TOPページ > 検索結果

検索結果 【再生可能エネルギー】

青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 青森県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、風力発電など再生可能エネルギーの導入を推進する10年後の導入量やそれによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果について具体的な目標値を示した「ロードマップ」を作成している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の具体的な目標を掲げることで、再生可能エネルギーの導入を加速させることを狙いとしており、今年度中の完成を目指している。青森県は、2006年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「エネルギー産業振興戦略」を策定しており、再生可能エネルギーの導入に乗り出した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーは、循環する自然現象の中で半永久的に取り出せるエネルギーで、太陽や風力、地熱や動植物由来のバイオマスなどが対象となる。青森県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ロードマップでは、これまでに推進してきた取組み結果のほか、今後の課題を検証している。その上で2020年の段階で青森県が導入するエネルギー量と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を数値で掲げ、目標達成に必要な施策も提示するという。青森県は、今般、有識者による「青森県エネルギー産業振興戦略推進会議」を設置しており、これらの意見もマップに反映させる方針だという。会議では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを第1次産業などに活用することも検討すべき」などの意見もあがっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 青森県は再生可能エネルギーのロードマップで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

欧州連合(EU)はスマートグリッドで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考えるイベントとして、2010年10月18~21日に、アメリカワシントンDCで開催中のスマートグリッドの「GridWeek 2010」には、スマートグリッドにかかわるキーパーソンが世界各地から集まった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となるスマートグリッドの国際事情を説明するパネル講演において、Sanchez Jimenez氏は、欧州連合(EU)におけるスマートグリッドについて次のように述べた。「2020年までに、欧州連合(EU)で消費するエネルギーの20%は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる再生可能エネルギーから得るようにしたい。それに加えて、エネルギーの消費を20%削減する。これらの数値を、我々は『20/20/20』と呼ぶ目標の中で掲げている。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の政策に基づく項目を実現するには、スマートグリッドの導入が不可欠だ。」欧州連合(EU)に加盟する国々も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの導入に関して高い目標を設けていると、GridWeekに参加する関係者は語る。例えば、デンマークは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2050年までにすべてのエネルギーを再生可能エネルギーで賄うことが可能だとしている。また、ドイツは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2050年までに全エネルギーに対する再生可能エネルギーの導入率を80%にしたいとする。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の高い目標に到達するには、発電量が時間で変動しやすい再生可能エネルギーを効果的に利用するスマートグリッドの仕組みは避けられない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、スマートグリッドが今後ますます重要になるという認識は欧州連合(EU)各国にあるものの、2010年現在、短期的にはスマートグリッドの導入には高い壁があるという指摘もあった。例えば、Sanchez-Jimenez氏によると、欧州連合(EU)内の電力事業者や各国政府は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、スマートグリッドのパイロット・プロジェクトに取り組んでいるものの、スマートグリッドの有効性を十分に示すにはまだ結果が少ないとした。消費者にとっては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることは歓迎するものの、スマートグリッド導入による懸念材料がある。代表例は、スマートグリッドを導入すると、スマートグリッドと接続している消費者の家庭のエネルギー利用に関する個人情報が外部に流れることによって、プライバシーが侵害される恐れがある。個人のプライバシー侵害が懸念材料となり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のスマートグリッドの導入に消極的な国が欧州連合(EU)内にオランダなど数か国あるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 欧州連合(EU)はスマートグリッドで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

和歌山県は田辺市で太陽光発電システムによる二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、和歌山県田辺市新庄町にある和歌山県立情報交流センター「ビッグ・ユー」の玄関近くに設置した再生可能エネルギーの太陽光発電システムの設備が順調に稼働している。和歌山県環境生活総務課は「和歌山県民に田辺市の太陽光発電システムについて身近に感じてもらい、和歌山県内への再生可能エネルギーの太陽光発電システムの普及啓発につなげたい」と話している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムの田辺市への設置事業費は約1400万円で、太陽光発電パネルの下の空間は、25台ほどが利用できる駐輪場になっている。太陽光発電パネルの面積は、74平方メートルで、瞬間最大出力は10kw/hとなり、田辺市の和歌山県立情報交流センタービッグ・ユーの消費電力の0.7%程度が再生可能エネルギーで賄える計算になるという。和歌山県立情報交流センタービッグ・ユーの玄関ロビーには、再生可能エネルギーの太陽光発電システムの発電量を表示するモニターを設置し、「見える化」で来館者にPRしており、申し出があれば、同館の和歌山県職員が設備の簡単な説明をしているという。和歌山県の再生可能エネルギーの太陽光発電システム設置事業は、全国でも年間日照時間が長い和歌山県の特性を生かした、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環としての取組みである。経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業を活用し、和歌山県和歌山市の和歌山県庁東別館、和歌山県立図書館とともに田辺市に整備したもので、総事業費は約3700万円であった。なお、和歌山県は太陽光発電システムの設置を促進しており、和歌山県民に対しても補助金を出すなどして、再生可能エネルギーの住宅用太陽光発電設備設置を奨励している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県は田辺市で太陽光発電システムによる二酸化炭素(CO2)排出削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の環境省は地球温暖化対策基本法案が閣議決定されたと発表

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、我が国の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を定めた「地球温暖化対策基本法案」が閣議決定され、第176回臨時国会に提出すると発表した。法案は、以前に閣議決定され、第174回通常国会に提出したが、審議未了で廃案となっていた。地球温暖化対策基本法案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関して我が国の基本原則を定め、国、地方自治体、事業者及び国民の責務を定めるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に関する中長期的な削減目標を設定し、地球温暖化対策の基本となる事項を定めるものとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減の中長期的な目標は、すべての主要国が参加した公平かつ実効性のある国際的な枠組みの構築及び意欲的な削減目標の合意を前提とする中で、2020年までに1990年と比較して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を25%削減し、2050年までに1990年と比較して80%を削減するとしている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの供給量については、2020年までに一次エネルギー供給量に占める再生可能エネルギーの割合を10%にするとしている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の基本事項としては、二酸化炭素(CO2)の国内排出量取引制度の創設や地球温暖化対策の租税の検討、再生可能エネルギーに係る全量固定価格買取制度の創設という3つの制度の構築が主要になっている。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するために、原子力発電所に係る施策、再生・自然エネルギーの使用の合理化、公共交通手段に係る施策、革新的技術開発の促進、教育・学習の振興、自発的な活動の促進などのほか、森林整備などによる二酸化炭素(CO2)吸収作用の保全・強化、地球温暖化への適応、国際的協調のための施策等について定める内容となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は地球温暖化対策基本法案が閣議決定されたと発表はこちら

川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策

 川崎重工業(兵庫県神戸市中央区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する取組みとして、同社の熱水式バイオエタノール製造技術を活用することによって、廃棄物である稲わらを原料とした自動車燃料として使用可能な再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造に成功したと発表した。川崎重工業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県農業公社(秋田県秋田市中通)とともに、2009年1月から稲わらを原料とした自動車燃料のバイオエタノールの製造の実証実験に取り組んできた。川崎重工業がバイオエタノールの製造と走行実証を行い、秋田県農業公社がバイオエタノールの原料の収集運搬について役割分担している。川崎重工業は2009年11月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、秋田県潟上市で1日当たり200リットルのバイオエタノールの生産能力を持つ製造実証プラントでバイオエタノールを製造している。再生可能エネルギーのバイオエタノールの製造では、稲わらの糖化工程に熱水式バイオエタノール製造技術を採用したという。このバイオエタノール製造技術は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新たな手法を採用し、熱水を使って糖化処理を行うもので、回収設備が必要となる硫酸やコスト高となる酵素が不要なため、バイオエタノールの製造コストを抑えることができるという。また、熱水の条件を適切に設定することで、稲わら以外のソフトセルロースについてもバイオエタノールの糖化処理が可能になるという。今回、プラントで製造したバイオエタノールを使って、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使えるのかどうか、大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)で実車による走行実証試験を行い、自動車の安定走行とこのエタノールが自動車燃料としての基準を満たしていることを確認した。川崎重工業は、この秋田県潟上市のバイオエタノールのプラントで製造コストの一層の低減を目指した実証試験を継続し、現実的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるよう、バイオエタノールの商用化に向けて1リットル当たり40円以下の製造コストを目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 川崎重工業は秋田県潟上市でバイオエタノールによる二酸化炭素(CO2)排出量削減技術で地球温暖化の原因対策はこちら

アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPR

 アメリカのオバマ大統領は、グリーン・ニューディール政策を進めているが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する再生可能エネルギー促進計画の一環として、ホワイトハウスの屋根に太陽光発電パネル2枚を設置すると発表した。アメリカを象徴するホワイトハウスが率先して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電パネルを取り入れることで、アメリカ国民の間で再生可能エネルギー導入の機運を高めるのことを目的としている。アメリカのスティーブン・チューエネルギー長官によると、ホワイトハウスへの太陽光発電パネル納入業者は入札で決定するという。ホワイトハウスではかつて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ジミー・カーター元大統領が在任時に太陽光発電パネルを設置したが、次に就任したロナルド・レーガン元大統領が撤去させている。また、アメリカの国有地のほとんどを管理する内務省は、アメリカカリフォルニア州南部の砂漠地帯で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、半導体技術テセラと石油シェブロンが進める太陽エネルギー開発プロジェクトへの認可を発表した。オバマ大統領は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを促進しながら経済を発展させるグリーン・ニューディール政策を掲げている。2009年の景気刺激対策として、政策促進と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指して、太陽エネルギーなどの再生利用可能エネルギーの促進を盛り込んでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPRはこちら

イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市立神戸中学校へ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イオン環境財団(千葉県千葉市美浜区中瀬)から再生可能エネルギー太陽光発電システムが寄贈された。イオン環境財団では、設立20周年記念事業として、再生可能エネルギーの有効利用を積極的に推進するため、2009年から5か年計画で全国の中学校に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを寄贈している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムを三重県鈴鹿市の地域の中心である神戸中学校に設置することで、太陽光発電システム設置の普及及び推進を図るとともに、中学生に対しては地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題を学ぶ教材の一つとして活用してもらうという。三重県鈴鹿市立神戸中学校への太陽光発電システムの設置は、三重県内では初めての寄贈となり、全国では6校目になるという。三重県鈴鹿市立神戸中学校は先月に移転改築されたばかりであるが、出力10キロワットの再生可能エネルギーの太陽光発電システムが北側敷地内に設置された。太陽光発電システムは、一般家庭2世帯が1年間に消費する電力を再生可能エネルギーで発電する能力があり、同校で消費する照明などの電力の一部として供給されるという。太陽光発電システムの贈呈式には、同校体育館で行われ、イオン環境財団の岡田理事長を始め、野呂昭彦三重県知事や向井正治三重県教育長、川岸光男鈴鹿市長、鈴鹿市教育委員会の関係者らが出席した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 JFEエンジニアリング(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、中国向けに再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備を供給する。これは、JFEエンジニアリングが、中国国内でレストラン厨芥である飲食店から出る食品廃棄物処理事業を展開する青海潔神環境能源と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備供給の業務提携契約を締結し、青海潔神が鄭州市から受託したバイオガス発電事業向けに設備を導入するものとなっている。中国における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス発電システムの導入はJFEエンジニアリングが初めてのケースとなる。当面は年間2~3件の再生可能エネルギーのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備の受注を目指すという。中国のレストラン厨芥の再資源化市場は、年間2,000億円規模になるといわれており、JFEエンジニアリングは将来的に実際の事業参画も視野に入れて積極的に参入していきたい考えだ。中国では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には無関心なまま最近まで事業が行われてきており、一般廃棄物のほか、産業廃棄物や下水汚泥、レストラン厨芥のほとんどが埋立て処分されているため、最終処分場の確保や周辺環境の汚染が深刻な環境問題となっている。最近になって、レストラン厨芥の処理については、収集・運搬から無害化及び地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再資源化までを一貫して行う事業を市が民間企業に付与し、インフラ整備を加速させる動きがある。レストラン厨芥の収集・運搬から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能エネルギーのバイオガス製造までを手掛けている青海潔神は、今回、JFEエンジニアリングのメタン発酵設備及びバイオガス発電設備システムを導入することにより、日量200トンのレストラン厨芥から900kWをバイオガス発電し、クリーンな再生可能エネルギーとして売電できるようになる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区のJFEエンジニアリングはバイオガス発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 シャープ(大阪府大阪市阿倍野区長池町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するアメリカの太陽光発電プラント開発会社、リカレント(アメリカカリフォルニア州サンフランシスコ)を買収することで合意した。買収を機に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーンニューディール政策」でソーラー関連市場が拡大しているアメリカで、再生可能エネルギーの太陽光発電事業への本格的な進出を目指すという。買収金額は今後交渉し、年内には買収を完了させる見込みだという。リカレントは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電プラントの開発及び販売専門業者で、北アメリカで再生可能エネルギーの太陽光発電所の開発案件を多数手がけている。現在はアメリカ、カナダを中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、出力合計約200万kwの太陽光発電所の開発を計画しており、欧州でも太陽光発電事業を展開している。シャープによると、アメリカでの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再生可能エネルギーの太陽光発電事業は、発電所を開発、設置する事業者、発電所に太陽電池パネルなど部材を供給する事業者など分業態勢となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電事業への進出には、発電所開発を担う事業者の買収が不可欠だったという。シャープは発電所への太陽電池パネル納入に加え、アメリカでの太陽光発電事業へ本格参入する態勢を整えた。シャープは7月に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イタリアの電力大手エネルグループと再生可能エネルギーの太陽光発電事業の合弁会社を設立している。欧州での太陽電池パネル生産に加え、再生可能エネルギーの発電所建設を検討するなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する海外事業を強化している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> シャープはアメリカで太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策

 再生可能エネルギー風力発電及び太陽光発電システムによる発電事業を手がける東京電力(東京都千代田区内幸町)が60%と豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)が40%の共同出資会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区虎ノ門)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州で世界最大級となる総出力4万5,000kwの再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、2011年6月の操業開始を目指し、今月中にも着工するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する再生可能エネルギーの大規模太陽光発電所(メガソーラー)に使用する太陽電池は、シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)の薄膜型とよばれるタイプを採用するという。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の総事業費は、約2億2,000万ドル(約185億円)となっており、ユーラスエナジーホールディングスとアメリカカリフォルニア州地元の卸電力会社が50%ずつ出資する。大規模太陽光発電所(メガソーラー)の操業開始から20年間、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、アメリカカリフォルニア州最大手の電力会社PG&E社に再生可能エネルギーの電力を販売する予定となっている。ユーラスエナジーホールディングスは、日本を含む6か国で現地資本などと組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの風力発電を中心に出力計約190万kwの発電事業を展開しているが、今後5年間でさらに100万kw分の風力発電又は太陽光発電システムによる発電所を建設する計画を有している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムは、韓国で2008年5月に操業を始めた994kwの発電所1か所だけだったが、今後は今回の大規模太陽光発電所(メガソーラー)も含め、新設する発電所の10分の1に当たる10万kwを大規模太陽光発電所(メガソーラー)でまかなうという。アメリカでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの普及のため連邦政府が補助金など支援策を拡充しているうえ、カリフォルニア州では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力会社に一定以上の再生可能エネルギー導入を求めるRPS法もある。このため、ユーラスエナジーホールディングスでは「アメリカの再生可能エネルギーの太陽光発電システムの市場規模は、今後、年40%程度の成長が見込まれる」といい、アメリカでの大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を拡大していく考えだ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設の許認可手続きなどは、再生可能エネルギーの風力発電と似通っているため、これまでの風力発電建設のノウハウを生かして事業拡大ができるという。ユーラスエナジーホールディングスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関心が高まっている中、今後の事業拡大に備え、今年2月に株主の東京電力及び豊田通商を引受先とする250億円の増資を実施した。東京電力のユーラスエナジーホールディングスへの出資比率は60%となっている。東京電力は2020年までの経営計画で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの電源を積極導入する方針を掲げており、ユーラスエナジーホールディングスを通じて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する海外での風力発電や太陽光発電事業を拡大する方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカで大規模太陽光発電所建設による二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因対策はこちら

中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所

 中部電力(愛知県名古屋市東区)は、静岡県静岡市清水区において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する大規模太陽光発電システムの施設であるクリーンな自然エネルギーメガソーラー発電所の「メガソーラーしみず」(仮称)の開発計画を発表した。中部電力の計画は、静岡県静岡市清水区三保の中部電力所有地に、発電出力8,000kW(8MW)で一般家庭2,300世帯分の年間使用電力に相当し、中部電力管内最大となる太陽光発電所を2014年度(平成26年度)の運転開始を目指し建設するものとなっている。太陽光発電のメガソーラー発電所の建設によって、年間約4,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を見込んでいるという。中部電力は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量になる太陽光発電のメガソーラー発電所として、これまでに「メガソーラーたけとよ」(愛知県知多郡武豊町)、「メガソーラーいいだ」(長野県飯田市川路城山)の開発を先行して進めており、静岡県静岡市清水区における開発は、中部電力として3地点目の太陽光発電のメガソーラー発電所となる。今後、中部電力は、静岡県静岡市と相互に協力し、静岡市清水区の地元に理解と協力に努めるとともに、太陽光発電のメガソーラー発電所計画について、静岡県や静岡市を始めとした関係各所に説明して協議を進めていくという。中部電力は、太陽光発電のメガソーラー発電所や風力発電などの再生可能エネルギーの開発・導入及び原子力発電の推進など、引き続き、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の少ないエネルギーの導入に積極的に取組み、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 中部電力が静岡県静岡市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するメガソーラー発電所はこちら

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書

 神奈川県川崎市幸区にある新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する白書として、初めて「再生可能エネルギー技術白書」をまとめた。クリーンエネルギーである太陽光発電風力発電などの再生可能エネルギーと、その導入拡大を支えるスマートグリッド(次世代送電網)技術の現状と今後のロードマップ(技術開発目標)を記載している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる再生可能エネルギーの中でも、特に、太陽熱発電は普及の可能性が高く、諸外国への輸出に期待がかかる。再生可能エネルギーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、新たな産業創出にもつながるものである。国のエネルギー基本計画では、2020年までにエネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合を1割まで増やすことを目指している。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の白書では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、主力の太陽光発電、風力発電、バイオマス発電を始め、新たなクリーンエネルギー技術として注目される太陽熱発電や波力発電など17種類の再生可能エネルギーを取り上げている。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーの中で重視しているのは、太陽熱発電だといい、これは太陽熱で作った蒸気・高温ガスでタービンを回して発電するクリーンエネルギーである。世界的には、アフリカ、中東、インド北西部、アメリカ南西部など日射量が多く乾燥した地域が適地であるといえ、実際にアメリカやスペインでは、既にクリーンエネルギーの太陽熱発電の実用設備が稼働しており、その他の国でも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から再生可能エネルギーの太陽熱発電の導入計画が相次いでいる。太陽熱を集める再生可能エネルギーの太陽熱発電の方式の主流はトラフ型太陽熱発電であり、次いでフレネル型太陽熱発電、タワー型太陽熱発電となっている。トラフ型太陽熱発電は、太陽の光を樋の形をした鏡で集めて蒸気や高温ガスを作る仕組みとなっている。フレネル型太陽熱発電はトラフ型の変形で平面の鏡を使って熱を集める。タワー型太陽熱発電は、塔の上部に設けた集熱器の周囲に多くの鏡を配置し、光を集めることによって熱を取り出す仕組みとなっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるとはいえ、再生可能エネルギーの太陽熱では夜間や曇天時に発電できないが、晴天時の熱を蓄えられれば一日中運転が可能なことから、今後、蓄熱技術の進歩と大幅なコスト削減が太陽熱発電の導入拡大の重要なキーになる。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることからも、再生可能エネルギーの太陽熱発電の国際市場は急拡大中である。日本は太陽熱発電の実績はないが、再生可能エネルギーの技術力がある」と説明している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の白書はこちら

宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムなど再生可能エネルギーの技術を社会にどう生かすかを考えるシンポジウム「低炭素技術が築くアジア太平洋地域の未来」が、宮城県仙台市青葉区の「東北大学片平さくらホール」で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の今回のシンポジウムは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の第3回高級事務レベル会合(SOM3)の開催を記念し、宮城県仙台市などが主催したもので、APEC参加者や大学及び企業の研究者ら約100人が参加した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するパネル討論では、経済産業省資源エネルギー庁スペシャルアドバイザーの小井沢和明氏が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムは初期投資にコストはかかるが、膨大な市場である中国やインドなどは導入に積極的だ。太陽光発電システムの高い技術を持つ日本は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として各国に貢献できる」と強調した。東京大学先端科学技術センター(東京都目黒区駒場)の富田孝司特任教授は、「技術の進展で太陽光発電システムは近い将来、最も安い自然エネルギー源になる可能性がある」との見方を示した。会場には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる次世代太陽光発電システムの試作機や電気自動車(EV)も展示され、参加者らの関心を集めていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウムはこちら

環境省は浮体式洋上風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、海洋に風力発電の風車を浮かべて発電する再生可能エネルギーの「浮体式洋上風力発電」の実用化に向けて、海域での実証試験を始めると発表した。海底に直接据え付ける再生可能エネルギーの「着床式風力発電」に比べると、「浮体式風力発電」は、より深い海域でも設置できるのが特徴であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、洋上で風力発電が可能な範囲が大幅に拡大するという。環境省は、2012年度に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の浮体式洋上風力発電の実証機を製作し、2016年度の実用化を目指すという。陸上に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設を整備するケースでは、風の強さなど好適地が限定されるうえ、景観の妨げになったり、近隣住民への騒音が問題となることもある。これに対して、陸から大きく離れた沖合においては、景観や騒音の影響が少なく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する風力発電の新たな設置場所として大いに期待される。日本は、領海と排他的経済水域(EEZ)で約447万平方キロと世界第6位の面積を有しており、海洋上は遮蔽物がないことから風が強く、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再生可能エネルギーの洋上風力発電に適した海域も多いという。環境省は、沖合30キロ未満で水深50~200メートルの海域における風の強さなどを分析した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する浮体式洋上風力発電によって生み出せる再生可能エネルギーの潜在量は、原子力発電所56基分にも相当する5600万kwになると試算している。この大きなエネルギーを再生可能エネルギーの一分野として実用化することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげるのが狙いだ。浮体式風力発電の実証機は2メガワット級になる見込みで、環境省は、浮体式風力発電に係る設計や製造、設置海域の環境調査費用など15億円を来年度予算の概算要求に盛り込んだ。環境省地球温暖化対策課は「浮体式の洋上風力発電装置の開発は、世界的にもまだ始まったばかり。国が後押しすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、世界をリードする技術を育てたい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省は浮体式洋上風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三井物産(東京都千代田区大手町)は、沖縄県宮古島市地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む環境配慮型都市(スマートコミュニティー)の事業化に向けて協力する協定書を締結した。沖縄県宮古島市は、エコ・アイランドを目指しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムや風力発電などの自然の再生可能エネルギーを大幅に導入することによって、2020年に地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を2003年比で23%、2050年には75%を削減する計画を持っている。三井物産と沖縄県宮古島市は、今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮古島市で増産される予定のバイオエタノール用サトウキビの残渣を使用したバイオマス発電や太陽光発電、波力・潮力発電などを総合的に管理できるシステムを共同で構築することにしている。さらに、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の充電インフラ整備も進め、沖縄県宮古島市内で電気自動車(EV)などのエコカー普及も進めるという。沖縄県宮古島市では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝(東京都港区芝浦)、沖縄電力(沖縄県浦添市牧港)などが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の自然エネルギーを導入した場合に既存の電力系統へ与える影響を調査する実証試験を続けている。三井物産は、こうした企業とも連携して、沖縄県宮古島市全体のエネルギー需要予測や最適な自然エネルギーの需給調整までを提案する予定になっている。三井物産は、今回の計画を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル事業に位置付けており、今後、世界規模で拡大する見通しの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素型都市におけるインフラビジネスでの事業展開に生かすことを目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県宮古島市が再生可能エネルギー等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 東京電力(東京都千代田区内幸町)は、今般、平成32年度までの経営計画を公表した。その中で、東京電力は地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、10年間で原子力発電所建設及び火力発電所の効率化に2.5兆円を投資することに加えて、アジアを中心とする海外の発電事業を地球温暖化の原因防止対策に係る成長事業と位置づけ最大1兆円を投資することを表明している。東京電力の新たな収益源とする海外を含む成長事業の経常利益は、32年度に21年度比約2.2倍の1200億円に引き上げる計画となっている。清水正孝東京電力社長は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減問題やアジアでのエネルギー消費の増大などエネルギーの環境をめぐる情勢は大きく変化している。経営環境の変化をこれまで築き上げてきた東京電力の事業活動を展開するチャンスととらえ、東京電力グループの成長にしたい」と話している。東京電力の経営計画によると、東京電力は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、原子力発電所増設、火力発電所の高効率化以外にも太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの活用も推進するという。国内外で大規模太陽光(メガソーラー)発電所を設置するなどして、発電電力量に占める地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電力量の割合を21年度の33%から50%以上に高める目標を定めている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、国内では空調や給湯など電気を使用していない割合が多い分野の対策として電化を働きかける。今後10年間で300億kw時の電化を目指し、32年度に1千万トン程度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する考えだという。一方、東京電力の海外事業は発電事業への出資を進め、出資分の発電出力を現状の約3倍の1千万kwを目指し、中国やインドなどアジア市場では火力発電を中心に展開していくこととしている。今年度中にアメリカ及びイギリスに次ぐ海外拠点として、中国北京に東京電力の事務所を設ける。海外の原子力発電所では、東京電力が豊富な実績を有する改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を売り物に、原子力発電所導入済みの先進国の原子力発電所事業などに参画するという。燃料調達も強化し、ウラン及び液化天然ガス(LNG)については、東京電力の参画事業からの調達比率を32年度までにそれぞれ引き上げる計画を有している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京電力が経営計画で二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

東京ガスは再生可能エネルギーで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、太陽光など再生可能エネルギーを活用し、将来的にエネルギー消費量をほぼゼロにする「省エネビル」を公開した。屋上に最先端のエネルギー生産設備を設け、普通のビルに比べてエネルギー使用量を40%、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を47%削減することができ、今後、電力供給や制御といった問題を検証したうえで、建設業界に開発技術の導入を働きかけるという。東京ガスが平成8年に神奈川県横浜市に建設した自社オフィスビル「港北ニュータウンビル」の改修に併せて、地球温暖化の原因防止対策となる冷暖房用の太陽熱集熱器や太陽光発電装置などを設置した。また、地球温暖化の原因防止対策とはいえ太陽光の一番の課題となる出力変動に対応するため、蓄電池やガスコージェネレーションによる熱電併給を組み合わせ、最適な電力供給を行う制御システムを導入している。さらには、二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるLED(発光ダイオード)照明や明るさを自動的に制御する人感センサーも取り入れているという。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスは再生可能エネルギーで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策はこちら

再生可能エネルギーの普及で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2009年に新たに設置・整備された太陽光発電所や風力発電所など化石エネルギーに依存しない再生可能エネルギーによる発電容量は、世界各国の合計で約4800万kwに達し、2008年と比較あうると約22%の増加したとの調査報告書を「21世紀の再生可能エネルギーネットワーク(REN21)」が発表した。国連環境計画(UNEP)も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電所や風力発電所など再生可能エネルギー開発への投資に関する各国を調査した結果を発表した。地球温暖化の原因帽子対策やエネルギー安全保障の観点から、稼動時に二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電所や風力発電所など再生可能エネルギーによる発電に対しての関心は高く、全世界的な経済不況下にもかかわらず、民間企業などの再生可能エネルギーへの投資は堅調だったと報告している。一方、日本の太陽光発電の新設容量は増えたものの、1位のドイツの約8分の1でしかなかったという。また、日本では、各国で急成長している風力発電の新設はきわめて少なく、2009年末での再生可能エネルギーの総設備容量は、1位の中国の約7分の1でしかなく、世界6位にとどまった。REN21によると、2009年に新たに設置された風力発電の容量は3800万kwで過去最高の数値となったという。そのうち、1380万kwが中国における設置であり、再生可能エネルギー設備の整備は急拡大している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 再生可能エネルギーの普及で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 国際協力銀行(JBIC:東京都千代田区大手町)は、インドネシア政府との間で、現地で推進される地球温暖化の原因対策に対応した環境配慮型プロジェクトを支援するファンドを共同設立することで合意した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することを目的として、二酸化炭素(CO2)を排出しない再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などに投資することになり、日本企業による地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギーのインフラ整備事業の受注を資金によって後押しすることになるという。地球温暖化の原因対策のファンドは、国際協力銀行とインドネシア政府系のインフラ金融公社(SMI)とともに、一般の民間の投資家からもファンドへの出資を募集するという。地球温暖化の原因対策の資金の規模や両者の分担割合及び資金の運用開始時期などは詰めていくという。地球温暖化の原因対策の環境問題への対応で、太陽光発電所の整備など化石燃料に依存しない再生可能エネルギーの市場は急激に拡大している。しかし、こうした地球温暖化の原因対策に係る産業がまだ新しく事業実績が乏しく、信用力が高くないことから、地球温暖化の原因対策に対応した再生可能エネルギーの太陽光発電所や地熱発電所の建設などの大規模プロジェクトに必要な融資を受けにくい現状にある。今回の国際協力銀行によるファンドは、こうした地球温暖化の原因対策の事業に投資することで、インドネシア国内の再生可能エネルギー市場を育成していくことになるという。また、国際協力銀行は、同国内で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与するインフラ施設の建設を進めるため、SMIと覚書を結んだ。経済成長が著しいインドネシアでは、電力需要が毎年9%ずつ増加すると推計されており、豊富に産出する石炭によるガス化発電など火力発電所の高効率化が大きな課題となっている。さらに、火山国であるインドネシアの特徴を生かした地熱発電所の普及や、島嶼部では地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出するディーゼル発電に代わる太陽光発電の需要にも高いものがあり、地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギー市場の大幅な拡大が期待されているという現状にある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際協力銀行(JBIC)はファンド設立で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策

 鹿児島県は日産自動車(神奈川県横浜市西区)と合同で、鹿児島県内の世界自然遺産である屋久島において、低炭素化社会の先進的な「CO2フリーの島づくり」の推進に取り組むことで合意したと発表した。鹿児島県の自然の豊かな屋久島島内に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)を普及するため、屋久島内で課題の航続距離の短さを克服して電気自動車(EV)が安心して走行できる環境づくりと、屋久島内の豊富な自然の再生可能エネルギーの活用などを検討していくという。鹿児島県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、電気自動車を普及させていくため今年度「屋久島電気自動車普及促進支援事業」策定し、電気自動車購入者に対する補助金制度を講じている。また、電気自動車が安心して屋久島内を走行できるよう、2010年度に鹿児島県は、電気自動車(EV)用の充電器の設置への補助制度を実施している。日産自動車は、鹿児島県屋久島において、電気自動車(EV)の走行データの解析技術を活用し、電気自動車(EV)用の充電器の最適配置の分析の取り組みを開始している。今後、日産自動車は、屋久島の道路勾配を考慮したナビゲーションシステムの充実など、電気自動車(EV)の航続可能な距離表示を高精度化し、屋久島特有の高低差のある場所でも電気自動車(EV)が安心して運転できる環境づくりを進めるという。このほかの取組みとしては、再生可能エネルギーで発電された電力を電気自動車(EV)エネルギーとして利用するなど、屋久島の豊富な自然を活かした再生可能エネルギーを検討するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策はこちら

関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、2009年度の電力量1kWh当たりの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量(CO2排出係数)が0.265kgになると国に報告したと発表した。関西電力では、発電時に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が極めて少ない原子力発電設備の利用率向上や水力発電による発電量が増えたことなどから、CO2排出係数が前年度比で11%減ったという。この関西電力データは暫定値であり、正式には政府が12月上旬をめどに電気事業者別に公表することになっている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量のCO2排出係数の0.265kgは、実際の二酸化炭素(CO2)排出量から関西電力が取得した京都議定書の定めによる二酸化炭素(CO2)排出枠などを控除した調整後の数字となっており、控除前の実二酸化炭素(CO2)排出係数は0.294kgだった。前年度では72.4%しかなかった原子力発電の利用率が77.0%に向上したことが、2009年度の二酸化炭素(CO2)排出量の低減に大きく貢献した形となっている。2009年度における実際の二酸化炭素(CO2)排出量は4161万tであり、購入した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映すると3757万tにまで減少し、販売電力量は1416億kWhとなった。二酸化炭素(CO2)排出係数は、二酸化炭素(CO2)排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量を販売電力量で割って算出することになる。この計算で算出すると、前年度の排出枠を反映した後の二酸化炭素(CO2)排出量は4360万t(二酸化炭素(CO2)排出枠の反映前は5173万t)、販売電力量は1459億kWhで、二酸化炭素(CO2)排出係数は0.299kg(同0.355kg)だったという。関西電力では、2008~2012年度の5年平均で二酸化炭素(CO2)排出係数を0.282kgまで低減させる目標を持っている。2008年度と2009年度の平均二酸化炭素(CO2)排出係数は0.282kgであり、2年間では目標を達成している。今後も関西電力では、原子力発電の利用率を高めるとともに、火力発電所の熱効率向上改善、太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入拡大を図るほか、二酸化炭素(CO2)排出枠を積極的に外部から購入して目標達成を目指すという。

> 関西電力が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 経済産業省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための制度として、家庭や企業が太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気を電力会社がすべて買い取り、それに要する費用をすべての家庭における電気料金に上乗せする新制度について、新制度導入から10年後の標準的な家庭(月300KW時使用)の家庭負担額を、月額150~200円程度とする案をまとめた。この案を新制度の枠組みを検討している有識者会合に提示し、年内をめどに価格設定などの詳細を詰めるという。再生可能エネルギーで発電された電気を全量買い取る新制度は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と新産業の育成が大きく期待されている。しかし、電気買い取りにかかる費用がすべての利用者の電気料金に転嫁されることになることから、家庭や企業の負担がこれまでよりも重くなるという欠点を有している。現在のところ、電力会社は、昨年11月から家庭などの太陽光発電の余剰電力だけを買い取っている。国で検討されている新制度案では、太陽光発電のほか、発電技術が実用化されている風力発電、中小水力発電、バイオマス発電、地熱発電についても、家庭や企業などを問わず買い取り対象にするという内容になっている。買い取り価格は太陽光発電を除いた各エネルギーについて、1KW時につき15~20円を想定しており、買い取り期間は15~20年であるが、太陽光発電は10年で調整しているという。電力の買い取りについては、制度制定後に導入した発電設備が対象となるが、既存設備についても買い取り価格を下げるなどの対応を行うという。すべて合わせると、電気の買い取り費用は4600億~6300億円となり、制度導入後の10年には最大2900万トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が抑制できる計算になるという。経済産業省は3月に、家庭の月額負担が10年後に150~500円程度となる4つの選択肢を公表し、パブリックコメントで国民から意見を募り、費用対効果などを踏まえて作業を進めてきた。この結果、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとはいえ、電気料金の大幅な負担増には反発が強いと判断した。

> 電気の全量買取制度で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナー

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与できる太陽光発電に何かと注目が集まっている。そうした太陽光発電に係るビジネスに関して、神奈川中小企業センタービル(神奈川県横浜市中区尾上町5)で横浜市地球温暖化対策事業本部「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」認定の講座「第1回太陽光発電がもたらすグリーンビジネスセミナー」が開催されると発表があった。太陽光発電ビジネスの講座開催の背景には、2010年1月から神奈川県横浜市が内閣府認定の環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環としてスタートさせた「横浜市グリーンバレー構想」に基づくものである。具体的には、太陽光発電などの再生可能エネルギーや電気自動車のカーシェアリングの導入などの取り組みを通して、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の低炭素型指向のモデル地域の形成を目指すというものである。今回の太陽光発電セミナーは、TKグリーンプランニングの主催によるもので、講師は同社の岸村俊二さんとなっている。岸村さんは、日本初の太陽光発電専門の工業デザイナーであり、これまで約20年間にわたって太陽光発電システムの企画・開発に携わり、開発事例としては、ソーラーLED街路灯、ソーラーEV(電気自動車)ステーションがあるという。この講座は、今後ますます需要が高まる太陽光発電のビジネスに精通した人材をはぐくむことを目的として開催するものである。当日は、環境保全と太陽光発電ビジネスの両立を目指したビジネスモデルの構築について、豊富な国内外の太陽光発電の導入事例と最新の太陽光発電情報を交えて解説する予定になっている。さらに、理論や前例紹介だけではなく、具体的にどのようにすれば太陽光発電を事業化できるか、今後参入するにはどのような戦略が必要かなど、太陽光発電をビジネスとして成功させるためのヒントを多く提供するという。太陽光発電ビジネスセミナーの開催時間は7月23日14時~16時30分(13時45分開場)であり、定員は30人となっている。参加対象は、環境ビジネスや自然エネルギーに関心のある社会人で、参加費用は29,500円となっている。費用はやや高額であるが、このセミナーによって実際ビジネスとして成功するのであれば安いものであろう。

> 神奈川県横浜市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の太陽光発電ビジネスセミナーはこちら

ドイツで途上国の地球温暖化の原因防止対策投資促進策に関する会議

 「開発途上国及び中進国における地球温暖化の原因防止対策資金調達」がドイツのベルリンで2日間にわたり開催された。これは、ドイツ連邦環境省と復興金融公庫開発銀行の主催で、民間機関による開発途上国及び中進国での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(VO2)削減対策への投資手段とその促進策について話し合われた。会議には、公的機関、金融機関を中心とした民間機関、学術機関、市民団体から150人以上の地球温暖化の原因防止等の専門家が参加した。会議で話し合われた主な課題は次のとおりとなっている。・政治リスクと為替リスクを政府の政策により制限し、民間機関の投資決定を容易にする方法・投資決定における基準としての環境基準・企業の独自資産の強化を通じて地球温暖化の原因防止対策技術の地域における市場を促進する方法・産業国及び開発途上国における適切な政治的枠組みの創造。また、連邦環境省は、復興金融公庫開発銀行とともに、地球温暖化の原因防止対策基金の設立に合意した。地球温暖化の原因防止対策基金は、開発途上国及び中進国における中小企業並びに一般家庭におけるエネルギー効率向上と再生可能エネルギーなど地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(VO2)削減対策への投資を支援する事業に対して使われることになる。ドイツでは両組織で、合計1億米ドルを拠出し、さらなる資金を地球温暖化の原因防止対策と投資に興味がある世界の公的機関及び民間機関から拠出するとしている。特に、今後5年間で、地球温暖化の原因防止対策と投資に興味がある民間機関から5億米ドルの拠出を期待しているという。

> ドイツで途上国の地球温暖化の原因防止対策投資促進策に関する会議はこちら

都市再開発で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 環境省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、「平成22年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」を平成22年8月5日まで募集すると発表した。これは、積極的な地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とともに二酸化炭素(CO2)排出量効果の評価や地球温暖化の原因対策に係る情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化の原因対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するものである。環境省の公募の対象となるモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの地球温暖化の原因対策の取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組が補助の対象となる。本事業の採択要件は以下のとおりとなっている。(1)取組の対象となる都市再開発事業が、建物単体の対策に加えて、敷地全体を利用した面的な対策等により積極的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るものであること。なお、この場合の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、バイオエネルギー等の再生可能エネルギーの導入及び太陽光発電等の省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等によるヒートアイランド対策及びリサイクルの推進等の間接的な対策並びにグリーン電力及びクレジットの導入等のミティゲーションを含むものとする。(2)(1)に該当する都市再開発事業を対象に、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る調査・予測・評価その他の二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る検討、取組等を行うとともに、これらについての住民への周知、一般からの意見の募集等により、情報の公開及び関係者の関与を活用して、より効果的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る環境配慮等を行おうとする事業であること。その際、事業内容を決定する過程において、事業に関係する主体(地方公共団体、地域住民等)が参加する検討会等を開催することにより、情報の公開及び関係者の関与を担保すること。ただし、当該二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と関係のない事務に係る経費は本委託事業の対象外とする。

> 都市再開発で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県横浜市のパシフィコで地球温暖化の原因防止を考える再生可能エネルギーフォーラム

 神奈川県横浜市西区みなとみらい1にある「パシフィコ横浜」会議センター5階で6月28日に地球温暖化の原因防止を考える「再生可能エネルギーフォーラム」が開催される。再生可能エネルギーとは、太陽光発電や風力発電、水力発電のように常に一定量供給され、半永久的に利用できるエネルギーのことをいう。神奈川県横浜市のパシフィコ横浜では、今月27日から7月2日の6日間にわたり「再生可能エネルギー2010国際会議」が行われ、55か国から1,200人以上の技術者が来訪する予定となっている。今回開催する地球温暖化の原因防止を考える「再生可能エネルギーフォーラム」は、一般の参加者に対し再生可能エネルギーの理解促進などを目的に、地球温暖化の原因対策に関連する取り組みを統一的なブランドで提供する「ヨコハマ・エコ・スクール」(YES)の主催イベントとして実施する。当日は、東京工業大学(東京都目黒区)ソリューション研究機構教授の柏木孝夫さんが「地球温暖化の原因対策の再生可能エネルギーの現状と今後の展望」をテーマに基調講演を実施。その後、石田建一さん(積水ハウス環境推進部温暖化防止研究所所長)、岸村俊二さん(太陽光発電シスデムデザイナー)、渡邊昇治さん(資源エネルギー庁新エネルギー対策室長)らをパネリストに招いて、地球温暖化の原因対策に係るパネルディスカッションを展開する。コーディネーターは環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長で、YESのアンバサダーでもある江守正多さんで、特別ゲストとして、作家の神津カンナさんも参加する。横浜市地球温暖化対策事業本部は「化石燃料とは異なり、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出のない、あるいは少ない太陽光発電、風力発電、水素・燃料電池などの再生可能エネルギーは地球温暖化の原因対策に欠かせません。本フォーラムにぜひ足をお運びいただき、再生可能エネルギーとは何なのか、どうして地球温暖化の原因対策のために大切なのかといった基礎知識を知っていただければ」と話している。フォーラムの開催時間は14時~17時(13時30分開場)で、入場は無料だが、申し込みはメールかFAXで6月24日締切であった。地球温暖化の原因対策の関連イベントとしてパシフィコ横浜で、環境をテーマとした「中学生ポスターコンテスト」(6月30日~7月2日)、横浜市や横浜市内業者の取り組みも紹介する第5回新エネルギー世界展示会(6月30日~7月2日)、ワークショップ(7月1日)なども行われる。

> 神奈川県横浜市のパシフィコで地球温暖化の原因防止を考える再生可能エネルギーフォーラムはこちら

秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 

 秋田県はこのほど、北海道青森県岩手県山形県各県とともに、東京都との間で地球温暖化の原因防止再生可能エネルギーを東京都内に供給する協定を結んだ。東京都は4月から大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出削減義務を課す制度を開始している。こうした取組みを受け、秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は新たな需要による地元の経済活性化や雇用創出を目指している。協定によると秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県は、地元でのバイオマスや風力、小水力など地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーの開発を支援し、生産したエネルギーを都内に供給し、東京都は都内で同エネルギーの需要創出に取り組むという。青森県からは、現在、六ケ所村の風力などのエネルギーをJR東京駅前の「新丸の内ビルディング」に直送している。秋田県内の風力発電装置は蓄電機能が十分でなく都内送電ができないため、当面は温室効果ガス排出事業者が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー発電事業者から証書を買い取る「グリーン電力証書」制度を活用する。東京都は1日、大規模事業所に対して地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に一定の規制を設け、自前で削減できなければ他の事業所などとの間で削減量の枠を売買できる「キャップ・アンド・トレード制度」を始めている。秋田県温暖化対策課は「東京都内で新たな需要が生まれれば、5道県での地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー事業への参入や投資が見込める。将来的な経済活性化や雇用創出につなげたい」と期待している。

> 秋田県、北海道、青森県、岩手県、山形県各県が地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギーを東京都と供給協定 はこちら

地球温暖化の原因対策技術開発事業(競争的資金)の支援先

 環境省は、平成21年度「地球温暖化の原因対策技術開発事業(競争的資金)」の支援先として、9事業を内定したと発表した。この事業は、地球温暖化の原因となるエネルギー起源の温室効果ガスの二酸化炭素の排出を抑制し早期かつ広く普及が見込まれる技術の開発(省エネルギー対策又は石油代替エネルギー導入に係るものに限る)について、民間企業、公的機関、大学などの研究機関から提案を募集し、優れた提案内容の事業を支援する制度である。平成22年1月15日~2月15日まで公募が行われ、応募総数97件に対して、地球温暖化対策技術開発評価委員会及び各分科会の審査を経て、次世代自動車分科会対象分:10件、省エネ住宅・オフィス等分科会対象分:8件、再生可能エネルギー等分科会対象分:10件、バイオマス・循環資源分科会対象分:3件 の計31件の事業を採択することにした。詳細は次のとおりとなっている。
「リチウムイオン電池を動力とする次世代自動車の普及」に向けた電池の二次利用に係る実証研究
株式会社NTTファシリティーズ
日産自動車、住友商事
電気自動車に占めるリチウムイオン電池の価格を下げ普及促進させるために、電池のリユース・リサイクルを前提とするサービス化モデルへの転換を目的とした実証研究を想定されるユーザー等企業の参画を得て実施する。
重量物輸送用電動バイクによる地球温暖化ガス削減の為の開発・普及に関する実証研究
株式会社ピューズ
愛媛県産業技術研究所、読売情報開発
従来の重量物輸送用バイクの電動化・普及促進という課題を想定されるユーザー等企業の参画を得た実証研究によって解決することにより、電動の重量物輸送用バイク(原付二種相当)を完成させ普及につなげ、CO2を削減することを目的とする。
電気自動車の安心走行と普及支援に関するIT技術開発
安川情報システム株式会社
日産自動車、ゼンリン、北九州市、(財)北九州産業学術推進機構
走行中のEVドライバーに近隣の使用可能な充電器と電力消費の最小なエコルートをナビ表示するとともに、EV普及のための専用駐車スペース確保やインセンティブ支援のITシステムを各種団体の協力を得て開発・実証する。
電気自動車普及に向けた、移動型充電システム(給電車両)に関する実証研究
日産自動車株式会社
電気自動車の電欠による立ち往生を応急充電により救助するレスキュー車両を、本事業終了後速やかに運用に供することを目標に、救助する主体のニーズに応じて複数開発し、目標性能、実用性等についての実証研究を想定されるユーザー等企業の参画を得て実施する。
電動塵芥収集ハイブリッド車におけるCO2排出量削減のための電動駆動に関する実証研究
富士重工業株式会社
いすず自動車
塵芥収集の電動駆動・ハイブリッド車両の組合せにより、CO2排出量を削減する電動塵芥収集ハイブリッド車の実証研究を地方自治体の参画を得て実施する。
大型トラック用統合型新HVシステムの研究
日野自動車株式会社
小排気量化、高トルク化などを図った低燃費エンジンと、排出ガスの圧力や温度エネルギーを電気として回収する装置をHVシステムと組合せて、大幅な燃料消費率低減を達成するシステムの研究を行う。
環境対応自動車におけるリチウムイオン電池の長寿命化に関する技術開発
オートモーティブエナジーサプライ株式会社
日本電気、日産自動車
電気自動車/プラグインハイブリッド車など環境対応車のキーデバイスであるリチウムイオン電池の長寿命化を実現し低コスト電池の製品化開発を行う。
業務用電動二輪車の実用化に向けた一般公道走行による実走実験
本田技研工業株式会社
電動二輪車の製品化開発のため、計測器付きのテスト車両を想定大口ユーザーに貸与した実業務用途での先行試験、量産前のパイロット生産車両を特定ユーザーに使用して頂いた走行データの収集を行う。
電気自動車(EV)による日本版Autolibに関する技術開発
オリックス自動車
日本ユニシス、IRIコマース&テクノロジー
カーシェアリング予約システムとレンタカーの運用管理手法を統合したワンウェイ利用サービス、利用者の会員カードによる充電インフラネットワークシステムの利用システム、充電電力量情報などを車両管理システムで利用できるシステム連携、電気自動車利用者に対する最適な情報提供サービス、電気自動車利用促進のためのエコアクションポイントシステムとの連携などを開発する。
ダイバーシティ認証決済システム構築による自転車シェアリングサービスに関する技術開発
日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社
JTB首都圏
多頻度で多様な移動ニーズを担うどこでも乗り捨て可能でシームレスな自転車シェアリングを実現する決裁結合システム等の製品化を目指す。
太陽熱で冷暖房する吸着冷凍装置の実証研究
株式会社前川製作所
太陽熱吸着式冷凍機を用いて再生可能エネルギーと輻射冷暖房方式を組み合わせ、CO2を殆ど排出しない快適な冷暖房を学校において実証研究する。
既存戸建住宅における太陽エネルギーを最大限活用するパッシブソーラー住宅への改修に関する実証研究
OMソーラー株式会社
(有)野沢正光建築工房、工学院大学、(有)山邊構造設計事務所
新築に適用されている空気集熱式パッシブソーラー技術を基軸とし、太陽エネルギーを最大限活用するパッシブソーラー住宅への改修技術の開発とその普及に関する既存住宅を用いた実証研究を行う。
太陽熱と地中熱を利用する水循環ヒートポンプシステムに関する技術開発
東京大学
鹿島建設
水循環による熱のネットワークを構成し,太陽熱,地中熱,放射冷却などの再生可能エネルギーを利用して,暖冷房,給湯,冷凍など多目的な熱供給と排熱利用を高効率に実現するヒートポンプシステム技術の開発を行う。
地中熱利用ヒートポンプシステムのイニシャルコスト低減と効率化に関する技術開発
三菱マテリアルテクノ株式会社
九州大学大学院、九州電力
地中熱利用ヒートポンプシステムのイニシャルコストの低減と効率化を目的に,水平型熱交換器と水-空気ヒートポンプを組み合わせた技術開発を行う。
杭打ち機を用いた井戸,熱交換杭の開発と地中熱利用等への適用
福井県雪対策・建設技術研究所
三谷セキサン、岡山大学大学院、北海道大学
沖積平野で井戸と熱交換杭の設置費を汎用杭打ち機の利用で各々従来の1/3 に縮減する施工技術を開発し,オープンループ(揚水・涵養)とクローズドの地中熱利用の冷暖房,給湯,融雪などに適用し実用化する。
既存住宅の断熱性能向上のための薄型断熱内装建材に関する技術開発
パナソニック電工株式会社
既存住宅の断熱改修の普及により民生部門の省エネに貢献するため、施主の費用的・工期的負荷が小さく断熱効果を容易に認識できる、住居内側から施工可能な断熱改修法とその為の薄型断熱内装建材を開発する。
ダイナミックインシュレーション技術を活用する住宅の断熱改修に関する技術開発
東京大学
既存住宅の暖房用エネルギー削減と温熱快適性向上のため,熱画像による断熱性能の診断法を提案すると共に,ヒートポンプとダイナミックインシュレーションを活用した,簡易で高効率な住宅改修技術を開発する。
再生可能エネルギー・低温排熱を駆動源とする空冷式吸着ヒートポンプに関する技術開発
三菱樹脂株式会社
再生可能エネルギー・未利用熱など低温熱源による駆動を可能とした吸着材AQSOAを適用した吸着ヒートポンプの高効率化、小型化及び冷却熱源運転条件の最適化検討によって空冷式吸着ヒートポンプに関する技術開発を行う。
ナノ水車発電ユニットの高性能化等技術の開発
信州大学
東京発電、新潟工科大学
低コスト・高効率な小型水車発電ユニット等を実環境フィールドでの検討を通じて開発する。
温泉共生型地熱貯留層管理システム実証研究
独立行政法人産業技術総合研究所
東電設計、日鉄鉱コンサルタント、八丈町、弘前大学
温泉に対する悪影響がない発電が可能であることを実証する総合的な地熱貯留層管理システムを地熱発電所隣接地点等において開発する。
温泉発電システムの開発と実証
地熱技術開発株式会社
(独)産業技術総合研究所
温泉発電の普及のために、温泉や電力系統に影響を及ぼさない温泉発電システムの実用機の開発を行い、温泉地で実証試験を実施して、早期普及を図る。
波力エネルギーの地域特性評価と係留システムの研究
東京大学
三井造船、三井造船昭島研究所
波力発電設置予定地の詳細な海象・波浪データーを最新の数値解析技術により予測し、設置場所を絞り込むとともに、採用を予定している波力発電機の係留システムに関して造波水槽等を用いた研究を行う。
潮流海流発電の実用化に関する技術開発
株式会社ノヴァエネルギー
神戸市立工業高等専門学校
海の潮流、海流から生まれたエネルギーを電力に変える発電装置の実海域における実証研究及び実用化に向けた技術開発を行なう。
集光型太陽光発電に関する技術開発
JFEエンジニアリング株式会社
三鷹光器、(財)エネルギー総合工学研究所
集光装置(ヘリオスタット)を設置して1,000倍以上に太陽光を集約し、タワー型の装置に設置した多接合タイプの発電素子を利用して効率的に発電すると同時に、熱を回収するシステム開発を行う。
太陽光発電システムにおける信頼性向上のための遠隔故障診断に関する技術開発
東京大学
(独)産業技術総合研究所、シャープ
今後数千万台の導入が想定される分散型太陽光発電設備が、長期の信頼性を確保し、20~30年の寿命を全うするために不可欠な遠隔の自動故障診断技術の開発を行う。
高集光型球状シリコン太陽電池に関する技術開発
株式会社クリーンベンチャー21
p-n接合型もしくはヘテロ接合型で高開放電圧の球状Si太陽電池セルを、15倍以上の集光倍率を持つ反射鏡兼基板に搭載して、変換効率19%以上の超低コスト追尾専用球状シリコン太陽電池セルを製造する技術を開発する。
風レンズ技術を核とする革新的中型・小型風車システム導入に関する技術開発
九州大学
株式会社ウインドレンズ
高効率な風レンズ風車技術、新開発の風車発電制御技術、および適切な立地のための数値風況予測技術を融合し、分散型電源として真に実用的な超高効率・安全・安心の中型・小型風車システムの導入開発を行う。
洋上浮体からの電力送電システムに関する技術開発
株式会社ジェイ・パワーシステムズ
(独)海上技術安全研究所
比較的変位が大きい洋上の浮体から、安定した送電を実現するのに適した海底ケーブルのシステムを開発する。
地域分散型バイオエタノール生産のための省エネ低コスト固体連続並行複発酵に関する技術開発
関西大学
関西化学機械製作、秋田工業高等専門学校、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議,大阪大学
地域分散型の小規模生産でも省エネルギー低コストなバイオエタノールを生産するため、50%前後の水分でバイオマスの糖化・発酵・エタノール回収を同時に、かつ、連続して行うための技術を開発する。
多様な木質系廃棄物からの省エネルギー・低コストなバイオエタノール製造システムの開発
大成建設株式会社技術センター
大栄環境
微粉砕とアルカリ酸化による前処理及び酵素糖化を組合せた製造方法を検討し、様々な木質系廃棄物から低コストかつ省エネルギーでバイオエタノールを製造するプロセスの技術開発を行う。
竹からの高効率バイオエタノール生産技術の実用化開発
株式会社みなまた環境テクノセンター
熊本大学、崇城大学、チッソ環境エンジニアリング㈱、(有)日本カンキョー
竹からのバイオエタノール生産システムを確立するための技術開発と小規模プラントでも経済性を有する技術開発を並行して行う。

> 地球温暖化の原因対策技術開発事業(競争的資金)の支援先はこちら

神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指す

 神奈川県横浜市は、既に内閣府から認定を受けている環境モデル都市の基幹プロジェクトの一環として、神奈川県横浜市内の金沢臨海部を拠点に地球温暖化の原因防止の環境と経済の両立を図る「横浜グリーンバレー構想」の具体化に乗り出した。地球温暖化の原因防止の太陽光発電など再生可能エネルギーやEV(電気自動車)カーシェアリングの導入、環境・エネルギー産業の育成支援などに取り組み、地球温暖化の原因防止の低炭素型のモデル地域形成を目指すという。神奈川県横浜市では、環境モデル都市の認定を受け、昨年8月に神奈川県横浜市地球温暖化対策事業本部長の諮問機関として発足した「横浜グリーンバレー実行計画策定委員会」(委員長・鈴木伸治横浜市大准教授)が地球温暖化の原因防止の構想の具体化を検討していた。構想の名称には、米国のシリコンバレーの環境版を最終目標とする狙いを込めたという。住宅団地、産業団地、公園・緑地帯、海といった横浜市のすべての要素がコンパクトに集まっている金沢臨海部の地域特性を生かし、地区内に三つのモデル地区を設定し、当面は家庭や事業所などの使用エネルギーと地球温暖化の原因防止の再生可能エネルギー供給量のモニタリング、EVカーシェアリング、地区内にキャンパスを置く横浜市大と連携した環境教育などに着手するという。神奈川県横浜市は、2050年までの長期構想として、(1)地球温暖化の原因防止の低炭素化を図るエネルギー施策の展開(2)世界に求められる地球温暖化の原因防止の環境・エネルギー産業の育成(3)既存施設や自然環境を利用した地球温暖化の原因防止の環境啓発拠点の創出を3本柱に施策展開していく予定となっている。神奈川県横浜市は、事業の推進組織として2010年度中に事業者、住民、民間団体、行政などで構成する「横浜グリーンバレー推進協議会」を設置し、地元の横浜市大や関東学院大などとも連携し、省エネや環境ビジネスといった地球温暖化の原因防止の分野別のワーキンググループも設け、エネルギーや環境関連の事業化、製品化にも取り組むという。神奈川県横浜市は、「金沢臨海部をモデルに地球温暖化の原因防止の低炭素社会への移行を進めるとともに、環境との調和を図ることで、地域経済の持続可能な発展を実現したい」と話している。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 神奈川県横浜市が地球温暖化の原因防止の低炭素型モデル地域形成を目指すはこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギー

 電気事業連合会は、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電風力発電など再生可能エネルギーでつくった電気の全量買い取り制度の導入を検討する政府のプロジェクトチームに対して、買い取り負担を回収するには、地球温暖化の原因防止対策として広く薄く負担する税金もしくは「再生可能エネルギー買取基金」の創設が適当だと提案した。新基金は、電力だけでなく、ガスや石油などの利用者が幅広く負担し、電力会社やガス会社などが代行して徴収する仕組みを考えている。「地球温暖化の原因防止の政策であり、すべてのエネルギー利用者が公平に負担すべき」(森本宜久副会長)と主旨を説明した。地球温暖化の原因防止対策として本年11月に太陽光発電の余剰電力に限定した固定価格買い取り制度がスタートし、この買い取りコストは、電気代に上乗せする形で回収している。電事連の試算によると、2020年に太陽光発電を2800万キロワット導入した場合のコストは、年間1兆円で、これに風力発電や水力発電、バイオマス発電などを含めると3000億円分が加算されるという。いくら地球温暖化の原因防止対策としても、これをすべて電気代に上乗せすることは「消費者間で不公平が生じる」と指摘した。
 一方、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーで作った電気をすべて電力会社に買い取らせる地球温暖化の原因防止対策としての新制度を検討する経済産業省のプロジェクトチームは、電気事業者など関係団体からヒアリングした。地球温暖化の原因防止対策として再生可能エネルギーによる電気の全量買い取りは、民主党政権の目玉政策の一つだが、買い取り費用は国民に転嫁される。同党の支持組織である全国電力関連産業労働組合総連合(電力総連)は「地球温暖化の原因防止対策といえども、厳しい経済情勢のなか、国民への追加負担は慎重であるべき」と反対意見を表明し、早急な制度設計に疑問符が付いた形だ。電力総連が反対したのは、11月に始まった地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の余剰電力買い取り制度について、効果や課題の検証が済んでいないからだ。この地球温暖化の原因防止対策の制度では、太陽光発電の買い取り費用の電気代への上乗せが当初は微増に留まるものの、2011年度には月30円程度まで増加する試算となっている。さらに地球温暖化の原因防止対策として買い取り対象を余剰から全量に変更した場合、太陽光発電だけでも国民負担額は約1.8倍に膨らむ見込みだという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電等の再生可能エネルギーはこちら

地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きい

 地球温暖化の原因防止対策について各国で活発に議論されている状況にある。省エネルギー化の先進国である日本は、既に最先端の地球温暖化の原因防止対策が講じられており、ここからさらに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを一層削減していくには高コストな最新技術を積極的に使わなければならず、鳩山政権の掲げる「地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減」は他国と比べて重い目標でもあり、現実には達成不可能に近い目標といえる。地球温暖化の原因防止対策は、太陽光発電風力発電を始めとする再生可能エネルギーの拡充や、省エネルギー技術の導入拡大が必要になってくる。地球温暖化の原因防止対策は、新規産業の創出や、エネルギーコストの削減ができるメリットがあるが、負担も大きく、短期的には経済成長が鈍化するのは避けられない。2008年度の国内の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、12億8600万トン。景気悪化で生産活動が低調だったことから前年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は6.2%減っている。しかし、1990年度と比べると1.9%多くなっており、温室効果ガス排出量の25%削減目標を達成するためには、経済成長を維持しながら26.9%削減を行う必要があり、これを達成するのは現実問題としては不可能といえる。
 国立環境研究所や日本エネルギー経済研究所、日本経済研究センターの試算では、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比25%削減するを、実質国内総生産(GDP)は現状の対策を単純に継続するよりも3.1~6.1%、1世帯当たりの可処分所得は16万~76万5000円目減りするという。ただ、海外から地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠を購入した場合は、影響はやや緩和する。省エネの進んだ日本で地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を削減するよりも、海外で削減する方がコストが安く、その分排出枠も安く買えるからだ。仮に、15%分を地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出枠購入でまかなうと、実質GDPの目減りは0.8~1.3%、1世帯当たりの可処分所得の目減りも3万~28万円にとどまる。一方、1990年比20%削減を掲げる欧州連合(EU)は、GDPの目減りは0.35%、2005年比17%削減の米国は0.13~0.57%という試算がある。これに対し、日本の目標は野心的で、負担も大きいことが分かる。世界各国が歩調を合わせて地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減努力を強化すれば、日本の先端技術が各国に輸出され、経済成長にもつながることも予想されるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減のために環境税導入や規制強化が行われれば、製造業が負担を嫌って海外に流出する恐れも否めない。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策によるGDP目減りは欧米よりも大きいはこちら

地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転を

 来日中の国際エネルギー機関(IEA、本部パリ)の田中伸男事務局長は、日本記者クラブで会見し、日本は省エネルギー再生可能エネルギーに関する技術を各国に移転することを通じて地球温暖化の原因防止対策に貢献できると指摘した。IEAの試算では、地球温暖化の原因防止対策のため2020年までに日本に求められる温室効果ガスの二酸化炭素CO2)削減率は1990年比10%で、鳩山由紀夫首相の掲げる25%削減はこれを大きく上回る。田中事務局長は、日本の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減率の目標を高く評価したうえで、世界の温室効果ガスの二酸化炭素排出量に占める比率が小さいことに触れ、「各国の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減を手伝うのがあるべき貢献の姿」と述べた。米国が「2005年比で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の17%削減」を表明する方針を示したことについては「12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)の交渉を進める上で重要なステップだ」とした。また、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素削減技術への投資は30年までに世界で10兆ドル必要だが、8.6兆ドルのエネルギーコストが節約できると指摘した。民間資金が地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の削減対策にうまく流れるように、「環境税や温室効果ガスの二酸化炭素排出量取引制度などインセンティブをきちっと付けるべきだ。COP15で明確なメッセージを発する必要がある」とした。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策でIEA事務局長が日本は技術移転をはこちら

地球温暖化対策の国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立

 外務省は、1月26日にドイツのボンで地球温暖化対策の国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立文書への署名式典が開催され、125か国及びECからの代表者が出席し、75か国により署名が行われたと発表。
 日本からは、田辺靖雄外務省経済局審議官を代表に、関係各省から計7名が出席。
 同式典において、日本における再生可能エネルギーへの取組や日本が二国間及び多数国間で行っているクールアース・パートナーシップをはじめとする国際協力の取組を紹介するとともに、今後もこれらの取組を積極的に進めていく旨を表明した。
なお、この機関の発足時期は現段階では未定。

> 地球温暖化対策の国際再生可能エネルギー機関(IRENA)設立はこちら

フランスでは97%の人が地球温暖化対策の再生可能エネルギーの開発を支持

 フランスの環境・エネルギー管理庁(ADEME)が行った世論調査「フランス人と再生可能エネルギー」により、97%の人が地球温暖化対策の再生可能エネルギーの開発に賛成していることが明らかになった(67%は強く賛成)。この調査は2008年7月に実施されたもので、フランスで再生可能エネルギーへの関心がさらに高まっていることが分かるという。
 再生可能エネルギーは、環境によいというイメージが強く認識され、1種類以上の再生可能エネルギーを即座に答えられた人は79%に上った(2005年は68%)。また、既に導入している人、または導入を考えている人は30%に上った。残りの人は、設備のコストが問題だとしている。
 風力発電については、地域で受け入れ可能(79%)、家の1km以内でもよい(62%)と歓迎する人もいるが、景観への影響を懸念する人も63%に上った。一方、ソーラー発電については、91%の人が受け入れ可能としたが、設置コストが大きな問題となっている。
 ADEMEでは、再生可能エネルギーが家庭に普及しつつあると見ている。家庭では、風力や水力よりも、ソーラーや地熱、バイオマスの導入が目立っている。コストの問題は大きいが、家庭は投資者となる可能性を有している。

> フランスでは97%の人が地球温暖化対策の再生可能エネルギーの開発を支持はこちら

欧州委員会が再生可能エネルギー市場促進プログラムガイドライン

 ドイツ連邦環境省は、8月20日、欧州委員会が、2007年12月5日の再生可能エネルギー市場促進プログラムガイドラインを承認したことを発表した。これにより、特に規模の大きな再生可能エネルギー設備に対する市場促進プログラムによる助成とドイツ復興金融銀行のプログラム「再生可能エネルギー」の開始に道が開けた。ドイツ復興金融銀行のプログラムにおいては2008年9月1日以降、(通常はメインバンクを通じて)申請書を提出することができ、ドイツ連邦経済・輸出管理庁も、即時に、企業の申請書の提出を許可することができる。既に提出されている申請書は、審査を優先して実施することとなる。
 再生可能エネルギー市場促進ガイドラインによって、企業の投資に対する条件は明確に改善される。地熱・バイオマス設備、太陽熱利用設備、近距離熱供給網、再生可能エネルギーによる大規模な熱貯蔵設備、バイオガスを天然ガスのレベルに浄化する設備及びバイオガス供給管に対して助成される。

> 欧州委員会が再生可能エネルギー市場促進プログラムガイドラインはこちら

ドイツの再生可能エネルギーに関する最新情報

 ドイツ連邦環境省は、パンフレット「再生可能エネルギー最新データ」の発行を発表した。これは、2002年以降、毎年、ドイツ連邦環境省が、ドイツ国内、EU、世界における再生可能エネルギーの発展に関する数字を盛り込んだもの。
 これによると、現在では、再生可能エネルギーの割合は、ドイツ国内の最終エネルギー消費量の8.6%、電力消費量の14.2%にまで増加している。また、2007年1年間で、再生可能エネルギーの利用により、1億1500万tのCO2削減された。
 さらに、再生可能エネルギーの拡張は、経済全体の利益になっていることが証明されている。これらの部門における2007年の売り上げは、250億ユーロとなっており、雇用者数は3年前と比較すると55%高い25万人に達している。
 再生可能エネルギー法を通じた1ユーロの助成は、化石燃料エネルギーの輸入の削減と他のエネルギー源による著しい環境汚染の回避により、1.60ユーロ分の節約につながっているという。

> ドイツの再生可能エネルギーに関する最新情報はこちら

エネルギー起源CO2排出抑制技術への08年度助成

 環境省は2008年度に実施する、エネルギー起源CO2排出抑制技術開発への助成事業について、公募された案件の審査を終え、08年3月31日に採択案件を公表した。
 この助成事業は、基盤的な省エネ・代エネ技術の開発、効果的な温暖化対策技術の実用化・製品化を支援するもので、京都議定書の削減目標達成期間として定められた第1約束期間(08年~12年)の早い段階までに実用化できる基盤的な温暖化対策技術のうち、(1)省エネ対策技術実用化開発分野、(2)再生可能エネルギー導入技術実用化開発分野、(3)都市再生環境モデル技術開発分野、(4)循環資源由来エネルギー利用技術実用化開発分野、(5)製品化技術開発分野--の5分野の技術を募集していた。募集期間は08年2月5日から3月5日までだった。
 発表内容によると、応募期間中に申請された総計62件の案件中、計9件の採択が内定した。
 分野ごとの内訳は、省エネ対策技術実用化開発分野が4件、再生可能エネルギー導入技術実用化開発分野が2件、循環資源由来エネルギー利用技術実用化開発分野が1件、製品化技術開発分野が2件--となっている。
 なお、都市再生環境モデル技術開発分野に関しては採択されなかった。

> エネルギー起源CO2排出抑制技術への08年度助成はこちら