TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素(CO2)排出量削減】

岩手銀行と岩手県が国内オフセットクレジット制度(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出量削減

 岩手銀行(岩手県盛岡市中央通)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、岩手県有林整備に伴う国内オフセットクレジット制度(J-VER)となる二酸化炭素(CO2)排出・吸収量取引で岩手県から買い取った50トンを初めて活用し、融資者1件につき100キロの二酸化炭素(CO2)排出量削減を付与するマイカーローンキャンペーンを開始し、2011年5月末まで継続するという。車の購入・運転に伴い地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は必ず排出されるため、岩手銀行はローン利用者も間接的に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献してもらおうと、毎年この時期の国内オフセットクレジット制度(J-VER)キャンペーンで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出枠活用を盛り込むことにしたという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内オフセットクレジット制度(J-VER)の対象となるローンは、岩手銀行の変動金利型の「走快」で、融資額10万円以上500万円以内、融資期間は6か月以上7年以内となっている。岩手県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の国内オフセットクレジット制度(J-VER)として販売可能な二酸化炭素(CO2)排出量削減量は1,469トンで、このうち50トンをトン当たり1万5,750円で岩手銀行に売却したという。岩手県では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、国内オフセットクレジット制度(J-VER)の残る量も同額で販売しているという。岩手県の国内オフセットクレジット制度(J-VER)の問い合わせについては、担当課の岩手県森林保全課(019-629-5796)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岩手銀行と岩手県が国内オフセットクレジット制度(J-VER)で二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する高炉

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策に積極的に取組むJFEスチール(東京都千代田区内幸町)、新日本製鉄(東京都千代田区丸の内)、神戸製鋼所(兵庫県神戸市中央区脇浜町)などで構成する鉄鋼6社は、製鉄の際に排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減するため、広島県福山市にあるJFEスチール西日本製鉄所内に実験装置を設けた。これによって、排出された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の回収技術を2030年を目途に実用化し、その後、2050年までに国内すべての製鉄会社の高炉に設置するほか、海外への技術の売り込みも検討するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に貢献する装置は、「圧力スイング吸着法」を採用しているという。製鉄の際に発生する高炉ガスを高圧にして、特殊な吸着剤を入れた大型タンク内を通過させる際に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸着させる仕組みとなっている。その後、真空ポンプで大型タンク内を減圧することによって、吸着剤から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を分離、回収するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸着材には、微細な穴が無数に存在するゼオライトと活性炭を使用するという。この技術は、既に実用化されているところであるが、高炉等で大規模で実施するケースではコストが莫大になるため、新装置の開発によって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を効率的に回収できる温度や圧力などのデータを得るために実験を繰り返していくという。JFEスチールによると、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に係る研究開発プロジェクトから委託を受け、地球温暖化の原因防止対策のために2008年度から開発を進めている。鉄鉱石の還元に水素を使用する等の技術と組み合わせ、製鉄の際の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できると話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する高炉はこちら

静岡県で木質ペレットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 静岡県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、これまで産業廃棄物として処分されていた間伐材を利用した木質ペレットの製造工場が、静岡県小山町と浜松市天竜区で稼働すると発表があった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に加えて、森林の間伐を促し、保水力向上など森林保全にもつながる試みであるが、コスト高のデメリットなど普及していくためには課題も多く残っているという。再利用する木質ペレットは、森林整備による間伐や材木の製材過程で出る木くずを細かく粉砕し、長さ約1センチ程度で直径約6~8ミリの円筒形に固めた燃料になるものである。原料となる木材は、成長段階で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定することから、燃焼時に二酸化炭素(CO2)排出しないとみなされる温室効果ガスのカーボンオフセットになる。木質ペレットは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策になることに加えて、原油価格の値上がりリスクのある石油と比較して、安定した供給可能なことが特徴だといえる。静岡県内では、静岡県袋井市のクラウンメロン農家の一部が、現在、木質ペレット型のボイラーを使用しており、それによって削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の排出権をソニー(東京都港区港南)に売却するという実績がある。静岡県小山町にある産業廃棄物処理業「富士総業」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、静岡県小山町棚頭に木質ペレットの製造工場を建設中であり、今春の稼働を予定しているという。静岡県浜松市なども地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、静岡県浜松市天竜区に木質ペレット製造工場を建設しており、年間800~1000トンの木質ペレット生産を見込んでいるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 静岡県で木質ペレットによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

岐阜県中津川市が排熱利用等で二酸化炭素(CO2)排出量削減

 岐阜県中津川市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、岐阜県中津川市のゴミ焼却場の排熱をコンテナで運んで岐阜県中津川市民病院の空調設備の熱源等に使用するシステムを稼動させたと発表した。岐阜県中津川市は、LED(発光ダイオード)照明の導入や地中熱を活用するヒートポンプシステムなど地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策と合わせて、年間で約650トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があると話している。今回導入した熱輸送システムは、岐阜県中津川市の環境センターでごみ焼却の際に排出される低温排熱をトランスヒートコンテナに蓄熱し、それを約3km離れた岐阜県中津川市民病院に移送することによって、冷暖房や給湯の熱源に活用するというシステムになっている。この熱源用コンテナを2台利用することによって、年間620トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果がある。また、岐阜県中津川市は、同病院駐車場に設置されている街路灯の電球をLEDや無電極照明に切り替えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を15トン削減したという。また、岐阜県中津川市立国保坂下病院に地中熱ヒートポンプ設備による空調や冷温水製造を利用することによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を14トン削減できるという。この取組みは、環境省(東京都千代田区霞が関)が、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2020年までに1990年度比で25%削減することを目標に推進している「チャレンジ25地域づくり事業」の一環としてのものであり、岐阜県中津川市を含め全国で6地域が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に選定されているという。式典で大山耕二岐阜県中津川市長は「岐阜県中津川市として、システムの効果や課題を探り、全国に発信していきたい。森林づくりと合わせて全市的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策への取組にしていきたい」と挨拶した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 岐阜県中津川市が排熱利用等で二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

新潟県新潟市で木質ペレット利用による二酸化炭素(CO2)排出量削減

 新潟県新潟市秋葉区は、古くは国産の石油が産出されていた地であるが、現在は花の産地になった。園芸業者の間では、従来のビニールハウス内の暖房用燃料に替わるものとして、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の観点から、木質ペレットを利用する取組が始まっている。新潟県新潟市内でペレット燃焼器具開発会社が2008年に設立した「木質ペレット推進協議会」が統括し、新潟県新潟市の仲介で新潟県新潟市秋葉区内の園芸家5者が取組んでいる。木質ペレットの原料は、かつて石油の採掘地だった丘陵で新潟県新潟市による杉の木の間伐材と森林組合の未利用材となっている。この木質ペレットを利用する取組は、2010年に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減・吸収量を取引の対象にする、環境省(東京都千代田区霞が関)の「オフセットクレジット(J―VER)制度」に登録され、燃料木質をペレットにすることで削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は企業などに売却できるようになったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 新潟県新潟市で木質ペレット利用による二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 栃木県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、栃木県地球温暖化対策実行計画(2011~15年度)の素案をまとめ、栃木県環境審議会地球温暖化部会(部会長・赤塚朋子宇都宮大教授)に提示した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの栃木県内排出量を、2015年度に1990年度比で15%削減するという現行計画よりも大きく進んだ目標値を設定したのが特徴となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標達成に向け、栃木県の自然環境を生かした、温泉熱による加温や木材残材活用の発電の促進計画なども盛り込んだ。栃木県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標は、2010年3月に小沢鋭仁前環境大臣が示した「地球温暖化対策にかかわる中長期ロードマップ」を念頭に設定したという。2020年度までの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を、1990年度比で25%に設定した上で、現在の栃木県内の二酸化炭素(CO2)排出量を踏まえて、2015年度までの二酸化炭素(CO2)削減目標値を15%とした。栃木県内の二酸化炭素(CO2)排出量を2015年度には、1990年度比で約273万トン削減して1542万トンとする内容となっている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた栃木県の具体策では、太陽光発電装置の普及など国のロードマップで示されている施策に加え、栃木県独自の豊かな自然環境を生かす取組みを盛り込んだ。具体的には、栃木県内の豊富な温泉資源と森林資源を活用し、温泉熱を循環させて温泉を加温するシステムや製材後に残った木材残材を活用したバイオマス発電の促進などを挙げている。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の栃木県内排出量の削減目標を定めているのは、栃木県地球温暖化対策地域推進計画(2006~2010年度)で、2010年度までに1990年度比で0.5%の二酸化炭素(CO2)削減を目標としている。こうした中、2008年度の栃木県内における地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は1990年度比で1.5%下回り、目標を2年前倒しで達成している。しかし、栃木県環境森林部によると、新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を見込まなかった場合、二酸化炭素(CO2)排出量はほぼ横ばいで推移するとみられており、栃木県の新計画はかなり高い水準を設定したという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県の二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都港区の富士通はライセンス証書発行中止で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 富士通(東京都港区東新橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、これまで紙で提供していたミドルウエア製品のライセンス証書発行を段階的に終了し、インターネットを利用したWebで契約内容を確認できる方式に変更する。現在年間で約40万枚発行しているライセンス証書の発行を5年後をメドに終了することで、今後5年間で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約180トン削減することができるという。富士通では、ミドルウエア製品の販売開始から約20年間、ライセンス証書を発行してきたが、「近年の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境問題への貢献意識の高まりから、Webを通じてのライセンス契約内容の確認作業を望む企業が増えた」ため変更するという。富士通によると、Webに切り替えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献することに加えて、ライセンス証書用の紙や梱包物がいらなくなるほか、ライセンス証書の保管スペースが不要になったり、検収作業がWebの画面を見ながら行えるようになったりするメリットもあるという。富士通が今回地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として証書の発行を終えるのは、Windows及びLinuxで動作するミドルウエア製品群になるという。UNIXのミドルウエアのライセンス証書発行は、既に2010年6月から終え始めているという。こうしたUNIX向けミドルウエア製品で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての効果が確認できたことで、UNIXよりも富士通の製品数が多いWindowsとLinux向けミドルウエア製品についてもライセンス証書の発行を終了することにしたという。富士通では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をさらに進めるため、今後、パッケージソフト向け証書の廃止も検討している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区の富士通はライセンス証書発行中止で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策

 福島県環境共生課は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として、子供たちに環境問題への関心を持ってもらおうと、福島県下の4小・中学校に、水道の流水量を減らす「節水コマ」を近く取り付ける工事を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策への反応や削減効果をみて、来年度以降、福島県下の他の学校に節水コマを拡大するかどうかを検討するという。福島県が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環としての節水コマを設置するのは、福島県二本松市立安達太良小学校、福島県郡山市立大島小、福島県郡山市立湖南小学校・中学校、福島県飯舘村立飯舘中学校を予定している。この福島県下の学校の水道の使用回数が多いトイレや給食配ぜん室に節水コマを取り付ける工事は、9月中に完了する見込みだという。福島県では、2006年度から地球温暖化の原因防止対策を定めた「福島議定書」事業において、福島県下の企業や学校に地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出削減目標を定めてもらい、それを達成するよう促している。今回の節水コマの取付けは、この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福島県が節水コマで二酸化炭素(CO2)を削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

名門大洋フェリーが太陽光発電システム等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 名門大洋フェリー(大阪府大阪市西区)は、大阪南港(大阪府大阪市住之江区)と新門司港(福岡県北九州市門司区)間でフェリーを運航しているが、同社のフェリー「ふくおか2」に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システムと陸上電力受電システムをに試験的に搭載したと発表した。新型フェリーの設計・施行を行ったのは寺崎電気産業(大阪府大阪市阿倍野区)で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる船舶向けの太陽光発電システムとしては世界最大級の規模であり、陸上電力受電システムは国内で初めてのことだという。今回の船舶への地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システム及び陸上電力受電システムの試験搭載は、国土交通省による2009年度「内航運航合理化・利便性改善実証実験」として計画されたものである。フェリー「ふくおか2」に搭載された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる太陽光発電システムは、発電出力50kwで船内電気系統に直結して消費電力の一部をまかなう仕組みになっている。陸上電力受電システムは、停泊中は船内発電機を完全停止し、陸上から供給される最大650キロワット、AC6600ボルトの高圧電力を甲板に設置されたケーブルリール経由で受電して荷役作業などに使用するというもので、船内発電の電力と陸上電力とを無停電で切り替えることができる仕組みになっている。これらの設備によって、船内発電機の燃料消費量を年間約9万9000リットル、約6.8%削減できるという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を年間約290トン削減できるとしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 名門大洋フェリーが太陽光発電システム等で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

岩崎電気が新型LED道路灯で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 岩崎電気(東京都港区)は、地球温暖化原因防止対策にもつながる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型LED道路灯「LEDioc ROAD」を8月30日から発売すると発表した。岩崎電気の「LEDioc ROAD」のLED道路灯は。「連続照明用LED道路灯」と「交差点照明用LED道路灯」の2種類の配光を持っており、明るさが水銀灯400W相当の「400シリーズ」、水銀灯300W相当の「300シリーズ」、水銀灯250W相当の「250シリーズ」の計14形式を発売するという。400シリーズのLED道路灯は、これまでの同社の道路照明器具の水銀灯400W及び高圧ナトリウム灯220Wと同等の明るさを1W形LED×120個で実現することができるという。新型LED道路灯は、水銀灯400Wと比較すると地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を約66%、高圧ナトリウム灯220Wと比較すると約45%削減でき、道路照明の省エネルギー化に貢献する。新型LED道路灯の寿命も6万時間あり、メンテナンスコストを削減できるほか、メンテナンスに要していた地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができる。また、LED初期光束補正機能や深夜2分の1LED調光機能、さらにはLED点灯時の道路視環境の急激な変化を避けるマイコン制御のソフトスタート機能なども備えている。デザインもLEDらしい薄型を採用し、設置場所を選ばない汎用性の高いものとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岩崎電気が新型LED道路灯で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 愛知県安城市は、国のエコカー補助金制度が9月30日で終るのに合わせて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と産業振興対策として、10月1日から安城市独自によるエコカー購入者への補助金を交付すると発表した。国のエコカー補助金制度終了による自動車販売の落ち込みを回避し、安城市の中核産業である自動車関連業界を下支えと地球温暖化の原因対策に貢献することが目的だという。地方自治体による独自のエコカー補助金は、豊田市、岡崎市、碧南市、刈谷市、知立市などの愛知県内各市が国の補助制度に上乗せして実施しており、10月以降も安城市独自の補助を続ける。安城市の補助金額は、国の現行補助金の額と同じ普通車10万円及び軽自動車5万円としており、期間は来年3月末までを予定している。安城市では、普通車1,000台、軽自動車1,2000台の補助金申請を見込んでおり、9月1日に開会する安城市議会に、補助金約1億6,000万円を計上する補正予算案を提出するという。安城市によると、補助金の支給対象は、安城市民又は安城市内に事業所を持つ法人で、安城市内の自動車販売店からエコカーの新車を購入することが条件となる。また、安城市が補助金対象とする二酸化炭素(CO2)排出量削減するエコカーは、ガソリン又は軽油1リットル当たりの燃費が20キロ以上の普通車と軽乗用車のほか、電気自動車や天然ガス車が対象となるが、これは国が補助金対象にしているエコカーの基準より厳しいものとなっている。補助金の支給は個人が1人1台、法人は1事業所で5台までと制限がある。安城市には、豊田市のトヨタ自動車関連の部品会社などが数多くあり、こうした会社からの税収の依存度も高いことから、国の補助金終了後の自動車購入者の負担増を避け、安城市内の各社の業績を下支えするという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策

 京都府京都市は、京都市民の夜型の生活を見直し、朝型の生活への転換を進め、地球温暖化の原因対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、今年度から9月を「朝スタイル月間」と位置づけ、京都市内の官民協働で朝の時間を有効に使うための取り組みを始めると発表した。京都市では、この地球温暖化の原因対策の専用のホームページを開設し、京都市民向けの早朝講座や早朝割引を行う店舗などの情報を発信するという。京都市によると、しっかり寝て早く起き、朝食も食べる朝型の生活は、健康によく夜間の照明やテレビなどの電気使用量も少なくて済むため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を削減するなど環境問題にも貢献するという。地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」中は、京都市内の企業の協力で、通勤・通学前の時間帯に朝がゆを食べながら交流を広げる「朝ビジネス交流会」や朝日を浴びながヨガを楽しむ「オハヨガ部」など計7講座を設けるという。講座の受講料は無料~2,000円となっており、HP(http://www.leafkyoto.net/kyoasa/)を中心に受け付けるという。また、地球温暖化の原因対策の「朝スタイル月間」が終了した9月以降においても、朝の催しや早朝割引などに協力する京都市内の企業や商店を募集するという。問い合わせは京都市地球温暖化対策室(電話075・222・4555)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は朝スタイル月間で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県厚木市が緑のカーテンのゴーヤ料理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 神奈川県厚木市では、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、緑のカーテンでゴーヤを育成している。今般、厚木市役所本庁舎のテラスの緑のカーテンで育ち、収穫されたゴーヤーを素材に使った定食が厚木市役所の食堂で提供された。緑のカーテンのゴーヤ料理は、毎週金曜日に調理法を工夫して販売しているが、初回分は完売したという。厚木市は、緑のカーテンのゴーヤ料理が、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に加え、厚木市役所の食堂の売れ筋メニューになってくれればと期待している。厚木市庁舎テラスに伸びるゴーヤーは、厚木市が厚木市民と取組む地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の「厚木市緑のカーテン促進事業」の一環で、去る6月にゴーヤの16本の苗を植え付け、約2か月を経て高さ3mまでに育ち、今では20センチ程度のゴーヤが実っているという。8月6日は、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤを厚木市役所の食堂でタマネギとコーンを加えたかき揚げと他の天ぷらを盛り合わせた定食を450円で販売したが、用意した20食はたちまち売り切れたという。今度の20日には、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤをスライスして揚げて、ハンバーグに載せた定食が登場する予定だという。食堂で調理を担当する小口美羽さんは「地球温暖化の原因対策として育てたゴーヤーは夏バテ防止効果が高いうえに、調理に油を使ったことでゴーヤの苦みも抑えられた」と話している。厚木市役所への来庁者も食堂を利用できる。地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤー料理は収穫できる限り提供されるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県厚木市が緑のカーテンのゴーヤ料理で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

京都府長岡京市は打ち水で二酸化炭素(CO2)削減と冷却の地球温暖化の原因対策

 京都府長岡京市では、猛暑の中、長岡京市民が竹のひしゃくや水鉄砲で路上に水をまき、打ち水効果でまちを冷やした。これは、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の一環として行われた長岡京市の打ち水で、上水を使用するのではなく貯留した雨水などを活用して打ち水に取組む「第2回アゼリアエコクール大作戦2010」が長岡京市役所前などで行われた。エコクール大作戦は、長岡京市環境の都づくり会議と環境保全活動に取り組む長岡中央商店街振興組合が、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や水資源の有効利用を考えようと、昨年から実施している取組みである。打ち水を行う場所は、長岡京市市役所前の駐車場やアゼリア通りに加え、新しくJR長岡京駅前のバンビオ広場も会場にし、打ち水には、雨水や噴水に使用している循環水などを再利用したという。長岡京市市内の最高気温が35度を超す猛暑の中、長岡京市役所では庁舎前の雨水タンクの雨水貯留水約400Lをバケツに入れ、環境の都づくりの会議メンバーが西山の竹で作ったひしゃくや水鉄砲を用意して打ち水への準備を備えた。夕方になると、長岡京市民や長岡京市職員、商店街関係者や子供たちが会場へと集まり、一斉に打ち水を行った。打ち水を行った後には、路面付近の温度が45度から10度以上も下がるなど打ち水の効果を参加者は実感していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府長岡京市は打ち水で二酸化炭素(CO2)削減と冷却の地球温暖化の原因対策はこちら

IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 IHI(東京都江東区豊洲)と東芝(東京都港区芝浦)は、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な原子力発電所向けタービン用機器(ケーシング・ノズル等)の製造を目的とする合弁会社の設立について最終合意に至ったため、IHI・東芝パワーシステムを平成23年1月に設立すると発表した。合弁会社設立の目的として、現在、世界各国において、地球温暖化の原因防止対策となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減とエネルギーセキュリティ確保の観点から、原子力発電への期待が急速に高まっている状況にある。IHIと東芝は、沸騰水型原子力発電所の建設及び運転保守ビジネスにおいて、密接な協力関係を構築しており、また、アメリカウェスチングハウス社に出資して、加圧水型原子力発電市場への参入についても鋭意取り組んでいる。そのような状況の中、設立する新会社では、IHI横浜事業所内を拠点として、東芝が手掛けるBWRおよびPWR原子力発電所向け蒸気タービンのケーシング・ノズル等の製造を行う。IHIは、これまでの原子炉圧力容器や格納容器の製造に加えて、タービン機器製造という新たな製造領域に踏み込む。東芝では、これまで以上にタービンの生産能力を拡大することが可能となることから、原子力発電事業のサプライチェーン強化を図るという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや関連する意見である。

> IHIと東芝が原子力発電所で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府を中心に近畿圏で展開している京都中央信用金庫(京都府京都市下京区)は、今後、新設するすべての店舗を地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境配慮型にすると発表した。LED(発光ダイオード)照明や電気自動車の採用で、1店当たりの地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を1割削減し、近畿の地域金融機関の競争が激しい中、環境問題への配慮面で顧客にアピールする狙いがある。今月、京都中央信用金庫が大阪府枚方市に出した「くずは支店」を、年間で排出量の1割に当たる約3.7トンの地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できるエコ店舗としたという。来年に出店を予定している京都府庁前支店(京都府京都市)や高槻駅前支店(大阪府高槻市)も同様の地球温暖化の原因対策の店舗にするという。老朽化した既存店の建て替えにも地球温暖化の原因対策の設備を適用するという。エコ店舗は、営業車に電気自動車を採用したり、空調にガスヒートポンプエアコン(GHP)を使ったりして地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するという。さらに、LED(発光ダイオード)照明を利用した看板の設置や駐車場に配置する外灯も太陽光発電装置付きにして消費電力を大幅に抑制するという。京都中央信用金庫の本店がある京都府京都市は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する京都議定書を締結した都市として、取引先の企業などにおいても顧客の環境意識が高いという特性がある。京都中央信用金庫は環境管理の国際規格ISO14001の認証取得に加えて、収益の一部を地球温暖化の原因対策などの環境基金などに寄付する金融商品の開発・販売などの地球温暖化の原因対策型商品開発も併せて進めている。

