TOPページ > 検索結果

検索結果 【三重県】

東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ:東京都港区港南)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、キヤノン製品の事務機器事業で生じる二酸化炭素(CO2)排出量を森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収量でカーボンオフセットする活動を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセットの対象は、キヤノン製複合機の製造時と使用済みカートリッジを回収し輸送する際に発生する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量で、今年の二酸化炭素(CO2)排出量はそれぞれ約100トンと約250トンになる見込みだという。キヤノンマーケティングジャパンでは、今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県と岩手県の両県の森林整備を支援する。同社は2010年5月から取引先企業やNPO(民間非営利団体)などとともに「未来につなぐふるさとプロジェクト」を開始しており地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のカーボンオフセットによる森林整備もその一環の取組みになっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都港区のキヤノンマーケティングジャパンは三重県と岩手県の森林整備で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県鈴鹿市では廃食油のバイオディーゼル燃料(BDF)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市平野町の運輸倉庫会社である「三重執鬼」平野事業所では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、廃食油から自動車のバイオディーゼル燃料(BDF)を製造する設備が完成した。同社は2009年8月、農林水産省(東京都千代田区霞が関)の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策モデル事業として、三重県鈴鹿市に「三重バイオ燃料普及協議会」を三重県鈴鹿市の地元の企業や市民団体などと共に発足させた。9月からは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、三重県鈴鹿市内の学校給食や飲食店から廃食油を回収している。この廃食油から、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、バイオディーゼル燃料(BDF)を精製し、三重県鈴鹿市の学校給食の配送用トラック3台の燃料に使用してきた。しかし、改修した廃食油からバイオディーゼル燃料(BDF)を分離する設備がないことから、これを滋賀県内の業者に頼ってきた。今般、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、倉庫兼作業場だった事業所に、廃食油をバイオディーゼル燃料(BDF)とグリセリンなどに分離する設備を、農林水産省から半額の補助金を受け1500万円かけて整備した。ここでは、1日200Lの廃食油を地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるバイオディーゼル燃料(BDF)に処理できるという。同社は「三重県鈴鹿市の他社にも利用を呼び掛け、資源の有効活用や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の輪を広げたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 三重県鈴鹿市では廃食油のバイオディーゼル燃料(BDF)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、企業活動などで生じた二酸化炭素(CO2)排出量を町有林で吸収固定する排出量取引を始めた三重県大台町は、愛知県名古屋市で10月11日から始まる国連地球生きもの会議(COP10)で排出される二酸化炭素(CO2)を吸収する団体に選ばれた。環境省(東京都千代田区霞が関)や外務省(東京都千代田区霞が関)などで構成されている「COP10日本準備事務局」によると、会議には期間中、193の国と地域から8,000人が参加する予定であり、航空機や鉄道による移動や会議の際の照明等の電力などで、3万1,000トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が見込まれている。準備事務局から業務委託を受けた「カーボンオフセット事務局」は、排出される地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を相殺する二酸化炭素(CO2)吸収量を売る「オフセットクレジット制度」に取組む団体や企業を公募していた。これに国内の13の地方自治体や企業からの応募があり、すべてがオフセットクレジット制度の取引対象に選ばれたという。カーボン・オフセット事務局は、国内13団体から購入する二酸化炭素(CO2)吸収量2,571トンのうち、217トンの二酸化炭素(CO2)吸収量を三重県大台町から購入するという。三重県大台町が売る地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は、住友林業(東京都千代田区大手町)の800トン、三菱UFJリース(東京都千代田区丸の内)の486トンに次いで3番目の二酸化炭素(CO2)吸収量になるという。残りの2万4,000トンの二酸化炭素(CO2)吸収量は、海外取引で相殺するという。オフセットクレジット制度による二酸化炭素(CO2)吸収量の取引で三重県大台町は数百万円ほどの収益が得られることになるが、二酸化炭素(CO2)を吸収固定する町有林の森林整備や地域振興などに充当するという。尾上武義三重県大台町長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も話し合われる会議に認めていただけた。二酸化炭素(CO2)を吸収固定する森林整備をしっかり進めていかなければ」と話している。三重県大台町には、ナゴヤドーム約320個分の1,600ヘクタールの大台ケ原を始めとする町有林があり、1990年以降の森林整備で間伐した144ヘクタールで2,389トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を吸収可能として環境省から認証を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は森林整備による二酸化炭素(CO2)排出量の吸収固定で地球温暖化の原因対策はこちら

三重県四日市市は自転車レンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県四日市市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自転車で走れる街づくりを推進しており、市民に三重県四日市市の中心街で気楽にレンタルしてもらおうと、有料の貸自転車「こにゅうどうレンタサイクル」を始めた。三重県四日市市の担当者は「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車は、環境問題に優しく、健康的な乗り物なのでレンタサイクルを四日市市内の買い物などにぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。三重県四日市市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のレンタサイクルのレンタル場所は、近鉄四日市駅(三重県四日市市安島)北口駐輪場及びJR四日市駅(三重県四日市市本町)構内の2か所となっている。レンタサイクルでは、三重県四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」を描いたプレートを付けたレンタル自転車60台と電動アシスト自転車5台を貸し出し、月~土曜は午前7時~午後8時、日祝日は午前8時~午後4時の間でレンタルの貸出を行っている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するという観点から、レンタサイクルの料金は1日たったの120円で、翌朝午前10時までレンタルして利用できるが、借りた場所へ返却する必要がある。昨年実施した三重県四日市市のレンタサイクルの社会実験では、1日当たりの平均利用台数は、レンタル料金が無料の場合で54台、1回100円のレンタルの場合は27台だった。三重県四日市市都市計画課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいるレンタサイクルは、乗り付け駅の貸出所に無料で駐輪できるので、一度利用してもらえば便利さが理解され、レンタルのリピーターは多いはず」と、今後のレンタル利用者増に期待している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県四日市市は自転車レンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県鈴鹿市立神戸中学校へ、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、イオン環境財団(千葉県千葉市美浜区中瀬)から再生可能エネルギー太陽光発電システムが寄贈された。イオン環境財団では、設立20周年記念事業として、再生可能エネルギーの有効利用を積極的に推進するため、2009年から5か年計画で全国の中学校に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽光発電システムを寄贈している。再生可能エネルギーの太陽光発電システムを三重県鈴鹿市の地域の中心である神戸中学校に設置することで、太陽光発電システム設置の普及及び推進を図るとともに、中学生に対しては地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などの環境問題を学ぶ教材の一つとして活用してもらうという。三重県鈴鹿市立神戸中学校への太陽光発電システムの設置は、三重県内では初めての寄贈となり、全国では6校目になるという。三重県鈴鹿市立神戸中学校は先月に移転改築されたばかりであるが、出力10キロワットの再生可能エネルギーの太陽光発電システムが北側敷地内に設置された。太陽光発電システムは、一般家庭2世帯が1年間に消費する電力を再生可能エネルギーで発電する能力があり、同校で消費する照明などの電力の一部として供給されるという。太陽光発電システムの贈呈式には、同校体育館で行われ、イオン環境財団の岡田理事長を始め、野呂昭彦三重県知事や向井正治三重県教育長、川岸光男鈴鹿市長、鈴鹿市教育委員会の関係者らが出席した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> イオン環境財団は三重県鈴鹿市へ太陽光発電システムの寄贈で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業

 三重県四日市市では、四日市市内の事業所の社員を地球温暖化の原因対策の講師に招いた「こどもよっかいちCO2ダイエット作戦」が、四日市市立塩浜小学校(三重県四日市市塩浜町)で開かれ、4年生34人の児童が環境問題や地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について学習した。同作戦は、家族が協力して地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組んでもらおうと、四日市市や三重県、四日市市内の事業所が協力して昨年から始めたものである。同小では児童の家庭で使用する電気と水道の使用量削減を目指す。この日は、三重県四日市市川尻町の石油化学メーカーのJSR四日市市工場環境保安部環境課の社員2人が講師として同校を訪問した。「地球温暖化の原因」や「オゾン層破壊」、「森林破壊」などの地球が抱える大きな環境問題などについて説明し、「一人一人が努力することで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策効果が表れる」などと話した。続いて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の作戦を進めるため、電気と水道のメーターの見方や使用量削減のヒントなどについて説明した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県四日市市は小学校で二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因対策の授業はこちら

愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を話し合う、愛知県岐阜県三重県の東海3県と愛知県名古屋市の知事市長会議が岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館で開催された。企業や市民が削減しきれない地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を、二酸化炭素(CO2)削減事業に投資することで相殺するカーボンオフセット制度の推進へ向けて、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と愛知県名古屋市の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をデータベース(DB)化していくことで合意した。10月に愛知県名古屋市で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)後に作業部会を設け、1年以内に二酸化炭素(CO2)排出量削減事業をDB化するという。企業や市民が愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の二酸化炭素(CO2)排出量削減事業から選び、地球温暖化の原因の温室効果ガス削減のカーボンオフセットを推進する仕組みづくりを目指すという。会議は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策での連携がテーマで、岐阜県の古田肇知事が「愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で排出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)は、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県で吸収するという意識が必要」と指摘し、DB化によるカーボンオフセット制度の推進を提案した。愛知県の神田真秋知事は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する太陽光発電システムの普及が進んでいる愛知県内の状況を紹介した上で「カーボンオフセットは地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に有効だが、十分知られていない。愛知県、岐阜県、三重県の東海3県の情報共有は意義がある」と賛同した。三重県の野呂昭彦知事も、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林整備による二酸化炭素(CO2)吸収固定量の確保に力を入れている三重県の制度を挙げ「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策は、カーボンオフセット制度による広域的な取り組みを進める必要がある」と同調した。愛知県名古屋市の河村たかし市長は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としては、カーボンオフセット制度など、生活に密着した環境政策が大切」と述べた。また、会議では、愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市にあるモノづくりの研究開発施設の連携を進めることでも合意を得た。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県、岐阜県、三重県の東海3県と名古屋市はカーボンオフセット制度で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

三重県は独自のカーボンオフセット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 三重県は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に向けた取組みとして、三重県独自の「カーボンオフセット制度」を導入する方針を明らかにした。三重県9月定例議会で、議員の一般質問に答えた。三重県は「本年度中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる独自のカーボンオフセット制度の仕組みをつくり、来年度の実施を目指したい」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのカーボンオフセット制度は、市民や企業が二酸化炭素(CO2)の排出削減努力をしても減らせなかった分を埋め合わせるため、森林整備の植林など二酸化炭素(CO2)削減活動に投資してもらい、相殺する取り組みのことをいう。近年、カーボンオフセット制度は、日本でも企業や個人の自主的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の活動として広まっている。野呂昭彦三重県知事は「独自のカーボンオフセット制度は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のための行動として有望だ」と評価した上で、三重県独自の仕組みを検討する考えを示した。三重県環境森林部によると、三重県独自のカーボンオフセット制度は三重県内の企業や個人が対象で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を数値化して、目標に届かなかった分などを三重県内の森林整備に投資してもらうことで二酸化炭素(CO2)排出量をオフセットするというものになる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)分を販売金額に上乗せした「カーボンオフセット商品」を三重県の企業に販売してもらうことなども検討している。三重県全体でカーボンオフセット制度の仕組みを構築するのは珍しい試みだという。三重県では、「三重県内で出した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を三重県内で吸収するカーボンオフセット制度の仕組みをつくり、環境問題に貢献する意識を三重県民一人ひとりに持ってほしい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県は独自のカーボンオフセット制度で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベント

 三重県では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策などに効果のある森林整備の重要性を知ってもらうイベント「三重の森林(もり)と木づかいフェア」が開催される。フェアの日時は10月2日(土)午前10時から午後4時までで、開催場所は三重県名張市夏見の名張市総合体育館とその周辺で開催される。名張市総合体育館内では、三重県林業技術普及協会のメンバーによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として二酸化炭素(CO2)を吸収固定する機能を持つ森林整備の手入れなどについての林業相談や、「森林づくり三重県」の活動写真展などを開催する予定になっている。さらに、13時20分からは「三重県の自然の恵みと暮らす」をテーマに園芸家の柳生真吾氏が講演する。名張市総合体育館の屋外では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している周辺の里山林を散策する自然観察会開催のほか、三重県の木工品の製作体験ができるブースなども設けられるという。イベントは無料であるが、飲食などを含む販売コーナーは有料となっている。三重県によると、同様の森林整備をPRするイベントは10月の「三重県のもりづくり月間」に合わせて、毎年、三重県内の各地で実施されており、昨年は三重県松阪市で開催された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定している森林整備をPRするイベントの問い合わせは三重県森林・林業経営室(059-224-2564)まで。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県名張市で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量を吸収固定する森林整備のイベントはこちら

三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三重県玉城町は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、玉城町立の小中学校5校すべてにクリーンエネルギー太陽光発電システムの設備を設置したと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーの太陽光発電システムによる自然エネルギーの発電出力は年間約20万kwhで、一般家庭50世帯の1年分の消費電力を賄えるという。三重県玉城町によると、公立の全小中学校にクリーンエネルギーで自然エネルギーの太陽光発電システムの設備を備えたのは、三重県内で三重県玉城町初めてのことだという。これは、国が進めている地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーで自然エネルギーの「太陽光発電システム設備導入事業」によって、三重県玉城町が国の自然エネルギー補助金を受けて設置したもので、総事業費は1億6,000万円であった。三重県玉城町の玉城中学校には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、縦1メートル、横1.5メートルのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネルを屋上に288枚を設置した。小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムとしては三重県内最大規模の60kwhを発電可能だという。また、同じく地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、田丸及び外城田の両小学校には40kwhのクリーンエネルギーの太陽光発電システムのソーラーパネル192枚、有田及び下外城田の両小学校には30kwhの太陽光発電システムのソーラーパネル144枚が取り付けられた。各校には地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のクリーンエネルギーの太陽光発電システムを紹介するモニターを設置し、クリーンエネルギーの発電システムの説明や気温、電力、二酸化炭素(CO2)排出量削減量などの数値を示している。三重県玉城町によると、全小中学校に設置したクリーンエネルギーの太陽光発電システムで年間63トンの地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県玉城町は全小中学校に太陽光発電を設置して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

三重県大台町は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を売却

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、森林による二酸化炭素(CO2)の吸収固定は大きな役割を果たしている。今般、大台が原で有名な三重県大台町は、町有林の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を企業などに売却し、収益を地域振興に役立てる基金を設立すると発表した。環境省の「オフセット・クレジット制度」の活用を申請中で、まもなく認証される見通しだという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を企業などに売却する方法は、北海道の足寄町など4町や高知県及び鳥取県などが既に認証を受けて取組みを始めているが、中部地方の地方自治体では初めてのこととなる。三重県大台町は、約1,600haの町有林のうち、平成2年以降に間伐して整備した144haについて、平成20年度及び21年度の2年間に森林が吸収固定した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を2,389トンと算定し、環境省所管の「オフセット・クレジット制度」認証運営委員会に申請している。三重県大台町には、既に企業から数件問い合わせが来ているといい、三重県大台町では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を山村振興や森林整備を担う人の増加につなげたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県大台町は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を売却はこちら

岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力

 岐阜県愛知県三重県及び名古屋市の首長で構成されている「東海3県1市知事市長会議」が、岐阜県各務原市の岐阜県世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」で開催された。愛知県名古屋市で今年の10月に開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を控え、3県知事と名古屋市長が地球温暖化の原因防止対策を主題に話し合い、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減事業などで生じた二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、排出分を相殺する「カーボンオフセット」に岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市で取り組むことで合意した。岐阜県の古田肇知事が3県1市で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に向けた「カーボンオフセット推進ワーキンググループ」を設置し、情報共有を図りながらカーボンオフセットに取り組むことを提案した。愛知県の神田真秋知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減のカーボンオフセット制度がまだ知られておらず、二酸化炭素(CO2)排出権の売り手と買い手のマッチングにも課題がある」と指摘したうえで「カーボンオフセットの情報共有を図り、協調関係を築くのが重要」と賛同した。野呂昭彦三重県知事も「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減については、国のカーボンオフセット制度との整合など課題はあるが、各地方自治体の取り組みについて具体的に情報共有したい」と支持を表明したという。古田岐阜県知事は会議後の会見で「岐阜県、愛知県、三重県及び名古屋市といった広域的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出権の売り手と買い手をつなぐことを目指し、実務的に進めていきたい」と話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岐阜県、愛知県、三重県、名古屋市が地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減で協力はこちら

三重県は森林整備で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 三重県では、地球温暖化の原因防止対策の取組みとして、森林整備のための企業や団体の植林や間伐などによる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度を始めたと発表した。三重県自然環境室では、三重県津市にある三重県勤労者福祉会館で説明会を開き、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた森林整備を行う企業や団体の参加を呼び掛けている。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度では、森林整備の基準を植裁、下刈り、除伐、間伐に区分している。地球温暖化の原因防止対策の植裁の場合には、スギ・ヒノキは1ha当たり2,000本以上、アカマツ・クロマツは3,000本以上、広葉樹は1,000本以上、地球温暖化の原因防止対策の間伐の場合には、間伐率を樹木の本数の20%以上などと基準を設定している。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度で定める基準を満たした森林整備活動は、整備面積や樹木の幹の成長度などに応じて一定の数式で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)吸収量を計算する仕組みとなっている。森林整備のための企業や団体の植林や間伐などによる地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量を数値化して評価及び認証する制度による認証を希望する企業の申請を10~11月に受け付け、外部有識者による評価委員会の審査を経て、来年3月に森林整備内容や整備面積、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量などを記した認証状を交付するという。三重県によると、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減や地球環境問題への関心の高まりから、社会貢献活動の一環として、森林保全活動に取り組む企業や団体は増加傾向にあるという。制度は具体的な二酸化炭素(CO2)排出量削減を数値で評価することにより、さらに地球温暖化の原因対策の森林整備を促進しようと設けたという。この制度は、森林保全活動の規模の大小を競うものではなく、地球温暖化の原因対策の森林整備基準を満たしていれば小規模な活動も認証される。地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減の認証状を受けることで、企業などの社会貢献活動のPRにもなるのではないかと話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県は森林整備で地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

三重県亀山市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 三重県亀山市では、ゴーヤを市民に無料配布しており、とても好評を得ている。これは、亀山市が地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減するため、亀山市市役所などの亀山市内の公共施設に設置した「緑のカーテン」のゴーヤが実り出したものを無料で配っているものである。地球温暖化の原因対策の緑のカーテン作戦は葉が日光を遮断したり蒸散作用があったりして節電になること、緑の見た目が涼しいこと、実が食べられることという一石三鳥を狙った取組みだという。今年の3月に、三重県亀山市総合環境センターで作った土や堆肥を112個のプランターに入れ、そこに地球温暖化の原因対策の緑のカーテンとなるゴーヤの苗を植え、亀山市内の消防署など16か所の公共施設に設置し、亀山市職員が散水などをして大切に育ててきたものである。地球温暖化の原因対策の緑のカーテンのゴーヤは、竹などで編んだ高さ約4メートルの「はさ」を覆うまでに大きく育ち、大半の施設で長さ15センチほどの実を付けており、先月から亀山市民に無料で配布されている。亀山市東町にある亀山市市民協働センター「みらい」では、地球温暖化の原因対策として育ててきた形が整った10個ほどのゴーヤの実が実っており、間もなく配られるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県亀山市は緑のカーテンで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

三重県のスーパーを中心にレジ袋有料化によるマイバッグで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 我が国の2005年度における地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、二酸化炭素(CO2)換算で13億6千トンにも達しており、京都議定書の定める基準年である1990年の二酸化炭素(CO2)の総排出量と比較して7.8%も上回っている。2012年までにおいて我が国の京都議定書の目標である1990年度比マイナス6.0%を達成するためには、更に上乗せして8.4%の排出削減が必要となっている。特に、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの中でも、二酸化炭素(CO2)の排出量が著しく増加しており、その地球温暖化の原因防止施策が急務となっている。このような中で三重県では「マイバッグもってこ運動協議会(伊勢市・尾鷲市・鈴鹿市/三重大学)」では、三重県民の実質的な地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、二酸化炭素(CO2)排出量削減に繋げる三重県民運動への取り組みとして、三重県内のレジ袋削減に取り組む者を連携して、広く面的なCO2排出量削減活動を全国に情報発信する 「美し国みえエコ1・2・3運動~『ええじゃんかマイバッグもってこ運動』」を推薦することとした。三重県では全国でも類を見ない、各実施主体の事情に合わせて様々な「レジ袋削減モデル」を三重県内主要都市で構築し、点と点を線で結ぶことで全県運動に発展させた。こうした地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量は、二酸化炭素(CO2)排出量削減のためのレジ袋削減の取組みは、全国の他の地域における今後のレジ袋削減のモデルケースとなりうる先進的取り組みです。

> 三重県のスーパーを中心にレジ袋有料化によるマイバッグで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら

地球温暖化の原因によるニホンジカ増殖の食害

 三重県岐阜県及び滋賀県と三県にまたがる鈴鹿山脈の北端にそびえるのは、霊仙山(滋賀県多賀町)である。ここにニホンジカの群れが登山者がいなくなる夕方から早朝にかけて、ササなどの餌を求めて現れ、多いときには100頭近い群れになることもある。ニホンジカの生息域は全国的に拡大しており、その理由・原因としては、最大の天敵だったニホンオオカミの絶滅やハンターの減少とともに、地球温暖化の原因も一因とみられている。滋賀県の霊仙山にニホンジカが姿を見せ始めたのは、地球温暖化の原因が見られるようになったほんの10年ほど前からである。それと時を合わせるように、1084メートルの山頂付近を覆っていた背丈ほどのササはニホンジカの好物であることから激減し、下草も食いつくされつつある。こうした地球温暖化の原因による植生の変化は、昆虫の生息にも影響を及ぼし、ひいては生態系の変化にも繋がるものとなってくる。本来の自然界における様々な生き物が互いにつながり、支え合う生物多様性は、「里山の荒廃」「開発や乱獲」「外来種の持ち込み」といった直接的な人為的なものに加え、地球温暖化の原因という四つの危機にさらされている。国連が定めた「国際生物多様性の日」が先月あったが、地球温暖化の原因となる生物多様性の危機は身近なところでも進行しているというのが現実である。

> 地球温暖化の原因によるニホンジカ増殖の食害はこちら

三重県松阪市が地球温暖化の原因対策として緑のカーテンの苗を無料配布

 ゴーヤとアサガオで「緑のカーテン」を建物の横に作ると、室温の上昇を防ぐことができ、省エネルギーになるとともに、ひいては地球温暖化の原因防止対策に繋がる取組みだといえる。三重県松阪市では、建物を植物で覆い、室温の上昇を抑える「緑のカーテン」を自宅で施して、地球温暖化の原因防止に一役買ってもらおうと、松阪市は沖縄県の特産野菜ゴーヤとアサガオの苗の計約1700株を松阪市民らに無料配布した。「緑のカーテン」は、日差しを遮るだけでなく、水分を含んだ葉に日光が当たると水蒸気が排出され、周囲の熱を奪う蒸散作用の仕組みを利用した省エネルギー方法として、全国各地で取組みが広がっている。緑のカーテンにゴーヤやアサガオを使う場合には、つるをツタのように格子や網などに絡ませて壁を覆わせる方法を取る。この緑のカーテンの取組みは、松阪市柿木原町の農業・浅沼順子さんが育ててきた苗を「地球温暖化の原因である温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を減らす一助になれば」と、昨年から松阪市を通じて希望者に無料配布しているものである。今年は室生配布用にゴーヤ約800株とアサガオ約900株の苗を用意した。無料配布は市嬉野、飯南、飯高、三雲の松阪市の各地域振興局と松阪市外五曲町の「鈴の森公園」の計5か所で行われ、1人6株(各3株)まで受け取ることができ、苗を受け取った市民は早速持ち帰って緑のカーテンを作ると話していた。

> 三重県松阪市が地球温暖化の原因対策として緑のカーテンの苗を無料配布はこちら

三重県の地球温暖化の原因防止に向けた四日市港グリーン物流促進補助事業

 三重県四日市港では、数多くコンテナが積まれており、まさに地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出の溜まり場となっている。しかし、最近、四日市港を最寄り港にしている企業では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減に貢献する企業が増加しているという。三重県の四日市港管理組合が2008年度に独自に導入した地球温暖化の原因防止対策の「四日市港グリーン物流促進補助事業」の対象は、今年度は67社77事業で、前年度実績(34社36事業)からほぼ倍増している。四日市港管理組合では「地球温暖化の原因防止対策という環境問題への配慮だけでなく、コスト削減の面からも企業の関心が高まっている」と手応えを感じ、事業の継続を検討しているという。昨年度から参加する東芝物流三重輸送センター(三重県四日市朝日町)は、中国・大連港から運ぶ工作機械の荷揚げの50%程度を名古屋港から四日市港に移し、標準サイズの20フィートコンテナ換算で418本分を荷揚げした。工場との距離は、名古屋港からが26キロに対し、四日市港からは10キロで、トラック輸送の距離を約16キロ短縮することができることから、年間の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量削減量は34トンになり、61.5%減らせたという。今年度は、貨物量の四日市港シフト比率を70%まで高める計画で、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減量も19.5トン上乗せを目標に掲げる。このことによって、東芝グループ全体の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)削減に大きく貢献できているという。四日市港管理組合の補助制度は、荷主企業が最寄り港を他港から四日市港に替えて、トラック輸送の距離を短縮することで地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を削減した場合に、20フィートコンテナ1個当たり5000円の補助金を1年間だけ交付する。コンテナ量の多い名古屋港の方が荷物の積み出し料金が四日市港より安いが、この差額分がほぼ補助金と同額になるという仕掛けだという。地球温暖化の原因防止に寄与するという社会的なイメージが良い環境対策といえども、コスト高になっては、企業は三重県の四日市港までやっては来ないことから、四日市港の補助金は荷揚げ港変更の大きな呼び水となっていると好評だ。2009年の輸出入コンテナ取扱量は、リーマンショック後の景気後退の影響で、名古屋港は約205万個と、前年比22%の大幅減だったが、地球温暖化の原因防止対策の補助制度を持つ四日市港は約16万個で、同6%減にとどまっている。このうち、補助制度の対象は約1万個と、全体の約6%を占めていることから、四日市港管理組合は「地球温暖化の原因防止対策の補助制度は、取扱量が下げ止まった要因の一つ」と評価し、今年度は1万4000個を見込んでいるという。このように、企業が簡単に変えられない荷揚げ港を部分的にせよ変更し、地球温暖化の原因防止対策の補助制度を有している四日市港を評価し始めている。今年度、初参加した下着メーカーの美成産業(滋賀県彦根市)は、大阪港の年間コンテナ量100個のうち20個程度を振り分けた。中国からの輸送時間は半日余分にかかるが、担当者は「地球温暖化の原因防止対策になるうえ、トラックの手配がしやすい四日市港は納期を守るのに心強い」と話している。この地球温暖化の原因防止対策の事業は3年間の予定で始まり、今年度が最終年となるが、四日市港管理組合は「参加企業が増えて、地球温暖化の原因防止対策の知名度も上がっているので、来年度以降も継続させたい」と意欲的だ。四日市港グリーン物流促進補助金は、初年度の2008年度に、三重県内の事業所に声をかけ、21社が参加したのが始まりだという。2010年度は、三重県内や岐阜県、滋賀県の67社に補助金を計6077万円交付した。その結果、地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減量の見込みは年間約1240トンで、森林約191ヘクタール(ナゴヤドーム約40個分)の吸収量にも相当することになる。地球温暖化の原因防止対策への参加企業が急速に増えた背景には、2008年の省エネルギー法改正もあるという。物流量の多い特定荷主は、地球温暖化の下人防止対策のため、省エネルギー計画やエネルギー使用量の報告義務が課されたからである。

> 三重県の地球温暖化の原因防止に向けた四日市港グリーン物流促進補助事業はこちら

三重県津市の三重大学で地球温暖化の原因防止対策で排出CO2を学生らの家庭と取引

 三重県津市にある三重大学では、地球温暖化の原因防止対策として大学内の温室効果ガスである二酸化炭素を削減するため、学内で排出する二酸化炭素(CO2)と、学生や教職員らの家庭での地球温暖化の原因となるCO2削減量を相殺する「カーボン・オフセット」の取り組みを始めると発表した。家庭の地球温暖化の原因となるCO2削減量に対してエコポイントを与え、その替わりに学内の温室効果ガスの削減量とする仕組みだという。環境省によると、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減量の取引は企業間が一般的であり、家庭の温室効果ガス削減量を取引するのは珍しいという。三重大学では、この地球温暖化の原因防止対策を今秋から試験的に始め、来年4月から導入するプリペイド方式の電子マネー対応の学生証、教職員証のIC化に合わせて本格的に取り組むという。三重大学では、省エネルギー法に基づき、毎年、地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減に取り組み、さらなる地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に向けて昨年11月、教授やガス会社、スーパーの関係者らでつくる省エネルギー計画検討委員会を発足させ、2020年度までの地球温暖化の原因防止対策中長期計画を策定した。同計画では、学内の節電や最新の省エネ設備の導入などで、2020年度には、1990年度に比べて地球温暖化の原因となる温室効果ガスを30%削減する方針で、その一環として「カーボン・オフセット」の導入を盛り込んだという。大学の卒業生や三重大学周辺の地域住民にも協力を求めることにしており、エコポイントは学内の生協やコンビニエンスストアに加え、学外のスーパーで利用できないか検討中だという。エコポイントの換算額などの詳細はこれから具体的に決めるという。例えば、学生らが自宅で節電などに取り組み、電気やガス、水道料金の明細書を基に、前年より減少したことが確認されれば、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減量に応じてエコポイントを付与することを考えている。学生や卒業生らの半数にあたる約6000人が地球温暖化の原因防止対策に協力すると想定した場合、削減目標(30%)の1割にあたる3・2%の削減が見込まれる。CO21キロ・グラムあたり、学生2円、卒業生1円と換算すると、エコポイント費用は年間約400万円となる試算であるが、三重大学が全額負担するという。IC化する学生証には、エコポイント機能も加えて利便性を高め、電子マネーはイオンの「WAON(ワオン)」の学生証では初の対応が検討されている。世界一の環境先進大学を目指す三重大学は「学生に対して環境教育を実践できる。さらに、三重大を拠点に地球温暖化の原因となる温室効果ガスのCO2削減の取り組みが地域に浸透すれば、環境問題に対する学生や住民の意識改革にもつながるのではないか」と話している。

> 三重県津市の三重大学で地球温暖化の原因防止対策で排出CO2を学生らの家庭と取引はこちら

三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度

 三重県が3月から始めた地球温暖化の原因防止対策と林業振興を目的に「三重県木材CO2固定量認証制度」で、三重県産材を店舗づくりに取り入れた3社が初めて三重県から認定された。三重県庁で授与式が行われ、野呂昭彦三重県知事がそれぞれの代表者に認定証を手渡した。地球温暖化の原因防止の同制度は三重県産のヒノキやスギを店舗・事業所の内外装や備品などに使用した企業・団体、三重県産材の住宅や家具を購入した個人を、申請に基づいて認証する制度となっている。地球温暖化の原因防止対策として三重県から認証されると、公募で選ばれた認証マークが使用できる。個人の認定者は鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の遊園地やフレックスホテル(三重県松阪市)で割引が受けられる。地球温暖化の原因防止の認定証を受けたのは、イオンタウンディベロップメント中部(愛知県名古屋市)、マックスバリュ中部(三重県松阪市)、モビリティランド鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)となっている。イオンタウンディベロップメント中部とマックスバリュ中部は、地球温暖化の原因防止対策として5月1日に三重県津市に開店するショッピングセンターやセンター内の店舗の内装などに三重県産材を使用している。モビリティランド鈴鹿サーキットは、地球温暖化の原因防止対策として3月に開店したレストランに三重県産材を利用している。

> 三重県で地球温暖化の原因防止の木材CO2固定量認証制度はこちら

鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果

 地球温暖化の原因防止対策として、鉄鉱石から鉄を取り出す際に生じる副産物である鉄鋼スラグを使って、海洋中に不足していた鉄を補って海藻の成長を促すことに、新日本製鉄や東京大などの研究チームが成功した。海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素CO2)も吸収するため、漁業の活性化に加え、地球温暖化の原因防止に役立つ可能性があるという。現在、日本各地の海岸では藻場が減少する磯焼けが毎年その範囲を拡大してきており、現在では沿岸約5000キロにわたって発生している。磯焼けの原因としてウニによる食害や海水中の鉄濃度の減少などが指摘されている。研究チームは5年前に鉄鋼スラグを沿岸へ埋めて、地球温暖化の原因防止対策として鉄を人工的に補給する実験に着手した。地球温暖化の原因防止対策として鉄が海水に溶けやすくなるよう鉄鋼スラグ8トンを腐植土4トンと一緒に混ぜて袋詰めにし、磯焼けが発生している北海道増毛町の日本海沿岸に沈めた。その結果、海藻1本当たりの重さは何の対策も取っていない近くの場所に比べて、約8カ月間で8倍に増えたことが分かった。また、埋設場所から算出される海藻は地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)吸収量は海藻1平方メートル当たり年間5.5キロにものぼった。我が国は京都議定書で年間6%の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けられている。過去30年間に消失した日本沿岸の藻場のほぼ半分をこの方法で再生すれば、日本の地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)年間排出量(約13億トン)の約0.5%に当たる700万トンを吸収することになるという。現在、北海道以外にも三重県や長崎県など十数地点で地球温暖化の原因となる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の吸収実験をしており、効果の継続期間などを検証していくそうだ。
占い師の求人募集転職カメラマン・アシスタントの求人募集転職イラストレーターの求人募集転職

> 鉄鋼スラグで地球温暖化の原因防止対策として沿岸に埋め藻場再生はCO2吸収に効果はこちら

三重県津市と奈良県生駒市の地球温暖化原因防止対策

 三重県津市では、地球温暖化原因防止対策やゴミの減量、リサイクル等の循環型社会の構築に向けた環境への配慮を目指し、2009年4月からスーパーなどでのレジ袋の無料配布を中止した。2月には、津市及び三重県、事業者が「地球温暖化原因防止対策のレジ袋削減のためのマイバッグ持参運動及びレジ袋有料化に関する協定」を締結した。協定には、百貨店の「津松菱」も加わり、18事業者78店舗が参加した。津松菱では、地階の食料品売り場でレジ袋を有料化するが、百貨店での地球温暖化原因防止対策レジ袋有料化は三重県内で初めてとなる。レジ袋の価格は事業者が決定し、収益が出た場合には、環境保全活動に活用することにしている。一方、奈良県生駒市では、生駒市が環境政策の一環として取り組む廃食用油燃料化事業で、2009年2月に生駒市民から廃食用油燃料化装置が寄贈された。奈良県生駒市の地域で環境に取り組む「エコ・ユートピア」代表者の東本毅さんが、奈良県生駒市に協力を申し出たもの。装置は、家庭から出た廃食用油の水分や不純物を取り除き、1日あたり最大で100リットルのバイオディーゼル燃料(BDF)を精製することが可能となっている。贈呈式で生駒市長は、廃食用油燃料化事業を進めるのに機械が高価でネックとなっていたと述べ、今後の事業の進展に大きな弾みとなった。精製したBDFは奈良県生駒市の公用車などで使用するとしている。

雨水再利用タンクシステム情報屋上緑化情報桐箪笥タンスの販売修理情報

> 三重県津市と奈良県生駒市の地球温暖化原因防止対策はこちら

小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」

 環境省中部地方環境事務所は、小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」を作成、公表した。この小冊子は、地球温暖化や生物多様性の減少など様々な環境問題等の改善を図るために必要な「持続可能な社会」づくりを推進するため、中学生程度を対象として「日常生活で、世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動すること」を呼びかけるものとなっている。冊子は全8ページ、カラー印刷となっている。環境教育活動などに広く利用していただけるよう、中部7県(富山県石川県福井県長野県岐阜県愛知県三重県)の環境教育担当行政機関に配布するとともに、希望者にも送料実費負担で配布するとのこと。また、環境省中部地方環境事務所ホームページ(http://chubu.env.go.jp/earth/mat/m_2.html)でも、小冊子の画像が公表されている。問い合わせ先 環境省中部地方環境事務所 環境対策課 企画係 TEL:052-955-2134 FAX:052-951-8889

袴はかまレンタル卒業式情報不用品廃品ゴミ回収買取引取り処分情報医師の求人募集転職

> 小冊子「SUSTAINABLE BOOK~未来を創るための本~」はこちら