TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化の原因対策】

ソニーと新潟県十日町市が地球温暖化の原因対策の国内クレジット契約

 ソニー(東京都港区港南)と新潟県十日町市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、新潟県十日町市が新潟県十日町市内企業の共同実施者となって再生可能エネルギー技術で削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減クレジットを、ソニーが買い取る国内クレジット契約に調印したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内クレジット制度に基づき、地方自治体が企業と共同実施者になるのは全国で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としての買取対象となるのは、(1)ミオンなかさと(新潟県十日町市)のペレットボイラー等整備(2)ゆきぐに森林組合(新潟県十日町市)のバイオマスボイラー整備(3)ミート・コンパニオン(新潟県十日町市)のバイオマスボイラー整備(4)高木沢企業(新潟県十日町市)の生木乾燥チップボイラー設備整備(5)前田商会(新潟県十日町市)のBDF製造設備整備の5事業となっている。3事業については、今年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として取り引きされるが、残る2事業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を検討する国内クレジット認証委員会の承認を得てから開始されるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引量の目安は、平成23年度は年間計約1千トン、ソニー側の買取金額は1トン当たり1,500~3,000円になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> ソニーと新潟県十日町市が地球温暖化の原因対策の国内クレジット契約はこちら

沖縄県に地球温暖化の原因対策の可倒式風力発電設備

 沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)は、沖縄県の本島の東約400kmに位置する南大東島において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、可倒式風力発電設備2基を稼動させた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となる可倒式風力発電設備は、台風接近時などに支柱を倒すことができることから、強風をやり過ごして損壊を防ぐことができる、一般の電力供給に使うのは全国で初めてのケースになるという。可倒式風力発電設備は、台風接近などで風速20メートルを超えると運転を停止し、風車の支柱を倒す仕組みとなっており、フランスベルニエ社製で風車の直径は32メートルの大きさがある地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の設備である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の可倒式風力発電設備の建設費は、約4億円でうち3分の1は国の補助金が充当されたという。沖縄県の南大東島では、約600世帯に対して、現在はディーゼル発電設備6基を使って電力を供給しているという。今回稼動を始めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の風力発電設備2基の能力は、合わせて約200世帯分の電力を供給することができるという。沖縄電力は、2009年に沖縄県の波照間島で可倒式風力発電設備の実証実験を行った結果、安全性や性能を確認することができたという。このため、台風の通り道とされる沖縄県の南大東島で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としての営業運転に踏み切ったという。沖縄県の離島では、水量の確保面から水力発電が困難であるうえ、人口が少ないことから火力発電所を建設するのも非効率という現実がある。こうしたことから、これまでディーゼル発電による電力供給が主だったが、燃料輸送費など経費がかかるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が多いという問題を抱えていた。こうしたことから、太陽光発電システムや風力発電など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策にもつながる再生可能エネルギーが、今後の発電設備として有望視されている。天候等に左右される太陽光発電システムや風力発電などの出力の不安定さを補うために、蓄電池などを活用した送電網の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策実証実験が沖縄県の宮古島などで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 沖縄県に地球温暖化の原因対策の可倒式風力発電設備はこちら

神奈川県横浜市の横浜・八景島シーパラダイスで地球温暖化の原因対策のブルーカーボン

 神奈川県横浜市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市金沢区)と共同で、海洋生物による地球温暖化の抑制や水質改善の効果に関する実証実験を行う。横浜・八景島シーパラダイスの海に設備を作り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、貝や藻の生活環境改善効果を観察するほか、神奈川県横浜市内の小学生の地球環境問題の学習の場としても活用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る実験は、神奈川県横浜市が取組んでいる環境問題対策関連産業の育成や環境問題教育の取組の一環として、2011年9月から実施するという。約40平方メートル程度の海域を対象とし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験として、カキやムラサキイガイなどの貝類やコンブやアカモクといった藻類を海面から垂らしたロープに植え付けて生育を観察するほか、海底にも魚の住み家となる人工漁礁を設置するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実験期間中は、対象区域の水質や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収効果を調査し、そこから得たデータや技術は、今後の神奈川県横浜市の環境問題対策や地球温暖化の原因防止の施策に活用していくという。環境調査・保護活動を行う国連環境計画(UNEP)の調査では、世界の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量約72億トンのうち、海洋で吸収される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約22億トンと、陸上の約9億トンを大きく上回るという。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、海洋生物の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量吸収効果は「ブルーカーボン」と呼ばれており、地球温暖化の原因防止対策に関与する専門家の間で注目が高まっている。林神奈川県横浜市長は、定例記者会見において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策はブルーカーボンを利用することによって、沿岸部の多くの神奈川県横浜市の環境改善につながる。ブルーカーボンの知名度は低いが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験を通じて広めていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市の横浜・八景島シーパラダイスで地球温暖化の原因対策のブルーカーボンはこちら

栃木県地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化

 栃木県が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を目的に呼び掛けている環境問題対策のレジ袋有料化について、栃木県は、新たに、栃木県壬生町の「ジャスコみぶ店」及び「ヤオハンおもちゃのまち店」が栃木県が推進するレジ袋無料配布の中止に参加することになったと発表した。これで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、栃木県壬生町内で営業する中規模以上のスーパー5店すべてが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて足並みをそろえ、レジ袋有料化に踏み切ることになるという。栃木県内市町において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に賛同して、すべてのスーパーがレジ袋を有料にするのは栃木県壬生町が初めてのケースだという。栃木県壬生町のスーパー5社、消費者団体、同町商工会、栃木県壬生町は、協議会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に向けた取組について話し合いを重ね、2010年11月25日に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策となるレジ袋削減の協定を締結したという。このうち、栃木県壬生町の「カスミ壬生店」、「シンユーストア」、「コープおもちゃのまち店」は既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてレジ袋削減の有料化を始めており、残り2店の参加で全5店の有料化が完了する。栃木県壬生町の2店では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、マイバッグの持参を呼び掛けた。レジ袋がどうしても必要な客には、「ジャスコ」では1枚5円、「ヤオハン」では大5円、小3円でレジ袋を販売するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、栃木県壬生町の同店がレジ袋有料化第1号となるヤオハン(栃木市)は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に無関心ではいられない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてのレジ袋有料化はお客様にもご理解いただけると思う」とコメントしている。現在、栃木県内では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)排出量削減に賛同した34事業者69店がレジ袋を有料化している状況にある。栃木県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、地域の店が参加する協議会を栃木県内の地方自治体ごとに設立し、地域ぐるみでレジ袋有料化の動きを推進している。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、いったんレジ袋を有料とした栃木県内大手の「たいらや」(栃木県宇都宮市)は、2010年6月に売上減少を理由に再びレジ袋を無料化してしまったという。さらに、栃木県内では、食品販売も手がけるドラッグストアやホームセンターなどとの競争も激化していることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策とはいえ、各店の足並みがそろわず、レジ袋有料化の話し合いがまとまらない地域が栃木県内では多いという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 栃木県地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化はこちら

地球温暖化の原因対策の「チャレンジ25キャンペーン」に手塚治虫氏の「ブッダ」を採用

 地球上の人類の生存に関わる脅威に対して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策を講じることによって、世界が立ち向かっている。2005年2月日には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を定めた「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量を1990年比で6%削減することが義務づけられている。2009年9月には、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の目標として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明した。日本政府では、地球と日本の環境を守り、未来の子供たちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を推進することにしている。そのための地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日から展開している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「チャレンジ25キャンペーン」は、これまでの地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」から、より一層地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた運動として展開するものであり、オフィスや家庭などにおいて実践できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた具体的な行動を「6つのチャレンジ」として提案し、その地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実践を広く国民によびかけている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に中心的に取組む環境省(東京都千代田区霞が関)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のための国民的運動である「チャレンジ25キャンペーン」のスローガンを掲げたポスターに、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を2度にわたって受賞した手塚治虫氏の「ブッダ」のビジュアルが使用されることになった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 地球温暖化の原因対策の「チャレンジ25キャンペーン」に手塚治虫氏の「ブッダ」を採用はこちら

滋賀県が地球温暖化の原因対策として電気自動車(EV)用充電設備へ補助金

 滋賀県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車を広く普及していくための方策の一つとして、当該車両への充電設備の設置を進める者に対して補助金を支給すると発表した。滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の補助制度の対象は、国内大手自動車メーカーが販売する電気自動車(EV)に対応する充電用の200ボルトコンセントを設置する企業又は個人となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の補助金額は、充電機器や工事費などに要する費用のうち、7万円を上限に3分の1の補助金を支出するという。滋賀県温暖化対策課によると、滋賀県内で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のうち23%の割合を運輸部門が占めているため、滋賀県では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)を利用できる環境をつくっていきたいと考えているという。現在、滋賀県内では、電気自動車(EV)向け充電器は民間が設置した設備が40か所ほどあるが、2010年度内に滋賀県の出先施設に7か所設けるという。滋賀県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、2011年度当初予算案にも電気自動車(EV)用の充電器設置費として4,100万円を計上しており、滋賀県有施設に20基、民間による140基のほか、急速充電器3基の設置も予定している。滋賀県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策補助金の申請は3月14日までとなっており、申込先は滋賀県温暖化対策課(077-525-3494)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 滋賀県が地球温暖化の原因対策として電気自動車(EV)用充電設備へ補助金はこちら

山崎製パンがカーボン・オフセットで鳥取県の地球温暖化の原因対策

 東京都千代田区岩本町に本社がある山崎製パンは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に積極的に取組んだ結果、「平成22年度食品産業CO2削減大賞」で農林水産大臣賞した。食品産業CO2削減大賞は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組に努力している食品関連企業を表彰することを目的に、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の補助事業として平成20年から開始された事業である。山崎製パンは、これまでに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のため、生産拠点の取組では、燃料を重油から都市ガスに転換することによって環境負荷を低減させるとともに、大幅な省エネルギー設備を導入してきた。また、物流面の取組では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、ハイブリッド車やCNG車などの低公害車を導入したほか、エコドライブを推進した。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の一環として、2010年9月から、今回の受賞対象となったカーボン・オフセットを始め、森林による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定を促進した。これは、山崎製パンが製品を製造する際に排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の一部をオフセットする仕組となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、鳥取県を始めとする中四国地区の一部で発売するカーボン・オフセット対象製品を1個販売するごとに、1円を鳥取県のオフセット・クレジットの購入にあてるという仕組みになっている。鳥取県では、山崎製パンによるオフセット・クレジットの寄付金を「とっとりの森」の整備費用に充当し、森林整備や地球温暖化防止など環境保全に寄与する仕組みとなっている。カーボン・オフセット対象製品には、鳥取県産の食材を利用し、鳥取県の環境保全に資することをパッケージに明記している。今後も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を始め食品リサイクルの推進など、環境問題への取組を積極的に行っていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 山崎製パンがカーボン・オフセットで鳥取県の地球温暖化の原因対策はこちら

東京都中野区は地球温暖化の原因対策のポイント制度導入

 東京都中野区は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の「エコ」に加えて、「地域支え合い」及び「買い物」の三種類のポイントを共通で使える東京都中野区独自の制度を平成23年度に導入する。東京都中野区は、平成23年度当初予算案に準備調査に係る経費として1,521万円を予算計上し、予算議会に提案するという。東京都内の区独自の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策のエコポイントは、千代田区及び港区、地域貢献のポイントは杉並区、品川区などが制度を導入しているが、今回の東京都中野区のように三種類のポイントを共通で使える仕組みは全国で初めてのケースだという。東京都中野区のエコポイントは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、家庭での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指し、電気とガスの節減量に相当する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が1kg削減すると50ポイント取得でき、東京都中野区が実施する環境関連イベントに参加することによっても取得できる仕組みになっているという。また、東京都中野区の地域支え合いポイントは、特に一人暮らしの高齢者の異変発見及び安否確認などの活動や、東京都中野区が実施する健康啓発事業に参加することによって取得できるという。何らかの支援を必要とする人に対しては、事前に東京都中野区がポイントを給付しておき、介護支援などのボランティア活動の謝礼としても使用できるという。さらに、東京都中野区の買い物ポイントは、東京都中野区内協賛店の買い物によって獲得でき、500ポイントが溜まると金券500円と交換することで東京都中野区内で買い物できる仕組みになっているという。この東京都中野区のポイントの利用は、原則として東京都中野区民が対象となるが、買い物ポイントは東京都中野区内の通勤通学者も参加できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都中野区は地球温暖化の原因対策のポイント制度導入はこちら

群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センターが小水力発電による地球温暖化の原因対策

 群馬県伊勢崎市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、排水の力を利用して電気を発電する小水力発電を群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センター(群馬県伊勢崎市茂呂南町)の下水処理施設に設置したと発表した。群馬県伊勢崎市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、下水処理施設において小水力発電設備を設置する試みは、群馬県内で初めてだという。群馬県伊勢崎市によると、小水力発電は、下水処理施設において殺菌消毒した下水を最終的に広瀬川に放流する際、放流口から川面までの約2mの落差を利用するという。小水力発電に当たり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は排出しないという。群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センターの小水力発電機は、1日約18時間稼働し、約26kwhの発電を見込んでいるという。東京電力によると、群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センターの発電量は、一般家庭の平均電力使用量の約2~3日分に相当する量になるという。小水力発電機で発電した電力は、群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センター内で使用し、経費の削減につなげるという。群馬県伊勢崎市では、「これまで捨てるだけでまったく利用されていなかった水力のエネルギーで、少しでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献したい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 群馬県伊勢崎市伊勢崎浄化センターが小水力発電による地球温暖化の原因対策はこちら

群馬県桐生市で地球温暖化の原因対策の電気自動車の実証実験

 国土交通省(東京都千代田区霞が関)と群馬県桐生市が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えたまちづくりを推進していくため、一人乗り電気自動車「マイクロEV」を使った実証実験を1月17日から群馬県桐生市内で始めた。2月13日まで約1か月にわたって、群馬県桐生市役所や群馬県桐生市商工会議所の職員が運転したり、群馬県桐生市民らの一般モニターが利用したりして、電気自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果や課題を検証するという。走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車の実験にはマイクロEV「μ(マイクロ)-TT2」2台と、電動バイク2台を使用して行われる。今回の実験で使用するマイクロEVは群馬大学(群馬県前橋市)や群馬県内の企業などでつくる「次世代EV研究会」が製作したもので、1回の充電で最高時速約60キロで、航続距離は最長30キロになるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験の平日は、マイクロEVと電動バイク一台ずつを群馬県桐生市役所と桐生商工会議所に置き、群馬県桐生市職員と桐生商工会議所職員が使用するという。休みとなる土日は、一般モニターが群馬県桐生市内の市街地を1人当たり最長で15キロ運転することができ、使用後、利用者は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関するアンケートに答える必要がある。今回の群馬県桐生市のようなマイクロEVなど環境問題に配慮した超小型車の実証実験には、東京都千代田区や愛知県豊田市など計6自治体が参加しているという。群馬県桐生市企画課は「群馬県桐生市が実験に参加することで、市民に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への関心と理解を深めてほしい」とコメントしている。市民向けには、2月5日に走行会を開催し、JR桐生駅構内の市民活動推進センター「ゆい」で参加を受け付けるという。問い合わせは群馬県桐生市企画課(電話0277-46-1111)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 群馬県桐生市で地球温暖化の原因対策の電気自動車の実証実験はこちら

横浜ゴムが地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムを設置

 横浜ゴム(東京都港区新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、中国における乗用車用タイヤ生産及び販売子会社「杭州横浜輪胎」において2011年2月に太陽光発電システムによる発電を開始すると発表した。横浜ゴムによる海外グループ会社への太陽光発電システムの導入は初めての事例になるという。今回の太陽光発電システムは、横浜ゴムの中国拠点の事務棟と守衛所に設置している。太陽光発電システムは、1枚当たり100wの発電能力のあるパネル729枚を設置し、事業所が消費する年間電力量の0.3%に当たる6万7,000kwhを賄うことが可能になるという。その結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は年間で94トンになる。横浜ゴムは、国内の事業所においては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、神奈川県平塚市にある平塚製造所などに太陽光発電システムを導入しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 横浜ゴムが地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムを設置はこちら

神奈川県川崎市で地球温暖化の原因対策を施したマンションを分譲

 神奈川県川崎市で、マンションの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策が始まった。太陽光発電システムによって発電した電力をマンション共用部の照明に利用するほか、マンション内の4住戸については余剰電力を売電できる仕様になっている。このマンションは、リビタ(東京都渋谷区)が分譲する「リノア元住吉」(神奈川県川崎市中原区)だ。このマンションにおいて、インターネットサービスを実施しているファミリーネット・ジャパン(FNJ・東京都渋谷区)が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を、企業に二酸化炭素(CO2)排出枠として売却する「二酸化炭素クレジット取引サービス」を導入するという。発電時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電システムによる電力と省エネ対策のLED照明(発光ダイオード)で削減した二酸化炭素(CO2)排出量をクレジット化し、マンション管理組合に還元するという。リノア元住吉は、新築ではなく遊休社宅を全24戸のマンションに改修リニューアルして分譲するものとなっている。改修に当たっては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、共用部に太陽光発電システムやLED照明を設置していることに加えて、断熱強化やオール電化工事等で環境性能を高めたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県川崎市で地球温暖化の原因対策を施したマンションを分譲はこちら

広島県尾道市はリサイクル自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策

 広島県尾道市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、仕事で尾道市職員が近距離を移動する際、広島県尾道市がリサイクルした自転車を利用する「バイクビズおのみち」運動を実施している。自動車でのガソリン代など移動経費の削減や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のほか、肥満化している広島県尾道市職員の健康増進を目的として取り組んでいる。広島県尾道市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ちょっとした運動とエコ」をスローガンに、広島県尾道市職員以外にも広島県尾道市全体への波及効果も狙っているという。バイクビズは「バイク」(自転車)とビジネスの短形「ビズ」を合わせた造語で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「クールビズ」の自転車版という位置づけになっている。広島県尾道市本庁舎勤務の職員が公務で広島県尾道市内エリアを移動する際には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、原則として徒歩や自転車で移動することを義務付けた。リサイクル自転車のエリアは、東側が広島県尾道市尾道大橋下、西側は広島県尾道市しまなみ交流館(JR尾道駅前)、南側は広島県尾道市向島支所(渡船)、北側は広島県尾道市尾道南高校で、広島県尾道市役所から1キロ前後の距離になっている。しかし、広島県尾道市は坂の多い町であることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といえども、距離が近くても坂道の多い広島県尾道市の地域は対象外とした。使用するのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、放置自転車をリサイクルした車両で、広島県尾道市本庁舎などに計12台を配置している。前かごにプレートを取り付け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や自転車の利用推進もPRしている。広島県尾道市の試算では、公用車を使った場合と比較すると、年間6万円のガソリン代が節約でき、千kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減になるという。広島県尾道市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年度は840台の放置自転車を撤去しており、廃棄分などを除く100台をリサイクルして有料で販売している。今回の実施効果を検証したうえで、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リサイクル自転車の台数を増やすことを検討するという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
家電製品リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 広島県尾道市はリサイクル自転車で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因の対策はこちら

青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 青森県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電など再生可能エネルギーの導入を推進する10年後の導入量やそれによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果について具体的な目標値を示した「ロードマップ」を作成している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の具体的な目標を掲げることで、再生可能エネルギーの導入を加速させることを狙いとしており、今年度中の完成を目指している。青森県は、2006年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「エネルギー産業振興戦略」を策定しており、再生可能エネルギーの導入に乗り出した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーは、循環する自然現象の中で半永久的に取り出せるエネルギーで、太陽や風力、地熱や動植物由来のバイオマスなどが対象となる。青森県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ロードマップでは、これまでに推進してきた取組み結果のほか、今後の課題を検証している。その上で2020年の段階で青森県が導入するエネルギー量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を数値で掲げ、目標達成に必要な施策も提示するという。青森県は、今般、有識者による「青森県エネルギー産業振興戦略推進会議」を設置しており、これらの意見もマップに反映させる方針だという。会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを第1次産業などに活用することも検討すべき」などの意見もあがっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ:東京都港区港南)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、キヤノン製品の事務機器事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量を森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量でカーボンオフセットする活動を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセットの対象は、キヤノン製複合機の製造時と使用済みカートリッジを回収し輸送する際に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量で、今年の二酸化炭素(CO2)排出量はそれぞれ約100トンと約250トンになる見込みだという。キヤノンマーケティングジャパンでは、今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県と岩手県の両県の森林整備を支援する。同社は2010年5月から取引先企業やNPO(民間非営利団体)などとともに「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始しており地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットによる森林整備もその一環の取組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策

 欧州連合(EU)によると、自動車メーカーによる昨年の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての二酸化炭素排出量(CO2)の削減幅は、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)が1位を獲得するなるなど上位を日本のメーカーが占めたという。欧州連合(EU)のデータによると、トヨタ自動車は昨年、トヨタ自動車の自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平均で10%削減しており、前年のトップだったドイツBMWの削減幅の5倍超に達したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の2位は、日本のスズキ(静岡県浜松市南区)で削減幅は9.1%であり、3位はマツダ(広島県安芸郡府中町)で削減幅5.4%と続いた。昨年のトヨタ自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1キロメートルあたり132グラムであった。欧州連合(EU)は、2015年の二酸化炭素(CO2)排出量を平均130グラムとすることを目標にしているが、トヨタ自動車は、フランスプジョー・シトロエンやイタリアフィアットとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の目標の達成が可能となった。欧州連合(EU)で販売された自動車による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は2009年、平均で1キロあたり145.7グラムで、2015年の目標を11%上回った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車は欧州連合(EU)で二酸化炭素(CO2)排出量削減1位で地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチ

 京都府京都市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システム設置者への補助金を設けているが、京都府内で太陽光発電システムを設置する住宅が急増し、補助金が底をつく事態が発生している。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策拡充策として、昨年から国の太陽光発電システム設置者への支援制度が拡大したことによるが、財源がないとの理由で京都府が太陽光発電システムへの補助金を打ち切ったのに対し、京都市は太陽光発電システム補助金の補正予算を組む方針だという。京都府京都市内の太陽光発電システム設置者に対し、京都府京都市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2003年度から1kw当たり8万円(景観規制区域外は5万円)の太陽光発電システム補助金を支給しているが、京都府も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2008年度から同5万5千円相当の商品券などを太陽光発電システム設置者に補助してきた。国も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年1月から、同7万円の太陽光発電システム補助金制度を復活させ、太陽光発電の電力会社への売電価格も2009年11月から2倍に引き上げた。この結果、太陽光発電システムの補助金申請が本年度に入って急増しているという。京都府京都市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金に係る本年度予算を前年度から倍増の1億円に増額していたが、2010年8月末で約290件で7100万円と前年度比1.6倍のペースで補助金の申請があり、今月中にも太陽光発電システム補助金の財源が底をつくという。京都府京都市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を続けていくため、太陽光発電システム補助金を継続するため補正予算を組み、12月京都府京都市議会に補正予算案を提出する。京都府京都市地球温暖化対策室は、「太陽光発電システム補助金の予算がないからといって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む京都府京都市民の環境意識に水を差すことはできない。なんとか財源を確保する」と話している。一方、京都府は前年度と同額の8500万円を太陽光発電システム補助金として本年度予算に計上したが、すべて使い切り、7月9日に補助金申請を打ち切った。太陽光発電システム補助金のうち、財源の半額は国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策補助金で、京都府地球温暖化対策課は「国に補助金増額を求めたが断られた。太陽光発電システム補助金の補正予算を組む財源がない」と話している。京都府内の自治体の太陽光発電システム補助金については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宇治市が6月で打ち切った単独の補助金を11月から復活させるほか、舞鶴市や福知山市も補正予算で継続を検討しているという。京都府京都市関係者から「財政難はどこの地方自治体も同じ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた住民の環境問題への意識が向上しつつあるときに、京都府の太陽光発電システム補助金の打ち切りはとても残念だ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチはこちら

神奈川県厚木市のSPPで二酸化炭素(CO2)排出量算出方法を学ぶ地球温暖化の原因防止対策

 神奈川県厚木市森の里若宮の富士通研究所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の最先端の技術を学び、地球環境問題を考えようと、神奈川県立厚木西高校(神奈川県厚木市森の里青山)の生徒が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の算出方法などを学んだ。富士通研究所の研究員が「1日、一人、平均何キロの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しているのか」などのクイズを交えながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の求め方を指導した。高校生は電卓を使って、鉄道や車などで移動する際に生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をそれぞれ計算した。移動手段によっては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が大きく異なることに驚いていた。この取組みは、科学技術振興機構(埼玉県川口市本町)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のPRとして主催するSPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)事業の一環で、富士通研究所で2日間にわたって行われる。10月12日に開かれた初回の授業では、富士通研究所の第一線の研究者らから、電子顕微鏡や生体認証技術などの説明を学んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県厚木市のSPPで二酸化炭素(CO2)排出量算出方法を学ぶ地球温暖化の原因防止対策はこちら

宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策

 宮城県大崎市田尻において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮城県北部で最大級のバイオディーデル燃料(BDF)の精製プラント建設工事が進んでおり、2010年度中に着工し2011年度から操業予定となっている。バイオディーデル燃料(BDF)の精製プラントの事業主体は労働者協同組合「労協センター事業団東北事業本部」(宮城県仙台市青葉区)で、みやぎ生活協同組合(宮城県仙台市泉区八乙女)と連携、し関係店舗から廃食油を回収して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオディーデル燃料(BDF)の原料にするという。バイオディーデル燃料(BDF)の精製量は1日当たり1,000リットルになり、みやぎ生活協同組合の配送ディーゼル車向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として1リットル100円程度で提供する循環システムを構築するという。バイオディーデル燃料(BDF)プラント予定地は、宮城県大崎市田尻の「みどりの農業協同組合」所有地を借地する。バイオディーデル燃料(BDF)プラント建設事業費は、約1億円で、同センターの自己資金5,000万円に加え、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「バイオマス利活用交付金」5,000万円を活用するという。現在、農林水産省による交付内示が出て、東北農政局と計画主体の宮城県との間で事業の詳細を詰めている。宮城県大崎市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「バイオマスタウン構想」を打ち出した関係から、同センターは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境関連事業の展開と就労の場の拡大に向けバイオディーデル燃料(BDF)プラント計画に進出したという。バイオディーデル燃料(BDF)の生産規模は、宮城県内で有数の規模になり、農業用トラクターなどにも幅広くバイオディーデル燃料(BDF)を提供いくという。バイオディーデル燃料(BDF)プラントの雇用規模は4人程度だが、「ひきこもり」から脱しようとジョブトレーニングを受けた若者の雇用を検討している。同センターは東京都・池袋に本部があり、労働者自ら出資して就労の場を創出・確保する協同組合で、東北事業本部は20年前設立された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組み以外にも、障害児者・高齢者のデイサービス、ビルメンテナンス、若者サポートセンターなど幅広い業務を行っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都渋谷区のテラモーターズは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない激安格安電動バイクSEEDを発売

 電動バイクを販売するベンチャー企業のテラモーターズ(東京都渋谷区宇田川町34番5号サイトービルIII5階)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国浙江省で製造し最終工程は日本で行っている家庭用電動バイク「SEED(シード)」を、車両本体価格9万9,800円という激安格安価格で、家電量販店のヨドバシカメラマルチメディアAkiba(東京都千代田区)とヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪府大阪市北区)で販売を開始した。大手メーカーが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として販売している電動バイクは、高容量のリチウムイオン電池を使用していることから、格安価格といっても15万円前後する電動バイクが多くなっている。テラモーターズの格安家庭用電動バイク「SEED(シード)」は、リチウムイオン電池ではなく格安な鉛電池を使用しているほか、電動バイクの機能を絞り込んで10万円以下の格安価格を実現したという。家庭用電動バイク「SEED(シード)」の別売りの専用充電器は1万8900円で、8時間でフル充電でき、最高速度45キロ、連続走行距離約40キロと格安家庭用電動バイクといえども十分な性能を持たせているうえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献するものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都渋谷区のテラモーターズは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない激安格安電動バイクSEEDを発売はこちら

東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催

 東京都を始めアジア諸国の各都市が集まる第9回「アジア大都市ネットワーク21」(アジネット)の総会が11月7日から、東京都庁(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)で開催される。4日間の日程で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの地球環境問題や産業振興をテーマに意見交換を行うという。アジア大都市ネットワーク21アジネットは、石原慎太郎東京都知事の呼び掛けで始まり、これまで小型ジェット機の研究開発や災害時における危機管理対策について取り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の会員は、ソウルや台北、デリーなど11都市で、東京都における会議の開催は2001年の第1回以来となる。今回のメーンテーマは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題を取り上げる。各都市の急速な経済成長に伴う、水や大気の汚染対策、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について話し合う。東京都は、先進的に取り組んできた上下水道の技術や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を紹介する。り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の大会に併せて11月6~9日には、東京都庁都民広場で各国の料理などが楽しめるイベント「アジネット21展」が開催される。東京都はPRのため、無機ELパネルを利用した、人が近づくと音声案内が始まる「光る、しゃべるポスター」を作製し、20日から東京都の新宿西口イベントコーナーなどで展示するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催はこちら

山形県の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は削減対策で減少

 地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの2008年度の山形県内の総排出量CO2換算)は973万トンで、2007年度より30万トンと3%減少したことが、山形県の調査で分かった。山形県内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)総排出量は3年連続で減少したというものの、山形県の目標の基準年の1990年度比7%削減となる2010年度767万トン達成までは206万トンの削減が求められる。山形県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを強化すれば目標に近づく」と話している。山形県山形市内で開催された山形県環境審議会環境計画管理部会において、山形県側が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の概要を説明した。山形県地球温暖化対策課によると、2008年度に排出された山形県内の地球温暖化の原因の温室効果ガスのうち、二酸化炭素(CO2)排出量は878.1万トン(構成比90.3%)で、メタン排出量などほかの5種類のガスが94.7万トンになったという。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の部門別排出量では、山形県内の航空部門を除いた分野で削減しており、特に、山形県内の自動車部門と製造業部門の二酸化炭素(CO2)削減量が大きかったという。山形県内の自動車は経済不況や燃料高騰に伴い走行量が大きく減少し、電気自動車(EV)やトヨタ自動車のプリウスなといったハイブリッドカーなどのエコカーの割合が増えたこともあって、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は6.8%減の185.8万トンとなった。山形県内の製造業もリーマンショックなどによる景気の悪化で鉱工業生産が低下し、工場のエネルギー消費量も減少したため、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は3.4%減の250.1万トンとなった。山形県内の家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は189万トンで1.4%の減で、都市ガスや電気でエネルギー消費量が減っており、給湯や家電などで省エネ対策が進んでいることを示した。山形県民1人当たりの地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は7.38トンで、3.5%減少した。山形県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標数値の206万トンのうち、山形県は165万トンを森林が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収する分(森林吸収源対策)として見込んでいるため、省エネ対策・新エネルギー対策で削減する地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の山形県の目標値は、実質41万トンになるとしている。山形県地球温暖化対策課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の山形県内の森林吸収源対策は2008年度現在で、約120万トンに達している」とし、「山形県内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成するため、山形県内で計画的な森林整備を進める一方、現行の山形県地球温暖化防止アクションプログラムと、今後策定する山形県地球温暖化対策実行計画に基づき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のさらなる削減に取り組んでいく」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は削減対策で減少はこちら

神奈川県平塚市藤沢市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市はノーマイカー通勤デーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 湘南地域神奈川県政総合センターと神奈川県の平塚市藤沢市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町での5市3町でつくる湘南地域市町連絡協議会の「湘南地域地球温暖化対策検討部会」が主催で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、マイカーに乗らずに、排ガスや騒音を少しでも削減していこうという「湘南地域ノーマイカー通勤デー」が11月1日から10日まで実施される。神奈川県の平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町による湘南地域ノーマイカー通勤デーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2008年9月から年1~2回実施しており、今秋が4回目の取組みとなり、官民合わせて計4,867人がマイカー通勤を見合わせたという。ノーマイカー通勤デーの効果として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出抑制量は、樹齢10年のクスノキが1日に吸収する量に換算すると1万8,027本分になっている。ノーマイカー通勤デーは、少しでも渋滞を減らし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、きれいな空を神奈川県の湘南に取り戻すきっかけにしたいという取組みである。神奈川県の湘南地域では、自動車やバイクといった排気ガスを排出する通勤をやめて、電車やバスなどの公共交通機関や自転車、徒歩に切り換えることを促している。2008年秋のノーマイカー通勤デーの開始当初は、地方自治体の職員だけが運動の対象だったが、3回目からは民間事業者の796人も参加しており、さらにすそ野を広げたい考えだという。同部会は「ノーマイカー通勤デー期間中の1日だけの参加でも大歓迎したい。神奈川県の湘南エリアから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境共生の理念や環境問題への取組みが広がっていけば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県平塚市藤沢市茅ヶ崎市秦野市伊勢原市はノーマイカー通勤デーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、原料の3割を石油からサトウキビに転換した新型プラスチックを、車両の内装に順次採用する。石油の消費を抑えるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する植物の使用で地球温暖化防止に貢献する狙いがあるという。トヨタ自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用する新型プラスチックは、バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)である。これは、現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペットボトルの容器包装には使用されているが、量産型自動車への採用は世界で初めてのケースだという。トヨタ自動車はバイオPETを、平成23年発売予定の高級ブランド「レクサス」の小型ハイブリッド車「CT200h」のトランク部分に採用する。平成23年には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、バイオPETなど植物由来の素材が内装の8割を占める車種も発売する。トヨタ自動車はこれまで、トウモロコシを原料にした別の素材を一部車種の内装に使っていたが、それに比べるとバイオPETは摩耗や熱への耐久性が大幅に向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも一層貢献するものになっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

愛知県尾張旭市のクリオンはコンクリート廃材リサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させて地球温暖化の原因防止対策

 建築資材メーカーのクリオン(愛知県尾張旭市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、コンクリート廃材に二酸化炭素(CO2)を吸収させて、新素材にリサイクルして生まれ変わらせる「二酸化炭素固定技術」を開発した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するリサイクル新素材は、舗装のインターロッキングブロックや内装材などに活用可能だという。二酸化炭素(CO2)を吸収するリサイクル新素材は、コンクリートと同等の強度や消臭機能などの特性を持ち、性質は中性又は弱アルカリ性を示すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立つ原理としては、コンクリート廃材中の水酸化カルシウムや珪酸カルシウムが二酸化炭素(CO2)に反応して、発熱と同時に炭酸カルシウムと水が発生するというもので、炭酸カルシウムを硬化したものがリサイクル新素材となるという。セメントは炭酸カルシウムを成分とする石灰石を高温で焼成して製造し、二酸化炭素が排出される。原理的には、セメント製造の過程で放出したCO2と同等の量を吸着することになる。二酸化炭素固定技術によるリサイクル新素材の具体的な製造方法は、コンクリート製品の廃材から骨材を分離した微粉末に加水し、湿潤状態になった粉末を型に入れて加圧・脱型して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸着後、乾燥させればリサイクルが完成するという。普通ポルトランドセメントであれば、廃材重量の25~30%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸着してリサイクルすることが可能であるという。二酸化炭素固定技術を利用することで、廃材の再利用化リサイクルはもちろんのこと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる。今後、電力会社や鉄鋼メーカーなどから高濃度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を回収し、コンクリート廃材を集めてリサイクル事業を進めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県尾張旭市のクリオンはコンクリート廃材リサイクルで二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させて地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 栃木県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、個人が住宅に太陽光発電システムを設置する場合に、設置費用の一部に対して補助金を支給する栃木県の制度が栃木県民に大好評なことを受け、本年度の太陽光発電システム補助金枠を当初予定の2000件から1000件増やして計3000件に補助金を支給する方針を固めた。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である太陽光発電システム補助金は9月末の時点で既に、1700件の補助金支給申請が出されているという。栃木県は栃木県議会9月定例会最終日の10月15日に、太陽光発電システム補助金関係経費として1億2000万円の補正予算案を提出するという。栃木県の太陽光発電システム補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年11月から開始されている。栃木県の補助金制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層効果的に推進するため、太陽光発電システムと高効率給湯器を同時に設置することが支給条件となっており、最大で12万円の補助金が支給される。太陽光発電システムと高効率給湯器の設備の設置費用は一般的に250万円ほどになるという。栃木県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に推進していくため、補助金と併せて利用できる長期・低利の融資制度も設けている。福田富一栃木県知事は、先日開催された栃木県議会予算特別委員会において、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する栃木県民意識の高まりと、余剰電力買取制度が相まって太陽光発電システムの普及が進んだ」と好調の要因を挙げた上で、「太陽光発電システム補助金を追加補正予算案に盛り込み、栃木県民ニーズに迅速に対応していく」と述べている。栃木県地球温暖化対策課によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金は今月末にも申請が2000件になる見通しだという。2009年度は11月から3月までの間において、6803件の太陽光発電システム補助金の申請があったことから、本年度も同時期に同程度の申請があるのではないかとみている。栃木県の太陽光発電システム補助金制度の財源としては、2009年度に国の緊急経済対策で約7億9000万円を積んだ栃木県の地域環境保全基金を充当している。栃木県地球温暖化対策課によると、栃木県内の22市町でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システム補助金として上限8~28万円の補助金制度を実施しているという。このうち、7市町では本年度の当初予算額に達しており、栃木県宇都宮市や栃木県大田原市など4市が9月定例議会などで太陽光発電システム補助金に係る予算を追加補正で増額するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県は太陽光発電システム補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大分県大分市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大分県大分市がこの夏、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大分県大分市有施設などで本格的に植栽した「緑のカーテン」の効果によって、大分県大分市の調査によると室温が1.9度ほど下がったという。大分県大分市は、この夏、大分県大分市役所や公民館、大分県大分市立小中学校など106施設に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アサガオやゴーヤーのつる性植物で緑のカーテンをつくる運動を実施した。大分県大分市役所本庁舎で7月17日~8月29日の間の閉庁日に室温を測定した結果、午後2時半の平均室温は、緑のカーテンを設置した2階で29.9度、設置していない4階では31.8度だったという。測定した午前8時半~午後7時半すべての時間帯で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の緑のカーテンによる室温低下の効果があった。これ以外の効果としては、大分県大分市の職員らから「緑のカーテンが目に優しく感じる」、「緑のカーテンの毎日の成長を楽しんでいる」といった癒し系の声もあった。大分県大分市環境対策課は、「緑のカーテンを設置した部分は室温が下がり、遮光効果や癒やし効果もあった。来年度も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、緑のカーテンを継続したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大分県大分市は緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

中国の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は世界最大

 国際エネルギー機関IEA、本部・パリ)が公表した統計によると、中国の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が2008年に世界最大の65億トンに達し、2位のアメリカとの差がさらに広がったという。インドの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も伸びており、新興国に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を求める声がさらに強まりそうだ。2008年の世界全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は294億トンで前年比1%の増加となっている。中国の二酸化炭素(CO2)排出量は前年より8%増えたが、アメリカは3%減って56億トンになった。2007年では、約3億トンだった中国とアメリカの二酸化炭素(CO2)排出量の差は約10億トンにまで拡大した。インドの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は8%増の14億トンであった。一方、欧州連合(EU)の二酸化炭素(CO2)排出量は2%減の38億トンで、日本の二酸化炭素(CO2)排出量は7%減って11億5千万トンだった。先進国の多くはリーマン・ショックなどによる景気後退で工業生産などが減少したことから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も減少した。中国の二酸化炭素(CO2)排出量排出量は2000年の段階ではアメリカの二酸化炭素(CO2)排出量半分程度しかなかったが、その後、経済発展と共に急激に増加し続け、2007年にはアメリカを抜いて世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国になった。2009年11月に中国は、国内総生産(GDP)当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2005年の水準に比べて2020年までに40~445%削減するという目標を掲げた。中国天津で開かれている国連気候変動枠組み条約の作業部会でも、中国政府が検討中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を説明しているが内容は不十分である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中国の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量は世界最大はこちら

静岡県浜松市は電気自動車(EV)の社会実験で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 静岡県浜松市などが地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及推進を検討する「はままつ次世代環境車社会実験」にフォルクスワーゲンは、ゴルフの電気自動車(EV)で参加し、2010年10月7日の静岡県浜松市で行われた実験開始セレモニーで試走を行った。静岡県浜松市で走行シーンが披露されたのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発されたゴルフベースの電気自動車(EV)「ゴルフ ブルーeモーション」であった。電気自動車(EV)は、容量26.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーをリアシートやラゲッジルーム下に搭載することで、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することなく、最大航続距離150kmを実現しており、走行性能も最高速140km/h、0-100km/h加速11.8秒を誇っている。フォルクスワーゲンは、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のゴルフブルーeモーションの電気自動車(EV)で、アメリカ、ドイツ、中国などで実証実験を実施する予定をしている。日本ではフォルクスワーゲンの提携先のスズキ自動車の本社がある静岡県浜松市の電気自動車(EV)実証実験に2011年から参加することになった。静岡県浜松市が取組む電気自動車(EV)実証実験のセレモニーに参加した鈴木康友静岡県浜松市長は「電気自動車(EV)の普及に関しては、次世代のブレークスルーに向けて静岡県浜松市の産学官でしっかり取り組む」と述べた。また、「静岡県浜松市は輸送機器産業の割合が高い。地域産業の活性化と新事業の創出がテーマとなっている。静岡県浜松市の地域の特徴を活かし、電気自動車(EV)インフラ整備の支援を行う」という。静岡県浜松市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2010年度内に電気自動車(EV)充電器を合計約20台設置する計画を進めている。電気自動車(EV)実証実験を担当する静岡県浜松市商工部産業政策課では「フォルクスワーゲンという世界で活躍する自動車メーカーと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る電気自動車(EV)の実証実験で協力できるのはとても有意義だ。静岡県浜松市の企業の競争を促すよう支援する」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 静岡県浜松市は電気自動車(EV)の社会実験で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府門真市のパナソニックは環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 パナソニック(大阪府門真市大字門真)は、創業100周年を迎える2018年に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境エネルギー事業の売上高を現状の5400億円から、3兆円以上に引き上げることなどを盛り込んだ環境戦略を発表した。家電の省エネ化を推進するほか、太陽光発電リチウムイオン電池などの普及推進によって、事業活動での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進める。パナソニックの大坪文雄社長は、「パナソニックは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境貢献と事業成長を一体化して取り組む。家電製品がつながり、知らず知らずに地球温暖化の原因防止対策のエコになる暮らしを提供する」と説明した。「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する家電製品から太陽光発電、住宅設備をまるごとで提供できるのはパナソニックだけ」と述べ、完全子会社化する三洋電機(大阪府守口市京阪本通)及びパナソニック電工(大阪府門真市大字門真)との相乗効果発揮を急ぐという。パナソニックの環境行動計画「グリーンプラン2018」では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減貢献量を2005年度基準で1億2,000万トンに引き上げ、業界トップクラスとなっている省エネ製品が総売上高に占める割合も2009年度と比較して約2倍の30%とすることも盛り込んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の目標達成のため、パナソニックの工場等で使われている再生資源の再活用を一層推進し、産業廃棄物のリサイクル率を99.5%にまで引き上げる。さらに、事業活動に伴う水や化学物質の地球環境問題への負荷を最小化するため、積極的に法規制に対応していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニックは環境エネルギー事業で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のまちづくりを進める栃木県宇都宮市は、JR宇都宮駅西口にある宇都宮市営駐輪場にシャワー室や故障修理、自転車のレンタサイクルなどの総合的な機能を備えた「宮サイクルステーション」(栃木県宇都宮市川向町)を開設したと発表した。オープンのイベントには自転車のプロロードレースチームの「宇都宮市ブリッツエン」の選手らも訪れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、栃木県宇都宮市の自転車愛好家や観光客に利用を呼び掛けた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するレンタサイクルなどを行う栃木県宇都宮市のサイクルステーションは、地元のNPO法人宇都宮まちづくり推進機構(栃木県宇都宮市中央)が運営することになった。サイクルステーションの面積は、約55平方メートルの平屋で、レンタサイクルのほか男女別のシャワーやトイレ、修理工具などが2012年3月までは無料で利用することができるという。また、レンタサイクルとしてはロードバイクなど高速走行できるレンタル自転車も15台用意され、1日1,000円でレンタルで貸し出しすることが可能だ。平日夜などに「宇都宮市ブリッツエン」のプロロードレース選手から直接自転車の乗り方や健康作りを教わることができる講座も予定している。オープニングセレモニーに出席した佐藤栄一栃木県宇都宮市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も含めて、車と公共交通の共存のため二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車が果たす役割は大きい」と新しい栃木県宇都宮市の姿に期待を込めた。宇都宮市ブリッツエンの廣瀬佳正キャプテンは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題と人間の健康に良い自転車を使って、栃木県宇都宮市の皆さんの生活に変化が生まれればいいと思う」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策はこちら

イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市立神戸中学校へ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イオン環境財団(千葉県千葉市美浜区中瀬)から再生可能エネルギー太陽光発電システムが寄贈された。イオン環境財団では、設立20周年記念事業として、再生可能エネルギーの有効利用を積極的に推進するため、2009年から5か年計画で全国の中学校に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを寄贈している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムを三重県鈴鹿市の地域の中心である神戸中学校に設置することで、太陽光発電システム設置の普及及び推進を図るとともに、中学生に対しては地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題を学ぶ教材の一つとして活用してもらうという。三重県鈴鹿市立神戸中学校への太陽光発電システムの設置は、三重県内では初めての寄贈となり、全国では6校目になるという。三重県鈴鹿市立神戸中学校は先月に移転改築されたばかりであるが、出力10キロワットの再生可能エネルギーの太陽光発電システムが北側敷地内に設置された。太陽光発電システムは、一般家庭2世帯が1年間に消費する電力を再生可能エネルギーで発電する能力があり、同校で消費する照明などの電力の一部として供給されるという。太陽光発電システムの贈呈式には、同校体育館で行われ、イオン環境財団の岡田理事長を始め、野呂昭彦三重県知事や向井正治三重県教育長、川岸光男鈴鹿市長、鈴鹿市教育委員会の関係者らが出席した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言

 米倉弘昌日本経団連会長ら経団連幹部は10月4日、東京都千代田区のホテルで松本龍環境大臣ら環境省(東京都千代田区霞が関)幹部と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や二酸化炭素(CO2)排出権取引規制などの環境問題について懇談した。米倉会長は、2020年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年と比較して25%削減するなど、政府が進める環境問題対策について「内外にアンチビジネスのメッセージを発しているのではないか」と強い危惧を示した。米倉会長は「日本は先進国のなかで唯一、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して規制を強化している」との認識を示し、「厳しい経済情勢を乗り切るには民間活力が重要だ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といえども、政府には税制や規制緩和などで民間の活力をそがないようにお願いしたい」と強調した。これに対し、松本環境大臣は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策については、日本の技術で環境問題で世界のリーダーシップをとるべきだ」との考えを表明し、「産業界の意見を聞きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る施策を進めたい」と述べるにとどまり、双方の主張は平行線のままであった。このほか、10月中旬に愛知県名古屋で開催される生物多様性条約国際会議(COP10)についても意見を出し合った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言はこちら

兵庫県神戸市はレンタル自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 兵庫県神戸市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、観光客等の神戸市内の移動にレンタル自転車を利用してもらおうという社会実験「KOBEまち・ちゃりシャトル」のオープニングイベントが10月3日、神戸市中央区の高浜岸壁で開催され、兵庫県神戸市内の大学生16人が約2か月間にわたる社会実験のスタートを始めた。「KOBEまち・ちゃりシャトル」は、電動アシスト自転車などのレンタル自転車を利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、神戸市を環境問題に優しい観光都市にしようと神戸市が主催したものである。10月3日から11月28日まで、神戸ハーバーランド(兵庫県神戸市中央区)や北野町(兵庫県神戸市中央区)など神戸市内の観光スポット6か所に、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない50台のレンタル自転車の貸出し及び返却拠点を設置している。レンタル自転車は、身分証明書を提示しアンケートに協力すれば、1時間まで無料で、2時間まで千円で利用できるという。兵庫県神戸市内には、上り坂が多いことに配慮し、レンタル自転車のうち30台は電動アシスト自転車を用意している。レンタル自転車のオープニングイベントには、神戸国際大学(兵庫県神戸市東灘区)と神戸山手大学(兵庫県神戸市中央区)の学生16人と、兵庫県神戸市環境局のキャラクター「ワケトン」も参加して行われた。主催者の神戸市を代表して中村神戸市副市長が「神戸市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、排出ガスのある自動車に依存しない環境問題に対応した社会をつくり、レンタル自転車を使って神戸市の魅力を再発見していただきたい」と挨拶し、大学生16人が一斉に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車をこぎ出して社会実験が始まった。神戸市では、社会実験で得られたレンタル自転車の利用状況や神戸市内の経済効果などを踏まえて、事業の本格実施を行うかどうかを判断するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市はレンタル自転車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

和歌山県は二酸化炭素(CO2)を排出削減する地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化を断念

 和歌山県と和歌山県内の食品スーパーなどの事業者でつくる「わかやまノーレジ袋推進協議会」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策環境問題をクリアする一環として推進してきたレジ袋有料化について、これまでの無料配布禁止の方針を転換し、今後は各業者が様々な手法でレジ袋削減を目指していくことを決定したと発表した。今月から和歌山県内の半数のスーパーが、レジ袋有料化からレジ袋の無料配布に戻しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレジ袋有料化の取組みを事実上、断念したことになる。環境省(東京都千代田区霞が関)によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、レジ袋有料化を全県で取組んでいる全国17県の中で、頓挫したのは和歌山県が初めてのケースだという。和歌山県は2008年、和歌山県内の食品スーパーなどの業者や消費者団体に呼びかけて同協議会を設立し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、レジ袋有料化に取り組んできた。2009年、和歌山県内の31業者192店舗が一斉にレジ袋を1枚5円に有料化し、今年8月までに和歌山県内で33業者215店舗に広がったという。しかし、和歌山県北部で25店舗を展開するスーパーチェーン「松源」(和歌山県和歌山市)が「和歌山県内の事業者の足並みがそろっていない」として、9月からレジ袋を無料配布に戻した。これに対し、和歌山県内54店舗を持つスーパーチェーン「オークワ」(和歌山県和歌山市)も、和歌山県北部の38店舗でレジ袋を無料配布に切り替え、他の業者も追随し、これまでに13業者約110店舗がレジ袋を無料配布しており、和歌山県内では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が後退している。和歌山県和歌山市内のホテルで開かれた同協議会には、和歌山県内の大手事業者や消費者団体が参加した。事務局を務める和歌山県循環型社会推進課がレジ袋削減の方法として、マイバッグ持参者へのポイント付与や割引なども認める案を提示し、承認された。11月下旬を目途に和歌山県内の各事業者で調整し、12月から新方針によるレジ袋削減の取組みを開始する予定だという。出席した事業者からは、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレジ袋有料化は、和歌山県内の全事業者が足並みを揃えて行うという条件だったのに、未だに揃っていない」という声が上がり、消費者団体は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が大きな社会問題となっている中で、ノーレジ袋を推進すべきというのに、和歌山県は腰がひけている」と批判した。今後、和歌山県はマイバッグ持参率の調査などは行わないという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県は二酸化炭素(CO2)を排出削減する地球温暖化の原因対策のレジ袋有料化を断念はこちら

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

北海道千歳市の新千歳空港で環境問題に対応した二酸化炭素(CO2)排出量削減策で地球温暖化の原因対策

 北海道空港株式会社(北海道千歳市美々)が運営する新千歳空港(北海道千歳市美々)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた環境問題に優しい空港「エコエアポート」の実現に向けた新たな取組みとして、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が推進している「雪を利用した環境施策」(クールプロジェクト)を実行している。クールプロジェクトとは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてエネルギーを有効活用するため、冬に新千歳空港内で除雪した雪を利用して、BOD(生物化学的酸素要求量)低減と二酸化炭素(CO2)排出量削減を同時に達成する環境問題に対応したものとなっている。新千歳空港では、冬季に使用する防除雪氷剤及び凍結防止剤が混入した雪が河川に与える影響(BOD値の上昇)を可能な限り低減して環境問題に影響を少なくするため、雪氷融解水を一旦、新千歳空港内の調製池に貯え、水質の平準化を行うことでBOD低減に努力しているという。しかし、調整池の容量にも限界があることから、新千歳空港内に雪山を作り、シートなどで覆って外気温が上昇する夏場まで融解を遅らせることで、さらなるBOD低減して環境問題に影響を少なくしている。さらに、新千歳空港では、雪山を利用してそこから冷熱エネルギーを取り出し、熱源の一部として冷房に利用することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を可能とするシステムを構築している。つまり、新千歳空港では、貯雪量12万立方メートルとなる世界最大級の雪貯留、集雪管理により融雪水流出による周辺水系へのBOD影響の緩和、長期間の雪山保存のために開発した高性能シートの活用、地域特性を活かした「地産型」新エネルギー利用のエコエアポート設備の実現、空調への雪冷熱利用で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生を年間2,100トン削減するなど環境問題に対応した取組みを行っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 北海道千歳市の新千歳空港で環境問題に対応した二酸化炭素(CO2)排出量削減策で地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 株式会社山武(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、事業者全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石エネルギー消費量の把握・管理を支援するインターネット上のサービス「CO2マネジメントシステム」用のデータ自動収集端末機「CO2モニタリングターミナル(CMT)」を開発した。同端末はレンタルで提供しており、これを利用すると、化石エネルギー使用量を手入力する作業が不要になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を簡単にマネジメントすることができるようになるという。CO2マネジメントシステムは、インターネットを介してデータを入力することで、事業者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の総量が分かるサービスである。化石エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を人間の目に「見える化」することができる。同社のビルディングオートメーションシステムのないケースでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎となるエネルギーデータを管理するためには、電気やガスなどのエネルギー使用量を毎月手入力する必要があった。しかし、CO2モニタリングターミナルは、建物内の電力量計の検針データを1日ごとに自動的に収集するシステムになっていることから、人力でデータを入力する作業が不要になった。このターミナルを同社のセンターと接続し、収集・分析した情報をグラフデータなどにしてウェブで提供している。システムの利用企業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に要するエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量がタイムリーに把握することができるので、報告書の作成や省エネ対策への活用が可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用するターミナルは、CO2マネジメントシステムのオプションとして、インターネット通信費を含んで年間約50万円で貸し出しを行う。同システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、40企業3000以上の事業所に既に導入されているが、さらに利用を促進するため、ターミナルを開発したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標

 古河グループで化学工業製品・業務用食品事業を取り扱っているADEKA(東京都荒川区東尾久)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2020年度に温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度と比較して25%削減する目標を掲げ、達成するためのロードマップの作成に着手したと発表した。今年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のロードマップを策定するという。これまでADEKAは、2010年度に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を10%削減する目標を掲げてきた。しかし、2009年、政府が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに25%削減する目標を打ち出したことから、それに対応して二酸化炭素(CO2)排出量削減の中期目標を定めた。二酸化炭素(CO2)排出量削減のロードマップの策定に当たっては、ADEKAの各事業所の二酸化炭素(CO2)排出量削減ポテンシャルを集約するとともに、中長期的な省エネ対策の実施計画を検討する。ADEKAの物流部門を除いた事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、基準年である1990年度の18万4000トンに対し、2008年度は5%減の17万4200トン、2009年度は14%減の15万7500トンであった。ADEKAは2020年度までに13万8000トンに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都荒川区にあるADEKAの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標はこちら

三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベント

 三重県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに効果のある森林整備の重要性を知ってもらうイベント「三重の森林(もり)と木づかいフェア」が開催される。フェアの日時は10月2日(土)午前10時から午後4時までで、開催場所は三重県名張市夏見の名張市総合体育館とその周辺で開催される。名張市総合体育館内では、三重県林業技術普及協会のメンバーによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として二酸化炭素(CO2)を吸収固定する機能を持つ森林整備の手入れなどについての林業相談や、「森林づくり三重県」の活動写真展などを開催する予定になっている。さらに、13時20分からは「三重県の自然の恵みと暮らす」をテーマに園芸家の柳生真吾氏が講演する。名張市総合体育館の屋外では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している周辺の里山林を散策する自然観察会開催のほか、三重県の木工品の製作体験ができるブースなども設けられるという。イベントは無料であるが、飲食などを含む販売コーナーは有料となっている。三重県によると、同様の森林整備をPRするイベントは10月の「三重県のもりづくり月間」に合わせて、毎年、三重県内の各地で実施されており、昨年は三重県松阪市で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備をPRするイベントの問い合わせは三重県森林・林業経営室(059-224-2564)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベントはこちら

東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 農林水産省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する「地産地消の仕事人」選定委員会を開催し、全国で地産地消に取組む42人を第3回「地産地消の仕事人」として選定した。地産地消については、流通距離が短くなることから、長距離トラック等の排ガスを少なくすることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。この地産地消の推進にあたっては、生産から流通・販売までの多様な分野で知見や経験を有する人材の育成・確保が重要となってくることから、農林水産省が全国各地で活躍している「地産地消の仕事人」を募集していた。地産地消の取組は、消費者に地域の農産物を購入する機会を幅広く提供し、農業従事者と消費者をつなぐことにより、食料自給率の向上や地域農業の活性化につなげるとともに、食品の輸送距離を縮め、輸送に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与することが期待されている。今回は、地産地消の仕事人として、農業者などの農業生産従事者や料理人などの地産地消を利用している者のほか、居住地県内の直売所のネットワークづくりにより交流や地産地消に貢献したジャーナリスト、給食での地産地消農産物利用率を向上させた給食サービス事業者、地産地消直売所を食と農のテーマパークとして運営する直売所店長なども選定した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している平成22年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち、「木のまち整備促進事業」の採択プロジェクトを平成22年9月22日までに決定し公表した。国土交通省による木のまち整備促進事業は、再生産可能な循環資源である木材を大量に使用する建築物の整備によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じ、低炭素社会の実現に貢献するため、先導的な設計・施工技術を導入する大規模木造建築物の建設に対し、材木は二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、その費用の一部に補助金を支給するというものである。平成22年6月4日から7月23日までのプロジェクト公募期間中に20件の応募提案があり、学識経験者で構成される「木のまち整備促進事業評価委員会」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する評価を経て、10件の補助金対象の採択プロジェクトを決定した。国土交通省は、今回の補助金対象の採択採択プロジェクトについて、建築物の調査設計計画費のうち、先導的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木造化・木質化に関連する費用の2/3の額、又は木造化・木質化に関する先導的な設計・施工技術を導入した場合の工事費と当該設計施工技術を導入しない場合の工事費の差額の2/3の額のうち、国土交通省が認める費用の補助金支出を行うという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策はこちら

秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 秋田銀行(秋田県秋田市山王)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、秋田銀行の役職員の名刺作成で発生する地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量に相当する量を、秋田県内の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の資金を提供することで二酸化炭素(CO2)吸収量と相殺する「カーボンオフセット」を導入すると発表した。秋田銀行は、秋田県上小阿仁村で森林を間伐する大館北秋田森林組合(秋田県北秋田市)と基本合意書を締結した。秋田銀行は「秋田県内という地産地消型のカーボンオフセットは全国的にも珍しい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の合意書では、環境省が進める「オフセットクレジット制度」を活用し、同組合の森林間伐により増加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量のうち、二酸化炭素(CO2)100トン分を秋田銀行が150万円で購入し、森林組合はこの資金を二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備に充てるという。二酸化炭素(CO2)100トン分は、秋田銀行の役職員が約3年間に使う名刺100万枚の作成で発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に相当し、秋田銀行では100万枚の名刺にカーボンオフセットで地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいることを印刷してPRする。秋田銀行は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるカーボンオフセットは、企業の社会貢献活動の一環で、地域の経済対策にもなる」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 秋田県秋田市の秋田銀行はカーボンオフセットで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

大林組等は北海道稚内市にPFIのバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 大林組(東京都港区港南)と石塚建設興業(北海道稚内市潮見)による共同企業体は、北海道稚内市において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、日本初のPFI方式で整備される生ごみのメタン発酵施設「稚内市バイオエネルギーセンター」の工事を進めている。廃棄物の最終処分場の延命化や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の抑制につながり、下水道汚泥や水産廃棄物のバイオエネルギー処理も行うことができる。稚内市バイオエネルギーセンターの完成は平成24年3月31日を予定している。稚内市バイオエネルギーセンターでは、最終処分場で埋立している稚内市内の家庭からの生ごみをメタン発酵により減容化できることから、最終処分場の寿命を延ばすとともに、メタン発酵で得られるバイオガスからエネルギー回収を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。一部直接埋立てを行っている稚内市内の下水道汚泥や水産廃棄物等についても、同様にバイオガスからエネルギー回収ができるという。稚内市バイオエネルギーセンターの処理能力は年間約7,300tを予定しており、これが完成すれば稚内市内で発生する家庭からの生ごみをほぼ全てバイオガス化処理できるという。稚内市バイオエネルギーセンターの処理によって得られたバイオガスは、ガスエンジン発電機によるコジェネレーション、ごみ収集車の燃料、ボイラー燃料に活用され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大いに貢献することができる。また、バイオガスから発電した電力(1,230MWh/年)で稚内市バイオエネルギーセンターの電力を賄うとともに、余剰電力は廃棄物の最終処分場へ供給・売電する。コジェネレーションにより得られた温水は、稚内市バイオエネルギーセンターの建屋の暖房やロードヒーティングに使用する。PFI事業者は、大林組を代表企業に、石塚建設興業、三菱化工機(神奈川県川崎市川崎区)で構成される特別目的会社「稚内エネサービス」(北海道稚内市)となる。大林組は、稚内市バイオエネルギーセンターの施設の設計を行うとともに、石塚建設興業と共同で建設する。稚内市バイオエネルギーセンターの施設の管理・運営は、平成39年まで三菱化工機が行うという。稚内市バイオエネルギーセンターの事業は、生ごみ中間処理施設整備・運営事業として北海道稚内市から約31億円で受注している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大林組等は北海道稚内市にPFIのバイオガスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都港区のNECはバイオプラスチックで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 NEC(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる技術として、非食用の植物原料を用いたバイオプラスチックを世界で初めて開発したと発表した。この植物原料でできた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなるバイオプラスチックは、安定した供給性と高植物成分率、耐久性を同時に実現しているという。今後は、バイオプラスチック量産技術や、用途に応じた実用化のための研究開発を進め、2013年度内に電子機器向けの実用化を目指すという。近年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原油を使わずに量産化が進んでいるポリ乳酸を用いたバイオプラスチックの原料は、主に食用の植物資源となっている。このため、人間の食糧不足問題の影響を受けない非食用の植物資源として、セルロース又はヒマシ油を原料に使用したバイオプラスチックの実用化が進められている。しかし、セルロースの場合には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもかかわらず、石油系の添加剤を大量に使用するため、植物成分率の低下や、高い耐久性が困難などの問題点がある。ヒマシ油の場合も、原料の安定供給性が困難で、実用化のためのバイオプラスチックの耐久性が不十分であるといった問題点があることから、新しい素材によるバイオプラスチックの開発が求められていた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、NECが開発したバイオプラスチックの主原料は、草や穀物の茎の成分であり、生産量も無尽蔵ともいえるセルロースとなっている。これに、お菓子のカシューナッツ製造の際に大量にでる殻から抽出される油状物質を化学結合させることによって実現している。いずれも廃棄されているものであることから、これらを資源として利用することで安定してバイオプラスチックの材料に供給することが可能となった。また、植物成分率70%以上を達成したことから、従来のセルロース系バイオプラスチックの特性確保に必要だった、石油系添加剤の大量混合による植物成分率の低下を抑えることにも成功している。水をはじき、柔軟な部分と変形しにくい部分からなる分子構造を持つカルダノールとセルロースを化学結合させることにより、加熱した際の溶融性、強靭性、耐熱性、耐水性及び短時間で成形できる非結晶性も同時に実現しており、現時点で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として最高の水準にあるバイオプラスチックである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のNECはバイオプラスチックで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国向けに再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、JFEエンジニアリングが、中国国内でレストラン厨芥である飲食店から出る食品廃棄物処理事業を展開する青海潔神環境能源と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備供給の業務提携契約を締結し、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに設備を導入するものとなっている。中国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス発電システムの導入はJFEエンジニアリングが初めてのケースとなる。当面は年間2~3件の再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備の受注を目指すという。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は、年間2,000億円規模になるといわれており、JFEエンジニアリングは将来的に実際の事業参画も視野に入れて積極的に参入していきたい考えだ。中国では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には無関心なまま最近まで事業が行われてきており、一般廃棄物のほか、産業廃棄物や下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な環境問題となっている。最近になって、レストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再資源化までを一貫して行う事業を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。レストラン厨芥の収集・運搬から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジニアリングのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備システムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWをバイオガス発電し、クリーンな再生可能エネルギーとして売電できるようになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策

 愛媛県は、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、地元愛媛県の産業の活性化を狙っている。既に中核となる「愛媛県電気自動車(EV)開発センター」を設立している。これは、愛媛県内の中小企業でも、市販車にモーターや電池を組み込んで、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に改造する事業ならば参入できるからだという。第1弾として、愛媛県内の整備工場の整備士らが集まり、ダイハツ工業(大阪府池田市ダイハツ町)製の軽自動車「コペン」の電気自動車(EV)化に取り組んでいる。初の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない「愛媛県産電気自動車(EV)」は、1回の充電での走行距離は100km、最高時速は190kmになるという。ただ、今回の愛媛県産電気自動車(EV)には、韓国製の高性能電池などを使用しており、改造に必要な部品代だけで約500万円もかかり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、実用化に向けては大幅なコストダウンが大きな課題としてのしかかっている。愛媛県では、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動の新聞配達用バイクや小型電動漁船も開発中だという。愛媛県産業創出課は、「地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる先進の電気自動車(EV)分野には、愛媛県内の企業の関心も高いものがある。電気自動車(EV)の技術を蓄積し、新たな愛媛県の産業振興対策につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県は電気自動車(EV)の開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減と産業振興対策はこちら

中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減

 中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、碧南市火力発電所(愛知県碧南市)で実施してきた木質バイオマス(生物資源)燃料と石炭による混焼発電の実証試験を終え、本格運用を始めると発表した。年間30万tの木質バイオマスを使う予定で、石炭の使用量に対し3%の木質バイオマスを使うことになる。これによって、石炭の使用量を減らせることから、年間で20万~30万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木質バイオマス混焼発電は、木材チップを石炭と混ぜて細かく粉砕し、燃料に利用して発電する方式のことをいう。碧南市火力発電所では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、2009年5月から1~5号機の各設備で木質バイオマス混焼発電の本格運用に向けた実証試験を行ってきた。今回、最後になっていた1号機での試験ですべての発電機での実証試験を終えたことから、本格運用を始めることにしたという。碧南市火力発電所は愛知県名古屋市の南約40kmの位置で衣浦湾に面し、発電所用地約160万m2に出力70万kWの発電機3機と100万kWの発電機2機を備えている。1~5号機を合わせた発電の出力は410万kWで国内最大で、世界でも最大級の火力発電所であり、年間発電量は2億~3億kWhにもなる。中部電力は、2003年施行の「電気事業者による新エネルギーなどの利用に関する特別措置法」(RPS法)で電気事業者が環境負荷の低い新エネルギー利用が義務付けられたことを受け、碧南市火力発電所で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる木質バイオマス混焼発電を導入してきた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減はこちら

凸版印刷はカーボンオフセット支援で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 凸版印刷(東京都千代田区神田和泉町)は、企業の企業の社会的責任(CSR)レポートや環境報告書などの企画や制作を行っているが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業から排出される二酸化炭素(CO2)の算定や検証とカーボンオフセットを支援するサービスを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠の手配・管理などのカーボンオフセット事務作業も代行するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境マーケティング事業やカーボンオフセット支援を手掛けるリサイクルワン(東京都渋谷区)と共同で行うもので、費用は企画・制作費別で1件20万円からとなっている。凸版印刷が企業の報告書などの制作を支援するとともに、報告書に使用する用紙など資材の原料調達や印刷、製本などの製造工程に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定する。リサイクルワンが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の検証と生産工程以外のCO2を算定し、環境省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ガイドラインに準拠してカーボンオフセットする。地球温暖化の原因対策のカーボンオフセットに関する情報公開や、表現方法のコンサルティングも行うという。カーボンオフセットは、経済活動で避けられない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、ほかの二酸化炭素(CO2)削減プロジェクトに資金協力することでオフセットする活動のことをいう。印刷物の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセットは、二酸化炭素(CO2)排出量算定や規模の小さい二酸化炭素(CO2)排出枠の手配・管理に手間とコストがかかることになる。企業は報告書に使う用紙やインキについては環境に配慮しているものの、凸版印刷はさらに進んだ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む企業姿勢を訴えるにはカーボンオフセットが有効だと判断したという。CSRレポート及び環境報告書に限らず、今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットの仕組みは、会社案内やマニュアルレポートなどにも導入できる。凸版印刷は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてカーボンオフセットを生かすことで、企業の広報ツールの付加価値を高められるとみている。カーボンオフセットサービスの第1弾として、KDDI(東京都千代田区飯田橋)がCSRレポートに採用し、企画・制作とカーボンオフセット支援を支援した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 凸版印刷はカーボンオフセット支援で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催

 埼玉県川口市のNPO法人「川口市民環境会議」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、10月16日に開校する「かわぐち自然エネルギー学校」の参加者を募集している。来年2月まで毎月1回計5回の自然エネルギーに関する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する授業を行うという。川口市民環境会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、これまでさまざまな省エネ対策などの活動を続けてきた。さらに活動を一歩進めてクリーンな自然エネルギーを作る活動にも力をいれたい」と話している。自然エネルギーによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対に関心のある人や自宅に太陽光発電システムの設置を検討している川口市民などが受講対象になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基礎知識を学ぶほか、実際に太陽光発電システムのパネル製作も予定しているという。定員は先着順で30人で参加費は5回分3500円となっている。会場は、リリア(川口総合文化センター:川口市川口3-1-1)、川口市婦人会館(川口市上青木西1-2-19)、川口市朝日環境センター(川口市朝日4-21-33)で行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県川口市でNPO法人が二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の教室開催はこちら

東京都足立区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策に向けた講演会

 東京都足立区は、足立区温暖化防止区民会議実行委員会の主催で足立区役所で「地球環境講演会」を10月16日14時から開催すると発表した。参加無料。地球環境講演会の当日は、国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の交通・都市環境研究室主任研究員である近藤美則さんが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を踏まえた自動車に代わるエコな移動手段を中心とした「エコ交通の実現について」をテーマに講演する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、公共機関の電車や徒歩などによる移動の重要性を話すという。その後、「レーシングドライバーが教えるエコドライブ」をテーマとして、モデルやレースクイーンを経て、現在はプロのレーシングドライバーとして活躍中の井原慶子さんが、プロドライバーの目線から燃費のいい安全な車の運転方法などを講演する。東京都足立区の地球温暖化対策課では「東京都足立区は東京都内でも自動車の所有台数の多い区であり、さらに東京都足立区内には主要高速道路や環状7号線・国道4号線など幹線道路が多い。東京都足立区における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も自動車が多く占めており、東京都足立区民一人ひとりの意識で二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていきたい。そのきっかけにプロからアドバイスをもらう場を設けた」と話している。今後については、「11月に東京都足立区内でエコドライブ教習などのイベントも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開催し、より地球環境問題に優しい車の運転を目指し、東京都足立区内から地球温暖化の原因を防止していきたい」とも話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都足立区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策に向けた講演会はこちら

富山県富山市に二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の路面電車

 富山県富山市内を走る路面電車の「サントラム」と「ポートラム」に1台ずつ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電の電力を二酸化炭素(CO2)排出量取引で利用した車両「グリーントラム」が走行している。路面電車の緑色の車体には木々や太陽が描かれ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献して環境問題に優しいことをPRしている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRする路面電車の運行は9月30日までとなっている。富山県富山市内の約220世帯に設置された、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電した電力を、富山県富山市が1kwh当たり7円で買い取って二酸化炭素(CO2)排出量削減証書にしている。それを路面電車の運営会社である富山地方鉄道株式会社(富山県富山市桜町)が二酸化炭素(CO2)排出量取引として買い取り、二つの車両に使用する電力分約5万5千kwhを賄うという仕組みになっている。このれ路面電車の運行にに合わせ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をイメージする「うちわ形」の一日乗車券「グリーンチケット」も富山地方鉄道株式会社から1枚600円で販売されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県富山市に二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の路面電車はこちら

宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムなど再生可能エネルギーの技術を社会にどう生かすかを考えるシンポジウム「低炭素技術が築くアジア太平洋地域の未来」が、宮城県仙台市青葉区の「東北大学片平さくらホール」で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の今回のシンポジウムは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の第3回高級事務レベル会合(SOM3)の開催を記念し、宮城県仙台市などが主催したもので、APEC参加者や大学及び企業の研究者ら約100人が参加した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するパネル討論では、経済産業省資源エネルギー庁スペシャルアドバイザーの小井沢和明氏が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムは初期投資にコストはかかるが、膨大な市場である中国やインドなどは導入に積極的だ。太陽光発電システムの高い技術を持つ日本は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として各国に貢献できる」と強調した。東京大学先端科学技術センター(東京都目黒区駒場)の富田孝司特任教授は、「技術の進展で太陽光発電システムは近い将来、最も安い自然エネルギー源になる可能性がある」との見方を示した。会場には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる次世代太陽光発電システムの試作機や電気自動車(EV)も展示され、参加者らの関心を集めていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウムはこちら

埼玉県と東京都が排出量取引で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 埼玉県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策排出量取引について東京都と連携する協定を結んだと発表した。二酸化炭素(CO2)排出量取引の協定の締結によって、埼玉県内の中小規模の事業所と東京都内の大規模事業所との間で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を目標量より削減できた量(クレジット)を二酸化炭素(CO2)排出量取引で売買できるようになるという。埼玉県温暖化対策課によると、埼玉県は2011年4月、東京都は2010年4月から大規模事業所に一定の目標に従って、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出量削減を義務づけている。目標の二酸化炭素(CO2)排出量を削減できない場合には、他の事業者などから二酸化炭素(CO2)排出量の削減量を買い取る「二酸化炭素(CO2)排出量排出量取引」で削減するよう制度化している。二酸化炭素(CO2)排出量排出量取引に係る協定の締結前は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるといえども、埼玉県内の中小規模事業所は埼玉県外の事業所との二酸化炭素(CO2)排出量排出量の売買ができないことになっていた。今回の協定の締結によって、埼玉県内の中小事業所は、2011年4月から東京都内の事業所への二酸化炭素(CO2)排出量削減クレジットの売却が、2012年4月からは東京都内の事業所からの二酸化炭素(CO2)排出量削減クレジットの購入がそれぞれ可能になるという。こうした都道府県単位での二酸化炭素(CO2)排出量取引制度は、東京都と埼玉県だけで、協定では東京都と埼玉県県が制度連携によって得られた成果を、首都圏の他の地方自治体に対して積極的に二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の導入を発信することも定めている。上田清司埼玉県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で先行している埼玉県と東京都が連携することは、国や他の地方自治体の取組みを促進することになるはずだ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県と東京都が排出量取引で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、山形県内初となる電気自動車(EV)用の急速充電器が山形県庁に設置されるという。これは、NPO法人環境ネットやまがた(山形県山形市、松村倭男代表)が、山形県の「やまがた社会貢献基金」から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての助成金を受けて整備し、今年12月から運用を始める予定だという。山形県では上山市の上山温泉でも走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を活用した環境対応型の観光プロジェクトが計画されており、電気自動車(EV)の両拠点による山形県内の連携なども想定される。山形県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けて、山形県内の自動車団体や自動車ディーラー、電力会社、山形県などが山形県地球温暖化対策会議を組織し、今年6月から何度も議論を重ねてきた。この中で、メンバーの環境ネットやまがたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「充電インフラ整備による走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の導入促進・ゼロエミッション型観光まちづくり」を提案し、「やまがた社会貢献基金」から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として事業費の一部となる135万円を受けることが決まった。山形県のように県庁舎に電気自動車(EV)用の急速充電器を置くのは東北地方でも初めてのことだという。電気自動車(EV)用の急速充電器は、山形県庁の正面玄関付近に設置予定をしている。山形県によると、電気自動車(EV)用の急速充電器は15~20分間で8割程度の充電ができ、電気自動車(EV)の走行可能距離は120キロ前後という。電気自動車(EV)用の急速充電器は一般開放し、1回当たり200円程度の協力金を求める方針だという。山形県は「山形県庁は高速道路のインターチェンジに近く、移動ルートとしても利便性が高いため、電気自動車(EV)用の急速充電器を設置する」と説明している。また、山形県地球温暖化対策会議には山形県内の上山市観光物産協会が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、温泉旅館などに電気自動車(EV)用の普通充電器を設ける構想を提案しており、観光客が走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)をレンタルして、自然環境を守りながら周辺観光を楽しめるような仕組みづくりを目指していくという。一方、山形県地球温暖化対策会議では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、電気自動車(EV)の導入が山形県内で進んでいないことから、「電気自動車(EV)の充電器の統一規格が不透明な中で、時期尚早ではないか」との指摘や、「山形県庁だけの設置では電気自動車(EV)の移動範囲が限られる。広がりのある支援が必要だ」などの意見も出されており、今後も協議を重ねるという。走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、全国的にも地方自治体が電気自動車(EV)の普及に乗り出しており、例えば、神奈川県は2014年までに神奈川県内で100基の電気自動車(EV)用の充電器整備を計画している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県で電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 山梨県北杜市は、三峰川電力(東京都千代田区)と共同で、山梨県北杜市大泉町、山梨県北杜市高根町にある村山六ケ村堰せきに新たに3か所、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる小水力発電施設を整備すると発表した。山梨県北杜市高根町には水力発電施設1か所があるが、今回の計画で4つの施設が同じ堰に造られることになる。北杜市は4発電所を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「村山六ケ村堰ウオーターファーム」として山梨県内外に積極的にPRし、環境創造都市を目指す北杜市のイメージアップにもつなげたい意向だという。山梨県北杜市の事業計画では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、北山梨県杜市大泉町の西沢地点に最大出力220kwの小水力発電施設、山梨県北杜市高根町の川子石地点に同170kwの小水力発電施設及び蔵原地点に同185kwの小水力発電施設を整備するという。いずれも総落差約50メートルの水力を利用する水路式として整備する予定で、年間発電量は約402万6千kwhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約1,680トンとなる見込みだという。このほど、新エネルギー導入促進協議会が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小水力発電施設整備事業への補助金支出を決定した。三峰川電力が施設建設と維持管理、売電を行い、山梨県北杜市が地元調整役を担うほか、導水管路敷設の北杜市の占用料を免除する方向で検討している。山梨県北杜市では、2007年に北杜市高根町長沢地点に水力発電所「クリーンでんでん」を完成させており、合計した年間発電量は639万6千kwhになる。これは、一般家庭1777軒分の年間使用電力量に相当し、年間約2673トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。北杜市環境課では、「民間が開発主体となって行政がサポートする先進的な取り組みで、北杜市の目玉施策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したい。北杜サイト(北杜市長坂町夏秋の太陽光発電実証研究施設)のように、多くの北杜市内外の人に訪れてもらえる工夫もしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

山口県が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の認証制度

 山口県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献した企業や団体を認証する制度を設けると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収、排出削減、固定のいずれかにつながる取組みによる効果を数値化し、山口県がお墨付きを与えるというもので、早ければ10月にもスタートさせるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する認証は、(1)植栽、下刈り、間伐など森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量、(2)ボイラーやストーブの化石燃料を木質ペレットなどの森林バイオマス燃料に転換することによる二酸化炭素(CO2)排出削減量、(3)公共施設や民間住宅などへの山口県産木材使用による二酸化炭素(CO2)固定量の3種類が対象になるという。例えば、山口県内の森林整備の間伐は10年分の二酸化炭素(CO2)吸収量、植栽は5年分の二酸化炭素(CO2)吸収量、バイオマス燃料は1年間の二酸化炭素(CO2)排出削減量を示した認証書を山口県が交付する。山口県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減等の認証書は、企業の環境問題へのスタンスなど企業イメージのPRなどに活用してもらうという。山口県森林企画課によると同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減等の認証制度は、国内の27道府県で既に導入されているが、二酸化炭素(CO2)吸収、二酸化炭素(CO2)排出削減、二酸化炭素(CO2)固定のすべてを認証対象とするのは初めてのことだという。山口県は算定を担当する職員の研修を終えた後、山口県内の企業や団体に申請を呼び掛ける方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山口県が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の認証制度はこちら

中部電力が最新火力発電所で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因防止対策

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、長野県、岐阜県(飛騨市、郡上市、関ヶ原町の一部を除く)、静岡県富士川以西(富士市の旧富士川町域も含む。また富士宮市の旧芝川町域の一部を除く)、愛知県、三重県(熊野市の一部を除く)を対象とする電力会社である。中部電力は、今般、愛知県飛島村に立地する西名古屋火力発電所の設備を地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応したものに全面刷新すると発表した。既設の火力発電設備を廃止及び撤去して、新たに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる液化天然(LNG)ガスを燃料とした最新型の火力発電設備を導入し、愛知県で2014年に着工して、2019年には発電を始める計画だという。愛知県の火力発電所への投資額は2000億~3000億円で、出力は現行の火力発電所の約2倍の220万kw級となるという。火力発電の設備を何機設置するかなど詳細については検討中だという。中部電力が火力発電所の設備を新たに整備するのは14年ぶりのことになるが、現在の火力発電所の設備は、重油を燃料としているうえ、稼働から約40年が経過し、老朽化が進んでいるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても全面的に刷新する必要があったという。愛知県の火力発電所には最新鋭のガスタービンを採用し、発電設備の熱効率は60%と世界最高水準にあり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するとともに、燃料使用量も減らすことが可能になるという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が最新火力発電所で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会

 経済広報センター(東京都千代田区大手町)は、東京都千代田区大手町にある日本経団連会館において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「地球温暖化対策、どう変わるあなたの生活」と題して環境問題講演会を開催した。環境問題講演会には約130人の参加者があり、講師の21世紀政策研究所(東京都千代田区大手町)の澤昭裕研究主幹は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比25%削減するという政府の目標が市民生活に与える影響の大きさや国際交渉の行方を分かりやすく解説した。澤氏は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減には、長年にわたって対策を続けねばならない。相当、苦労しないといけない。二酸化炭素(CO2)排出量削減規制などでエネルギーコストが上昇する。世論調査などでは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量25%削減目標に賛成する人が多いが、理解不足の面もある」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会はこちら

群馬県が「地球おんだんか防止隊」で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因による影響が日本各地を始め世界中で深刻化する中、群馬県は、群馬県民が身近な行動で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減対策に取り組む「平成22年度地球おんだんか防止隊」の隊員の募集を行うと発表した。隊員に協力を求める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の行動は、「マイカーのかわりにバスや電車、自転車を使ったり歩いて出かける」(1日当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量約180g)、「買い物にはマイバッグを使い、包装の少ない品物を選ぶ」(二酸化炭素(CO2)削減量約62g)など10項目となっている。3日間にわたって実行した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を、群馬県庁や群馬県の出先機関などに置かれている専用のチェックシートに記入し、群馬県に送付することになる。群馬県環境政策課によると、平成20年度は4845人、21年度は1万2707人が参加し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んだという。群馬県環境政策課では「ちょっとした行動でも数多くの群馬県民が取り組めば、大きな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。地球温暖化の原因防止対策に対する群馬県民の意識改革の入り口としても身近な行動は最適」と話している。今年度の第1回目の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の報告締め切りは10月29日で、最終締め切りは来年2月28日となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の参加者には、抽選で80人に群馬県から群馬県産米「雪ほたか」10kgを贈呈するという。「平成22年度地球おんだんか防止隊」のチェックシートの配布場所は次のとおりとなっている。
群馬県環境政策課 (群馬県庁16階北フロア:> 群馬県前橋市大手町1-1-1)
群馬県地球温暖化防止活動推進センター(群馬県前橋市城東町2-3-8城東パーキング1階)
群馬県中部県民局中部環境事務所(群馬県前橋市上細井町2142-1)
群馬県西部県民局西部環境森林事務所(群馬県高崎市 台町4-3)
群馬県吾妻県民局吾妻環境森林事務所(中之条町大字中之条町664)
群馬県利根沼田県民局利根沼田環境森林事務所(群馬県沼田市薄根町4412)
群馬県東部県民局東部環境事務所(群馬県太田市西本町60-27)
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県が「地球おんだんか防止隊」で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクト

 愛知県豊田市とトヨタ自動車(愛知県豊田市)、中部電力(愛知県名古屋市東区)を始めとする民間企業19社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、豊田市で「家庭・コミュニティ型の低炭素都市構築実証プロジェクト」を推進している。先月に行われた会合において、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを推進するための組織「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立するとともに、今後5年間の具体的な地球温暖化の原因防止対策の実行計画を決めた。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトは、省エネルギーなどによる一般消費者のエネルギー利用の最適化を目指し、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取組みから着手し、そこから豊田市内のコミュニティ単位で拡げていくとともに、豊田市から展開する交通システムや生活者のライフスタイルの変革といった領域への取組みも進めるという。豊田市内の各家庭に生活の低炭素化を追求した各種機器・システムを導入し、家庭でのエネルギー利用状況やライフスタイルを踏まえて、電力やガスなどの系統と連携しながら、豊田市民が無理なく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組み、豊田市が低炭素化社会へ移行することを目的としている。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトでは、豊田市内の家庭で20%、豊田市の交通セクターで40%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を追求する。これらの地球温暖化の原因防止対策の取組みを通じて、生活者・豊田市・企業の3者が共生する地方型低炭素社会システムのモデルケースを模索していく。今後、協議会の会員が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計画に沿って、導入機器・システムの設計・開発を加速させ、地球温暖化の原因防止対策の実証実験に向けた準備を進め、2011年春頃から豊田市内で本格的な実証実験を開始するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクトはこちら

農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集

 農林水産省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施しているカーボンフットプリント表示モデル事業の補助事業者である三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)が、製品ごとのカーボンフットプリントの算定・表示に関するルールである商品種別算定基準(PCR)の策定のため、PCR原案作成ワーキンググループに参加する事業者の再募集を開始したと発表した。カーボンフットプリントは、製品等が作られる段階から捨てられる段階までのライフサイクル全体を通じて排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示するもので、農林水産省では、このカーボンフットプリントの算定・表示ルールである商品種別算定基準(PCR)の策定について、補助事業により支援することとしている。
応募先【農林水産物のカーボンフットプリント表示モデル構築事務局】
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 (株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 担当:森部、宮原、鵜飼、永村 連絡先:(電話)03-3277-5392 (メール)agri-cfp@mri.co.jp
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集 はこちら

兵庫県洲本市が菜の花エコプロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因対策

 兵庫県洲本市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、菜の花栽培による菜種油の生産やバイオディーゼル燃料BDF)にリサイクルする「菜の花エコプロジェクト」に取り組んでいる。洲本市の「菜の花エコプロジェクト」は、江戸時代に洲本市内の旧五色町で生まれた高田屋嘉兵衛が好んだことにちなんだ名称であり、同町が1994年度から菜の花栽培を始め、2001年度から本格的にリサイクルの取組みを始めた。合併後は洲本市全体に菜の花栽培を広げた結果、2001年度に5haだった菜の花の栽培面積は、2009年度には約30haに拡大した。今般、兵庫県洲本市鳥飼中の市立鳥飼小学校で菜の花栽培を通して菜種油の生産やリサイクルを行っている洲本市の「菜の花エコプロジェクト」についての環境授業があり、5年生が身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる循環型社会の一つの取組みを学習した。5年生は総合学習の授業で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題について勉強をしており、1学期は、サワラの不漁など地球温暖化の原因が地元の漁業に与える影響などを調査したという。この日は洲本市農政課の職員が、パソコンやプロジェクターを使って地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や洲本市の菜の花エコプロジェクトの説明を行った。洲本市内で栽培した菜の花から菜種油を作り、さらに、洲本市内の各家庭から回収した廃食用油を使ってバイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、洲本市役所の公用車の燃料に使っていることを紹介した。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、「もったいない精神」から菜種の油を搾ったかすを牛の餌にし、牛のふんから堆肥を作って洲本市内の農業に使っていることなどを話した。子供たちは、菜種油や原料の菜種、油の搾りかすなどの実物を興味津々で手に取っていた。洲本市内には、菜種油生産施設や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのBDF精製などの施設もあり、この日に授業を受けた児童たちも近々見学するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県洲本市が菜の花エコプロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減し地球温暖化の原因対策はこちら

滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置

 滋賀県東近江市瓜生津町の住民らでつくる瓜生津ソーラー発電協議会の太陽光発電システムプロジェクトが農林水産省の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金対象事業に採択されたことから、集落全体で太陽光発電システムを設置することになった。計画では、東近江市瓜生津町内の公民館や営農組合の倉庫など5か所に太陽光発電システムパネルを設置するという。太陽光発電システムの合計最大出力は195kwで、年間推定発電量は18万5848kwhで余剰電力は電力会社に売電するという。売電による450万円を見込む収益は、東近江市瓜生津町のコミュニティー活動に充当するという。この太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間58トン削減できるという。総事業費は1億4,000万円で2分の1が農林水産省から補助金が支給される。滋賀県東近江市瓜生津町の地元公民館や農業倉庫などを管理する「瓜生津共有財産権利者会」の62世帯が中心となって太陽光発電システムプロジェクトを立ち上げ、昨年4月から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながる太陽光発電システムの勉強会などを繰り返してきた。自治会規模で太陽光発電システムに取組むのは全国的にも珍しく、農林水産省の補助事業の認定には、農村集落の再生が評価されたという。同協議会は早ければ10月にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置工事に着手するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいるコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験の登録受け付けを開始したと発表した。今年で4回目の実験となる名古屋市のコミュニティーサイクルは、レンタサイクルとは異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての短距離及び短時間での利用を繰り返す自転車共有システムのことである。昨年は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果を計るため、「名チャリ」というコミュニティーサイクルの利用方法を知ってもらう目的と利用ニーズを把握することを目的として、貸出及び返却を行う「ステーション」に名古屋市の職員を配置して、二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車を無料で貸し出していた。今年度は一歩進めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、貸出及び返却を利用者自身だけで行えるように、ICカードを導入したセルフサービスとして実施した。これは、登録料や利用料などを有料化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、名古屋市の本格実施を見据えた次の段階の実験となる。自転車利用の会員登録は2,000円で、利用料は30分以内は無料、以降30分ごとに200円が課金され、利用時間は8時~20時となっている。名古屋市では、実験の実施期間は10月1日~11月30日の2か月間を予定している。今回の名古屋市の取組みでは、公共交通と「名チャリ」を組み合わせて使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指している。それとともに、自転車を使用することで名古屋市内での移動範囲が広がり、名古屋市の街のにぎわいの創出につながることや、共有することで自転車の総量を抑え名古屋市内の放置自転車の削減につながることを目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「名チャリ」のステーションの範囲は、名古屋市内の名古屋駅エリアから栄エリアの全30か所に設置している。現在、名古屋市は「名チャリ」のテレビCMを制作しており、「名チャリに乗ろう!」というセリフで、河村たかし名古屋市長と名古屋おもてなし武将隊のメンバーが「名チャリ」に乗り出演しており、9月下旬からテレビ愛知で名古屋市を中心に放送予定となっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

和歌山県のレジ袋有料化による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減が危機

 和歌山県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指し、2009年1月から和歌山県内のほとんどのスーパーが一斉にレジ袋有料化をしていたが、複数のスーパーが9月から和歌山県中北部を中心に無料で配布し始めたという。レジ袋有料化に不参加の業者がいたことが原因で、ドラッグストアも1業者が8月からレジ袋を無料で配布しているという。仁坂吉伸和歌山県知事は「レジ袋を完全にやめるのではなく、競争上の問題や懸念をなくす形で改善していけばいい」と話している。和歌山県循環型社会推進課によると、ごみとなってしまったレジ袋の燃焼による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減をして地球温暖化防止につなげようと、和歌山県が和歌山県内の業者に呼び掛け「わかやまノーレジ袋推進協議会」を発足させた。現在、33業者215店舗が加入しており、和歌山県の調査では、マイバッグ持参率は91.4%に上っていた。和歌山県や複数のスーパーの担当者によると、協議会の事業者会議があり、一部の業者から9月1日からのレジ袋無料配布の申し出があった。和歌山市のスーパーは「和歌山県内でレジ袋有料化の発足から1年半もたったのに業者の足並みがそろわない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減という大義名分がある一方で、今でもお客から『なぜ有料なのか』という声がある」と話している。別の業者は「大半の客は、地球温暖化の原因防止対策を理解してマイバッグを持参している。一方で、観光で成り立つ和歌山県なのに大阪から観光に来た人に有料なのかと言われたこともあった」と話した。仁坂和歌山県知事は「和歌山県内で協力しない業者がいるので、客が取られるのではないかという議論があるが、有料化の機運は大事にした方が消費者の協力も取り付けやすい。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減という目的をPRしていきたい」と述べている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県のレジ袋有料化による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減が危機はこちら

二酸化炭素(CO2)の回収貯留技術で地球温暖化の原因削減対策

 ドイツの電力大手RWEなどは、石炭火力発電所の排煙から地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を効率よく回収する技術を開発した。二酸化炭素(CO2)排出量を回収する小型設備での試験で、二酸化炭素(CO2)回収に必要なエネルギー消費量を20%削減できることを確認したことから、今後、大規模な実証プラントの建設を行っていくという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を回収して、地下に半永久的に貯蔵する二酸化炭素(CO2)回収貯留技術(CCS)は地球温暖化抑制技術として期待されており、世界的に競争が繰り広げられている。プロジェクトはドイツRWEと化学大手BASF及び産業ガス大手のリンデの3社は、2009年からドイツ西部ケルン近くにあるRWEの石炭火力発電所に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を回収するパイロットプラントを建設し試験を進めてきた。リンデはプラントの建設と運営を行い、BASFは溶媒と呼ばれる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収剤の開発を担当した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)回収貯留の新技術の中核は、より性能の高い溶媒を利用し、新たに開発した二酸化炭素(CO2)回収プロセスを導入した点にあるといえる。これによって二酸化炭素(CO2)回収に必要なエネルギー量を2割削減することができ、酸化による溶媒の劣化も抑え、溶媒使用量を削減した。欧州では石炭火力発電の比率が高く、今後も電力の安定供給の観点から利用が続くと見込まれる。しかし、石炭火力発電の排煙にはガス火力に比べ多くの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が含まれるため、地球温暖化抑制のため排煙中の二酸化炭素(CO2)を高効率で回収する技術が求められている。今回の技術では、排煙中の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の90%以上を回収することが可能だという。回収した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は地中深くの地層に注入して貯蔵したり、肥料などの原料としてリサイクルしたりできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)の回収貯留技術で地球温暖化の原因削減対策はこちら

