TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素(CO2)無排出】

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献

 株式会社プロスタッフ(愛知県一宮市)は、10月に愛知県で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議」の支援実行委員会に、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない地球に優しい電動スクーター「プロッツァ EV-R55」3台を協賛して提供すると発表した。実行委員会では、2010年10月16日に、愛・地球博記念公園でCOP10関連イベント「ナチュラスロン2010 The Course of the World(COP10会議参加者と市民が公園内10kmのコースを走るジョギング大会)」を実施する。この先導車として、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しない電動スクーターが使用されることで、参加者がよりクリーンな環境でジョギングできるとともに地球環境問題を感じてもらうのが狙いである。また、ナチュラスロンのスタート地点周辺には、電動スクーターの実物を展示し、地球温暖化の原因対策を含めた環境問題に優しい次世代の乗り物への関心を深めてもらうという。ナチュラスロンの終了後、3台の電動スクーターは、開催地の愛・地球博記念公園(愛知県愛知郡長久手町)において、スタッフの移動手段として使用するという。今回導入する電動スクーター「プロッツァ EV-R55」は、100%電気の力だけで走る電動スクーターで、当然、第一種原動機付自転車として公道を走行可能であり、家庭用AC100Vコンセントから手軽にプラグイン充電することができ、600Wのインホイールモーターで後輪をダイレクトに駆動する仕組みとなっている。「プロッツァ EV-R55」は、同社が製造販売している電動スクーターの中でも、スピード性能やパワーバランスに優れたモデルであるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県一宮市で電動スクーターによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減に貢献はこちら

走行中に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を排出しないヤマハの電動バイク

 走行中に地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)や電動バイク電動アシスト自転車に最近注目が集まっている。ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が発売した電動バイク「EC-03」は、これまでヤマハが販売してきた「パッソル」や「EC-02」同様、シティコミューター的な位置づけになっているという。理由について、ヤマハ発動機執行役員の小林正典氏は述べている。「いわゆる原付バイクの1か月当たりの走行距離は、100km以下という利用者が半数以上であり、300km以下の方が80%以上に上ります。つまり、1日当たり5~15kmしか走行しない利用者が大多数になっています。そのため、1充電での走行可能距離が長くできない電動車両に適した乗り物だと思っています」と話している。これからの社会は、利用者が地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を意識しようがしないにかかわらず、目的地までの移動距離の長短による交通手段の使い分けが進むのではないかとヤマハは予想している。長距離は鉄道などの公共交通や車に任せて、短距離はバイクや自転車でまかなうというパターンだという。このうち、坂道や山道を含む短距離の移動には、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車とともに電動バイクの活躍の場があるのではないかと話している。電動バイク「EC-03」が、ヤマハパッソルや「EC-02」、電動アシスト自転車「パス」と根本的に異なる店は、車体のリチウムイオン電池を固定して取り外せないものとし、電源コードを装備したいわゆるプラグイン方式としたことだ。利用者の中には、バッテリーを取り外して室内で充電可能なこれまでの方が使いやすいと感じる人もいるかもしれない。この点に関してヤマハによると、「電動バイクのモーターの出力を1.6psから1.9psに上げて性能を向上させ、それに併せてバッテリーを25Vから50Vにしたことから、サイズが大型化しました。バッテリーは脱着式よりも固定式の方が容積が確保できるからです。これが新しい電動バイクをプラグインタイプに変更した最大の理由です。ただし、電動バイクEC-03の全長は1565mmしかなく、ほとんどのマンションのエレベーターに乗るサイズなので室内でも充電することが可能です」と話している。かつて、ヤマハのパッソルやEC-02は脱着可能なバッテリーに問題があり、2007年に一度販売を打ち切っていた。しかし、ヤマハはその後も電動バイクの研究を続け、しかも、近年、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が大きな問題となっていることもあり、この電動バイクの分野に再び注力していくことを決定し、新たに電動バイクEC-03を送り出した。

> 走行中に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)を排出しないヤマハの電動バイクはこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出しない太陽光発電飛行機が初の夜間飛行

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた、壮大な実験とも言える太陽光発電飛行機に注目が集まっている。太陽光発電飛行機は、太陽光エネルギーで飛行するもので、従来の化石燃料をまったく必要とせず、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)も排出しない飛行機である。この太陽光発電飛行機がスイスの空軍基地から、初めての夜間飛行を含む24時間のテスト飛行に離陸した。太陽光発電飛行機は、「ソーラー・インパルス」と名付けられており、この飛行機を操縦するのは、スイス空軍の元パイロットで、プロジェクトの共同創設者でもあるアンドレ・ボルシュベルク氏である。太陽光発電飛行機のソーラー・インパルスは、幅64.3メートルの翼に1万2000枚の太陽光発電の電池パネルを搭載しており、非常に軽量な炭素繊維を使った機体は、エアバスのA340型機に相当する翼幅の大きさにもかかわらず、重量は1600kgと中型自動車並みに軽く仕上げ割れている。最終的に太陽光発電飛行機は、平均時速70キロ、高度8500メートルを達成すると見込まれている。同氏らはこのモデル太陽光発電飛行機のテスト結果に基づいて、2012年には世界一周飛行を目指しているという。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出しない太陽光発電飛行機が初の夜間飛行はこちら