TOPページ > 検索結果

検索結果 【国連気候変動枠組条約締約国会議】

地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕

 2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組みを話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)が7日、デンマークのコペンハーゲンで開幕した。会議期間は2週間で世界各国・地域の首脳が地球温暖化の原因防止対策について協議する。イボ・デブア国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)事務局長は開幕に先立ち、同会議を地球温暖化の原因防止対策の将来へ向けた転換点の1つとしなければならないと述べた。COP15には、世界100か国近くの首脳が出席する予定となっている。参加申し込み者は3万4000人余りと、会場のベラ・センターの定員の2倍以上に達した。非政府組織(NGO)メンバーの一部は場外での待機を余儀なくされている。報道関係者も登録者が3500人を超え、受け付けが早々と締め切られた。デブア事務局長は、開幕前の記者会見で、「もう時間がない。」と、地球温暖化の原因防止対策への危機感を表明した。「今後2週間の会議で、各国政府はこの地球温暖化の原因防止対策問題に対し、力強く長期的な取り組みを示す必要がある。」と述べた。そのうえで、今回の会議を前に、多数の先進国や途上国が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減を表明していると説明した。「地球温暖化の原因防止対策の気候変動をめぐる過去17年間の交渉で、これほどの数の国がこれほど明確な温室効果ガスの削減目標を示したことはない」と語った。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減をめぐっては、世界の排出量の約5分の1ずつを占める米国、中国が、相次いで削減目標を発表している。国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)では、2012年に期限切れとなる京都議定書に続く新たな枠組みで、現実性のある地球温暖化の原因防止対策の政治合意が達成できるかどうかが焦点となる。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15が開幕はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝

 地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)を話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が7日から、コペンハーゲンで開かれる。地球温暖化の原因防止対策のポスト京都議定書の採択は困難なものの、地球温暖化の原因防止対策の大枠について政治合意を目指すことになりそうだ。先進国と開発途上国の間には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減・抑制の分担をめぐる対立が続いており、これを打開できるかがカギとなる。地球温暖化の原因防止対策の政治合意には、(1)先進国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標(2)途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制策(3)地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策に取り組む途上国向け資金支援(4)地球温暖化の原因防止対策の新議定書採択など法的合意の期限を盛り込むことを想定している。これまでの交渉では、途上国は先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出責任を指摘してきた。2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比40%削減することや、地球温暖化の原因防止対策に必要な資金や技術の供与を要求してきた。一方で先進国は、経済発展に伴って地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を増大させている新興国を念頭に、相応の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制を迫っている。このためCOP15では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに係る対立打開に向け、先進国と途上国が温室効果ガス削減・抑制についてどこまで歩み寄れるか、先進国が途上国向け地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策の資金支援をどれだけ用意できるかなどが議論になる。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝はこちら