TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素(CO2)】

愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 「ピコア21」(愛媛県松山市三津)に、NPO法人「衣サイクル研究会」が地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と「服育」の啓発機能を兼ねたモデル店舗として、古着のユーズドショップ「e-cycle」がオープンした。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)の「循環型社会地域支援事業」の受託事業であり、衣類も人も地球で活かされ循環するというコンセプトで、持続可能な市民参加型ソーシャルビジネス実証実験の実証店舗となっている。古着からの収益は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための社会貢献事業に使うという。同店では古着の3R(リデュース、リユース、リサイクル)を啓発するとともに、服をキーとして環境・安全・健康・社会性・国際性のある子どもたちを育むことを目的にした「服育」を愛媛県松山市全域に広げる。古着約1万点を取り扱い、古着の販売価格は古着が100円から、着物が500円からと激安価格に設定されており、併せて、衣類の回収も行うという。しかし、資源化実験が目的であるため、古着の買い取りは行わないという。利用者には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)ポイントカードを発行する。持ち込んだ古着の衣類や購入した衣類の重さを量り、衣類をゴミとして燃やさないことで削減できる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を記録する。また、店舗で使用するレジ袋は有料化し、マイバッグ持参を呼び掛けるという。このレジ袋を販売した収益は、「服育セミナー」で使用する電力を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の「グリーン電力」として購入するための費用の一部に充てる。、NPO法人「衣サイクル研究会」では、「衣類は誰にとっても身近なもの。これからも衣服を通じて環境問題を考え、市民一人ひとりの『もったいない』の気持ちを育むきっかけづくりをしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。
古着リサイクル買取販売情報ネットナビ









> 愛媛県松山市で古着リサイクル3Rによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止

 日本マクドナルド(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府大阪市北区にある梅田茶屋町店を省エネ技術を駆使した「エコ店舗」に改装してオープンした。改装前と比べ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が25%以上削減できるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、再生自然エネルギーの太陽光発電システムを導入したほか、消費電力の少ない発光ダイオード(LED)照明や廃熱の再利用装置などの省エネ機器も取り入れた。入り口付近に設置されたカラー液晶モニターには、店舗の消費電力が表示されるほか、外光の明るさに合わせて自動で照明を調光するようにもした。日本マクドナルドでは、大阪府大阪市の同店を含め、大阪府内の4店舗で2011年3月まで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を行い、二酸化炭素(CO2)排出量削減効果などが確認できれば他地域の日本マクドナルドの店舗でも活用していく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日本マクドナルドは大阪府大阪市の店舗を二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に改装して地球温暖化の原因防止はこちら

環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策

 環境省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として政府が大企業を対象に2013年度の導入を目指す二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度について、導入後の対象企業の経費総額を明らかにした。環境省によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の省エネ技術の導入などで鉄鋼やセメント、化学、自動車など産業部門は、年間600億~700億円の負担増になるが、オフィスビルなど業務部門は、逆に、同約400億~500億円の負担減になるという。環境省はこの日の中央環境審議会小委員会に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度の最終案を提示した。環境省は経済産業省(東京都千代田区霞が関)などと調整して年内にも政府方針を固めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る国内排出量取引制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を確実に削減するため、年1万トン以上の二酸化炭素(CO2)を排出する約4000事業所を対象に二酸化炭素(CO2)排出上限を定める仕組みである。国内で2020年に1990年比15~25%の二酸化炭素(CO2)排出量を削減するために必要な、企業による省エネ対策などの投資費用の総額を環境省が今回推計したものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 環境省の二酸化炭素(CO2)排出量の国内排出量取引制度による地球温暖化の原因防止対策はこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

神奈川県小田原市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県小田原市と水産海洋学会、相模湾水産振興事業団の共催で、神奈川県が後援する地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考える「相模湾の環境保全と水産振興シンポジウム」が10月19に、神奈川県西湘地域県政総合センター(神奈川県小田原市荻窪)で開催される。「相模湾の海洋環境と生物相の長期変動について」をテーマに専門家らが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について議論を交わす。シンポジウムの開催時間は午前9時半から午後2時半までで、入場は無料となっている。日本周辺海域では、大型クラゲの大量出現や海草の消滅など「海の温暖化」にかかわるような現象が頻発し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が求められている。このため、シンポジウムでは、日本周辺の海洋環境と気候変動(温暖化)、相模湾と湾外の海洋環境のかかわりなどについて議論を重ね、相模湾の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や、海洋環境・生態系保全とモニタリングのあり方を考える。シンポジウムは、東北大学(宮城県仙台市青葉区片平)名誉教授の近藤純正氏が「気候変動と私たちの暮らし」をテーマに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する基調講演を行う。その後、日本周辺海域に起こった海況の長期変化、相模湾に起こった海況の長期変動の特徴、相模湾における水質環境・プランクトンの長期変動、相模湾における魚類相の長期変化の順に話題提供しながら進行する。最後に、相模湾定置網漁業者ら現場の意見を踏まえて討論するという。「相模湾の環境保全と水産振興シンポジウム」の問い合わせは神奈川県小田原市水産海浜課(0465-22-9227)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県小田原市で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

群馬大学が群馬県桐生市で小型電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 「群馬大学(群馬県前橋市)の次世代EV研究会」が研究開発を進めている地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない小型電気自動車(EV)が、11月にも群馬県桐生市内における地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)による社会実験に採用されることに決まった。電気自動車(EV)は、一人乗りのミニカーとして登録し、群馬県桐生市や群馬大工学部のプロジェクト向けに貸出を実施するという。電気自動車(EV)の充電については、家庭用電源でも行えるほか、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないマイクロ水力発電をエネルギー源に利用する予定にしている。群馬大学次世代EV研究会では、地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の製作に当たって、地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減に関心のある車体製作に協力する企業やスポンサー企業を募集している。群馬大学工学部(群馬県桐生市)の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策のプロジェクト「地域力による脱温暖化と未来の街―桐生の構築」や群馬県桐生市の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の「チャレンジ25地域づくり事業」などで小型電気自動車(EV)の社会実証が行われるという。小型電気自動車(EV)は、計10台が投入される予定となっており、うち2台はマイクロ水力発電による再生可能エネルギーで走行するという。群馬大学が製作中の電気自動車(EV)「Mag―E2」はバッテリーにリチウム電池を用いており、1回の充電で30~40kmを走行できる性能があるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬大学が群馬県桐生市で小型電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

大阪府大阪市では打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減イベント

 大阪府大阪市中央区・浪速区の南海難波駅周辺の企業や商店街が中心となり、8月6日から8日まで、環境問題に関連したイベント「なんばエコプロジェクト2010」を行うと発表した。打ち水などの地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの地球環境問題の重要性をPRする同イベントは、「なんばから広げよう!環境問題のためにできること。」をキャッチフレーズに、南海電鉄(大阪府大阪市中央区難波)、南海都市創造(大阪府大阪市中央区難波)、戎橋筋商店街振興組合(大阪府大阪市中央区難波)、クボタ(大阪府大阪市浪速区)、スイスホテル南海大阪(大阪府大阪市中央区難波)、高島屋大阪店(大阪府大阪市中央区難波)、なんさん通り商店会(大阪府大阪市中央区難波)、なんば南海通商店会(大阪府大阪市中央区難波)、なんばマルイ(大阪府大阪市中央区難波)、ヤマダ電機(群馬県高崎市)が共同で実施するものである。8月6日は「打ち水」イベントが行われ、南海難波駅北側広場で出発式を実施し、大阪市立大学(大阪府大阪市住吉区)准教授の西岡真稔さんがヒートアイランド現象とその対策について解説し、温度計の測定結果を元に打ち水の冷却効果について学ぶ「出前ECO講座」を行うという。その後、南海会館ビル前、なんばマルイ前、ヤマダ電機前、なんばパークス前で各参加団体がそれぞれ打ち水を行うという。また、この打ち水イベントのほかに、地球温暖化の原因対策などの環境問題を身近に感じてもらうため、なんばCITY地下1階の「ガレリアコート」で7日・8日の2日間、森林整備の際に出る間伐材を利用してコマや竹風鈴などを作る「夏休み子工作教室」を開催する。さらに、環境問題イベント期間中は、なんばCITY、南海難波駅、スイスホテル、なんばパークス、ヤマダ電機に「ペットボトルキャップ回収ボックス」を設置し、回収したキャップを再資源化するとともに、売却して得た利益を発展途上国の子供たちへのポリオワクチンの費用とする。このほかにも、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などのエコ活動に関するパネル展、マイカップ持参によるドリンクの割り引きなどさまざまな企画が行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府大阪市では打ち水で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減イベントはこちら

住宅エコポイント延長で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 政府は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として進めている、化石燃料などの使用を極めて低く抑制する省エネルギー性能に優れた住宅の新築・改修をした者に最大30万円相当のポイントを付与する「住宅版エコポイント制度」について、2011年度も期間を延長することを決めた。その理由としては、景気低迷期における住宅市場の活性化の継続や地球温暖化の原因対策の一環として、来年度も引き続き実施する必要があると判断したといい、来年度予算の概算要求に盛り込みたい考えだという。住宅版エコポイント制度は、政府が昨年12月の緊急経済対策で創設を打ち出し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みを絡める中で、今年3月から開始した制度である。住宅版エコポイントの付与については、12月末までに住宅改修工事等を始めることなどが条件となっており、国土交通省によると、6月末までの申請数は8万1834戸に上っているといい、住宅市場の活性化と地球温暖化の原因対策に大きな成果を挙げているといえる。政府は、住宅エコポイントを付与する対象に、省エネ効果が高い給湯器を加えるなど、住宅エコポイント制度の内容を拡充することも検討中である。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住宅エコポイント延長で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

横浜ゴムがチャレンジ25キャンペーンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 横浜ゴム(東京都港区新橋)は、「チーム・マイナス6%」に代わって政府が進めているる新しい地球温暖化の原因防止国民運動として推進している「チャレンジ25キャンペーン」に参加すると発表した。チャレンジ25キャンペーンは、2009年9月に当時の鳩山由紀夫首相が国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年比25%削減することを表明したのを受け、2010年1月14日から企業や国民が取り組む運動として政府で展開している地球温暖化の原因防止対策のキャンペーンである。チャレンジ25キャンペーンでは、エコな生活スタイルの選択、省エネ製品の選択、自然エネルギーの選択、ビル・住宅のエコ化を選択、CO2削減につながる取組や商品を支援、地域で取組み地球温暖化の原因防止活動への参加の6つの具体的なチャレンジを提案しており、横浜ゴムは6項目全てに取り組むという。横浜ゴムは、これまでも地球温暖化の原因防止対策の「チーム・マイナス6%」に2005年から参加しており、今回新たにチャレンジ25キャンペーンで定めているより高レベルな地球温暖化の原因防止対策活動に積極的に協力していく方針だという。

> 横浜ゴムがチャレンジ25キャンペーンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

北海道札幌市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減セミナー開催

 北海道札幌市地球温暖化の原因対策を考え、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る地球環境問題を考える国際情勢セミナーが開催される。セミナーのテーマは、「北海道が環境先進地域となるためのヒント~スウェーデンに学ぶ環境CSRと市民の役割~」であり、CSRとは、Corporate Social Responsibilityの頭文字をとったもので、日本では「企業の社会的責任」と訳されている。特に、近年、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に係る問題など地球環境問題が深刻化することに伴い、企業活動の中に環境問題への配慮を組み込むこと(環境CSR)が強く求められるようになってきている。今回のセミナーは、20年以上にわたって地球環境問題への活動を通して培った知識と経験を元に、日本で環境コンサルタントとして活躍中しているペオ・エクベリさんを招き、環境先進国スウェーデンの環境CSRの展開と市民との関わりについての講演となる。 また、今年は、国連の定める「国際生物多様性年」であり、講演の中では、環境CSRの柱の一つである生物多様性の保全の意義についても、わかりやすく解説する。ペオさんのお話をヒントに、環境先進地域である北海道を創っていく方法を考えよう。
開催日時:2010年7月30日(金)13:30~15:30
会場:TKP札幌カンファレンスセンターきょうさいサロン「飛鳥」北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル7F
講演者:ペオ・エクベリ氏国際環境ビジネスネットワーク“One World”代表
コーディネーター:岩井尚人氏/株式会社IEPO代表
定員:80人程度
参加費:無料
主催:(社)北方圏センター 共催:(財)北海道環境財団 後援:北海道、北海道経済連合会、北海道商工会議所連合会、(財)札幌国際プラザ、スウェーデン交流センター、北海道スウェーデン協会

