TOPページ > 検索結果

検索結果 【八戸市】

東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は中国電力(広島県広島市中区)と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広島県福山市に発電出力約3MWのクリーンエネルギーメガソーラー発電所プラント「福山太陽光発電所」の建設契約を締結したと発表した。東芝はこれまで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の八戸太陽光発電所(青森県八戸市)など国内で4件のクリーンエネルギーの電気事業用メガソーラー太陽光発電所プラントの受注を受けてきており、今回は、広島県福山市箕沖にクリーンエネルギーのメガソーラー発電所プラントを設立する。中国電力初の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気事業用メガソーラー太陽光発電所である福山太陽光発電所建設で契約した。2011年度に稼動するメガソーラー太陽光発電所のクリーンエネルギーの年間発電量は約334万KWhで、一般家庭約900世帯分の年間使用電気量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる。これらのメガソーラー太陽光発電所の基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注した。また、今回受注したメガソーラー太陽光発電所プラントには、東芝グループで開発した世界最高クラスの直交変換効率98.1%を誇る500KWのクリーンエネルギーのパワーコンディショナ及び長州産業株式会社(山口県山陽小野田市新山野井)の高効率多結晶太陽電池モジュールを採用する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ世界的な意識が高まる中、電力・産業用のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの市場は2015年に2.2兆円になると見込まれており、今後も拡大する傾向にある。これらを踏まえ、東芝では、今後も高効率なクリーンエネルギーのパワーコンディショナやスマートグリッドなどのシステム技術、大規模メガソーラープラント向けシステムエンジニアリングなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実績を生かした事業展開を図り、ワールドワイドなメガソーラー発電プラントの受注を目指していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら