TOPページ > 検索結果

検索結果 【京都府地球温暖化対策条例】

京都府と京都市は二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で地球温暖化の原因削減防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、京都府京都市が共同で創設を目指す「京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」の第1回検討会議が京都府京都市内で開かれ、京都府と京都市はたたき台となる京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の概要を公表した。企業に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を割り当てる「キャップアンドトレード」は導入せず、中小企業の二酸化炭素(CO2)削減努力や家庭の省エネ対策などで生み出された「カーボンクレジット」を京都府の大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者に購入してもらう地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度でスタートさせるという。京都府によると、中小企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減努力や家庭の省エネ対策以外にも、企業やNPOによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備や、二酸化炭素(CO2)を吸収固定している京都府内産木材を利用した住宅建築などでもカーボンクレジットをつくり、大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者に購入してもらう二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を構想しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を運営する京都府と京都市の組織も新たに新設するという。京都府と京都市は平成23年度から施行する京都府地球温暖化対策条例で、平成32年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標として平成2年度との比較で25%削減する目標を掲げている。また、京都府地球温暖化対策条例では、大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の達成状況などを総合的に評価する制度の導入も予定しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の達成状況が低評価となった京都府内の事業者には、二酸化炭素(CO2)排出量取引制度によるカーボンクレジットの購入などを求めることにしていることからも、京都府ではカーボンクレジットの需要は十分あるとみている。国内では既に国の制度による国内クレジット制度がつくられているが、「京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」の第1回検討会議に出席した委員からは「信頼性のある二酸化炭素(CO2)排出量取引クレジット制度にするためには、相当な努力が必要だ」という意見も出された。京都府は国の国内クレジット制度との連携を図る予定だといい、「多くの京都府内の企業などが参加できる二酸化炭素(CO2)排出量取引クレジット制度にしていきたい」としている。京都府の二酸化炭素(CO2)排出量取引制度検討会は、経済界や大学の関係者らで構成され、平成23年年3月までに最終意見をとりまとめる予定になっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府と京都市は二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で地球温暖化の原因削減防止対策はこちら

京都府は京都府内産木材の利用で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 京都府は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林整備が二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定に大きな役割を果たしていることから、公共事業で京都府内産木材の利用を進めるため、京都府庁内にプロジェクトチームを設置したと発表した。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する京都府内産木材の利用の基本方針の策定と木材使用の数値目標も検討するという。国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策もにらんだ「公共建築物木材利用促進法」が10月1日に施行されるほか、改正予定の京都府地球温暖化対策条例でも京都府内産木材活用を盛り込んだことから、京都府庁内態勢を整えることにした。プロジェクトチームは「京都府内産木材利用庁内推進会議」という名称で、土木、建築・木製品の2部会を設けるという。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や京都府内産木材の利用推進に向け、「京都府内の低層建築物は可能な限り木造化」、「京都府内の公共施設の腰板やフローリングなど内装の木質化」など基本方針を検討するとともに、京都府の公共事業・施設における二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する木材・木製品使用量の数値目標の設定も検討するという。この日、京都府庁で推進会議の初会合が開かれ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する京都府内産木材の利用が近年伸び悩んでいる京都府の現状などが報告された。会議では、京都府の部局長らから、「京都府内産木材の供給態勢の整備や地球温暖化の原因対策のコストの問題も論議すべきだ」、「地球温暖化の原因対策とはいえ、木材利用が制限される消防法との関係の整理が必要」などの意見が出された。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府は京都府内産木材の利用で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例

 京都府では、今年度までの京都府内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を設定した京都府地球温暖化対策条例に関し、一部見直しなどを審議している京都府環境審議会・地球環境部会が京都府京都市上京区で開催された。京都府では、今回のこの会合において、地球温暖化の原因防止対策に係る条例の一部改正に関する中間案を初めて提案した。現行の京都府条例は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを2010年度に1990年度と比べ10%削減するのが目標としている。しかし、中間案は新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標達成のため、中小企業や家庭で削減した二酸化炭素(CO2)分を大規模排出事業者が購入する「京都発CO2排出量取引制度」を構築することや特定建築物を新築する際に一定量以上の京都府内産木材の利用を義務化することなどを盛り込んだ。会議に出席した委員からは「大規模排出業者同士が地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を取引できる制度も構築してはどうか」「京都府内産木材が安定して供給できる仕組みづくりを急ぐべきだ」などの貴重な意見が出された。京都府では6月府議会に中間案を報告後、7月に京都府民向けのパブリックコメントを実施する予定となっている。意見を集約した上で9月京都府議会への改正京都府地球温暖化対策条例案の提案を目指すという。

> 地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例はこちら

京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回る

 京都府地球温暖化対策課はこのほど、京都府内277の大規模事業者の2008年度の地球温暖化の原因温室効果ガスの排出量が計424.8万トンで、各事業者が設定した基準年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量合計と比較すると、3年計画の地球温暖化の原因の温室効果ガスの目標削減率1.0%を上回る6.7%の削減となったと発表した。これは、京都府内の地球温暖化の原因の温室効果ガスの全排出量の約3分の1を占めるが、各事業者の取り組みが進んだ上に景気悪化も影響したという。業種別にみると、製造業の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減率は9.7%であった。景気悪化の影響に加え、省エネ型設備の更新・導入や生産の効率化、燃料転換などにより地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標(1.6%)を大幅に上回った。商業・サービス業は店舗新設やテナント増などがあったものの、節電や空調適正化などの「エコオフィス」活動推進や省エネ型設備更新などで目標(0.5%)を上回る3.5%の地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標が0.4%増だった運輸業も、アイドリング・ストップやハイブリッド、排出ガス規制適合などの省エネ車両導入、エコドライブの実践などで1.7%地球温暖化の原因の温室効果ガスを削減した。これらは京都府地球温暖化対策条例に基づき、事業活動に伴うエネルギー使用量が原油換算で1500キロリットル以上などの基準を超える事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量削減計画や実績報告書を提出するもので、京都府同課のホームページ(http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/)で事業者ごとに来月1日から公表される。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 京都府内事業者が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減目標上回るはこちら