TOPページ > 検索結果

検索結果 【リーフ】

神奈川県相模原市地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)を導入

 神奈川県相模原市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策の一環として、走行時に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)5台を神奈川県相模原市役所の公用車として導入したと発表があった。神奈川県相模原市役所前で電気自動車(EV)の導入式が行われ、大学生がデザインしたかわいらしい電気自動車(EV)が披露された。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、神奈川県相模原市が導入した電気自動車(EV)は、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」2台と三菱自動車の電気自動車(EV)「アイ・ミーヴi-MiEV」3台の計5台となっている。このうち、リーフは神奈川県相模原市市役所に配置し、アイ・ミーヴは神奈川県相模原市の各区に1台ずつ配置されるという。電気自動車(EV)はリース契約で導入し、リース費用は年間で約340万円になるという。神奈川県相模原市では、電気自動車(EV)を公用車として日常業務に使用するほか、神奈川県相模原市主催の様々なイベントなどで活用し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の啓発や電気自動車(EV)の普及啓発を行う予定だという。神奈川県相模原市は電気自動車(EV)アイ・ミーヴの外装デザインを女子美術大学に依頼し、神奈川県相模原市内の自然や街並みをイメージしたデザインとなった。導入式で加山俊夫神奈川県相模原市長は「これを機に、神奈川県相模原市として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に対応する環境共生都市づくりを推進してまいりたい」と挨拶を行った。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県相模原市地球温暖化の原因対策で電気自動車(EV)を導入はこちら

神奈川県厚木市は環境問題対策で電気自動車(EV)リーフを導入

 神奈川県厚木市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、公用車に環境問題に優しい日産自動車の電気自動車(EV)LEAF(リーフ)を新たに2台導入したと発表した。電気自動車(EV)のセレモニーは、小林常良神奈川県厚木市長や日産自動車テクニカルセンターの代表が出席し、神奈川県厚木市本庁舎の西側駐車場に設置された電気自動車(EV)用の急速充電器前で導入式が開催された。電気自動車(EV)の導入は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策など、神奈川県厚木市の環境対策の一環として取組んでいるという。神奈川県厚木市では、平成21年3月に三菱自動車の電気自動車(EV)のアイミーブが初めて導入され、今回の日産自動車の電気自動車(EV)のリーフで計3台目となるという。また、神奈川県厚木市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、平成21年10月から市民向けに「神奈川県厚木市電気自動車購入奨励金制度」を新設し、電気自動車(EV)の普及を図っている。神奈川県厚木市民に対して、より購入しやすい環境を整備し、電気自動車(EV)のさらなる普及を図る目的だという。今後、神奈川県厚木市役所本庁舎に設置され、24時間無料で利用できる電気自動車(EV)用の急速充電器についても市民に周知していく。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県厚木市は環境問題対策で電気自動車(EV)リーフを導入はこちら

埼玉県さいたま市へ日産自動車が電気自動車(EV)リーフを納車

 埼玉県さいたま市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減環境問題対策として、電気自動車(EV)普及推進に向けた取組み「E-KIZUNA Project」を実施している。日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、今般、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しない電気自動車(EV)の「リーフ」を埼玉県さいたま市に納車したと発表した。今回の電気自動車(EV)は、埼玉県さいたま市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、今年度導入予定である日産自動車の「リーフ」9台のうち、埼玉県さいたま市長車など3台を先行して納車したものになっているという。日産自動車は、2009年11月に埼玉県さいたま市と、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、埼玉県さいたま市が進める市民・事業者・行政が一体となったEV普及のための「E-KIZUNA Project」を協働で推進していくことに合意しており、パートナーシップ協定を締結している。2010年8月は、プロジェクトの一環として、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の電気自動車(EV)の普及を目指した取組である「the new action TOUR」も埼玉県さいたま市で開催した。日産自動車では、今回の埼玉県さいたま市への納車に関して、「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に関し、意欲的な挑戦を続けられる埼玉県さいたま市に対して、本日、電気自動車(EV)のリーフを納車することができ大変嬉しく、『E-KIZUNA Project』へも貢献をしていきたい」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 埼玉県さいたま市へ日産自動車が電気自動車(EV)リーフを納車はこちら

静岡県静岡市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフなどのイベント

 静岡県静岡市葵区にある青葉シンボルロードにおいて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を考えるイベント「しずおかSTOP温暖化フェスタ2010」が開催された。イベントでは、最新の電気自動車(EV)や電動バイクが展示されている。静岡県静岡市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策を推進しているが、自家用車などの運輸部門からの二酸化炭素(CO2)排出量が全体の約30%を占めているという。このため、環境問題への負荷が少ない電気自動車(EV)を市民にPRし、地球温暖化対策を身近に感じてもらおうと、静岡県静岡市や静岡県などが主催して開催した。会場では、12月20日に発売される日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」など4台の電気自動車が一足先にお披露目され、このほか2台の電動バイクが展示された。夕方には、青葉シンボルロード周囲のイルミネーションや店舗の明かりを暗くし、約2,000個の幻想的な蝋燭で道を照らす「キャンドルナイト」も実施された。見学者は、電気自動車は欲しいけど、価格が問題だと話していた。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 静岡県静岡市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフなどのイベントはこちら

神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅

 神奈川県横浜市都筑区内で、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、全国初の取組みになる電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅について、関係者が来年1月に発売する計画を発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の価格は、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」とセット販売で6千万円程度になるという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅の開発・販売を手掛ける工藤建設(神奈川県横浜市青葉区)は「次世代の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策住宅はこうなるというモデルになるはず。」と話している。今般、神奈川県庁において松沢成文知事に対して電気自動車(EV)付き住宅の計画概要を説明した。その計画によると、建売住宅に太陽光発電システムや家庭用燃料電池システムを備えることによって、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量を従来に比べ7~8割削減することが可能になっているという。さらに、太陽光発電システムで発電した電力を東京電力に売電することによって、日常の光熱費はゼロになり、電気自動車(EV)リーフへの充電も賄うことが可能になるという。この取組みに対して、松沢神奈川県知事は「地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、電気自動車(EV)普及を積極的に推進する神奈川県にとってマッチした素晴らしい取り組み」と絶賛した。電気自動車(EV)付き一戸建て建売住宅事業に参画する横浜銀行(神奈川県横浜市)は、今回、最も低い住宅ローン金利を特別に設定したという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の住宅とセットになる電気自動車(EV)「リーフ」を販売する日産自動車では、「電気自動車(EV)のリーフはエコ住宅とベストマッチする車だ」とコメントしている。建物の第1期販売のうち1棟はモデル住宅として位置づけ、実証実験しデータを集めるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 神奈川県横浜市で日産自動車の電気自動車(EV)リーフ付き住宅はこちら

日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策

 日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するエコカーとして、12月から日本とアメリカで発売する電気自動車(EV)リーフの生産を日産自動車追浜工場(神奈川県横須賀市)で始めた。電気自動車(EV)リーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を全く排出しないゼロエミッションカーで、日産自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)を次世代エコカーの主役と位置づけており、電気自動車(EV)リーフ発売が秒読み段階にに入ったという。日産自動車が発売する電気自動車(EV)リーフがフル充電での走行距離は約160キロで、日本での販売価格は376万円となり、国の補助金を差し引くと299万円となるという。日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の主役として、電気自動車(EV)リーフの年間生産台数をルノー分も含めて2012年に50万台に引き上げる考えを表明している。電気自動車(EV)リーフを最初に生産する神奈川県横須賀市の日産自動車追浜工場では、生産効率を高めるため、小型車「キューブ」などと同じ生産ラインで製造するという。日産自動車では、電気自動車(EV)リーフを11月にアメリカ向けの輸出を開始し、12月にはヨーロッパ向けの輸出も始めて2011年1月から販売する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 日産自動車は神奈川県横須賀市で補助金の出る電気自動車(EV)リーフによる二酸化炭素(CO2)排出量削減する地球温暖化の原因防止対策はこちら

大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 大阪府大阪市で、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の取組みの一環として、オリックス自動車(東京都港区芝)、日本ユニシス(東京都江東区豊洲)、イード(東京都中野区中央)、ジェーシービーJCB(東京都港区南青山)の協力の下、2011年1月から、電気自動車(EV)の共同利用事業プロジェクトを発足する。これは、環境省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策事業として実施している、平成22年度地球温暖化対策技術開発等事業において「電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)に関する技術開発」の採択を受けた取組みである。Autolib(オートリブ)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、フランスのパリ市で2011年から運用開始予定となっている電気自動車(EV)カーシェアリングで、3000台の電気自動車(EV)と1000か所の電気自動車(EV)カーステーションを設け、24時間365日電気自動車(EV)を利用可能とするものである。現在、パリ市が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として行っている自転車貸出システム「Velib(ヴェリブ)」が成功したことから、電気自動車(EV)カーシェアリングにおいても同様に無人で貸出・返却を行おうとするものである。今回の電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府大阪市において、日本版オートリブの実現に向けた技術開発を行うという。電気自動車(EV)による日本版Autolib(オートリブ)プロジェクトでは、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の電気自動車(EV)「リーフ」用のカーシェアリングシステムや、大阪府が推進し近畿圏への普及を目指す「大阪府充電インフラネットワーク」利用時にエコ・アクション・ポイントが付与される仕組みのほか、電気自動車(EV)利用時に目的地までの走行距離確認や充電場所情報をスマートフォンで入手できる情報提供システムなどといった、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として大阪府下で電気自動車(EV)社会の普及推進に向けたサービスを開発するという。このうち、オリックス自動車は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、「充電インフラシステムと連携した電気自動車(EV)カーシェアリングシステムの開発」を目的とし、電気自動車(EV)リーフ用カーシェアリング車載装置の開発や、大阪府内内でのワンウェイ(乗り捨て)運用ロジックの開発を担当する。日本ユニシスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)カーシェアリングシステム、充電場所情報提供システム、エコ・アクション・ポイントシステムとのシステム連携を開発する。イードは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、電気自動車(EV)の大阪府内の充電場所情報提供システムの開発として、貸出用電気自動車(EV)の出発地から目的地までの走行距離事前確認、走行ルート周辺部の電気自動車(EV)充電可能場所の確認、また、日本ユニシスと連携し大阪府内の充電スタンドの満空情報の提供システムを開発する。ジェーシービーは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、大阪府のエコ・アクション・ポイント利用における電気自動車(EV)充電インフラと、ユーザーインターフェースについて開発を行う。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての大阪府の実証事業の3年計画のうち、1年目は12台の日産自動車の電気自動車(EV)リーフを導入予定であり、3年後には約50台の電気自動車(EV)導入を大阪府は計画しているという。また、大阪府は、2011年度以降には、大阪府内で電気自動車(EV)のワンウェイ利用の実証実験を行うなど、カーシェアリングの利便性をさらに向上させるためのサービスの開発を計画しているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 大阪府は電気自動車(EV)のAutolib(オートリブ)カーシェアリングで二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

群馬県は電気自動車(EV)開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、群馬大学(群馬県前橋市荒牧町)や群馬県内の企業、群馬県が連携して電気自動車(EV)の開発を進めている「群馬大学次世代電気自動車(EV)研究会」が、試作電気自動車(EV)「TT1」を完成させたと発表した。試作電気自動車(EV)は、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出することもなく、一人乗り用に超小型化して既存電気自動車(EV)との差別化を図り、量産化も視野に入れているという。群馬県前橋市亀里町の群馬県立群馬産業技術センターで開発に携わった群馬大学工学部の松村修二客員教授が電気自動車(EV)の開発の経緯などについて講演した。電気自動車(EV)はガソリン車に比べて地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が少なく、燃料代も安く抑えられるため新しい交通手段として注目されている。試作電気自動車(EV)は、同研究会に参加しているデザイン設計会社「シンクトゥギャザー」(群馬県太田市)や群馬県内の自動車部品メーカーなどが5月から設計・開発を始め、8月に完成させたという。三菱自動車(東京都港区芝)の「i-MiEV」や日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)の「リーフ」などの電気自動車(EV)との違いを出すために軽量化を図り、一人乗りで超小型のマイクロ電気自動車(EV)としたという。今回の電気自動車(EV)は二代目で、将来の量産化を目指して汎用部品を使うなど、初代電気自動車(EV)を改良したものとなっている。電気自動車(EV)の車体は、アルミ製で全長約2.5メートル、幅約1.3メートル、高さ約1.4メートルで最高時速は60キロとなっている。電気は家庭用コンセントで充電することが可能であり、2時間の充電で30キロ走ることができる。電気自動車(EV)は、今回、正式に原動機付き四輪自転車としてナンバーを取得し、公道で走行実験しながら動力性能を再度確認している。将来的には群馬県内の中小企業がこの電気自動車(EV)を生産し、高齢者や主婦などへの普及を目指しているという。講演会はNPO法人群馬県ものづくり研究会(群馬県前橋市亀里町)が開催し、群馬県の製造業者など約80人が参加した。松村教授は、マイクロ電気自動車(EV)は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策にもつながり、しかも、4人乗り自動車よりも税金が安く、太陽光発電など自然エネルギーを使えることなどを説明した。群馬県は全国的にも自動車の保有率が高い。高齢化が進んで手ごろな車の需要が増えれば、マイクロ電気自動車(EV)は最適と考えると話した。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 群馬県は電気自動車(EV)開発で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市環境問題にやさしい社会づくりを目指し、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)を普及させようというイベントが北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30)で開催されている。「ザ・ニューアクションツアー」と銘打ったイベントは、走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)と福岡県北九州市が開催した。電気自動車(EV)の普及によって地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を行い、環境汚染のない社会を実現させようと、日産自動車と福岡県北九州市が共催して電気自動車(EV)の充電施設の整備などを進めている。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のイベントでは、福岡県北九州市の北橋市長が自ら、日産自動車から今年12月に発売される電気自動車(EV)「リーフ」に試乗し、乗り心地や走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない性能を確かめていた。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組むという、国の環境モデル都市に選定されている福岡県北九州市は、2013年度までに50台の電気自動車(EV)リーフを導入するとともに、電気自動車(EV)の充電施設の整備を進めていく方針だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)による地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 住友三井オートサービス(東京都新宿区西新宿)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環の取組みとして、日産自動車(神奈川県横浜市西区高島)が2010年12月に販売する予定の走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しない環境問題を考慮した電気自動車(EV)「リーフ」を社用車として5台導入すると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に寄与する電気自動車(EV)の日産リーフは、東京本社(東京都新宿区西新宿)、大阪本社(大阪府大阪市中央区今橋)、横浜支店(神奈川県横浜市西区みなとみらい)、名古屋支店(愛知県名古屋市中区錦)、福岡支店(福岡県福岡市博多区博多駅前)の5拠点へ配備し、営業用と顧客向け電気自動車(EV)デモカーとして活用するという。住友三井オートサービスは、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の日産リーフのリースについて、導入から周辺サポート、導入後の電気自動車(EV)のメンテナンスまでのワンストップサービスを展開している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の日産リーフを導入することで、社員自らが電気自動車(EV)を実際に使用して深く理解し、顧客に対して電気自動車(EV)の良さを伝える。また、デモカーとして顧客に電気自動車(EV)を体験してもらうという。同社ではこれまでに、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、武田薬品工業(大阪府大阪市中央区道修町)への電気自動車(EV)の導入や、沖縄県名護市のカヌチャベイリゾートへのヤマハ発動機製電動二輪車『EC-03』導入、神奈川県電気自動車(EV)シェアリング事業への参画など、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)の普及に向けた取り組みを積極的に展開している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 東京都新宿区の住友三井オートサービスは日産自動車の電気自動車EVリーフで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 日産自動車(神奈川県横浜市神奈川区)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)の「リーフ」の発売に向けて、日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店のうち、電気自動車(EV)のリーフ用の急速充電器を設置する181店舗を発表した。日産自動車が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として開発した走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない電気自動車(EV)のリーフは今年12月に発売予定となっている。電気自動車(EV)のリーフは、走行中に地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものの、フル充電しても航続距離が130km程度と短いことが普及のネックになっている。日産自動車では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する電気自動車(EV)のリーフを快適に運転してもらうために、全国の日産自動車系―ディーラーを活用して半径40km円に、30分~1時間程度で充電できる急速充電器を電気自動車(EV)のリーフ用に整備して日本全国をカバーするという。日産自動車の電気自動車(EV)のリーフを予約した顧客に自宅周辺の急速充電器を設置している日産自動車の店舗を教えて、安心して電気自動車(EV)のリーフに乗ってもらうというものだ。電気自動車(EV)用の充電器としては、急速充電器のほかにも、充電時間が5~6時間程度の200Vの普通充電器も用意する予定をしており、12月の電気自動車(EV)のリーフ発売までに日本全国の日産自動車ディーラー全店舗約2200店に2基ずつ設置され、合計約4400基として条件整備を図る予定だという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 日産自動車は電気自動車(EV)リーフの急速充電器を整備して地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 住友林業(東京都千代田区大手町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策を講じた「住友林業の家」で、日産自動車(神奈川県横浜市)が発売を予定している電気自動車(EV)「リーフ」用のリチウムイオンバッテリーを住宅用蓄電池として活用し、将来的な地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策としての2次利用を視野に入れた実証実験を実施する。住友商事(東京都中央区晴海)と日産自動車が合弁で今回設立した電気自動車(EV)用リチウムイオンバッテリーの二次利用の事業化を目的とするフォーアールエナジー(神奈川県横浜市)との間で、電気自動車(EV)リーフ用リチウムイオンバッテリーを使用した実証実験を行う。実験の成果に基づき、リチウムイオン電池の2次利用の将来の事業化に向けて、日産自動車とリチウムイオン電池を共同開発しているNEC(東京都港区芝)とフォーアールエナジーが共同で実用化に向けて検討していくという。一方、住宅建設大手の住友林業は、住宅の建設・運用・解体・廃棄という家作りのサイクルにおいて排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を徹底的に削減する取組みを推進している。今後、電気自動車(EV)の普及が見込まれていることから、リチウムイオン電池の利用も増える見通しで、これを地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になる住宅用蓄電池として2次利用することに協力することによって、限りある資源の有効活用による低炭素社会づくりに貢献していきたい考えだ。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 住友林業がEV用リチウムイオンバッテリーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応

 ウェスティンホテル東京(東京都目黒区三田)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減することが可能な電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用充電施設の供用を開始すると発表した。走行時に二酸化炭素(CO2)をまったく排出しない電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電施設は、ウェスティンホテル東京内駐車場地下3階に設置されており、宿泊客はもちろんレストランやスパなどホテル以外の利用客に対しても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する観点から、当面の間、無料で自動車への充電サービスを提供するという。電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電器は、パナソニック電工製の200V電源であり、三菱「i-MiEV」の電気自動車(EV)の場合で7時間、スバル「プラグインステラ」の場合で5時間、日産「リーフ」の場合で約8時間でフル充電できるという。さらに、ウェスティンホテル東京では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減する電気自動車メーカーとして名高いアメリカのテスラモーターズ社の電気自動車(EV)専用の急速充電器も国内宿泊施設で初めて導入しており、4時間でフル充電が可能となっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> ウェスティンホテル東京が二酸化炭素(CO2)を削減する地球温暖化の原因対策の電気自動車(EV)対応はこちら

二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策

 走行時に二酸化炭素(CO2)などの地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない電気自動車(EV)の販売に、各自動車メーカー各社で熱が入っている。国内初の個人向け販売を行った三菱自動車(東京都港区)の電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」は、納車されるまで数か月待ちの状態が続いている。電気自動車(EV)用の充電スポットの設置も進んでおり、自治体によっては設置補助金を出しているところもある。三菱自動車の電気自動車(EV)アイ・ミーブはベースとなる軽自動車「アイ」とほぼ同じ大きさで、最大出力も64馬力と同じだが、低速域のトルクはかなり大きい。電気自動車(EV)だけに走行中の車内音も静かで、タイヤの接地音とエアコンの作動音が聞こえるだけで、変速ショックもないという。電気自動車(EV)の減速時にはモーターが発電機として蓄電池に電気を蓄える仕組みとなっている。アイ・ミーブがフル充電で走れる距離は約160kmとなっている。電気自動車(EV)の充電口は車体の両側にあり、左側は急速充電用であり、右側の通常充電用は100ボルト又は200ボルトのコンセントに対応しており、100ボルトであれば14時間でフル充電可能だという。ちなみに、大阪府内には現在16基の電気自動車(EV)用の急速充電スポットがあり、「おおさか充電インフラネットワーク」に登録すれば無料で充電できるという。また、アイ・ミーブの電気自動車(EV)は398万円だが、政府の電気自動車(EV)補助金交付を受ければ実質284万円になるが、既に納車待ちの人気となっている。日産自動車(神奈川県横浜市)が12月に発売予定している普通乗用車サイズの電気自動車(EV)「リーフ」は、既に予約だけで販売目標6000台をクリアしたという。本田技研工業(東京都港区南青山)は、2012年に日米で電気自動車(EV)を発売することを表明している。トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)は、電気自動車(EV)開発で有名なアメリカのテスラ・モーターズ社と資本業務提携し、2012年にアメリカで電気自動車(EV)を発売する。一方、2011年にはリーフの電気自動車(EV)タクシー50台が大阪府大阪市内に登場し、専用タクシー乗り場も設けられるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 二酸化炭素(CO2)削減へ電気自動車(EV)で地球温暖化の原因対策はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 神奈川県と神奈川県タクシー協会及び日産自動車(神奈川県横浜市)は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みとして、神奈川県内のタクシーへの電気自動車(EV)の普及構想に神奈川県内タクシー会社24社が参加することになったと発表した。日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の国内販売の時期に併せて今年の12月から計42台をタクシーに導入し、来年までの2年間で電気自動車(EV)導入数を100台に広げていく予定だという。神奈川県は電気自動車(EV)普及への参加企業に対し、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく寄与することから、電気自動車(EV)導入や電気自動車(EV)用急速充電器の整備への補助金を支出する。地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指す国内排出量取引クレジット制度を活用し、電気自動車(EV)導入で生じる地球温暖化の原因の温室効果ガスの削減効果をクレジット化する手法をモデルとして思考的に実施するという。電気自動車(EV)に係る神奈川県が採用している地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の計算方式を国が認証しており、大企業などに売却した二酸化炭素(CO2)排出量取引のクレジットの収益は環境関連基金等に寄付する手法などの枠組みを考えているという。神奈川県タクシー協会は、2013年3月までの期間に限って、電気自動車(EV)タクシーに係る障害者割引制度を従来の1割から2割に拡大するとともに、乗務員向けにケア講習を開くなどして、電気自動車(EV)タクシーの接客サービスを磨くと話している。日産自動車は、地元に本社や開発拠点を持つ特性を生かし、地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に貢献する電気自動車(EV)車両のアフターサービスを強化していく。神奈川県内のタクシー向け整備拠点を電気自動車(EV)の重点整備工場として位置づけており、電気自動車(EV)を導入するタクシー会社への巡回担当者も置くという。電気自動車(EV)タクシーのデザインを神奈川県内で共通化することも検討することとしているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)タクシーで地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

神奈川県は電気自動車(EV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 神奈川県では、6年ほど前から電気自動車(EV)が地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の切り札になるとして力を入れている。神奈川県には、電気自動車(EV)を作る自動車メーカーのほかにも、電気自動車(EV)の動力源となるリチウムイオンバッテリーや充電器を開発するメーカー、さらには、電気自動車(EV)を研究する大学もあり、神奈川県内には地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の電気自動車(EV)を普及させるための条件の多くがそろっている。2006年11月に地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、神奈川県と企業や大学が参加した「かながわ電気自動車普及推進協議会」を設立し、2008年3月には「かながわ電気自動車普及推進方策」を策定した。地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)の普及目標として、2014年度までに神奈川県内で3,000台の電気自動車(EV)を普及させるという目標を立てた。目標を達成するための方策として、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)購入時には、国からの補助金に加えて神奈川県独自の補助金を出しており、日産の電気自動車(EV)のリーフを購入する場合で260万5000円程度にまで金額が下がるという。さらに、神奈川県では地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)に対して県税を軽減しており、自動車取得税、自動車重量税及び自動車税を免税としている。また、電気自動車(EV)はガソリンなどの燃料代と比べてみても、電気代は5分の1、深夜の電気を使えば10分の1にもなるという。こうした地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)の優遇策以外にも、神奈川県営の駐車場料金を半額にしているほか、神奈川県内で高速道路に乗降した場合、ETC車であるのが条件だが、高速道路代が半額になる。また、電気自動車(EV)のインフラ整備として、現在、神奈川県内に58基ある急速充電器を2014年度までに100基整備することを表明している。神奈川県の施策として、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)を普及させていくためには、まずは電気自動車(EV)を一般市民に認知してもらう必要があり、電気自動車(EV)タクシーとして今後の2年間で100台の普及も目指し、電気自動車(EV)タクシーは福祉も考慮し、通常1割引の障害者割引を電気自動車(EV)タクシーでは2割引にするという。公共交通手段としては、ほかに電気自動車(EV)バスの開発も行っており、神奈川県内のいすゞ自動車や慶応大学などが協力して開発しているという。また、神奈川県では、横浜市のような大都市だけでなく、観光地だからこそ、地球温暖化の原因防止対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる電気自動車(EV)を活用しようと「箱根電気自動車(EV)タウンプロジェクト」を進めており、箱根地域内で電気自動車(EV)レンタカーや電気自動車(EV)観光タクシーの普及、電気自動車(EV)バイク及び電動アシスト自転車によるパーク&ライドの実現により、駐車場や道路の渋滞を防ぐ構想の具体化を進めている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 神奈川県は電気自動車(EV)普及策で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら