TOPページ > 検索結果

検索結果 【地球温暖化の原因削減対策】

石川県金沢市で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策のイベント開催

 金沢市民芸術村(石川県金沢市大和町)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を広く石川県金沢市民にPRする「かなざわエコフェスタ2010」が開催され、古着のファッションショーやフリーマーケットなど多彩な催しが開かれた。石川県金沢市と金沢市地球温暖化対策推進協議会の主催によるもので、2009年まで別々に開催していた「石川県金沢市リサイクルフェア」と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「石川県金沢市地球温暖化フェア」を一つのイベントに統合したものとなった。イベントでは、日ごろ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、不用になった子供服を提供する「リユース市」を運営しているNPO法人「さくらっこ」は、古着を使ったファッションショーを開催した。素人モデルの子供8人がTシャツとショートパンツやセーターにスカート、人気キャラクター「ガチャピン」のつなぎなどでステージに登場してポーズをとった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するフリーマーケットの会場では、36区画で服や玩具、雑貨などが販売され、来場者が品定めしていた。石川県自転車組合金沢支部のテントでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施し、10月20日に終了した石川県金沢市のまちなか公共レンタサイクル社会実験「金沢レンタサイクルまちのり」で使用された自転車100台が、リサイクル品として1台6,500円で販売され、開場後すぐに売り切れた。イベントと会場には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRする、足こぎ式発電機で起こした電力で動く蒸気機関車型やメリーゴーランドのほか、ハンドルを回して動かすシャボン玉発生機も用意され、子供たちが嬉しそうに楽しんでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 石川県金沢市で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策のイベント開催はこちら

東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献

 セブン銀行(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力消費を従来機種から半減した現金自動受払機(ATM)をNEC(東京都港区芝)と共同開発したと発表した。2010年11月からテスト運用を開始し、2015年9月末までにセブン-イレブン(東京都千代田区二番町)などに設置しているATMの1万5000台すべてを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型機に置き換えるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型ATMは、札の計算速度を従来機と比較して2倍の毎秒12枚にすることで、ATM取引1回当たりの稼働時間を3分の2までに短くした。また、ATM使用時以外は常に省エネモードになるように設定を変更したほか、ATM画面のバックライトには消費電力の少ないLED(発光ダイオード)を採用し、1台当たりの消費電力を現行機種から約48%削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減した。現行のATMすべてを新機種に変更すると、2300ヘクタールの森林が1年間で吸収固定する量に相当する年間約7000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、新型ATMは、耐用年数の長い部品やリサイクル可能な素材を採用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となり、環境負荷の低減も図った。セブン銀行は「国内の金融機関のATMの約1割を抱える銀行として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び環境保護という社会的責任を果たしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献はこちら

東京都新宿区の熊谷組は排出量取引の国内統合市場の試行的実施で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成

 熊谷組(東京都新宿区津久戸町)は、建設業界から唯一参加していた政府の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標値を達成したと発表した。2008年度から2009年度で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の目標値に3002t上積みしたという。熊谷組は球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引には参加しておらず、3002tの二酸化炭素(CO2)排出量削減の超過達成分の販売はしないという。熊谷組は、自社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計画として、「2007年度の二酸化炭素(CO2)排出量原単位の実績値から毎年1%二酸化炭素(CO2)を削減する」との削減目標を設定していた。熊谷組の球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みは、2008年度及び2009年度ともに削減目標値を上回り、積み増した二酸化炭素(CO2)の削減量は、二酸化炭素(CO2)換算で2008年度が2121t、2009年度が881tだったという。熊谷組では、大山ダム(大分県日田市大山町)や鳴門ジャンクション(徳島県鳴門市)での省燃費運転実施研修や、コスト削減効果のリーフレット「省燃費運転のポイントと具体的な効果」の作成などが球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値達成につながったと分析している。熊谷組CSR推進室は「建設業で唯一の排出量取引の国内統合市場の試行的実施への参加であり、業界の内外に対して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の先進的な取組み姿勢をアピールできた」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の熊谷組は排出量取引の国内統合市場の試行的実施で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を達成はこちら

愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県はミカンジュースの生産量が日本一であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ミカンの搾りかすからガソリンの代替燃料バイオエタノールを製造する取組みを、愛媛県とポンジュースで知られる「えひめ飲料」(愛媛県松山市安城寺町)などと進めている。愛媛県によると、これは全国初の試みであり、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策委託事業として、平成20年からバイオエタノール製造の研究を開始した。えひめ飲料によると、ジュース用のミカン1個のうち約半分が搾りかすになってしまい、愛媛県内において1年間に出る量は約2万トンにもなり、これは運搬用大型トレーラー約2千台分になるが、大半は乾燥させて愛媛県内の家畜の飼料にしていた。ミカンの搾りかすを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に活用しようと、愛媛県松山市郊外で総事業費約15億円をかけ、実証実験プラントの建設し、発酵タンクや蒸留装置などを備え、ミカンの搾りかすから糖分を含む液体をさらに搾り出し、これを発酵及び蒸留してバイオエタノールを製造している。平成22年度から年間で最大500キロリットルのバイオエタノールを生成し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、えひめ飲料の社用自動車や工場用ボイラーの燃料の一部に利用していくという。これによって、えひめ飲料はガソリンや重油の消費量が削減できるため、年間最大約640トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。バイオエタノール製造で価格が高騰したトウモロコシの代用としても期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

香川県三豊市はバイオマスタウン構想の廃竹林対策事業で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 香川県三豊市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として推進しているバイオマスタウン構想の柱となる荒廃竹林対策事業が、香川県三豊市高瀬町の竹林伐採を皮切りに始まった。香川県三豊市の二酸化炭素(CO2)を吸収固定している竹資源によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組むと共に、産業を創出し、雇用や地域振興につなげる取組みであり、民間企業で竹を使った製品化への実験や試作品の開発を行うという。バイオマスタウン構想は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廃棄物をエネルギーとして再利用する循環型社会の構築を目指して、農林水産省(東京都千代田区霞が関)や経済産業省(東京都千代田区霞が関)など1府6省で構成するバイオマス・ニッポン総合戦略推進会議が提唱している。香川県三豊市は今春にバイオマスタウン構想の認定を受けた。バイオマスタウン構想として、香川県三豊市内に1,200haある二酸化炭素(CO2)を吸収固定した荒廃竹林を伐採し、加工した竹粉や竹繊維を使った新製品の開発や、家畜排せつ物、食品廃棄物などと竹を混ぜた堆肥の生産など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の事業化を進めるという。香川県三豊市は、これまでに香川県三豊市内の竹林調査や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の地元説明会などを実施してきた。バイオマスタウン構想の初日は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、香川県三豊市高瀬町の個人所有の竹林において、伐採業者がチェーンソーで次々と二酸化炭素(CO2)を吸収固定した竹を切り取った。2010年度は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、11月下旬までに香川県三豊市内の高瀬、山本、財田町のモデル竹林計1.2haで計360トンの二酸化炭素(CO2)を吸収固定した竹を伐採する予定になっている。香川県三豊市は「二酸化炭素(CO2)を吸収固定した竹資源が循環するモデルをつくり、地場産業として根付かせたい。来年度からは具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の事業化を進めたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 香川県三豊市はバイオマスタウン構想の廃竹林対策事業で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

新潟県新潟市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 新潟県新潟市などで構成する「新潟市モビリティ・マネジメント推進協議会」は10月12日から22日まで、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、新潟県新潟市内の全市的なノーマイカーデーを実施すると発表した。新潟県新潟市内の全市的なノーマイカーデーは、今年で3年目となる取組みで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、車で通勤している新潟県新潟市民らに公共交通を利用するように協力を呼びかけている。新潟県新潟市のノーマイカーデーは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に加えて、新潟県新潟市民の健康増進にもつながるエコ通勤の取組みとなっている。10月13日を新潟県新潟市のノーマイカーデー重点日と定めており、期間中にたとえ1日であってもマイカー通勤を控え、バスや電車などの公共交通機関、自転車、徒歩及び車の相乗りなどで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減してほしいと願っている。新潟県新潟市のノーマイカーデー参加者にはバスの無料乗車券を1回分配布するとともに、パークアンドライドの協力者には新潟県新潟市内の9か所の駐車場を無料開放するなどの特典を設けている。特典の申し込みや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるノーマイカーデーの詳細に関しては、新潟県新潟市のホームページから行うようになっている。問い合わせは新潟県新潟市都市交通政策課(025-226-2723)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新潟県新潟市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施する「平成23年版環境白書表紙絵コンクール」の募集が2011年1月15日まで行われている。環境白書(環境・循環型社会・生物多様性白書)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題や循環型社会の形成、生物多様性について、その状況と関係する施策を毎年環境省が公表している。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境白書の内容を象徴する絵画を環境省が公募し、その表紙などに使用することで、環境白書の一層の普及を図り、環境問題、循環型社会、生物多様性といった地球環境問題に対する国民の関心を高め、持続可能な活力ある社会を構築する行動をとってほしいという願いのもと、毎年実施されている。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への機運が高まった平成11年版環境白書から実施されており、今回で13回目の募集となる。環境白書の募集部門は、小・中学生の部、一般の部(高校生以上)、今回から「アーティストの部」が新設されており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかける作品に対して、それぞれ賞状と記念品が授与される。審査は、環境教育の専門家、美術の専門家等、環境省及び事務局が選任する審査委員によって行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集はこちら

東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 本田技研工業(東京都港区南青山)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する、ハイブリッド車フィットハイブリッド」を発売した。フィットハイブリッドの価格は、159万円~210万円で、ハイブリッドシステムにホンダ独自のIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を採用している。フィットハイブリッドは、最高出力65kW(88PS)/5800rpm、最大トルク121Nm(12.3kgm)/4500rpmを発生する直列4気筒SOHC8バルブ1.3リッターエンジンと、最高出力10kW(14PS)/1500rpm、最大トルク78Nm(8.0kgm)/1000rpmを発生するモーターを組み合わせることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を極めて低減している。これにより、フィットハイブリッドは、10・15モード燃費で30.0km/Lを達成している。フィットハイブリッドには、実用燃費の向上を図り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、省エネ対策としてドライバーの低燃費運転を支援するエコアシスト(エコロジカル・ドライブ・アシスト)機能を装備する。また、フィットハイブリッドには、通信費無料のリンクアップフリーとインターナビ・ルートを採用した「Honda HDDインターナビシステム+リンクアップフリー」を設定している。また、iPhone用アプリ「インターナビドライブ情報」を10月28日から提供するという。フィットハイブリッドのHondaHDDインターナビシステムは、カーナビ本体によってルート案内を行うのではなく、膨大な量のインターナビ交通情報に加え、道路ごとの燃料消費量や有料道路の料金などの多彩な情報を考慮したルート計算をサーバー側で行い、通信によってカーナビに配信する仕組みとなっている。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる省燃費ルートやETC割引を考慮したルートなどをフィットハイブリッドの運転手に案内することが可能になっている。また、実用燃費の向上をアシストする「エコアシスト」機能と合わせて、一層、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。フィットハイブリッドのインターナビによるルート案内には通信が必要だが、リンクアップフリーは、通信費無料で情報サービスを利用可能なのが特徴となっている。フィットハイブリッドの運転中でも、インターナビ情報センターに自動接続してデータ通信を行い、最新の交通情報に基づいた精度の高いルート誘導を行うことができる。フィットハイブリッドのリアルタイム走行データ(フローティングカーデータ)収集量が増加することにより、ナビ情報の精度向上にも貢献するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の本田技研工業はフィットハイブリッドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をふんだんに講じ、新築移転する佐賀県立病院好生館の新病棟の起工式が、佐賀県佐賀市嘉瀬町中原の建設予定地でしめやかに執り行われた。佐賀県立病院好生館の新病棟の開業は2013年を予定しているという。佐賀県佐賀市嘉瀬町中原への新築移転は、現在、佐賀県佐賀市水ケ江にある佐賀県立病院施設の老朽化に伴うものとなっている。佐賀県立病院の新病棟は、鉄骨鉄筋コンクリート造り8階建てで、延べ床面積は約4万1700平方メートルとなっている。佐賀県立病院の敷地内には、佐賀県立病院関係者の研修・宿舎棟や保育施設も備えている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、給湯設備に電気式の設備を使用するなど二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費を削減した設計となっている。佐賀県立病院は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している今年度の「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択されている。佐賀県立病院の起工式では、十時忠秀理事長が「患者が過ごしやすく、スタッフが働きやすいうえに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も講じ、佐賀市嘉瀬町中原の地元周辺への環境問題にも配慮した病院を目指す」とあいさつした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設はこちら

