TOPページ > 検索結果

検索結果 【千代田区】

環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として政府が大企業を対象に2013年度の導入を目指す二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度について、導入後の対象企業の経費総額を明らかにした。環境省によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の省エネ技術の導入などで鉄鋼やセメント、化学、自動車など産業部門は、年間600億~700億円の負担増になるが、オフィスビルなど業務部門は、逆に、同約400億~500億円の負担減になるという。環境省はこの日の中央環境審議会小委員会に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度の最終案を提示した。環境省は経済産業省(東京都千代田区霞が関)などと調整して年内にも政府方針を固めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を確実に削減するため、年1万トン以上の二酸化炭素(CO2)を排出する約4000事業所を対象に二酸化炭素(CO2)排出上限を定める仕組みである。国内で2020年に1990年比15~25%の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために必要な、企業による省エネ対策などの投資費用の総額を環境省が今回推計したものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 山武(東京都千代田区丸の内)、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)、三菱オートリース(東京都港区芝)が共同で運営する電気自動車(EV)を利用した地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、CO2削減クレジット創出事業が、国内クレジット認証委員会で経済産業省(東京都千代田区霞が関)から事業承認を受けたと発表した。電気自動車(EV)のリース顧客を集めてコミュニティーを組織し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を創出する。国内クレジット制度を活用した電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策プロジェクトの事業承認は、初めてという。3社の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減創出事業は、電気自動車(EV)リースを利用する顧客が任意参加するコミュニティーを設立し、電気自動車(EV)の使用で削減される二酸化炭素(CO2)排出量を三菱オートリースが集計、管理して取りまとめ、二酸化炭素(CO2)国内クレジット認証委員会の認証を受ける。認証申請は、二酸化炭素(CO2)国内クレジット制度に関するノウハウを持つ山武と連携する。認証された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠は三菱UFJリースが買い取り、二酸化炭素(CO2)排出枠関連サービスを提供する。事業を始めるに当たり、事業計画書を8月の第14回国内クレジット認証委員会に提出し、10月の第15回国内クレジット認証委員会で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として承認された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の承認を受けて、三菱オートリースが電気自動車(EV)コミュニティーの会員の入会受け付けを開始し、入会を希望する企業の資格確認を山武と実施する。第1回の入会企業の確定は11月上旬を予定している。電気自動車(EV)に装備されている情報提供サービス機器でデータを収集し、そのデータを基に各電気自動車(EV)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量を算出し、指定機関の審査の後、2010年度内をめどにクレジット認証を申請する。三菱UFJリースは買い取った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠代金を電気自動車(EV)コミュニティーに支払い、電気自動車(EV)コミュニティーは電気自動車(EV)普及活動や環境貢献事業にあてる。電気自動車(EV)利用企業をコミュニティーとしてまとめることで、電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を国内クレジット事業として提案できたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の山武と三菱UFJリース、港区の三菱オートリースは電気自動車(EV)の国内クレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 旭硝子(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、断熱・遮熱性能に優れて、大きな省エネ対策効果もある高機能ガラス「エコガラス」の生産を倍増すると発表した。旭硝子の鹿島工場(茨城県神栖市)で約30億円を投資してエコガラスを構成するガラスのコーティング機械を新たに設置し、2012年4月の稼働を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など国民の環境意識が高まる中で、3月に住宅版エコポイント制度が始まるなどエコガラスの需要は急増している状況にあり、これを確実に取り込んでいくという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスは、2枚のガラスを使った高機能ガラスで、ガラスの内側に施した特殊な金属膜の効果によって、夏季は太陽の熱を遮断して暑さを和らげ、冬季は部屋の温もりを逃さないという。このため、冷暖房機器の使用を抑えることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も削減することができるという。茨城県神栖市にある旭硝子の鹿島工場は、エコガラスに特殊な金属膜をコーティングする工程を行っている。旭硝子は、最新鋭のコーティング設備を導入することによって、エコガラスの生産能力は年間680万平方メートルから1300万平方メートルと約2倍に拡大する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、住宅版エコポイント制度の導入や改正省エネ法による規制強化などで、省エネ効果の高いエコガラスが注目されている。このため、旭硝子では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコガラスの国内市場が2013年には倍増すると見込んでおり、「2013年にエコガラスのシェアを60%以上にまで引き上げたい」と意気込んでいる。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコガラスは、旭硝子と日本板硝子、セントラル硝子が製造している。板硝子協会によると、既存住宅すべてにエコガラスが採用された場合、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間1700万トンにも上るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 旭硝子は茨城県神栖市でエコガラス生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の三菱電機と東京電力は高効率水冷チラーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区丸の内)と東京電力(東京都千代田区内幸町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、省エネ性能と経済性を高めて小型軽量化したビル空調用の高効率水冷チラー「水冷コンパクトキューブ」を開発したと発表した。更新時期を迎えた既設設備のリニューアル需要用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三菱電機が12月20日から販売開始するという。新開発した高効率水冷チラーは、都市ガスなどを燃料にする既存型吸収冷温水機と比較して、冷房運転時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を半分以上削減することができるという。水冷チラー設備は、ビルなどの空調に使用する冷水を作る機器で、冷房の排熱を冷却水へ放熱する熱交換器を備えている。1更新期を迎えている冷水と温水を都市ガスなどでつくる既設の熱源機及び吸収冷温水機と比べると、冷房運転時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量を54%、運転コストを24%削減するという、水冷チラーとしては国内最高水準の冷却運転効率を達成している。また、設備を運び込む時の制約を特に考慮して、新開発の高効率水冷チラーの水冷コンパクトキューブは、小型のモジュールを連結して設置する方式を採用しており、1台のモジュールのサイズを奥行き135cm、幅78cm、高さ186cm、重さ892kgと小型化した結果、13人乗りエレベーターでも搬入することができるという。これまで難しかった機械室入り口の幅90cmの狭い片扉部からでも搬入することが可能になっている。さらに、設備の保守・修理の作業性を容易にするため、内部の部品を簡単に引き出して点検・整備できる構造にしてあることから、余分なエネルギーを使わず地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。三菱電機は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する高効率水冷チラーの小型・軽量化を実現することによって、搬入や設置に制約のある既存の業務用ビルのリニューアルに対応し、省エネ性及び経済性をアピールして置き換えを促していく。三菱電機は、今回の高効率水冷チラーの水冷コンパクトキューブの開発を機に、さらに小型軽量化と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた高効率化を図っていくという。東京電力は、省エネ対策及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の効果の高い機器の開発と普及を推進する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区の三菱電機と東京電力は高効率水冷チラーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献

 セブン銀行(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力消費を従来機種から半減した現金自動受払機(ATM)をNEC(東京都港区芝)と共同開発したと発表した。2010年11月からテスト運用を開始し、2015年9月末までにセブン-イレブン(東京都千代田区二番町)などに設置しているATMの1万5000台すべてを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型機に置き換えるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の新型ATMは、札の計算速度を従来機と比較して2倍の毎秒12枚にすることで、ATM取引1回当たりの稼働時間を3分の2までに短くした。また、ATM使用時以外は常に省エネモードになるように設定を変更したほか、ATM画面のバックライトには消費電力の少ないLED(発光ダイオード)を採用し、1台当たりの消費電力を現行機種から約48%削減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減した。現行のATMすべてを新機種に変更すると、2300ヘクタールの森林が1年間で吸収固定する量に相当する年間約7000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、新型ATMは、耐用年数の長い部品やリサイクル可能な素材を採用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となり、環境負荷の低減も図った。セブン銀行は「国内の金融機関のATMの約1割を抱える銀行として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び環境保護という社会的責任を果たしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都千代田区のセブン銀行は、セブン-イレブンの新型ATMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献はこちら

東京都千代田区のYKKAPは高断熱性住宅用窓で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 YKK AP(東京都千代田区神田和泉町1)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ住宅に貢献する、アルミと樹脂の複合窓枠や複層ガラスを使い高断熱性に優れた住宅用窓「APW310」の発表会を、東京都墨田区の自社ビルで行った。YKK APが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年開発した住宅用窓「APW330」の姉妹版になるという。住宅用窓枠が樹脂のみの住宅用窓APW330に対し、APW310は住宅の外側窓枠にアルミを使用し、住宅外面の耐火性及び耐久性を向上させるとともに、日本の消費者の間で根強いアルミ人気に応えた住宅用窓となっている。窓を枠に接着する特殊技術で実現しており、断熱効果は住宅用窓APW330と同様に高く、アルミのみで枠を作った同社の窓と比べて、年間の光熱費を25%に押さえ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も25%に削減できるという。住宅用窓については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、住宅用樹脂窓の普及率はヨーロッパで45%、アメリカや中国で30%程度あるものの、日本では10%以下と高断熱や遮音性の高さなど性能の割りに人気がない。YKK APでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する樹脂窓の製造販売を挑戦と位置付け、「日本の標準として国内外に知らしめたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のYKKAPは高断熱性住宅用窓で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)と三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)は、ベトナムに原子力発電所を輸出した場合、どの程度の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、二酸化炭素(CO2)排出削減効果があるかを調査する事業を経済産業省(東京都千代田区霞が関)から受託したと発表した。国際的に売買できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を生み出す2国間オフセットクレジット制度の仕組み作りを目指すという。フランスや韓国などと競争しているベトナムにおける原子力発電所プロジェクト受注で優位に立ちたい考えだ。東京電力と三菱総合研究所は、ベトナムのエネルギー事情などについて2011年3月まで調査を実施し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の算定の手法などをまとめ経済産業省に報告する。ベトナムで出力100万kwの原子力発電所を建設した場合に、既存の火力発電所を使い続ける場合と比較して年間で500万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があるという。先進国が途上国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に協力し、二酸化炭素(CO2)排出枠を得る国連のクリーン開発メカニズム(CDM)は、原子力発電所の建設を対象として認めていないが、日本は2国間オフセットクレジット制度の枠組みを新たに作り、新興国で需要が高まっている原子力発電所を対象とする方針だという。経済産業省などは今回の調査結果を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度の仕組みを適用したい考えだという。日本が得た原子力発電所の二酸化炭素(CO2)排出枠を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標達成のために使ったり他国に売却できれば、その分、輸出する原子力発電所の価格を引き下げることもできる。今後は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2国間オフセットクレジット制度の排出量取引制度のあるヨーロッパ諸国などとも協調していくことも必要になるだろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京電力と三菱総合研究所は原子力発電所の2国間オフセットクレジット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の環境省は家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化していくため、家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け「日常生活CO2情報提供ツール」を作成し、2011年1月に公開すると発表した。家庭で使用する化石エネルギーの光熱費使用量などの情報を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出し、省エネ対策のための日常行動や省エネ機器について理解を促すものとなっているという。政府の新成長戦略に盛り込まれた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境省による「環境コンシェルジュ制度」と併せて、家庭部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減対策を加速する。家庭部門からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、ライフスタイルの夜型化や、家庭での家電製品などのエネルギー使用機器の増加などが原因で、1990年度との比較で3割以上増加しているという。環境省は、有識者による「温室効果ガス見える化推進戦略会議」で家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減策を検討し、情報提供ツールとして、環境家計簿の「我が家の環境大臣」や省エネ対策製品情報ナビゲーションの「しんきゅうさん」を開発してきた。日常生活CO2情報提供ツールは、環境省が2009年度に試行的に開発していたが、今回、これを改良して本格的に活用できるようにするという。情報提供ツールを使用すると、家庭における光熱費、水道代、住居費、食費などの入力情報を基に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算出し、家電製品などの買替による二酸化炭素(CO2)削減量と省エネルギーによる家計の節約効果などを示すことができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は家庭部門の二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、電気自動車(EV)などに使用され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主要製品となるリチウムイオン電池の先端電池事業で、アメリカの自動車部品大手のジョンソン・コントロールズ(JCI)と提携すると発表した。今後、電気自動車(EV)など車載用やスマートグリッド(次世代送電網)向けの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるリチウムイオン電池を中心に、開発や生産及び販売などで協力していくという。アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池の世界市場で3分の1以上のシェアを誇る企業であり、アメリカだけでなく世界約150か国で自動車向け鉛蓄電池事業を展開している。ジョンソン・コントロールズ(JCI)は、自動車向け鉛蓄電池以外にも内装部品なども手がけている。日立製作所は、こうしたジョンソン・コントロールズ(JCI)が持つ大手自動車メーカーとの取引関係を生かし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の販売網の拡大を図りたいとしている。日立製作所は2000年には、日産自動車の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるハイブリッド車(HV)にリチウムイオン電池を供給するなど技術で先行していたが、韓国勢を含む電機各社のリチウムイオン電池への参入で値引き競争が激化しているという。既に、日立製作所が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、リチウムイオン電池の供給を決めているアメリカゼネラル・モーターズやいすゞ自動車に加え、新たなリチウムイオン電池の供給先の確保が課題となっている。日立製作所は、今後、アメリカのジョンソン・コントロールズ(JCI)とさらに新たな次世代電池の開発も進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリチウムイオン電池の売上高を2009年度の1400億円から2014年度には2500億円まで引き上げたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の日立製作所はリチウムイオン電池のアメリカJCIと提携で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本通運(東京都港区東新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)を通じて調達する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権で二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットする取り組みを開始したと発表した。日本通運は、企業の機密書類を安全かつ効率的に処分又はリサイクルするためのリサイクルボックス(PRB)をオフィスに設置し、回収処分するサービスを行っているが、リサイクルボックスの収集運搬時に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットで削減するという。日本通運は、機密文書回収サービスとしてカーボンオフセット付きのリサイクルボックスを企業に対して販売し、日本通運が三菱UFJリースから購入した二酸化炭素(CO2)排出権を日本政府に無償譲渡し、京都議定書で定めた二酸化炭素(CO2)削減目標の達成に貢献する意向だという。日本通運は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、カーボンオフセット付き機密文書回収サービスの導入に伴い、従来どおり販売価格は変更しないという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成

 東京商工会議所(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中小企業の地球温暖化対策に役立つ環境情報を集めたホームページ「地球温暖化対策を新たな成長の原動力に~今すぐできる中小企業向けヒント集」を開設したと発表した。サイトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石燃料の一次エネルギー使用量を簡単に把握できる仕組みを紹介している。そのほか、国や東京都などの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への支援策を紹介し、光熱費削減や環境ビジネス育成に成功した企業の取組実例なども閲覧できるという。東京商工会議所が2008年に会員企業6664社を対象に行った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する意識・実態調査によると、約9割の会員企業が地球温暖化の原因防止対策は重要と認識していた。ただ、自社の環境問題対策の課題については「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための情報入手」をあげる企業が最も多く、5割超を占めていたことから、情報提供を行うサイトの作成を行ったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の東京商工会議所は二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策のサイトを作成はこちら

東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策

 古河電気工業(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応し、スマートグリッドに関連した電気の送配電技術や通信技術の開発体制を一層強化するため、研究開発本部の環境・エネルギー研究所の一部とファイテルフォトニクス研究所の一部を集約し「パワー&システム研究所」を新設すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する環境問題から、電力関連市場はスマートグリッドの活性化、超電導など次世代技術の加速が求められている。古河電気工業はグループ内で情報を共有化し、スマートグリッド関連事業のグループ戦略を策定・提案するとともに、スマートグリッド関連プロジェクトを推進する「スマートグリッド新事業推進室」を今年8月に設置している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、古河電気工業が新設するパワー&システム研究所は、スマートグリッド新事業推進室が策定した戦略や重点的に取組む新たな電力関連事業の提案を受け、研究開発を促進するために設置するという。古河電気工業の内部組織として「スマートエナジー開発部」及び「パワープロダクツ開発部」を平塚事業所(神奈川県平塚市東八幡)内に、「超電導応用開発部」を千葉事業所(千葉県市原市)内に設置するという。これは、古河電気工業社内やグループ会社に分散しているスマートグリッド技術を集約・融合して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する開発力を強化し、新製品のスマートグリッド開発を促進する目的だという。今回の古河電気工業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的とした研究開発本部内の機能集約に伴い、「環境・エネルギー研究所」は「環境・エレクトロニクス研究所」に名称変更し、同時に「高分子技術センター」、「放熱・実装技術開発部」、「コンポーネンツ技術開発部」、「有機分析グループ」、「海洋エネルギーグループ」を設置するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策はこちら

アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーとしては、ハイブリッド車や電気自動車(EV)に注目が集まっているが、最近、拡大しているのがマツダ(広島県安芸郡府中町)などが積極的に展開するアイドリングストップ機能を搭載した自動車である。これは、自動車の信号待ちなどの停車時にエンジンを完全に停止させることによって、燃料の消費を抑える機能を搭載し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するものとなっている。アイドリングストップ車が削減することができる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、停車中に排出される分に限定されるというものの、ハイブリッド車や電気自動車(EV)、あるいはクリーンディーゼル車などと比較して、ガソリンエンジン車に部品を追加するだけなのでコストを抑えることができ、さらに、間違いなく燃費を向上させることができる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるアイドリングストップ車については、従来、路線バスなど一部の業務用車両でしか採用されていなかったが、最近になって乗用車にも採用されるようになってきた。環境省(東京都千代田区霞が関)の試算によれば、ガソリンエンジン乗用車では10分間のアイドリングにおける燃料消費量は平均0.14リットルとされ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)に換算すると約90gの排気ガスが排出されることになる。東京都内で登録されている約400万台の自動車が、毎日、アイドリングを10分ずつ短縮したとすると、1年間で約13万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できることになる。これは、日本全体の1年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の約5万人分に相当する。また、都市部などの混雑した道路では自動車の走行時間のうち47%は停車しているという、財団法人省エネルギーセンター(東京都中央区八丁堀)の調査結果があり、自動車の走行時間のうちの25%程度はアイドリングストップが可能で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。このアイドリングストップを実施すれば、約14%の燃費改善効果があり、停止からエンジン始動時の燃料消費増加分を考慮しても、5秒以上のアイドリングストップができれば、省エネ効果と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アイドリングストップ車のエコカーで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国河南省鄭州市全域のレストランから出る日量200トンの生ゴミで発電するバイオガス発電システムを、中国青海省の「青海潔神」から受注した。JFEエンジニアリングによると、鄭州市の生ゴミのバイオガス発電システムは、今年中に着工し、来年中に稼働させる予定だという。JFEエンジニアリングは青海潔神から今後、同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する生ゴミのバイオガス発電システムを年2~3件受注を見込んでいるという。JFEエンジニアリングの生ゴミのバイオガス発電システムは、生ゴミを一旦粉砕してから、発酵するものとそうでないものに分別し、発酵するものからメタンガスを取り出して900kwの電力を発電する仕組みになっている。日量200トンの生ゴミがあれば、年間7500時間発電可能であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大きな削減対策となっている。中国の青海潔神は2006年に設立され、生ゴミの収集や処理場の建設及び運営などを行っている会社である。青海省西寧市内では、レストランから排出される生ゴミの収集事業を行っているが、生ゴミのバイオガス発電システムまで手掛けるのは今回が初めてのケースになる。同社が鄭州市の事業を始めるに当たり、過去に人的つながりのあった日本のJFEエンジニアリングの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる、生ゴミのバイオガス発電システムが採用されたという。中国では、生ゴミだけでなく、産業廃棄物や下水汚泥なども埋め立て処分してきた。しかし、最終処分場が少なくなったことや、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題保全の観点から、中国政府はゴミの無害化及び再資源化を推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングは生ゴミのバイオガス発電で地球温暖化の原因になる二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電施設への苦情

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策自然エネルギーとして期待されている全国289か所の風力発電施設のうち、住民から風力発電施設の騒音に関する苦情が寄せられたことがあるのは16%に当たる64施設であったと発表した。このうち25施設は今年4月1日時点でも風力発電施設への苦情が続いていたという。しかし、風力発電施設は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく寄与することから、環境省は、今後、風力発電施設の立地条件と風車等による騒音との因果関係や、風力発電施設の騒音が人体の健康に与える影響などを詳しく調査を行い、風力発電施設の建設や管理における配慮事項を盛り込んだ風力発電施設騒音対策ガイドラインを策定するという。環境省の調査は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置され、総出力20kw以上の稼働中の風力発電施設を持つ電力会社など186事業者と所在地の都道府県を対象に、4月1日現在の風力発電施設の状況をアンケートで聞いた。64の風力発電施設は、不快感や窓の振動などの原因とされる100ヘルツ以下の低周波音を含む騒音によって、周辺住民から風力発電施設への苦情や改善の要望書が出たことがあったという。このうち、39の風力発電施設では、設備の改良や早朝夜間の運転停止などの対応を取ったことから周辺住民からの苦情は解消なくなっている。また、風力発電施設の風車が10基以上稼働している大規模な施設の45%で苦情が寄せられるなど、風力発電施設が大型化するほど騒音の影響が大きいことも分かったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電施設への苦情はこちら

東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施する「平成23年版環境白書表紙絵コンクール」の募集が2011年1月15日まで行われている。環境白書(環境・循環型社会・生物多様性白書)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題や循環型社会の形成、生物多様性について、その状況と関係する施策を毎年環境省が公表している。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境白書の内容を象徴する絵画を環境省が公募し、その表紙などに使用することで、環境白書の一層の普及を図り、環境問題、循環型社会、生物多様性といった地球環境問題に対する国民の関心を高め、持続可能な活力ある社会を構築する行動をとってほしいという願いのもと、毎年実施されている。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への機運が高まった平成11年版環境白書から実施されており、今回で13回目の募集となる。環境白書の募集部門は、小・中学生の部、一般の部(高校生以上)、今回から「アーティストの部」が新設されており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかける作品に対して、それぞれ賞状と記念品が授与される。審査は、環境教育の専門家、美術の専門家等、環境省及び事務局が選任する審査委員によって行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱商事(東京都千代田区丸の内)では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、市場メカニズムを使った「地球環境問題と経済の共生」が必要であるとの認識の下、いち早く二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスに取り組んでいるが、この度、京都議定書が定める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトのCDM案件の国連登録件数が日本企業で初めて50件に到達したと発表した。三菱商事の地球温暖化の原因防止対策のCDM案件開発は、2006年3月に国連登録されて以来、2010年9月24日付で50件目の国連登録を達成した。その間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の年間削減量は、二酸化炭素(CO2)排出量換算で累計約24百万トン/年となった。これら以外にも現在CDM案件の約30件が国連登録手続き中にあり、登録済みCDM案件の50件との合計の年間における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は約29百万トン/年となる見込みだという。また、京都議定書第一約束期間である2012年末までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権の創出総量は約9千万トン分を予定している。三菱商事では、引き続き、総合商社の強みを生かし、世界各国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減プロジェクトの立ち上げや、多岐にわたる需要家への二酸化炭素(CO2)排出権の着実な受け渡しなど、二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の三菱商事が京都議定書のCDMで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の政府目標として、2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で25%削減するためには「家庭分野からの二酸化炭素(CO2)排出量を2008年比で5割以上削減することが必要」としている。このため、環境省は、来年度から「環境コンシェルジュ」制度の創設を計画した。環境コンシェルジュとは、各家庭の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を用途別に診断し、省エネ行動を指導する役割を持っている。環境コンシェルジュは、各家庭に出向いて住民に「1日にテレビを何時間見ていますか」といったアンケートを取ることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出源とその排出量を擬似的に「見える化」することから始める。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として指導する「省エネ行動」は、各家庭の生活パターンの見直しはもちろん、エコリフォーム、省エネ家電への買い換え、太陽光発電システムの導入など幅広い分野にわたっている。この制度を全国展開するきっかけは、兵庫県が2008年秋から2009年春にかけて100件の家庭に対して行った環境コンシェルジュによる「うちエコ診断」であり、これを全国展開するものとなっている。兵庫県では、環境コンシェルジュの診断後に省エネエアコンを導入したり、省エネテレビに買い換えたりしたモニター家庭が全体の各1割もあったという。また、環境コンシェルジュのアドバイスに基づいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムや高効率給湯器の導入といった「難易度の高い地球温暖化の原因防止対策」を実施した家庭もあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は環境コンシェルジュ制度で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言

 米倉弘昌日本経団連会長ら経団連幹部は10月4日、東京都千代田区のホテルで松本龍環境大臣ら環境省(東京都千代田区霞が関)幹部と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や二酸化炭素(CO2)排出権取引規制などの環境問題について懇談した。米倉会長は、2020年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年と比較して25%削減するなど、政府が進める環境問題対策について「内外にアンチビジネスのメッセージを発しているのではないか」と強い危惧を示した。米倉会長は「日本は先進国のなかで唯一、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して規制を強化している」との認識を示し、「厳しい経済情勢を乗り切るには民間活力が重要だ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といえども、政府には税制や規制緩和などで民間の活力をそがないようにお願いしたい」と強調した。これに対し、松本環境大臣は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策については、日本の技術で環境問題で世界のリーダーシップをとるべきだ」との考えを表明し、「産業界の意見を聞きながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る施策を進めたい」と述べるにとどまり、双方の主張は平行線のままであった。このほか、10月中旬に愛知県名古屋で開催される生物多様性条約国際会議(COP10)についても意見を出し合った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本経団連が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に苦言はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 長谷工コーポレーション(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、建設現場の仮囲いに太陽光発電システムを設置し、夜間でも明るく安全に歩ける空間を提供する活動を始めたと発表した。東京都千代田区で建設中の「富士見1丁目計画新築工事」(オフィス・賃貸マンション、事業主=住友不動産)に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムを設置するという。今年度中に東京都内など首都圏の60カ所で順次導入し、地域防犯に寄与しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題にも配慮した活動を推進していく方針だという。近畿圏及び中部圏でも主要な物件において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置も検討している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電した電気は、リチウムイオン電池に蓄電され、仮囲いに設けた夜間のLED(発光ダイオード)防犯灯、LEDロゴサイン、LEDフットライトの照明に使用するという。長谷工コーポレーションの試算では、1日4時間の日照があった場合、太陽光発電システムの太陽光パネル1枚当たりの発電量は349w/日になり、年間発電量にすると127kw/年になる。年間約70kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ができる。富士見1丁目計画の現場では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの太陽光パネル4枚、LEDロゴサイン1基、LED防犯灯2基、LEDフットライト5基を設置している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の長谷工コーポレーションが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、全国にある290棟のすべての住宅展示場を対象に、その運営で使用する電気・ガスにより1年間に排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を自社社有林で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、カーボンオフセットを実施すると発表した。住友林業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境省(東京都千代田区霞が関)が推進するオフセット・クレジット(J-VER)制度の「持続可能な森林経営促進型プロジェクト」において、昨年7月、宮崎県山瀬地区の住友林業社有林を対象とした「住友林業株式会社 社有林管理プロジェクトⅠ」が「持続可能な森林経営促進型」の第1号として登録された。今回の取組みは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自社のオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、事業活動における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを決定した。住友林業では、今後とも環境問題への配慮の取組みを更に推進していくという。今回は自社で取得したオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、展示場の運営で使用する電気・ガスにより排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全量を相殺することとし、事業所でも更なる環境配慮への取組みを進めていくとのこと。これらは、2009年から住友林業が推進する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」の取り組みの一環である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「プロジェクト EARTH」は、山林環境事業で培った植林ノウハウを活かし、環境保全、生物多様性に配慮した二酸化炭素(CO2)を固定する森林整備を推進するとともに、住まいづくりの過程で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットする山林事業から住関連事業に至るまで、そのすべてをグローバルに展開する取組みである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の住友林業がオフセット・クレジット(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)、オリックス(東京都港区芝)、オリックス自動車(東京都港区芝)の4社は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)が搭載する蓄電池の電気を家庭などで利用するためのシステムの開発に着手したと発表した。これには、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO:神奈川県川崎市幸区)の補助金も決定している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として貢献している電気自動車(EV)を、さらに「走る蓄電池」と位置付ける取組みで、電力需給を自動調整する次世代送電網のスマートグリッドの一つとしても期待されている。電気自動車(EV)に搭載するリチウムイオンなどの蓄電池を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる社会インフラと位置付け、家庭や地域社会で利用する仕組み作りを検討していくという。日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)リーフの蓄電池から家庭やビルに電気を流す技術を開発する。12月に発売する電気自動車(EV)リーフの蓄電容量は、一般家庭の2日分の消費電力に相当するという。現在の仕組みでは、一度電気自動車(EV)の蓄電池に蓄えた電気を、再び、家の中の家電製品などの電気として使用できないが、これを可能にする仕組みを検討するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムを備えた住宅も徐々に増えているが、この自宅で発電した電気を電気自動車(EV)の蓄電池に蓄え、走行しない時や災害時に家庭用電力として利用する方法なども研究するという。日産自動車では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、これまで電気自動車(EV)は走ることだけしか考えてこなかった、それ以外の役割も果たすことができるようになる」と話している。また、今後、電気自動車(EV)の普及に合わせ、充電スタンドの整備も進むとみられているため、日立製作所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電と蓄電池を利用した効率的な電気自動車(EV)の充電システムなどを検討する。オリックス自動車は電気自動車(EV)のカーシェアリングシステムなどを研究するという。今回の取組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「蓄電複合システム化技術開発の対象事業」として8月に採択された。同事業による研究費などに対する補助金を受け、神奈川県横浜市において実証実験を行う予定で、2012年度までに成果を上げたいという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の蓄電複合システム化技術開発の対象事業には、東京電力(東京都千代田区内幸町)や東芝(東京都港区芝浦)など9社によるスマートグリッドの蓄電池制御の最適化へ向けた「リチウムイオン電池データの標準化」なども採択されている。電力会社や電機メーカーはもちろん、電気自動車(EV)や家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する自動車メーカーにとっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するスマートグリッド市場は大きな市場になる。このため、トヨタ自動車も愛知県豊田市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプラグインハイブリッド車(PHV)の電池の電気を家電製品などに供給する実証実験を実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県横浜市の日産自動車等が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都千代田区の日立製作所が両面受光太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる商品として、パネルの両面で発電できる新型太陽電池を開発し、平成23年度中に市場販売を開始すると発表した。日立製作所は、かつて平成20年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいた両面受光太陽電池の開発・販売から撤退していたが、今回発電効率の高い新型両面受光太陽電池パネルの開発に成功したことで需要を開拓できると判断、今後、成長が見込める太陽電池パネル市場に再参入することを決定したという。日立製作所によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献可能な、表裏両面で発電できる「両面受光太陽電池」については、神奈川県横浜市にあるベンチャー企業の「PGVソリューションズ」と共同開発したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての両面受光太陽電池の発電効率は、表裏両面で計約25%という高効率を実現している。生産はPGVソリューションズが担当し、販売を日立製作所の子会社が請け負うという。両面受光太陽電池は、地面と垂直に設置できる高速道路のフェンスや建物の屋上などに、省エネ対策や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用され、通常のものと比べ3割近く発電効率が高くなるのが特徴といえる。日立製作所は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平成14年に世界で先駆けて両面受光太陽電池の量産に成功していたが、収益が悪化し、平成20年に製造・販売から撤退していた。両面受光太陽電池の再開の理由について、日立製作所では、「両面受光太陽電池の高い発電効率を実現したほか、太陽電池の市場環境も補助金制度や電力会社の売電買取制度など改善したほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため」としている。太陽電池は世界的に注目される中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、各国で需要拡大が期待されており、国内各社のほか、中国や韓国企業も太陽電池の生産を拡大している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の日立製作所が両面受光太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 大手サッシメーカーが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する製品として、オフィスビルやマンション向けに断熱性能や遮音性を高めた環境性能の高い高機能サッシを相次いで発売している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や省エネ対策などに対するエコ意識の高まりに伴い、企業や消費者が環境問題配慮型のビルやマンションを選ぶ傾向を強めるなか、ビルや集合住宅のオーナー向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を抑えられる高機能サッシの特徴をアピールしている。住生活グループ傘下のトステム(東京都江東区大島)及び新日軽(東京都江東区南砂)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、共同開発したビル用高機能サッシを10月1日から発売している。トステムが「プローゼ100」、新日軽は「RMG-100」の名称で売り出している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する環境性能が高いとされるペアガラスのすき間が12ミリの複層ガラス専用で、両社の技術を組み合わせることで開口部の断熱性を一段と高めた高機能サッシが特徴となっている。この高機能サッシは、エアコンの室温を冬は低めに、夏は高めに設定することが可能になり、エネルギー消費量削減による省エネ対策のほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高機能サッシの参考価格は、幅170センチ、高さ180センチのタイプが12万3000円で、従来品と同程度に据え置いた。また、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中低層オフィスとマンション向けに、断熱性能を高めながら低コストを実現した高機能サッシとして「EXIMA31」を販売している。この高機能サッシは、全製品を中間空気層12ミリの複層ガラスに対応させつつ、価格は4万8200からに抑えた。このほか、三協立山アルミ(富山県高岡市早川)も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、高機能サッシを使った「MTG-70 HOOK工法」を5月に売り出しており、不二サッシ(神奈川県川崎市幸区)も「コンフォート CF」を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として6月から販売している。社団法人日本サッシ協会(東京都港区西新橋)によれば、2010年度のアルミサッシ需要は、前年度比1.5%減の20万2000トンに縮小する見通しで、このうち、ビル用サッシは12.4%減の7万8000トンと減少する見込みだという。このため、市場が縮む中で各社間の顧客争奪戦が一段と激化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の機能の競争も激しくなると予想している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区のトステム等が高機能サッシで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 株式会社山武(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、事業者全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や化石エネルギー消費量の把握・管理を支援するインターネット上のサービス「CO2マネジメントシステム」用のデータ自動収集端末機「CO2モニタリングターミナル(CMT)」を開発した。同端末はレンタルで提供しており、これを利用すると、化石エネルギー使用量を手入力する作業が不要になり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を簡単にマネジメントすることができるようになるという。CO2マネジメントシステムは、インターネットを介してデータを入力することで、事業者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の総量が分かるサービスである。化石エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を人間の目に「見える化」することができる。同社のビルディングオートメーションシステムのないケースでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基礎となるエネルギーデータを管理するためには、電気やガスなどのエネルギー使用量を毎月手入力する必要があった。しかし、CO2モニタリングターミナルは、建物内の電力量計の検針データを1日ごとに自動的に収集するシステムになっていることから、人力でデータを入力する作業が不要になった。このターミナルを同社のセンターと接続し、収集・分析した情報をグラフデータなどにしてウェブで提供している。システムの利用企業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に要するエネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量がタイムリーに把握することができるので、報告書の作成や省エネ対策への活用が可能になる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に利用するターミナルは、CO2マネジメントシステムのオプションとして、インターネット通信費を含んで年間約50万円で貸し出しを行う。同システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、40企業3000以上の事業所に既に導入されているが、さらに利用を促進するため、ターミナルを開発したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の山武の「見える化」による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)、外務省及び農林水産省による生物多様性条約COP10MOP5カーボンオフセット事務局は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「生物多様性条約第10回締約国会議等におけるカーボンオフセットに用いる二酸化炭素(CO2)排出量クレジット」の募集を行うと発表した。生物多様性条約(CBD)の第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)開催にあたっては環境負荷を低減する環境配慮を行うことが求められ、過去の国際会議等を参考にしつつ廃棄物や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出削減努力を行い、削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を二酸化炭素(CO2)排出量クレジットによるカーボンオフセットで削減することにより、COP10/MOP5の環境負荷を可能な限り低減する必要がある。今回の公募は、こうした削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットするために、COP10/MOP5の趣旨に即した二酸化炭素(CO2)排出量クレジットを調達することを目的とするものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> COP10・MOP5でカーボンオフセットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 農林水産省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する「地産地消の仕事人」選定委員会を開催し、全国で地産地消に取組む42人を第3回「地産地消の仕事人」として選定した。地産地消については、流通距離が短くなることから、長距離トラック等の排ガスを少なくすることができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる。この地産地消の推進にあたっては、生産から流通・販売までの多様な分野で知見や経験を有する人材の育成・確保が重要となってくることから、農林水産省が全国各地で活躍している「地産地消の仕事人」を募集していた。地産地消の取組は、消費者に地域の農産物を購入する機会を幅広く提供し、農業従事者と消費者をつなぐことにより、食料自給率の向上や地域農業の活性化につなげるとともに、食品の輸送距離を縮め、輸送に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与することが期待されている。今回は、地産地消の仕事人として、農業者などの農業生産従事者や料理人などの地産地消を利用している者のほか、居住地県内の直売所のネットワークづくりにより交流や地産地消に貢献したジャーナリスト、給食での地産地消農産物利用率を向上させた給食サービス事業者、地産地消直売所を食と農のテーマパークとして運営する直売所店長なども選定した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の農林水産省は地産地消の仕事人で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している平成22年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち、「木のまち整備促進事業」の採択プロジェクトを平成22年9月22日までに決定し公表した。国土交通省による木のまち整備促進事業は、再生産可能な循環資源である木材を大量に使用する建築物の整備によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じ、低炭素社会の実現に貢献するため、先導的な設計・施工技術を導入する大規模木造建築物の建設に対し、材木は二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、その費用の一部に補助金を支給するというものである。平成22年6月4日から7月23日までのプロジェクト公募期間中に20件の応募提案があり、学識経験者で構成される「木のまち整備促進事業評価委員会」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する評価を経て、10件の補助金対象の採択プロジェクトを決定した。国土交通省は、今回の補助金対象の採択採択プロジェクトについて、建築物の調査設計計画費のうち、先導的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の木造化・木質化に関連する費用の2/3の額、又は木造化・木質化に関する先導的な設計・施工技術を導入した場合の工事費と当該設計施工技術を導入しない場合の工事費の差額の2/3の額のうち、国土交通省が認める費用の補助金支出を行うという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が木のまち整備促進事業補助金で二酸化炭素(CO2)吸収固定の地球温暖化の原因防止対策はこちら

国土交通省が都市緑化で二酸化炭素(CO2)吸収源の地球温暖化の原因防止対策

 国土交通省(東京都千代田区霞ヶ関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献する、平成22年10月の「都市緑化月間」中に開催する都市緑化イベントの概要を発表した。国土交通省では、昭和50年から毎年10月を「都市緑化月間」と定め、また、平成18年からは「ひろげよう 育てよう みどりの都市」を全国統一テーマとして掲げ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、国・地方公共団体を中心に都市緑化意識の高揚に寄与するイベントを実施してきた。平成22年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「都市緑化月間」のイベントとしては、「平成22年度都市緑化キャンペーン」(10月1日 有楽町駅前公園:東京都千代田区有楽町2丁目)、「ひろげよう 育てよう みどりの都市」全国大会(10月29日 日比谷公会堂:東京都千代田区日比谷公園1-3)のほか、国営公園の無料開放などをはじめ、全国各地で都市緑化の普及、啓発のための行事を実施する予定をしている。都市緑化は、京都議定書目標達成計画においても、国民にとって最も日常生活に身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収源対策であり、その普及啓発やヒートアイランド対策等を通じた都市の省二酸化炭素(CO2)に貢献するものとして、推進の必要性が位置づけられている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が都市緑化で二酸化炭素(CO2)吸収源の地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、情報通信技術(ITS)による環境問題解決の東京都モデルを作る試みを実現する「グリーン東京研究会」が発足し、9月28日に設立総会が東京都千代田区の三菱総合研究所で開催された。これまでの環境問題の取組みといえば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を国や地方自治体が掲げて、その二酸化炭素(CO2)排出量削減計画に基づいて民間セクターが努力するというのがほとんどだった。しかし、グリーン東京研究会は行政に頼らず、民間レベルで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する環境問題改善プラン「グリーン東京モデル」をとりまとめ、継続的に行政に提案していくことを活動目標としている。グリーン東京研究会の発起人代表は、三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)理事長の小宮山宏氏である。前東京大学総長の下に、東京都内の主たる大学の有識者を始め、情報通信技術(ITS)に携わる業界団体の代表約40人が集まったという。東京都のC地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の主たる要因は、オフィスと家庭、さらに自家用と事業用の移動手段で約9割を占めている。小宮山氏は会長選任の挨拶で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の問題では、誰が汚染者で誰が被害者かわからないということがよく言われる。しかし、東京都の場合は明確にわかる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)による汚染者は我々自身。実は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の9割が生活から排出されているということを、みんな納得しているだろうか」と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する問題点を指摘した。その上で「日本で今まで十分に活用されていない情報通信技術(ITS)を使うことが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する様々な問題を解決していく鍵がある」と述べて、グリーン東京研究会の方向性を示した。グリーン東京研究会では、来年1月に第2回の研究会を開催し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する提案作成に向けた議論を交わし、年度末にかけて提案書をとりまとめる予定をしている。また、2011年度以降は、提案に基づいた具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のプロジェクト体制を整えるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都は情報通信技術(ITS)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国向けに再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、JFEエンジニアリングが、中国国内でレストラン厨芥である飲食店から出る食品廃棄物処理事業を展開する青海潔神環境能源と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備供給の業務提携契約を締結し、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに設備を導入するものとなっている。中国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス発電システムの導入はJFEエンジニアリングが初めてのケースとなる。当面は年間2~3件の再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備の受注を目指すという。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は、年間2,000億円規模になるといわれており、JFEエンジニアリングは将来的に実際の事業参画も視野に入れて積極的に参入していきたい考えだ。中国では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には無関心なまま最近まで事業が行われてきており、一般廃棄物のほか、産業廃棄物や下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な環境問題となっている。最近になって、レストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再資源化までを一貫して行う事業を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。レストラン厨芥の収集・運搬から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジニアリングのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備システムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWをバイオガス発電し、クリーンな再生可能エネルギーとして売電できるようになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

環境省が東京都千代田区で地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の説明会

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を一層推進していくため、化石エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの発生状況等を定量的に情報提供する機能を持った商品やサービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減効果の検証方法を評価するとともに、これらの普及促進させるための広報事業を実施すると発表した。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業は、商品等の利用や行動時の化石エネルギー消費等に伴う、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を消費者に示す「見える化」の機能を有した商品等について、その「見える化」の機能の効果の評価手法及び評価結果を第三者が検証し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の「見える化」についての知見を集積するとともに、その成果を広く一般に普及させること目的とするものである。環境省では、化石エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生状況等を即時的(リアルタイム)に情報提供する機能である「見える化」を有した商品等を対象に、既に「見える化」の商品等を持っている事業者及び「見える化」の商品等は持っていないが構想中のアイデアがある事業者を対象に、この「見える化」事業への参加者を平成22年10月14日まで募集する。環境省では、株式会社三菱総合研究所に委託し、「見える化」公募に関する説明会を以下の日程で開催する。環境省温室効果ガス「見える化」公募説明会
日時:平成22年9月30日(木)10:00~12:00
場所:株式会社三菱総合研究所1階AVルーム
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 東京メトロ丸の内線大手町駅(A2出口)から徒歩2分、JR東京駅(丸の内北口)から徒歩10分、JR神田駅(西口)から徒歩8分
応募方法の詳細に関しては、「見える化」公募要領及び株式会社三菱総合研究所の本事業専用ホームページ( http://rt-mieruka.mri.co.jp/ )を参照のこと。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省が東京都千代田区で地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」の二酸化炭素(CO2)排出削減対策の説明会はこちら

東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境研究機関が参加している「環境研究機関連絡会」は、平成22年11月17日に東京都千代田区にある学術総合センターにおいて、第8回環境研究シンポジウム「わたしたちの生活と環境 ~地球温暖化に立ち向かう~」を開催すると発表した。「環境研究機関連絡会」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境研究に携わる国立・独立行政法人の研究機関が研究の連携・協力を緊密にすることを目的に平成13年に設置した組織である。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の成果発表会は、(株)三菱総合研究所理事長 小宮山宏氏による基調講演「低炭素型ライフスタイルへの転換 ~日々のくらしの低炭素化に向けて~」のほか、「住環境における省二酸化炭素(CO2)、省エネルギー実効性向上の取組」、「私たちの生活の将来展望」、「海・食卓への影響と適応技術」、「気象災害の予測と適応策~MPレーダネットワーク による局所的気象災害予測の現状と展望~」、「木材製品の利用による適応策~木材製品利用による二酸化炭素削減効果の定量的評価~」の5つの講演を行う予定となっている。参加希望者は特設サイト( https://project.nies.go.jp/events/renrakukai2010/ )から事前に登録することが必要で、参加費は無料となっている。環境研究機関連絡会へ参加している研究機関は、(独)防災科学技術研究所(茨城県つくば市天王台)、(独)物質・材料研究機構(茨城県つくば市千現)、(独)農業環境技術研究所(茨城県つくば市観音台)、(独)森林総合研究所(茨城県つくば市松の里)、(独)水産総合研究センター(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、(独)産業技術総合研究所(茨城県つくば市梅園1)、国交省気象庁気象研究所(茨城県つくば市長峰)、国交省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市旭)、(独)建築研究所(茨城県つくば市立原)、(独)港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市長瀬)、(独)土木研究所(茨城県つくば市南原)、(独)国立環境研究所(茨城県つくば市小野川)の12の機関である。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策のシンポジウムはこちら

YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)、大建工業DAIKEN(大阪府大阪市北区堂島)、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)の3社(=TDY)は、10月15日から全国4都市で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した「グリーンリモデルフェア」を開催すると発表した。フェアでは、と旧温暖化の原因防止対策や省エネ対策など住宅改修の流れや仕組みを紹介するほか、改修後の事例を実物大で展示する。住宅の部分改修の事例については、ビフォー・アフターで見て分かるように展示するという。さらに、個別ゾーンでは、TOTOが住宅の水回り、大建工業DAIKENが住宅の建材、YKKAPが住宅の開口部の商品や機能を紹介するという。グリーンリモデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるものであり、3社共同の取組みとして2008年から開始している。住宅の「健康配慮」、「長もち住宅」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減」をテーマに商品や空間づくりを提案している。住宅の工事着工前に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策その他の角度からグリーンリモデル診断を行い、住宅の性能や状態、顧客の潜在ニーズを把握し、その結果を基にリフォーム・メンテナンス計画を作成するという作業になる。住宅工事内容などはTDY住宅履歴情報サービスで管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等のフェア開催地は次のとおりとなっている。【名古屋】10月15~17日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2)【大阪】11月19~21日、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1-5)【福岡】2月10~12日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)【東京】4月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日立製作所とパナソニックがCEMSとHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策で合意

 日立製作所(東京都千代田区丸の内)とパナソニック(大阪府門真市大字門真)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が構築された低炭素社会の実現に向け、グローバル市場でのスマートコミュニティ関連事業において、協力関係を合意した。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、日立製作所が強みを持つコミュニティエネルギーマネジメントシステム(CEMS)の技術と、パナソニックが強みを持つホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)技術を基に、CEMSとHEMSの実用化と普及を目指して、インターフェイスの共同開発や標準化への取組みなどを推進していくという。スマートコミュニティは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が構築された「低炭素社会」を実現する持続可能な社会システムの重要な要素の一つとなっている。次世代電力網であるスマートグリッドを中心とした電力システム、交通システム、上下水道処理施設などの社会インフラやビル、住宅などを情報通信技術でつなぎ、都市社会全体を最適に制御することにより、人々が生活する空間を安全・安心で、快適なものとして維持させながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境負荷の最小化や、総合的な社会コストを抑制するものである。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートコミュニティを実現するためには、エネルギーの供給から需要までのシステムを効率的に連携させ、地域内でのエネルギー需要の調整、機器・設備の監視、運用や付加価値サービスの提供、さらには、各家庭における効率的なエネルギーの管理を行うことが必要であり、このための環境問題の管理システムがCEMSやHEMSとなっている。CEMSは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する風力発電、大規模太陽光発電(メガソーラー発電)などの新エネルギー・自然エネルギー発電も含めた発電設備からの系統電力の供給側と、一戸建て住宅、マンションやオフィスビル、電気自動車(EV)充電システムなどの需要側の様々なシステムを連携させ、管理・運用するシステムとなっている。一方、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するHEMSは、各家庭の家電製品、太陽光発電システムの機器、家庭用電気自動車(EV)充電器や蓄電池などの設備機器を連携させることで、全体のエネルギー使用量、省エネ目標値の達成状況やアドバイスを見える化し、家庭内の省エネ対策をサポートするシステムである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日立製作所とパナソニックがCEMSとHEMSによる二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策で合意はこちら

住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 太陽光発電システムはクリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるのであるが、良質な蓄電設備がないことから、電気を使うか電力会社に売電するしか利用方法がないのが課題であった。住友林業(東京都千代田区大手町)は2011年中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用蓄電池を装備した住宅を発売すると発表した。この住友林業の家庭用蓄電池には電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーを利用するという。今年11月には、神奈川県横浜市に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる家庭用蓄電池搭載住宅のコンセプトモデルハウスをオープンするという。クリーンエネルギーの太陽光発電システムで電気エネルギーを創出し、家庭用蓄電池で電気エネルギーを貯留し、これらを専用の電気エネルギー制御システムによって家庭内の消費エネルギーをコントロールし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。将来的な目標としては、住宅の建設から廃棄までライフサイクルにおける地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の収支がマイナスとなる「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅」の開発を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEVの家庭用蓄電池で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都八王子市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の省エネ住宅

 東京都内の大学や建設会社、不動産デベロッパーなどによる「ココラボモデル環境共生住宅建設委員会」は、これまでの地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに関する研究成果を基にして東京都八王子市堀之内で建設を進めていた省エネ戸建て住宅「東京デコルテ グローイングヒルズ『ココラボモデル』」の販売を開始した。同委員会は、マンションや一戸建を取り扱うコスモスイニシア(東京都千代田区)と大学の建築系研究室などが、建築における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの研究を目的に2006年に結成した。「建築家を目指す学生の発想とコスモスイニシアの経験、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や家族みんなの暮らしの夢を加えるとどのような家ができるのかというのがコンセプト」とコスモスイニシアの担当者は話す。2008年度には、コスモスイニシアと東京大学大学院(東京都文京区本郷)が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に関する「環境共生住宅」をテーマに産学共同研究「ココラボ2008」を実施した。2008年6月から半年間にわたり、一般からの意見も取り入れながら、省エネ対策・素材・外環境・住空間・街並みの5つの視点で住宅のあり方を検討してきた。子供のためのワークショップ、実験や発表会などを行い、出来上がったのが今回の家のモデルだという。今回は細田工務店(東京都杉並区)が開発を進めている戸建住宅プロジェクト「東京デコルテ グローイングヒルズ」の中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を加えた2棟を建設した。この住宅は、街区の設計によって作り出された風をウインドキャッチャーで取り入れて、家の中に風がどんどん入ってくる。個々の住宅では庇によって日照を冬と夏で調整して室内温度をコントロールするほか、屋根の蓄熱を防ぐ「クールルーフ」塗装や床下には蓄熱コンクリートを採用している。また、夏場は日差しを遮り、冬場は日光を室内へと取り入れるため落葉樹も植えた。省エネ対策にも優れて猛暑の中でもエアコン不要な気持ちいい家なので、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都八王子市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の省エネ住宅はこちら

山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 山梨県北杜市は、三峰川電力(東京都千代田区)と共同で、山梨県北杜市大泉町、山梨県北杜市高根町にある村山六ケ村堰せきに新たに3か所、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる小水力発電施設を整備すると発表した。山梨県北杜市高根町には水力発電施設1か所があるが、今回の計画で4つの施設が同じ堰に造られることになる。北杜市は4発電所を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「村山六ケ村堰ウオーターファーム」として山梨県内外に積極的にPRし、環境創造都市を目指す北杜市のイメージアップにもつなげたい意向だという。山梨県北杜市の事業計画では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、北山梨県杜市大泉町の西沢地点に最大出力220kwの小水力発電施設、山梨県北杜市高根町の川子石地点に同170kwの小水力発電施設及び蔵原地点に同185kwの小水力発電施設を整備するという。いずれも総落差約50メートルの水力を利用する水路式として整備する予定で、年間発電量は約402万6千kwhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約1,680トンとなる見込みだという。このほど、新エネルギー導入促進協議会が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小水力発電施設整備事業への補助金支出を決定した。三峰川電力が施設建設と維持管理、売電を行い、山梨県北杜市が地元調整役を担うほか、導水管路敷設の北杜市の占用料を免除する方向で検討している。山梨県北杜市では、2007年に北杜市高根町長沢地点に水力発電所「クリーンでんでん」を完成させており、合計した年間発電量は639万6千kwhになる。これは、一般家庭1777軒分の年間使用電力量に相当し、年間約2673トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。北杜市環境課では、「民間が開発主体となって行政がサポートする先進的な取り組みで、北杜市の目玉施策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したい。北杜サイト(北杜市長坂町夏秋の太陽光発電実証研究施設)のように、多くの北杜市内外の人に訪れてもらえる工夫もしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた「住友林業の家」で、日産自動車(神奈川県横浜市)が発売を予定している電気自動車(EV)「リーフ」用のリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての2次利用を視野に入れた実証実験を実施する。住友商事(東京都中央区晴海)と日産自動車が合弁で今回設立した電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジー(神奈川県横浜市)との間で、電気自動車(EV)リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産自動車とリチウムイオン電池を共同開発しているNEC(東京都港区芝)とフォーアールエナジーが共同で実用化に向けて検討していくという。一方、住宅建設大手の住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄という家作りのサイクルにおいて排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を徹底的に削減する取組みを推進している。今後、電気自動車(EV)の普及が見込まれていることから、リチウムイオン電池の利用も増える見通しで、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる住宅用蓄電池として2次利用することに協力することによって、限りある資源の有効活用による低炭素社会づくりに貢献していきたい考えだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

「100年MUSIC FESTIVAL」でも地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 創立40周年を迎えるワーナーミュージック・ジャパン(東京都港区北青山)が、100年後の世界でも愛し続けられる音楽を届けたい」という想いで、音楽の祭典「100年MUSIC FESTIVAL」東京・日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)で10月30日及び31日の2日間にわたって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも配慮されながら開催される。「100年MUSIC FESTIVAL」には、コブクロ、Superfly、竹内まりや、トータス松本、馬場俊英、the brilliant green、BONNIE PINK、RIP SLYME、ROCK’A’TRENCH、九州男ら豪華アーティストの出演が発表されている。公演のチケットは、10月31日公演分は完売しており、10月30日分も残りわずかとなっているが、ローソンチケットにて抽選販売の受付を行っている。このライブは、「100年後の世界」が今よりも良いものとなるようにと、公演で使用する電力10,000kWhをバイオマス発電によるグリーン電力を利用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」賛同イベントとなっている。このため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の啓発キャンペーンを特設サイトで展開している。
【WARNER MUSIC JAPAN 40th.Anniversary ~100年MUSIC FESTIVAL ~】
10月30日(土) 開場 16:00/開演 17:00 日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)
九州男、コブクロ、Superfly、トータス松本、ROCK’A’TRENCH and secret guest
10月31日(日) 開場 16:00/開演 17:00 日本武道館(東京都千代田区北の丸公園)
コブクロ、Superfly、竹内まりや、トータス松本、馬場俊英、the brilliant green、BONNIE PINK、山下達郎、RIP SLYME
チケット料金: 7,000円(指定・税込)
主催:株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
協賛:KDDI株式会社(東京都千代田区飯田橋)、株式会社第一興商(東京都品川区北品川)、株式会社ニコン(東京都千代田区有楽町)
協力:WOWOW(東京都港区赤坂)、シダックス・コミュニティー(東京都渋谷区神南)
特別協力:チャレンジ25キャンペーン(環境省)
企画・制作:100年MUSIC FESTIVAL製作委員会
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 「100年MUSIC FESTIVAL」でも地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会

 経済広報センター(東京都千代田区大手町)は、東京都千代田区大手町にある日本経団連会館において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「地球温暖化対策、どう変わるあなたの生活」と題して環境問題講演会を開催した。環境問題講演会には約130人の参加者があり、講師の21世紀政策研究所(東京都千代田区大手町)の澤昭裕研究主幹は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比25%削減するという政府の目標が市民生活に与える影響の大きさや国際交渉の行方を分かりやすく解説した。澤氏は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減には、長年にわたって対策を続けねばならない。相当、苦労しないといけない。二酸化炭素(CO2)排出量削減規制などでエネルギーコストが上昇する。世論調査などでは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量25%削減目標に賛成する人が多いが、理解不足の面もある」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策の講演会はこちら

兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県尼崎市において、排煙窓の開閉装置でトップシェアを持つ「豊和」(兵庫県尼崎市猪名寺)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる環境問題関連事業を推進している。自然風を利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるビル用換気装置を開発し、東京都において超高層ビル建設事業者向けの受注が好調だという。同社では、政府系金融機関から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する資金融資を得るなど、これまでの防災関連事業中心から、地球温暖化の原因対策などの環境問題分野への拡大を目指しているという。同社は2005年、省エネルギー対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がとられたビル用の自然換気装置「マドコンエコ エコロベェ」を商品化して人気を呼んでいる。この自然換気装置は、高層ビルに吹く自然風の量で自動的に開口面積を調整する機能を持っており、ビル内に取り込む風を一定に保てるタイプなど3種類が揃っている。これを空調システムと連動することで、快適な換気を行うことができるため、空調コストを抑えたり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したりする環境問題に対応した効果がある。東京都内では、近年、大規模オフィスビルの建設計画が相次いでいることから、2008年には東京支店(東京都江東区新大橋)に専門の営業チームを配置して営業を強化した結果、東京都千代田区の「新飯野ビル」などに採用されており、知名度をさらに向上させて、2010年度は前年度比8倍の売上高を見込んでいるという。同社は、日本政策金融公庫神戸支店から劣後ローン「挑戦支援資本強化特例制度」で5,000万円の融資を受けており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る知的財産とアイデアを生かし、付加価値の高い環境問題対応のオンリーワン製品にしたいとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県尼崎市の企業が省エネ換気で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)は、今般、平成32年度までの経営計画を公表した。その中で、東京電力は地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、10年間で原子力発電所建設及び火力発電所の効率化に2.5兆円を投資することに加えて、アジアを中心とする海外の発電事業を地球温暖化の原因防止対策に係る成長事業と位置づけ最大1兆円を投資することを表明している。東京電力の新たな収益源とする海外を含む成長事業の経常利益は、32年度に21年度比約2.2倍の1200億円に引き上げる計画となっている。清水正孝東京電力社長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減問題やアジアでのエネルギー消費の増大などエネルギーの環境をめぐる情勢は大きく変化している。経営環境の変化をこれまで築き上げてきた東京電力の事業活動を展開するチャンスととらえ、東京電力グループの成長にしたい」と話している。東京電力の経営計画によると、東京電力は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、原子力発電所増設、火力発電所の高効率化以外にも太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの活用も推進するという。国内外で大規模太陽光(メガソーラー)発電所を設置するなどして、発電電力量に占める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電力量の割合を21年度の33%から50%以上に高める目標を定めている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、国内では空調や給湯など電気を使用していない割合が多い分野の対策として電化を働きかける。今後10年間で300億kw時の電化を目指し、32年度に1千万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する考えだという。一方、東京電力の海外事業は発電事業への出資を進め、出資分の発電出力を現状の約3倍の1千万kwを目指し、中国やインドなどアジア市場では火力発電を中心に展開していくこととしている。今年度中にアメリカ及びイギリスに次ぐ海外拠点として、中国北京に東京電力の事務所を設ける。海外の原子力発電所では、東京電力が豊富な実績を有する改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を売り物に、原子力発電所導入済みの先進国の原子力発電所事業などに参画するという。燃料調達も強化し、ウラン及び液化天然ガス(LNG)については、東京電力の参画事業からの調達比率を32年度までにそれぞれ引き上げる計画を有している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集

 農林水産省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施しているカーボンフットプリント表示モデル事業の補助事業者である三菱総合研究所(東京都千代田区大手町)が、製品ごとのカーボンフットプリントの算定・表示に関するルールである商品種別算定基準(PCR)の策定のため、PCR原案作成ワーキンググループに参加する事業者の再募集を開始したと発表した。カーボンフットプリントは、製品等が作られる段階から捨てられる段階までのライフサイクル全体を通じて排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示するもので、農林水産省では、このカーボンフットプリントの算定・表示ルールである商品種別算定基準(PCR)の策定について、補助事業により支援することとしている。
応募先【農林水産物のカーボンフットプリント表示モデル構築事務局】
〒100-8141 東京都千代田区大手町2-3-6 (株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 担当:森部、宮原、鵜飼、永村 連絡先:(電話)03-3277-5392 (メール)agri-cfp@mri.co.jp
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 農林水産省が地球温暖化の原因対策のカーボンフットプリント策定参加者を再募集 はこちら

新日本製鐵が海藻造成製品で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 新日本製鐵(東京都千代田区丸の内)は、海藻が減少する磯焼けを改善する海藻造成製品で、全国漁業協同組合連合会(東京都千代田区内神田)による安全認証を取得したと発表した。安全認証を受けたのは、鉄鋼スラグと水を練り混ぜた人工石・ブロックと、鉄鋼スラグと腐植土を混ぜて袋詰めした海藻用肥料の2製品であり、両方とも地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に貢献するものとなっているのが大きな特徴である。鉄鋼スラグは、鉄を作る製鋼工程で発生する副産物で、鉄1トンを作るのに約400kgもの鉄鋼スラグが発生するという。ほぼ全量がセメントの原料や道路の路盤材などに使用されているものの、建設需要は減少しているため、活用先を検討していた。こうしたなか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として、海藻造成事業へ活用することになった。というのも、海藻類の成長には鉄分が必要であり、これまでは森林の土中の鉄分が川から海へと流れていたが、森林伐採やダム建設などで鉄分が減少しており、全国各地の海岸で海草が育たない磯焼けが発生しており、漁業に打撃を与えているからである。新日本製鐵が2004年に行った海藻用の肥料の実験では、肥料を与えない場合に比較して、海藻の成長具合は220倍程度にもなったという。このため、新日本製鐵では早期に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策として地方自治体や漁業組合などへの販売に乗り出すという。同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に効果的な人工石・ブロックについては、既に販売を開始しており、今後は年間数十万トンの販売を目指すという。海藻は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収することから、大きな削減対策になる。磯焼けなどで過去30年間で消失してしまった沿岸の藻場の約半分を再生すれば、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約700万トンにもなるという。これは、日本における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の年間排出量は約13億トンであることから、そのうち約0.5%が削減できることになる。鉄1トンを作るのに排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は約2トンにもなることから、鉄鋼会社は、地球温暖化の元凶と見られがちだが、二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果のある海藻造成製品が全国の海岸に普及すれば、イメージも大きく変わるであろう。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新日本製鐵が海藻造成製品で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策

 三菱電機(東京都千代田区)は、羽田空港旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港3)などの屋根に設置する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自然エネルギーの「無鉛はんだ太陽光発電システムモジュール」7,946枚を同ビルを管理運営する日本空港ビルデング(東京都大田区)に納入した。自然エネルギーの太陽光発電システムの設置は、日本空港ビルデングが進める同空港施設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境対策の一環である。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムモジュールの設置場所は、国内線・第1旅客ターミナルビル屋上4か所、第2旅客ターミナルビル屋上2か所、P4立体駐車場屋上1か所の計7か所で、太陽光発電システムの面積はテニスコート36面分に相当する約2,847坪にもなっている。稼働後は年間約1,157MWhの電力を発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間約364トンになるしている。羽田空港ターミナルでは、これまでにも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自然エネルギーで作られた「グリーン電力」による館内エスカレーターの運用や、国際線地区に太陽光及び地熱を積極的に活用するエネルギー供給システムを採用するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた環境対策が進められてきた。ターミナルビル屋上への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる大規模な太陽光発電システムの導入は、公共施設としての空港ビルでの自然エネルギーの活用をさらに進めるものと位置づけている。今回納入された太陽光発電システムモジュールは、9月からの稼働させての発電を予定しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 羽田空港が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本郵政グループの郵便事業株式会社(日本郵便:東京都千代田区霞が関)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、集配に使う電気自動車(EV)をベンチャー企業のゼロスポーツ(岐阜県各務原市)から2011年度に約1,000台購入すると発表した。郵便事業会社は、2011年度に年間の集配向け更新車両の約3分の1に当たる1,000台を、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、電気自動車(EV)にする方針であることかあら、全量をゼロスポーツから調達することになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)1,000台という調達規模は世界的にも例がなく、電気自動車(EV)普及を推進する三菱自動車工業(東京都港区芝)など大手自動車メーカーに先行した。郵便事業会社は現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境対策のため、三菱自動車工業や富士重工業(東京都新宿区西新宿)などの電気自動車(EV)計47台を試験的に導入している。このうち、集配向け電気自動車(EV)はゼロスポーツ製のみであり、2009年から小型バンタイプのガソリン車を電気自動車(EV)に改造した車両を3台導入している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の価格や集配業務での使い勝手という性能面など総合的に判断した結果、2011年度の集配向け車両の電気自動車(EV)更新分をゼロスポーツに発注することを決めたという。ゼロスポーツは、ガソリン車の改造部品の開発や販売を手がけているが、1998年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の製造販売に参入しており、2003年には国土交通省から電気自動車(EV)の型式認定を取得し、地方自治体や企業向けに電気自動車(EV)商用車を納入した実績を持つ会社である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本郵便が電気自動車(EV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策

 国際航業ホールディングス(東京都千代田区)は、宮崎県都農町にあるリニアモーターカー宮崎県実験線跡高架上に、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメガソーラー発電所「都農第2発電所」の建設を始めた。地球温暖化の原因防止対策のメガソーラー発電所に要する総事業費は約6億円を見込んでおり、来年2月に竣工する予定だという。メガソーラー発電所の都農第2発電所は、宮崎県の誇る日向灘の海岸近くを南北に貫くリニアモーターカーの宮崎県実験線跡高架上の約3.6kmにわたって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる太陽光発電パネル架台を縦列に配置して発電する世界でも珍しい形状の太陽光発電施設となる。国際航業グループが出力1mwの大規模太陽光発電所を宮崎県に建設するのは初めてのケースとなる。宮崎県のメガソーラー発電所の第2発電所では、既に今年4月から稼働している太陽光発電所の都農第1発電所で採用されているものと同じCIS化合物型太陽電池パネルを約1万2500枚使用して建設する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は、年間約670tの削減を見込んでいる。メガソーラー発電所の年間発電量は約120万kWhで、平均的な一般家庭の年間消費電力量換算で約300世帯分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所の施設は、国際航業ホールディングスの100%子会社である宮崎ソーラーウェイ(宮崎県宮崎市橘通東)が建築主となって国際航業グループ各社が連携して運営するという。設置予定場所の宮崎県にある旧リニア宮崎実験線は、鉄道技術分野で世界でも画期的な技術を世に送り出した我が国の誇るべき施設であり、その施設跡を二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所として再利用することで、日本の技術風土が地球温暖化の原因防止対策という新たなテーマに向けて引き継がれていくことになる。太陽光発電所で発電する電気は電力系統を通じて売電する予定で、その環境価値はRPS法上の新エネルギー等電気相当量として日本の電力供給における新エネルギー導入義務量に供することが可能であり、又は、グリーン電力証書として宮崎県地元産品の付加価値として活用することも検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際航業ホールディングスがメガソーラーの発電所で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化原因対策はこちら

VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 トーホー加工(東京都千代田区)は、食品の包装資材などを製造及び販売しているが、今般、栃木県小山市の小山工場に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境問題に配慮した水性インクを使う凸版印刷機を導入した。この印刷機は、溶剤インクが乾燥時に発生する揮発性有機化合物(VOC)をほとんどなくすことが可能だという。環境問題の規制の厳しい欧米では既に普及している印刷機であるが、日本でも導入が進みつつある。トーホー加工が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため導入したのは、チェコのソーマエンジニアリング社製の水性フレキソ印刷機で、印刷機器の輸入及び販売を行うハイデルベルグ・ジャパン(東京都品川区東品川)が仲介している。会見したトーホー加工社長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境負荷を低減するために最も適した新鋭印刷機だ」と話している。現在のところ、国内の印刷業界では溶剤仕様のグラビア印刷が主流で、水性フレキソ印刷機の導入は珍しいという。凸版のフレキソ印刷は凹版のグラビア印刷と比較して、インクの使用量が少なくなる効果あり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。さらに、栃木県小山市の小山工場では既設の印刷機が発生するVOC対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した処理装置を新たに導入しているという。健康に有害な影響を及ぼす恐れのあるVOCは、2006年4月に施行された改正大気汚染防止法で排出濃度を規制されており、2010年4月には排出基準の規定の適用が猶予されていた導入済設備も対象となったことから、印刷業界ではVOC対策が大きな課題となっている。トーホー加工は11月4日に東京都墨田区のすみだ産業会館で開催される「地球温暖化防止実行委員会セミナー」で、今回導入した水性フレキソ印刷機やVOC処理装置の稼働状況や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減データを発表する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> VOC削減印刷機で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらき(茨城県水戸市見川町)が建設する国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」向けに、共同開発による地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、本格稼動を開始している。「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」は、鹿島灘に面した茨城県神栖市の鹿島港湾区域の護岸から約50mの海上に約2kmに渡ってSUBARU80/2.0を7基配した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する風力発電所で、港湾外の外海に風力発電施設を設けたのは国内では初めてのケースとなっている。富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、直径80mの風力発電用のローターをタワーの風下に配置したダウンウィンド方式の風車で、定格出力は1基当たり2000kWとなっており、今回設置した7基の合計で年間約7000世帯分の電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないでまかなえるクリーン電力を発電することができる。地球温暖化の原因防止対策として、2000kW級のクリーン電力の風力発電システムでダウンウィンド方式を実際に商用化したのは、SUBARU80/2.0が世界で初めてのことだという。地球温暖化問題がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、クリーン電力の風力発電システムの需要は拡大すると見ており、今回の納入を機に技術開発をさらに推進して普及を図る。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

首都高速道路がエコ標識車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 首都高速道路(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、バッテリーの電力を使い標識類を10時間以上稼働できる環境対応型の「エコ標識車」を開発したと発表した。通常の標識車は、エンジンのアイドリングで標識類を点灯させている仕組みになっているが、新型車は標識専用のバッテリーを搭載したことで、アイドリングをしなくても稼働することが可能になっている。こうしたことから、燃料の削減や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の削減につながるという。首都高速道路によると、今回のエコ標識車の導入によって、ガソリンや軽油の使用量を1台当たり年5600リットルを削減することができるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も一般家庭の約3世帯分の排出量に相当する14.5トン分が削減できるという。また、車のアイドリングをストップさせることによって騒音防止にも貢献できるという。同車は、首都高羽田補修基地で行われた夏の社会科見学「働く車大集合!」で一般に初公開された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 首都高速道路がエコ標識車で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が社会的に高まっている中、金融機関が環境問題への取り組みを強化しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付き新車ローンなどの商品開発のほか、環境問題に関する分野を始めとした成長分野の貸出先を開拓するための専門部署を設けるなどを行っている。環境問題に関する分野は、政府の新成長戦略や日銀の成長基盤育成支援のための新貸出制度にも盛り込まれた重点項目だけに、今後も資金需要の増加が見込めると判断している。例えば、みずほ銀行(東京都千代田区内幸町)は、顧客が1件利用するごとにみずほ銀行が1.4トン相当の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、国へ二酸化炭素(CO2)排出権を寄付するという形態のローン商品の取り扱いを始めた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を取得する具体的な内容としては、エコカー購入の新車ローンや環境問題配慮型住宅へのリフォーム資金を提供するローンが対象となるという。顧客へ二酸化炭素(CO2)排出権の寄付の証明書を送付することで、利用者は環境問題への貢献を実感できるものとなっている。また、筑波銀行(茨城県土浦市中央)では、エコカー補助金制度を利用してハイブリッド車などを導入した企業に貸出金利を優遇した新車ローンを始めた。さらに、東京電力(東京都千代田区内幸町)の助言を得て、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある設備を導入した企業に、優遇金利で導入資金を融資する商品を開始した。一方、第四銀行(新潟県新潟市中央区)は、環境問題を始め医療、農業など成長分野の取り組みを推進する専門部署としてニュービジネス企画室を設置した。埼玉りそな銀行(埼玉県さいたま市浦和区)も、環境問題などの分野で成長性の高い非上場企業を投資対象とした10億円規模のファンドを設立して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに取り組む貸出先を募っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 金融機関が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減など環境問題対策を強化はこちら

東京海上日動火災保険がカーボン・ニュートラルで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 東京海上日動火災保険(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、増減に影響を与えない状態である「カーボン・ニュートラル」を2009年度の国内事業活動で実現したと発表した。東京海上日動火災保険の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボン・ニュートラルに向けた2009年度の主な取組みは、熱帯・亜熱帯地域の海岸や河口部などに生息する植物であるマングローブの植林活動によるものだ。この活動は、東南アジア5か国やフィジー、インドを舞台に実施しており、今年3月末時点で東京ドーム(東京都文京区後楽)約1345個分に相当する6293haの植林を行った。さらに、東京海上日動火災保険では、自然エネルギーの利用や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出権購入などを進め、4万9561トンの二酸化炭素(CO2)吸収・固定量を確保した。この数量が東京海上日動火災保険の事業活動から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の4万9307トンを上回り、二酸化炭素(CO2)排出量の収支がバランスし、カーボン・ニュートラルとなったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京海上日動火災保険がカーボン・ニュートラルで二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱重工業(東京都港区港南)は、船舶用ディーゼルエンジンの過給機に発電機を内蔵し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された環境問題に対応するハイブリッド過給機「MET83MAG」を開発した。ハイブリッド過給機は、船舶用エンジンの排ガスを過給機コンプレッサの駆動だけでなく、発電にも活用することで航海中に必要なすべての電力を供給することができるという。その最大発電出力は754キロワット(毎分9,500回転時)で、さらに発電機を電動機として作動させて過給機を回転させて、補助ブロワの代用とできるメリットがあるなど、省エネルギーと地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する環境問題に貢献した性能を有している。このハイブリッド過給機は、三菱重工業のほか日本郵船(東京都千代田区丸の内)、ユニバーサル造船(神奈川県川崎市幸区)、日立造船(大阪府大阪市住之江区)の協力により製品化したという。2011年に就航する大型ばら積み運搬船に搭載して、世界で初めて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証試験を行う予定になっている。三菱重工業では、船舶エネルギーの有効利用に必要な主要機器を手掛ける強みを活かし、将来の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題の規制強化や、熱効率向上の技術ソリューションシステムを今後も継続的に提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱重工業はCO2±0(ゼロ)住宅での地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

パナホームはCO2±0(ゼロ)住宅での二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 パナホーム(大阪府豊中市新千里西町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロになるまで削減できる「CO2±0(ゼロ)住宅」の研究棟をパナホームの本社工場(滋賀県東近江市)に建設しており、2011年度の商品化に向けて8月から実証試験を開始しているという。パナホームの地球温暖化の原因防止対策の「CO2±0(ゼロ)住宅」は、優れた建物の気密・断熱性能を始めとして、日射熱取得や蓄熱、熱融通性能の「活エネ」によるパッシブ技術と、「創エネ」、「蓄エネ」、「省エネ」を実現する各種の設備・仕様によるアクティブ技術の活用で、季節や生活シーンに応じた最適なエネルギーマネジメントを行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロの暮らしを実現する次世代の住宅になっているという。パナホームの研究棟は、気密・断熱性能を向上させたパナホームの建物に、自然エネルギーを活用するための日射熱取得と蓄熱のダイレクトゲインやヒートポンプ技術、居室間の熱融通等の空間設計を導入しており、省エネルギーと地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる仕様になっている。また、パナソニックグループとの連携によるオール電化仕様を始め、直流電力の給電が可能な「AC/DCハイブリッド配線システム」や家全体のエネルギー収支状況が把握できる「ライフィニティECOマネシステム」、直流駆動LED照明などを設置している。建物性能の向上と自然エネルギー活用、先進の設備機器によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減してCO2±0(ゼロ)を目指している。地球温暖化の原因防止対策の自然エネルギー活用は、パナホームと東京大学(東京都文京区本郷)・株式会社日建設計(東京都千代田区飯田橋)・海法圭建築設計事務所(東京都目黒区下目黒)との産学共同研究で進めている。パナホームの地球温暖化の原因防止対策の研究棟での実証実験では、実際の家族が一定期間生活し、エネルギーの消費量や消費パターンを実測しながら、家まるごとでエネルギー収支を検証・評価していくことで、地球温暖化の原因防止対策の商品開発に繋げていく。2011年度に商品化する地球温暖化の原因防止対策の「CO2±0(ゼロ)住宅」では、「省エネ」、「活エネ」で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1.5トンにし、これは1990年築の在来木造住宅の二酸化炭素(CO2)排出量(4.5トン)に比べ約65%削減となっている。さらに、この二酸化炭素(CO2)排出量1.5トンをソーラー発電システム(3.8kw)やエネファームによる「創エネ」で、約35%相殺することで、二酸化炭素(CO2)排出量が収支上ゼロになる地球温暖化の原因防止対策の住宅を実現するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> パナホームはCO2±0(ゼロ)住宅での二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 タカラレーベン(東京都新宿区西新宿)は、埼玉県和光市において、各住戸に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減省エネルギーを実現することができる太陽光発電システムを導入したマンション「レーベンハイム光が丘公園」の販売を開始すると発表した。JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)が開発した二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのパワーコンディショナを利用しており、マンションの屋上に1戸当たり6枚の各戸専用の地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムのソーラーパネルを設置している。このため、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムで発電した余剰電力は、電力会社に買い取ってもらう売電が可能になっている。マンションの各戸のリビングには、発電量や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量が一目で分かるモニターが設置されており、居住者の省エネルギー意識を高める工夫も施されている。マンションで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と省エネルギーを実現することができる個別の太陽光発電システムが搭載されているのは珍しいという。マンションの規模は、地上6階建て・総戸数112戸で、都営大江戸線光が丘駅徒歩16分(埼玉県和光市白子1)の立地にある。住戸タイプは、2LDK~4LDK(専有面積62~86平方メートル)となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> タカラレーベンが太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 ツバルの森(東京都千代田区)は環境コンサルティング会社であるが、今般、セリタ建設(佐賀県武雄市)と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロまで削減する地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルを開発したと発表した。セリタ建設は、S-RCクレーグランド工法というメンテナンス不要の土壌改良技術を実用化しており、樹皮と砂利を交ぜて炭素と窒素の比率をうまく保ち、草が生えにくいグラウンドや鉄塔周辺などの地質を変えることを行っている。新たな地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルでは、樹皮が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を固定化する環境特性を生かし、二酸化炭素(CO2)排出削減量が数値で認定される京都クレジットを付加することにした。これによって、固定化された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を明確化にすることが可能となった。一方、ツバルの森では、セリタが地球温暖化の原因防止対策の事業モデルを着実に運用するためのガイドラインを策定するなど側面から支援していくという。ツバルの森では「相手先と取引を行う場合、『地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境に良いことをやっているのか』と聞かれるケースが増えており、選定基準を満たすには地球温暖化の原因防止に向けた環境対策が不可欠となりつつある。その意味で、今回の地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルは重要」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

森林保全整備の活性化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策に貢献

 森林保全による地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と雇用対策を進めるため、全国林業事業協同組合(東京都千代田区平河町)が設立され、今秋から本格的に活動を始めるという。人手不足で手入れが行き届かない山林に、公共事業削減で受注の減った地方の中小土木建設事業者の参入を促進していく。森林整備で出る間伐材を火力発電用の燃料に加工し、木質バイオマスは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するとみなされないカーボンニュートラルであることから、地球温暖化の原因防止対策として安定供給できる態勢作りを目指すという。同協同組合によると、林業従事者は1960年の約44万人から、海外産の木材に押されていることや労力の割りに儲からないことから2005年には5万人程度まで減少したという。一方、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減目標を課した京都議定書で、日本は1990年比6%の二酸化炭素(CO2)排出量の削減を求められているが、国は3.8%分を森林での二酸化炭素(CO2)吸収でまかなうとしている。二酸化炭素(CO2)吸収量の目標を達成するためには、間伐などで年55万haの森林整備が必要とされるが、現状は年35万haにとどまっていることから、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標の達成には程遠い。このため、同協同組合は、「森林保全整備には、地方の土木業者の人材と機材を活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にあたるべきだ」と指摘している。同協同組合の組合員は、土木建設を中心に現在68業者であるが、今後、林業参入や木材チップ加工・販売に関するノウハウを共有していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 森林保全整備の活性化で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策に貢献はこちら

東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電バイオマスなどの分散型の新エネルギーと天然ガスの熱電併給のコージェネレーションシステムを組み合わせ、省エネルギーと二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する「スマートエネルギーネットワーク」を実用化すると発表した。まずは、2016年度の竣工を目指すJR田町駅東口芝浦再開発(東京都港区)にスマートエネルギーネットワークを導入し、ガス、電力、熱の最適なエネルギーを供給するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電であるが、天候に左右されるという欠点がある。供給が不安定な太陽光発電を燃料電池やコージェネレーションなどの分散型電源を組み合わせることで、それを補い、大規模なエネルギー供給システムとして一元管理し、省エネルギーや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげるのが目的の技術である。東京都港区で行われている芝浦再開発は、東京ガスと三井不動産(東京都中央区日本橋室町)、三菱地所(東京都千代田区大手町)との共同開発を予定しており、オフィスビルや店舗などで構成される複合施設で、敷地面積は約2万8000平方メートルと大規模である。東京ガスでは、複数のビルの地域冷暖房プラントを連結することによって、最新の高効率機器を導入した単体のビルに比較しても10%超の省エネルギーと、25%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。熱供給能力は24,000~28,000kwで、コジェネシステム(4,000~5,000kw)、燃料電池(100~300kw)などを導入し、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電や太陽熱エネルギーなどの再生可能エネルギーも利用するという。東京ガスは東京ガス横浜研究所(神奈川県横浜市鶴見区)で、2006年から地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」の実証試験をスタートしているが、政府の補助金を活用した二酸化炭素(CO2)を排出しないフィールド実証試験や、既存のオフィスビルや商業施設を含めた再開発地区にも地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を応用する考えだという。東京都の築地市場の移転予定先の豊洲地区(東京都江東区)の東京ガス所有地の再開発でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した低炭素社会を実現する「スマートエネルギーネットワーク」による街づくりを検討しているという。豊洲再開発は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーの活用も検討し、エネルギープラントの投資額は100億円を超える規模になる見通しだ。電力会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、IT(情報技術)を活用し、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーの導入を進める次世代電力網「スマートグリッド」の実現に向け、技術開発を進めている。これに対して、都市ガス会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、分散型電源を活用することで、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーと組み合わせた「地産地消」型の地域エネルギーインフラの整備を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工

 IHI(東京都江東区豊洲)と三菱地所(東京都千代田区大手町)は、東京都江東区豊洲で開発を進めてきた豊洲3丁目の街区ビルを竣工させ、「豊洲フロント」と命名した。豊洲フロントの延べ床面積は10万6860平方メートルで、今年国内で供給されるオフィスビルとしては最大級であり、1フロアのオフィス床面積が5000m2超と広く、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減したビルだという。1階の商業施設にはコンビニや飲食店などを幅広く誘致しているた。新ビルは、東京メトロ有楽町線「豊洲駅」から徒歩2分の位置に立地している。環境性に配慮して、屋上緑化をはじめ敷地面積の36%を緑化したほか、吹き抜けを利用し外気を取り込んだり、自然光を有効活用することによって、東京都内の一般的なビルに比べ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約26%削減した。すでにマルハニチロホールディングス(東京都千代田区大手町)や住商情報システム(東京都中央区晴海)など大手企業の入居が決まっている。会見した三菱地所の豊洲開発推進室副室長は「オフィスワーカーのみならず、近隣住民の方々にも利用して欲しい」とアピールしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> IHIと三菱地所が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策した豊洲フロント竣工はこちら

ENEOSとJOMOがバイオガソリンで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、九州地区のENEOSとJOMOブランドのガソリンスタンド計195か所で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するバイオガソリンの販売を始めると発表した。バイオガソリン製造に必要な設備がこのほど大分県製油所で整ったためで、地球温暖化の原因対策のバイオガソリンの販売は首都圏に続いて2エリアとなる。今回販売するバイオガソリンは、植物由来のバイオエタノールを含む燃料を配合したものであるため、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。バイオエタノールの濃度は、1%程度としてレギュラーバイオガソリン及びハイオクバイオガソリンともに通常のガソリンと同じ価格で販売するという。当面は、大分製油所から直接製品を配送している大分県の183か所と熊本県の12か所のガソリンスタンドで販売する。JX日鉱日石エネルギーは、首都圏を中心に約100か所のガソリンスタンドでバイオガソリンを販売しているが、配合する設備を他の製油所でも導入し、販売するガソリンスタンドを全国で2000か所に増やす計画を持っている。バイオエタノールは、原料の植物が生育する際に二酸化炭素(CO2)を吸収しているため、燃焼させても地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量はゼロとみなされる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ENEOSとJOMOがバイオガソリンで二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策はこちら

東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策

 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂)は、マンションなどの光熱水等の実際に使用したエネルギーや地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を数字として示す「見える化」によって、省エネルギーにつなげる地球温暖化の原因防止対策に取り組んでいる。東急不動産では、オフィスビルや商業、リゾート施設などにエネルギー使用量を把握できる「見える化」システムを導入し、今月から稼働させたと発表した。「見える化」の対象は、東急不動産が全国に保有又は使用するほぼ全部の施設で、その数は約200に達し、東京都渋谷区の東急不動産本社ビルのほか、渋谷東急プラザ(東京都渋谷区)などの施設や全国のゴルフ場などに導入されたという。施設の管理者がインターネットを通じて電気やガス、水道など項目別に使用したエネルギーデータを入力すると、東急不動産の本社で集計して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などを算出する仕組みとなっている。集計した二酸化炭素(CO2)排出量などのデータは、削減目標値や前年同月などと比較分析したり、改正省エネ法に対応したデータとして閲覧することができるという。エネルギー使用量や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量についての現状を効率的に分析することができ、省エネルギーにつなげる仕組みとしていきたいという。導入した地球温暖化の原因防止システムは、ソフトをネットを通じて利用者に貸し出すASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)方式を採用しており、東京電力(東京都千代田区内幸町)等が出資する日本ファシリティ・ソリューション(東京都新宿区)がシステムを提供したものである。東急不動産は、このシステムとは別に、首都圏で供給するマンションに複層ガラスや断熱サッシなどの導入による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を、1990年当時の平均的なマンションと比較して表示している。年間のエネルギー消費量を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量を算出し、1年間に吸収する天然林の面積に置き換えて表示している。今年3月に完成したマンション「ブランズ六義園」(東京都文京区)では、ブナの天然林約8.5ヘクタールが1年間に吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したと表示し、省エネルギー効果を「見える化」しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東急不動産は二酸化炭素(CO2)削減量の「見える化」で地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 太陽光発電システムについては、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、様々な設置促進策が講じられている。今般、経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、住宅の屋根に太陽光発電システムを取付る技術者として「PV(フォト・ボルテック)施工士」の制度を来年度に創設すると発表した。太陽光発電システムメーカーや太陽光発電関連事業者で構成している太陽光発電協会(JPEA)と共同で共通の太陽光発電システムの施工カリキュラムを作成し、その課程を修了した人材を施工士として認定するというものである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札となる太陽光発電を広く浸透させるためには、消費者からの信頼獲得に直結する太陽光発電システムの施工品質の安定化が必要だからである。地球温暖化の原因対策の太陽光発電システムの普及促進には、施工時の品質確保と導入コストの低減が必要である。太陽光発電システムの施工士養成制度は、施工業者が太陽光発電システムを安全かつ簡易に設置するための指針「太陽光発電システム設計・施工ガイドライン」の作成作業と並行して行うという。取り上げる項目は、地球温暖化の原因対策の太陽光発電モジュールを始めとする機器を屋根に設置する工事や、取り付けた機器の電気配線工事など多岐にわたる予定だという。この教材を活用した研修で太陽光発電システムの基礎知識と技能を身に付けた個人が試験を受験し、一定の能力を備えたと認められた者を太陽光発電システム施工士として認定するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省が太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 住友林業(東京都千代田区大手町)は家庭でエネルギーを作り出すことで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減し、使用せずに余った電力の売却でエネルギーコストを低減できる木造住宅「NewSolabo」(ニュー「ソラボ」)の販売を沖縄県を除く全国で開始したと発表した。住友林業の家の地球温暖化の原因対策に係る環境性能はそのままに、新たに太陽光発電や家庭用燃料電池などのユーザーの選択枝を増やすなど、住宅設備を大きくグレードアップしているのが特徴である。選択可能な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムのバリエーションを拡大し、新たに発電効率が高い太陽光発電システムを導入した。住宅の外装材に使用する「シーサンドコート」は、ホタテ貝の貝殻から作ったもので、海中の二酸化炭素(CO2)からできる炭酸カルシウムを主成分としていることから、地球温暖化の原因の炭素の固定にも貢献しているという。設備は、エネルギー効率の高い保温浴槽を採用したバスルームや、水の使用量が少ない食器洗い乾燥機などを装備している。また、ガスを燃焼させて発電と熱でお湯を作る「エコウィル」、ガスによる熱を給湯や暖房に利用できる家庭用燃料電池「エネファーム」も組み合わせることができるという。これを太陽光発電システムと併用することで、天候の影響を受けることなく太陽光発電システムの発電量を補うことが可能であり、さらに大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費の削減の省エネになるという。また、住友林業の家では、国産材を積極的に活用しており、木の伐採と植林を行うことで森林を活性化し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の促進につなげている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業が省エネ住宅で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策

 三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)と住友商事(東京都中央区晴海)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、岐阜県において岐阜県森林組合連合会と連携して森林・林業再生プロジェクトを立ち上げたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、民間企業と森林組合が共同で一般民有林の森林・林業再生を行う試みは、岐阜県はもちろんのこと日本でも初めてのことだという。プロジェクトでは、岐阜県の森林再生に企業の経営手法を積極的に取り入れ、科学データを利用して持続可能な森林経営を実現することに加えて、木材の伐採・搬出を含む生産管理や工程管理を効率化する。さらに、岐阜県産の木材の新規需要開拓や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権移転なども計画しているという。岐阜県の業者への資金繰りや林業機械のリースといった面からも支援することも予定しており、これによって岐阜県内の林業衰退による森林の管理不足問題を解決し、これを岐阜県の環境保全対策に役立てるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県の森林プロジェクトで二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策はこちら

経済産業省がインドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として実施している「地球温暖化対策技術普及等推進事業」として15件を採択した。その内、インドに対する地球温暖化の原因対策の案件では、みずほ情報総研(東京都千代田区神田錦町)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「高効率石炭火力(超々臨界)」と、新日鐵(東京都千代田区丸の内)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「コークス炉への環境・省エネ技術の導入」を採択したと発表した。この経済産業省が主導する「地球温暖化対策技術普及等推進事業」は、日本が世界に誇る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するクリーン技術や製品、インフラ、生産設備などの提供を行った企業の貢献を適切に評価し、その貢献を日本の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量として換算する新たな仕組みである。さらに、2国間又は多国間の合意を通じて地球温暖化の原因防止対策を構築していくため、途上国との具体的な二酸化炭素(CO2)排出量削減プロジェクトの発掘と促進を行うとともに、二酸化炭素(CO2)排出量削減技術の普及・移転の実施や貢献の評価手法の確立、プロジェクトの実施に向けたファイナンス面その他の制度構築の在り方を検討し、今後の二酸化炭素(CO2)排出量削減に役立てていくことを目的としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省がインドで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

NTTグループ8社が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減のエコICTマークを取得

 日本電信電話(東京都千代田区大手町)、NTT東日本(東京都新宿区西新宿)、NTT西日本(大阪府大阪市中央区)、NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区内幸町)、NTTドコモ(東京都千代田区永田町)、NTTデータ(東京都江東区豊洲)、NTTファシリティーズ(東京都港区芝浦)、NTTコムウェア(東京都港区港南)のNTTグループ8社は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取組みとして「エコICTマーク」を取得した。NTTグループ8社が取得した「エコICTマーク」は、ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会が定めたもので、電気通信事業者が適切に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組んでいる旨を表示するためのシンボルマークである。NTTグループ8社では、7月1日に持株のNTTでエコICTマークを取得した後、グループ会社で順次取得を行っていたという。NTTグループでは、1999年に制定した「NTTグループ地球環境憲章」及び2006年に制定した「NTTグループCSR憲章」に基づき、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を始めとする地球環境保護にこれまで努力してきた。さらに、NTTグループ8社では、地球温暖化の原因防止活動の一環として、NTTグループ8社が使用するルータ・サーバ等のICT装置の開発・調達に関する基本的な対策を定めた「NTTグループ省エネ性能ガイドライン」を2010年4月に制定しており、NTTグループ内で使用するICT装置に関しては、機能面、性能面及びコスト面のほかに、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減と省エネルギー性能を考慮した装置の開発・調達に取り組んでいる。NTTグループ8社は今後、自己評価チェックリストに示す環境自主行動計画の作成及び調達に関する取組み等によって、事業活動に伴う地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を積極的に推進していく予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> NTTグループ8社が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減のエコICTマークを取得はこちら

東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区)などが主催する地球温暖化の原因対策に大きく貢献する電化ソリューションの展示会「エネルギーソリューション&蓄熱フェア '10」が東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された。サブタイトルは「電化がリードする低炭素社会~未来へつながる『電気』×『ヒートポンプ』~」となっている。サブタイトルが示すように、省エネ技術と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減可能なことから注目されている熱利用のヒートポンプを中心とした省エネルギーの各種機器、システム、導入事例などを紹介する展示会であった。地球温暖化の原因対策に大きく貢献することで期待されているヒートポンプは、自然界の空気や水、地中の熱を熱媒体によって吸収し、圧縮及び膨張させることで温熱及び冷熱を発生させるという最新の熱エネルギーを利用する技術である。例えば、COP係数が6の空調装置の場合であれば、熱媒体をコンプレッサーで圧縮するために投入した1の電気エネルギーで、その6倍の熱エネルギーを出力することができるものとなっている。ヒートポンプは省エネ効果が非常に高く、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができ、業務用、家庭用、産業用及び農業用に使用している国内の空調装置と給湯装置をすべてヒートポンプ式にすれば、日本の年間二酸化炭素(CO2)排出量の約10%に相当する約1億4000万トンの二酸化炭素(CO2)を削減することができるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

大きな地図で見る

> 東京電力はヒートポンプで二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 国際協力銀行(JBIC:東京都千代田区大手町)は、インドネシア政府との間で、現地で推進される地球温暖化の原因対策に対応した環境配慮型プロジェクトを支援するファンドを共同設立することで合意した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを目的として、二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などに投資することになり、日本企業による地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギーのインフラ整備事業の受注を資金によって後押しすることになるという。地球温暖化の原因対策のファンドは、国際協力銀行とインドネシア政府系のインフラ金融公社(SMI)とともに、一般の民間の投資家からもファンドへの出資を募集するという。地球温暖化の原因対策の資金の規模や両者の分担割合及び資金の運用開始時期などは詰めていくという。地球温暖化の原因対策の環境問題への対応で、太陽光発電所の整備など化石燃料に依存しない再生可能エネルギーの市場は急激に拡大している。しかし、こうした地球温暖化の原因対策に係る産業がまだ新しく事業実績が乏しく、信用力が高くないことから、地球温暖化の原因対策に対応した再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などの大規模プロジェクトに必要な融資を受けにくい現状にある。今回の国際協力銀行によるファンドは、こうした地球温暖化の原因対策の事業に投資することで、インドネシア国内の再生可能エネルギー市場を育成していくことになるという。また、国際協力銀行は、同国内で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するインフラ施設の建設を進めるため、SMIと覚書を結んだ。経済成長が著しいインドネシアでは、電力需要が毎年9%ずつ増加すると推計されており、豊富に産出する石炭によるガス化発電など火力発電所の高効率化が大きな課題となっている。さらに、火山国であるインドネシアの特徴を生かした地熱発電所の普及や、島嶼部では地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するディーゼル発電に代わる太陽光発電の需要にも高いものがあり、地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギー市場の大幅な拡大が期待されているという現状にある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

丸紅がセメント排熱発電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量大幅削減

 丸紅(東京都千代田区大手町)は、川崎重工業のプラント子会社カワサキプラントシステムズ(兵庫県神戸市)と共同で、トルコにおいて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減するセメント排熱発電設備を受注したと発表した。この排熱発電設備では、セメントプラントが利用する電力の約30%を自家発電することから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる同設備を切り札に、今後とも環境問題意識の高まるトルコや欧州市場に乗り込んでいくという。地球温暖化の原因対策のセメント排熱発電設備は、トルコのチムサ・セメントから受注し、受注額は約10億円で2012年の稼働を予定している。丸紅が全体をまとめる主契約者で、川崎重工の子会社、カワサキプラントシステムズがプラント全体の設計など実務を担当するという。排熱発電設備は、排ガスを排熱ボイラーで回収し、蒸気タービンで発電を行うものであり、セメントの生産過程で発生する高温の排ガスを発電に利用することで電力消費量の軽減になる。チムサ・セメントは排熱発電設備プラントの導入によって、年間当たり4万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。同社は1980年以降、こうした省エネ型の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するセメント排熱発電設備に関して、国内外で約130件の受注実績があるという。それらの総発電規模は、160万kw超にもなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果は年間1100万トン超に達する。これまでの受注先は、アジアが9割を占めるなど集中していたが、次は、2020年に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比20%削減目標を持ち、環境規制を強化しているヨーロッパとなる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 丸紅がセメント排熱発電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量大幅削減はこちら

東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京海洋大学(東京都港区港南)の賞雅寛而教授らのチームが開発した地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電池推進船として、海上では世界初となる実験運航が開始された。この電池推進船は、同大学と東京電力(東京都千代田区内幸町)及びヤマハ発動機(静岡県磐田市新貝)の協力で開発された船である。実験運航では、東京湾岸の同大学の越中島と品川の両キャンパス間の約7キロを運行させてデータを収集する予定であり、1、2年後には地球温暖化の原因対策された船として実用化したいとコメントしている。今回の地球温暖化の原因対策の実験船「らいちょう号I」は、全長10メートル、幅2.3メートルの大きさで、動力源には急速充電システムでリチウムイオン電池に30分ほど充電を行えば、10ノットで約45分の航行が可能だという。電池推進船は、従来のディーゼルエンジンより騒音が少なく、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や排気ガスの臭いもしないうえに、モーターを搭載することによって船舶の設計上の余裕ができることから、曲がりやすくなっているのが大きな特長になっている。今後、電池推進船の実用化に向けては、制御プログラムの見直しなどコストの大幅な引き下げや、海上における動力源となるリチウムイオン電池の安全性の向上などが課題としてあがっているという。東京海洋大学では、今回の方式の電池推進船が地球温暖化の原因対策として実用化されることによって、それが国際標準となり、沿岸航行の小型船や、プレジャーボートなどへ応用されることを願っているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京海洋大学が電池推進船で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都千代田区の法政大学では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減活動

 東京都千代田区富士見にある若さが溢れている法政大学市ヶ谷キャンパスは、法政大学の学生が主体となり、地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減ヒートアイランド現象を緩和する企画として「打ち水in法政」が行われた。法政大学では、従来から市ヶ谷キャンパスの屋上緑化を目的としたサツマイモの栽培や地球温暖化の原因防止対策を考えるエコツアーの実施など、法政大学環境センターが主体となり、学生と教職員が一丸となって環境問題改善活動を行ってきたという。環境センターでは、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減とヒートアイランド現象を緩和する目的で毎年打ち水を行っていたが、同センターに登録している学生が自ら声を上げた学生主体での打ち水の実施となった。法政大学の学生たちはペットボトルで自ら作った打ち水用の容器を使って、正門付近と富士見坂校舎中庭との2か所で約30分間にわたって打ち水を行った。打ち水の始まる朝9時の時点で、会場に設置した温度計は既に30度を超え、法政大学学生と教職員を合わせた約10人が打ち水に取り組んだ。同センターでは「打ち水を通じ、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減とヒートアイランド現象を緩和する環境問題についての意識を高めるきっかけになれば」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の法政大学では打ち水で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の削減活動はこちら

東京都世田谷区で打ち水による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 8月1日、東京都世田谷区では、三軒茶屋と下北沢を結ぶ茶沢通り沿いに位置する西友ストア(東京都世田谷区太子堂4)前で「せたがや打ち水2010」が行われた。この打ち水のイベントは、2007年8月に地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)削減対策ヒートアイランド対策の一環として三軒茶屋銀座商店街の主催によってスタートしたもので、今年で4回目となるという。打ち水では、東京都世田谷区が下水を高度処理した約500リットルの水やバケツを用意し、地球温暖化の原因防止対策など環境問題に取り組んである東京電力(東京都千代田区内幸町)が提供した色とりどりの象型のじょうろを用意し、約150人が参加した。13時30分になると、打ち水イベントスタッフの合図で一斉に打ち水を開始した。打ち水後の道路の表面温度は、開始時は平均38.8度であったが、打ち水後は平均36.1度になり、路面を2.7度下がり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策に貢献した。同商店街副理事長は「地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策とヒートアイランド対策として、打ち水で路面を冷やすと涼しい風が吹き、体感温度も下げることができる。いいことづくしなので、ぜひ自宅に帰っても打ち水をやってもらいたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都世田谷区で打ち水による地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京都千代田区は打ち水プロジェクト2010で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 東京都千代田区の丸の内で、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減ヒートアイランド対策の一環の取組みとして、浴衣姿の会社員らが一斉に水をまく「打ち水プロジェクト2010」が始まった。このうち水は、都心のオフィス街で涼を得ようと地球温暖化の原因防止対策のPRも兼ねて環境省や東京都が主催しているもので、今年で6回目の開催となる。JR東京駅と皇居を結ぶ行幸通りでの打ち水では、夕方に女優の田丸麻紀さんら約900人が掛け声を合図にひしゃくで路面に水をまいた。もちろん打ち水に利用する水は上水ではなく、園芸や災害用に普段備蓄している雨水など約600リットルを利用したものとなっている。この日、丸の内周辺の最高気温は29.2度だったが、夕方には徐々に雲が広がり、打ち水プロジェクトとともに涼しい風が吹いた。仕事帰りに浴衣姿で参加した東京都内の会社員は、家でも試してみたいと話していた。打ち水のイベントは8月17日にかけて、東京都の有楽町や大手町などでも行われる予定になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区は打ち水プロジェクト2010で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 日本興亜損害保険(東京都千代田区霞が関)と日立ソフトウェアエンジニアリング(東京都品川区東品川)は、日本興亜損保のグループ会社であるエヌ・ケイ・リスクコンサルティング及びリサイクルワンと企業活動に伴い排出される地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定して、コストの管理をすることができる独自開発の「CO2&コスト見える化システム」を利用した「CO2&コスト見える化サービス」を8月から始めた。日本興亜損害保険は、地球温暖化の原因対策の気候変動の影響を受けやすい損保会社であることからも、環境関連ビジネスに参入し、地球温暖化の原因対策を始めとする地球環境保護への貢献を目指すという。「CO2&コスト見える化システム」は、日本興亜損害保険が環境省の協力を得て策定した「CO2排出量算定にかかる日本興亜基準」を元に、日本興亜損害保険と日立ソフトが共同開発したものである。このソフトでは、電力などの化石エネルギーの使用だけでなく、社員の営業・出張・通勤から紙・印刷物の使用・廃棄、物流に至るまで企業活動全般から排出される部署別の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を算定できるのが大きな特徴となっている。また、リポート機能が付いていて、改正省エネ法で義務付けられている定期報告書の作成や部署別の二酸化炭素(CO2)排出量削減ランキングの表示など、企業の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量管理を支援することができるものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日本興亜損害保険がCO2&コスト見える化システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減

 東京電力(東京都千代田区内幸町)を始めとする電力各社は、工場やオフィスの省エネルギー及び地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減の設備の売り込みに、ガス会社に対抗して懸命になっている。その中でも、産業用ヒートポンプは、使用する電力エネルギーの3~6倍ものエネルギーを生み出すことができることから、地球温暖化の原因対策の切り札として普及が期待され、相次いで製品化している。食品工場などにもヒートポンプで供給する温水をメリットとして対象を拡大してきた。産業用ヒートポンプ機器の営業機能も強化し、都市ガスボイラーに比べて地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できるメリットを強調して、産業用ヒートポンプで都市ガス設備からの切り替えを狙っている。東京電力は、東京都江東区有明にある東京ビッグサイトで開幕した省エネルギー機器見本市「エネルギーソリューション&蓄熱フェア’10」で三菱重工業(東京都港区港南)と共同で開発した産業用温水ヒートポンプの新機種を発表した。産業用温水ヒートポンプは、これまで60~80度程度までしか湯温が上がらなかったため、その用途が電子部品洗浄などに限られていたが、今回発表した産業用温水ヒートポンプの機種では温度を90度まで引き上げることができるので、導入先が食品工場の殺菌工程にも拡大した。また、産業用温水ヒートポンプは、都市ガスボイラーに比べ、年間のエネルギーコストで38%、地球温暖化の原因対策としての温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量で56%削減することが可能だという。東京電力は、産業用温水ヒートポンプでは、三菱重工業に加えて神戸製鋼所などとの共同開発製品も含めて品揃えを増やしていくという。こうした東京電力の動きに加えて、中部電力(愛知県名古屋市東区東新町)及び関西電力(大阪市北区中之島)も都市ガス会社との競争を優位に進めるために法人営業機能を強化してきている。中部電力は技術開発拠点(愛知県名古屋市緑区)に産業用ヒートポンプの開発拠点を設置しており、その態勢を充実させているほか、関西電力も工場電化のデモ施設の設置を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 東京電力が産業用ヒートポンプで地球温暖化の原因対策である二酸化炭素(CO2)削減はこちら

三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。三菱地所(東京都千代田区大手町)と東京都建設局(東京都新宿区西新宿)は合同で、先月から夏場の路面温度の上昇を抑えるため、東京駅丸の内口から日比谷通りまでの行幸通りで地球温暖化の原因対策打ち水を始めている。他の地域で行われている地球温暖化の原因対策のイベント的に浴衣姿で打ち水を行うのではないが、打ち水用の散水設備を設置し、打ち水と同じようにのように水が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化熱の性質を利用して行うものである。この打ち水を行うことによって、路面温度の上昇を最大で10度程度抑えることができるという。三菱地所では、東京都心部の気温が上昇するヒートアイランド対策と地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として9月まで散水を続ける予定だという。打ち水の散水に使う水は、上水を使用するのではなく、丸の内ビルディングの厨房からの排水や雨水を適切に処理した再生水を利用するという。打ち水の方法としては、行幸通りの道路脇から水を流し、道路の傾斜に沿って道路全面に打ち水が広がる仕組みとなっており、打ち水の散水は天候や気温を見ながら行うという。

> 三菱地所が打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三菱地所が空調システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。三菱地所(東京都千代田区大手町)は、ビル内にある本社の一部を地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素型オフィスに改修し、新たな地球温暖化の原因対策の環境技術の実証を始めたと発表した。ビル内にある本社の一部を地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する技術の一つは、ハイブリッド型天井輻射空調システムという設備であり、温風も冷風も出さないという従来の空調システムの常識を覆した仕組みが大きな特徴となっている。その結果、送風式の従来型空調に比べて、地球温暖化の原因対策のハイブリッド型天井輻射空調システムでは、動力に要する消費電力(二酸化炭素(CO2)排出量)を約4分の1にまで削減することができるという。地球温暖化の原因対策の具体的な仕組みとしては、オフィスの天井に取り付けた金属製パネルの内側にパイプが設置されており、夜間にパイプ内に冷温水を流すことで、建物の骨組みのコンクリート等の躯体に蓄熱しておくという。これを執務時間中である日中に、建物にたくわえた冷熱を自然に循環させるとともに、地球温暖化の原因対策のハイブリッド型天井輻射空調システムパネルと社員の体との間で熱交換を促す仕組みとなっており、これで心地よい室内環境を実現することができるという。その結果、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるという。

> 三菱地所が空調システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、カーボンフットプリントCFP制度の普及を進めている。私たちが購入、消費している全ての商品・サービスは、作られてから捨てられるまでの一連のライフサイクルを通して多くのエネルギーを必要とする。そのエネルギーは、主に石油や石炭、天然ガスなど化石燃料から得られており、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を大気中に排出している。カーボンフットプリントとは、これら商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」を合算した結果、 得られた全体の量を二酸化炭素(CO2)量に換算して表示することをいう。大手食品卸の国分(東京都中央区日本橋)は8月から、中堅スーパー7社と組んで「カーボンフットプリントCFP制度」に対応した菓子を試行的に販売すると発表した。お菓子の原料から製造、販売、廃棄・再利用までの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がいくらだったのかをパッケージに表示して消費者の反応などを探るという。お菓子の商品は、亀田製菓(新潟県新潟市江南区)やカンロ(東京都中野区)、カルビー(東京都千代田区丸の内)の菓子計4種類で、たいらや(栃木県宇都宮市)、三和(神奈川県相模原市)、エーコープ関東(神奈川県横浜市)などが関東甲信越で運営する計112店舗で取り扱い、期間は9月30日までを予定しているという。これは、経済産業省が進めるカーボンフットプリントCFP制度普及事業の一環の取組みになっている。同時に消費者のカーボンフットプリントCFP制度に対する意識アンケート調査を郵送で回答してもらい、カーボンフットプリントCFP制度普及へ向けた課題を探るという。アンケートに回答すると、環境保護団体に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出枠を寄付できるメリットを付けるという。

> 国分がカーボンフットプリントCFPで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 大成建設(株)(東京都新宿区西新宿)と東光電気(株)(東京都千代田区有楽町)は、「次世代型人検知センサ」を共同開発したと発表した。これは、社員のオフィスへの在席状況に応じてゾーン単位で空調及び照明を自動制御し、快適性を保ちながらエネルギー消費を最小化し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発し、東光電気社屋での運用を開始した。現在のオフィスビル全体の電力などの消費エネルギーの約70%が、基本的に空調及び照明設備による消費となっている。本年度から施行された改正省エネ法や東京都環境確保条例に基づく地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の実効を上げるためには、空調・照明設備のエネルギー消費をいかに抑えるかにかかっており、各種設備機器の省エネ対応化のための技術開発に各社がしのぎを削っている状況にある。今回、大成建設と東光電気が開発した「T-Zone Saver」は、空調設備の制御に関しては、社員が在席している場所には通常のエアコンと同じような空調環境を提供するが、一方、社員がいない場所では、エアコンの設定温度を高めたり運転モードの軽減したりと同時に、在席率に応じた外気量抑制を行って空調負荷を低減する仕組みとなっている。ほとんどのビルが採用している中央熱源方式の空調システムは、ヒートポンプ式ビル用マルチエアコン方式に、この制御システムを導入することで更なる省エネ効果と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減が期待できるという。また、このシステムによる照明設備の制御に関しては、社員がいる場所には必要な照度を確保するが、不在の場所では照度を低く自動設定する。さらに、一定の距離が離れている誰もいない場所では消灯する等の制御を行うことで快適性と照明負荷の低減、及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減を行う。本システムの中核技術は、人体だけを確実に認識することができる「次世代型人検知センサ」である。従来使用されていた人感センサでは、人の移動の際の温度変化とタイマー機能によって作動するものであったことから、人が静止している状況では高い精度で認識することができなかったので、人がいても照明を消灯してしまう誤作動が多いことから、事務所等へ導入することはできなかったという。これに対して、今回、大成建設と東光電気がが開発したセンサーは、人体が発する温度そのものを高い精度で認識することから、これまでセンサーが認識することの難しかった熱源であるPCの発熱や太陽の日照による温度変化との識別も確実にできるため、静止体も含めた人を認識することができるという。また、同システムでは多段階にわたる調光が可能であることから、制御変更の反応が速いLED照明や高効率機器を用いたオフィスに導入することによって、建物全体で約50%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減効果が見込まれるという。このシステムは、新築だけでなく既存ビルにも導入可能であり、オフィスの他にも病院や生産施設への適用もでき、更に、セキュリティや防災面に活用することが可能となっている。大成建設では、トップランナーモデルとして、ハーフ・カーボン建築を達成した「スーパーエコビル」を更に進化させ、2020年までに「ゼロ・カーボン建築」の実現を目指している。こうした最先端環境技術を適用することで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をマイナス55~60%は実現可能であるという。

> 大成建設と東光電気が自動環境制御システムで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 JX日鉱日石エネルギー(東京都千代田区大手町)は、太陽光発電燃料電池を組み合わせて電気を発電することによって、省エネ地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現させた総合エネルギーシステムを岐阜県郡上市にある商業施設「クックラひるがの」に設置している。JX日鉱日石エネルギーが太陽光発電や燃料電池の総合エネルギーシステムを外部に設置するのは初めてであるが、経費は明らかにしていない。総合エネルギーシステムは、単に太陽光発電や燃料電池で発電を行うだけではなく、施設の消費電力量に応じて発電などを自動制御する機能を有しており、従来型の給湯器や電力を使った場合に比べて、年間6.8トン分の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる能力があるという。今回の総合エネルギーシステムでは、停電時でも電気やお湯を供給できるようガスのコージェネレーション(熱電併給)システムも導入しており、施設内に設置したモニター画面で太陽光発電の発電状況や、施設のお湯の使用状況などが分かる仕組みとなっているという。また、太陽光発電では天候に左右され不安定な電源供給となることから、施設エリア内の送電に悪影響を及ばさないように、太陽光発電パネルで発電した電力を一旦、蓄電池に蓄えることで送電の安定化も図っているという。JX日鉱日石エネルギーは、今後、省エネと地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の大幅な削減を実現する総合エネルギーシステムを商業施設を中心に販売していく考えだという。JX日鉱日石エネルギーでは、神奈川県横浜市に「ENEOS創エネハウス」を設置し、水素を使った家庭用燃料電池や太陽光発電を組み合わせた省エネ設備の実証試験を続けている。

> 岐阜県郡上市でJX日鉱日石エネルギーが太陽光発電と燃料電池で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 財団法人電力中央研究所(東京都千代田区大手町)は、火力発電、原子力発電、再生可能エネルギー発電など電源別発電の地球温暖化の原因対策の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量について、2009年版の評価結果を公表した。水力発電(中規模ダム水路式)を除いた8電源が前回(2000年調査)評価と比べて1キロワット時当たり二酸化炭素(CO2)排出量が減少しており、高効率発電の開発など発電技術向上が寄与している結果となった。1キロワット時当たりの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が最も多い石炭火力発電は943グラムと、前回の975グラムから3.3%減少した。これには、火力発電用のタービン入口の温度の高温化することによって、熱効率が向上した超々臨界圧石炭火力の導入が進んだことが理由である。LNG複合火力発電は、1300度級、1500度級の高温タイプのLNG複合火力の普及が進み、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量474グラムと519グラムから8.7%減ったという。原子力発電については、過程であるウラン濃縮工程でエネルギー効率の高い遠心分離法の割合が増加したことによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が減少し、排出量は20グラムと、前回の24グラムから16.7%削減した。再生可能エネルギーの風力発電による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量は25グラムであり、太陽光発電による二酸化炭素(CO2)排出量は38グラムであり、前回と同様に二酸化炭素(CO2)排出量は原子力発電の方が少なかった。最も地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量が少ないのは、水力発電の11グラムだが、前回と同水準で排出量の変化はなかった。この評価は、発電時の燃料使用による地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量だけでなく、燃料調達や設備建設などライフサイクルベースの二酸化炭素(CO2)排出量を測定した結果の数値となっているのが特徴である。

> 発電の高効率化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 パーク24(東京都千代田区有楽町)は、時間貸駐車場「タイムズ」の運営で有名であるが、今般、相模鉄道(神奈川県横浜市西区)と提携し、交通ICパーク&ライドサービスを開始すると発表した。神奈川県内の相模鉄道で実施する交通ICパーク&ライドサービスは初めてであり、相模鉄道の利用促進とタイムズの利便性向上を図るとともに、渋滞緩和や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献するという。先ずは、相模鉄道・上星川駅前にあるタイムズにおいて、PASMOを利用した交通ICパーク&ライドサービスを始めるという。この駐車サービスでは、PASMO内に記録された相模鉄道の乗車履歴とタイムズの精算機システムを連動させることによって、タイムズの駐車料金を自動的に200円割り引くことができるサービスとなっている。PASMOに記録された相模鉄道の乗車履歴に応じて、自動的にタイムズの駐車料金が優待割引料金となるため、スムーズに利用できるという。従来から、相模鉄道横浜駅を周辺の主要幹線道路は、朝夕の交通渋滞が著しく、定時性の確保や地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などの地域社会問題となっている状況にある。今回のパーク24が開始する交通ICパーク&ライドサービスを活用すれば、利用者も交通渋滞に巻き込まれず、定時性を確保しながら、相模鉄道沿線におけるレジャーやビジネスなどの目的を果たせる。両社では、今後とも、パーク24の設備と相模鉄道の交通網を最大限活用しながら、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与することができる電車と車のサービスの提供を拡大していくと表明している。

> パーク24がPASMO交通ICパーク&ライドサービスで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 富士重工業(東京都新宿区西新宿)と日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、ウィンド・パワー・いばらきが建設する地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が可能になる国内初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」(茨城県神栖市南浜)に、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0風力発電システム」を7基納入し、今般、本格稼動を開始した。この茨城県に設置されたウィンド・パワー・かみす風力発電所は、鹿島灘に面した海岸線から約50mの海上に約2kmに渡る風力発電所であり、外海に風力発電施設を設けたのはわが国で初めてのケースである。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、富士重工業と日立製作所が共同開発したSUBARU80/2.0は、風力発電に使用する直径80mのローターをタワーの風下に配置するというダウンウィンド式の風車であり、定格出力は1基当たり2000kWで、7基合計すると年間約7000世帯分をまかなえる風力発電のクリーン電力を発電するという。2000kW級風力発電システムでダウンウィンド方式を実用化したのは、風力発電としてはSUBARU80/2.0が世界で初めてのケースになるという。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減がクローズアップされている中で、富士重工業と日立製作所は、大型風力発電システムの需要は今後とも拡大すると見ており、技術開発をさらに進めて普及を図る予定だという。

> 富士重工業と日立製作所が風力発電で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都千代田区が地区計画案に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東京都千代田区は、再開発が進むJR飯田橋駅西口の東京警察病院跡地周辺の地区計画案に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を盛り込んだと発表した。地区計画に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標が盛り込まれるのは全国で初めてのことだという。東京都千代田区によると、地区計画を制定して整備される予定となっているのは、東京都千代田区飯田橋及び富士見の両地区にまたがる約2.5ヘクタールの敷地に、平成24年までに44階建てマンションと31階建てオフィスビル及び駐車場などが整備される予定となっている。この地区計画案には、建物の省エネ化、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の方針が盛り込まれており、高断熱ガラスで冷暖房効率を上げるほか、LED(発光ダイオード)などの省電力型照明を使用することで地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指している。東京都千代田区地域まちづくり担当課では「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を定めた京都議定書の目標達成年度となる24年までに、建物の二酸化炭素(CO2)排出総量を基準年である平成2年から約17%減らす」と話している。この地区計画は、都市計画法の規定によって定められた都市計画の一種であり、整備しようとする施設の配置や建築物の建て方などについて地区の特性に応じたルールを決めることができる制度である。地区計画は東京都千代田区都市計画審議会での審議を経て決定されるという。

> 東京都千代田区が地区計画案に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催

 気象庁は、地球温暖化の原因防止対策に関する最新の取組を紹介するとともに、地球温暖化の原因防止対策について一層の理解を得てもらうことを目的として、下記の通り気象講演会を開催すると発表した。講演会のテーマは「温暖化する地球~最新の研究成果と私たちにできること~」と題して、天気や気温の変化などの身近な話題から地球温暖化の原因に対して私たちに何ができるかを考えるとともに、我が国における世界最先端の地球温暖化予測研究や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の現状、対策技術の将来展望について専門家による講演を行う。
1.日 時 平成22年7月1日(木)受付開場17:30 開演18:00 終演予定20:10
2.場 所 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
3.入場料 無料
4.定 員 500人(事前予約制)
5.主 催 国土交通省気象庁
6.後 援 経済産業省、環境省、NPO法人気象キャスターネットワーク
7.内 容
講演1: 「地球温暖化の科学」
講師 : 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
講演2: 「天気を通して、地球のことを考えよう」
講師 : 山本 志織 気象キャスター
講演3: 「温室効果ガス削減対策の現状と将来」
講師 : 西尾 匡弘 独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー社会システムグループ長
講演要旨
【講演1】
演 題: 「地球温暖化の科学」(30分)
講 師: 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
概 要: 地球温暖化の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動およびそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化予測研究について紹介する。
【講演2】
演 題: 「天気を通して、地球のことを考えよう」(40分)
講 師: 山本 志織 気象キャスター
概 要: 寒波到来とともに始まった今年である。春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じている。地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていかなければなりません。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなども話す。
【講演3】
演 題: 「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」(40分)
講 師: 西尾 匡弘  (独)産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長
概 要: 人類の活動に伴う温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、温室効果ガスの削減が喫緊の地球温暖化の原因防止対策の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない温室効果ガス排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因防止対策技術の将来展望についても紹介する。

> 気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催はこちら

東京都千代田区でワンコイン・チャリティ・ライヴによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策を訴えかけるライヴ・イベント「横浜ゴム LIVEecoMOTION with MTV」が10月1日(金)、東京国際フォーラムホールC(東京都千代田区丸の内)にて開催される。これは、MTVジャパンが、横浜ゴム株式会社の展開する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などを目指す環境貢献活動「エコ・モーション」をサポートし、ともに若者を中心とした音楽ファンに向けて、地球環境問題への意識啓発と自発的なアクションを起こすきっかけを与えることを目的に開催するものである。出演アーティストには、地元神奈川県を拠点に活動しながら、その暖かいサウンドと率直なリリックが幅広い層の音楽ファンの心をとらえている人気デュオ、キマグレンが決定しており、今後も追加アーティストが決まり次第発表するという。8月31日(火)までイベントのオフィシャルサイトを通じての応募者から抽選で700組1400人をイベントに招待するという。イベントは完全招待制で開催されるが、入場時に一人500 円の入場料を取るワンコイン・チャリティ・ライヴとなっている。入場料の全額は、横浜ゴムより「財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)」に寄付され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする地球温暖化対策活動に役立てられる。

> 東京都千代田区でワンコイン・チャリティ・ライヴによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金

 太陽光発電システムを販売している営業担当者のセールストークは、基本的に「家庭の月々の電気代が無料になり、しかも、使わずに余った電気は売却してお金が入る」という内容なので、一般の人にとってはとても魅力的に感じる言葉だ。しかも、太陽光発電システムは、発電時には地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を排出しないという環境問題に対しても優れた製品である。しかし、実際に太陽光発電システムを設置しようとすると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するとはいうものの、初期費用がかなりかかるのがネックなので、国と地方自治体が行っている太陽光発電システムの補助金制度を活用することになる。太陽光発電システムを検討するに当たって、ソーラーパネルを含めた太陽光発電システムは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいるシャープや京セラ、サンヨーなどさまざまなメーカーが提供しているが、太陽光発電システムの価格はメーカーごとに異なっており、太陽光発電システム1kw当たりの価格は、ほぼ70万円前後になっている。一般的な家庭の電気使用量に合わせた太陽光発電システムの場合には4kwを設置することが多いことから、太陽光発電システムにかかる初期費用はおよそ280万円前後になる。これに補助金が適用でき、国からは、1kw当たり7万円の太陽光発電システム補助金を受け取ることができるので、4kwなら28万円となる。地方自治体からの太陽光発電システム補助金もあり、例えば、東京都千代田区では、東京都から1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金が支給され、千代田区からも1kw当たり10万円の太陽光発電システム補助金を受けることができるので、出費は172万円まで抑えることが可能である。しかし、東京都中野区の場合であれば、中野区には太陽光発電システムの補助金制度がないため、国と東京都からの補助金て68万円しか受けることができない。神奈川県横浜市では、神奈川県と横浜市からの太陽光発電システム補助金を合わせても、1kw当たり4万円(上限15万円)しかない。千葉県の場合は、千葉県に太陽光発電システムの補助金制度自体がない。あとは市町村が独自に実施している太陽光発電システム補助制度を利用するしかないが、千葉市のように、既に予算額に達しているため、補助金の募集を締め切っている自治体もある。このようなケースでは、国からの補助金28万円しか受け取ることができない。国をあげて球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいるものの、太陽光発電システムに関する補助金制度については、自治体によって、かなりバラツキがある。こうしたいずれの太陽光発電システム補助金に関しても、設置する太陽光発電システムの機器によって補助対象が細かく決められているほか、申請期限や予算額もあるので、太陽光発電システムの導入を検討する場合は、居住地の自治体の太陽光発電システム補助金制度を確認しよう。

> 自治体で異なる地球温暖化の原因の温室効果ガス(CO2)を排出しない太陽光発電への補助金はこちら

地球温暖化の原因気候講演会「温暖化する地球 ~最新の研究成果と私たちにできること~」を東京で開催

 気象庁は平成22年7月1日に東京都千代田区の一橋記念講堂において、地球温暖化の原因を考える気候講演会「変わりつつある地球を知ってください~地球を守るのは私たち~」を開催すると発表した。気象講演会は同庁が、地球環境問題に関する最新の科学的知見やその対策に関する知識を普及するために、毎年日本各地で地球温暖化の原因防止対策に係る講演を開催しているものである。講演会では、気象庁 気象研究所 気候研究部長の鬼頭 昭雄 氏による「地球温暖化の原因の科学」において、地球温暖化の原因の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動及びそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化の原因予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化の原因予測研究について紹介する。次に、気象キャスターの山本 志織 氏による「天気を通して、地球のことを考えよう」において、寒波到来とともに始まった今年であり、春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じており、地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていく必要がある。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなど地球温暖化の原因に関連する話を講演する。次に、独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長の西尾 匡弘氏の「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」において、人類の活動に伴う地球温暖化の原因となる温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、その地球温暖化の原因の温室効果ガス削減が喫緊の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因対策技術の将来展望についても紹介する。これらの地球温暖化の原因を考える3講演が行われる予定となっている。定員は500名で入場は無料。この講演会に関する問い合わせ先は、気象庁総務部総務課広報室(電話:03-3212-8341内線2126)まで。

> 地球温暖化の原因気候講演会「温暖化する地球 ~最新の研究成果と私たちにできること~」を東京で開催 はこちら

地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として制定されている「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に対して、平成22年2月3日までの間、意見募集を行うと発表した。今回の改正の概要は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素他の温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策としての意見は、郵送、FAX、電子メールで環境省が受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。
○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp
今回意見を求めている地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案の概要は次のとおりである。
1 改正の趣旨
地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律117号)に規定する地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量の算定方法及び地球温暖化の原因となる温室効果ガス算定排出量の算定方法について、インベントリで用いられている算定方法の見直しや総合エネルギー統計の数値の更新等を踏まえ、地球温暖化の原因対策の推進に関する法律施行令(平成11年政令143号)に規定する温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものである。
2 改正の内容
以下の項目に係る見直しを行う。


3 施行期日
平成22年4月1日
改正後の本施行令別表第8(廃棄物の埋立処分に係る算定方法)の規定は、平成22
年度以降の報告について適用する。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集はこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市で

 (独)国立環境研究所は、平成21年11月16日に東京都千代田区の東京国際フォーラムにおいてグローバルカーボンプロジェクト(GCP) 、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構との共催で、地球温暖化の原因防止対策の国際シンポジウム「都市とカーボンマネージメント:科学と政策の連携強化に向けて」を開催すると発表した。本シンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策の科学と政策の架け橋を目指して、日米欧加及びアジア諸国の著名な研究者、地方自治体の担当者、国際機関の関係者による3部構成の討論会を行い、地球温暖化の原因防止対策の低炭素型都市づくりに向けた世界各国の研究と政策の現状をレビューするとともに、今後の地球温暖化の原因防止対策の研究と政策の連携、国際協力のあり方などについて討論する。参加希望者は、参加登録フォーム(https://project.nies.go.jp/events/gcp2009/)から事前に登録する必要がある。問い合わせ先 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター GCP国際オフィス担当:尾島ojima.yukako@nies.go.jpTel: 029-850-2672FAX: 029-850-2960
 一方、環境省は、宮城県保健環境研究所との共催により、平成21年11月27日に、宮城県仙台市で、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と地域の産学等が連携して環境研究・技術開発等を進めるため、環境省が今年度より実施している地球温暖化の原因防止対策の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による地球温暖化の原因防止対策の連携手法を広く普及するために開催される。開催日時は、平成21年11月27日(金)13:30~16:45(開場13:00)、開催場所は、ホテルモントレ仙台(仙台市青葉区)。主催は、環境省、宮城県保健環境センター。参加費は無料。定員は100人。参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、電子メール、またはFAXで申し込む必要がある。申し込み先・問い合わせ先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部担当:加山・佐々木・桜井・斉藤E-mail:sgk@murc.jpFAX:03-6711-1289TEL:03-6711-1243
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市ではこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として取り組む『二酸化炭素などの温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集すると発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような地球温暖化の原因防止対策の商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの地球温暖化の原因防止対策普及を促進させるため、このモデル事業を実施すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体などで、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」応募事業者は、自らが提供する商品やサービスについてリアルタイムな地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」に関するモデル事業を実施し、その効果を調査するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスの見える化の同商品やサービスの普及方策に関する検討などを実施する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募方法の詳細は、プレスリリース添付の公募要領や株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://rt-mieruka.mri.co.jp/)を参照のこと。株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)で、8月28日10時から、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の公募説明会も開催される予定である。募集窓口 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ 担当:永村、馬場、葦津、中塚 TEL:03-3277-4595 FAX:03-3277-0512 E-mail:mieruka-mp@mri.co.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始はこちら

「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催

 環境省は、平成21年7月から改正地球温暖化対策の推進に関する法律説明会(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について)を全国9か所で実施しているが、9月4日に東京都千代田区で追加の地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会を開催すると発表した。この地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度の温室効果ガスの排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告を求めるなど、新しい温室効果ガスの算定・報告方法となるため、地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省が無料で実施しているものである。開催日程は、以下のとおり。日時:9月4日 1回目 10:00~12:00、2回目 14:00~16:00 場所:厚生労働省講堂(2F)東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 定員:330人/回 申込先: 関東地方環境事務所環境対策課 TEL:048-600-0815 FAX:048-600-0517
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 「改正地球温暖化対策の推進に関する法律」説明会を東京都で追加開催 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集

 政府は、全国の学校が地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電を設置し、地域の環境・エネルギー教育の発信拠点となることを目指して、ロゴマーク及びキャッチフレーズを平成21年9月30日まで募集する。
 太陽光発電のロゴマーク及びキャッチフレーズのコンセプトとしてはいずれも、地域の誰もが親しみを持てる地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電を表現したものや、日本の未来を担う児童・生徒が学ぶ「21世紀の学校」らしさを表現した太陽光発電のもの求めている。太陽光発電の応募作品は、関係省及び有識者による審査委員会の審査を経て、最優秀作品賞として太陽光発電のロゴマーク及び太陽光発電のキャッチフレーズそれぞれ1作品、優秀作品賞としてそれぞれ2作品が選ばれ、賞状と副賞が贈られる予定となっている。太陽光発電の応募希望者は、文部科学省公募情報から専用の応募票をダウンロードして必要事項を記入し、作品を添付して郵送で申し込む必要がある。太陽光発電の応募受付・問い合わせ先は以下のとおり。文部科学省大臣官房文教施設企画部施設助成課指導係
 〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2 TEL:03(5253)4111(内2463)
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の学校太陽光発電推進ロゴマーク・キャッチコピーを募集 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域

 環境省は、全国の5地域を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この事業は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素地域づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものである。平成21年4月27日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策の公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、5つの地域が選定された。 今回選定された対象地域は、東京都千代田区(東京都)、京都都市圏(京都府)、大阪府摂津市(大阪府)、大阪府茨木市箕面市(大阪府)、鹿児島県霧島市(鹿児島県)となる。各地域それぞれの取組み内容は次のようになっている。
東京都千代田区(東京都)大手前・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会株式会社グランドパーキングセンターによる電気自動車用急速充電器ネットワーク化事業
「千代田区環境モデル都市行動計画」にもとづき、千代田区大丸有地区等で低炭素地域づくりを推進するため、東京駅付近に電気自動車用の急速充電器を設置し、充電器のネットワーク化を図り、電気自動車利用を推進するものである。
京都都市圏(京都府)
低炭素社会を実現する交通のあり方を考える協議会オリックス自動車株式会社による京都都市圏カーシェアリング事業
京都市内を中心に、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会を実現するための車利用として、カーシェアリング事業を行うための設備整備等を行うものである。本事業では、携帯電話からの予約やICカードを使用した管理システムを構築するとともに、複数の貸出拠点をネットワーク化することで、カーシェアリングの利便性を高め、さらに鉄道やバス等公共交通機関の利用度を向上させるものである。
大阪府摂津市(大阪府)摂津市南千里丘低炭素型まちづくり協議会阪急電鉄株式会社による阪急電鉄京都線摂津市駅におけるレンタサイクル整備事業
地球温暖化の原因防止対策の環境配慮をコンセプトとした「摂津市南千里丘低炭素まちづくり計画」をふまえ、公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、環境負荷の低い交通手段であるシェア形態のレンタサイクル事業を実施する。このため、阪急京都本線にあらたに設置される「摂津市」駅前に、レンタサイクル駐輪場を設置するとともに、主たる電源を地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電により確保する。
大阪府茨木市・箕面市(大阪府)彩都低炭素タウン推進協議会株式会社フルタイムシステムによるコミュニティサイクルの公共交通化促進事業
大阪府彩都地域において、地球温暖化の原因防止対策として自動車から自転車・公共交通機関へのモーダルシフトを促進するため、大阪モノレール 彩都西駅前にレンタサイクル施設を整備する。本施設では、電動補助付き自転車を24時間体制でレンタルするとともに、公共交通機関のカードシステムと連携し、登録・貸し出し及び車両管理を無人で行うシステムを導入する。
鹿児島県霧島市(鹿児島県)
鹿児島都市圏地球温暖化防止交通対策協議会九州旅客鉄道株式会社によるJR国分駅パーク&ライド整備事業
輸送部門の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素排出量を削減するため、市街地への自動車流入を抑制する。このため、JR九州 国分駅前にパーク&ライド用設備を整備し、主要幹線道路を利用するマイカー通勤者の公共交通機関への転換を促す。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域はこちら

宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動

 宮崎県では2008年11月から、地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとして「みやざきソーラーフロンティア構想」の一環で、大規模太陽光発電の協力企業の公募を行っていたが、都農町、国際環境ソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とする、国際航業グループ4社と2009年4月に太陽光発電のメガソーラー事業に関するパートナーシップ協定を締結した。この計画は、太陽光発電ソーラーシステムパネルを旧リニア宮崎実験線ガイドウェイ(高架)の上に並べ、1MWの太陽光発電を行う計画となっている。本格的な太陽光発電の開始は2011年からの予定となっており、グリーン電力証書などの活用も検討しているという。◆太陽光発電ソーラーシステム情報
 一方、栃木県宇都宮市では、市民や来訪者が快適に過ごせる「きれいなまち宇都宮市」を実現するため、2008年7月に施行した「都宮市みんなでごみのないきれいなまちをつくる条例」に基づき、2009年4月から違反者への罰則の適用を開始した。都宮市条例の趣旨や内容が定着するよう「都宮市路上喫煙等による被害の防止に関する条例」と合わせてシンボルマークを決定し、2つの条例の啓発物品や都宮市内の街頭活動に活用して周知を徹底していた。罰則は、都宮市美化推進重点地区内において、ゴミのポイ捨てやペットのフンの放置に対して、警告に従わない場合に過料2000円を科すものとなっている。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 宮崎県の太陽光発電と栃木県宇都宮市の環境美化活動はこちら

地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネス

 環境省は、平成21年度の地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」を実施する事業者を、平成21年6月26日から7月24日(17時必着)まで公募すると発表した。地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助事業は、地球温暖化の温室効果ガス二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、エコ燃料の製造やその利用に必要な設備等の整備を行い、地球温暖化原因防止対策に寄与する輸送用エコ燃料の利用拡大を推進していくものとなっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業は、(1)バイオエタノール製造事業、(2)バイオエタノール混合ガソリン等利用促進事業、(3)バイオディーゼル燃料製造事業の三事業となっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業者は、(1)民間企業、(2)公益法人、(3)その他環境大臣が適当と認める者で、国や地方公共団体は対象とならない。また、地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の事業の年数は原則単年度で、補助率は1/2が上限となっている。提出先 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 エコ燃料利用促進補助事業担当 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 TEL:03-3581-3351(6780) FAX:03-3580-1382 E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp
 また、環境省は、地球温暖化原因防止対策のエコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2009」を開催し、平成21年7月21日から応募受付を開始すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「eco japan cup」は今年で4回目で、「日本発、世界の経済をエコ化する」をコンセプトに開催される。このコンテストは、地球温暖化原因防止対策の環境ニューディール政策の一環と位置づけられており、エコビジネスで世界経済を活気づける意気込みで開催する。主催は、「環境ビジネスウィメン」、「環境省」、「総務省」、「三井住友銀行」と「日本政策投資銀行」となっている。地球温暖化原因防止対策の募集を行うのは、「ビジネス部門」、「カルチャー部門」、「ライフスタイル部門」と新たに設けられた「ポリシー部門」の合計4分部門となっている。応募締切は8月31日で、結果発表は12月となっている。受賞作品はエコプロダクツ2009会場にて展示・発表される予定となっている。応募の詳細は「eco japan cup」ホームページ(http://www.eco-japan-cup.com)を参照のこと。お問い合せ eco japan cup 総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン TEL:03-5888-9139 E-mail:info@herb.or.jp

コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネスはこちら

地球温暖化対策法関係省令が公布

 環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令」、「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令の一部を改正する省令」及び「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令」が平成21年6月23日に公布・施行されたと発表した。今回の改正は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等、環境省令・経済産業省令で定める特定排出者が用いる他から供給された電気使用に伴う二酸化炭素排出係数及び集計方法等について所要の改正を行ったものとなっている。
 これらに対する意見募集のパブリックコメントは、次のとおり行われていた。環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)」に、平成21年2月26日から3月27日までの間、意見募集を行うと発表した。「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等及び環境省令・経済産業省令で定める集計方法等について所要の改正を行うものとなっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)は、平成21年4月1日から施行される予定となっている。「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp

貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化対策法関係省令が公布はこちら

チーム・マイナス6%「地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」

 チーム・マイナス6%(環境省)では、「平成21年度 地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の事業案件の募集を開始した。この事業は、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による地球温暖化原因防止活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を支援するもの。民間団体が行う活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化原因防止活動の実践を促すことを目的としている。1案件あたり最大5百万円(税込)支援が受けられる。採択事業件数は十数件程度の予定。応募期間は、平成21年6月5日~平成21年6月30日(17時必着)。応募方法の詳細は、プレスリリースの添付資料を参照のこと。政府の地球温暖化対策推進本部では、地球温暖化原因防止に係る国民運動「チーム・マイナス6%」を展開しています。これは地球温暖化原因を防止するために、政府、地方公共団体、企業、民間団体、さらに国民一人ひとりが連携してチームになって具体的な行動を実践していこうという運動です。各地域においては、「チーム・マイナス6%」に参加していただいているNPO・NGO等の民間団体が、様々な創意・工夫をこらした地球温暖化原因防止活動を実施されています。しかしながら、メディアとの連携が十分ではない場合は、普及啓発効果が例えば実施に参加した人だけにとどまってしまう事例もあるかと思います。そこで本事業は、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、適切な素材と伝達手段を用いて、情報(=民間団体の活動)を伝えたい相手に対してそれが伝わるようにするたの経費を支援することで、民間団体が行う活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化原因防止活動の実践を促すことを目的とするものです。2.対象事業の要件支援対象事業は次の要件で公募し、選考委員会にて選考・決定します。① NPO・NGO等の民間団体が実施する活動の基本的な部分が自立していること。例えば、本支援事業の支援がなければ実施できない事業は対象外となります。② メディアがその事業をどのような手段で支援又は広報するのかが具体的に提案されていること。③ 情報発信をする対象(=誰に伝えたいのか)が特定されていること。④ 情報発信をする対象に対し、温暖化を防止する行動を新たに喚起する高い効果があり、かつ、その情報発信した効果について、具体的かつ定量的な評価方法が示されていること。⑤ 本支援事業を実施することで見込まれるCO2排出削減量の算定式が示されていること。⑥ 支援決定通知日~平成22年2月15日迄の期間に効果測定まで実施できる事業であること。※ 本支援事業の予算はいわゆる「石特会計」であるため、その使途は代替エネルギー、省エネルギー対策に限られ、対象となるNPO・NGO等の民間団体が実施する活動も、温室効果ガスの「排出抑制対策」に限られます。よって「吸収源対策」としての森林整備や緑化対策は、本支援事業の対象外となりますので留意してください。○応募書類提出先及び問い合わせ先 チーム・マイナス6%運営事務局 連携支援事業係 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-6 麹町PRECビル3階 TEL:03-5226-1153 E-mail:info@team-6.net

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> チーム・マイナス6%「地球温暖化原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」はこちら

廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業

 環境省は、平成21年度の「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」の公募を開始した。期間は、5月11日から6月10日(午後6時必着)まで。この事業は、高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としている。対象は、民間企業、独立行政法人、公益法人、法律により直接設立された法人、その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
平成21年度 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業 公募要領
環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金により、「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」を行うこととしています。本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は以下のとおりです。なお、補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業)交付要綱」(以下「交付要綱」という。)及び「廃棄物処理施設に対する地球温暖化防止対策事業実施要領」(以下「実施要領」という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。このため、交付要綱及び実施要領を参照の上、応募いただきますようお願いいたします。
1.廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業の概要
1-1 目的
 京都議定書の温室効果ガス6%削減の約束を確実に達成するために必要な措置を定める「京都議定書目標達成計画(平成20年3月全部改定)」においては、廃棄物処理における取組として、廃棄物処理施設における廃棄物発電等エネルギー利用を更に進めることとしており、「21世紀環境立国戦略(平成19年6月)」では廃棄物エネルギーの徹底的な利用及び廃棄物系バイオマスの活用を推進することを定めています。このため、循環型社会形成推進基本法の基本原則として示されている[1]リデュース、[2]リユース、[3]マテリアル・リサイクル、[4]サーマル・リサイクルの優先順位に従い、地球温暖化防止対策に資する高効率の廃棄物エネルギー利用施設やバイオマス利用施設の整備を促進するため、これらの施設を整備する事業に対して支援を行います。
1-2 事業の内容
(1)概要
 高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としています。
(2)対象事業者(補助事業者)
 対象事業者は、以下に挙げる者とします。ただし、(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設を整備する事業については、廃棄物処理業を主たる業とする事業者であって、以下に挙げる者が行うものに限ります。
 ア 民間企業
 イ 独立行政法人
 ウ 公益法人
 エ 法律により直接設立された法人
 オ その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
(3)補助対象費用の使途
 工事費(本工事費)及び事務費
(4)補助金の交付額の上限
1)(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設
施設の高効率化に伴う増嵩費用(ただし、補助対象となる施設整備費の1/3を限度とします。)
2)(5)1)の表の[8]及び[9]の対象施設
補助対象となる施設整備費の1/2
(5)補助対象となる施設の条件
 下記の条件を設けています。
1) 下表の左欄の対象施設の区分ごとに右欄の条件を満たすものであること。 対象施設 対象の条件
[1]廃棄物発電 (ア)RDF発電
発電効率:RDFの処理量により
200トン/日未満:23%以上
200トン/日以上:25%以上
300トン/日以上:28%以上
(イ)ガスリパワリング型廃棄物発電
発電効率:20%以上
(ウ)その他の廃棄物発電
発電効率:15%以上(施設の更新でない場合)
        10%以上(施設の更新の場合)
[2]バイオマス発電 (ア)蒸気タービン方式
発電効率:10%以上
(イ)その他の発電方式
発電効率:25%以上
[3]廃棄物熱供給 廃棄物から得られ、利用される熱量:6.28GJ/h(1.5Gcal/h)以上
[4]バイオマス熱供給 バイオマスから得られ、利用される熱量:1.26GJ/h(0.3Gcal/h)以上
[5]バイオマスコージェネレーション 発電出力:50kW以上
省エネ率:10%以上
[6]廃棄物燃料製造 エネルギー回収率:60%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 33.49MJ/kg(8,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
RPF製造は対象としない
[7]バイオマス燃料製造 (ア)メタン発酵方式
ガス製造量:300Nm3/日以上
発熱量:18.84MJ/Nm3(4,500kcal/Nm3)以上
(イ)メタン発酵方式以外
エネルギー回収率:50%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 16.75MJ/kg(4,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
[8]ごみ発電ネットワーク 参画するすべてのごみ発電施設における総発電量の増加量:10GWh/年以上
参画するすべてのごみ発電施設におけるネットワーク全体での発電効率:2%以上の向上
[9]熱輸送システム 廃棄物から得られ、輸送される熱量:12.56GJ/日(3.0Gcal/日)以上
(注)[1]~[4]については、廃棄物を直接燃焼させるものに限る。
2) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第8条の規定による一般廃棄物処理施設の設置許可を受けたもの、又は第15条の規定による産業廃棄物処理施設の設置許可を受けたものであること。ただし、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第8条又は第15条の適用を受けない施設においては、この限りでないこと。
3) 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業に係る施設が適正に管理されるよう、周辺住民の理解の下に、当該事業に係る管理・運営体制が整備されていること。
4) 補助事業に係る廃棄物処理施設の安全性に関する情報公開等を行わなければならないこと。
ア 情報公開等を行うに当たっては、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の安全性等に関する説明書を作成して周辺住民に開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要を環境大臣に報告しなければならないこと。
イ 処理施設の稼働開始後5年間は、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の実際の安全性について点検し、その結果を開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要について補助を受けた年度の末日までに環境大臣に報告しなければならないこと。
5) 循環型社会形成推進基本法(平成12年法律第110号)の基本原則に沿った事業であること。
6) 事業実施の計画が確実かつ合理的であること。
7) 地球温暖化防止に資する効果が合理的に説明でき、かつ当該効果が十分高いものと判断できること。
8) 当該事業の遂行によって、他の事業者に対する波及効果が見込まれること。
9) 事業者の取組として先進的であること。
10) 1)の表の左欄の[3]~[7]の対象施設においては、熱利用先又は製造された燃料の利用先が確定している旨を証明できること。
11) 1)の表の左欄の[8]の対象施設においては、電源となるごみ発電施設が確定している旨が証明でき、かつ、地域のごみ発電施設の相当数を電源とする場合を除き、原則として、電源となるごみ発電施設数の拡大を前提とするものであること。
12) 1)の表の左欄の[9]の対象施設においては、熱源となる廃棄物焼却施設及び熱利用先が確定している旨を証明できること。
13) 産業廃棄物処理施設においては、産業廃棄物管理票について電子情報処理組織に原則対応しているものであること。  
14) 当該事業の実施及び当該事業により整備された施設の稼働において発生する産業廃棄物は、原則として優良性評価基準適合事業者によって処理されること。
15) 断熱材を使用する場合は、フロンを用いないものであること。
(6)補助期間
補助期間は原則単年度とします。(来年度以降も継続して実施する事業については、年度ごとに応募していただきます。)
1-3 補助事業者の選定方法等
(1)一般公募を行い、選定します。
(2)応募者より提出された実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い補助事業者を選定し、予算の範囲内において補助金の交付を決定(内示)します。
1-4 留意事項
 本補助事業は、各都道府県・政令市の廃棄物担当部局の協力を得て実施しています。このため、本補助事業に関し、各都道府県・政令市の廃棄物部局から問い合わせがある場合があります。
2.補助金の交付等について
(1)交付申請
 公募により選定された補助事業者には補助金の交付申請書を提出していただきます(申請手続等は交付要綱を参照願います。)。その際、補助金の対象となる費用は、当該年度に行われる事業で、かつ当該年度中に支払いが完了するものとなります。
(2)交付決定
 環境省は、提出された交付申請書の内容について以下の事項等に留意しつつ審査を行い、補助金の交付が適当と認められたものについて交付の決定を行います。
申請に係る補助事業の全体計画(資金調達計画、工事計画等)が整っており、準備が確実に行われていること。
申請に係る補助事業に要する経費(設備費、工事費、諸経費)が、補助事業と類似の事業において同程度の規模、性能を有すると認められるものの標準価格等を参考として算定されているものであること。
補助対象経費には、国からの他の補助金(負担金、利子補給並びに補助金に係る予算の執行の適正化に関する法律第2条第4項第1号に掲げる給付金及び同項第2号に掲げる資金を含む。)の対象経費を含まないこと。
(3)事業の開始
 補助事業者は環境省からの交付決定を受けた後に、事業開始することが原則となります(ただし、工期等の諸事情により早期開始が必要なものについてはご相談ください。)。
 補助事業者が他の事業者等と委託等の契約を締結するにあたり注意していただきたい主な点(原則)を以下に記します。
新規応募事業の場合、契約・発注日は環境省の交付決定日以降であること。
補助事業の遂行上著しく困難又は不適当である場合を除き、競争原理が働くような手続きによって相手先を決定すること。
当該年度に行われた委託等に対して当該年度中(出納整理期を含む。)に対価の支払い及び清算が行われること。
(4)補助金の経理等について
 補助事業の経費については、帳簿及びその他証拠書類を備え他の経理と明確に区分して経理し、常にその収支状況を明らかにしておく必要があります。
 これらの帳簿及び証拠書類は、補助事業の完了の日の属する年度の終了後5年間、いつでも閲覧に供せるよう保存しておく必要があります。
(5)実績報告及び書類審査等
 当該年度の補助事業が完了した場合は、事業終了後30日以内あるいは翌年度4月10日のいずれか早い日までに実績報告書を環境省宛て提出していただきます。
 環境省は事業者から実績報告書が提出されたときは、書類審査及び必要に応じて現地検査等を行い、事業の成果が交付決定の内容に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を決定し、補助事業者に確定通知をします。
 なお、自社調達及び100%同一資本に属するグループ企業からの調達によってなされた設計、工事、物品購入等については、原価計算により利益相当分を排除した額(製造原価)を補助対象経費の実績額といたします。また関係会社からの調達分についても原則原価計算等により、利益相当分を排除した額(製造原価と販売費及び一般管理費の合計)を補助対象経費の実績額とします(【参考資料1】参照)。
(6)補助金の支払い
 補助事業者は、環境省から確定通知を受けた後、精算払請求書を提出していただきます。その後環境省から補助金を支払います。ただし、必要と認められる場合には上記の方法によらないで、交付決定した補助金の一部について補助事業の期間中に概算払いをすることができます。
(7)取得財産の管理について
 補助事業の実施により取得した財産(取得財産等)については取得財産管理台帳を整備し、その管理状況を明らかにしておくとともに、財産を処分(補助金の交付の目的(補助金交付申請書及び実施計画書に記載された補助事業の目的及び内容)に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供することをいう)しようとするときは、あらかじめ環境省の承認を受ける必要があります。なお、補助事業により整備された施設、機械、器具、備品その他の財産には、環境省補助事業である旨を明示しなければなりません。
(8)利用状況の報告について
補助事業の適正な管理のため、補助事業の実施により取得した財産等(補助事業により設置した発電設備等)の利用状況を確認させていただきます。つきましては、【参考資料2】のとおり設備等の運転・利用状況の報告をお願いします。
(9)その他
 上記の他、必要な事項は交付要綱及び実施要領に定めますので、これを参照してください。
3.公募案内
(1)応募方法
 事業の応募に必要な書類を公募期間内に環境省へ提出していただきます。書類は封書に入れ、宛名面に「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業応募書類」と赤字で明記してください。
(2)公募期間
 平成21年5月11日(月)~平成21年6月10日(水)午後6時必着
(3)応募に必要な書類及び提出部数
 [1]実施計画書
 [2]経費内訳
   ※ 経費内訳は平成21年度分についてのみ作成
 [1]及び[2]の書類を一部提出してください。
(4)提出先
 土日祝日を除く執務時間
 [1]一般廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課
   電話03-3581-3351(内線6850) 担当 施設第一係
 [2]産業廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課
   電話03-3581-3351(内線6875) 担当 施設整備指導係
(5)提出方法
 持参又は郵送(郵送の場合は電話による連絡を併せてお願いします。)

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業はこちら

地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画

 環境省は、地方公共団体向けに作成した「地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画(区域施策)策定マニュアル(案)」に対して、平成21年4月17日から5月15日までの間、意見募集を行うと発表した。平成20年6月に改正された地球温暖化対策推進法(温対法)において、都道府県及び特例市以上の地方公共団体は、現行の地方公共団体実行計画を拡充し、従来の地域推進計画に相当する区域全体の自然的社会的条件に応じた施策について盛り込むことが義務づけられた。また、この新しい地方公共団体実行計画と都市計画等の関連施策との連携を図ることも求められるようになった。そこで、環境省は、有識者による検討会を経て、地方公共団体向けの計画策定マニュアル(案)をとりまとめたとのこと。意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。封筒表面・件名に「温対法に基づく実行計画策定マニュアル(案)への意見」と記載する必要がある。意見提出方法の詳細は参照のこと。意見提出先 環境省総合環境政策局環境計画課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3581-5951 E-mail:SOKAN_CHIIKI@env.go.jp

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画はこちら

CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集

 環境省は、地球温暖化防止原因対策のため、大気中に排出されるCO2などの温室効果ガスの排出量を削減する「平成21年度自動車環境配慮推進事業」を実施する自動車関連事業者の募集を開始した。この「自動車環境配慮推進事業」は、平成20年度の「自動車省CO2対策推進事業」が名称変更したもので、窒素酸化物や粒子状物質、CO2の排出抑制に関する計画的な取組を行う事業者を募集し、計画的な取組として認定を受けた事業者に対し、燃費基準達成かつ排出ガスに係る新長期適合のトラックやバスを導入する費用の一部(通常車両価格との差額の1/2以内)を補助するものである。事業者からの「自動車環境配慮推進計画」の申請受付期間は、平成21年4月10日~11月30日としているが、予算の範囲を超える場合には期間途中であっても受付を締め切る。当日消印有効。計画の提出先 環境省水・大気環境局自動車環境対策課 自動車環境配慮推進事業担当 東京都千代田区霞が関1-2-2 E-mail:JIDOSHAKA-N@env.go.jp

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> CO2等の温室効果ガス排出抑制を行う事業者を募集 はこちら

エコビジネスの芽を見つけ育てるコンテストeco japan cup

 環境省は、平成21年4月22日に中央合同庁舎(東京都千代田区)において、地球温暖化防止対策に寄与する「eco japan cup」事業説明会を開催した。エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup」は、「日本発、地球温暖化防止対策に寄与する世界の経済をエコ化する!」をコンセプトに掲げ、2006年度から継続して開催されている。「eco japan cup」事業は、環境省、総務省と民間などとの産官民の地球温暖化防止対策に寄与する協働事業として進めてきているもので、今年はさらに多くの企業、団体の参加を促すために事業説明会を開催した。会場は、東京都千代田区の中央合同庁舎5号館本館2階共用第6会議室。開催時間は、13:30~15:30(受付開始13:00)。主催は、eco japan cup総合運営事務局。対象は、企業・団体等のCSRおよび広報担当者、報道関係者など。参加希望者は、プレスリリース添付の申込用紙に必要事項を記入の上、FAXまたはEメールで申し込む必要がある。先着順で、定員となり次第、締め切り。申込先eco japan cup総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン 事務局TEL:03-5888-9139FAX:03-5681-7785E-mail:info@herb.or.jp

リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> エコビジネスの芽を見つけ育てるコンテストeco japan cupはこちら

地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会

 内閣官房、環境省及び経済産業省は、地球温暖化原因対策の中期目標の選択肢について、直接国民の意見を聴くため、下記のとおり全国5か所で意見交換会を開催すると発表した。(既に実施済みの会場もある。)日本政府は、これらの会場からの地球温暖化防止に向けての意見も踏まえる中で、地球温暖化防止対策の中期目標(我が国の2020年の温室効果ガス排出量についての削減目標)を今年6月までに決定する予定としている。
(1)東京 日時:平成21年4月20日(月)19:00~21:00 会場:内閣府本府 地下一階講堂(東京都千代田区)定員:200人
(2)名古屋 日時:平成21年4月21日(火)18:00~20:00 会場:愛知県産業貿易館 特別会議室(愛知県名古屋市中区)定員:130人
(3)大阪 日時:平成21年4月22日(水)17:30~19:30 会場:国民会館 武藤記念ホール大ホール(大阪府大阪市中央区)定員:150人
(4)札幌 日時:平成21年5月11日(月)17:30~19:30 会場:ホワイトキューブ札幌 1F会議室(北海道札幌市北区)定員:80人
(5)福岡 日時:平成21年5月12日(火)18:00~20:00 会場:福岡合同庁舎 共用中会議室A・B(福岡県福岡市博多区)定員:100人
 地球温暖化原因対策の意見交換会への参加希望者は、東京・大阪・名古屋会場分は4月15日までに、札幌・福岡会場分は5月6日までに、件名を「【参加希望(○○会場)】意見交換会」とし、氏名、所属、連絡先(電話、メールアドレス)を記入して、メールで申し込む必要がある。定員をオーバーした場合は抽選となる。○参加申込及び問い合わせ先:内閣官房 副長官補室 地球温暖化問題に関する懇談会担当 担当:宇都宮、西村 E-mail:ondankakondankai@cas.go.jp


観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報コピー機レンタルリース格安情報

> 地球温暖化原因対策の中期目標に関する意見交換会はこちら

地球温暖化対策法関係省令案への意見募集

 環境省は、「温室効果ガス算定排出量の報告等に関する命令の一部を改正する命令案(概要)」と「温室効果ガス算定排出量の集計の方法等を定める省令の一部を改正する省令案(概要)」に、平成21年2月26日から3月27日までの間、意見募集を行うと発表した。
 「地球温暖化対策の推進に関する法律」の一部改正に併せ、主務省令で定める報告事項等及び環境省令・経済産業省令で定める集計方法等について所要の改正を行うとのこと。 平成21年4月1日から施行される予定。
 意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレリリースを参照のこと。
意見提出先
 環境省地球環境局地球温暖化対策課
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3580-1382
 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp


薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化対策法関係省令案への意見募集はこちら

エコを支える新たなお金~市民出資・市民金融が拓く持続可能な社会~

 環境省は、平成21年3月28日に、東京国際フォーラム ホールD5(東京都千代田区)で、シンポジウム「エコを支える新たなお金~市民出資・市民金融が拓く持続可能な社会~」を開催すると発表した。
 このシンポジウムでは、環境省が実施している「コミュニティ・ファンド等を活用した環境保全活動促進事業」で得られた成果をもとに、市民のお金を環境保全活動や持続可能な地域づくりに活かすための方策や、環境コミュニティ・ビジネスを支えるための行政、金融機関、コミュニティ・ファンド、中間支援組織等の地域連携のあり方について考えるとのこと。
 オープニングガイダンス「「市民出資・市民金融」基本の『き』」、トークセッション「広がる担い手・支える地域~環境コミュニティ・ビジネスの現状から~」、モデル事業活動報告、パネルディスカッション「地域に必要なお金の流れをつくる~多様な主体の役割と連携~」、本日の総括「エコを支える新たな仕組み作りに向けて~市民出資・市民金融への期待~」などが予定されている。
 参加希望者は、、名前、所属、所在地、電話番号、FAX番号--を明記の上、件名を「シンポジウム申し込み」と記載し、電子メールで事前に予約する必要がある(空席がある場合は、当日参加も可能。)。参加費は無料


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> エコを支える新たなお金~市民出資・市民金融が拓く持続可能な社会~はこちら

ローカーボン・シンポジウム2009~低炭素社会実現めざす技術と経営~

 チーム・マイナス6%(環境省)は、日経BP 環境経営フォーラム/日経エコロジー主催の地球温暖化防止対策に資する目的で開催される「ローカーボン・シンポジウム2009~低炭素社会実現めざす技術と経営~」に特別協力すると発表した。
 このシンポジウムは、企業の経営層・経営企画・環境/CSR等のマネージャー・管理職、研究者などを対象とし、2月25日に、経団連会館14階の経団連ホール(東京都千代田区)で開催される。
 斉藤鉄夫環境大臣の挨拶や、寺田達志環境省地球環境局長氏による特別講演「日本のリーダーシップで低炭素社会の実現めざす(仮)」、富士ゼロックス相談役特別顧問/国連グローバル・コンパクト ボードメンバー グローバル・コンパクト・ボード・ジャパン議長の有馬 利男 氏による基調講演「低炭素社会実現に果たす企業の役割(仮)」、宇宙航空研究開発機構 国際宇宙ステーションプログラム プログラムマネージャの長谷川 義幸 氏による特別講演「宇宙でわかった環境課題解決の重要さ」、パネルディスカッション「豊かで質の高い低炭素社会に向けて企業ができること」などが予定されている。
 受講料は無料。受講定員は500名(先着順)。受講希望者は、ホームページ(http://www.architecture.co.jp/preview/001/01/eco6/)で事前に申し込む必要がある。

アルバイト探し求人募集転職パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職

> ローカーボン・シンポジウム2009~低炭素社会実現めざす技術と経営~はこちら

地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議

 環境省は、平成21年2月20日に、環境省第一会議室(東京都千代田区)で、地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業 採択校全国会議」を開催すると発表した。
 「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。ハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴。
 採択校の事業成果の報告と今後の取り組みに向けた情報交換のために、今回の全国会議が開催される。
 なお、この会議は公開で実施されるので、傍聴希望者は、「エコ改修全国会議傍聴希望」と明記し、氏名、住所、電話番号、勤務先、傍聴券の送付先(emailアドレス又はFAX番号)を記入し、2月13日午前中必着で、申し込みが必要。
 一般の傍聴可能人数は20名。傍聴希望者が多数の場合は抽選。


○傍聴申し込み
 エコフローサポート本部
 E-mail:info@ecoflow.jp
 FAX:03-5681-7785

> 地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議はこちら

国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」

 気象庁は、平成21年3月3日に東京都・千代田区の同庁講堂において、国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」を開催すると発表した。
 この国際シンポジウムでは、地球温暖化予測における海洋CO2の重要性について、第一線で活躍する国内外の研究者からわかりやすく解説が行われる予定。
 現在進行中の地球温暖化の主な原因であるとされている人為起源温室効果ガスCO2の約3割は、海洋に吸収されており、これによって地球温暖化が緩和されていると考えられている。
 しかし、今後も海洋が同じペースでCO2を吸収し続けるかは明らかでなく、地球温暖化の予測や対策のためには、海洋のCO2吸収に関する更なる科学的知見が不可欠な状況にある。
 なお、本シンポジウムへの参加には事前登録は不要で、参加費も無料

> 国際シンポジウム「温暖化予測の鍵、海のCO2」はこちら

「環境情報戦略(案)」への意見募集

 環境省は、「環境情報戦略(案)」に対して、平成21年1月9日から1月23日までの間、意見募集を行うと発表した。
 この戦略は、環境基本計画第二部第1章第9節第2項に基づき、持続可能な社会の構築のために、環境情報に立脚した環境行政の実現及び環境情報の利用者ニーズに応じた情報提供のあり方を示すもの。
 中央環境審議会総合政策部会環境情報専門委員会において、今回の案が取りまとめられ、意見を募集するとのこと。
 意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレスリリースを参照のこと。
○意見提出先
 環境省総合環境政策局環境計画課企画調査室
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
 FAX:03-3581-5951
 E-mail:toukei@env.go.jp

> 「環境情報戦略(案)」への意見募集はこちら

農業機械の省エネ性能に関する研究会

 農林水産省は、「農業機械の省エネ性能に関する研究会」を1月14日(水曜日)に開催すると発表。
 同研究会は、地球温暖化の要因の一つとされている二酸化炭素の排出抑制及び最近の原油価格変動に伴う生産コストへの影響緩和のため、農業生産における燃料等の消費の削減をめざして、農業機械の省エネ性能について効果的に情報提供を進めていくための方策等を検討することを目的としている。
 開催日時は、平成21年1月14日(水曜日)10時00分~12時00分。場所は、東京都千代田区霞が関1-2-1の農林水産省生産局第2特別会議室(ドア番号467)。会議は公開で、撮影は冒頭カメラ撮りのみ可能。
 議題は、(1)検討会におけるこれまでの検討結果報告、(2)今後の検討の進め方とスケジュールについて、(3)その他 としている。
 傍聴希望者は、下記の要領で1月9日(金曜日)13時必着で申込みが必要。希望者多数の場合は抽選により決定。
 申込方法は、FAXまたはインターネットで、「農林水産省生産局農業生産支援課宛」に、標題「農業機械の省エネ性能に関する研究会(平成21年1月14日開催)の参加」と、傍聴希望者の氏名(フリガナ)、連絡先住所、電話/FAX番号、勤務先、所属団体等を明記の上、FAX:03-6744-2523またはインターネットhttps://www.contact.maff.go.jp/maff/form/a1e3.html より申し込むこと。

> 農業機械の省エネ性能に関する研究会はこちら