石川県金沢市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を削減するレンタル自転車が好評

 石川県金沢市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、8月から実施しているレンタル自転車の貸し出しの社会実験である「まちのり」が金沢市民や金沢市を訪れる観光客から好評を得ているという。金沢市のレンタル自転車の1台の利用回数は1日3.3回となっており、金沢市が実験前に試算した2回を大きく上回っている。最大の特徴は金沢市内各所に設けたポートで二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車を自由に貸し出し及び返却ができる仕組みにある。石川県金沢市と同様の取組みは、海外では「バイクシェアリング」や「コミュニティーサイクル」などと呼ばれ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても採用されており、日本国内では富山県富山市が地球温暖化の原因防止対策として初めて本格導入して事業化されている。レンタル自転車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や渋滞緩和に貢献し、健康的で車に代わる移動手段として各地方自治体が注目している。レンタル自転車を共同利用する取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に対する意識の高い欧州から始まったが、先進例が2007年にフランスのパリで導入された「ベリブ」だという。自転車をレンタルして借り、市内に設置された約1500か所のポートを乗り継ぐことができ、30分以内のレンタルであれば基本料金で移動でき、2万台以上の自転車が配備されている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことや手軽さがエコ意識の高い市民や観光客の人気となり、車やバスに替わる移動手段として定着している。これに注目したのが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、国の「環境モデル都市」にも選定されている富山県富山市で、約1億5000万円をかけてベリブを運営するフランス企業ジェーシードゥコー社の子会社「シクロシティ」(東京都千代田区)に依頼して、今年3月に国内で初めて二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車を導入している。富山県富山市内に自転車のポートは15か所あり、富山市中心部に約300mおきに設置し、150台の自転車の貸出し及び返却を24時間行っている。レンタル開始から約3か月で1万回の自転車の利用回数があり、全国の30以上の地方自治体が視察に訪れた。富山県富山市での利用状況を基に、同社は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、全国展開を目指す考えだという。石川県金沢市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の社会実験として、富山市をモデルケースとして8月21日にレンタル自転車を開始しており、10月20日まで実施し、本格導入するかどうかを決定するという。主に石川県金沢市内の移動手段としての利用を想定しており、金沢駅、香林坊、金沢21世紀美術館、にし茶屋街、兼六園、東山など金沢市内10か所に自転車のポートを設置し、基本料金は1日200円で月1000円としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を削減するレンタル自転車が好評はこちら

湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 カラムーチョやポリンキー、ポテトチップスなどで有名なスナック菓子メーカーの湖池屋(東京都板橋区)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と地域貢献を目指して、北海道において二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備を通じた森づくりに取り組んでいる。北海道旭川市にある北海道上川総合振興局で、「湖池屋の森」の協定調印式が行われた。湖池屋は既に昨年も、北海道南富良野町の森林整備で間伐作業を行う協定を締結しているが、今回は南富良野町の山林1.82haにカラマツ3460本及びアカエゾマツ180本を植栽するという内容になっている。協定期間は4年間で、10月上旬には湖池屋の社員が南富良野町の山林を訪れて、地元の森林組合の指導でアカエゾマツの苗木を植えるという。この事業は、北海道が仲介役となって、平成19年から実施している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「ほっかいどう企業の森林づくり」の活動の一環である。これまでには、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用して、サッポロビール(東京都渋谷区恵比寿)が北海道壮瞥町に「サッポロビールの森」、北海道電力(北海道札幌市中央区)が北海道安平町に「あびらエネモの森」、北海道国際航空(北海道札幌市中央区)が北海道千歳市や北斗市などに「エア・ドゥ絆の森」を作るというように、企業や団体がスポンサーになって北海道の市町村の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林を整備してきた。これらは北海道に関連した企業や団体だが、湖池屋も売り上げの8割近くになるポテトチップスの原料の70~75%が北海道産に依存していることから、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を利用しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 湖池屋が森林整備で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

パナソニックがエコなランチで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 パナソニック(大阪府門真市)グループは、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する地産地消の食材を使用し、調理法にも留意した「環境問題配慮」の昼食を提供するイベントを10月6日に世界中で行うと発表した。パナソニックでは、世界同時行動デーと位置づけており、世界各地でリレーしていく試みで、身近な昼食を通じ、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境問題保全への関心を高める狙いだという。昼食に焦点を当てて世界で38万人が同時に取り組むイベントは世界でも初めてではないかという。パナソニックは、24時間をかけてイベントが地球を1周することから、地球温暖化の原因対策の「エコリレー24アースランチ」と名付け、日本の正午の昼食からスタートし、アジア、中近東、欧州、米州と世界各地で昼休みを迎えていくたびにアースランチを行うという。パナソニックの子会社の三洋電機(大阪府守口市)やパナソニック電工(大阪府門真市)も含めた世界300以上の拠点とグループの世界全従業員約38万人に、この地球温暖化の原因対策への参加を呼びかけている。社員食堂で提供するアースランチの食材は、地産地消、有機栽培、肉類では鶏肉など小型動物の肉を使用するなど地球温暖化の原因対策を始め環境問題に配慮したものとなっている。つまり、地産地消の食材を利用するので輸送時の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるほか、成育の際に牛肉に比べ飼料が3分の1程度で済むとされる鶏肉の利用で環境負荷の低減につながるという。また、昼食の調理時には、火力を制限するほか、野菜の皮も調理に利用して廃棄物を削減するなど、とことん地球温暖化の原因対策に寄与するエコなランチを目指すという。大阪府門真市のパナソニック本社では、本番を前に試験的にエコメニューを提供し、地産地消の大阪府産のゴーヤを使用したゴーヤチャンプルーや皮まで使用した大根とニンジンのきんぴらなどが並んだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナソニックがエコなランチで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

青森県ではペレットストーブで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 青森県津軽地方の建築業者でつくる津軽ペレット協同組合(青森県五所川原市)は、一般家庭がペレットストーブを使うことによって地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した分を民間企業に販売する事業として「国内クレジット制度」の運用を始めたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるペレットストーブの利用者が増えた分を順次、販売枠に組み入れる全国初の試みで、国内クレジット制度の売却益は青森県津軽地方の森林保全活動に充てるという。組合は間伐材などを原料にする固形燃料「木質ペレット」を年間約1000トン製造し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるペレットストーブも販売している。ペレットストーブの購入者に地球温暖化の原因対策の国内クレジット制度の活用を呼び掛け、6月に青森県五所川原市内の8世帯を会員にした地球温暖化の原因対策の「津軽ペレットストーブ倶楽部」を設立した。組合と倶楽部は、各家庭で冬場に石油燃料とペレットストーブを使った場合のそれぞれの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を試算し、二酸化炭素(CO2)排出削減計画を策定し、その計画は国の第三者認証機関から承認されたことから地球温暖化の原因対策の事業がスタートしたという。会員は地球温暖化の原因対策のペレットストーブの使用実績を組合に報告し、組合は二酸化炭素(CO2)排出削減実績の集計や新規会員の募集に当たることになっている。計画では、2013年3月末までに会員を青森県五所川原市以外も含めて100世帯に増やし、1世帯当たり年約1トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を購入するのは、木工品を販売する「森のいいこと」(東京都)で、企業イメージの向上が目的だという。組合の代表は「契約上販売単価は公表できないが、大きな額ではない。一般家庭がペレットストーブを使うことで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献できるという考えを広めていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 青森県ではペレットストーブで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

熊本県水俣市がライトダウンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 熊本県水俣市では、9月25日に、かつて水俣病の犠牲となったすべての生命に祈りをささげ、水俣市地域再生の思いを炎に託し、併せて、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の問題提起も行うという、今年で15回目となる「水俣市火のまつり」が熊本県水俣市明神町のエコパーク水俣で開かれる。主催する実行委員会や水俣市は当日、水俣市民に照明を消すライトダウンを呼びかけている。参加できない水俣市民にも家庭や職場で犠牲者への思いをはせてもらい、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を通じて水俣市が掲げる「環境モデル都市」への関心を高めるのがライトダウンの目的だという。水俣市の祭りの開催時間は、午後6時半~8時だが、照明を消すライトダウンの時間帯は特に指定しないという。水俣市の不知火海沿いに設けた会場では、当日、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の観点から廃食油や廃瓶から作ったろうそく約1,500個とたいまつに火をともし、太鼓演奏や水俣市の地元合唱団の合唱も予定している。問い合わせは水俣市環境モデル都市推進課(電話0996-61-1612)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 熊本県水俣市がライトダウンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 京都府京都市は、京都市民の夜型の生活を見直し、朝型の生活への転換を進め、地球温暖化の原因対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、今年度から9月を「朝スタイル月間」と位置づけ、京都市内の官民協働で朝の時間を有効に使うための取り組みを始めると発表した。京都市では、この地球温暖化の原因対策の専用のホームページを開設し、京都市民向けの早朝講座や早朝割引を行う店舗などの情報を発信するという。京都市によると、しっかり寝て早く起き、朝食も食べる朝型の生活は、健康によく夜間の照明やテレビなどの電気使用量も少なくて済むため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を削減するなど環境問題にも貢献するという。地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」中は、京都市内の企業の協力で、通勤・通学前の時間帯に朝がゆを食べながら交流を広げる「朝ビジネス交流会」や朝日を浴びながヨガを楽しむ「オハヨガ部」など計7講座を設けるという。講座の受講料は無料~2,000円となっており、HP(http://www.leafkyoto.net/kyoasa/)を中心に受け付けるという。また、地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」が終了した9月以降においても、朝の催しや早朝割引などに協力する京都市内の企業や商店を募集するという。問い合わせは京都市地球温暖化対策室(電話075・222・4555)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 太陽光発電システムについては、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、様々な設置促進策が講じられている。今般、経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、住宅の屋根に太陽光発電システムを取付る技術者として「PV(フォト・ボルテック)施工士」の制度を来年度に創設すると発表した。太陽光発電システムメーカーや太陽光発電関連事業者で構成している太陽光発電協会(JPEA)と共同で共通の太陽光発電システムの施工カリキュラムを作成し、その課程を修了した人材を施工士として認定するというものである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札となる太陽光発電を広く浸透させるためには、消費者からの信頼獲得に直結する太陽光発電システムの施工品質の安定化が必要だからである。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムの普及促進には、施工時の品質確保と導入コストの低減が必要である。太陽光発電システムの施工士養成制度は、施工業者が太陽光発電システムを安全かつ簡易に設置するための指針「太陽光発電システム設計・施工ガイドライン」の作成作業と並行して行うという。取り上げる項目は、地球温暖化の原因対策の太陽光発電モジュールを始めとする機器を屋根に設置する工事や、取り付けた機器の電気配線工事など多岐にわたる予定だという。この教材を活用した研修で太陽光発電システムの基礎知識と技能を身に付けた個人が試験を受験し、一定の能力を備えたと認められた者を太陽光発電システム施工士として認定するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県川崎市が緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 神奈川県川崎市は、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取組みの一環でゴーヤを育てる「緑のカーテン大作戦」を実施している。地球温暖化の原因対策の「緑のカーテン大作戦」に参加している川崎市立大島小学校(川崎市川崎区)の5年生7人が川崎市役所を訪れ、阿部孝夫川崎市長に小学校で育てた緑のカーテンのゴーヤーをプレゼントした。地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤーの栽培状況などを報告した後、ゴーヤー入りのカレーを市長と一緒に食べた。川崎市立大島小学校では、2008年度から総合的な学習の時間を使って、職員室の前で地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「緑のカーテン作り」を実施しており、児童が交代で水やりや観察を行っているという。川崎市役所を訪れた児童は、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、緑のカーテン作りに取り組んでいることを市長に報告した。阿部川崎市長は、ゴーヤー入りカレーを食べるのは初めてだったというが、「ゴーヤは意外と口に合う。シャキッとしていてアクセントが効いているね」と話していた。地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する緑のカーテンは、川崎市内の公共施設156か所で行われている。緑のカーテンで栽培されたゴーヤーの一部は、川崎市役所の食堂のメニューにも取り入れられているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市が緑のカーテンで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

滋賀県が二酸化炭素(CO2)を削減でき地球温暖化の原因対策となるバイオ燃料を断念

 滋賀県は、県内に広がる水田活用と地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指して、ガソリンの代替燃料となるバイオ燃料としてのバイオエタノールをコメや稲わらから生産する計画を進めてきたが、バイオ燃料の導入を断念したと発表した。バイオ燃料の製造コストが割高になり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果も国の基準を満たさないためだ。滋賀県は、2008年度から、稲藁と耕作放棄地など作付けされていない水田で生産する多収量米の利用について、バイオエタノール化のコスト、バイオエタノールとガソリンを混合させた燃料の製造原価、さらには、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を試算してきた。試算によると、多収量米は滋賀県の甲賀市や東近江市などで栽培することによって、年間8500キロリットルのバイオエタノール燃料の製造ができるという。しかし、稲作農家の生産費がバイオエタノールの販売収入を上回るうえ、バイオエタノール製造プラント建設に約44億円かかるほか、バイオエタノール燃料の製造原価は1リットル当たり134.9円とレギュラーガソリンの卸売価格よりも高価になる。また、稲藁は、滋賀県内で最も多い東近江市で年間2700キロリットルを製造できるが、バイオエタノール燃料の製造原価がガソリンの卸売価格を上回るという。さらに、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、多収量米で作ったバイオエタノールの場合、ガソリンに比べ9.8%、稲わらでは16.8%減となり、一定の二酸化炭素(CO2)排出量削減効果はあるものの、経済産業省の検討会が今年3月、バイオ燃料の二酸化炭素(CO2)排出量削減効果基準を「50%減」とする報告をまとめていることから、基準が適用されれば、多収量米や稲わらで作るバイオエタノールはバイオ燃料として認められないという。滋賀県農政課では「水田農業が盛んな滋賀県ならではの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になると期待したが、高騰していたガソリン価格が落ち着き、食糧確保を優先するべきとの指摘もあり、当初とは社会情勢が大きく変わった」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県が二酸化炭素(CO2)を削減でき地球温暖化の原因対策となるバイオ燃料を断念はこちら

東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区)などが主催する地球温暖化の原因対策に大きく貢献する電化ソリューションの展示会「エネルギーソリューション&蓄熱フェア '10」が東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された。サブタイトルは「電化がリードする低炭素社会~未来へつながる『電気』×『ヒートポンプ』~」となっている。サブタイトルが示すように、省エネ技術と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減可能なことから注目されている熱利用のヒートポンプを中心とした省エネルギーの各種機器、システム、導入事例などを紹介する展示会であった。地球温暖化の原因対策に大きく貢献することで期待されているヒートポンプは、自然界の空気や水、地中の熱を熱媒体によって吸収し、圧縮及び膨張させることで温熱及び冷熱を発生させるという最新の熱エネルギーを利用する技術である。例えば、COP係数が6の空調装置の場合であれば、熱媒体をコンプレッサーで圧縮するために投入した1の電気エネルギーで、その6倍の熱エネルギーを出力することができるものとなっている。ヒートポンプは省エネ効果が非常に高く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができ、業務用、家庭用、産業用及び農業用に使用している国内の空調装置と給湯装置をすべてヒートポンプ式にすれば、日本の年間二酸化炭素(CO2)排出量の約10%に相当する約1億4000万トンの二酸化炭素(CO2)を削減することができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 自動車の走行に伴って排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減することができる電気自動車(EV)や、電気モーターとガソリンエンジンを組み合わせて走るハイブリッドカーへの期待が高まっている。なかでもプラグインハイブリッドカー(PHV)は、モーターを動かす電力を家庭用電源から取り込むことができることから地球温暖化の原因対策として大いに期待されている。経済産業省はこのほど、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)を普及するため、全国各地域で行われている好事例を「ベストプラクティス集」としてまとめたものを公表した。経済産業省は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減する「次世代自動車戦略2010」の中で、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、蓄電池の性能向上やコストダウンに向けた研究開発を行う方針を掲げている。今回の事例集は、同省が実施しているモデル事業「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン構想」の対象地域である「電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)タウン」に選ばれた地方自治体が、それぞれ策定したマスタープランに基づき進めている先進的な取り組みをまとめたものとなっている。例えば、新潟県では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、民間のタクシー会社が昨年7から電気自動車(EV)タクシーの運行を開始し、全国初のプラグインハイブリッドカー(PHV)タクシーの運行も行っている。また、京都府では、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けて、電気自動車(EV)タクシー・プラグインハイブリッドカー(PHV)のタクシーやレンタカーで対象の寺院や神社を訪れた人に対して、記念品贈呈などの特別優待を行うエコ観光企画「京都電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)物語」を今年12月まで実施中である。経済産業省では今後、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッドカー(PHV)の普及を図るため、専用充電設備のインフラの整備などを行う方針だ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV等次世代自動車戦略2010で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

香川県高松市は打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 香川県高松市では、打ち水による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とヒートアイランド対策を実施している。打ち水で街を涼しくする「高松打ち水大作戦2010」が大暑の日、香川県高松市の中心部で行われた。打ち水の当日は、強烈な日差しが照りつける猛暑であったが、サンポート高松(高松市サンポート)と中央公園の2か所において、高松市民らが一斉に打ち水を行い、真夏の涼を体感した。「高松打ち水大作戦2010」は、日本の伝統的な風習でもある打ち水を体験し、地球温暖化の原因対策やヒートアイランド対策などの環境問題について高松市民の意識を高めてもらおうと、「NPO法人四国の道路サポータクラブ」が主催したもので、2006年から毎年実施しているものである。当日撒いた打ち水には、上水ではなく再生水2トンを使用したという。高松市の海沿いにあるサンポート高松のシンボルタワー南側の歩道には、浴衣姿の女性や親子連れ、サラリーマンら約200人が集結し、打ち水開始の合図とともに、おけや洗面器から一斉に打ち水をすると、ひんやりとした空気へと変化した。会場の温度は34.4度から33.5度に下がり、参加者は打ち水の効果の大きさに驚きと喜びを感じていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県高松市は打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 東京都江東区地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電気自動車(EV)の普及を促進するため、東京都江東区内でマンションを新築する際には、駐車場へ電気自動車(EV)の充電設備を設置するように、マンション開発業者などに行政指導すると発表した。こうした東京都江東区の取組みに対して、経済産業省は「マンション新築時に、地方自治体が電気自動車(EV)の充電設備の整備を行政指導する例は聞いたことがない」と話している。自動車業界を取り巻く環境として、電気自動車(EV)の販売は今年から本格化しているが、現在販売されている電気自動車(EV)は1回あたりの充電で走行可能な距離がかなり短いため、電気自動車(EV)が普及していくためには、身近に充電設備があるかどうかにかかっているともいえる。東京都江東区では、豊洲地区など東京湾岸エリアに高層マンションの建設が相次いでいる状況にある。このような新築されるマンションの屋内外の駐車場に電気自動車(EV)の充電設備を確保することで、新しく入居する者に対して電気自動車(EV)の普及を促し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげたい考えだ。江東区では、新築マンション建設時の住環境整備などを規定した江東区マンション条例の要綱を改正し、新築計画の相談を受けた際には、電気自動車(EV)の専用コードを差し込む充電設備の整備を行うよう行政指導するという。現在、自動車販売会社が2020年の新車販売の電気自動車(EV)の占める割合を5~10%と見込んでいることも参考にして、江東区では駐車場の収容台数の1割程度の電気自動車(EV)充電設備の設置を求めていくという。江東区温暖化対策課によると「新築マンションの駐車場の完成後に電気自動車(EV)充電設備を取り付けた場合、新築時に整備を行うよりも費用も時間も要する点を訴え、行政指導への理解を図りたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字

 京都府の平成21年度の公営企業会計決算によると、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、伊根町で京都府が進めている風力発電事業の設備利用率は10.01%であった。当初計画の利用率は21.70%を見込んでいたが、前年度実績も11.55%で、約半分の利用率しかなく、地球温暖化の原因防止対策の風力発電事業は赤字決算となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、赤字のままで継続していくことに問題があることから、京都府は風力発電事業の評価委員会を設置し、今年度中に対応策に関する報告をまとめる予定になっている。京都府の風力発電事業は、風車が6基ある「太鼓山風力発電所」で平成13年度から発電されており、最大出力4500kwの発電能力があり、風力発電施設は京都府府公営企業管理事務所が管理を行っている。風力発電の設備利用率とは、最大出力で1年間フル稼働した発電量に対する実績発電量の割合であるが、風速が秒速3~25mないと風車は動かないので発電が行われず、平成15年度は当初計画に近づく17%の利用率であったが、最近は低いままとなっている。この風力発電事業の平成19年度は4600万円の赤字であり、平成20年度も4500万円の赤字だった。京都府は、赤字が続いていることを大きな問題であると認識しており、評価委員会の中で「あらゆることを想定して議論を進める」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字はこちら

兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減

 兵庫県西宮市では、「緑のカーテン」が夏の暑い日差しを遮り、植物の蒸散作用で気温が抑えられることから、西宮市が2007年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策の一環として実施してきている。今年も、西宮市役所本庁舎東側の正面玄関の横に、朝顔やゴーヤの植物による「緑のカーテン」が完成し、西宮市役所を訪れた市民に対して清涼感を与えているという。8月2日には、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンの合間に、第92回全国高校野球選手権大会に兵庫県代表として出場する報徳学園(兵庫県西宮市上大市5)を激励する立て看板も設置された。西宮市内で活動する「西宮市花と緑グループ」によると、4月の下旬に約40メートルにわたりプランター50個を並べて、そこにゴーヤ、朝顔、フウセンカズラを植えたという。毎日水遣りをして世話を続けた結果、網に絡み付きながら順調に生育し、7月中旬頃にはツルの高さが約6メートルほどにも達して色鮮やかな緑のカーテンとなり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策としての効果が期待されている。地球温暖化の原因対策としての効果を調べたところ、平均で緑のカーテンの外側の温度は約43度であったが、緑のカーテンの内側の温度は約33度で10度ほどの差があったという。西宮市では、緑のカーテンのような地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策を今後とも続けていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減はこちら

神奈川県横浜市の中華街では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県横浜市では、7月23日、横濱媽祖廟(横浜市中区山下町136)や中華街大通りで横浜市による「横浜打ち水大作戦」のセレモニーと打ち水が行われた。横浜市が地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)削減対策ヒートアイランド対策の一環として行っている活動で、横浜市水道局や横浜市消防局のほか、横浜市中区やファンケル、横浜中華街発展会協同組合などの協力により実施されている。「YOKOHAMA save the water」プロジェクトの一環として行われる打ち水のイベントは、今年で2回目の開催となる。打ち水イベントでは、午後から横濱媽祖廟で打ち水始め式が行われ、プロ野球の横浜ベイスターズ公式マスコットのホッシーゾと専属チアチーム「diana(ディアーナ)」、横浜観光親善大使の青木梨紗さん・小笠原裕子さん、東京都の秋葉原で打ち水を実施しているメード姿の「打ち水っ娘」らが参加する中で、総勢20人が打ち水を始めた。すると、打ち水を行った路面の温度は約50度から39度まで急速に下がり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策としての打ち水の効果をみせつける結果となった。続いて横浜市の中華街大通りの約300メートルの区間を歩きながら、桶からひしゃくで水をまいて打ち水を実施した。この打ち水に使用した水は、上水ではなく、中区内の「打越の湧き水」や、賞味期限切れの横浜市の災害対策備蓄用水缶詰などを利用した。横浜市の副市長は「打ち水は夏の厳しい暑さをやわらげると同時に、場所を清めるという意味合いもあります。羽田空港の拡大やAPECの横浜市開催によって、外国からも多くの方が横浜市を訪れますので、この打ち水が横浜市の夏の風物詩として定着していけばと思います。同時に少しでも水のありがたみも感じてもらえればと思います」と挨拶を行った。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策の一環として行っている打ち水は、8月1日に横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区新港1)で、8月4日には中華街大通りで予定されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の中華街では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

