TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化の原因防止に寄与】

地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備

 愛知県名古屋市中区栄のエンゼルパーク駐車場の南館地下1階に、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車向けの充電スタンドが開設され、名古屋市の栄地区では初めての設置となる。これは、自動車メーカーから、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)が数多く発売されるような状況になり、今後、PHV車(プラグインハイブリッド車)の本格的な市場導入も予定されているなど、電気自動車(EV)の充電設備の普及に弾みをつけることを目的としている。これは、愛知県が地球温暖化の原因防止対策として主催する「あいちEV・PHV普及ネットワーク」のモデル事業の一つとなっている。今回整備された愛知県名古屋市中区栄のスタンドには電気自動車(EV)用充電器2基が設置されており、同駐車場の利用者は、無料で最大135分間充電ができるという。愛知県地球温暖化対策室によると、地球温暖化の原因防止対策としての普及ネットワークに参加する企業が設置し、一般公開されている充電器は、愛知県内で63基あり、名古屋市内には34基あるという。駐車場を運営するエンゼルパークは「駐車の間に、電気自動車(EV)充電施設で気軽に充電してほしい。これを機に栄地区に、もっと電気自動車(EV)充電スタンドが増えれば」とコメントしていた。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する平成22年度循環型社会地域支援事業を採択

 環境省は、地球温暖化の原因防止に寄与する循環型社会の形成に向けた地域の取組を支援する「循環型社会地域支援事業」で、平成22年度の支援事業として7件を採択したと発表した。この事業は、NGO・NPOや事業者が地方公共団体と連携して行うリデュースリユースリサイクルやグリーン購入などの循環型社会の形成に向けた取組に対するもので、他の地域のモデルとなるような先進的な地球温暖化の原因防止に寄与する事業を公募して、実証事業として実施することにより、循環型社会の形成に向けた地域からの取組を発掘・支援するものである。循環型社会地域支援事業は、平成22年2月9日から3月19日まで公募が行われ、全国から応募のあった32件から外部学識経験者による審査の結果、7件の事業を採択したものである。今回採択された事業は次のとおりとなっている。
・NPO法人Good Day(東京都中央区)の「地球温暖化の原因防止に寄与する逗子湘南アップサイクルプロジェクト ~3R meets Creative power~」
・NPO法人スペースふう(山梨県南巨摩郡富士川町)の「広がれ!地球温暖化の原因防止に寄与する小瀬エコスタジアムプロジェクト」
・NPO法人仕事工房ポポロ(岐阜県岐阜市)の「地球温暖化の原因防止に寄与する身近なところでのリサイクルと若者などの就労支援」
・八幡酒蔵工房(滋賀県近江八幡市)の「竹・土・水の地球温暖化の原因防止に寄与する社会循環型3R事業 ~近江八幡の三方よしを活かして~」
・びっくり!エコ実行委員会(京都府京都市)の「京流「始末」「もったいない」から始める地球温暖化の原因防止に寄与する2Rスタイルプロジェクト」
・衣サイクル研究会(愛媛県松山市)の「「衣類」も「人」も地域で活かされ循環する、地球温暖化の原因防止に寄与する持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験(環境と福祉のコラボ)」
・NPO法人ユーアイ自立支援の会(鹿児島県奄美市)の「地球温暖化の原因防止に寄与する五島内空きびんリユース・ネットワークづくり」

> 地球温暖化の原因防止に寄与する平成22年度循環型社会地域支援事業を採択はこちら

滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理

 滋賀県は、大津市にある滋賀県湖西浄化センターの下水汚泥処理の溶融炉建設計画に関して、汚泥からバイオマス(生物資源)燃料を作る燃料化方式を導入する地球温暖化の原因防止に寄与する方針を決めたと発表した。処理時に排出する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量も現行方式より少なくなり、クリーンエネルギー生産との両面で地球温暖化の原因防止を目指すという。地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理施設は、2015年度稼働を予定している。現行の焼却溶融方式は、下水から水を分離してできた汚泥を高温で焼き、コンクリート材に再利用しているが、新たに導入する燃料化方式では、汚泥を低温で燃やして乾燥させるなどして燃料にする。この地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式で作ったバイオマス燃料は、石炭の代替として発電所やセメント工場で利用するといい、燃料化の処理は、加熱で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も焼却溶融方式より格段に少なくなるという。化石燃料の代わりにバイオマス燃料を使うと地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量をゼロと見なせるため、滋賀県の試算では全体で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を現行より1万4千~9千トン削減できる試算になるという。こうした地球温暖化の原因防止に寄与する燃料化方式は、ここ数年で技術開発が急速に進み、東京都、宮城県、山形市で導入されている。新しい溶融炉は一日あたり下水80トンの処理能力を持つ計画となっており、大津市と共同で建設し、滋賀県としては、今後2年かけて燃料化処理の具体的な手法の選定などを進める。滋賀県下水道課は「地球温暖化の原因防止に寄与する効果が確認できれば、今後更新を迎える施設でも燃料化方式が有力な選択肢となる」とコメントしている。

> 滋賀県で地球温暖化の原因防止に寄与する下水汚泥処理はこちら

神奈川県横浜市のレンガ広場で地球温暖化の原因防止に寄与する「エコカーワールド」開催

 神奈川県横浜市中区新港1にある横浜赤レンガ倉庫イベント広場において、来る6月5日と6日の2日間、地球温暖化の原因防止に寄与するエコカー(低公害車)の紹介やエコドライブ普及啓発を目的としたイベント「エコカーワールド2010」が開催される。同イベントの主催は、横浜市、環境省、環境再生保全機構の3者で、毎年環境月間の6月に実施されており、神奈川県横浜市での開催は今年で7回目を数える。自動車による大気汚染防止や地球温暖化の原因対策に有効な最新エコカーの出展・展示、エコカー試乗、エコドライブの実体験、シンポジウムなどを通してエコカーへの理解と普及促進を図ることを目的として開催される。エコカーワールドの会場では、地球温暖化の原因防止に大きな期待が寄せられている燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車など約140台のエコカーや充電スタンドなどが展示されている。また、会場内では最新の低公害車である四輪車や二輪車の試乗もできるほか、環境モデル都市・横浜市と日産自動車が展開する「ヨコハマモビリティ『プロジェクトZERO』」による簡易エコドライブ診断システムを装着した自動車の運転体験なども可能となっているという。この車の運転後には、エコ運転のレベルが分かるほか、日産のテストドライバーから、エコ運転のアドバイスが受けられる。横浜市環境創造局交通環境対策課は「地球温暖化の原因防止に寄与するエコカーワールドは、次世代自動車が本格的に普及した近未来社会をイメージして毎年実施している。今年は展示スペースをより多くとり、海外からの地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車やハイブリッド車も含め約140台が出展される予定。『働くエコカー』を中心に、子どもたちが見て触れて乗ってみることができる体験型の展示をはじめ、さまざまなイベントを用意して、皆さんのご来場をお待ちしいる」と話している。

> 神奈川県横浜市のレンガ広場で地球温暖化の原因防止に寄与する「エコカーワールド」開催はこちら

岩手県が地球温暖化の原因防止に寄与する脱白熱球キャンペーン

 岩手県では、地球温暖化の原因防止に寄与するため、LED照明電球型蛍光灯など省エネ型照明への切り替えを勧める「脱白熱球キャンペーン」を6月から今年一杯実施すると発表した。岩手県において今年度は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を1990年比8%削減する計画の最終年度であることから、地球温暖化の原因防止対策8事業で推進することとしており、省エネ型照明への切り替えキャンペーンはこの一つとなっている。家庭の電力消費の約16%を占める照明器具の交換は、他の家電製品の切り替えより地球温暖化の原因防止対策として取り組みやすいことから企画したという。仮に、岩手県内50万世帯が地球温暖化の原因防止対策として白熱球から電球型蛍光灯に切り替えると、1年間で約156万キロの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2が削減できると試算している。キャンペーンは、岩手県内の販売店などに地球温暖化の原因防止に寄与するため、省エネ型照明への交換をPRしてもらうことによって実施しており、参加事業所は5月21日現在で15となっているが、参加募集は期間中続けるという。岩手県も地球温暖化の原因防止行事などで訴えていく。岩手県環境生活企画室では、「地球温暖化の原因防止に寄与することに加えて、メンテナンス経費等を比較しても取り換えた方が長い目でみてお得です。この機会に取り組んでほしい」と話している。

> 岩手県が地球温暖化の原因防止に寄与する脱白熱球キャンペーンはこちら

JR東日本が地球温暖化の原因防止に寄与するハイブリッド車両を導入

 JR東日本は、東北新幹線新青森駅が開業する12月4日から、青森県の青森駅と秋田県の秋田駅を結ぶ快速列車「リゾートしらかみ」に地球温暖化の原因防止に寄与する新型ハイブリッド車両を導入すると発表した。これには、車両数を増やして輸送能力を強化し、青森県経由の誘客につなげたい考えだという。今回導入されるハイブリッド車両には、ディーゼルエンジンと蓄電池が搭載されている。従来のディーゼルエンジン車両よりも燃費効率が約10%良くなるほか、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである窒素酸化物などの排出量は従来の車両よりも約60%程度カットできるといいい、地球温暖化の原因防止に寄与するものとなっている。同車両の営業運転は、国内3例目となる。新型車両は「青池」として運行し、車両の外観も青を基調とした4両編成(定員154人)で、12月4日から秋田駅から青森駅間を1日1往復するという。同支社によると、現行のダイヤでは、新青森駅には停車しないが、新幹線からの乗り換え客を見込み、運行開始後は停車することを考えているという。

> JR東日本が地球温暖化の原因防止に寄与するハイブリッド車両を導入はこちら

福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生

福岡県北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになり、今般、地球温暖化の原因防止に寄与する国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫も生息しており、北九州市は、今後、観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせると発表した。地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープは、多様な生物が生息する空間のことである。福岡県の北九州市響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールもあり、これまで国内最大級のビオトープとされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍もの面積を有している。北九州市では1980~1986年にかけて、産業廃棄物などを埋め立て、その後長年放置していた間に、凸凹の地形に地球温暖化の原因防止に寄与する湿地帯や淡水池、草原が自然に発生した。こうした状況を踏まえ、北九州市では、2002年に産業用地にする計画を見直し、地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープとして整備することにした。ビオトープ内では、これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。響灘ビオトープは、2012年の正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園するといい、入場は無料となっている。本件についての問い合わせは、北九州市環境モデル都市推進室(093・582・2239)まで。

> 福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生はこちら

兵庫県尼崎市で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電パネル生産へ

 パナソニックの大坪文雄社長は、兵庫県尼崎市にあるプラズマテレビ用パネルの3工場のうち、2005年に最初に稼働した工場を地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電パネル生産に転換すると発表した。これは、世界最高水準の変換効率を誇る三洋電機の地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電パネルに、パナソニックの人材や技術を生かすことで、変換効率を一層高めることにより、大幅に製造コストを削減した地球温暖化の原因防止に寄与する次世代型太陽光発電パネルを生産するという。パナソニックが発表した新中期経営計画では、太陽電池やリチウムイオン電池など、地球温暖化の原因防止に寄与するエナジーシステム事業をグループの中核事業に位置づけた。この中で、大坪社長は「世界戦略として展開する上で、地球温暖化の原因防止に寄与する次世代型太陽光発電パネルの開発及び製造は最重要ポイントとなる」と強調している。地球温暖化の原因防止に寄与する三洋の太陽光発電パネルのコスト競争力を高めるため、パナソニックが全面支援することになるという。一方、パナソニックのプラズマパネルは、映像が立体的に見える3Dテレビが世界的に好調を維持しているという。今般、次世代太陽光発電パネルの生産に転換する工場の製造設備については「今年1月に稼働した新工場などを含め活用する方策を検討したい」とした。

> 兵庫県尼崎市で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電パネル生産へはこちら

地球温暖化の原因防止に寄与するアメリカの自動車新燃費基準

 アメリカは地球温暖化の原因防止に寄与するため、2012年から米国内で販売する乗用車とライトトラック(SUV/ミニバン/ピックアップトラック)に適用する新しい燃費基準を発表した。2016年までに1台当たりの平均燃費を、現行の25マイル/ガロン(約10.6km/リットル)から35.5マイル/ガロン(約15.1km/リットル)へ42%引き上げることを、すべての自動車メーカーに求める非常に厳しい内容となっている。既に、米国では、地球温暖化の原因を防ぐ目的で、2020年までに自動車の燃費を現行よりも約4割改善させ、35マイル/ガロン(約14.9km/リットル)にする新エネルギー法が成立しているが、地球温暖化の原因防止にさらに寄与するため、オバマ大統領はこれを4年間前倒しで実施することを決断している。元々、米国内では、州ごとに規制が異なっており、最も厳しい燃費基準を掲げるカリフォルニア州をはじめ、州ごとに目標値が異なっていたが、自動車メーカーとしては「アメリカの州ごとに違う規制に合わせた車を投入するのは困難」という姿勢であった。今回、地球温暖化の原因防止に寄与するため、新たな基準として発表された新燃費基準は、2016年までに1台当たりの平均燃費を、現行の25マイル/ガロン(約10.6km/リットル)から35.5マイル/ガロン(約15.1km/リットル)へ42%引き上げるというもの。車種別で見ると、乗用車は現行の27.5マイル/ガロン(約11.7km/リットル)を39マイル/ガロン(約16.6km/リットル)へ、ライトトラックは現行の24マイル/ガロン(約10.2km/リットル)を30マイル/ガロン(約12.7km/リットル)へ改善させるという内容になっている。アメリカの新基準は2012年から適用されることになっているが、2016年までの5年間に、毎年5%ずつ規制を強化するという。アメリカ政府の試算によると、2016年に販売される新車の生涯消費燃料は、約10億8000万バレル(約1717億リットル)節約でき、地球温暖化の原因防止に寄与するという。これを1台当たりのコストに換算すると、約3000ドル(約28万円)の燃料代が浮く計算だ。新燃費基準では、2016年までに1台当たりの地球温暖化の原因となっている温室効果ガスであるCO2排出量を155g/km以下にすることも盛り込まれている。米運輸省では、「今回の決定は、地球温暖化の原因防止に寄与する歴史的なものとなっている。新燃費基準が、自動車産業に新たな技術革新を呼び起こすだろう」とコメントしている

> 地球温暖化の原因防止に寄与するアメリカの自動車新燃費基準はこちら

神奈川県川崎市と中国瀋陽市で地球温暖化の原因防止支援事業

 環境省は、神奈川県川崎市と中国瀋陽市による循環経済産業の発展を通じた地球温暖化の原因防止に寄与する環境にやさしい都市構築のモデル事業推進の一環として、循環型社会構築に関する政策の交流、技術の情報共有等を目的に、中国国家環境保護部と「神奈川県川崎市-瀋陽市 地球温暖化の原因防止の環境にやさしい都市構築協力支援事業に関する北京・瀋陽ワークショップ」を平成22年3月24日(水)及び26日(金)に、中国北京市及び瀋陽市において開催した。日本側からは、環境省、川崎市、国立環境研究所、川崎市エコタウン事業の関係者、在中国日本大使館・国際協力機構(JICA)等の日中協力の関係者が出席した。中国側からは、環境保護部、遼寧省、瀋陽市、貴陽市、日中友好環境保全センター等の関係者が出席した。地球温暖化の原因防止に寄与する廃棄物・リサイクル政策に関する日中両国及び川崎市・瀋陽市における取組の現状についての情報交換及び日中両国及び川崎市・瀋陽市の循環経済に関する今後の協力についての活発な意見交換を行った。最後には、神奈川県川崎市と瀋陽市の地球温暖化の原因防止に寄与する環境にやさしい都市に関する協力を一層推進していくことについて合意したという。

> 神奈川県川崎市と中国瀋陽市で地球温暖化の原因防止支援事業はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果

 風力発電については、地球温暖化の原因防止に寄与する設備として大いに期待されている。一方で、風力発電の稼動によって、苦情の件数も増えてきている。このような状況の中、環境省では、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設に関して低周波音の苦情が寄せられている愛知県豊橋市田原市愛媛県伊方町において騒音・低周波音の実態把握のための調査を行い、解析結果を公表した。公表された内容によると、愛知県豊橋市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約680m)では、風力発電設備の稼働・停止による明確な騒音・低周波音の変化は確認できず、また、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音は測定されなかった。愛知県田原市の苦情者宅内(風力発電設備[1500kW]からの距離:約350m)では、稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された160~200Hzに特徴のある騒音が測定された。また、愛媛県伊方町の苦情者宅内(風力発電設備[1000kW]からの距離:約210m、240m)では、風力発電の稼働・停止による騒音・低周波音の変化が測定されるとともに、風力発電設備の近傍測定点で観測された31.5Hzや160~200Hzに特徴のある騒音・低周波音が測定された。環境省では、引き続き、地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電に関連する調査・解析を実施し、実態の解明に努めていくこととしている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止に寄与する風力発電施設から発生する騒音・低周波音の調査結果はこちら