TOPページ > 検索結果

検索結果 【低炭素化社会】

日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策

 鹿児島県は日産自動車(神奈川県横浜市西区)と合同で、鹿児島県内の世界自然遺産である屋久島において、低炭素化社会の先進的な「CO2フリーの島づくり」の推進に取り組むことで合意したと発表した。鹿児島県の自然の豊かな屋久島島内に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)を普及するため、屋久島内で課題の航続距離の短さを克服して電気自動車(EV)が安心して走行できる環境づくりと、屋久島内の豊富な自然の再生可能エネルギーの活用などを検討していくという。鹿児島県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、電気自動車を普及させていくため今年度「屋久島電気自動車普及促進支援事業」策定し、電気自動車購入者に対する補助金制度を講じている。また、電気自動車が安心して屋久島内を走行できるよう、2010年度に鹿児島県は、電気自動車(EV)用の充電器の設置への補助制度を実施している。日産自動車は、鹿児島県屋久島において、電気自動車(EV)の走行データの解析技術を活用し、電気自動車(EV)用の充電器の最適配置の分析の取り組みを開始している。今後、日産自動車は、屋久島の道路勾配を考慮したナビゲーションシステムの充実など、電気自動車(EV)の航続可能な距離表示を高精度化し、屋久島特有の高低差のある場所でも電気自動車(EV)が安心して運転できる環境づくりを進めるという。このほかの取組みとしては、再生可能エネルギーで発電された電力を電気自動車(EV)エネルギーとして利用するなど、屋久島の豊富な自然を活かした再生可能エネルギーを検討するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車と鹿児島県は二酸化炭素(CO2)排出しない電気自動車(EV)で地球温暖化の原因削減対策はこちら

京都府内で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会

 京都府内の京都商工会議所、京都経済同友会、京都経営者協会、京都工業会は4団体の機能再編の一環として共催で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と企業経営を考える講演会を京都府京都市中京区のホテルのホールで開催した。東京大学前総長で三菱総合研究所の小宮山宏理事長が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減する低炭素化社会をテーマに日本の展望を語り、京都府内の企業の経営者ら約300人が出席した。この講演会に先立ち、京都商工会議所の立石義雄会頭が「創造型の京都府内の企業には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など日本の環境産業を導いていく底力がある」とあいさつした。小宮山氏は「省エネルギー技術の開発などでエネルギー効率を3倍に高め、物質循環のシステムを高めることができれば2050年以降の日本の未来も明るい」と述べたうえで、「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる高効率給湯器や燃料電池を工業的量産可能な国は日本だけである」と強調し、省エネ技術で地球温暖化の原因対策の新市場を創造していくべきとの考えを述べた。地球温暖化の原因防止対策への対応については「ものづくりでは生産は権利で、効率化は義務」と話し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減余地が大きい家庭やオフィス、輸送などの部門で省エネ投資を推進する必要性があることを強調した。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府内で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会はこちら