TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素】

東京工業大学が二酸化炭素(CO2)から原料を生成

 地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と炭素化合物を金属性の触媒を利用して、医薬品やプラスチックの原料に使用できる炭素資源を生成する手法を、東京工業大学(東京都目黒区大岡山)の岩沢伸治教授の研究グループが開発し、アメリカの化学会専門誌に発表したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の資源化の道への可能性もあり、地球温暖化といった環境問題への解決にも期待できる。研究グループは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の化合物の生成に金属のロジウムを触媒として利用しているという。ロジウムが結合しやすいようにした炭素化合物にアルミニウム化合物を添加すると、炭素と水素の結合が切れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)と結び付いた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の工業的使途は現在、ポリマーの一種の生産過程などに限定されているのが実情である。今後、原油の主成分の炭化水素と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を反応させ、医薬品製造用の炭素資源にすることもできるといい、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の有効利用に加えて、医薬品等の生産時に使用される石油の量も削減できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京工業大学が二酸化炭素(CO2)から原料を生成はこちら

宮城県が二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定締結

 宮城県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、宮城県大衡村で新本社工場を稼働させたセントラル自動車(神奈川県相模原市緑区)と環境配慮基本協定を締結したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、二酸化炭素(CO2)排出量の削減や廃棄物排出量の抑制など、環境負荷の低減に向けた企業活動を促す宮城県の指針「宮城県環境配慮推進ガイドライン」にセントラル自動車が賛同して協定の締結に至った。宮城県環境配慮推進ガイドラインは2009年に制定され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の対象は敷地面積が20ha以上の工場や事業所となっているが、指針に基づく宮城県との協定の締結は初めてのケースとなる。セントラル自動車では、暖房の効率化や建物のコンパクト化、植林や緑化などによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を講じる。2012年度を目標に、車1台当たりの生産に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、2007年度に同社が作った計画から30%削減する目標を立てており、毎年6月に、取組状況を宮城県に報告するものとなっている。今般、宮城県庁で行われた締結式には、村井嘉浩宮城県知事と跡部昌洋大衡村長、セントラル自動車の葛原徹社長が出席し、葛原社長は「よき宮城県内の企業村民として認めていただけるように、会社を挙げて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に配慮していきたい」とコメントした。村井宮城県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定の趣旨を理解し、環境配慮に努めて、宮城県民の期待に応えてほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県が二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の協定締結はこちら

岐阜県は坂本龍一さんと二酸化炭素(CO2)のカーボンオフセット

 岐阜県は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、2011年度から、音楽家である坂本龍一さんが代表の森林保全団体「モア・トゥリーズ」(東京都)とタイアップし、岐阜県内を観光しながら森林づくりや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するエコツーリズムを実施すると発表した。岐阜県では、坂本龍一さんの日本国内はもちろんのこと、世界的な知名度を生かして、地球環境問題に優しい岐阜県の旅を内外にPRしていくという。岐阜県が今回タイアップする森林保全団体「モア・トゥリーズ」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、森林再生に取組む坂本龍一さんが2007年に設立した環境問題を考える団体である。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備や間伐材製品の販売を行っている。このほかにも、企業が自社の企業活動に伴って排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を森林組合などの行う森づくりに資金提供することで双方を相殺する「カーボンオフセット」の仕組みの普及にも取り組んでいるという。岐阜県が始めるエコツーリズムは、このカーボンオフセットの仕組みを活用する。岐阜県森林組合が間伐などにより削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を環境省(東京都千代田区霞が関)の第三者機関に認証してもらい、その認証をモアが岐阜県のエコツーリズム用に販売する仕組みになっている。こうした環境問題対策の趣旨に賛同する岐阜県内の旅館やホテルの宿泊費に代金が上乗せされ、その分岐阜県森林組合に還元されて森林整備に使用されるという。この環境問題対策の上乗せ代金の設定は、宿泊先の照明や空調などを使うことで排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に見合う金額となっている。つまり、岐阜県内の観光で排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が、岐阜県内の森林で吸収固定されるという仕組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岐阜県は坂本龍一さんと二酸化炭素(CO2)のカーボンオフセットはこちら

東京都渋谷区のジャックスがecoカードで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策

 ジャックス(東京都渋谷区恵比寿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に貢献する企業の環境保全活動の取り組みとして、カード素材の一部に植物由来原料を使用し、化石燃料の消費量や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献できる、地球環境の改善に貢献できるクレジットカード「ジャックスeco(エコ)カード」を発行する。12月10日からジャックスのホームページで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として募集を開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の業界初のポイント制度として、環境問題と親和性の高い太陽光発電システムの購入に、ジャックス加盟店のソーラーローン(ショッピングクレジット)を利用することができるようにした。同時にジャックスeco(エコ)カードを申し込んだ場合には、ソーラーローンの支払い期間に応じた特別ポイントを付与するなど、さまざまな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策につながる特典があるという。ジャックスでは、このカードを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策における中核商品と位置づけ、初年度1万人の会員獲得を目指し、環境問題における企業の社会的責任を果たしていくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都渋谷区のジャックスがecoカードで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策はこちら

宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策

 宮城県大崎市田尻において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、宮城県北部で最大級のバイオディーデル燃料(BDF)の精製プラント建設工事が進んでおり、2010年度中に着工し2011年度から操業予定となっている。バイオディーデル燃料(BDF)の精製プラントの事業主体は労働者協同組合「労協センター事業団東北事業本部」(宮城県仙台市青葉区)で、みやぎ生活協同組合(宮城県仙台市泉区八乙女)と連携、し関係店舗から廃食油を回収して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオディーデル燃料(BDF)の原料にするという。バイオディーデル燃料(BDF)の精製量は1日当たり1,000リットルになり、みやぎ生活協同組合の配送ディーゼル車向けに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として1リットル100円程度で提供する循環システムを構築するという。バイオディーデル燃料(BDF)プラント予定地は、宮城県大崎市田尻の「みどりの農業協同組合」所有地を借地する。バイオディーデル燃料(BDF)プラント建設事業費は、約1億円で、同センターの自己資金5,000万円に加え、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「バイオマス利活用交付金」5,000万円を活用するという。現在、農林水産省による交付内示が出て、東北農政局と計画主体の宮城県との間で事業の詳細を詰めている。宮城県大崎市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「バイオマスタウン構想」を打ち出した関係から、同センターは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境関連事業の展開と就労の場の拡大に向けバイオディーデル燃料(BDF)プラント計画に進出したという。バイオディーデル燃料(BDF)の生産規模は、宮城県内で有数の規模になり、農業用トラクターなどにも幅広くバイオディーデル燃料(BDF)を提供いくという。バイオディーデル燃料(BDF)プラントの雇用規模は4人程度だが、「ひきこもり」から脱しようとジョブトレーニングを受けた若者の雇用を検討している。同センターは東京都・池袋に本部があり、労働者自ら出資して就労の場を創出・確保する協同組合で、東北事業本部は20年前設立された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組み以外にも、障害児者・高齢者のデイサービス、ビルメンテナンス、若者サポートセンターなど幅広い業務を行っている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 宮城県大崎市でバイオディーデル燃料(BDF)による二酸化炭素(CO2)排出量削減し地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策

 古河電気工業(東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応し、スマートグリッドに関連した電気の送配電技術や通信技術の開発体制を一層強化するため、研究開発本部の環境・エネルギー研究所の一部とファイテルフォトニクス研究所の一部を集約し「パワー&システム研究所」を新設すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する環境問題から、電力関連市場はスマートグリッドの活性化、超電導など次世代技術の加速が求められている。古河電気工業はグループ内で情報を共有化し、スマートグリッド関連事業のグループ戦略を策定・提案するとともに、スマートグリッド関連プロジェクトを推進する「スマートグリッド新事業推進室」を今年8月に設置している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を強化するため、古河電気工業が新設するパワー&システム研究所は、スマートグリッド新事業推進室が策定した戦略や重点的に取組む新たな電力関連事業の提案を受け、研究開発を促進するために設置するという。古河電気工業の内部組織として「スマートエナジー開発部」及び「パワープロダクツ開発部」を平塚事業所(神奈川県平塚市東八幡)内に、「超電導応用開発部」を千葉事業所(千葉県市原市)内に設置するという。これは、古河電気工業社内やグループ会社に分散しているスマートグリッド技術を集約・融合して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する開発力を強化し、新製品のスマートグリッド開発を促進する目的だという。今回の古河電気工業の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的とした研究開発本部内の機能集約に伴い、「環境・エネルギー研究所」は「環境・エレクトロニクス研究所」に名称変更し、同時に「高分子技術センター」、「放熱・実装技術開発部」、「コンポーネンツ技術開発部」、「有機分析グループ」、「海洋エネルギーグループ」を設置するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の古河電気工業は二酸化炭素(CO2)排出量削減するスマートグリッドで地球温暖化の原因防止対策はこちら

富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三協立山アルミ(富山県高岡市早川)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、クリーンな自然エネルギー太陽光発電システムモジュールをカーポート屋根に組み込んだ「太陽光発電システム・ソーラスター」を12月から発売すると発表した。「太陽光発電システム・ソーラスター」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として設置したいものの、躯体の強度や家屋・屋根形状から太陽光発電システムの設置が難しい住宅や、より多くの発電量を確保するカースペースでの発電を提案するもので、太陽光発電システムの電力は自宅で使用するという。三協立山アルミは、2009年8月に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムを上乗せしたカーポート「M.シェード」及び「G-1」を発売した。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として新発売する商品は、太陽光発電モジュールをカーポートの屋根に一体化して組み込んであり、従来の太陽光発電システムの上乗せ型の商品と比較して、デザイン性や施工性の向上を図ったという。また、三協立山アルミでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として普及が見込まれる電気自動車(EV)の充電に対応できる「電気自動車対応プラグインスタンド・電気ためちゃいます」を2010年6月に発売している。新製品のソーラスターと同時に営業活動を展開し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムで発電したクリーン電力で電気自動車EVを充電するプランを提案していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 富山県高岡市の三協立山アルミは電気自動車EV対応の太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

大阪府門真市のパナソニック電工はパナホームで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 家庭における地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、エアコンや照明など家電製品の電気使用量と、太陽光発電システムのパネルの発電量を集約して住宅設備の省エネ制御を支援するHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が注目されたいる。大手ハウスメーカー各社が、住宅建設における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の切り札として一戸建てへの搭載を積極的に進めている。パナソニック電工(大阪府門真市大字門真)の「ライフィニティECOマネシステム」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応したシステムとなっている。2007年に発売したパナソニック電工のホームネットワークシステム「ライフィニティ」のメニューの一つとして、ECOマネシステムを発売しているが、この年秋には、電気だけでなく、水道やガスの使用量も管理し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検討できる商品も発売する予定になっている。愛知県名古屋市緑区鳴海の住宅展示場に、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を検討できる最新システムを搭載したパナホームのモデルハウスがオープンした。ECOマネシステムの操作には、リビングのテレビを利用する形態になっている。ただ、ECOマネシステムは、太陽光発電システムや風力発電システムなどのいわゆる省エネ対策設備と違い、利用すれば省エネ対策になるというものではない。エネルギーをどれだけ使っているか、使い過ぎているかを居住者に伝え、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながる省エネ対策への取り組みを促すための仕組みだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府門真市のパナソニック電工はパナホームで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 広島県北広島町は、北広島町営の道の駅「舞ロードIC千代田」に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、クリーンな自然エネルギーである太陽光発電システムを屋上に設置した。消費電力の削減による省エネ対策と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を目的としており、道の駅という人が集まる施設であることから、太陽光発電システムで発電する自然エネルギーの活用を広くアピールするという。「舞ロードIC千代田」では、管理棟の屋上の約300平方メートルに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、合計54枚の太陽光発電システムのパネルを設置した。この太陽光発電システムの最大出力は、10.26kwで、年間発電量は1万1645kwhになり、道の駅の年間の使用電力の7%を賄うことができる見込みだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は年間6トン、光熱費は約22万円の削減になると試算している。広島県北広島町は、太陽光発電システムの設置工事と同時に、管理棟内にある30台の蛍光灯などを発光ダイオード(LED)照明に切り替えたことから、年間約9万円の光熱費の削減と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながるという。総事業費は計約1600万円で、広島県の省エネ支援事業の補助金を活用して整備した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県北広島町は太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

島根県大田市がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)削減対策

 島根県大田市で9月1日、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、島根県西部の地方自治体では初めてレジ袋が有料化された。大田市や大田市内の業者、経済団体でつくる大田市地球温暖化対策地域協議会ではこの日、スーパーマーケットで店頭キャンペーンを実施、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とごみの減量への市民の協力を訴えた。大田市長久町にあるジャスコ大田市店の前では、竹腰創一大田市長や大田市婦人団体連絡協議会のメンバーが、地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のチラシとジャスコ大田市店オリジナルの「マイバッグ」を買い物客に手渡し、「レジ袋は有料化されたので、買い物にはマイバッグなどの買い物袋持参で」などと呼びかけた。マイバッグは2,000枚用意され、ジャスコ大田市店で先月30日から3日間かけて配布された。大田市地球温暖化対策地域協議会では、去る8月20日に、大田市や大田市内の9業者16店舗がレジ袋の無料配布中止と有料化に関する協定に調印した。地球温暖化の原因防止の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレジ袋有料化の賛同業者はその後増え、大田市内の12業者19店舗でスタートした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県大田市がレジ袋有料化で地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

タカラトミーのリカちゃん人形が打ち水で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策

 東京都葛飾区立石にあるタカラトミー本社前で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして「かつしか打ち水作戦」が行われ、タカラトミーの人気キャラクター「リカちゃん人形」などが打ち水に参加した。「かつしか打ち水作戦」は、葛飾区立石地区で行われていた「立石フェスタ」の一環として行われた。東京都葛飾区が災害対策用に備蓄していた防災用備蓄飲料水のうち賞味期限が切れたものを、タカラトミー本社前の道路に地元の子供たちと水をまいた。打ち水の当日は、地元の子供たちのほか、タカラトミーの富山幹太郎社長、青木克徳東京都葛飾区長、東京都葛飾区地域温暖化対策地域協議会の村田佳寿子会長など多数が参加した。キャラクターとしては、タカラトミーのリカちゃん人形のほか、葛飾区のごみ減量キャラクター「リーちゃん」も参加しており、子供たちから大人気であった。打ち水の開始前には32.1度あった路面の表面温度は、打ち水効果で30.1度まで下がった。イベントスタッフは「14時に行った時には、日向ということで表面温度が10度も下がった。」と話していた。同イベント参加のきっかけについて、タカラトミーは「以前まではイベントのサンバカーニバルの着替えスペースとして社内を提供していたが、今年から地域温暖化地域協議会に参加したことから、葛飾区の地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコをアピールできるイベントを考えた結果、今回の打ち水に参加した」と話している。タカラトミーでは、現在、環境課を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策に取り組んでいる。環境イベントへの参加だけではなく、「テコロジートミカ」や「のほほん族」などのおもちゃを通して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする環境問題対策の重要さを知ってもらえるよう企画を進めているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> タカラトミーのリカちゃん人形が打ち水で二酸化炭素(CO2)排出量を削減して地球温暖化の原因対策はこちら

和歌山県のレジ袋有料化による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減が危機

 和歌山県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指し、2009年1月から和歌山県内のほとんどのスーパーが一斉にレジ袋有料化をしていたが、複数のスーパーが9月から和歌山県中北部を中心に無料で配布し始めたという。レジ袋有料化に不参加の業者がいたことが原因で、ドラッグストアも1業者が8月からレジ袋を無料で配布しているという。仁坂吉伸和歌山県知事は「レジ袋を完全にやめるのではなく、競争上の問題や懸念をなくす形で改善していけばいい」と話している。和歌山県循環型社会推進課によると、ごみとなってしまったレジ袋の燃焼による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減をして地球温暖化防止につなげようと、和歌山県が和歌山県内の業者に呼び掛け「わかやまノーレジ袋推進協議会」を発足させた。現在、33業者215店舗が加入しており、和歌山県の調査では、マイバッグ持参率は91.4%に上っていた。和歌山県や複数のスーパーの担当者によると、協議会の事業者会議があり、一部の業者から9月1日からのレジ袋無料配布の申し出があった。和歌山市のスーパーは「和歌山県内でレジ袋有料化の発足から1年半もたったのに業者の足並みがそろわない。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減という大義名分がある一方で、今でもお客から『なぜ有料なのか』という声がある」と話している。別の業者は「大半の客は、地球温暖化の原因防止対策を理解してマイバッグを持参している。一方で、観光で成り立つ和歌山県なのに大阪から観光に来た人に有料なのかと言われたこともあった」と話した。仁坂和歌山県知事は「和歌山県内で協力しない業者がいるので、客が取られるのではないかという議論があるが、有料化の機運は大事にした方が消費者の協力も取り付けやすい。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減という目的をPRしていきたい」と述べている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県のレジ袋有料化による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減が危機はこちら

福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 九州電力(福岡県福岡市中央区)の子会社キューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区)は、福岡空港ビルディング(福岡県福岡市博多区)と共同で、福岡空港国際線ターミナルに地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する太陽光発電設備を設置すると発表した。キューデン・エコソルは、一般企業や官公庁に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に貢献する太陽光発電設備を提供し、そこで発電した電気を販売する太陽光オンサイト発電事業に取り組むために、1月に営業を開始した会社である。国から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する補助金を受けて建設し、今年度中の太陽光発電設備の完成を目指すという。太陽光発電設備は、国際線ターミナルの屋根に設置し、面積は屋根全体の約2割程度になるが、福岡空港における年間使用電力の1%に相当する約19万6000kwhを発電する能力がある。今回の太陽光発電設備の設置によって約73.3トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県の福岡空港が太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 東京ガス(東京都港区海岸)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電バイオマスなどの分散型の新エネルギーと天然ガスの熱電併給のコージェネレーションシステムを組み合わせ、省エネルギーと二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する「スマートエネルギーネットワーク」を実用化すると発表した。まずは、2016年度の竣工を目指すJR田町駅東口芝浦再開発(東京都港区)にスマートエネルギーネットワークを導入し、ガス、電力、熱の最適なエネルギーを供給するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する太陽光発電であるが、天候に左右されるという欠点がある。供給が不安定な太陽光発電を燃料電池やコージェネレーションなどの分散型電源を組み合わせることで、それを補い、大規模なエネルギー供給システムとして一元管理し、省エネルギーや地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につなげるのが目的の技術である。東京都港区で行われている芝浦再開発は、東京ガスと三井不動産(東京都中央区日本橋室町)、三菱地所(東京都千代田区大手町)との共同開発を予定しており、オフィスビルや店舗などで構成される複合施設で、敷地面積は約2万8000平方メートルと大規模である。東京ガスでは、複数のビルの地域冷暖房プラントを連結することによって、最新の高効率機器を導入した単体のビルに比較しても10%超の省エネルギーと、25%の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す。熱供給能力は24,000~28,000kwで、コジェネシステム(4,000~5,000kw)、燃料電池(100~300kw)などを導入し、二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光発電や太陽熱エネルギーなどの再生可能エネルギーも利用するという。東京ガスは東京ガス横浜研究所(神奈川県横浜市鶴見区)で、2006年から地球温暖化の原因防止対策の「スマートエネルギーネットワーク」の実証試験をスタートしているが、政府の補助金を活用した二酸化炭素(CO2)を排出しないフィールド実証試験や、既存のオフィスビルや商業施設を含めた再開発地区にも地球温暖化の原因防止の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を応用する考えだという。東京都の築地市場の移転予定先の豊洲地区(東京都江東区)の東京ガス所有地の再開発でも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減した低炭素社会を実現する「スマートエネルギーネットワーク」による街づくりを検討しているという。豊洲再開発は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない水素エネルギーの活用も検討し、エネルギープラントの投資額は100億円を超える規模になる見通しだ。電力会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、IT(情報技術)を活用し、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーの導入を進める次世代電力網「スマートグリッド」の実現に向け、技術開発を進めている。これに対して、都市ガス会社は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関しては、分散型電源を活用することで、二酸化炭素(CO2)を排出しない自然エネルギーと組み合わせた「地産地消」型の地域エネルギーインフラの整備を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京ガスがコージェネレーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

埼玉県三郷市は二酸化炭素(CO2)削減の緑のカーテンで地球温暖化の原因対策

 埼玉県三郷市の早稲田59町会では、地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するとされている緑のカーテンとして、地域ぐるみでゴーヤ(ウリ科)を育てており、三郷市の住宅街に清涼感を醸し出すと同時に、三郷市内のコミュニティづくりにも役立っているという。埼玉県三郷市の早稲田59町会の住民の一人で、埼玉県地球温暖化防止活動推進委員にも任命されている村岡さんによると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するとされている緑のカーテンのゴーヤ栽培は今年が2年目になるという。三郷市の町会の全59世帯のうち21世帯が5月末に沖縄産ゴーヤの苗木を1世帯当たり3本ずつ、家の軒先などに植えて緑のカーテンの準備をした。猛暑の時期になると、緑のカーテンのゴーヤのつるは2階以上にまで成長し、生い茂ったゴーヤの葉が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献するとともに、周辺に涼しさをかもし出している。緑のカーテンのゴーヤの実も7月半ばから大量に採れ出し、各家庭でゴーヤチャンプルや炒め物、酢漬け、漬物などにして食べているという。村岡さんは、「緑のカーテンは地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献できるうえに、見た目にも涼しい。そのうえ、三郷市のご近所同士で地球温暖化やゴーヤ作りなど共通の話題ができたのが素晴らしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県三郷市は二酸化炭素(CO2)削減の緑のカーテンで地球温暖化の原因対策はこちら

石川県加賀市ではヤギの草刈で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 管理している土地の雑草の草刈といえば、造園業者などに依頼して、人力でエンジン付の草刈機をブンブン鳴らしながら草を刈って、刈り終わった草はトラックで産業廃棄物として運搬し、焼却処分を行っているのが普通だ。しかし、この方法では、車による機材のや刈り終わった草の運搬、焼却処分などにおいて、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することになる。こうした方法とは違って、中日本高速道路金沢支社(石川県金沢市)では、ヤギによる草地管理の取り組みを初めており、石川県加賀市美岬町の尼御前サービスエリア(SA)で実際に草刈を行った。従来は人的に草刈機で行っていた休憩施設の園地や高速道路のり面の草刈り作業を、SAの園地で草を食べるヤギのカナとアンに草を食べさせることで、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量や草刈機の騒音の発生を抑制することができるうえに、刈った草の処理も何も出ないことから作業を低減するのが狙いだという。今年4月から、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、富山県の中日本高速道路城端SAでヤギ5頭を飼育して試行で実施してきたが、石川県内でも金沢西インターでヤギの飼育を始め、この日初めて実際に草刈の任務に当たっていた。尼御前SAを訪れたのは、ヤギの雌のカナとアンの2頭だけであったが、職員に連れられた2頭は早速、園地に生えた草をおいしそうに食べて、草刈機で刈ったときよりも短くきれいにしていった。ヤギは雨の日などを除いて、石川県等の中日本管内の高速道路で草刈り作業の任務にあたるという。

> 石川県加賀市ではヤギの草刈で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装

 地球温暖化の原因防止対策として、あるいは環境問題に取り組む姿勢を見せるためにも、環境負荷の少ない容器や梱包(こんぽう)材を使用する動きが産業界で広がりつつある。キリンビバレッジは、国産の2リットル入りのペットボトルとして最軽量の35グラムの地球温暖化の原因防止の飲料容器を開発したと発表した。資生堂は、地球温暖化の原因防止の植物素材のサトウキビを原料にした樹脂製の化粧品容器を来年度から採用する。地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を減らして環境保全に貢献するとともに、製品自体の差別化が難しい中、環境性能をアピールして販売拡大につなげる狙いがある。キリンビバレッジは新容器をまず、ミネラルウオーター「アルカリイオンの水」に採用し、10月下旬から売り出すという。これまでの国産最軽量だったサントリーの36グラムを1グラム下回ったものとなっている。同社の従来品より7グラム(16%)軽量化した結果、製造時に使う樹脂量が年間820トンの削減が可能になり、一般家庭560世帯分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量に相当する量を抑制する効果がある。常務は「新容器で企業としての地球温暖化の原因防止と環境配慮姿勢を示す」とし、アルカリイオンの水で前年比1%増の2200万ケースの販売を目指す。2リットルの軽量ペットボトルをめぐっては、日本コカ・コーラが「森の水だより」で38グラムを実現しているほか、サントリーが36グラムの「天然水」を3月から売り出している。地球温暖化の原因防止と環境負荷を減らす動きは化粧品にも及んでいる。資生堂は南米化学最大手のブラスケン(ブラジル)、豊田通商と共同で、地球温暖化の原因防止に向けてサトウキビの絞りかすから取れるエタノールを原料に使ったポリエチレン樹脂製の容器を開発中だという。コストは石油原料に比べて高くつくが、「消費者の地球温暖化の原因防止などの環境意識が高まり、企業側からも新しい地球温暖化の原因防止に係る提案をしていく必要がある。美とエコを両立させたい」として、業界に先駆けて容器のエコ化を進めている。同社は20年度をめどに、08年度に国内の容器で使用した樹脂の半分にあたる1000トンを地球温暖化の原因防止となる植物由来の樹脂に切り替える計画だという。

> 地球温暖化の原因防止と環境問題でエコ包装はこちら

東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信

 東京都地球温暖化の原因防止対策として、4月から東京都内のビルや工場などの大規模事業所に地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の排出削減を義務付ける国内初の制度をスタートさせた。東京都自身も地球温暖化の原因防止に範を示すため、平成32年度までに12年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量を25%削減する目標を掲げている。東京都庁の中でもとりわけ地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減を迫られているのが、東京都のCO2総排出量の4割を占める東京都下水道局だ。東京都下水道局は今年、「アースプラン2010」を策定し、下水道事業としては全国初となる最新技術を駆使した対策を取っている。東京都下水道局の事業活動で排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスの約4割は1300万東京都民の生活を陰で支える下水処理で発生しており、その大半は雨水や下水をくみ上げるポンプの電力や汚泥の焼却によるものとなっている。東京都下水道局の20年度CO2総排出量は87.6万トンであり、これは六本木ヒルズの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の年間排出量の15倍以上で、地下鉄やバスなどを有する東京都交通局の3倍にもなる。しかも、地球温暖化の原因によるゲリラ豪雨対策で排水ポンプの増設を迫られるなど、下水道事業における電力消費量は増加し、地球温暖化の原因による負のスパイラルに陥っている。しかし、石原慎太郎知事が「東京都から日本の地球温暖化の原因防止対策をリードする」と宣言し、民間に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の削減義務を課した以上、東京都自らが手をこまねいているわけにはいかない。そこで、東京都下水道局は「アースプラン2010」で、最新技術の導入で目標を達成する方針を打ち出した。
 それによると、例えば、汚泥焼却の際に発生するガスや熱を再利用するガス化炉や、炉内の圧力を上げて燃焼効率を高める第2世代焼却炉を導入する。汚泥焼却の際には、CO2の約310倍もの地球温暖化の原因となる温室効果を持つ一酸化二窒素が発生するため、それを大幅に抑制できる新型炉にはとりわけ大きな期待が集まる。このほか、太陽の動きに合わせパネル角度が変わる新型太陽光発電も導入することにした。これらはすべて下水道事業で全国初となる技術だという。導入に伴うコストだが、東京都下水道局は「設備の寿命時期に合わせて新技術を採用した機器を導入するためコストは大きく増えない。省エネ型の機械に入れ替わることで電力や燃料消費量が減少し、トータルするとコストは増えない」と自信を見せる。

> 東京都下水道局が地球温暖化の原因のCO2を25%削減に自信はこちら

地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加

 栃木県は、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する協定を25事業者・40店舗と新たに締結したと発表した。昨年、栃木県、市町、消費者団体と11事業者・59店舗でスタートした地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋有料化に関する4者協定は、35事業者・86店舗に増加したという。今回のレジ袋有料化に関する協定では栃木県内大手スーパーの「たいらや」(本社・栃木県宇都宮市城東1)が新たにこの取組みに参加したことから、地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋無料配布中止の動きに弾みがつきそうだという。栃木県庁で行われた地球温暖化の原因防止に寄与する協定締結式で、福田富一栃木県知事は「協定に参加したのは、地球温暖化の原因防止など環境保全に高い意欲を持つ事業者であり、こうした事業者を支援するとともに、栃木県民に対してこの取り組みへの理解、協力を求めて栃木県民総ぐるみの地球温暖化の原因対策につなげたい」と語った。「たいらや」は栃木県内22店舗のうち、宇都宮市、下野市、芳賀町の15店舗で4月1日からレジ袋の有料化を実施し、地球温暖化の原因防止に寄与するという。レジ袋は1枚3~5円で販売する予定だという。たいらやの村上篤三郎社長は「地球温暖化の原因防止を始めとする環境問題に少しでも寄与できると思い参加した。栃木県が地球温暖化の原因防止に寄与する環境問題に取り組んでいるというイメージが出来上がることを願う」とあいさつした。同社の地球温暖化の原因防止に寄与するレジ袋の有料化協定への参加は、ほかの栃木県内大手スーパーや全国チェーンのスーパーの参加を促すことが期待され、福田栃木県知事は「たいらやさんに参加してもらうのは地球温暖化の原因防止に非常に大きい」と語った。昨年12月現在では、県内全域の統一基準でレジ袋有料化を実施しているのは13県に止まっている。レジ袋(約10グラム)1枚の製造から焼却までに排出される地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素は47グラムであることから、レジ袋使用の抑制への取組みは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に効果があるという。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止に向け栃木県とレジ袋有料化の協定業者が増加はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス目標案を「条件付き25%削減」で提出

