TOPページ > 検索結果

検索結果 【プリウス】

地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は10月7日、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する車として、ハイブリッド車(HV)「プリウス」の世界販売台数が2010年9月末で200万台を突破したと発表した。世界初の量産ハイブリッド車(HV)として1997年12月に発売されたプリウスは、2008年4月末に100万台を突破するまで10年以上を要したが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策など環境問題への機運の高まりも得て、その後のわずか2年5か月という期間で100万台を上乗せしたことになる。ハイブリッド車(HV)プリウスの2010年9月末までの累計販売台数は約201万2千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、当初、日本国内だけの販売だったが、2000年から海外でも販売を始めた。ハイブリッド車(HV)プリウスは、燃費が桁違いによく、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、海外市場でも人気が高く、これまでの地域別販売台数は北アメリカが約93万9千台と最多になっており、日本市場は約82万7千台、ヨーロッパは約20万6千台となっている。ハイブリッド車(HV)プリウスは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として環境問題に貢献していることから、ハリウッドスターやセレブの間でもマイカーとしている者が数多くいるのでも有名だ。トヨタ自動車では、2010年代のできるだけ早い時期に、世界で年間100万台のハイブリッド車(HV)の販売を目標としている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献するトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)プリウスが200万台突破はこちら

青森県で風力発電所のスマートグリッドによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 日本風力開発(東京都港区新橋)、トヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)、パナソニック電工(大阪府門真市・東京都港区東新橋)、日立製作所(東京都千代田区丸の内)は、青森県六ヶ所村において、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、世界初の大規模蓄電池併設型風力発電所を活用した住民居住型のスマートグリッド実証実験を始めたと発表した。「スマートグリッド」は、計測機器等を内蔵した装置とICTを駆使し、電力需給を自動調整及び最適化できるようにした地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に対応した次世代電力網のことである。スマートグリッドには、風力発電などの新エネルギーによる発電設備、電気自動車・プラグインハイブリッド車や蓄電池、蓄熱機器などの蓄エネルギー機器を導入する必要がある。今般、日本風力開発、トヨタ自動車、パナソニック電工、日立製作所は、風況に恵まれおり、風力発電導入量が国内最大の青森県六ヶ所村において、東北電力による系統電力から完全に独立した電力網のクローズドグリッドを構築し、実際に居住する人間の需要と供給の連動を支える技術開発と共同での実証実験を行う。実験には既に設置されている青森県六ヶ所村二又風力発電所を利用し、六ヶ所村の分譲地である「青森県尾駮レイクタウン北地区」内に、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験棟として「スマートハウス」6棟を新設し、スマートグリッドによる実生活環境を構築するという。さらに、スマートハウスには、3種類のホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)のほか、スマートメーター、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光発電システムの設備などを設置する。使用する乗用車としては、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策になるトヨタ自動車のプリウスプラグインハイブリッド8台を利用する。このスマートグリッド電力網は、世界初の大規模蓄電池併設型風力発電所を活用した地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を排出しないものとなっており、風力発電と太陽光発電の自然エネルギー発電を電源として電力供給側と需要側を協調させ、実証する青森県六ヶ所村地域全体でエネルギーマネジメントを行い、エネルギー効率の最適化を実証するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 青森県で風力発電所のスマートグリッドによる地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

岡山県岡山市内の路線バスは太陽電池で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策

 岡山県岡山市内の路線バスで、屋根に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策となる太陽電池を搭載して発電し、バス車内の照明に使う世界初の路線バスが運行を始めたという。太陽電池の利用として、乗用車ではトヨタプリウスが屋根に搭載して、車内換気用モーターの電源に利用しているが、路線バスに太陽電池が搭載されるのは世界で初めてのケースだという。この世界初の路線バスに地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池を供給したのは三洋電機(大阪府守口市京阪本通)で、岡山県内で路線バスを運行する両備ホールディングス(岡山県岡山市)と共同で開発したものだという。バスはディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドカーで、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池は動力となるモーターの電源には使用されないが、車内照明の発光ダイオード(LED)の電気として利用するという。太陽光で発電した電力は蓄電することが可能なので、雨天や夜間時の日照がない時でも太陽電池のフル充電で連続約9時間の点灯ができるという。この地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池バスは「SOLARVE(ソラビ)」と呼ばれ、1台だけの導入であるが、岡山県岡山市内の路線を1日4往復している。太陽電池バスのソラビは、ハイルーフ型の屋根が特徴となっており、側面に長方形の地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽電池パネルが並んでいる。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の太陽光パネルを配した太陽電池は一戸建て住宅の屋上などで補助金もあることから普及が進んでいるが、自動車への搭載は進んでいない。自動車は振動も多く、事故で衝突する可能性さえあるなど、シリコンをガラスで覆った現行の太陽光電池パネルには過酷な使用環境にあるが、自動車に搭載する以上は高い技術力と耐久性を求められるほか、とても高額になってしまうからだという。乗用車で唯一ルーフに京セラ(京都府京都市伏見区)の太陽電池を搭載しているトヨタプリウスも、炎天下に車を駐車した場合の車内換気として、言わばアクセサリー程度に使っているだけであるなそ、太陽電池の車での利用は副次利用になっている。プリウスはハイブリットカーだが、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策とはいえ、太陽電池で発電した電力を動力モーターの電源として使うことは実現しておらず、自動車への太陽電池の本格的な普及はまだまだ進んでいない状況にある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 岡山県岡山市内の路線バスは太陽電池で二酸化炭素(CO2)排出削減する地球温暖化の原因対策はこちら