千葉県成田市の高校がバイオディーゼル燃料で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 千葉県立下総高校(千葉県成田市)は、今年度から、ヒマワリを活用し、植物を育てる技術を身につけるだけでなく、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながる地球環境問題の学習にも取り組んでいる。ヒマワリの種から食用油を搾り、使用した後の油はさらにバイオディーゼル燃料として再利用し、さらに地球温暖化の原因防止対策にも役立てるという取組みである。同校生産技術科が千葉県環境財団と連携して取り組んでいる地球温暖化の原因対策のプロジェクトである。同校の二つの農場計7千平方メートルに5月下旬にヒマワリの種をまき、今が満開で8月中旬ごろまで楽しめるという。ヒマワリの花を楽しんだ後は、10月上旬に種を収穫してヒマワリ油を搾り出して、食用油として食事やデザートの同校の寮生活に役立てるという。さらに、使い終わった食用油は、捨てるのではなく、精製しバイオディーゼル燃料としてトラクターなどの燃料に再利用するという。ヒマワリは地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収能力が森林の約2倍もあるとされ、耕作放棄地に植えることで、地球温暖化の原因防止対策にもなるという。同校は、これまで、そば、大根、ネギ、トウモロコシなどを栽培してきたが、ヒマワリの茎や葉は家畜のエサや他の植物の肥料になり、捨てるところがない。生産するだけでなく、環境についても学んで欲しいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県成田市の高校がバイオディーゼル燃料で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減

 東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、従来から建設を進めてきた地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる仙台火力発電所4号機(宮城県七ケ浜町、出力44万6000キロワット)の運転を開始した。同発電所では、地球温暖化の原因対策として天然ガスを燃料にガスと蒸気の二つのタービンを組み合わせた高効率コンバインドサイクル発電設備を新たに採用しており、こうした高機能設備の東北電力発電所は宮城県内では初めての設置だという。老朽化で既に廃止された石炭燃料の東北電力1~3号機と比べると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約60%も低減される。火力発電所の運転開始式には東北電力幹部や建設関係者、自治体幹部ら約40人が出席。東北電力の海輪誠社長は「火力発電では東北電力初の建て替えプラントである。世界最高水準の熱効率の発電所として生まれ変わり、電力安定供給と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素社会の実現に大きく貢献できる」とあいさつした。今回導入されたコンバインドサイクル発電は、先ずは天然ガスを燃料として燃焼させてガスタービンを回すが、さらに、排出ガスから熱を回収し蒸気タービンも回して発電するという高機能な発電設備システムとなっている。東北電力は、東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)に同方式を国内で初めて導入しており、仙台火力4号機は設備をさらに改良したことで、発生した熱エネルギーを電気に変換する熱効率を約58%に高めたものとなっているという。仙台火力発電所の建屋は、近くにある宮城県の景勝地松島に配慮しながら、白壁などをイメージしたデザインとなっており、3号機の跡地で建設に着手し、今年に発電を始めて最終的な検査を行っていたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減はこちら

神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県内の産業廃棄物処理業者と運送業者が連携し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みとして、家庭の廃食油を回収してバイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルする実証実験を始めているという。この10月までに家庭用廃食油千リットルの回収を目指し、実験に参加している企業のトラックや重機などで軽油の代替燃料として使用することによって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の削減につなげたいと話している。廃食油リサイクル実験に参加しているのは神奈川県産業廃棄物協会の青年部会と神奈川県トラック協会の有志であり、神奈川県内20か所に廃油の回収拠点を設けて、地域の家庭から天ぷら油を引き取っている。こうして集めた廃食油は、産業廃棄物処理業のグローバルテクノス(神奈川横浜市旭区)に集めた上で、東京都内で同様の事業「TOKYO油田」を進めるユーズ(東京都墨田区)が引き取り、BDFを軽油に5%混合する「B5」燃料に再生するという。4か月の廃食油リサイクル実験期間で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2・6トンも削減するという大きな効果がある。ただ、バイオディーゼル燃料(BDF)にリサイクルするには、製造コストがかさむため、価格は1リットル当たり130円になり、通常の軽油に比べて割高になることが商業ベースに乗せる大きな課題となっている。これには、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル参加企業を拡大することによって廃食油の回収量を増やすことによって、製造単価を引き下げることをもくろんでいる。今後、バイオディーゼル燃料(BDF)リサイクル実験結果を検証した上で、事業化を検討するという。グローバルテクノス社では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるバイオディーゼル燃料(BDF)は粘性が高いので、品質維持に力を入れて信頼性を高めたい」と述べている。バイオディーゼル燃料(BDF)は原料の植物が生育過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃やしても二酸化炭素(CO2)排出量の排出抑制効果が期待できる。家庭用の廃食油からのバイオディーゼル燃料(BDF)燃料の再生は、地球温暖化の原因対策を始めとする環境保全策や地域交流の一環として試みる動きが神奈川県内でも導入されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 神奈川県内で廃食油リサイクルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

北陸電力が排出枠購入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。北陸電力(富山県富山市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量(原単位)が販売電力量1kwh当たり0.32kgを目標値として目指しているが、今般計算した結果、2009年度は0.31kgとなり、単年度として二酸化炭素(CO2)の排出量目標を達成したと発表した。北陸電力は、地球温暖化の原因対策の自助努力だけでは二酸化炭素(CO2)排出量目標値を達成することはできなかったものの、途上国での地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減分を購入することで、先進国で同量の二酸化炭素(CO2)排出分を相殺できるという京都議定書が定める手法である「二酸化炭素(CO2)排出枠」を反映させることによって、目標を達成することができたという。北陸電力の目標は、2008~2012年度の5年間平均で、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出原単位を0.32kgとし、1990年度の0.395kgから20%低減させるというものであった。2009年度の販売電力量は271億8千万キロワット時であり、これから計算して排出できる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の上限は、販売電力量に目標の0.32kgを掛けた869万トンであるが、実際の二酸化炭素(CO2)排出量は1016万トンで、147万トン超過している状況にあった。こうしたことから、途上国から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を176万トン取得し、排出原単位は0.37kgから0.31kgに減少した。今回取得した地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は、前年度より11万トン少なかったという。2009年度は単年度で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出目標を達成したが、初年度の2008年度は0.48kgと大幅に超過していた。この理由は、志賀原発1号機(石川県志賀町)が稼働しなかったことによって、化石燃料によって発電を行う火力発電に占める割合が高くなったためで、二酸化炭素(CO2)460万トンのいわゆる借金を負った形となったが、今後、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠の取得により相殺して目標達成を目指すという。北陸電力は、2009年三月期決算で29億円を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠取得費用として計上していたが、2010年3月期は47億円だった。国は京都議定書で、2008~2012年度の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量について、平均で1990年度比6%削減する目標を立てており、電力各社は二酸化炭素(CO2)排出原単位の20%削減を自主的に掲げている。

> 北陸電力が排出枠購入で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

積水ハウスがエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。積水ハウス(大阪府大阪市北区)は、エコ住宅で地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。京都府木津川市にある同社の総合住宅研究所で大阪ガスと共同で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減する「スマートハウス実証実験」を行っている。スマートハウスは、太陽光発電システム、燃料電池、蓄電池という3つの設備を効率的かつ効果的に組み合わせることによって、住宅における家電や照明、暖房などといった化石エネルギーを消費する機器をホームサーバーで一元的に管理する仕組みだという。住宅内の家電製品すべての機器を無線によってホームサーバーにLAN接続し、パソコンやテレビを通じて住人が発電量や電気代などをチェックすることができる仕組みであり、しかも、好みの運転モードを選んで自動制御運転ができるというものである。積水ハウス地球温暖化防止研究所は「家庭内の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネをしながら、周辺地域へのエネルギー供給までを行うという日本型スマートグリッドの仕組みを実証実験している」とねらいを話している。将来的に、太陽光発電システムなどの「創エネルギー」機器が各地に増え続ければ、電力の需給バランスが崩れることになると思われる。その際には、当該地域の電気の発電量の過不足にしっかりと対応して、家庭の電気の発電量を制御するシステムが不可欠になるのではないかと考えているという。「省エネ・創エネ・蓄エネ」を合言葉にエコ住宅開発が進んできている。これまでの節約重視だったエコから、快適性と地球温暖化の原因防止対策といった環境配慮の両立へと進化しつつある。

> 積水ハウスがエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。内田洋行(東京都中央区)がLED照明の照度や色温度を柔軟に制御できる自社製LED照明システムを本社ビルに採用することによって、省エネ効果地球温暖化の原因対策二酸化炭素(CO2)排出量削減及び既存空間への容易な取付けが可能だという。同システムでは、人感及び照度センサーを備えていることから、照度を自動制御したり、リモコンによってユーザーの好みに合わせた照度を提供したりすることができ、操作はパソコンや携帯電話機からでも可能である。主にオフィスのLED照明での利用を想定しているが、一般住宅においても利用することができるという。内田洋行では、既存のオフィスビルに省エネ効果と地球温暖化の原因対策のLED照明を大幅な改修なしに後付でも導入しやすくするため、3タイプの製品を用意している。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第1は、「SmartInfill」と呼ぶ空間構成システムであり、オフィス内にアルミの柱と梁で構成した部屋を簡易な組み立て工事でLED照明を設置することができ、下部にLED照明のライティングレールを設置したり、梁の間にベースライトを取り付けたりでき、配線は梁や柱の内部に通せるため美観を損ねない。柱や梁に人感センサー・照度センサー、無線通信システムなどを組み込むことができるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第2は、リモコンによる一括調光システムであり、調光器を敷設していないオフィスであっても、LED照明の調光やLED照明の自動制御が可能なシステムを容易に実現できるという。省エネ効果と地球温暖化の原因対策の第3は、既存の蛍光灯器具をそのまま代替できる器具一体型の直菅型LED照明であり、6種類の蛍光灯器具に合わせた製品が用意されている。

> 内田洋行がLED照明の制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、2009年度の電力量1kWh当たりの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(CO2排出係数)が0.265kgになると国に報告したと発表した。関西電力では、発電時に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が極めて少ない原子力発電設備の利用率向上や水力発電による発電量が増えたことなどから、CO2排出係数が前年度比で11%減ったという。この関西電力データは暫定値であり、正式には政府が12月上旬をめどに電気事業者別に公表することになっている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のCO2排出係数の0.265kgは、実際の二酸化炭素(CO2)排出量から関西電力が取得した京都議定書の定めによる二酸化炭素(CO2)排出枠などを控除した調整後の数字となっており、控除前の実二酸化炭素(CO2)排出係数は0.294kgだった。前年度では72.4%しかなかった原子力発電の利用率が77.0%に向上したことが、2009年度の二酸化炭素(CO2)排出量の低減に大きく貢献した形となっている。2009年度における実際の二酸化炭素(CO2)排出量は4161万tであり、購入した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映すると3757万tにまで減少し、販売電力量は1416億kWhとなった。二酸化炭素(CO2)排出係数は、二酸化炭素(CO2)排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量を販売電力量で割って算出することになる。この計算で算出すると、前年度の排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量は4360万t(二酸化炭素(CO2)排出枠の反映前は5173万t)、販売電力量は1459億kWhで、二酸化炭素(CO2)排出係数は0.299kg(同0.355kg)だったという。関西電力では、2008~2012年度の5年平均で二酸化炭素(CO2)排出係数を0.282kgまで低減させる目標を持っている。2008年度と2009年度の平均二酸化炭素(CO2)排出係数は0.282kgであり、2年間では目標を達成している。今後も関西電力では、原子力発電の利用率を高めるとともに、火力発電所の熱効率向上改善、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入拡大を図るほか、二酸化炭素(CO2)排出枠を積極的に外部から購入して目標達成を目指すという。

> 関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

ウェザーニューズが打ち水観測で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ウェザーニューズは、毎年恒例となった地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための打ち水の効果を検証する「打水感測2010」を7月23日から開始した。8月23日までの1か月間にわたって、全国18万人の一般リポーターとともに、打ち水前と後の気温変化や一人ひとりの体感変化、さらには、打ち水によって削減できる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを調査するという。この地球温暖化の原因対策の打水感測の実施は今年で5年目となる。「打水感測2010」は、自分で自ら地球温暖化の原因対策の打ち水をして、その効果を検証するプロジェクトであり、携帯サイトの「ウェザーニューズ」内のウェザーリポーターに登録している人であれば誰でも地球温暖化の原因対策の打ち水に参加できる。地球温暖化の原因対策の打ち水の結果については、携帯サイトからリポーターに報告しい、寄せられた情報は携帯サイトと専用のPCサイトでリアルタイムに公開するという。携帯サイトとPCサイトでは、期間中に行われた地球温暖化の原因対策の打ち水のトータル数、打ち水後にエアコンを切った人のトータル数、打ち水で使用した雨水等の二次利用水、打ち水で削減できた二酸化炭素(CO2)排出量、打ち水終了後に感じた体感を表した円グラフを確認できるという。昨年実施した打ち水では、打ち水後に気温が1~3度下がったという声が多く、「風が冷たく感じた」、「かなり涼しく感じた」などの感想が届いていた。地球温暖化の原因対策の「打水感測2010」で集めた貴重なデータは、気温と体感温度の関連性を解析し、今後のサービスに生かしていくほか、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量などをエリアごとにまとめ、その特徴や効果を検証して記録として残していくという。また、地球温暖化の原因対策の取組の一環として、ヒートアイランド化が進む東京都内での打ち水効果を数多くの人に感じてもらうため、7月30日に東京都・丸の内で開催される「打ち水プロジェクト2010」に参加する。

> ウェザーニューズが打ち水観測で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

パナホームが住宅建築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パナホーム(大阪府豊中市新千里西町)は、自家発電などの設備を設置することによってで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が差し引きゼロになる「CO2+-ゼロ住宅」を来年度に発売すると発表した。完成した滋賀工場内の研究棟(滋賀県東近江市)で、実際に4人家族の社員が暮らして、エネルギーの消費状況などを3年間かけて検証するという。これは、東京大学などとの共同研究で、延べ床面積135平方メートルの戸建て住宅に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない4キロワットの太陽光発電装置を搭載した。壁や床には太陽熱の蓄熱材、真空断熱材などを入れることによって高断熱・高機能住宅を実現している。さら、パナソニックグループの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の少ない省エネ家電を使い、約120回路の消費エネルギーを計測するという。今後はリチウムイオン電池も搭載し蓄電も実証実験するという。滋賀工場で会見した藤井康照社長は「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量のない住宅を一日も早く世の中に出していきたい」と話した。

> パナホームが住宅建築で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)の開発と販売が急ピッチで進んでいる中、NEC(東京都港区芝)は、相模原事業場(神奈川県相模原市)において、電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の量産を始めたと発表した。NECが同事業場で生産するほぼ全量が日産自動車の電気自動車(EV)向けになるという。NECでは、2010年度中に電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の年間生産能力を、電気自動車(EV)約10万台分に相当する200万キロワット時にまで増強するという。このための投資額は累計で約200億円の見込みになるが、電気自動車(EV)の市場拡大に合わせ、2010年度中にさらに一段と電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を増強する可能性もあるという。生産した電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極は、日産自動車とNECグループが共同出資するリチウムイオン電池の生産会社、オートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)に納入し、日産自動車は地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与する電気自動車(EV)として「リーフ」を12月に日米欧で発売する予定を立てている。NECは2012年度末までに、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池用電極の生産能力を1000万キロワット時にまで拡大する計画を有しており、2012年度に電極を中心とした環境・エネルギー事業で1000億円の売り上げを目指す目標を立てている。

> NECが電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 トステム株式会社(東京都江東区)は、サッシ・住設機器・建材の総合メーカーであるが、次世代の子供たちに引き継げる「人と地球にストレス・フリーな暮らし」を業務を通じて提供することで地球環境問題に貢献するため、1990年比で新築住宅で50%、ストック住宅では25%の地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる製品群の創出・普及や、全ての事業所での産業廃棄物のゼロ・エミッション(リサイクル率97%以上)達成などを盛り込んだ「トステム環境コミットメント2015」を策定した。トステムでは、綱領を定めており、その中で「よい家に住むことは万人の願い。この願いを実現するために私たちは働く」を実現するために活動し、住まいの環境をより快適にしていくことを使命として事業を行っているという。これからの良い家には、快適さや安全・安心を第一に損なうことなく、将来にわたって「持続可能(サステナブル)な暮らし」を提供することが求められているのではないだろうかと提案している。具体的な項目としては、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素の「CO2を出さない暮らし」、貴重な化石燃料などの省エネルギーで「資源を大切にする暮らし」、そして「 自然・生き物と共生する暮らし」である。この度、持続可能な暮らしの提供に向けての取り組みをより加速させるため、ステークホルダーへの約束として「トステム環境コミットメント 2015」を新たに策定した。製品・サービスの提供を通じた住まいからの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出量の削減、低炭素・資源循環型の事業活動の確立、生物多様性の保全と持続可能な利用の促進を3本柱として、それぞれ2015年度までの中期目標を設定したという。このようにトステムでは、業務全般を通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する取組みを行っていくようである。

> トステムが環境コミットメントで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パーク24(東京都千代田区有楽町)は、時間貸駐車場「タイムズ」の運営で有名であるが、今般、相模鉄道(神奈川県横浜市西区)と提携し、交通ICパーク&ライドサービスを開始すると発表した。神奈川県内の相模鉄道で実施する交通ICパーク&ライドサービスは初めてであり、相模鉄道の利用促進とタイムズの利便性向上を図るとともに、渋滞緩和や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献するという。先ずは、相模鉄道・上星川駅前にあるタイムズにおいて、PASMOを利用した交通ICパーク&ライドサービスを始めるという。この駐車サービスでは、PASMO内に記録された相模鉄道の乗車履歴とタイムズの精算機システムを連動させることによって、タイムズの駐車料金を自動的に200円割り引くことができるサービスとなっている。PASMOに記録された相模鉄道の乗車履歴に応じて、自動的にタイムズの駐車料金が優待割引料金となるため、スムーズに利用できるという。従来から、相模鉄道横浜駅を周辺の主要幹線道路は、朝夕の交通渋滞が著しく、定時性の確保や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などの地域社会問題となっている状況にある。今回のパーク24が開始する交通ICパーク&ライドサービスを活用すれば、利用者も交通渋滞に巻き込まれず、定時性を確保しながら、相模鉄道沿線におけるレジャーやビジネスなどの目的を果たせる。両社では、今後とも、パーク24の設備と相模鉄道の交通網を最大限活用しながら、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与することができる電車と車のサービスの提供を拡大していくと表明している。

> パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

秋田県秋田市が家庭ごみの有料化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 秋田県秋田市の「秋田市廃棄物減量等推進審議会」(岡部勇作会長)は、穂積志秋田市長に、「地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減ごみの減量化を推進するため、秋田市内の家庭ごみの有料化を実施すべきだ」との答申を行った。これを受け、穂積秋田市長は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減は重要であり、内部で検討したうえで9月秋田市議会に方向性を示すことを発表した。秋田市の審議会の答申によると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、資源ごみを除く家庭ごみの有料化について、処理手数料を上乗せした「有料指定ごみ袋」を購入してもらうこと。ごみ袋のサイズは45リットル、30リットル、20リットル及び10リットルの4種類にすること。上乗せするごみ処理手数料は1リットル当たり1円程度にすること。ごみ処理有料化での手数料収入はごみ減量化やリサイクルなど環境施策の財源にすることを求めている。これらを実施することで秋田市内で10%程度のごみの減量化が見込まれる。秋田市では、平成11年度に市民1人1日当たり618グラム排出していた家庭ごみを22年度には10%減の556グラムにする目標を立てていたが、21年度実績ではわずか1.9%減の606グラムでしかない。秋田県内では既に25市町村中14地方自治体が家庭ごみの有料化を行っている。穂積秋田市長は「遅ればせながら地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の社会貢献に踏み込むべきでないか」と、家庭ごみ有料化実施へ前向きな姿勢である。

> 秋田県秋田市が家庭ごみの有料化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 住友商事マシネックス(東京都中央区晴海)は、自社が販売するオフィス向け空調フィルターについて、フィルターの洗浄・再利用と地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットの組み合わせで二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない空調フィルターサービスの展開を開始したと発表した。オフィス用空調フィルターは、家庭用エアコンのフィルターと違って水洗いができないため、年に1回程度の交換が必要であるが、その都度、産業廃棄物として処分されていた。住友商事マシネックスは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に注目し、住友商事建設不動産本部と共同で2001年からフィルターの再利用サービスを開始してきた。使用済みフィルターを超音波洗浄によって新品同様に再生させることができるため、産業廃棄物の削減による環境への配慮及びビルメンテナンスコストの削減、さらには、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を実現した。このフィルターを再利用することにより、オフィス用空調フィルターから排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、標準的なフィルターを廃棄・交換する場合と比較して96%削減されることになるという。今回、さらに環境問題への配慮を高めるため、残り4%分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出分については、温室効果ガスの排出権を付与(カーボンオフセット)することによって、業界初のカーボンニュートラル空調フィルターを実現したという。カーボンオフセットに利用する排出権は、住友商事(東京都中央区晴海)が支援するインド・グシャラート州での地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトによって創出され、国連認証を経たものを住友商事から購入することによって実現したという。

> 住友商事マシネックスがカーボンオフセットフィルターで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とヒートアイランド対策を目的として、日本各地で夏になると打ち水の行事が行われている。福岡県福岡市役所前ふれあい広場では、本格的な夏の始まりを前に福岡打ち水大作戦本部(福岡県福岡市博多区下川端2)が恒例の打ち水を行った。「福岡打ち水大作戦」は、誰もがいつでも気軽にできる地球温暖化の原因対策としてNPO法人グリーンバード(福岡県福岡市)などが中心となって2004年に始めたものである。以降、打ち水は毎年、イムズ(福岡県福岡市天神1)など福岡市内各所で行われているという。この日はNPO法人の本部メンバーのほか、涼しさを求めて福岡市役所前ふれあい広場を通りがかった買い物客ら約30人が参加した。時折、雨が降る場面も見られたが、色とりどりの浴衣に身を包んでの打ち水で参加者らはひと時の涼感にみんなが笑顔を見せていた。浴衣姿の女性を見ているだけでも涼しげで、また、打ち水を行うと実際に少しひんやりとすることから、地球温暖化の原因対策やヒートアイランド対策のPRだけでなく、打ち水は実際に有効な取組みだといえる。

> 福岡県福岡市では打ち水大作戦で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が高まっている状況の中、企業においても積極的に地球温暖化の原因防止対策を啓発しているところがある。今般、地球温暖化の原因対策など環境問題に取り組む企業による環境問題学習の出前授業が京都府亀岡市宮前町の青野小学校と本梅小学校で開催された。同校の4年生約20人が亀岡市内の印刷会社の社員から地球温暖化の原因防止対策の取り組みなどを聞き、児童は省エネルギーの大切さを学んだ。これは、ナイテック工業(京都府亀岡市大井町)の社会貢献活動の一環としての取組みであり、自社工場のある京都府亀岡市地域の小学生を対象に行っているもので、地球温暖化の原因防止対策を話す講師は、同社や親会社の日本写真印刷(京都府京都市中京区)の社員計5人が務めたという。社員らは、本社工場では照明を早く消して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしたり、27種類に分別するごみのリサイクル率は99.9%に上ることなどを紹介した。児童たちも授業の中で、空き箱のごみが何種類に分別できるかを考えたほか、地球温暖化の原因対策の仕組みなども学び「地球温暖化の原因対策と省エネルギーによる節約のためにも、家での電気やお湯の無駄遣いをやめたい」と話していた。

