TOPページ > 検索結果

検索結果 【三菱自動車】

千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 千葉県木更津市は、共栄運輸(千葉県木更津市潮浜)と共栄海運(千葉県木更津市潮見)から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献してほしいと、三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」2台の寄贈を受けたとは発表した。共栄運輸と共栄海運の平井譲二会長から三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」のゴールデンキーを受け取った水越勇雄千葉県木更津市長は「千葉県木更津市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組んでおり、走行中、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)は環境行政推進の原動力となる」と感謝した。三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、8時間の充電で約100キロの走行が可能なため、市内を巡回する車としてはちょうどいいという。千葉県木更津市は環境部と消防本部でパトロールや防災などに活用していくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県木更津市は三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策

 ヤマト運輸(東京都中央区銀座)と三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献していくため、軽商用電気自動車(EV)を利用した集配の実証走行試験を実施すると発表した。ヤマト運輸は、集配業務等の事業活動に伴う地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を低減するため、軽商用電気自動車(EV)の採用を検討してきた。今回、ヤマト運輸の実証走行試験に軽商用電気自動車(EV)を開発中の三菱自動車が協力し、両社で軽商用EV実証走行試験車を集配に使用して実証実験を行うという。ヤマト運輸による軽商用電気自動車(EV)の走行試験は、10月15日(金)から東京都大田区内の集配業務を中心に実施する。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての、ヤマト運輸の軽商用電気自動車(EV)の実証試験には、三菱自動車の軽商用ガソリンバン「ミニキャブバン」をベースに、市販している電気自動車(EV)「i-MiEV」に搭載している専用電気自動車コンポーネントを搭載した試験車を制作し、これを実際の集配業務用車として使用する。軽商用電気自動車(EV)による集配走行でのデータを収集・分析して実用性を確認する。ヤマト運輸は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する安全・エコドライブ指導車として、三菱自動車の電気自動車(EV)i-MiEV10台を既に導入しており、今後、今回の試験結果を踏まえ、軽商用電気自動車(EV)の採用についても検討する。三菱自動車は、試験結果を自社の商品開発にフィードバックして、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する軽商用電気自動車(EV)の早期の市販化を目指すという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都中央区のヤマト運輸と港区の三菱自動車は軽商用電気自動車(EV)で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因対策はこちら

三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」のヨーロッパ向けと、フランス自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)向け車両の量産を水島製作所(岡山県倉敷市)で開始し、12月から発売する。今後、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の観点から、環境規制が厳しくなるヨーロッパでは、電気自動車(EV)の普及が期待されており、日欧の大手自動車メーカーが相次いで投入する計画だという。三菱自動車は同業他社に先駆けて、ヨーロッパ電気自動車(EV)市場に参入することで、先行利益を確保したい考えだ。益子修三菱自動車社長は同日、水島製作所で開かれた電気自動車(EV)量産開始式で、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する世界初の電気自動車(EV)量産メーカーとして今後も先頭を走っていきたい」と意気込みを語った。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)量産をスタートしたのは、三菱自動車ブランドのヨーロッパ仕様車とPSAにOEM供給する車両となっている。欧州仕様の三菱自動車の電気自動車(EV)は、英仏独など14か国で発売する。1回の充電で走れる距離が国内向け電気自動車(EV)よりも15%向上させており、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とともに、ヨーロッパの衝突・安全基準にも対応するため装備を追加している。PSAに供給する電気自動車(EV)も同様の性能及び装備となっており、PSAはプジョーブランドの「iON」として、シトロエンブランドの「C-ZERO」として販売するという。三菱自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策が追い風となっている状況下で、2010年度中にはヨーロッパ向けとPSA向けの合計で5,000台の電気自動車(EV)を生産する計画を持っている。三菱自動車とPSAは、PSAの小型商用車の電気自動車(EV)モデルを共同開発することでも合意しており、PSAは2012年にスペイン工場で電気自動車(EV)生産を開始する予定をしている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三菱自動車が岡山県倉敷市で電気自動車(EV)生産による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 イオン(千葉県千葉市美浜区)は、三菱自動車(東京都港区芝)と提携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」のデザインを活用した新しい電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」を10月1日からイオングループ211店舗で発売すると発表した。イオンは、包括業務提携を締結している三菱商事(東京都千代田区丸の内)とともに自転車部門の新たな商品展開を検討した結果、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献し、顧客の「エコ」意識が高まる商品を開発することで合意したことから、電気自動車(EV)開発で先行する三菱自動車とイオンのコラボレーションによる走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車「e-bike i-MiEVバージョン」が実現したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電動アシスト自転「e-bike i-MiEV」は、三菱自動車の電気自動車(EV)のi-MiEVのコンパクトなイメージを20型サイズの車輪を採用することで表現しているほか、カラー展開でもi-MiEV車体と同じ色を配色している。また、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車を利用する主要ユーザーである女性を意識してコンパクトで小回りが効き、小径タイプながら安定感の高い乗り心地を目指したという。さらに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のため、前かごにぴったりと入るi-MiEVのロゴを配したオリジナルのエコバッグも標準装備し、価格は9万9,800円となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 千葉県千葉市のイオンは電動アシスト自転車i-MiEVで二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策

 愛知県岡崎市にあるタクシー会社「岡陸タクシー」(愛知県岡崎市上六名3)が、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)によるタクシー営業運行を開始した。電気自動車(EV)タクシーは、愛知県内はもちろんのこと東海3県でも初めての導入となるほか、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)タクシーとしては初めて自動開閉機構を取り付けた」と同社の浅岡社長は得意げに話す。タクシー用車両は、燃料をガソリンではなく液化石油ガス(LPG)で走行するため、燃費や経済性の面ではハイブリッド車(HV)にも引けを取らないことから、同社ではこれまでハイブリッド車(HV)導入は見合わせていた。しかし、地球環境問題に優しい電気自動車(EV)タクシーの場合、エンジンはないことから何も燃料を使わずに、リチウム電池とモーターだけで走行し、しかも、走行中は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOX)などの排気ガスを一切出さないという特徴がある。このため、燃費面だけでなくクリーンであることからも、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策対策として環境問題を重視する世相に対して当社にできることを行う」として電気自動車(EV)タクシーを導入したという。社用車としては、既に2009年秋から三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」をテスト導入していた。「電気自動車(EV)のi-MiEV(アイミーブ)は、三菱自動車岡崎工場がある愛知県岡崎市にとって言わば地元産の電気自動車(EV)。実はテスト用でなく電気自動車(EV)のタクシー営業車として導入する予定だった。陸運局認可の機会を様子見していた」という。電気自動車(EV)タクシーの運行予定は、平日の8時~19時としている。待機拠点は名鉄東岡崎駅と三菱自動車岡崎工場の2箇所を予定している。現在、電気自動車(EV)の充電設備は愛知県岡崎市内の同工場と同社岡陸タクシー、さらに、岡崎市役所の3か所となっており、1回約7時間のフル充電で最大160kmの走行ができる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県岡崎市で電気自動車(EV)タクシーによる二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因対策はこちら

埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 三菱自動車(東京都港区芝)は、埼玉県さいたま市と連携し、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として「電気自動車(EV)教室モデル事業」を開始している。埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、「次世代自動車の導入と普及」を推進する「E-KIZUNAプロジェクト」を実施しており、三菱自動車は、さいたま市の電気自動車(EV)の普及促進活動に協力するという。今回は、その一環として、次世代を担うさいたま市の小学生に対して走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)に対する理解を深めてもらうことを目的に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業を実施している。2010年度の対象としては、埼玉県さいたま市内の小学校5校を訪問して体験型の授業を行い、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策について理解を深めるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)教室モデル事業では、性能や社会的意義についての理解を促すため、三菱自動車が教材の提供や講師をさいたま市に派遣している。電気自動車(EV)教室モデル事業の内容としては、三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」(アイ・ミーブ)の体験試乗を中心とした環境体験授業や、三菱自動車のデザイナーやモデラーの指導によるデザイン体験授業をさいたま市の子供たちに対して実施している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 埼玉県さいたま市が電気自動車(EV)普及による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市は9月21日から、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、岡山市内観光用に電気自動車(EV)の無料レンタルを始めると発表した。9月19日から二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の無料レンタルを受け付けるという。電気自動車(EV)の無料レンタルによる貸し出しは、岡山県と倉敷市が休日に限って行っているが、平日のレンタルの実施は岡山県内で初の試みだという。岡山市環境保全課では「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる環境問題に優しい電気自動車(EV)で岡山市の郊外まで足を運んでほしい」と話している。これは、岡山市による本格的な電気自動車(EV)普及に向けた、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験の一環の取組みであり、岡山市内観光向けの電気自動車(EV)レンタルの可能性を探るという。このため、レンタル利用者には電気自動車(EV)の乗り心地や充電施設に関するアンケートを行うほか、電気自動車(EV)の走行データを収集することとしており、実施期間は12月20日までの3か月間となっている。今回の電気自動車(EV)の無料レンタルは、岡山市がオリックス自動車(東京都港区)に委託して実施するもので、同社の店舗で電気自動車(EV)を貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいる鹿児島県屋久島町や京都府京都市などに続いて国内で5番目の取組みになる。今回は岡山市内のレンタカー2店舗で三菱自動車の電気自動車(EV)「アイミーブ」1台ずつを貸し出す。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、午前8時から午後8時までの12時間で、事前予約はレンタカージャパレン岡山駅東口営業所で受け付ける。電気自動車(EV)無料レンタルの貸し出しは、岡山市内を観光することが条件で1人1回に限るが、電気自動車(EV)のレンタルは岡山市民以外も可能だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市が電気自動車(EV)の無料レンタルで二酸化炭素(CO2)削減する地球温暖化の原因対策はこちら

クリーンディーゼルエンジンSUVで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界最高水準の厳しい自動車排出ガス規制「ポスト新長期規制」をクリアした新世代のディーゼルエンジンであるクリーンディーゼルエンジンを搭載したSUVが注目を集めている。かつてディーゼル車といえば、黒い排気ガスと騒音、振動が激しく、環境問題にも悪いというイメージであった。厳しい規制やディーゼル車の人気低迷もあり、国内の市場から姿を消したが、環境対応技術の進展で規制適応車が販売されている。エコカー補助金が9月の途中で打ち切られたことからも、環境問題をクリアーして、燃費もよいなど経済性にも優れたクリーンディーゼル車が新たな地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のエコカーとして消費者の選択肢の一つに入ってきた。日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、平成20年に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の排ガス規制に適応したクリーンディーゼル車のSUV「エクストレイル」を発売したが、マニュアル車(MT)のみだったクリーンディーゼル車の売り上げは5%にも満たなかったという。しかし、今年7月にオートマチックのクリーンディーゼル車を発売すると、クリーンディーゼル車の売り上げはエクストレイルSUV全体の35%にまでになったという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策をされたクリーンディーゼル車は予想を超える売れ行きで、オートマチックのクリーンディーゼル車の発売を待ち望んでいた方が多かったようだ。クリーンディーゼル車は経済性に加え、2リッターエンジンでありながら3.5リッターガソリンエンジン並みのトルクと、2.5リッターガソリンエンジンと同等の馬力が得られるのが魅力である。一方、三菱自動車(東京都港区芝)は、同社のフラッグシップSUV「パジェロ」の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を施したクリーンディーゼル車を9月16日に発売している。3.2リッターのクリーンディーゼルエンジンを搭載し、10・15モード燃費で従来型エンジンに比べて6%向上し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を6%削減。出力やトルクも向上し、同社を代表するSUV(スポーツ用多目的車)にふさわしい性能となっている。大きな車体を動かすにはトルクのあるクリーンディーゼルエンジンの方が適している。しかも、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策もきっちりとされているほか、クリーンディーゼル車は長い距離を走れば走るほど燃費の優位さもある。クリーンディーゼル車は環境問題からも、経済合理性からも十分な選択肢となる。低回転域から大きなトルクが得られるクリーンディーゼル車は熱効率が高く、燃費もガソリン車を上回るほか、ガソリンよりも単価の安い軽油を使用することから、経済性にも優れているのが特長である。さらに、クリーンディーゼル車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がガソリン車に比べてはるかに少なく、環境問題への負荷も小さいことから、ヨーロッパでは乗用車全体のほぼ半数がクリーンディーゼル車だという。しかし、クリーンディーゼル車は、圧縮爆発に対応する頑丈な設計が必要なことからエンジンが重く、コストもかさむことから、ガソリン車に比べて車両価格が高くなる。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> クリーンディーゼルエンジンSUVで二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策

 走行時に二酸化炭素(CO2)などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない電気自動車(EV)の販売に、各自動車メーカー各社で熱が入っている。国内初の個人向け販売を行った三菱自動車(東京都港区)の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、納車されるまで数か月待ちの状態が続いている。電気自動車(EV)用の充電スポットの設置も進んでおり、自治体によっては設置補助金を出しているところもある。三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブはベースとなる軽自動車「アイ」とほぼ同じ大きさで、最大出力も64馬力と同じだが、低速域のトルクはかなり大きい。電気自動車(EV)だけに走行中の車内音も静かで、タイヤの接地音とエアコンの作動音が聞こえるだけで、変速ショックもないという。電気自動車(EV)の減速時にはモーターが発電機として蓄電池に電気を蓄える仕組みとなっている。アイ・ミーブがフル充電で走れる距離は約160kmとなっている。電気自動車(EV)の充電口は車体の両側にあり、左側は急速充電用であり、右側の通常充電用は100ボルト又は200ボルトのコンセントに対応しており、100ボルトであれば14時間でフル充電可能だという。ちなみに、大阪府内には現在16基の電気自動車(EV)用の急速充電スポットがあり、「おおさか充電インフラネットワーク」に登録すれば無料で充電できるという。また、アイ・ミーブの電気自動車(EV)は398万円だが、政府の電気自動車(EV)補助金交付を受ければ実質284万円になるが、既に納車待ちの人気となっている。日産自動車(神奈川県横浜市)が12月に発売予定している普通乗用車サイズの電気自動車(EV)「リーフ」は、既に予約だけで販売目標6000台をクリアしたという。本田技研工業(東京都港区南青山)は、2012年に日米で電気自動車(EV)を発売することを表明している。トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)は、電気自動車(EV)開発で有名なアメリカのテスラ・モーターズ社と資本業務提携し、2012年にアメリカで電気自動車(EV)を発売する。一方、2011年にはリーフの電気自動車(EV)タクシー50台が大阪府大阪市内に登場し、専用タクシー乗り場も設けられるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策はこちら

石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策

 石川県金沢市は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として、三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴ」1台を公用車に導入したと発表した。温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策として公用車に電気自動車(EV)を導入するのは、石川県内の地方自治体で初めてのことになるという。地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)の公用車にかかる費用は、5年間のリース契約で月5万2710円になるという。電気自動車(EV)の公用車は、金沢市役所の環境政策課の職員が日常業務で使用するほか、地域の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化の原因対策の啓発活動などで役立てる予定をしているという。電気自動車(EV)の公用車は、白をベースにした車体に、梅の花をモチーフにした梅鉢と雪つりをあしらった金沢市らしい外観で、これは金沢美術工芸大学の志知さんがデザインしたものである。金沢市役所であった電気自動車(EV)の出発式では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減などの環境問題に対する理解を深めるために活動している「金沢市こども環境キャラバン隊」の小学生20人ほどが参加し、金沢市役所の職員の説明を受けていた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 石川県金沢市は電気自動車EVの公用車で二酸化炭素(CO2)削減による地球温暖化の原因対策はこちら

長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減

 総合物流の鈴与グループの商社である鈴与商事(静岡県静岡市)は、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて、この9月から長野県松本市内において電気自動車(EV)のレンタカーを開始すると発表した。電気自動車(EV)5台を導入して、長野県松本市内の同社の営業所や長野県営松本空港などでレンタカーのレンタルを受け付けるという。松本市の今回のような電気自動車(EV)レンタカーの本格的な営業は長野県内で初めてのこととなるという。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を走行時にまったく排出しないなど、環境問題に優しい電気自動車(EV)レンタカーや電気自動車(EV)タクシーは、長野県の松本市が観光の目玉に据えようと積極的に導入を推進しており、鈴与商事が松本市に賛同して取り組むことになったといい、長野県営松本空港利用促進の面でも期待されている。なお、長野県営松本空港に就航しているフジドリームエアラインズ(静岡県牧之原市)も鈴与グループの会社である。松本市内に導入される電気自動車(EV)は、三菱自動車(東京都港区芝)製の「i-MiEV(アイミーブ)」で、子会社が運営する「エックスレンタカー松本駅前営業所」(長野県松本市深志)に配備する。電気自動車(EV)に必要となる充電設備に関しては、同営業所と長野県中南信地区の鈴与グループのガソリンスタンド計15か所に整備するという。そこでの充電は当面、無料にして一般の他の電気自動車(EV)利用者にも開放するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 長野県松本市は電気自動車(EV)レンタカーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減はこちら