TOPページ > 検索結果

検索結果 【名古屋市】

東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 リコー(東京都中央区銀座)は、愛知県名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議COP10)」(10月18~29日)と、同じく愛知県名古屋市で開催される遺伝子組換え生物等(LMO)の「カルタヘナ議定書第5回締約国会議COP/MOP5)」(10月11~15日)において、会議に使われるドキュメントの出力運用管理業務を受託したと発表した。地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する省エネ技術を搭載したデジタル複合機やプリンターを導入して実行する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなり、効率的なドキュメントの出力環境「マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)」を提供することによって、ドキュメントの出力運営品質の維持を継続して実施する。ドキュメントの出力環境は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として消費電力量を抑制したデジタル複合機及びプリンター合計114台で構成されている。会議で不要となった機密文書の回収及び溶解サービス行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題とセキュリティの両方に配慮して安全に運用し、24時間にわたって保守サポートも行うという。リコーのMDSの仕組みは、ドキュメント入出力状況を詳細に分析し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても最適になるような機器の配置や効率的なワークフローを提案し、さらに、運用及び管理を請け負うサービスとして、リコーが世界的に展開しているものである。リコーグループの企業姿勢として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境経営を掲げて環境問題への負荷の削減を積極的に進め、生物多様性の保全にもいち早く取り組んでいることが大いに評価されたことによって、愛知県名古屋市で開催されるCOP10及びCOP/MOP5の出力業務の委託事業者に選ばれたという。さらに、リコーの製品が備えている環境性能だけではなく、原材料の調達から製品の生産、販売活動、廃棄処分に至るまで、製品のライフサイクル全体で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題への負荷を削減する姿勢が認められ委託に至ったという。リコーグループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、1999年から二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林生態系保全プロジェクトや、社員らの自主的な環境問題への活動を推進する「環境ボランティアリーダー養成プログラム」など、生態系を保全する環境問題への活動に積極的に取り組んできた。リコーでは、「リコーグループ生物多様性方針」を2009年3月に策定しており、企業の事業活動においても生物多様性に配慮する方向性を打ち出してきている。リコーでは、自社製品及びサービスによる愛知県名古屋市のCOP10及びCOP/MOP5会議の運営サポートを契機として、生物多様性の保全と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していく考えだという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のリコーは愛知県名古屋市のCOP10とLMOのCOP/MOP5のドキュメントの出力MDSで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 愛知県名古屋市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取組むコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験が、10月1日に愛知県名古屋市の栄エリアと名駅エリアで開始された。10月2日には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3)前でオープニングセレモニーが開催され、河村たかし愛知県名古屋市長や名古屋おもてなし武将隊から豊臣秀吉、徳川家康、前田利家が駆け付け、愛知県名古屋市のコミュニティーサイクルシステムで走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない「名チャリ」をPRした。当日は、愛知県名古屋市を拠点とするプロ野球の中日ドラゴンズが優勝を決めたこともあり、愛知県名古屋市の久屋大通北ステーションで自転車を借りた河村愛知県名古屋市長は「燃えよドラゴンズ」を熱唱しながら上機嫌で来場した。続いて、武将隊の秀吉さんが、今年から導入したICカードで管理される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のコミュニティーサイクル自転車の取り出しを実際に行った。意外と簡単な便利なシステムを目の当たりにした家康さんは「わしは400年も前から馬を貸し出すことをやっておった。それと同じじゃな、名チャリは」などと話した。今年は愛知商業高校(愛知県名古屋市東区徳川)の生徒らが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の名チャリとコラボする形で観光地の円頓寺マップを作成した。マップを見た河村愛知県名古屋市長は「愛知県名古屋市という都会にある古き良き時代を掲載しているのはええこと。」とエールを送った。愛知県名古屋市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施する栄エリア(愛知県名古屋市中区栄)の名チャリステーションは、名古屋テレビ塔、中区役所前、電通中部支社前、松坂屋南館前、矢場公園、栄広場、ナディアパーク前、白川公園、でんきの科学館前などとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を話し合う、愛知県岐阜県三重県の東海3県と愛知県名古屋市の知事市長会議が岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館で開催された。企業や市民が削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、二酸化炭素(CO2)削減事業に投資することで相殺するカーボンオフセット制度の推進へ向けて、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と愛知県名古屋市の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をデータベース(DB)化していくことで合意した。10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)後に作業部会を設け、1年以内に二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をDB化するという。企業や市民が愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業から選び、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減のカーボンオフセットを推進する仕組みづくりを目指すという。会議は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策での連携がテーマで、岐阜県の古田肇知事が「愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で吸収するという意識が必要」と指摘し、DB化によるカーボンオフセット制度の推進を提案した。愛知県の神田真秋知事は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムの普及が進んでいる愛知県内の状況を紹介した上で「カーボンオフセットは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に有効だが、十分知られていない。愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の情報共有は意義がある」と賛同した。三重県の野呂昭彦知事も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収固定量の確保に力を入れている三重県の制度を挙げ「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、カーボンオフセット制度による広域的な取り組みを進める必要がある」と同調した。愛知県名古屋市の河村たかし市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、カーボンオフセット制度など、生活に密着した環境政策が大切」と述べた。また、会議では、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市にあるモノづくりの研究開発施設の連携を進めることでも合意を得た。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施している「チャレンジ25キャンペーン」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県名古屋市が実施するコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」に特別協力を行うと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用は「チャレンジ25キャンペーン」が推奨する25のアクションの一つでもあり、チャレンジ25キャンペーンとして応援するものである。平成22年10月2日(土)には名古屋テレビ塔(愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15)において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのコミュニティサイクルの「名チャリ社会実験2010」のオープニングセレモニーが行われ、チャレンジ25キャンペーン事務局からチャレンジ25キャンペーンの説明を行うほか、ステーションマップ、ホームページ、広報ポスター等へのチャレンジ25キャンペーンのロゴ掲出等による普及啓発を実施する予定となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーの詳細については、名古屋市プレスリリース(http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=16301&hou_id=12968)を参照のこと。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のオープニングセレモニーに関する問い合わせ先は、愛知県名古屋市緑政土木局道路部自転車利用課TEL:052-972-2858となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> チャレンジ25キャンペーンが愛知県名古屋市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減

 中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、碧南市火力発電所(愛知県碧南市)で実施してきた木質バイオマス(生物資源)燃料と石炭による混焼発電の実証試験を終え、本格運用を始めると発表した。年間30万tの木質バイオマスを使う予定で、石炭の使用量に対し3%の木質バイオマスを使うことになる。これによって、石炭の使用量を減らせることから、年間で20万~30万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が見込まれる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木質バイオマス混焼発電は、木材チップを石炭と混ぜて細かく粉砕し、燃料に利用して発電する方式のことをいう。碧南市火力発電所では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的として、2009年5月から1~5号機の各設備で木質バイオマス混焼発電の本格運用に向けた実証試験を行ってきた。今回、最後になっていた1号機での試験ですべての発電機での実証試験を終えたことから、本格運用を始めることにしたという。碧南市火力発電所は愛知県名古屋市の南約40kmの位置で衣浦湾に面し、発電所用地約160万m2に出力70万kWの発電機3機と100万kWの発電機2機を備えている。1~5号機を合わせた発電の出力は410万kWで国内最大で、世界でも最大級の火力発電所であり、年間発電量は2億~3億kWhにもなる。中部電力は、2003年施行の「電気事業者による新エネルギーなどの利用に関する特別措置法」(RPS法)で電気事業者が環境負荷の低い新エネルギー利用が義務付けられたことを受け、碧南市火力発電所で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる木質バイオマス混焼発電を導入してきた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力は愛知県碧南市で木質バイオマス混焼発電による地球温暖化の原因対策で二酸化炭素(CO2)削減はこちら

中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、静岡県静岡市清水区において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する大規模太陽光発電システムの施設であるクリーンな自然エネルギーメガソーラー発電所の「メガソーラーしみず」(仮称)の開発計画を発表した。中部電力の計画は、静岡県静岡市清水区三保の中部電力所有地に、発電出力8,000kW(8MW)で一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当し、中部電力管内最大となる太陽光発電所を2014年度(平成26年度)の運転開始を目指し建設するものとなっている。太陽光発電のメガソーラー発電所の建設によって、年間約4,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいるという。中部電力は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量になる太陽光発電のメガソーラー発電所として、これまでに「メガソーラーたけとよ」(愛知県知多郡武豊町)、「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市川路城山)の開発を先行して進めており、静岡県静岡市清水区における開発は、中部電力として3地点目の太陽光発電のメガソーラー発電所となる。今後、中部電力は、静岡県静岡市と相互に協力し、静岡市清水区の地元に理解と協力に努めるとともに、太陽光発電のメガソーラー発電所計画について、静岡県や静岡市を始めとした関係各所に説明して協議を進めていくという。中部電力は、太陽光発電のメガソーラー発電所や風力発電などの再生可能エネルギーの開発・導入及び原子力発電の推進など、引き続き、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所はこちら

愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクト

 愛知県豊田市とトヨタ自動車(愛知県豊田市)、中部電力(愛知県名古屋市東区)を始めとする民間企業19社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、豊田市で「家庭・コミュニティ型の低炭素都市構築実証プロジェクト」を推進している。先月に行われた会合において、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを推進するための組織「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立するとともに、今後5年間の具体的な地球温暖化の原因防止対策の実行計画を決めた。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトは、省エネルギーなどによる一般消費者のエネルギー利用の最適化を目指し、家庭からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取組みから着手し、そこから豊田市内のコミュニティ単位で拡げていくとともに、豊田市から展開する交通システムや生活者のライフスタイルの変革といった領域への取組みも進めるという。豊田市内の各家庭に生活の低炭素化を追求した各種機器・システムを導入し、家庭でのエネルギー利用状況やライフスタイルを踏まえて、電力やガスなどの系統と連携しながら、豊田市民が無理なく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組み、豊田市が低炭素化社会へ移行することを目的としている。地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトでは、豊田市内の家庭で20%、豊田市の交通セクターで40%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を追求する。これらの地球温暖化の原因防止対策の取組みを通じて、生活者・豊田市・企業の3者が共生する地方型低炭素社会システムのモデルケースを模索していく。今後、協議会の会員が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の計画に沿って、導入機器・システムの設計・開発を加速させ、地球温暖化の原因防止対策の実証実験に向けた準備を進め、2011年春頃から豊田市内で本格的な実証実験を開始するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策プロジェクトはこちら

愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省中部地方環境事務所(愛知県名古屋市中区三の丸)は、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者及び農畜水産物の生産者を対象に愛知県を中心とする地域循環圏の食品リサイクルモデル事業への参画者を募集すると発表した。同事務所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、平成20年度からスーパー等の小売店や外食店から発生する食品残さの食品リサイクル事業を中心に、愛知県を中心とする中部地方において適切な規模の地域循環圏の構築に向けた検討を続けてきている。今年度は食品リサイクルモデル事業の実施を通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の愛知県を中心とする中部地方における食品リサイクルの実施体制の構築に向けた考え方や可能性を具体的に示すとともに、制度的・技術的な課題への検討を実施するという。愛知県を中心とする中部地方で実施予定の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業内容は、次のとおりとなっている。
(1)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、愛知県を中心とする中部地方において、複数の小売業者・外食業者、飼料化・堆肥化事業者、農畜水産物の生産者によるコンソーシアム(共同体)により食品リサイクル事業を行う。
(2)食品リサイクルの内容は、愛知県を中心とする中部地方における飼料化、肥料化及び熱回収等を主な対象とする(ただし熱回収等のみの事業は対象としない。)。
(3)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、食品リサイクル事業によって生産された農畜水産物等の一部を愛知県を中心とする中部地方の小売業者等の店舗で利用する
(4)地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての食品リサイクル事業の実施期間は、平成22年度から平成23年度の2か年とする。
 なお、平成22年9月17日に愛知県名古屋市中区の環境省中部地方環境事務所第1会議室において公募説明会を開催する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市で食品リサイクル事業による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいるコミュニティーサイクルシステム「名チャリ」の社会実験の登録受け付けを開始したと発表した。今年で4回目の実験となる名古屋市のコミュニティーサイクルは、レンタサイクルとは異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての短距離及び短時間での利用を繰り返す自転車共有システムのことである。昨年は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果を計るため、「名チャリ」というコミュニティーサイクルの利用方法を知ってもらう目的と利用ニーズを把握することを目的として、貸出及び返却を行う「ステーション」に名古屋市の職員を配置して、二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車を無料で貸し出していた。今年度は一歩進めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、貸出及び返却を利用者自身だけで行えるように、ICカードを導入したセルフサービスとして実施した。これは、登録料や利用料などを有料化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、名古屋市の本格実施を見据えた次の段階の実験となる。自転車利用の会員登録は2,000円で、利用料は30分以内は無料、以降30分ごとに200円が課金され、利用時間は8時~20時となっている。名古屋市では、実験の実施期間は10月1日~11月30日の2か月間を予定している。今回の名古屋市の取組みでは、公共交通と「名チャリ」を組み合わせて使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指している。それとともに、自転車を使用することで名古屋市内での移動範囲が広がり、名古屋市の街のにぎわいの創出につながることや、共有することで自転車の総量を抑え名古屋市内の放置自転車の削減につながることを目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「名チャリ」のステーションの範囲は、名古屋市内の名古屋駅エリアから栄エリアの全30か所に設置している。現在、名古屋市は「名チャリ」のテレビCMを制作しており、「名チャリに乗ろう!」というセリフで、河村たかし名古屋市長と名古屋おもてなし武将隊のメンバーが「名チャリ」に乗り出演しており、9月下旬からテレビ愛知で名古屋市を中心に放送予定となっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はコミュニティーサイクルで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

NEXCO中日本が環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 NEXCO中日本(中日本高速道路:愛知県名古屋市中区)は、グループ会社の中日本エクシス(愛知県名古屋市中区)が運営する5つのサービスエリアにおいて、「EXPASA(エクスパーサ)」のブランドネームで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した商業施設を展開すると発表した。新ブランドが採用されるのは、東名高速道路・足柄SA(上下線)、東名阪高速道路・御在所SA(上下線)、名神高速道路・多賀SA(下り線)の5つのサービスエリアとなっている。オープンスケジュールとしては、まず、御在所SA(上下線)が9月17日にオープンし、一部リニューアルオープンしている東名高速道路EXPASA足柄(上下線)、名神高速道路EXPASA多賀(下り線)においても、2010年内にグランドオープンする予定になっているという。EXPASAでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考慮した施設設備となっており、電気自動車(EV)用の急速充電スタンドの設置のほか、二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指したLED照明(発光ダイオード照明)、節水型便器、ヒートポンプ空調設備、複層ガラス・屋上緑化・遮熱性舗装、アイドリングストップ給電スタンドなどを採用する省エネルギー施設となっている。新しいブランド名の「EXPASA」は、現在のSA・PAの概念を超えるという意味を込めたEXCEED・EXCELSIORの「EX」とパーキングエリアの「PA」、サービスエリアの「SA」を組み合わせたものだという。また、9月17日にオープンするEXPASA御在所では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策以外の特徴として、東海地区の名産・味覚を取り揃えた31店舗(上り線:15店舗、下り線:16店舗)によって、デパ地下感覚を味わえるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NEXCO中日本が環境配慮設計DfEで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策

 兵庫県神戸市は、神戸市への観光客や神戸市民を対象に、走行時に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電動アシスト自転車などを貸し出す社会実験「KOBEまち・ちゃりシャトル」を今秋に実施する。神戸市内中心部に電動アシスト自転車の6か所の貸し出し及び返却拠点を設けて利用を促すことで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減や観光活性化につなげることが目的だという。神戸市地球環境課によると、神戸市内の新神戸や三宮、元町などに二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車30台を含む計50台の自転車を配置し、最大2時間まで貸し出すものとなっている。この地球温暖化の原因削減対策の手法はコミュニティーサイクルと呼ばれるシステムで、パリやロンドンなどで既に事業化されており、国内でも横浜市や名古屋市で社会実験が実施されたことがある。地球温暖化の原因削減対策のコミュニティーサイクルの実施期間は、10月3日~11月28日の午前9時~午後5時までの間で、身長140cm以上の人を対象にしており、13歳未満の人は利用時にヘルメットの着用を求めるという。初回利用時に免許証などの本人確認をして利用登録し、最初の1時間は無料で、1時間を超えると1,000円になるが、2時間を超えると違約金として5,000円が必要になるという。矢田立郎神戸市長は「坂の多い神戸市では、自転車を使えば小回りが利いた観光も可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながることから、将来は事業化を目指したい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県神戸市は二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車で地球温暖化の原因削減対策はこちら

岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力

 岐阜県愛知県三重県及び名古屋市の首長で構成されている「東海3県1市知事市長会議」が、岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」で開催された。愛知県名古屋市で今年の10月に開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を控え、3県知事と名古屋市長が地球温暖化の原因防止対策を主題に話し合い、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減事業などで生じた二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、排出分を相殺する「カーボンオフセット」に岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市で取り組むことで合意した。岐阜県の古田肇知事が3県1市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けた「カーボンオフセット推進ワーキンググループ」を設置し、情報共有を図りながらカーボンオフセットに取り組むことを提案した。愛知県の神田真秋知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減のカーボンオフセット制度がまだ知られておらず、二酸化炭素(CO2)排出権の売り手と買い手のマッチングにも課題がある」と指摘したうえで「カーボンオフセットの情報共有を図り、協調関係を築くのが重要」と賛同した。野呂昭彦三重県知事も「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減については、国のカーボンオフセット制度との整合など課題はあるが、各地方自治体の取り組みについて具体的に情報共有したい」と支持を表明したという。古田岐阜県知事は会議後の会見で「岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市といった広域的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権の売り手と買い手をつなぐことを目指し、実務的に進めていきたい」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力はこちら

愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 愛知県名古屋市は、「名チャリ」と名付け、レンタル自転車利用の拡大によって温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。レンタル自転車の名チャリの目的は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量削減、放置自転車の削減、回遊性の向上であり、名古屋大学大学院環境学研究科(愛知県名古屋市千種区)の竹内恒夫教授の研究室が2007年に名古屋市内で実験を始めた。長距離移動は地下鉄などの公共交通で行い、その後の足を二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車が担えれば、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出する車の利用を削減できるからだ。初回の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、名古屋市の矢場町周辺に13日間、5か所のステーションを設置し、1台が1日に利用された回数は平均1.16回であり、昼借りて夕方返すというレンタサイクル的な利用だったという。2008年からは、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する取組みであることから名古屋市が協力を始めており、2009年は2か月間にわたってレンタル自転車の実験を行った。今年の地球温暖化の原因防止対策のレンタル自転車の実験では、採算の合う事業としてレンタル自転車が成り立つかどうかを検証するため、登録料を徴収し、一定時間を過ぎたら課金するものであるが、ICカードを使用したセルフサービス方式で行うという。名古屋市自転車利用課では「有料にしてもレンタル自転車の利用が多ければ、二酸化炭素(CO2)排出量を削減可能な地球温暖化の原因防止対策としても本格導入を検討していく」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市はレンタル自転車で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 イオンモール(千葉県千葉市)とオリックス自動車(東京都港区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、大型ショッピングモールを拠点としたカーシェアリングサービスを共同で展開すると発表した。まずは、9月からイオンモール新瑞橋(愛知県名古屋市南区)及びイオンモール鶴見リーファ(大阪府大阪市鶴見区)において、10月から京都ファミリー(京都府京都市右京区)においてショッピングモール駐車場を地球温暖化の原因防止対策としてカーステーション化を実施するという。イオンモールでは、パンフレットの設置やポスター掲示などを通じて、カーシェアリングサービスをPRしていくという。イオンモールでは、低炭素社会への移行が全世界的な課題となっている中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていくことがリーディングカンパニーとしての責務と考えている。これまでも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、太陽光発電用パネルや氷蓄熱システムの導入のほか、屋上緑化、壁面緑化、サインや照明へのLED(発光ダイオード)照明の採用など、エコロジーを考えた設備の導入及び自然エネルギーの活用に力を入れてきた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減に役立つカーシェアリングをショッピングモールに導入することで、周辺エリアの車の台数を減らす予定である。さらに、イオンモールでは、地球温暖化の原因防止対策に加えて、地域で生活する人々の、より豊かで彩りある暮らしの実現に貢献し続けることを存在意義と考えており、「コミュニティ機能の充実」及び「地域に根ざしたモールづくり」に貢献できると考えたという。また、オリックス自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、2002年からカーシェアリング事業を全国的に展開しており、現在は、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中部(愛知県、三重県)、近畿(京都府、大阪府、兵庫県)の各エリアにカーステーションを設置している。カーシェアリングに使用する自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全てを自社でオフセットして計上している。カーシェアリング用の自動車には、カーナビゲーションには走行時の燃費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が表示され、エコドライブ度も5段階で表示される専用車載システムを備えるなど、環境問題に配慮したカーシェアリングを積極的に推進している。地球温暖化の原因防止対策に貢献するカーシェアリングは、利用者が必要な時に必要な分だけクルマを使う仕組みであるため、保有時に係る車両代金や駐車場代金、税金、保険料金、車検代金などの維持費が不要となり、大幅なコスト削減に繋がる。また、カーシェアリングが普及すると、自動車利用が抑制され、環境負荷の低減にも繋がることから、ショッピングモール周辺に住む人々にカーシェアリングを利用してもらうことによって、車にかかる費用の節約と周辺エリアの地球温暖化の原因防止対策など環境負荷低減に貢献できるものと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立

 愛知県豊田市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、トヨタ自動車(愛知県豊田市)や中部電力(愛知県名古屋市)などと、電力需給を戸別のIT(情報技術)機器で調整するスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験の推進母体となる「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立した。今般設立された「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」は、豊田市、トヨタ自動車、中部電力、コンサルティング会社であるドリームインキュベータ(東京都目黒区)が幹事会社となって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動を推進していくという。全体では20ほどのの企業や団体が共同で、愛知県豊田市に新たに造成する住宅団地で2014年度までの5年間にわたって地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験を実施するという。地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験では、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)など次世代環境車を、動く蓄電池として利用していくという。地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)を太陽光発電や住宅用燃料電池など新しいエネルギー装置と組み合わせて、住宅から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の70%削減することを目標に設定する。また、豊田市は、豊田市内の公共施設など約20か所に地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドを順次設置していく。さらに、豊田市の路線バスに化石燃料を使用しない燃料電池車を導入し、交通分野における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で40%の削減を目指すという。実証実験では、今年度中に約4千台になる次世代環境車など必要な機器を整備して、来年春頃から本格的に実証実験を始めることになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立はこちら

愛知県名古屋市では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 愛知県名古屋市の名古屋駅地区街づくり協議会では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策ヒートアイランド対策をPRする環境問題啓発の一環の取組みとして打ち水を行った。「名古屋駅地区打ち水大作戦」が行われたのは、ミッドランドスクエア(愛知県名古屋市中村区名駅4)前、名古屋ビルデイング(愛知県名古屋市中村区名駅4)前、名鉄百貨店前(愛知県名古屋市中村区名駅1)などの名駅エリアの歩道で打ち水が行われた。愛知県名古屋市の打ち水の会場には、名古屋駅地区街づくり協議会、駅地区振興会、名古屋市副市長、名古屋モード学園の生徒、仮装してゴミ拾いを行う活動を行っている「ア∞ス戦隊ゴミ拾いレンジャー」による「打ち水レンジャー」ら合わせて約200人が参加して行われ、会場となった歩道には、涼しげな浴衣姿の女性、法被姿の男性、5色のレンジャーが並んで打ち水イベントを盛り上げた。名古屋市ミッドランドスクエア前で行われた打ち水イベントセレモニーでは、「打歓人」による和太鼓の大きな響きで始まった。主催者挨拶では「昨年の打ち水への参加者は100人だったが今年は200人もの人数で開催することができた。法被に浴衣、和太鼓と打ち水に最高のシチュエーションだ。日本古来に風習にのっとって、球温暖化の原因対策の温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策とヒートアイランド対策のエコ大作戦だが、天気に負けないように頑張りましょう」とあいさつがあった。その後、一斉に歩道に打ち水を開始し、参加者らは和太鼓の演奏にのせて名古屋駅一帯に水をまいた。戦隊者に扮した「打ち水レンジャー」は「地球を冷ませ!」という決めぜりふとともに水鉄砲で打ち水を行っていた。この打ち水には、人口滝の水や愛知県名古屋市が保管していた期限切れの備蓄飲料水などの二次利用水を使ったという。打ち水を行う前には53.3度だった路面の温度は、打ち水後には43.8度となり、9.5度下げる効果があった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減

 東京電力(東京都千代田区内幸町)を始めとする電力各社は、工場やオフィスの省エネルギー及び地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減の設備の売り込みに、ガス会社に対抗して懸命になっている。その中でも、産業用ヒートポンプは、使用する電力エネルギーの3~6倍ものエネルギーを生み出すことができることから、地球温暖化の原因対策の切り札として普及が期待され、相次いで製品化している。食品工場などにもヒートポンプで供給する温水をメリットとして対象を拡大してきた。産業用ヒートポンプ機器の営業機能も強化し、都市ガスボイラーに比べて地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメリットを強調して、産業用ヒートポンプで都市ガス設備からの切り替えを狙っている。東京電力は、東京都江東区有明にある東京ビッグサイトで開幕した省エネルギー機器見本市「エネルギーソリューション&蓄熱フェア’10」で三菱重工業(東京都港区港南)と共同で開発した産業用温水ヒートポンプの新機種を発表した。産業用温水ヒートポンプは、これまで60~80度程度までしか湯温が上がらなかったため、その用途が電子部品洗浄などに限られていたが、今回発表した産業用温水ヒートポンプの機種では温度を90度まで引き上げることができるので、導入先が食品工場の殺菌工程にも拡大した。また、産業用温水ヒートポンプは、都市ガスボイラーに比べ、年間のエネルギーコストで38%、地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量で56%削減することが可能だという。東京電力は、産業用温水ヒートポンプでは、三菱重工業に加えて神戸製鋼所などとの共同開発製品も含めて品揃えを増やしていくという。こうした東京電力の動きに加えて、中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)及び関西電力(大阪市北区中之島)も都市ガス会社との競争を優位に進めるために法人営業機能を強化してきている。中部電力は技術開発拠点(愛知県名古屋市緑区)に産業用ヒートポンプの開発拠点を設置しており、その態勢を充実させているほか、関西電力も工場電化のデモ施設の設置を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減はこちら

大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロに

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が各方面で強く求められている中、化石燃料ではなく自然エネルギーを特に有効活用する「エコ住宅」の建築が各住宅メーカーにおいて取り組まれている。これには、新築住宅やリフォームを対象に「住宅エコポイント制度」が始まったことや、太陽光発電設備の設置や高効率給湯器設備の設置に対する国の補助金、さらには住宅減税が行われたことなどで経済的(エコノミー)かつ環境に配慮(エコロジー)というエコ意識が浸透し始めたからである。そのような状況の中、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)では、国内初の家庭用リチウムイオン蓄電池付き高機能住宅を来春に発売する予定をしており、7月から埼玉県さいたま市及び愛知県名古屋市の同社の住宅展示場で実証実験を開始しており、2020年までには地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ及び光熱費ゼロの「エネルギー自給自足」住宅の実現を目指している。とはいうものの、自然エネルギーは、天候や時間に大きく左右されることから、これを効率よく使うために各社とも蓄電池投入をしたいのだが、イニシャルコストが非常に高くつき、その高額な金額を消費者に受け入れてもらえるかどうかが問題になっている。大和ハウスが採用する家庭用蓄電池は、同社が出資するエリーパワー(東京都品川区)で製造しているものであり、平成24年には、神奈川県川崎市内の新工場で5倍の家庭用リチウムイオン蓄電池の量産体制をとり、家庭用蓄電池のコストダウンが可能になると見込んでいる。また、高機能携帯電話(スマートフォン)を利用することによって、住宅内の照明やエアコンなどさまざまな家電製品を一元管理することも可能であり、配電盤に設置するスマートメーターにおいて電力使用量や電気料金を表示することで、省エネ行動を促すという。

> 大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロにはこちら

大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減

 大阪府大阪市北区梅田に本社がある大和ハウス工業は、太陽光発電システムリチウムイオン蓄電池を組み合わせて装備することによって、一般的な住宅に比べ地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を65%削減できる一戸建住宅を発売すると発表した。2011年春の商品化を目指し、7月10日から同システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減の実証試験を開始するが、リチウムイオン電池付きの一戸建住宅を建設販売するのは国内で初めてのことだという。昼間の太陽光発電システムによる電力と夜間の割安な電力を蓄電池に蓄え、太陽光発電システムの余剰電力は売電することによって、双方を利用しない一般住宅と比べると、光熱費は102%削減することが可能であり、当然、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をより多く削減できるという。住宅の価格は現在のところ未定であるが、リチウムイオン電池の価格と寿命を考慮した上で、値ごろ感のある価格設定を目指しており、初年度は100棟の販売を目指すという。また、LED(発光ダイオード)照明を採用しており、消費エネルギーも抑えるため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も少なくなっている。同住宅では、原油価格の高騰などによる電気代上昇の影響を抑えられるほか、自然災害などによる停電リスクも低減できるものとなっている。大和ハウス工業は、リチウムイオン蓄電池と太陽光発電システムを最適制御する独自のシステムを採用し、太陽光発電システムによる電力を家庭で優先的に消費する「ECOモード」と、発電量すべてを売電して電気代を抑えるタイプの「おサイフモード」を選択できる設定となっている。太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電池の実証試験は埼玉県春日部市愛知県名古屋市昭和区の2か所にある実際の住宅展示場で行うという。実証試験では、これまでの鉛蓄電池やニッケル水素蓄電池と比べて寿命が長く、充放電効率が高いリチウムイオン電池と、太陽光発電システムとの連動動作などを検証する予定となっている。合わせて、電力を多く消費する家電製品機器の重複使用によるピーク電力の制御なども確認する。大和ハウスでは、今後も研究開発を進めるとしており、2020年にはエネルギーを100%自給でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない住宅の発売を目指している。

> 大阪府大阪市の大和ハウスがリチウムイオン電池装備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を65%削減はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備

 愛知県名古屋市中区栄のエンゼルパーク駐車場の南館地下1階に、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車向けの充電スタンドが開設され、名古屋市の栄地区では初めての設置となる。これは、自動車メーカーから、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)が数多く発売されるような状況になり、今後、PHV車(プラグインハイブリッド車)の本格的な市場導入も予定されているなど、電気自動車(EV)の充電設備の普及に弾みをつけることを目的としている。これは、愛知県が地球温暖化の原因防止対策として主催する「あいちEV・PHV普及ネットワーク」のモデル事業の一つとなっている。今回整備された愛知県名古屋市中区栄のスタンドには電気自動車(EV)用充電器2基が設置されており、同駐車場の利用者は、無料で最大135分間充電ができるという。愛知県地球温暖化対策室によると、地球温暖化の原因防止対策としての普及ネットワークに参加する企業が設置し、一般公開されている充電器は、愛知県内で63基あり、名古屋市内には34基あるという。駐車場を運営するエンゼルパークは「駐車の間に、電気自動車(EV)充電施設で気軽に充電してほしい。これを機に栄地区に、もっと電気自動車(EV)充電スタンドが増えれば」とコメントしていた。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備はこちら

愛知県名古屋市のビルが地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」

 都市緑化基金(東京都)が地球温暖化の原因対策の観点から選定している「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」に、愛知県名古屋市北区清水の屋上に菜園を設けている牧村さんのビルが選ばれた。このビルは、屋上菜園や壁面緑化を多用した地球温暖化の原因対策に寄与する環境共生型ビルであり、菜園ではキイチゴなどが実を付け、野鳥や昆虫が集う都会のオアシスになっているという。ビルを所有するのは、緑化コンサルタント会社の経営者の自宅と会社が入る鉄骨5階建で、約20平方メートルの屋上菜園には、ジネンジョやチョコレートベリーなど約40種類の植物が育ち、鳥が種を運んで勝手に育っている植物もあり、地上の庭園にもタブノキやフジバカマなどが植えられている。これらの植物には農薬を一切使用していないため、ヒヨドリやスズメなどの鳥が果物を食べ尽くすこともあるという。また、壁にはツタが覆っており、涼しさの演出とともに実際にも効果があるという。ビルは1997年に建設され、太陽光発電施設や雨水を再利用するシステムも備えているため、完成した頃は地球温暖化の原因対策の好例として大いに注目された。都市緑化基金の地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」は生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向けて、地球温暖化の原因対策に寄与する企業の緑化活動を盛り上げようと実施されたものである。この100選には、愛知県内から、「東邦ガス知多緑浜工場」(知多市)、「トヨタの森フォレスタヒルズ」(豊田市)、「幸田サイトソニーの森」(幸田町)も選ばれた。

> 愛知県名古屋市のビルが地球温暖化の原因対策の「企業のみどり100選」はこちら

三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度

 三重県が3月から始めた地球温暖化の原因防止対策と林業振興を目的に「三重県木材CO2固定量認証制度」で、三重県産材を店舗づくりに取り入れた3社が初めて三重県から認定された。三重県庁で授与式が行われ、野呂昭彦三重県知事がそれぞれの代表者に認定証を手渡した。地球温暖化の原因防止の同制度は三重県産のヒノキやスギを店舗・事業所の内外装や備品などに使用した企業・団体、三重県産材の住宅や家具を購入した個人を、申請に基づいて認証する制度となっている。地球温暖化の原因防止対策として三重県から認証されると、公募で選ばれた認証マークが使用できる。個人の認定者は鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の遊園地やフレックスホテル(三重県松阪市)で割引が受けられる。地球温暖化の原因防止の認定証を受けたのは、イオンタウンディベロップメント中部(愛知県名古屋市)、マックスバリュ中部(三重県松阪市)、モビリティランド鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)となっている。イオンタウンディベロップメント中部とマックスバリュ中部は、地球温暖化の原因防止対策として5月1日に三重県津市に開店するショッピングセンターやセンター内の店舗の内装などに三重県産材を使用している。モビリティランド鈴鹿サーキットは、地球温暖化の原因防止対策として3月に開店したレストランに三重県産材を利用している。

> 三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度はこちら

改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会

 環境省は、改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)を平成21年7月24日から8月31日までの間、全国9か所で説明会を開催すると発表した。この説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法となるため、改正地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省の各地方環境事務所が無料で実施するものとなっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会の開催日程は、7/24(札幌市)、7/29(東京都)、8/7(さいたま市)、8/21(那覇市)、8/25(名古屋市)、8/26(大阪市)、8/27(高松市)、8/28(広島市)及び8/31(仙台市)の予定となっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会に参加するためには、それぞれの開催地の地方環境事務所に開催日の3日前(土日祝日を除く)までに申込む必要がある。申込方法等詳細に関しては環境省のプレスリリースを参照してください。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11274

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会はこちら

愛知県・名古屋市のリサイクル等のゴミ減量

 愛知県では、循環型社会の形成に向けて県民、事業者、行政が相互に協力、連携した取り組みに広く使用しようと、3R(リデュース、リユース、リサイクル)推進月間にシンボルマークを募集したところ、2360点もの応募があった。募集区分(小学校の部、中学校の部および一般の部)ごとに、最優秀賞と優秀賞を2009年2月に決定した。愛知県のシンボルマークには、青いゴミ袋に漢字の「少」を顔に見立てたシンプルで分かりやすい山田武和さんの作品を採用した。ゴミ減量推進シンボルマークとして、今後、ゴミ減量の啓発などに使用する。一方、愛知県の名古屋市では、リサイクル等の推進をうたったゴミ非常事態宣言10周年 「ごみ非常事態宣言」から10周年を記念する「誓いのモニュメントGrowbe」が完成し、2009年2月に除幕式を行った。モニュメントは、「未来に向けてゴミを減らしていく」という誓いを、緑の地球(Globe)を表す約2mの球体そのものが環境に溶け込み、成長(Grow)していく姿(be)で表現している。名古屋市の地元への感謝と10年間の市民の取り組みを記す碑とともに設置した。「ごみ非常事態宣言」では、2年間で2割(20万t)のゴミ減量という目標を実現しており、現在、ゴミ処理量は3割、埋め立て量は6割の削減を達成した。

薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 愛知県・名古屋市のリサイクル等のゴミ減量 はこちら

国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催

 経済産業省は、東京都、大阪府で開催する地球温暖化原因防止対策の「国内クレジット制度に関する先進事例セミナー」が大好評であるのを受けて、地方都市である福岡県福岡市愛知県名古屋市及び北海道札幌市においても開催すると発表した。セミナーでは、国内クレジット制度の概要と現状説明のほか、クレジット制度の先進事例報告が行われる。また、併せて先進事例報告者による意見交換会や質疑応答も行われる予定となっている。各会場の日程は以下のとおりとなっている。
【福岡会場】
 日時:平成21年6月25日(木)14:30~17:10
 場所:グランドハイアット福岡ザ・グランド・ボールルーム
    福岡県福岡市博多区住吉1-2-82 キャナルシティ博多内
【名古屋会場】
 日時:平成21年6月26日(金)13:30~16:10
 場所:名古屋ガーデンパレス「明倫」
    愛知県名古屋市中区錦3丁目11-13
【札幌会場】
 日時:平成21年7月2日(木)13:30~16:10
 場所:センチュリーロイヤルホテル「真珠の間」
    北海道札幌市中央区北5条西5丁目
参加申込及び問い合わせ先
「排出量取引の国内統合市場の試行的実施及び国内クレジット制度普及セミナー事務局」担当:森、岡田(TEL : 03-3581-9060 / FAX : 03-3581-9062 / E-mail : kokunai-credit@togou.jp)

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 国内クレジット制度に関する先進事例セミナーを福岡市、名古屋市、札幌市で開催はこちら

地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセット

 環境省は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、地方公共団体及び事業者等を対象に開催すると発表した。地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットは、東京都(6/1)、愛知県名古屋市(6/3)、大阪府大阪市(6/9)、北海道札幌市(6/12)、宮城県仙台市(6/15)、広島県広島市(6/18)、福岡県福岡市(6/19)、高知県高知市(6/22)、新潟県新潟市(6/24)、熊本県熊本市(6/26)の10箇所で開催される。10箇所の各会場とも、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料となっている。ただし、参加希望者多数の場合には事務局で調整するとしている。参加希望者は、希望の会場の開催日の7日前までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能である。申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/zenkoku_jver2009.html

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットはこちら

家電リサイクル法の引渡義務

環境省と経済産業省は、家電リサイクル法に基づく小売業者の引渡義務違反で、ハローフーヅ株式会社(本社:愛知県名古屋市)に対し、勧告を行ったと発表した。ハローフーヅ株式会社は、平成20年10月5日まで、ビッグワンなどの店舗名でディスカウントストアを展開し、家電販売を行っていた。今回の処分は、ハローフーヅ株式会社が、平成15年4月~平成20年9月の間に計42,083台の廃家電を運搬費を支払って製造業者等以外の者に引き渡していたことが判明したことによるもの。ハローフーヅ株式会社は、排出者から無償で引き取った廃家電を、運搬費を支払って製造業者以外の者に引き渡すことが、家電リサイクル法違反に該当するとは認識していなかったとのこと。平成20年10月に、ハローフーヅ株式会社においてディスカウントストア事業を実施していたビッグワン事業部は、会社分割により同社の100%子会社ビッグワン株式会社となり、さらに、ビッグワン株式会社の全株式は、ハローフーヅ株式会社から別会社に譲渡された。平成21年3月には、ビッグワンのすべての店舗で、廃家電の引取り・引渡しが適正に行われていることが確認されている。

不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報家電製品家具レンタルリース情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 家電リサイクル法の引渡義務はこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」

 環境省は、「改正温対法説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)」を、平成21年3月2日から3月18日までの間、全国7か所で開催すると発表した。
 平成20年6月に公布された地球温暖化対策の推進に関する法律の一部改正により、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度が、平成21年度排出量(平成22年度に報告)から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法になった。
 同省ではこれを受けて、事業者の皆様に適切に算定・報告を実施してもらうために今回の説明会を開催することにしたもの。
 参加希望者は、希望日の3日前(土、日、祝日を含まず。)までに、それぞれのの地方環境事務所の環境対策課あてに、プレスリリース添付の別紙様式(参加申込書)に必要事項を記入し、FAXで申し込む必要がある。
 申込みは先着順。定員に達し次第締め切ることもある。

○開催日・開催都市
 3/2:東京都
 3/4:仙台市
 3/6:札幌市
 3/9:名古屋市
 3/10:大阪市
 3/13:岡山市
 3/17、18:さいたま市

> 改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」はこちら