TOPページ > 検索結果

検索結果 【二酸化炭素(CO2)排出削減】

兵庫県はレジ袋削減で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 兵庫県内のスーパーやコンビニの小売業者や行政の兵庫県などで構成する「ひょうごレジ袋削減推進会議」は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している、2009年度に参加30社1957店が使用したレジ袋は約6億6千万枚となり、2006年度と比較して約1億8千万枚のレジ袋を削減したと発表した。これは2008年度のレジ袋削減実績約9千万枚の2倍に達しており、兵庫県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた、レジ袋有料化やコンビニでの声掛けが寄与した」と話している。兵庫県の同会議は2008年、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、原油使用量削減のためレジ袋削減推進に向けた活動指針を策定し、2010年度に2006年度の8億4641万枚から2億3000万枚の25%の削減を目標に定めていた。2007年度から毎年、参加各社からの申告に基づきレジ袋削減枚数を集計している。ひょうごレジ袋削減推進会議事務局の兵庫県環境整備課によると、2009年度の2006年度比レジ袋削減は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量に換算すると約1万1300トンになり、原油ドラム缶では約1万7千本分に相当するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取組んだ結果、兵庫県内のレジ袋削減枚数の内訳は、スーパーなどの312店が58%を占め、コンビニ1511店で28%、有料化を導入しているコープこうべ146店は11%であった。2010年度目標に対するレジ袋削減達成率が8割に達し、兵庫県は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、コンビニでも清算時にレジ袋の有無を聞くことが一般的になり、レジ袋削減が確実に進んでいる」と話している。ひょうごレジ袋削減推進会議は、兵庫県内の各市町に対し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地元の消費者団体や小売業者とレジ袋有料化など削減策について協定を結ぶよう促しており、今年3月現在、神戸市、姫路市、尼崎市など14市町が協定を締結し、11市町が締結を検討しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 兵庫県はレジ袋削減で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

山梨県都留市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 山梨県都留市が主体となった「第1回全国小水力発電サミットin都留」が都留文科大学(山梨県都留市田原3-8-1)で行われ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する小水力発電の推進を誓うサミット宣言を発表した。小水力発電サミットには、山梨県内外から約250人が参加しており、「自治体の課題と小水力発電挑戦」、「小水力発電甲子園」など四つの分科会が開催されて議論を深めた。閉会式では、「農山村の活性化と地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する小水力発電を一層推進する」などとするサミット宣言を発表した。小水力発電サミット大会には鳩山由紀夫前首相が出席した。国連総会で打ち出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年比で25%削減を達成するためには、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対する国民一人一人の意識改革が重要だ」と強調し、「山梨県都留市役所前の水力発電施設の『元気くん』は環境問題を身近に考えるきっかけになっている」と山梨県都留市の小水力発電の取組みを励ました。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する小水力発電の普及には、国に対しての手続きの煩雑さなどの課題があることを挙げ、「政治家として、小水力発電を推進できる法整備をやっていきたい」と述べた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山梨県都留市は小水力発電で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福井県は嶺南地域で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル地域

 福井県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、地球温暖化ガスを極力排出しない「低炭素社会」のモデル地域づくりに取り掛かった。有力候補地には敦賀市小浜市、美浜町、高浜町、おおい町、若狭町など福井県南部の若狭湾沿岸の「嶺南」が挙がっており、暮らしの中への省エネ関連技術の導入を集中的に進め、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策がなされた低炭素社における「全国のトップランナーになる」との壮大な目標を掲げている。福井県は、今月中にも具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に係る施策を検討する検討会を発足させ、2012年度には事業を始めたい考えだという。きっかけは、2010年6月に福井県福井市内で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)エネルギー大臣会合において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる低炭素社会の実現を目指す「福井宣言」が採択されたのを受け、福井県ではこれを率先して実践していくことにしたという。原子力発電所は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になることから、福井県において、廃止措置中の「ふげん」を含む15基の原子力発電所が集中している嶺南地域は、既に日本一のクリーンエネルギー供給地ともいえる。福井県は、原子力発電所に低炭素社会の要素を加え、全国に誇るシンボリックな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も存在にしたい考えだという。福井県が実際に行う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル地域は、嶺南の中でさらに場所を絞り込むという。福井県では、まだ構想段階だが、嶺南の一定のエリア内で、太陽光発電や電気自動車(EV)の導入促進、街灯の発光ダイオード(LED)照明化、きめ細かい電力消費量を把握できる次世代型のスマートグリッドや家庭電力計(スマートメーター)の普及などを実施する考えだという。福井県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の検討会は、電力や自動車の産業界、大学などの代表者と共に設け、実施の可能性がある事業を調査してまとめる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福井県は嶺南地域で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のモデル地域はこちら

京都府京都市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオマス活用推進計画

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオマスの活用を検討する京都府京都市バイオマス活用推進会議の初会合が、京都府京都市中京区にある京都府京都市消防局本部庁舎(京都府京都市中京区押小路通河原町)であり、本年度中の推進計画策定に向けての協議が始まった。バイオマスは、森林整備の間伐材や生ごみなどの生物由来資源で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の発生を抑え、地球温暖化防止に役立つとされている。2009年9月に施行されたバイオマス活用推進基本法の規定によりで、バイオマス活用推進計画の策定が都道府県・市町村に義務付けられており、京都府京都市も有識者ら17人によってバイオマス活用計画策定のための推進会議を立ち上げた。京都府京都市のバイオマス活用推進計画は、来年度から2020年度までの10年間を計画期間とし、京都府京都市内のバイオマスの利用量や推進方法、利用分野の拡大など、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する目標を盛り込む予定になっているという。京都府京都市内に存在する生物由来資源のバイオマスの量や利用量などの現状や京都府京都市が目指す将来像を定めた「京都府京都市タウン構想」も策定する。初会合では、座長に池上詢京都大学(京都府京都市左京区吉田本町)名誉教授を選任し、京都府京都市がバイオマスの活用拡大に関する課題などを説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市は地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のバイオマス活用推進計画はこちら

オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組み、環境問題に配慮した自動車関連サービスを推進する一環として、10月1日から沖縄県本島で、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車レンタル「eチャリ」を始めている。オリックス自動車では、昨今の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への意識の高まりや健康志向による自転車の積極活用が見込まれることから、カーシェアリング及びレンタカーを始めとするオリックス自動車のサービスの一つとして、首都圏及び近畿圏を中心に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車のレンタル「eチャリ」事業を開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、沖縄県本島にあるオリックスのレンタカー店舗6店に電動アシスト自転車を20台導入し、レンタルを開始した。導入する自転車は、パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市片山町)の電動アシスト自転車「リチウムビビ・ラッテ」である。この沖縄県の6店舗間では乗り捨てが可能なワンウェイ利用ができるという。オリックス自動車では、今回の沖縄県本島への電動アシスト自転車レンタルの導入に当たり、10月14日からレンタルサービス開始記念キャンペーンを実施するという。電動アシスト自転車レンタル料金を特別料金で実施する、電動アシスト自転車専用のパーソナルナビゲーションシステムのレンタル料金を一律50%割引の250円で行うほか、レンタカードライブマップなどをプレゼントする。オリックス自動車は、これまで沖縄県内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に配慮した取組みとして、2月から沖縄県西表島で三菱自動車工業の電気自動車(EV)「i-MiEV」6台を導入してオリックス自動車初となる電気自動車(EV)のレンタカーを始めたほか、西表島において7月から電動アシスト自転車レンタルの「eチャリ」も行っている。オリックス自動車では、今後とも自社の事業活動における環境問題対策を推進するとともに、環境負荷低減に対する活動を関連サービス事業を通じてサポートしながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとした環境問題に取り組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

京都府京都市でオフセットクレジット制度(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 物流業者のカシックス(京都府京都市伏見区)は、環境省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策であるオフセットクレジット制度(J-VER)に基づく補助金事業の採択を受けたと発表した。京都府京都市内の営業車に100%のバイオディーゼル燃料を使う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の取組みが評価を受けた。来年にも二酸化炭素(CO2)排出権(クレジット)の獲得を目指すという。オフセットクレジット制度(J-VER)の認証を受ければ、自主的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減の取組みによって発生した二酸化炭素(CO2)削減量を二酸化炭素(CO2)排出権として利用できる。環境省はオフセットクレジット制度(J-VER)の普及に向け、二酸化炭素(CO2)削減量の検証費用などを補助する事業者を公募していた。同社は、2008年から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてカーボンオフセット車両の導入を始めており、天然ガス自動車を16台に増やしたほか、2010年8月からは石油販売業の油藤商事(滋賀県豊郷町)の協力を受け、バイオディーゼル燃料を導入した。京都府京都市内の営業先では地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料の原料となる廃食用油の回収も手行っている。同社では、現在、バイオディーゼル燃料の営業車は4台あり、実証実験では軽油よりもやや燃費は落ちるが、1か月間で1台当たりの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が約4トンも減少した。環境省の補助金事業を活用して、これらの取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減分の二酸化炭素(CO2)排出権算出を第三者機関に依頼し、二酸化炭素(CO2)排出権は相対取引で大手企業への売却を目指すという。カシックスは「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減分の二酸化炭素(CO2)削減の努力を単なる環境問題へのボランティアではなく、経済的なメリットがある取組みにしたかった。さらに、取組みを広げて環境問題面で貢献したい」と話している。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、京都府京都市内の会社敷地内にバイオディーゼル燃料の保管施設を整備することも検討している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市でオフセットクレジット制度(J-VER)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する新たな地球温暖化の原因防止対策

 神奈川県から地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減対策の取組みを推進しようと、神奈川県は二酸化炭素(CO2)排出削減の先進的な取組みや新たな技術を開発した神奈川県内の企業や団体、個人などを表彰する「神奈川県地球温暖化対策大賞」を創設し、「実績部門」及び「技術開発部門」への応募を受け付けている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実績部門は、省エネ設備の導入や優れた二酸化炭素(CO2)排出削減効果のある建築物の新築や増改築、複数事業者の連携による二酸化炭素(CO2)削減などにより顕著な実績をあげた取組みなどが表彰対象となる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の技術開発部門は、地球温暖化対策技術や製品の新たな開発、地球温暖化対策サービスの提供などが対象となるという。神奈川県地球温暖化対策大賞への応募資格は、いずれも神奈川県内に事業所がある企業、団体、法人と、神奈川県内在住、在勤の個人となっている。具体的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組内容を説明した応募書類を神奈川県庁(神奈川県横浜市中区日本大通1)に郵送又は持参する必要がある。有識者などで作る神奈川県の委員会での審査を経て、松沢神奈川県知事が受賞者を決定して表彰する。問い合わせは、神奈川県地球温暖化対策課(電話045-210-4076)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県の二酸化炭素(CO2)排出量を削減する新たな地球温暖化の原因防止対策はこちら

山口県が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の認証制度

 山口県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献した企業や団体を認証する制度を設けると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の吸収、排出削減、固定のいずれかにつながる取組みによる効果を数値化し、山口県がお墨付きを与えるというもので、早ければ10月にもスタートさせるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に対する認証は、(1)植栽、下刈り、間伐など森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量、(2)ボイラーやストーブの化石燃料を木質ペレットなどの森林バイオマス燃料に転換することによる二酸化炭素(CO2)排出削減量、(3)公共施設や民間住宅などへの山口県産木材使用による二酸化炭素(CO2)固定量の3種類が対象になるという。例えば、山口県内の森林整備の間伐は10年分の二酸化炭素(CO2)吸収量、植栽は5年分の二酸化炭素(CO2)吸収量、バイオマス燃料は1年間の二酸化炭素(CO2)排出削減量を示した認証書を山口県が交付する。山口県の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減等の認証書は、企業の環境問題へのスタンスなど企業イメージのPRなどに活用してもらうという。山口県森林企画課によると同様の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減等の認証制度は、国内の27道府県で既に導入されているが、二酸化炭素(CO2)吸収、二酸化炭素(CO2)排出削減、二酸化炭素(CO2)固定のすべてを認証対象とするのは初めてのことだという。山口県は算定を担当する職員の研修を終えた後、山口県内の企業や団体に申請を呼び掛ける方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 山口県が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の認証制度はこちら

国際興業が白色屋根バスで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策

 バス運行事業者を始め幅広い業種に取り組んでいる国際興業(東京都中央区八重洲)は、年度内に導入する同社のバス車両から、屋根の色をこれまでの黄緑色から白色に変更し、夏季の直射日光を反射させて車内温度の上昇を抑制する取組みを始めるという。白色への変更で冷房効率が改善され、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を図ることと省エネルギーを実現することができ、今年度は68台に白色屋根バスを導入すると発表した。バスの屋根を従来の黄緑色と白色に変更したもの今年8月、気温40度の環境下で車内温度を測定したところ、従来の車両は屋根温度が49度まで上昇したのに対し、白色屋根の車両は47度だったという。また、バスの冷房を作動させて、車内を35度に下がるまでに要する時間は、従来車両は30分かかったのに対して、白色屋根バスでは18分だった。国際興業では、バスの屋根を白色に変更することで、車室内の冷房効率が改善され、アイドリング時間の削減などで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減が図れることから、白色屋根バスを本格的に導入することを決定したという。国際興業では白色屋根バスを随時増やしていくが、同社の全バス車両895台に適用した場合、夏季3か月間で約40tの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果があると試算している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 国際興業が白色屋根バスで二酸化炭素(CO2)排出削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策

 栃木県は、県内全市町と協力して9月1日に「エコ通勤統一行動」を実施した。マイカーから公共交通などへ通勤方法を変えることによって、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減を目指すために実施したという。栃木県のエコ通勤統一行動に参加した市町村は、栃木県職員のほか、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡上三川町、上都賀郡西方町、芳賀郡益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、下都賀郡壬生町、野木町、岩舟町、塩谷郡塩谷町、高根沢町、那須郡那須町、那珂川町となっている。エコ通勤は栃木県が2009年度から地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減対策の一環として取り組んでいる「エコ通勤プロジェクト」の一つとなっている。今回は栃木県職員に加えて、すべての栃木県下の市町職員計約2万2000人を対象に行われた。これに先立ち、栃木県は今年4月1日から6月30日までのうち8日間、栃木県職員約6000人がエコ通勤を実施し、全体で21.8トンもの、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を達成したという。福田富一栃木知事は「エコ通勤の取組みによる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を検証しながら、将来的には栃木県内の事業所や企業等への取組みを働きかけていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 栃木県はエコ通勤で二酸化炭素(CO2)排出削減し地球温暖化の原因対策はこちら

京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府京都市にある自動車整備会社が、ガソリン自動車を改造してモーターや蓄電池を積み、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)を試作した車が近畿で初めて自動車車検証の交付を受け、京都府京都市上京区の京都府庁(京都府京都市上京区)で公開された。今後、異業種連携で地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の性能を一層高めることによって量産化を目指すのが目標だという。この地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)の取組みは、京都府内の企業や大学が連携し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車関連の新たなビジネス機会を探る京都府の「京都府次世代自動車パートナーシップ倶楽部」の活動の一環である。地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、ガソリン自動車と比較すると部品が少なくすみ、構造が単純なため、同倶楽部メンバーの常陸オート(京都府南丹市)が電気自動車(EV)改造車を企画したという。今回改造した地球温暖化の原因対策になる電気自動車(EV)は、スズキの軽自動車である1983年式「マイティボーイ」に電動モーターを載せ代え、鉛蓄電池や制御装置などを搭載したもので、家庭用電源から充電することが可能であり、満充電で40km程度走行でき、最高時速は80キロになるという。だが、地球温暖化の原因対策とはいえ改造電気自動車(EV)の試作車には課題が多く、モーターなどは市販のものを使ったため、改造費は工賃を含め150万円ほどかかった。また、改造電気自動車(EV)の鉛電池は蓄電容量が小さいことから、エアコンやパワーステアリングが使えないなど実用性が低いものとなっている。このため、今後、蓄電池やモーター、電機・機械部品のメーカーなどを京都府内で募り、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減することが可能な電気自動車(EV)の市販化に向けた研究をさらに進め、地球環境問題に貢献していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 京都府京都市で改造電気自動車EVによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

東京都港区六本木で打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減

 東京都港区赤坂にある東京ミッドタウンでは、大暑の日である7月23日んい、同施設と近隣の町会や商店街によって打ち水を行うイベント「六本木打ち水大作戦」が開催された。1年で最も暑い時期といわれている大暑の日に行う打ち水イベントは、地球温暖化の原因二酸化炭素(CO2)排出削減ヒートアイランド現象対策の一環として2008年から始まり、今回で2回目の取組みになるという。打ち水イベントの当日は、六本木商店街振興組合、六本木町会、東京ミッドタウン組合、竜土町会、東京ミッドタウンで働く人々など約200人が参加して打ち水を行った。打ち水の場所は、メイン会場の東京ミッドタウンのほか、星条旗通り、六本木交差点、龍土町美術館通りなどに各町会が散らばり、ペットボトルに入れた水を使って歩道に打ち水を行い、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減とヒートアイランド現象対策のPRを行った。打ち水に使った水は上水ではなく、同施設の雨水の地下貯水を再利用したものであり、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減といった環境問題にも配慮したものとしている。打ち水イベントの開催に当たって、東京ミッドタウンマネジメントの山本専務は「多くのお子さんも打ち水に参加しているので、自然の力で気温が下がるということを知ってもらいたい。こうしたイベントを通して、地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減とヒートアイランド現象対策の一環となれば幸いだ」とあいさつした。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区六本木で打ち水による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラック

 地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減への取組みは喫緊の課題となっており、トラック運送事業においても、CNG自動車等の低公害車や低燃費自動車の導入を促進するほか、地球温暖化の原因防止対策のエコドライブの推進等の取組みを進めているところです。こうした状況の中、トラックの荷台の上部に軽量の薄膜太陽光発電装置を搭載し、春から秋における冷房の電源を太陽光発電により賄うことにより、走行中の燃費を改善し、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2排出削減しようとする研究が行われています。国土交通省は、平成21年10月22日に同省第3号館正面玄関駐車場において三菱化学グループが研究中の太陽光発電冷房システムを搭載したトラック試作車両を展示すると発表した。従来、運転席の冷房のためには、エンジンを駆動させて発電した電気を供給することが必要であったため、納品待ちや休憩中においてもエンジンを切ることが出来なかったが、今回のシステムが実用化されれば、無駄なアイドリングが無くなるため、地球温暖化の原因防止対策のための温室効果ガスである二酸化炭素CO2の排出が抑制される効果が期待されている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは家庭を中心に広がりを見せている。地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電システムは新型プリウスの一部の車両にも搭載されているが、その太陽光発電システムはあくまでも補助電源扱いであり、今回の地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックの試みは始めてである。
太陽光発電ソーラーシステム情報

> 地球温暖化の原因防止対策の太陽光発電冷房システム搭載トラックはこちら