> 北海道札幌市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減セミナー開催はこちら

石川県金沢市のリサイクルショップが地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 石川県金沢市竪町のファッションビル「金沢パティオ」(金沢市竪町、TEL 076-236-6322)に、商品を2着購入すると3着目が無料になるリサイクルショップ洋服店「ニコカウ・サンコメタダ」がオープンした。物を大切にして、リサイクルすることによって、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にも寄与していきたいと意気込んでいる。リサイクルショップの店内には、Tシャツを始めとするトップスのほかに、ジーンズ・スカート・ショートパンツといったボトムス、そのほかにも靴、かばん、アクセサリー、ベルトなどの小物類を含めて約2,000点が販売されている。リサイクルショップ姉妹店の「ドンドンダウン・オン・ウェンズデー」で買い取ったリサイクル品物で、100円ワゴンコーナーと100円・300円のリサイクルキッズ服以外は、すべて500円で販売されている。さらに、このリサイクルショップでは2着購入すると3着目が無料になるサービスを行っており、これは、「例えば、リサイクルショップでトップスとボトムスを買ったお客さまに帽子をプレゼントして、リサイクルでトータルコーディネートをしてもらおう」という趣旨だという。また、来店客に買い物をしながら地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの地球環境問題やリサイクルについての理解を深めてもらおうと、リサイクルショップの店内各所の壁に張り紙で「エコ豆知識」を掲載している。リサイクルショップで洋服を売り買いすることが、ひいては地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながると説明し、水の出しっ放しへの注意やエコドライブの推進も呼びかけている。金沢パティオは通常、20歳代の買い物客が多いが、リサイクルショップのオープン以来、年配客も多く訪れ、にぎわっているという。同店を経営する小出靴下(長野県長野市)専務は「地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの地球環境問題を意識しているお客さまにご来店いただけるとうれしい。また、地球温暖化の原因対策に関心はあってもなかなか実践できない若い方には、リサイクルショップを利用することで、資源を有効活用しており、環境問題にも一役買っているということを知ってもらいたい」とコメントしていた。

> 石川県金沢市のリサイクルショップが地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

佐賀県佐賀市では有機農業で地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減

 佐賀県佐賀市では、地元佐賀に古くから伝わる有機農業によって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。クリーク文化圏である佐賀県の知恵「ごみくい」の伝統農法を復活させることによって、栄養素資源の枯渇する時代の中で有機資材を確保し、循環型農業を持続的に実現するとともに、水辺環境の生態系を再生しする中で、安全安心な食料の安定供給を図っているが、そのことが地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながっている。また、地元佐賀県佐賀市の子ども会、小中学校、大学、市民等に対して、ごみくい農業体験に基づく環境教育を行い、住民のゆとりを取り戻すことにより、佐賀県佐賀市でも失われつつある地域コミュニティーを再構築しているという。さらに、安全安心な地域環境確保のため、地元佐賀県佐賀市の大学と連携し、土や水中の有害重金属及び残留農薬の分析評価を行っている。不要な産業廃棄物として廃棄処理されている底泥や生態系を乱す外来種として駆除されるホテイアオイを有効活用している。これらの栄養成分を農地に隣接したクリークに活用し、低エネルギーの循環型農業を構築してきている。佐賀県のこうした農業に関する知恵を揚子江クリーク文化圏においても展開することによって、アジアにおける安全安心な食文化を守ることに貢献している。佐賀県は、あまり目立たないとても地味なお国柄だが、佐賀県の伝統的な地域活動は、華やかさからは程遠い農業生産行事である。しかし、こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動は、しっかりと佐賀県佐賀市の地域に根づいたコミュニティーの活動でもある。

