TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素の削減】

国土交通省が四国の国道で省エネと地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 国土交通省四国地方整備局(香川県高松市)は、四国の国道の一部区間8か所で道路照明の減灯・減光を試行すると発表した。来年3月末まで試行で減灯・減光し、年間ベースで約130万円の維持管理費節減の省エネルギーと約30トンの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるという。減灯・減光を行う箇所は、交差点がない高架橋や橋を対象として、夜間に歩行者や自転車の通行が少なくなる区間を中心に実施される。実施区間には看板を設置し、「早めのライト点灯」「より一層の安全運転」を呼びかける。安全面で問題がなければ、試行期間後も継続し、省エネルギーと地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に寄与するため、他の区間への拡大実施も検討する予定だという。試行区間は次の通りとなっている。
徳島県内:国道11号・吉野川大橋(徳島市)
香川県内:同・原田高架橋(丸亀市)○同・多度津高架橋(善通寺市-多度津町)○国道32号・祓川大橋(まんのう町)○同・三坂山高架橋(同)
愛媛県内:国道56号・松山市小栗5丁目-藤原2丁目
高知県内:国道55号・新物部川橋(香南市-南国市)○国道56号・渡川大橋(四万十市)
以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国土交通省が四国の国道で省エネと地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策

 茨城県つくば市にある社会福祉法人創志会では、障害者が社会の一員として地球温暖化の原因対策としての環境問題に取り組む職業訓練の一環としてBDFバイオディーゼル燃料)の精製に取り組んでいる。原料の廃食用油は地元スーパーなどと提携して集め、精製したBDFは地元つくば市のスーパーの配送車や茨城県つくば市内のスクールバス等の燃料になり、資源循環システムができあがっている。つくば市のスクールバスを利用する生徒や関係する人々が地球温暖化の原因問題へ意識を高めるのにも役立っているという。一方、主体となって活動している障害者は、つくば市の地域の人々とふれあうことで自信とやりがいを感じる機会になっている。施設の利用者(障害者)数名と職員が毎日つくば市内の3~5カ所程度の提携先を回り、廃食用油を回収しており、この回収に使っているバンの車にも地球温暖化の原因対策のBDFが使用されている。廃食用油回収の際は、先方の社員に回収確認のサインをもらうが、サインは障害者がもらいに行き、提携先とのコミュニケーションが図れ、これも社会復帰訓練になる。地元つくば市の私立高校のスクールバスへの給油に関しては、生徒達の間でも、自分たちの乗るスクールバスの燃料が廃食用油からできているということで、茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策への意識の醸成がなされてきている。BDFの精製は主に障害者が行い、当初障害者は時間の観念が薄く、時間が守れず何度も失敗したが、作業を続けるうちに、時間の観念が身につき失敗しなくなったという。活動の主体は社会復帰を目指す障害者を支援する茨城県つくば市初の複合型支援施設であり、障害者にも社会の一員として地球温暖化の原因対策(環境問題)に携わることのできる作業として試行錯誤しながらたどり着いた取り組みも、軌道に乗って約一年が経過した。障害者もつくば市地域の人とふれあい、社会復帰への足がかりができ、更に、年間114トンの温室効果ガスである二酸化炭素の削減という地球温暖化の原因防止の一端も担う取り組みとなっている。また、つくば市内の事業所や高校と提携することにより提携先の社員、生徒に対しても地球温暖化の原因防止をアピールできている。また、つくば市内の提携先からはBDFの増産を望む声もあり、施設では設備の増設も検討するなど、将来にわたって活動のさらなる展開が期待されている。障害者が地球温暖化の原因対策について先駆け的な取り組みに実際に携わることで社会貢献し、つくば市の地域のリーダーとしても活躍しており、今後はつくば市の地域の人も巻き込みつつパートナーシップの環が広がっていくものと思われる。

> 茨城県つくば市で障害者と共に地球温暖化の原因対策はこちら

環境省が地球温暖化の原因防止に向けたマイボトル・マイカップキャンペーンを展開

 環境省地球温暖化の原因防止に向け、6月から「マイボトルマイカップキャンペーン」を開始すると発表した。今回の地球温暖化の原因防止に向けたキャンペーンは、国民の誰もが簡単に実践できるリユースの具体的な取組として、環境省が従来から進めてきたマイバッグの利用に加えて新たに展開する位置づけとなっている。地球温暖化の原因防止に向け、飲食店などでのボトル製造時に係る地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の削減を狙ったものとなっている。地球温暖化の原因防止に向けたキャンペーンでは、マイボトル・マイカップが利用できるお店の情報提供などを行うほか、キックオフイベントとして6月5日、6日に東京都代々木公園で開催するエコライフ・フェアでキャンペーンの趣旨等を紹介するブースの出展を行うという。また、フェリス女学院大学、横浜市立大学及び大阪大学において、モニターとなる学生(400人~500人)を募り、マイボトル(ステンレス製魔法瓶、水筒等)を使ってもらうとともに、浄水器・給水機の設置、学食等でマイボトルを使う人への飲料の割引等マイボトル・マイカップが利用しやすい環境を整備し、マイボトル・マイカップの普及に向けた課題の把握や環境整備の効果の把握を行う予定としている。これらの取組みを通じて、少しでも地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素を削減するとともに、広く啓発をしていきたい考えだという。このキャンペーンに関する問い合わせ先はマイボトル・マイカップキャンペーン事務局〒113-0033 東京都文京区本郷3-43-16 成田ビル3階財団法人地球・人間環境フォーラム内TEL:03-3813-9735 FAX:03-3813-9737E-mail:mybottle_cup@gef.or.jp

> 環境省が地球温暖化の原因防止に向けたマイボトル・マイカップキャンペーンを展開はこちら

京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組み

 地球温暖化の原因防止対策として温室効果ガスである二酸化炭素の削減で合意した京都議定書採択の地として環境先進地を目指しているのが京都府と京都市である。しかし、現実には地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置はあまり進んでいない。その原因の一つとして、2007年度から厳しくなった景観規制の影響が指摘されているが、京都市は2009年度に地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を増額し、普及を図ろうとしている。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金については、京都市は2003年から設置への補助を始めており、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの導入件数は2003年度173、2004年度155、2005年度172、2006年度224、2007年度191、2008年度103件と心もとない数値に終わっている。これには、景観規制により地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの普及が遅れている面はあると京都市地球温暖化対策室は話している。京都市の景観規制区域は京都市内の9割にも及んでおり、歴史的風土特別保存地区や伝統的建造物群保存地区などでは、原則として地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムとはいえ設置することができなくなっている。京都市では屋根も含めて文化財の扱いであるので、少しでも異質なものは認められないようになっている。美観地区などでは地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの設置は可能だが、それでも屋根材の色彩と調和させる必要がある。地区により濃淡はあるが、規制のない自治体よりも京都市では地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの費用と手間がかかる。京都市は「京都市民や業者からすれば設置許可や届け出などの手続きが面倒で、敬遠する傾向があるかもしれない」と認めながらも、「そんなに難しいことを言っているつもりはない。京都は京都らしく景観とマッチさせながら地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムを普及させる。規制緩和ではなく、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金の増額で対応している」と話している。最大出力1キロワット当たり4万5000円だった地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金を、2009年度から規制区域外で5万円、規制区域内では8万円に引き上げた。京都市の規制区域内に3.4キロワットを設置するモデルケースでは総費用は238万円になる。これに対して補助金は、京都市が27万2000円、京都府が8万5000円(エコポイント)、国から23万8000円が出るので計59万5000円となり、地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの自己負担額は178万5000円となる。地球温暖化の原因防止対策として住宅用太陽光発電システムの補助金がなければ30年とされる設置費回収にかかる年数は、補助金で20年余りに短縮されることになる。さらに、2009年11月からの余剰電力固定価格買い取り制度で十数年に短縮されたという。京都市には2009年度は前年度を上回るペースで申請があり、京都市は2009年度予算5474万円をほぼ使い切っており、設置件数が過去最多になるのは確実だという。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 京都府と京都市の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電の取組みはこちら

地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力

 日本政府は、ミクロネシアの地球温暖化の原因防止対策として実施される「太陽光発電を活用したクリーンエネルギー導入計画」に対して、5億3,000万円の償資金協力を実施する方針を決めた。この地球温暖化の原因防止対策の計画は、大洋州地域における地球温暖化の原因による気候変動対策支援の一環として、太陽光発電関連機材を供与し、ミクロネシアにおけるディーゼル発電の一部を自然再生可能エネルギーに代替することにより、地球温暖化の原因である温室効果ガス二酸化炭素の削減を図るものである。日本政府は、これまで一貫してミクロネシアを含む太平洋島嶼国の良きパートナーとして同地域に対する支援を行っており、今回の協力は本年5月に開催された第5回太平洋・島サミットで表明した日本の支援策の一環として実施するものとなっている。
 一方、国土交通省は、バングラデシュのダッカにおいて、同国における地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害対策を推進するための日・バングラデシュ気候変動ワークショップを開催すると発表した。バングラデシュでは、地球温暖化の原因による気候変動に起因する水災害が多く発生しており、これによる被害が国民の安全な暮らしを脅かすとともに、同国経済発展の阻害要因の1つとなっているという。このため、同省では、両国における水災害への影響としての地球温暖化の原因による気候変動問題への取り組みや、日本から地球温暖化の原因防止対策として提供可能な技術・ノウハウについて意見交換を行い、バングラデシュの防災能力の向上を図るとともに、両国の一層の協力関係を推進していきたいとしている。
カラオケセット機器機材レンタルリース情報ウエディングドレスレンタル格安激安販売情報貸し別荘コテージレンタル情報

> 地球温暖化の原因による途上国の気候変動対策に資金協力はこちら

地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かす

 中国新聞社によると、中国気象局の鄭国光局長は雑誌「求是」に掲載した地球温暖化の原因に関する論文の中で、地球温暖化の原因は中国の食糧安全保障に明らかな影響を与えており、今後、主要食物の生産力減少、不安定性の増加などを引き起こすだろうと主張した。同論文によると、地球温暖化の原因の影響を受け、世界的な食糧供給は不安定性を増すと考えられる。地球温暖化の原因による気候変動により、中国の主要作物に対しては水不足が発生し、自然災害が増加、食糧生産は多大な影響を受ける。さらに、地球温暖化の原因による気候変動により、広い範囲で長期的な干ばつが発生すると見られている。例年、中国では地球温暖化の原因による気候変動による干ばつにより3000万トンの損失が出ており、自然災害による損失の60%を占める。地球温暖化の原因による気候変動により、30年間続く華北地区での干ばつ問題が、今後10年間で緩和されるとは考えられず、南部でも季節的な干ばつが頻発している。さらに現在と同じ栽培制度が続き、栽培品目と生産水準が変化しないと仮定した場合、2030年までに生産力は地球温暖化の原因による気候変動により、5~10%減少すると見られ、特に春小麦は大幅に減少すると見られる。2071年から2100年には、地球温暖化の原因による気候変動により、冬小麦が10~30%、稲作が10~20%、とうもろこしが5~10%それぞれ地球温暖化の原因による気候変動により、減少すると考えられている。また、もし政府が> 地球温暖化の原因による気候変動による気候変動に関して積極的な対応を取らなかった場合には、21世紀後半には中国の主要農作物である小麦、稲作、とうもろこしで年産最大37%の減産が起こる可能性があると指摘している。同論文は、地球温暖化の原因による気候変動による食糧生産とその安全性を保障することが気候変動に対して最も大切なことだとし、災害発生を未然に防ぐための対策を科学的かつ計画的に立てる必要があると提案している。しかしながら、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素の削減に関して、最も消極的な国が中国であるのも事実である。しかも、世界的に見て、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素の巨大な量の排出量である国にもかかわらずである。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 地球温暖化の原因が中国の食糧安全保障を脅かすはこちら

京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域に

 環境省は、京都府福岡県を、地球温暖化の原因防止対策の平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業(補助事業)の対象地域として選定すると発表した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、温室効果ガス二酸化炭素の削減による低炭素社会づくり計画、環境モデル都市アクションプラン、地球温暖化対策推進法に基づく地方公共団体実行計画に位置付けられた地域環境整備に係る事業に対し、事業費の一部を補助するものとなっている。平成21年9月7日から5月29日まで地球温暖化の原因防止対策事業の2次公募が行われ、提案内容について、環境省と国土交通省が共同で審査し、2つの地域が選定された。今回選定された地球温暖化の原因防止対策の対象地域は、「阪急電鉄京都本線及び嵐電(京福電鉄嵐山線)沿線、京都市右京区及び西京区」(京都府)と、「福岡市内地区、箱崎九大前駅地区、梅林駅地区、姪浜駅地区」(福岡県)となっている。
ケアマネージャー・介護支援専門員の求人募集転職和服振袖留袖着物レンタル貸衣装情報金プラチナ貴金属高価買取情報情報

> 京都府と福岡県が地球温暖化の原因防止対策の「平成21年度低炭素地域づくり面的対策推進事業」の対象地域にはこちら