 政府は地球温暖化の原因問題に関する閣僚委員会で、2020年までの日本の地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標について、「1990年比で温室効果ガスの25%削減」とすることを確認し、国連気候変動枠組み条約事務局に提出した。アメリカや中国などの主要温室効果ガス排出国が参加する「公平かつ実効性のある地球温暖化の原因の国際枠組みの構築」を条件に、世界で最も厳しい温室効果ガス排出削減目標を維持し、京都議定書に続く2013年以降の次期枠組みをめぐる交渉で主導力を発揮することを目指すという。地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に関して法的拘束力のある次期枠組みを決めるはずだった昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は、気温上昇抑制など地球温暖化の原因防止対策の骨格を示す政治合意文書「コペンハーゲン合意」をまとめるにとどまり、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を課すなど重要案件は先送りされた。これを受けて、先進国は二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を、途上国は二酸化炭素などの温室効果ガスの削減行動を今月末を期限として提出することが求められていた。既に政府は「条件付き温室効果ガスの25%削減」を提出する方向で昨年12月に合意していたが、各国の対応などを見極めた上で今回改めて確認したことになる。国際的には、新興4か国グループ「BASIC」(インドと中国、ブラジル、南アフリカ)が地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減計画を期限に提出することで一致している。次期枠組み交渉の前進材料が浮上してきたが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの25%削減をめぐる日本国内の合意形成も含め、地球温暖化の原因防止に係る検討課題は山積みしている状況にあるといえる。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス目標案を「条件付き25%削減」で提出はこちら

日立情報が地球温暖化の原因防止を支援する環境データセンターサービス

 日立情報システムズは、顧客の地球温暖化の原因防止への取り組みを支援する環境データセンターサービス「eCOOL」を開始すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の第一弾として「カーボンオフセット付アウトソーシングサービス」を提供した。日立情報では、2007年から地球温暖化の原因防止対策に係る「環境データセンタ構想」に着手しており、仮想化技術の適用やセンター設備の省電力化・空調効率改善対策を中核にデータセンターの省エネルギー対策を積極的に推進してきた。今回、データセンターでの省エネルギー対策で培ったノウハウを生かし、顧客の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減を支援する環境データセンターサービス「eCOOL」を開始し、その第一弾として「カーボンオフセット付アウトソーシングサービス」を提供するという。地球温暖化の原因防止対策の「カーボンオフセット付アウトソーシングサービス」では、同社データセンターでアウトソーシングサービスを提供しているサーバーを対象に、国連が定めたクリーン開発メカニズム(CDM)に基づくカーボンオフセット証書を発行し、顧客の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量削減活動を証明する。同サービスを利用することにより、顧客はIT機器使用によって発生する地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量をオフセットし、地球温暖化の原因防止に対する環境対策への取り組みを国際的にアピールすることができるという。地球温暖化の原因防止対策のサービスメニューとしては、「ホスティング型カーボンオフセットサービス」と「ハウジング型カーボンオフセットサービス」を用意しており、契約期間は1年単位となっている。なお、地球温暖化の原因防止対策に係るオフセット証書は、注文後、手元に届くまで約3か月が必要となる。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 日立情報が地球温暖化の原因防止を支援する環境データセンターサービスはこちら

地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組み

 2010年は、世界規模で地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境問題への意識が益々高まっていくことが予測される。特に、我が国は、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス1990年比で25%削減するという極めて高い目標を掲げており、各企業の地球温暖化の原因となるCO2削減に向けた今後の取り組みも注目されている。住宅メーカーの積水ハウスは、住宅業界初の地球温暖化の原因防止対策に取り組む「エコ・ファースト企業」として、環境に配慮した次世代の住まい環境を積極的に提案している。2009年から展開している環境配慮型住宅「グリーンファースト」では、地球温暖化の原因防止対策となる太陽光発電システム家庭用燃料電池を積極的に提案することで着実に受注を伸ばし、今年度の受注目標である太陽光発電システム搭載住宅6,000棟、家庭用燃料電池1,000台をいずれも前倒しで達成したという。また、大阪ガスと共同で地球温暖化の原因防止対策に関連する情報技術を使用し、エネルギー利用の最適化を図るスマートハウスの実証実験や、三洋電機と共同でリチウムイオン電池を搭載した住宅の研究を本格的に開始するなど、次世代の住宅における地球温暖化の原因防止対策の環境に配慮した新エネルギー技術の研究も積極的に行っている。
 2009年12月には、積極的に地球温暖化の原因防止対策を始めとする環境への取り組みを推進する「エコ・ファースト企業」23社が、企業の地球環境問題に対する取組みをさらに充実させるために「エコ・ファースト推進協議会」を設立し、地球温暖化の原因防止対策に向けて参加企業間の連携強化を表明したところである。この協議会の活動とのシナジー効果を図るかのように「エコ・ファースト推進協議会」の議長・副議長を務める企業6社の代表者が揃って参加した地球温暖化の原因防止対策の「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフイベントが、1月14日に総理官邸で行われた。同イベントは、鳩山内閣総理大臣をリーダーに、地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減を進めていく国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のスタートを記念して実施されたものである。イベントには、鳩山首相、小沢環境大臣をはじめ、加山雄三、上戸彩、杉山愛さんら多くの著名人が出席して行われた。国民運動のスーパーアドバイザーとして前東大総長の小宮山宏・三菱総研理事長が就任し、タレントやお天気キャスターなどが「応援団」に任命された。イベント中、「エコ・ファースト推進協議会」副議長を務める積水ハウスの和田会長は、「鳩山総理も『家庭部門は地球温暖化の原因防止対策のため温室効果ガス排出量の削減余地がまだまだあり、この対策が一番大事』とおっしゃっております。当社は地球温暖化の原因防止対策の環境配慮住宅「グリーンファースト」の普及に力を入れており、今では戸建受注の6割以上を占めるまでになりました。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電と燃料電池を搭載し、CO2を100%削減できる「CO2オフ住宅」も2009年だけで800棟も供給しています。もちろん、既存住宅への地球温暖化の原因防止対策も重要です。お客様の環境意識も高まっているので、今後も一つ一つ地球温暖化の原因防止対策のCO2オフの取り組みを広げていきたい」と意気込みを語った。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止に向けた積水ハウスなど環境先進企業の取組みはこちら

地球温暖化の原因防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」

 環境省は、地球温暖化の原因防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」のキックオフ・イベントを平成22年1月14日11時から総理官邸で開催すると発表した。地球温暖化の原因防止のための国民運動は、鳩山内閣総理大臣をリーダー、小沢環境大臣をサブリーダーとして、地球温暖化の原因防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」を展開し、国民とともに力強く地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の削減を進めていくこととしたものである。政府では、人類喫緊の課題である地球温暖化の原因防止に向け、我が国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比25%削減することを目指している。これを実現していくために、地球と日本の環境を守り、未来の子どもたちに引き継いでいくための様々な政策を総動員することとしている。また、本キックオフ・イベントの開催に先立ち、環境省省議室において、小沢環境大臣から、イベントに参加する気象キャスターに「チャレンジ25キャンペーン」メッセンジャーへの任命式が行われる予定となっている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 地球温暖化の原因防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」はこちら

福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガス削減達成が困難に

 福島県は、2007年度の福島県内の地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガス排出量が前年度比4.3%増の2225万5000トンとなり、過去最高を記録したと発表した。福島県は2010年度までに地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年度比8%削減を目標に掲げているが、逆に同28.7%も増え、計画達成はほとんど不可能で危機的な状況となっている。地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出量については、福島県環境共生課が電力・ガス使用量やゴミ焼却量などの統計を基に算出した。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の93.6%を占める二酸化炭素(CO2)が前年度比4.2%、1990年度比では38.3%の大幅増となった。その他の地球温暖化の原因の温室効果ガスのメタンやフロン類は技術の進歩で減少した。部門別の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量では、発電などの「エネルギー転換」が前年度比17.0%増。2007年度の新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が停止し、火力発電所の稼働率が増したためとみられる。電力消費量も微増しており、「産業」「民生家庭」「民生業務」部門も同4.3~8.8%増えたが、運輸部門は燃料高の影響などで同6.9%減となった。福島県では1999年に地球温暖化の原因防止対策の「地球温暖化の原因対策地域推進計画」を策定し、「京都議定書」の6%削減よりも厳しい地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量削減の目標を掲げた。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量の増加に歯止めがかからず、昨年7月には外部有識者による検討会を設置し、計画の見直しを進めており、今年度中には中間報告される見込みだ。福島県では「地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量削減の目標達成は厳しいが、企業などが温室効果ガスの削減計画を定める『福島議定書』やエコドライブの取り組みが進んでおり、2008年度の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量は減るのではないか」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガス削減達成が困難にはこちら

埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減

 埼玉県は、大規模事業所に県が定めた目標に従って二酸化炭素(CO2)の排出量削減を求める地球温暖化の原因防止対策として「目標設定型排出量取引制度」を2011年度から開始すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は埼玉県内に約600か所あり、埼玉県は各事業所に省エネ対策の計画を提出させるという。地球温暖化の原因防止対策を達成できない場合、他の事業者などから温室効果ガスの二酸化炭素の削減量を買い取る「排出量取引」も制度化する。埼玉県温暖化対策課によると、地球温暖化の原因防止対策の対象となる事業所は、エネルギー使用量が原油換算で3年連続して年1500キロリットルを超える工場などとなる。新たな計画では、事業者が自主的に地球温暖化の原因防止対策の目標を定めて取り組む現行の「彩の国エコアップ宣言」より企業にとって厳しくなるうえ、罰則はないものの毎年、埼玉県がホームページを通じて結果を公表する。業種ごとの温室効果ガスの二酸化炭素の削減率は未定だが、2010年度から同様の制度を始める東京都の6~8%が温室効果ガスの二酸化炭素の削減の目安になるという。埼玉県は、2020年度までに2005年度比で25%の二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目標に掲げている。2006年度の埼玉の二酸化炭素(CO2)排出量3981万トンのうち、約52%が工場や事業所など事業活動に伴う排出であることから、この温室効果ガスの削減に目をつけた取組みとなっている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 埼玉県が地球温暖化の原因防止対策として目標設定型制度排出量取引で二酸化炭素削減はこちら

地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資

 日本政策投資銀行は、地球温暖化の原因防止対策に積極的に取り組む企業への国の利子補給制度を活用し、大王製紙へ実質無利子の融資を実施したことを明らかにした。大王製紙を含む製紙大手は、2年前に年賀はがきに端を発した再生紙の古紙配合比率を偽装した問題で、社会的な批判を浴びた。だが、政投銀は「再発防止策も進んだ」と判断し、実行されたが、製紙業界への利子補給制度適用は初めてのケースとなる。企業の地球温暖化の原因防止対策資金として、融資額100億円を上限に3年間で3%の利子を補給する環境省の地球温暖化の原因防止対策制度を使って、大王製紙に融資するという。政投銀が、独自に環境配慮企業へ金利優遇する格付けで大王製紙を最高位にランク付けたことで、利息は実質ゼロとなるが、融資実行額は非開示とした。大王製紙は、利子補給制度を受けるため、地球温暖化の原因防止対策として3年以内に二酸化炭素CO2)排出量を6%以上削減すると誓約した。地球温暖化の原因防止対策融資資金は、木材チップから紙原料の繊維を取り出す際の樹脂廃液を燃料化するボイラー設備に充てるという。政投銀は「不祥事の徹底した原因究明と各種再発防止策で、信頼を回復しつつある」と判断し、大王製紙の地球温暖化の原因防止対策としての環境対応を「特に先進的」と評価した。具体的には、大王製紙が(1)平成2年度比で地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大幅に削減した(2)廃水処理技術に優れている(3)業界平均を上回る古紙利用率を達成していることなどを認定したという。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策を評価し大王製紙にエコ融資はこちら

地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として制定されている「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案」に対して、平成22年2月3日までの間、意見募集を行うと発表した。今回の改正の概要は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素他の温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策としての意見は、郵送、FAX、電子メールで環境省が受け付けている。郵送の場合は封筒の表面に、ファックス又は電子メールの場合は件名に、「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令について(案)への意見」と記載する必要がある。
○意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-1382 E-mail:ghg-santeikohyo@env.go.jp
今回意見を求めている地球温暖化対策の推進に関する法律施行令の一部を改正する政令案の概要は次のとおりである。
1 改正の趣旨
地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律117号)に規定する地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量の算定方法及び地球温暖化の原因となる温室効果ガス算定排出量の算定方法について、インベントリで用いられている算定方法の見直しや総合エネルギー統計の数値の更新等を踏まえ、地球温暖化の原因対策の推進に関する法律施行令(平成11年政令143号)に規定する温室効果ガスの排出量の算定方法・排出係数について所要の見直しを行うものである。
2 改正の内容
以下の項目に係る見直しを行う。


3 施行期日
平成22年4月1日
改正後の本施行令別表第8(廃棄物の埋立処分に係る算定方法)の規定は、平成22
年度以降の報告について適用する。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因対策の推進に係る法律施行令の改正案への意見募集はこちら

地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数

 環境省と経済産業省は、各電気事業者から提出された平成20年度の地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数を官報に掲載し、環境省WEBサイトの報道発表資料でも公表した。これは、地球温暖化の原因防止対策のために制定されている地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)に基づく地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度により、二酸化炭素等の温室効果ガスを一定量排出する事業者(特定排出者)は、毎年、年度ごとの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を国に報告することが義務付けられている。特定排出者における電気の使用に伴う地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量の算定にあたっては、特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(算定省令)第2条第4項に基づく、実排出係数及び代替値(0.000561 t-CO2/kWh)を、調整後温室効果ガス排出量の算定にあたっては、温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令(報告命令)第20条の2に基づく調整後排出係数を用いることとされている。この係数を乗じることによって、各年度の電気等の使用に係る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出量を計算することができるようになる。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因となる電気事業者別実排出係数・調整後排出係数はこちら

地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策国内クレジット認証委員会あてに新規で87件の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の排出削減事業の計画案の提出があったと発表した。今後、審査機関等の審査を経た後、事業者からの承認申請に基づいて、年明け以降に開催される国内クレジット認証委員会において、順次、その承認のための審議を行う。なお、今回の87件を含めた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減事業の計画案の累計提出件数は234件、年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減見込量は151,076t-CO2となった。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素削減の国内クレジット制度は、京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)において規定されている大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みである。中小企業等における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減の取組みを活発化、促進することを目的としている。京都議定書目標達成計画(平成20年3月28日閣議決定)の抜粋は次のとおりである。大企業等の技術・資金等を提供して中小企業等(いずれの自主行動計画にも参加していない企業として、中堅企業・大企業も含む。)が行った地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出抑制のための取組による排出削減量を認証し、自主行動計画等の目標達成のために活用する仕組みを構築し、その目標引き上げ等を促していく。その際、参加事業者が自主的に取り組むことを前提としつつ、我が国全体での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減につながるよう、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減量の認証に当たっては、民間有識者からなる第三者認証機関が京都メカニズムクレジットに適用される簡便な認証方法に倣った基準により認証を行うことにより、一定の厳格性及び追加性を確保するとともに、中小企業等の利便性確保の観点から手続の簡素化等を行う。さらに、既存の関連制度(地球温暖化対策推進法の算定・報告・公表制度や省エネルギー法の定期報告制度)との連携・整合性のとれた制度とする。なお、本制度の運用に当たっては、中小企業等がこの仕組みの下で得られる収入のみでは事業が成立しない場合に限り、設備導入補助等既存の中小企業支援策を最小限受けることができるようにする。また、創出された地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の「国内クレジット」の管理体制・システムについては、例えば中小企業等と大企業等が協働(共同)で事業計画を策定、申請し、その認可を受けるといった仕組みなど、可能な限り簡便なものとする。本制度は、京都議定書目標達成計画の内容に沿って策定された国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)運営規則(平成20年10月21日 経済産業省、環境省、農林水産省)に基づき、運営されている。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因対策の第9回国内クレジット認証委員会の結果公表 はこちら

鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果

 地球温暖化の原因防止対策として、鉄鉱石から鉄を取り出す際に生じる副産物である鉄鋼スラグを使って、海洋中に不足していた鉄を補って海藻の成長を促すことに、新日本製鉄や東京大などの研究チームが成功した。海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)も吸収するため、漁業の活性化に加え、地球温暖化の原因防止に役立つ可能性があるという。現在、日本各地の海岸では藻場が減少する磯焼けが毎年その範囲を拡大してきており、現在では沿岸約5000キロにわたって発生している。磯焼けの原因としてウニによる食害や海水中の鉄濃度の減少などが指摘されている。研究チームは5年前に鉄鋼スラグを沿岸へ埋めて、地球温暖化の原因防止対策として鉄を人工的に補給する実験に着手した。地球温暖化の原因防止対策として鉄が海水に溶けやすくなるよう鉄鋼スラグ8トンを腐植土4トンと一緒に混ぜて袋詰めにし、磯焼けが発生している北海道増毛町の日本海沿岸に沈めた。その結果、海藻1本当たりの重さは何の対策も取っていない近くの場所に比べて、約8カ月間で8倍に増えたことが分かった。また、埋設場所から算出される海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は海藻1平方メートル当たり年間5.5キロにものぼった。我が国は京都議定書で年間6%の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けられている。過去30年間に消失した日本沿岸の藻場のほぼ半分をこの方法で再生すれば、日本の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)年間排出量(約13億トン)の約0.5%に当たる700万トンを吸収することになるという。現在、北海道以外にも三重県や長崎県など十数地点で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収実験をしており、効果の継続期間などを検証していくそうだ。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果はこちら

4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同で

 首都圏における1都3県の8自治体が、地球温暖化の原因二酸化炭素などの温室効果ガスを効果的に削減していくため、1都3県を対象にした共同の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討していることが明らかになった。自治体単位の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引では、東京都と埼玉県が独自の排出量取引制度を2010年度以降に導入する方針だが、これを1都3県で統合・共通化し、自治体の境界を越えて企業同士で地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を取引できるようにする構想だという。地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引は、国や自治体が企業などに二酸化炭素(CO2)排出量の上限を設け、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を枠内に抑えられなかった企業が、超過達成した企業から余った地球温暖化の原因の温室効果ガス排出枠を買えるようにする方式である。地球温暖化の原因防止対策の柱として鳩山政権も導入に前向きで、首都圏の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引構想は政府レベルの議論にも影響を与えそうだ。共同の制度を検討しているのは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に加えて、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市の8都県市となっている。地方分権の推進に向け、8都県市は共通の政策課題に取り組む「首都圏広域連合」(仮称)を設置することで合意しており、環境分野では共同の地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の創設を検討することにした。キャップ・アンド・トレード方式の仕組みを検討するという。
 東京都は2010年度から、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量の多い都内の約1400事業所を対象に、温室効果ガス排出削減を義務化し、独自の温室効果ガス排出量取引制度を導入することを決めている。埼玉県も2011年度から、600程度の事業所を対象に同様の地球温暖化の原因の温室効果ガス削減制度を開始する予定だという。8都県市は、これらの取組みをたたき台にして2011年度以降、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度を首都圏全体に広げていくことを目指すとしている。ただ、千葉県や神奈川県は、臨海地域に地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量が多い製鉄所などの工場や発電所を多く抱える状況にある。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量に占める製造業などの産業部門の比率が高く、産業界は地球温暖化の原因の温室効果ガスである排出削減の義務化や排出量取引に慎重だという。こうした自治体に状況の差があることから、オフィスやホテルなど業務部門の比率が高い東京都とは事情が異なり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである制度の具体化に向けた調整に時間がかかる可能性もある。
 なお、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引制度の「キャップ・アンド・トレード」方式とは、政府や自治体が企業などに地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の上限を割り当て、過不足分を企業などが売買する仕組みのことをいう。地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量の多い企業は排出枠購入の費用を抑えようとし、少ない企業は地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠を売って稼ごうとするため、省エネルギーの取り組みが広がると期待できる。欧州連合(EU)は2005年に導入しているが、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出枠の公平な割り当てが課題といわれている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 4都県が地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量取引を共同ではこちら

山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設

 天然の蜂蜜で有名な山田養蜂場は、自然エネルギーの利用推進と地球温暖化の原因防止の一環として本社や工場棟に設置している太陽光発電システムが、今回の増設により791.61kWとなったことを発表した。これにより、年間約200万円のコスト削減と地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減が見込まれ、中四国地方最大規模のシステムとなる。「自然との調和」を理念に掲げる同社は、自然環境に対して、地球温暖化の原因防止に寄与する負荷の少ないエネルギーを活用することが企業の使命であると考え、2000年3月から太陽光発電システムを積極的に導入し、以来十数回の太陽光発電システムの増設を行ってきた。今回は第二工場の屋上に99cm×150cmの太陽光発電システムパネルを450枚設置した。これによって100kWの電力を増発することができ、最大電力が791.61kW、年間発電量が79万kWh(予測)となった。この電力は、本社屋および、隣接工場棟電灯の電力全てをカバーするだけの数値に相当する。また、政府系機関である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や、新エネルギー導入促進協議会などと共同で地球温暖化の原因防止に寄与する太陽光発電システム当のフィールドテストを実施しており、今後のエネルギー開発の一助となる活動を積極的に行っている。2009年11月から、地球温暖化の原因防止対策の一環として太陽光発電電力の買取新制度が始まるなど、太陽光発電導入量の拡大は、エネルギー源の多様化や温暖化対策、経済発展など大きな期待が寄せられている。同社は、今後も地球温暖化の原因を防止し、自然と共生できる企業を目指していく考えだという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職太陽光発電ソーラーシステム情報

> 山田養蜂場が地球温暖化の原因防止の太陽発電システムを増設はこちら

地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動

 地球温暖化の原因防止対策が世界的な課題となるなか、温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を大きく吸収する森林の地球温暖化の原因防止対策としての価値が改めて注目されている。群馬県内では、みなかみ町北部に広がる国有林「赤谷の森」を舞台に地球温暖化の原因防止対策と自然林の再生、生態系の回復を目指す「赤谷プロジェクト」が進んでいる。地元住民と自然保護団体、林野庁の三者が、森林管理の計画段階から手を携え、地球温暖化の原因防止対策を含めて森のあるべき姿を追い求めるという全国に先駆けた取り組みだ。

地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生


 地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトの核となるエリアでの取組みである。最も自然林が豊富に残っており、希少な生物が数多く生息している。一方で人工林となっている場所もあり、地球温暖化の原因防止対策として自然林の再生と多様な生態系の回復が図られている。

地球温暖化の原因防止対策の水源機能の回復


 法師山から法師沢やムタコ沢を経て、下流部の集落の水源・温泉源になっており、地球温暖化の原因防止対策として水源機能の回復が図られている。1980年代にはスキー場建設が計画されたが、水質汚染を懸念した地元住民が反対運動を起こした。

地球温暖化の原因防止対策の森と歴史の交流


 豊かな自然が残る一方で、長い歴史の中で人々に親しまれてきた三国峠や旧三国街道が残る。地球温暖化の原因防止対策の森と人とが共生する歩道を目指し、エコツーリズム実践の場として期待される。また、渓流環境復元を目指し、治山ダムの中央部が撤去された。

地球温暖化の原因防止対策の人工林の活用


 人工林の割合が最も高く、林道の敷設もエリア全域に及んでいる。人工林の森で、地球温暖化の原因防止対策のほか、生物の多様性を高めるための取り組みが進められている。

地球温暖化の原因防止対策の赤谷プロジェクト


 舞台は1万ヘクタールの国有林であり、2004年に始まった地球温暖化の原因防止対策を踏まえたプロジェクトの正式名称は「三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画」である。イヌワシやクマタカなどの猛きん類が生息し、豊かな自然をはぐくむ天然のブナ林などが広がる国有林「赤谷の森」(約1万ヘクタール)が舞台で、「AKAYA(赤谷)プロジェクト」の略称で呼ばれる。森を六つのエリアに分け、それぞれに地球温暖化の原因防止対策のテーマを設けたほか、新潟県境に広がる「緑の回廊・三国線」も活動範囲に加えた。「地球温暖化の原因防止対策の自然林の再生」などを掲げたエリア1、2では、約3000ヘクタールの人工林を、実験的に数カ所で伐採した。さまざまな動植物が生息・生育する自然林に復元しようと、人為的な植樹などは行わず、自然の力による回復に委ねているが、5年経過して、ブナやミズナラなどの広葉樹の生育が見られる。エリア4では、09年10月から11月にかけて、治山ダムによって阻害された渓流の連続性を復元しようと、全国で初めて治山ダム中央部の撤去も行われた。今後は、魚類の生息分布や土砂の流況などを調べる。プロジェクトは、ダムやスキー場開発計画への反対運動を展開した地元住民や自然保護団体が、計画の頓挫後に敵だった林野庁に参加を呼び掛けるという、ユニークな過程を経て実現した。バブル経済期の1988年、林野庁が地域振興などを目的に、国有林にスキー場などのレクリエーション施設建設を掲げた「ヒューマン・グリーン・プラン」を策定し、赤谷川では1980年代から首都圏の渇水対策として川古ダムの建設計画も進んでいた。地域住民が1990年、開発の危機にさらされた自然を守ろうと「新治村の自然を守る会」を結成し、日本自然保護協会とともに反対運動を展開した結果、ダムとスキー場は2000年、いずれも計画が中止になった。その後、残された自然を保護するため、協会が林野庁に働きかけ、企画運営会議などを経て2004年に地球温暖化の原因防止対策も踏まえたプロジェクトがスタートしたという経過がある。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策として群馬県の森林環境保全活動はこちら

地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界

 鉄鋼業界にとって2010年は2013年以降の地球温暖化の原因防止対策の枠組み(ポスト京都議定書)がどう決着するかが大きな焦点になる状況といえる。昨年暮れにデンマークのコペンハーゲンで開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では結論が2010年に持ち越され、先進国は同年1月中に20年までの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標を提示することに決まった。鉄鋼業界は「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%減」という日本の削減目標を引き下げるよう求めているが、鳩山政権が世界で最も厳しい地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%減を見直さなければ、鉄鋼業界としては生産拠点の海外移転を余儀なくされることもある。「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの1990年比25%削減ありきではなく、国際的公平性、実現可能性、国民負担の妥当性の観点から早急に再検討してほしい」と、日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は定例会見で、COP15の結果を受けて、政府に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の見直しを要望した。元々、国内の主要産業で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスのを最も多く排出する鉄鋼業界では、今回のCOP15で日本のみが世界でも突出した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を背負い込むことになりかねないとの危機感が強かった。鳩山由紀夫首相は2009年9月の国連演説で「すべての主要国の参加による意欲的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の合意」を条件として25%削減目標を表明したが、条件が棚上げされて25%減だけが独り歩きする危険性を否定できない。COP15では最終的にこうした事態は避けられた格好だが、鉄鋼業界は地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの警戒感を解いていない。実際、鳩山首相は地球温暖化の原因問題に関する閣僚委員会で、10年1月末の目標提示に向け「前提条件付きで地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの25%をはっきり書き入れるべきだ」と改めて強調している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力はないが、一度世界に明示すれば、前提条件が満たされていないからといって取り下げるのは容易でない。
 鉄鋼業界が焦るのは、世界の主要な鉄鋼メーカーのうち、2012年に期限が切れる京都議定書によって実質的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出削減義務を負っているのは日本だけだったという苦い経験があるからだ。日本の鉄鋼業界は世界最高水準のエネルギー効率を誇るだけに、京都議定書には「各国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標が政治的に決められた」と業界内で反発が強い。現在においては、鉄鋼業界の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力は限界に近く、25%減には国内の粗鋼生産量を約2割も減らす必要があるとの試算もある。現時点で海外に高炉を含む一貫製鉄所を持つメーカーはないが、ポスト京都による地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減の行方次第では、抜本的な生産体制の変革を迫られる可能性もある。日本の鉄鋼業は主要な省エネ設備の普及率がほぼ100%で、他国と大きな差がある。国際エネルギー機関(IEA)の試算では、最先端技術を導入した場合であっても、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減余地は、粗鋼生産1トン当たり0.07トンと世界最小となっている。さらには、国内外に供給している高機能鋼材も最終製品として使用される段階においては、CO2削減に大きく貢献している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量削減に繋がる高強度で軽量な自動車向けの高張力鋼板(ハイテン)など5品種には、2008年度に797万トン供給し、一般の鋼材を使った場合よりも年間1487万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減効果があったとしている。また、日本の鉄鋼業が培ってきた省エネ技術を海外に普及させることでも、これまでに年間3300万トンの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与してきた。将来的にも全世界で年間3.4億トン、日本の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量の25%相当分を削減できる。これらを通じて地球温暖化の原因対策に積極的に取り組むのが日本の目指す方向だといえよう。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策と鉄鋼業界はこちら

地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機

 南極の氷塊が観光客急増に伴う地球温暖化の原因の影響で、解氷の危機にさらされているという。中国ニュースサイト「網易探索」が伝えた。オランダ人研究者のメイチェル・ラメルス氏によるオランダ科学研究機構(NWO)の調査報告をもとに、「南極における観光業の活発化によって、地球温暖化の原因がさらに進行している」としたうえで、「南極観光ブームが、紛れもなく地球温暖化の原因による解氷の元凶にもなっている」と指摘した。地球最後の秘境・南極は、観光スポットとして世界的に注目されており、20年前にはわずか数百人程度だった観光客も、今や毎年4万人以上が訪れるまでのブームを呈している。3500ポンド(約50万円)もあれば、気軽に2週間の南極クルーズを楽しめるそうだ。南極クルーズの魅力は、海面に浮かぶ氷塊やペンギンを始めとする野生動物を間近で体感できることだ。しかし、観光客の急増と、クルーズにより快適さと刺激を求める観光客のニーズに伴い、南極における地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの発生と環境破壊への懸念はより切実となっている。さらには、クルーズ船が吐き出すガスやゴミによって汚染や破壊、地球温暖化の原因が進むだけでなく、野生動物のストレスも相当なはずだという。南極ブームは、観光業界に多大な利益をもたらしているが、「南極における観光業の活発化が、地球温暖化の原因に拍車をかけている」と同報告は結論づけている。同氏は、「南極クルーズは、地球温暖化の原因の周辺環境を破壊するだけでなく、全地球的な地球温暖化の原因を始めとする環境の悪化にも直結している」と厳しく指摘している。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因による南極の氷塊の危機はこちら

地球温暖化の原因である温室効果ガス排出量を1990年比25%削減に高い支持

 鳩山総理は、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量1990年比25%削減する目標を国際公約している。このことに対して、60%が支持していることがNTTレゾナントの地球温暖化の原因対策の調査で分かった。鳩山政権の野心的な地球温暖化の原因対策に高い支持となっている。NTTレゾナントがインターネットを利用して行った地球温暖化の原因対策の環境意識調査で、こんな結果が浮き彫りになった。地球温暖化の原因対策の調査は、408万人の登録モニターが参加する市場調査サービス「gooリサーチ」を用いて実施された。2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を国際公約した政府の姿勢について、回答者(4万2224人)の約60%が支持をしているという結果がでた。中でも約20%が「強く支持する」と答えた。一方、地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量削減に対する不支持は約15%だった。また、「イノベーションを起こして新しい経済社会モデルを構築する」という目標の達成手段については、56%が賛同していた。地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を削減するという低炭素革命に対する理解の浸透を示した形だ。しかし、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を達成するために必要となる具体策や負担額などが明確に示されていない中での調査であり、理念的に賛同を得ているに過ぎないといえる。今後、2020年までに地球温暖化の原因である二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を達成するための具体策が明らかになってくる中で、総論賛成、各論反対という状況が起きてくる可能性は非常に高い。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因である温室効果ガス排出量を1990年比25%削減に高い支持はこちら

ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化

 ブラジル政府は、先に表明した地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標に法的拘束力を持たせる方針を示した。今月開催された国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)では、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減義務付けが先送りされたが、同国のミンク環境相は、ルラ大統領と会談後、「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減に関して、COP15では期待通りの成果が出なかったが、目標は完全に順守する」と述べた。ルラ大統領は、議会を通過した環境関連法案のうち、3条項については拒否権を発動するが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減目標は維持する方針だという。ブラジルは今後10年間で、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を2020年の推定排出量から最大39%削減する方針を示している。2005年比の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出の削減としては約20%の削減になる。ルラ大統領は、環境関連法案のうち、小規模な水力発電所の建設を制限する条項や化石燃料の利用縮小を義務付ける条項に拒否権を発動する予定としている。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> ブラジルが地球温暖化の原因防止対策で温室効果ガスの削減目標を義務化はこちら

茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験

 伊藤忠商事(東京港区)は来年3月、茨城県つくば市などと共同で地球温暖化の原因防止低炭素交通社会システムの共同実証プロジェクトに乗り出すと発表した。茨城県つくば市内のコンビニエンスストアやガソリンスタンドに電気自動車を配置し、車の共同利用であるカーシェアリングをすることにより地球温暖化の原因防止の低炭素交通システムの実証を目指すという。同社などはつくば市の研究機関から助言を受けた上でシステムの最適化を図る予定だという。地球温暖化の原因防止の実験は茨城県つくば市の公用車とコンビニエンスストア「ファミリーマート」の社用車、地域住民や出張者用の電気自動車をカーシェアリング車両として配備するという。電気自動車はマツダのデミオをベースに米国製の車載リチウムイオン電池システムを搭載したものを利用する。茨城県つくば市の新庁舎に最も近いコンビニエンスストア「ファミリーマートつくば研究学園店」と伊藤忠エネクスのガソリンスタンド「学園東大通りSC店」に急速充電器と定置用蓄電池、太陽光発電を設置する。ここでは、地球温暖化の原因防止の太陽光で発電した電力を電気自動車に給電するほか、店内の照明などにも使用することによって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減を目指すという。エリア内には、さらに地球温暖化の原因防止対策を進めるため、定置用蓄電池を設置することにより、昼間の太陽光で発電した電力を夜間に使うことも可能になる。同社などではこれらの一連の地球温暖化の原因防止対策による車載電池と定置用電池の放電・充電状態や劣化状況などをリモート監視して、車載電池などの2次利用の研究に役立てることにしている。さらに、電池システムの使用状況の履歴やカルテを作成し、性能評価と製品保証の仕組みを構築することで、地球温暖化の原因防止対策の二次利用市場への普及促進と価格の低減を目指すという。研究には産業技術総合研究所や日本自動車研究所など茨城県つくば市内の研究機関が参加し、それの立場から助言することになっている。茨城県つくば市やファミリーマートでは、地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトを進める中で、電気自動車を市民へ貸し出すことも計画しており、取り組みを広く市民に知ってもらい、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会の考え方をPRする考えだという。市原健一茨城県つくば市長は「茨城県つくば市の街はこうした社会実験に向いている。茨城県つくば市での地球温暖化の原因防止対策の実験成果を全国に発信したい」と話している。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 茨城県つくば市で地球温暖化の原因防止の低炭素交通の社会実験はこちら

スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税

 地球温暖化の原因とされる温室効果ガス二酸化炭素に関して、国民一人あたりの二酸化炭素排出量は、アメリカは19.1トン、日本は9.7トンに対して、環境先進国であるスウェーデンでは5.0トンの排出に止まっている。スウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出にかかる税としての環境税が制定されているため、温室効果ガスの二酸化炭素の削減が進んでいるとされている。スウェーデンでは、市民は地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出量に応じた環境税を支払っているという。環境税の課税額は、1トンあたり約1万3650円となり、個人の場合であれば、環境税は電気代やガソリン代などに含まれている。例えば、ガソリンの場合、1リットルあたりの環境税は約29円となっている。しかし、国民の間では、環境税のことは考えたこともない。安いので請求書を見たこともないし、ただ払うだけですと、環境税の存在を意識することはほとんどないらしい。環境税負担が直接重くのしかかるのは企業だが、化石燃料の使用を減らせば税額も減るため、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の削減に向けて多くの企業努力が行われているという。都市部で普及した地域暖房システムもその一つであり、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を排出する石炭や石油を使わずに、木くずを燃やした熱で電気や温水を作り、家庭まで届けるものとなっている。木くずは伐採される前に地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素を吸収しているため、燃やしても二酸化炭素の排出量が増えたとみなされないからだ。こうした地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素削減のシステムの開発によって、企業からすれば税金が減るのに加え、環境への負荷も少なくなるという。環境税の導入などによってスウェーデンでは、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の排出を1990年比で10%削減したそうである。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> スウェーデンの地球温暖化の原因対策としての環境税はこちら

中国での再植林活動を地球温暖化の原因防止対策のCDM案件として承認

 農林水産省は、慶應義塾大学から承認申請のあった地球温暖化の原因防止対策のクリーン開発メカニズムCDM)事業について「京都メカニズム推進・活用会議」に承認され、日本政府の正式なプロジェクトとなったと発表した。CDMは各国の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の1つで、先進国と途上国が共同で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の削減量として充当することを認める制度となっている。日本政府の正式なプロジェクトとなるためには、地球温暖化の原因対策を実施している関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となっている。今回、地球温暖化の原因防止対策として承認されたのは、慶應義塾大学が申請した中国遼寧省康平県砂漠化防止小規模再植林プロジェクトである。中国遼寧省瀋陽市康平県において、砂漠化の危機に直面している地域へ地球温暖化の原因の砂漠化防止対策として植林事業(370.98ha)を行うものとなっている。地球温暖化の原因防止対策のクレジット獲得期間の20年間(2003年1月1日から2022年12月31日)でCO2換算合計23,055トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2吸収量が見込まれている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 中国での再植林活動を地球温暖化の原因防止対策のCDM案件として承認 はこちら

地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記

 政府が来年の通常国会に提出予定の地球温暖化の原因対策基本法案で、国内エネルギーに占める太陽光発電など発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合の目標値を「2020年までに20%以上」と明記する方向で調整していると発表した。これは、民主党の地球温暖化の原因対策のマニフェスト(政権公約)の2倍にあたる高い目標で、新エネルギー産業の成長を促す狙いがある。小沢氏は「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を少なくとも20%以上に設定するよう環境省に作業をさせている」と述べた。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーには、太陽光発電、水力発電、風力発電、バイオマス発電などがある。エネルギー白書によると、国内の2006年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合は約1.8%で、アメリカ(3.7%)やドイツ(5.3%)をはるかに下回っている。民主党は政権公約で「地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの割合を2020年までに10%程度に引き上げる」としていた。小沢氏は「世界では地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの企業が伸びている。産業として大きな潜在力がある」とし、高い地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの目標設定が産業育成につながるとの認識を示した。「国による地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない再生可能エネルギーの普及への支援や、電力の買い取り制度の充実が重要」とも述べた。政府は二酸化炭素(CO2)など地球温暖化の原因となる温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減する目標を打ち出しており、地球温暖化の原因対策法案の柱となる見通しだ。再生可能エネルギーの活用は地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減策の一つだが、20%以上という目標設定には産業界や民主党内から異論が出る可能性もある。
太陽光発電ソーラーシステム情報格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因対策法案に「太陽光発電等再生エネルギー20%以上」を明記はこちら

地球温暖化の原因防止対策の国家予算は力不足

 環境関連予算の最重点テーマの1つが、地球温暖化の原因防止対策だといえよう。地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を「2020年までに1990年比で25%削減」という中期目標を視野に、経済産業省が住宅用太陽光発電設備や電気自動車などのエコカーの普及に向けた予算増額を要求し、ほぼ認められた。ただ、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス25%削減という削減目標への道筋をつける意味で鍵を握る低炭素技術の開発予算については迫力不足といえる。政府全体のエネルギー対策費は、今年度当初予算比1.2%減の5812億円となっており、中身重視で国民生活の地球温暖化の原因防止対策に繋がる省エネ行動に直結する自動車と住宅関連分野の施策を手厚くした格好だといえる。地球温暖化の原因防止対策としての住宅用太陽光発電への補助制度は、行政刷新会議の「事業仕分け」で22年度予算案への計上が求められた。太陽光発電の補助金は1キロワットあたり7万円で、標準的な太陽光発電のパネルの場合で25万円程度となる。太陽光発電に対して補助制度を復活した今年1月からの申請件数は既に10万件を突破しており、経産省はこれに弾みをつけることを目指している。さらに、政府は11月に、電力会社に対して太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で買い取ることを義務づける新制度を発足させている。その対象を風力にも拡大し、余剰分を含む「全量」を買い取る制度拡充に向けた検討に乗り出した。こうした施策の相乗効果を狙った地球温暖化の原因防止対策を急ぐことになりそうだ。ただ、地球温暖化の原因防止対策の技術革新を促す予算配分は力不足で、エネルギー革新技術に着目した経産省の研究開発事業は4.8%増の8.6億円にとどまった。環境省のエネルギー対策特別会計を含む予算総額(公共予算除く)も3.9%増の1373億円を計上し、技術開発・普及で31.7%増の50億円を確保したものの、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素などの温室効果ガスの25%削減の裏付けという点では物足りなさが目立った来年度予算といえる。
太陽光発電ソーラーシステム情報貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策の国家予算は力不足はこちら

宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)を市民レベルでもコツコツと少しずつでも削減してもらおうと、「CO2CO2(コツコツ)減らしていいもの当てようキャンペーン」(宮城県仙台市、仙台市地球温暖化の原因対策推進協議会など主催)が行われている。リデュース(ごみ減量)、リユース(繰り返し使う)、リサイクル(再生使用)の3Rを実践した仙台市民計500人に抽選で秋保温泉のホテルペア宿泊券や携帯音楽プレーヤーなどのプレゼントが贈られるという。宮城県仙台市では「楽しみながら地球温暖化の原因防止対策の3Rに取り組んでほしい」と話している。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンは、仙台市在住か仙台市内に通勤、通学している人が対象で、実施期間は来年2月21日までとなっている。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンには、ウェブ参加と、キャンペーン参加店(31事業者212店舗)での店頭参加の2通りの参加方法がある。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンのウェブ参加の場合はホームページで参加登録し、「暖房の設定温度を低く抑えた」「冷蔵庫の設定温度を適切に調節した」など、地球温暖化の原因防止対策として実践した項目を選んでポイントを獲得することになる。地球温暖化の原因防止対策へのキャンペーンへ参加する友人を紹介したり、3R行動の画像を投稿するとボーナスポイントがもらえるという。地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンで10ポイント以上ためるとプレゼントに応募できる仕組みになっている。応募期間は地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーン終了後の来年2月23日から3月2日までとなっている。また、地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンの店頭参加の場合は、大型スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのキャンペーン参加店で買い物した際に応募券をもらい、実践した3Rを選んで応募箱に入れることになるという。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 宮城県仙台市で地球温暖化の原因防止対策の市民向けキャンペーンはこちら

環境省が地球温暖化の原因防止対策に資する「地球温暖化の原因対策の基本法」の意見募集

 環境省は、小沢環境大臣から地球温暖化の原因防止対策のメッセージである「地球温暖化対策の基本法の制定に向けたメッセージ」に対して、平成21年12月28日まで地球温暖化の原因防止対策に対する意見の募集を実施すると発表した。鳩山総理が掲げている地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を2050年までに80%、2020年までに1990年比で25%削減するという中長期的な目標を達成するためは、国内温室効果ガス排出量取引制度や地球温暖化の原因対策税等の政策の位置付けや基本的な方向性を示した「地球温暖化の原因対策の基本法」を制定することが必要となっている。今回の意見募集は、国民の知恵を最大限に活かしながら、より良い地球温暖化の原因対策の基本法を制定するために実施されるものと位置づけている。
小沢環境大臣からのメッセージ(地球温暖化対策の基本法の制定に向けたメッセージ)
 地球温暖化問題。鳩山総理大臣が就任直後、国連の会議に出席し、温室効果ガスを2020年までに1990年比で25%削減すると発言したことで、世界中で大きく取り上げられました。きっと国民の皆様も、新政権船出の大テーマとして、この問題に関心を持たれたことと思います。小沢環境大臣から地球温暖化の原因防止対策のメッセージは次のとおりです。
 地球温暖化の原因の進行には、私たちの日々の活動すべてが大きく関係しています。そして、その地球温暖化の原因の悪影響は、私たちだけでなく、未来の子供達まで永く続きます。私たちは、すぐにでも地球温暖化の原因っへの手立てを講じてこの問題に立ち向かう必要があります。私は、地球温暖化の原因の問題の解決のために私たちの文化や豊かさを犠牲にしようとは思っていません。真に豊かな生活を実現しながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出を抑えられる社会、「エコ社会」を是非構築したい。この「エコ社会」は、今の経済社会の延長には在りませんが、私たちの底力をもってすれば、きっと実現可能なものだと信じています。経済社会の有り様が根本的に変わった、新しい日本を目指します。「エコ社会」の実現のためには、我が国の地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出量を2050年までに80%、その通過点として2020年までに1990年比で25%削減することを目指して、社会の変革を図らなければなりません。その取組の道筋を明らかにし、あらゆる地球温暖化の原因の政策を総動員するため、鳩山内閣は、「地球温暖化の原因対策の基本法」の制定を図ります。この基本法では、地球温暖化の原因対策の基本原則、国や地方公共団体、事業者、国民の責務、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出削減に関する中長期目標、政策の基本的な方向性等を盛り込みたいと考えています。私は地球温暖化の原因防止対策の政策の基本的な方向性について次のように考えていますが、私たちが協力して効果的な対策を進めていくために、国民の皆様の様々な御提案や御意見をいただければと思います。その際には、民主党が先の通常国会に提出した「地球温暖化の原因対策基本法案」も是非ご覧いただきたいと思います。いただいた御意見を参考にし、その知恵を最大限に活かしながら、最良の基本法を作りたいと考えています。皆様の積極的な御協力を願っております。
<私の考える地球温暖化の原因防止対策の政策の基本的な方向性>
 「エコ社会」を実現し、より良い環境を未来に引き継いでいくための行動を「チャレンジ25」と名付け、国民の皆様と一緒に、対策を進めていきます。具体的には、例えば、次のような取組が必要となると考えています。
・地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減に努力する人や企業が評価される経済や社会の仕組みが必要です。キャップ&トレード方式による地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス国内排出量取引制度の導入や、地球温暖化の原因防止対策税の導入を含む税制のグリーン化を進めます。
・国民生活全般に不可欠なエネルギーから地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出を削減するためには、再生可能エネルギーの普及拡大や燃料転換、省エネなどが重要です。このため、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入などを進めます。
・地域ぐるみ・まちぐるみで社会の変革を進めるため、環境にやさしい公共交通機関の利用が進むまちづくりなど地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの排出が少ない都市・地域構造の構築を目指すとともに、地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスを吸収する森林の整備を図ります。
・国民の皆様の幅広い参加の下で、具体的な行動を働きかける「チャレンジ25」国民運動を進め、ものづくりから日々の暮らしまで、様々な活動に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの排出の削減を進めます。
・我が国の環境技術の強みを生かして将来にわたって国際競争力を保つため、再生可能エネルギーや電気自動車など、緑の産業に関わる研究開発を進め、地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスに係るグリーン・イノベーションを推進します。
・米国、中国、インドなどすべての主要国が参加する公平で実効性ある地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減の枠組みづくりに向け、COP15での合意が後世の人々からも評価されるようなものになるよう、国際交渉を主導していきます。また、先進国と途上国の架け橋としての役割を果たすため、「鳩山イニシアティブ」による途上国に対する地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガス削減対策の支援を行います。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 環境省が地球温暖化の原因防止対策に資する「地球温暖化の原因対策の基本法」の意見募集 はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度に2種類追加

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジットJ-VER)制度の対象プロジェクトに2種類のプロジェクトを位置づけたと発表した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるためのクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。この制度においては、対象となる地球温暖化の原因防止対策のプロジェクト種類を予め「ポジティブリスト」として提示し、プロジェクト登録のための適格性基準や、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減・吸収量の算定・モニタリングの方法を定めた「方法論」を作成している。環境省では、これまでにこの制度の対象プロジェクトとして7種類の地球温暖化の原因防止対策のを公表している。今回、新たな地球温暖化の原因防止対策として「化石燃料から未利用の木質バイオマスへのボイラー燃料代替」、「化石燃料から木質ペレットへのボイラー燃料代替」、「廃食用油由来バイオディーゼル燃料の車両における利用」について、ポジティブリスト及び方法論の改訂を行った。また、新たに地球温暖化の原因防止対策として、下水汚泥由来バイオマス固形燃料による化石燃料代替及び低温排熱回収・利用の2種類のプロジェクトを承認し、この制度の地球温暖化の原因防止対策の対象プロジェクトは合計9種類となった。
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度に2種類追加 はこちら

地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇

 欧州の非政府組織(NGO)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減実績や地球温暖化の原因防止対策の政策などを国別に評価する「地球温暖化の原因防止対策による気候変動パフォーマンスインデックス(CCPI)」を発表した。それによると、地球温暖化の原因防止対策としてブラジルが新興国としては初めて最高位(1~3位は該当なし)になり、日本は35位で昨年の43位から順位を上げた。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)会場で公表された。
 CCPIはNGO「ジャーマンウオッチ」と気候行動ネットワーク(CAN)ヨーロッパが毎年公表しているもので、地球温暖化の原因防止対策として今年で5回目となる。130人以上の地球温暖化の原因防止対策の専門家が参加し、発電や交通など分野別の1990年以降の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の増減傾向、人口1人当たりのエネルギー消費量など地球温暖化の原因防止対策に関する国内・国際政策の三つの基準で先進・新興国57か国を採点した。1~3位は「地球温暖化の原因防止対策が十分な国はない」として該当はなく、最高位の4位がブラジル(昨年8位)、5位スウェーデン(同4位)、6位英国(同9位)など。COP15議長国デンマークは17位(同10位)、米国は地球温暖化の原因防止対策に前向きなオバマ政権の政策が評価されたが53位(同58位)にとどまった。地球温暖化の原因防止対策としての最下位(60位)はサウジアラビアだった。CANヨーロッパは「ブラジルのような新興国が地球温暖化の原因防止対策の順位を上げたことは大変評価できる」とし、新興国の地球温暖化の原因防止対策による二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制の取り組みが注目されるCOP15で、この結果が交渉を後押しすることを期待しているという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策で日本は35位に上昇はこちら

京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表

 日本からは京都府の京都市をはじめとする世界79都市の自治体のトップがデンマークに集まり、地球温暖化の原因防止対策に向けて連携を進める「コペンハーゲン市長気候サミット」が15日に始まり、国の枠組みを超えて先進的な地球温暖化の原因防止対策の取り組みで協力するために意見を交わした。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減を目的に世界40か国の首都を中心につくるグループ「C40」などとデンマークのコペンハーゲン市が主催し、市役所の会議室で開催した。初日は地球温暖化の原因防止対策に係る円卓会議があり、クリーンエネルギーやごみ行政、建物のエネルギー効率といったテーマごとに5人前後の市長がテーブルを囲んで発表し、その後話し合った。日本からは京都府の京都市の門川大作市長が地球温暖化の原因防止対策として低炭素の交通システムがテーマの会議で発表した。京都市における家庭での使用済みの食用油でつくるバイオ燃料をごみ収集車などに使っている事例を紹介し、「地球温暖化の原因防止対策のためには京都市民の関与は非常に重要」と強調した。隣席に座っていたフランス・ナント市のジャンマルク市長も「地球温暖化の原因防止対策を解決するためには、市民を引き込むことが大事だ」と指摘した。このほかに、ロンドンや香港、ヨハネスブルクなどの市長も出席し、地球温暖化の原因防止対策の一環として、都心への自動車流入を減らすための課税や温室効果ガスを排出しない電気自動車の導入などをめぐって熱心に議論をした。
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 京都市長が地球温暖化の原因防止対策を発表はこちら

兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始

 兵庫県などは2009年度から、家庭から排出される地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の量を専門の診断員が調べる「うちエコ診断」を一般家庭を対象に始めると発表した。車や暖房器具などから出る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2の量を正確に知ってもらうことで、効果的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減につなげてもらう狙いだという。兵庫県では来年2月22日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減モニターを募集している。この取組みは、兵庫県や環境省の外郭団体「地球環境戦略研究機関関西研究センター」(兵庫県神戸市)や民間企業などでつくる「兵庫県うちエコ診断協議会」の主催で実施される。2008年度、協力企業の社員らが自宅で試験的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の測定を実施したところ、85%の家庭で診断が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減行動につながったという。兵庫県の認定を受けた診断員が対象の家庭を訪問し、専用の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減診断ソフトで診断することになるという。家電製品の形式や年式、利用時間などを詳しくアンケート調査し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2量などを算出する。その調査結果に基づいて、各家庭の無駄使いに応じて、例えば冷蔵庫の温度設定の変更などといった地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素の削減策を提案する。本年度は200世帯を対象に実施するという。そのうち、尼崎市では市長や職員、市民の計50世帯で診断を実施するなど尼崎市を上げて取り組むという。家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定への応募は太陽光発電相談指導センターTEL078・371・6000まで。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 兵庫県が家庭の地球温暖化の原因の二酸化炭素の測定を開始はこちら

地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機

 日本でも大ヒットした映画である「ファインディング・ニモ」の主人公でもあり、一躍人気者になったカクレクマノミが、地球温暖化の原因による海水の酸性化などにより、絶滅に近づいているというショッキングな内容が報告された。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が開催されているデンマークの首都コペンハーゲンで14日、国際自然保護連合(IUCN)が報告した。報告の内容によると、地球温暖化の原因による気候変動で海水の酸性化や水温の上昇によって、棲家である珊瑚礁が破壊されるほか、カクレクマノミが隠れ場所として共生しているイソギンチャクを探すための嗅覚が影響を受けているという。この報告では、地球温暖化の原因で最も打撃を受けた動植物10種も明らかにされた。地球温暖化の原因による気候変動で絶滅の危機にあるのは、カクレクマノミのほかに、シロイルカやオサガメ、コウテイペンギン、コアラなどが挙げられている。地球温暖化の原因による気候変動の報告書を取りまとめたウェンディ・フォーデン氏は、記者団に「動植物は環境に適応するが、地球温暖化の原因による気候変動の速度は遅くなければならない。各国の政府が力強くタイムリーな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標の達成に全力を傾け、気候変動の速度を落とすことができれば、これらの種に生き延びるチャンスを与えることができる。」と話している。
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因による気候変動でニモが絶滅の危機はこちら

地球温暖化の原因防止対策と家庭用燃料電池

 最近、地球温暖化の原因防止対策の切り札になるのではないかと家庭用燃料電池が注目されています。日本はポスト京都議定書で2050年に地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2009年度比で60~80%削減、中期計画となる2020年には2005年度比で15%削減を打ち出しています。しかし、現実には削減できているどころか、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温暖化ガスの総排出量は毎年増加の一途をたどっています。このことは、家庭に限ってみても、2007年の地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量は1990年比でプラス40%を超えており、確実に増加傾向にあります。もっとも、各家庭から出る温室効果ガスの二酸化炭素排出量削減率は25%と最も高く設定されており、実現には省エネ家電や断熱効果などでの従来の手法では達成できないほどハードルが高いものとなっています。そこで地球温暖化の原因防止対策として期待を集めているのが家庭用燃料電池なのです。
 家庭用燃料電池はエネファームと呼ばれています。「エネルギー」と「ファーム(農場)」を組み合わせたこの造語は、水素と酸素から電気と熱を作る仕組みとなっています。これまで家庭は、電気・ガス・灯油などのエネルギーを「使う」だけの場所でしたが、エネファームの登場により、エネルギーを「作る」場所へと変えようとしているのです。水と大地で農作物を作るのと同様に、必要な場所で必要なだけのエネルギーを作るという分散型エネルギーの発想が注目を集めているのです。
 エネファームでは、天然ガス、LPG(液化石油ガス)、灯油を燃料にオンサイト(使用場所)発電を行う熱電併給機器(コージェネレーション)です。一般的には、天然ガスの主成分(メタン)から効率よく水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させることで電気を生み出す燃料電池方式を採用しています。エネファームの仕組みは、水の電気分解の逆の原理を利用しています。化学反応の際発生する熱は、排熱回収装置で回収し、お湯として貯湯タンクに貯め、必要なときにお湯を供給します。従来の火力発電のシステムでは無駄になっていた熱を給湯や暖房に活用することで、高いエネルギー利用効率を実現しているのです。さらに、エネファームの一次エネルギー利用効率は、電気として35%、熱として45%と約80%が利用できますが、これは火力発電所の電気を利用していた従来の方式と比べると約2倍の効率となっています。また、発電時には地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを大きく削減できるのも特徴です。燃料から水素を取り出す「改質」の際に地球温暖化の原因となる二酸化炭素が多少発生しますが、エネファーム1台で削減できる地球温暖化の原因となる二酸化炭素は年間に約1.3トンであり、2800平方メートルもの森が1年間に吸収する量に相当します。エネファームは、使う場所でエネルギーを作り出すので、従来の方式と比べて配電時のロスも抑えることができます。日本における家庭用燃料電池は、4年間の大規模実証事業を踏まえ、2009年から実用化はじめたところです。パナソニック、ENEOSセルティック、東芝燃料電池システムが商品を発売しており、新日本石油、東京ガスといった燃料企業や、積水ハウス、ミサワホームといったハウスメーカーなども加わってきています。世界の共通課題である地球温暖化の原因防止対策には、低炭素社会の実現が欠かせません。低炭素社会の実現に向けて今最も熱い視線が注がれているエネルギーシステムがエネファームです。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策と家庭用燃料電池はこちら

京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレード

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているコペンハーゲンや東京と連携し、京都府京都市内で実施された地球温暖化の原因防止対策のパレード「クールな地球へ! 京都アクション2009」が賑わっていた。COP3が開かれた1997年の地球温暖化の原因防止対策のパレードに比べれば小規模なものとなったが、参加者は地球温暖化の原因防止対策の京都議定書が生まれた地から強いメッセージを発信しようと「京都から地球温暖化の原因防止の声を」と訴えた。COP15は前半の会議を終え、地球温暖化の原因防止対策の京都議定書を基盤とする国際的な枠組みを決める作業はこれからが正念場となるところである。パレードの実行委員会は、日本は1990年比30%以上の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を目指せ、先進国は野心的な温室効果ガス削減目標と支援を目指せ、途上国も温室効果ガス削減の枠組みに参加をなどを共通スローガンとして掲げた。気候ネットワークや地球温暖化の原因防止京都ネットワーク、関西NGO協議会など多数の団体や市民ら約150人のパレードは午後2時、京都府京都市中京区の京都市役所を出発し、、参加者にはベビーカーを押す外国人男性をはじめ、白クマのかぶり物や牛の着ぐるみに身を包んだ参加者もいた。一行はシュプレヒコールを上げながら「STOP地球温暖化」「地球温暖化の原因防止対策によって守りたい私の地球」のプラカードと共に行進し、御池通から烏丸通、四条通、河原町通と市街の目抜き通りを約2時間かけて歩いた。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 京都議定書の地で地球温暖化の原因防止対策のパレードはこちら

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法

 12月7日からデンマークの首都コペンハーゲンで国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されている。2012年に期限が切れる京都議定書に続く、地球温暖化の原因防止対策の政治合意を目指している。地球温暖化の原因となる温室効果ガスは京都議定書で定められており、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCS)、パーフルオロカーボン類(PFCS)、六ふっ化硫黄(SF6)の計6種類とされている。これらの地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法は、実際にどれだけ排出されたのかを実際に測定するわけではなく、さまざまなデータから計算式を使って推測する理論値計算で行っている。つまり、温室効果ガス排出量=活動量×排出係数×温暖化係数となる。活動量とは、燃焼するとCO2を排出する石油、石炭、天然ガスといった化石燃料の消費量や、げっぷをした際にCH4をはき出すウシやヒツジなど家畜の頭数など、温室効果ガスを生み出す量となる。それぞれ、一定の単位当たりでどれだけの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出するかを算出する「排出係数」が定められている。排出係数は、国連の下部組織である「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が定めた数値もあるが、審査を通れば各国がその国の実情に合わせて決めることもでき、日本も独自の温室効果ガス係数を使用している。例えばガソリンでは、1リットルあたり2.32キロのCO2を生み出すとされているので、日本国内の1年間のガソリン消費量をリットル換算して、排出係数をかければ、ガソリンの1年間のCO2排出量が出てくることになる。また、ヒツジは年間1頭当たり4.1キロのCH4を排出するとされているので、日本のヒツジの頭数に排出係数をかければ、どれだけCH4を排出しているかが分かることになるという。ただ、温室効果ガスの排出量は、CO2以外の5種類のガスが温暖化に与える影響をすべてCO2に換算したもの、いわゆる「CO2換算の数値」が使用されている。その換算に使われるのが地球温暖化係数である。CO2が温暖化に与える影響を1とした場合、CH4は21、N2Oは310などと規定しており、それを温暖化係数としている。排出されたと推定される6種類のガスの排出量に温暖化係数をかけ、CO2に換算した数字を合わせたものが各国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス総排出量になるという。
 鳩山由紀夫首相は地球温暖化の原因となる温室効果ガスについて、今年9月の国連会合で「1990年比で2020年までに温室効果ガスを25%削減することを目指す」と表明している。地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減の基準として出てくるのが1990年比である。関係者や地球温暖化の原因となる温暖化研究のマイケル・グラブ氏によると、最初に使われたのは、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開かれた「環境と開発に関する国際連合会議」で採択された気候変動枠組み条約だったという。1990年を世界が気候変動を深刻な問題と認め、地球サミットにつながる交渉を始めた記念すべき年として、条約締結国に対し「1990年代末までに1990年の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量に戻す」とする法的拘束力を持たない目標を定めた。その後、1997年に京都で開かれたCOP3で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量削減に法的拘束力を持つ議定書を締結する際、EU諸国が「1990年以降の年を基準年とした場合、条約で定めた地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出削減の努力をしていない国が有利になる」と主張したことなどから、京都議定書でも1990年を地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標の基準年として採用されたという経緯がある。環境意識の薄かった1980年代は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を推定するデータも乏しいことなどから、以降も地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量基準年として1990年が使われるようになったのである。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの計算方法はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発

 国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)の進行が現在もめている状況にある。というのもCOP15の下に置かれている二つの特別作業部会の議長がまとめた報告書案に、先進国だけに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を課した京都議定書の枠組みをそのまま延長させることが盛り込まれたことを受け、先進各国は11日、こうした地球温暖化の原因防止対策の取り組み方に一斉に反発の声を上げた。京都議定書で地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減義務を負っていない米国や中国などに対しても、同一の枠組みの下で地球温暖化の原因防止対策に取り組む仕組みにすべきだと主張している。特別作業部会の報告案では、京都議定書が定めていない2013年以降の先進国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標を新たに決め、京都議定書を改正して法的に地球温暖化の原因防止対策の達成を義務付けるものとしている。一方で、京都議定書を離脱した米国の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減目標の設定や、現在温室効果ガスの削減義務を負っていない途上国の今後の行動については、法的な温室効果ガスの削減順守義務を課さない形での決定にとどめる考え方が示された。日本や欧州連合(EU)などの先進各国は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスで世界の排出量の4割を占める米中などの目標に法的拘束力を持たせない内容となっている報告書案について、「地球温暖化の原因防止対策としての実効性がまったく担保されていない。」と強く批判している。日本政府は「このような地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス削減への内容では合意できない」と反発を強めている。他方で、中国やブラジルなどの途上国は、従来から先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出責任を主張してきたため、京都議定書の延長を盛り込んだ議長提案に対して「評価する」と賛意を表明している。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減方法に関しては、先進国と途上国の対立が鮮明になっている状況にある。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の京都議定書延長に先進国が反発はこちら

阪急摂津市駅が地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出ゼロ

 コペンハーゲンで開かれている国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開催されているさなか、阪急電鉄は阪急京都線の正雀から南茨木駅間に新設する「摂津市駅」(大阪府摂津市千里丘東)の開業日を来春の3月14日にすると発表した。同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素CO2)の実質排出量をゼロにするという「カーボン・ニュートラル・ステーション」として、地球環境に配慮した日本初の取り組みを行う駅になるという。同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を年約70トンと計算上想定している。この地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を駅舎の屋根に太陽光発電パネルを取り付けたり、雨水の利用やLED照明などの省エネ設備の導入により、年約36トンのCO2の排出量削減することが可能になっている。残りの約34トンは、CO2排出枠を年間約5万5000円で阪急電鉄が購入して相殺する予定としている。こうした取組みによって、同駅は地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにしている。同駅は普通電車のみの停車となり、同駅から梅田まで220円、河原町まで360円の乗車料金となる予定である。所要時間はそれぞれ21分、35分であり、1日あたり約1万2000人の利用者を見込んでいる。阪急電鉄はこうした地球温暖化の要因となる二酸化炭素(CO2)の実質排出量をゼロにするという取組みを、今後とも可能な限り取り組んでいくとしている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 阪急摂津市駅が地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出ゼロはこちら

日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画

 日本経団連は、日本経済界の地球温暖化の原因防止対策として、2020年に向けて最先端技術を最大限導入することを盛り込んだ地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会実行計画」を発表した。具体的な地球温暖化の原因防止対策の数値目標は今後詰めるが、最新技術を最大限導入した場合でも鳩山由紀夫首相が掲げた中期目標「2020年までに地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素CO2を1990年比25%削減」を達成するのは難しいとしている。経団連は同計画の英訳版を開催中の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)参加者に配布し、日本の産業界の実績を訴えると同時に、高い地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標値の合意を牽制したい考えだ。経団連はこれまで、京都議定書に合わせ、鉄鋼や電力など34業界が参加した産業界独自の地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画を実行しているが、今回は行動計画に次ぐものとして、地球温暖化の原因防止対策の実行計画をまとめた。同計画策定に参加する業界は最先端技術を最大限に導入することを前提として、2020年段階の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減目標を設定する。地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減目標は「国内外への約束」として従来の地球温暖化の原因防止対策自主行動計画よりも強制度合いを高め、目標未達の場合は海外の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減事業で生まれる排出枠購入などを検討する。地球温暖化の原因防止対策実行計画の対象業種は産業部門に加え、スーパーなどの業務部門や運輸部門にも拡大しているのが大きな特徴となっている。革新的な技術や途上国での地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減支援などにも取り組み、「2050年の世界の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量半減という目標達成に中核的役割を果たす」としている。ただ、産業界では従来以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいとの見方が一般的となっている。地球温暖化の原因防止対策の自主行動計画は京都議定書の第1約束期間(2008~2012年度)に「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を1990年度レベル以下の排出量に抑える」との思い切った目標値を設定している。これに沿って参加業界が努力を積み重ね、期間中の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量は1990年度比7.5%減と目標を大きく上回って達成できる計画だという。これは、生産量当たりの地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量である原単位を大幅に減らせたことだ。208年度の原単位を1990年度比で88%も低下させたガス業界の場合、生産時に地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2を多く発生する石炭・石油系ガスから、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2をほとんど出さない天然ガスに転換したことが大きい。しかし、転換はほとんど終了し、これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減は難しいのが現状だ。また、原単位を1990年度比で18%削減した製紙業界の場合、製造時の燃料を化石燃料から廃木材などを使ったバイオマスへの切り替えた効果が大きかった。ただ、バイオマス利用も他業界に広がり、日本製紙連合会の二瓶啓常務理事は「手ごろな廃木材の入手はもはや困難である。これ以上の地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2大幅な削減はかなり難しい。」と訴える。経団連の椋田哲史常務理事は「地球温暖化の原因防止対策実行計画以上の削減を求められると、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出枠購入か生産縮小の二者択一になる。」と、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減努力が限界に近づいていることを強調した。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 日本経団連の地球温暖化の原因防止対策の低炭素実行計画はこちら

地球温暖化の原因防止対策で大分県が全県的対策

 大分県地球温暖化の原因防止対策に対して危機感を持ち始めた。というのも、大分県内の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量は、工場だけでなく、家庭などでも増え続けていることが、大分県がまとめた2007年度温室効果ガス排出量速報で分かった。地球温暖化の原因防止月間の12月を迎え、大分県は、「地球温暖化の原因防止対策の地域における取り組みを大分県全県に拡大する」ということで、大分県内22団体による大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会を設立した。鳩山由紀夫首相は2020年の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を1990年比25%削減とする方針を打ち出している。しかし、2007年度の大分県の排出量は4351万トンで、1990年度の3706万トンはもちろん、2006年度の4262万トンをも上回っているという目標達成には危機的な状況にある。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の総量では、工場など産業部門の温室効果ガスの増加が主因となっているが、家庭部門、ビル管理など業務部門ともに温室効果ガス排出量が前年度比10%増になっている。家庭、業務両部門で大分県は2002年度比それぞれ6.3%減、11.4%減の2010年度目標を立てている。大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会の設立会議は大分市内で開催された。設立会議では、給食残飯をたい肥にして菜の花を植え、食用油を採取したり、ライフスタイル再考のために江戸古民家を再現した「中津市地球温暖化対策協議会」の取組みや、ごみ問題の小学生教育に熱心な「杵築市環境ネットワーク」が活動報告を行った。こうした事例紹介を参加団体が取り組みの参考にしたようである。次回の大分県地球温暖化の原因防止対策地域協議会連絡会は来年6月に開催される予定となっている。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策で大分県が全県的対策はこちら

COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立

 デンマークのコペンハーゲンにおいて国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議COP15)が始まった。その会議の中で、地球温暖化の原因による海面上昇の被害を受けている島嶼国は9日、京都議定書に続く新たな地球温暖化の原因防止対策に係る議定書案の交渉を進めるよう要求した。これに対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの排出抑制義務が課されることを警戒する中国やインドが反対を表明した。地球温暖化の原因による被害を受けやすい開発途上国と、経済発展に伴い温室効果ガスの排出量が増加している新興国との間の意見対立が表面化したかたちとなった。南太平洋の島国であるツバルは島嶼国を代表して、地球温暖化の原因による被害に苦しむ国への支援拡充を柱とする「コペンハーゲン議定書」を提案している。地球温暖化の原因となる大気中の温室効果ガス濃度を二酸化炭素(CO2)換算で350ppm以下に抑えるよう主張し、世界の中でも最も厳しい態度で地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減に取り組むよう各国に求めている。ツバルは9日の本会議で、地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案を交渉するための会議の場をつくるよう提案した。これに対し、中国やインド、サウジアラビアは「地球温暖化の原因防止対策に関しては京都議定書で十分だ」として会議設置案を拒否している。一方で、ソロモン諸島やクック諸島、セネガル、ケニアなどが地球温暖化の原因防止対策に係る新議定書案の策定に相次いで賛意を示し、途上国側であっても意見が二つに分かれる格好となった。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議については、当初、先進国と途上国との意見対立が予想されていたが、途上国内の対立も見られるようになった。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> COP15の地球温暖化の原因防止対策で途上国と新興国が対立はこちら

大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェック

 家庭で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素CO2)の削減に取り組んでもらおうと、枚方市のNPO法人「ひらかた環境ネットワーク会議」などは、地球温暖化の原因防止キャンペーン「ひらかたエコチェックDAY」を実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量の分かる日常生活の点検シートを配布し、各家庭で記入してもらう。地球温暖化の原因防止対策の取り組み後には商品が当たる抽選も予定しており、枚方市内だけでなく幅広く参加を呼びかけている。地球温暖化の原因防止対策チェックシートでは、「部屋を出るときはあかりを消す」「シャワーや水道はこまめに止めながら使用する」などの地球温暖化の原因防止対策となる10項目について、13日以前と13日のそれぞれで実施できたかどうかを○×で記入してもらう。項目横には、実施した場合の1日当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量も明記されている。NPOは地球温暖化の原因防止対策チェックシートを5万枚用意し、枚方市役所や生涯学習センターなど枚方市内60か所以上で配布する。取り組みに参加し、地球温暖化の原因防止対策チェックシートに付いたはがきをNPOに返送すると、抽選で40人に折りたたみ自転車や地酒などが当たるという。問い合わせは同ネットワーク((電)072・847・2286)。
リサイクルトナー再生激安販売情報カーペットクリーニングじゅうたん情報革靴ブーツクリーニング情報

> 大阪府枚方市のNPOが家庭で地球温暖化の原因のCO2削減チェックはこちら

アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇

 アメリカで地球温暖化の原因が事実なのかどうか疑問視する人が増えてきており、地球温暖化の原因とされている二酸化炭素などの温暖化ガス排出量削減を支持する人は減っていることが、CNNとオピニオン・リサーチの最新世論調査で分かった。この調査は7日、地球温暖化の原因防止対策について話し合う第15回国連気候変動枠組条約締約国会議COP15)の開幕に合せて発表された。それによると、「地球温暖化の原因は証明された事実」と考える人は全体の3分の2となり、2008年6月の調査に比べて8ポイント減った。支持政党別に見ると、民主党支持者は横ばいだったが、共和党支持者は11ポイント減少している。地球温暖化は事実だと答えた人のうち、原因は工業生産による温室効果ガスである二酸化炭素の排出など人間の活動にあるとする回答は45%となり、前年の54%から9ポイント減少した。地球温暖化の原因は人間ではなく自然界に原因があるとの回答が約3分の1を占めた。地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスの排出量削減については「たとえほかの国が地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温暖化ガスを削減しなくても、米国は削減すべき」と答えた人が、07年調査の66%から、今回調査では58%に減っている。地球温暖化の原因をめぐっては、一部科学者がデータを故意に操作したともとれる電子メールの存在がCOP15の開幕を前に暴露され問題となった。しかし、ほかの調査機関が11月に実施した地球温暖化の原因の世論調査でも今回と同様の結果が出ており、データ操作疑惑の直接的な影響はないと見られる。地球温暖化の原因の調査は12月2―3日にかけて、米国の成人1041人を対象に電話で実施したものである。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> アメリカで地球温暖化の原因に懐疑論が上昇はこちら

海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法

 海が吸収する地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素量を調べる手法を、イギリスのイーストアングリア大学の研究者らが作る国際研究チームが開発したと発表した。これは、商業用船舶にも装着できる地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計る装置で、より多くの船舶から二酸化炭素量のデータを収集することで、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの二酸化炭素の状態について、より詳しく調べることができるとしている。大気中に含まれている地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素は、海洋や熱帯雨林が吸収することで知られる。特に、人間が排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の半分は、海洋と熱帯雨林が吸収しており、気温や海水温は地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の貯蔵状態に大きく関係している。イギリスのイーストアングリア大学らの研究者は、海中の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を測定する化学センサーと、海水表面の温度を測る衛星のデータを組み合わせて、より正確に海洋の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素の動向について調べる装置を開発した。これまでに、北大西洋で過去数年間にわたって地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査を実施し、気候と海洋が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量との関係が浮かび上がってきたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量を計測する装置は商業用の船舶にも簡単に装着できるもので、世界の海を広く航行する船舶に協力してもらうことで、より正確に地球の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素について、調べることができると期待している。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 海が吸収する地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素量の調査手法はこちら

地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝

 地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組み(ポスト京都議定書)を話し合う国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)が7日から、コペンハーゲンで開かれる。地球温暖化の原因防止対策のポスト京都議定書の採択は困難なものの、地球温暖化の原因防止対策の大枠について政治合意を目指すことになりそうだ。先進国と開発途上国の間には、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減・抑制の分担をめぐる対立が続いており、これを打開できるかがカギとなる。地球温暖化の原因防止対策の政治合意には、(1)先進国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス削減目標(2)途上国の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制策(3)地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策に取り組む途上国向け資金支援(4)地球温暖化の原因防止対策の新議定書採択など法的合意の期限を盛り込むことを想定している。これまでの交渉では、途上国は先進国の歴史的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出責任を指摘してきた。2020年までの地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を1990年比40%削減することや、地球温暖化の原因防止対策に必要な資金や技術の供与を要求してきた。一方で先進国は、経済発展に伴って地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量を増大させている新興国を念頭に、相応の地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出抑制を迫っている。このためCOP15では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスに係る対立打開に向け、先進国と途上国が温室効果ガス削減・抑制についてどこまで歩み寄れるか、先進国が途上国向け地球温暖化の原因となる温室効果ガス対策の資金支援をどれだけ用意できるかなどが議論になる。
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化の原因防止対策のCOP15に先進国・途上国に溝はこちら

インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表

 インド政府は3日、地球温暖化の原因防止対策の新たな枠組みを話し合う気候変動枠組条約締約国会議の第15回締約国会議COP15を前に、GDP(国内総生産)あたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2(二酸化炭素)排出量を2020年までに2005年に比べて20~25%削減するとの数値目標を初めて発表した。インド・ラメシュ環境相は「2005年から2020年の間に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量を20~25%、自主的に減らす用意がある。」と述べた。これまで、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量の削減に消極的姿勢を貫いてきたインドが削減目標を公式に発表するのは、これが初めてである。ただし、この地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標はGDPに比例しているため、インドがこのままの高成長を続ければ、経済成長とともに排出量が増える結果となるうえ、すでにGDPあたりの地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標を発表した中国(40~45%)に比べると、その数値は半分にとどまっている。インドは現在、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量が世界4位の大排出両国だが、国内の多数の貧困撲滅には経済成長が不可欠なため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスであるCO2排出量削減目標に法的拘束力は持たせないとしている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> インドが地球温暖化の原因のCO2排出量削減の数値目標発表はこちら

神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニュー

 神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドは、デンマークで開催される気候変動枠組条約の第15回締約国会議(COP15)に合わせて、7日から18日まで地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を抑えた「エコメニュー」を提供する。スカンディナビア政府観光局の要請で、老舗ホテルにふさわしく、かつ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素CO2)排出量の少ない料理を考案したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ない料理のメニューとしては、「地場野菜の菜園風仕立て」「本日入荷の魚のココット(厚手のふた付き両手鍋)蒸し」「豚料理のバリエーション」「小田原ミカンのムース」の4品から成るランチ・コースとなっている。これらの料理は、タワー棟5階のフレンチレストラン「ル・ノルマンディ」において5000円で提供する。フードマイレージ(食料の輸送距離)の短い横浜産や県内産の食材を主体にすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量を大幅に削減したという。調理の際に火を入れる場合でも、ココットなどを用いエネルギー消費量を抑えCO2排出量を大幅に削減した。さらには、廃棄物処理に係る地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2排出量削減のため、食品残さも減らすよう、皮付きの野菜、豚の皮やのど肉なども使った。神奈川県横浜市中区のホテルニューグランドのシェフは「ニューグランドの伝統料理とエコの要素との両立に苦労した。地球温暖化の原因の温室効果ガスであるCO2削減は時代の要請でもあるので、これを機に環境に優しい料理を継続的に追求していきたい。」と話している。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 神奈川県横浜市のホテルで地球温暖化の原因のCO2排出量抑えたエコメニューはこちら

地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出

 東北大(宮城県仙台市)の研究グループが、地球温暖化の原因防止対策として使い道のない木などから純度の高い水素を取り出す研究を進めている。水素の利用先は、自動車メーカー各社が普及を目指す地球温暖化の原因防止対策として「究極のエコカー」燃料電池車を想定している。製材業者とメーカーが連携する構想も視野に実用化に向けて採算性などを検証している。研究グループは、木材から高純度の水素ガスを発生させる技術を開発しており、この地球温暖化の原因防止対策の技術を応用する。グループは樹木の成分の7割を占めるセルロースが炭素と水素、酸素からなることに着目してきた。木材を粉砕処理し、酸化カルシウムなどを混ぜて一定の高温で加熱し、木材1キロ当たりから約480Lの水素ガスを取り出すことに成功した。水素の純度は95%前後と高く、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池の電解質を傷める二酸化炭素(CO2)の発生割合を0.1%以下に抑える適温も発見した。現在、地球温暖化の原因防止対策として樹皮や木くず、落ち葉、紙類から水素などの成分がどれぐらい取り出せるかを実験中である。生成量に対する製造コストといった採算性も調べ、来年度内に結果をまとめる。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池用の水素ガスを取り出す工業的手法は、石油や天然ガスなど化石燃料に高温高圧をかける方法が主流だが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素も発生する。さらに、水を電気分解する手法は高コストになる。木材は地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の発生割合が少なく、まとまった量が比較的簡単に取り出せる。トヨタ自動車など世界の自動車大手8グループは9月、地球温暖化の原因防止対策として燃料電池車を2015年以降に本格的に普及させることを盛り込んだ共同声明を発表している。トヨタの動きを意識する近畿地方の製材業者から、研究グループに連携の申し入れがあった。教授は「実用化は先だが、高純度の水素を従来より低コストで得られそうだ。地球温暖化の原因防止対策として燃料電池が普及すれば自動車バッテリーの軽量化が図れ、燃費向上に役立つ。」と話している。
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策として木から水素を抽出はこちら

日立製作所が地球温暖化の原因防止対策の標準型エレベーター

 日立製作所は地球温暖化の原因防止対策の施された標準型エレベーター「アーバンエース」に快適性・安全性の向上と環境への配慮を目的とした機能を追加搭載した新モデルを販売している。現在の高層化、立体化が進む都市空間において、エレベーターは移動手段の一つとして絶対不可欠なものとなってきており、快適性のさらなる向上が求められている。また、近年のエレベーターによる挟まれ事故を背景としたエレベーター戸廻りにおける安全性の向上、さらに、地球温暖化の原因防止対策の一環としてエレベーターの省エネルギー化及び地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素CO2排出量低減が急務となっているのが現状だ。今回販売開始するモデルは、利用者一人ひとりへのさらなる快適性や安心感の提供と環境への配慮がされたモデルとなっている。巻上機にかかる負荷が小さい場合に、巻上機の能力を有効活用することにより乗車時間と待ち時間を短縮する「可変速ドライブシステム」を標準装備している。このほか、ペット用のリードや掃除機のコードなど太さ3mm以上のひも状のものが戸に挟まれていることを検知した場合に、再び戸が開く「ラインキャッチセンサー付きマルチビームドアセンサー」や、日立が従来機種で使用している蛍光灯と比べて消費電力及び地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素CO2排出量を約30%低減するうえに、寿命が約4倍となる「LED天井照明」をラインアップに追加した。日立は1998年11月に業界に先駆けて、押しボタンの形状や高さ、ハンドレールの高さなどにユニバーサルデザインを採用した機械室レス標準型エレベーター「アーバンエース」を発売している。2006年12月には、業界最小のオーバーヘッド寸法の実現により建築レイアウトの自由度を高めたモデルも発売してきた。今後も業界の先駆者的立場として、地球温暖化の原因防止対策や環境問題にも対応した時代のニーズに応じたエレベーターを開発する。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 日立製作所が地球温暖化の原因防止対策の標準型エレベーターはこちら

地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度

 世界気象機関(WMO)がまとめた、2008年の地球温暖化の原因の「温室効果ガス年報」で、二酸化炭素メタン、一酸化二窒素の07年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである世界年平均濃度が統計を開始した1983年以降の最高値を記録していたことが、09年11月24日の気象庁発表で明らかにされた。地球温暖化に最も影響度が大きいとされている二酸化炭素の世界平均濃度は、この10年間 年平均2.0ppmずつ増加しており、08年は385.2ppmに達した。地球温暖化の原因の二酸化炭素の濃度は、産業革命以前(1750年)の濃度である約280ppmと比較すると約38%の増加となっており、一酸化二窒素は、321.8ppbで同じく約19%の増加と発表されている。また、近年増加傾向が緩やかになっていた地球温暖化の原因のメタン濃度は1,797ppbに達し、2007年に続いて2008年も1998年以来の高い増加量となったが、地球温暖化の原因のメタンが再び増加傾向に転じたかどうかははっきりしないとしている。さらに、気象庁が綾里(岩手県)、南鳥島(東京都)、与那国島(沖縄県)の3地点で行っている日本上空の大気中の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素濃度の2008年の結果も同時に公表されたが、3地点の二酸化炭素の平均濃度は386.6~388.5ppmで、こちらも温室効果ガスの過去最高値を記録した。3地点の地球温暖化の原因の温室効果ガスの平均濃度は、この10年間で年平均1.9ppmの割合で増加を続けているという。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球全体の地球温暖化の原因の温室効果ガスの濃度はこちら

EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討

 EUは11月30日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを1990年と比べて20%削減から30%削減に数値目標を引き上げることを検討していると明らかにした。EU議長国・スウェーデンのラインフェルト首相は、11月30日の記者会見で、「私たちEUは地球温暖化の原因に責任を取ります。2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスについては1990年比20%削減の目標としていたが、30%削減を目標とすることを考えています。」と述べ、新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減数値目標を明らかにした。国連・気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)が開催されるのを前に、EU側の考えをアピールした形となった。これに先だって行われたEUと中国の首脳会談で、中国側は「2020年までにGDP(=国内総生産)の単位当たりの地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を、2005年に比べて40~45%減らす。」という目標を説明し、EU側もこれを評価している。ただ、EUの新たな考えに対してはさらなる地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減努力を行うよう促した。COP15の開催が来週に迫る中、EU側が新たな地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減の考えを示したことで、ほかの先進国や途上国は地球温暖化の原因防止に向けたさらなる努力を求められることになる。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> EUが地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの削減目標引き上げ検討はこちら

地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップ

 国際物流の9割以上を担う輸送船の地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減しようと、日本の海運大手が太陽光発電などの自然エネルギーや燃料電池を活用した地球環境に優しい大型のエコシップの開発を急ピッチで進め、地球温暖化の原因防止対策の「環境対策」への意欲をアピールしている。地球温暖化の原因防止対策のエコシップは、風を推進力に変えるため翼のように伸びた8枚の帆や、甲板を覆う太陽光発電パネル-を備えている。日本郵船では、「近未来の太陽光発電などの省エネ技術を結集させた化の原因防止対策のエコシップ」としてコンテナ船の模型を公表している。2030年には建造できるという「スーパーエコシップ2030」(全長352メートル)では、従来の大型船とはかけ離れた独創的な外観が特徴となっている。主要動力源には、取り外し可能なコンテナ式の燃料電池を採用して、船体重量を約2割減らすなどして、重油のディーゼルエンジンで動く現在の船と比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を69%削減できるという。船底の外側に空気を送ることで海水との摩擦抵抗を減らす最先端技術を導入する一方で、コンテナ積み降ろしの邪魔にならないよう太陽光発電パネルや帆は格納可能とするなど実用性も重視した設計となっている。ライバルの商船三井は、船舶維新をキーワードに、外洋航行中の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量を5割に減らすなど「環境に配慮した」自動車運搬船のデザインを公表した。太陽光発電パネルの利用や改良型スクリューの装着が特徴で、港湾内の航行や荷役中には地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出ゼロを実現できるという。
 海外でもエコシップに注目が集まる。北欧の大手海運会社は、波のうねりなどの自然エネルギーを利用した輸送船の開発を独自に進める。開発競争の背景には、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出量規制の導入を検討している国際海事機関(IMO)の動きもある。海運各社が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量に応じた経済負担を強いられる可能性が高まっており、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2削減が緊急課題になっているからだ。IMOによると、船舶が出す地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2は年間10.5億トン(2007年)で、世界の総排出量の3.3%を占める。これはドイツ1カ国分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を上回り、日本の8割以上に相当する量になっている。2008年度には日本郵船が地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素1674トン、商船三井は約1800万トンを出すなど、製鉄やセメント会社と並び日本有数の排出源になっているのが現実だ。中国やインドなど新興国の経済成長で貨物量は増加傾向にあり、国際海運の総排出量は2050年までに2007年の最大2.5倍に増えるとの試算もある。スーパーエコシップ開発を担った日本郵船子会社「MTI」の技監は「新船開発は、2050年に地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2をまったく排出しないゼロエミッション船を実現するための第一歩と考えている。夢を夢で終わらせないとの思いを込めた。」と強調する。商船三井は「今後はフェリーやタンカーなどの新型エコシップを順次発表する」と話している。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因対策の太陽光発電搭載の大型エコシップはこちら

地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備

 大手住宅メーカーが、地球温暖化の原因防止のため太陽光発電設備を備えたアパートを相次ぎ投入している。太陽光発電設備については、戸建て住宅では環境意識の高まりや政府の補助金効果などで、太陽光発電の導入が進んでいる。アパートを売り出している各社は太陽光発電設備でつくった電気をアパート入居者に分配し、余剰分は電力会社に売って各戸の光熱費を抑えられる点を積極的に訴え、賃貸住宅市場を活性化したい考えだ。ミサワホームは4月、太陽光発電設備を備える「Belle Lead eco(ベルリードエコ)」を発売した。太陽光発電による省エネに加え、テレビ画面付きドアホンを設置するなど、防犯面も配慮している。同社は「太陽光発電設備による光熱費削減で住民の満足度向上が期待でき、高い入居率を維持できる。」と、家主にとっても魅力があることを強調し、初年度は200棟の販売を計画している。積水化学工業も7月、太陽光発電設備を備える「レトアおひさまスタイル」の販売を開始した。同社は「大型の屋根で太陽光発電設備の太陽光パネルを多く乗せられ、発電効率が高い。」と利点を説明する。11月に電力会社が従来の2倍の価格で太陽光発電の余剰電力を買い取る制度が始まったのも追い風になっているという。2009年度に1000戸の販売目標は達成可能と自信を見せる。大和ハウス工業が11月に売り出した太陽光発電設備を備える「セジュールエコハ」は、自然の風や光の通り道を室内につくり、空調機器になるべく頼らない工夫を盛り込んだことも売り物の一つとしている。太陽光発電や断熱性が高い窓ガラスの採用などで地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素(CO2)排出を減らせるとアピールし、年間500棟の販売を目指すのを目標としている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止のためアパートにも太陽光発電設備はこちら

地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催

 来月の12月7日にデンマークで開幕される気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)を前に、地球温暖化の原因の専門家と市民が地球温暖化の原因防止対策の今後を考える集会「市民が進める地球温暖化の原因防止2009」が28日、京都府京都市上京区の同志社大新町キャンパスで始まった。NPO法人(特定非営利活動法人)気候ネットワーク(中京区)が主催した。「政権交代と地球温暖化の原因防止対策」をテーマに話した気候ネットワークの浅岡美恵代表は、鳩山政権が地球温暖化の原因防止のため二酸化炭素などの温室効果ガス削減の中期目標を麻生政権より引き上げた対応について「先進国の地球温暖化の原因防止のための温室効果ガスの削減目標も引き上げさせる一翼を担った。」と評価しながらも、「地球温暖化の原因防止対策の国内制度の整備を急ぐべき」と課題を指摘した。続いて、福山哲郎外務副大臣が気候変動枠組条約第15回締約国会議COP15の見通しを説明し、「地球温暖化の原因防止対策は厳しい交渉になるが、日本が重要なプレーヤーとなる。」と強調した。このほか、涌井史郎桐蔭横浜大特任教授が生物多様性をテーマに講演し、地球温暖化の原因防止対策の「低炭素社会・経済」と題したパネル討論もあった。29日は自治体の地球温暖化の原因防止対策への取り組みや再生可能エネルギーなどに関する分科会が開かれる。
袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止を考える市民集会の開催はこちら

環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー

 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットとは、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が自らの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)による温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減困難な部分の温室効果ガス排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること等により、その温室効果ガス排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。環境省では、平成20年度に地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの信頼性確保のためのガイドライン等の整備を行い、本年3月には地球温暖化の原因防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準」を公表、本基準に基づき、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター)において、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット認証制度を創設し、5月よりカーボン・オフセットの案件の認証を開始しております。この度、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するため、全国3箇所でセミナーを開催いたします。本セミナーは事前申込制となっておりますので、御希望の会場の開催日の5日前までに、下記の申込ページからご登録ください。会場のお席に限りがあるため、定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。
環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナー「低炭素社会に向けた企業の取り組みとカーボン・オフセット」を全国3箇所で開催すると発表した。このセミナーは、カーボン・オフセットの取組に関心のある事業者等を対象に、カーボン・オフセットビジネスの方向性、優良事例情報等について情報発信するためのもの。各会場とも、開場13:30、開始14:00、終了16:00を予定しており、参加費は無料。参加希望者は、希望の会場の開催日の5日前までに、申込HPで登録する必要がある。
開催日・開催場所
・12/4(金) TKP名古屋ビジネスセンター(愛知県名古屋市中村区)
・12/7(月) 発明会館ホール(東京都港区)
・12/8(火) 新梅田研修センター(大阪府大阪市福島区)
申込HP:http://www.j-cof.org/temporary/biz_seminar.html
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 環境省による地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット事業者向けセミナーはこちら

地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切り

 地球温暖化の原因防止対策として、4月から新たに始めた大阪府大阪市の「太陽光発電補助制度」に当初予算の予想より多い応募があり、大阪市は年度途中であるにもかかわらず太陽光発電補助制度申請の受け付けを打ち切った。大阪市の地球温暖化の原因防止対策を目的とする太陽光発電補助制度は1キロワットあたり10万円と国の太陽光発電補助(7万円)よりも手厚く、太陽光発電の余剰電力を電力会社が倍額で買い取る太陽光発電に係る政府の新しい制度が11月に開始されたことも太陽光発電補助申請の後押しをしたもようだ。大阪市の太陽光発電補助額は戸建てで最大40万円にもなり、事業所などで太陽光発電補助額は200万円となっている。太陽光発電補助の申請件数は家庭533件、事業所など8件の計541件となり、予定よりも2カ月早く太陽光発電補助予算の1億6800万円に達した。大阪市によると、太陽光発電補助を受けた太陽光発電によって、大阪市の大阪城公園の1.5倍の広さの育成林による地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減量に相当するという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の大阪府大阪市の太陽光発電補助制度打ち切りはこちら

兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設

 兵庫県では、地球温暖化の原因を助長する二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減するため、住宅用の太陽光発電システムの導入を支援する「太陽光発電相談指導センター」をひょうごエコプラザに開設しています。太陽光発電相談指導センターでは、太陽光発電の専門家により太陽光発電システムの導入について技術的な助言をする他、家庭からの地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減状況を「見える化」 して温室効果ガスの排出削減のための効果的な対策の提案を行う「うちエコ診断」なども 実施します。また、大規模事業者が中小事業者に 技術・資金を支援し、共同で削減した地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出量を大規模事業者に移転することにより兵庫県内の地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2排出の抑制を促す事業についての相談を受ける「CO2削減協力事業相談センター」も開設しました。ひょうごエコプラザは、これらセンター設置に伴いフロア内で場所を移転し、リニューアルしました。また、これまでどおり、環境学習コーディネーターが、環境学習や活動の取り組みなどの相談に対応し、お手伝いをしています。
 環境学習コーディネーターが、地球温暖化やリサイクル、自然保護、環境汚染などの環境問題について、みなさんの様々な取り組みや学習のお手伝いをさせて頂いています。
【環境学習の支援】兵庫県民の方、グループ・団体の方、事業所の方、市町の方、等
・ひょうご出前環境教室や、エコツーリズムバス制度など、環境学習のための助成金制度をご用意し、適切なプログラムの紹介や申請受付を行っています。
・環境学習を行うための、分野・内容・ニーズに合った講師やサポーターをご紹介しています。
・パネルや紙芝居・環境DVD・ビデオ、実験キットなどの学習や教育のツールの貸し出しをしています。
【環境活動の支援】兵庫県地球温暖化防止活動推進員・ナチュラルウオッチャー・ナチュラルウオッチャーリーダーなどの登録ボランティアの方、こどもエコクラブサポーター・環境NPOなど各種ボランティアの方々、事業所や市町の環境の担当窓口の方等
・活動に際しての相談や情報や啓発ツールの提供・紹介を行っています。
・環境ボランティアの方々の研修・交流事業を行っています。
・環境ボランティアの方々の活動紹介や情報発信、他の団体等との連携や協働のお手伝いをしています。
・環境活動ボランティアの方々への助成制度をご用意、ご紹介しています。
・イベントなどへの後援、共催、協賛などの受付、ご相談に対応しています。
【環境情報の発信】
・ひょうごエコプラザE-mail通信の配信・・・各団体が実施する環境関係のイベント等に関する情報や協会からのお知らせのメールマガジンを週に1回発信しています。
・ホームページ「ひょうごの環境学習ひろば」の運営・・・環境活動団体や各種環境関連機関などが行うイベント情報の提供や、県内環境学習施設の紹介などを行っています。
・環境関連冊子等の発行や、環境図書や各種パンフレットなどの環境関連資料を取り揃えています。
・タイムリーな話題を気軽に学び、考えることのできる、ひょうごエコプラザミニフォーラムを開催しています。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 兵庫県が太陽光発電相談指導センターと地球温暖化の原因のCO2削減協力事業相談センターを開設はこちら

地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新

世界気象機関(WMO)は23日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスに関する年次報告書を公表した。それによると、主要な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)などの大気中の濃度は2008年も過去最高を更新し、地球温暖化に歯止めが掛からない実態が改めて確認された。地球温暖化の元凶の原因である二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出が増加し続ける現状が科学的データで裏づけられたことで、12月にコペンハーゲンで開かれる国連気候変動枠組み条約の締約国会議(COP15)の場では、実効性ある地球温暖化の原因防止対策を求める声が高まりそうだ。年次報告書によると、08年の地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、二酸化炭素CO2の平均濃度は化石燃料の使用や森林の伐採などを背景に、07年比2.0ppm(ppmは100万分の1)上昇の385.2ppmとなった。また、地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、メタン濃度は同7ppb(ppbは10億分の1)上昇の1797ppb、同じく地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度として、一酸化二窒素(N2O)濃度は同0.9ppb上昇の321.8ppbだった。 
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因の温室高価ガス濃度が過去最高更新はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT) 観測データの一般提供

 (独)宇宙航空研究開発機構、(独)国立環境研究所及び環境省は、平成21円10月30日地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT:平成21年1月23日打上げ)について輝度スペクトルデータ及び画像データの一般提供を開始すると発表した。10月30日現在取得可能なデータは、地球温暖化の原因の温室効果ガス観測センサにより観測される輝度スペクトルデータとなっており、当面は10月29日以降のデータに限られる予定としている。また、雲・エアロソルセンサによる地球観測画像データについては初期校正作業が完了し、11月中旬の一般提供に向けた準備を進めている。なお、今後、さらにデータの校正・検証作業等を進め、平成22年1月末を目処に、地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素、メタン濃度データの一般提供を開始する予定としている。地球温暖化の原因の温室効果ガスデータの取得は、利用希望者が国立環境研究所のウェブサイト(http://data.gosat.nies.go.jp/)よりユーザ登録を行ったうえで、データベースの中から希望する地点、日時の地球温暖化の原因の温室効果ガスデータを検索・選択のすることによりダウンロードが可能となる。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT) 観測データの一般提供はこちら

荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業

 グリーン物流パートナーシップ会議は、地球温暖化の原因防止対策の「グリーン物流パートナーシップ推進事業」の平成21年度2次募集分の採択案件4件を決定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、荷主企業と物流事業者の協働により実施される物流の改善策で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出量削減が確実に見込まれる事業のうち、[1]新規性がある事業(モデル事業)、[2]普及が望まれる取組み(普及事業)、[3]物流効率化事業の問題点解決に向けた調査事業(ソフト支援事業)の各優良案件に対して、補助金交付や事業委託を行っている公募事業となっている。平成21年度はこれまで、地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」を対象に案件の募集が行われており、7月31日から8月24日まで第2次の公募が行われていた。今後、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)への補助金交付申請を行い、交付決定後、地球温暖化の原因防止対策の事業着手することとなる。なお、今年度は地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」12件が既に推進決定されている。グリーン物流パートナーシップ会議は、荷主企業と物流事業者の協働による物流分野での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減策を強化するため、経済産業省、国土交通省、(社)日本ロジスティクスシステム協会、(社)日本物流団体連合会、(社)日本経済団体連合会らが連携して17年4月に設置した組織であり、現在約3,100の企業等が会員となっている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の初年度は未達成

 環境省は10日、京都議定書の初年度に当たる2008年度の温室効果ガス国内排出量(速報値)をまとめた。二酸化炭素CO2)換算で12億8600万トンで、議定書の基準年(CO2は1990年度)比で1.9%増加。議定書は08~12年度の5年間、年平均6%の削減を日本に義務付け、このうち5.4%は森林によるCO2吸収や海外からの排出枠調達によって削減する計画だが、初年度は目標達成に2.5ポイント届かなかった計算だ。08年度の排出量は、前年度(13億7100万トン)比では6.2ポイント低下。世界的な金融危機に端を発した景気後退により、製造業でのエネルギー消費が減少したためとみられている。
京都議定書に盛り込まれた温室効果ガスの削減目標は、単なる努力目標ではなく、条約に基づいた国際公約。日本に割り当てられた「1990年比6%削減」を履行できなければ、外国からの信頼を一挙に失い、国際社会での発言力も著しく低下する可能性が高い。米国が京都議定書から離脱したのも、履行できない約束はしないというクールな判断に基づいている。日本は京都議定書を取りまとめた立場だけに、目標達成の責任は最も重い。目標期限(2012年)が迫った今、6%削減の達成に向けたあらゆる努力が必要だ。政府が決めた計画によれば、日本の削減目標6%のうち、省エネの推進などで人為的な温室効果ガスの排出量を減らして達成するのは0.6%分しかない。残り5.4%のうち、「森林吸収」で3.8%を賄い、経済的手法によって外国の排出削減分を自国分としてカウントする「京都メカニズム」で1.6%分を調達する。森林吸収分は新たに植林する必要があるわけではなく、現存する森林を適切に管理することで達成する計画だ。一方、日本では90年以降、エネルギー消費による二酸化炭素排出が大幅に伸びており、省エネでの削減は0.6%でも相当に厳しいのが事実。このため、6%削減を実現する上で、「京都メカニズム」活用の重要性が高まっている。京都メカニズムは(1)クリーン開発メカニズム(CDM)(2)共同実施(JI)(3)国際排出量取引(IET)の3種類がある。CDMは、温室効果ガスの排出削減義務のない発展途上国で行う省エネ事業に、先進国が資金や技術を供与した場合、その事業によって削減された量を先進国の目標達成分にカウントできる仕組み。省エネの進んでいない途上国への支援にもなるが、プロジェクトのスタートから削減結果が確認できるまで短くても3-5年掛かる。JIは、CDMを先進国間で行うスキームのこと。既に省エネが進んでいる日本ではさらなる二酸化炭素削減に大きなコストが掛かる。削減義務のある国の中でも、ロシアや東欧諸国はあまりコストを掛けずに省エネが可能なので、日本国内で同じ事業をするより資金を出した方が得。ただし、結果確認まで時間が掛る点はCDMと変わらない。国際排出量取引は、ある先進国が目標よりも多く削減できる場合、超過分の排出枠を他国に有償譲渡できる仕組み。譲渡は削減義務のある先進国間でしかできない。日本は自国内で省エネを進めるより、他国から排出枠を買った方が安上がりだが、この制度を多用しすぎると地球温暖化防止への努力が足りないと批判を受ける可能性もある。日本政府は、6%削減達成に向け、京都メカニズムによって2012年度までに約1億トンの排出枠を調達する計画。それに必要な費用として、4000億円程度を国が負担する見通しだ。国内排出量取引は、国内の施設(企業)間で排出枠を売買する仕組みのこと。京都メカニズムの国際排出量取引とは違い、国内での省エネ推進を促すのが目的だ。EU(欧州連合)では2005年1月から加盟25カ国を対象に制度をスタートさせた。鉄鋼、セメント、石油精製などのエネルギー多消費施設と発電所(約1万2000施設)を対象に、各国政府の配分計画に基づいた二酸化炭素の排出枠を交付する。各施設は政府からの交付枠いっぱいまで二酸化炭素を排出できるが、それを超えた場合は罰金を支払わなければならない。省エネに成功して交付枠よりも排出量を減らすことができた施設は、余剰枠を売りに出すことができる。省エネがうまくいかなかったり、生産量が増えたりして二酸化炭素排出量が交付枠以上になりそうな施設は、他の施設の余剰枠を買い取ることで罰金を逃れることができる。企業の競争を促す形になり、省エネが進みやすいというメリットがある。また、最初に政府が上限を決めて排出を規制するので、二酸化炭素の削減目標を達成する上で有効な仕組みだが、企業の経済活動抑制につながる可能性もあり、上限の設定の仕方が難しい。
ライターの求人募集転職モデルの求人募集転職アルバイト探し求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の京都議定書の初年度は未達成はこちら

地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策の『二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』の案件を決定したと発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因となる二酸化炭素等の温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の排出削減効果を調査し、これらの普及を促進させるため、このモデル事業を実施するとのことである。10月8日に開催された地球温暖化の原因防止対策の『温室効果ガス「見える化」推進戦略会議 事業者の提供する商品・サービスに係る温室効果ガスの「見える化」に関する分科会』での審査が行われ、合計19件の応募から、5件の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業が採択された。

申請者名 モデル事業の名称 機器提供者名 機器使用者名 案件の概要
日本電気株式会社 オフィスPC等IT機器のCO2見える化推進事業 日本電気株式会社 日本大学法学部、 株式会社大塚商会、千代田区役所(予定) PCの電力消費量をソフトウェアによりリアルタイムに見える化。CO2削減ポテンシャルを推定し、より高度な電源管理により削減する。社会的インパクトを評価し、更なる普及に向けた方策を検討。
ケイテイシステムコンサルティング株式会社 車版フライトレコーダを利用した運転習慣に関する数値化による環境負荷低減 ケイテイシステムコンサルティング株式会社 国分株式会社 営業用乗用車の位置情報、加速度をリアルタイムに見える化。ドライバーの運転特性(クセ)を把握、数値化した上で、データを分析し、具体的な「エコドライブ」などの改善策に繋げる。
株式会社早稲田環境研究所 小学校におけるエネルギーの「見える化」「見せる化」による実践的環境学習の展開 株式会社NTTファシリティーズ 横浜市内の公立小学校 小学校におけるエネルギー消費量をリアルタイムに見える化。体験的環境学習プログラムにより、環境配慮行動の変容を定量的に評価。家庭への波及を企図した普及啓発も実施。
日本テクノ株式会社 電気を「見える化」し、「理解る化」し、定着させることで、省エネ行動を促進 日本テクノ株式会社 トステム株式会社 オフィス及びショールームの電力使用状況データを事業場内モニターでリアルタイムに見える化。過去データによる検証と定期的な訪問及び電話にて電気使用に関するアドバイスを実施し、省エネ行動の定着化を図る。
東芝キヤリア株式会社 「見える」エネルギーモニター&リモコンで「参加する省エネ」はじめましょう 東芝キヤリア株式会社 特定非営利活動法人ソフトエネルギープロジェクト エアコンの電力消費量をリアルタイムに見える化。見える化の前後で省エネ行動の変化を把握するとともに、省エネ意識の形成過程や省エネ実践行動への見える化の影響について把握。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業はこちら

自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用

 自動車の内装に、リサイクル素材など地球環境に優しい素材を使う動きが広がっている。トヨタ自動車は、今年12月に発売する新型ハイブリッド車(HV)の内装に植物由来のリサイクル素材プラスチックを室内面積の6割使用している。ホンダもリサイクル可能素材の再利用を進めるほか、マツダも植物由来のリサイクル素材プラスチックを開発するなど、生産過程からの対策を進め、総合的な環境対策を進めている。トヨタが内装への使用拡大を進めるのは、植物由来リサイクル素材を使った「エコプラスチック」である。通常のプラスチックは石油由来だが、エコプラスチックは一部または全部にケナフやひまし油などのリサイクル素材を使い、ライフサイクル全体で見た場合、地球温暖化の原因となっている温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出を抑えることができるという。12月7日に発売する新型HV「SAI」では、ルーフやピラーといった内装にリサイクル素材を使用している。リサイクル素材の比率は室内面積の60%まで高めており、「今後の新車投入にあわせ、リサイクル素材を100%にまで高めたい」としている。ホンダは、2008年からリース販売している燃料電池車「FCXクラリティ」に植物由来リサイクル素材のシートを使用している。樹脂製バンパーなどのリサイクルを進め、9日発売されたミニバン「新型ステップワゴン」の一部部品にリサイクル素材を再利用している。マツダも2006年、植物由来リサイクル素材を9割近く使った「バイオプラスチック」を開発した。2009年3月にリース販売を始めた水素自動車「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」にリサイクル素材を採用した一方、2008年からはトウモロコシなど食糧になる素材は使わないリサイクル素材バイオプラスチックの開発を進め、2013年の量産化を目指している。燃費アップや排ガス削減といった性能面の向上だけでなく、環境に優しいリサイクル素材を使うことは時代の流れでもあるが、リサイクル素材によって価格が割高になる側面も否めない。自動車不況の中、価格に敏感なユーザーが増えているだけにメーカー側のさらなる努力が求められており、トヨタは「他の部分の原価低減努力を徹底し、リサイクル素材によって全体の価格が上がらないようにしたい」としている。
子供服リサイクルショップブランド買取販売情報着物きものリサイクル買取販売店情報リサイクルトナー再生激安販売情報古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報子供服リサイクルショップブランド買取販売情報

> 自動車の内装に地球温暖化の原因対策としてリサイクル素材の使用はこちら

地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度活用事業者支援事業で、支援の対象となる事業者(第2陣)計18件を決定したと発表した。地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化の原因となる二酸化炭素の温室効果ガス排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。環境省は、地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度の活用を一層促進するため、活用を希望するプロジェクト事業者の方々に対し、申請書作成支援、モニタリング報告書作成・検証受検支援を行う事業を今年5月から開始し、募集を行っていた。8月7日に発表された地球温暖化の原因防止対策の第1陣に引き続き、第2陣として、申請書作成支援の対象となる3件と、モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となる15件が決定した。なお、環境省では申請書作成支援に限り、12月11日まで募集を延長するとのことである。
○今回地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度申請書作成支援の対象となるプロジェクトの代表事業者
・国分株式会社・智頭町芦津財産区・富山BDF株式会社
○今回地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度モニタリング報告書作成・検証受検支援の対象となるプロジェクトの代表事業者
・高知県・下川町・滝上町・足寄町・梼原町・特定非営利活動法人 森のライフスタイル研究所/長野県・小国町・環境NPOオフィス町内会・高知県・森林バイオマス吸収量活用推進協議会・(株)トライウッド・新潟県・諸塚村・佐川林業・当別町地域公共交通活性化協議会
ハウスクリーニング掃除清掃代行情報エアコンクリーニング業務用家庭用掃除洗浄情報着物きものクリーニング専門丸洗い情報

> 地球温暖化の原因防止対策のカーボン・オフセット・クレジット(J-VER)制度はこちら

地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権

 ニチユMHIフォークリフト(京都府長岡京市)と三菱UFJリースは地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権付きフォークリフトのリース事業を始めた。政府への寄付金を通じて地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献し、フォークリフトから排出される地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を相殺する仕組みであり、建機業界では初の取り組みとなるという。2010年3月末までの期間限定で、政府への寄付金の負担は2社が負い、顧客にはリース代金以外の費用はかからない。4月以降は、顧客の反応などを見たうえで、顧客にも費用負担してもらう地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出権付きリースの本格展開を検討していく。
 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減の対象となるのは、三菱重工業と日本輸送機製のフォークリフトである。1台当たり年1トンの地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するための資金を政府に寄付する。政府は、寄付金を国内で行う地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減対策に使い、フォークリフトの排出分と相殺する。顧客には「オフセット(相殺)証明書」が発行され、地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素削減に貢献していることを証明する。ニチユMHIの地域販売会社9社がリースの営業活動を行う一方で、政府への寄付や相殺手続き、証明書の発行などの手続きは三菱UFJリースが行う。ニチユMHIフォークリフトは、三菱重工と日本輸送機の国内のフォークリフトなど物流機器販売事業を統合し、今年4月に発足した。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策でニチユがフォークリフト対象の排出権はこちら

地球温暖化の原因防止対策の滋賀銀行の環境配慮型融資

 滋賀銀行は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素CO2)削減につながる設備投資を行う企業に国が年3%まで利子補給をする地球温暖化の原因防止対策の環境配慮型融資の取り扱いを26日から始めた。滋賀県や京都府で地球温暖化の原因防止対策の環境対応の投資意欲を掘り起こす。環境省が地球温暖化の原因防止対策ので本年度に新設した制度を活用した。地球温暖化の原因防止対策の環境保全事業に応じた金利優遇などを実施している全国7金融機関に適用され、関西では滋賀銀行が選ばれた。地球温暖化の原因防止対策の融資は、滋賀銀の環境格付け基準を満たした上で、3年で6%など一定水準以上の二酸化炭素(CO2)排出削減計画を進める企業の地球温暖化の原因防止対策の設備投資向けに実行する。限度額は100億円。滋賀銀行はおおむね年利3%以内で設定する予定で、融資企業は国から日本環境協会(東京都)を通じて3年間にわたり利子補給が受けられるため、大半は実質無利子になるという。滋賀銀行は地球温暖化の原因防止対策の省エネルギーのボイラーや空調設備の取り換えなどで幅広い資金需要を見込み、「企業の地球温暖化の原因防止対策の設備投資意欲を喚起させると同時に環境保全の推進につなげたい」(滋賀銀行広報室)としている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策の滋賀銀行の環境配慮型融資はこちら

地球温暖化の原因防止対策の環境税

 民主党がマニフェストで掲げた「地球温暖化対策税(環境税)」の導入に向けた論議が本格化している。鳩山由紀夫首相が、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比25%削減する目標を国際公約としたことを受け、中期目標を実現する地球温暖化の原因防止対策の具体策が急がれるためだ。ただ、経済界には地球温暖化の原因防止対策の導入に慎重な意見が根強く、政府税制調査会が年内にまとめる10年度税制改正案に盛り込むまでは曲折も予想される。
 「地球温暖化の原因防止対策の国際公約の重みは大きい。25%削減を達成するために責任をもって取り組みたい」10年度予算概算要求を締め切った今月15日の記者会見で、小沢鋭仁環境相はこう意気込んだ。意欲の表れが「チャレンジ25プロジェクト」と名付けた温暖化対策事業を額を明示しない「事項要求」としたことだ。地球温暖化の原因防止対策の環境税を創設し、その税収を別枠に充てる方向も示唆した。地球温暖化の原因防止対策の環境税は一般的に、化石燃料の燃焼時に排出されるCO2の量に応じて徴収する税金を指す。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出抑制への動機付けを企業や国民に与えることに加え、地球温暖化の原因防止対策のに必要な財源確保も狙った政策手段で、すでに欧州各国で導入機運が高まっている。国内でも地球温暖化の原因防止対策として環境省が検討してきた経緯があり、04年11月に最初の具体案をまとめた。09年度税制改正で提案した環境税案は、石油や石炭などに含まれる二酸化炭素1トン当たりの税率を2400円と設定していた。課税対象は化石燃料で、道路特定財源として課税されるガソリンや軽油は非課税とした。税収は年間約3600億円を見込んでいた。この案は経済界の抵抗などを背景に表舞台に出てこなかったが、政権交代を契機に風向きが少しずつ変わりつつある。石油連盟は化石燃料を標的とした地球温暖化の原因防止対策の環境政策に対して徹底抗戦の構えをみせてきたが、新政権樹立を潮目とみて、「非化石燃料自動車」への課税が担保されれば環境税を容認してもよいという判断をみせ始めた。地球温暖化の原因防止対策の環境目的の新税導入に反対する日本経団連も、「地球温暖化の原因防止対策の目標値は関係ない。極限まで製品のエネルギー効率を高めなければ国際競争に勝てない」(坂根正弘・環境安全委員長)と、一層の省エネの覚悟を強めている。各業種の地球温暖化の原因防止対策の努力を評価し、課税の軽減措置を含む案などが出てくれば、制度づくりが一気に進む可能性もある。その変化を感じながら小沢環境相は5日、東京・霞が関で行われた中央環境審議会(環境相の諮問機関)の専門委員会に駆けつけ、メンバーを激励した。今後は地球温暖化の原因防止対策の課税対象や税率などに踏み込んだ議論を深めていく。
 現実味を帯びてきた地球温暖化の原因防止対策の環境税の導入だが、一方で日本商工会議所の岡村正会頭は「実際の経済活動にどういう影響を及ぼすのかという理解が十分にできていないので不安」とこぼす。経済産業省は、30日に財務省に提出する10年度税制改正要望の取りまとめに向けて、今月16~21日に各業界団体などからヒアリングしたが、そこでも慎重な意見が相次いだ。日本総合研究所地球温暖化対応戦略クラスターの三木優主任研究員は「地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素の25%削減に向けて環境税の効果を出そうとすると、税率が高くなってしまい、経済影響がどう出るかが心配」と指摘する。地球温暖化の原因防止対策の環境税導入がエネルギー価格の上昇を招き、産業の競争力低下や空洞化などの影響を生み出す可能性に着目する。その上で、税制全体としては税収入が増えない「税制中立」的な視点を重視するなど、納税者負担に配慮した制度設計で知恵を絞る必要性を説く。さらに、年末にまとめる10年度税制改正の論議では、ガソリン税などの暫定税率の一部を環境税に振り替えて財源を確保する案も浮上するとみられ、既存エネルギー税制と地球温暖化の原因防止対策の環境税の整合性も大きな焦点となりそうだ。三木氏は「税制全体を見直すべきだ」と主張した上で、「ガソリン税と軽油引取税を一本化して地球温暖化の原因防止対策の環境税に移行するならば、消費時点の下流課税はいらない。上流と下流に2回かけるのはおかしい」と問題提起する。これまでの地球温暖化の原因防止対策の環境税に対する議論と同様の課題が浮上しているわけだが、論点が多岐にわたるだけに、年内にまとまるかどうかはわからない。
格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の環境税はこちら

和歌山県和歌山市と兵庫県三田市の地球温暖化の原因防止対策

 デンマークの首都コペンハーゲンで2009年12月に開催予定の地球温暖化の原因防止対策を検討する「国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議」(COP15)を前に、和歌山県和歌山市で同国駐日大使や一般市民が二酸化炭素を排出しない自転車で和歌山県和歌山市市内をめぐる「地球温暖化の原因防止対策COP15エコサイクリングツアー」(同大使館など主催)が開かれた。当日は約200名の一般市民が集まり、午前中は市街地のエコアピールコースをパレード走行した。午後からは全長約18kmの「公園散策コース」と、全長約38kmの「史跡散策コース」に分かれて走り、地球温暖化の原因防止対策などを訴えた。
 兵庫県三田市では、家庭ゴミ用の指定袋(可燃、不燃、ペットボトル)のデザインを7年ぶりに一新し、2009年7月から販売を始めた。分別の意識を高めてもらおうと、これまでの「燃えるごみ」、「燃えないごみ」という表記を「燃やすごみ」、「燃やさないごみ」にそれぞれ改めたのが大きな特徴となっている。また、原油高の影響などによるゴミ袋の購入費の値上がりに対応するため、「燃やすごみ」袋の後ろの面に企業広告を掲載した。1口(50万枚)23万円で募集し、計8業者から応募があった。「燃やすごみ」袋は年間約700万枚の消費があることから、三田市は約300万円の収入を見込んでいる。 
貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 和歌山県和歌山市と兵庫県三田市の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響

 文部科学省・環境省・気象庁は、日本を対象とした地球温暖化の原因温暖化の観測・予測・影響評価に関する知見をとりまとめた統合レポート「地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響」を平成21年10月9日までにとりまとめて公表した。地球温暖化の原因の報告書によると、日本の平均気温は地球温暖化の原因のため、1898年以降100年あたり約1.1度の割合で上昇しており、全世界で地球温暖化の原因防止対策の追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は世界平均(注)の予測値を0.3~0.6度上回ると予測している。地球温暖化の原因による結果、洪水、土砂災害、ブナ林の適域の喪失、砂浜の喪失、西日本の高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクの被害額の合計は、年あたり約17兆円(現在価値)と試算している。一方、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素の排出の大幅な削減により、産業革命時から21世紀末までの気温上昇を約2度に抑えた場合には、地球温暖化の原因による被害も相当程度に減少すると見込まれるが、一定の地球温暖化の原因による被害が生じることは避けられず、その影響に対処するためには、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素の温室効果ガス排出削減と併せて、適応策の実施が不可欠であるとしている。IPCC第4次評価報告書に示されている温室効果ガス排出シナリオ(A2、A1B、B1)では、気温の世界平均上昇量は、それぞれ3.4℃、2.8℃、1.8℃とされている。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 地球温暖化の原因の日本の気候変動とその影響はこちら

地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009

 チーム・マイナス6%環境省)は、チーム員であるNPO法人環境会議東北が10月15日~17日に開催した東北最大級の地球温暖化の原因防止対策の環境総合展「エコプロダクツ東北2009」に特別協力した。チーム・マイナス6%(環境省)は、会場内に地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースを設置し、ブース内では株式会社佐善工務店協力のもと、身近な生活空間が再現された中で、1人1日1kgの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素CO2削減「私のチャレンジ宣言」に掲載されている各種二酸化炭素削減アクションを紹介する展示を行い、チャレンジ宣言への参加を呼び掛けた。また、地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場において「私のチャレンジ宣言」をして下さった方に対し、チーム員であるミズノ(株)の協力により、抽選で地球温暖化の原因防止対策のプレゼントが進呈された。なお、会期中、地球温暖化の原因防止対策の「エコプロダクツ東北2009」会場内ではエコクイズラリーが実施され、地球温暖化の原因防止対策の「私のチャレンジ宣言」ブースは、クイズラリールート上の拠点の一つとなっていた。地球温暖化の原因防止対策の環境総合展会場は、夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)展示棟(仙台市宮城野区)で行われた。開催時間は、10:00~17:00(最終日は16:30終了)で、入場無料であった。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のエコプロダクツ東北2009はこちら

地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度において、2つのプロジェクト種類について、認証基準(案)を作成し、平成21年10月8日から10月21日17時(郵送の場合は10月21日必着)までの間、地球温暖化の原因防止対策の意見募集を行うと発表した。地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるためのクレジットとして認証するため、平成20年11月に創設されたものである。今回、地球温暖化の原因防止対策のJ-VER制度の対象となるプロジェクト種類を拡充するため、意見募集の対象になるのは、低温排熱回収・利用と、下水汚泥由来バイオマス固形燃料による化石燃料代替の2つのプロジェクト種類の「ポジティブリスト(案)」及び「方法論(案)」となっている。この地球温暖化の原因防止対策に対する意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けている。意見提出方法の詳細はプレスリリースを参照のこと。意見提出先 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 FAX:03-3580-138 E-mail:carbon-offset@env.go.jp
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)制度はこちら

地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換

 外務省は、デンマーク首相府において行われた鳩山総理とラスムセン・デンマーク首相の日デンマーク首脳会談の概要を発表した。会談では、地球温暖化の原因温室効果ガスによる気候変動問題についても触れられ、鳩山総理より、すべての主要国が参加する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量削減の枠組みの構築と意欲的な目標の合意を前提として、日本は1990年比で2020年までに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素排出量を25%削減を目指すといった先のNYでの演説の内容を再度説明した。また、今後、我が国政府としてもCOP15の成功のために貢献していきたい。COP15の議長を努める貴国及び貴首相のリーダーシップに敬意を示すとともに、COP15での合意を目指し議長国デンマークとの一層の緊密な協力を約束した。ラスムセン首相よりは、鳩山総理の地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動に対する力強いコミットメントを歓迎すると述べるとともに、デンマークとしてもCOP15の成功のため日本と緊密に協力していきたい、COP15まで残された時間は短いので、今後、より頻繁に関係主要国と連絡を取っていきたいので、日本にもよろしくお願いしたいと述べた。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因の温室効果ガスによる気候変動問題について意見交換 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)は、地球温暖化の原因防止対策京都議定書の下でのグリーン投資スキーム(GIS)の実施に向けて、ラトビア共和国政府との間で温室効果ガス二酸化炭素150万トンの割当量(AAU)購入契約を締結した。地球温暖化の原因防止対策の京都議定書目標達成計画においては、温室効果ガスの二酸化炭素の削減の国内対策に最大限努力しても約束達成に不足する差分(基準年総排出量比1.6%)について、補足性の原則を踏まえつつ京都メカニズム「クリーン開発メカニズム(CDM)及び(JI)並びにGIS」を活用することとなっている。NEDO技術開発機構は、経済産業省及び環境省から日本国政府の地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズムクレジットの政府取得事業を受託していおり、今年3月に、ウクライナ(3000万トン)及びチェコ共和国(4000万トン)と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素の割当量購入契約を締結している。 今後、NEDO技術開発機構は、環境対策に役立つプロジェクトの確実な実施に向けて、引き続き、地球温暖化の原因防止対策に向けラトビア共和国政府と緊密に協力していく予定としている。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化の原因防止対策の日本とラトビア割当量購入契約 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の初期校正

 宇宙航空研究開発機構、国立環境研究所及び環境省は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT:平成21年1月23日打上げ)についてレベル1データ(スペクトルデータ)の初期校正が平成21年9月14日までに完了したと発表した。初期校正を反映したデータを用いて、陸上及び海上の晴天域における地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の導出を行い作成した全球分布図(未検証)を公開した。今後、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の処理結果の精度確認、地上からの観測データを用いた地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素カラム平均濃度分布の検証作業を行った後、校正済みの観測スペクトルデータ(TANSO-FTSデータ)や観測画像データ(TANSO-CAIデータ)(レベル1プロダクト)を衛星打上げ9ヶ月後(平成21年10月下旬)から、解析処理後の温室効果ガスの二酸化炭素とメタンのカラム平均濃度や雲被覆に関する情報(レベル2プロダクト)を衛星打上げ12ヶ月後(平成22年2月上旬)から、登録している一般ユーザに配布する予定としている。さらに、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス濃度の月別分布を作成すると共に、「いぶき」による地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガス濃度データと地上付近で測定された二酸化炭素等の温室効果ガス濃度データ等を併せて利用して、全球における地域別の地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの炭素収支の推定を行っていくとしている。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の初期校正はこちら

地球温暖化の原因防止対策の平成21年度カーボン・オフセットモデル事業

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素地球温暖化ガスの削減を目的とする平成21年度「カーボン・オフセットモデル事業計画設計調査」の公募結果を発表した。 このカーボン・オフセットモデル事業は、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスを削減し、低炭素社会へと転換する上で重要な手段の一つであるカーボン・オフセットの取り組みを普及・促進するため、カーボン・オフセットの取り組みに関する事業計画を公募・選定し、他のモデルとなるよう専門家からのアドバイスを踏まえて事業に改善を加えることなどにより、カーボン・オフセットの取り組みの普及を図るものとなっている。6月1日から7月27日までの公募期間で、地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスを削減し、低炭素社会へと転換する上で重要な手段の一つであるカーボン・オフセットの取り組みに44件の応募があり、全日本空輸株式会社の「ANAカーボン・オフセットプログラム事業」など、合計8件の事業が採択された。各事業の普及啓発キャンペーンは、11月~年末年始にかけて行われる予定となっている。
地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減を目的とする平成21年度「カーボン・オフセットモデル事業計画設計調査」採択事業者一覧(全8件)
【地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減の市場流通型オフセット】
(1)商品使用・サービス利用オフセット
 ・全日本空輸株式会社
 ・トッパン・フォームズ株式会社
 ・インフォコム株式会社、株式会社フジテレビジョン
(2)自己活動オフセット
 ・ビリングシステム株式会社、株式会社JTB関東
 ・株式会社文化放送開発センター
(3)自己活動オフセット支援
 ・郵便事業株式会社
 ・エコ食品健究会 部会IV 事務局(株式会社ビジネスブレイン太田昭和)
【地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素の地球温暖化ガスの削減の特定者間型オフセット】
 ・株式会社沖データ(OKIデータ)、co2balance Group Limited(co2balance)、株式会社サティスファクトリーインターナショナル(KKSI)
コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化の原因防止対策の平成21年度カーボン・オフセットモデル事業 はこちら

地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引

 環境省は、自主参加型国内排出量取引制度(JVETS)で、平成21年8月末で終了した「第3期(2008年度目標)」の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減実績と取引結果を発表した。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの費用効率的かつ確実な削減と国内排出量取引制度に関する知見・経験の蓄積を目的として、自主参加型の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の国内排出量取引制度(JVETS)を2005年度から開始しており、これまでのところ、のべ288の事業者が目標保有参加者として地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出削減に取り組んでいる。第3期(2008年度目標)の地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の目標保有参加者は61社となっている。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の基準年度排出量の合計は、1,661,251 t‐CO2。排出削減量の実績は、382,625 t‐CO2(基準年度排出量の23%)となった。地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の結果は、2008年4月から2009年8月末までの取引期間に、合計23件の取引が行われ、取引量の合計は、34,227 t‐CO2。平均取引単価は、概ね800円 /t‐CO2となった。なお、この地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の自主参加型国内排出量取引制度は、第3期から「地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の排出量取引の国内統合市場の試行的実施」の参加類型の一つとなり、現在、第5期の追加公募が9月30日まで行われている。
貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素等の温室効果ガスの国内排出量取引はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策として取り組む『二酸化炭素などの温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」に関するモデル事業』を実施する団体を、平成21年8月24日から9月18日まで募集すると発表した。近年、エネルギーの消費に伴う地球温暖化の原因の二酸化炭素などの温室効果ガスの発生状況等をリアルタイムに情報提供する機能を持った商品やサービスが開発、販売される事例が徐々に見られるようになってきており、環境省では、このような地球温暖化の原因防止対策の商品、サービスが普及することによる地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出削減効果を調査し、これらの地球温暖化の原因防止対策普及を促進させるため、このモデル事業を実施すると発表した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募資格は、民間企業、民間法人、特定非営利活動法人(NPO)、地方公共団体などで、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」応募事業者は、自らが提供する商品やサービスについてリアルタイムな地球温暖化の原因の温室効果ガスの「見える化」に関するモデル事業を実施し、その効果を調査するとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスの見える化の同商品やサービスの普及方策に関する検討などを実施する必要がある。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の応募方法の詳細は、プレスリリース添付の公募要領や株式会社三菱総合研究所のホームページ(http://rt-mieruka.mri.co.jp/)を参照のこと。株式会社三菱総合研究所(東京都千代田区)で、8月28日10時から、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」の公募説明会も開催される予定である。募集窓口 株式会社三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部 地球温暖化戦略研究グループ 担当:永村、馬場、葦津、中塚 TEL:03-3277-4595 FAX:03-3277-0512 E-mail:mieruka-mp@mri.co.jp
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガス排出量のリアルタイムな「見える化」公募開始はこちら

文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」

 文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の切り札として「文部科学省低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」を決定して公表した。地球温暖化の原因防止対策については、平成20年7月に「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定され、今年6月には、2020年の地球温暖化の原因である二酸化炭素温室効果ガス排出量の削減目標を、2005年を基準として15%削減とすることが総理大臣から発表されている。また、今年7月に開催されたラクイラサミットのG8首脳宣言において、地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量を、1990年又は最近の複数の年と比して2050年までに先進国全体で80%以上の地球温暖化の原因である二酸化炭素の温室効果ガス排出量の削減を行うとの目標を支持することなどが盛り込まれた。
 こうした内外の状況を受け、文部科学省は、地球温暖化の原因防止対策の低炭素社会づくりの取組の更なる充実強化を図るべく、今回の行動計画及び研究開発戦略を決定した。地球温暖化の原因防止対策の行動計画では、[1]地球温暖化の原因防止対策の研究開発の推進、[2]低炭素社会や持続可能な社会について学ぶ仕組みづくりの推進、[3]環境を考慮した学校施設(エコスクール)の推進、[4]文部科学省のグリーン化を明記した。地球温暖化の原因防止対策の研究開発戦略では、[1]地球温暖化の原因防止対策の戦略的社会シナリオ研究の実施、[2]社会システムにおける地球温暖化の原因防止対策の技術的検証、[3]先進的地球温暖化の原因防止対策の低炭素化技術開発(緩和策)の推進、[4]将来的なエネルギー技術開発の推進、[5]地球温暖化の原因防止対策の環境変化に対する実効性のある適応策の検討、[6]地球環境を継続的に把握するための体系的観測の推進、[7]地球温暖化の原因防止対策の研究者の自由な発想に基づく独創的なアプローチの探索や新しい発想によってブレークスルーを引き起こしうる技術シーズの創出、[8]我が国の優れた環境科学技術による国際協力・科学技術外交の展開を戦略として掲げている。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 文部科学省の地球温暖化の原因防止対策「低炭素社会づくり行動計画及び研究開発戦略」はこちら

地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催

 環境省は、「地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009」を東京と大阪で開催すると発表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出削減の効果が期待されるCDM(クリーン開発メカニズム)やJI(共同実施)に関する新規プロジェクトを発掘・支援するため、環境省では平成11年度から地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査(実現可能性調査)を実施している。今回の地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムでは、平成20年度に調査を実施した民間事業者からの地球温暖化の原因防止対策の結果報告とともに、専門家の意見を交えながら議論を行うとしている。また、地球温暖化の原因防止対策のCDMの最新動向についても情報提供が予定されている。地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウムへの参加希望者は、9月3日までに、ホームページ、Eメール、またはFAXで申し込む必要がある。
(1)東京会場 9月10日(木)13:00~17:00 東京国際交流館 3階 国際交流会議場(東京都江東区)
(2)大阪会場 9月11日(金)13:00~17:00 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)1001,1002(大阪府大阪市中央区)
申し込み・問い合わせ先 (財)地球環境センター「CDMシンポジウム」係 ホームページ:http://gec.jp/jp/ Eメール:cdm-fs@gec.jp FAX:06-6915-0181
薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職栄養士・管理栄養士の求人募集転職保育士の求人募集転職

> 地球温暖化の原因防止対策CDM/JI事業調査シンポジウム2009を開催はこちら

地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果

 経済産業省は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「二酸化炭素回収・貯留(CCS)研究会」が取りまとめた、「CCS実証事業の安全な実施にあたって」を公表した。
 二酸化炭素回収・貯留は、発電所や工場などの大規模排出源から分離回収した地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素を地層や海中に貯留する技術である。2005年に公表されたIPCCの二酸化炭素回収・貯留特別報告書では、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである「大気中温室効果ガス濃度安定化における主要対策の1つ」と位置付けられており、欧米諸国・産油国でも、商業レベル、研究レベルの具体的な二酸化炭素回収・貯留プロジェクトが進行してきている。
 今回公表したのは、我が国においてCCSの地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである大規模な二酸化炭素回収・貯留実証事業を実施する際に、安全面・環境面から守るべき事項について検討することを目的として、平成20年10月に再開した二酸化炭素回収・貯留研究会(産業技術環境局長の私的研究会)の2つのワーキンググループ「二酸化炭素回収・貯留実施に係る安全基準検討WG」「長期的な安全性確保WG」の検討結果を取りまとめたものである。同省では、今回の取りまとめについて、二酸化炭素回収・貯留実証を行う候補地に関しての地質面からの検討事項や地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスであるCO2の回収・輸送に関する事項、貯留後のモニタリング項目、異常事態が発生した場合の対応措置など、二酸化炭素回収・貯留実証事業の一連の工程に対応した安全面・環境面からの基準と位置づけ、今後実施される二酸化炭素回収・貯留の大規模実証において適切に活用され、事業が的確かつ円滑に実施されることにより、二酸化炭素回収・貯留実用化へ向けた環境整備に貢献するとしている。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素回収・貯留研究会検討結果はこちら

地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件

 経済産業省は、日本政府に申請されていた地球温暖化の原因防止対策のクリーン開発メカニズム(CDM)及び共同実施(JI)に係るプロジェクトが「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されと発表した。今回発表されたのは、J-TEC有限会社、ローディアジャパン株式会社など14社から申請されていた中国、東南アジア諸国等における地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトである。今回の承認分を含めると、全体で日本の正式な地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム承認案件数は515件となった。地球温暖化の原因防止対策のCDM事業及びJI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で地球温暖化の原因防止対策として二酸化炭素温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された二酸化炭素の温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の温室効果ガス削減量として充当することを認める制度である。日本政府の正式な地球温暖化の原因防止対策のプロジェクトとなるためには、地球温暖化対策を実施している関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となる。
LEDライト電光サイン看板情報携帯マイmy箸運動販売情報太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の京都メカニズム案件を承認CDM・JI事業計515件 はこちら

チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業

 環境省が主催する地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の排出防止対策に取り組んでいるチーム・マイナス6%は、「平成21年度地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」の事業案件として15件を決定した。この地球温暖化防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業は、チーム・マイナス6%が、それぞれの地域で活躍するNPO・NGO等の民間団体とメディアが連携し、民間団体による地球温暖化の原因防止対策活動を、適切な素材と伝達手段を用いて、伝えたい相手に対して効果的に伝わるようにするための経費を、支援するというものである。民間団体が行う地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素の排出防止対策活動の普及啓発効果を最大限に発揮させ、地域における低炭素社会づくりに向けた具体的な地球温暖化の原因防止活動の実践を促すことを目的としている。今年度は、平成21年6月5日から30日まで公募が行われ、121件の応募の中から、有識者からなる選考委員会で審議した結果、採択された。地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業の採択案件に対しては、1案件あたり最大500万円が支援される。
貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> チーム・マイナス6%の地球温暖化の原因防止に係る国民運動におけるNPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業はこちら

地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗り

 環境省は、地球温暖化の原因防止対策キャンペーン、チーム・マイナス6%の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン協賛企業として、新たに4社からの参加申し出があったと発表。この応援キャンペーンは、温室効果ガスである二酸化炭素を減らし、地球温暖化の原因防止対策を行う国民運動「めざせ!1人1日1kgのCO2削減」への参加を促すため、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで地球温暖化の原因防止対策の取り組みに関する「私のチャレンジ宣言」を行った人に対して、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うものである。今回、協賛への参加を申し出たのは、株式会社オフィス・タカハシ、株式会社 シモダ設備工業、株式会社 鯖江村田製作所、株式会社 イーネット関西の4団体である。このうち、株式会社 シモダ設備工業の取り組みは、「私のチャレンジ宣言カード」をメールに添付してお送り頂いた方に、オリジナルエコバックと季節の花(野菜・ハーブを含む)をプレゼントするというものである。実施期間は2009年8月1日からで、先着200名様になり次第終了とのこと。送付先メールアドレス:office@shimodasetubi.com
地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化の原因防止対策の「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンに新たに4社が名乗りはこちら

滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立

 滋賀県では、滋賀県内の企業が、それぞれ地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)の削減目標を設定し、目標が達成できなかった場合、その分の資金を拠出する地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を産官学の共同で創設した。参加企業は、地球温暖化の原因防止対策となる事業活動に伴う二酸化炭素CO2の年間排出量を自ら設定し、それを超えた場合には二酸化炭素1t当たり3,000円を炭素基金に拠出するというものである。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に積み立てられた資金は、補助か貸し付けを行うことによって、太陽光発電や森林緑化整備などの環境関連の地球温暖化の原因防止対策の新しい技術開発などを行う企業の支援に充てる。地球温暖化の原因防止対策の炭素基金には、既に市が県内の23社が参加を決定している。初年度となる2009年は、滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の炭素基金に300万円を拠出する。このほか市が県内の参加企業から計3000万~5000万円を目標に集めるとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 滋賀県が地球温暖化の原因防止対策の「しが炭素基金」を設立はこちら

地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査

 環境省は、平成21年度の地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業の調査案件として、計23件の地球温暖化の原因対策のプロジェクトを採択したと発表した。環境省のCDM/JI事業調査は、将来的に地球温暖化の原因対策の「クリーン開発メカニズム(CDM)」、「共同実施(JI)」として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの排出削減や二酸化炭素の吸収源強化につながると考えられる効果の高い地球温暖化の原因対策のプロジェクトを発掘するとともに、CDM等の仕組みに関する国内・国際ルールづくりに必要な知見を蓄積することを目的として、平成11年度から実施されている。平成21年度の地球温暖化の原因対策は、6月2日~6月25日までの間、日本の企業、非政府組織(NGO)等を対象に、調査対象プロジェクト案件が募集され、41団体から59件の応募があり、その中から23件が採択された。
地球温暖化の原因対策の採択案件の内訳は22件がCDM事業調査となっている。1件が排出削減(REDD)事業調査。分野別では、廃棄物管理が7件、省エネが6件、バイオマス利用が5件、再生可能エネルギーが3件、交通が1件、その他1件。対象国では中国の8件、ベトナムの3件、インドネシアの3件などが多かった。
貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 地球温暖化の原因対策のCDM/JI事業化調査はこちら

奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験

 奈良公園(奈良市)へのアクセスとなる電動バスの奈良県の導入計画が、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)を削減する経済産業省のモデル事業に採択され、導入計画が大きく前進した。奈良県は2008年11月、平城遷都1300年祭を機に、奈良公園までの移動を便利にするため、早稲田大学などが開発した電動バスで若草山や奈良国立博物館などを巡るコースを設定し、試験走行する1回目の社会実験を実施した。今秋に実施する2回目の社会実験では、距離を延ばせば地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスのCO2削減効果も大きいとして、コースの追加も検討している。奈良県は早稲田大学と協働連携の基本協定を締結しましたが、その第1号の事業を進めるというものです。また、経済産業省が公募していた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの削減となる低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業という100%補助事業に立候補し、厳しい競争であったと思いますが、当選しました。2月25日付で採択されましたが、早稲田大学との協働連携による第1号の事業ですので、改めて発表させていただきます。
 この経産省の地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス削減の低炭素に向けた事業は、平成20年度の一次補正による社会新規事業です。全国で117件の応募に対して、37件採択されており、競争率は3倍強ということです。近畿では8件採択されました。内容ですが、奈良市内における電動バスを用いた地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの低炭素型観光システムの実証実験を行います。奈良公園で昨年11月に電動バスを使った実証実験をしましたが、その継続という面もありますが、電動バスを奈良公園、奈良市内、公園の回りを走らせる社会実験で、それに伴って奈良公園を中心とした地域の交通のあり方、流れ、交通利用の変更も考えたいと思っています。事業費は1億4,000万円です。奈良公園は週末よく混みます。これは、外から来られた方が駐車場に入られるので渋滞をすることが多いわけですが、この事業は、その排気ガス等燃料消費を削減できるということを目標にした事業になります。和歌山県、奈良県、滋賀県などで採択されており、バイオ、電気のようなものが多くなっています。
貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報

> 奈良県が地球温暖化の原因防止対策の電動バス導入実験はこちら

群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策

 群馬県前橋市では、市役所から排出される地球温暖化の原因となる二酸化炭素温室効果ガスの削減を目指す「ECOプロジェクト」で、職員向け地球温暖化の原因防止対策ガイドブックを作成した。地球温暖化の原因防止対策ガイドブックでは、ゴミ排出量の削減、燃料使用量の削減、電気使用料の削減の3点について、節約目標を設定した。ゴミの排出量では、2007年度に市本庁舎で2万4745kgだった排出量を2009年度には2万2270kgにするとしている。燃料使用量は10%削減し、電気使用料は100万円削減を目指すとしている。また、コピー用紙の節約のため、地球温暖化の原因防止対策ガイドブックは群馬県前橋市の職員に配布せず、ネットを利用した喚起にとどめた。
 一方、徳島県では、地球温暖化の原因防止対策として太陽光発電のソーラー駐輪場実証実験を始めている。三洋電機(大阪府守口市)が、「太陽光発電のソーラー駐輪場システム」の実証実験を徳島県庁で行うこととなり、2009年3月には開始式を行われれている。徳島県知事は太陽光発電の開始式の後、太陽光発電のシステムにより充電したリチウムイオン電池搭載の電動ハイブリッド自転車に試乗した。徳島県庁職員の公用自転車として活用するとともに、世界の環境問題や地球温暖化の原因防止対策に貢献できる取り組みとして、徳島県内外に発信したい考えを示した。太陽光発電のソーラー駐輪場の太陽光発電の容量は630Wで、太陽光発電の年間発電量は約690kWhを見込んでいる。太陽光発電のソーラー駐輪場ではmACコンセントを搭載しており、緊急時には非常用電源として、外部機器への電源供給もできる。
貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 群馬県前橋市と徳島県の地球温暖化の原因防止対策はこちら

地球温暖化原因防止対策のエコタウン全国26地域の調査結果

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「エコタウン等による地域循環圏の構築に向けた研究会における調査結果」を公表した。エコタウン事業は、地球温暖化原因防止対策の「ゼロ・エミッション構想」を地域の環境調和型経済社会形成のための基本構想として位置付け、併せて、地域振興の基軸として推進することにより、先進的な環境調和型のまちづくりを推進することを目的として、平成9年度に創設された制度で、現在までに全国26地域のエコタウンプランが承認されている。平成20年3月に閣議決定された地球温暖化原因防止対策の第2次循環型社会形成推進基本計画において形成を推進すべきとされた「地域循環圏」について、エコタウンがその中核としての役割を期待されていることを踏まえ、地域循環圏におけるエコタウンの役割について検討する基礎として、今回の調査が行われた。
 この結果、全国の地球温暖化原因防止対策のエコタウンに投入された循環資源は約2,200千トン、このうち約91%が製品・原料化又はエネルギー利用されており、高い効率での活用が行われている。地域別にみると、地球温暖化原因防止対策のエコタウン施設が調達する循環資源のうち約59%が同一エコタウンプラン内から調達され、またエコタウン施設が供給する製品・エネルギーのうち約40%は製品等として同一エコタウンプラン内に供給されており、地域循環の中核としての機能を担いうることが明らかになったとのことである。また、全国のエコタウン全体での地球温暖化原因防止対策の環境負荷削減効果を試算したところ、最終処分量で約1,000千トン、温室効果ガス二酸化炭素排出量で約420千トンとなり、一定の削減効果を挙げていることが明らかになったと発表している。
ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化原因防止対策のエコタウン全国26地域の調査結果はこちら

学校への太陽光発電システム導入ガイドブック

 文部科学省は、国立教育政策研究所文教施設研究センターと共同で、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制するため、「太陽光の恵みを子どもたちが学び育むために」~学校への太陽光発電導入ガイドブック~を作成した。全国規模で実施される太陽光発電設備の導入を円滑に進めるとともに、技術水準の確保を図るため、太陽光発電導入による効果、太陽光発電導入までの手順、太陽光発電設計・施工上のチェックポイント、維持管理方法等について必要な情報を精選して掲載するとともに、太陽光発電の整備事例や関連する国の財政支援制度等を紹介している。また、環境教育への太陽光発電の活用事例についても掲載している。
「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、地球温暖化原因防止対策としての温室効果ガスである二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。太陽光発電などのハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴となっている。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 学校への太陽光発電システム導入ガイドブックはこちら

G8の地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス削減目標

 外務省は、イタリアのラクイラで開催されているG8サミットにおいて取りまとめられたG8の地球温暖化原因防止対策温室効果ガス削減目標の首脳宣言を公表した。公表では、気候変動について、2008年の洞爺湖サミットにおいて合意した世界全体の地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量を2050年までに少なくとも50%削減するとの目標を再確認するとともに、先進国全体では、1990年又はより最近の複数の年と比べた地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の削減率を50年までに80%以上を目標とするとで合意した。また、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引市場の可能性を更に研究するとともに、温室効果ガスの排出量取引市場を新興国・途上国を含めた可能な限り拡大するように最大限努力するとしている。この他、地球温暖化原因防止対策の低炭素技術の開発・普及を促進し、低炭素社会への移行を更に推進することの重要性についても強調している。
雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> G8の地球温暖化原因防止対策の温室効果ガス削減目標はこちら

地球温暖化原因防止対策の京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業

 環境省は、地球温暖化原因防止対策の「京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業」で、地球温暖化原因防止対策の環境配慮型融資を実施する金融機関の公募を開始すると発表した。この地球温暖化原因防止対策事業は、金融機関の「環境に配慮した事業者」に対する融資制度で、地球温暖化原因防止対策に係る設備投資のための融資を受ける事業者に対してその利息を助成するものとなっている。融資対象の事業者は、(1)3年以内の間に地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素排出減単位6%改善又は温室効果ガスの二酸化炭素排出量6%削減、(2)5年以内の間に地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素排出減単位10%改善又は二酸化炭素排出量10%削減のどちらかの目標を誓約する必要がある。利子補給総額は45億円となっている。地球温暖化原因防止対策の利子補給対象融資限度額は100億円/件。利子補給率上限は3%(無利子が上限)となっている。利子補給期間は借入れ開始日から3年間以内(貸付の返還期間が上限)となっている。公募期間は平成21年7月6日から平成22年2月26日。応募方法の詳細は、プレスリリースの公募要領を参照のこと。地球温暖化原因防止対策の環境配慮型融とは、融資先である事業者の環境配慮の取組を、複数の項目により審査・評価し、その評価結果によって金利を段階的に変更する融資制度。
○応募書類の提出先、お問合せ先 財団法人日本環境協会 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階 担当:塚本、堀河 TEL:03-5643-6262

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 地球温暖化原因防止対策の京都議定書目標達成特別支援無利子融資利子補給金交付事業 はこちら

地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引

 経済産業省は、地球温暖化原因防止対策温室効果ガス二酸化炭素排出量取引の国内統合市場の試行的実施に係る第2次集中募集期間(4月28日~6月30日)における企業等の参加申請結果を公表した。公表によると、「地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引の国内統合市場の試行的実施」について、更なる業種・企業の参加を得るため、参加企業等の第2次集中募集を行ったところ、4月28日から6月30日までの集中募集期間中に、自ら地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの削減目標を設定する「目標設定参加者」として72社、専ら地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの取引を行う「取引参加者」として7社、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの国内クレジットの供給事業者として113社、合計192社の企業等から新たに参加申請があった。この結果、地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの試行排出量取引スキームに係る参加企業等の申請受付状況は、第1次募集における参加申請者と合わせて715社となった。また、本制度に関し、運営等について官民の関係者間で協議を行い、併せて普及、課題の抽出、評価、情報交換等を行う官民共同の組織である地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの「排出量取引試行協議会」の会員数が1,304社となっていることも併せて公表した。

地上デジタルテレビアンテナ工事情報レディースファッションブランド品リサイクルショップ情報家電リサイクルショップ高価買取販売情報

> 地球温暖化原因防止対策の温室効果ガスの排出量取引はこちら

高知県と百貨店が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付の保冷バッグ

 環境省は、高知県と日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のオフセット・クレジット(J-VER)売買契約を締結し、これによって、日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きの保冷バッグを平成21年7月7日から販売すると発表した。オフセット・クレジット(J-VER)制度は、国内のプロジェクトにより実現された地球温暖化原因防止対策の二酸化炭素温室効果ガス排出削減・吸収量を自主的なカーボンオフセットに用いられるクレジットとして認証するため、平成20年11月14日に創設されたものとなっている。今回の地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きの保冷バッグは、業界統一の「スマート・クール・バッグ」(保冷タイプ)として、全国の百貨店で限定2万枚が販売される予定となっている。日本百貨店協会が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付きのバックの素材はポリエステル(アルミ蒸着)で、サイズは縦35.5cm×横45cm×マチ17cmで、色は「ライトグレー×ミントグリーン」と「ライトグレー×ピンク」の2種類となっており、希望販売価格は税込み300円となっている。

子供服リサイクルショップブランド買取販売情報布団ふとんクリーニング情報着物きものリサイクル買取販売店情報

> 高知県と百貨店が地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット付の保冷バッグはこちら

地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネス

 環境省は、平成21年度の地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」を実施する事業者を、平成21年6月26日から7月24日(17時必着)まで公募すると発表した。地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助事業は、地球温暖化の温室効果ガス二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(民間団体)により、エコ燃料の製造やその利用に必要な設備等の整備を行い、地球温暖化原因防止対策に寄与する輸送用エコ燃料の利用拡大を推進していくものとなっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業は、(1)バイオエタノール製造事業、(2)バイオエタノール混合ガソリン等利用促進事業、(3)バイオディーゼル燃料製造事業の三事業となっている。地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の補助対象事業者は、(1)民間企業、(2)公益法人、(3)その他環境大臣が適当と認める者で、国や地方公共団体は対象とならない。また、地球温暖化原因防止対策の「エコ燃料利用促進補助事業」の事業の年数は原則単年度で、補助率は1/2が上限となっている。提出先 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 エコ燃料利用促進補助事業担当 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 TEL:03-3581-3351(6780) FAX:03-3580-1382 E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp
 また、環境省は、地球温暖化原因防止対策のエコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト「eco japan cup 2009」を開催し、平成21年7月21日から応募受付を開始すると発表した。地球温暖化原因防止対策の「eco japan cup」は今年で4回目で、「日本発、世界の経済をエコ化する」をコンセプトに開催される。このコンテストは、地球温暖化原因防止対策の環境ニューディール政策の一環と位置づけられており、エコビジネスで世界経済を活気づける意気込みで開催する。主催は、「環境ビジネスウィメン」、「環境省」、「総務省」、「三井住友銀行」と「日本政策投資銀行」となっている。地球温暖化原因防止対策の募集を行うのは、「ビジネス部門」、「カルチャー部門」、「ライフスタイル部門」と新たに設けられた「ポリシー部門」の合計4分部門となっている。応募締切は8月31日で、結果発表は12月となっている。受賞作品はエコプロダクツ2009会場にて展示・発表される予定となっている。応募の詳細は「eco japan cup」ホームページ(http://www.eco-japan-cup.com)を参照のこと。お問い合せ eco japan cup 総合運営事務局 一般社団法人 環境ビジネスウィメン TEL:03-5888-9139 E-mail:info@herb.or.jp

コピー機レンタルリース格安情報PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のエコ燃料利用促進補助とエコビジネスはこちら

京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策

 京都府京都市は、地球温暖化原因防止対策の一環としてネット上で家庭の電気やガスなどの消費量を毎月入力し、省エネの取り組み状況を把握する「インターネット版環境家計簿」(http://www.doyoukyoto.com/)を2009年3月の「DO YOU KYOTO?デー」の日に開設した。地球温暖化原因防止対策の一環の取組みとしては、全国初の機能として、太陽光発電ソーラーシステムの利用効果を反映したグラフの表示システムを始め、各種団体や企業などグループ単位での参加が可能となっており、地球温暖化原因防止対策の取り組み成果を共有することができる。また、地球温暖化原因防止対策のため、電気やガスの消費量を標準世帯と比較し、省エネルギーに関するアドバイスを表示する。さらに「エコクイズ」、「エコ占い」などの子供から大人まで楽しみながら地球温暖化原因防止対策を学ぶことができるコンテンツや、抽選で「トラフィカ京カード(1000円)」が当たる特典もあり、京都市は登録者に好評を得ていると話している。
 一方、福岡県では、「福岡県エコバスツアー」を2009年3月から開催しており、エコファミリーに登録している親子12組を招待した。これは福岡県が初めて実施するもので、エコ事業所である西日本鉄道(福岡市)と西部ガス(福岡市)の協力によって、エコ・クッキングの実習の実施するほか、大木町の生ゴミ、し尿、浄化槽汚泥を処理するバイオマス施設「くるるん」や家庭用燃料電池を見学した。車内では、西日本鉄道の環境保全へ向けた取り組みの紹介や地球温暖化原因防止対策クイズなども通して、家庭や事業所・自治体の地球温暖化原因防止対策の取り組みを紹介した。最後に子供13人が地球温暖化原因防止対策に向けた「私のエコ宣言」を行い、年間で200リットルのドラム缶約6000本分の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減を約束した。

貸しベビー用品レンタル情報観葉植物レンタルリース貸し植木情報スーツケースレンタル格安情報

> 京都府京都市と福岡県の地球温暖化原因防止対策はこちら

神奈川県の地球温暖化防止対策の太陽光発電施策と補助金

 神奈川県では、2008年1月に行った地球温暖化防止対策の「クールネッサンス宣言」のリーディング・プロジェクトのうち「県庁エコ化プロジェクト」の一環として、県庁新庁舎屋上に太陽光発電システムを設置し、2009年2月から稼働している。太陽光発電システムの年間想定発電量は4600kWhとなっており、太陽光発電システムで発電した電力は、神奈川県庁舎の事務室の照明などに使用する。この太陽光発電システムにより、年間で約1.4~1.5tの地球温暖化の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)が削減できる。また、太陽光発電システムの発電状況がわかるよう、屋上のソーラーパネル付近と1階ロビーに太陽光発電システムの表示装置を設置している。太陽光発電システムの発電電力、本日の発電電力量、本日のCO2削減量などを表示している。一方、神奈川県では太陽光発電システムに対する設置補助金を行っている。神奈川県による補助(3.5 万円/kW、上限12 万円)は、市町村を通じて行うので、太陽光発電システム補助金の申請窓口は市町村になる。市町村に太陽光発電システム補助金の申請すれば、県の太陽光発電システム補助金もあわせて受け取ることができるようになっている。 国の太陽光発電システム補助金7万円/kW、10kW未満の設備が対象もあわせて受けることができる。詳しくは、社団法人神奈川県土地建物保全協会 電話045-201-9967 へお問い合わせください。太陽光発電システム補助金は、新築住宅だけでなく、既存の住宅への設置も対象になる。

太陽光発電ソーラーシステム情報

> 神奈川県の地球温暖化防止対策の太陽光発電施策と補助金 はこちら

兵庫県と山口県下関市の地球温暖化原因防止対策の車両

 地球温暖化原因防止対策のための温室効果ガス二酸化炭素排出量削減のため低公害車の普及に取り組んでいる兵庫県は、2009年年度以降に市場投入が予定される電気自動車(EV)を公用車として利用する実証実験を2月に始めた。地球温暖化原因防止対策の実証実験用の車は環境省から借り受けたもので、3月中旬までは三菱自動車工業(東京都港区)の小型車「i MiEV(アイミーブ)」(1充電当たりの走行距離160km)を使用して地球温暖化原因防止対策の実験を行う。4月以降は富士重工業の「ステラ」(同80km)3台を借り、公用車として使用するほか、県主催イベントでの啓発活動や市町への貸し出しも行う。一方、山口県下関市では、地球温暖化原因防止対策のための温室効果ガスの排出量削減のため市のゴミ収集車に2009年2月、新しくディーゼルエンジンと電動式モーターを組み合わせた「ハイブリッドディーゼル車」を1台導入した。ハイブリッドディーゼル車は、排気ガス中の窒素酸化物や粒子状物質を低減する低公害効果だけでなく、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を従来の収集車より約25%低減し、地球温暖化原因防止対策に寄与するものとなっている。燃費は従来のものより約24%向上している。山口県下関市では、主に学校ゴミなどの収集で市内を循環し、ゴミ減量や地球温暖化原因防止対策への意識の向上を呼びかける。ゴミ収集車へのハイブリッドディーゼル車の導入は、山口県内では下関市が初めてで、中国地方の自治体でも2番目となっている。

病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 兵庫県と山口県下関市の地球温暖化原因防止対策の車両はこちら

日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高に

 気象庁は、平成21年5月19日 国内3地点(岩手県大船渡市綾里、東京都小笠原村南鳥島、沖縄県八重山郡与那国島)の、大気中の地球温暖化につながる温室効果ガスの二酸化炭素濃度の観測結果について公表した。公表によると、2008年の年平均値は3地点でそれぞれ388.5ppm、386.6ppm、388.0ppmとこれまでで過去最高となった。ここ10年間では1.9ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、37.3ppm濃度が増加している。また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年3月~4月の観測値は、それぞれ395.3ppm(綾里、4月)、390.8ppm(南鳥島、3月)、393.2ppm(与那国島、4月)と、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録した。

貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報貸し子供服レンタル情報

> 日本の地球温暖化ガスの二酸化炭素濃度が過去最高にはこちら

地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーター

 環境省は、「地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業」での助成案件として、応募のあった14件より、2件の起業支援を決定したと発表した。環境省は、この地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業によって、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制する新たな製品や技術の普及を行う、これまでにない新しい温暖化対策ビジネスの立ち上げを支援し、市場の上流段階、供給サイドからの地球温暖化対策技術の普及を促進していくこととしている。地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業の対象事業は、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制する技術・製品・サービス(省エネルギー対策・石油代替エネルギー技術の導入に係るものに限る)の普及を行う新しいビジネスモデルで補助率は2分の1となっている。地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーター(起業支援)事業は、平成21年2月23日から3月23日まで2次公募が行われ、応募総数14件から、NECフィールディング株式会社の『オフィス環境のIT機器を対象とする省エネサービス提供事業』と、東彩ガス株式会社の『ガス会社による太陽熱エネルギー供給サービス事業』の2事業が、地球温暖化対策技術検討会技術開発小委員会の評価及び審査を経て決定された。

貸し倉庫収納トランクルームレンタル情報介護用品レンタル情報家電製品家具レンタルリース情報

> 地球温暖化防止対策ビジネスモデルインキュベーターはこちら

廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業

 環境省は、平成21年度の「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」の公募を開始した。期間は、5月11日から6月10日(午後6時必着)まで。この事業は、高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としている。対象は、民間企業、独立行政法人、公益法人、法律により直接設立された法人、その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
平成21年度 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業 公募要領
環境省では、平成21年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金により、「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業」を行うこととしています。本事業の概要、対象事業、応募方法及びその他留意していただきたい点は以下のとおりです。なお、補助事業として選定された場合には、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業)交付要綱」(以下「交付要綱」という。)及び「廃棄物処理施設に対する地球温暖化防止対策事業実施要領」(以下「実施要領」という。)に従って手続き等を行っていただくことになります。このため、交付要綱及び実施要領を参照の上、応募いただきますようお願いいたします。
1.廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業の概要
1-1 目的
 京都議定書の温室効果ガス6%削減の約束を確実に達成するために必要な措置を定める「京都議定書目標達成計画(平成20年3月全部改定)」においては、廃棄物処理における取組として、廃棄物処理施設における廃棄物発電等エネルギー利用を更に進めることとしており、「21世紀環境立国戦略(平成19年6月)」では廃棄物エネルギーの徹底的な利用及び廃棄物系バイオマスの活用を推進することを定めています。このため、循環型社会形成推進基本法の基本原則として示されている[1]リデュース、[2]リユース、[3]マテリアル・リサイクル、[4]サーマル・リサイクルの優先順位に従い、地球温暖化防止対策に資する高効率の廃棄物エネルギー利用施設やバイオマス利用施設の整備を促進するため、これらの施設を整備する事業に対して支援を行います。
1-2 事業の内容
(1)概要
 高効率な廃棄物発電や廃棄物由来のバイオマス発電等の廃棄物処理に係るエネルギー利用施設の整備を実施する民間企業等の事業者に対し、事業実施に必要な経費の一部を国が補助することにより、地球環境の保全に資することを目的としています。
(2)対象事業者(補助事業者)
 対象事業者は、以下に挙げる者とします。ただし、(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設を整備する事業については、廃棄物処理業を主たる業とする事業者であって、以下に挙げる者が行うものに限ります。
 ア 民間企業
 イ 独立行政法人
 ウ 公益法人
 エ 法律により直接設立された法人
 オ その他環境省が適当と認める者(国及び地方公共団体は対象としない)
(3)補助対象費用の使途
 工事費(本工事費)及び事務費
(4)補助金の交付額の上限
1)(5)1)の表の[1]~[7]の対象施設
施設の高効率化に伴う増嵩費用(ただし、補助対象となる施設整備費の1/3を限度とします。)
2)(5)1)の表の[8]及び[9]の対象施設
補助対象となる施設整備費の1/2
(5)補助対象となる施設の条件
 下記の条件を設けています。
1) 下表の左欄の対象施設の区分ごとに右欄の条件を満たすものであること。 対象施設 対象の条件
[1]廃棄物発電 (ア)RDF発電
発電効率:RDFの処理量により
200トン/日未満:23%以上
200トン/日以上:25%以上
300トン/日以上:28%以上
(イ)ガスリパワリング型廃棄物発電
発電効率:20%以上
(ウ)その他の廃棄物発電
発電効率:15%以上(施設の更新でない場合)
        10%以上(施設の更新の場合)
[2]バイオマス発電 (ア)蒸気タービン方式
発電効率:10%以上
(イ)その他の発電方式
発電効率:25%以上
[3]廃棄物熱供給 廃棄物から得られ、利用される熱量:6.28GJ/h(1.5Gcal/h)以上
[4]バイオマス熱供給 バイオマスから得られ、利用される熱量:1.26GJ/h(0.3Gcal/h)以上
[5]バイオマスコージェネレーション 発電出力:50kW以上
省エネ率:10%以上
[6]廃棄物燃料製造 エネルギー回収率:60%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 33.49MJ/kg(8,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
RPF製造は対象としない
[7]バイオマス燃料製造 (ア)メタン発酵方式
ガス製造量:300Nm3/日以上
発熱量:18.84MJ/Nm3(4,500kcal/Nm3)以上
(イ)メタン発酵方式以外
エネルギー回収率:50%以上
発熱量
固形化 12.56MJ/kg(3,000kcal/kg)以上
液化 16.75MJ/kg(4,000kcal/kg)以上
ガス化 4.19MJ/Nm3(1,000kcal/Nm3)以上
[8]ごみ発電ネットワーク 参画するすべてのごみ発電施設における総発電量の増加量:10GWh/年以上
参画するすべてのごみ発電施設におけるネットワーク全体での発電効率:2%以上の向上
[9]熱輸送システム 廃棄物から得られ、輸送される熱量:12.56GJ/日(3.0Gcal/日)以上
(注)[1]~[4]については、廃棄物を直接燃焼させるものに限る。
2) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第8条の規定による一般廃棄物処理施設の設置許可を受けたもの、又は第15条の規定による産業廃棄物処理施設の設置許可を受けたものであること。ただし、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第8条又は第15条の適用を受けない施設においては、この限りでないこと。
3) 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業に係る施設が適正に管理されるよう、周辺住民の理解の下に、当該事業に係る管理・運営体制が整備されていること。
4) 補助事業に係る廃棄物処理施設の安全性に関する情報公開等を行わなければならないこと。
ア 情報公開等を行うに当たっては、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の安全性等に関する説明書を作成して周辺住民に開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要を環境大臣に報告しなければならないこと。
イ 処理施設の稼働開始後5年間は、第3に掲げる範囲を中心に、処理施設の実際の安全性について点検し、その結果を開示するとともに、開示の結果、周辺住民と質疑応答等を行った場合は、当該質疑応答等の結果の概要について補助を受けた年度の末日までに環境大臣に報告しなければならないこと。
5) 循環型社会形成推進基本法(平成12年法律第110号)の基本原則に沿った事業であること。
6) 事業実施の計画が確実かつ合理的であること。
7) 地球温暖化防止に資する効果が合理的に説明でき、かつ当該効果が十分高いものと判断できること。
8) 当該事業の遂行によって、他の事業者に対する波及効果が見込まれること。
9) 事業者の取組として先進的であること。
10) 1)の表の左欄の[3]~[7]の対象施設においては、熱利用先又は製造された燃料の利用先が確定している旨を証明できること。
11) 1)の表の左欄の[8]の対象施設においては、電源となるごみ発電施設が確定している旨が証明でき、かつ、地域のごみ発電施設の相当数を電源とする場合を除き、原則として、電源となるごみ発電施設数の拡大を前提とするものであること。
12) 1)の表の左欄の[9]の対象施設においては、熱源となる廃棄物焼却施設及び熱利用先が確定している旨を証明できること。
13) 産業廃棄物処理施設においては、産業廃棄物管理票について電子情報処理組織に原則対応しているものであること。  
14) 当該事業の実施及び当該事業により整備された施設の稼働において発生する産業廃棄物は、原則として優良性評価基準適合事業者によって処理されること。
15) 断熱材を使用する場合は、フロンを用いないものであること。
(6)補助期間
補助期間は原則単年度とします。(来年度以降も継続して実施する事業については、年度ごとに応募していただきます。)
1-3 補助事業者の選定方法等
(1)一般公募を行い、選定します。
(2)応募者より提出された実施計画書等をもとに、厳正に審査を行い補助事業者を選定し、予算の範囲内において補助金の交付を決定(内示)します。
1-4 留意事項
 本補助事業は、各都道府県・政令市の廃棄物担当部局の協力を得て実施しています。このため、本補助事業に関し、各都道府県・政令市の廃棄物部局から問い合わせがある場合があります。
2.補助金の交付等について
(1)交付申請
 公募により選定された補助事業者には補助金の交付申請書を提出していただきます(申請手続等は交付要綱を参照願います。)。その際、補助金の対象となる費用は、当該年度に行われる事業で、かつ当該年度中に支払いが完了するものとなります。
(2)交付決定
 環境省は、提出された交付申請書の内容について以下の事項等に留意しつつ審査を行い、補助金の交付が適当と認められたものについて交付の決定を行います。
申請に係る補助事業の全体計画(資金調達計画、工事計画等)が整っており、準備が確実に行われていること。
申請に係る補助事業に要する経費(設備費、工事費、諸経費)が、補助事業と類似の事業において同程度の規模、性能を有すると認められるものの標準価格等を参考として算定されているものであること。
補助対象経費には、国からの他の補助金(負担金、利子補給並びに補助金に係る予算の執行の適正化に関する法律第2条第4項第1号に掲げる給付金及び同項第2号に掲げる資金を含む。)の対象経費を含まないこと。
(3)事業の開始
 補助事業者は環境省からの交付決定を受けた後に、事業開始することが原則となります(ただし、工期等の諸事情により早期開始が必要なものについてはご相談ください。)。
 補助事業者が他の事業者等と委託等の契約を締結するにあたり注意していただきたい主な点(原則)を以下に記します。
新規応募事業の場合、契約・発注日は環境省の交付決定日以降であること。
補助事業の遂行上著しく困難又は不適当である場合を除き、競争原理が働くような手続きによって相手先を決定すること。
当該年度に行われた委託等に対して当該年度中(出納整理期を含む。)に対価の支払い及び清算が行われること。
(4)補助金の経理等について
 補助事業の経費については、帳簿及びその他証拠書類を備え他の経理と明確に区分して経理し、常にその収支状況を明らかにしておく必要があります。
 これらの帳簿及び証拠書類は、補助事業の完了の日の属する年度の終了後5年間、いつでも閲覧に供せるよう保存しておく必要があります。
(5)実績報告及び書類審査等
 当該年度の補助事業が完了した場合は、事業終了後30日以内あるいは翌年度4月10日のいずれか早い日までに実績報告書を環境省宛て提出していただきます。
 環境省は事業者から実績報告書が提出されたときは、書類審査及び必要に応じて現地検査等を行い、事業の成果が交付決定の内容に適合すると認めたときは、交付すべき補助金の額を決定し、補助事業者に確定通知をします。
 なお、自社調達及び100%同一資本に属するグループ企業からの調達によってなされた設計、工事、物品購入等については、原価計算により利益相当分を排除した額(製造原価)を補助対象経費の実績額といたします。また関係会社からの調達分についても原則原価計算等により、利益相当分を排除した額(製造原価と販売費及び一般管理費の合計)を補助対象経費の実績額とします(【参考資料1】参照)。
(6)補助金の支払い
 補助事業者は、環境省から確定通知を受けた後、精算払請求書を提出していただきます。その後環境省から補助金を支払います。ただし、必要と認められる場合には上記の方法によらないで、交付決定した補助金の一部について補助事業の期間中に概算払いをすることができます。
(7)取得財産の管理について
 補助事業の実施により取得した財産(取得財産等)については取得財産管理台帳を整備し、その管理状況を明らかにしておくとともに、財産を処分(補助金の交付の目的(補助金交付申請書及び実施計画書に記載された補助事業の目的及び内容)に反して使用し、譲渡し、交換し、貸し付け、又は担保に供することをいう)しようとするときは、あらかじめ環境省の承認を受ける必要があります。なお、補助事業により整備された施設、機械、器具、備品その他の財産には、環境省補助事業である旨を明示しなければなりません。
(8)利用状況の報告について
補助事業の適正な管理のため、補助事業の実施により取得した財産等(補助事業により設置した発電設備等)の利用状況を確認させていただきます。つきましては、【参考資料2】のとおり設備等の運転・利用状況の報告をお願いします。
(9)その他
 上記の他、必要な事項は交付要綱及び実施要領に定めますので、これを参照してください。
3.公募案内
(1)応募方法
 事業の応募に必要な書類を公募期間内に環境省へ提出していただきます。書類は封書に入れ、宛名面に「廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業応募書類」と赤字で明記してください。
(2)公募期間
 平成21年5月11日(月)~平成21年6月10日(水)午後6時必着
(3)応募に必要な書類及び提出部数
 [1]実施計画書
 [2]経費内訳
   ※ 経費内訳は平成21年度分についてのみ作成
 [1]及び[2]の書類を一部提出してください。
(4)提出先
 土日祝日を除く執務時間
 [1]一般廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課
   電話03-3581-3351(内線6850) 担当 施設第一係
 [2]産業廃棄物処理施設
   〒100-8975 東京都千代田区霞が関一丁目2-2
   環境省 廃棄物・リサイクル対策部 産業廃棄物課
   電話03-3581-3351(内線6875) 担当 施設整備指導係
(5)提出方法
 持参又は郵送(郵送の場合は電話による連絡を併せてお願いします。)

貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 廃棄物処理施設における地球温暖化防止対策事業はこちら

地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値

 環境省は、2007年度(平成19年度)の日本の地球温暖化温室効果ガス総排出量速報値を、二酸化炭素換算で計算すると13億7,400万トンになったと発表した。京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年、HFCs、PFCs、SF6は1995年)地球温暖化の温室効果ガスの総排出量と比べると、エネルギー起源二酸化炭素については、業務その他部門、家庭部門、運輸部門などからの排出量が増加したことなどにより、地球温暖化の温室効果ガス総排出量としては9.0%上回っている。前年度の地球温暖化の温室効果ガス総排出量と比べるても、約2.4%(約3,200万トン)増加している。また、各国が参加して締結した京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量は、2007年度は4,070万トン(うち森林4,000万トン、都市緑化等70万トン)。これは、地球温暖化の温室効果ガス基準年総排出量の3.2%に相当する。こうしたことから、地球温暖化の温室効果ガスの削減目標については、その達成が非常に困難になってきているといえる。一方、アメリカ環境保護庁(EPA)は、「アメリカ 温室効果ガス排出量および吸収源目録:1990-2007年」と題する報告書(最終版)を公表した。報告書は、各界からのコメントを踏まえたもので、気候変動枠組条約事務局に提出された。2007年の温室効果ガス排出量(6種類のガスの合計)はCO2換算で71億5000万トンとなり、2006年から1.4%増加した。1990年から2007年にかけては、17.2%の増加であった。増加の主な原因は、燃料・電力消費に伴ってCO2排出量が増加したこと。具体的には、(1)2006年に比べ、2007年は、冬が寒く、夏が暑かったため、燃料や電気の需要が増加した、(2)発電用化石燃料の消費量が増加した、(3)水力発電が減少(14.2%減)したことが主な要因とされている。さらに、ドイツ連邦環境省は、2008年の温室効果ガス排出量予測値を発表。排出量は1990年比23.3%減となり、京都議定書における目標値21%減をクリアしたことが明らかになった。ドイツには、京都議定書の目標として、2008年から2012年までの温室効果ガス平均排出量を1990年比21%減とすることが求められている。これらの予測値の算出は連邦環境庁が担当し、詳細結果は、2010年初めに公表される。概要は下記の通り。2007年比では1.2%減。この減少の大部分はCO2によるもので、1.1%減に相当する940万t減であった。CO2排出量は、2008年の温室効果ガス排出量の88%を占めている。トローゲ連邦環境庁長官は、「CO2排出量が減少した要因としては、石炭と褐炭の需要が減ったことと、天然ガスと再生可能エネルギーの利用が増えたことが挙げられる」とコメントした。2008年の一次エネルギー需要は約1%増加したにも関わらず、CO2排出量は1.1%減となったことが注目に値する。これは、液体系燃料の使用が増加する一方で、石炭や褐炭の売り上げ量が減少したことが要因にある。企業や一般家庭における発電や熱生産に天然ガスの利用が増え、更に発電所や鉄鋼産業などにおける石炭の役割が減少している。実際には、2007年比で、石炭の利用は7%減、褐炭の利用は3.5%減となっている。再生可能エネルギー源は、1次エネルギー需要の7.4%を供給している。2008年のメタン排出量は、変化なし。廃棄物処理からのメタン排出量は5%減だが、家畜の飼育に伴う排出量は増加している。農業や化学産業から多く排出されるN2Oの排出量は、2007年比5%減である。PFCは、特にアルミニウムと半導体の生産で減少、5.3%減。HFC排出量は、冷却関係の利用増で4.5%増となっている。SF6は、2.8%増となっている。


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の温室効果ガス総排出量確定値はこちら

鹿児島県の地球温暖化原因防止対策活動

 鹿児島県は、環境保全の取り組みを進める民間団体などを対象に、「地球温暖化原因防止対策活動支援事業」による活動費支援の2次募集を行ったところ、7件の応募があり、うち3件への助成を決定した。今回選出した事業は、鹿児島県民が毎月5日に取り組む「エコライフデー」運動の普及とも連動しながら進めていくとしている。鹿児島県が決定した助成対象事業は、ゴミの減量をテーマにした「エコラジオ できることから始めるエコライフ事業」、鹿児島県の地産地消をテーマにした「減らせフードマイレージ講座 島の食材を食卓に」、3R(リデュースリユースリサイクル)推進を訴える「温暖化防止読み聞かせ及び劇による啓発活動」の3件となっている。鹿児島県では、これらの活動を奨励・支援すると共に、そのほかの地球温暖化原因防止対策活動を鹿児島県内に広く普及させることによって、二酸化炭素などの温室効果ガスを削減していきたいとしている。

着ぐるみレンタル・通信販売情報コスプレ衣装レンタル製作通信販売情報貸しデジタルビデオカメラレンタル情報トラックレンタカーレンタル情報

> 鹿児島県の地球温暖化原因防止対策活動はこちら

地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベル

 環境省は、社団法人海外環境協力センターにおいて発行する地球温暖化原因防止対策の「カーボン・オフセット認証ラベル」のデザインを公表した。この認証ラベルは、「地球温暖化原因防止対策に役立っている」、「二酸化炭素などの温室効果ガスを削減している」、「信頼のおける商品である」ことが一目で分かることをコンセプトに社団法人海外環境協力センターが作成したもので、環境省「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」に基づく第三者認証を受けた対象案件に対して発行されるものである。2009年3月に環境省が取りまとめた「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」に基づき、4月下旬を目途に、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター内)がカーボン・オフセットの取組に対する第三者認証を実施するとともに、認証された取組に対するラベリングを実施する予定であるとのこと。環境省は、「カーボン・オフセット認証ラベル」を国民に広く普及啓発することによって、地球温暖化原因防止対策に寄与していきたいとしている。

PCパソコン個人向けレンタルリース情報貸しスタジオレンタル情報貸しギャラリー貸し画廊レンタル情報

> 地球温暖化原因防止対策のカーボン・オフセット認証ラベルはこちら

地球温暖化原因対策の新たな温室効果ガス削減環境事業モデルの新規募集

 国土交通省は、地球温暖化原因対策として、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与する「新たな温室効果ガス削減環境事業モデル」の新規募集を平成21年5月29日まで行うと発表した。これは、地球温暖化原因防止対策の一環として、国土交通分野における二酸化炭素などの温室効果ガスを排出する民間事業者等から、地球温暖化防止のための環境に配慮した経済活動上の先進的提案を広く募集ものである。新たな温室効果ガス削減環境事業モデルとして採択されると、室効果ガス削減のための調査・検討、実証実験的な活動等に対して、1件当たり500万円を上限として支援を行うものである。なお、温室効果ガスを排出しない民間事業者やNPO等などの単体での提案は対象外としている。国土交通省は、環境省と共に、国の各省庁が一体となって、関連する事業において地球温暖化原因対策を取ることによって、一層の温室効果ガスの削減に取り組んでいきたいとしている。


格安激安プロジェクターレンタル情報格安激安PA音響機材機器レンタル情報貸しホールレンタル情報貸しベビー用品レンタル情報

> 地球温暖化原因対策の新たな温室効果ガス削減環境事業モデルの新規募集はこちら

山梨県が地球温暖化対策条例を施行

 地球温暖化原因対策の取組みとしては、最近では、環境省の国主導による取組みだけでなく、都道府県による取組みも活発になってきている。山梨県では、県内において地球温暖化原因対策を効果的、かつ、総合的に推進していくため、山梨県地球温暖化対策条例を制定し、施行した。山梨県地球温暖化対策条例は、二酸化炭素などによる温室効果ガスの排出抑制を計画的に推進し、山梨県民や事業者などの地球温暖化防止に対する意識を高めるとともに、自主的な取り組みを促進するために制定したとしている。山梨県では、山梨県地球温暖化対策条例の規定に基づき、電力などの消費量が原油換算で1,500kL以上のすべての事業者に対して、地球温暖化防止対策のため、事業から排出される二酸化炭素の年間削減目標や削減策の提出を求めることとしている。対象は製造業や大学、病院を含む計110社となる見込みとしている。山梨県では、山梨県内に一定以上の台数を持つバスやトラック、タクシー事業者にも参加を呼びかける。また、事業者などが森林整備を行った場合は、吸収量に換算して、排出抑制の取り組みとして山梨県が認証する。山梨県地球温暖化対策条例は、2009年4月1日に施行されている。


貸し会議室レンタル情報賃貸の貸し事務所レンタルオフィス探し情報貸し布団ふとんレンタル情報

> 山梨県が地球温暖化対策条例を施行はこちら

埼玉県川口市で地球温暖化原因対策のレジ袋辞退率が80%

 埼玉県川口市では、地球温暖化原因対策の一環として、化石燃料由来のレジ袋削減することによって温室効果ガスである二酸化炭素を削減するために、2008年11月から協定締結12事業者の市内店舗で県内自治体として初めてのレジ袋無料配布中止に取り組んでいる。レジ袋無料配布中止の取組みの初日には、各店舗ともレジ袋辞退率はおおむね80%で、全体で5万596枚のレジ袋削減効果があった。これは、原油926L分に相当し、二酸化炭素(CO2)排出量ではスギの森林2,048㎡が吸収する量に相当、2,355kg・CO2を削減したことになる。レジ袋無料配布中止の取組みに対しては、特にクレームやトラブルはなく、逆に、一層の地球温暖化防止対策に取り組んでいくために、商品のトレーの廃止を求める声や、サッカー台のロール袋を無料で配布してはCO2削減にならないなどのさらに前向きな意見もあった。 埼玉県川口市では、レジ袋無料配布中止の取組みを足がかりとして、さらに地球温暖化原因防止対策に取り組み、温室効果ガスである二酸化炭素を削減していきたいとしている。


ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 埼玉県川口市で地球温暖化原因対策のレジ袋辞退率が80%はこちら

静岡県富士市で地球温暖化防止対策の廃食用油の拠点回収

 静岡県富士市では、地球温暖化原因対策の一環の取組みとして、燃えるゴミを減らし、資源の有効利用を進めるため、2008年12月から市内10カ所の拠点で廃食用油の拠点回収を始めた。回収拠点となるのは、環境クリーンセンターやスーパー、ガソリンスタンドなどとなっている。これまで捨ててしまっていた家庭で使用した天ぷら油を2Lまでのペットボトルなどフタ付きの密閉できる容器に入れて、近くにある各回収拠点まで持ち込んでもらい、毎週水曜日に市が各拠点から廃食用油を回収するとしている。回収した廃食用油は、専門の再生処理事業者に引き渡し、専用設備を使用してバイオディーゼル燃料(BDF)に精製して再利用する。静岡県富士市では、他市の実績から、1カ月あたり425Lを回収できると見込んでいる。静岡県富士市では、この取組みによって、可能な限り少しでもガソリンや軽油などの化石燃料の使用を減らし、二酸化炭素などの温室効果ガスを減少させて地球温暖化の防止に寄与したいとしている。


占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 静岡県富士市で地球温暖化防止対策の廃食用油の拠点回収はこちら

地球温暖化原因対策の京都メカニズムクレジット取得事業

 環境省と経済産業省は、平成20年度の京都メカニズムクレジット取得事業の結果について公表した。この事業は、環境省及び経済産業省が、地球温暖化原因対策の取組みとして京都議定書による二酸化炭素などの温室効果ガスの削減約束達成に向けた取り組みの一環として、平成18年度から立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)に委託して、京都メカニズムを活用してクレジットを取得する事業を実施しているものである。平成20年度は、合計で約3,208.7万トン(二酸化炭素換算)のクレジット取得契約を締結した。平成19年度までの総契約量は2,301.7万トン(二酸化炭素換算 ※変更契約分を含む。)と合わせて、事業開始以降の総契約量合計は、5,510.4万トン(二酸化炭素換算)となった。なお、平成21年3月30日に、NEDOとチェコ共和国環境省との間で締結されました契約分は、平成21年4月1日より発効するため、平成21年度契約案件として扱われるとのことである。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 地球温暖化原因対策の京都メカニズムクレジット取得事業はこちら

地球温暖化原因対策技術開発事業

 環境省は、二酸化炭素などの温室効果ガスの削減に寄与するための地球温暖化原因対策として平成21年度「地球温暖化対策技術開発事業(競争的資金)」の支援先として、9事業を内定したと発表した。地球温暖化対策技術開発事業(競争的資金)は、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制し早期かつ広く普及が見込まれる技術の開発(省エネルギー対策又は石油代替エネルギー導入に係るものに限る)について、民間企業、公的機関、大学などの研究機関から提案を募集し、優れた提案内容の事業を支援するものである。平成21年1月21日~2月20日まで公募が行われ、応募総数70件に対して、地球温暖化対策技術検討会技術開発小委員会の評価及び審査を経て、省エネ対策技術実用化開発分野:2件、再生可能エネルギー導入技術実用化開発分野:4件、都市再生環境モデル技術開発分野:1件、製品化技術開発分野:2件 の計9件の事業の採択を内定している。循環資源由来エネルギー利用技術実用化開発分野については、今回は応募案件も採択案件もなかった。


雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 地球温暖化原因対策技術開発事業はこちら

茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブ

 茨城県では、大気汚染と地球温暖化の防止に効果的なエコドライブの周知を図り、取り組みの実践につなげるため、2008年11月から乗合バス事業者が運行するバス車内にエコドライブポスターを掲示している。茨城県バス協会を通じて行っているもので、協会加盟のバス事業者18社の全車両、約1200台にエコドライブポスターを掲示した。また、エコドライブ推進月間の初日である11月1日には、茨城県といばらきエコドライブ推進協議会が街頭キャンペーンを実施し、車利用者が多い集客施設で、エコドライブの実践を呼びかけた。エコドライブを一人ひとりが心がけることによって、大幅な省エネルギーが達成され、二酸化炭素の削減など地球温暖化防止対策に資するとしている。


病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 茨城県が地球温暖化防止対策としてバスでエコドライブはこちら

奈良県で地球温暖化防止対策のエコな-らフェスタ開催結果

 関西地区の奈良県では、 地球温暖化防止対策の一環となる啓発事業として「エコな-らフェスタ ストップ温暖化広場」を2008年12月に開催した。このイベントでは、「エコな-ら大作戦-私もできるストップ温暖化-」をテーマに、地球温暖化防止パネル展示のほか、温室効果額である二酸化炭素(CO2)を削減できる自転車発電、団扇発電、環境カルタ、ふろしき使い方教室など、体験しながら地球温暖化防止について楽しく学習できるイベントも実施した。省エネや地球温暖化問題についてわかりやすく説明する相談コーナーも設けた。体験イベントや省エネ相談への参加者には、「な-らちゃん」マーク入りエコレジバッグなどを無料で贈呈し、イベントへの参加者からは大変好評を得た。

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 奈良県で地球温暖化防止対策のエコな-らフェスタ開催結果はこちら

福井県の地球温暖化防止対策のエコリフォームセミナー結果

 福井県では、県や大学、市民団体などで構成する地球温暖化防止対策の一環として設立されている「エコリフォーム福井県地域協議会」は、2008年12月に「エコリフォームを考える消費者セミナー」を開催した。同協議会は、家庭からの温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減するため、省エネ住宅の普及を目的に9月に設立されたものである。セミナーでは地域住宅工房 奥田設計室(勝山市)代表の奥田徹氏らを講師に招き、家を暖かくする基本的な方法と日曜大工でもできるエコリフォームなどを紹介した。講演終了後にはエコリフォームの相談会を開いた。2009年にも引き続きセミナーを開催する予定としている。TEL:0776-202-0302福井県
医師の求人募集転職病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職

> 福井県の地球温暖化防止対策のエコリフォームセミナー結果はこちら

栃木県のストップ地球温暖化防止運動温暖化

 栃木県が県民総ぐるみのストップ地球温暖化防止対策の県民運動として2008年夏に実施した「“とちぎ発”ストップ温暖化アクション」の取り組みで、50年生スギ人工林約47haが1年間に吸収する二酸化炭素(CO2)に相当する233.8t(推計)の削減効果があったことがわかった。
 第1回目になる今回は、延べ約2万9000家庭、約10万6000人が参加。期間中の1日に温暖化防止に取り組む「アクション1」では、29.5tのCO2を削減。8月の1カ月間、温暖化防止の取り組みを行う「アクション2」では、204.3tのCO2を削減した計算になる。 TEL:028-623-3187 

貸しテナント物件賃貸店舗情報フランチャイズFCチェーン加盟店募集情報販売代理店会社募集情報

> 栃木県のストップ地球温暖化防止運動温暖化はこちら

地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議

 環境省は、平成21年2月20日に、環境省第一会議室(東京都千代田区)で、地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業 採択校全国会議」を開催すると発表した。
 「学校エコ改修と環境教育事業」は、冷暖房負荷低減のための断熱改修や、太陽光発電等の自然エネルギーの導入、屋上緑化等を効果的に組み合わせ、二酸化炭素の排出を抑制しながら、児童生徒の快適な学習環境を確保するもので、平成17年度から実施されている。ハード整備と併せて、その改修を素材として地域への環境建築等の技術普及や学校を核とする地域ぐるみの環境教育を展開することが大きな特徴。
 採択校の事業成果の報告と今後の取り組みに向けた情報交換のために、今回の全国会議が開催される。
 なお、この会議は公開で実施されるので、傍聴希望者は、「エコ改修全国会議傍聴希望」と明記し、氏名、住所、電話番号、勤務先、傍聴券の送付先(emailアドレス又はFAX番号)を記入し、2月13日午前中必着で、申し込みが必要。
 一般の傍聴可能人数は20名。傍聴希望者が多数の場合は抽選。


○傍聴申し込み
 エコフローサポート本部
 E-mail:info@ecoflow.jp
 FAX:03-5681-7785

> 地球温暖化防止対策の「学校エコ改修と環境教育事業」採択校全国会議はこちら

農業機械の省エネ性能に関する研究会

 農林水産省は、「農業機械の省エネ性能に関する研究会」を1月14日(水曜日)に開催すると発表。
 同研究会は、地球温暖化の要因の一つとされている二酸化炭素の排出抑制及び最近の原油価格変動に伴う生産コストへの影響緩和のため、農業生産における燃料等の消費の削減をめざして、農業機械の省エネ性能について効果的に情報提供を進めていくための方策等を検討することを目的としている。
 開催日時は、平成21年1月14日(水曜日)10時00分~12時00分。場所は、東京都千代田区霞が関1-2-1の農林水産省生産局第2特別会議室(ドア番号467)。会議は公開で、撮影は冒頭カメラ撮りのみ可能。
 議題は、(1)検討会におけるこれまでの検討結果報告、(2)今後の検討の進め方とスケジュールについて、(3)その他 としている。
 傍聴希望者は、下記の要領で1月9日(金曜日)13時必着で申込みが必要。希望者多数の場合は抽選により決定。
 申込方法は、FAXまたはインターネットで、「農林水産省生産局農業生産支援課宛」に、標題「農業機械の省エネ性能に関する研究会(平成21年1月14日開催)の参加」と、傍聴希望者の氏名(フリガナ)、連絡先住所、電話/FAX番号、勤務先、所属団体等を明記の上、FAX:03-6744-2523またはインターネットhttps://www.contact.maff.go.jp/maff/form/a1e3.html より申し込むこと。

> 農業機械の省エネ性能に関する研究会はこちら

地球温暖化対策技術開発事業成果発表会

 環境省は、平成21年1月23日 地球温暖化対策技術開発事業成果発表会を東京都千代田区の学士会館で開催する。
 地球温暖化対策技術開発事業は、早期かつ広く普及が見込まれるエネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制する実用的な技術の開発について、民間企業、公的機関、大学等から提案を公募し、優れた内容と実施体制を有する事業について平成16年度より環境省が支援を行っているもの。
 今回の発表会は、平成18年度及び19年度に採択した地球温暖化対策技術開発事業のうち有望な事業の成果について広く情報提供を行うために開催されるもの。
 発表予定事業は、(1)パナソニック電工株式会社「省エネ型白色LED照明器具の普及促進のための低コスト化技術開発」、(2)国立大学法人広島大学「都市型バイオマスエネルギー導入技術に係る学園都市東広島モデルの技術開発・実証事業」、(3)日本電気株式会社「家庭におけるPC等消費電力削減のための実用化に関する技術開発」、(4)株式会社前川製作所「空気冷媒を用いた省エネ型ノンデフロストフリーザーに関する技術開発・冷蔵倉庫並びに食品工場用の省エネ型自然冷媒式冷凍装置の製品化技術開発」、(5)株式会社アモウ「寒冷地を含む病院における、省エネ冷暖房設備用の地下水・地中熱ハイブリッド式ヒートポンプに関する技術開発」、(6)三機工業株式会社「潜熱蓄熱による排熱活用システムの製品化および性能向上に関する技術開発」--の6事業。
 傍聴希望者は電子メールで、[1]氏名、[2]勤務先、[3]電話番号、[4]傍聴券の送付先(E-mailアドレス)を記載し、平成21年1月16日12:00必着で申し込む必要がある。
 一般の傍聴可能人数は最大70人で、70人を超えた場合には抽選

傍聴登録先・連絡先
 環境省 地球環境局 地球温暖化対策課内
 地球温暖化対策技術開発事業成果発表会事務局
 担当:亀井・小倉・門脇
 TEL:03-3581-3351[内線6780]
 E-mail:chikyu-ondanka@env.go.jp

> 地球温暖化対策技術開発事業成果発表会はこちら

地球温暖化防止対策技術開発事業(競争的資金)

 環境省は、平成20年度「地球温暖化防止対策技術開発事業(競争的資金)」の支援先として、10事業を内定したと発表。
 この事業は、エネルギー起源二酸化炭素の排出を抑制し早期かつ広く普及が見込まれる技術の開発(省エネルギー対策又は石油代替エネルギー導入に係るものに限る)について、民間企業、公的機関、大学等から技術開発事業の提案を募集し、優れた提案内容の事業を支援するもの。
 平成20年7月18日~8月28日まで2次公募が行われ、応募総数58件に対して、地球温暖化対策技術検討会技術開発小委員会の評価及び審査を経て、省エネ対策技術実用化開発分野:3件、再生可能エネルギー導入技術実用化開発分野:5件、製品化技術開発分野:2件 の計10件の事業の採択を内定している。
 都市再生環境モデル技術開発分野と、循環資源由来エネルギー利用技術実用化開発分野については、今回採択案件はないとしている。

> 地球温暖化防止対策技術開発事業(競争的資金)はこちら

「学校エコ改修と環境教育事業」実施自治体を再募集

 環境省は、平成20年度から3ヵ年程度で、二酸化炭素排出を抑制しつつ児童生徒の快適な学習環境を確保する学校施設のエコ改修と、学校・地域における環境教育を一体的に行う「学校エコ改修と環境教育事業」を実施するモデル校を再募集すると発表した。
 募集件数は2校程度で、補助対象は地方公共団体が設置している学校(小学校、中学校及び高等学校)において実施する二酸化炭素排出削減効果を有する省エネ改修、代エネ機器導入等をもっとも効果的に組み合わせた施設を整備する事業。施設整備等の一部を補助する(補助率は2分の1)。
 応募締切は、平成20年10月24日(金)。【環境省】

○提出先・問い合わせ先
 環境省総合環境政策局環境経済課環境教育推進室
 「学校エコ改修と環境教育事業」担当 林、大河原
 TEL:03-3581-3351 内線(6273)
 FAX:03-3580-9568
 e-mail:sokan-kyoiku@env.go.jp

> 「学校エコ改修と環境教育事業」実施自治体を再募集はこちら

温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称募集

 宇宙航空研究開発機構、国立環境研究所及び環境省は、平成20年度に打上げる「温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)」の愛称を募集すると発表。
 GOSATは、二酸化炭素などの温室効果ガスの地球上の分布状況や、亜大陸規模での吸収および排出状況の把握や、それらの時間的変動等を把握することを目的に打上げられる人工衛星。宇宙から温室効果ガスを観測する世界初の取り組みとなる。

 愛称の募集期間は、平成20年7月10日~9月10日(必着)。
 応募方法は、インターネット又ははがきによる応募、宇宙航空研究開発機構の各事業所(一部除く)と国立環境研究所での直接応募。

■応募条件
 [1]ひらがな、もしくはカタカナであること。
  (ひらがな/カタカナ混じりでもよい。)
 [2]GOSATの役割や目的をイメージできること。
 [3]発音しやすいこと。
 [4]ローマ字表記しても読みやすいこと。
 [5]過去に打ち上げた日本の人工衛星の愛称と同一とならないもの。
  (過去の愛称はキャンペーンのサイト参照。)

■問い合わせ及び宛先
 住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル7F
  (財)日本宇宙フォーラム GOSAT愛称募集キャンペーン事務局
 電話:03-5200-1309
 E-mail:gosat_info@jsforum.or.jp

【環境省】【国立環境研究所】

 詳細及び、インターネットでの申込は、キャンペーンのサイト(https://www.satnavi-campaign.jp/)を参照のこと。

> 温室効果ガス観測技術衛星(GOSAT)の愛称募集はこちら

中環審 「低炭素社会づくり」の基本理念

 環境省は、中央環境審議会地球環境部会において検討が行われていた「低炭素社会づくりに向けて」について平成20年4月3日までに取りまとめ公表した。
 「低炭素社会づくり」の実現に向けた取組の方向性を明らかにするため、「低炭素社会づくり」の基本理念を整理するとともに、具体的なイメージや実現するための戦略が示されている。
 基本理念としては、(1)省エネルギーや3Rの推進による資源生産性の向上によって、「カーボン・ミニマム」(二酸化炭素の排出を最小化)の実現、(2)大量消費に生活の豊かさを求める画一的な社会から脱却し、「豊かさを実感できる簡素な暮らし」の実現、(3)森林や海洋などの豊かで多様な自然環境の保全・再生、自然調和型技術の推進等により、「自然との共生」の実現--の3つに整理されている。
 また、(1)都市、(2)移動、(3)農産漁村、(4)森林・農地・海洋、(5)住宅・建物、(6)消費者選択、(7)産業、(8)エネルギー供給--8つについて具体的なイメージを掲げ、それぞれについて実現のための戦略が示されている。

> 中環審 「低炭素社会づくり」の基本理念はこちら

地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素

 二酸化炭素(CO2)は、温室効果ガスの一つで、常温常圧では無色無臭の気体で、分子量 44.01 g/mol、密度 1.98 kg/m3(25℃)、 融点 ?56.6 ℃ (5.2 atm)、沸点 ?78.5 ℃ (760 mmHg)。水への溶解度 0.145 g(水 100 mL あたり)。常圧では液体にならず、? 79 ℃ で昇華して固体(ドライアイス)となり、水溶液(炭酸)は弱酸性です。

 二酸化炭素は現在の大気中にはおよそ 370ppm(0.037%)ほど含まれていますが、氷床コアなどの分析から産業革命以前はおよそ 280ppm(0.028%)であったと見積もられています。この濃度の増加は主に化石燃料の大量消費が原因と考えられています。(ただし、気温が上がったことによって、海中に溶けていた二酸化炭素が空気中に放出され、その結果として二酸化炭素濃度が増えているという研究報告もあります。)

 二酸化炭素は、火山活動や自然的発火による山火事など、自然現象に起因して発生する広域自然火災によっても大量に発生します。人為的に発生する二酸化炭素量は、炭素を含む物質(石油、石炭、木材など)の燃焼によって発生し、石炭を用いた火力発電や自動車の排気ガス、工場の排気など化石燃料の燃焼がもっとも多くなっています。

 逆に植物の光合成によって二酸化炭素は様々な有機化合物へと固定されたり、また、二酸化炭素は海中にも直接取り込まれ、降雨に溶け込み湖沼に流れ込み、最終的に海洋にも流れ込みます。

 環境省や一部の環境団体、科学者は、この二酸化炭素の増加が地球温暖化の最大の原因として、現在、積極的に削減のキャンペーンを行っています。

 しかし、気候変動の大きな要因は、水蒸気の影響や太陽活動、地磁気の影響であり、その割合は80%~90%と見込まれています。残りの部分を水蒸気以外の温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)、つまり、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、フロンなどが占めています。

 このため、温室効果ガスのうち、たった数パーセントしか占めていない二酸化炭素を単に数パーセント削減したとしても、地球温暖化にストップがかかるとは考えられません。少なくとも、人為的にコントロール可能な二酸化炭素を削減しようと考えるべきでしょう。


ピアノ講師求人募集転職家庭教師の求人募集転職講師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:温室効果ガス二酸化炭素はこちら

地球温暖化・環境問題:気候変動の原因

 最近、地球温暖化が語られる時には、二酸化炭素が諸悪の根源のように言われていますが、地球規模の温暖化は、そのような簡単な話ではありません。

 気候が変化する原因には内部因子と外部因子があります。内部因子は地球の気候システムの内部で起こる相互作用であり、外部因子は気候の駆動力とも呼ばれ、太陽活動、火山噴火、海塩粒子、土壌性エアロゾル(ダスト)などの自然起源ものと、人間活動によってもたらされた人為起源のもの(温室効果ガスなど)があります。

 科学者間で一般的に合意されている具体的な「気候変動の結果とその要因」としては次のとおりです。

■10万年の氷期/間氷期サイクルは地球軌道要素(日射量の季節性や地理的な変化)と総合的な日射量の変化に支配されている(主に外部因子の変化)。

■氷床コアで発見された最終氷期の間に起こった急激な温度変化(ダンスガード・イベント)はおそらくローレンタイド氷床とこれによって引き起こされた内的要因の変化に関係すると考えられる(内部因子の変化)。

■小氷期は太陽放射か火山活動の変化、もしくは両方の複合によって起こったものと思われる(主に外部因子の変化)。


袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 地球温暖化・環境問題:気候変動の原因はこちら

私たちにできる地球温暖化の原因の二酸化炭素(co2)削減対策

 地球温暖化の原因防止対策のためには、私たちにできる事はホントに小さなことかもしれません。現実には、地球温暖化の原因防止に全く影響を与えることができないような取組かもしれません。

でも、全世界の人々が地球温暖化の原因防止対策として、化石燃料の節約に取組めば、その効果は地球規模で大きなものになると思います。地球温暖化の原因を防止するまではいかないまでも、少しでも、地球温暖化の原因の二酸化炭素(co2)の排出削減のため、できる範囲で日常生活を見直していきたいものです。

◆ 地球温暖化の原因防止対策のため電気を大切に

長時間使わない電化製品は,主電源を切っておこう。
照明は蛍光灯にかえよう。また,こまめに消そう。
冷蔵庫に物を詰めすぎたり,扉を長時間あけないようにしよう。
洗濯するときは,できるだけまとめ洗いをしよう。
エアコンや掃除機のフィルターなどをこまめに手入れをしよう。
寒すぎず,暑すぎず...エアコンは適切な室温を設定しよう。こまめに消そう。
階段を歩いて昇り降りしよう。

◆ 地球温暖化の原因防止対策のためガスや灯油を大切に

お風呂は続けて入ろう。ふたをして保温に努め,できるだけ二度炊きをやめよう。
シャワーの流しっぱなしをやめ,できるだけ使用時間を減らそう。
給湯器の種火のつけっぱなしをやめよう。
適切な室温を設定し,暖房を控えめにしよう。
カーテンを厚手のものにするなど部屋の保温を工夫しよう。
断熱材や二重サッシを使ったり,南側に落葉樹を植えたり...省エネ住宅を考えよう。

◆ 地球温暖化の原因防止対策のため水を大切に

歯磨きやシャワーの際,水を流しっぱなしにするのをやめよう。
風呂の残り湯を洗濯や散水に使おう。
洗車するときは,ホースで流しっぱなしにせず,バケツ洗いにしよう。
雨水を利用しよう。

◆ 地球温暖化の原因防止対策のため上手な車とのおつきあい

近くへは徒歩か自転車で,遠くへはバスか電車で出かけよう。
通勤,レジャーなどでは,相乗りをしよう。
マイカーでの買い物は,計画的にしよう。
ノーマイカーデーに参加しよう。
車を買うなら,「できるだけ空気を汚さないもの」「燃料を無駄に使わないもの」「家族構成に合った大きさのもの」を選ぼう。
荷物の積み下ろしや3分以上停車するときはエンジンを切ろう。

◆ 地地球温暖化の原因防止対策のため緑や水を守る

ごみは持ち帰ろう。
草木などを取らないようにしよう。
緑や生きものにふれあう機会を増やそう。
暮らしの中に花や緑を増やそう。
台所では,野菜くずや油を流しに流さないようにしよう。
洗剤を適切に使おう

◆ 地球温暖化の原因防止対策のためごみを減らそう

買い物袋を持って行き,レジ袋を断ろう。
過大包装の商品は買わないようにしよう。
ペットボトルの購入を控えよう。
紙おむつの使用は最小限にしよう。
詰め替え用の商品があるものを買おう。
耐久性があるものを長く使おう。
生ごみは土にかえそう。
両面コピーや書類の共用化により,オフィスでの紙節減に努めよう。

◆ 地球温暖化の原因防止対策のためリサイクルをしよう

繰り返し使えるびん入りのものや量り売りのものを買おう。
新聞・雑誌・ダンボールなどの古紙は,回収にまわそう。
ビン・缶・ペットボトルはリサイクルしよう。
トレイや牛乳パックの回収に協力しよう。
ガレージセールに参加しよう。
再生紙などのリサイクル製品を使おう。
充電式の電池を使おう。

> 私たちにできる地球温暖化の原因の二酸化炭素(co2)削減対策はこちら

地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数

 水蒸気(H2O)を除く地球温暖化の原因に影響を与える温室効果ガスは次のとおりで、右の数値が各ガスの影響度です。(地球温暖化対策の推進に関する法律施行令第4条)

 このように、地球温暖化の原因として、二酸化炭素自体の影響度は極めて小さいのですが、CO2が水蒸気を除く温室効果ガスの排出量の約9割を占めています。

二酸化炭素

メタン

21

一酸化二窒素 

310

トリフルオロメタン

11,700

ジフルオロメタン

650

フルオロメタン

150

1,1,1,2,2-ペンタフルオロエタン

2,800

1,1,2,2-テトラフルオロエタン

1,000

1,1,1,2-テトラフルオロエタン

1,300

10

1,1,2-トリフルオロエタン

300

11

1,1,1-トリフルオロエタン

3,800

12

1,1-ジフルオロエタン

140

13

1,1,1,2,3,3,3-ヘプタフルオロプロパン

2,900

14

1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロプロパン

6,300

15

1,1,2,2,3-ペンタフルオロプロパン 

560

16

1,1,1,2,3,4,4,5,5,5-デカフルオロペンタン 

1,300

17

パーフルオロメタン

6,500

18

パーフルオロエタン

9,200

19

パーフルオロプロパン

7,000

20

パーフルオロブタン

7,000

21

パーフルオロシクロブタン

8,700

22

パーフルオロペンタン

7,500

23

パーフルオロヘキサン

7,400

24

六ふっ化硫黄 

23,900

> 地球温暖化の原因と環境問題:地球温暖化係数はこちら