TOPページ > 検索結果

検索結果 【住宅エコポイント制度】

福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県福岡市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、国の住宅エコポイント制度に独自の補助金を上乗せして支給する「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の対象を福岡市内の全67万戸に拡大すると発表した。福岡市では、期間も3か月延長して年度末までとし、省エネ改修に係る補助金額は変わらずに最大10万円だという。福岡市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として、「福岡市住宅省エネ改修助成事業」の当初予算に1億円を計上していたが、福岡市の定めた条件が厳しく申請件数は、261件で1,070万円にとどまっているという。また、同様に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を期待するものとして、福岡市が最大500万円の補助金を出す「福岡市事業所省エネ改修等支援事業」の対象も補助金の条件を緩和し、福岡市内に事業所を所有する人なら省エネ改修補助金の申請を可能に制度を改正した。補助金の申請期間も1か月間延長し、11月末までとし、工事費の下限金額も廃止した。こちらも福岡市は当初予算額で約1億円を計上していたが、執行見込みは8件で約2,370万円にしかすぎない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る福岡市の補助金の問い合わせは、住宅助成補助金が福岡市住宅計画課(092-711-4598)、事業所補助金が福岡市温暖化対策課(711-4282)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市は住宅エコポイント制度補助金で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロに

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が各方面で強く求められている中、化石燃料ではなく自然エネルギーを特に有効活用する「エコ住宅」の建築が各住宅メーカーにおいて取り組まれている。これには、新築住宅やリフォームを対象に「住宅エコポイント制度」が始まったことや、太陽光発電設備の設置や高効率給湯器設備の設置に対する国の補助金、さらには住宅減税が行われたことなどで経済的(エコノミー)かつ環境に配慮(エコロジー)というエコ意識が浸透し始めたからである。そのような状況の中、大和ハウス工業(大阪府大阪市北区梅田)では、国内初の家庭用リチウムイオン蓄電池付き高機能住宅を来春に発売する予定をしており、7月から埼玉県さいたま市及び愛知県名古屋市の同社の住宅展示場で実証実験を開始しており、2020年までには地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量ゼロ及び光熱費ゼロの「エネルギー自給自足」住宅の実現を目指している。とはいうものの、自然エネルギーは、天候や時間に大きく左右されることから、これを効率よく使うために各社とも蓄電池投入をしたいのだが、イニシャルコストが非常に高くつき、その高額な金額を消費者に受け入れてもらえるかどうかが問題になっている。大和ハウスが採用する家庭用蓄電池は、同社が出資するエリーパワー(東京都品川区)で製造しているものであり、平成24年には、神奈川県川崎市内の新工場で5倍の家庭用リチウムイオン蓄電池の量産体制をとり、家庭用蓄電池のコストダウンが可能になると見込んでいる。また、高機能携帯電話(スマートフォン)を利用することによって、住宅内の照明やエアコンなどさまざまな家電製品を一元管理することも可能であり、配電盤に設置するスマートメーターにおいて電力使用量や電気料金を表示することで、省エネ行動を促すという。

> 大和ハウス工業がエコ住宅で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量ゼロにはこちら