> 佐賀県佐賀市では有機農業で地球温暖化の原因の温室効果ガス二酸化炭素(CO2)削減はこちら

鳥取県米子市では割り箸・廃天ぷら油の再資源化運動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 鳥取県米子市では、割り箸廃天ぷら油再資源化運動地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいるが、これは中海水質浄化運動から始まったものである。鳥取県米子市では、「子供も大人も身近な環境問題を五感で感じることが課題解決へ繋がる近道」との発想から、1990年に鳥取県米子市の子供を中心とした「彦名地区チビッ子環境パトロール隊」を結成し、テーマは、身近な大きな環境問題である「中海の水質浄化」であった。家庭から出る生活排水による中海の水質汚濁の勉強が始まり、その学習の結果として、中海の水質汚濁の大きな原因となっている家庭の廃天ぷら油の回収と再資源化運動がスタートし、現在、BDF製造にまで発展している。もう一つの取組みの始まるきっかけとなった鳥取県米子市のパトロール隊を指導する向井哲朗氏は、当時、製紙会社に勤務していた。パトロール隊の子供たちとの勉強会で出た素直な疑問は、「教科書には緑が大切と書いてあるのに、おじさんの製紙工場は森林破壊しているの」といったものであり、これが、全国で初めての試みでもあった割り箸回収へ発展し、現在では鳥取県米子市の地域全体での取組となり、更には全国へと発信してきた。身近な環境問題を生で知り、そこに存在する問題点をしっかりと踏まえ、自ら活動を行うのかパトロール隊のポリシーであり、以来、10年以上にわたって継続している割り箸・廃天ぷら油の回収・再資源化活動は、豊かな心を持った子供たちを育んでいる。鳥取県の総面積は全国の1%で小さい方から7番目であり、人口は全国で最も少ない県であるが、老年人口割合が高く生産年齢人口割合が低く、鳥取県内総生産額も全国47位と最下位である。こうした地域特性からは、で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量も全国で最も少ないのが鳥取県ではないかと思われる。鳥取県は小さな県であるからこそ、逆に、都市部では難しい地球温暖化の原因防止の取組でも実現の可能性が見え、一見ハンディキャップのような立地をプラスに活かす発想が鳥取県にはあったといえる。鳥取県米子市の中海の水質浄化という子供たちが身近に感じる環境問題から始まった環境教育が、地域住民の地球温暖化の原因防止活動につながった。地球温暖化の原因防止活動の効果は、目に見えないもので短期的には感じることが難しいものではあるが、それをいかに見える活動にしていくか、そして活動を広げていくかに関して智恵を絞る必要がある。子供たちの身近に感じる環境問題に主軸を置きながら、地球温暖化の原因防止活動についても更に工夫を取り入れ、地域から全国へ発信し続けてもらいたい活動である。

> 鳥取県米子市では割り箸・廃天ぷら油の再資源化運動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

ニュージーランドが地球温暖化の原因対策として排出量取引制度の対象拡大

 ニュージーランドは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス排出量取引制度の導入対象を拡充したと発表した。これまでの温暖化ガス排出量取引制度は、2008年1月に導入した森林部門の温暖化ガス排出量だけが対象だったが、産業・エネルギー・交通部門を加え、すべての分野で二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス排出量の排出枠購入を義務付けた。一連の排出量取引制度の対象拡大の措置は、当初、今年1月からの実施を予定していたが、産業界の負担に配慮して時期を半年遅らせ、二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガ排出枠の金額も当初の計画から半減させて導入したものとなっている。2015年1月からは、ニュージーランドの主要産業である酪農を含めた農業も地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス排出量取引制度の対象に加える方針だという。ニュージーランドは、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガス排出量を1990年比で10~20%の削減目標としている。今回、購入を義務付ける温暖化ガス排出量排出枠の金額は二酸化炭素(CO2)1トン当たり12.50ニュージーランド(NZ)ドル(約750円)となっている。この取組みを実施することによって、電気代やガソリン代が消費者に上乗せされて上昇するため、一般的な家庭の負担額としては年間165NZドル(約9900円)の負担増となるという。

> ニュージーランドが地球温暖化の原因対策として排出量取引制度の対象拡大 はこちら

鳥取県にやっと地球温暖化の原因対策を担う地球温暖化防止活動推進センターが発足

 鳥取県では、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減地球温暖化の原因対策を担う地球温暖化防止活動推進センターがこれまで整備されていなかった。今般、鳥取県地球温暖化防止活動推進センターとして、鳥取環境大学と住民グループが中心になって設立したNPO法人「ECOフューチャーとっとり」(鳥取県鳥取市)が指定されされた。二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減の地球温暖化の原因対策の普及や地球温暖化の原因対策を担う人材育成を進める地球温暖化防止活動推進センターは、各都道府県と特例市以上の市がそれぞれ1団体だけ指定できる機関であり、都道府県では鳥取県が最後の指定となった。この日は、NPO法人「ECOフューチャーとっとり」の理事長の岡崎誠・鳥取環境大学副学長らが鳥取県庁を訪れ、平井伸治鳥取県知事から鳥取県地球温暖化防止活動推進センターの指定通知を受け取った。岡崎理事長は「後発にはなったが、鳥取県など行政とも連携しながら地球温暖化の原因対策に着実に取り組みを進めたい」とあいさつを行った。これに対して、平井鳥取県知事は「環境問題を主な研究テーマとしている大学が軸になったセンターは鳥取県独自の仕組みとなった。他の地域にない地球温暖化の原因対策活動を生み出してほしい」と期待を述べた。NPO法人「ECOフューチャーとっとり」の今後の活動としては、当面、地球温暖化の原因対策活動として、効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減していくため、家電製品などの使い方や電力などの消費エネルギー量をチェックする家庭のエコ診断の実施と地域で地球温暖化の原因防止活動を進める地球温暖化防止活動推進員を育成する研修会の開催を計画しているという。

> 鳥取県にやっと地球温暖化の原因対策を担う地球温暖化防止活動推進センターが発足はこちら

兵庫県篠山市の県立高校が地産地消で地球温暖化の原因防止

 兵庫県篠山市にある兵庫県立篠山産業高東雲校においてヤマノイモの研究に取り組む「しののめ山の芋チーム」が、兵庫県大気環境保全連絡協議会から温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因防止に寄与する取組みとして第11回あおぞら大賞を受賞した。兵庫県篠山市の特産のヤマノイモの栽培面積を増やすことによって、地産地消の地元消費に取り組んでいることが、地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)削減に貢献したと評価された。同賞は、大気環境保全に功績のあった兵庫県内の団体などを毎年表彰しており、今回は地産地消に取り組む同校と太陽光発電メーカーなど5団体が受賞した。篠山市内の団体の受賞は、第7回の篠山市地球温暖化防止活動推進連絡会の受賞に続いて2回目となった。兵庫県立篠山産業高東雲校の同チームは、3年生3人と2年生7人で構成し、地元篠山市内の農家の協力を得てヤマノイモの優良な種芋を生産し、地産地消となる新メニューを開発してきた。取組みの中では、化学肥料の使用を減らして地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する取組みも進め、ヤマノイモの葉を建物の壁に茂らせて日差しを遮ることによって地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する「緑のカーテン」も試験的に設置している。代表の3年井関さんは「篠山市内の地域と連携して活動した地産地消が認められてうれしい。受賞を励みに地球温暖化の原因となる温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する『緑のカーテン』と地産地消の取り組みを成功させたい」と話していた。

> 兵庫県篠山市の県立高校が地産地消で地球温暖化の原因防止はこちら

環境省が地球温暖化の原因防止に寄与する家庭用省エネ機器リース業者を支援

 環境省は家庭からの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出を減らすため、家庭用の太陽光発電装置などの省エネ機器について、リース業者を支援する方針を発表した。環境省は、政府の地球温暖化の原因防止に係る新成長戦略に位置づけられるよう働きかけるとともに、来年度の概算要求に盛り込む考えだという。環境省によると、2008年度の家庭部門からの地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量は1990年に比べ34.2%増となっており、2020年までに地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを25%削減するという政府の目標達成には、家庭部門の対策が欠かせない。しかし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出抑制に大きく寄与する太陽光発電装置や省エネ型給湯器などの機器導入は初期投資額が大きいという現状がある。そこで、地球温暖化の原因防止となる太陽光発電装置や省エネ型給湯器などの機器リースを行う業者が機器を購入する資金を国が支援し、リース料を低く抑えられれば、普及に弾みがつくと判断した。助成対象となる機器は、今後企業へのヒアリングを通じて決定するという。

> 環境省が地球温暖化の原因防止に寄与する家庭用省エネ機器リース業者を支援はこちら

岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動

岩手県盛岡市において、地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動が行われている。この活動は、盛岡市の市民団体を主体に、商店街、行政、交通事業者、交通専門家などで構成する実行委員会を組織し、減クルマをキャッチフレーズに掲げた活動に取り組んでいる。活動のねらいは、クルマ利用を抑制することによる地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出削減など盛岡市の環境改善とともに、環境にやさしいさまざまなアクセス手段を確保することでまちなかの活性化につなげることとなっている。平成18年は、内閣府の地球温暖化の原因防止のための支援を受け、地球温暖化の原因防止に寄与する減クルマをテーマにワークショップとフォーラムを開催した。その内容としては、これからの盛岡市の交通のあるべき姿を話し合い、方向性をとりまとめ、地球温暖化の原因防止の基調講演とパネルディスカッションのほか、地球温暖化の原因防止の低床バス・ベロタクシー・自転車・人力車・馬車によるパレード、各団体からのパネル展示やDVDによる活動紹介を行った。平成19年は、地球温暖化の原因防止のための国土交通省の制度を導入し、特に、自転車の利用を伸ばすことをめざしたエコ交通への転換を促すための社会実験に取り組んでいる。減クルマという取組みは、冬期間には道路が凍結するという北国において、また、日常クルマへの依存が高い地方都市にあって、自転車の利用率の高さなど、すべてが盛岡市という場所性に絡みながら、未来に向けた地球温暖化の原因防止のための持続可能なまちづくりへとつながる大きな試みとなっている。この盛岡市の団体の活動は、多様な団体の豊かな活動の結び目としてある点が特色となっている。例えば、日々の生活のなかに溶け込む地域通貨の実施、自転車によるまちづくり、定期的な馬車の運行、LRTをJR支線で走らせる提案、地域に根ざし愛される鉄道の取り組みなど、減クルマによる直接的な地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2の削減というだけでなく、地域の自然や豊かな恵みに感謝し、盛岡市の土地に住み続けるという気持ちが基本にある。盛岡しという場所に即したサスティナブルなライフスタイルを提案することで、直接、間接的に地球温暖化の原因防止対策として長期的な抑制効果をもたらすことが期待されている。

> 岩手県盛岡市で地球温暖化の原因防止のための減クルマ活動はこちら

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿

神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会(約1200世帯)では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出量を記入する「環境家計簿」を各家庭に配布し、地域ぐるみで地球温暖化の原因対策としてCO2削減への意識を高めている。環境家計簿への取組みは、3か月間、横浜市の地球温暖化の原因対策の省エネ実践モデル事業に参加し、町内会の約50世帯がモデル的に環境家計簿を付けたところ、地球温暖化の原因のCO2排出が前年同期比で平均約10%減ったことに始まった。「一人ひとりの意識改革で地球温暖化の原因のCO2は削減できる」と考えた町内会長らは、今度は戸塚区が主催する地球温暖化の原因対策事業に応募し、区から得た10万円の活動資金などを元に、全戸へ家計簿を配布し、昨年7~12月の半年間、記録してもらうことにした。独自に作った地球温暖化の原因対策の環境家計簿に記入するのは、電気、ガス、水道の毎月の使用量で、これに排出係数を掛けて温室効果ガスのCO2排出量を計算する。さらに、検針票などを基に前年同月の使用量と比較し、努力の成果を検証するものとなっている。半年分の地球温暖化の原因対策の環境家計簿は2月上旬までに約400世帯から回収され、区幹部は「地域ぐるみの取り組みであり、評価できる」と語っている。このうち、約20%の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量削減に成功した家庭もあった。テレビの電源をこまめに消し、不在の部屋の明かりに気を配った。夫婦が風呂に続けて入ることで追いだきを減らしてガス使用量も削減したという。世帯全体の削減率は現在計算中だが、昨年8月の1か月間であっても、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスのCO2排出量は、前年同月比で14.3%(1万4217キロ・グラム)減っていた。町内会では、温室効果ガスのCO2排出量削減率が高かった世帯を、電気、ガス、水道、総合の計4部門で表彰する予定だという。
病院臨床検査技師の求人募集転職看護師・准看護師の求人募集転職保健師の求人募集転職

> 神奈川県横浜市戸塚区前田町の町内会で地球温暖化の原因対策の環境家計簿はこちら

環境家計簿で地球温暖化の原因防止を

 地球温暖化の原因温室効果ガスの一つである二酸化炭素(CO2)は、家庭から排出されるCO2は長期的に見ると大幅に増加している傾向にある。目に見えない日常生活での地球温暖化の原因のCO2排出量をおおまかに把握しようと、インターネットのウェブサイト上に「地球温暖化の原因の環境家計簿」が登場している。買い物カゴの中身や、水道、ガスなどの使用量を書き込むだけで自動的に地球温暖化の原因のCO2排出量を割り出し、記録できるというものである。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用者はまだまだ少なく、サービス提供者は利用拡大を目指している。ウェブサイトで利用できる地球温暖化の原因の環境家計簿「えこ花」は、購入した食材や日用品の名称や金額、光熱費などを書き込めば自動的に大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出し、家計管理のついでに地球温暖化の原因の対策を意識できる。地球温暖化の原因の環境家計簿を開発したのは「ビジネスオンライン」(東京都中央区)である。地球温暖化の原因の環境家計簿の「えこ花」は誰でも無料で使え、千葉県や沖縄県の一部スーパーでは精算時に自分の「地球温暖化の原因の環境家計簿」へ自動的に記帳できるシステムの実証実験も行っている。全国で約900人が地球温暖化の原因の環境家計簿を利用しており、お金のやりくりが必要な子育て世代が目立つそうである。
 東京電力の地球温暖化の原因の環境家計簿である「CO2家計簿」(利用者5万4千人)や環境省の地球温暖化の原因の環境家計簿である「えこ帳」(同12万世帯)もウェブページ上に、水道やガス、電気など毎月のエネルギー使用量や料金を入力すれば大まかな地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量を割り出す環境家計簿を無料公開している。環境省によると、昨年度の国内の家庭部門の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は京都議定書の基準年(1990年度)に比べ、34.7%増えている。国別の地球温暖化の原因の温室効果ガスのCO2排出量は、世界で日本は5番目に多い状況にある。東京電力(東京都千代田区)が自社サイトの登録者約2300人を対象に、地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測できる「環境家計簿」について聞いたところ、認知度は約80%に達したが、実際に地球温暖化の原因の温室効果ガス排出量を計測している人は約16%にとどまった。地球温暖化の原因の環境家計簿の利用拡大は課題の一つとなっており、便利な機能を備えることで主婦の利用を広げようとの動きがある。地球温暖化の原因の「えこ花」は今秋、記録したリストの中から底値の価格と購入した店舗を商品ごとに表示する「底値リスト」の機能を加えた。「えこ帳」でも今後、地球温暖化の原因のポイント制度の拡充を検討している状況にあるという。
古着買取リサイクル通販情報ブランド品高価買取情報家具高価買取リサイクルショップ販売情報

> 環境家計簿で地球温暖化の原因防止をはこちら