> 京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 株式会社ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、太陽電池用接着封止膜として使用されるEVAフィルム(エチレン・ビニル・アセテート フィルム)の需要が増加していることに対応するため、これまで何度も磐田工場(静岡県磐田市)のEVAフィルム生産能力を増強してきた。今般、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策で急拡大が見込まれる太陽電池需要に伴い、太陽電池向け接着フィルムの生産能力を2012年前半にさらに増強すると発表した。総額82億円を投じて増強中の静岡県磐田市の磐田工場の太陽電池向け接着フィルムの月産能力を現行の2.1倍に相当する4200トンへと拡大するという。2011年後半を目処に関工場に新設する生産ライン(岐阜県関市)も増強することによって、2012年前半時点でブリヂストン全社ベースの月産能力を3.3倍の6600トンに引き上げる。太陽光発電は発電過程で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないクリーン発電システムで、CO2などの温室効果ガスにより地球温暖化が進行する中、省エネルギーに加えて地球環境保全の観点からも太陽光発電の重要性が増している。太陽電池の需要は世界的に急成長しており、太陽電池の接着封止膜に使用されるEVAフィルムの需要も急増しているという。このEVAフィルムは、太陽光線を電気に変換するシリコン・セルを加熱による分子結合でガラス面に固定する接着剤として使用されている。ブリヂストンのEVAフィルムは、加熱することで無色透明となり、水や紫外線にも強いことから、屋外の過酷な条件下で使用される太陽電池用接着封止膜には最適な素材となっている。ブリヂストンは、企業活動における環境問題への取り組みを経営の最重要課題の一つと考えており、タイヤ会社・ゴム会社として「名実ともに世界一の地位の確立」という経営の最終目標達成のためにも必要不可欠であると考えている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しない太陽光発電用のEVAフィルムは、このような環境経営活動を具現化した商品であり、伸長が見込まれる太陽電池需要に対応するため、今後も状況に応じた生産能力増強等の施策を検討していくとしている。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

神奈川県,海老名市,環境教育成果発表,環境教育推進拠点校,地球温暖化の原因対策,温室効果ガス排出量削減,二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県立海老名高校(神奈川県海老名市中新田)は、神奈川県教育委員会から「環境教育推進拠点校」の指定を受け、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた環境教育に取り組んでいる。また校内には太陽光発電設備や風力発電施設もある。同校で、1年生や保護者、海老名市地域住民ら約380人が参加して「省エネ共和国地域学習会」が開催された。そこでは、球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた環境問題についての講演と学校内で取り組んでいる地球温暖化の原因防止対策に係る省エネ共和国の活動とその成果を発表した。2005年から進めている同共和国の球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた活動では、牛乳パックやペットボトルキャップ、アルミ缶の回収に取り組み、そこから得られた収益をタイの体の不自由な子供たちへ車椅子や歩行器を寄付したり、途上国の子供へポリオワクチンを寄付しているという。こうした取り組みについて、同共和国大統領(3年生)らがパワーポイントを使いながら保護者らに説明した。また、元国連職員である、上村雄彦さん(神奈川県横浜市立大准教授)の講演「持続可能なグローバル福祉社会の実現」も1年生を対象に行われたが、生徒たちはとても関心を持って熱心に聞き入っていた。

> 神奈川県,海老名市,環境教育成果発表,環境教育推進拠点校,地球温暖化の原因対策,温室効果ガス排出量削減,二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転

 三菱重工業は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために、ブルガリアで展開しているクリーンエネルギー風力発電事業で得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転すると発表した。クリーンエネルギーの風力発電所が既存の電力を代替することで実現した地球温暖化の原因対策の温暖化ガス削減分をクレジットとして取得・売却したもので、二酸化炭素(CO2)排出権は2009年12月分までの削減CO2約12万t分となる計算だ。この風力発電事業は、三菱重工がブルガリアの建設会社であるイノスと共同で出資したカリアクラ・ウィンドパワー社(KWP)を通じて行っているもので、日本・ブルガリア両国の地球温暖化の原因対策の地球温暖化ガス削減共同実施案件となっているものである。設置場所である黒海沿岸のカリアクラ岬にあるウインドファームは、定格出力1000kW風力発電設設備35基で構成されており、総発電容量3万5000kWにものぼり、これらの発電された電力はすべてブルガリアの国営電力会社に有償販売しているという。KWPが運営する風力発電事業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減量は年間7万~8万t規模であるが、京都議定書の第一約束期間である2012年度まで、二酸化炭素(CO2)排出量の累計35万トンを上限にして日本カーボンファイナンスが二酸化炭素(CO2)排出量の排出権を購入する契約を結んでおり、。これを超える部分の二酸化炭素(CO2)排出権は三菱重工が購入するというものである。

> 三菱重工がブルガリアで得た地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出権を日本に移転はこちら

京都府大津市では打ち水大作戦で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 京都府大津市では、地球温暖化の原因対策二酸化炭素(CO2)排出量削減活動として、水を地面にまいて、その気化熱などで暑さをやわらげる昔ながらの「打ち水大作戦」が大津市のJR膳所駅前周辺で地域住民や子供たちの手で行われた。当日は好天気で強い真夏の日差しが照りつける中、子供たちは水鉄砲やひしゃくを手に水をまいて、JR膳所駅前周辺地域に涼しさを届けた。この打ち水大作戦の取組みは、冷房器具を使わずに涼しさを得ることで、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減や環境問題対策を地域住民に考えてもらおうと、西武百貨店大津店(京都府大津市)が主体となって毎年実施しており、今回で4回目となる。打ち水大作戦には、平野スポーツ少年団の子供や膳所駅前商店街振興組合員、同店従業員ら約100人が参加して行われた。当日は、同店に溜まった雨水350リットルを利用し、子供たちは、JR膳所駅前を出発し「打ち水でまちを涼しくしましょう」、「地球温暖化の原因を防止しましょう」と元気な声をあげ、水鉄砲やひしゃくで路上に水をまきながら同店まで歩いたという。同店前では、親子で買い物に訪れた子供たちも子供の気を引く取組みに、水鉄砲を手に一緒になって熱をもった歩道めがけて水を撒いていた。参加した京都府大津市見世1丁目の児童は「おもしろかった。水をまいて涼しかった」と話していた。こうした小さな取組みも、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減活動への理解を広めるうえで有効であろう。

> 京都府大津市では打ち水大作戦で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠をエコ製品企業は優遇

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために導入が検討されている「温室効果ガス国内排出量取引制度」について、環境省は中央環境審議会の小委員会で、省エネ家電などを製造しているエコ製品メーカーに対しては優遇し、二酸化炭素(CO2)排出量上限を高めに割り当てたいとの考えを表明した。また、2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスを25%削減する目標について、例えば、国内の二酸化炭素(CO2)排出量削減分を15%、海外からの二酸化炭素(CO2)排出枠購入分などを10%として検討してほしいとして内訳の目安を示した。政府は、委員会がまとめる具体案を踏まえ、来年の通常国会へ地球温暖化の原因の温室効果ガス国内排出量取引制度に関する法案提出を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引では、政府が企業に二酸化炭素(CO2)排出量上限を割り当て、上限を超えた企業が二酸化炭素(CO2)排出量に余裕のある企業から二酸化炭素(CO2)排出量超過分を買い取る仕組みとなっており、企業が二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組む効果が期待されている。省エネ家電メーカーなどの二酸化炭素(CO2)排出量上限を高くするのは、省エネ技術で二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献していることを考慮したもので、環境省によると、既に二酸化炭素(CO2)排出量取引が始まっている欧州連合(EU)にもない地球温暖化の原因対策として日本独自のアイデアだという。日本のエコ製品を国内外に普及させることで、地球温暖化の原因対策と経済成長を両立させる狙いで、二酸化炭素(CO2)排出量取引制度導入に反対する経済界の反発を和らげる思惑もある。政府は、二酸化炭素(CO2)排出量25%の削減目標のうち、国内における二酸化炭素(CO2)排出量削減分(いわゆる真水分)の占める割合をいまだ決定していない。今回、環境省が二酸化炭素(CO2)排出量に係る目安を示したのは委員会における議論を促す目的であるが、国内削減の真水分の割合に政府が言及したのは初めてであり、今後、この数字が地球温暖化の原因防止対策の議論のベースになる可能性がある。

> 地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠をエコ製品企業は優遇はこちら

地球温暖化の原因となる代替フロンの排出削減強化へ

 政府は、地球温暖化の原因対策としてエアコンや業務用冷凍冷蔵機器の冷媒などに使われる代替フロン類排出量削減を強化する方針を発表した。エアコン等に現在使用されている代替フロン類は、オゾン層破壊物質である「特定フロン」の代替として普及したが、二酸化炭素(CO2)の百数十倍から1万倍以上の温室効果ガスとしての影響を持っており、大気中に大量漏えいしている可能性が高いという。政府は地球温暖化の原因防止対策上で規制が急務であるとして、代替フロン類の回収や使用中の漏えい防止の強化、代替物質の開発を急ぐという。ハイドロフルオロカーボンなどの代替フロン類は、二酸化炭素(CO2)と同様に京都議定書による地球温暖化の原因となる温室効果ガスとして削減対象になっており、2008年度排出量(二酸化炭素(CO2)換算)は2360万tになっており、これまで減少傾向だった。しかし、オゾン層保護のためのモントリオール議定書で規制される「特定フロン」からの代替で、2020年度にはその2.4倍もの5560万tになると予想されているという。このような現状を踏まえ、政府は地球温暖化の原因対策として法律で代替フロン類の廃棄時の回収を義務付けているが、回収率は3割程度でしかないと推計している。経済産業省は「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減が進めば、温室効果ガスの中でも増加が続く代替フロン類の占める割合が大きくなる」として、今秋にも代替フロン類対策の報告書をまとめるという。

> 地球温暖化の原因となる代替フロンの排出削減強化へはこちら

青森県が地球温暖化の原因対策と地域活性化でスギの需要拡大

 かつて青森県は、地域活性化と地球温暖化の原因対策にも寄与する取組みとしてスギの需要拡大を図ろうと、平成16~19年度まで青森県産材を利用した住宅に20万円を助成する制度を実施してきた。その結果、スギ全体の使用率が23%から29%に伸びたが、住宅建築材の7割を外材が占め、青森県産材はわずか3割にとどまっているのが現状であり、スギの需要も横ばい状態が現在まで続いていた。今般、導入した地球温暖化の原因対策も兼ねる新しい制度は、青森県で今年度から、スギを始めとする青森県産材を住宅建築に利用するとエコポイントが発行されるものであり、青森県産材の木工品と交換できる全国初の「あおもり型県産材エコポイント」制度となる。青森県林政課は「外材から青森県産スギにシフトすることで地産地消につながり、地域の業界が潤い、地球温暖化の原因対策になると共に、それによって青森県経済の波及効果も出てくる」と話している。同制度の最大の狙いは、スギなどの青森県産材を青森県内で使用することで輸送距離が少なくて済み、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑制できるなどの環境問題面での効果もある。さらに、成熟したスギの木を伐採し、建築資材として利用する代わりに新しいスギの木を植えることで効果的に地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収を続けていくことができるのである。この制度は、「森林資源の適正な管理による循環システムの確立につながると同時に、地球温暖化の原因防止にも寄与できる」と青森県は話している。もう1つ、スギの木は保湿性が高いため快適性に優れ、ストレスや疲労感を和らげる精神面での効果も大きいという。一方、青森県の業者にとっても5年後、10年後のリフォームなどのアフターケアでシェア拡大につながると同時に、交換商品のレベルアップにつながるという利点があるという。

> 青森県が地球温暖化の原因対策と地域活性化でスギの需要拡大はこちら

太陽光発電システムで進む地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 大阪湾に突き出た大阪府堺市西区の埋め立て地で、関西電力の事業主体による地球温暖化の原因対策に寄与する大規模太陽光発電所の建設が急ピッチで進んでおり、10月に稼働するという。1年後に予定しているの太陽光発電所のフル稼働時には、阪神甲子園球場5個分に相当する大きさに敷き詰められた太陽光発電電池パネル約7万枚が約3000世帯分の1万KWの電気を作るという地球温暖化の原因対策に寄与する計画だという。そもそも、この大阪府堺市の埋め立て地は、1974年から31年の間に生じた大阪府内の産業廃棄物を埋め立てることによってできたものである。太陽光発電所の整備に併せて、発電所の周囲で地球温暖化の原因対策に寄与するクヌギやヤマモモなどで埋め尽くす大阪府の大がかりな「共生の森」の整備も進んでいる。大阪府内の大量の廃棄物が最先端の環境配慮型地域(大阪府新エネルギー産業課)に変わろうとしている。これは、地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題を考え、自然が元々持っている力を生かそうとする大阪府民の意識の変化ともいえる。
 一方、地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電に係る国の制度が変更された。これは、2009年11月から太陽光発電の余剰分を従来の2倍の価格で電力会社に買い取らせる仕組みとなった。それに先立つ2009年1月には、地球温暖化の原因対策に寄与する住宅向け太陽光発電システムの購入費用の一部を国が補助する制度を3年ぶりに再開していた。国民の地球温暖化の原因対策に関する意識の向上や補助制度の充実もあり、2009年度の国内の住宅向け太陽光発電システムの出荷量は、前年度の約2.8倍の54KWに急増したという。新築住宅の場合には、太陽光発電システムを設置するとなると百数十万円の追加費用がかかるが、積水ハウスによると「4月以降に受注した住宅の7割は地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電システム付き」だという。ただ、こうした地球温暖化の原因対策に寄与する太陽光発電の余剰分の電力買取費用は、2011年4月以降、電力会社がすべての家庭の電気代に毎月数10~100円程度を電気料金に上乗せして回収するという。民主党政権は今後、余った電力だけでなく、地球温暖化の原因対策の観点から発電全量を固定価格で買い取る制度に移行させる方針を持っている。化石燃料等で発電した電力会社の安い電気を使い、太陽光発電で作った地球温暖化の原因対策に寄与するクリーンエネルギーの分を高く売ることが可能になるので、これが実現化すれば住宅用太陽光発電の導入が一層進むのは確実である。しかし、国の試算では制度開始から10年目の電気料金の上乗せ分は、最大で月額522円以上になり、国民全体で1兆6000億円超の負担増につながる。こうしたことから、経済産業省には2009年11月以降、太陽光発電に係る現行制度に5400件もの問い合わせがあり、その中には「地球温暖化の原因対策とはいえ、太陽光発電を設置していない人が負担するのはおかしい」「太陽光発電システムを設置できる金持ち優遇だ」という声もあった。日本鉄鋼連盟は「地球温暖化の原因対策とはいえ、太陽光発電システムからの発電の全量買い取りの費用が電気料金に転嫁されると、鉄鋼業界の負担は最大1260億円にもなり、国際競争力を奪う」と反発している。

> 太陽光発電システムで進む地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当

 京都府京都市は、京都市指定ごみ袋から得られる財源の活用方法などを検討するワーキングチームの会合を開催した。会議の中では、地球温暖化の原因防止のために実施している1リットル当たり1円の袋価格(処理手数料)を妥当と再確認したほか、財源を生かした助成事業の現状が報告された。8月中旬ごろまでに制度の改善点をまとめ、京都市に提言するという。京都市指定ごみ袋の収入から経費を引いた財源は毎年10億円前後となり、2010年度は9億6千万円を予算に計上した。京都市は2006年10月の制度導入以来、収入を一般財源になるにもかかわらず、「ごみ減量・まちの美化・地球温暖化の原因対策」に限定した財源とし、生ごみ堆肥化モデル事業や環境ベンチャーへの助成など、毎年約20の地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題の事業を展開している。京都市の会合では、有料化で家庭ごみが2割減った効果や、他都市で袋価格引き下げ後にごみ量が増えた事例が紹介され、袋価格を維持する方向性を再確認した。京都市の財源活用事業では、地域で古紙や古着を回収するリサイクルコミュニティ回収や、太陽光発電によるランタン開発など、これまでに助成を受けた団体が実績を報告した。その報告の中では、地球温暖化の原因防止や環境問題に寄与しているにもかかわらず、京都市への煩雑な申請手続きや制度の周知不足を課題とする指摘が相次いだという。

> 京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当はこちら

警視庁が会議でもマイボトルの持参で地球温暖化の原因防止対策

 警視庁は、地球温暖化の原因対策を徹底するため、署長会議の開催のたびに出席者へ配布していたペットボトルを中止し、会議開催時にマイボトルの持参を呼び掛ける取り組みを始めた。これは化石燃料で作られているペットボトルを減らしたり、ごみを減らすことによって地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減に貢献するのが狙いだという。これまで署長会議などの大規模会議の開催時間は数時間に及ぶため、警視庁は出席者にミネラルウオーターなどのペットボトルを配布してきたが、地球温暖化の原因対策などの環境問題に関心を持つ上層幹部の発案で協力を求めることになったという。18日の会議は、7月の参院選の違反取り締まりや11月に神奈川県横浜市で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備対策などがテーマで、東京都内102署の署長や本部の所属長ら282人が出席した。会議の開催に当たっては、地球温暖化の原因防止対策とはいえ、本当にマイボトルを用意しなければいけないのかといった戸惑いの声もあったというが、初めての会議では大会議室の机に真新しい色とりどりのマイボトルが並んだという。会議に出席したある警察幹部は「先日マイボトルを購入したら、家族から『お父さんがエコ?』と笑われたが、使ってみると意外と便利で、地球温暖化の原因防止にも寄与するようなので、これからは愛用したい」と話していた。

> 警視庁が会議でもマイボトルの持参で地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県川崎市で地球温暖化の原因対策のキャンドルナイト

 神奈川県川崎市のJR川崎駅東口の複合商業施設「ラ・チッタデッラ」で19日からの3日間と7月7日の七夕の日に地球温暖化の原因対策を考えるための「電気を消して、ろうそくの灯でスローな夜を楽しむ」イベント「キャンドルナイト」が開催される。地球温暖化の原因対策に関心を持ってもらうために毎年この時期に行われており、今年で8回目になるという。各日とも午後6時から同10時まで消灯し、ろうそくをともすのは同8時からの2時間となり、キャンドルアーチストのキャンドルジュンさんがろうそくの装飾を展開するという。イベントでは、合わせてジャズやロックなどのライブも楽しめるという。7月7日は東京都、神奈川県、埼玉県、横浜市などとともに川崎市が参加する「九都県市地球温暖化の原因防止キャンペーン」(エコウェーブ)の川崎市メーン会場として消灯を実施するという。主催者の川崎市のチッタエンタテイメントでは「たった2時間だけでも電気を消すことで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2や消費電力の削減につながる。川崎市において電気の大切さを呼び掛けたい」とし話ている。
 しかし、実際には、電力利用者の節電にはなるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量の削減にはまったく関係のない取組みである。つまり、二酸化炭素排出量の削減に寄与するためには、電力会社が化石燃料を使用した電気の発電量を減少させる必要があるからである。電力会社は必要電力量を予測したうえで毎日発電を行っており、しかも、電気は備蓄できないことから、ユーザー側がこうした取組みによっていくら節電したとしても、結局のところ、せっかく発電した電気を無駄にしただけである。

> 神奈川県川崎市で地球温暖化の原因対策のキャンドルナイトはこちら

物流コスト改革で地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因防止対策に関心が高まる中で、化学大手が物流における温室効果ガス二酸化炭素排出量削減に向けて効率化を進めているという。例えば、三井化学が地球温暖化の原因防止のため化学品輸送の大半を外部委託に切り替えるほか、昭和電工や住友化学も地球温暖化の原因防止のため輸送手段の変更などを通じ、効率向上に取り組んでいる。化学業界の競争が世界的に激化する中、各社は物流面でもコスト削減を進めて収益体質を強化するとともに、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減にもつなげたい考えだ。三井化学は、地球温暖化の原因防止のため2011年4月までに化学品輸送の大半を物流会社に委託する。さらに、地球温暖化の原因防止のため、同じ石油化学コンビナート内に工場を構える他社の製品と共同輸送するなどして、年間約200億円の物流コストを15%減らすという。地球温暖化の原因防止のため外部委託への切り替えに伴い、昨年秋までに物流子会社4社を売却したほか、残る1社の三井化学物流も本体の物流部に吸収した。また、住友化学は、地球温暖化の原因防止のため昨年12月から東洋紡と鉄道輸送網の共同利用に乗り出した。住友化学の千葉工場(千葉県市原市)から東洋紡の敦賀事業所(福井県敦賀市)まで食品包装用などのフィルム原料の樹脂を鉄道輸送した帰りに、東洋紡のフィルムを埼玉県川越市の倉庫に運ぶという無駄を極力排除した取組みである。これまで帰りには荷物を積んでいなかったが、地球温暖化の原因防止のため他社製品を積むことで輸送量を増やし、鉄道便を維持するという。一方、東洋紡は輸送手段の半分以上をトラックから鉄道に切り替えることによって、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を年間65トン減らすことが可能になったという。昭和電工も地球温暖化の原因防止のためモーダルシフトに取り組んでいる。同社は今年3月、火力発電所の排煙浄化に使う液化アンモニアの物流拠点を福島県新地町の相馬港内に新設した。今後は地球温暖化の原因防止のため、川崎事業所(神奈川県川崎市川崎区)で製造した液化アンモニアを船舶で物流拠点に集めた後、東北各地の発電所にタンクローリー車で運搬するという。これまでは内陸部の宮城県岩沼市にある拠点までタンクローリー車で輸送していた。港湾に拠点を設けることで船舶による大量輸送が可能となり、「輸送費が1、2割減ることになり、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出も削減できる」とみている。このほか、3月に三菱レイヨンを子会社化した三菱ケミカルホールディングスも、地球温暖化の原因防止のためグループ会社間で物流拠点の共有化を進める考えで、2012年度に資材調達費を含む物流費で30億円のシナジー効果を上げる方針だという。化学品は製品の種類が多く、危険物を含むこともあり、保管を含む物流コストが大きいのが現状である。化学各社は世界同時不況で業績が悪化したのを機にコスト削減の取り組みを加速させているが、物流面でも削減余地があるとみており、また地球温暖化の原因防止のためも、もう一段の効率化を目指している。一方、地球温暖化の原因対策に対する社会的関心が高まる中、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出業界として削減姿勢を示す必要性が高まっている。コスト削減と地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減の一石二鳥を目指す動きは今後も加速しそうだ。

> 物流コスト改革で地球温暖化の原因防止対策はこちら

福島県飯舘村で地球温暖化の原因対策に寄与する電気自動車EVの貸し出し

 福島県飯舘村では、この7月から公用車として導入する地球温暖化の原因対策に寄与する電気自動車EV)を村民に1回500円で貸し出すと発表した。村は「低料金で乗り心地を体験してもらい、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減など地球温暖化の原因防止の意識を高めてほしい」と話している。福島県飯舘村は、阿武隈山地の自然に囲まれた人口約6000人の小さな村だ。小さな村ではあるももの、地球温暖化の原因防止対策への取組みは積極的であり、「一歩一歩」「あせらず」という意味の方言「までい」の精神を基本に、村内企業とカーボンオフセット契約を結んだり、村施設にバイオマスボイラーを設置するなどの取組みをこれまで行ってきた。地球温暖化の原因対策に寄与する電気自動車として貸し出す車は、7月1日からリース契約(5年間で360万円)する三菱自動車製「アイ・ミーブ」1台である。平日は村職員が公務で使い、2011年3月27日までの土・日曜日の午前9時~午後4時までは村民に貸し出すという。同村伊丹沢の村宿泊施設「までいな暮らし普及センター」発着で、1回の充電で走行可能な約90キロ以内なら行き先は問わないという。センター利用者は村外の人でも30分間無料で電気自動車EVの試乗もできるようになっている。村は、まだ電気自動車EVは高価だと購入を控えている人らから、予約が殺到するのではないかと地球温暖化の原因対策に寄与する取組みに期待している。

> 福島県飯舘村で地球温暖化の原因対策に寄与する電気自動車EVの貸し出しはこちら

群馬県伊勢崎市の「てくてく・りんりんプラン」で地球温暖化の原因対策

 群馬県伊勢崎市役所では、市職員が通勤するときに、てくてく歩いたり、りんりん自転車に乗ったり、公共交通機関を利用する取組みを推進している。この運動は、地球温暖化の原因防止、大気汚染などの環境問題への取り組みであるとともに、併せて、通勤時の道路交通混雑の緩和も期待できるものとなっている。伊勢崎市役所職員自らが行動することで伊勢崎市民や伊勢崎市内の事業者にも協力を呼びかける効果を期待しているという。この取組みによるデータは毎月集めており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減量を計っているという。この運動に熱心に取り組んでいる伊勢崎市職員や伊勢崎市役所の部署は庁内に広く公開しており、より多くの伊勢崎市職員に参加を呼びかけている。群馬県は全国的にも車の保有台数が多いことから、この車の削減や利用を控えることが地球温暖化の原因対策には有効であり、52件もの群馬県内の取組みの中から選ばれた「てくてく・りんりんプラン」は、群馬県内でも数多くあるノーマイカーデーの中心になっていくことが可能だという。無理なく実行できる内容であることに加えて、実行者自身がプランを立てることで地球温暖化の原因対策への意識の向上が図ることができ、伊勢崎市職員自らが実施することで、伊勢崎市民にアピールもできる。毎月データを残し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素のCO2排出削減量の結果をフィードバックさせている点も優れている。自動車の利用を控えることによる地球温暖化の原因対策の取り組みは多く行われていますが、「てくてく・りんりんプラン」できっかけを提供し、自主的行動を促し、なおかつ取り組みやすい仕組みといえる。今後、群馬県内の車による地球温暖化の原因対策の中心になって発展して行くことが期待でる。

> 群馬県伊勢崎市の「てくてく・りんりんプラン」で地球温暖化の原因対策はこちら

栃木県那須温泉で温泉を利用した地球温暖化の原因対策

 栃木県内でも有数の温泉地、那須町は1998年の那須水害で破壊的な打撃を受けた。過去にこのような例がなかったことから、地域住民は「地球温暖化の原因による異常気象が原因ではないか」と考えたのがきっかけとなって、地球温暖化の原因対策に取り組む地域協議会を立ち上げた。協議会では、那須町の資産である温泉から使われずに捨てられているエネルギーを地球温暖化の原因対策の観点からも有効活用しようと取り組んでいる。那須温泉の源泉から沸き出した直後の熱や使用後に捨てる温泉の熱を、シャワーなどに使う水道水を温める熱源に活用したり、暖房や道路の融雪に使用したりしている。さらに、灯油や重油を使い地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素を排出するボイラー設備のかわりに、化石燃料に依存することのない那須温泉の廃湯や放熱を利用したヒートポンプを導入するなどの取り組みを進めている。栃木県には「湯本」「湯元」という地名が沢山あり、テレビの旅番組や雑誌などで紹介されている知名度の高い温泉もたくさん存在しており、栃木県内はもちろんのこと栃木県外からも多くの人たちが集まる温泉地となっています。その温泉の余熱、廃湯を利用し地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2を削減に取り組むことは、他の地域にある「温泉」の取組みとしても拡げられる、同時に旅行に訪れた人たちへ「地球温暖化の原因防止」をアピールすることも可能になっている。「将来は1万tの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2を削減できる環境を構築したい」という夢もあるといい、それを実現するための取組みを現在進めているところだという。

> 栃木県那須温泉で温泉を利用した地球温暖化の原因対策はこちら

岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動

岩手県盛岡市において、地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動が行われている。この活動は、盛岡市の市民団体を主体に、商店街、行政、交通事業者、交通専門家などで構成する実行委員会を組織し、減クルマをキャッチフレーズに掲げた活動に取り組んでいる。活動のねらいは、クルマ利用を抑制することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出削減など盛岡市の環境改善とともに、環境にやさしいさまざまなアクセス手段を確保することでまちなかの活性化につなげることとなっている。平成18年は、内閣府の地球温暖化の原因防止のための支援を受け、地球温暖化の原因防止に寄与する減クルマをテーマにワークショップとフォーラムを開催した。その内容としては、これからの盛岡市の交通のあるべき姿を話し合い、方向性をとりまとめ、地球温暖化の原因防止の基調講演とパネルディスカッションのほか、地球温暖化の原因防止の低床バス・ベロタクシー・自転車・人力車・馬車によるパレード、各団体からのパネル展示やDVDによる活動紹介を行った。平成19年は、地球温暖化の原因防止のための国土交通省の制度を導入し、特に、自転車の利用を伸ばすことをめざしたエコ交通への転換を促すための社会実験に取り組んでいる。減クルマという取組みは、冬期間には道路が凍結するという北国において、また、日常クルマへの依存が高い地方都市にあって、自転車の利用率の高さなど、すべてが盛岡市という場所性に絡みながら、未来に向けた地球温暖化の原因防止のための持続可能なまちづくりへとつながる大きな試みとなっている。この盛岡市の団体の活動は、多様な団体の豊かな活動の結び目としてある点が特色となっている。例えば、日々の生活のなかに溶け込む地域通貨の実施、自転車によるまちづくり、定期的な馬車の運行、LRTをJR支線で走らせる提案、地域に根ざし愛される鉄道の取り組みなど、減クルマによる直接的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の削減というだけでなく、地域の自然や豊かな恵みに感謝し、盛岡市の土地に住み続けるという気持ちが基本にある。盛岡しという場所に即したサスティナブルなライフスタイルを提案することで、直接、間接的に地球温暖化の原因防止対策として長期的な抑制効果をもたらすことが期待されている。

> 岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動はこちら

滋賀県栗東市が地球温暖化の原因対策で公用車に電気自動車を導入

 滋賀県栗東市は公用車として、三菱自動車の地球温暖化の原因防止対策となる電気自動車「アイ・ミーブ」2台を導入したと発表した。電気自動車の公用車利用は滋賀県内市町では初めてのことになる。今回の導入は、2009年3月に栗東市が定めた環境に関する行動計画の一環としての地球温暖化の原因防止対策の取組みとなっている。また、三菱自動車は、滋賀県の新幹線新駅予定地の跡地に新工場を建設予定の「リチウムエナジージャパン」の出資企業の一つとなっている。栗東市は三菱自動車と電気自動車のリース契約を結び、料金は維持費などを含めて1台に当たり年約72万円になるという。地球温暖化の原因防止対策として今回導入した電気自動車は100%電気のみで走行するため、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素などの排気ガスは一切出さないものとなっている。電気自動車の馬力は通常のガソリン車換算で64馬力程度しかないが、加速に必要なトルクは1800CCのセダン並みの性能があるという。電気自動車は、栗東市長や栗東市職員の移動などに使用する。国松栗東市長は「栗東市として地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境重視のまちづくりを目指したい」と話している。

> 滋賀県栗東市が地球温暖化の原因対策で公用車に電気自動車を導入はこちら

愛媛県立上浮穴高等学校で地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動

愛媛県にある高校が地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動に取り組んでいる。愛媛県立上浮穴高等学校がある愛媛県久万高原町は、西日本最高峰の石鎚山の麓にある小さな山間の町だ。主要産業である久万林業は、強度が高く、良質なスギ・ヒノキを生産していることで全国的に知られている。しかし、輸入木材の増加、木材価格の低迷、林業従事者の高齢化により、放置森林が多くなり、森の持つ環境保全能力が失われている。また、農業においても高齢化が進み、耕作放棄地も増えているのが現状だ。そこで、愛媛県立上浮穴高等学校 森林環境科では、地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして、久万材の植林・利用促進と幻の久万大豆栽培による木材と農産物の地産地消運動に取り組んでいる。木工品製作、久万大豆の普及活動や交流会など地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減を目標に愛媛県内はもちろん全国に発信していきたいと考えているという。先人が守ってきたふるさとの山をこれからも残していくため取り組んでいる。愛媛県立上浮穴高等学校は、愛媛県代表の地球温暖化の原因防止対策の選考会において、郷土ヒノキ品種「神光2号」及び「久万大豆」という木材と農産物の地産地消をアピールし、生徒を中心とした地道な活動と地域との活発な連携により、温暖化の原因対策を地域で実践し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2を実際に削減する取組として、愛媛県代表を勝ち取った。間伐材利用だけにとどまらず、栽培が途絶えていた幻の「久万大豆」を復活させ、栽培から加工までの地域ぐるみの普及啓発が、特に評価された。愛媛県の久万高原町という、人口約1万人の林業を中心とした町にある高校だが、木材と農産物の地産地消運動は、地元の地域振興にも一役かっているとともに、イベントや出前授業など、さまざまな事業を通じて、地域を丸ごと巻き込み、まちづくりの拠点としての役割も果たしている。若さ溢れる彼らの活躍が、愛媛県地元で評価され、地球温暖化の原因対策、まちづくりに活かされ、その環が着実に広がっている。

> 愛媛県立上浮穴高等学校で地球温暖化の原因防止に寄与する地産地消運動はこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくり

 福岡県福岡市では、地球温暖化の原因防止のため、朝顔による建物外壁の緑のカーテンづくりを進めている。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりを、福岡市では、中央区の福岡市庁舎前ふれあい広場で親子教室を開催した。この地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりには、30組の親子が参加し、福岡市が進めている博多湾の海藻から作った堆肥や植物の育て方に関する説明も同時に行われた。教室では、実際に苗を植え付ける体験もして、最後に朝顔の苗が配られた。父親と参加していた筑紫野市の女児は、花が好きなので、大きく育てたいと喜んでいた。ゴーヤや朝顔などで作る緑のカーテンは、南面や西面に設置すると、葉による日陰の効果や植物の蒸散効果によって、かなり日照による室温の上昇を抑えられることから、地球温暖化の原因対策の一環として全国的に広く取り組まれている。福岡市でも住宅の室温を抑えられ、地球温暖化の原因対策としてエアコン等によるエネルギー削減効果もあるとして2007年度から緑のカーテンづくりに取り組んでおり、市民や民間への啓発活動に加えて、今年度は約170の公立施設でも実施する計画だという。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因対策の緑のカーテンづくりはこちら

百貨店が地球温暖化の原因対策で冷房温度2度アップ

 日本百貨店協会は、6月1日から9月30日までの4か月間、地球温暖化の原因防止対策の一環の取組みとして、全国の百貨店で冷房温度を緩和すると発表した。百貨店内に陳列される食品などの安全衛生などに配慮しながらも、地球温暖化の原因防止対策として冷房温度を2度を目安に弱めに設定するというものである。これは業界全体で取り組むのは4回目となる地球温暖化の原因防止の一環となるものである。この地球温暖化の原因対策に参加する百貨店は、全会員92社251店舗になるという。日本百貨店協会の試算によると、冷房温度を2度上げた場合、業界全体で2万5000~5万トンの地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量抑制効果があり、電気代も最大16億円削減できるという。ただ、各店において条件が異なるため、冷房温度は地域、建物構造、天候などに応じ、各店の判断で柔軟的に対応できるものとしている。各百貨店では、地球温暖化の原因対策としての冷房温度緩和について統一ポスターを店頭に張り出す。さらに、今年は政府が推進する地球温暖化の原因対策の国民運動チャレンジ25キャンペーン応援団のキャプテンである俳優の加山雄三さんが百貨店の店内放送で直接、地球温暖化の原因対策への理解を利用客に呼びかけるという。協会では6月の環境月間に合わせ、地球温暖化の原因対策のほかにも紙袋やレジ袋などの削減やマイバック運動の強化などを進めるという。

> 百貨店が地球温暖化の原因対策で冷房温度2度アップはこちら

地球温暖化の原因対策のバイオ燃料導入の政府目標は実現不可能

 日本石油連盟の天坊昭彦会長は定例会見で、政府の地球温暖化の原因対策のバイオエタノール導入目標について、実現は不可能との考えを発表した。地球温暖化の原因対策とはいえ、バイオ燃料導入に必要な設備建設に時間がかかるため、政府に申し入れることから、政府が進めている地球温暖化の原因対策のロードマップ策定作業に影響を与えそうだという。バイオエタノールは、原料の植物が成長する過程で地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を吸収することから、燃焼させても理論上、温室効果ガスのCO2排出はゼロとみなされる。こうした地球温暖化の原因対策に寄与することから、政府は今年度、石油換算50万キロリットルのバイオエタノールを供給する計画を有していた。このうち21万キロリットル分を石油業界が引き受け、バイオエタノール濃度が1%程度のバイオガソリンを店頭で販売している。一方、地方の農業協同組合なども地球温暖化の原因対策に寄与するバイオ燃料を引き受けているが、販売の目処がついているのは1万キロリットルにも満たないという。石連は、業界で50万キロリットル全量の引き受けが可能か検討し、この日の理事会で、必要なバイオガソリン製造設備やタンクの整備に2017年までかかる試算を確認した。しかし、世界的に生産量が限られる中で、政府は2020年に200万キロリットルを目標に掲げることを検討しているが、天坊会長は物理的に無理と発表した。ただ、地球温暖化の原因対策に寄与するバイオエタノールの導入拡大には積極的に取り組み、政府に安定供給態勢の確保、業界への資金支援などを求めていくという。

> 地球温暖化の原因対策のバイオ燃料導入の政府目標は実現不可能はこちら

宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システム

 宮城県利府町役場の庁舎屋上に、地球温暖化の原因対策として公共施設では全国初という「追尾式」の太陽光発電システムが稼働している。「利輝丸くん」の愛称が付けられた太陽光発電システムは、これだけで庁舎使用電力の1割以上を賄うことが可能になっているという。この太陽光発電システムは、地球温暖化の原因対策効果も大きいことから、利府町は「エコ庁舎」を積極的にPRしていくという。地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムは、太陽の向きや光の強さを発電パネルが感知して自動的に効率的よく動くため、発電能力は通常の固定式の太陽光発電システムの1.65倍あるとされている。この> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムは、航空宇宙技術振興財団が技術開発し、利府町役場の敷地内で5年間の実証実験を行ったものとなっている。庁舎屋上に4メートル×3メートルの太陽光発電システムパネル22基を設置しており、年間の予定発電量は約10万キロワット時で、庁舎で使う電力の約12%を賄うとともに、年間で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素排出量を約49トン、石油換算で約2万3000リットル削減できるという。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システム総事業費は1億800万円で、うち9割が国の交付金でまかなわれている。庁舎には、リアルタイムで地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムの発電量などを示す液晶モニターを設置し、来庁者に理解を呼び掛ける。同町では、2002年の庁舎建設時に雨水を活用した空調システムも導入しており、「地球温暖化の原因対策に寄与する環境にやさしい庁舎を全国に発信したい」としている。

> 宮城県利府町で地球温暖化の原因対策の追尾式の太陽光発電システムはこちら

埼玉県三郷市が地球温暖化の原因防止の観点からインクカートリッジのリサイクル

 埼玉県三郷市は、地球温暖化の原因防止の観点からインクカートリッジを再資源化リサイクルする「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」に7月から参加すると発表した。このリサイクルは元々、セイコーエプソン、キヤノンなどプリンター6社による地球温暖化の原因防止の取り組みであったが、今般、準備を進めている上里町とともに、実施されれば埼玉県内では初めての試みとなるという。三郷市役所や公民館、図書館など三郷市の公共施設21カ所に回収箱を置き、郵便局員が回収した後、長野県諏訪市の仕分け作業所に運び、配線などの金属やプラスチック類を再資源化することになるという。こうした三郷市のプロジェクトは、2008年4月からスタートし、1年間で約70万個(杉の木3400本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2吸収量に相当)の回収実績を挙げた。三郷市クリーンライフ課では「電気店などに回収箱もあるが、残念ながらインクカートリッジの大半はゴミとして出されている。里帰りプロジェクトでリサイクルの資源化の割合が高まれば、地球温暖化の原因対策にもつながる」と話す。

> 埼玉県三郷市が地球温暖化の原因防止の観点からインクカートリッジのリサイクルはこちら

福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与

 福岡県福岡市は7月から、公用車として使っている地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車EV)を福岡市の業務がない土日祝日に福岡市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行うと発表した。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化の原因対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的だという。福岡市では実施にあたり、レンタル等のノウハウを持つ民間業者を14日から公募している。福岡市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間を予定している。地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車の利用希望者は福岡市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだという。詳細で具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、福岡市では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。福岡市は現在、三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。従来はイベント等で市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかったというが、今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるとコメントしている。

> 福岡県福岡市で地球温暖化の原因防止に寄与するEV公用車を休日は市民に無償貸与はこちら

日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力

 日本政府は、ブルンジ共和国政府が取り組んでいる地球温暖化の原因対策の「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」の太陽光発電に係る設備整備に対し、総額5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力を行うことを決定したと発表した。去る2010年1月18日、ブルンジ共和国首都ブジュンブラにおいて交換文書の署名式が行われた。この地球温暖化の原因対策の協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、地球温暖化の原因対策の太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものとなっている。この太陽光発電装置の整備協力の実施により、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出量が削減されるとともに、ブルンジが今後、地球温暖化の原因対策の太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれているという。本件に関する外務省発表の資料は次のとおりである。
1月18日(月曜日)(現地時間同日)、ブルンジ共和国の首都ブジュンブラにおいて、我が方岩谷滋雄駐ブルンジ国大使(ケニアにて兼轄)と先方オーギュスタン・ンサンゼ外務・国際協力大臣(S.E.M. Augustin Nsanze, Ministre des Relations Extrieures et de la Coopration Internationale)との間で、5億4,000万円の環境プログラム無償資金協力「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」(le Projet de Promotion de l’nergie Propre en Utilisant le Systme Solaire Photovoltaque)に関する書簡の交換が行われました。
ブルンジは、その電力供給を水力発電に依存しており、また、長年続いた内戦の影響による設備劣化等のため、電化率は2%以下と極めて低い状況です。このような状況の中、降雨量の変動により影響を受ける水力発電を補完する電力として、太陽光を活用したクリーンエネルギーの普及が急務となっています。
本件協力は、ブルンジの首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院に、太陽光発電装置を整備するために必要な資金を供与するものです。本件協力の実施により、二酸化炭素の排出量が削減されると共に、ブルンジが今後太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことが見込まれます。
我が国は、2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)等において、アフリカ諸国の気候変動対策における取組への協力を強化することを表明しており、本件協力はその支援策を具体化するものです。
(参考) ブルンジ共和国はアフリカ中部に位置し、面積は2.78万平方キロメートルを有し、人口は約807万人(世銀、2008)、一人当たりGNI(国民総所得)は約140米ドル(世銀、2008)。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 日本政府が地球温暖化の原因対策のブルンジ共和国の太陽光発電装置整備事業へ無償資金協力はこちら

地球温暖化の原因対策として島根県松江市がLRT電車を導入

 島根県松江市は、地球温暖化の原因対策として低床式路面電車を運行するLRT軽量軌道交通)を平成24年度に開業することを決めたと発表した。LRTのルート案は、JR松江駅と一畑電車しんじ湖温泉駅を結ぶ路線の予定となっている。島根県松江市では、市民に周知するため2月にもLRT導入を考えるシンポジウムを開催する予定にしている。島根県松江市はLRTの運行で、車の排出ガス削減による地球温暖化の原因防止への寄与を期待している。昨年11月には有識者らでつくる市新交通システム研究会(座長・谷口守筑波大学院教授)が初会合を開き、今年6月にも問題点を整理して導入に向けた提言をまとめるという。ルートはJR松江駅~松江しんじ湖温泉駅を基本に、松江城、市総合体育館、島根大、島根県立美術館近くなどを通る4路線が検討されている。これらの路線では、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温室効果ガスをまったく排出しないことになる。島根県松江市は今後、事業の採算性や運営方法などを詰めていく。LRTをめぐる動きでは、地球温暖化の原因対策として富山県富山市が18年から第三セクター形式で運営している。大阪府堺市では、巨額の事業費などのために導入計画がストップし、市長と市議会が反発している。LRTは、高齢者や身障者でも乗りやすい低床(ノンステップ)の車両を運行し、動力システムも地球温暖化の原因対策や環境に配慮した蓄電式となっている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策として島根県松江市がLRT電車を導入はこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

地球温暖化の原因対策に取り組む和歌山県地球温暖化防止活動推進センターが抗議

 地球温暖化の原因対策に取り組んでいる和歌山県地球温暖化防止活動推進センターは会見を開き、行政刷新会議の事業仕分けで環境関連の2事業が廃止と結論付けられたのを受け、「地球温暖化の原因対策に退行する事業仕分けに抗議し、予算措置を要求する。」と発表した。廃止とされたのは「地球温暖化防止活動センター等基盤整備形成事業」と「地球温暖化対策一村一品・知恵の環づくり事業」の2事業となっている。これらの地球温暖化の原因対策関連事業が廃止されれば、和歌山県地球温暖化防止活動推進センターの収入は2009年度の2783万円から195万円に減り、和歌山県地球温暖化防止活動推進センター機能の維持は不可能という。和歌山県地球温暖化防止活動推進センターは都道府県や政令指定都市の首長の指定で、和歌山県の地域内に一つ設置できる機構となっている。05年からNPOわかやま環境ネットワークが和歌山県地球温暖化防止活動推進センターの指定を受けている。これまで地域で環境教育を担う「和歌山県地球温暖化防止活動推進センター推進員」の育成や啓発活動を展開してきた。和歌山県地球温暖化防止活動推進センターでは「仕分け人の『環境税さえ導入すれば済む』『(財源がないのに)都道府県に任せればいい』の議論は無知と空想論」と主張している。「地球温暖化の原因対策関連事業の廃止判定の要因となった天下り団体の存在は問題だが、和歌山県と関係がない。市民レベルの活動に役立つ予算をあらためて要求する」と述べた。和歌山県地球温暖化防止活動推進センターは鳩山由紀夫首相と小沢鋭仁環境相に意見書を提出する予定としている。全国の地球温暖化防止活動推進センターなどでつくる連絡会も廃止撤回を求める緊急アピールをしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策に取り組む和歌山県地球温暖化防止活動推進センターが抗議はこちら

阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備

 阪神電車の甲子園駅から南に歩いてすぐのところにある阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の内野席を覆う「銀傘」上で、地球温暖化の原因対策となる太陽光発電を行う太陽電池パネルの設置作業が進んでいる。「地球温暖化の原因対策の環境エコ」をテーマの一つに進められている球状の全面改修の一環の取組みとなっている。阪神電鉄によると、プロ野球の本拠地球場で太陽光発電設備を設置するのは国内初という。甲子園球場の全面改修は来春完成予定となっている。太陽光発電電池は、横140センチ、縦80センチのパネル1600枚で構成されているが、これを年内にも内野席の屋根の上に取り付ける。太陽光発電が完成すると、年間約19万3000キロワット時を太陽光発電することができ、この電気は甲子園球場内で利用するという。太陽光発電の蓄電はできないが、甲子園球場全体の電力量の5.3%を賄うことができ、年間約133トンの温室効果ガスである二酸化炭素排出を削減できるという。また、改修工事で取り除かれていた名物のツタも再生させて、甲子園球場の壁面緑化にも取り組み、地球温暖化の原因対策として温室効果ガスである二酸化炭素を削減する。来春には、このような地球温暖化の原因対策が施された「環境に優しい」ニュー甲子園球場が誕生することになる。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 阪神甲子園球場の地球温暖化の原因対策となる太陽光発電設備はこちら