TOPページ > 検索結果

検索結果 【中国電力】

中国電力が島根県浜田市で木質チップ燃焼による二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 中国電力(広島県広島市中区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、三隅火力発電所(島根県浜田市三隅町岡見)において、間伐財の木質チップを燃料の石炭に混合して燃焼させる実験を開始したと発表した。実験に使用する木質チップは、島根県内の山林から伐採した間伐財の木の先端や根元など使えない木材を使用している。木質チップは植物由来のバイオマス燃料であることから、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないとみなされ、年間で約23,000tの二酸化炭素(CO2)を削減することが可能になるという。また、未利用木材を中国電力が有償で購入することから、島根県内の林業の活性化にもつながるのではないかと期待されているという。中国電力は、これまで地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、下関発電所(山口県下関市)での木質チップの混焼試験を経て、2007年から新小野田発電所(山口県山陽小野田市)で本格的に混焼を開始している。中国電力の三隅発電所の出力は、火力発電所としては国内最大級の100万kwを誇っており、中国電力の総発電量の約10%を担っているという。島根県素材流通協同組合から安定した木質チップの供給ルートができあがったため、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、大規模火電所での木質チップ混焼に踏み切ったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 中国電力が島根県浜田市で木質チップ燃焼による二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 東芝(東京都港区芝浦)は中国電力(広島県広島市中区)と、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、広島県福山市に発電出力約3MWのクリーンエネルギーメガソーラー発電所プラント「福山太陽光発電所」の建設契約を締結したと発表した。東芝はこれまで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、東北電力(宮城県仙台市青葉区本町)の八戸太陽光発電所(青森県八戸市)など国内で4件のクリーンエネルギーの電気事業用メガソーラー太陽光発電所プラントの受注を受けてきており、今回は、広島県福山市箕沖にクリーンエネルギーのメガソーラー発電所プラントを設立する。中国電力初の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気事業用メガソーラー太陽光発電所である福山太陽光発電所建設で契約した。2011年度に稼動するメガソーラー太陽光発電所のクリーンエネルギーの年間発電量は約334万KWhで、一般家庭約900世帯分の年間使用電気量に相当し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる。これらのメガソーラー太陽光発電所の基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注した。また、今回受注したメガソーラー太陽光発電所プラントには、東芝グループで開発した世界最高クラスの直交変換効率98.1%を誇る500KWのクリーンエネルギーのパワーコンディショナ及び長州産業株式会社(山口県山陽小野田市新山野井)の高効率多結晶太陽電池モジュールを採用する。現在、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策へ世界的な意識が高まる中、電力・産業用のクリーンエネルギーの太陽光発電システムの市場は2015年に2.2兆円になると見込まれており、今後も拡大する傾向にある。これらを踏まえ、東芝では、今後も高効率なクリーンエネルギーのパワーコンディショナやスマートグリッドなどのシステム技術、大規模メガソーラープラント向けシステムエンジニアリングなど、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実績を生かした事業展開を図り、ワールドワイドなメガソーラー発電プラントの受注を目指していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東芝は広島県福山市で中国電力のメガソーラー太陽光発電システム建設による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 Jパワー(電源開発株式会社:東京都中央区銀座)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量削減と火力発電の効率化を目指して、石炭ガス化複合発電(IGCC)を中国電力(広島県広島市中区)と共同開発を進めている。この石炭ガス化で生成したガスの用途を発電以外に広げるため、鉄鋼、化学、ガス、石油業界と共同で研究を始めると発表した。石炭による火力発電は、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に逆行するものとして新たな発電方式が求められている。一方、石炭は世界各地に広く埋蔵されており、安定的かつ安価で調達できるため、将来にわたる主要なエネルギー源と位置付けている。石炭ガス化を発電のみならず、産業分野でも応用する技術が確立できれば、エネルギーの安定供給と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減にもつながるという。現在、Jパワーなどが開発を進めている技術は、簡単に説明すると、石炭に酸素を吹き付けて蒸し焼きにし、水素及び一酸化炭素(CO)などの可燃性ガスを生成するものであり、その際同時に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)も分離して回収することができるものとなっている。生成したガスは、火力発電以外にも応用でき、生成される水素は燃料電池に利用可能であり、鉄鉱石から鉄を取り出す際の還元剤にも使えるという。現在、鉄鉱石の還元剤には石炭が使用されているが、水素に代えれば地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能だという。さらに、一酸化炭素(CO)は、メタンに変換するなどして燃料に活用できるという。Jパワーは今月末からこうした検討をスタートし、各関係者に有識者も交えて商業ベースでの実現可能性を探るという。石炭ガス化複合発電(IGCC)の研究は、Jパワーの実証プラントで行われているが、中国電力と2年間かけて発電と地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)回収技術を実証する計画を策定するという。このため、中国電力が瀬戸内海の大崎上島の発電施設内に出力17万KWの石炭ガス化複合発電設備を建設し、2016年度から3年間発電する。発電効率は既存の石炭火力発電より10ポイントほど高い50%程度に向上し、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量も15%程度削減することが可能になるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> Jパワーが石炭ガス化複合発電拡大で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら