TOPページ > 検索結果

検索結果 【仙台市】

宮城県仙台市やみやぎ生協で廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)へリサイクル

 宮城県仙台市やみやぎ生協(宮城県仙台市)などは、2011年5月から地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮城県仙台市内のみやぎ生協の3店舗において、家庭から出た廃油の回収とバイオディーゼル燃料(BDF)へのリサイクル事業を行うと発表した。宮城県仙台市内のサラダ油など廃棄されていた植物油を回収し、バイオディーゼル燃料(BDF)に精製して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献するよう、ごみ収集車の燃料として使用するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策としてバイオディーゼル燃料(BDF)へのリサイクル事業に取組むのは、宮城県内では名取市に続き仙台市が2例目になる。宮城県仙台市リサイクル推進課では、1か月当たり約240kl分の燃料用軽油を節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献できるという。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として周知し、家庭で使用済みの廃油をペットボトルに入れてもらい、宮城県仙台市内の生協の店舗まで持参する。生協店舗に設置しているボックスで、ペットボトルごと廃油を回収するが、事業開始日や回収する店舗は4月をめどに決定するという。回収した廃油は、みやぎ生協から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に取組む仙台清掃公社(宮城県仙台市宮城野区)と廃棄物回収・リサイクル業者「鈴木工業」(宮城県仙台市若林区)に有料で買取ってもらう。そこで廃油をバイオディーゼル燃料(BDF)に精製し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、所有しているごみ収集車の軽油の代わりに燃料として使用するという。みやぎ生協では、廃油の売却代金を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の環境保全活動に使用する。宮城県仙台市では、今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の取組によって、1店舗当たり月100リットルの廃食油の回収を見込んでおり、そのうち約8割の量がバイオディーゼル燃料(BDF)に精製できるという。環境省(東京都千代田区霞が関)によると、軽油1リットル当たりでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が2.6kgが排出されるため、1か月当たりで約624kgの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。宮城県仙台市リサイクル推進課は「今まではごみとして廃棄していた油が、資源として生まれ変わる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策にもつながり、ごみ袋も少なくて済むので協力してほしい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市やみやぎ生協で廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)へリサイクルはこちら

宮城県仙台市では「CO2削減省エネinサンモール」を実施

 宮城県仙台市青葉区にあるサンモール一番町商店街振興組合では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、夕方から商店街のアーケード内の照明を落とすかわりに、クリスマスイルミネーションの省エネの環境問題対策照明を皆で楽しむイベント「CO2削減省エネinサンモール」を実施すると発表した。環境問題対策として、商店街内の消費電力を減らして地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑え、買い物客に地球温暖化の原因防止をPRする目的があるという。このため、照明の明るさを通常より60%落とすとともに、代わりに消費電力の少ない発光ダイオード(LED)電球を約3万5000個使ってアーケード内の植栽にイルミネーションを施して夕暮れと共に点灯するという。「CO2削減省エネinサンモール」のオープニングイベントでは、照明を消して一斉に発光ダイオード(LED)イルミネーションをつけるカウントダウン点灯の実施に加えて、ハンドベル演奏やゴスペルのコンサートの開催のほか、ペットボトルで作ったクリスマスツリーも行われるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の「CO2削減省エネinサンモール」の問い合わせは、サンモール一番町商店街振興組合(022(227)4851)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市では「CO2削減省エネinサンモール」を実施はこちら

宮城県仙台市でカーボンフットプリントCFP制度の説明会開催

 宮城県仙台市青葉区のTKP仙台カンファレンスセンターにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、商品の製造から消費、最終的な廃棄処分に至るまでに排出される二酸化炭素(CO2)排出量を商品に表示する「カーボンフットプリント(CFP)制度」の普及を目指す説明会が、東北経済産業局などの主催によって、12月17日に開催される。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、国が昨年度から実施しているカーボンフットプリント(CFP)制度試行事業の説明会であるが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を表示した商品は既に一般市場で流通しているという。カーボンフットプリント(CFP)制度では、商品に係る原材料の調達から生産、使用、廃棄までのすべての過程で消費される燃料や電力を一定の算定ルールに基づいて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に換算し、使用許可を得た後に商品に表示して販売している。宮城県仙台市青葉区のカーボンフットプリント(CFP)制度説明会では、経済産業省(東京都千代田区霞が関)の担当者がカーボンフットプリント(CFP)制度試行事業の成果や、今後の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の政策展開について報告することになっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、CO2排出量表示に取り組んでいる食品会社や文具メーカーの事例紹介も予定されている。問い合わせ先は、東北経産局循環型産業振興課(022(221)4930)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県仙台市でカーボンフットプリントCFP制度の説明会開催はこちら

東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)は、石炭を燃料とする原町(福島県南相馬市)と能代(秋田県能代市)の二つの火力発電所で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、樹皮や木片などの木質バイオマス燃料(木質チップ)を石炭に混ぜて発電する。石炭燃焼に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や、森林資源の有効活用が狙いであり、東北電力の木質チップ導入は初めてのケースになる。木質チップは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、既に国内6つの電力会社の7火力発電所の14基で使用されている。福島県南相馬市の原町では当面、木質チップを年間で約6トン使用する見込みで、国産チップの使用規模としては国内最大になるという。原町では、チップ導入により、石炭の年間消費量が約2万トン抑制され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は約5万トンの排出削減が見込まれ、これは一般家庭約1万世帯の二酸化炭素(CO2)年間排出量に相当するという。原町でのチップの調達については、福島県内のチップ加工業者が周辺又は宮城県南部の森林資源を確保・加工し、発電所に運搬するという。東北電力は「当社がチップを安定的に消費することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、間伐の実施・森林の荒廃防止や林業振興にもつながる」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 







 

> 東北電力は福島県南相馬市と秋田県能代市で木質バイオマス燃料による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策

 宮城県大崎市田尻において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮城県北部で最大級のバイオディーデル燃料(BDF)の精製プラント建設工事が進んでおり、2010年度中に着工し2011年度から操業予定となっている。バイオディーデル燃料(BDF)の精製プラントの事業主体は労働者協同組合「労協センター事業団東北事業本部」(宮城県仙台市青葉区)で、みやぎ生活協同組合(宮城県仙台市泉区八乙女)と連携、し関係店舗から廃食油を回収して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオディーデル燃料(BDF)の原料にするという。バイオディーデル燃料(BDF)の精製量は1日当たり1,000リットルになり、みやぎ生活協同組合の配送ディーゼル車向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として1リットル100円程度で提供する循環システムを構築するという。バイオディーデル燃料(BDF)プラント予定地は、宮城県大崎市田尻の「みどりの農業協同組合」所有地を借地する。バイオディーデル燃料(BDF)プラント建設事業費は、約1億円で、同センターの自己資金5,000万円に加え、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「バイオマス利活用交付金」5,000万円を活用するという。現在、農林水産省による交付内示が出て、東北農政局と計画主体の宮城県との間で事業の詳細を詰めている。宮城県大崎市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「バイオマスタウン構想」を打ち出した関係から、同センターは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境関連事業の展開と就労の場の拡大に向けバイオディーデル燃料(BDF)プラント計画に進出したという。バイオディーデル燃料(BDF)の生産規模は、宮城県内で有数の規模になり、農業用トラクターなどにも幅広くバイオディーデル燃料(BDF)を提供いくという。バイオディーデル燃料(BDF)プラントの雇用規模は4人程度だが、「ひきこもり」から脱しようとジョブトレーニングを受けた若者の雇用を検討している。同センターは東京都・池袋に本部があり、労働者自ら出資して就労の場を創出・確保する協同組合で、東北事業本部は20年前設立された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組み以外にも、障害児者・高齢者のデイサービス、ビルメンテナンス、若者サポートセンターなど幅広い業務を行っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は中国電力(広島県広島市中区)と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広島県福山市に発電出力約3MWのクリーンエネルギーメガソーラー発電所プラント「福山太陽光発電所」の建設契約を締結したと発表した。東芝はこれまで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の八戸太陽光発電所(青森県八戸市)など国内で4件のクリーンエネルギーの電気事業用メガソーラー太陽光発電所プラントの受注を受けてきており、今回は、広島県福山市箕沖にクリーンエネルギーのメガソーラー発電所プラントを設立する。中国電力初の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気事業用メガソーラー太陽光発電所である福山太陽光発電所建設で契約した。2011年度に稼動するメガソーラー太陽光発電所のクリーンエネルギーの年間発電量は約334万KWhで、一般家庭約900世帯分の年間使用電気量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる。これらのメガソーラー太陽光発電所の基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注した。また、今回受注したメガソーラー太陽光発電所プラントには、東芝グループで開発した世界最高クラスの直交変換効率98.1%を誇る500KWのクリーンエネルギーのパワーコンディショナ及び長州産業株式会社(山口県山陽小野田市新山野井)の高効率多結晶太陽電池モジュールを採用する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ世界的な意識が高まる中、電力・産業用のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの市場は2015年に2.2兆円になると見込まれており、今後も拡大する傾向にある。これらを踏まえ、東芝では、今後も高効率なクリーンエネルギーのパワーコンディショナやスマートグリッドなどのシステム技術、大規模メガソーラープラント向けシステムエンジニアリングなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実績を生かした事業展開を図り、ワールドワイドなメガソーラー発電プラントの受注を目指していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

岩手県金ケ崎町は地中熱利用空調システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岩手県金ケ崎町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応するため、改築している岩手県金ケ崎町立第一小学校及び永岡小学校に、地中熱を利用した空調システムを導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地中熱を利用した空調システムは、温度が10~15度と一定している地中に外気を一旦通すことで、冷暖房の省エネ対策の効果が得られるという。地中熱を利用した空調システムの利用は、岩手県内はもちろん東北地方の教育機関で初めての地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の事例だという。地中熱利用空調システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減にも役立つとして注目されている方式である。地中熱利用空調システムは、深さ2メートルに管径350ミリ、長さ約100メートルの塩化ビニール管を埋めて行う。管に送った外気が地中熱と熱交換を行い、学校の室内に流れる仕組みとなっている。夏季は温度30度の外気が地中熱の効果で20度にまで下がり、冬季は0度の外気が10度まで上がって送風される。送風機は学校内の保健室や職員室など4室に設置し、適温になるよう冷暖房機を補助的に使用するという。岩手県金ケ崎町教育委員会事務局によると、地中熱利用空調システムの設備工事費は1校当たり約1,500万円で、ランニングコストとなる維持費は年120日間稼動した場合で、エアコンでは13万7000円になるのに対して地中熱は1800円と非常に経済的になる。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量も、エアコンを利用した場合では年間4030kgのところ、地中熱は53kgと大幅に削減することができる。地中熱利用空調システムの導入を推奨している東北大学大学院(宮城県仙台市青葉区)環境科学研究科の浅沼宏准教授は「岩手県金ケ崎町の胆沢扇状地の高い地下水位を利用すれば、農業や工場など高効率・大容量の地中熱利用空調システムの運用も可能だ」とメリットを強調する。岩手県金ケ崎町教育委員会事務局の担当者は「地中熱利用空調システムは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に加えて、児童が環境問題の教育として体感できるメリットがある」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県金ケ崎町は地中熱利用空調システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 岩手県岩泉町は、岩泉町内の全20の小中学校に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの導入を行った。太陽光発電システムは、岩手県岩泉町の児童たちの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題エネルギー教育の一環の取組みであり、学校で使用する以外で余った電気は東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)に売電し、そのお金は岩手県岩泉町の教育関係費に充てようという一石二鳥の取り組みになっている。岩手県岩泉町立岩泉小学校(岩手県岩泉町岩泉)では、岩手県内の学校としては最大の発電量を誇る太陽光発電システムが稼働した。岩手県岩泉町は2009年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩手県岩泉町内の13小学校と7中学校で太陽光発電システムの導入を始めた。児童たちに太陽光発電のメカニズムや現状を知ってもらうことで電気のありがたみを理解し、省エネ対策による節電が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるということを理解してほしいというのが狙いとなっている。太陽光発電システム整備に係る総事業費は3億5000万円であった。岩手県岩泉町のように、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、市町村内の全小中学校に太陽光発電システムを導入するのは岩手県内で初の試みという。太陽光発電システムは、1時間当たり約300キロワットの発電が可能で、既に設置した学校から東北電力への売電額は、7,8月の2か月で約33万円になったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、岩泉小学校に設置された太陽光発電システムは、一般住宅にも使用されている太陽光発電パネルが計1200枚あり、岩手県内の学校では最大規模となるもので、校舎の屋上5か所に並べられ、1時間当たり100キロワットの発電を行う能力がある。学校の職員玄関の場所には、太陽光発電システムによって蛍光灯換算で何本分の発電が行われているかなど、発電量やメカニズムを表示したモニターが設置してある。川村淳校長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減対策に関係する電気やエネルギーについて学び、将来は地球環境問題に優しい活動をできる大人になってほしい」と児童たちに話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩手県岩泉町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福島県で太陽光発電システム設置による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 段ボール・板紙の製造において業界で首位のレンゴー(大阪府大阪市北区中之島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、約8億3300万円をかけて、福島県矢吹工場(福島県西白河郡矢吹町)に出力1,535kWの「メガソーラー」級の太陽光発電システムを導入している。3分の1の費用を国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金で賄い、太陽光発電システムの性能向上などで1kW当たりの価格は54万~55万円と、京都府京都市に太陽光発電システムを導入したときの経費よりも2割ほど下がったという。レンゴーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題に配慮した工場で作った段ボールの環境性能をアピールし、競争力を強化したい考えだ。レンゴーは系統連携し余剰電力を売電し、福島県矢吹工場の年間発電量は約145万kWhを見込む。最大出力なら、平日の昼間は工場が使用する全電力を賄える。工場が休みの土日に太陽光発電システムが発電した電気は、RPS法(新エネルギー等電気利用法)に基づいて東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)に1kWh当たり11円で売電しているという。ただ、東北電力の系統電力網へ流すことが可能な電力が600kWまでに制限されているので、太陽光発電システムの出力がこれを上回る場合は7台あるパワーコンディショナーの一部を停止して調節している。レンゴーでは、リチウムイオン蓄電池の導入も考えたが、値段が高くて現実味がなかったという。代わりに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの補助金の対象としても認めてもらえたので、太陽光発電システムのパワーコンディショナーを自動で台数制御する仕組みを導入したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福島県で太陽光発電システム設置による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウム

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムなど再生可能エネルギーの技術を社会にどう生かすかを考えるシンポジウム「低炭素技術が築くアジア太平洋地域の未来」が、宮城県仙台市青葉区の「東北大学片平さくらホール」で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の今回のシンポジウムは、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の第3回高級事務レベル会合(SOM3)の開催を記念し、宮城県仙台市などが主催したもので、APEC参加者や大学及び企業の研究者ら約100人が参加した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関するパネル討論では、経済産業省資源エネルギー庁スペシャルアドバイザーの小井沢和明氏が「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として注目されている太陽光発電システムは初期投資にコストはかかるが、膨大な市場である中国やインドなどは導入に積極的だ。太陽光発電システムの高い技術を持つ日本は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として各国に貢献できる」と強調した。東京大学先端科学技術センター(東京都目黒区駒場)の富田孝司特任教授は、「技術の進展で太陽光発電システムは近い将来、最も安い自然エネルギー源になる可能性がある」との見方を示した。会場には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる次世代太陽光発電システムの試作機や電気自動車(EV)も展示され、参加者らの関心を集めていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 宮城県仙台市で太陽光発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策のシンポジウムはこちら

東北電力が原子力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、2009年度の地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が3695万トンとなり、前年度と比較して107万トン(2.8%)減少したと発表した。原子力発電の稼働率の上昇や景気低迷に伴う販売電力量減少などが要因となったという。また、地球温暖化の原因防止対策として国外から調達した二酸化炭素(CO2)排出枠を反映させた調整後の二酸化炭素(CO2)排出量は2547万トンとなり、前年度の調整後と比較しても213万トン(7.7%)の減少となった。東北電力のCSR(企業の社会的責任)の取組状況で公表した。それによると、発電時に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない原子力発電4基の2009年度の稼働率は、前年度実績と比較して5.4ポイント高い71.1%だ。東北電力の販売電力量は産業用需要が下がったことなどから2.6%減少したことから、火力発電所の稼働水準が大きく下がったという。電力量1キロワット時を発電する際に排出される地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)量(排出原単位)は、二酸化炭素(CO2)排出枠による調整後で0.322kgであり、前年度と比較して0.018kg減少した。東北電力は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に対して、電力業界の削減目標に合わせて2008~2012年度の平均で0.322kgに下げる二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を掲げているが、単年度では地球温暖化の原因防止対策の目標水準に達したことになるという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を活用せずに算出すると前年度を0.001kg下回る0.468kgであった。また、産業廃棄物のリサイクルによる有効利用率は82.5%と前年度実績より1.3ポイント低下しており、目標としていた95%以上を下回ったことになる。東北電力が出す産業廃棄物の約70%を占めるのは、火力発電所の石炭灰であるが、これはセメント原料として主に利用されているという。しかし、景気低迷によって関連企業のセメント需要の減少が有効利用率の低下に影響した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東北電力が原子力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減

 東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、従来から建設を進めてきた地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる仙台火力発電所4号機(宮城県七ケ浜町、出力44万6000キロワット)の運転を開始した。同発電所では、地球温暖化の原因対策として天然ガスを燃料にガスと蒸気の二つのタービンを組み合わせた高効率コンバインドサイクル発電設備を新たに採用しており、こうした高機能設備の東北電力発電所は宮城県内では初めての設置だという。老朽化で既に廃止された石炭燃料の東北電力1~3号機と比べると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約60%も低減される。火力発電所の運転開始式には東北電力幹部や建設関係者、自治体幹部ら約40人が出席。東北電力の海輪誠社長は「火力発電では東北電力初の建て替えプラントである。世界最高水準の熱効率の発電所として生まれ変わり、電力安定供給と地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する低炭素社会の実現に大きく貢献できる」とあいさつした。今回導入されたコンバインドサイクル発電は、先ずは天然ガスを燃料として燃焼させてガスタービンを回すが、さらに、排出ガスから熱を回収し蒸気タービンも回して発電するという高機能な発電設備システムとなっている。東北電力は、東新潟火力発電所(新潟県聖籠町)に同方式を国内で初めて導入しており、仙台火力4号機は設備をさらに改良したことで、発生した熱エネルギーを電気に変換する熱効率を約58%に高めたものとなっているという。仙台火力発電所の建屋は、近くにある宮城県の景勝地松島に配慮しながら、白壁などをイメージしたデザインとなっており、3号機の跡地で建設に着手し、今年に発電を始めて最終的な検査を行っていたという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東北電力が高効率発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量60%削減はこちら

宮城県がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 宮城県は、スーパーなどで有料で配布されているレジ袋について、2009年度の削減実績調査の結果を公表した。それによると、過去に無料で配布していた時期と比べると、レジ袋は1億3819万枚削減された。これは、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が約5000トンも減少したことになり、杉の木でいうと36万本、面積で約430万平方メートルが1年間に吸収する二酸化炭素(CO2)量に相当するという。宮城県や仙台市と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、レジ袋削減協定を結んだ539店舗のうち、宮城県の調査に回答した236店舗の実績であり、大手スーパーはほとんど回答しており、店舗のレジ袋有料化前の1年間と有料後の2009年度のレジ袋の配布枚数を比較した数値となっている。宮城県資源循環推進課の試算によると、LLサイズのレジ袋1枚当たり、製造から処分までに使用される化石燃料である原油は13.8mlになるといいい、各店舗が削減したレジ袋に換算すると19707klの原油を削減したことになるという。宮城県内の市町村別の削減枚数は、人口の多い仙台市(70店舗)が5873万枚でトップであり、次に、石巻市(24店舗)1489万枚、多賀城市(9店舗)995万枚、名取市(8店舗)798万枚、大崎市(17店舗)777万枚と続いている。宮城県内の各店舗では、マイバッグを持参するなどによって有料のレジ袋を辞退した利用客の割合は82.3%となっている。こうしたスーパーなどによるレジ袋削減の取り組みは、宮城県に先立ち、仙台市が独自の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として2007年に始め、宮城県は昨年2月にスタートさせた。宮城県は32業者469店舗と、仙台市は14業者70店舗とレジ袋を無料で配布しないことを協定で結んでいる。宮城県資源循環推進課は「宮城県民の環境問題への意識が年々高まっている。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、さらに参加店舗を拡大できるように呼び掛けていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 宮城県がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会

 東北経済産業局は、このほど、「国内クレジット制度」の普及及び、排出削減プロジェクトの発掘を目的に、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための取組みの一つである「国内(CO2)クレジット制度」の説明会を福島県、山形県、岩手県、宮城県、秋田県、青森県の東北6県各地で開催すると発表した。本説明会では、国内クレジット制度の概要の説明のほか、実際に国内クレジット制度に携わったことのある企業からの実例紹介等も行うという。いずれの内容も、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための省エネルギー活動に取り組まれる中小企業等の皆様にとって有益な情報となっている。
7月13日(火) 福島県郡山市 13:30~15:30 郡山ビューホテル (5Fプリエール)
福島県郡山市中町3-1 電話:024-924-1111 50人
7月15日(木) 山形県山形市 13:30~15:30 山形テルサ (2Fリハーサル室)
山形県山形市双葉町1-2-3 電話:023-646-6677  50人
7月21日(水) 岩手県盛岡市 13:30~15:30 岩手県産業会館 (7F6号・7号会議室)
岩手県盛岡市大通1-2-1 電話:019-626-8152 50人
7月23日(金) 宮城県仙台市 13:30~15:30 ハーネル仙台 (2F松島A)
宮城県仙台市青葉区本町2-12-7 電話:022-222-1121 100人
7月27日(火) 秋田県秋田市 13:30~15:30 秋田地方総合庁舎 (4F第2会議室)
秋田県秋田市山王4丁目1-2 電話:018-860-1573 50人
7月29日(木) 青森県青森市 13:30~15:30 青森県観光物産館アスパム (6F 甲田)
青森県青森市安方1丁目1番40号 電話:017-735-5311 50人
問い合わせ先
東北緑化環境保全株式会社環境事業部コンサルグループ 山本、大利)(TEL : 022-263-0918 FAX : 022-223-5237 E-mail: consulgroup@tohoku-aep.co.jp)
東北経済産業局資源エネルギー環境部エネルギー課 伊藤、大友(TEL: 022-221-4932)

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の「国内(CO2)クレジット制度」東北地域説明会はこちら

宮城県仙台市では3Rアイデアコンテストで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 宮城県仙台市では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減ごみ減量のための各仙台市民の取り組みやアイデアを募集し、優秀な作品を表彰するとともに、その内容を広く仙台市民に広報することにより、ごみ減量への関心を高める3Rアイデアコンテストを実施している。募集期間は、平成22年7月1日(木)~8月2日(月)となっている。募集する地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とごみ減量のためのアイデアの内容としては、ごみの減量のために、各家庭や団体等において日常的に普段取り組んでいることや工夫していること、また、みんなが驚く独創的なごみ減量のアイデアなどとなっている。例えば、忙しいと、資源物でも、ついごみ箱にポイしている。そんな時でもごみを分別できるちょっとした工夫。ごみゼロでおいしい料理をつる工夫や、残り物を使った料理レシピ等。捨ててしまうようなものでも、有用品や資源物に生まれ変わらせるちょっとした工夫等であるが、これらにとらわれる必要はない。応募資格は、宮城県仙台市内に居住、勤務、在学している個人又は主に仙台市内で活動している団体等に限定している。応募方法は、仙台市のワケルネット(http://www.gomi100.com/)のほか、仙台市各区役所、仙台市民センターの窓口に案内チラシを設置しています。表彰の種類としては、リデュース部門、リユース部門、リサイクル部門の3部門で、それぞれ最優秀賞、優秀賞、佳作を1点ずつ選考し、副賞として、図書カードを贈呈する。
・リデュース(Reduce)部門:ごみを減らすために効果的なアイデアで優れたもの
・リユース(Reuse)部門:ものを捨てずにくり返し使うためのアイデアで優れたもの
・リサイクル(Recycle)部門:ごみを資源として活用するためのアイデアで優れたもの
問い合わせ先:アメニティ・せんだい推進協議会事務局(仙台市環境局リサイクル推進課内)住所 〒980-0811宮城県仙台市青葉区一番町4-7-17電話022-214-8230

> 宮城県仙台市では3Rアイデアコンテストで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東北大学と東北電力がバイオエタノールで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 我が国においても、近年、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた新たな技術が次々と登場してきている。今般、東北大学(宮城県仙台市青葉区)の農学研究科の佐藤實教授の研究グループと東北電力(宮城県仙台市青葉区)は、海藻から効率よくバイオエタノールを生産し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた技術を開発した。これまで、海藻からバイオエタノールを生産することは、陸上植物と構成成分が大きく異なるため、困難とされてきた。また、東北電力の火力発電所の冷却水として使用している海水系統には、多量の海藻類が流入しているが、これらをその都度、産業廃棄物として廃棄処分している現状にあった。ゴミ処理費用として、お金を払って処分していた海藻類を、バイオエタノールの原料として利用することができ、しかも、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与する技術となっている。東北電力にとっては、発電所に流入する海藻類を有効に利用することができる。東北大学の今回の研究の成果によれば、海洋中に最も多く存在している大型海藻である褐藻類を利用してバイオ燃料であるバイオエタノールを生産することが可能となった。バイオエタノールの生産工程では、複雑な成分に合わせて、連続して多段階発酵工程を繰り返すことによって効率よくバイオエタノールを生産することができるという。今回の技術は、褐藻に限らず緑藻や紅藻など海藻全般に応用可能なものであり、近年大きな問題となったトウモロコシなどの人畜の食物と競合せずにバイオ燃料を製造できるため、世界各国のエネルギー問題及び地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する可能性があるという。

> 東北大学と東北電力がバイオエタノールで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

宮城県仙台市の東北大学が産学連携組織で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 東北大学(宮城県仙台市青葉区)の金属材料研究所は、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献可能な新エネルギー・省エネルギーに関する先端材料の産学連携組織「低炭素社会基盤材料融合研究センター」を発足させ、本格的に始動したと発表した。研究センターでは、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する未来型の水素エネルギー向け貯蔵材料や省エネ型半導体・太陽電池の新材料、車両軽量化に対応する新鋼材などの共同研究プロジェクトを順次始め、今後、自動車や鉄鋼、家電、エネルギーなどの分野で地球温暖化の原因防止対策技術の実用化につなげるという。同センターは、今年度当初に東北大学の金属材料研究所の内部組織として発足していたが、このほど、所属教授らが複数の大手企業と共同研究を進める合意書をかわして本格的に稼動を始めた。当面は古原忠センター長ら6人の教授が兼任で担当し、企業との間で地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する個別の基礎・応用研究プロジェクトを順次開始し、こうした各プロジェクトには金属材料研究所の他の教授陣も参画するという。東北大学の金属材料研究所は、我が国の材料研究分野における有力研究所の一つであり、現在はエレクトロニクス材料やエネルギー材料などに力を入れ、個別の教授らが企業との共同研究にあたっている状況にある。こうしたことから、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する新技術に対して大きな期待が寄せられており、新センターでは低炭素社会を切り口に教授の知見を結集し、注力分野の産学案件をさらに立ち上げ、東北大学の技術を産業界への応用をさらに促していくという。

> 宮城県仙台市の東北大学が産学連携組織で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナー開催

 宮城県仙台市産業振興事業団は、宮城県仙台市青葉区の事業団で7月20日に開催する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出等に係る地球環境問題と自動車技術の今後のあり方を考える産学連携セミナーの参加者を募集していると発表した。同セミナーでは、日産自動車OBで石巻専修大学理工学部(宮城県石巻市)の川島純一教授が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の観点から「持続可能な自動車技術及び自動車社会」と題して講演する。地球温暖化の原因防止対策の観点から必要とされる新たな自動車の技術や、現在導入や開発が著しく進展している電気自動車などの潜在力、将来性などについて解説する。地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナーは、仙台市産業振興事業団が開催しているセミナー「寺子屋せんだい」の一環として開催され、時間は同日の午後6時からであり、参加費用は1000円で、申し込み締め切りは15日までとなっている。連絡先は仙台市産業振興事業団022(724)1212である。

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出を考える自動車セミナー開催はこちら

宮城県仙台市のキリンビール仙台工場が地球温暖化の原因防止の鉄道輸送に切り替え

 宮城県仙台市宮城野区港に立地しているキリンビール仙台工場は、地球温暖化の原因防止の観点から、宮城県から青森県へのビールなどの飲料の輸送を全量、トラック輸送から鉄道輸送に切り替えたと発表した。これは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出など環境問題への負荷を抑えるのが狙いだという。同社は今後、全国的に鉄道輸送の比重を高めることにより、2012年までに地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で60%削減する計画だという。同工場は東北6県と新潟県に製品を出荷している。同工場には、全国11工場で唯一、地球温暖化の原因防止に寄与する鉄道の引き込み線が敷設されており、産業界で取り組みが広がっている鉄道への「モーダルシフト(輸送手段の転換)」が容易だったという理由がある。既に、昨年の出荷量約37万トンのうち約4万9800トン(13.5%)が鉄道輸送に切り替えており、JR線を経由して青森県や秋田県にビールなどを送っていた。今般、流通体制が整ったため、青森県分はすべて鉄道輸送できるようになったという。鉄道輸送はトラック輸送に比べ、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が7分の1に抑えられるとされ、地球温暖化の原因防止の観点から近年、輸送方法が見直されている。

> 宮城県仙台市のキリンビール仙台工場が地球温暖化の原因防止の鉄道輸送に切り替えはこちら

宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップ

 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題、エネルギー問題について学んだ成果を音楽劇で披露する「エコ&エネルギーワークショップ2010」発表会が宮城県仙台市青葉区にあるエル・パーク仙台で開催された。地球温暖化の原因や省資源、省エネルギー問題をテーマに「オズの魔法使い」を上演するなかで、一人一人が身近なところから地球温暖化の原因対策を始めとする環境配慮の行動を起こす大切さを訴えた。地球温暖化の原因対策に係るワークショップは、東北電力仙台営業所が2004年度から毎年開催しているものである。今回は、宮城県仙台市周辺にある7大学の学生約50人が3月から、宮城県内の資源リサイクル施設や発電所を見学したり、地球温暖化の原因対策の専門家の話を聞いたりして環境問題やエネルギー問題を学習してきた。この学習の成果を踏まえ、演劇部や合唱部に所属する約20人が地球温暖化の原因対策に関する音楽劇を演じた。50年後から現代に来た少女とかかし、ブリキのきこり、ライオンが資源やエネルギーの現状を学び、無駄や無関心を乗り越え、地球温暖化の原因対策として何をなすべきかを考えていくストーリーとなっている。大学生約100人がグループに分かれ、地球温暖化の原因対策の音楽劇を題材に意見を交わす交流会も開催された。

> 宮城県仙台市の大学生が地球温暖化の原因対策のワークショップはこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策で環境省が市民らと対話

 宮城県仙台市において環境省は、地球温暖化の原因防止対策の取り組み状況を説明し、意見を聞く「国民対話」を開催した。参加者からは、地球温暖化の原因防止対策の強化に伴う国民負担の増大や温室効果ガスの排出削減規制に伴う国内産業への悪影響を懸念する声が上がったという。まず、環境省の寺田地球環境局長らが、2020年度までに地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素排出量を1990年比で25%削減する中期目標を盛り込んだ地球温暖化原因対策基本法案などを解説した。しかし、地球温暖化原因対策基本法案が16日に閉会した国会で成立が見送られて廃案となったことから、参院選後に同じ内容で法案の成立を目指す方針を示した。地球温暖化の原因防止対策に関する質疑応答では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の大きな削減目標を不安視する意見が目立った。寺田局長は「将来は地球温暖化の原因防止対策費用よりはるかに多額の被害がのし掛かってくると考えられ、金がかかってもやらなければならない。実際の負担は今後の地球温暖化の原因防止対策制度設計で変わってくる」などと理解を求めた。会場からは、政府一体で国民向けの地球温暖化の原因防止対策の説明を強化し、理解度を上げる必要性を指摘する意見も出た。この国民対話を前に、地球温暖化の原因防止対策に係る環境ビジネスや省エネ活動に取り組む企業と地元企業が交流する「マッチングフォーラム」も開かれた。この地球温暖化の原因防止対策に係る国民対話は5月開催の東京都を皮切りに全国7カ所で開催されているものである。

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策で環境省が市民らと対話はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を市民レベルでもコツコツと少しずつでも削減してもらおうと、「CO2CO2(コツコツ)減らしていいもの当てようキャンペーン」(宮城県仙台市、仙台市地球温暖化の原因対策推進協議会など主催)が行われている。リデュース(ごみ減量)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再生使用)の3Rを実践した仙台市民計500人に抽選で秋保温泉のホテルペア宿泊券や携帯音楽プレーヤーなどのプレゼントが贈られるという。宮城県仙台市では「楽しみながら地球温暖化の原因防止対策の3Rに取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンは、仙台市在住か仙台市内に通勤、通学している人が対象で、実施期間は来年2月21日までとなっている。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンには、ウェブ参加と、キャンペーン参加店(31事業者212店舗)での店頭参加の2通りの参加方法がある。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンのウェブ参加の場合はホームページで参加登録し、「暖房の設定温度を低く抑えた」「冷蔵庫の設定温度を適切に調節した」など、地球温暖化の原因防止対策として実践した項目を選んでポイントを獲得することになる。地球温暖化の原因防止対策へのキャンペーンへ参加する友人を紹介したり、3R行動の画像を投稿するとボーナスポイントがもらえるという。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンで10ポイント以上ためるとプレゼントに応募できる仕組みになっている。応募期間は地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン終了後の来年2月23日から3月2日までとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンの店頭参加の場合は、大型スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのキャンペーン参加店で買い物した際に応募券をもらい、実践した3Rを選んで応募箱に入れることになるという。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンはこちら

宮城県が地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置

 宮城県は、塩釜市と利府町にまたがる宮城県道トンネル内の照明を、従来の蛍光灯に比べて消費電力が大幅に節約でき地球温暖化の原因防止対策に寄与する蛍光灯型発光ダイオード(LED)照明に付け替えた。地球温暖化の原因防止対策を推進するとともに、宮城県内企業が製造したLED照明を使い、エコと地産地消の一石二鳥の効果を目指すという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置したのは、宮城県道利府中インター線の「しおりふれあいトンネル」(全長1107メートル)の歩道部分である。LED照明は、宮城県から「宮城県新商品特定随意契約制度」の認定を受けた宮城県内のLED照明製造業者から調達した。地球温暖化の原因防止対策に寄与するとはいえ、LED照明1本の値段は約2万3000円で、これまで使っていた40ワット型蛍光灯(500~100円)に比べてかなり割高となる。一方で、LED照明の消費電力は、40ワット型蛍光灯の半分となることから、地球温暖化の原因防止対策に寄与するといわれている。LED照明の製品寿命も蛍光灯の約5倍もあるため、連続点灯であっても4~7年の使用が可能だという。地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明は、既に宮城県庁舎内と宮城県美術館(宮城仙台市青葉区)の一部に設置済みとなっている。3日は宮城県白石市の国道113号白石トンネル(全長114メートル)の歩道部分のLED照明の付け替え作業が行われる。宮城県環境政策課は「地球温暖化の原因防止対策に寄与する環境への負荷軽減と宮城県内製品の活用を目指し、トンネルや施設の照明を順次、LED照明に替えていきたい」としている。
LEDライト電光サイン看板情報

> 宮城県が地球温暖化の原因防止対策に寄与するLED照明を設置はこちら

地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出

 東北大(宮城県仙台市)の研究グループが、地球温暖化の原因防止対策として使い道のない木などから純度の高い水素を取り出す研究を進めている。水素の利用先は、自動車メーカー各社が普及を目指す地球温暖化の原因防止対策として「究極のエコカー」燃料電池車を想定している。製材業者とメーカーが連携する構想も視野に実用化に向けて採算性などを検証している。研究グループは、木材から高純度の水素ガスを発生させる技術を開発しており、この地球温暖化の原因防止対策の技術を応用する。グループは樹木の成分の7割を占めるセルロースが炭素と水素、酸素からなることに着目してきた。木材を粉砕処理し、酸化カルシウムなどを混ぜて一定の高温で加熱し、木材1キロ当たりから約480Lの水素ガスを取り出すことに成功した。水素の純度は95%前後と高く、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池の電解質を傷める二酸化炭素(CO2)の発生割合を0.1%以下に抑える適温も発見した。現在、地球温暖化の原因防止対策として樹皮や木くず、落ち葉、紙類から水素などの成分がどれぐらい取り出せるかを実験中である。生成量に対する製造コストといった採算性も調べ、来年度内に結果をまとめる。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池用の水素ガスを取り出す工業的手法は、石油や天然ガスなど化石燃料に高温高圧をかける方法が主流だが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素も発生する。さらに、水を電気分解する手法は高コストになる。木材は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の発生割合が少なく、まとまった量が比較的簡単に取り出せる。トヨタ自動車など世界の自動車大手8グループは9月、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池車を2015年以降に本格的に普及させることを盛り込んだ共同声明を発表している。トヨタの動きを意識する近畿地方の製材業者から、研究グループに連携の申し入れがあった。教授は「実用化は先だが、高純度の水素を従来より低コストで得られそうだ。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池が普及すれば自動車バッテリーの軽量化が図れ、燃費向上に役立つ。」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出はこちら

事業仕分けで宮城県の地球温暖化の原因防止対策に影響

 民主党が行っていた国の事業仕分けで環境関連の2事業が廃止と結論付けられたのを受け、東北大大学院(宮城県仙台市)の長谷川公一教授(環境社会学)は、緊急記者会見を開き「宮城県の地域の地球温暖化の原因防止活動に深刻な影響が出る。」と訴えた。事業仕分けで廃止とされたのは「地球温暖化防止活動推進センター等基盤整備形成事業」(8億円)と「温暖化対策『一村一品・知恵の環づくり』事業」(3億円)の2つの事業である。これらの地球温暖化の原因防止対策の事業が廃止されれば、宮城県内では計1800万円の地球温暖化の原因防止対策の予算が削減される見通しだという。地球温暖化防止活動推進センターは、全国に設置され、小中学校や地域で地球温暖化の原因防止対策などの環境教育を担う「地球温暖化防止活動推進員」の育成や地球温暖化防止の啓発活動を実施している。宮城県では財団法人「みやぎ・環境とくらし・ネットワーク」を母体として地球温暖化防止活動推進センターが活動している。地球温暖化防止活動推進センター長を務める長谷川教授は「地球温暖化の原因防止対策の政策全体を論じずに、断片的、個別的に地球温暖化の原因防止対策予算を削減している。地域にどんな影響をもたらすか理解していない。」と批判している。近く地球温暖化防止活動推進センターとして抗議文を提出する考えを示した。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 事業仕分けで宮城県の地球温暖化の原因防止対策に影響はこちら

地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市で

 (独)国立環境研究所は、平成21年11月16日に東京都千代田区の東京国際フォーラムにおいてグローバルカーボンプロジェクト(GCP) 、東京大学サステイナビリティ学連携研究機構との共催で、地球温暖化の原因防止対策の国際シンポジウム「都市とカーボンマネージメント:科学と政策の連携強化に向けて」を開催すると発表した。本シンポジウムでは、地球温暖化の原因防止対策の科学と政策の架け橋を目指して、日米欧加及びアジア諸国の著名な研究者、地方自治体の担当者、国際機関の関係者による3部構成の討論会を行い、地球温暖化の原因防止対策の低炭素型都市づくりに向けた世界各国の研究と政策の現状をレビューするとともに、今後の地球温暖化の原因防止対策の研究と政策の連携、国際協力のあり方などについて討論する。参加希望者は、参加登録フォーム(https://project.nies.go.jp/events/gcp2009/)から事前に登録する必要がある。問い合わせ先 独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター GCP国際オフィス担当:尾島ojima.yukako@nies.go.jpTel: 029-850-2672FAX: 029-850-2960
 一方、環境省は、宮城県保健環境研究所との共催により、平成21年11月27日に、宮城県仙台市で、地球温暖化の原因防止対策のシンポジウム「地域の産学官連携による環境技術開発のいま」を開催すると発表した。このシンポジウムは、都道府県等に設置されている地方環境研究所と地域の産学等が連携して環境研究・技術開発等を進めるため、環境省が今年度より実施している地球温暖化の原因防止対策の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において得られた成果等を報告するとともに、産学官による地球温暖化の原因防止対策の連携手法を広く普及するために開催される。開催日時は、平成21年11月27日(金)13:30~16:45(開場13:00)、開催場所は、ホテルモントレ仙台(仙台市青葉区)。主催は、環境省、宮城県保健環境センター。参加費は無料。定員は100人。参加希望者は、名前、所属、連絡先を添えて、電子メール、またはFAXで申し込む必要がある。申し込み先・問い合わせ先 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社環境・エネルギー部担当:加山・佐々木・桜井・斉藤E-mail:sgk@murc.jpFAX:03-6711-1289TEL:03-6711-1243
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のシンポが東京都千代田区と宮城県仙台市ではこちら

宮城県仙台市と北海道札幌市で地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会を開催

 環境省東北地方環境事務所は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因防止策の温室効果ガス排出削減・吸収量カーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証する地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、宮城県仙台市青葉区の仙台市民会館において平成21年11月20日に開催すると発表した。説明会では地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度等の概要説明を行うほか、地球温暖化の原因防止対策の申請書の書き方講座や個別相談会も同日開催する予定としている。今回は、本年6月開催の地球温暖化の原因防止対策の第1弾説明会に引き続き、地方公共団体及び事業者等を対象開催するもので、参加費は無料となっている。 参加希望者は、希望の会場の開催日の11月13日までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能となっている。
 一方、環境省北海道地方環境事務所は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、北海道札幌市中央区のTKP札幌ビジネスセンターカンファレンス5Bにおいて平成21年11月11日に開催すると発表した。説明会では、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度等の概要説明を行うほか、申請書の書き方講座や地球温暖化の原因防止対策の個別相談会も同日開催する予定となっている。今回は、本年6月開催の地球温暖化の原因防止対策の第1弾説明会に引き続き、地方公共団体及び事業者等を対象開催するもので、参加費は無料である。参加希望者は、希望の会場の開催日の11月4日までに、申込HPで登録する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の個別相談の申し込みも可能である。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 宮城県仙台市と北海道札幌市で地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット説明会を開催はこちら

改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会

 環境省は、改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)を平成21年7月24日から8月31日までの間、全国9か所で説明会を開催すると発表した。この説明会は、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)及び関係政省令の改正に伴い、平成21年度排出量から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法となるため、改正地球温暖化対策の推進に関する法律及び関係政省令改正を受けた制度の改正点を中心に、制度の概要と、一般的な算定方法、報告方法について説明し、事業者に適切な算定・報告を実施してもらうことを目的に同省の各地方環境事務所が無料で実施するものとなっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会の開催日程は、7/24(札幌市)、7/29(東京都)、8/7(さいたま市)、8/21(那覇市)、8/25(名古屋市)、8/26(大阪市)、8/27(高松市)、8/28(広島市)及び8/31(仙台市)の予定となっている。改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会に参加するためには、それぞれの開催地の地方環境事務所に開催日の3日前(土日祝日を除く)までに申込む必要がある。申込方法等詳細に関しては環境省のプレスリリースを参照してください。http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11274

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 改正地球温暖化対策の推進に関する法律の説明会はこちら

地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセット

 環境省は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度に関する説明会を、地方公共団体及び事業者等を対象に開催すると発表した。地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットは、東京都(6/1)、愛知県名古屋市(6/3)、大阪府大阪市(6/9)、北海道札幌市(6/12)、宮城県仙台市(6/15)、広島県広島市(6/18)、福岡県福岡市(6/19)、高知県高知市(6/22)、新潟県新潟市(6/24)、熊本県熊本市(6/26)の10箇所で開催される。10箇所の各会場とも、開場13:00、開始13:30、終了17:30を予定しており、参加費は無料となっている。ただし、参加希望者多数の場合には事務局で調整するとしている。参加希望者は、希望の会場の開催日の7日前までに、申込HPで登録する必要がある。個別相談の申し込みも可能である。申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/zenkoku_jver2009.html

格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化防止のための温室効果ガス排出削減カーボン・オフセットはこちら

改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」

 環境省は、「改正温対法説明会(~温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について~)」を、平成21年3月2日から3月18日までの間、全国7か所で開催すると発表した。
 平成20年6月に公布された地球温暖化対策の推進に関する法律の一部改正により、温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度が、平成21年度排出量(平成22年度に報告)から、企業・フランチャイズチェーン単位での報告になるなど、新しい算定・報告方法になった。
 同省ではこれを受けて、事業者の皆様に適切に算定・報告を実施してもらうために今回の説明会を開催することにしたもの。
 参加希望者は、希望日の3日前(土、日、祝日を含まず。)までに、それぞれのの地方環境事務所の環境対策課あてに、プレスリリース添付の別紙様式(参加申込書)に必要事項を記入し、FAXで申し込む必要がある。
 申込みは先着順。定員に達し次第締め切ることもある。

○開催日・開催都市
 3/2:東京都
 3/4:仙台市
 3/6:札幌市
 3/9:名古屋市
 3/10:大阪市
 3/13:岡山市
 3/17、18:さいたま市

> 改正温対法説明会「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度について」はこちら