TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素(CO2)排出量削減対策】

中国電力が島根県浜田市で木質チップ燃焼による二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 中国電力(広島県広島市中区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、三隅火力発電所(島根県浜田市三隅町岡見)において、間伐財の木質チップを燃料の石炭に混合して燃焼させる実験を開始したと発表した。実験に使用する木質チップは、島根県内の山林から伐採した間伐財の木の先端や根元など使えない木材を使用している。木質チップは植物由来のバイオマス燃料であることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないとみなされ、年間で約23,000tの二酸化炭素(CO2)を削減することが可能になるという。また、未利用木材を中国電力が有償で購入することから、島根県内の林業の活性化にもつながるのではないかと期待されているという。中国電力は、これまで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、下関発電所(山口県下関市)での木質チップの混焼試験を経て、2007年から新小野田発電所(山口県山陽小野田市)で本格的に混焼を開始している。中国電力の三隅発電所の出力は、火力発電所としては国内最大級の100万kwを誇っており、中国電力の総発電量の約10%を担っているという。島根県素材流通協同組合から安定した木質チップの供給ルートができあがったため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、大規模火電所での木質チップ混焼に踏み切ったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 中国電力が島根県浜田市で木質チップ燃焼による二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 プリンター用リサイクルトナーなどを製造販売しているゼネラル(東京都台東区台東)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、滋賀事業所(滋賀県甲賀市水口町)にクリーンエネルギーの大規模な太陽光発電システムを導入し、このほど運用を始めたと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの発電容量353kwと滋賀県内の工場で最大規模といい、同事業所で消費する電力の3分の1をまかなうことが可能だという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組む滋賀県の方針を受け、事業活動の低炭素化を図るため、太陽光発電システムを初めて導入した。滋賀県甲賀市の事業所内にある滋賀物流センターとトナー製造子会社エコロテック本社工場の屋根に計1,500枚の太陽光発電システムのパネルを敷設し、その設置面積は2500平方メートルにも及んでいる。太陽光発電システムの年間発電量は31万kwh時になり、一般住宅120戸分の年間電力消費量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都台東区のゼネラルは滋賀県甲賀市において太陽光発電システムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

北海道カーボン・アクション・フォーラムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 北海道における地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「北海道カーボン・アクション・フォーラム」が、環境省北海道地方環境事務所は、北海道、経済産業省北海道経済産業局等と共に設立される。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフォーラムは、カーボンオフセットの取組を一体的に普及推進し、森林やバイオマスなどの多様な資源が豊富に存在する北海道の地勢を活用しながら、カーボンアクションを加速することによって、北海道らしい地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進することを目的としている。「北海道カーボン・アクション・フォーラム」は、平成22年11月12日に京王プラザホテル札幌(北海道札幌市)2階エミネンスホールにおいて設立大会と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に関する記念シンポジウムを開催する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策記念シンポジウムでは、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区大手町)事業開発部CSR支援室長の竹ヶ原敬介氏による基調講演「北海道における低炭素社会の実現に向けて~環境ビジネスの振興と地域活性化~」のほか、「北海道の特性を活かしたカーボン・オフセットの推進について」をテーマにパネルディスカッションを実施する。問い合わせ先は、北海道環境生活部環境局地球温暖化対策室(TEL:011-204-5189 FAX:011-232-1301E-mail:kansei.ontai@pref.hokkaido.lg.jp)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 北海道カーボン・アクション・フォーラムで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

川崎重工業、関西電力、日新電機はギガセル多機能電力貯蔵装置で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 川崎重工業(兵庫県神戸市中央区)、関西電力(大阪府大阪市北区中之島)、日新電機(京都府京都市右京区)は、日本で初めて、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献可能な、中小規模のビルや工場向けの多機能電力貯蔵装置を開発した。川崎重工業のニッケル水素充電池「ギガセル」を使用しており、既に中小ビルで普及している鉛充電池よりも半分の面積に収まり、電気料金の抑制や停電対策など複数の機能を実現し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるという。この多機能電力貯蔵装置は、2015年4月の販売開始を目指すという。現在、契約電力2千キロワット以上の大規模ビルや工場向けの多機能電力貯蔵装置としては、大容量ナトリウム硫黄電池があるが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用するには、それ以下の中小施設向けの多機能電力貯蔵装置としては大きすぎるという。川崎重工業、関西電力及び日新電機は、2010年7月、日新電機の本社敷地内に出力50kwの試験装置を設置して実証実験を開始した。多機能電力貯蔵装置は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電力使用量が少ない夜間等の時間帯に電気を溜め、多い時間帯に使う「ピークシフト」による電気料金の抑制や停電時や落雷などによる瞬間的な電圧低下時の送電確保といった基本的な性能を確認できた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、商品化する多機能電力貯蔵装置の出力は、最小50kwとしており、50kw単位で容量を増やすことができるという。多機能電力貯蔵装置の販売価格は、ナトリウム硫黄電池並みの出力1kw当たり30万円以下を検討している。ギガセルは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する技術として、川崎重工業が独自開発し、路面電車や路線バス、太陽光発電システムなど向けの電力貯蔵装置として普及を目指している。川崎重工業は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電力貯蔵装置向けも含め、用途拡大を図っていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 川崎重工業、関西電力、日新電機はギガセル多機能電力貯蔵装置で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減

 関西電力(大阪府大阪市北区中之島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、福井県の若狭地域で太陽光発電設備を設置するため、2010年11月1日から研究を開始すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に効果的な太陽光発電設備のメガソーラー発電に関して、日照条件の研究や太陽光発電パネルへの積雪や塩分付着の発電への影響のほか、福井県という日本海側の厳しい条件を踏まえ、パネルの傾斜角度やコーティングをそれぞれ3種類に分け組合せてデータを集めてメガソーラー発電に最適なものを探し出す。関西電力では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、太陽光発電システムの整備を平成24年度を目処に整備を進め、出力1千キロワットのメガソーラー発電を目指すという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルは、関電原子力研修センター(福井県大飯郡高浜町)と嶺南変電所(福井県三方郡美浜町)の2か所に設置し、平成24年3月まで研究を続ける。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネル1枚の大きさは横1.3メートル、縦約1.0メートルで2か所で計21枚を使用し、パネルの傾斜角度は25度、45度及び60度の3種類に設定する。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電研究用のパネルの積雪の滑落や塩分付着の低減効果を探るコーティングは、パネルの表面に付着した水が広がる親水性、水滴状になる撥水性、コーティングなしのほか、ガラスサンプルも使用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として効果的なものを検証する。また、太陽の動きを追尾する可動式パネルを嶺南変電所に設置した。太陽光発電のメガソーラー発電は、福井県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのエネルギー研究開発拠点化計画の取組みの一環として、関西電力の嶺南新エネルギー研究センター(福井県三方郡美浜町)が2009年11月から準備を進めていた。関西電力の太陽光発電のメガソーラー発電設備は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福井県美浜町から高浜町までの嶺南地区に設置するが、具体的な設置場所は現在のところ未定だという。 以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 関西電力は福井県でメガソーラー発電による地球温暖化の原因防止対策で二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

JTB西日本大津支店が滋賀県大津市で電動アシスト自転車ECO旅で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 滋賀県大津市において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「旅チャリ」を利用し、滋賀県大津市の琵琶湖周辺を散策する日帰り旅行「電動アシスト自転車で新たなECO旅」の販売を、JTB西日本大津支店(滋賀県大津市梅林)が開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を考える「地域資源∞全国展開プロジエクト」の一環の取組みで、滋賀県大津市の琵琶湖・大津市地域の観光資源開発に取組む大津商工会議所(大津商工会議所)と共同で企画したという。自然豊かな滋賀県大津市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる電動アシスト自転車利用を主体としたエコツーリズムと電動アシスト自転車「旅チャリ」を利用し琵琶湖・大津市の地域活性化に取組むJTB西日本大津支店との思いが一致し実現した。滋賀県大津市のJR大津駅から電動アシスト自転車で膳所城跡公園、唐橋焼窯元、石山寺と「旅チャリ」で散策し、京阪石山寺駅から京阪電車に電動アシスト自転車を積み込み京阪坂本駅まで乗車、下車後は電動アシスト自転車で日吉大社や旧竹林院を散策し、JR大津駅に戻る「秋彩の坂本・石山爽やかサイクルツアー」コースがある。また、滋賀県大津市の大津港から近江舞子港まで船で移動し、比良げんき村や比良とぴあ、ほっとすていしょん比良を電動アシスト自転車「旅チャリ」で散策する「近江の郷 自然満喫!地元の魅力再発見ECOツアー」の2コースがある。JTB西日本大津支店では、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも貢献でき、貸切列車に電動アシスト自転車ごと乗車して車内イベントを楽しんだり、貸切船で琵琶湖クルーズを楽しんだり、企画商品ならではの滋賀県大津市の観光要素を盛り込んである。気持ちのいい季節に秋の紅葉を愛でながら電動アシスト自転車で滋賀県大津市の旅を楽しんでもらえれば」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の旅の催行日は、「秋彩の坂本・石山爽やかサイクルツアー」が11月17日・20日、「近江の郷 自然満喫!地元の魅力再発見ECOツアー」が11月6日・10日となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> JTB西日本大津支店が滋賀県大津市で電動アシスト自転車ECO旅で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

兵庫県加西市の北条鉄道はバイオディーゼル燃料(BDF)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 兵庫県加西市で運行している北条鉄道と兵庫県加西市が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、使用済み廃食用油を精製したバイオディーゼル燃料(BDF)だけで走行する列車の営業運転を開始した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)100%の燃料を使用しての営業運転は、全国でも初めてのケースだという。この日は廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)列車が、北条町駅(兵庫県加西市)から粟生駅(兵庫県小野市)までの13.6キロの区間を6往復した。北条鉄道では、今後、週末を中心に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)列車を運行するという。兵庫県加西市の北条鉄道は、加西市などが出資する第三セクターが運営しているが、近年、利用者数が落ち込んできている。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)の費用は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するというものの、北条鉄道が通常利用する免税軽油より3割ほど割高になるが、兵庫県加西市の北条鉄道を「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に優しい鉄道」として観光客を取り込むことによって、利用者の増加につなげたい考えだ。兵庫県加西市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のリサイクル活動として、兵庫県加西市内の飲食店や家庭から天ぷらなどに使った廃食用油を集め、年間約10万リットルものバイオディーゼル燃料(BDF)を精製している。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)を使用すると、加速力や燃費及び二酸化炭素排出量とも軽油とほぼ同程度であるが、黒煙の量は3分の1程度に低減し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するという。廃食用油のバイオディーゼル燃料(BDF)だけで走行する列車の初めての営業運転は、兵庫県加西市の「北条鉄道まつり」の開幕に合わせてスタートし、バイオディーゼル燃料(BDF)の客車1両に、軽油で動く1両を連結させて運行した。また、この日、兵庫県加西市の北条鉄道の北条町駅でニホンザルの小猿2匹が駅長に就任し、北条鉄道社長である中川暢三兵庫県加西市長から就任の辞令交付が行われた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県加西市の北条鉄道はバイオディーゼル燃料(BDF)で二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みとして、原料の3割を石油からサトウキビに転換した新型プラスチックを、車両の内装に順次採用する。石油の消費を抑えるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する植物の使用で地球温暖化防止に貢献する狙いがあるという。トヨタ自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として使用する新型プラスチックは、バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)である。これは、現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ペットボトルの容器包装には使用されているが、量産型自動車への採用は世界で初めてのケースだという。トヨタ自動車はバイオPETを、平成23年発売予定の高級ブランド「レクサス」の小型ハイブリッド車「CT200h」のトランク部分に採用する。平成23年には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を進めるため、バイオPETなど植物由来の素材が内装の8割を占める車種も発売する。トヨタ自動車はこれまで、トウモロコシを原料にした別の素材を一部車種の内装に使っていたが、それに比べるとバイオPETは摩耗や熱への耐久性が大幅に向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも一層貢献するものになっているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市・東京都文京区のトヨタ自動車はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 愛媛県はミカンジュースの生産量が日本一であるが、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ミカンの搾りかすからガソリンの代替燃料バイオエタノールを製造する取組みを、愛媛県とポンジュースで知られる「えひめ飲料」(愛媛県松山市安城寺町)などと進めている。愛媛県によると、これは全国初の試みであり、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策委託事業として、平成20年からバイオエタノール製造の研究を開始した。えひめ飲料によると、ジュース用のミカン1個のうち約半分が搾りかすになってしまい、愛媛県内において1年間に出る量は約2万トンにもなり、これは運搬用大型トレーラー約2千台分になるが、大半は乾燥させて愛媛県内の家畜の飼料にしていた。ミカンの搾りかすを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に活用しようと、愛媛県松山市郊外で総事業費約15億円をかけ、実証実験プラントの建設し、発酵タンクや蒸留装置などを備え、ミカンの搾りかすから糖分を含む液体をさらに搾り出し、これを発酵及び蒸留してバイオエタノールを製造している。平成22年度から年間で最大500キロリットルのバイオエタノールを生成し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、えひめ飲料の社用自動車や工場用ボイラーの燃料の一部に利用していくという。これによって、えひめ飲料はガソリンや重油の消費量が削減できるため、年間最大約640トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。バイオエタノール製造で価格が高騰したトウモロコシの代用としても期待できる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛媛県松山市のえひめ飲料はミカンの搾りかすのバイオメタノール化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集

 環境省(東京都千代田区霞が関)が実施する「平成23年版環境白書表紙絵コンクール」の募集が2011年1月15日まで行われている。環境白書(環境・循環型社会・生物多様性白書)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとする地球環境問題や循環型社会の形成、生物多様性について、その状況と関係する施策を毎年環境省が公表している。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境白書の内容を象徴する絵画を環境省が公募し、その表紙などに使用することで、環境白書の一層の普及を図り、環境問題、循環型社会、生物多様性といった地球環境問題に対する国民の関心を高め、持続可能な活力ある社会を構築する行動をとってほしいという願いのもと、毎年実施されている。環境省の「環境白書表紙絵コンクール」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への機運が高まった平成11年版環境白書から実施されており、今回で13回目の募集となる。環境白書の募集部門は、小・中学生の部、一般の部(高校生以上)、今回から「アーティストの部」が新設されており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を訴えかける作品に対して、それぞれ賞状と記念品が授与される。審査は、環境教育の専門家、美術の専門家等、環境省及び事務局が選任する審査委員によって行われる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の環境省は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の環境白書表紙絵募集はこちら

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 豊田通商(愛知県名古屋市中村区名駅・東京都千代田区丸の内)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として需要の高まっている、サトウキビの植物由来原料を使用した合成樹脂や繊維素材として使われるバイオPET(ポリエチレンテレフタレート)の原料を製造する合弁会社を台湾大手化学品メーカーと設立する。全量を引き取ったうえで、最終製品のバイオPETを、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など地球環境問題への意識の高い飲料メーカーや自動車メーカー向けにアジアのPETメーカーに委託して販売するという。合弁相手は、これまで石化PETを購入していた台湾の中国人造繊維で、今後、バイオMEGと呼ばれる原料を2011年末から年間約20万トン生産する。バイオPETは、植物由来原料を使うことで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるため需要が拡大しており、2015年には100万トンに増産する計画を持っている。トウモロコシなどの植物由来原料と異なり、人や動物の食料と競合しないサトウキビから精製されるバイオエタノールをブラジル最大の石油会社のペトロブラスから調達する。植物由来原料調達から中間加工、最終製品のバイオPETの販売まで総合的に手がけるのは世界でも初めてのケースだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への対応が叫ばれている現在、地球環境問題への意識の高まりで、化石燃料である石油を原料とする従来の石化PETボトルから、地球環境問題への環境負担を軽減できるバイオPETに切り替える飲料メーカーが増えているほか、自動車製造メーカーもフロアマットなどの内装材にバイオPET製品に切り替える動きが広がっている。現在はPET全体の需要は4500万トンほどあるが、そのうち、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するバイオPETの占める割合は200万トンとわずか5%にとどまっている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への関心が高まっている中、2015年にはバイオPETの市場は300万トンにまで拡大する見込みだという。豊田通商は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に一層貢献していくため、トヨタ自動車(愛知県豊田市トヨタ町・東京都文京区後楽)とバイオPETを使ったカーシートや天井の素材などを共同開発する計画となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県名古屋市の豊田通商はバイオPETで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のまちづくりを進める栃木県宇都宮市は、JR宇都宮駅西口にある宇都宮市営駐輪場にシャワー室や故障修理、自転車のレンタサイクルなどの総合的な機能を備えた「宮サイクルステーション」(栃木県宇都宮市川向町)を開設したと発表した。オープンのイベントには自転車のプロロードレースチームの「宇都宮市ブリッツエン」の選手らも訪れ、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても、栃木県宇都宮市の自転車愛好家や観光客に利用を呼び掛けた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するレンタサイクルなどを行う栃木県宇都宮市のサイクルステーションは、地元のNPO法人宇都宮まちづくり推進機構(栃木県宇都宮市中央)が運営することになった。サイクルステーションの面積は、約55平方メートルの平屋で、レンタサイクルのほか男女別のシャワーやトイレ、修理工具などが2012年3月までは無料で利用することができるという。また、レンタサイクルとしてはロードバイクなど高速走行できるレンタル自転車も15台用意され、1日1,000円でレンタルで貸し出しすることが可能だ。平日夜などに「宇都宮市ブリッツエン」のプロロードレース選手から直接自転車の乗り方や健康作りを教わることができる講座も予定している。オープニングセレモニーに出席した佐藤栄一栃木県宇都宮市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も含めて、車と公共交通の共存のため二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車が果たす役割は大きい」と新しい栃木県宇都宮市の姿に期待を込めた。宇都宮市ブリッツエンの廣瀬佳正キャプテンは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題と人間の健康に良い自転車を使って、栃木県宇都宮市の皆さんの生活に変化が生まれればいいと思う」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県宇都宮市はサイクルステーションで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策はこちら

イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市立神戸中学校へ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イオン環境財団(千葉県千葉市美浜区中瀬)から再生可能エネルギー太陽光発電システムが寄贈された。イオン環境財団では、設立20周年記念事業として、再生可能エネルギーの有効利用を積極的に推進するため、2009年から5か年計画で全国の中学校に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを寄贈している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムを三重県鈴鹿市の地域の中心である神戸中学校に設置することで、太陽光発電システム設置の普及及び推進を図るとともに、中学生に対しては地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題を学ぶ教材の一つとして活用してもらうという。三重県鈴鹿市立神戸中学校への太陽光発電システムの設置は、三重県内では初めての寄贈となり、全国では6校目になるという。三重県鈴鹿市立神戸中学校は先月に移転改築されたばかりであるが、出力10キロワットの再生可能エネルギーの太陽光発電システムが北側敷地内に設置された。太陽光発電システムは、一般家庭2世帯が1年間に消費する電力を再生可能エネルギーで発電する能力があり、同校で消費する照明などの電力の一部として供給されるという。太陽光発電システムの贈呈式には、同校体育館で行われ、イオン環境財団の岡田理事長を始め、野呂昭彦三重県知事や向井正治三重県教育長、川岸光男鈴鹿市長、鈴鹿市教育委員会の関係者らが出席した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 広島県福山市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、地球温暖化防止や環境保全などの活動に取り組む福山市の団体などを表彰する「ふくやま環境賞」の対象団体・事業者の募集を始めた。応募対象者は、自薦・他薦は問わず、団体部門は福山市内で活動する団体、事業所部門は福山市内に所在する事業所で、福山市内において地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策や3R推進活動(ごみの発生抑制、再使用及びリサイクル)又は環境保全活動を積極的に取り組んでいることが条件になっている。募集期間は10月29日までとなっている。応募のあった団体及び事業所の中から、福山市の審査会において特に優秀と認められる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策活動を実施しているものを選定し表彰する。表彰式は平成23年2月を予定している。申し込みは、福山市役所が用意している「ふくやま環境賞申込書」に、実行している地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など必要事項を記入し、郵送又はEメールで提出する。問い合わせ・申込書提出先は、〒721-0956広島県福山市箕沖町107番地2 福山市役所環境啓発課(084-954-2619)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 広島県福山市が表彰制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 経済産業省(東京都千代田区霞が関)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策寄与する緑化対策として、平成22年度緑化優良工場等経済産業大臣表彰式を平成22年10月1日(金)に東京都港区の石垣記念ホールで開催し、周辺環境の向上に功績のあった3工場に対し表彰を行った。この表彰は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収固定する工場緑化を推進する目的で昭和57年度から実施している。第29回の受賞者は、OKIセミコンダクタ(株)(宮城県黒川郡大衡村)、(株)ロックフィールド静岡ファクトリー(静岡県磐田市下野部)、YKKAP(株)九州事業所(熊本県八代市新港町)の3工場となっている。宮城県のOKIセミコンダクタ(株)では、工場敷地約25万㎡のうち、半分の約12万㎡を緑地として良好に維持管理しており、多くの量の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を緑地が吸収固定しているため、二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策となっている。また、工場入り口側には緩衝緑地が設けてあり、周辺住宅及び農地の景観と調和して環境問題を配慮したものとなっている。敷地内にはシンボルツリーとして、宮城県の木であるケヤキの木や約200本の桜が植樹され、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になっている。桜の植樹は同社の入社式の恒例イベントとしても実施され、入社時点から社員の地球温暖化の原因防止対策の緑化への意識を高めている。また、社員による緑地管理を行っており、工場構内の除草作業や緑化整備に取り組んでいるため、管理も行き届き、美しい景観を維持している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都千代田区の経済産業省は緑化優良工場表彰で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県川崎市でNPO法人が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウム

 NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター(神奈川県川崎市幸区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と産業活性化をテーマに10月15日(金)、川崎市産業振興会館(神奈川県川崎市幸区)で「臨海コンビナート都市連携シンポジウム」を開催すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウムの開催時間帯は午後2~5時となっており、参加無料であるが、定員は150人となっている。シンポジウムは、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターの呼びかけで、今回初めて、神奈川県川崎市に加え福岡県北九州市、三重県四日市市、東京都、千葉県の各地区の自治体や企業担当者が一堂に会してパネルディスカッションが行われるという。各地区で推進する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策やまちづくりなどへの取組みを紹介し、各都市間の情報共有と今後の連携の可能性を考える。神奈川県川崎市からは、製品のライフサイクル全体(LCI)での地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を評価する川崎モデルも紹介される。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のパネルディスカッションに先駆け、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターの足立理事長による基調講演「地球温暖化防止と産業活性化の好循環に向けた工業都市への期待」が、また、終了後の午後5時からは交流会が参加費2千円で行われる。参加希望者は氏名、会社名、連絡先(電話、メール)、交流会への出欠を明記し、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターへファクス送信する(FAX044-522-5455。ホームページからの応募もできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県川崎市でNPO法人が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のシンポジウムはこちら

福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 太陽光発電システムについては、クリーンな自然エネルギーであることから、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大いに期待されている。しかし、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するとはいえ、太陽光発電システムは大規模になるほど初期投資に係る費用が大きいことから、企業の施設などに設置が進まないという状況がある。こうした太陽光発電システムに関して新たなサービスが始まっている。まず、サービス事業者がユーザー企業の施設内に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを設置するが、太陽光発電システ設備の購入・設置などの導入コストは事業者が負担するというものである。ユーザー企業は太陽光発電システによる電力の供給を受けながら、サービス料を事業者に月々支払い、設置された太陽光発電システムの発電設備は事業者が所有し運用するというものである。こうした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する「太陽光オンサイト発電サービス」を展開するのが、九州電力(福岡県福岡市中央区)の100%子会社であるキューデン・エコソル(福岡県福岡市中央区渡辺通)である。同社は今年1月、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、産業・公共部門向けに太陽光発電システムのリースサービスを開始した。一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)からの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての「新エネルギー等事業者支援対策事業」の補助金を受け、100kWの太陽光発電システムの設備を15年契約で設置した場合、1か月当たりのサービス料金は太陽光発電システムによる電力料金込みで約40万円程度になるという。太陽光発電システム100kWの設備の標準的な発電量は、年間10万kWh程度あることから、太陽光発電システム1kWh当たりのコストは約48円になる。自家消費した電力の環境価値は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてユーザー企業に帰属する。太陽光発電システムのリースは、既に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡空港国際線ターミナル(福岡県福岡市博多区)207kw、朝倉医師会病院(福岡県朝倉市来春)100kw、綾てるはドーム(宮崎県東諸県郡綾町)151kwで行われている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県福岡市で太陽光発電システムのリースによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福岡県久留米市は10月1日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、久留米市内の自治会が防犯灯を設置する際の工事等に要する費用の全額補助を始めると発表した。久留米市内の現在の防犯灯に多く使われている蛍光灯や白熱球などから、消費電力が少ないLED照明(発光ダイオード)の普及を促し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指すという。これまで久留米市による市内の防犯灯設置に対する補助金の支出は、合併前の旧市町によって補助率に格差があった。このため、久留米市では標準的な設置費用の全額相当の補助金を支出することを決め、去る6月久留米市議会で関連議案を可決していた。久留米市の補助金額は、既設の電柱にLED照明(発光ダイオード)を取り付ける場合は1基当たり3万4,000円、電柱を新設して取り付ける場合は7万3,000円を上限に補助するものとなっている。また、LED照明(発光ダイオード)では防犯灯としての光量が足りず、従来の蛍光灯や水銀灯を設置する場合も久留米市から補助金を受けることができるという。今年度の久留米市の防犯灯設置補助に係る総事業費2,850万円は国の補助金と久留米市の予算で支出する。久留米市によると、白熱球の40wを1年間使用した場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は62.4kgであるが、LED照明(発光ダイオード)8.5wに交換すると13.26kgに二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるという。久留米市道路課は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ対策のためにLED照明(発光ダイオード)を普及させ、地域の防犯活動の意識付けにしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設

 総務省は、自動車関係の税制を検討する「自動車関係税制に関する研究会」の審議結果を発表した。報告書によると、現在の地方税の自動車税と国税の自動車重量税を一本化し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に資する地方税として環境自動車税の創設を提言しているのが特徴である。総務省は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカー減税が期限切れとなる2012年度の創設を目指して調整を始めるという。「自動車関係税制に関する研究会」は、総務大臣の指示の下、2010年3月に発足したもので、座長には東京大学(東京都文京区本郷)の神野直彦名誉教授を迎え、地球温暖化の原因防止対策等に資する観点から温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に寄与する車体課税の在り方とともに、複雑な現在の自動車関係税の簡素化について検討してきた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、創設が提言された環境自動車税は、地方税にふさわしいとの結論となり、また、自動車税及び自動車重量税は一般財源であり、一本化後も引き続き一般財源とすべきだとしている。このほか、軽自動車と小型自動車の格差を合理的に説明することは困難との考えが示され、税率を上げるときには、段階的に行うことも考えられるとしたが、今後更に検討する必要があるとした。自動車取得段階に課せられている自動車取得税は、当面は維持すべきと結論付けられた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因対策になる環境自動車税を創設はこちら

兵庫県丹波市の屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 屋上緑化は、ヒートアイランド対策地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、急速に広まりつつある。兵庫県内においても屋上緑化は、約30ヘクタールと甲子園球場の23個分にも達しており、屋上緑化専門の栽培農家も現れている。例えば、兵庫県丹波市柏原町田路の農家グループ「ウエダエコファーム」(上田勝正代表)は、休耕田を活用して、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化用の植物のメキシコマンネングサを栽培している。屋上緑化用の植物栽培を始めてから6年で当初の15倍、約5千平方メートルを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として出荷しているという。上田さんは過去にビニールハウスに照明やヒーターを取り入れる仕事に携わったことがあり、その時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化というものを知ったという。退職後、田んぼも自分も遊んでいては仕方がない。チャレンジのつもりでやってみようと、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化用の植物栽培を始めたという。栽培グループを結成して、屋上緑化の会社「ブルー・ジー・プロ」(兵庫県神戸市)と契約し、温度変化や強風に強い多肉植物「メキシコマンネングサ」の栽培を始めたという。水やりの手間がいらないメキシコマンネングサは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の屋上緑化の環境に最適であり、栽培面積は当初の315平方メートルから、年々増加したという。春と秋にメキシコマンネングサの株分けし、縦横50センチのパレットを休耕田に敷き詰めると、約3か月で出荷時期を迎えるという。上田代表は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった環境問題に貢献でき、休耕田も使えるので、本当に気持ちがいい仕事です」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県丹波市の屋上緑化で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 兵庫県洲本市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策といった最新の環境問題省エネルギー対策に関心を高めてもらうため、洲本市立小中学校で、クリーンエネルギー太陽光発電システムの整備を進めている。兵庫県洲本市のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの整備には、文科省の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策である「スクールニューディール構想」のエコ改修事業に位置づけられ、事業費は約3億6000万円であるが、国から2分の1の補助金が兵庫県洲本市に入ってくる。洲本市立小学校は由良小学校を除く12校で、洲本市立中学校は中川原中学校を除く5校で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するクリーンエネルギーの太陽光発電システムが整備されている。太陽光発電システムの出力は、19.2kw、18kw、9.6kwの3種類で、一般家庭で消費される電力の3~6倍を発電することができる能力がある。洲本市立洲本第二小学校では、9月7日に全校児童が参加する太陽光発電システムの完成式が行われた。洲本市立洲本第二小学校の校舎屋上にクリーンエネルギーの出力200wの太陽光発電モジュールと呼ばれる太陽光発電発電パネルが48枚並べられており、一般家庭で消費される電力の約3倍をクリーンエネルギーとして発電し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量をその分削減することができる。同校の2階ピロティ部分には、42インチのカラーモニターを設置しており、太陽光発電システムの1日の発電量及び1か月の発電量、削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量などが一目で分かる仕組みとなっている。児童は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、日常生活の中で電気を節約するなど省エネルギーを心がけたい」と話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県洲本市は学校の太陽光発電システムで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

長野県はノーマイカー通勤で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策

 長野県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、マイカー通勤者がマイカー利用を自粛し、公共交通機関や徒歩又は自転車といった二酸化炭素(CO2)排出量を削減する環境問題に配慮したノーマイカー通勤手段へ転換してもらうきっかけとして、6月7~13日まで実施した2010年度第1回「長野県下一斉ノーマイカー通勤ウィーク」の実施状況をとりまとめて発表した。長野県における参加事業所数は、228事業所(長野県下小中学校及び長野県はそれぞれ1として計上)となり、参加人数は1万7428人、延べ参加人数は4万3461人に上った。マイカー通勤から転換した延べ距離数は37万532kmと地球約9.3周分にもなり、削減した燃料使用量は3万8199Lとなった。削減した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は88.6t-CO2となり、約6420世帯が1日に排出する二酸化炭素(CO2)排出量に相当する。マイカー通勤から切り替えた通勤手段は、車の相乗り(27.2%)、自転車(22.7%)、徒歩(19.9%)となっており、電車及びバスの公共交通機関に切り替えた参加者は計約20%だった。長野県では、実施結果が好結果で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にも寄与したことから、今年度に第2回目を9月6~12日まで実施する予定だという。問い合わせは、長野県環境部環境政策課TEL:026-235-7022まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県はノーマイカー通勤で二酸化炭素(CO2)削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東京都地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的の一つとして実施している補助金交付事業である「提案公募型産業交流促進事業」に、特定非営利活動法人外断熱推進会議(東京都港区:竹川忠芳理事長)が申請していた「建物の耐震化+断熱化による安心、省CO2と産業創出」のビジネスモデルが選定されたと発表した。この補助金交付事業は、東京都の既存ストックの耐震化並びに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進すると同時に、中小企業の雇用創出も目的とした東京都の独自事業である。東京都内に事業所を持つ中小企業や都内で事業を行っているすべての企業が参加できる「東京都外断熱ネットワーク」を結成し、これを中心に建物の耐震化、外断熱改修の新しいビジネスを創出していくことを目指している。 東京都内にある建物の外断熱改修によって耐震化が強化されるとともに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策及び省エネ化を推進していくビジネスモデルが東京都に評価されて補助金が交付されることになった。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都で外断熱による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

青森県は木質バイオマスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 青森県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、道路舗装用のアスファルト混合物を製造するプラントなどと連携し、街路樹の剪定枝を燃料として活用する研究に取りかかると発表した。調査に当たる青森県と民間企業の地球温暖化の原因防止対策の「グリーンアスファルトシステム研究会」を9月中にも設置し、ごみとして燃やされている剪定枝をリサイクルによって有効活用し、プラントの重油消費量を減らして地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)の排出削減を目指すという。青森県によると、青森県が管理する県道の街路樹の剪定で不要となった枝や撤去された雑木は産業廃棄物として焼却処分され、エネルギー源にもなる大量の木質バイオマスが未利用となっている。一方で、アスファルト混合物製造の現場では、アスファルトに混ぜる岩石や砂利を乾燥させるため、約160度の温度になるまで加熱する際には、重油を使用するため、建設業界では大きな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出源となっている。地球温暖化の原因防止対策の研究会は青森県やプラントの関係者、建設業者で構成され、剪定枝の回収量見込みやボイラーの改修の必要性などを検証し、新しいビジネスモデルづくりに取り組むという。青森県監理課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となり、環境に優しいアスファルト混合物が造れるように、しっかり検証したい」と話している。青森県は青森県内のプラントと建設業者に研究会への参加を呼び掛けている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 青森県は木質バイオマスで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減

 環境省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制や再資源化などの資源循環活動を行う消費者に対して、商品やサービスの割引や特典に交換できる「エコポイント」を与えることを検討している。環境省は、資源循環活動によるエコポイントの導入手順などを示したガイドラインを来年2月にも策定するという。今回のエコポイントの指針は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、廃棄物の抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再資源化(リサイクル)の「3R運動」への消費者の参加意欲を高めることを狙いとしている。環境省は、地球温暖化の原因防止対策の「3Rエコポイント」制度の創設に向けて、企業や自治体などが制度を導入しやすいよう指針を作成するため、有識者による検討会が指針の議論を本格化させた。3Rエコポイント制度は、特定の3R活動を行う消費者に対して、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策の活動内容に応じたポイントを付与し、そのポイントを商品割引券交換など幾種類もの還元メニューを用意して利用できるようにすることを検討しているという。3Rエコポイント制度の指針は、制度の概要や二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与することなどの導入意義などを明確にし、導入の手順を「準備」、「計画」、「実施」、「評価」という区分を行う。検討会では、3R活動に伴って削減された地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量排出量などを測定する手法や、3Rの地球環境への負荷低減効果に応じてエコポイントを付与する方策も議論する予定で、ポイントの原資を負担する企業などにコスト削減効果を示すことも検討している。指針策定に向けて環境省は、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因防止対策に寄与する3Rと企業活動の両立で知恵を絞る先進企業の事例も参考にするという。青山商事(広島県福山市)は紳士服専門店「洋服の青山」を運営しているが、1998年から、着なくなったウール製品を各店舗で引き取り、産業用資材として有効活用しており、持ち込んだ消費者には、1着につき1枚の商品割引券を渡しているという。オンワード樫山(東京都中央区日本橋)は昨年5月から、百貨店特設会場でリサイクルとして引き取り、衣料1点につき1,050円相当のオンワードグリーンチケットを渡している。回収した衣料は、原料化してリサイクル糸に再生しており、毛布や軍手を作って環境団体や難民キャンプに寄贈している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 環境省が資源循環活動で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量を削減はこちら

東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 東京都江東区地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として電気自動車(EV)の普及を促進するため、東京都江東区内でマンションを新築する際には、駐車場へ電気自動車(EV)の充電設備を設置するように、マンション開発業者などに行政指導すると発表した。こうした東京都江東区の取組みに対して、経済産業省は「マンション新築時に、地方自治体が電気自動車(EV)の充電設備の整備を行政指導する例は聞いたことがない」と話している。自動車業界を取り巻く環境として、電気自動車(EV)の販売は今年から本格化しているが、現在販売されている電気自動車(EV)は1回あたりの充電で走行可能な距離がかなり短いため、電気自動車(EV)が普及していくためには、身近に充電設備があるかどうかにかかっているともいえる。東京都江東区では、豊洲地区など東京湾岸エリアに高層マンションの建設が相次いでいる状況にある。このような新築されるマンションの屋内外の駐車場に電気自動車(EV)の充電設備を確保することで、新しく入居する者に対して電気自動車(EV)の普及を促し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげたい考えだ。江東区では、新築マンション建設時の住環境整備などを規定した江東区マンション条例の要綱を改正し、新築計画の相談を受けた際には、電気自動車(EV)の専用コードを差し込む充電設備の整備を行うよう行政指導するという。現在、自動車販売会社が2020年の新車販売の電気自動車(EV)の占める割合を5~10%と見込んでいることも参考にして、江東区では駐車場の収容台数の1割程度の電気自動車(EV)充電設備の設置を求めていくという。江東区温暖化対策課によると「新築マンションの駐車場の完成後に電気自動車(EV)充電設備を取り付けた場合、新築時に整備を行うよりも費用も時間も要する点を訴え、行政指導への理解を図りたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都江東区は電気自動車(EV)充電設備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減

 兵庫県西宮市では、「緑のカーテン」が夏の暑い日差しを遮り、植物の蒸散作用で気温が抑えられることから、西宮市が2007年から地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策の一環として実施してきている。今年も、西宮市役所本庁舎東側の正面玄関の横に、朝顔やゴーヤの植物による「緑のカーテン」が完成し、西宮市役所を訪れた市民に対して清涼感を与えているという。8月2日には、地球温暖化の原因対策の緑のカーテンの合間に、第92回全国高校野球選手権大会に兵庫県代表として出場する報徳学園(兵庫県西宮市上大市5)を激励する立て看板も設置された。西宮市内で活動する「西宮市花と緑グループ」によると、4月の下旬に約40メートルにわたりプランター50個を並べて、そこにゴーヤ、朝顔、フウセンカズラを植えたという。毎日水遣りをして世話を続けた結果、網に絡み付きながら順調に生育し、7月中旬頃にはツルの高さが約6メートルほどにも達して色鮮やかな緑のカーテンとなり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策としての効果が期待されている。地球温暖化の原因対策としての効果を調べたところ、平均で緑のカーテンの外側の温度は約43度であったが、緑のカーテンの内側の温度は約33度で10度ほどの差があったという。西宮市では、緑のカーテンのような地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)の排出量の削減対策を今後とも続けていきたいと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 兵庫県西宮市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)の排出削減はこちら

気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催

 気象庁は、地球温暖化の原因防止対策に関する最新の取組を紹介するとともに、地球温暖化の原因防止対策について一層の理解を得てもらうことを目的として、下記の通り気象講演会を開催すると発表した。講演会のテーマは「温暖化する地球~最新の研究成果と私たちにできること~」と題して、天気や気温の変化などの身近な話題から地球温暖化の原因に対して私たちに何ができるかを考えるとともに、我が国における世界最先端の地球温暖化予測研究や、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の現状、対策技術の将来展望について専門家による講演を行う。
1.日 時 平成22年7月1日(木)受付開場17:30 開演18:00 終演予定20:10
2.場 所 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
3.入場料 無料
4.定 員 500人(事前予約制)
5.主 催 国土交通省気象庁
6.後 援 経済産業省、環境省、NPO法人気象キャスターネットワーク
7.内 容
講演1: 「地球温暖化の科学」
講師 : 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
講演2: 「天気を通して、地球のことを考えよう」
講師 : 山本 志織 気象キャスター
講演3: 「温室効果ガス削減対策の現状と将来」
講師 : 西尾 匡弘 独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー社会システムグループ長
講演要旨
【講演1】
演 題: 「地球温暖化の科学」(30分)
講 師: 鬼頭 昭雄 気象庁 気象研究所 気候研究部長
概 要: 地球温暖化の進行に伴ってどのような気候変化が生じるかを評価するには、気候を構成する大気・海洋・陸面・海氷・生物圏などの各システムの変動およびそれらの相互作用の物理法則を記述した気候モデルの利用が不可欠である。我が国では、世界に例を見ない高い空間解像度の気候モデルを用いて、熱帯低気圧や大雨等の極端現象に焦点を当てた地球温暖化予測研究が実施されている。本講演では世界最先端の地球温暖化予測研究について紹介する。
【講演2】
演 題: 「天気を通して、地球のことを考えよう」(40分)
講 師: 山本 志織 気象キャスター
概 要: 寒波到来とともに始まった今年である。春は、咲いた桜が戸惑ってしまうような寒暖の差であった。年々、天気や気温の変化が極端になっていることを感じている。地球が悲鳴をあげる前に、今起きている現象に目を向け、地球温暖化の原因を食い止めるためにできることを考えていかなければなりません。災害を未然に防ぐために知っておきたいこと、天気予報を上手に利用するヒントなども話す。
【講演3】
演 題: 「地球温暖化の原因の温室効果ガス削減対策の現状と将来」(40分)
講 師: 西尾 匡弘  (独)産業技術総合研究所エネルギー社会システムグループ長
概 要: 人類の活動に伴う温室効果ガスの大気中への大量排出が地球温暖化の原因に代表される気候変動の主要因として指摘され、近年、温室効果ガスの削減が喫緊の地球温暖化の原因防止対策の問題と認識されるようになった。本講演では、人類の化石資源消費に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスの排出の状況と今後の見通しを紹介し、今後実施しなければならない温室効果ガス排出削減の方向性と対策の現状及び課題を示し、地球温暖化の原因防止対策技術の将来展望についても紹介する。

> 気象庁が地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の講演会を開催はこちら

神奈川県横浜市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の太陽光発電システム補助金

 神奈川県横浜市地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として進めている「横浜市住宅用太陽光発電システム設置費補助金事業」への補助金の申し込みが急増している。横浜市への太陽光発電システム補助金の今年度の申し込みが募集枠2000件に対し、6月末の時点で975件と1000件に迫る勢いとなっている。横浜市の昨年同時期比で見ると約550件増になっている。横浜市の太陽光発電システム設置費補助金の担当者は「このペースが続くと、9月末には補助金の受付を締め切る可能性もあるのではないか」と横浜市民の関心の高さに驚いている。太陽光発電システムは、住宅の屋上や屋根などに太陽電池パネルを設置して光エネルギーを直接電気に変換するシステムのことである。太陽光発電システムは、地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を発電時に排出することがないことから、地球に優しいエコロジー発電として近年注目されている。横浜市は、地球温暖化の原因防止対策の一環として今年度も、住宅用太陽光発電システムの普及を促進するために補助金を交付しているが、横浜市は神奈川県との一体助成となり、1kWあたり4万円(横浜市2万円、神奈川県2万円)で、上限は15万円(横浜市8万円、神奈川県7万円)となっている。この横浜市の住宅用太陽光発電システム補助金は、前年度と比べて1kWあたりの金額も上限の金額も減少しているが、申請件数は増加している状況にある。この背景には昨年11月に始まった余剰電力の電力会社の買い取り額の増額が理由に挙げられる。電力会社の買い取り額が、これまでの約24円/kWhから倍の48円/kWhとなり、住宅用太陽光発電システムの需要を加速させたようだという。また、横浜市では平成15年度から住宅用太陽光発電システムの補助金制度を開始するなど、比較的早くから住宅用太陽光発電システムの補助金事業に取り組んでいた。最近では、横浜市民に周知を図ろうと、地球温暖化の原因防止対策などのイベント等の広報活動を強化しており、その成果が横浜市民に浸透してきているのではないかと横浜市の担当者は話している。一方、横浜市に隣接する川崎市と比較してみても、6月末の時点で川崎市の住宅用太陽光発電システムの募集枠600件に対して申請は231件であるが、横浜市は募集枠2000件に対して975件と多く、横浜市民の住宅用太陽光発電システムへの関心の高さがうかがえる。横浜市の住宅用太陽光発電システム補助金の受付状況は、横浜市地球温暖化対策事業本部のホームページで随時公表しているが、補助金募集枠の締め切り間近になると1日100件、200件の駆け込み申請が予想されることから、横浜市では早めに申請してほしいと話している。なお、来年度以降は、住宅用太陽光発電システムの補助金の金額や件数の増減、あるいは住宅用太陽光発電システムの補助金制度自体の有無も含めて未定だという。

> 神奈川県横浜市の地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減の太陽光発電システム補助金はこちら

都市再開発で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 環境省は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の取組みの一環として、全国各地の都市部で実施されている都市再開発の機会を捉えて効果的な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るため、「平成22年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業」を平成22年8月5日まで募集すると発表した。これは、積極的な地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減とともに二酸化炭素(CO2)排出量効果の評価や地球温暖化の原因対策に係る情報発信を行うなどの先進的な地球温暖化の原因対策に取り組む都市再開発事業者に対して支援を行い、都市再開発におけるソフト面でのモデル的な取組を推進するものである。環境省の公募の対象となるモデル事業は、都市再開発事業について、民間事業者等が実施する取組のうち、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る調査・予測・評価及び環境保全措置についての検討並びにこれらの地球温暖化の原因対策の取組を住民に周知するための措置を講じるモデル的な取組が補助の対象となる。本事業の採択要件は以下のとおりとなっている。(1)取組の対象となる都市再開発事業が、建物単体の対策に加えて、敷地全体を利用した面的な対策等により積極的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を図るものであること。なお、この場合の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策には、バイオエネルギー等の再生可能エネルギーの導入及び太陽光発電等の省エネ設備の導入等の直接的な削減につながる対策のほか、緑化等によるヒートアイランド対策及びリサイクルの推進等の間接的な対策並びにグリーン電力及びクレジットの導入等のミティゲーションを含むものとする。(2)(1)に該当する都市再開発事業を対象に、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る調査・予測・評価その他の二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る検討、取組等を行うとともに、これらについての住民への周知、一般からの意見の募集等により、情報の公開及び関係者の関与を活用して、より効果的に地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に係る環境配慮等を行おうとする事業であること。その際、事業内容を決定する過程において、事業に関係する主体(地方公共団体、地域住民等)が参加する検討会等を開催することにより、情報の公開及び関係者の関与を担保すること。ただし、当該二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と関係のない事務に係る経費は本委託事業の対象外とする。

> 都市再開発で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら