TOPページ > 検索結果

検索結果 【久留米市】

東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 ブリヂストン(東京都中央区京橋)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた、福岡県久留米市にある久留米市工場内の第1工場建て替え工事が完了したと発表した。福岡県久留米市はブリヂストンの発祥の地で、久留米市工場はブリヂストンで最も長い歴史を持つマザープラントとなっていた。ブリヂストンは福岡県久留米市の工場の中でも最も古い1934年に建設した第1工場について、建替え工事を昨年から行っており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を備えた新たな工場が10月12日に竣工した。ブリヂストンの久留米市工場では、小型トラック用ラジアルタイヤと乗用車用スペアタイヤであるトラコンパ、航空機用タイヤ、レーシング用タイヤなど、幅広い種類のタイヤの製品を生産している。また、久留米市工場では、タイヤの骨格となるナイロンやポリエステルなどのタイヤコードに係る工場もあり、福岡県久留米市からブリヂストンの西日本の各工場にも供給している。福岡県久留米市の工場では、こうしたタイヤ関連製品の製造に伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量も増えていることから、工場の建替えに当たっては二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に考慮した。このため、今回、ブリヂストンの久留米市工場の建て替えに伴い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に配慮した設備を積極的に導入したという。具体的には、久留米市工場内には高効率照明、自然採光窓を設置したほか、断熱仕様の屋根の採用、太陽光発電システムの設置などにより、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のブリヂストンは福岡県久留米市の久留米市工場建替えで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策

 福岡県久留米市は、福岡県久留米市宮ノ陣町若松にある建設機材レンタル会社ニシケンから、会社創立50周年迎え、これを記念して、福岡県久留米市に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)1台の寄贈を受けたと発表した。このほど、福岡県久留米市役所であった電気自動車(EV)の寄贈式で、水田社長が「福岡県久留米市の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への施策に役立ててほしい」とあいさつを行った。電気自動車(EV)のエンジンキーの模型を受け取った楢原利則福岡県久留米市長は感謝状を手渡し「福岡県久留米市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境先進都市を目指して、様々な場所で電気自動車(EV)を活用したい」とお礼を述べた。寄贈した電気自動車(EV)は400万円相当の三菱自動車(東京都港区芝)の軽自動車「アイ・ミーブi-MiEV」で、車体には福岡県久留米市エコパートナー事業のマスコットキャラクターのシロクマが描かれている。今後、久留米市役所では、福岡県久留米市の各種イベントで走らせ地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をPRしていくという。ニシケンは、1960年に福岡県久留米市で創業し、1998年から福岡県久留米市が整備した宮ノ陣新産業団地に本社を構えている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市は寄贈された電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 福岡県久留米市は10月1日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、久留米市内の自治会が防犯灯を設置する際の工事等に要する費用の全額補助を始めると発表した。久留米市内の現在の防犯灯に多く使われている蛍光灯や白熱球などから、消費電力が少ないLED照明(発光ダイオード)の普及を促し、地球温暖化の原因とされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指すという。これまで久留米市による市内の防犯灯設置に対する補助金の支出は、合併前の旧市町によって補助率に格差があった。このため、久留米市では標準的な設置費用の全額相当の補助金を支出することを決め、去る6月久留米市議会で関連議案を可決していた。久留米市の補助金額は、既設の電柱にLED照明(発光ダイオード)を取り付ける場合は1基当たり3万4,000円、電柱を新設して取り付ける場合は7万3,000円を上限に補助するものとなっている。また、LED照明(発光ダイオード)では防犯灯としての光量が足りず、従来の蛍光灯や水銀灯を設置する場合も久留米市から補助金を受けることができるという。今年度の久留米市の防犯灯設置補助に係る総事業費2,850万円は国の補助金と久留米市の予算で支出する。久留米市によると、白熱球の40wを1年間使用した場合の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量は62.4kgであるが、LED照明(発光ダイオード)8.5wに交換すると13.26kgに二酸化炭素(CO2)排出量を削減することができるという。久留米市道路課は、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と省エネ対策のためにLED照明(発光ダイオード)を普及させ、地域の防犯活動の意識付けにしたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県久留米市はLED照明(発光ダイオード)防犯灯で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら