TOPページ > 検索結果

検索結果 【プラグインハイブリッド車】

熊本県はホンダと次世代パーソナルモビリティ実験

 熊本県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、ホンダ(東京都港区南青山)と共同で実施する電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車、電動二輪車、電動カートなど次世代パーソナルモビリティに関する実証実験を行うと発表した。同時に、熊本県は実証実験で使用する電気自動車(EV)等の実験車両やソーラー充電ステーションなどを整備した。環境問題対策の実証実験は、電気自動車(EV)や電動二輪車、さらには、太陽光発電システムによるエネルギー供給設備などを利用した今後のパーソナルモビリティの在り方や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減効果の検証するもので、埼玉県と熊本県で行うという。熊本県では、熊本県熊本市と共同で、既に電動カートによる環境問題対策の実証実験を開始した。今後は、熊本県内の水俣市、阿蘇地域及び天草地域においても、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の低炭素モビリティ社会実現に向けた実証実験を行う。実証実験では、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の実験車両、電動二輪車「EV-neo」、電動カート「モンパルML200」などのホンダ社の電動車両を使って実験し、併せて、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の太陽光発電システムの運用などクリーンエネルギーの有効活用も実験するという。また、地域社会における熊本県民の生活向上のあり方を検討する。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。








> 熊本県はホンダと次世代パーソナルモビリティ実験はこちら

埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験

 埼玉県は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策として、本田技研工業株式会社(東京都港区南青山)と共同で、次世代型環境車の実証実験を始めると発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策に大きく貢献できる電気自動車(EV)や家庭用のコンセントで充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)など環境問題に対応した車を利用して、太陽光発電システムによるソーラー充電ステーションを活用した電気エネルギー供給や地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果を長期にわたって検証するという。環境問題対策の実験車両としては、ホンダの中型セダンである「インスパイア」のプラグインハイブリッド車(PHV)のほか、ホンダの小型車「フィット」の電気自動車(EV)も初めて公開した。12月24日から発売する電動2輪車の「EV-neo」と電動カートの「モンパル ML200」も同時に実験に参加するという。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境問題対策の実証実験は、環境適応車の二酸化炭素(CO2)排出量削減性能や効果の検証を目的としている。埼玉県さいたま市では、駅周辺を拠点に電気自動車(EV)の共同利用の可能性など新たな都市型の移動交通スタイルの具体的な検討を行う。埼玉県熊谷市では、車を駅周辺に駐車させた後、電車等の公共交通機関で目的地に向かう「パークアンドライド」による手法での電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の適合性などを個々具体的に検証するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。







 

> 埼玉県はホンダと共同で電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の実験はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市とパーク24(東京都千代田区有楽町)は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、福岡県北九州市の公用車を活用して電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及促進を目的としたカーシェアリングと充電利用の実証実験を実施すると発表した。福岡県北九州市において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策のために、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した大規模な実証実験は初めてのケースであり、2010年11月中旬から約1か月間にわたって実施するという。福岡県北九州市は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に積極的に取り組む環境モデル都市として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの環境問題対応の次世代自動車の導入を推進している。今年度は国土交通省(東京都千代田区霞が関)が地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として実施している「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に選定されている。これを受け、福岡県北九州市はパーク24の協力を得て電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングの実施による、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の実証実験を実施することになった。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、平日に福岡県北九州市が公用車として使用している三菱自動車の電気自動車(EV)「i-MiEV」とトヨタのプラグインハイブリット「プリウスプラグインハイブリッド」を、福岡県北九州市役所が休みとなる土・日・祝日に福岡県北九州市民に無料で貸し出すというものだ。同時に、パーク24が福岡県北九州市内で運営する時間貸駐車場「タイムズ」のうち、約15か所に電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)用の充電設備を設置し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献する電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の運転と駐車場での充電を体験してもらうという実証実験になっている。福岡県北九州市民に次世代環境自動車を体感してもらい、地球環境問題への意識を高めてもらうと同時に、走行ルートや走行距離、充電施設の利用時間などを調査し、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けた問題点を把握するために活用するという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の普及活動で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策

 福岡県北九州市は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として導入し、公用車として利用している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)を、11月から土日祝日などの北九州市役所の閉庁日に北九州市民に対して無料で貸し出すと発表した。地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に有効な電気自動車(EV)の普及や、乗りたい時だけ借りる「カーシェアリング」のPRを図る目的がある。北九州市環境局によると、期間は11月中旬から12月中旬の土日曜と祝日に貸出を行うという。北九州市が無料で貸し出すのは、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の公用車として活躍している三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」の2台となる。北九州市の閉庁日に貸し出すため、JR小倉駅(福岡県北九州市小倉北区浅野)とJR黒崎駅(福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目)近くのマツダレンタカー(広島県広島市南区金)に委託し、貸し出しを行う。また、北九州市内でパーク24(東京都千代田区有楽町)が運営するコインパーキング「タイムズ」約10か所で1時間程度無料で駐車できるという。三菱自動車(東京都港区芝)の電気自動車(EV)「アイミーブ」とトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)のプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスプラグインハイブリッド」のレンタル希望者は、10月1~15日に北九州市環境モデル都市推進室(093-582-2239)に申し込む必要がある。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 福岡県北九州市は電気自動車(EV)とPHV貸出で二酸化炭素(CO2)排出量削減して地球温暖化の原因防止対策はこちら

愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策

 政府のエコカー補助金制度は9月の途中で終了したが、愛知県安城市では、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策も目的として、安城市独自のエコカー補助金制度を10月から導入すると発表した。愛知県安城市では、来年3月までの半年間に限り、これまでの国のエコカー補助金制度と同様に普通・小型車に10万円、軽自動車には5万円のエコカー補助金を支給するという。ただし、愛知県安城市内の販売店で新車を買うことが支給条件となっている。ハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)に限らず、「ガソリンや軽油1リットルで20km以上走ることが可能」な低燃費車がエコカー補助金の対象としており、2,200台にエコカー補助金を支給するという。愛知県安城市内にはトヨタ自動車(愛知県豊田市・東京都文京区)系列の部品メーカーが多く、自動車産業の業績が安城市の財政を左右する。安城市の法人市民税のうち、企業業績に連動する部分の税収は、2008年度は27億円あったが、トヨタ自動車の業績が悪化すると2009年度はゼロになった。愛知県安城市独自のエコカー補助金制度で、国の補助金制度終了後の新車販売の落ち込みを緩和して、安城市の税収の確保も目指す目的となっている。神谷学安城市長は「愛知県安城市内において、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に貢献する低燃費のクルマや部品を作る機運を盛り上げたい」と話している。トヨタ自動車の本拠地である愛知県豊田市では、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)20台を豊田市役所の公用車として購入した。既に、豊田市内11か所にある急速充電スタンドも増設し、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策に大きく貢献するエコカーに対する豊田市民の意識を高めようと考えているという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県安城市はエコカー補助金で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出量削減対策はこちら

トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策

 トヨタ自動車(愛知県豊田市東京都文京区)は、製品と環境との調和を目指す2011~2015年度の5か年計画を発表し、2010年代初頭に地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策ハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数を500万台とする目標を盛り込んでいる。国内生産で排出する地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を1990年に比較して25%削減する方針も明記し、トヨタ自動車は国の二酸化炭素(CO2)排出量削減目標に歩調を合わせた形となっている。トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)の累計販売台数は、1997年の発売開始から今年7月末までに約268万台となっており、今後数年間で販売台数を倍以上に増やす計画になっている。トヨタ自動車の計画には、このほか、さらなる地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を2012年から販売することや、同じく走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない、水素を燃料にする燃料電池車を2015年度までに市場投入することなどが盛り込まれている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> トヨタ自動車はハイブリッド車(HV)で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)排出削減対策はこちら

経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策

 経済産業省は、地球温暖化の原因温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策の一環として取り組んでいる電気自動車EV)及びプラグインハイブリッド車PHV)の本格普及に向けた実証実験のモデル事業「EV・PHVタウン構想」の第二期追加募集を開始したと発表した。「EV・PHVタウン構想」の2009年3月に選定した8地方自治体に加え、電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の普及へ先駆的に取り組む地方自治体を追加募集するというもの。「EV・PHVタウン構想」は、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に大きく貢献できる電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の初期需要を創出するため、特定地域において車両の導入、充電インフラの整備や普及啓発を集中的に行うモデル事業を実施して、日本全国への展開を目指すプロジェクトとなっている。2009年3月に、地球温暖化の原因防止対策の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の充電インフラ整備や普及啓発などを集中的に行うモデル地域として、青森県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、新潟県、福井県、長崎県の8都市を「EV・PHVタウン」として選定している。今回、地球温暖化の原因の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減対策として追加募集する第二期EV・PHVタウン選定のポイントは、「車両の普及手法(CO2削減効果)」、「費用対効果」、「先導性・モデル性」、「地域適応性」、「実現可能性」及び「持続性」の6つの視点から先進的な地方自治体を選定するという。地球温暖化の原因防止対策の第二期追加募集期間は、8月27日から10月22日までとなっている。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 経済産業省はEV・PHVタウン構想で地球温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)削減対策はこちら

愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立

 愛知県豊田市は、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向け、トヨタ自動車(愛知県豊田市)や中部電力(愛知県名古屋市)などと、電力需給を戸別のIT(情報技術)機器で調整するスマートグリッド(次世代送電網)の実証実験の推進母体となる「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」を設立した。今般設立された「豊田市低炭素社会システム実証推進協議会」は、豊田市、トヨタ自動車、中部電力、コンサルティング会社であるドリームインキュベータ(東京都目黒区)が幹事会社となって地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減活動を推進していくという。全体では20ほどのの企業や団体が共同で、愛知県豊田市に新たに造成する住宅団地で2014年度までの5年間にわたって地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験を実施するという。地球温暖化の原因対策のスマートグリッドの実証実験では、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)など次世代環境車を、動く蓄電池として利用していくという。地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)を太陽光発電や住宅用燃料電池など新しいエネルギー装置と組み合わせて、住宅から排出される地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量の70%削減することを目標に設定する。また、豊田市は、豊田市内の公共施設など約20か所に地球温暖化の原因対策のプラグインハイブリッド車(PHV)用充電スタンドを順次設置していく。さらに、豊田市の路線バスに化石燃料を使用しない燃料電池車を導入し、交通分野における地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量を平成2年度比で40%の削減を目指すという。実証実験では、今年度中に約4千台になる次世代環境車など必要な機器を整備して、来年春頃から本格的に実証実験を始めることになるという。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など環境問題に関連する最近の意見やニュースである。

> 愛知県豊田市は地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)削減へスマートグリッド協議会設立はこちら

京都府庁が未来型EV充電装置設置で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 京都府では、地球温暖化の原因防止対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けた取組みの一環として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車の普及に力を入れている。こうした環境に優しい車であるが、現在のところ、走行距離が短いことと充電設備があまりないことが欠点として挙げられている。そのような状況の中、京都府は、京都府庁(京都府京都市上京区)2号館の玄関横に、太陽光発電で作られたクリーン発電の電気で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車を充電することができる充電装置が設置され、当面の間、一般開放して無料で充電できるという。これは京都府庁2号館の屋上に取り付けられた20KWの太陽光発電装置によって発電された電気を一度、蓄電装置に蓄える。その機器から、車へ充電することができ、急速充電と200Vの普通充電が可能になっている。太陽光発電システムの特性として、曇天や雨天時の天候や夜間の時間帯によって発電量が落ちたり、発電できなくなる。こうしたことから、充電装置として安定した機能を持たせるためには蓄電機能が必要になってくるが、不安定な電気を蓄電するのは技術的に難しい。しかし、京都府庁の設置するEV充電装置には、京都府京都市の電子機器メーカー「ニチコン」が開発した特殊な蓄電設備を使用することによってこうした条件をクリアすることができたという。京都府は「このEV充電装置は、カーボンフリー(CO2排出ゼロ)の未来型充電システムである」と話している。以上、地球温暖化の原因の影響及び被害、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)排出量削減に関する地球温暖化対策事業の現状など最近のニュースや環境問題に関連する意見である。

> 京都府庁が未来型EV充電装置設置で地球温暖化の原因防止対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

ホンダがPHVとEVで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減

 ホンダの伊東社長は、埼玉県和光市で会見し、地球温暖化の原因対策温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量削減なども組み込んだ今後10年のビジョンを発表した。その中で、プラグインハイブリッド車(PHV)と電気自動車(EV)を2012年に日本及びアメリカで発売すると発表した。ホンダはこれまで、環境車の本命としてハイブリッド車(HV)に注力しており、アメリカEVベンチャーと提携したトヨタ自動車と同様にホンダも全方位の環境車戦略を採用することになったようだ。ホンダ伊東社長はプラグインハイブリッド車(PHV)について「中型車以上のモデル向けに最適なものを開発している。車のサイズや用途に最も適したハイブリッドシステムを複数開発して新型車への搭載を進める」と話している。また、電気自動車(EV)に関しても、「1回の充電で走れる航続距離が短いことや充電時間が長すぎることなどにクリアすべき課題があるが、走行時の地球温暖化の原因対策の温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)排出量がゼロであることから、新たな市場を創造する可能性がある」と話した。また、ハイブリッド車(HV)は、ガソリンエンジン車と同じ使い方ができることから、最も現実的な環境車であり、引き続き力を注ぐという。即ち、今秋には人気の小型車である「フィット」のHVを発売するほか、次期「シビック ハイブリッド」には、ホンダとGSユアサとの合弁会社ブルーエナジーのリチウムイオン電池を初めて搭載する。さらに、環境技術の進化に関連して、低燃費が強みである軽自動車の製造販売を強化するとした。三重県四日市市の軽自動車工場の建設の白紙撤回を正式表明したが、HVなどを生産する主力工場の一つである鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で2012年から軽自動車の生産を開始する。

> ホンダがPHVとEVで地球温暖化の原因対策の二酸化炭素(CO2)排出量削減はこちら

地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備

 愛知県名古屋市中区栄のエンゼルパーク駐車場の南館地下1階に、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車向けの充電スタンドが開設され、名古屋市の栄地区では初めての設置となる。これは、自動車メーカーから、地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)が数多く発売されるような状況になり、今後、PHV車(プラグインハイブリッド車)の本格的な市場導入も予定されているなど、電気自動車(EV)の充電設備の普及に弾みをつけることを目的としている。これは、愛知県が地球温暖化の原因防止対策として主催する「あいちEV・PHV普及ネットワーク」のモデル事業の一つとなっている。今回整備された愛知県名古屋市中区栄のスタンドには電気自動車(EV)用充電器2基が設置されており、同駐車場の利用者は、無料で最大135分間充電ができるという。愛知県地球温暖化対策室によると、地球温暖化の原因防止対策としての普及ネットワークに参加する企業が設置し、一般公開されている充電器は、愛知県内で63基あり、名古屋市内には34基あるという。駐車場を運営するエンゼルパークは「駐車の間に、電気自動車(EV)充電施設で気軽に充電してほしい。これを機に栄地区に、もっと電気自動車(EV)充電スタンドが増えれば」とコメントしていた。

> 地球温暖化の原因防止に寄与する電気自動車(EV)充電施設が愛知県名古屋市中区に整備はこちら

プラグインハイブリッド車の排ガス・燃費測定方法を検討

 国土交通省は、プラグインハイブリッド車の排ガス・燃費測定方法に関する検討会を設置し、平成20年2月27日に第1回検討会を開催する。
 プラグインハイブリッド車は、ハイブリッド車に対し外部電源からの電気を車両側のバッテリーに充電することで、電気自動車としての走行割合が増加、これにより、ガソリンの消費量が減少し、大気汚染、地球温暖化の防止の効果が期待されている。
 平成19年7月にトヨタ自動車(株)のプリウスをベース車両としたプラグインハイブリッド車が公道走行が可能となる試験自動車として、初めて大臣認定を取得していた。

> プラグインハイブリッド車の排ガス・燃費測定方法を検討はこちら