TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素排出ゼロ】

テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 テラモーターズ(東京都渋谷区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として製造している同社の電動バイク「タッソ」1台を岩手県庁(岩手県盛岡市、達増拓也知事)に寄贈すると発表した。岩手県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する乗り物として、岩手県庁の公用車として岩手県職員が近距離出張を行う際の交通手段として使用するという。テラモーターズが電動バイクのタッソを地方自治体へ寄贈するのは今回が初めてのケースになるという。岩手県庁では、政策として地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、公用車についても可能な限りハイブリッド車等の二酸化炭素(CO2)排出量の極めて少ない環境対応車への切り替えを図っている。こうした岩手県庁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みと電動バイクの相性が良いことや、岩手県知事の名前がテラモーターズの電動バイクと同じ「たっそ」であることから寄贈することになったという。電動バイクのタッソは、走行時の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであるだけではなく、1充電約30円で40Km走ることができるほか、最高速度も50Km/h出る実用的な仕様になっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> テラモーターズは岩手県に電動バイク「タッソ」の寄贈で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら