TOPページ > 検索結果

検索結果 【レンタル】

東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝三丁目)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダ(東京都港区南青山)のハイブリッドカー(HV)のフィットハイブリッドHVをオリックス自動車のレンタカー用及びカーシェアリング用に合計743台導入すると発表した。オリックス自動車のレンタカーとカーシェアリング用の車両としてハイブリッドカー(HV)の品ぞろえを増やすことで、利用者の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策と燃料コストの削減に貢献する。オリックス自動車は、これまでも地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、ホンダのハイブリッドカー(HV)インサイトをレンタカーとして400台導入したほか、カーシェアリング全車両に二酸化炭素(CO2)排出量削減のカーボンオフセットを導入するなど、環境問題に配慮した取り組みを強化してきている。フィットハイブリッドHVのレンタカーでは、オリックス自動車全国457拠点に643台を配備し、11月12日からレンタルを開始するという。フィットハイブリッドHVのカーシェアリングは、12月中旬から首都圏・中部エリアで、2011年1月から大阪エリアで、の合計70拠点に100台を配備するという。また、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のフィットハイブリッドHV導入を記念して、オリックス自動車では、キャンペーンを11月12日から2011年3月31日まで実施する。期間中、オリックス自動車の対象店舗では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策キャンペーンとして、フィットハイブリッドHVのレンタル料金を通常料金の20%割引でレンタルする。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 東京都港区のオリックス自動車はフィットハイブリッドHVのレンタカー・カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

いわて銀河鉄道は岩手県盛岡市でレンタル自転車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策

 IGRいわて銀河鉄道(岩手県盛岡市上田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として、自転車レンタルサービスを始めている。いわて銀河鉄道が走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車利用促進策として、2005年から実施している自転車のレンタルサービスの拠点に、今年から、いわて銀河鉄道の滝沢駅(岩手県岩手郡滝沢村)を追加し、渋民駅(岩手県盛岡市玉山区)、二戸駅(岩手県二戸市石切所)、金田一温泉駅(岩手県二戸市金田一)の4駅で実施している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を効果的に進めていくため、今年は自転車のレンタルサービスの料金面でも、昨年までの1時間300円のレンタル料金を1日300円のレンタル料金に引き下げ、ペア利用で500円のレンタル料金にするなど、より自転車をレンタルしやすい価格に見直した。いわて銀河鉄道の定期券を持っていると、さらにレンタル料金は安くなり、1日100円でレンタルできるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としてのレンタル自転車の台数は、滝沢駅18台、渋民駅6台、二戸駅4台、金田一温泉駅4台となっている。いわて銀河鉄道では、「近くにキャンパスがある岩手県立大学(岩手県岩手郡滝沢村)は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に力を入れていることから、同大学の大学生のレンタル利用を見込んで滝沢駅に多く自転車を設置した。今年は全体で延べ500台のレンタル自転車の利用を見込んでいる」と話している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する自転車のレンタル時間は、いわて銀河鉄道の各駅窓口の営業時間と同じとなっている。自転車のレンタルの予約は必須ではないが、いわて銀河鉄道では事前のレンタル予約が確実だと話している。自転車のレンタルの予約は当日から翌月分までできるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> いわて銀河鉄道は岩手県盛岡市でレンタル自転車による二酸化炭素(CO2)排出量削減で地球温暖化の原因防止対策はこちら

三重県四日市市は自転車レンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 三重県四日市市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、自転車で走れる街づくりを推進しており、市民に三重県四日市市の中心街で気楽にレンタルしてもらおうと、有料の貸自転車「こにゅうどうレンタサイクル」を始めた。三重県四日市市の担当者は「走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないレンタル自転車は、環境問題に優しく、健康的な乗り物なのでレンタサイクルを四日市市内の買い物などにぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。三重県四日市市によると、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のレンタサイクルのレンタル場所は、近鉄四日市駅(三重県四日市市安島)北口駐輪場及びJR四日市駅(三重県四日市市本町)構内の2か所となっている。レンタサイクルでは、三重県四日市市のマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」を描いたプレートを付けたレンタル自転車60台と電動アシスト自転車5台を貸し出し、月~土曜は午前7時~午後8時、日祝日は午前8時~午後4時の間でレンタルの貸出を行っている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を推進するという観点から、レンタサイクルの料金は1日たったの120円で、翌朝午前10時までレンタルして利用できるが、借りた場所へ返却する必要がある。昨年実施した三重県四日市市のレンタサイクルの社会実験では、1日当たりの平均利用台数は、レンタル料金が無料の場合で54台、1回100円のレンタルの場合は27台だった。三重県四日市市都市計画課は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として取り組んでいるレンタサイクルは、乗り付け駅の貸出所に無料で駐輪できるので、一度利用してもらえば便利さが理解され、レンタルのリピーターは多いはず」と、今後のレンタル利用者増に期待している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 三重県四日市市は自転車レンタルで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策

 オリックス自動車(東京都港区芝)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に取り組み、環境問題に配慮した自動車関連サービスを推進する一環として、10月1日から沖縄県本島で、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車レンタル「eチャリ」を始めている。オリックス自動車では、昨今の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への意識の高まりや健康志向による自転車の積極活用が見込まれることから、カーシェアリング及びレンタカーを始めとするオリックス自動車のサービスの一つとして、首都圏及び近畿圏を中心に走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動アシスト自転車のレンタル「eチャリ」事業を開始している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、沖縄県本島にあるオリックスのレンタカー店舗6店に電動アシスト自転車を20台導入し、レンタルを開始した。導入する自転車は、パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市片山町)の電動アシスト自転車「リチウムビビ・ラッテ」である。この沖縄県の6店舗間では乗り捨てが可能なワンウェイ利用ができるという。オリックス自動車では、今回の沖縄県本島への電動アシスト自転車レンタルの導入に当たり、10月14日からレンタルサービス開始記念キャンペーンを実施するという。電動アシスト自転車レンタル料金を特別料金で実施する、電動アシスト自転車専用のパーソナルナビゲーションシステムのレンタル料金を一律50%割引の250円で行うほか、レンタカードライブマップなどをプレゼントする。オリックス自動車は、これまで沖縄県内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題に配慮した取組みとして、2月から沖縄県西表島で三菱自動車工業の電気自動車(EV)「i-MiEV」6台を導入してオリックス自動車初となる電気自動車(EV)のレンタカーを始めたほか、西表島において7月から電動アシスト自転車レンタルの「eチャリ」も行っている。オリックス自動車では、今後とも自社の事業活動における環境問題対策を推進するとともに、環境負荷低減に対する活動を関連サービス事業を通じてサポートしながら、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を始めとした環境問題に取り組んでいくという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> オリックス自動車は沖縄県で電動アシスト自転車レンタルによる二酸化炭素(CO2)排出削減の地球温暖化の原因防止対策はこちら

二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車エネループバイクで地球温暖化の原因防止対策

 三洋電機(大阪府守口市京阪本通)の子会社の三洋アジアは、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する充電式電池を搭載した電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」をシンガポールで本格普及させる取組みを始めた。現行規定では、この電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」は公道で利用できる最大出力を上回っているものの、安全性や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への有効性を実証することで認可取得を目指すという。電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、シンガポールが環境配慮型の乗り物を推進する取組みの「Eモビリティー・ソリューション」に適合する乗り物として政府に普及を訴えるという。具体的には、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車「エネループバイク」のレンタルやシェアリングといった形態での利用促進を目指していく。シンガポールでは国内道路の渋滞が悪化していることから、「自動車から電動ハイブリッド自転車のエネループバイクへの乗り換えが進めば、渋滞緩和策に加えて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としても有効である点もアピールできる」とコメントしている。シンガポール政府は地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの中で、クリーンな交通手段の利用拡大に向けてディーゼルやハイブリッドといったバス車両、電気自動車(EV)、ディーゼル車の排ガスフィルターなどの実証実験を行ってきている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない自転車専用道の整備に対しても、今後5年で4,300万Sドルを投資する計画だという。三洋アジアは、今年から、シンガポールのセントーサ島で地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電動立ち乗り二輪車「セグウエイ」のレンタルを手掛けるゴーグリーン社の店舗に、レンタル用の電動ハイブリッド自転車エネループバイク20台を設置している。これを1時間16Sドルで貸し出すほか、電動ハイブリッド自転車エネループバイクを利用して歴史的観光名所をめぐるツアーも提供している。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないとはいうものの、電動ハイブリッド自転車エネループバイクのモーター出力は250ワットあることから、シンガポール政府が公道用電動自転車に対し認めている最大出力200ワットを上回っている。セントーサ島での電動ハイブリッド自転車エネループバイクのレンタルを通じて安全性や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策への有効性が実証できれば、公道での利用が認められる可能性もあると交渉を進めているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)を排出しない電動ハイブリッド自転車エネループバイクで地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因対策として北九州市内の小倉北区中心部などで貸出しされている電動自転車「シティバイク」の公務でのレンタル利用を開始すると発表した。レンタル電動自転車の利用は、車の駐車が難しい北九州市内の都心部での北九州市職員の移動手段にすることによって、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、環境モデル都市として「脱自動車」を図る目的もあるという。福岡県で北九州市のように公務で電動自転車のレンタル利用を行うのは初めてのことだという。北橋健治北九州市長は「電動自転車のレンタルは地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)を排出しない地球に優しい移動手段になる。北九州市職員が率先して使用することで、北九州市内の企業や市民にも身近な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一つとしてレンタルしてほしい」と期待しているという。地球温暖化の原因対策に貢献するレンタル電動自転車のシティバイクは、北九州市内のNPO法人「タウンモービルネットワーク北九州」が運営している。二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車のレンタルや返却ができるサイクルステーションが北九州市小倉北区のJR小倉駅や小倉北区役所など中心部に7か所、八幡東区のJRスペースワールド駅や八幡東区役所など東田地区に3か所設置されており、電動自転車116台を24時間レンタルして利用することができ、レンタルした電動自転車は、借りたステーションとは違う場所に返すこともできるという。北九州市では、地球温暖化の原因対策としてネットワークと法人レンタル契約を結び、二酸化炭素(CO2)を排出しない電動自転車を使用する課ごとに使用者の登録を行ってレンタル会員カードの発行を受けることになる。地球温暖化の原因対策の電動自転車の基本レンタル料金は無料で、1時間ごとに105円のレンタル利用料金を支払うことになるという。北九州市役所本庁、小倉北区役所、八幡東区役所の職員が企業との打ち合わせや工事現場の監督、ケースワーカーの調査などでレンタルするという。地球温暖化の原因対策に貢献するシティバイクの電動自転車は、3月27日から北九州市内でレンタルが始まり、これまでに会員レンタル及び一時レンタルを含めて3363台のレンタルがあったという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市はレンタル電動自転車で二酸化炭素(CO2)削減して地球温暖化の原因対策はこちら

沖縄県名護市の電動二輪車レンタルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減

 地球温暖化の原因対策温室効果ガス二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する乗り物として、電気自動車とともに電動二輪車や電動アシスト自転車に注目が集まっている。これらは、製造時はともかく、運転時には地球温暖化の原因対策の温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)をまったく排出しないからである。住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)は、沖縄県名護市で大型リゾート施設を運営するカヌチャベイリゾートと業務提携し、地球温暖化の原因対策として電動二輪車をレジャー用車両として活用することを決めたと発表した。電動二輪車は今年末をめどに導入する予定で、カヌチャベイリゾート利用客へのレンタルを通じて地球温暖化の原因防止対策の重要性をアピールしていくという。カヌチャベイリゾートは、沖縄本島北部に位置する長期滞在型リゾートで、80万坪の広大な敷地には、ホテル、ゴルフ場、コンドミニアムなどを擁し、子供からシニアまで楽しめる幅広いアクティビティを用意している。カヌチャベイリゾートは、運営に当たって環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」シリーズの認証を取得するなど、環境保全活動に力を入れている。その一環として同社は、住友三井オートサービスとの間でリース契約を結び、100%電気で駆動するヤマハ発動機(静岡県磐田市)製電動二輪車「EC-03」を2台導入し、国内で初めてレジャーに生かすという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 沖縄県名護市の電動二輪車レンタルで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出削減はこちら

ニッポンレンタカーが広島県で電気自動車(EV)レンタルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減

 広島県地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のために進めている「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」にニッポンレンタカーサービスが参画し、2010年10月から広島県内の営業所7か所で電気自動車(EV)のレンタルサービスを開始する。ニッポンレンタカーが広島県において実施する電気自動車(EV)レンタルサービスは、三菱自動車のi-Mi電気自動車(EV)を5台のほか、今年度発売予定の日産自動車リーフ2台の計7台を、広島県の広島駅前営業所や福山営業所など主なニッポンレンタカー営業所7か所でレンタルで貸し出しを行う。電気自動車(EV)のレンタカーのレンタルでの貸し出しは、神奈川県横浜駅東口営業所、長崎県五島福江営業所に続くもので、電気自動車(EV)配備台数、営業所数がこれまでの中で最大規模となる。電気自動車(EV)のレンタル料金は、三菱自動車i-Mi電気自動車(EV)の12時間利用で4120円で、日産リーフのレンタル料金については現在検討中だという。広島県は温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する地球温暖化対策の一環として、「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」を立ち上げ、電気自動車(EV)の普及に力を注いでいる。「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」は、広島県と民間補助事業者が協力し、電気自動車(EV)の貸し出しや充電器の整備など、広島県民に対し電気自動車(EV)の性能を実感できる機会を提供することを目的として実施されている。ニッポンレンタカーでは、2012年度までにレンタル車両のうち電気自動車(EV)など環境対応車両の占める比率を乗用車のレンタカー全体の90%以上に引き上げることを目標にしており、その一環として「ひろしま電気自動車(EV)タウン推進事業」への参画を行っている。広島県内では、ニッポンレンタカーが中心となり、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のための企業グループ「ゼロエミッションで動こう!ひろしま」を組織しており、電気自動車(EV)の充電器の整備を行う地元広島県の企業ウインドカー中国東や観光事業者などと協力しながら、電気自動車(EV)普及の促進を目指している。

> ニッポンレンタカーが広島県で電気自動車(EV)レンタルによる地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減はこちら