TOPページ > 検索結果

検索結果 【佐賀県】

佐賀県佐賀市で植樹による二酸化炭素(CO2)排出対策

 佐賀県佐賀市において、毎年秋に開かれる佐賀県インターナショナル・バルーンフェスタの主催者である佐賀県バルーンフェスタ組織委員会などは、佐賀県佐賀市西与賀町の佐賀県佐賀市下水浄化センターで、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、ソメイヨシノなど桜の苗木200本を植樹した。佐賀県インターナショナル・バルーンフェスタの実施に当たり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することを踏まえた環境問題対策の活動であり、バルーン競技者や家族約100人が参加して植樹を行った。今回の植樹は、佐賀県佐賀市で、現在、開催中の「SAGAバルーンチャレンジシリーズ」の期間中に併せて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として企画されたもので、参加者はシャベルなどで穴を掘り、桜の苗木を植え、今年から今後5年間で計1,000本を植樹する予定だという。佐賀県佐賀市組織委では「気球はプロパンガスを使用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しているので、環境問題対策にも目を向ける必要があることから、植樹を行った。今回の植樹がバルーンの競技者を始め大会関係者が環境問題を考えるきっかけになれば」と話していた。参加したメンバーの佐賀県職員は「競技者の一人として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する植樹などの環境保全対策活動を続けていきたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 佐賀県佐賀市で植樹による二酸化炭素(CO2)排出対策はこちら

バイオマス・ジャパンが佐賀県佐賀市でグリセリン利用のバイオディーゼル燃料を製造

 地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、バイオディーゼル燃料の製造が盛んになりつつあるが、バイオマス・ジャパン(東京都北区赤羽)は、バイオディーゼル燃料の製造時に副産物となり、これまで不要物とされてきたグリセリンをバイオマス燃料として再利用する技術を実用化したと発表した。2010年度中に佐賀支店(佐賀県佐賀市兵庫町)に実証実験を行うプラントを設置するという。グリセリンは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策で、廃食用油などの植物油をリサイクルしてバイオディーゼル燃料を製造するときに、必ず副産物として産出されるものであるが、活用法がまったくなく、廃棄してきたという。バイオディーゼル燃料製造は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として取組む地方自治体などを中心に全国的に広く展開されているが、グリセリンを有効に活用することが大きな課題となっていたという。今回、バイオマス・ジャパンは、グリセリン50%及びA重油50%に混合したものに触媒を添加することによって、バイオディーゼル燃料を製造した。佐賀県佐賀市の実証実験のプラントでは、こうしたバイオディーゼル燃料を地元のハウス農家のボイラーに使用して問題点の有無を継続して確認するという。今回のグリセリンを有効に活用することによって、A重油使用時に比べ50%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> バイオマス・ジャパンが佐賀県佐賀市でグリセリン利用のバイオディーゼル燃料を製造はこちら

佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をふんだんに講じ、新築移転する佐賀県立病院好生館の新病棟の起工式が、佐賀県佐賀市嘉瀬町中原の建設予定地でしめやかに執り行われた。佐賀県立病院好生館の新病棟の開業は2013年を予定しているという。佐賀県佐賀市嘉瀬町中原への新築移転は、現在、佐賀県佐賀市水ケ江にある佐賀県立病院施設の老朽化に伴うものとなっている。佐賀県立病院の新病棟は、鉄骨鉄筋コンクリート造り8階建てで、延べ床面積は約4万1700平方メートルとなっている。佐賀県立病院の敷地内には、佐賀県立病院関係者の研修・宿舎棟や保育施設も備えている。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、給湯設備に電気式の設備を使用するなど二酸化炭素(CO2)排出量や光熱費を削減した設計となっている。佐賀県立病院は、国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している今年度の「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択されている。佐賀県立病院の起工式では、十時忠秀理事長が「患者が過ごしやすく、スタッフが働きやすいうえに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も講じ、佐賀市嘉瀬町中原の地元周辺への環境問題にも配慮した病院を目指す」とあいさつした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 佐賀県佐賀市に二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に対応した佐賀県立病院建設はこちら

環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 ツバルの森(東京都千代田区)は環境コンサルティング会社であるが、今般、セリタ建設(佐賀県武雄市)と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をゼロまで削減する地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルを開発したと発表した。セリタ建設は、S-RCクレーグランド工法というメンテナンス不要の土壌改良技術を実用化しており、樹皮と砂利を交ぜて炭素と窒素の比率をうまく保ち、草が生えにくいグラウンドや鉄塔周辺などの地質を変えることを行っている。新たな地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型ビジネスモデルでは、樹皮が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を固定化する環境特性を生かし、二酸化炭素(CO2)排出削減量が数値で認定される京都クレジットを付加することにした。これによって、固定化された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を明確化にすることが可能となった。一方、ツバルの森では、セリタが地球温暖化の原因防止対策の事業モデルを着実に運用するためのガイドラインを策定するなど側面から支援していくという。ツバルの森では「相手先と取引を行う場合、『地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など環境に良いことをやっているのか』と聞かれるケースが増えており、選定基準を満たすには地球温暖化の原因防止に向けた環境対策が不可欠となりつつある。その意味で、今回の地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルは重要」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境配慮型ビジネスモデルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

佐賀県の病院で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 佐賀県は、佐賀市嘉瀬町中原に移転して2013年3月開業予定の佐賀県立病院好生館新病棟が国土交通省の住宅・建築物省CO2二酸化炭素)先導事業に採択されたと発表した。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の住宅・建築物省CO2(二酸化炭素)先導事業に採択されたことによって、総事業費約275億円のうち約1億9600万円が国から佐賀県へ補助されることになった。佐賀県立病院新病棟は、鉄骨鉄筋コンクリート造8階建(一部9階)で、延べ床面積約4万1700平方メートルとなっている。佐賀県立病院敷地内には、研修・宿舎棟や保育施設も備えるという。現在、敷地造成工事中であり、佐賀県立病院の建物着工は秋の予定となっているという。病院の建築整備計画では、給湯設備に効率の良い電気式の機材を使うほか、太陽電池パネルの設置による太陽光発電や雨水再利用など9項目の取り組みにより、年間6339トンと試算される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を980トン減少させることができ、光熱費も年間約5000万円削減することができるという。こうした総合的な地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減技術の導入のほか、佐賀市嘉瀬町中原周辺地域や関連施設への波及効果が見込まれることが評価された。省CO2先導事業は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量の削減に優れた住宅や建築物の計画に対し、費用の一部を補助するもので2008年度から始まった制度であり、今回の佐賀県の採択は九州では2例目となる。

> 佐賀県の病院で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

佐賀県佐賀市では有機農業で地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減

 佐賀県佐賀市では、地元佐賀に古くから伝わる有機農業によって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。クリーク文化圏である佐賀県の知恵「ごみくい」の伝統農法を復活させることによって、栄養素資源の枯渇する時代の中で有機資材を確保し、循環型農業を持続的に実現するとともに、水辺環境の生態系を再生しする中で、安全安心な食料の安定供給を図っているが、そのことが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながっている。また、地元佐賀県佐賀市の子ども会、小中学校、大学、市民等に対して、ごみくい農業体験に基づく環境教育を行い、住民のゆとりを取り戻すことにより、佐賀県佐賀市でも失われつつある地域コミュニティーを再構築しているという。さらに、安全安心な地域環境確保のため、地元佐賀県佐賀市の大学と連携し、土や水中の有害重金属及び残留農薬の分析評価を行っている。不要な産業廃棄物として廃棄処理されている底泥や生態系を乱す外来種として駆除されるホテイアオイを有効活用している。これらの栄養成分を農地に隣接したクリークに活用し、低エネルギーの循環型農業を構築してきている。佐賀県のこうした農業に関する知恵を揚子江クリーク文化圏においても展開することによって、アジアにおける安全安心な食文化を守ることに貢献している。佐賀県は、あまり目立たないとても地味なお国柄だが、佐賀県の伝統的な地域活動は、華やかさからは程遠い農業生産行事である。しかし、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動は、しっかりと佐賀県佐賀市の地域に根づいたコミュニティーの活動でもある。

> 佐賀県佐賀市では有機農業で地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減はこちら

九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減

 地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の九州7県は、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店舗は、レジ袋の有料化やレジ袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告する仕組みとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減の強化月間に位置づけられた10月の1カ月間にわたって、各県から送付されたポスターやステッカーを店舗に掲示してレジ袋削減に取り組むという。この地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋削減は、九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組みとなっている。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載して各県の担当課へ提出することで参加できる。各県は、実施後に各店舗から提出されたレジ袋を削減の報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化するという。昨年度は全県で5898店が参加し、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量約3934t分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約された。地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減に関しての各県の問い合わせ先は次の通りである。福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)・佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)・長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)・熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)・大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)・宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)・鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

> 九州地方7県が地球温暖化の原因防止対策としてレジ袋を削減はこちら

佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金

 佐賀県では、地球温暖化原因防止対策と森林の整備や地域に密着した緑化の推進を目的に、全国運動の展開にあわせて、2009年3月から5月末まで春期「緑の募金」運動を実施した。この運動の一環として、スーパーやJR駅前で、街頭募金を行った。佐賀県では、2007年度、地球温暖化原因防止対策の緑の募金として約6383万円の収入があり、緑の普及啓発や緑化ボランティアの育成、こだまの森林づくり事業、市町村緑化の推進などに活用している。今後、2010年の「国際生物多様性年」を控え、地球温暖化原因防止対策や国民の緑化への関心が一層高まることが予想されるという。
 一方、沖縄県では、地球温暖化原因防止対策の一環として新エネルギーの導入を促進し、普及を図る目的で、住宅用太陽光発電システムを設置する際、費用の一部に対し補助を行っている。沖縄県では既に2009年4月から募集を開始している。住宅用太陽光発電システムの補助金額は定額2万円で、国が実施する「住宅用太陽発電導入支援対策費補助金」を受けている県内居住の個人が対象となる。4月末では、23件の住宅用太陽光発電システム補助の申し込みがあり、3カ月から半年のペースで住宅用太陽光発電システム補助件数300人に達する見込みだという。沖縄県が率先して地球温暖化原因防止対策の住宅用太陽光発電システムという新エネルギーに対する補助を行うことで、沖縄県内の他の市町村が後に続く契機になればと期待している。

太陽光発電ソーラーシステム情報屋上緑化情報

> 佐賀県と沖縄県の地球温暖化原因防止対策の緑化と太陽光発電システム補助金はこちら

環境問題を解決する里海創生支援モデル事業

 環境省は、環境問題を解決する「平成21年度里海創生支援モデル事業」を実施するモデル地域として6地方公共団体を選定した。「里海創生支援モデル事業」は、21世紀環境立国戦略(平成19年6月策定)に位置づけられている豊饒の「里海」の創生を支援するため、平成20年度から実施されており、地方公共団体が地域と一体になって海域環境の保全や海との共生といった観点から里海の創生を目指す活動を支援するとともに、全国の里海づくりの参考となるマニュアルの策定の基礎となる資料を収集整理するものである。今回選定されたのは、横浜市の「横浜市沿岸域の海辺の自然再生と新たな街づくり事業」、石川県の「七尾湾里海創生プロジェクト」、志摩市の「英虞湾いきもの調査隊事業」、京都府の「阿蘇海環境づくり協働事業」、兵庫県の「赤穂海岸及び相生湾における自然再生を中心とした里海づくり事業」、佐賀県の「有明海・山から海まで流域一体里海づくりモデル事業」の6件となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境問題を解決する里海創生支援モデル事業はこちら

佐賀県佐賀市などが地球温暖化原因防止対策バイオマスタウン構想を策定

 農林水産省は地球温暖化原因防止対策に寄与する「バイオマスタウン構想」に新規に応募のあった構想書のうち、4市町の取り組み内容を平成21年5月29日付けで公表した。応募のあった構想書は関係府省からなる「バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議事務局」(事務局農林水産省)で検討し、「バイオマスタウン」の基準に合致している場合に内容を公表することになっている。今回の公表は35回目にあたり、新規構想書が公表されたのは、佐賀県佐賀市、佐賀県唐津市熊本県山鹿市鹿児島県屋久島町である。このうち、佐賀県佐賀市の構想は、佐賀市に広く分布する家畜排せつ物や下水汚泥などを堆肥や肥料化するとともに、メタン発酵や下水汚泥から発生するガスを熱や電気に変換し、施設内でエネルギー利用する。また、廃食用油をBDF化、建設廃材や林地残材をチップ、ペレット化して輸送用燃料やボイラー燃料として利用するなど、市民及び企業、行政等が、効率的かつ一体的なバイオマス利活用施設整備等を促進し、循環型社会の形成を図るというもの。なお、今回の公表により、全国のバイオマスタウン構想公表市町村は213件となった。

子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 佐賀県佐賀市などが地球温暖化原因防止対策バイオマスタウン構想を策定 はこちら

本丸歴史館でグリーン電力(佐賀県)

 佐賀県では、地球温暖化防止対策の一環として、地球温暖化問題を身近に感じてもらおうと、佐賀城本丸歴史館(佐賀市)で、環境にやさしい「グリーン電力」の使用を始めた。使用期間は2008年12月から2009年11月までの1年間。2006年度から実施している、住宅用太陽光発電への助成事業「太陽光発電トップランナー推進事業」を通して、住宅用太陽光発電を設置した県民から「環境価値」を購入。この環境価値を歴史館の電力に活用することで、環境にやさしい太陽光で発電したグリーン電力を使用しているとみなすことができる。歴史館が1年間に使用する電力量は約40万kWhもある。

イラストレーターの求人募集転職ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職

> 本丸歴史館でグリーン電力(佐賀県)はこちら