.org
HPアドレス:http://www.chem-support.org/
◎株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
 スピリット・オブ・ジャパン・トラベルは、地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」運動に協賛し「私のチャレンジ宣言」に参加する方を応援致します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」を持って京(みやこ)ツアーへお越しください。ご提示頂いたお一人様につき1,000円をウミガメ保護事業に寄付させて頂きます。ご予約時にお伝え頂ければ、お一人様につき更に500円ツアー料金をお引き致します。地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」をご提示頂いた方は、京町家で学ぶ旅行英会話のクラス授業料一ヶ月(6,000円相当)を免除させて頂きます。
<お問い合わせ先>
株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
担当: 高山 TEL: 075-204-8965
HPアドレス:http://www.eco-tourism.jp/
メールはお問い合わせフォームをご利用ください。
◎株式会社フォレスト
 株式会社フォレストはリサイクル活動などで地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」に参加し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」カードをプリントアウトの上、弊社に郵送頂き、宣言内容を提示頂いた方に、SEO対策ツールを無料で一ヶ月間ご使用頂けるアカウントをプレゼントいたします。
※実施期間:2009年11月20日 ~ 2010年4月19日
※「私のチャレンジ宣言」カード送付先:
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-21 9F 株式会社フォレスト
『1人、1日、1kg CO2削減運動』係
※詳細な内容に関しましては、フォレストホームページ(http://www.forest.la/)をご覧ください。
<お問い合わせ先>
株式会社フォレスト
担当 : 森田 TEL: 03-3562-7238
HPアドレス: :http://www.forest.la/
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減はこちら

インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表

 インド政府は3日、地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組みを話し合う気候変動枠組条約締約国会議の第15回締約国会議COP15を前に、GDP(国内総生産)あたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)排出量を2020年までに2005年に比べて20~25%削減するとの数値目標を初めて発表した。インド・ラメシュ環境相は「2005年から2020年の間に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を20~25%、自主的に減らす用意がある。」と述べた。これまで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量の削減に消極的姿勢を貫いてきたインドが削減目標を公式に発表するのは、これが初めてである。ただし、この地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標はGDPに比例しているため、インドがこのままの高成長を続ければ、経済成長とともに排出量が増える結果となるうえ、すでにGDPあたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標を発表した中国(40~45%)に比べると、その数値は半分にとどまっている。インドは現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量が世界4位の大排出両国だが、国内の多数の貧困撲滅には経済成長が不可欠なため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標に法的拘束力は持たせないとしている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表はこちら

宮城県が地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置

 宮城県は、塩釜市と利府町にまたがる宮城県道トンネル内の照明を、従来の蛍光灯に比べて消費電力が大幅に節約でき地球温暖化の原因防止対策に寄与する蛍光灯型発光ダイオード(LED)照明に付け替えた。地球温暖化の原因防止対策を推進するとともに、宮城県内企業が製造したLED照明を使い、エコと地産地消の一石二鳥の効果を目指すという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置したのは、宮城県道利府中インター線の「しおりふれあいトンネル」(全長1107メートル)の歩道部分である。LED照明は、宮城県から「宮城県新商品特定随意契約制度」の認定を受けた宮城県内のLED照明製造業者から調達した。地球温暖化の原因防止対策に寄与するとはいえ、LED照明1本の値段は約2万3000円で、これまで使っていた40ワット型蛍光灯(500~100円)に比べてかなり割高となる。一方で、LED照明の消費電力は、40ワット型蛍光灯の半分となることから、地球温暖化の原因防止対策に寄与するといわれている。LED照明の製品寿命も蛍光灯の約5倍もあるため、連続点灯であっても4~7年の使用が可能だという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明は、既に宮城県庁舎内と宮城県美術館(宮城仙台市青葉区)の一部に設置済みとなっている。3日は宮城県白石市の国道113号白石トンネル(全長114メートル)の歩道部分のLED照明の付け替え作業が行われる。宮城県環境政策課は「地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境への負荷軽減と宮城県内製品の活用を目指し、トンネルや施設の照明を順次、LED照明に替えていきたい」としている。
LEDライト電光サイン看板情報