> 京都中央信用金庫が環境配慮型店舗で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減への関心が高まっている状況の中、企業においても積極的に地球温暖化の原因防止対策を啓発しているところがある。今般、地球温暖化の原因対策など環境問題に取り組む企業による環境問題学習の出前授業が京都府亀岡市宮前町の青野小学校と本梅小学校で開催された。同校の4年生約20人が亀岡市内の印刷会社の社員から地球温暖化の原因防止対策の取り組みなどを聞き、児童は省エネルギーの大切さを学んだ。これは、ナイテック工業(京都府亀岡市大井町)の社会貢献活動の一環としての取組みであり、自社工場のある京都府亀岡市地域の小学生を対象に行っているもので、地球温暖化の原因防止対策を話す講師は、同社や親会社の日本写真印刷(京都府京都市中京区)の社員計5人が務めたという。社員らは、本社工場では照明を早く消して地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を減らしたり、27種類に分別するごみのリサイクル率は99.9%に上ることなどを紹介した。児童たちも授業の中で、空き箱のごみが何種類に分別できるかを考えたほか、地球温暖化の原因対策の仕組みなども学び「地球温暖化の原因対策と省エネルギーによる節約のためにも、家での電気やお湯の無駄遣いをやめたい」と話していた。

> 京都府亀岡市の出前授業で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

欧州連合(EU)に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の引き上げ要請

 英独仏3カ国の環境関連担当相は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に関して、フィナンシャルタイムズなど3紙に共同で寄稿した。その内容は、欧州連合(EU)が2020年までに達成すべき二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量の削減目標を30%に引き上げるよう呼び掛けたものとなっている。欧州連合(EU)の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標は、現在、1990年比20%削減を目標としている。しかし、この程度の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減目標の取組みであれば、欧州が地球温暖化の原因対策の環境技術で米国や中国、日本に後れを取る懸念を示し、地球温暖化の原因対策への投資促進には高い目標が必要であるとしている。3紙に寄稿したのはヒューンイギリスエネルギー・気候変動相、レットゲンドイツ連邦環境相、ボルローフランスエコロジー・エネルギー・持続的開発相の3人であり、掲載された新聞は、フィナンシャルタイムズのほかドイツフランクフルター・アルゲマイネ、フランスルモンドの3紙である。この中で、米国や中国、日本は、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた研究を進める中で、低炭素技術の投資を促進する魅力的な環境作りを目指しているとして、「温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減を20%の目標にこだわり続ければ欧州は競争に負ける」と指摘している。また、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の手法の一つであるEU排出権取引制度(EU-ETS)の排出権価格は、民間からの投資を促進させるには価格が低過ぎるため、二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標を引き上げれば価格も上昇し、環境技術への投資が拡大して地球温暖化の原因対策の環境関連産業の雇用も増大すると述べている。イギリスは、既に地球温暖化の原因対策として二酸化炭素(CO2)排出量削減30%の目標を支持していたが、ドイツやフランスはこれまで他の国々が二酸化炭素(CO2)排出量排出削減を拡大しない限り、目標を引き上げないとの姿勢を取ってきた。産業界が二酸化炭素(CO2)排出量排出削減には費用がかさみ、欧州企業の競争力を損なうと懸念を示していたためだが、今回の提言は方針転換を示すものとなる。欧州委員会は先に、景気低迷により地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が減ったため、二酸化炭素(CO2)排出量20%削減にかかる費用は当初予想の年に700億ユーロから480億ユーロに縮小し、二酸化炭素(CO2)排出量30%削減に必要な追加費用も当初の年330億ユーロが220億ユーロになったと説明していた。

> 欧州連合(EU)に地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の引き上げ要請はこちら

広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 広島県広島市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に資するため、広島市内の地域の街灯を省エネ効果の高いLED(発光ダイオード)へ切り替えるのに伴い、切り替えを希望する町内会を募っている。LED(発光ダイオード)の街灯の設置費用は広島市が国の地球温暖化の原因対策の基金を財源に活用するため、地元負担はまったくないが、日常の管理はこれまで通り町内会が受け持つことになるという。ただ、LED(発光ダイオード)は長寿命であることから、日常のメンテナンスも必要なく手間がかからない街灯だといえる。広島市内には現在約2千の町内会があるが、それぞれが平均約10基の街灯を管理し、電気代などを負担している。今回は地球温暖化の原因対策モデル地域用としてLED(発光ダイオード)の街灯千基分を募集する。LED(発光ダイオード)の街灯は、蛍光ランプに比べ長持ちで消費電力も極端に少ないことから電気代も非常に安くなり、結果的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながっていくという。広島市は地球温暖化の原因対策としてLED(発光ダイオード)の街灯の切り替え費用を本年度予算に7800万円を計上していおり、12月から順次切り替えていくという。申し込みは、8月16日締め切り(消印有効)で、応募用紙は広島市役所と広島市内の各区役所に置いてある。応募多数の場合は抽選となる。問い合わせ先は、広島市エネルギー・温暖化対策部企画課:電話082-504-2185まで。

> 広島県広島市は街灯のLED(発光ダイオード)化で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」を募集開始

 環境省は、「チャレンジ25キャンペーン」に取り組んでいるチャレンジャーの日本百貨店協会において、地域社会との繋がりと地球温暖化の原因防止対策等につながるエコロジーをかけあわせたテーマで地球温暖化の原因防止対策による温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減にかける思いを川柳に読み込む「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」の募集を平成22年7月20日~8月31日まで実施すると発表した。環境省のチャレンジ255キャンペーンでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた気持ちを表すこの川柳の募集に特別協力を行い、募集に合わせたチャレンジ25キャンペーンの個人チャレンジャー募集などを行っていく予定だという。日本百貨店協会による「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」募集実施概要は次のとおりである。【実施期間】募集期間:7月20日(火)~8月31日(火)発表期間:10月1日(金)~10月31日(日) 【募集お題】「美しいわがまち、エコライフ賛歌」※「地域社会の繋がり」と地球温暖化の原因防止対策等につながる「エコロジー」を掛け合わせたテーマ設定とする。【応募方法】各百貨店店頭設置の「川柳応募専用ハガキ」又は「郵便ハガキ」を使用すること。 応募方法等詳細に関しては、日本百貨店協会(TEL:03-3272-1666/FAX:03-3281-0381)(担当:西田、高橋、森、長柴)まで問い合わせのこと。

> 地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の「全国百貨店わがまちエコライフ川柳」を募集開始はこちら

ミドリムシで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ここ最近、ミドリムシ地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与するのではないかと、各方面から期待を集めているという。このミドリムシは「ムシ」と名前が付いているが、実際には、動物と植物の両方の性質を持った光合成を行う藻の仲間である。ミドリムシは栄養価も高く、含まれる栄養素は、魚、肉、野菜などに含まれているアミノ酸、ビタミン、不飽和脂肪酸など、59種類と豊富なのも大きな特徴である。さらに、植物の特徴でもある細胞の細胞壁の硬い殻がミドリムシにはないため、人体が栄養分を吸収しやすく、小麦粉や卵などとも相性がよいため、おいしく食べられるので、ミドリムシが含まれた食品が広まれば、世界的規模の食料危機対策としても貢献できるのではないかと期待されているという。さらに、ミドリムシは、例えば、火力発電所や工場から出てきた高い二酸化炭素(CO2)濃度の排気ガスの中でも増殖可能という生物としても珍しい脅威の性質を持っています。ミドリムシは、一般的な樹木の十数倍の効率で地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収できることもあり、地球温暖化対策にも大きな可能性を秘めている。さらに、ミドリムシには油脂分が豊富に含まれていることから、バイオジェット燃料の研究も始まっており、これがうまく達成できれば飛行機を飛ばすことができるといい、地球温暖化の原因対策として現在プロジェクトが進行中である。石油価格の高騰や化石燃料の枯渇の危機感、さらには地球温暖化の原因対策としても、バイオ燃料への期待は年々高まっているが、ミドリムシであれば他のバイオ燃料の原料ように、トウモロコシなどを燃料か食料かといった二つの用途で競い合ってしまい、価格が急激に上昇するといったことがない。ミドリムシは、培養スピードも速く、バイオ燃料への転換に大いに期待が持てるものとなっている。

> ミドリムシで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

神奈川県,海老名市,環境教育成果発表,環境教育推進拠点校,地球温暖化の原因対策,温室効果ガス排出量削減,二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県立海老名高校(神奈川県海老名市中新田)は、神奈川県教育委員会から「環境教育推進拠点校」の指定を受け、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた環境教育に取り組んでいる。また校内には太陽光発電設備や風力発電施設もある。同校で、1年生や保護者、海老名市地域住民ら約380人が参加して「省エネ共和国地域学習会」が開催された。そこでは、球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた環境問題についての講演と学校内で取り組んでいる地球温暖化の原因防止対策に係る省エネ共和国の活動とその成果を発表した。2005年から進めている同共和国の球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた活動では、牛乳パックやペットボトルキャップ、アルミ缶の回収に取り組み、そこから得られた収益をタイの体の不自由な子供たちへ車椅子や歩行器を寄付したり、途上国の子供へポリオワクチンを寄付しているという。こうした取り組みについて、同共和国大統領(3年生)らがパワーポイントを使いながら保護者らに説明した。また、元国連職員である、上村雄彦さん(神奈川県横浜市立大准教授)の講演「持続可能なグローバル福祉社会の実現」も1年生を対象に行われたが、生徒たちはとても関心を持って熱心に聞き入っていた。

> 神奈川県,海老名市,環境教育成果発表,環境教育推進拠点校,地球温暖化の原因対策,温室効果ガス排出量削減,二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 

 沖縄県那覇市内で地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減についての計画である沖縄県地球温暖化対策実行計画第3回検討委員会(委員長・堤純一郎琉球大学工学部教授)が那覇市内で開催された。沖縄県の対策会議には、学識経験者や国・沖縄県、那覇市、沖縄電力など12人の委員を含めて25人が出席した。同委員会は2050年までの長期目標と2020年までの中期目標について、2000年を基準に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を何%削減するかの議論が繰り広げられた。森林吸収による地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減については人工林が対象となるが、沖縄県内の森林(約6.4万ヘクタール)のうち、人工林は約1万ヘクタールしかなく、大幅な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果が期待できないことが事務局から報告された。一方、沖縄県の海に広く生息しているさんご礁の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量については、依然その積算が不明なことに対して、堤委員長は「さんご礁の地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)吸収率をきちんと算定し、二酸化炭素(CO2)排出量削減目標値の設定に盛り込めるようにすることが重要ではないか」と指摘した。

> 沖縄県地球温暖化対策実行計画で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標を議論 はこちら

沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減

 日本の一番南にある沖縄県那覇市では、豆腐づくりで地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいる。これは、沖縄在来種の大豆オーヒーグー(青ヒグ)、高アンダーを地域の人々が栽培・普及することによって、昔の繁多川豆腐を再現したものであり、昔ながらの地豆腐を、大豆づくりから再現したものとなっている。こうした取組みは、単に昔ながらの豆腐を復活させたというだけではなく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながるとともに、さらには、沖縄県那覇市の住民間のコミュニケーションの場や機会を広げ、沖縄県那覇市繁多川地域のさらなる活性化・まちづくりの一助となっているという。また、豆腐づくりによる沖縄県での地産地消を促進し、フードマイレージによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を実行中である。これは、地産地消を通して、地域づくりや世代間交流を楽しく実践するなかで、その結果、食糧輸送にかかるエネルギーを減らすことになり、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減につながる楽しい取り組みである。また、沖縄県内に地球温暖化の原因防止対策としての「フードマイレージ」という考え方を広めることにもつながっており、今後とも、地球温暖化の原因防止対策として期待される取組である。

> 沖縄県那覇市では豆腐づくりで地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減はこちら

和歌山県和歌山市が市民共同発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減

 和歌山県和歌山市にある「NPO法人紀州えこなびと」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を始めとする環境問題の解消に取り組んでいる。和歌山県和歌山市における経済活動と環境問題への配慮を両立させた地球温暖化の原因問題の解消など持続可能な社会の実現を目標とし、各種の活動を行っている。この「NPO法人紀州えこなびと」は、和歌山県和歌山市における発展・自立・共生・調和をキーワードに、和歌山県和歌山市の各世代や各界の人間が交流し、情報や経験が伝承・共有され、和歌山県和歌山市の地域の力や魅力を向上させていこうというNPO法人である。「紀州えこなびと」が実施している様々な環境問題の活動の中でも中心的役割を果たしているものが「市民共同発電事業」である。市民共同発電事業は、市民の力だけで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する自然エネルギー発電施設を設置する事業である。これまでに和歌山県の紀北地域に小型の市民共同発電所を4基設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に取り組んでいる。「NPO法人紀州えこなびと」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関しても、「みんなで考え、みんなで取り組む」をキーワードに事業を実施している。世代や職業など関係なく、市民共同発電事業は設置から発電した電力の使用まで、みんなで話し合いで決めることで、地域のニーズに合った自然エネルギー発電施設を設置してきた。自然エネルギーの市民共同発電を行っている団体は全国に多数存在し、発電量で比較するならば、紀州えこなびとのそれは小規模なものだ。彼らの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動の特徴は、若い力が手作りで模索しながら一つ一つ自然エネルギーの発電施設を設置し、その過程で人間の連携の裾野を広げていることにあるといる。発電そのものが目的というよりも、むしろ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する自然エネルギー発電施設の設置を通じてエネルギーの大切さを訴え、和歌山市民が連携して自分たちのエネルギーをつくる可能性を訴えているように思える。自然エネルギー発電施設の1号機は障害者施設に、2号機は市民団体事務局に、3号機はビオトープにと設置箇所の多様性がそれを示しているといえる。4号機は、出前で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題の学習機会を提供しようと、太陽光発電システム自動車となり、和歌山県内を走り回っている。これらNPO法人の運動を担う人材や協力者も、「自然エネルギー学校」を開催することによって自分たちで育ててきた。自然エネルギー発電施設の5号機は、いよいよ活動地域を和歌山県南部に広げ、今後の拡大が期待される小水力発電施設に挑むという。

> 和歌山県和歌山市が市民共同発電で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を削減はこちら

パナソニックが地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を33万t削減

 パナソニックは、2009年度の国内外グループ会社における生産工程で発生する地球温暖化の原因温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量が前年度比33万トン現象となる314万トンになったと発表した。2007年度から2009年度まで3年間の地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出削減量は計84万トンとなり、同社が削減目標としていた30万トンを50万トン以上上回ったことになった。電機業界で最高水準の地球温暖化の原因防止対策などの環境性能を達成した商品数も2009年度に目標の約2倍の395機種に達した。今後は生産工程に加え、省エネルギー商品の開発・販売までを含めた地球温暖化の原因の温室効果ガスである「二酸化炭素(CO2)削減貢献量」を指標として、2012年度に5000万トンを目指すという。同社の2009年度の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減量33万トンの内訳としは、31万トンが生産ラインの改善などによるエネルギー負荷の軽減分によって排出量を削減し、残りが景気後退による生産減少分だという。当初、3か年計画では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は最終年度の2009年度に368万トンとしていた。しかし、おのおのの生産現場での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取り組み事例をデータベース化し、パナソニック全工場で活用できるようにするなどして一層の削減につなげたという。2010年度からは、環境対策を取らなかった場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量と、環境問題に係る対策によって削減された二酸化炭素(CO2)排出量との差を示す「二酸化炭素(CO2)削減貢献量」を新たな指標にする。2005年度を基準に2012年度に5000万トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目標とし、2018年度に約1億2000万トンの二酸化炭素(CO2)削減を目指す。生産工程で発生する二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組み以外にも、省エネルギー商品の開発・販売、再生可能エネルギーを利用した発電事業の取り組みを拡大させていくことによっても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を進めていく。このほか、環境問題から生物多様性保全の視点を取り入れたパナソニックグループの木材グリーン調達指針を策定しており、そこでは、木材伐採によりもたらされる生態系への影響などを基準に木材を3区分し、資材調達の優先順位を決めているという。こうした木材の大半はパナホームやパナソニック電工が建材用などで調達しており、2009年度の木材調達量は約44万立方メートルとなることから、住宅最大手の積水ハウスを上回るという。木材の調達指針では、熱帯雨林など地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収する資源破壊していないという第三者からの認証が得られている木材を「区分1」として最優先して調達する。次のランクとして、違法伐採でないことが確認できる木材を「区分2」とし、合法性が確認できない木材を「区分3」と設定しており、現在、区分3の木材は全体の2%を占めているため、2012年度までにゼロにするという。

> パナソニックが地球温暖化の原因の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を33万t削減はこちら

福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができるということで、福岡県福岡市東区にある人工島の岸壁で導入が進められていた国内初の電動コンテナ用クレーンのテスト運用が行われた。国土交通省九州地方整備局などが整備していたもので、これまでのディーゼルエンジンに比べて、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減や省エネに寄与するものになるという。国土交通省九州地方整備局によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することができる新型のクレーンの整備に当たっては、福岡県福岡市東区で4月から門型のクレーン(高さ約20メートル、幅約30メートル)4基に集電装置を取り付ける改造に着手してきたという。コンテナヤード内では、新型クレーンの電力源となる給電線(長さ約310メートル)を新設する工事を併せて進めてきた。今回完成した新型のクレーン以外の残り9基のクレーンの改造と、給電線の増設は11月末までに終える予定だといいう、本件に係る総事業費は約20億円となっている。国土交通省九州地方整備局では、クレーンの動力を軽油から電気へと切り替えることで、エネルギーコストがクレーン1基当たり年間約180万円、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量は126トンそれぞれ削減できると試算している。今後、他施設での新型クレーン導入を進めていくため、今年度中に福岡県福岡市のデータを分析し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の検証結果を取りまとめることにしているという。この日のテスト運用には関係者ら約50人が出席し、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を排出しない排出エンジン音のない新型クレーンが、運搬用トラックに船からコンテナを積んだり、降ろしたりと稼動していた。

> 福岡県福岡市でエコクレーンが地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因対策に大きく寄与するバイオエタノールを食品廃棄物である生ごみから作り出す新たな技術を、新日鉄エンジニアリングが日本で初めて実用化することに成功したと発表した。こうした技術は実証可能であったが、実用化レベルにまで高めたのは初めてであり、バイオエタノール専用プラント「食品廃棄物エタノール化プラント」の販売に乗り出すという。同社は2005年度から5カ年にわたり、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受け、「食品廃棄物エタノール化リサイクルシステム実験事業」を実施し、福岡県北九州市の実証プラントで技術開発を進めてきた。併せて、地球温暖化の原因対策のエタノールを3%混ぜた「E3ガソリン」も製造し、北九州市の公用車と同社の業務用車両約20台での走行試験も実施した結果、走行に何ら支障はなく、実用化に踏み切ることになった。トウモロコシやサトウキビなどのバイオマスといった生物由来の有機資源を原料にした再生可能燃料がバイオエタノールである。ガソリンに混ぜて使われるが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に効果があるため、地球温暖化の原因防止対策と共に、石油依存脱却につながる代替燃料として期待されているのが現状である。バイオエタノールの新技術は、家庭や事業所から分別収集した1日当たり約10トンの生ごみを破砕した上で水を加え、酵素を添加して含まれているデンプンを糖化し、この糖を酵母で発酵させることで、約500リットルのエタノールを製造することができるという。さらには、エタノールだけでなく、生ごみに含まれる植物油や動物油から回収油も約700キロ製造できるため、エネルギー回収効率が高いのも特徴だという。このプラントで生ごみを処理すれば、通常のごみ処理施設で焼却する必要もなくなり、焼却灰を高温で処理することもないため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながる。国内では年間約2000万トンもの生ごみが排出されているが、つまようじなどの異物が含まれていたり、エネルギー回収が難しかったりするため、リサイクルされているのは約300万トンにすぎない。残りの約1700万トンのほとんどは焼却処理されているのが現状だという。しかし、仮に2000万トンすべての生ごみを新技術で処理したとすれば、約70万~100万キロリットルのエタノールを製造できるという。このため、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きな効果があるため、地球温暖化の原因防止対策に繋がることになる。

> 新日鉄エンジニアリングが生ごみから再生可能燃料で地球温暖化の原因対策はこちら

荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業

 グリーン物流パートナーシップ会議は、地球温暖化の原因防止対策の「グリーン物流パートナーシップ推進事業」の平成21年度2次募集分の採択案件4件を決定した。この地球温暖化の原因防止対策の事業は、荷主企業と物流事業者の協働により実施される物流の改善策で、地球温暖化の原因となる温室効果ガス二酸化炭素CO2排出量削減が確実に見込まれる事業のうち、[1]新規性がある事業(モデル事業)、[2]普及が望まれる取組み(普及事業)、[3]物流効率化事業の問題点解決に向けた調査事業(ソフト支援事業)の各優良案件に対して、補助金交付や事業委託を行っている公募事業となっている。平成21年度はこれまで、地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」を対象に案件の募集が行われており、7月31日から8月24日まで第2次の公募が行われていた。今後、NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)への補助金交付申請を行い、交付決定後、地球温暖化の原因防止対策の事業着手することとなる。なお、今年度は地球温暖化の原因防止対策の「普及事業」12件が既に推進決定されている。グリーン物流パートナーシップ会議は、荷主企業と物流事業者の協働による物流分野での地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素CO2排出削減策を強化するため、経済産業省、国土交通省、(社)日本ロジスティクスシステム協会、(社)日本物流団体連合会、(社)日本経済団体連合会らが連携して17年4月に設置した組織であり、現在約3,100の企業等が会員となっている。
パートタイマーの求人募集転職内職在宅ワークの求人募集転職介護福祉士の求人募集転職

> 荷主企業と物流事業者が協働して取組む地球温暖化の原因防止対策のCO2出削減事業はこちら