TOPページ > 検索結果

検索結果 【京都市】

京都府京都市の京セラが太陽光発電システムのモニター

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、住宅に設置した太陽光発電システムの発電状況などをグラフィック表示でわかりやすく確認できる太陽光発電モニターの新製品『エコノナビット』を地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として開発したと発表した。太陽光発電システムモニタの新製品は、2011年3月1日から京セラソーラーコーポレーションを通じて発売開始するという。2009年11月から日本国内においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電力会社による余剰電力の買取制度が始まったことから、売電に関心を持つ人が増えているという。こうしたことから、太陽光発電システムの発電状況や、どれだけ売電しているのかを目で見て確認したいと思っている人が増えているという。京セラでは、住宅用太陽光発電システムのモニタとして、「エコノナビット」を2003年6月に発売したが、2006年10月には機能を充実した「エコノナビットii」を発売していた。今回、京セラでは、機能の充実とシンプルなデザインを採用した太陽光発電システムモニタの新製品を発売することになった。太陽光発電システムの発電電力や消費電力及び売電電力の量を液晶モニターによってリアルタイムで確認できるという。さらに、1日、1か月、1年と期間別の太陽光発電システムによる発電状況の把握もでき、どれだけの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減したかもチェックできる。また、太陽光発電システムの売電電力量などを金額換算した目安値を接続したパソコンで表示できる。さらに、太陽光発電システムモニターの搭載機能をよりシンプルに分かりやすくしたほか、モニタのデザインも一新している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府京都市の京セラが太陽光発電システムのモニターはこちら

京都府と京都市が京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を検討

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、京都府と京都市が共同で創設を目指す「京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」を検討する会議が2011年1月7日、京都府京都市上京区の京都府公館で開催された。国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度が対象とする省エネ設備の導入以外に、照明の明かりを落とすなどの地道な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する省エネ活動も排出量削減内容に含めているのが特徴で、京都府内の中小企業が参加しやすくするのを目的としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引は、国や企業間で二酸化炭素(CO2)排出削減量を売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を減らした企業は売却によって資金を獲得でき、二酸化炭素(CO2)削減量を購入した企業は自社の二酸化炭素(CO2)削減計画に充てることができる。既に、国や東京都が二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を設けており、京都府と京都市は新年度中に、中小企業やNPOを主な対象とする独自の二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を設ける予定になっている。国の二酸化炭素(CO2)排出量取引制度は、省エネ型設備への更新が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の中心となるため、不況下の中小企業には負担が重いものとなっている。一方、京都府が示した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の骨子案では、照明の明るさや空調の設定温度を抑えるなどの身近な省エネ対策で削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量にも取引の価値を認めているほか、京都府内のNPOや住民の森林保全活動も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収手法に含めている。会議では、委員から、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量の評価基準は明確にすべきだ」、「二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を簡易にするのはいいが、一定の指針が必要」などの指摘があり、次回の会合で京都府版の詳細を詰めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府と京都市が京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を検討はこちら

京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチ

 京都府京都市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システム設置者への補助金を設けているが、京都府内で太陽光発電システムを設置する住宅が急増し、補助金が底をつく事態が発生している。これは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策拡充策として、昨年から国の太陽光発電システム設置者への支援制度が拡大したことによるが、財源がないとの理由で京都府が太陽光発電システムへの補助金を打ち切ったのに対し、京都市は太陽光発電システム補助金の補正予算を組む方針だという。京都府京都市内の太陽光発電システム設置者に対し、京都府京都市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2003年度から1kw当たり8万円(景観規制区域外は5万円)の太陽光発電システム補助金を支給しているが、京都府も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、2008年度から同5万5千円相当の商品券などを太陽光発電システム設置者に補助してきた。国も地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、昨年1月から、同7万円の太陽光発電システム補助金制度を復活させ、太陽光発電の電力会社への売電価格も2009年11月から2倍に引き上げた。この結果、太陽光発電システムの補助金申請が本年度に入って急増しているという。京都府京都市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金に係る本年度予算を前年度から倍増の1億円に増額していたが、2010年8月末で約290件で7100万円と前年度比1.6倍のペースで補助金の申請があり、今月中にも太陽光発電システム補助金の財源が底をつくという。京都府京都市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を続けていくため、太陽光発電システム補助金を継続するため補正予算を組み、12月京都府京都市議会に補正予算案を提出する。京都府京都市地球温暖化対策室は、「太陽光発電システム補助金の予算がないからといって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組む京都府京都市民の環境意識に水を差すことはできない。なんとか財源を確保する」と話している。一方、京都府は前年度と同額の8500万円を太陽光発電システム補助金として本年度予算に計上したが、すべて使い切り、7月9日に補助金申請を打ち切った。太陽光発電システム補助金のうち、財源の半額は国の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策補助金で、京都府地球温暖化対策課は「国に補助金増額を求めたが断られた。太陽光発電システム補助金の補正予算を組む財源がない」と話している。京都府内の自治体の太陽光発電システム補助金については、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宇治市が6月で打ち切った単独の補助金を11月から復活させるほか、舞鶴市や福知山市も補正予算で継続を検討しているという。京都府京都市関係者から「財政難はどこの地方自治体も同じ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた住民の環境問題への意識が向上しつつあるときに、京都府の太陽光発電システム補助金の打ち切りはとても残念だ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府京都市の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システム補助金がピンチはこちら

京都府と京都市は二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で地球温暖化の原因削減防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、京都府京都市が共同で創設を目指す「京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」の第1回検討会議が京都府京都市内で開かれ、京都府と京都市はたたき台となる京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度の概要を公表した。企業に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠を割り当てる「キャップアンドトレード」は導入せず、中小企業の二酸化炭素(CO2)削減努力や家庭の省エネ対策などで生み出された「カーボンクレジット」を京都府の大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者に購入してもらう地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度でスタートさせるという。京都府によると、中小企業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減努力や家庭の省エネ対策以外にも、企業やNPOによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備や、二酸化炭素(CO2)を吸収固定している京都府内産木材を利用した住宅建築などでもカーボンクレジットをつくり、大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者に購入してもらう二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を構想しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量取引制度を運営する京都府と京都市の組織も新たに新設するという。京都府と京都市は平成23年度から施行する京都府地球温暖化対策条例で、平成32年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標として平成2年度との比較で25%削減する目標を掲げている。また、京都府地球温暖化対策条例では、大規模二酸化炭素(CO2)排出事業者を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の達成状況などを総合的に評価する制度の導入も予定しているという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の達成状況が低評価となった京都府内の事業者には、二酸化炭素(CO2)排出量取引制度によるカーボンクレジットの購入などを求めることにしていることからも、京都府ではカーボンクレジットの需要は十分あるとみている。国内では既に国の制度による国内クレジット制度がつくられているが、「京都版二酸化炭素(CO2)排出量取引制度」の第1回検討会議に出席した委員からは「信頼性のある二酸化炭素(CO2)排出量取引クレジット制度にするためには、相当な努力が必要だ」という意見も出された。京都府は国の国内クレジット制度との連携を図る予定だといい、「多くの京都府内の企業などが参加できる二酸化炭素(CO2)排出量取引クレジット制度にしていきたい」としている。京都府の二酸化炭素(CO2)排出量取引制度検討会は、経済界や大学の関係者らで構成され、平成23年年3月までに最終意見をとりまとめる予定になっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 京都府と京都市は二酸化炭素(CO2)排出量取引制度で地球温暖化の原因削減防止対策はこちら

京都府京都市の京セラはCat-PECVD薄膜Si型太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する薄膜Si型太陽電池の研究開発状況を発表した。面積1cm2の薄膜Si型太陽電池のセルで、安定化前の変換効率13.8%を確保しているという。2010年10月19~21日に東京都江東区有明のTFTホール(東京ファッションタウンビル 西館2F)で開催中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策セミナー「ネイチャーフォトニクス・テクノロジーコンファレンス」(テーマ:太陽光発電の将来展望)で発表した。13.8%を実現したのは、アモルファスSi層と微結晶Si層を重ねたタンデム構造の、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の薄膜Si型太陽電池である。京セラは、微結晶Si層の形成にCat-PECVDと呼ぶ手法を用いて実現したという。通常の薄膜Si型太陽電池のPECVDでは、SiH4とH2を同時にチャンバーに入れることになる。しかし、京セラでは、1800℃で熱したWやTaなどのワイヤを触媒(Catalyzer)としてH2を分解後、チャンバーに導入することによって、薄膜Si型太陽電池の品質の高い微結晶Si層を形成できたという。Cat-PECVDを用いた場合の薄膜Si型太陽電池の微結晶Si層の成膜速度は1.6nm/秒だという。通常のPECVDによる方法で、成膜速度で形成した薄膜Si型太陽電池の変換効率は11%前後しかなかった。通常のPECVDで発電効率を13.8%に高めるには、成膜速度を0.9nm/秒前後に下げる必要がある。これを実現した京セラは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するため、薄膜Si型太陽電池の大面積化などの課題解決に向けて研究を続けるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市の京セラはCat-PECVD薄膜Si型太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 印刷・情報サービス業を営む石田大成社(京都府京都市中京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への取組みをPRしていくため、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)を購入した。高性能スポーツカーの電気自動車(EV)は国内では珍しいことからも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策関連のイベントなどの主催者に電気自動車(EV)を無償で貸し出すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、購入したのはアメリカテスラモーターズ社の「テスラ・ロードスター」のオープンカーの2人乗り電気自動車(EV)で、5月に初めて正規輸入された日本限定モデルのうちの1台となっている。テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、リチウムイオンバッテリーを搭載しており、フル充電で390キロという他の電気自動車(EV)と異なり長距離を走行することができる。また、テスラ・ロードスターの電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策だけでなく、発進から3.7秒で時速100kmに達するスーパーカー並みの高速性能が売りとなっている。石田大成社の阿部達三会長がアメリカのテスラモーターズ社を訪問した際に「古都京都には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高技術水準にあるテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)が似合う」と購入を決め、購入価格は約1,760万円で、うち261万円の経済産業省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る補助金を受けたという。石田大成社は社会貢献活動の一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題関連の催しにテスラ・ロードスターの電気自動車(EV)とともに運転手も原則無料で提供し、市民には助手席に乗って電気自動車(EV)の良さを体験してもらうという。同社は「話題性のあるオープンスポーツ電気自動車(EV)を通して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題を考えてもらうきっかけになれば」と期待している。問い合わせは石田大成社(Tel075-211-9119)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で電気自動車(EV)による二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府京都市のサムコはLED(発光ダイオード)TSV向けCVDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 半導体など電子部品製造装置メーカーのサムコ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、急成長するLED(発光ダイオード)や今後市場の立ち上がりが見込まれるTSV(貫通電極型3次元実装)向けに、ナノレベルの薄い酸化膜を形成するCVD(化学気相成長)装置の新製品を積極的に投入している。サムコは、平成23年7月期には、売上高を現在比倍増の20億円以上を目指すという強気な姿勢だ。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するLED(発光ダイオード)は、液晶テレビのバックライト用に需要が拡大しているほか、省エネ対策としての照明用も市場が急成長するとみられている。サムコは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のLED(発光ダイオード)製造プロセス向けに、シリコン酸化膜でLED(発光ダイオード)素子を保護して輝度を上げる「酸化膜形成CVD装置」としてバッチ式2インチウエハー60枚処理能力を持つ「PD-5400」を開発し販売を開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する酸化膜形成CVD装置の従来の処理能力は48枚だったが、ユーザーからのコスト低減への要望に応えて開発したもので、サムコでは「国内だけでなく、台湾や中国、韓国などアジア市場からも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策向けに強いニーズがある」と積極的に売り込む方針だという。一方、半導体が高集積化されれば、本格的に量産期を迎えると予想されているTSV分野向けには、12インチウエハー用の絶縁膜形成装置の新製品「PD-330STC」の販売拡大に乗り出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市のサムコはLED(発光ダイオード)TSV向けCVDで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオマス活用推進計画

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオマスの活用を検討する京都府京都市バイオマス活用推進会議の初会合が、京都府京都市中京区にある京都府京都市消防局本部庁舎(京都府京都市中京区押小路通河原町)であり、本年度中の推進計画策定に向けての協議が始まった。バイオマスは、森林整備の間伐材や生ごみなどの生物由来資源で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生を抑え、地球温暖化防止に役立つとされている。2009年9月に施行されたバイオマス活用推進基本法の規定によりで、バイオマス活用推進計画の策定が都道府県・市町村に義務付けられており、京都府京都市も有識者ら17人によってバイオマス活用計画策定のための推進会議を立ち上げた。京都府京都市のバイオマス活用推進計画は、来年度から2020年度までの10年間を計画期間とし、京都府京都市内のバイオマスの利用量や推進方法、利用分野の拡大など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する目標を盛り込む予定になっているという。京都府京都市内に存在する生物由来資源のバイオマスの量や利用量などの現状や京都府京都市が目指す将来像を定めた「京都府京都市タウン構想」も策定する。初会合では、座長に池上詢京都大学(京都府京都市左京区吉田本町)名誉教授を選任し、京都府京都市がバイオマスの活用拡大に関する課題などを説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオマス活用推進計画はこちら

滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 滋賀県栗東市では、東海道新幹線新駅誘致は中止したが、その用地に進出を予定しているリチウムエナジージャパン(京都府京都市南区)は、新工場の起工式を行うことを滋賀県と栗東市に通知した。リチウムエナジージャパンのリチウムイオン電池を製造する滋賀県栗東市の新工場では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高い、主に電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池を製造する予定をしており、2012年の本格稼働を目指すという。リチウムエナジージャパンは2010年10月の着工を条件に、滋賀県栗東市の土地開発公社から約5.6ヘクタールの用地の買収を決め、滋賀県栗東市の公社が造成を急いでいた。嘉田滋賀県知事は「滋賀県栗東市の新駅用地の後継事業は、栗東市政と滋賀県政の大きな政策課題となっている。進出用地はまだ5分の1程度でしかなく、滋賀県と栗東市でインフラ整備を推進したい」と話している。
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県栗東市でリチウムイオン電池製造による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市はエコドライブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 京都府京都市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、環境問題に配慮した地球に優しい自動車の運転法「エコドライブ」を推進するため、乗用車を急発進させると警告音を発する「エコドライブ支援装置」を希望者に無料で貸し出している。京都市は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、2008年10月にエコドライブに取組む事業所を京都市に登録する「エコドライブ推進事業所」の制度を創設している。現在、約500の京都市内の事業所が京都市にエコドライブ推進事業所として登録しており、エコドライブステッカー配布や京都市の研修会への講師派遣などの支援を行っている。さらに、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みを深化させるため、京都市は昨年度からエコドライブ支援装置を貸し出している。エコドライブ支援装置を自動車に備え付けると、設定したエンジン回転数を超えればアラームが鳴るほか、運転時の平均燃費も表示し、運転手にエコドライブを実践するよう促す機能を有しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するものとなっている。このエコドライブ支援装置の貸出には、京都市役所にエコドライブ推進事業所として登録することが必要になっている。本件の問い合わせは、京都市役所環境管理課(075-213-0930)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市はエコドライブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

京都府京都市でオフセットクレジット制度(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 物流業者のカシックス(京都府京都市伏見区)は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策であるオフセットクレジット制度(J-VER)に基づく補助金事業の採択を受けたと発表した。京都府京都市内の営業車に100%のバイオディーゼル燃料を使う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の取組みが評価を受けた。来年にも二酸化炭素(CO2)排出権(クレジット)の獲得を目指すという。オフセットクレジット制度(J-VER)の認証を受ければ、自主的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の取組みによって発生した二酸化炭素(CO2)削減量を二酸化炭素(CO2)排出権として利用できる。環境省はオフセットクレジット制度(J-VER)の普及に向け、二酸化炭素(CO2)削減量の検証費用などを補助する事業者を公募していた。同社は、2008年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてカーボンオフセット車両の導入を始めており、天然ガス自動車を16台に増やしたほか、2010年8月からは石油販売業の油藤商事(滋賀県豊郷町)の協力を受け、バイオディーゼル燃料を導入した。京都府京都市内の営業先では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料の原料となる廃食用油の回収も手行っている。同社では、現在、バイオディーゼル燃料の営業車は4台あり、実証実験では軽油よりもやや燃費は落ちるが、1か月間で1台当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が約4トンも減少した。環境省の補助金事業を活用して、これらの取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減分の二酸化炭素(CO2)排出権算出を第三者機関に依頼し、二酸化炭素(CO2)排出権は相対取引で大手企業への売却を目指すという。カシックスは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減分の二酸化炭素(CO2)削減の努力を単なる環境問題へのボランティアではなく、経済的なメリットがある取組みにしたかった。さらに、取組みを広げて環境問題面で貢献したい」と話している。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、京都府京都市内の会社敷地内にバイオディーゼル燃料の保管施設を整備することも検討している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市でオフセットクレジット制度(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

GSユアサは滋賀県栗東市でリチウムイオン電池による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減防止対策

 GSユアサ(京都府京都市南区吉)は、自動車電池、産業用電池、電力貯蔵用電池、特殊電池、燃料電池などの電池や比較的大規模の電源装置を中心に開発・製造・販売をしており、自動車・二輪車用の鉛蓄電池で国内のシェアはトップである。今般、GSユアサでは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてニーズが非常に高いリチウムイオン電池製造に対応するため、滋賀県栗東市に建設予定のリチウムエナジージャパンの栗東工場の隣接用地を取得すると発表した。GSユアサでは、新たに取得する用地にリチウムイオン電池事業として利用する工場を建設するという。今回取得する土地は、滋賀県と栗東市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題と新技術による「地域活力創生」をテーマに企業誘致しているエリアとなっており、GSユアサが取得するのは約4.4ヘクタールとなる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての電気自動車(EV)や住宅用蓄電池などリチウムイオン電池の需要は予想以上に拡大する見通しであることから、隣接地に工場を建設して両工場で連携しながら、競争力の高いリチウムイオン電池を需要に応じて供給する体制を構築するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> GSユアサは滋賀県栗東市でリチウムイオン電池による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減防止対策はこちら

大阪府大阪市の関西電力はバイオエタノールで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、グループ会社の環境総合テクノス(大阪府大阪市中央区安土町)及び京都大学(京都府京都市左京区)と共同で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ヤシ科のニッパヤシを荒廃したマングローブに植林する技術と、その樹液をバイオエタノール化する技術の開発に着手した。タイでは、エビの養殖池拡大のため、天然のマングローブ林が無節操に伐採されて荒廃し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収源の減少や生態系の破壊が大きな社会問題となっている。今回の関西電力等の研究では、荒廃した試験地にニッパヤシを植林し、生長データを収集するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、サトウキビからバイオエタノールを製造する工場で、ニッパヤシの樹液からバイオエタノールが製造できるかを検証するというものになっている。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての植林やバイオエタノール製造に係る費用やバイオエタノールの需要動向などを基に事業性の可能性を検証する。バイオエタノール等に係る研究期間は、平成22年度から平成24年度までの3年間を予定している。ニッパヤシは、マングローブの1種で、樹液にはサトウキビと同様の約14%の糖分を含有している。今回の技術開発によって、エビの養殖池跡地の荒廃地を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)固定能力が高いマングローブ林への修復と、樹液からガソリンの代替燃料となる地球温暖化の原因防止対策のバイオエタノールの製造を目指す。対象となる荒廃地は約20万haと推定されており、そこに植林すると、年間約50万kLのバイオエタノールの製造が可能となり、ガソリンの代替燃料として年間約80万tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。関西電力は、2000年度から環境総合テクノス及びタイ政府と共同で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)固定能力が高いマングローブの大規模植林技術の研究を開始し、植林適地かどうかを診断するための「マングローブ生長予測システム」等の成果をあげている。一方、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる化石燃料の代替エネルギーとしてバイオエタノールの需要が高まっているが、トウモロコシなどの食料と競合せず、森林伐採にならない原料の開発が求められている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市の関西電力はバイオエタノールで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因対策はこちら

岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市は9月21日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、岡山市内観光用に電気自動車(EV)の無料レンタルを始めると発表した。9月19日から二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の無料レンタルを受け付けるという。電気自動車(EV)の無料レンタルによる貸し出しは、岡山県と倉敷市が休日に限って行っているが、平日のレンタルの実施は岡山県内で初の試みだという。岡山市環境保全課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に優しい電気自動車(EV)で岡山市の郊外まで足を運んでほしい」と話している。これは、岡山市による本格的な電気自動車(EV)普及に向けた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験の一環の取組みであり、岡山市内観光向けの電気自動車(EV)レンタルの可能性を探るという。このため、レンタル利用者には電気自動車(EV)の乗り心地や充電施設に関するアンケートを行うほか、電気自動車(EV)の走行データを収集することとしており、実施期間は12月20日までの3か月間となっている。今回の電気自動車(EV)の無料レンタルは、岡山市がオリックス自動車(東京都港区)に委託して実施するもので、同社の店舗で電気自動車(EV)を貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいる鹿児島県屋久島町や京都府京都市などに続いて国内で5番目の取組みになる。今回は岡山市内のレンタカー2店舗で三菱自動車の電気自動車(EV)「アイミーブ」1台ずつを貸し出す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、午前8時から午後8時までの12時間で、事前予約はレンタカージャパレン岡山駅東口営業所で受け付ける。電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、岡山市内を観光することが条件で1人1回に限るが、電気自動車(EV)のレンタルは岡山市民以外も可能だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

京都府と京都市は条例改正で二酸化炭素(CO2)を大幅削減する地球温暖化の原因防止対策を強化

 京都府は、9月定例京都府議会に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の中長期目標の数値目標や、多くの資材を使う大規模建築物に二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある木材の使用を義務化するという内容の京都府地球温暖化対策条例の一部改正案を提出すると発表した。京都府議会の可決を得ると、来年度から施行となる。京都府によると、地球温暖化対策条例の中に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の中長期の数値目標や、建物へ二酸化炭素(CO2)排出量削減効果のある木材使用の義務化を盛り込むのは都道府県レベルでは初めてのことだという。京都府の数値目標のうち、中期目標は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成42年度までに平成2年度比で40%削減し、長期目標は62年度までに二酸化炭素(CO2)排出量を80%削減するとしている。京都府の当面の目標としては、平成32年度までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で25%削減を掲げている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、木材の使用義務化の対象は、京都府内における延べ床面積が2千平方メートル以上の建築物の建設時には、京都府内産の木材に使用を義務付けている。この規制は、木材需要を拡大することで京都府内の森林整備を推進するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減機能を高めるというねらいがある。京都府地球温暖化対策条例の改正案では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、同時に、大規模建物への太陽光発電システムなどの再生可能エネルギー導入の義務化も掲げており、これらの規定の施行は平成24年度としている。京都府内では、京都市も既に同じ数値目標を立てた地球温暖化対策条例案をまとめており、実質的に共同条例となった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府と京都市は条例改正で二酸化炭素(CO2)を大幅削減する地球温暖化の原因防止対策を強化はこちら

岡山県岡山市内の路線バスは太陽電池で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市内の路線バスで、屋根に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽電池を搭載して発電し、バス車内の照明に使う世界初の路線バスが運行を始めたという。太陽電池の利用として、乗用車ではトヨタプリウスが屋根に搭載して、車内換気用モーターの電源に利用しているが、路線バスに太陽電池が搭載されるのは世界で初めてのケースだという。この世界初の路線バスに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池を供給したのは三洋電機(大阪府守口市京阪本通)で、岡山県内で路線バスを運行する両備ホールディングス(岡山県岡山市)と共同で開発したものだという。バスはディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドカーで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池は動力となるモーターの電源には使用されないが、車内照明の発光ダイオード(LED)の電気として利用するという。太陽光で発電した電力は蓄電することが可能なので、雨天や夜間時の日照がない時でも太陽電池のフル充電で連続約9時間の点灯ができるという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池バスは「SOLARVE(ソラビ)」と呼ばれ、1台だけの導入であるが、岡山県岡山市内の路線を1日4往復している。太陽電池バスのソラビは、ハイルーフ型の屋根が特徴となっており、側面に長方形の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池パネルが並んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルを配した太陽電池は一戸建て住宅の屋上などで補助金もあることから普及が進んでいるが、自動車への搭載は進んでいない。自動車は振動も多く、事故で衝突する可能性さえあるなど、シリコンをガラスで覆った現行の太陽光電池パネルには過酷な使用環境にあるが、自動車に搭載する以上は高い技術力と耐久性を求められるほか、とても高額になってしまうからだという。乗用車で唯一ルーフに京セラ(京都府京都市伏見区)の太陽電池を搭載しているトヨタプリウスも、炎天下に車を駐車した場合の車内換気として、言わばアクセサリー程度に使っているだけであるなそ、太陽電池の車での利用は副次利用になっている。プリウスはハイブリットカーだが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、太陽電池で発電した電力を動力モーターの電源として使うことは実現しておらず、自動車への太陽電池の本格的な普及はまだまだ進んでいない状況にある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市内の路線バスは太陽電池で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら

関西学研都市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の実験

 来年から関西学研都市において、京都府や京都大学(京都府京都市左京区)、同志社大学(京都府京都市上京区)、関西電力(大阪府大阪市北区中之島)、大阪ガス(大阪府大阪市中央区平野町)などによる産官学グループが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、個々の住宅や地域が一体となって省エネルギーに取組む社会実験に乗り出すと発表した。9月9日に京都府公館(京都府京都市上京区)で社会実験開始に向けた会合が開催され、関係者は連携を確認した。個々の住宅を対象にして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験に参加するのは、京田辺市の同志社山手、精華町の精華台、木津川市の木津中央・木津南の京都府内の3地区になる。実験参加の家庭に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、最新式の太陽光発電システムパネルや、燃料電池、高効率給湯器などを効果的に組み合わせて設置するという。こうした設備を設置した各家庭の電力及びガスの使用状況のデータを集めることによって、効率よく設備を配置する方法を探るという。来年1月から同志社山手の100戸で、まず予備的な調査を行い、さらに同地区の新築住宅に参加を募って4月から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験を本格化し、さらに、10戸が共同で大型蓄電池を運用する取組みも行う。1年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験で、各家庭で各機器を効率よく配置する方法を見極め、それ以降に実験に参加する290戸で省エネ生活を実践するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験期間中、京田辺市、木津川市及び精華町の3市町内で100台強の電気自動車(EV)も走行させる。150基以上の電気自動車(EV)用の充電設備を町なかに整備し、ガソリン消費を減らすことによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とする。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実験を2014年度まで続け、実験地区内での二酸化炭素(CO2)排出量を2005年度比で34%減らすことを目標とするという。実験の総事業費は約135億円。実験主体に加え、経済産業省も資金を提供する予定だという。この日の会合で、山田京都府知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策という環境問題と町づくりを一体にして取組む試みだ。世界に誇れる成果を出し、関西学研都市の存在もアピールできれば幸いだ」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 関西学研都市で二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の実験はこちら

京セラがグリーンカーテン活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として、京セラグループの国内外20拠点で取り組んでいるグリーンカーテン活動(緑のカーテン)の実施状況を発表した。グリーンカーテン(緑のカーテン)は、ゴーヤや糸瓜、マメなどのつる性植物を京セラの工場や事業所建屋の壁際で育ててカーテンのように壁や窓を覆い、日差しの遮蔽や植物の蒸散冷却作用によって建屋の空調負荷を抑制し、もって、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するエコ活動の一環である。2007年度に京セラの長野岡谷工場(長野県岡谷市)で始めたグリーンカーテン活動(緑のカーテン)は、年々規模と拠点数を拡大していき、現在では国内18拠点とタイ及びブラジルの現地法人2拠点の合計20拠点で実施している。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的とした本年度のグリーンカーテン(緑のカーテン)の総面積は、昨年度実績の約4倍に相当する3043平方メートルにもなった。成長とともに吸収する地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間1万651キロで、761本の杉の木の植樹に相当する効果がある。空調負荷抑制では、京セラの長野岡谷工場や滋賀蒲生工場(滋賀県東近江市)などで、事務室の空調を午前中は停止できる効果があったという。また、成長したゴーヤなどの実は従業員が収穫し、社員食堂の食材などとして利用しており、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のほか、食材の地産地消にも役立っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京セラがグリーンカーテン活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

イオンがレジ袋売上金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出権購入

 イオン(千葉県千葉市美浜区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために取り組んでいたレジ袋有料化で、レジ袋の売上金の一部を充てて国内で約1万5000トンの二酸化炭素(CO2)排出権を購入したと発表した。二酸化炭素(CO2)排出権購入には、二酸化炭素(CO2)排出量取引の一種である地球温暖化の原因防止対策の国内クレジット制度を活用した。イオンによると、地球温暖化の原因防止対策の国内クレジット制度を活用した一企業の二酸化炭素(CO2)排出権購入規模としては国内最大だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の国内クレジット制度は、国内の中小企業や農業従事者などが行った地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減の排出枠を大企業が購入できる仕組みである。イオンは2007年から京都府京都市内の店舗を皮切りに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、順次、レジ袋の無料配布を中止してきた。現在、ジャスコやサティなど全国739店舗で、レジ袋の希望者には1枚5円で有料販売している。今回の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権購入費用は、2009年度のレジ袋販売枚数約4400万枚の収益金約1億2000万円のうち、約4000万円を充当したという。二酸化炭素(CO2)排出権の購入先は、温泉施設や老人ホームなどのボイラーで、従来の重油や灯油に代え、国産の間伐材を加工した木くずを燃料にし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した施設を購入対象としたという。イオンは2008年度以降、レジ袋の収益金は全国の店舗近隣の環境団体への寄付行為を除けば、主に海外の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減事業による二酸化炭素(CO2)排出権購入に充当してきたが、今後は国内の二酸化炭素(CO2)排出権を対象にする方針に変更したという。イオングループ環境・社会貢献部長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の必要性をより身近に感じられるためにも、国内の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業を積極的に支援していきたい」と述べている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンがレジ袋売上金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出権購入はこちら

京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策

 京都府立北稜高等学校(京都府京都市左京区)は、普通科高校としては全国で初めて環境規格「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード」の認証を取得しているが、今般、京都府内の公立学校では最大の太陽光発電システムが整備された。このほかにも、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、4割も削減できる新設備や「ミミズで生ゴミ堆肥化」、「緑のカーテン」、「エコキャップ活動」などの環境問題にも意欲的に取り組んでいる。京都府立北稜高等学校の環境問題に対応した新設備は、国の地域活性化臨時交付金を活用して導入され、総事業費は2億4369万円となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する太陽光発電システムとして太陽光電池モジュール336枚を設置し、システム容量は60kwとなっており、教室30室に相当する全電灯の電力の発電が可能になっている。さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、窓には断熱遮光フィルムが貼られており、蛍光灯は省エネ型のインバーター式に変更され、冷暖房も新たにガス方式に変更したという。その結果、年間地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は約72トン削減でき、これは一般家庭約14軒分の年間における二酸化炭素(CO2)排出量相当になり、年間電気料金は約160万円節減できる省エネルギー仕様になったという。太陽光発電システムの発電量は校内3か所に設置されているディスプレーにリアルタイムで表示される。同校で環境問題への意識が高まったのは1990年代である。学校近くの一条山が違法造成によってモヒカン刈りの状態となり、景観破壊の象徴として社会的環境問題になった。竹山教諭は「近くではゴミ処理場建設反対の運動も起こり、環境問題を意識するようになったのではないか」と話す。それ以降の同校の代表的な環境問題への取組みは、ミミズによる生ゴミの堆肥化であった。学校内で出る生ゴミを約2万匹のミミズの餌として食べさせて分解すると、臭いのない堆肥ができるので、学校内で幅広く活用されている。職員室の外壁前では、堆肥を土に混ぜて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する「緑のカーテン」としてゴーヤを栽培しており、夏場になるとカーテン状に大きく茂り、職員室内の温度を下げる効果もある。これには、生徒らが結成した「ゴーヤクラブ」が日々の水やりから夏場の収穫までを担当している。堆肥を使って育てた花は、同校近くの叡山電鉄木野駅や老人保健施設に届けられている。生徒たちが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や環境問題を意識するようになったのは生徒会活動を通じてだという。7月からは、環境問題の取組みとしてペットボトルのキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを贈る「エコキャップ活動」も推進している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市の高校で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減と環境問題対策はこちら

イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 イオンモール(千葉県千葉市)とオリックス自動車(東京都港区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、大型ショッピングモールを拠点としたカーシェアリングサービスを共同で展開すると発表した。まずは、9月からイオンモール新瑞橋(愛知県名古屋市南区)及びイオンモール鶴見リーファ(大阪府大阪市鶴見区)において、10月から京都ファミリー(京都府京都市右京区)においてショッピングモール駐車場を地球温暖化の原因防止対策としてカーステーション化を実施するという。イオンモールでは、パンフレットの設置やポスター掲示などを通じて、カーシェアリングサービスをPRしていくという。イオンモールでは、低炭素社会への移行が全世界的な課題となっている中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしていくことがリーディングカンパニーとしての責務と考えている。これまでも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、太陽光発電用パネルや氷蓄熱システムの導入のほか、屋上緑化、壁面緑化、サインや照明へのLED(発光ダイオード)照明の採用など、エコロジーを考えた設備の導入及び自然エネルギーの活用に力を入れてきた。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、地球環境負荷の低減に役立つカーシェアリングをショッピングモールに導入することで、周辺エリアの車の台数を減らす予定である。さらに、イオンモールでは、地球温暖化の原因防止対策に加えて、地域で生活する人々の、より豊かで彩りある暮らしの実現に貢献し続けることを存在意義と考えており、「コミュニティ機能の充実」及び「地域に根ざしたモールづくり」に貢献できると考えたという。また、オリックス自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、2002年からカーシェアリング事業を全国的に展開しており、現在は、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、中部(愛知県、三重県)、近畿(京都府、大阪府、兵庫県)の各エリアにカーステーションを設置している。カーシェアリングに使用する自動車から排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の全てを自社でオフセットして計上している。カーシェアリング用の自動車には、カーナビゲーションには走行時の燃費と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が表示され、エコドライブ度も5段階で表示される専用車載システムを備えるなど、環境問題に配慮したカーシェアリングを積極的に推進している。地球温暖化の原因防止対策に貢献するカーシェアリングは、利用者が必要な時に必要な分だけクルマを使う仕組みであるため、保有時に係る車両代金や駐車場代金、税金、保険料金、車検代金などの維持費が不要となり、大幅なコスト削減に繋がる。また、カーシェアリングが普及すると、自動車利用が抑制され、環境負荷の低減にも繋がることから、ショッピングモール周辺に住む人々にカーシェアリングを利用してもらうことによって、車にかかる費用の節約と周辺エリアの地球温暖化の原因防止対策など環境負荷低減に貢献できるものと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオンモールとオリックス自動車はカーシェアリングで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

京都大学は車の走行改善で二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策

 京都大学(京都府京都市左京区)などは、トラックやバスのクラッチを切ったときに、エンジンの力が車輪に伝わらなくなる「駆動力抜け」現象をなくす技術を開発した。これは、車の変速機に卵形の歯車を追加する方法によって、変速時のガクンという衝撃が消えるため、乗客の転倒防止になるほか、加速時に最大2割程度の燃費改善ができる優れたものである。トラック・バスによる運行は、国内の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の約6.7%を占めており、仮に、全車両へ導入すれば最大0.5%二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能であり、地球温暖化の原因防止効果が見込めるものとなっている。トラックやバスのケースでは、歯車式変速機を採用している車がほとんどなので、走行時には低速用から順に高速用の歯車に切り替える仕組みとなっている。このため、歯車を切り替えるためにクラッチを切ると、エンジンの駆動力が車輪に伝わらない状態が避けられない構造となっており、切り替え時の一時的な減速で乗客がよろめいたり、元の速度に戻そうとして運転手がアクセルを余分に踏み込むため燃費が悪化するという問題を抱えていた。研究代表者の小森雅晴京都大学准教授らは、変速前後の二つの歯車の形を併せ持つ中心軸のずれた非円形歯車を開発することによって、変速時に歯車がかみ合う状態を滑らかにさせ駆動力抜けを防いだ。この構造を採用すると、車の燃費改善効果は、加速時に10~20%、走行全体で約7%になるものと試算されており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も大幅に削減することができる。既に特許を取得して、国内自動車メーカーと車両試験を始めているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都大学は車の走行改善で二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化の原因対策はこちら

京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 京都府京都市は、京都市民の夜型の生活を見直し、朝型の生活への転換を進め、地球温暖化の原因対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、今年度から9月を「朝スタイル月間」と位置づけ、京都市内の官民協働で朝の時間を有効に使うための取り組みを始めると発表した。京都市では、この地球温暖化の原因対策の専用のホームページを開設し、京都市民向けの早朝講座や早朝割引を行う店舗などの情報を発信するという。京都市によると、しっかり寝て早く起き、朝食も食べる朝型の生活は、健康によく夜間の照明やテレビなどの電気使用量も少なくて済むため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を削減するなど環境問題にも貢献するという。地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」中は、京都市内の企業の協力で、通勤・通学前の時間帯に朝がゆを食べながら交流を広げる「朝ビジネス交流会」や朝日を浴びながヨガを楽しむ「オハヨガ部」など計7講座を設けるという。講座の受講料は無料~2,000円となっており、HP(http://www.leafkyoto.net/kyoasa/)を中心に受け付けるという。また、地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」が終了した9月以降においても、朝の催しや早朝割引などに協力する京都市内の企業や商店を募集するという。問い合わせは京都市地球温暖化対策室(電話075・222・4555)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

京セラはクリーンエネルギーの太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電に係る国内販売子会社の京セラソーラーコーポレーションが、北海道電力(北海道札幌市中央区)の地球温暖化の原因対策の「伊達ソーラー発電所」(北海道伊達市)に多結晶シリコン太陽電池モジュール1MW分を供給し、同発電所は2011年6月に完成する予定だという。地球温暖化の原因対策の伊達ソーラー発電所の太陽光発電システム稼動時の年間発電電力量は、一般家庭約300軒分の電気使用量に相当する約100万kWhを想定しており、クリーンエネルギーを利用することで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間約500トン削減できるという。京セラは、今回の北海道電力のほか、東京電力(東京都千代田区内幸町)の13MW、九州電力(福岡県福岡市中央区)の3MW、四国電力(香川県高松市丸の内)の1.7MWの地球温暖化の原因対策のメガソーラー発電所に対しても太陽電池モジュールを供給する。京セラでは、高性能な多結晶シリコン太陽電池モジュールを安定供給することで、太陽光発電システムの需要の増加に対応することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に積極的に貢献していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京セラはクリーンエネルギーの太陽電池で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府京都市にある自動車整備会社が、ガソリン自動車を改造してモーターや蓄電池を積み、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)を試作した車が近畿で初めて自動車車検証の交付を受け、京都府京都市上京区の京都府庁(京都府京都市上京区)で公開された。今後、異業種連携で地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の性能を一層高めることによって量産化を目指すのが目標だという。この地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の取組みは、京都府内の企業や大学が連携し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車関連の新たなビジネス機会を探る京都府の「京都府次世代自動車パートナーシップ倶楽部」の活動の一環である。地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、ガソリン自動車と比較すると部品が少なくすみ、構造が単純なため、同倶楽部メンバーの常陸オート(京都府南丹市)が電気自動車(EV)改造車を企画したという。今回改造した地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、スズキの軽自動車である1983年式「マイティボーイ」に電動モーターを載せ代え、鉛蓄電池や制御装置などを搭載したもので、家庭用電源から充電することが可能であり、満充電で40km程度走行でき、最高時速は80キロになるという。だが、地球温暖化の原因対策とはいえ改造電気自動車(EV)の試作車には課題が多く、モーターなどは市販のものを使ったため、改造費は工賃を含め150万円ほどかかった。また、改造電気自動車(EV)の鉛電池は蓄電容量が小さいことから、エアコンやパワーステアリングが使えないなど実用性が低いものとなっている。このため、今後、蓄電池やモーター、電機・機械部品のメーカーなどを京都府内で募り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)の市販化に向けた研究をさらに進め、地球環境問題に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府長岡京市はエコ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府地球温暖化防止活動推進センター(京都府京都市中京区)と京都府長岡京市が、長岡京市内の家庭における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の度合いなどを判定する「うちエコ診断」に取り組んでいる。長岡京市内の環境保全団体のメンバーや長岡京市職員が診断員として、計50世帯にアンケート調査を行い、パソコンのソフトによる判定を基に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた省エネ対策を助言するという。この事業は、環境省の地球温暖化の原因防止対策への補助事業として、京都府地球温暖化防止活動推進センターが本年度に長岡京市及び福知山市でモデル的に実施するものである。京都府地球温暖化防止活動推進センターが認定する「うちエコ診断員」が、家の形態や照明、電気製品の使用状況、さらには、1か月間に使用する光熱費や車のガソリン代などについて調査し、省エネ診断用のソフトを使用して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量などを判定する。各家庭が日常的に公共交通機関の利用や、太陽光発電、節水シャワーなどを取り入れることによって、二酸化炭素(CO2)の排出量がどの程度削減できるのかなどもパソコン上でのシミュレーションが可能で、個別に必要な地球温暖化の原因防止対策を提案できるという。長岡京市では、今般、環境保全活動に取り組む長岡京市民グループのメンバーや長岡京市職員計20人が、長岡京市役所で開かれた地球温暖化の原因防止対策の講座において、家庭での省エネ対策や地球温暖化の原因防止対策診断ソフトの利用方法などを学び、試験の結果、地球温暖化の原因防止対策の診断員に認定された。今後、それぞれが長岡京市内の地域の知人などに依頼して、計50世帯に地球温暖化の原因防止対策のモニターになってもらい、調査や提案を行う。長岡京市では、本年度、2011年度から取り組む「長岡京市地球温暖化対策実行計画」の策定を予定している。長岡京市内の事業所や長岡京市民を含む長岡京市全域での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減が不可欠で、長岡京市環境政策課では「うちエコ診断が民生部分の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を促すきっかけになれば」と期待しているという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府長岡京市はエコ診断で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府内で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会

 京都府内の京都商工会議所、京都経済同友会、京都経営者協会、京都工業会は4団体の機能再編の一環として共催で、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減と企業経営を考える講演会を京都府京都市中京区のホテルのホールで開催した。東京大学前総長で三菱総合研究所の小宮山宏理事長が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減する低炭素化社会をテーマに日本の展望を語り、京都府内の企業の経営者ら約300人が出席した。この講演会に先立ち、京都商工会議所の立石義雄会頭が「創造型の京都府内の企業には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減など日本の環境産業を導いていく底力がある」とあいさつした。小宮山氏は「省エネルギー技術の開発などでエネルギー効率を3倍に高め、物質循環のシステムを高めることができれば2050年以降の日本の未来も明るい」と述べたうえで、「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減できる高効率給湯器や燃料電池を工業的量産可能な国は日本だけである」と強調し、省エネ技術で地球温暖化の原因対策の新市場を創造していくべきとの考えを述べた。地球温暖化の原因防止対策への対応については「ものづくりでは生産は権利で、効率化は義務」と話し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減余地が大きい家庭やオフィス、輸送などの部門で省エネ投資を推進する必要性があることを強調した。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府内で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会はこちら

京都府が視察受け入れで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減策を伝授

 京都府内の自治体で地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減策などに関する環境施策を学ぶため、イギリスとオランダの地方自治体の職員9人が京都府庁(京都府京都市上京区)を訪れ、山田啓二京都府知事を表敬訪問した。2日まで、京都府内の京都市や亀岡市で地球温暖化の原因防止対策の取組などを視察するという。これは、地方自治体間の国際交流を支援する財団法人自治体国際化協会(東京都千代田区麹町)の招きで、ロンドンの環境行政担当者らが来日し京都を訪問した。総合地球環境学研究所(京都府京都市北区)や、京都府亀岡市が進める「カーボンマイナスプロジェクト」などを視察するという。この日、地球温暖化の原因防止対策の視察団の一行は山田京都府知事と懇談し、スコットランドからやってきた地方公共団体のボブ・スチュワート環境サービス部長は「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減策など地方自治体に環境問題政策のアドバイスを行う者の立場として、京都議定書の制定の地である京都府の地球温暖化の原因防止対策の取組を学べるのは素晴らしい機会だ」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府が視察受け入れで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減策を伝授はこちら

三洋化成工業が京都府の森林整備で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府の森林面積は約34万haであり、これは京都府の総面積のおよそ75%もの広さを占めている。この広大な森林整備に、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減の観点から積極的に取り組む企業がある。それは、三洋化成工業(京都府京都市東山区)であり、昨年11月の創業60周年を記念して、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減を目的とした「京都モデルフォレスト運動」に参加し、さまざまな自然の恵みをもたらす貴重な森林の保護に貢献しようと京都府和束町で「三洋化成の森」づくりを行っている。 三洋化成工業では、自社が取り組むべきCSR(企業の社会的責任)活動としてコンプライアンスの徹底や地球温暖化の原因防止対策など11項目を制定した。今般取り組んでいる「三洋化成の森」づくりは、この11項目の中の「環境保護への取り組み強化」及び「社会貢献活動の推進」に関連する活動として、公益社団法人京都モデルフォレスト協会(京都府京都市上京区)が取り組む森林整備事業への資金提供と、社員やその家族が中心のボランティア活動で京都府和束町の森林の地球温暖化の原因防止対策に寄与する保全活動を行うというものである。京都府内に限らず森林は、地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)排出量の吸収機能があるなど、地球温暖化の原因防止対策に大きく寄与するにもかかわらず、間伐などの手入れが行き届かず、荒れた山林が多いことが大きな課題となっている。京都モデルフォレスト協会は、企業の協力や支援などを元に京都府内の地球温暖化の原因防止対策に寄与する森林整備などに取り組んでいるが、同社はこの活動に賛同し、今後10年間にわたって協会に対して計1千万円の森林整備資金を提供するとともに、協会からの森林整備に関する技術的指導や協力を受けながら、京都府に対する社会貢献活動として「三洋化成の森」という独自の森林利用保全活動に乗り出したという。その一環として「三洋化成の森」がある京都府和束町で新入社員を対象にした「森林整備研修」を行った。総合事業本部総務部長は、「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減などの環境学習によって森林の大切さを学び、さらに、具体的な行動として下草刈りなどを行うことで共に汗を流したことは社員の一体感にもつながった」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三洋化成工業が京都府の森林整備で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府笠置町が電力自給自足で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府の南部の山間に位置する笠置町は過疎地域であるが、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、地すべりの原因となっている地下水や森林整備の際に出る間伐材を活用した発電システムなど、自主発電による電力の自給自足を目指す調査を始めると発表した。環境省が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す全国11の地方自治体などに調査研究費を補助する「低炭素地域づくり面的対策推進事業」に指定され、地球温暖化の原因対策だけでなく過疎地域の雇用創出の狙いもあり、先進事例となるのか注目されるという。環境省は、上限2000万円の地球温暖化の原因対策の調査研究費に対して補助金を支出し、その中には地球温暖化の原因対策として電気自動車の導入を目指す北海道札幌市やカーシェアリングの実証実験を行う埼玉県さいたま市などが指定された。京都府笠置町の地球温暖化の原因対策の事業は同志社大理工学部(京都府京田辺市)の千田二郎教授とシンクタンクである地域計画建築研究所(京都府京都市下京区)が連携するという。地球温暖化の原因対策の発電システムの候補地は、京都府笠置町の木津川右岸の切山地区で、集落を中心とする約50ヘクタールが1982年に地すべり防止区域に指定されている。この地域では、地すべりの原因となっている地下水を排除するため、京都府は2002年度から井戸を16基設置して地下水をくみ上げ、木津川に直接流す工事を進めているが、この水を川に捨てるのではなく、地球温暖化の原因対策の発電システムに再利用しようとするものである。くみ上げた地下水を水路に流し、水流によってタービンを回転させて発電する仕組みの小水力発電装置を設置することによって、10kwhの発電能力を持つ装置を設置した場合には、年間で43万8000KWHの発電が可能だといい、一般家庭約100世帯の電力をまかなえる。このほか、地域の森林整備で生じる間伐材や家庭から出た生ごみから可燃性ガスを発生させての地球温暖化の原因対策のバイオマス発電や間伐材からは圧縮固形燃料である木質ペレットも生成するという。発電装置の近くに地球温暖化の原因対策の発光ダイオード(LED)を活用した省電力型の食物工場も設けるという。町は環境省からの地球温暖化の原因対策の補助金を発電装置の設置や食物工場の運用コストを計算する調査費に充てる。環境省環境計画課は「日常生活で必ず必要となる家庭用エネルギーを地球温暖化の原因対策も考慮しながら自給自足する考えは、過疎地域の存廃を考える上での大きなヒントになる」と話している。千田教授は「地球温暖化の原因対策の小水力発電を導入している自治体もあるが、導入コストから赤字となるケースもあり、長期的視点で精査する必要がある」と指摘している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府笠置町が電力自給自足で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府庁が未来型EV充電装置設置で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府では、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の普及に力を入れている。こうした環境に優しい車であるが、現在のところ、走行距離が短いことと充電設備があまりないことが欠点として挙げられている。そのような状況の中、京都府は、京都府庁(京都府京都市上京区)2号館の玄関横に、太陽光発電で作られたクリーン発電の電気で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車を充電することができる充電装置が設置され、当面の間、一般開放して無料で充電できるという。これは京都府庁2号館の屋上に取り付けられた20KWの太陽光発電装置によって発電された電気を一度、蓄電装置に蓄える。その機器から、車へ充電することができ、急速充電と200Vの普通充電が可能になっている。太陽光発電システムの特性として、曇天や雨天時の天候や夜間の時間帯によって発電量が落ちたり、発電できなくなる。こうしたことから、充電装置として安定した機能を持たせるためには蓄電機能が必要になってくるが、不安定な電気を蓄電するのは技術的に難しい。しかし、京都府庁の設置するEV充電装置には、京都府京都市の電子機器メーカー「ニチコン」が開発した特殊な蓄電設備を使用することによってこうした条件をクリアすることができたという。京都府は「このEV充電装置は、カーボンフリー(CO2排出ゼロ)の未来型充電システムである」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 京都府庁が未来型EV充電装置設置で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

佐川急便が排出権付き飛脚宅配便で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近の環境問題ニュースや意見については次のとおりである。宅配大手の佐川急便(京都府京都市南区)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的として、宅配便のトラック使用等の輸送で出る二酸化炭素(CO2)の排出権購入費を宅配便利用者や通販業者と負担する「二酸化炭素(CO2)排出権付き飛脚宅配便」の導入を進めていると発表した。これは、地球温暖化の原因対策として、通常の宅急便の配送料金に、二酸化炭素(CO2)の排出権購入費に相当する金額1~2円を上乗せして徴収する仕組みを採用している。この1円は、佐川急便の宅配便1個を輸送する過程で排出される二酸化炭素(CO2)排出量約383グラムの購入費に相当するという。佐川急便では、こうした取組みを始めるにあたって既にインドの風力発電プロジェクトから1万トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権を購入済みであり、徴収額相当の二酸化炭素(CO2)排出権を日本政府に寄付するという。佐川急便では、2008~2009年にわたって通販大手の千趣会と提携し、宅配便の荷物1個に付き購入者と千趣会、佐川急便が各1円ずつを地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権購入に充てるサービスを希望者向けに導入してきた。こうした成果を踏まえながら、今年3月からは、健康食品の通販を展開する新日本製薬と提携して、同社が扱う全商品を「二酸化炭素(CO2)排出権付き」で配送しているという。二酸化炭素(CO2)排出権付きの利用実績はこれまでに12万個以上に上り、二酸化炭素(CO2)排出権115トン分を政府に寄付したという。佐川急便では、「身近な宅配便を通じて地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができ、京都議定書で定められた二酸化炭素(CO2)排出量の1990年比マイナス6%に貢献できる」と話している。

> 佐川急便が排出権付き飛脚宅配便で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京セラ(京都府京都市伏見区)は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減に大きく寄与する住宅向け太陽光発電システムの販売店「京セラソーラーFC京都西」を京都府京都市にオープンさせた。京セラのフランチャイズ店は全国で114店舗目となるという。京都府では、京都議定書が同地で採択されたこともあって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策に積極的に取り組んでいる。その対策の一環として、住宅用太陽光発電システムなどの設置者に対し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減量に応じたエコポイントを付与する新エネルギーの導入促進事業を実施しいる。こうしたことから、京都府京都市において住宅向け太陽光発電システムの需要が高まると判断した京セラは、新店舗でニーズの取り込みを図るという。住宅向け太陽光発電システムの販売店の新店舗の営業時間は、午前9時から午後6時までとなっている。京セラでは、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への機運の高まりを受け、住宅向け太陽光発電システムのフランチャイズ店舗を、現在の114店舗から2011年3月末には150店舗に拡大する計画を持っているという。

> 京都府京都市に太陽光発電システムの販売店で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府を中心に近畿圏で展開している京都中央信用金庫(京都府京都市下京区)は、今後、新設するすべての店舗を地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境配慮型にすると発表した。LED(発光ダイオード)照明や電気自動車の採用で、1店当たりの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を1割削減し、近畿の地域金融機関の競争が激しい中、環境問題への配慮面で顧客にアピールする狙いがある。今月、京都中央信用金庫が大阪府枚方市に出した「くずは支店」を、年間で排出量の1割に当たる約3.7トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるエコ店舗としたという。来年に出店を予定している京都府庁前支店(京都府京都市)や高槻駅前支店(大阪府高槻市)も同様の地球温暖化の原因対策の店舗にするという。老朽化した既存店の建て替えにも地球温暖化の原因対策の設備を適用するという。エコ店舗は、営業車に電気自動車を採用したり、空調にガスヒートポンプエアコン(GHP)を使ったりして地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するという。さらに、LED(発光ダイオード)照明を利用した看板の設置や駐車場に配置する外灯も太陽光発電装置付きにして消費電力を大幅に抑制するという。京都中央信用金庫の本店がある京都府京都市は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する京都議定書を締結した都市として、取引先の企業などにおいても顧客の環境意識が高いという特性がある。京都中央信用金庫は環境管理の国際規格ISO14001の認証取得に加えて、収益の一部を地球温暖化の原因対策などの環境基金などに寄付する金融商品の開発・販売などの地球温暖化の原因対策型商品開発も併せて進めている。

> 京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府京都市が二酸化炭素(CO2)削減の京都市地球温暖化対策条例改正で意見募集

 京都府京都市は、京都市地球温暖化対策条例改正案の骨子を発表した。京都市条例改正案では、2030年度までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年度比で40%削減することを目標に掲げており、新たに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が多い企業にエコカーの購入を義務付けたり、大型商業施設などの新築に地球温暖化の原因対策として一定量以上の地元京都市産木材を使用するよう求めているのが特徴である。現行条例では、2010年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量10%削減を掲げているが、2008年の速報値では11.7%削減と実績値が目標値を上回ったため、京都市地球温暖化対策条例改正で新たな目標値や具体策を打ち出すことにしたという。京都市地球温暖化対策条例改正案の骨子では、2030年度までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を40%削減を、中間年にあたる2020年度までに25%削減を目標としている。京都市地球温暖化対策条例改正案で新たに義務化したものは、排出量の多い小売業者など条例で定める「特定事業者」が自動車を購入する場合、一定割合以上を電気自動車EVなどのエコカーにすることや、特定事業者は社員の自転車通勤など「エコ通勤」に関する計画書を京都市に提出すること、特定建築物(床面積2千平方メートル以上)を新築する建築主は、一定量以上の地元産木材や太陽光発電など再生可能エネルギーを利用することなどを条例で規定している。さらに、効果的に京都市内の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減していくため、京都市内の自動車販売店に対し、新車購入者への環境性能情報の説明義務を課した。また、京都市民の努力義務として、カーシェアリングの利用やエコカーの購入、公共交通機関・自転車の利用などを盛り込んでいる。京都市では条例改正案を9月定例京都市議会に提出し、来年度から施行する予定としている。この骨子案は京都市のホームページで閲覧でき、8月12日までパブリックコメントとして市民意見を募集している。

> 京都府京都市が二酸化炭素(CO2)削減の京都市地球温暖化対策条例改正で意見募集はこちら

京都府京都市で地球温暖化の原因対策になる二酸化炭素(CO2)削減のLED導入企業が拡大

 温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策に寄与でき、従来製品に比べて消費電力が非常に少ないLED発光ダイオード)の照明機器を導入する企業が増えてきている。省エネルギー性の高さや長寿命のため地球温暖化の原因対策になるといった環境問題からの特性だけでなく、店内の装飾性の向上や製品展示の品質維持にもつながることから、全国の商業施設などでも導入が加速しているという。例えば、京都新阪急ホテル(京都府京都市下京区)のロビーや宴会場、レストランの照明は、すべてLED照明となっており、独特の美しく明るい光に包まれている。2月にLED(発光ダイオード)の照明機器を導入した結果、4~5月の電気料金は前年同月比12%程度減り、LED(発光ダイオード)の照明機器の導入に約900万円の経費がかかったが、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるほか、LED(発光ダイオード)の照明機器の耐用年数が10年以上あるため、電灯交換に伴う維持管理経費など電気代以外の経費削減にもつながる」と話している。また、ロームは今春、京都府京都市下京区の開発・営業拠点ビルを改修し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる自社製のLED照明約3700灯を全館に導入した。さらには、ビルには高効率の空調機器や太陽光発電設備が備えられており、その効果も含ると、従来に比べ消費電力が年間約30%減り、約360トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる見通しだという。同社では、「実際に、LED(発光ダイオード)の照明機器の使用状況を画面で見たり、、LED(発光ダイオード)の照明機器製品に触れたりできるため、顧客にも好評だ」と話している。百貨店が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるLED(発光ダイオード)の照明機器導入を進めている理由は、環境問題への対応や環境保全の目的だけではない。大丸京都店(京都府京都市)は4月の店内改装に合わせて高級婦人服売り場を中心に600灯のLED(発光ダイオード)の照明機器を採用した。同店では、「LED(発光ダイオード)の照明機器は紫外線が出ないため、陳列商品の色焼けを防げるほか、見栄えがよくなる効果もある」と地球温暖化の原因対策以外の利点を挙げている。京都高島屋(京都府京都市)も、LED(発光ダイオード)の照明機器の導入による高級感がある演出を狙い、宝飾品展示ケースの照明をハロゲン電球から取り換えたほか、食器売り場の棚や店内の天井照明の一部など店内11か所にもLED(発光ダイオード)の照明機器を導入した。LED(発光ダイオード)の照明機器は、価格が下がりつつあり、また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減という環境問題にも対応している姿勢を見せるためにも、順次採用を増やす考えだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減に寄与する民間のLED(発光ダイオード)の照明機器導入を促進するため、多くの地方公共団体も公共施設への採用を積極化している。京都府は昨年度末にLED(発光ダイオード)の照明機器の大規模導入に踏み切り、庁舎や議会棟の廊下やトイレ、駐車場などの共用部分を中心に計1400灯のLED(発光ダイオード)の照明機器を設置した。京都府庁内の各部局に取り付けた高効率の安定器の効果も合わせると、以前の蛍光灯照明に比べて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が半減するうえ、本年度の電気代は100万円安くなる見込みだという。京都府地球温暖化対策課の森田芳文課長は「モデルオフィスとして地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組みを発信し、事業所や一般へのさらなる普及につなげたい」とコメントしている。

> 京都府京都市で地球温暖化の原因対策になる二酸化炭素(CO2)削減のLED導入企業が拡大はこちら

京都府京都市では京都市地球温暖化原因対策条例改正で二酸化炭素(CO2)40%削減

 京都府京都市において、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について検討している京都市環境審議会(会長・内藤正明京都大名誉教授)は、京都市地球温暖化対策条例改正に向けた見直し案を、門川大作京都市長に答申した。その内容は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2030年度にまで40%削減(1990年度比)する目標値の明記や、事業者のエコ通勤促進などを求めるなど大胆なものとなっている。現行の京都市地球温暖化原因対策条例は10年までに10%削減を目標としているが、京都市は条例改正で次の目標や新たな地球温暖化の原因防止対策を盛り込むため、審議会に諮問していた。審議会からの今回の答申では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2030年度までに40%削減する目標に加え、中間目標として2020年度に二酸化炭素(CO2)排出量25%削減を明記したものとなっている。その目標の実現に向けた具体的な策として、特定事業者に対し社員の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるエコ通勤取り組み報告の義務化や、電気自動車やハイブリッド自動車などのエコカー普及に向けて業者に販売実績の公開・報告、ごみ焼却処分時のエネルギー回収強化、家庭用家電製品のエネルギー高効率化に向けた普及促進策などの徹底的な実施を求めているのが特徴となっている。内藤会長は「京都市から20世紀型石油エネルギー文明からの脱却を発信してほしい」と話した。京都市は7月中旬も京都市地球温暖化原因対策条例改正の骨子案をまとめ、9月定例京都市議会に条例改正案を提案する予定となっている。

> 京都府京都市では京都市地球温暖化原因対策条例改正で二酸化炭素(CO2)40%削減はこちら

京都府京都市の高校がウッドマイレージで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府京都市にある京都府立北桑田高等学校が地元の木材を使うことによってウッドマイレージを減らし、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。京都では、かつて1200年の間、日本の首都であった平安京が存在しており、都の建設に木材を供給したのが、京都府の北山地域である。過去1200年間にわたって蓄積された林業技術は、世界に誇る京の建築文化を支えてきたが、北山林業も、不況や輸入材に押される中で衰退している。この地域に立地する京都府立北桑田高等学校は、地元産スギ・ヒノキ材を使用したログハウスや家具を製作・提供しているという。平成18年度には、木材の地産池消が木材の輸送距離であるウッドマイレージを短縮して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を削減することに着目し、京都府から「京都府内産木材取扱事業体」として学校では初の認定を受けた。木製品販売時には、「地元産木材を使用するとどれだけ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出が削減できるか」という地球温暖化の原因のPR活動を行っている。平成19年度には、京都府京都市にある京都大学が開発した間伐材を有効利用した新しい建築工法の「J-podシステム」でモデルハウスを試作し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を行うと共に、地元京都府の木の新しい利用方法を提案している。現在、国内では建設等に係る木材需要の8割近くを輸入に依存している。これらを地域産材に置き換えたとき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減効果は、木材のライフサイクル二酸化炭素(CO2)全体で見ても50%を超える極めて大きい数値となっている。そこで、京都府では総面積の75%が森林であることから、地球温暖化の原因対策と地元京都府の木材産業振興を両立するために、「木材を輸送するときの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少なさ」を評価する「ウッドマイレージ二酸化炭素(CO2)認証制度」に取り組んでおり、京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人 京都地球温暖化防止府民会議)は同制度の認証機関として、制度の維持拡充に努めている。京都府京都市にある北桑田高校は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減とともに、木材の地産地消、ウッドマイレージという聞き慣れない概念を普及するため、単に高校生の教育機関としての役割を超え、京都府民に対する地元京都産木材の普及啓発に努めてきた。

> 京都府京都市の高校がウッドマイレージで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府京都市の高校がウッドマイレージで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 京都府京都市にある京都府立北桑田高等学校が地元の木材を使うことによってウッドマイレージを減らし、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。京都では、かつて1200年の間、日本の首都であった平安京が存在しており、都の建設に木材を供給したのが、京都府の北山地域である。過去1200年間にわたって蓄積された林業技術は、世界に誇る京の建築文化を支えてきたが、北山林業も、不況や輸入材に押される中で衰退している。この地域に立地する京都府立北桑田高等学校は、地元産スギ・ヒノキ材を使用したログハウスや家具を製作・提供しているという。平成18年度には、木材の地産池消が木材の輸送距離であるウッドマイレージを短縮して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出を削減することに着目し、京都府から「京都府内産木材取扱事業体」として学校では初の認定を受けた。木製品販売時には、「地元産木材を使用するとどれだけ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出が削減できるか」という地球温暖化の原因のPR活動を行っている。平成19年度には、京都府京都市にある京都大学が開発した間伐材を有効利用した新しい建築工法の「J-podシステム」でモデルハウスを試作し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を行うと共に、地元京都府の木の新しい利用方法を提案している。現在、国内では建設等に係る木材需要の8割近くを輸入に依存している。これらを地域産材に置き換えたとき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減効果は、木材のライフサイクル二酸化炭素(CO2)全体で見ても50%を超える極めて大きい数値となっている。そこで、京都府では総面積の75%が森林であることから、地球温暖化の原因対策と地元京都府の木材産業振興を両立するために、「木材を輸送するときの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少なさ」を評価する「ウッドマイレージ二酸化炭素(CO2)認証制度」に取り組んでおり、京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人 京都地球温暖化防止府民会議)は同制度の認証機関として、制度の維持拡充に努めている。京都府京都市にある北桑田高校は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減とともに、木材の地産地消、ウッドマイレージという聞き慣れない概念を普及するため、単に高校生の教育機関としての役割を超え、京都府民に対する地元京都産木材の普及啓発に努めてきた。

> 京都府京都市の高校がウッドマイレージで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当

 京都府京都市は、京都市指定ごみ袋から得られる財源の活用方法などを検討するワーキングチームの会合を開催した。会議の中では、地球温暖化の原因防止のために実施している1リットル当たり1円の袋価格(処理手数料)を妥当と再確認したほか、財源を生かした助成事業の現状が報告された。8月中旬ごろまでに制度の改善点をまとめ、京都市に提言するという。京都市指定ごみ袋の収入から経費を引いた財源は毎年10億円前後となり、2010年度は9億6千万円を予算に計上した。京都市は2006年10月の制度導入以来、収入を一般財源になるにもかかわらず、「ごみ減量・まちの美化・地球温暖化の原因対策」に限定した財源とし、生ごみ堆肥化モデル事業や環境ベンチャーへの助成など、毎年約20の地球温暖化の原因対策を始めとする環境問題の事業を展開している。京都市の会合では、有料化で家庭ごみが2割減った効果や、他都市で袋価格引き下げ後にごみ量が増えた事例が紹介され、袋価格を維持する方向性を再確認した。京都市の財源活用事業では、地域で古紙や古着を回収するリサイクルコミュニティ回収や、太陽光発電によるランタン開発など、これまでに助成を受けた団体が実績を報告した。その報告の中では、地球温暖化の原因防止や環境問題に寄与しているにもかかわらず、京都市への煩雑な申請手続きや制度の周知不足を課題とする指摘が相次いだという。

> 京都府京都市が地球温暖化の原因防止の観点からゴミ袋の価格は妥当はこちら

京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少

京都府京都市の門川大作市長は、京都市内の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素の総排出量の2008年速報値が、京都市地球温暖化対策条例が目標とする基準年(1990年)比10.0減を上回る11.7%減となったことを明らかにした。京都市地球温暖化対策条例制定後、目標を達成したのは初めてのことになる。しかし、この理由としては不況による生産活動の低下が大きな要因であることから、引き続き京都市民や事業者に抑制努力を求めた。京都市は2010年までに基準年比10%減となる695万トンまで減らすことを京都市地球温暖化対策条例に明記している。2008年速報値の京都市内総排出量は682万トンで、既にこの目標を達成したという。しかし、原油価格高騰や金融危機の影響に伴う産業・運輸部門のエネルギー消費量の減少が主な原因で、家庭や事業所からの排出量は基準年を上回ったという。こうしたことからも、来年4月に予定している京都市地球温暖化対策条例改正で2030年に40%削減する新目標を盛り込む方針を固めており、門川京都市長は「まだ通過点にすぎない。地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスの二酸化炭素排出量を減少させるには、太陽光発電システム電気自動車の普及などが必要」と強調した。

> 京都府京都市で地球温暖化の原因の温室効果ガスが11.7%の減少はこちら

地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例

 京都府では、今年度までの京都府内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を設定した京都府地球温暖化対策条例に関し、一部見直しなどを審議している京都府環境審議会・地球環境部会が京都府京都市上京区で開催された。京都府では、今回のこの会合において、地球温暖化の原因防止対策に係る条例の一部改正に関する中間案を初めて提案した。現行の京都府条例は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを2010年度に1990年度と比べ10%削減するのが目標としている。しかし、中間案は新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標達成のため、中小企業や家庭で削減した二酸化炭素(CO2)分を大規模排出事業者が購入する「京都発CO2排出量取引制度」を構築することや特定建築物を新築する際に一定量以上の京都府内産木材の利用を義務化することなどを盛り込んだ。会議に出席した委員からは「大規模排出業者同士が地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を取引できる制度も構築してはどうか」「京都府内産木材が安定して供給できる仕組みづくりを急ぐべきだ」などの貴重な意見が出された。京都府では6月府議会に中間案を報告後、7月に京都府民向けのパブリックコメントを実施する予定となっている。意見を集約した上で9月京都府議会への改正京都府地球温暖化対策条例案の提案を目指すという。

> 地球温暖化の原因防止対策を定めた京都府温暖化対策条例はこちら

京都府京都市が地球温暖化の原因防止対策として環境レポートを発行

 京都府京都市は、地球温暖化の原因防止対策に寄与するべく環境行政の進捗具合をまとめた市民向けの冊子「環境レポート」を発行した。京都市内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量データや京都市の環境政策上の課題などを、グラフを利用してまとめている。2006~2015年度の「京の環境共生計画」で京都市が目指す地球温暖化の原因防止対策のための脱温暖化やごみ減量などの目標に沿って、各政策を計画、実施状況、現状点検、見直しの流れをPDCAサイクルでで紹介し、地球温暖化の原因防止対策の課題などが分かるよう工夫した。家庭でも地球温暖化の原因防止対策に向けた環境配慮の取り組みができるようチェックシートも付け、7千部発行したという。京都市の各区役所支所のエコまちステーションで配布し、京都市の環境総務課のホームページにも掲載している。

> 京都府京都市が地球温暖化の原因防止対策として環境レポートを発行はこちら

京都府京都市が地球温暖化の原因の温室効果ガスを40%削減

 京都府京都市の付属機関で地球温暖化の原因防止対策を検討している京都市環境審議会(会長、内藤正明・京大名誉教授)は、部会の地球温暖化対策推進委員会(委員長、仁連孝昭・滋賀県立大副学長)から、協議している京都市地球温暖化対策条例改正案について中間報告を受けた。その内容としては、一定規模以上の新築共同住宅にはカーシェアリングの導入、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを大量に排出する特定事業者には電気自動車への転換などをそれぞれ義務付けることを提言している。京都市に対しては、特定事業者が提出している地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減計画書・報告書への総合評価制度の導入、低評価になった事業者への追加対策の実施、京都市環境モデル都市行動計画で目標値に設定した「地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減率40%」を京都市条例に明記することも求めている。審議会は6月までに、京都市に最終答申する予定となっており、これを受け、京都市は9月定例市議会に地球温暖化の原因防止対策に係る条例改正案を提出する方針だという。

> 京都府京都市が地球温暖化の原因の温室効果ガスを40%削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策に向けた国内各社の取組み

 地球温暖化の原因防止対策に向け、日本国内の各企業が独自の取組みを始めている。日本コカ・コーラ(東京都渋谷区)では来月から、太陽光発電装置システムを搭載した自動販売機「ecoる/ソーラー」の本格設置を始めると発表した。日中に自販機の本体上部の太陽光発電装置のソーラーパネルで発電し、バッテリーに充電する。夜間になると、その電気を自販機のディスプレー部の照明に使うという。このほか、利用者がいない時にディスプレー部の照明を暗くしたり、内部の断熱性を高めたりして、従来型より消費電力を約40%も減らしており、年内に約1500台の設置を目指すという。
 佐川急便グループの持ち株会社「SGホールディングス」(京都府京都市南区)では、今年度行った「全社一斉ライトダウン」で約100万キロ・ワット時の電力量を削減したと発表した。約10万世帯が1日に消費する電力に相当するという。昨年4、7、10月と今年1月の計27日間、グループの全事業所・営業店(計547か所)で看板灯や業務に支障のない照明を消して電力使用量を抑え、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2換算で約550トンの排出を削減したという。
 積水ハウス(大阪府大阪市北区)では、環境省などが主催する地球温暖化の原因対策運動の「ストップ温暖化『一村一品』大作戦全国大会2010」で先月、銅賞を受賞したと発表した。同社は2006年に大阪市北区の再開発地域・新梅田シティ内の敷地約8000平方メートルに、地球温暖化の原因防止対策となる水田や野菜畑、竹林、茶畑などを配した「新・里山」を整備した。これを地元の幼稚園児や小学生に無農薬有機栽培での米や野菜作りを体験してもらう取り組みを行ってきたことが評価された。
 三井不動産(東京都中央区)では、今月、同社グループの環境活動の共通キャッチコピー「アンド・アース」を作成した。同社グループは、ビルの建設や街づくりで設計段階から完成後の管理運営まで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減や水環境の保全、有害物質削減、省資源・廃棄物削減、生物多様性保全の5項目について配慮するなど、環境分野の取り組みを進めている。キャッチコピーは、同社の街づくりが地球との共生を意識していることをPRするのが狙いであり、今後、同社の広告や環境イベントなどで使用されるという。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策に向けた国内各社の取組みはこちら

地球温暖化の原因対策のバイオ燃料がアオコから高効率抽出

 地球温暖化の原因対策として、新たな研究が進んでいる。例えば、これまで厄介者でしかなかった湖や池の水面を埋めるアオコから、簡単に安くバイオ燃料を生み出す新技術の開発に電力中央研究所エネルギー技術研究所(神奈川県横須賀市)が成功したと発表した。新しい方法は、従来より約70倍も生産性が高いにもかかわらず、製造時の地球温暖化の原因などの環境影響も少ないという。大阪府東大阪市で開かれる日本化学会で発表し、水の浄化と地球温暖化の原因対策の一石二鳥になる「緑の原油」として数年後の実用化を目指す。同研究所では、スプレーの噴射ガスに使われる無害な溶剤ジメチルエーテルを20度で5気圧に加圧して液化し、アオコと混ぜ合わせる方法を考案した。この方法によると、溶剤の性質からアオコに自然に染み込み、乾燥・粉砕して細胞組織を壊さなくても、油分を溶かし出せることを確認できた。溶剤は減圧すれば蒸発するため分離・回収も簡単で、製造過程のエネルギー使用も激減するという。京都府京都市内の池のアオコを使った実験では、従来の方法ではアオコの乾燥重量の0.6%相当しか油分を抽出できなかったのに対し、新技術では約70倍の40%相当が抽出できる画期的な技術となっている。研究員は「6000種類以上の化学物質を調べて唯一目的にかなうのがジメチルエーテルだった。今後、大規模実験を行い、地球温暖化の原因対策のためにも実用化を急ぎたい」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策のバイオ燃料がアオコから高効率抽出はこちら

京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組み

 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素の削減で合意した京都議定書採択の地として環境先進地を目指しているのが京都府と京都市である。しかし、現実には地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置はあまり進んでいない。その原因の一つとして、2007年度から厳しくなった景観規制の影響が指摘されているが、京都市は2009年度に地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を増額し、普及を図ろうとしている。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金については、京都市は2003年から設置への補助を始めており、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの導入件数は2003年度173、2004年度155、2005年度172、2006年度224、2007年度191、2008年度103件と心もとない数値に終わっている。これには、景観規制により地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの普及が遅れている面はあると京都市地球温暖化対策室は話している。京都市の景観規制区域は京都市内の9割にも及んでおり、歴史的風土特別保存地区や伝統的建造物群保存地区などでは、原則として地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムとはいえ設置することができなくなっている。京都市では屋根も含めて文化財の扱いであるので、少しでも異質なものは認められないようになっている。美観地区などでは地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置は可能だが、それでも屋根材の色彩と調和させる必要がある。地区により濃淡はあるが、規制のない自治体よりも京都市では地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの費用と手間がかかる。京都市は「京都市民や業者からすれば設置許可や届け出などの手続きが面倒で、敬遠する傾向があるかもしれない」と認めながらも、「そんなに難しいことを言っているつもりはない。京都は京都らしく景観とマッチさせながら地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムを普及させる。規制緩和ではなく、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金の増額で対応している」と話している。最大出力1キロワット当たり4万5000円だった地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を、2009年度から規制区域外で5万円、規制区域内では8万円に引き上げた。京都市の規制区域内に3.4キロワットを設置するモデルケースでは総費用は238万円になる。これに対して補助金は、京都市が27万2000円、京都府が8万5000円(エコポイント)、国から23万8000円が出るので計59万5000円となり、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの自己負担額は178万5000円となる。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金がなければ30年とされる設置費回収にかかる年数は、補助金で20年余りに短縮されることになる。さらに、2009年11月からの余剰電力固定価格買い取り制度で十数年に短縮されたという。京都市には2009年度は前年度を上回るペースで申請があり、京都市は2009年度予算5474万円をほぼ使い切っており、設置件数が過去最多になるのは確実だという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組みはこちら

京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表

 日本からは京都府の京都市をはじめとする世界79都市の自治体のトップがデンマークに集まり、地球温暖化の原因防止対策に向けて連携を進める「コペンハーゲン市長気候サミット」が15日に始まり、国の枠組みを超えて先進的な地球温暖化の原因防止対策の取り組みで協力するために意見を交わした。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目的に世界40か国の首都を中心につくるグループ「C40」などとデンマークのコペンハーゲン市が主催し、市役所の会議室で開催した。初日は地球温暖化の原因防止対策に係る円卓会議があり、クリーンエネルギーやごみ行政、建物のエネルギー効率といったテーマごとに5人前後の市長がテーブルを囲んで発表し、その後話し合った。日本からは京都府の京都市の門川大作市長が地球温暖化の原因防止対策として低炭素の交通システムがテーマの会議で発表した。京都市における家庭での使用済みの食用油でつくるバイオ燃料をごみ収集車などに使っている事例を紹介し、「地球温暖化の原因防止対策のためには京都市民の関与は非常に重要」と強調した。隣席に座っていたフランス・ナント市のジャンマルク市長も「地球温暖化の原因防止対策を解決するためには、市民を引き込むことが大事だ」と指摘した。このほかに、ロンドンや香港、ヨハネスブルクなどの市長も出席し、地球温暖化の原因防止対策の一環として、都心への自動車流入を減らすための課税や温室効果ガスを排出しない電気自動車の導入などをめぐって熱心に議論をした。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表はこちら

京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレード

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているコペンハーゲンや東京と連携し、京都府京都市内で実施された地球温暖化の原因防止対策のパレード「クールな地球へ! 京都アクション2009」が賑わっていた。COP3が開かれた1997年の地球温暖化の原因防止対策のパレードに比べれば小規模なものとなったが、参加者は地球温暖化の原因防止対策の京都議定書が生まれた地から強いメッセージを発信しようと「京都から地球温暖化の原因防止の声を」と訴えた。COP15は前半の会議を終え、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書を基盤とする国際的な枠組みを決める作業はこれからが正念場となるところである。パレードの実行委員会は、日本は1990年比30%以上の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を目指せ、先進国は野心的な温室効果ガス削減目標と支援を目指せ、途上国も温室効果ガス削減の枠組みに参加をなどを共通スローガンとして掲げた。気候ネットワークや地球温暖化の原因防止京都ネットワーク、関西NGO協議会など多数の団体や市民ら約150人のパレードは午後2時、京都府京都市中京区の京都市役所を出発し、、参加者にはベビーカーを押す外国人男性をはじめ、白クマのかぶり物や牛の着ぐるみに身を包んだ参加者もいた。一行はシュプレヒコールを上げながら「STOP地球温暖化」「地球温暖化の原因防止対策によって守りたい私の地球」のプラカードと共に行進し、御池通から烏丸通、四条通、河原町通と市街の目抜き通りを約2時間かけて歩いた。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレードはこちら

地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減

 地球温暖化の原因防止対策チーム・マイナス6%では、ホームページに特設サイト「目指せ!1人、1日、1kg 、CO2削減」を設け、「私のチャレンジ宣言」の受付等を行っています。このチーム・マイナス6%の取組に多くの方々が参加していただけるよう、地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンを開始しました。この地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンに御参加いただける協賛企業を募集したところ、新たに3社から地球温暖化の原因防止対策の協賛の申し出がありましたので、お知らせいたします。引き続き、地球温暖化の原因防止対策に協賛いただける企業の皆様からの御連絡をお待ちしています。
「『1人1日1kgのCO2削減』応援キャンペーン」は、「私のチャレンジ宣言」に参加する人々に種々のメリットを提供すること等を通じて、地球温暖化の原因防止対策のための国民運動の飛躍的拡大を目指すものです。今般、さがみ化学物質管理ワークス(神奈川県藤沢市)、株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル(京都府京都市)、株式会社フォレスト(東京都中央区)から協賛の申し出がありましたので、その地球温暖化の原因防止対策の取り組みいただける内容をお知らせします。なお、本キャンペーンの協賛を御検討いただける企業の皆様には、地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンの趣旨等を御説明いたしますので、以下の連絡先まで御連絡ください。
『1人1日1kg CO2削減運動』事務局 協賛企業係 〒104-8411 東京都中央区築地1-11-10TEL : 03-3545-1231 FAX : 03-5551-9045 E-mail : info@1kg-co2.jp
【参加方法】チーム・マイナス6%のホームページ内の特設サイト(www.team-6.jp/try-1kg/)から入力 [1]アクセスした個人が、チャレンジメニューから自分が実践する項目を選択 [2]何グラムのCO2削減となるかが算定され、「私のチャレンジ宣言カード」がダウンロードできる。(打ち出して各人が携帯する。)
新規協賛企業
◎さがみ化学物質管理ワークス
 さがみ化学物質管理ワークスは地球温暖化の原因防止対策の「 1人、 1日、 1kg CO2削減」応援キャンペーンに協賛し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引いたします。受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より1%を割引しております。地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言カード」を御提示いただき、かつ、受発注処理でペーパーレスに御協力いただいたお客様には、御見積り価格より2%を割引いたします。ペーパーレスに御協力いただいたお客様・・・御見積書、御注文書、御請求書などの発行・送付を、 pdfファイルによりネット上のやりとりで御了承いただける方
実施期間 : 2009年 11月1日~2010年 3月31日
<お問い合わせ先>
さがみ化学物質管理ワークス
担当: 代表  林 宏   TEL: 050-1152-2542
E-mail:hiroshi.hayashi@chem-support.org
HPアドレス:http://www.chem-support.org/
◎株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
 スピリット・オブ・ジャパン・トラベルは、地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」運動に協賛し「私のチャレンジ宣言」に参加する方を応援致します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」を持って京(みやこ)ツアーへお越しください。ご提示頂いたお一人様につき1,000円をウミガメ保護事業に寄付させて頂きます。ご予約時にお伝え頂ければ、お一人様につき更に500円ツアー料金をお引き致します。地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ宣言カード」をご提示頂いた方は、京町家で学ぶ旅行英会話のクラス授業料一ヶ月(6,000円相当)を免除させて頂きます。
<お問い合わせ先>
株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル
担当: 高山 TEL: 075-204-8965
HPアドレス:http://www.eco-tourism.jp/
メールはお問い合わせフォームをご利用ください。
◎株式会社フォレスト
 株式会社フォレストはリサイクル活動などで地球温暖化の原因防止対策の「1人、1日、1kg CO2削減」に参加し、「私のチャレンジ宣言」を応援します。
<取り組み内容>
地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」カードをプリントアウトの上、弊社に郵送頂き、宣言内容を提示頂いた方に、SEO対策ツールを無料で一ヶ月間ご使用頂けるアカウントをプレゼントいたします。
※実施期間:2009年11月20日 ~ 2010年4月19日
※「私のチャレンジ宣言」カード送付先:
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-21 9F 株式会社フォレスト
『1人、1日、1kg CO2削減運動』係
※詳細な内容に関しましては、フォレストホームページ(http://www.forest.la/)をご覧ください。
<お問い合わせ先>
株式会社フォレスト
担当 : 森田 TEL: 03-3562-7238
HPアドレス: :http://www.forest.la/
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の1人1日1kgのCO2削減はこちら

地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催

 来月の12月7日にデンマークで開幕される気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)を前に、地球温暖化の原因の専門家と市民が地球温暖化の原因防止対策の今後を考える集会「市民が進める地球温暖化の原因防止2009」が28日、京都府京都市上京区の同志社大新町キャンパスで始まった。NPO法人(特定非営利活動法人)気候ネットワーク(中京区)が主催した。「政権交代と地球温暖化の原因防止対策」をテーマに話した気候ネットワークの浅岡美恵代表は、鳩山政権が地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素などの温室効果ガス削減の中期目標を麻生政権より引き上げた対応について「先進国の地球温暖化の原因防止のための温室効果ガスの削減目標も引き上げさせる一翼を担った。」と評価しながらも、「地球温暖化の原因防止対策の国内制度の整備を急ぐべき」と課題を指摘した。続いて、福山哲郎外務副大臣が気候変動枠組条約第15回締約国会議COP15の見通しを説明し、「地球温暖化の原因防止対策は厳しい交渉になるが、日本が重要なプレーヤーとなる。」と強調した。このほか、涌井史郎桐蔭横浜大特任教授が生物多様性をテーマに講演し、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会・経済」と題したパネル討論もあった。29日は自治体の地球温暖化の原因防止対策への取り組みや再生可能エネルギーなどに関する分科会が開かれる。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催はこちら

京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策

 京都府京都市では、地球温暖化の原因防止対策の一環として清涼飲料水を量り売りするなど環境に優しい「エコ・コンビニ」を、京都市役所内に2009年6月23日から3カ月限定で設置している。地球温暖化の原因防止対策としてのマイボトルの普及に取り組む京都市民団体が運営しており、食料品や飲料など150~200種類の商品を販売するが、缶やペットボトル飲料は置かず、客のマイボトルに店員がジュースやお茶などの中身だけを機械から注いで販売する形態をとっている。飲料用の大型冷蔵庫が不要で地球温暖化の原因防止対策のエネルギーの削減につながるほか、ゴミ減量にも役立てる狙いとしている。京都市は地球温暖化の原因防止対策のビジネスモデルとして成り立つのかを検証し、京都市以外に全国に拡大したい考えのようである。 
 また、栃木県宇都宮市が地球温暖化の原因防止対策の一環として展開する「もったいない運動」に、自転車プロロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」がチームを挙げての参画を表明した。選手たちは地球温暖化の原因防止対策のロゴが入ったユニホームでレースに参戦することになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは左肩にプリントされているため、自転車競技ではメディアなどへの露出効果が非常に高いことになる。地球温暖化の原因防止対策のロゴは物を大切にし、人を思いやる心を大きなハートで表現しており、節約や倹約など栃木県宇都宮市の環境対策への取り組みに賛同したブリッツェンが、無償の掲示を決めた。また、選手、スタッフ全員は地球温暖化の原因防止対策やゴミ減量に取り組むことを誓う「もったいない宣言」に登録し、実践面でも運動に協力していくとしている。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 京都府京都市と栃木県宇都宮市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府の地球温暖化の原因防止対策の条例と温室効果ガス削減目標

 来年度までの京都府地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガス削減目標を設定している京都府地球温暖化対策条例の見直しと、京都府低炭素社会づくり計画(仮称)策定を審議する京都府環境審議会地球環境部会が京都府庁で開かれた。京都府知事の諮問を受けた初会合となる。京都府は11年4月の改正京都府条例施行・計画実施を目指している。現行京都府条例は、10年度に90年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を10%削減が目標となっている。これに対して、改正京都府条例では、20年度(中期)と50年度(長期)の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減目標を設定する方針で、国(20年25%減、50年60%超減)と京都市(30年40%減、50年60%減)の各目標も考慮する。「地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減長期目標は80%以上減と考えざるを得ない。」(浅岡美恵・気候ネットワーク代表)、「京都府が国などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減目標を先取りをするよう腹をくくればいい。」(黄瀬謙治・京都工業会専務理事)などの意見が出され、審議会会長で部会長も兼ねる内藤正明・佛教大教授も「京都府なら地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減で一歩前に出てもいいのではないか。」と述べた。京都府の方針では10年4月に中間案・改正骨子をまとめ、7月にパブリックコメントを募集したい考えだ。8月に京都府条例改正の答申を受け、9月京都府議会への提案を目指している。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都府の地球温暖化の原因防止対策の条例と温室効果ガス削減目標はこちら

京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策

 京都府京都市は、地球温暖化原因防止対策の一環としてネット上で家庭の電気やガスなどの消費量を毎月入力し、省エネの取り組み状況を把握する「インターネット版環境家計簿」(http://www.doyoukyoto.com/)を2009年3月の「DO YOU KYOTO?デー」の日に開設した。地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとしては、全国初の機能として、太陽光発電ソーラーシステムの利用効果を反映したグラフの表示システムを始め、各種団体や企業などグループ単位での参加が可能となっており、地球温暖化原因防止対策の取り組み成果を共有することができる。また、地球温暖化原因防止対策のため、電気やガスの消費量を標準世帯と比較し、省エネルギーに関するアドバイスを表示する。さらに「エコクイズ」、「エコ占い」などの子供から大人まで楽しみながら地球温暖化原因防止対策を学ぶことができるコンテンツや、抽選で「トラフィカ京カード(1000円)」が当たる特典もあり、京都市は登録者に好評を得ていると話している。
 一方、福岡県では、「福岡県エコバスツアー」を2009年3月から開催しており、エコファミリーに登録している親子12組を招待した。これは福岡県が初めて実施するもので、エコ事業所である西日本鉄道(福岡市)と西部ガス(福岡市)の協力によって、エコ・クッキングの実習の実施するほか、大木町の生ゴミ、し尿、浄化槽汚泥を処理するバイオマス施設「くるるん」や家庭用燃料電池を見学した。車内では、西日本鉄道の環境保全へ向けた取り組みの紹介や地球温暖化原因防止対策クイズなども通して、家庭や事業所・自治体の地球温暖化原因防止対策の取り組みを紹介した。最後に子供13人が地球温暖化原因防止対策に向けた「私のエコ宣言」を行い、年間で200リットルのドラム缶約6000本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を約束した。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策はこちら

大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出

 環境省は、平成21年度地球温暖化原因防止対策太陽光発電の「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」を実施する委託先として、12地方公共団体を採択した。「地域におけるグリーン電力証書の需要創出モデル事業」は、地域における自立的な地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の普及拡大につなげることを目的とし、全国の地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデルとなるような、住宅用太陽光発電由来グリーン電力証書の供給と、オフセットを実施する地元企業等需要を結びつけ、その地球温暖化原因防止対策の太陽光発電の販売代金を発電設備の設置費用回収に充当するものとなっている。採択された地方公共団体が地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のモデル事業を行う推進協議会を設置・運営し、環境省は運営に必要な経費を支援する。今回採択されたのは、札幌市青森県愛知県京都市大阪府北九州市富山市都留市松本市小諸市大垣市掛川市の12府県市となっている。

LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 大阪府・札幌市など地球温暖化原因防止対策の太陽光発電のグリーン電力証書の需要創出はこちら

環境リスクの公開シンポジウム

独立行政法人国立環境研究所は、公開シンポジウム2009を開催すると発表した。この公開シンポジウムは、毎年6月の環境月間行事の一環として同研究所が開催しているもので、2009年のテーマは、「今そこにあるリスク ~環境リスクの真実を語ろう」。環境研究が環境リスク問題の解決にどのように貢献できるか、同研究所で行っている研究の一端をわかりやすく紹介するとしている。参加は無料。参加希望者は、「公開シンポジウム2009」ホームページ( http://www.nies.go.jp/sympo/2009/index.html )、またはハガキかFAXにより申し込む必要がある。日時と場所は、6月6日(土)12:00~17:30に東京都港区のメルパルクホール(東京会場)と、6月13日(土)12:00~17:30に京都府京都市下京区の京都産業会館8階シルクホール(京都会場)の2箇所で開催する。内容は、環境リスクについての説明と、国立環境研究所での環境リスク研究への取組を概括する講演をはじめとして、研究所における環境リスク関連研究活動のうちから、(1)化学物質の生態リスク評価のための試験法の開発・改良、(2)最先端の微量の残留有機汚染物質の分析法の開発、(3)空気中の汚染物質とその健康への影響、(4)環境汚染とアレルギー疾患の関わりに関する講演を行う。また、本シンポジウムのテーマに関する研究やその他の研究分野の成果について研究者がパネルを用いて来場者と対話しながら説明するポスターセッション(17件)を予定している。


LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境リスクの公開シンポジウムはこちら