> 宮城県が地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置はこちら

愛知県安城市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金申請者が殺到

 愛知県安城市地球温暖化の原因防止対策太陽光発電施設を設置した市民に太陽光発電補助金を出す制度が好評になっている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金については、今年度3回も予算化したが、いずれも申請者が殺到し、短期間で予算を使い果たした。愛知県安城市は2日までに、2010年度予算案にも地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金を計上することを決めた。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金制度は2002年度に始まり、2008年度まで出力1キロワット当たり2万4000円を支給し、計529件の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金の申請があった。2009年度から6キロワットを上限に太陽光発電補助金の支給額を約4倍の同10万円にしたところ太陽光発電補助金の申請が殺到した。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金は、当初予算に6840万円を盛り込んだが、受け付け開始から20日間ほどで172件の太陽光発電補助金の申請があり、当初予算は尽きた。6月補正予算で5000万円の太陽光発電補助金を計上したが、受け付け開始日当日の127件だけで使い切った。9月補正予算も9800万円の太陽光発電補助金のを用意したが、受け付け開始からほぼ1カ月の245件で底を突いた。愛知県安城市は2010年度も地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金を予算化することにし、予算要求前の実施計画に1億4000万円を計上した。ただし、1キロワット当たりの太陽光発電補助金の補助額は7万円に減らすという。愛知県安城市の環境首都推進課は「太陽光発電補助金が好評なのは、太陽光発電補助額が愛知県内一高く、電力会社への売電額が上がったうえ、太陽光発電設置業者が積極的に働きかけたためではないか。」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 愛知県安城市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電補助金申請者が殺到はこちら

地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算を一転公表へ

 小沢鋭仁環境相は2日、地球温暖化の原因防止対策の強化で生じる国民負担について来週中に試算結果を公表することを明らかにした。政府は有識者会議(タスクフォース)から地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算の報告書を受け取っていたが、地球温暖化の原因防止対策への否定的なイメージを与えかねない内容などとして非公表扱いにしていた。この日、経済同友会との懇談で政府の地球温暖化の原因防止対策を非公開にするという対応に批判の声が出たことを受け、一転して地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算の公表を決めた。小沢環境相は、国民への地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算の説明不足について「大いに反省してしっかりやる。」と述べた。地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算結果をもとに年収500万円世帯などモデルケースを設定し、地球温暖化の原因防止対策強化による可処分所得への影響などを算出する考えだ。来週中に地球温暖化問題に関する閣僚委員会を開いて、報告し承認を受けた上で地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算結果を公表するという。タスクフォースの地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算の議論では、鳩山政権の掲げる「2020年に温室効果ガスの排出量を1990年比25%削減」目標を達成するには、1世帯当たりの年間可処分所得が3万~76万5000円目減りする可能性があるとされていた。何でもオープンにして、国民に隠し事をしないとして誕生した民主党政権だけに当然のことであろう。しかし、それにしても、今回の地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算の件といい、機密費の件といい、隠したがるという姿勢はいかがなものか。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策に伴う国民負担の試算を一転公表へはこちら

地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出

 東北大(宮城県仙台市)の研究グループが、地球温暖化の原因防止対策として使い道のない木などから純度の高い水素を取り出す研究を進めている。水素の利用先は、自動車メーカー各社が普及を目指す地球温暖化の原因防止対策として「究極のエコカー」燃料電池車を想定している。製材業者とメーカーが連携する構想も視野に実用化に向けて採算性などを検証している。研究グループは、木材から高純度の水素ガスを発生させる技術を開発しており、この地球温暖化の原因防止対策の技術を応用する。グループは樹木の成分の7割を占めるセルロースが炭素と水素、酸素からなることに着目してきた。木材を粉砕処理し、酸化カルシウムなどを混ぜて一定の高温で加熱し、木材1キロ当たりから約480Lの水素ガスを取り出すことに成功した。水素の純度は95%前後と高く、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池の電解質を傷める二酸化炭素(CO2)の発生割合を0.1%以下に抑える適温も発見した。現在、地球温暖化の原因防止対策として樹皮や木くず、落ち葉、紙類から水素などの成分がどれぐらい取り出せるかを実験中である。生成量に対する製造コストといった採算性も調べ、来年度内に結果をまとめる。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池用の水素ガスを取り出す工業的手法は、石油や天然ガスなど化石燃料に高温高圧をかける方法が主流だが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素も発生する。さらに、水を電気分解する手法は高コストになる。木材は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の発生割合が少なく、まとまった量が比較的簡単に取り出せる。トヨタ自動車など世界の自動車大手8グループは9月、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池車を2015年以降に本格的に普及させることを盛り込んだ共同声明を発表している。トヨタの動きを意識する近畿地方の製材業者から、研究グループに連携の申し入れがあった。教授は「実用化は先だが、高純度の水素を従来より低コストで得られそうだ。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池が普及すれば自動車バッテリーの軽量化が図れ、燃費向上に役立つ。」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出はこちら

日立製作所が地球温暖化の原因防止対策の標準型エレベーター

 日立製作所は地球温暖化の原因防止対策の施された標準型エレベーター「アーバンエース」に快適性・安全性の向上と環境への配慮を目的とした機能を追加搭載した新モデルを販売している。現在の高層化、立体化が進む都市空間において、エレベーターは移動手段の一つとして絶対不可欠なものとなってきており、快適性のさらなる向上が求められている。また、近年のエレベーターによる挟まれ事故を背景としたエレベーター戸廻りにおける安全性の向上、さらに、地球温暖化の原因防止対策の一環としてエレベーターの省エネルギー化及び地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素CO2排出量低減が急務となっているのが現状だ。今回販売開始するモデルは、利用者一人ひとりへのさらなる快適性や安心感の提供と環境への配慮がされたモデルとなっている。巻上機にかかる負荷が小さい場合に、巻上機の能力を有効活用することにより乗車時間と待ち時間を短縮する「可変速ドライブシステム」を標準装備している。このほか、ペット用のリードや掃除機のコードなど太さ3mm以上のひも状のものが戸に挟まれていることを検知した場合に、再び戸が開く「ラインキャッチセンサー付きマルチビームドアセンサー」や、日立が従来機種で使用している蛍光灯と比べて消費電力及び地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素CO2排出量を約30%低減するうえに、寿命が約4倍となる「LED天井照明」をラインアップに追加した。日立は1998年11月に業界に先駆けて、押しボタンの形状や高さ、ハンドレールの高さなどにユニバーサルデザインを採用した機械室レス標準型エレベーター「アーバンエース」を発売している。2006年12月には、業界最小のオーバーヘッド寸法の実現により建築レイアウトの自由度を高めたモデルも発売してきた。今後も業界の先駆者的立場として、地球温暖化の原因防止対策や環境問題にも対応した時代のニーズに応じたエレベーターを開発する。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 日立製作所が地球温暖化の原因防止対策の標準型エレベーターはこちら

地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象

 中央環境審議会の専門委員会は、環境影響評価(アセスメント)法の対象事業に地球温暖化の原因防止対策風力発電を追加することを検討すべきだとの中間報告をまとめた。27日の総合政策部会に提出する。風力発電は地球温暖化の原因防止対策として注目を集め、各地で建設が進んでいる。風力発電による騒音被害や鳥の衝突事故などを巡るトラブルの増加が懸念される一方、都道府県の条例でアセスメントを実施する自治体は一部にとどまり、専門委は全国で統一した風力発電への対応が必要とした。環境省によると、地球温暖化の原因防止対策の国内の風力発電は1990年代に建設が本格化した。アセス法が制定された1997年には約90基(総設備容量約2万キロワット)の風力発電だったが、2008年度末には1517基(同約185万キロワット)に増えた。そのうち、9割近くの風力発電が1000キロワット級以上と大型化が進んでいる。今年1月に行われた環境省による聞き取り調査によると、地球温暖化の原因防止対策の風力発電による騒音や低周波に対する苦情が、静岡県東伊豆町、愛知県田原市、豊橋市、愛媛県伊方町、兵庫県南あわじ市で上がっている。また、日本野鳥の会によると、絶滅危惧種のオジロワシやイヌワシなどが風力発電の羽根にぶつかる事故が起きている。こうした地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセスの対象として条例で明文化しているのは4県3政令市にとどまっている。このほか、地球温暖化の原因防止対策の風力発電を高層工作物や工場ととらえて条例でアセス対象にしているのが2県となっている。これらの自治体で条例に基づき実施された風力発電のアセスは計11件にとどまる。風力発電の事業者が自主的に実施しているケースもあるが、対象の風力発電の規模や評価項目などにバラつきがある。中環審は年度内にも最終報告をまとめる予定となっている。この最終報告を受け、環境省は来年の通常国会に風力発電のアセス法改正案の提出を目指す。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の風力発電をアセス法対象はこちら

地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明デザインモデル事業

 地球温暖化の原因防止対策の取組として、LED照明等を利用するなどの省エネ照明を率先して導入しようとする商業施設や店舗などの事業者を対象に、今年6月から公募が行われ、環境省が設置した「地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明デザインモデル事業審査委員会」の審査を経て、今回10社が決定した。採択された地球温暖化の原因防止対策の事業者は、照明デザイナーとの協働により、照明器具の配置や光源の選び方を見直し、優れた地球温暖化の原因防止対策の省エネ効果を達成しながらも魅力的な空間を創り出す新たな照明デザインを設計するものとなっている。その後、各事業者は自らの負担で、実際に地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明を商業施設や店舗などに導入し、CO2削減等の効果を取りまとめるとともに、省エネ照明導入モデルとして導入手法や取組のアイディアなどを普及していく予定としている。採択された事業者(施設)
・三井不動産株式会社(アーバンドック ららぽーと豊洲)
・医療法人桜十字病院(本館5階病棟)
・篠原石油株式会社(エッソタウン ナルト サービスステーション)
・学校法人片柳学園(蒲田キャンパス新校舎)
・株式会社ガリバーインターナショナル(4号須賀川店)
・日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(久米川店)
・ゴディバジャパン株式会社(神戸・三宮さんちか店)
・株式会社セブン-イレブン・ジャパン(京都出世稲荷前店)
・株式会社丹青社(仙台市博物館)
・株式会社第一興商(ビッグエコー 広島流川通り店)
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明デザインモデル事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減

 民間の保守系シンクタンク「国家基本問題研究所」(理事長・櫻井よしこ氏)は、新政権の地球温暖化の原因防止対策温室効果ガス排出量25%削減に焦点を当てた月例研究会を都内で開催した。日本の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量を2020(平成32)年までに90年比25%削減する中期目標の実現性について、民主党と財界、研究者の代表がそれぞれの立場から論評した。民主党からは、地球温暖化対策基本法案の提案者の1人である前田武志参議院議員が出席した。鳩山由紀夫首相が「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減」を国際合意とするに至った経緯を説明した上で、鳩山内閣を代弁し地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減経路の早期具体化に意欲を示した。日本経団連の坂根正弘・環境安全委員会委員長(コマツ会長)は、厳しい地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減目標に伴う国民負担などの影響を明確化する必要性を指摘した。電力中央研究所の杉山大志・社会経済研究所上席研究員は、科学の不確実性や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減が遅れた場合のリスクを踏まえながら、政治的な決断を適切に行う必要性を指摘した。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量25%削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策の滋賀銀行の環境配慮型融資

 滋賀銀行は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素CO2)削減につながる設備投資を行う企業に国が年3%まで利子補給をする地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型融資の取り扱いを26日から始めた。滋賀県や京都府で地球温暖化の原因防止対策の環境対応の投資意欲を掘り起こす。環境省が地球温暖化の原因防止対策ので本年度に新設した制度を活用した。地球温暖化の原因防止対策の環境保全事業に応じた金利優遇などを実施している全国7金融機関に適用され、関西では滋賀銀行が選ばれた。地球温暖化の原因防止対策の融資は、滋賀銀の環境格付け基準を満たした上で、3年で6%など一定水準以上の二酸化炭素(CO2)排出削減計画を進める企業の地球温暖化の原因防止対策の設備投資向けに実行する。限度額は100億円。滋賀銀行はおおむね年利3%以内で設定する予定で、融資企業は国から日本環境協会(東京都)を通じて3年間にわたり利子補給が受けられるため、大半は実質無利子になるという。滋賀銀行は地球温暖化の原因防止対策の省エネルギーのボイラーや空調設備の取り換えなどで幅広い資金需要を見込み、「企業の地球温暖化の原因防止対策の設備投資意欲を喚起させると同時に環境保全の推進につなげたい」(滋賀銀行広報室)としている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策の滋賀銀行の環境配慮型融資はこちら

地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)は、地球温暖化の原因防止対策京都議定書の下でのグリーン投資スキーム(GIS)の実施に向けて、ラトビア共和国政府との間で温室効果ガス二酸化炭素150万トンの割当量(AAU)購入契約を締結した。地球温暖化の原因防止対策の京都議定書目標達成計画においては、温室効果ガスの二酸化炭素の削減の国内対策に最大限努力しても約束達成に不足する差分(基準年総排出量比1.6%)について、補足性の原則を踏まえつつ京都メカニズム「クリーン開発メカニズム(CDM)及び(JI)並びにGIS」を活用することとなっている。NEDO技術開発機構は、経済産業省及び環境省から日本国政府の地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズムクレジットの政府取得事業を受託していおり、今年3月に、ウクライナ(3000万トン)及びチェコ共和国(4000万トン)と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の割当量購入契約を締結している。 今後、NEDO技術開発機構は、環境対策に役立つプロジェクトの確実な実施に向けて、引き続き、地球温暖化の原因防止対策に向けラトビア共和国政府と緊密に協力していく予定としている。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーン、チーム・マイナス6%の「温室効果ガスの1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに1社からの参加申し出があったと発表した。この地球温暖化の原因防止対策の応援キャンペーンは、国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものとなっている。今回、地球温暖化の原因防止対策への協賛への参加を申し出たのは、株式会社アイズである。株式会社アイズの取り組みは、印刷サービスをご利用のお客様で、「私のチャレンジ宣言カード」をご提示頂いた場合、通常価格より5%割引させていただくというものとなっており、実施期間は、平成21年10月1日~平成22年5月31日までとなっている。問い合わせ先 株式会社 アイズ 担当:デザイン事業部 藤井祐二 TEL:0120-39-9629 FAX:072-965-5757 E-mail:info@is-quality.co.jp
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減応援キャンペーン印刷サービス5%割引 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナー

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の廃棄物・リサイクル分野における国内コベネフィットに係る地球温暖化の原因防止対策のセミナーが、10月21日(水)の北九州を皮切りに、東京、大阪にて開催されると発表した。北九州でのセミナーは北九州市及び(財)西日本産業貿易コンベンション協会主催の地球温暖化の原因防止対策の「エコテクノ2009」の一環である地球環境・新エネルギーに関連する「エコテクノ2009セミナー」として開催される。タイトルは地球温暖化の原因防止対策の「廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナー ~地球温暖化対策に係る取組への経済的インセンティブの活用~(仮称)」となっている。地球温暖化の原因防止対策のセミナーの開催時間は、13:00~16:00(開場は12:30)で、共催場所は、西日本総合展示場AIM3階F展示場セミナー会場(北九州市小倉北区)となっている。地球温暖化の原因防止対策のセミナーの対象は、廃棄物収集・運搬、処理業者、排出事業者、自治体関係者、市民・NPO団体関係者などで、定員は、先着100名で参加費は無料となっている。地球温暖化の原因防止対策のセミナーの参加希望者は、エコテクノ2009ホームページ(http://www.eco-t.net/seminar.html)の「セミナー事前申し込み」のページから申し込む必要がある。東京での地球温暖化の原因防止対策のセミナーは11月5日に東京都庁第一本庁舎(新宿区)で、大阪での地球温暖化の原因防止対策のセミナーは11月16日にヴィアーレ大阪(大阪市中央区)で、開催される予定となっている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の廃棄物リサイクル分野における国内コベネフィット・プロジェクトセミナーはこちら

地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」開催

 チーム・マイナス6%環境省)は、地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」を、平成21年10月20日開催すると発表した。このシンポジウムは、地球温暖化の原因である温室効果ガスのCO2排出量が1990年比で約4割増加している商業施設やオフィス等の業務部門のうち、その約2割を占める照明について、省エネ照明導入を促進することを目的に開催される。店舗・商業施設等の事業者や施設の設計者が対象で、石井幹子氏(照明デザイナー/光文化フォーラム代表)による地球温暖化の原因防止対策の基調講演「省エネ・創エネ-新しい暮らしのあかり」や、地球温暖化の原因防止対策のパネルディスカッション「省エネ照明と暮らしの“あかり”の未来」、最新の地球温暖化の原因防止対策の省エネ照明の実物展示などが予定されている。また、今年6月5日から8月5日まで公募されていた地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明デザインモデル事業」の採択事業者が発表され、省エネと魅力的な空間創りの両立を目指す各取組の概要が紹介される予定となっている。会場は、日経ホール(東京都千代田区)。開催時間は、13:00~15:50。定員は610名。入場料は無料。参加希望者は、10月7日17時までにホームページ(http://shoene-shomei.jp/symposium/)から申し込む必要がある。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「省エネ照明シンポジウム~あかりが導く低炭素社会~」開催はこちら

「実感!地球温暖化の原因防止対策~地球温暖化予測をあなたはどう役立てますか~」を開催

 国立環境研究所は、一般公開シンポジウム「実感!地球温暖化の原因防止対策~地球温暖化予測をあなたはどう役立てますか~」を平成21年10月15日に東京大学安田講堂において開催すると発表した。今回のシンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策に係る政策支援と普及啓発のための気候変動シナリオに関して行われている研究活動の一端を紹介し、地球温暖化の予測情報を社会に、そして個々人のために、どう役立てていくことができるのか、地球温暖化の原因防止対策に関心を持つ市民と一緒に考えていきたいとしている。
 開催趣旨:地球温暖化の原因防止対策は重要な問題として社会に認識され、対策の必要性が叫ばれています。地球温暖化により、100年後に気温が何度上昇する、異常気象が増える、といった予測を聞いたことのある方は多いと思います。しかし、それがあなたにとってどんな意味を持つのかをよく考えたことがある方は少ないのではないでしょうか。例えば、日々の天気予報はコンピュータが予測した天気図を基にして、晴れのち曇り、降水確率何パーセント、洗濯指数はいくつといった情報に翻訳され、人々の生活に活用されています。同じように、コンピュータが予測した数十年から百年後の地球が温暖化した気候の状態も、人々が活用できる情報に翻訳される必要があります。地球温暖化の原因対策シンポジウムでは、そのために行われている研究活動の一端をご紹介し、地球温暖化の予測情報を社会に、そしてあなた自身のために、どう役立てていくことができるのかを一緒に考えていきたいと思います。
16:30 開会
16:30~16:40 プロジェクトリーダーからのビデオメッセージ 住明正(東京大学サステイナビリティ学連携研究機構教授)
第一部 講演(演題は仮題)
16:40~16:50 はじめに~地球温暖化の予測とは 江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長)
16:50~17:05 予測の前提となる社会経済シナリオ 山形与志樹(国立環境研究所地球環境研究センター主席研究員)
17:05~17:20 気候モデルの性能と予測~身近な気象はどうなる 高薮縁(東京大学気候システム研究センター教授)
17:20~17:35 日本の気候はどこまで詳しく予測できるか 高薮出(気象研究所環境・応用気象研究部第4研究室室長)
17:35~17:50 温暖化は怖い?~影響をどうとらえるか 江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長)
17:50~18:05 温暖化予測は人々にどう伝わっているか 松本安生(神奈川大学人間科学部人間科学科教授)
18:05~18:20 休憩
18:20~19:30 パネルディスカッション
地球温暖化予測をどう役立てるか~利用者の視点と研究者の視点~
パネリスト
・第一部講演者
 山形与志樹、高薮縁、高薮出、松本安生
・根本 美緒(フリーキャスター気象予報士)
・西川美和子(NHK「SAVE THE FUTUREプロジェクト」専任ディレクター)
・中川 修(大成建設株式会社社長室経営企画部部長)
・小野 洋(環境省地球環境局研究調査室室長)
・コーディネーター:江守正多
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 「実感!地球温暖化の原因防止対策~地球温暖化予測をあなたはどう役立てますか~」を開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の平成21年度カーボン・オフセットモデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素地球温暖化ガスの削減を目的とする平成21年度「カーボン・オフセットモデル事業計画設計調査」の公募結果を発表した。 このカーボン・オフセットモデル事業は、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスを削減し、低炭素社会へと転換する上で重要な手段の一つであるカーボン・オフセットの取り組みを普及・促進するため、カーボン・オフセットの取り組みに関する事業計画を公募・選定し、他のモデルとなるよう専門家からのアドバイスを踏まえて事業に改善を加えることなどにより、カーボン・オフセットの取り組みの普及を図るものとなっている。6月1日から7月27日までの公募期間で、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスを削減し、低炭素社会へと転換する上で重要な手段の一つであるカーボン・オフセットの取り組みに44件の応募があり、全日本空輸株式会社の「ANAカーボン・オフセットプログラム事業」など、合計8件の事業が採択された。各事業の普及啓発キャンペーンは、11月~年末年始にかけて行われる予定となっている。
地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減を目的とする平成21年度「カーボン・オフセットモデル事業計画設計調査」採択事業者一覧(全8件)
【地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減の市場流通型オフセット】
(1)商品使用・サービス利用オフセット
 ・全日本空輸株式会社
 ・トッパン・フォームズ株式会社
 ・インフォコム株式会社、株式会社フジテレビジョン
(2)自己活動オフセット
 ・ビリングシステム株式会社、株式会社JTB関東
 ・株式会社文化放送開発センター
(3)自己活動オフセット支援
 ・郵便事業株式会社
 ・エコ食品健究会 部会IV 事務局(株式会社ビジネスブレイン太田昭和)
【地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減の特定者間型オフセット】
 ・株式会社沖データ(OKIデータ)、co2balance Group Limited(co2balance)、株式会社サティスファクトリーインターナショナル(KKSI)
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の平成21年度カーボン・オフセットモデル事業 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件

 経済産業省は、日本政府に申請されていた地球温暖化の原因防止対策のクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)に係るプロジェクトが「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されと発表した。今回発表されたのは、J-TEC有限会社、ローディアジャパン株式会社など14社から申請されていた中国、東南アジア諸国等における地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトである。今回の承認分を含めると、全体で日本の正式な地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム承認案件数は515件となった。地球温暖化の原因防止対策のCDM事業及びJI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された二酸化炭素の温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の温室効果ガス削減量として充当することを認める制度である。日本政府の正式な地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトとなるためには、地球温暖化対策を実施している関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となる。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件 はこちら