TOPページ > 検索結果

検索結果 【北九州市】

福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、11月から、第2・第4水曜日にマイカー使用を控えて公共交通機関の利用を促す「ノーマイカーデー」を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が目的で、10月26日に福岡県北九州市小倉北区室町のリバーウォーク北九州でキックオフイベントを開催し、福岡県北九州市民や企業を巻き込んだ取組みにしたいという。福岡県北九州市環境モデル都市推進室によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2007年度からノーマイカーデーのキャンペーンを福岡県北九州市内のイベントに合わせて数日間実施することはあったが、恒常的なノーマイカーデーを設定するのは初めてのことだという。ノーマイカーデーは来年3月までの実施で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等の効果を調査・分析を行った後に2011年度中に再度実施する。ノーマイカーデーを水曜日に設定したのは、定時に退社する「ノー残業デー」を水曜日に実施する企業が福岡県北九州市で多いのが理由だという。福岡県北九州市内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は、工場など産業部門が66%と最も排出量多いが、自動車や電車などの運輸部門も9%あり、ノーマイカーデーでマイカーの通勤利用を減らすことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を進めたい考えだ。ノーマイカーデーには、現在、福岡県北九州市役所の職員以外に福岡県北九州市内の企業約50社の参加が決まっている。ノーマイカーデー参加者には、福岡県北九州市内で飲食や買い物で割引などの特典が受けられるような仕組みも設ける予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 福岡県北九州市はノーマイカーデーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 福岡県北九州市八幡西区穴生の自動車整備会社「城野レーシング」では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、改造電気自動車(EV)の製作に取り組んでおり、第1号となる電気自動車(EV)のデモ車が8月、みごと車検に合格したという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)への改造費は150万円程度だったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、電気自動車(EV)は走行距離が短いなど課題も多いが、どんな中古車でも電気自動車(EV)に改造できるといい、福岡県北九州市内外の同業者らから城野レーシングへ問合せが相次いできているという。城野レーシングによると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、改造電気自動車(EV)デモ車は1200ccの小型中古車を改造した。中古車のエンジンルームからガソリンエンジンを取り外し、そこへ駆動用のモーターや蓄電池などを取り付けてある。改造電気自動車(EV)の最高時速は110キロで、電源は給油口に設けたコンセントを介して家庭用電源から充電することができ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することができる。改造電気自動車(EV)に使用する蓄電池は、小型車の場合で鉛電池6個を使用する。大手自動車メーカーのハイブリッド車や電気自動車の生産で使用するリチウムイオン電池と比較すると、大幅に安価で誰でも入手しやすいが、難点は重くて走行距離が短いことにある。改造電気自動車(EV)のフル充電には、約4時間かかるが、電気代は100円以下であり、大いに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できるという。ただ、改造電気自動車(EV)の走行距離は約70キロ程度でしかないが、夏季などのエアコン使用時はさらに約30キロまで落ちるという。城野敏夫社長は「改造電気自動車(EV)は、自宅近くの病院やスーパーなどに出かけるときに利用するだけなら、1度の充電で3日は使え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなる」と話している。改造電気自動車(EV)には乗り心地にもこだわり、エアコン及びパワーステアリングなども標準で装備してある。これまでの改造電気自動車(EV)では、軽量化や省電力対策のため、ないことが多かったという。ただ、コストを可能な限り低減させるため、モーターなど部品のほとんどは既製品を使ったという。どんな自動車でも改造して電気自動車(EV)にでき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもなることから、福岡県北九州市内外で業界の注目度は高く、ライセンス制で作り方を指導している状況にあるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で改造電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕

 国指定の環境モデル都市である福岡県北九州市の西日本総合展示場(福岡県北九州市小倉北区浅野)において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境技術を集めた西日本最大級の展示会「エコテクノ2010」が閉幕した。主催する財団法人西日本産業貿易コンベンション協会(福岡県北九州市小倉北区浅野)によると、従来の展示内容は公害対策やリサイクル技術といったものが主流だったが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が国際的に注目される中で、二酸化炭素(CO2)の発生を抑える低炭素技術に変化してきているという。このうち、福岡県北九州市のブースでは、福岡県北九州市八幡東区で本年度から開始した次世代エネルギーシステム構築を目指す「北九州スマートコミュニティ創造事業」を紹介していた。北九州スマートコミュニティ創造事業には、日本IBM(東京都中央区日本橋箱崎町)やNTT西日本(大阪府大阪市中央区馬場町)など、従来、環境技術とは縁が遠かったIT(情報技術)企業も参加していた。風力発電や太陽光発電など自然の再生可能エネルギーを、ITを駆使してより効率よく使用するシステムを模索している。また、経済発展とともに公害やエネルギー不足が社会問題化している中国を中心に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでいる海外の環境企業も参加した。誘致した日本貿易振興機構(JETRO)によると、「中国や韓国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境産業が成長しており、高い技術を有する日本企業との連携を求めている企業も多い」という。福岡県北九州市のエコテクノ2010の会場では、九州、中国及び韓国による「環黄海経済・技術交流会議」や中小企業テクノフェアも同時に開催された。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策のエコテクノ2010が閉幕はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市環境問題にやさしい社会づくりを目指し、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を普及させようというイベントが北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催されている。「ザ・ニューアクションツアー」と銘打ったイベントは、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と福岡県北九州市が開催した。電気自動車(EV)の普及によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、環境汚染のない社会を実現させようと、日産自動車と福岡県北九州市が共催して電気自動車(EV)の充電施設の整備などを進めている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントでは、福岡県北九州市の北橋市長が自ら、日産自動車から今年12月に発売される電気自動車(EV)「リーフ」に試乗し、乗り心地や走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない性能を確かめていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組むという、国の環境モデル都市に選定されている福岡県北九州市は、2013年度までに50台の電気自動車(EV)リーフを導入するとともに、電気自動車(EV)の充電施設の整備を進めていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)、大建工業DAIKEN(大阪府大阪市北区堂島)、YKKAP(東京都千代田区神田和泉町)の3社(=TDY)は、10月15日から全国4都市で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した「グリーンリモデルフェア」を開催すると発表した。フェアでは、と旧温暖化の原因防止対策や省エネ対策など住宅改修の流れや仕組みを紹介するほか、改修後の事例を実物大で展示する。住宅の部分改修の事例については、ビフォー・アフターで見て分かるように展示するという。さらに、個別ゾーンでは、TOTOが住宅の水回り、大建工業DAIKENが住宅の建材、YKKAPが住宅の開口部の商品や機能を紹介するという。グリーンリモデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるものであり、3社共同の取組みとして2008年から開始している。住宅の「健康配慮」、「長もち住宅」、「二酸化炭素(CO2)排出量削減」をテーマに商品や空間づくりを提案している。住宅の工事着工前に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策その他の角度からグリーンリモデル診断を行い、住宅の性能や状態、顧客の潜在ニーズを把握し、その結果を基にリフォーム・メンテナンス計画を作成するという作業になる。住宅工事内容などはTDY住宅履歴情報サービスで管理する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策等のフェア開催地は次のとおりとなっている。【名古屋】10月15~17日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2)【大阪】11月19~21日、インテックス大阪(大阪府大阪市住之江区南港北1-5)【福岡】2月10~12日、マリンメッセ福岡(福岡県福岡市博多区沖浜町7-1)【東京】4月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> YKKAP・TOTO・DAIKENが住宅改修による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

TOTOがグリーンカーテン(緑のカーテン)で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策

 TOTO(福岡県北九州市小倉北区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、大分工場(大分県大分市)にゴーヤや朝顔のつる性植物を栽培した全長190m超のグリーンカーテン(緑のカーテン)を設置し、猛暑の中の夏場の日中の室内温度を最大5℃低下させたと発表した。グリーンカーテン(緑のカーテン)の効果で冷房時間の短縮ができ、グリーンカーテンの導入が省エネ及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながった。TOTO大分工場は、2009年度に事務所棟にグリーンカーテン(緑のカーテン)を導入しており、事務所の周りにゴーヤ100本及び西表朝顔40本を植えて62mの幅で設けた。2010年度は、さらに、大分工場棟の南側と西日のあたる西側の壁面に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーンカーテン(緑のカーテン)として、ゴーヤ240本及び西表朝顔300本とヘチマ170本を使って計135mの幅で設置したものがぐんぐん育ち、高さ10mに、長さは事務所棟と合わせて190mを超えるまでになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するグリーンカーテン(緑のカーテン)が直射日光による室温の上昇を防いだ結果、事務所棟ではグリーンカーテン(緑のカーテン)が設置されていない室内と比べ、室温が平均で2℃、最大で5℃下がった。このため、室温の低下で冷房の運転時間を短くすることができ、大分工場の2010年6~10月の電力使用量は、月当たり従来比6.4%減の2418kWh低減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を3.4t削減する見込みとなったという。TOTOは2010年4月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、環境ビジョン「TOTO GREEN CHALLENGE(グリーンチャレンジ)」を制定している。それによると、創立100周年に当たる2017年度までに、TOTOの国内での生産・物流・販促活動で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度比で45%も削減するという厳しい削減目標を設定している。大分工場のグリーンカーテン(緑のカーテン)も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの1つとなっている。グリーンカーテンは、緑のカーテンとも呼ばれ、建物の壁面をつる性の植物でカーテンのように覆って直射日光を遮る方法であり、その効果によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。夏の高温時に可能な限りエアコンを使用することなく、快適に室内で過ごす方法として近年注目されている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> TOTOがグリーンカーテン(緑のカーテン)で二酸化炭素(CO2)削減し地球温暖化の原因対策はこちら

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ

 環境省九州地方環境事務所は、九州管内で管理している国立公園について「自然公園クリーンデー」を展開すると発表した。国立公園には樹木が多く、これらは温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定することから、地球温暖化の原因防止対策にも大きな役割を果たしている。自然公園クリーンデーは、毎年にわたって夏休み期間中でもある8月の第1日曜日に開催しているもので、周辺地域の市民や事業者、行政が一体となって、自然公園内においてゴミの持ち帰りを呼びかけるとともに、一斉清掃等の他、地域の特性に応じて創意工夫を凝らした地球温暖化の原因対策を始めとする美化清掃運動を実施するものとなっている。自然公園クリーンデーの日程は次のとおりとなっている。
(1)瀬戸内海国立公園(関門海峡地域)行事名称:平成22年度自然公園クリーンデー
主催:九州地方環境事務所 福岡事務所 共催:北九州市
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~10時30分
場所:和布利(めかり)公園内(福岡県北九州市門司区)
内容:清掃活動
連絡先:九州地方環境事務所 福岡事務所 担当:蒲池TEL:092-437-8851参加申込:7月21日(水)までに下記連絡先へ事前申込みが必要。九州地方環境事務所 福岡事務所(092-437-8851)又は北九州市環境局 環境モデル都市推進室自然共生係(093-582-2239)
(2)雲仙天草国立公園(雲仙地域)行事名:全国一斉自然公園クリーンデー&セイタカアワダチソウ除去活動
主催:環境省九州地方環境事務所、雲仙旅館ホテル組合 共催:雲仙を美しくする会
日時:平成22年8月1日(日)9時30分~12時30分
場所:雲仙温泉街(長崎県雲仙市小浜町雲仙)とその周辺
内容:清掃活動とセイタカアワダチソウ除去作業を同時に実施
連絡先:雲仙自然保護官事務所 担当:石田TEL:0957-73-2423参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(3)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーン高千穂河原
主催:霧島市観光課、(財)自然公園財団高千穂河原支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月1日(日)
場所:高千穂河原一帯、国道223号線(御池~丸尾)、高千穂峰・中岳登山道
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(4)霧島屋久国立公園(霧島地域)行事名:クリーンえびの高原
主催:えびの市観光商工課、(財)自然公園財団えびの支部、えびの自然保護官事務所
日時:平成22年8月8日(日)
場所:えびの高原一帯、池巡り観察路、県道小林・えびの高原線県道えびの・えびの高線原等
内容:美化清掃活動(空き缶、ペットボトル等の回収)
連絡先:えびの自然保護官事務所 担当:松尾TEL:0984-33-1108参加申込:一般参加者の募集は行っていない。
(5)西海国立公園(五島地域)行事名称:平成22年度「クリーン五島」清掃作戦
主催:五島市、長崎県自然公園協議会福江支部 後援:九州地方環境事務所
日時:平成22年7月25日(日)
場所:鬼岳園地、鐙瀬園地(長崎県五島市)
内容:クリーンハイクの形態での清掃活動
連絡先:五島市管理課 担当:簗脇TEL:0959-72-6371参加申込:参加希望者は、上記連絡先まで問い合わせてください。

> 環境省が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を吸収固定する自然公園クリーンデーを実施へ はこちら

福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与する「脱石油」研究が進む

 化学メーカーが地球温暖化の原因防止に対応していくため、福岡県北九州市で石油を使わないプラスチック原料などの生産や研究が進んでいる。三菱化学黒崎事業所(福岡県北九州市八幡西区)は、地球温暖化の原因防止に対応していくため、植物由来の原料でプラスチック素材のポリカーボネート(PC)の試作を始めるといい、その結果を見て量産も検討しているという。一方、新日鉄化学では、九州製造所(福岡県北九州市戸畑区)において、木材からベンゼンなどを取り出すという地球温暖化の原因防止に寄与する技術を開発中だという。これらの取組みは、石油資源の枯渇や高騰に備え、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出抑制を図る狙いがあるという。三菱化学が開発したのは「バイオPC」であり、これまでの石油由来であった原料の8割をトウモロコシや小麦の糖分をもとにした原料に替えることによって、従来品より地球温暖化の原因防止に寄与するとともに、透明性や耐熱性を高めたものになっている。現在、PCは自動車のヘッドライトカバーなどの素材として使用されており、この地球温暖化の原因防止に寄与するバイオPCの試作品を部品メーカーなどにサンプル出荷する予定としている。この試作プラントの生産能力は年300トンで、地球温暖化の原因防止に寄与する試作品の受け入れが好評であるならば、既存設備の活用などで2015年に年2万トンまで生産能力を高める方針だという。
 一方、新日鉄化学は2008年から、地球温暖化の原因防止に寄与する研究として、木材に含まれる有機化合物のリグニンから合成ゴムなどの原料となるベンゼンやトルエンなどを作る研究に取り組んでいる。地球温暖化の原因防止に寄与するとはいえ、リグニンは分子構造が変化しやすく、ベンゼンなどに利用できるように抽出するのが難しい物質であるが、おがくずをアルコール系溶剤に混ぜて電子レンジと同じ電磁波のマイクロ波で加熱するなどの独自技術で、分子構造を変えずリグニンを取り出すことに成功しており、現在、実用化に向けた技術開発を進めている。
 環境省によると、化学製品の製造過程で出る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量は、運輸関係などを除く産業全体の1割強を占めている状況にあり、これは、原料のナフサを加熱分解する影響が大きいものとなっている。光合成でCO2を吸収する植物由来の原料を使えば、大気中の炭素が循環するだけで地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)は増えないとみなされるため、低コスト、高品質のバイオマス(生物資源)由来の素材の研究開発を各社が加速させている状況にある。

> 福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与する「脱石油」研究が進むはこちら

新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因対策に大きく寄与するバイオエタノールを食品廃棄物である生ごみから作り出す新たな技術を、新日鉄エンジニアリングが日本で初めて実用化することに成功したと発表した。こうした技術は実証可能であったが、実用化レベルにまで高めたのは初めてであり、バイオエタノール専用プラント「食品廃棄物エタノール化プラント」の販売に乗り出すという。同社は2005年度から5カ年にわたり、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受け、「食品廃棄物エタノール化リサイクルシステム実験事業」を実施し、福岡県北九州市の実証プラントで技術開発を進めてきた。併せて、地球温暖化の原因対策のエタノールを3%混ぜた「E3ガソリン」も製造し、北九州市の公用車と同社の業務用車両約20台での走行試験も実施した結果、走行に何ら支障はなく、実用化に踏み切ることになった。トウモロコシやサトウキビなどのバイオマスといった生物由来の有機資源を原料にした再生可能燃料がバイオエタノールである。ガソリンに混ぜて使われるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果があるため、地球温暖化の原因防止対策と共に、石油依存脱却につながる代替燃料として期待されているのが現状である。バイオエタノールの新技術は、家庭や事業所から分別収集した1日当たり約10トンの生ごみを破砕した上で水を加え、酵素を添加して含まれているデンプンを糖化し、この糖を酵母で発酵させることで、約500リットルのエタノールを製造することができるという。さらには、エタノールだけでなく、生ごみに含まれる植物油や動物油から回収油も約700キロ製造できるため、エネルギー回収効率が高いのも特徴だという。このプラントで生ごみを処理すれば、通常のごみ処理施設で焼却する必要もなくなり、焼却灰を高温で処理することもないため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる。国内では年間約2000万トンもの生ごみが排出されているが、つまようじなどの異物が含まれていたり、エネルギー回収が難しかったりするため、リサイクルされているのは約300万トンにすぎない。残りの約1700万トンのほとんどは焼却処理されているのが現状だという。しかし、仮に2000万トンすべての生ごみを新技術で処理したとすれば、約70万~100万キロリットルのエタノールを製造できるという。このため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きな効果があるため、地球温暖化の原因防止対策に繋がることになる。

> 新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策はこちら

NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究

 地球温暖化の原因防止対策に関連して、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と電源開発(Jパワー)は、石炭火力発電で発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を回収する新技術の確立を目指して共同研究を行うと発表した。地球温暖化の原因対策のために、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を地中に閉じこめるCCS技術確立に重要な研究であり、温室効果ガスを発生させている石炭火力発電のゼロエミッション実現を目指すという。地球温暖化の原因防止対策の共同研究は、Jパワーが福岡県北九州市に持つ研究施設で今年度から2014年度まで行うといい、この施設はすでにNEDOとJパワーが、石炭からガスを生成し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を分離する技術を確立している。二酸化炭素(CO2)をイオン結合で液体に取り込んで回収する「化学吸収法」の研究も進められているが、今回は、圧力をかけて二酸化炭素(CO2)を液体に溶け込ませる「物理吸収法」の試験に取り組むという。温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の物理吸収法に着目するのは、化学吸収法と比べて次世代型の石炭ガス化複合発電(IGCC)のプラントで、二酸化炭素(CO2)を効率的に回収できると見込まれるためである。IGCCの発電効率は48~50%で、現在の最新鋭の石炭火力発電設備よりも10ポイント程度高く、IGCCの研究開発も同じ設備で行われている。NEDOは、平行してCCSの事業化可能性調査を行っており、政府の2030年までのエネルギー基本計画では、既存の石炭火力発電設備を建て替える際は、すべてCCSを併設すること定めている。CCSは、石炭火力発電所などで発生する地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を回収して、地下の帯水層や枯渇したガス・油田などに閉じこめる技術で、地球温暖化の原因対策の切り札として、欧米でも研究が進められている。日本では、北海道苫小牧市沖の海底などが地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)埋設の候補地になっている。

> NEDO・Jパワーが地球温暖化の原因防止対策のCO2回収共同研究はこちら

福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生

福岡県北九州市若松区響町の産業廃棄物処分場跡地が埋め立てから20年以上放置した間に、500種以上の動植物や昆虫が生息するようになり、今般、地球温暖化の原因防止に寄与する国内最大級のビオトープ「響灘ビオトープ」として仮オープンした。環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定するベッコウトンボなど貴重な動植物、昆虫も生息しており、北九州市は、今後、観察道などを整備し、2012年春に正式オープンさせると発表した。地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープは、多様な生物が生息する空間のことである。福岡県の北九州市響灘ビオトープは広さ約48ヘクタールもあり、これまで国内最大級のビオトープとされてきた滋賀県長浜市の「早崎内湖ビオトープ」(17ヘクタール)の約3倍もの面積を有している。北九州市では1980~1986年にかけて、産業廃棄物などを埋め立て、その後長年放置していた間に、凸凹の地形に地球温暖化の原因防止に寄与する湿地帯や淡水池、草原が自然に発生した。こうした状況を踏まえ、北九州市では、2002年に産業用地にする計画を見直し、地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープとして整備することにした。ビオトープ内では、これまでにチュウヒやコアジサシなど鳥類237種類、植物284種類、トンボやメダカなど24種類を確認している。響灘ビオトープは、2012年の正式オープンまでは毎月1回のエコツアー時だけ開園するといい、入場は無料となっている。本件についての問い合わせは、北九州市環境モデル都市推進室(093・582・2239)まで。

> 福岡県北九州市で地球温暖化の原因防止に寄与するビオトープ誕生はこちら

地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」

 チーム・マイナス6%(環境省)は、地球温暖化原因防止対策クールアース・デーの7月7日(火)に、福岡県北九州市と連携して地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」を開催すると発表した。さらに、北九州市主催の地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市北九州市エコツアー」、日刊工業新聞社主催の『クールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」』、大地を守る会主催の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」に特別協力すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「七夕ライトダウンin北九州」は、門司港レトロ地区(福岡県北九州市門司区)で、7月7日(火)18:30~20:30に開催され、参加費は無料となっている。地球温暖化原因防止対策の「環境モデル都市 北九州市エコツアー」は、7月7日(火)13:00小倉駅北口集合~18:30までで、参加費1,000円、定員40名(申込多数の場合は抽選)となっている。地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念シンポジウム「低炭素社会に生き残る経営 -今から始めるエコアクション-」は、如水会館オリオンルーム(東京都千代田区)で、7月7日(火)13:30~16:30に開催され、参加費無料で定員100名(事前申込制)となっている。地球温暖化原因防止対策の「100万人のキャンドルナイト・東京八百八灯2009」は、増上寺(東京都港区)で、6月21日(日)17:30~21:00に開催され、入場料無料(場合により入場制限あり)で開催される。地球温暖化原因防止対策のチーム・マイナス6%(環境省)の出展ブースでは、「クールビズ・ヘアスタイル Presentation for Cool earth 」の実演が行われる予定となっている。

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のクールアース・デー記念「七夕ライトダウンin北九州」はこちら

大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出

 環境省は、平成21年度地球温暖化原因防止対策太陽光発電の「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」を実施する委託先として、12地方公共団体を採択した。「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」は、地域における自立的な地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の普及拡大につなげることを目的とし、全国の地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデルとなるような、住宅用太陽光発電由来グリーン電力証書の供給と、オフセットを実施する地元企業等需要を結びつけ、その地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の販売代金を発電設備の設置費用回収に充当するものとなっている。採択された地方公共団体が地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデル事業を行う推進協議会を設置・運営し、環境省は運営に必要な経費を支援する。今回採択されたのは、札幌市青森県愛知県京都市大阪府北九州市富山市都留市松本市小諸市大垣市掛川市の12府県市となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出はこちら

宇宙テーマパーク「スペースワールド」(福岡県北九州市)で「エコ・アクション・ポイント」

 環境省は、地球温暖化防止対策の一環として福岡県北九州市の宇宙テーマパーク「スペースワールド」が、テーマパークでは初めてのエコ・アクション・ポイントモデル事業への参加し、平成21年3月20日より「エコ・アクション・ポイント」の付与を開始すると発表した。エコ・アクション・ポイントモデル事業は、平成20年度より、国民参加の地球温暖化防止対策の切り札として、省エネ商品・サービスの購入・利用又は省エネ行動に伴いポイントが貯まり、そのポイントを商品等に交換することができるエコ・アクション・ポイントを付与する取組である。スペースワールドでポイントの対象になる商品・サービスは、駐車場(ハイブリッドカーでの来園)、物販店舗でのECO限定商品の購入、地球倶楽部(アースクラブ)カフェでの陶器カップ利用による器リユースなど。また、スペースワールドでは、3月20日から22日までの3日間、環境省及び株式会社ジェーシービーの協力により「環境」をテーマにしたイベントを開催する予定としている。


コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報ネットナビ貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報

> 宇宙テーマパーク「スペースワールド」(福岡県北九州市)で「エコ・アクション・ポイント」はこちら