東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は、新潟県柏崎市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の生産拠点「新潟県柏崎市工場」の竣工式を執り行った。新潟県柏崎市工場への投資額は約250億円であった。東芝では、2011年2月からリチウムイオン電池の生産を始め、2011年度中には月産100万個以上に規模を拡大していきたいという。東芝は新潟県柏崎市工場によって量産体制を整えることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても普及拡大が見込まれる電気自動車(EV)などの車載用に供給したい考えだという。2015年度にリチウムイオン電池事業で売上高2,000億円、世界シェアで10%以上を目指すことを目標としている。佐々木則夫東芝社長は、新潟県柏崎市工場の会見で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるハイブリッド自動車(HV)向けに、イタリアの自動車メーカー「フィアット」、スウェーデンのトラック大手「スカニア」とリチウムイオン電池の共同開発に取り組んでいることを発表した。「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)用として、自動車メーカーとの共同開発で他社の製品を凌駕するリチウムイオン電池システムを開発できる」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の東芝は新潟県柏崎市でリチウムイオン電池生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府京都市はエコドライブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 京都府京都市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、環境問題に配慮した地球に優しい自動車の運転法「エコドライブ」を推進するため、乗用車を急発進させると警告音を発する「エコドライブ支援装置」を希望者に無料で貸し出している。京都市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、2008年10月にエコドライブに取組む事業所を京都市に登録する「エコドライブ推進事業所」の制度を創設している。現在、約500の京都市内の事業所が京都市にエコドライブ推進事業所として登録しており、エコドライブステッカー配布や京都市の研修会への講師派遣などの支援を行っている。さらに、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを深化させるため、京都市は昨年度からエコドライブ支援装置を貸し出している。エコドライブ支援装置を自動車に備え付けると、設定したエンジン回転数を超えればアラームが鳴るほか、運転時の平均燃費も表示し、運転手にエコドライブを実践するよう促す機能を有しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するものとなっている。このエコドライブ支援装置の貸出には、京都市役所にエコドライブ推進事業所として登録することが必要になっている。本件の問い合わせは、京都市役所環境管理課(075-213-0930)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市はエコドライブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施している「チャレンジ25キャンペーン」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県名古屋市が実施するコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」に特別協力を行うと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用は「チャレンジ25キャンペーン」が推奨する25のアクションの一つでもあり、チャレンジ25キャンペーンとして応援するものである。平成22年10月2日(土)には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15)において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」のオープニングセレモニーが行われ、チャレンジ25キャンペーン事務局からチャレンジ25キャンペーンの説明を行うほか、ステーションマップ、ホームページ、広報ポスター等へのチャレンジ25キャンペーンのロゴ掲出等による普及啓発を実施する予定となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーの詳細については、名古屋市プレスリリース(http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=16301&hou_id=12968)を参照のこと。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーに関する問い合わせ先は、愛知県名古屋市緑政土木局道路部自転車利用課TEL:052-972-2858となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力はこちら

兵庫県尼崎市でバイオマス発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境問題対応の関連装置を製造しているタクマ(兵庫県尼崎市金楽寺町)は、牛ふんと鶏ふんを燃料に、ボイラーでつくった蒸気で発電可能な地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオマス発電設備を開発したと発表した。畜産農家で発生した牛ふんは水分が多いことから、これまで肥料以外に使い道がなかったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオマスのボイラー燃料として利用するのは国内で初めての取組みだという。タクマはバイオマス発電設備の拡販などによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるバイオマス(生物資源)関連の事業規模を拡大していきたいと話している。タクマのバイオマス発電設備については、肥料会社の南国興産(宮崎県都城市)から初号機を受注しており、2012年をめどに完成させるという。タクマのバイオマス発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、石油に代わるボイラーの代替燃料に廃棄物だった牛ふんと鶏ふんの混合物を使用しているのが大きな特徴である。1時間当たり最大13トン程度を利用することができ、毎時35トンの蒸気を発生させる能力を有しており、毎時1,500kwを発電する。余った蒸気は、牛ふんの水分を乾燥させる熱源として利用できるほか、発電によって工場内の電力を賄うという。政府などが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新エネルギーの利用促進をしており、企業サイドとしても原油価格の高騰などでバイオマス燃料に切り替えるケースが増えているという。このため、タクマも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオマス燃料など石油代替燃料への転換を図る企業への営業を強化しているという。畜ふんを燃料とするバイオマス燃料ボイラーは国内に3か所あるが、うち2か所をタクマが手掛けている。また、タクマでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、木質チップや汚泥など幅広いバイオマス燃料に対応した環境問題を考慮した発電プラントも提案しており、自然エネルギーのバイオマス関連事業の受注高は2010年3月期で約50億円だったが、2011年3月期には100億円を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市でバイオマス発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策

 兵庫県神戸市は、神戸市への観光客や神戸市民を対象に、走行時に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電動アシスト自転車などを貸し出す社会実験「KOBEまち・ちゃりシャトル」を今秋に実施する。神戸市内中心部に電動アシスト自転車の6か所の貸し出し及び返却拠点を設けて利用を促すことで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減や観光活性化につなげることが目的だという。神戸市地球環境課によると、神戸市内の新神戸や三宮、元町などに二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車30台を含む計50台の自転車を配置し、最大2時間まで貸し出すものとなっている。この地球温暖化の原因削減対策の手法はコミュニティーサイクルと呼ばれるシステムで、パリやロンドンなどで既に事業化されており、国内でも横浜市や名古屋市で社会実験が実施されたことがある。地球温暖化の原因削減対策のコミュニティーサイクルの実施期間は、10月3日~11月28日の午前9時~午後5時までの間で、身長140cm以上の人を対象にしており、13歳未満の人は利用時にヘルメットの着用を求めるという。初回利用時に免許証などの本人確認をして利用登録し、最初の1時間は無料で、1時間を超えると1,000円になるが、2時間を超えると違約金として5,000円が必要になるという。矢田立郎神戸市長は「坂の多い神戸市では、自転車を使えば小回りが利いた観光も可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながることから、将来は事業化を目指したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策はこちら

気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催

 気象庁は、地球温暖化の原因防止対策に関する最新の取組を紹介するとともに、地球温暖化の原因防止対策について一層の理解を得てもらうことを目的として、下記の通り気象講演会を開催すると発表した。講演会のテーマは「温暖化する地球~最新の研究成果と私たちにできること~」と題して、天気や気温の変化などの身近な話題から地球温暖化の原因に対して私たちに何ができるかを考えるとともに、我が国における世界最先端の地球温暖化予測研究や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の現状、対策技術の将来展望について専門家による講演を行う。
1.日 時 平成22年7月1日(木)受付開場17:30 開演18:00 終演予定20:10
2.場 所 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
3.入場料 無料
4.定 員 500人(事前予約制)
5.主 催 国土交通省気象庁
6.後 援 経済産業省、環境省、NPO法人気象キャスターネットワーク
7.内 容
講演1: 「地球温暖化の科学」
講師 : 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
講演2: 「天気を通して、地球のことを考えよう」
講師 : 山本 志織 気象キャスター
講演3: 「温室効果ガス削減対策の現状と将来」
講師 : 西尾 匡弘 独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー社会システムグループ長
講演要旨
【講演1】
演 題: 「地球温暖化の科学」(30分)
講 師: 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
概 要: 地球温暖化の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動およびそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化予測研究について紹介する。
【講演2】
演 題: 「天気を通して、地球のことを考えよう」(40分)
講 師: 山本 志織 気象キャスター
概 要: 寒波到来とともに始まった今年である。春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じている。地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていかなければなりません。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなども話す。
【講演3】
演 題: 「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」(40分)
講 師: 西尾 匡弘  (独)産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長
概 要: 人類の活動に伴う温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、温室効果ガスの削減が喫緊の地球温暖化の原因防止対策の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない温室効果ガス排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因防止対策技術の将来展望についても紹介する。

> 気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催はこちら

沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 

 沖縄県那覇市内で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減についての計画である沖縄県地球温暖化対策実行計画第3回検討委員会(委員長・堤純一郎琉球大学工学部教授)が那覇市内で開催された。沖縄県の対策会議には、学識経験者や国・沖縄県、那覇市、沖縄電力など12人の委員を含めて25人が出席した。同委員会は2050年までの長期目標と2020年までの中期目標について、2000年を基準に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を何%削減するかの議論が繰り広げられた。森林吸収による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減については人工林が対象となるが、沖縄県内の森林(約6.4万ヘクタール)のうち、人工林は約1万ヘクタールしかなく、大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果が期待できないことが事務局から報告された。一方、沖縄県の海に広く生息しているさんご礁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量については、依然その積算が不明なことに対して、堤委員長は「さんご礁の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収率をきちんと算定し、二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値の設定に盛り込めるようにすることが重要ではないか」と指摘した。

> 沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 はこちら

沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 日本の一番南にある沖縄県那覇市では、豆腐づくりで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいる。これは、沖縄在来種の大豆オーヒーグー(青ヒグ)、高アンダーを地域の人々が栽培・普及することによって、昔の繁多川豆腐を再現したものであり、昔ながらの地豆腐を、大豆づくりから再現したものとなっている。こうした取組みは、単に昔ながらの豆腐を復活させたというだけではなく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとともに、さらには、沖縄県那覇市の住民間のコミュニケーションの場や機会を広げ、沖縄県那覇市繁多川地域のさらなる活性化・まちづくりの一助となっているという。また、豆腐づくりによる沖縄県での地産地消を促進し、フードマイレージによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実行中である。これは、地産地消を通して、地域づくりや世代間交流を楽しく実践するなかで、その結果、食糧輸送にかかるエネルギーを減らすことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる楽しい取り組みである。また、沖縄県内に地球温暖化の原因防止対策としての「フードマイレージ」という考え方を広めることにもつながっており、今後とも、地球温暖化の原因防止対策として期待される取組である。

> 沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら