TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素削減対策】

東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催

 東京都を始めアジア諸国の各都市が集まる第9回「アジア大都市ネットワーク21」(アジネット)の総会が11月7日から、東京都庁(東京都新宿区西新宿二丁目8番1号)で開催される。4日間の日程で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの地球環境問題や産業振興をテーマに意見交換を行うという。アジア大都市ネットワーク21アジネットは、石原慎太郎東京都知事の呼び掛けで始まり、これまで小型ジェット機の研究開発や災害時における危機管理対策について取り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の会員は、ソウルや台北、デリーなど11都市で、東京都における会議の開催は2001年の第1回以来となる。今回のメーンテーマは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題を取り上げる。各都市の急速な経済成長に伴う、水や大気の汚染対策、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について話し合う。東京都は、先進的に取り組んできた上下水道の技術や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を紹介する。り組んできた。アジア大都市ネットワーク21の大会に併せて11月6~9日には、東京都庁都民広場で各国の料理などが楽しめるイベント「アジネット21展」が開催される。東京都はPRのため、無機ELパネルを利用した、人が近づくと音声案内が始まる「光る、しゃべるポスター」を作製し、20日から東京都の新宿西口イベントコーナーなどで展示するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の東京都庁で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策を検討するアジア大都市ネットワーク21を開催はこちら

東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 日本通運(東京都港区東新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)を通じて調達する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出権で二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットする取り組みを開始したと発表した。日本通運は、企業の機密書類を安全かつ効率的に処分又はリサイクルするためのリサイクルボックス(PRB)をオフィスに設置し、回収処分するサービスを行っているが、リサイクルボックスの収集運搬時に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をカーボンオフセットで削減するという。日本通運は、機密文書回収サービスとしてカーボンオフセット付きのリサイクルボックスを企業に対して販売し、日本通運が三菱UFJリースから購入した二酸化炭素(CO2)排出権を日本政府に無償譲渡し、京都議定書で定めた二酸化炭素(CO2)削減目標の達成に貢献する意向だという。日本通運は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、カーボンオフセット付き機密文書回収サービスの導入に伴い、従来どおり販売価格は変更しないという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の日本通運はリサイクルボックスのカーボンオフセットで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

山形県は山形県内のクリーンエネルギー資源量調査で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 山形県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の資料とするため、山形県内の太陽光発電や風力発電、バイオマスなど地域に眠る再生可能クリーンエネルギーの資源量を市町村別に把握する調査を行っている。山形県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る調査は、1997年度にまとめて以来13年振りとなる。再生可能クリーンエネルギーの最新状況を把握することで、山形県として重点的に導入すべき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の再生可能クリーンエネルギーを明らかにし、将来的な活用に役立てたい考えだという。再生可能クリーンエネルギーの調査は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する山形県内の地熱発電、太陽光発電、風力発電、雪氷熱発電、波力発電などに係る11項目となっており、山形県内の地域に眠る潜在的なエネルギー量(潜在的賦存量)や、山形県内の地理的条件や実現コストなど条件を加味して現実的に利用でる再生可能クリーンエネルギー量(期待可採量)を発電量などに換算して試算していく。また、山形県内における各市町村別のエネルギー消費量と再生可能クリーンエネルギー導入量を比較し、山形県内の市町村別のエネルギー自給率を算出するという。1997年度の調査では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる山形県全体の再生可能クリーンエネルギー自給率はたったの2.3%だった。このほか、山形県内の東根市、最上町、飯豊町など7市町を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、木質ペレット、風力発電、バイオマスなど再生可能クリーンエネルギー各事業の採算性や運営方法などを検討する。事業は、総務省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「緑の分権改革推進事業」で山形県を含む34道府県で実施する。調査は、民間シンクタンク「循環社会研究所」(東京都新宿区)に委託し、2010年度中に調査結果をまとめ、山形県が策定中の「山形県地球温暖化対策実行計画」に盛り込む方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山形県は山形県内のクリーンエネルギー資源量調査で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 山陰地方の島根県及び鳥取県においては、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する、廃食油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)の四輪駆動車で世界一周を果たした写真家山田周生さん(東京都練馬区)が学校を訪問している。島根県益田市では小学校を訪ね、児童に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を披露した。山田さんは2007年12月から約1年をかけて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の少ないバイオディーゼル燃料(BDF)車を使って世界中を巡った。島根県益田市の益田市立益田小学校(島根県益田市本町)では、17か国の地元の家庭やレストランで分けてもらった廃食油計6500リットルを燃料にして、バイオディーゼル燃料(BDF)車で約4万8千キロを走破したことを、4・5年生137人に話をした。また、実際にサハラ砂漠やシベリアの凍土も走行したバイオディーゼル燃料(BDF)車を益田市立益田小学校の校庭に持ち込み、車の後部に積み込んだ廃食油の精製機を紹介し、児童は持参した廃食油を給油した。このバイオディーゼル燃料(BDF)車は他からバイオディーゼル燃料の供給を受けるのではなく、車内の自前の設備で廃食油を燃料に精製してしまうという、究極の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が施された車である。山田さんは島根県及び鳥取県に滞在し、島根県松江市の小学校などで講演する。山田さんは「地球はあちこちで傷んでいる。島根県益田市から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や、身近な環境保護に取り組んでほしい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 島根県益田市の小学校はバイオディーゼル燃料(BDF)車の学習で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPR

 アメリカのオバマ大統領は、グリーン・ニューディール政策を進めているが、今般、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進する再生可能エネルギー促進計画の一環として、ホワイトハウスの屋根に太陽光発電パネル2枚を設置すると発表した。アメリカを象徴するホワイトハウスが率先して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電パネルを取り入れることで、アメリカ国民の間で再生可能エネルギー導入の機運を高めるのことを目的としている。アメリカのスティーブン・チューエネルギー長官によると、ホワイトハウスへの太陽光発電パネル納入業者は入札で決定するという。ホワイトハウスではかつて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ジミー・カーター元大統領が在任時に太陽光発電パネルを設置したが、次に就任したロナルド・レーガン元大統領が撤去させている。また、アメリカの国有地のほとんどを管理する内務省は、アメリカカリフォルニア州南部の砂漠地帯で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、半導体技術テセラと石油シェブロンが進める太陽エネルギー開発プロジェクトへの認可を発表した。オバマ大統領は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生可能エネルギーを促進しながら経済を発展させるグリーン・ニューディール政策を掲げている。2009年の景気刺激対策として、政策促進と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指して、太陽エネルギーなどの再生利用可能エネルギーの促進を盛り込んでいた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> アメリカのオバマ大統領はグリーン・ニューディール政策で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策をPRはこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

長野県駒ヶ根市で太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 ベンチャー企業のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する太陽光発電システムのリースサービスで新たな市場を切り開いている。2008年から、長野県駒ヶ根市や山梨県などにあるセブンイレブン・ジャパンの5店舗に対して、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムのリースサービスを行っている。ネクストエナジーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、セブンイレブンの店舗の屋根に太陽光発電システムを設置した。太陽光発電システムで発電した電力は、すべてセブンイレブンの店舗が使い、ネクストエナジーに電力料金を支払うが、その際の電力料金は電力会社から購入する通常の業務用料金と同程度だという。このようにネクストエナジーが低料金で電力を供給できるのは、初期投資を削減しているからである。まず、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、海外メーカーと共同開発したオリジナルの太陽光発電システムパネルや、安価に調達した中古太陽光発電システムパネルを使うことで初期投資を減らした。次に、電力料金収入に加えて、セブンイレブンに供給した太陽光発電システムの環境価値を利用する。これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のグリーン電力証書として発行し、他企業や自治体、消費者などに販売することで収入を得ているからである。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県駒ヶ根市で太陽光発電システムによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 和歌山県は、和歌山県内の自然環境や公害、環境行政、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について取りまとめた平成22年度版和歌山県環境白書が発刊された。近く和歌山県のホームページでも公開する予定だというが、和歌山県庁で1冊1,600円で販売している。和歌山県環境白書の第1部では和歌山県の気温や降水量など基礎データを紹介している。和歌山県土面積の77%を森林が占め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定に貢献している。和歌山県の森林のうち61%が民有の人工林で占められている。また、和歌山県民の環境意識の高まりなどから、和歌山県内で1人1日あたりのごみ排出量が年々減少し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に役立っていることを記載している。和歌山県環境白書の第2部では、和歌山県の環境行政の現状と課題については解説している。森林や農地、沿岸域などの保全と公益的機能の維持・増進に関して「木材価格の低迷に加え、生活のなかで薪や炭の需要が少なくなり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する里山の維持管理が十分行えなくなったことなどから、放置された森林や里山が増加している」と指摘している。農村地帯でも遊休農地の増加や集落機能の低下などの問題をあげ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の面からも森林整備の必要性を訴えている。このほか地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の推進についても触れている。クリーンな自然エネルギーの太陽光発電システム設備の導入促進や和歌山県の公用車への二酸化炭素(CO2)排出量の少ないハイブリッド車の導入、民間資本を導入しての二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備の「企業の森事業」などの実績について説明している。平成22年度版和歌山県環境白書の販売は和歌山県庁情報公開コーナー(和歌山県和歌山市小松原通り1-1)で行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 和歌山県の環境白書に二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 山梨県北杜市は、三峰川電力(東京都千代田区)と共同で、山梨県北杜市大泉町、山梨県北杜市高根町にある村山六ケ村堰せきに新たに3か所、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献できる小水力発電施設を整備すると発表した。山梨県北杜市高根町には水力発電施設1か所があるが、今回の計画で4つの施設が同じ堰に造られることになる。北杜市は4発電所を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「村山六ケ村堰ウオーターファーム」として山梨県内外に積極的にPRし、環境創造都市を目指す北杜市のイメージアップにもつなげたい意向だという。山梨県北杜市の事業計画では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も兼ねて、北山梨県杜市大泉町の西沢地点に最大出力220kwの小水力発電施設、山梨県北杜市高根町の川子石地点に同170kwの小水力発電施設及び蔵原地点に同185kwの小水力発電施設を整備するという。いずれも総落差約50メートルの水力を利用する水路式として整備する予定で、年間発電量は約402万6千kwhで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は約1,680トンとなる見込みだという。このほど、新エネルギー導入促進協議会が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、小水力発電施設整備事業への補助金支出を決定した。三峰川電力が施設建設と維持管理、売電を行い、山梨県北杜市が地元調整役を担うほか、導水管路敷設の北杜市の占用料を免除する方向で検討している。山梨県北杜市では、2007年に北杜市高根町長沢地点に水力発電所「クリーンでんでん」を完成させており、合計した年間発電量は639万6千kwhになる。これは、一般家庭1777軒分の年間使用電力量に相当し、年間約2673トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。北杜市環境課では、「民間が開発主体となって行政がサポートする先進的な取り組みで、北杜市の目玉施策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献したい。北杜サイト(北杜市長坂町夏秋の太陽光発電実証研究施設)のように、多くの北杜市内外の人に訪れてもらえる工夫もしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県北杜市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

環境省は浮体式洋上風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、海洋に風力発電の風車を浮かべて発電する再生可能エネルギーの「浮体式洋上風力発電」の実用化に向けて、海域での実証試験を始めると発表した。海底に直接据え付ける再生可能エネルギーの「着床式風力発電」に比べると、「浮体式風力発電」は、より深い海域でも設置できるのが特徴であり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、洋上で風力発電が可能な範囲が大幅に拡大するという。環境省は、2012年度に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の浮体式洋上風力発電の実証機を製作し、2016年度の実用化を目指すという。陸上に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の風力発電施設を整備するケースでは、風の強さなど好適地が限定されるうえ、景観の妨げになったり、近隣住民への騒音が問題となることもある。これに対して、陸から大きく離れた沖合においては、景観や騒音の影響が少なく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する風力発電の新たな設置場所として大いに期待される。日本は、領海と排他的経済水域(EEZ)で約447万平方キロと世界第6位の面積を有しており、海洋上は遮蔽物がないことから風が強く、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての再生可能エネルギーの洋上風力発電に適した海域も多いという。環境省は、沖合30キロ未満で水深50~200メートルの海域における風の強さなどを分析した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する浮体式洋上風力発電によって生み出せる再生可能エネルギーの潜在量は、原子力発電所56基分にも相当する5600万kwになると試算している。この大きなエネルギーを再生可能エネルギーの一分野として実用化することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげるのが狙いだ。浮体式風力発電の実証機は2メガワット級になる見込みで、環境省は、浮体式風力発電に係る設計や製造、設置海域の環境調査費用など15億円を来年度予算の概算要求に盛り込んだ。環境省地球温暖化対策課は「浮体式の洋上風力発電装置の開発は、世界的にもまだ始まったばかり。国が後押しすることで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、世界をリードする技術を育てたい」とコメントしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省は浮体式洋上風力発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

シャープが二酸化炭素(CO2)削減する住宅用LED照明で地球温暖化の原因対策

 シャープ(大阪府大阪市阿倍野区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、省エネ性能の高いLED発光ダイオード)の住宅用天井向け照明「ELM(エルム)」の新機種を発売すると発表した。LEDのみを光源に用いた住宅向け天井照明は業界で初となる。シャープはこれまでLED電球だけを製造販売していたが、天井照明投入で、住宅用LED照明に本格参入する。住宅用LED照明エルムの新モデルは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のLEDの光を拡散するレンズや均等に光を照らす反射板を用いることで、最も薄い部分が8ミリ、厚い部分でも43ミリという薄さを実現しているのが特徴となっている。シャープによると、住宅用LED照明は、ミリ単位の設計をした結果、住宅の天井になじむので、部屋が大きく感じられるという。さらに、住宅用LED照明では外光を検知して自動で明るさを抑える機能を備えており、消費電力を従来比で最大65%の削減を実現しており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもかなり貢献することができるという。今回の住宅用LED照明の上位3機種は、照明の色及び明るさをそれぞれ10段階で調節することが可能な高機能なものとなっている。夜間に点灯する常夜灯の明るさも調節可能なため、なんと110通りもの照明を選択することが可能であり、細やかに調整することで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> シャープが二酸化炭素(CO2)削減する住宅用LED照明で地球温暖化の原因対策はこちら

滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置

 滋賀県東近江市瓜生津町の住民らでつくる瓜生津ソーラー発電協議会の太陽光発電システムプロジェクトが農林水産省の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の補助金対象事業に採択されたことから、集落全体で太陽光発電システムを設置することになった。計画では、東近江市瓜生津町内の公民館や営農組合の倉庫など5か所に太陽光発電システムパネルを設置するという。太陽光発電システムの合計最大出力は195kwで、年間推定発電量は18万5848kwhで余剰電力は電力会社に売電するという。売電による450万円を見込む収益は、東近江市瓜生津町のコミュニティー活動に充当するという。この太陽光発電システムによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間58トン削減できるという。総事業費は1億4,000万円で2分の1が農林水産省から補助金が支給される。滋賀県東近江市瓜生津町の地元公民館や農業倉庫などを管理する「瓜生津共有財産権利者会」の62世帯が中心となって太陽光発電システムプロジェクトを立ち上げ、昨年4月から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策につながる太陽光発電システムの勉強会などを繰り返してきた。自治会規模で太陽光発電システムに取組むのは全国的にも珍しく、農林水産省の補助事業の認定には、農村集落の再生が評価されたという。同協議会は早ければ10月にも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設置工事に着手するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 滋賀県東近江市の住民が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策の太陽光発電システム設置はこちら

茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策

 茨城県水戸市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、猛暑の日差しによる影響を和らげる効果などがある透明の日照調整フィルムを水戸市庁舎に導入することを決め、関連の事業費を補正予算案を提案している。フィルムを水戸市庁舎の窓ガラスに張ることで、冷暖房効率が向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する効果がある。水戸市によると、フィルムは赤外線を大幅に遮断することから、夏季には日差しによる庁舎内温度の上昇を減らすほか、冬季は断熱効果を高めて庁舎内の暖気を逃さないという冷暖房の効果があり、全国的にに見ると京都府庁舎で導入されている。フィルム1590平方メートル分の約2150万円を見込み、年間130万円の冷暖房費が節約でき、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も年間40トン削減できると試算している。この工事に併せて水戸市庁舎前の駐車場に設置されている照明45本を省電力型のLED照明に交換する。LED照明によって、年間89万3千円の電気代と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量27トンが削減できる見込みとなっており、これに要する事業費は約2450万円となっている。いずれの経費も水戸市地球温暖化対策推進基金を活用して補正予算案に盛り込み、開会中の水戸市議会に提出している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 茨城県水戸市は日照調整フィルムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字

 京都府の平成21年度の公営企業会計決算によると、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、伊根町で京都府が進めている風力発電事業の設備利用率は10.01%であった。当初計画の利用率は21.70%を見込んでいたが、前年度実績も11.55%で、約半分の利用率しかなく、地球温暖化の原因防止対策の風力発電事業は赤字決算となった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、赤字のままで継続していくことに問題があることから、京都府は風力発電事業の評価委員会を設置し、今年度中に対応策に関する報告をまとめる予定になっている。京都府の風力発電事業は、風車が6基ある「太鼓山風力発電所」で平成13年度から発電されており、最大出力4500kwの発電能力があり、風力発電施設は京都府府公営企業管理事務所が管理を行っている。風力発電の設備利用率とは、最大出力で1年間フル稼働した発電量に対する実績発電量の割合であるが、風速が秒速3~25mないと風車は動かないので発電が行われず、平成15年度は当初計画に近づく17%の利用率であったが、最近は低いままとなっている。この風力発電事業の平成19年度は4600万円の赤字であり、平成20年度も4500万円の赤字だった。京都府は、赤字が続いていることを大きな問題であると認識しており、評価委員会の中で「あらゆることを想定して議論を進める」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府の風力発電による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策は赤字はこちら